...

取扱説明書

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

取扱説明書
室内・家庭用
リクック熱風オーブン
FVX-M3A●
取 扱 説 明 書
保 証 書 付 (裏表紙)
「保証書」は「お買い上げ日」
「販売店名」の記入
を必ず確かめ、販売店からお受け取りください。
もくじ
特長
ご使用の前に
熱風で調理するフライヤーとオーブン/トース
ター/グリルが合体した、新しい調理器具です。
特長....................................................................................... 2
• フライヤーとして、揚げ物なべを使用せずに、ヘル
シーな唐揚げやフライが調理できます。
(P15、19)
• 熱風で勢いよく調理するので、フライや天ぷらの温
め(リクック)にも威力を発揮します。(P18)
• 普段使いのトースターとして、温度設定ができるオー
ブンとして、ピザやクッキーなど料理の幅が広がり
ます。(P14、20)
• 上ヒーターだけのグリルで、じっくり焼き上げたり、
パリッとした焦げ目をつけることもできます。
(P20)
安全上のご注意................................................................... 4
使用上のご注意................................................................... 7
各部の名称........................................................................... 8
オイルスプレーについて....................................................11
取り扱いかた
お使いになる前に................................................................12
使いかた
注意...................................................................................13
自動調理メニュー(トースト)......................................14
自動調理メニュー(予熱なしメニュー).......................15
自動調理メニュー(予熱ありメニュー).......................16
リクックメニュー............................................................18
手動メニュー(フライヤー(リクック)).....................19
手動メニュー(トースター/上グリル).......................20
食パン4枚が一度に焼ける広々庫内
調理の目安 手動メニュー................................................22
• 家族4人分の唐揚げや25cmのピザも調理できます。
• 便利な庫内灯付きです。
お手入れ...............................................................................23
こんなときには
故障かな?と思ったら........................................................24
仕様.......................................................................................27
保証とアフターサービス....................................................27
保証書............................................................................. 裏表紙
• トースター/上グリル用の細かいメッシュ状の焼き
網は、裏面もむらを抑えて焼き上げます。
(おもちもOK)
• 取り外して洗えるのでお掃除も簡単です。(P23)
• さらに、お手入れしやすいパンくずトレー付きです。
(P23)
• フライヤー(リクック)用の網は、落ちた油分を受
け止める受け皿付き。フライやから揚げなどに使用
します。
この商品は海外ではご使用になれません。
FOR USE IN JAPAN ONLY
このたびは、お買い上げいただきまことにありがとう
ございます。
●●この取扱説明書をよくお読みになり、正しくお使い
ください。
●●ご使用の前に「安全上のご注意」を必ずお読みくだ
さい。
●●この取扱説明書はお使いになる方がいつでも見ること
ができるよう大切に保管してください。
渦巻き ヒーター
モーター
ファン
上ヒーター
フライ用網
下ヒーター
フライ用
受け皿
焼き網
2
豊富なリクックメニュー・自動調理メニュー、簡
単設定の手動メニュー
• リクックメニューは8種類、自動調理メニューは7種
類のコースを設定、温度や時間を細かく制御し、温
度センサーにより量も感知して自動で調理します。
お好みで仕上がりの調整もできます。(P14 〜 18)
• 手動メニューは、ヒーターを選択、温度と時間を設
定してスタートするだけの簡単操作。前回設定した
温度と時間はメモリーされるので、毎日の調理にも
便利です。(P19 〜 21)
• 毎朝使う「トースト」も自動調理メニューに用意、
枚数も気にすることなく自動で焼き上げます。
(P14)
• オーブン/トースターは上下4 ヶ所の石英管ヒーター
が食材をまんべんなく加熱し焼きむらを抑えます。
• フライヤー(リクック)はシーズヒーター +ファン
で強力な熱風を庫内に循環させ、食材を短時間で均
一に加熱します。
60 〜 200℃の温度調節付き
• 温めたり、カリッと焼き上げたり、調理の幅が広が
ります。
• タイマーは最長30分まで設定でき、いろいろな料理
に対応できます。
• フライヤー(リクック)もトースター/上グリルも
高火力で、スピーディーな高温調理も可能です。
熱風オーブンとは
油で揚げずにフライができる、ヘルシーで手間のかから
ない調理器です。
ヒーターで直接加熱するオーブンやグリルとは違い、高
温の熱風を循環させて調理します。上下ヒーターの熱を
補助的に対流循環させるコンベクションオーブンとも違
い、専用のヒーターの熱を勢いよく循環させます。
揚げ物なべを使用せずに調理するので、面倒な油の処理
も必要ありません。
※パン粉を使用する食材や油分の少ない食材も、オイル
スプレーを使用することにより、少ない油でおいしい
調理が可能です。
また、揚げ物のあたため(リクック)なども、余分な油
を使わずに風味よく仕上げられます。
3
安全上のご注意
ご使用になる前に、この「安全上のご注意」をよくお読みのうえ正しくお使いください。
ここに示した注意事項は、お使いになる方や他の人々への危害や損害を未然に防止するためのもので、
「警告」「注意」
の2つに分けて説明しています。
いずれも安全に関する重要な内容ですので、必ずお守りください。
図記号の意味
してはいけない「禁止」
内容です。
注意を促す記号です。
警告
しなければならない「指示」
内容です。
誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う
おそれがある内容を示しています。
電源プラグ・電源コードは正しく使う
●●電源プラグのほこりは定期的にとる
必ず実施
●●電源コードをたばねて使用しない
ほこりがたまると、湿気などで絶縁不良
になり、火災・感電の原因になります。
禁止
●●電源プラグはコンセントの奥まで確
実に差し込む
●●電源コードを傷つけない
傷つける、加工する、無理に曲げる、引っ
張る、ねじる、重いものをのせる、挟み
込むなどしないでください。
電源コードが破損し、火災・感電の原因
になります。
ショートによる火災・感電の原因になり
ます。
●●電源は交流100V、定格15A以上の
コンセントを単独で使う
火災の原因になります。
●●電源コードや電源プラグが傷んだり、
コンセントの差し込みがゆるいとき
は使わない
●●お手入れや点検、移動の際は、必ず
電源プラグをコンセントから抜く
プラグを抜く
ショートによる火災・感電の原因になり
ます。電源コードが破損したときは、修
理専用コールへお問い合わせください。
感電やけがの原因になります。
ただし、使用後10分は、冷却のため電
源プラグを抜かないでください。
●●持ち運び時や収納時に電源コードを
引っ張らない
●●ぬれた手で電源プラグの抜き差しを
しない
ぬれ手禁止
必ず実施
過熱してやけどや火災の原因になりま
す。電源コードは、必ずのばして使用し
てください。
火災・感電の原因になります。
感電・やけど・けがの原因になります。
●●異常・故障時には、直ちに使用を中
止し、電源プラグをコンセントから
抜く
禁止
発煙・火災・感電のおそれがあります。
〔異常の例〕
•異常な音やにおいがする
•電源プラグ・電源コードが異常に熱く
なる
•電源コードを動かすと、通電したりし
なかったりする
•運転中時々電源が切れる
•触れるとビリビリ電気を感じる
➡使用を中止し、お買い上げの販売店ま
たはアイリスコールへお問い合わせく
ださい。
●●スプレーをかけない(殺虫剤、整髪料、
潤滑油など)
●●引火性のもの(灯油・ガ
ソリン・シンナーなど)、
可燃性のもののそばで使
わない
●●油煙の舞う場所や近くで使用しない
火災の原因になります。
オイルスプレーや調味料なども、食材を
取り出して離れた場所でかけてください。
●●庫内でオイルスプレーを使わない
火災の原因になります。
食材を取り出して離れた場所でスプレー
してください。
4
食材が発煙・発火した場合は
●●扉を開けない
禁止
食材が発火した場合は、炎が消えるまで
扉を開けないでください。空気が流れ込
み、炎が大きくなります。
また、扉に水をかけないでください。ガ
ラス扉が割れることがあります。
接触禁止
やけどの原因になります。
●●すぐに電源プラグをコンセントから抜
く
必ず実施
禁止
●●背面・側面の通風口に手や顔を近づ
けない
●●使用中や使用後しばらくは、ヒーター
や本体・本体内部・扉のガラス窓に触
れない
ファンが回っていると、炎が大きくなる
原因になります。
禁止
●●子供など取り扱いに不慣れな方だけ
で使わせたり、幼児に触れさせたり
しない
●●乗ったり寄りかかったりしない
感電・やけど・けがなどの原因になります。
●●屋外で使用しない
●●壁や家具、カーテンなど、燃えやすい
ものの近くで使用しない
●●プラスチック製の家具や容器に入れた
りのせたりして使用しない。
●●畳・じゅうたん・テーブルクロスなど
熱に弱いものの上で使用しない
●●受け皿に油や他の液体を入れて使わ
ない
禁止
火災の原因になります。
火災の原因になります。
必ず実施
禁止
やけどの原因になります。
●●使用後は毎回お手入れする
●●紙・プラスチック製など熱に弱い容
器を入れない
禁止
●●使用後に食材を取り出すときは、鍋つ
かみや料理用のミトンまたはトングな
どを使用する
調理くずや油脂分が残ったまま調理する
と、発煙・火災の原因になります。
火災の原因になります。
●●扉の周囲や背面・側面の通風口をふさ
がない
●●背面・側面の通風口や庫内の開口部に、
異物を入れない
水ぬれ禁止
●●水まわり、風呂場など湿気のある場
所では絶対に使用しない
●●本体を水につけたり、本体に水をか
けたりしない
火災・感電の原因になります。
火災・感電の原因になります。
●●分解・修理・改造をしない
分解禁止
火災・感電・けがの原因になります。修
理技術者以外の方が修理を行うことは危
険です。
修理については、お買い上げの販売店ま
たは修理専用コールにご相談ください。
オイルスプレーについて
●●火に向けたり、オーブンの中でスプ
レーしない
火気禁止
●●火にかけたなべに入れたり、熱湯に
入れたりしない
スプレーした霧がヒーターや火ににかか
ると火事の原因になります。スプレーす
る場合は、いったん火から下ろしたり、
オーブンから取り出してください。
禁止
5
やけどや火事の原因になります。
安全上のご注意 つづき
注意
必ず実施
誤った取り扱いをすると、けがをしたり、物的損害
が発生するおそれがある内容を示しています。
安全に設置する
●●水平で安定した場所で使用する
●●必ずパンくずトレーを取り付けて使う
●●トースター使用後は、必ずパンくずト
レーのくずをそうじする
発煙・火災の原因になります。
必ず実施
不安定な場所で使用すると、落下・転倒
してけがや火災の原因になります。
●●壁・家具などから、図に示す距離を
離してください
せまい場所に設置すると、過熱・火災の
原因になります。風通しが良く、水など
のかからないところに設置してくださ
い。
窓や家具のガラスからは、20cm以上離
してください。
●●アルミホイルなどをパンくずトレー
に敷かない
禁止
過熱して発煙・火災の原因になります。
20cm以上
10cm以上
調理禁止
●●生の魚や肉、フライなど油の出るも
のを焼き網だけで調理しない
禁止
10cm以上
油が落ちたり、はねたりして、発煙・火
災の原因になります。フライヤー(リクッ
ク)は受け皿を、トースター/上グリル
は耐熱皿などを使用してください。
10cm以上
●●肩より高い位置に設置しない
●●バターやジャムなどを塗ったパンを
焼かない
禁止
焦げて発火することがあります。
●●缶 詰 や び ん 詰 め な ど
を直接加熱しない
使用中は
●●本体を移動しない
破裂したり、赤熱したり
してやけどの原因になり
ます。
事故の原因になります。
禁止
●●庫内が空のまま調理しない
扉や庫内が過熱し、やけどや発煙・火災
の原因になります。少量の食品の調理に
ついても注意してください。
ただし、使いはじめの空焼きは、本書の
説明にしたがってください。
●●必要以上に加熱しない
食材の発煙・発火の原因になります。
特に油脂分の多い食材は発火しやすいの
で注意してください。
●●そばを離れない
食材が発煙・発火することがあるので、
注意してください。
●●食材をヒーターに触れさせない
大きな食 材はカットしてください。大 量
の食材を一度に調理しないでください。
●●お手入れは本体や各部が冷えてから
行う
必ず実施
食材を取り出すときに不安定になり、食
材や扉に触れてやけどするおそれがあり
ます。
使用直後は熱くなるので、やけどに注意
してください。
6
●●本体の上にものを置かない
●●使用中はタイマーが確実に動作して
いることを確認する
過熱したり、変形することがあります。
禁止
●●開けたドアの上にものを置かない
必ず実施
本体が倒れたり、食 材が すべり落ちて、
けが・やけどの原因になります。
●●ぶつけたり、落としたりして強い衝
撃を与えない
●●調理以外の用途に使用しない
禁止
火災・やけどの原因になります。
禁止
●●業務用など、家庭用以外の用途に使
用しない
故障して、火災・感電の原因になります。
●●長期間使用しないときは、電源プラ
グを抜く
本製品は家庭用として設計されていま
す。業務など家庭用以外に使用すると、
火災などの原因になります。
禁止
タイマーが 誤 動 作 すると、過 熱・発 煙・
火災の原因になります。
プラグを抜く
●●焼き網・フライ用網・受け皿をガン
スコンロなど他の調理器具に使用し
ない
絶縁低下により、火災・感電の原因にな
ります。
ただし、使用後10分は、冷却のため電
源プラグを抜かないでください。
●●電源プラグを抜くときは、電源コー
ドを持たずに必ず電源プラグを持っ
て引き抜く
変形や破損を起こし、本製品で使用した
ときに発煙・火災の原因になります。
電源コードが破損し、火災・感電の原因
になります。
オイルスプレーについて
●●人に向けてスプレーしない
禁止
●●子供の手の届くところに置かない
吸い込むと健康を害するおそれがありま
す。また、目に入ったときは流水で洗っ
てください。
禁止
●●食用オイル以外は入れない
いたずらなどで思わぬ事故の原因になり
ます。
●●熱したオイルは入れない
手に持ったり、破損したりすると、やけ
どのおそれがあります。
化粧品やアルコールなどは入れないでくだ
さい。
使用上のご注意
温度調節について
電源について
●●この調理器は、内蔵の温度センサーにより、ヒー
ターを点けたり消したりしながら調理温度を調節
しています。
●●この調理器は、扉を開けると電源が入ります。
※予熱ありメニューのみ、ボタンでメニュー選択した
ときも電源が入ります。
※ヒーターが消えていても故障ではありません。
●●調理開始前・調理終了後は、何も操作をしないで
いると、10分で電源が切れます。
ブザーについて
※10分以内でも、とりけしボタンを押すと、電源を切
ることができます。
ただし冷却用のファンが回っている間は電源コード
を抜かないでください。
●●この調理器は、ボタンを操作するとブザーが鳴り
ます。予熱完了や調理終了もブザーでお知らせし
ます。
●●取り忘れ防止のために、調理終了後3分間扉を開
けないと「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知ら
せします。(1分ごとに10分間くり返されます。)
廃棄について
●●製品や梱包材の廃棄については、お住まいの自治
体の取り決めにしたがって処理してください。
※続けて調理を再開した場合、扉を開けた場合は取り
忘れ防止ブザーは停止します。
※電源を切った場合もブザーは停止します。
7
各部の名称
■■本体
操作パネル(P10)
取っ手
扉
電源コード
ガラス窓
電源プラグ
パンくずトレー
●●必ず取り付けて使用
してください。
■■内部
渦巻きヒーター
(フライヤー(リクック))
ファン
上ヒーター
(トースター/上グリル)
ストッパー
焼き網受け
下ヒーター
(トースター)
※下ヒーターは上ヒーターよ
り も 火 力 を 弱 め に、 下 奥
ヒーターはさらに弱めに設
定してあります。
焼き網
●●必ず焼き網を固定して
いるバンドを取り外し
て使用してください。
庫内灯(右内側)
8
■■背面
通風口
(背面)
排気口
通風口
(左右)
■■付属品
フライ用受け皿
フライ用網
※使用するときは、必ず焼き網
の上に直接のせてください。
※マエと表示してあるほうを手
前にして、焼き網の奥のストッ
パーにあたるようにセットし
てください。
※トースター/上グリル調理に
は使用しないでください。
※必ずフライ用受け皿にのせて
使用してください。
※トースター/上グリル調理に
は使用しないでください。
取扱説明書(本書)
レシピブック
オイルスプレー
※オイルは入ってません。
スプレーノズル
(スプレーするときは食材に
向けてください。)
ストッパー
(使用しないときはロックしてください。
※図は解除状態)
レバー
キャップ
チューブ
ボトル
9
各部の名称 つづき
■■操作パネル
リクックメニュー
自動調理メニュー
仕上がり調整ボタン
希望のメニューのボタ
ンを押してリクックメ
ニューを選びます。選択さ
れたメニューのランプが
点 滅 し、 調 理 が 始 ま る と
点灯に変わります。
(P18)
メニュー選択ボタンを押して
希望の自動調理メニューを選
びます。選択されたメニュー
のランプが点滅し、調理が始
まるとランプが点灯に変わり
ます。(P15、16)
自動調理メニューとリクックメニュー
の仕上がりを調整します。メニューを
選んだ後で</>ボタンで調整してく
ださい。ランプが点滅している間は、
調理開始後2分以内でも調整できま
す。(P14、15、17、18)
とりけしボタン
調 理 中 に 押 す と、 調 理 が
停 止 し ま す。 調 理 前・ 調
理 後 は、 と り け し ボ タ ン
を押すと電源が切れます。
手動メニュー
加熱ヒーター切替
ボタンを押すと、フライヤー
(リクック)→トースター→上
グリル と加熱ヒーターが切り
替わります。選択されたヒー
ターのランプが点滅し、調理
が始まると点灯に変わります。
(P12、13、19、21)
タイマー
予熱中ランプ
>/<ボタンで調理時間を設定します。
10分までは0.5分単位、それ以上は
1分単位で、最高30分まで設定でき
ます。ボタンを長押しすると表示が連
続で変わります。
調理が始まると、残り時間の目安を表
示します。(P12、13、19、21)
予熱調理を選ぶと点滅し
ます。予熱を開始すると
ゆっくりした点滅にな
り、予熱が完了すると消
灯します。(P16)
温度選択
>/<ボタンで調理温度を
選択します。60 〜 200℃
の間で10℃ごとに選択で
きます。
(P12、13、19、21)
10
トーストボタン
スタートボタン
トーストするときにボタ
ン を 押 し て 選 択 し ま す。
選択されるとランプが点
滅 し、 調 理 が 始 ま る と 点
灯に変わります。(P14)
調理を開始します。
予熱を開始すると
き、予熱完了後本調
理を開始するときも
押してください。
オイルスプレーについて
スプレーの使い方
サラダオイルなどの食用オイルを霧状にするスプレーで
す。霧状にすることで、少量でもオイルをむらなく食材に
塗ることができ、ヘルシーな揚げ物調理ができます。
• ストッパーを解除し、食材にスプレーノズルを向
けて、レバーを引きます。
●●高温になる場所に置かないでください。
●●粘度の高いオイルはうまくスプレーできないことが
あります。特に冬期や、冷蔵庫保存したオイルは粘
度が高くなることがあります。
●●ハーブやにんにくなどが入ったオイルは入れないで
ください。目づまりすることがあります。
●●オイル以外の調味料なども入れないでください。目
づまりの原因になることがあります。
●●横に倒さないでください。密閉容器ではないので、
オイルが漏れます。
※油分が飛散します。気になる場合は新聞紙などを
敷いてください。
※レバーを引くときにゆっくり引くとオイルが拡散
しないことがあります。レバーを強めに最後まで
一気に引くとうまく拡散します。
※しばらく使用しなかったとき、室温が低いときな
どはオイルの粘度が高くなっていることがありま
す。
その場合は、常温でしばらく置いて、少しあたた
まってから使用してください。
※オイルをつけ過ぎたときは、調理中に食材の上下
を裏返すなどして、オイルがよく落ちるようにし
てください。
■■使いかた
初めてお使いになる前に、各部を洗い、よく乾かし
てください。
※食器洗い乾燥機には入れないでください。
オイルの入れ方
• キャップを回してスプレー部を外し、ボトルにオ
イルを入れてから、キャップをしっかり閉めます。
※容器一杯までオイルを入れないでください。オイ
ル漏れのおそれがあります。
※オイルがこぼれた場合は、ぬれ布巾などでしっか
り拭き取ってください。
スプレー部
8分目を
目安に
(約40mL)
ボトル
11
ストッパー
を解除する
お使いになる前に
■■トースター/上グリルの空焼き
初めて使用するときは、梱包材を取り外し、空焼き
をしてください。
1 扉を開け、庫内に何も入れないで閉じる
■■梱包材の取り外し
• 扉を開けると電源が入ります。何も操作をしない
でいると、約10分で電源が切れます。
1 梱包材を取り外し、扉固定用のテープをは
がす
2 手動メニューの加熱ヒーター切替ボタンで
2 焼き網を固定しているバンドを外す
トースターを選ぶ
3 温度選択(>/<)ボタンで温度を200(約
200℃)に設定し、タイマー(>/<)ボタ
ンでタイマーを5(分)に設定する
バンド
(前左右の3ヶ所)
●●焼き網を取り外し・取り付けするときは、前後を間
違えないようにしてください。焼き網が外れてしまっ
たときは、「お手入れ」(P23)を参照して取り付け
てください。
4 スタートボタンを押す
■■設置
•「ピピッ♪」と鳴って、トースターのランプが点灯
に変わり、5分間空焼きします。
1 設置場所に設置する
• P6の「安全に設置する」を参照の上、設置してく
ださい。
2 電源プラグをコンセントに差し込む
• 終了すると「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知
らせします。
※においや煙が出ることがありますが、異常ではあ
りません。換気をしてください。
●●直射日光やエアコン・暖房器具の温風があたるとこ
ろに設置しないでください。
変形・変色したり、温度調節ができなくなることが
あります。
注意
●●オーブンの下は熱くなることがある
ので、電源コードは絶対にオーブン
の下を通さないでください。
12
使いかた 注意
■■フライヤー(リクック)の空焼き
■■調理前の注意
1 扉を開け、フライ用網をフライ用受け皿に
のせ、焼き網の上にセットして扉を閉じる
• 扉を開けると電源が入ります。何も操作をしない
でいると、約10分で電源が切れます。
• マエと表示してあるほうを手前にして、焼き網の
奥のストッパーにあたるようにセットしてくださ
い。
警告
ストッパー
●●ラップ、プラスチック製・紙製のトレー
や容器は入れないでください。
●●受け皿に油など燃えやすいものを入れな
いでください。発煙・火災のおそれがあ
ります。また、水などこぼれやすいもの
も入れないでください。
●●オイルスプレーは、絶対に庫内に向けて
使用しないでください。
■■調理中・調理後の注意
焼き網
フライ用網
フライ用受け皿
警告
2 扉を閉め、手動メニューの加熱ヒーター切替
ボタンでフライヤー(リクック)を選ぶ
3 温度選択(>/<)ボタンで温度を200(約
200℃)に設定し、タイマー(>/<)ボタ
ンでタイマーを5(分)に設定する
注意
●●調理中・調理直後は、本体・ガラス窓・
焼き網は高温になっています。直接触れ
ないように注意してください。
●●調理温度を低く設定すると、温度調節が
働いてヒーターが点灯しないことがあり
ますが、ヒーターや庫内は熱くなってい
ます。やけどに注意してください。
●●調理後、扉を開けたときに、熱気が上っ
てくることがありますので注意してくだ
さい。
●●調理後、庫内を冷却するためにファンが
回ります(約5分)。ファンが止まるまで
電源コードを抜かないでください。
●●調理の際、庫内やヒーター表面に油脂や
汚れがつくことがあります。庫内やヒー
ターについた汚れは、調理のたびに、本
体が冷めてからペーパータオルなどで拭
き取ってください。
放置すると、取れにくくなるだけでなく、
発煙・火災の原因になります
4 スタートボタンを押す
•「ピピッ♪」と鳴って、フライヤー(リクック)の
ランプが点灯に変わり、5分間空焼きします。
●●お手入れの際は、金属部でけがをしない
ように注意してください。
• 終了すると「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知
らせします。
※においや煙が出ることがありますが、異常ではあ
りません。換気をしてください。
13
使いかた 自動調理メニュー
4 スタートボタンを押す
■■トースト
1 扉を開け、食パンを並べて閉める
• 扉を開けると電源が入り、前回調理したメニュー
のランプが点滅します。何も操作をしないでいる
と、約10分で電源が切れます。
•「ピピッ♪」と鳴って、トーストのランプが点灯に
変わり、調理が始まります。
• タイマー表示部に残り時間が表示されます。
●●フライ用網・フライ用受け皿は、コーティングが劣
化しますので、トーストには使用しないでください。
フライ用網
• 調理開始後、自動で量を検知して残り時間が調整
されます。
• 調理開始後に仕上がり調整をした場合も、残り時
間が調整されます(調理開始2分後)。
フライ用受け皿
• 食パンは焼き網の手前と奥に置いてください。
(ヒーターは手前と奥にあるので、中央に置くと裏
面が十分焼けないことがあります。)
1枚焼き
2枚焼き
※途中で扉を開けると調理を一時停止します。扉を
閉めると、調理を再開します。
3枚焼き
4枚焼き
• 途中で調理を停止するには、とりけしボタンを押
してください。
手前
5 できあがり
•「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知らせします。
2 自動調理メニューのトーストボタンを押す
• ランプが点滅します。
3 必要に応じて仕上がり調整をする
• 仕上がり調整(</>)ボタンで調整してください。
最初は「標準」が点滅します。「強め」または「弱め」
を選ぶことができます。
• 調理開始後も2分以内(ランプの点滅中)であれば、
調整することができます。
14
※続けて調理しない場合は、約10分後に電源が切れ
ます。10分以内でも、とりけしボタンを押すと、
電源が切れます。
※電源が切れた後で、続けて調理する場合は、再度
扉を開閉すると操作ができるようになります。
●●庫内温度が高いときは、自動調理メニュー・リクッ
クメニューが続けてできないことがあります。(ス
タートボタンを押すと「ピピピ♪」となります。)
庫内温度が下がるまでしばらく待ってから使用して
ください。手動メニューでの調理は可能です。
3 必要に応じて仕上がり調整をする
■■予熱なしメニュー
1 扉を開け、食材を入れて閉める
• 仕上がり調整(</>)ボタンで調整してください。
最初は「標準」が点滅します。「強め」または「弱め」
を選ぶことができます。
• 調理開始後も2分以内(ランプの点滅中)であれば、
調整することができます。
• 扉を開けると電源が入り、前回調理したメニュー
のランプが点滅します。何も操作をしないでいる
と、約10分で電源が切れます。
• フライ用網をフライ用受け皿にのせ、食材をのせ
て庫内にセットしてください。
• マエと表示してあるほうを手前にして、焼き網の奥
のストッパーにあたるようにセットしてください。
4 スタートボタンを押す
ストッパー
※強い熱風で調理するため、パン粉などが吹き上が
ることがあります。調理の前に食材に粉をよくな
じませてください。
※食材は入れすぎないようにしてください。入れす
ぎると適切に調理されません。
※食材は均等にのせてください。重なったりしてい
ると仕上がりのむらが出ます。途中で上下を入れ
替えるなどして、均等に加熱されるようにしてく
ださい。
※調理の手順、食材の量などについては、レシピブッ
クをよくお読みください。
•「ピピッ♪」と鳴って、選んだメニューのランプが
点灯に変わり、調理が始まります。
• タイマー表示部に残り時間が表示されます。
• 調理開始後、自動で量を検知して残り時間が調整
されます。
• 調理開始後に仕上がり調整をした場合も、残り時
間が調整されます(調理開始2分後)。
※パン粉を使用する食材や油分の少ない食材を調理
するときは、付属のオイルスプレーであらかじめ
オイルをかけると、よりおいしくなります。
2 メニューを選ぶ
※途中で扉を開けると調理を一時停止します。扉を
閉めると、調理を再開します。
※調理の途中でオイルをスプレーするときは、庫内
から食材を取り出して、オイルが庫内に入らない
ところで行ってください。
• メニュー選択ボタンで希望のメニューを選んでく
ださい。
• 選んだメニューのランプが点滅します。
• 途中で調理を停止するには、とりけしボタンを押
してください。
15
使いかた 自動調理メニュー つづき
5 できあがり
■■予熱ありメニュー
1 自動調理メニューで「ハンバーグ」または「ス
•「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知らせします。
• ミトンやなべつかみなどを使用して受け皿ごと取
り出してください。
テーキ」を選ぶ
• メニュー選択ボタンで選んでください。
• 選択されたメニューのランプと予熱中ランプが点
滅します。(電源が入ってないときでも、予熱あり
メニューは選ぶことができます。)
• 温度選択の表示部に「200」が点滅します。
※続けて調理しない場合は、約10分後に電源が切れ
ます。10分以内でも、とりけしボタンを押すと、
電源が切れます。
※電源が切れた後で、続けて調理する場合は、再度
扉を開閉すると操作ができるようになります。
●●庫内温度が高いときは、自動調理メニュー・リクッ
クメニューが続けてできないことがあります。(ス
タートボタンを押すと「ピピピ♪」となります。)
庫内温度が下がるまでしばらく待ってから使用して
ください。手動メニューでの調理は可能です。
2 スタートボタンを押して予熱する
•「ピピッ♪」と鳴って、選んだメニューのランプが
点灯に変わります。
• 温度選択の表示部は一旦消灯します。
• 予熱中ランプの点滅がゆっくりになり、予熱が始
まります。
• 予熱が完了すると「ピー、ピー、.....♪」と8回鳴っ
て、予熱中ランプが消灯し、温度選択の表示部に
「200」が点灯します。
予熱メニュー選択
スタート
→
→
消灯
点滅
→
点滅
16
予熱完了
ゆっくり点滅
点灯
→
消灯
3 扉を開け、食材を入れて閉める
5 スタートボタンを押す
• フライ用網をフライ用受け皿にのせ、食材をのせ
て庫内にセットしてください。
• マエと表示してあるほうを手前にして、焼き網の
奥のストッパーにあたるようにセットしてくださ
い。
•「ピピッ♪」と鳴って、温度選択の表示部が消灯し、
調理が始まります。
• タイマー表示部に残り時間が表示されます。
• 調理開始後、自動で量を検知して残り時間が調整
されます。
• 調理開始後に仕上がり調整をした場合も、残り時
間が調整されます(調理開始2分後)。
ストッパー
※食材は入れすぎないようにしてください。入れす
ぎると適切に調理されません。
※食材は均等にのせてください。重なったりしてい
ると仕上がりのむらが出ます。途中で上下を入れ
替えるなどして、均等に加熱されるようにしてく
ださい。
※調理の手順・食材の量などについては、レシピブッ
クをよくお読みください。
※途中で扉を開けると調理を一時停止します。扉を
閉めると、調理を再開します。
• 途中で調理を停止するには、とりけしボタンを押
してください。
6 できあがり
4 必要に応じて仕上がり調整をする
• 仕上がり調整(</>)ボタンで調整してください。
最初は「標準」が点滅します。「強め」または「弱め」
を選ぶことができます。
• 調理開始後も2分以内(ランプの点滅中)であれば、
調整することができます。
•「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知らせします。
• ミトンやなべつかみなどを使用して受け皿ごと取
り出してください。
※続けて調理しない場合は、約10分後に電源が切れ
ます。10分以内でも、とりけしボタンを押すと、
電源が切れます。
※電源が切れた後で、続けて調理する場合は、再度
扉を開閉すると操作ができるようになります。
●●庫内温度が高いときは、自動調理メニュー・リクッ
クメニューが続けてできないことがあります。(ス
タートボタンを押すと「ピピピ♪」となります。)
庫内温度が下がるまでしばらく待ってから使用して
ください。手動メニューでの調理は可能です。
17
使いかた リクックメニュー
1 扉を開け、食材を入れて閉める
4 スタートボタンを押す
• 扉を開けると電源が入り、前回調理したメニュー
のランプが点滅します。何も操作をしないでいる
と、約10分で電源が切れます。
• フライ用網をフライ用受け皿にのせ、食材をのせ
て庫内にセットしてください。
※マエと表示してあるほうを手前にして、焼き網の奥
のストッパーにあたるようにセットしてください。
•「ピピッ♪」と鳴って、選んだメニューのランプが
点灯に変わり、調理が始まります。
• タイマー表示部に残り時間が表示されます。
• 調理開始後、自動で量を検知して残り時間が調整
されます。
• 調理開始後に仕上がり調整をした場合も、残り時
間が調整されます(調理開始2分後)。
ストッパー
※食材は入れすぎないようにしてください。入れす
ぎると適切に調理されません。
※食材は重ならないように均等にのせてください。
重なったりしているとうまく仕上がらないことが
あります。
2 メニューを選ぶ
• 希望のリクックメニューのボタンを押してください。
• 選んだメニューのランプが点滅します。
3 必要に応じて仕上がり調整をする
• 仕上がり調整(</>)ボタンで調整してください。
最初は「標準」が点滅します。「強め」または「弱め」
を選ぶことができます。
• 調理開始後も2分以内(ランプの点滅中)であれば、
調整することができます。
※途中で扉を開けると調理を一時停止します。扉を
閉めると、調理を再開します。
• 途中で調理を停止するには、とりけしボタンを押
してください。
5 できあがり
•「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知らせします。
• ミトンやなべつかみなどを使用して受け皿ごと取
り出してください。
※続けて調理しない場合は、約10分後に電源が切れ
ます。10分以内でも、とりけしボタンを押すと、
電源が切れます。
※電源が切れた後で、続けて調理する場合は、再度
扉を開閉すると操作ができるようになります。
●●庫内温度が高いときは、自動調理メニュー・リクッ
クメニューが続けてできないことがあります。(ス
タートボタンを押すと「ピピピ♪」となります。)
庫内温度が下がるまでしばらく待ってから使用して
ください。手動メニューでの調理は可能です。
18
使いかた 手動メニュー
2 ヒーターを選ぶ
■■フライヤー(リクック)
1 扉を開け、食材を入れて閉める
• 加熱ヒーター切替ボタンでフライヤー(リクック)
を選んでください。
• フライヤー(リクック)のランプが点滅し、温度
選択とタイマーは前回と同じ設定が表示されます。
• 扉を開けると電源が入り、前回調理したメニュー
のランプが点滅します。何も操作をしないでいる
と、約10分で電源が切れます。
• フライ用網をフライ用受け皿にのせ、食材をのせ
て庫内にセットしてください。
※マエと表示してあるほうを手前にして、焼き網の
奥のストッパーにあたるようにセットしてくださ
い。
ストッパー
3 必要に応じて温度とタイマーを設定する
• 温度選択(>/<)ボタンで温度を設定してくださ
い。60 〜 200(℃)の間で10℃ごとに選択で
きます。
• タイマー(>/<)ボタンで調理時間を設定してく
ださい。10分までは0.5分単位、それ以上は1分
単位で、最高30分まで設定できます。ボタンを押
し続けると表示が連続で変わります。
※強い熱風で調理するため、パン粉などが吹き上が
ることがあります。調理の前に食材に粉をよくな
じませてください。
※食材は入れすぎないようにしてください。入れす
ぎると適切に調理されません。
※食材は均等にのせてください。重なったりしてい
ると仕上がりのむらが出ます。途中で上下を入れ
替えるなどして、均等に加熱されるようにしてく
ださい。
※パン粉を使用する食材や油分の少ない食材を調理
するときは、付属のオイルスプレーであらかじめ
オイルをかけると、よりおいしくなります。
19
使いかた 手動メニュー つづき
4 スタートボタンを押す
■■トースター/上グリル
1 扉を開け、食材を入れて閉める
• 扉を開けると電源が入り、前回調理したメニュー
のランプが点滅します。何も操作をしないでいる
と、約10分で電源が切れます。
•「ピピッ♪」と鳴って、フライヤー(リクック)の
ランプが点灯に変わり、調理が始まります。
• タイマー表示部に残り時間が表示されます。
※途中で扉を開けると調理を一時停止します。扉を
閉めると、調理を再開します。
※調理の途中でオイルをスプレーするときは、庫内
から食材を取り出して、オイルが庫内に入らない
ところで行ってください。
• 途中で調理を停止するには、とりけしボタンを押
してください。
●●フライ用網・フライ用受け皿は、コーティングが劣
化しますので、トースター/上グリルには使用しな
いでください。
5 できあがり
•「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知らせします。
• ミトンやなべつかみなどを使用して受け皿ごと取
り出してください。
フライ用網
フライ用受け皿
• 次のようなものは、焼き網の上にアルミホイルを
敷くか耐熱皿などを使用してください。
油の出るもの
汁の出るもの
形がくずれやすいもの
網の目より小さいもの
※続けて調理しない場合は、約10分後に電源が切れ
ます。10分以内でも、とりけしボタンを押すと、
電源が切れます。
※電源が切れた後で、続けて調理する場合は、再度
扉を開閉すると操作ができるようになります。
●●アルミホイルを使用する場合は、ヒーターに触れな
いように注意してください。アルミホイルが溶けて
ヒーターに付着し、故障の原因になります。
※切もちやパンなどの食材は焼き網の手前と奥に置
いてください。
(ヒーターは手前と奥にあるので、中央に置くと裏
面が薄く焼けることがあります。)
※切もちを焼くときは、縦に置いてください。横に
置くと、扉を開けたときにふくらんだもちが手前
に落ちることがあります。
手前
20
2 ヒーターを選ぶ
4 スタートボタンを押す
• 加熱ヒーター切替ボタンでトースターまたは上グ
リルを選んでください。
• 選んだヒーターのランプが点滅し、温度選択とタ
イマーは前回と同じ設定が表示されます。
•「ピピッ♪」と鳴って、選んだヒーターのランプが
点灯に変わり、調理が始まります。
• タイマー表示部に残り時間が表示されます。
※途中で扉を開けると調理を一時停止します。扉を
閉めると、調理を再開します。
• 途中で調理を停止するには、とりけしボタンを押
してください。
5 できあがり
•「ピー、ピー、ピー♪」と鳴ってお知らせします。
• 耐熱皿などを使用したときは、ミトンやなべつか
みなどを使用して取り出してください。
3 必要に応じて温度とタイマーを設定する
• 温度選択(>/<)ボタンで温度を設定してくださ
い。60 〜 200(℃)の間で10℃ごとに選択で
きます。
• タイマー(>/<)ボタンで調理時間を設定してく
ださい。10分までは0.5分単位、それ以上は1分
単位で、最高30分まで設定できます。ボタンを押
し続けると表示が連続で変わります。
※続けて調理しない場合は、約10分後に電源が切れ
ます。10分以内でも、とりけしボタンを押すと、
電源が切れます。
※電源が切れた後で、続けて調理する場合は、再度
扉を開閉すると操作ができるようになります。
21
調理の目安 手動メニュー
※調理の目安は、食材の素材・量・大きさ・調理前の温度などにより異なりますので、でき具合を見て加減してください。
食材が重なっているときは、調理の途中で上下を入れ替えるなどしてください。
※続けて調理するときは、1回目よりも調理時間を短くしてください。
※庫内が熱くなっていると、サーモスタットの働きにより、すぐにはヒーターが点灯しないことがあります。
※天ぷらやドーナツなど、材料に水分が多くフライ用網をすり抜けてしまうものは、調理することができません。
■■フライヤー(リクック)
数量
温度●
設定
タイマー設定●
(初回目安)
フライ用●
網
フライ用●
受け皿
焼き網
メモ
約300g
180℃
約12分
使う
使う
使う
-
約300g
180℃
約13分
使う
使う
使う
-
フライドチキン
(手作り品/解凍品)
6本
200℃
約18分
使う
使う
使う
約450g
天ぷら(リクック)
4 〜 6個
200℃
約6分
使う
使う
使う
調理済み天ぷらのあたため
フライ(リクック)
4個
200℃
約7分
使う
使う
使う
調理済みフライのあたため
えびフライ
(手作り品/解凍品)
6尾
200℃
約15分
使う
使う
使う
-
えびフライ(冷凍)
6尾
200℃
約16分
使う
使う
使う
-
約200g
200℃
約15分
使う
使う
使う
-
4個
200℃
約16分
使う
使う
使う
-
4個
200℃
約20分
使う
使う
使う
-
調理例
から揚げ
(手作り品/解凍品)
から揚げ(冷凍)
フライドポテト(冷凍)
コロッケ
(手作り品/解凍品)
コロッケ(冷凍)
※市販のから揚げ粉などを使用する場合は、粉の説明書きにしたがって、分量などを守って調理してください。
※パン粉を使用した食材や油分の少ない食材を調理するときは、付属のオイルスプレーであらかじめオイルをかけると、
よりおいしくなります。
■■トースター
数量
温度●
設定
タイマー設定●
(初回目安)
バターロールあたため
4個
120℃
トースト
4枚
冷凍トースト
ピザトースト
フライ用●
網
フライ用●
受け皿
焼き網
メモ
1 〜 2分
使う
-
200℃
3.5 〜 6分
使う
6枚切り(厚さ2cm)の場合
4枚
200℃
4 〜 6分
使う
6枚切り(厚さ2cm)の場合
(表面の霜は取り除く)
2枚
200℃
冷蔵ピザ
(直径 約25cm)
1枚
冷凍ピザ
(直径 約25cm)
調理例
使
使
4 〜 7分
用
用
使う
200℃
4 〜 6分
禁
禁
使う
1枚
200℃
5 〜 8分
止
止
クッキー
8個
160℃
7 〜 10分
使う
もち(パック切もち)
6個
200℃
6 〜 10分
使う
使う
※フライ用網・フライ用受け皿は、トースター/上グリル調理では使用しないでください。
22
焼き網にアルミホイルを敷
いてください。
-
お手入れ
注意
●●お手入れは、必ず本体が冷めてから行ってくださ
い。
●●パンくずトレーは常にきれいにしてください。汚
れやくずが残ったまま使用すると、火災の原因に
なります。
●●パンくずトレーのお手入れ後、忘れずに取り付け
てください。製品の設置場所が焦げたりする原因
になります。
●●食材の残りや汚れが残ったまま放置しないでくだ
さい。火災の原因になります。
●●みがき粉、たわし、シンナー、ベンジンなどは使用しないでください。
焼き網・フライ用網・フライ用受け皿
パンくずトレー
薄めた台所用中性洗剤とスポンジで洗う
取り外してパンくずを払い、汚れを拭きとる
• 洗った後、よく乾かしてください。
• 汚れがひどいときは薄めた台所用中性洗剤とスポ
ンジで洗い、よく乾かしてください。
• 焼き網は取り外して洗ってください。
※フライ用網・フライ用受け皿はフッ素コーティン
グされています。
金属たわしや固いブラシ、研磨剤などは、コーティ
ングを傷つけますので使用しないでください。
また、食器洗い乾燥機には入れないでください。
※パンくずトレーを取り付けるときは、ウエと表示
してあるほうを上にしてください。
上
ウエ
ウエ
• 取り付けるときは、焼き網が焼き網受けの後端の
ストッパーにあたるようにして、焼き網下側の凸
部が焼き網受けに引っかかるように置いてくださ
い。
手前
本体・庫内
焼き網凸部
よく絞ったふきんでふく
• 汚れが取れにくいときは、薄めた台所用中性洗剤
を含ませた柔らかい布で拭いたあと、固くしぼっ
た布などで洗剤分を拭き取ってください。
ストッパー
焼き網受け
23
故障かな?と思ったら
使用中に異常が生じた場合は、修理を依頼される前に本書をよくお読みのうえ、以下の点を確認してください。
状 態
扉を開けても、
電源が入らない
扉がきちんと●
閉まらない
考えられる理由
処 置
●●電源プラグが確実に差し込ま
れてない
●●電源プラグを確実に差し込んでください。
●●電源ブレーカーが入ってない
●●安全を確認の上、電源ブレーカーを入れてくだ
さい。
●●焼き網がきちんと取り付けら
れていない
●●焼き網の前後を間違えないようにきちんと取り
付けてください。(P23)
●●調理する食材や容器が大きす
ぎる
●●食材をカットして適切な大きさにして調理して
ください。
●●庫内に入る大きさの容器を使用してください。
操作できない
加熱が止まる
エラー表示
操作できない
加熱が止まる
エラー表示 ●●ヒーターの異常を検知してい
る
●●お買い上げの販売店またはアイリスコールへ問
い合わせてください。
●●長時間の使用で庫内温度が上
がっている
●●庫内が冷えるのを待って使用してください。
●●回路の異常を検知している
●●故障の可能性があります。お買い上げの販売店
またはアイリスコールへ問い合わせてくださ
い。
●●扉がしっかり閉まっていない
●●扉をしっかり閉めてください。
●●調理終了直後(タイマーが「0」
を表示している間)は、調理開
始できない
●●も う 一 度、 自 動 調 理 メ ニ ュ ー・ リ ク ッ ク メ
ニュー・手動メニューのいずれかのボタンを押
して選んでから、スタートボタンを押してくだ
さい。
●●調理開始後2分以上たっている
●●調理開始後2分たつと(仕上がり調整のランプ
が点灯に変わると)調理時間が確定して変更で
きません。
●●手動メニューで調理している
●●手動メニューでは、仕上がり調整は使えません。
操作できない
加熱が止まる
エラー表示
スタートボタン
を押しても調理
開始しない
仕上がり調整が
できない
24
●●調理開始後2分たつまで(仕上
がり調整のランプが点滅中)は
調理時間が確定せず、時間調整
はされない
●●調理開始後2分たつと(仕上がり調整のランプ
が点灯に変わると)調理時間が確定して調整さ
れます。
●●タイマー表示が次の時間を表
示するタイミングと、調理時間
の調整が重なった
●●特に、調理開始2分後は仕上がり調整による時
間調整と時間の切替タイミングが重なることが
あります。
●●仕上がり調整で調整された時
間が0.5分(30秒)以内だった
●●タイマー表示は0.5分(30秒)単位なので、それ
以下の時間調整では表示が切り替わりません。
●●調理温度を調節している
●●故障ではありません。(P7)
●●フライヤー(リクック)調理に
なっている
●●フライヤー(リクック)調理では、トースター
/上グリル用のヒーターは使用しません。
●●上グリル調理になっている
●●上グリル調理では、上ヒーターのみ使用します。
●●サーモスタットが働いて、調理
温度を調節している
●●庫内がまだ温かいときに低い温度で調理する
と、すぐには点灯しないことがあります。(P7)
下ヒーターの光
りかたが弱い
●●下ヒーターは上ヒーターより
弱く、下奥ヒーターはさらに弱
く設定されている
●●故障ではありません。(P8)
製品の設置場所
が焦げる
●●パンくずトレーが取り付けら
れてない
●●パンくずトレーを取り付けてください。(P23)
●●パンくずトレーについた汚れ
が燃えている
●●パンくずトレーをお手入れしてください。
(P23)
●●ヒーターは手前と奥にあるの
で、食パンなどを中央に置くと
裏面が十分に焼けない
●●トーストなどをする場合は、焼き網の手前と奥
に置いてください。(P14)
●●調理温度が高すぎる
●●調理温度を下げ、調理時間を少し長めにして調
理してください。
●●食材がヒーターに近い
●●食材が大きい場合は、カットして適切な大きさ
にして調理してください。
仕上がり調整を
しても調理時間
が調整されない
仕上がり調整を
してもタイマー
表示が変わらな
い
途中でヒーター
が消える、
または点いたり
消えたりする
ヒーターが赤く
ならない
焼きむらができ
る
調理すると、●
外側が焦げる
25
故障かな?と思ったら つづき
中まで火が●
通らない
フライヤー調理
がうまくできな
い
煙が出たり、●
においがする
調理が終了して
もファンの音が
する
●●調理温度が低い、または調理時
間が短い
●●調理温度を上げるか、調理時間を長くしてみて
ください。
●●食材によっては、中まで火が通
りにくいものがある
●●切り込みを入れる、カットしてサイズを小さく
する、食材によっては水にひたすなど、調理の
工夫をしてください。
●●食材の油脂分が少ない
●●オイルスプレーなどを使用して、食材に油をま
んべんなくかけてください。または、かける油
の量を増やしてください。(P11)
●●パン粉・から揚げ粉などの量が
多すぎる
●●粉の説明書きを読んで、量などを守ってくださ
い。
●●初めて使用するときに、煙や
においが出ることがある
●●初めて使用する前に空焼きしてください。にお
いが残る場合がありますが、使用するにともな
い出なくなります。(P12)
●●前回の調理のときに付着した
油脂分などから発煙する場合
がある
●●調理後は毎回お手入れしてください。
(P13、23)
●●油脂分の多い食材を調理して
いる
●●受け皿に落ちた油脂分が加熱されて煙が出ること
がありますが、製品や調理に問題はありません。
●●庫内温度が高い間はファンが
回る
●●庫内温度が高い間は、冷却のためにファンが回
ります。温度が下がると自動的に止まります(約
5分)。
それでも解決できないときは
お買い上げの販売店またはアイリスコールにお問い合わせください。
警告
●●ご自分での分解・修理・改造はしないでください。
26
仕様
電源
AC 100V(50/60Hz共用)
消費電力
ヒーター
ヒーター出力
1,430W(50/60Hz)
フライヤー(リクック)
シーズヒーター×1
トースター/上グリル
石英管ヒーター×4(上下各2)
フライヤー(リクック)
1,350W
トースター
1,300W
上グリル
800W
タイマー
0.5分〜 30分
外形寸法
幅341×奥行325×高さ348mm
庫内有効寸法
フライヤー(リクック)
幅約220×奥行約220×高さ約70mm
トースター/上グリル
幅約250×奥行約250×高さ約80mm
製品質量
約9.8kg
コード長さ
約1.2m
製品材質
外装:鋼板(粉体塗装)、ガラス、ポリアミド、その他
内装:メッキ鋼鈑、網:鉄線(メッキ)、受け皿:メッキ鋼鈑
※商品の仕様は予告なく変更することがあります。
保証とアフターサービス
必ずお読みください。
■保証書
■
■保証期間経過後の修理
■
お買い上げの際に、所定の事項が記入されている保証
書をお買い上げの販売店より必ずお受け取りくださ
い。
保証書がありませんと、無料修理保証期間内でも代金
を請求される場合がありますので、大切に保管してく
ださい。
お買い上げの販売店またはアイリスコールにご相談く
ださい。修理により製品の機能が維持できる場合は、
ご要望により有料にて修理いたします。
■補修用性能部品の保有期間について
■
当社はこの製品の補修用性能部品を製造打ち切り後、
5年間保有しています。
性能部品とは、その製品の機能を維持するために必要
な部品です。
■保証期間
■
保証期間は、お買い上げ日より1年間です。
保証期間内に故障した場合は、保証規定にしたがって
修理させていただきます。
■アフターサービスについて
■
ご不明な点はお買い上げの販売店またはアイリスコー
ルにお問い合わせください。
27
ノンフライリクック熱風オーブン FVX-M3A
保証書
本書は、お買い上げ日から下記期間内に故障が発生した場合に、下記の保証規定により無料修理を行うことをお約束するものです。
保証期間
お買い上げ日 ※
年 月 日
お買い上げ日より:1年間
※消耗品(焼き網・フライ用網・フライ用受け皿・オイルスプレーを含む)を除く
ご芳名
お
客
様
ご住所 〒
電話( ) 住所・店名
※
販
売
店
電話( ) -
販売店様へ: ※印欄は必ず記入してお渡しください。
保証規定
1. 取扱説明書、本体貼付ラベルなどの注意書きにしたがった正常な使用状態で故障及び損傷した場合には、弊社が
無料にて修理または交換いたします。
2. 保証期間内に、故障などによる無料修理をお受けになる場合には、お買い上げの販売店にて、保証書をご提示の
うえ、修理をご依頼ください。
3. 保証内容は本製品自体の無料修理に限ります。保証期間内におきましても、その他の保証はいたしかねます。
4. ご転居やご贈答品などで本保証書に記入してある販売店に修理をご依頼になれない場合には、アイリスコールに
お問い合わせください。
5. 保証期間内におきましても次の場合には有料修理になります。
① 使用上の誤り、不当な修理、改造などによる故障及び損傷
② お買い上げ後の落下などによる故障及び損傷
③ 火災、地震、その他の天災地変による故障及び損傷
④一般家庭用以外(たとえば業務用の長時間使用、車両・船舶への搭載)に使用された場合の故障及び損傷
⑤ お買い上げ後の移動、輸送または什器備品などとの接触による故障及び損傷
⑥ 本書の提示がない場合
⑦ 本書にお買い上げ年月日、お客様名、販売店名の記入のない場合、あるいは字句を書き換えられた場合
6. 本書は日本国内においてのみ有効です。
7. 本書は再発行いたしませんので紛失しないよう大切に保管してください。
修理メモ
※ この保証書は本書に明示した期間、条件のもとにおいて無料修理をお約束するものです。したがって、この保証
書によって保証書を発行しているもの(保証責任者)、及びそれ以外の事業者に対するお客様の法律上の権利を制
限するものではありません。保証期間経過後の修理などについてご不明の場合は、お買い上げの販売店またはア
イリスコールにお問い合わせください。
※ 保証期間経過後の修理、補修用性能部品の保有期間については、「保証とアフターサービス」をご覧ください。
090115-KTK-01
P090115-KTK-RUI-01
Fly UP