...

対馬釜山事務所だより

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

対馬釜山事務所だより
tsushima city community magazine
いぬ
オ
ス
樹ギ
ャ
犬ン
の
銅
像
今年は12干支の中で11番目の動物である戌の年です。洋の東西を問わず、
人間が一番親しく感じる動物が、犬ではないでしょうか。学者によると犬は旧
石器時代から家畜として人間と共に生活をしてきたそうです。性質が穏やかで
なつ
頭がよく、人にすぐ懐きます。嗅覚と聴覚が鋭く、飼い主への忠誠心はどの動
物より強いと思います。この性質から韓国でも犬はもっとも愛されてきたペッ
トです。
韓国ではお年寄りが孫を抱き、お尻をポンポンと叩きなら「ネ ガンアジ」
とよく言います。「ネ ガンアジ」は「私の子犬」という意味で、韓国人がど
れくらい犬を親しく感じているかが分かるでしょう。
いたずら
昔から韓国人は、犬が泥棒を防ぐことや狩猟、盲人案内、護身の役割だけでなく、鬼の悪戯や災いを追
い払い、家庭の幸せを守る能力があると信じていました。特に毛が長くてふさふさしている韓国在来種の
犬である「サプサル犬」がいる所には鬼も近づけないということわざもあり、偉い人の家では必ず飼った
そうです。犬を飼えない家では、犬の絵を掛けるだけで厄払いが出来ると信じられました。
犬と言ったら東京渋谷にある「ハチ公」が有名ですね。死んだ飼い主を待ち続けるハチ公の行動はまさ
に犬の忠誠心を見せてくれる物語でしょう。
オ ス ギャン
サ
プ
サ
ル
犬
の
モ
ニ
ュ
メ
ン
ト
韓国でも「 樹犬」という日本のハチ公と同じような犬がいました。
シラギ
チョルラプクドウ
イムシル
キム
時代は新羅。全羅北道の任実という町に犬を可愛がっていた金という男の人が
住んでいました。ある春の日、彼は市場で久しぶりに友達に会いお酒を飲み始
めました。夕方、酔っ払ってしまった彼は帰りの途中、ある丘の芝生の上で寝
込んでしまいました。その時、丘の向こうから火事が起こり、どんどん彼の所
キム
に近づいてきました。一緒にいた犬は必死で彼を起こそうとしましたが金は起
きませんでした。それで、犬は近くの小川に走り、自分の体に水をたっぷりつ
キム
け、彼の周りの芝生をぬらしました。そうすることを何百回。やっと金が目を
キム
覚ました時、犬は疲れ果てて死んでしまいました。状況を把握した金は命を救ってくれた犬の墓を作り、
印として自分の杖を墓の前に差し立てておきました。その後、杖からは葉っぱがでて、大きなケヤキにな
オ ス ギャン
オ ス
り、その木を 樹、また飼い主を救って死んだ犬を 樹犬と言い伝えています。
ヘウンデ
イムシル
今月号には年末年始の時、釜山の海雲台海水浴場に設置されたサプサル犬のモニュメントと、任実郡に
オ ス ギャン
ある
樹犬の銅像の写真を載せますので、幸せをもたらすお守りとして部屋に張っておくのはどうでしょ
うか。 ※ (ごう)=意味:人の心のよくわかる犬
キム キョンイル シン ウンギョン 対馬釜山事務所
℡
0 0
9 9
5 5
︲ ︲
8 8
2 2
6 6
︲︵︲
1苦1
7情5
7相9
9談9
直
通
︶
介
護
保
険
課
長
崎
県
国
民
健
康
保
険
団
体
連
合
会
長
崎
市
今
博
多
町
8
番
地
2
︵
国
保
会
館
︶
●
連
絡
先
⋮
〒
8
5
0
︲
0
0
2
5
1
月
3
日
を
除
く
︶
︵ 土 曜 ・ 日 曜 ・午
祝後
祭5
日時
・ま
12 で
月
29
日
か
ら
17 広報つしま 2006. 2
●
受
付
時
間
⋮
平
日
の
午
前
9
時
か
ら
︻
受
付
時
間
及
び
ご
連
絡
先
︼
お
気
軽
に
ご
相
談
く
だ
さ
い
。
お
り
ま
す
が
、
電
話
で
も
結
構
で
す
の
で
、
員
宛
に
ご
提
出
し
て
い
た
だ
く
こ
と
に
し
て
国
保
連
合
会
の
介
護
サ
ー
ビ
ス
苦
情
処
理
委
い
ま
す
。
︶
に
必
要
事
項
を
ご
記
入
の
上
、
苦
情
申
立
書
︵
対
馬
市
保
険
課
に
用
意
し
て
国
保
連
合
会
へ
の
申
立
は
、
原
則
と
し
て
、
︻
苦
情
申
立
の
方
法
︼
れ
て
い
る
方
。
護
サ
ー
ビ
ス
を
受
け
て
い
る
状
況
を
把
握
さ
介
護
サ
ー
ビ
ス
の
利
用
者
、
家
族
及
び
介
金 京一、辛 恩京
︻
申
立
で
き
る
人
︼
い
ま
す
。
ー
ビ
ス
に
対
す
る
相
談
や
苦
情
を
取
り
扱
っ
て
機
関
と
し
て
、
苦
情
相
談
窓
口
を
設
け
介
護
サ
事
業
者
及
び
施
設
へ
の
指
導
及
び
助
言
を
行
う
介
護
サ
ー
ビ
ス
の
質
の
向
上
に
関
す
る
調
査
や
国
保
連
合
会
で
は
、
介
護
保
険
法
に
基
づ
き
介
護
サ
ー
ビ
ス
苦
情
相
談
窓
口
の
ご
案
内
︵
国
保
連
合
会
か
ら
の
お
知
ら
せ
︶
Fly UP