...

「フィルムの製造 その3 加工 検査」について

by user

on
Category: Documents
27

views

Report

Comments

Transcript

「フィルムの製造 その3 加工 検査」について
「フィルムの製造 その 3 加工 検査」について
コラム“技術情報” No.17
■こちら特ダネ記者クラブ
映画のフィルムにますます関心を抱くようになった新米君 。その後 、商業映画を手掛ける撮影監督やCMの特殊撮影を手掛ける会
社 、そしてインディペンデントのドキュメンタリー作家の方々を訪ねて、フィルムについてのインタビューを続けています。
新 米「いろいろなカメラマンの方に、実際にフィルムの装填を見せ
名(略称)や乳剤番号 、フッテージ、マニュファクチャコード
てもらったのですが、その手際の良さには、びっくりしまし
(製造記録)等の小さな文字です。フッテージは写真用ネガ
でいうコマナンバーのようなもので、フィルムの全長に渡り
た。
」
デスク「それは、長い助手時代に培った職人的な力だな。
」
新 米「私もカメラをお借りして実際に装填をさせてもらったんです
が、フィルムのパーフォレーションにスプロケットを噛み合
わせるのが難しいカメラもあって難儀しました。
」
デスク「まあ“マガジン・ポン”というわけにはいかないからな。
」
新 米「その時にまた疑問がわいてきました。パーフォレーションに
ついてです。連続した小さな穴をどうやって開けているのか
ということなんです。
」
デスク「それなら私も疑問があるぞ。以前にも取り上げたが、エッジ
プリントについてだ。あの小さな文字や数字をどのように生
フィルムに入れているのだろう?」
新 米「では早速 、調べてきます!」
夕方 、新米君は紙袋を下げて帰社しました。その中からは、
甘くていい匂いがただよっています。デスクが、その匂い
に引き寄せられてきました。
新 米「デスクは甘党でしたよね。これ、お土産です。ロールケー
キ。
」
デスク「気前がいいな。
」
新米君は、ロールケーキを皿に乗せると、ナイフで輪切り
にし始めました。
デスク「おい、そんなに薄く切るのか。まあいいか。
」
デスクは輪切りにしたケーキのひとつをパクっと頬張りま
した。
新 米「このロールケーキ全部をフィルムのおおもとのロールだと考
えて下さい。輪切りにしたのが、映画のフィルムです。乳剤
の塗布が終わって巻き取られた大きなロール状のフィルム
は、まず規定の幅に、たとえば映画用フィルムの35 mmな
どに裁断(スリッティング)されます。
」
デスク 「パーフォレーションは、この後に空けるのか。
」
新 米「はい、次に穿孔に進みます。JISやISOなどでパーフォレー
ションの寸法は規定されています。穿孔の精度が低いとカメ
ラ搬送トラブルといってちゃんとフィルムが駆動されずにカ
メラの中で詰まったり、上映時に画面が上下にガタガタ揺れ
る画ブレなどを起こす可能性があります。だから高い加工精
度が要求されます。同時に、フィルムのパーフォレーション
の外側にエッジプリントを露光します。これはフィルム製品
一定間隔で露光されており、位置を特定するアドレス代わり
となります。
」
デスク「以前にエッジプリントの内容については詳しく調べたね。そ
うか、この文字は露光されていたのか。
」
新 米「はい、その後にフィルムはプラスチック製の巻き芯に巻かれ、
400 f tとか1000 f tといった規定の巻きの長さごとにカッ
トされます。最後に遮光性を保つため、黒い遮光袋で包み、
缶や箱に入れられます。これで商品の完成です。もちろん、
ここまではすべて暗室内での作業です。
」
新米君は、鞄から、映画フィルムの新品を1本取り出しまし
た。缶には製品の内容を示す表示がプリントされ、蓋には
テープが巻かれて開かないようになっています。
新 米「さて、このように商品が完成しました。この製品検査ですが、
全部を調べる全数検査ではありません。
」
デスク「そりゃそうだろう、テレビや自動車の検査のように1台1台作
動チェックするようなことをしていたら、売り物が無くなっ
てしまうからな。
」
新 米「そうです、フィルムのテストをするということは、使ってしま
うということです。このような検査を破壊検査といいます。
その代わりに一定数量ごとに抜き取り検査をしています。抜
き取り検査以外でも、原材料の受け入れから、塗布 、加工の
各工程においてもさまざまな検査をしており、各工程での材
料が正常であること、装置・機械が正常に作動していること
を確認して、常に一定条件での製造を心がけているのです。
」
デスク「こうしてフィルムの品質保証を維持する努力が続けられてい
るから、カメラマンはフィルムを安心して使えて、その結果 、
いい映画ができるということなんだね。
」
ふと、デスクが机の上に目を移すと、そこには精算書ととも
に1枚の領収書が。
デスク「おい新米 、なぜ洋菓子店の領収書が経費なんだ。
」
新 米「いゃぁ……、そ、それはですね、説明用イラストを起こすため
の見本資料です。
」
デスク「ふむ、では、そのケーキはデザイン課に回さないと!」
デスクは、ロールケーキをまるごと、デザイン課のコーナー
へ運んでいってしまいました。
富士フイルム株式会社 映画部 EXPOSURE JAPAN 編集部発行 編集発行人 久米公治 〒106-8620 東京都港区西麻布2-26-30 TEL.03-3406-2338
http://fujifilm.jp/business/broadcastcinema/
宣伝物コード 60079441
Fly UP