...

IBM Tivoli NetView for z/OS

by user

on
Category: Documents
404

views

Report

Comments

Transcript

IBM Tivoli NetView for z/OS
Tivoli IBM Tivoli NetView for z/OS
®
򔻐򗗠򙳰
バージョン 5 リリース 3
アドミニストレーション・リファレンス
SC88-9305-02
(英文原典:SC31-8854-02)
Tivoli IBM Tivoli NetView for z/OS
®
򔻐򗗠򙳰
バージョン 5 リリース 3
アドミニストレーション・リファレンス
SC88-9305-02
(英文原典:SC31-8854-02)
お願い
本書および本書で紹介する製品をご使用になる前に、 529 ページの『特記事項』に記載されている情報をお読みください。
本書は、IBM Tivoli NetView for z/OS (製品番号 5697-ENV) バージョン 5 リリース 3、および新しい版で明記され
ていない限り、以降のすべてのバージョン、リリースおよびモディフィケーションに適用されます。必ず製品のレベ
ルに対して正しい版を使用してください。
IBM は、お客様が提供するいかなる情報も、お客様に対してなんら義務も負うことのない、自ら適切と信ずる方法
で、使用もしくは配布することができるものとします。
IBM 発行のマニュアルに関する情報のページ
http://www.ibm.com/jp/manuals/
こちらから、日本語版および英語版のオンライン・ライブラリーをご利用いただけます。また、マニュアルに関する
ご意見やご感想を、上記ページよりお送りください。今後の参考にさせていただきます。
(URL は、変更になる場合があります)
お客様の環境によっては、資料中の円記号がバックスラッシュと表示されたり、バックスラッシュが円記号と表示さ
れたりする場合があります。
原 典: SC31-8854-02
Tivoli® IBM Tivoli NetView for z/OS
Version 5 Release 3
Administration Reference
発 行: 日本アイ・ビー・エム株式会社
担 当: ナショナル・ランゲージ・サポート
第1刷 2007.10
この文書では、平成明朝体™W3、平成明朝体™W7、平成明朝体™W9、平成角ゴシック体™W3、平成角ゴシック体™
W5、および平成角ゴシック体™W7を使用しています。この(書体*)は、
(財)日本規格協会と使用契約を締結し使用し
ているものです。フォントとして無断複製することは禁止されています。
注*
平成明朝体™W3、平成明朝体™W7、平成明朝体™W9、平成角ゴシック体™W3、
平成角ゴシック体™W5、平成角ゴシック体™W7
© Copyright International Business Machines Corporation 1997, 2007. All rights reserved.
© Copyright IBM Japan 2007
目次
図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xv
本書について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xvii
対象読者 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xvii
資料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xvii
IBM Tivoli NetView for z/OS ライブラリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xvii
前提資料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xix
関連資料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xx
オンライン用語集へのアクセス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xx
LookAt を使用してメッセージの説明を検索する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxi
マニュアルへのオンライン・アクセス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxii
マニュアルのご注文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxii
アクセシビリティー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxiii
Tivoli 技術研修 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxiii
サポート情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxiii
ダウンロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxiv
本書の表記規則 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxiv
書体の規則 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxiv
オペレーティング・システム依存の変数とパス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxv
構文図. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xxv
第 1 章 ステートメントおよびサンプルのロケーション . . . . . . . . . . . . . . . . 1
NetView 定義ステートメントに関する解説の使い方 .
ステートメントのフォーマット . . . . . . . .
定義ステートメントの構文規則 . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 1
. 4
. 5
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
|
|
|
ACBpassword . . . . . . . . . . . .
AlertRcvName . . . . . . . . . . . .
ASSIGN . . . . . . . . . . . . . .
AUTOCMD . . . . . . . . . . . . .
AUTOTASK . . . . . . . . . . . .
auxInitCmd . . . . . . . . . . . . .
banner . . . . . . . . . . . . . .
CBE.TEMPLATES . . . . . . . . . .
CCDEF . . . . . . . . . . . . . .
CNMI . . . . . . . . . . . . . .
COMMON . . . . . . . . . . . . .
COMMON.CNMIP.DNSTimeout . . . . . .
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH . . . . .
COMMON.CNMSNMP.MIBS . . . . . . .
COMMON.CNMSNMP.port . . . . . . .
COMMON.CNMSNMP.retries . . . . . . .
COMMON.CNMSNMP.timeout . . . . . .
COMMON.CNMSNMP.trap . . . . . . .
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL . . . .
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX . . . .
COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE .
COMMON.CNMTRAP.taskname.MAXTCPCONN
COMMON.CNMTRAP.taskname.STACKNAME .
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 7
. 8
. 8
. 9
. 10
. 11
. 11
. 12
. 12
. 13
. 13
. 14
. 14
. 15
. 16
. 16
. 16
. 17
. 17
. 18
. 18
. 19
. 20
iii
| COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
| COMMON.CNMTRAP.taskname.TRACE . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
| COMMON.CNMTRAP.taskname.UDPPORT . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
COMMON.DUIFHNAM. . . . . . .
COMMON.DUIFHPRC . . . . . . .
COMMON.EKGHNAM . . . . . . .
COMMON.EKGHPRC . . . . . . .
COMMON.EZLINITDELAY . . . . .
COMMON.EZLIPTraceJCLWait . . . .
COMMON.EZLRMTTIMER . . . . .
COMMON.EZLsmtpNAME. . . . . .
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter . . .
COMMON.EZLTCPpTRACEwriter . . .
COMMON.EZLTRACED . . . . . .
COMMON.FKXIPSTAT. . . . . . .
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW. . .
COMMON.FLC_EXCEPTION_VIEW_FILE
COMMON.FLC_RODMAPPL . . . . .
COMMON.FLC_RODMINT . . . . .
COMMON.FLC_RODMNAME . . . .
COMMON.FLC_RODMRETRY . . . .
COMMON.FLC_RUNCMDRETRY . . .
COMMON.FLC_TCPNAME . . . . .
COMMON.FLC_TN3270_FILE . . . .
COMMON.IPPORTMON.IPADD . . . .
COMMON.IPPORTMON.INTVL . . . .
COMMON.IPPORTMON.PORTNUM . .
COMMON.SMFVPD. . . . . . . .
COMMON.WAITTIME . . . . . . .
COMMON.XDOMTIME . . . . . .
ConsFixed . . . . . . . . . . .
ConsMask . . . . . . . . . . .
CORRELATION . . . . . . . . .
DB2SEC . . . . . . . . . . .
DEFAULTS . . . . . . . . . .
DLA.cmdb_ftp_server . . . . . . .
DLA.debug . . . . . . . . . . .
DLA.ftp_log_blocksize . . . . . . .
DLA.ftp_log_filename . . . . . . .
DLA.ftp_log_space_pri . . . . . . .
DLA.ftp_log_space_sec . . . . . . .
DLA.ftp_log_unit . . . . . . . . .
DLA.ftp_log_volume . . . . . . . .
DLA.ftp_max_xmit_tm . . . . . . .
DLA.ftp_remote_dir . . . . . . . .
DLA.ftp_timeout . . . . . . . . .
DLA.ftp_uid . . . . . . . . . .
DLA.statefile . . . . . . . . . .
DLA.tsouser . . . . . . . . . .
DLA.xml_blocksize . . . . . . . .
DLA.xml_filename . . . . . . . .
DLA.xml_space_pri . . . . . . . .
DLA.xml_space_sec . . . . . . . .
DLA.xml_unit . . . . . . . . . .
DLA.xml_volume . . . . . . . . .
DOMAIN . . . . . . . . . . .
iv
アドミニストレーション・リファレンス
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
22
23
23
24
24
24
25
25
26
26
26
27
27
28
28
29
29
30
30
30
31
31
32
32
33
33
33
34
34
36
37
38
38
39
39
40
40
41
41
42
42
43
43
44
44
45
45
46
46
47
47
48
48
| EMAAUTO
|
|
|
|
|
. . . .
function.autotask . . .
GHB.TCPANAME . .
HARDCOPY . . . .
HLLENV . . . . .
idleParms . . . . .
IDS.Attack_Cmd . . .
IDS.Attack_CmdType .
IDS.Auto_Intvl. . . .
IDS.Auto_Thresh . . .
IDS.ClearStat_Day . .
IDS.ClearStat_Inform. .
IDS.ClearStat_Log . .
IDS.ClearStat_Log_File .
IDS.ClearStat_Time . .
IDS.CONSOLEMSG . .
IDS.DSIPARM . . .
IDS.Event_Inform . . .
IDS.Event_Limit . . .
IDS.Event_Log . . .
IDS.Event_Log_File . .
IDS.Flood_Cmd . . .
IDS.Flood_CmdType . .
IDS.probeid. . . . .
IDS.Report_Cmd . . .
IDS.Report_CmdType .
IDS.Report_Inform . .
IDS.Report_Log . . .
IDS.Report_Log_File . .
IDS.Scan_Cmd. . . .
IDS.Scan_CmdType . .
IDS.SYSLOG.FILENAME
IDS.SYSLOGMSG . .
IDS.TCP_Cmd . . . .
IDS.TCP_CmdType . .
IDS.UDP_Cmd . . .
IDS.UDP_CmdType . .
INIT . . . . . . .
inStore . . . . . .
IPLOG . . . . . .
IPv6Env. . . . . .
iverbose . . . . . .
JesJobLog . . . . .
LOADEXIT . . . .
LOGONPW . . . .
LUC . . . . . . .
MCON . . . . . .
memStore . . . . .
MSG.TECROUTE . .
MVSPARM.DEFAUTH .
MVSPARM.MIGRATE .
MVSPARM.MSGIFAC .
NACMD.AGENT . . .
NACMD.DESTPPI . .
NACMD.HOSTDEST .
NACMD.INTxxx . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
目次
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
49
50
51
51
52
53
55
56
56
57
57
58
59
60
60
61
61
62
62
63
63
64
65
66
66
67
68
69
69
70
70
71
72
73
73
74
75
75
77
77
78
79
79
79
81
81
83
84
85
85
86
87
89
90
91
91
v
| NACMD.LCLPPIRV . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
NACMD.OPID
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 93
| NACMD.PERSIST . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
NACMD.PORT
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 94
| NACMD.ROWSxxx . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
NACMD.SRCNAME .
NACMD.TCPNAME .
NACMD.WAITSECS
NetID . . . . .
NLDM.AMLUTDLY .
NLDM.AUTHDOM .
NLDM.AUTHORIZ .
NLDM.CDRMDEF .
NLDM.CDTIME. .
NLDM.DRDELAY .
NLDM.DSRBO . .
NLDM.ERCOUNT .
NLDM.FCTIME . .
NLDM.KEEPDISC .
NLDM.KEEPMEM .
NLDM.KEEPPIU .
NLDM.KEEPRTM .
NLDM.KEEPSESS .
NLDM.LOG . . .
NLDM.LUCOUNT .
NLDM.MACRF . .
NLDM.MAXEND .
NLDM.NETID . .
NLDM.PDDNM . .
NLDM.PERFMEM .
NLDM.PEXLSTxx .
NLDM.PIUTNUM .
NLDM.PIUTSIZE .
NLDM.RETRY . .
NLDM.RTDASD .
NLDM.RTM . . .
NLDM.RTMDISP .
NLDM.SAW . . .
NLDM.SAWNUM .
NLDM.SAWSIZE .
NLDM.SDDNM . .
NLDM.SESSMAX .
NLDM.SESSTATS .
NLDM.TRACEGW .
NLDM.TRACELU .
NLDM.TRACESC .
NMCstatus.errorDSN
NPDA.ALCACHE .
NPDA.ALERTFWD.
NPDA.ALERTLOG .
NPDA.ALRTINFP .
NPDA.ALT_ALERT
NPDA.AUTORATE.
NPDA.DSRBO . .
NPDA.DSRBU . .
NPDA.ERR_RATE .
vi
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
アドミニストレーション・リファレンス
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 96
. 97
. 97
. 98
. 98
. 99
. 99
. 100
. 101
. 102
. 102
. 103
. 103
. 104
. 104
. 105
. 105
. 105
. 106
. 107
. 108
. 108
. 109
. 109
. 110
. 110
. 112
. 112
. 112
. 113
. 113
. 114
. 114
. 115
. 115
. 116
. 116
. 117
. 117
. 118
. 118
. 119
. 119
. 121
. 124
. 125
. 126
. 127
. 128
. 128
. 129
NPDA.IHTHRESH . . . . . . . .
NPDA.LQTHRESH . . . . . . . .
NPDA.MACRF . . . . . . . . .
NPDA.MDSIND . . . . . . . . .
NPDA.PDDNM . . . . . . . . .
NPDA.PDFILTER . . . . . . . .
NPDA.PNA . . . . . . . . . .
NPDA.PRELOAD_BER . . . . . .
NPDA.R (比率) . . . . . . . . .
NPDA.RATE . . . . . . . . . .
NPDA.REPORTS . . . . . . . .
NPDA.SDDNM . . . . . . . . .
NPDA.TECROUTE . . . . . . . .
NPDA.W (折り返し) . . . . . . .
NQNSUP.USE . . . . . . . . .
NRM.CMODE . . . . . . . . .
NRM.CONNINT. . . . . . . . .
NRM.CONNRETRY . . . . . . .
NRM.HBRETRY . . . . . . . .
NRM.HOSTDEST . . . . . . . .
NRM.PORT . . . . . . . . . .
NRM.RESET . . . . . . . . . .
NRM.SAMPLERATE . . . . . . .
NRM.STATUS . . . . . . . . .
NRM.TYPE . . . . . . . . . .
NRM.XCLDOM . . . . . . . . .
NRM.XCLSRC . . . . . . . . .
NRM.XCLTASKN . . . . . . . .
NRM.XCLTASKT . . . . . . . .
OpDsPrefix . . . . . . . . . .
PKTS.STORAGE . . . . . . . .
POLICY . . . . . . . . . . .
PWD . . . . . . . . . . . .
RCMRODMUser . . . . . . . .
REXEC . . . . . . . . . . .
RMTINIT . . . . . . . . . . .
RMTSYN . . . . . . . . . . .
RODMname . . . . . . . . . .
ROUTECDE . . . . . . . . . .
RRD . . . . . . . . . . . .
RSH . . . . . . . . . . . .
RTNDEF.BASE.AGENT . . . . . .
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.APPL . .
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.STACK. .
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.SYSTEM .
RTNDEF.BASE.HB.APPL. . . . . .
RTNDEF.BASE.MEMBER . . . . .
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.APPL . .
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.STACK . .
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.SYSTEM .
RTNDEF.BASE.PROVIDER . . . . .
RTNDEF.COLLECTOR.APPL.NETVIEW .
RTNDEF.PROCESSOR.STACK . . . .
RTNDEF.PROCESSOR.SYSTEM . . .
RTT . . . . . . . . . . . .
SECOPTS.AUTHCHK . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
目次
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
129
130
131
132
132
133
133
134
134
136
137
138
138
139
142
143
143
144
144
145
146
146
147
147
148
149
149
150
150
151
152
152
153
154
155
155
157
158
159
159
160
160
162
162
162
162
163
163
163
164
164
164
165
165
166
166
vii
|
|
SECOPTS.CMDAUTH . . . .
SECOPTS.OPERSEC . . . .
SECOPTS.OPSPAN. . . . .
SECOPTS.RMTAUTH . . . .
SECOPTS.SPANAUTH . . .
SECOPTS.SPANCHK . . . .
SECOPTS.SURROGAT . . .
SECOPTS.WEBAUTH . . . .
SSI . . . . . . . . . .
SSIname . . . . . . . .
STM.SA . . . . . . . .
styleMsg . . . . . . . .
styleMsg.wrap . . . . . .
stylevar . . . . . . . .
SuppChar . . . . . . . .
TAMEL . . . . . . . .
TASK . . . . . . . . .
TCPCONN.DASD . . . . .
TCPCONN.DSRBO . . . . .
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE
TCPCONN.GTF . . . . . .
TCPCONN.HASHSIZE. . . .
TCPCONN.KEEP . . . . .
TCPCONN.MACRF . . . .
TCPCONN.PDDNM . . . .
TCPCONN.ROWSA . . . .
TCPCONN.SDDNM . . . .
TCPname . . . . . . . .
TCPserver . . . . . . . .
TOWER . . . . . . . .
TRACE . . . . . . . .
transMember . . . . . . .
transTbl . . . . . . . .
VBV . . . . . . . . .
VTAMCP.USE . . . . . .
WBSORDER . . . . . . .
WEB . . . . . . . . .
webmenu . . . . . . . .
WEBSITE. . . . . . . .
WINDOW.EXEC . . . . .
WLM.SubSystemName . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
167
170
174
175
176
177
178
178
179
180
180
181
181
182
183
184
185
187
188
188
189
189
190
191
192
192
192
193
193
194
194
198
198
199
200
201
202
203
206
207
207
第 3 章 NetView 定義ステートメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209
A (アラート) . . .
ACCESS . . . . .
ACTION . . . . .
ALIASMEM . . . .
AMELINIT . . . .
AUTH . . . . . .
C (コマンド・リスト)
CMDCLASS . . . .
CMDDEF . . . . .
CMDLINE . . . .
CMDMDL . . . .
CMDRCVR . . . .
CMDSYN . . . . .
viii
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
アドミニストレーション・リファレンス
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
209
211
212
214
214
215
221
222
222
230
231
231
232
COLUMNHEAD . . . . . . . . . . .
COMNTESC . . . . . . . . . . . . .
COS . . . . . . . . . . . . . . .
DBFULL . . . . . . . . . . . . . .
DEFENTPT . . . . . . . . . . . . .
DEFFOCPT . . . . . . . . . . . . .
DSICRTTD 内の DEFFOCPT ステートメント.
DSI6INIT 内の DEFFOCPT ステートメント .
DOMAINS . . . . . . . . . . . . .
DSTINIT . . . . . . . . . . . . . .
END . . . . . . . . . . . . . . .
F (フィルター) . . . . . . . . . . . .
HELD . . . . . . . . . . . . . . .
HOLDPCNT . . . . . . . . . . . . .
HOLDWARN . . . . . . . . . . . .
IMDAREA . . . . . . . . . . . . .
%INCLUDE . . . . . . . . . . . . .
INDENT . . . . . . . . . . . . . .
ISPAN . . . . . . . . . . . . . . .
KCLASS . . . . . . . . . . . . . .
KEYCLASS . . . . . . . . . . . . .
LASTLINE . . . . . . . . . . . . .
LOCKIND . . . . . . . . . . . . .
LOGINIT . . . . . . . . . . . . . .
LU . . . . . . . . . . . . . . . .
M (最大) . . . . . . . . . . . . . .
MAPSESS . . . . . . . . . . . . .
MLINDENT . . . . . . . . . . . . .
MODE . . . . . . . . . . . . . . .
NMCSTATUS (制御ファイル項目) . . . . .
NOPREFIX . . . . . . . . . . . . .
NORMAL. . . . . . . . . . . . . .
NORMQMAX . . . . . . . . . . . .
O MONIT . . . . . . . . . . . . .
O RESET . . . . . . . . . . . . . .
O SECSTAT . . . . . . . . . . . . .
O SENDMSG . . . . . . . . . . . .
OPCLASS. . . . . . . . . . . . . .
OPERATOR . . . . . . . . . . . . .
OPERID . . . . . . . . . . . . . .
ORIGNET. . . . . . . . . . . . . .
PARMSYN . . . . . . . . . . . . .
PARTNER . . . . . . . . . . . . .
PCLASS . . . . . . . . . . . . . .
PORT . . . . . . . . . . . . . . .
PREFIX . . . . . . . . . . . . . .
PROFILE . . . . . . . . . . . . . .
PROFILEN . . . . . . . . . . . . .
PROTOCOL . . . . . . . . . . . . .
PUCOUNT . . . . . . . . . . . . .
REP . . . . . . . . . . . . . . .
RETRY . . . . . . . . . . . . . .
RMTSEC . . . . . . . . . . . . . .
SENDMSG . . . . . . . . . . . . .
SOCKETS . . . . . . . . . . . . .
SPAN . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
目次
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
232
233
233
234
235
236
236
237
239
240
246
247
250
251
252
254
255
257
258
259
264
264
265
267
268
269
270
272
272
273
289
289
291
292
292
293
294
294
295
296
298
298
299
300
302
303
305
307
307
308
308
310
310
313
313
314
ix
STATOPT. . . .
SUBSYSTEM . .
TASK (DSIQTSKI).
TCP390 . . . .
TCPANAME . . .
TITLE . . . . .
TITLEDATE . . .
TITLEDOMID . .
TITLEOPID . . .
TITLESTAT . . .
TITLETIME . . .
VALCLASS . . .
VPDINIT . . . .
WINDOW. . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
315
319
319
320
325
326
327
329
330
332
333
334
334
336
第 4 章 Automated Operations Network の定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
AON 制御ファイル項目の定義.
ACTMON. . . . . . . .
ADJNETV . . . . . . .
AUTOOPS . . . . . . .
CDLOG . . . . . . . .
CPCPSESS (SNA) . . . . .
DDFGENERIC . . . . . .
DDFGROUP . . . . . . .
ENVIRON AIP . . . . . .
ENVIRON DDF. . . . . .
ENVIRON EXIT . . . . .
ENVIRON RACF . . . . .
ENVIRON SETUP . . . . .
ENVIRON SNBU (SNA) . . .
ENVIRON TIMEOUT . . . .
EZLTLOG . . . . . . .
FORWARD FOCALPT . . .
FULLSESS . . . . . . .
GATEWAY . . . . . . .
INSTALLOPT . . . . . .
IPCONN . . . . . . . .
IPHOST . . . . . . . .
IPINFC . . . . . . . .
IPNAMESERV . . . . . .
IPPORT . . . . . . . .
IPROUTER . . . . . . .
IPTN3270 . . . . . . . .
LSTHRESH . . . . . . .
MONIT . . . . . . . .
MONITOR . . . . . . .
NCPRECOV (SNA) . . . .
NOTIFY . . . . . . . .
NTFYOP . . . . . . . .
NV6000 (TCP/IP) . . . . .
RECOVERY . . . . . . .
RESIDENT . . . . . . .
SESSION . . . . . . . .
SNBU (SNA) . . . . . .
SNBUPOOL (SNA) . . . .
SUBSYSTEM (SNA) . . . .
x
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
アドミニストレーション・リファレンス
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
337
338
344
345
350
352
352
354
355
356
358
360
362
365
366
368
369
370
371
373
376
377
380
382
384
386
388
391
392
394
395
398
399
402
405
410
411
412
415
416
TCPIP . . . . .
TGSWITCH (SNA).
THRESHOLDS . .
TIMER . . . .
TSOSERV . . .
X25MONIT (SNA) .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
417
418
419
422
427
427
第 5 章 通知ポリシー・メンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 431
SETUP. .
GROUP .
INFORM .
CONTACT
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
431
434
435
436
第 6 章 イベント自動化サービス定義ステートメント . . . . . . . . . . . . . . . . 441
AdapterCdsFile . .
AdapterFmtFile . .
ALRTCFG . . .
ALRTTCFG . . .
BufEvtMaxSize . .
BufEvtPath . . .
BufEvtRdBlklen . .
BufEvtShrinkSize .
BufferEvents . . .
BufferEventsLimit .
BufferFlushRate . .
Community . . .
ConnectionMode . .
Enterpriseoid . . .
ERCVCFG . . .
EventMaxSize . .
Filter . . . . .
FilterCache . . .
FilterMode . . .
Hostname . . . .
MSGCFG . . . .
NetViewAlertReceiver
NOSTART . . .
OUTPUT . . . .
PortNumber . . .
PPI . . . . . .
RetryInterval . . .
ServerFailback . .
ServerLocation . .
ServerPort . . . .
TALRTCFG . . .
TestMode . . . .
TRACE . . . .
UsePortMapper . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
442
443
444
444
445
446
446
447
448
448
449
450
450
451
451
452
452
453
454
455
455
456
457
457
458
459
460
460
461
462
462
463
464
465
第 7 章 相関サービス定義ステートメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 467
| CEIHOST . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 467
| CLIENTPORT . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 467
| CLIENTLISTPORT . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 468
|
JLOG . .
LCLPORT
NVHOST .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
目次
. 468
. 469
. 469
xi
NVLOCALE .
NVPORT . .
PURGETIMER
QUELIMIT .
RETRYTIME.
RULEFILE .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
470
470
471
471
472
472
第 8 章 リソース・オブジェクト・データ・マネージャー定義ステートメント . . . . . . 475
ASYNC_TASKS. . . . . . .
CELL_POOLS . . . . . . .
CHARACTER_VALIDATION . .
CHECKPOINT_FUNCTION . . .
CONCURRENT_USERS . . . .
CONNECT_VIOLATION_MESSAGE
DUMP_FOR_BAD_USER_DATA .
DUMP_LIMIT . . . . . . .
DUMP_SCOPE . . . . . . .
EXTEND_HEAP_SIZE. . . . .
IO_QUEUE_THRESHOLD . . .
LOG_LEVEL. . . . . . . .
MAX_CHUNK . . . . . . .
MAX_SEGMENT_NUM . . . .
MAX_WINDOW_NUM . . . .
MLOG_LEVEL . . . . . . .
MTRACE_TYPE . . . . . .
PLI_ISA . . . . . . . . .
PRIMARY_HEAP_SIZE . . . .
QUIES_WAIT_TASK_TIME . . .
QUIES_WAIT_USER_TIME . . .
SEC_CLASS . . . . . . . .
SEC_RNAME . . . . . . .
SEGMENT_POCKETS. . . . .
SSB_CHAIN . . . . . . . .
TRANSPARENT_CHECKPOINT .
WAIT_ALLOC_TIME . . . . .
WINDOW_CHKPT_TIME . . .
WINDOW_POCKETS . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
475
475
477
478
479
480
480
481
482
483
483
484
485
485
486
487
487
488
489
489
490
491
492
493
494
495
495
496
497
第 9 章 Graphic Monitor Facility ホスト・サブシステム・ステートメント . . . . . . . 499
API . . . . . . . . . . . . . . .
CHECKPOINT . . . . . . . . . . .
DOMAIN . . . . . . . . . . . . .
GMTOFFSET . . . . . . . . . . .
JAPANESE . . . . . . . . . . . .
LCON-AGG-BUNDLE-INTERVAL . . . . .
LCON-AGGRST-REQUIRED . . . . . .
LCON-AIP-RESET-INTERVAL . . . . . .
LCON-ALERT-CMD-TIMEOUT. . . . . .
LCON-ASSOCIATE-NULL-NODE-WITH-LINK.
LCON-EVCHANGE-BUFFER-INTERVAL . .
LCON-HEX-SUBVECTOR-DISPLAY . . . .
LCON-MAX-LOCATE-RESOURCE-VIEWS . .
LCON-MAX-QUEUE-DBSERVER . . . . .
LCON-MAX-QUEUE-EVENTMGR. . . . .
LCON-MAX-QUEUE-IPC. . . . . . . .
LCON-MAX-QUEUE-IRMGR . . . . . .
xii
アドミニストレーション・リファレンス
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
499
500
501
501
502
502
503
503
504
505
505
506
506
507
508
508
509
LCON-MAX-QUEUE-MAINTASK . .
LCON-MAX-QUEUE-NETCMD. . .
LCON-MAX-QUEUE-NETCON . . .
LCON-MAX-QUEUE-OPERIF . . .
LCON-MAX-QUEUE-RCMGR . . .
LCON-MAX-QUEUE-RTMGR . . .
LCON-MAX-QUEUE-VIEWMGR . .
LCON-MAX-QUEUE-VSTATMGR . .
LCON-NCC-RETRY-LIMIT . . . .
LCON-NCC-RSC-LIMIT . . . . .
LCON-NMG-POLL-INTERVAL . . .
LCON-OPERATOR-CMD-AUDIT . .
LCON-REPORT-UNKNOWN-STATUS
LCON-SNATM-TIMEOUT . . . .
LCON-STATUS-DELAY-MAX . . .
LCON-STATUS-DELAY-TIME . . .
LEVEL . . . . . . . . . .
PRINTPDU38 . . . . . . . .
RODMID . . . . . . . . . .
RODMNAME . . . . . . . .
STORAGE . . . . . . . . .
TASK . . . . . . . . . . .
TRACE . . . . . . . . . .
TRACEBYTES . . . . . . . .
TRACEPAGES . . . . . . . .
TYPE . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
510
510
511
512
513
513
514
515
515
516
517
518
518
519
519
520
521
521
523
523
524
524
525
526
527
527
特記事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 529
商標
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 530
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 531
目次
xiii
xiv
アドミニストレーション・リファレンス
図
1.
2.
必須構文エレメント . . . .
オプションの構文エレメント .
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
.
.
.
.
.
.
.
.
. xxvi
. xxvi
3.
4.
デフォルトのキーワードおよび値 . . . . xxvii
構文のフラグメント . . . . . . . . . xxviii
xv
xvi
アドミニストレーション・リファレンス
本書について
IBM® Tivoli® NetView® for z/OS® プロダクトは、複雑な、マルチプラットフォー
ム、マルチベンダーのネットワークおよびシステムの可用性を、単一管理ポイント
から最高度に維持するために使用できる拡張機能を提供します。本書「IBM Tivoli
NetView for z/OS アドミニストレーション・リファレンス」には、システム管理に
必要な NetView プログラムの定義ステートメントについて記述されています。 シ
ステム管理の 1 つのプロセスは、システム・デフォルトおよびストレージ要件を再
定義して、ネットワーク・パフォーマンスを向上させることです。
対象読者
本書は、NetView プログラム定義ステートメントを完全に理解する必要があるシス
テム・プログラマーおよびネットワーク・オペレーターを対象としています。
資料
このセクションでは、IBM Tivoli NetView for z/OS ライブラリーに収められている
資料、およびその他の関連資料を取り上げます。 Tivoli マニュアルへのオンライ
ン・アクセスの方法、および Tivoli マニュアルのご注文方法についても記述されて
います。
IBM Tivoli NetView for z/OS ライブラリー
Tivoli NetView for z/OS ライブラリーには、以下のような資料が用意されていま
す。
v 「アドミニストレーション・リファレンス」(SC88-9305) には、システム管理に
必要な NetView プログラムの定義ステートメントについて記述されています。
v 「アプリケーション・プログラマーズ・ガイド」(SC88-9306) には、 NetView プ
ログラム間インターフェース (PPI) および NetView アプリケーション・プログ
ラミング・インターフェース (API) の使用方法について記述されています。
v 「Automated Operations Network カスタマイズ・ガイド」(SC88-9318) には、イベ
ント・ドリブン・ネットワーク自動化機能を提供する NetView Automated
Operations Network (AON) コンポーネントの自動化操作機能を調整し、拡張する
方法について記述されています。
v 「Automated Operations Network ユーザーズ・ガイド」(GC88-9302) には、
Automated Operations Network コンポーネントを使用して、システムおよびネッ
トワークの効率を向上させる方法について記述されています。
v 「自動操作ガイド」(SC88-9304) には、自動化操作機能を使用して、システムと
ネットワークの効率およびオペレーターの生産性を向上させる方法について記述
されています。
v 「コマンド解説書 第 I 巻」(SC88-9307) および「コマンド解説書 第 II 巻」
(SC88-9308) には、ネットワークとシステム操作およびコマンド・リストとコマ
ンド・プロシージャーで使用することができる NetView コマンドについて記述さ
れています。
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
xvii
v 「カスタマイズ・ガイド」(SC88-9309) には、NetView プロダクトをカスタマイ
ズする方法が記述されており、関連情報のソースが示されています。
v 「データ・モデル・リファレンス」(SC88-9312) では、Graphic Monitor Facility
host subsystem (GMFHS) 、SNA トポロジー・マネージャー、およびマルチシス
テム・マネージャーのデータ・モデルについて説明しています。
v 「インストール: 追加コンポーネントの構成」(SC88-9321) には、NetView の基本
機能以外の追加機能の構成方法について記述されています。
v 「インストール: グラフィカル・コンポーネントの構成」(SC88-9322) では、
NetView グラフィックス・コンポーネントをインストールおよび構成する方法に
ついて説明しています。
v 「インストール: 概説」(SC88-9319) には、NetView 基本機能をインストールおよ
び構成する方法について記述されています。
v 「インストール: マイグレーション・ガイド」(SC88-9320) には、NetView プロダ
クトの現行リリースによって提供される新規機能および前のリリースからの基本
機能のマイグレーションについて記述されています。
v 「インストール: Tivoli NetView for z/OS Enterprise Agent の構成」(SC88-4669)
では、Tivoli NetView for z/OS エンタープライズ・エージェントをインストール
および構成する方法について説明しています。
v 「Messages and Codes Volume 1 (AAU-DSI)」(SC31-6965) および「Messages and
Codes Volume 2 (DUI-IHS)」(SC31-6966) では、NetView プロダクトのメッセー
ジ、NetView 異常終了コード、NetView メッセージ内のセンス・コード、および
総称アラート・コード・ポイントについて説明しています。
v 「マルチシステム・マネージャー ユーザーズ・ガイド」(GC88-9301) には、
NetView マルチシステム・マネージャー・コンポーネントをネットワーク管理で
どのように使用できるかについて記述されています。
v 「NetView 管理コンソール ユーザーズ・ガイド」(GC88-9303) では、NetView プ
ロダクトの NetView 管理コンソール・インターフェースについて説明していま
す。
v 「Programming: Assembler」(SC31-8860) には、アセンブラー言語を使用して
NetView プロダクトの出口ルーチン、コマンド・プロセッサー、およびサブタス
クの作成方法について記述されています。
v 「プログラミング: パイプ」(SC88-9311) には、NetView パイプラインを使用して
NetView インストール済み環境をカスタマイズする方法について記述されていま
す。
v 「Programming: PL/I and C」(SC31-8861) には、PL/I または C を使用して
NetView プロダクトのコマンド・プロセッサーおよびインストール・システム出
口ルーチンを作成する方法が記述されています。
v 「プログラミング: REXX および NetView コマンド・リスト言語」(SC88-9310)
には、再構造化拡張実行プログラム言語 (REXX™) または NetView コマンド・リ
スト言語を使用して、NetView プロダクトのコマンド・リストを作成する方法に
ついて記述されています。
v 「リソース・オブジェクト・データ・マネージャーおよび GMFHS プログラマー
ズ・ガイド」(SC88-9313) では、NetView リソース・オブジェクト・データ・マ
xviii
アドミニストレーション・リファレンス
ネージャー (RODM) (非 SNA ネットワークの RODM への定義方法、およびネ
ットワーク自動化とアプリケーション・プログラミングでの RODM の使用法を
含む) について説明しています。
v 「セキュリティー・リファレンス」(SC88-9317) には、NetView 環境の許可検査
をインプリメントする方法について記述されています。
v 「SNA トポロジー・マネージャー インプリメンテーション・ガイド」
(SC88-9315) では、サブエリアを管理するために使用できる NetView SNA トポ
ロジー・マネージャー、拡張対等通信ネットワーク機能 (Advanced Peer-to-Peer
Networking®)、および TN3270 リソースの計画およびインプリメントについて説
明しています。
v 「Troubleshooting Guide」(LY43-0093) では、NetView プロダクトの使用中に起こ
る可能性のある問題の文書化、診断、および解決について説明しています。
v 「Tuning Guide」(SC31-8869) には、NetView プロダクトおよびネットワーク環境
の一定のパフォーマンス・ゴールを達成するために役立つチューニング情報があ
ります。
v 「ユーザーズ・ガイド」(GC88-9300) では、NetView プロダクトを使用して、複
雑なマルチベンダーのネットワークとシステムを単一ポイントから管理する方法
について説明しています。
v 「Web アプリケーション ユーザーズ・ガイド」(SD88-6818) には、NetView Web
アプリケーションを使用して、複雑なマルチベンダーのネットワークとシステム
を単一ポイントから管理する方法について記述されています。
v 「Licensed Program Specifications」(GC31-8848) には、NetView プロダクトのラ
イセンス情報があります。
前提資料
このリリースで提供される新機能については、「IBM Tivoli NetView for z/OS イン
ストール: マイグレーション・ガイド」を参照してください。
NetView for z/OS プロダクトがどのように IBM Tivoli Monitoring プロダクトと相
互に作用するかについては、以下の IBM Tivoli Monitoring の資料を参照してくだ
さい。
v 「IBM Tivoli Monitoring 6.1 紹介」(GI88-6718) では、IBM Tivoli Monitoring の
コンポーネント、概念、および機能を示しています。
v 「IBM Tivoli Monitoring V6.1.0 Tivoli Distributed Monitoring の更新」(GD88-6712)
では、IBM Tivoli Distributed Monitoring の更新方法について説明しています。
v 「IBM Tivoli Monitoring V6.1.0 インストールおよび設定ガイド」(GD88-6698) で
は、IBM Tivoli Monitoring のインストールおよび設定について説明しています。
v 「IBM Tivoli Monitoring V6.1.0 ユーザーズ・ガイド」(SD88-6700) は IBM Tivoli
Enterprise™ Portal オンライン・ヘルプを補完する資料であり、すべての Tivoli
Enterprise Portal 機能に関する実地研修および詳細な手順が示されています。
v 「IBM Tivoli Monitoring 6.1.0 管理者ガイド」(SD88-6699) では、IBM Tivoli
Enterprise Portal Server およびクライアントに必要なサポート・タスクおよび機能
について説明しています。
本書について
xix
v 「IBM Tivoli Monitoring V6.1.0 Tivoli Enterprise Monitoring サーバー z/OS 版の
構成」(SD88-6713) では、z/OS システム上で稼働する IBM Tivoli Enterprise
Monitoring Server を構成およびカスタマイズする方法について説明しています。
v 「IBM Tivoli Monitoring V6.1.0 問題判別ガイド」(GD88-6710) には、ソフトウェ
アに関する問題のトラブルシューティングを行う際に使用する情報およびメッセ
ージが記載されています。
v 「IBM Tivoli Monitoring V6.1.0 IBM Tivoli Monitoring の解説」(SD88-6817) に
は、IBM Tivoli Monitoring について検討するための一連の実践内容が記載されて
います。
v 「IBM Tivoli Universal Agent V6.1.0 ユーザーズ・ガイド」(SD88-6711) では、
IBM Tivoli Universal Agent について紹介しています。
v 「IBM Tivoli Universal Agent API and Command Programming Reference Guide」
(SC32-9461) では、IBM Tivoli Universal Agent API をインプリメントする方法に
ついて説明し、API 呼び出しおよびコマンド行インターフェース・コマンドにつ
いて解説しています。
関連資料
NetView ブリッジ機能については、「Tivoli NetView for OS/390 Bridge
Implementation」(SC31-8238-03、V1R4 ライブラリーからのみ入手可能) を参照して
ください。
追加の製品情報は、次の NetView for z/OS Web サイト上で検索できます。
http://www.ibm.com/software/tivoli/products/netview-zos/
オンライン用語集へのアクセス
「Tivoli ソフトウェア用語集」には、Tivoli ソフトウェアに関する多数の技術用語の
定義が収められています。「Tivoli ソフトウェア用語集」は、次の Tivoli ソフトウ
ェア・ライブラリー Web サイトでご利用いただけます。
http://publib.boulder.ibm.com/tividd/glossary/tivoliglossarymst.htm
IBM Terminology Web サイトには、多数の IBM プロダクト・ライブラリーからの
用語が 1 つの便利なロケーションに統合されています。 Terminology Web サイト
には、次の Web アドレスでアクセスできます。
http://www.ibm.com/software/globalization/terminology/
NetView for z/OS の用語と定義のリストについては、IBM Terminology Web サイト
を参照してください。 以下の用語は、このライブラリーで使用されます。
NetView
以下のプロダクト:
v Tivoli NetView for
v Tivoli NetView for
v Tivoli NetView for
v Tivoli NetView for
z/OS バージョン 5 リリース 3
z/OS バージョン 5 リリース 2
z/OS バージョン 5 リリース 1
OS/390® バージョン 1 リリース 4
MVS™ z/OS オペレーティング・システムに関する用語
xx
アドミニストレーション・リファレンス
MVS エレメント
z/OS オペレーティング・システムの BCP エレメントに関する用語
CNMCMD
CNMCMD および組み込みメンバー
CNMSTYLE
CNMSTYLE および組み込みメンバー
PARMLIB
連結シーケンスでの SYS1.PARMLIB およびその他のデータ・セットに関す
る用語
以下の IBM の名前は、指定された Candle® の名前と置き換わります。
IBM Tivoli Monitoring Services
OMEGAMON® プラットフォームに関する用語
IBM Tivoli Enterprise Monitoring Agent
Intelligent Remote Agent に関する用語
IBM Tivoli Enterprise Monitoring Server
Candle Management Server に関する用語
IBM Tivoli Enterprise Portal
CandleNet Portal に関する用語
IBM Tivoli Enterprise Portal Server
CandleNet Portal Server に関する用語
特に断りのない限り、プログラムを参照する場合は、そのプログラムの最新のバー
ジョンおよびリリースを指します。バージョンのみが示されている場合は、そのバ
ージョンのすべてのリリースを参照しています。
パーソナル・コンピューターまたはワークステーションの使用に関する参照の場合
は、すべてのプログラマブル・ワークステーションを使用できます。
LookAt を使用してメッセージの説明を検索する
LookAt というオンライン機能により、大部分の IBM メッセージと、いくつかのシ
ステム異常終了 (タスクの異常終了) およびコードに関する説明を検索できます。
LookAt では、通常、該当メッセージの説明がただちに表示されるため、従来の方法
よりも短時間で、必要な情報を検索することができます。
LookAt を以下のロケーションから使用して、z/OS のエレメントおよびフィーチャ
ー、z/VM®、VSE/ESA™、および Clusters for AIX® and Linux® に関する IBM メッ
セージの説明を検索できます。
v インターネット。LookAt Web サイト (http://www.ibm.com/eserver/zseries/zos/
bkserv/lookat/) から IBM メッセージの説明に直接アクセスできます。
v z/OS TSO/E ホスト・システム。z/OS または z/OS.e システムにコードをインス
トールして、TSO/E コマンド行 (例えば、TSO/E プロンプト、ISPF、または
OMVS が稼働中の z/OS UNIX® システム・サービス) から LookAt を使用し、
IBM メッセージの説明にアクセスできます。
本書について
xxi
v Microsoft® Windows® ワークステーション。コードをインストールして、Microsoft
Windows DOS コマンド行から LookAt を使用し、「z/OS Collection」
(SK3T-4269) にある IBM メッセージの説明にアクセスできます。
v ワイヤレス・ハンドヘルド・デバイス。ハンドヘルド・デバイスで LookAt
Mobile Edition を使用することによって、ワイヤレス・アクセスおよびインター
ネット・ブラウザー (例えば、Internet Explorer for Pocket PCs、Blazer、または
Eudora for Palm OS、あるいは Opera for Linux handheld devices) を利用できる
ようになります。 LookAt Web サイトから LookAt Mobile Edition にリンクして
ください。
LookAt をホスト・システムまたは Microsoft Windows ワークステーションにイン
ストールするコードは、「z/OS Collection」(SK3T-4269) のディスクまたは LookAt
Web サイト (「Download」をクリックし、必要なプラットフォーム、リリース、コ
レクション、およびロケーションを選択します) から入手できます。詳細な情報
は、ダウンロード処理中に使用可能な LOOKAT.ME ファイル内にあります。
マニュアルへのオンライン・アクセス
以下は英語のみの対応となります。資料 CD には、製品ライブラリーにある資料が
含まれています。資料は、PDF、HTML、および BookManager® フォーマットで入
手可能です。資料へのアクセス方法の説明については、CD 上の README ファイ
ルを参照してください。
Tivoli NetView for z/OS ライブラリーを検索するための索引が、ドキュメンテーシ
ョン CD 上に収められています。ご使用のシステムに Adobe Acrobat があれば、
Search コマンドを使用して、ライブラリー内で特定のテキストの場所を探索するこ
とができます。ライブラリーを検索する索引の使用方法についての詳細な情報は、
Acrobat のオンライン・ヘルプを参照してください。
IBM では、この製品およびその他のすべての Tivoli 製品に関する資料を、使用可
能になった時点および更新された時点で、Tivoli Information Center の Web サイト
(http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/tivihelp/v3r1/index.jsp) に載せています。
「Tivoli Information Center」ウィンドウで、「Tivoli product manuals (Tivoli 製品
マニュアル)」をクリックします。製品名の最初の文字と一致する文字をクリック
し、製品ライブラリーにアクセスします。例えば、Tivoli NetView for z/OS ライブ
ラリーにアクセスするには、N をクリックします。
注: PDF 文書をレターサイズ以外の用紙に印刷する場合は、Adobe Reader のメニュ
ーから「ファイル」→「印刷」を選択して表示されたウィンドウでオプションを
設定し、レターサイズのページをご使用の用紙に印刷できるようにしてくださ
い。
マニュアルのご注文
以下は英語のみの対応となります。なお、日本 IBM 発行のマニュアルはインター
ネット経由でもご購入いただけます。詳しくは、http://www.ibm.com/jp/manuals/ の
「ご注文について」をご覧ください。(URL は、変更になる場合があります)
http://www.elink.ibmlink.ibm.com/publications/servlet/pbi.wss
xxii
アドミニストレーション・リファレンス
次の電話番号からもご注文いただけます。
v 米国: 800-879-2755
v カナダ: 800-426-4968
その他の国では、Tivoli 製品資料のご注文については、ソフトウェアのお客様担当
者にご連絡ください。お客様担当者の電話番号を調べるには、以下の手順を実行し
てください。
1. 次の Web アドレスにアクセスします。
http://www.elink.ibmlink.ibm.com/public/applications/publications/
cgibin/pbi.cgi
2. リストからお客様の国を選択し、「Go」をクリックします。「Welcome to the
IBM Publications Center」ウィンドウが表示されます。
3. ウィンドウの左側の「About this site」をクリックし、お客様担当者の電話番号
が記されている情報ページを表示します。
アクセシビリティー
アクセシビリティー機能は、運動障害または視覚障害など身体に障害を持つユーザ
ーがソフトウェア・プロダクトを快適に使用できるようにサポートします。製品で
は、標準的なショートカット・キーおよびアクセラレーター・キーが使用され、オ
ペレーティング・システムによって文書化されます。詳しくは、ご使用のオペレー
ティング・システムが提供する資料を参照してください。
追加情報については、「ユーザーズ・ガイド」の付録『アクセシビリティー』を参
照してください。
Tivoli 技術研修
以下は英語のみの対応となります。 Tivoli 技術研修の情報については、以下の
IBM Tivoli Education Web サイト ( http://www.ibm.com/software/tivoli/education) を
参照してください。
サポート情報
以下は英語のみの対応となります。 IBM ソフトウェアに問題がある場合は、早く
解決する必要があります。お客様が必要なサポートを得られるように、IBM は以下
の方法を提供しています。
オンライン
IBM Software Support サイト (http://www.ibm.com/software/support/
probsub.html) にアクセスして、指示に従います。
IBM Support Assistant
IBM Support Assistant (ISA) は、IBM ソフトウェア製品に関する疑問およ
び問題の解決に役立つ無償のローカル・ソフトウェア保守サービス・ワーク
ベンチです。ISA により、問題判別のためのサポート関連の情報および保守
サービス・ツールに迅速にアクセスできます。ISA ソフトウェアをインスト
ールするには、http://www.ibm.com/software/support/isa にアクセスします。
本書について
xxiii
問題判別ガイド
問題を解決する方法について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for
z/OS Troubleshooting Guide」を参照してください。
ダウンロード
ダウンロード可能なクライアントとエージェント、NetView 製品のデモンストレー
ション、およびいくつかの無償の NetView アプリケーションを、以下の NetView
for z/OS Web サイトから入手できます。
http://www.ibm.com/software/tivoli/products/netview-zos/
これらのアプリケーションは、以下の作業に役立ちます。
v 以前のリリースから現行スタイルシートへの、カスタマイズ・パラメーターのマ
イグレーション
v 自動化テーブルの統計情報の入手、および自動化テーブルのリストとの統計情報
のマージ
v JES (Job Entry Subsystem) ジョブの状況の表示、または指定された JES ジョブ
の取り消し
v プログラム間インターフェース (PPI) を使用した、NetView プログラムへのアラ
ートの送信
v PPI を使用した、MVS コマンドの送信および受信
v TSO (Time Sharing Option) コマンドの送信および応答の受信
本書の表記規則
本書では、特殊な用語やアクション、オペレーティング・システムに依存するコマ
ンドとパス、およびコマンド構文を表す場合に、いくつかの表記規則を使用してい
ます。
書体の規則
本書では、書体について以下の規則を使用しています。
太字
v 周囲のテキストと見分けがつきにくい小文字のコマンドおよび大/小文字
混合のコマンド
v インターフェース・コントロール (チェック・ボックス、プッシュボタ
ン、ラジオ・ボタン、スピン・ボタン、フィールド、フォルダー、アイコ
ン、リスト・ボックス、リスト・ボックス内の項目、複数列リスト、コン
テナー、メニューの選択項目、メニュー名、タブ、プロパティー・シー
ト)、ラベル (ヒント: およびオペレーティング・システムの考慮事項: な
ど)
v テキスト内のキーワードおよびパラメーター
イタリック
v 引用 (例: 資料、ディスケット、および CD のタイトル)
xxiv
アドミニストレーション・リファレンス
v テキスト内で定義されている語 (例: 非交換回線は Point-to-Point 回線 と
も呼ばれる)
v 語および文字の強調 (言葉として扱われる語の例: "制限節を挿入するに
は、単語 that を使用します"。文字として扱われる場合の例: "LUN アド
レスは文字 L で始める必要があります"。)
v テキスト中の新規用語 (定義リスト内を除く): view は、データが入って
いるワークスペース内のフレームです。
v 指定する必要のある変数および値: ... ここで myname が表すものは ...
モノスペース
v 例およびコード例
v 周囲のテキストと見分けがつきにくいファイル名、プログラミングのキー
ワード、およびその他のエレメント
v ユーザー宛てのメッセージ・テキストおよびプロンプト
v ユーザーが入力する必要のあるテキスト
v 引数またはコマンド・オプションの値
オペレーティング・システム依存の変数とパス
ワークステーション・コンポーネントの場合、本書では、環境変数およびディレク
トリー表記に UNIX の規則を使用しています。
Windows コマンド行を使用する場合、環境変数では $ 変数 を %変数 % で置き
換え、ディレクトリー・パスではスラッシュ (/) を円記号 (¥) で置き換えてくださ
い。環境変数の名前は、Windows 環境と UNIX 環境とでは常に同じとは限りませ
ん。例えば、Windows 環境の %TEMP% は、UNIX 環境の $TMPDIR と同等で
す。
注: Windows システムで bash シェルを使用している場合は、UNIX の表記規則を
使用できます。
構文図
構文図は左側の 2 つの矢印 () で始まり、主線に沿って、相互に向かい合った 2
つの矢印 () まで進み、ここで終了します。構文図に 2 行以上必要な場合、継続
行は単一の矢印 () で終了します。
構文エレメントの位置および形状
構文図では、強調表示、大括弧、または中括弧を頼りにすることはできません。構
文図では、次の表に示すように、主線に対する相対的な位置によって、キーワー
ド、変数、およびオペランドの、必須値、オプション (任意指定の) 値、およびデフ
ォルト値を示します。
表 1. 構文エレメントの位置
エレメントの位置
意味
構文の主線上
必須
構文の主線より上
デフォルト
構文の主線より下
オプション (任意指定)
本書について
xxv
キーワードおよびオペランドは、大文字で示されます。変数は小文字で示され、イ
タリック体または、(NetView ヘルプおよび BookManager オンライン・ブックの場
合) 色を区別して示されます。構文エレメントの形状には、以下のテーブルに示さ
れているようなエレメントのタイプがあります。
表 2. 構文エレメントの形状
エレメント
形状
キーワード
CCPLOADF
変数
resname
オペランド
MEMBER=membername
デフォルト
today または INCL
必須構文エレメント
コマンド名と必須キーワード、変数、およびオペランドは、構文の主線上に示され
ます。 図 1 は、resname 変数を CCPLOADF コマンドで使用しなければならない
ことを示します。
CCPLOADF
CCPLOADF resname
図 1. 必須構文エレメント
オプションの構文エレメント
オプションのキーワード、変数、およびオペランドは、構文の主線より下に示され
ます。 図 2 は、ID オペランドを DISPREG コマンドで使用できるが、必須ではな
いことを示します。
DISPREG
DISPREG
ID=resname
図 2. オプションの構文エレメント
デフォルトのキーワードおよび値
デフォルトのキーワードおよび値は、構文の主線より上に示されます。
デフォルトがキーワードである場合、そのデフォルトは主線より上にのみ示されま
す。このキーワードを指定することも、または、指定せずにデフォルトにすること
もできます。 xxvii ページの図 3 は、デフォルトのキーワード STEP が主線より上
にあり、その他のオプションのキーワードが主線より下にあることを示します。
xxvi
アドミニストレーション・リファレンス
オペランドにデフォルト値がある場合、そのオペランドは主線より上と下の両方に
示されます。主線より下に値がある場合は、オペランドを指定するときに、デフォ
ルト値または表示されている値のいずれかを指定する必要があることを示します。
オペランドを指定しない場合は、主線より上にあるデフォルト値が使用されます。
図 3 は、オペランド MODNAME=* と OPTION=* のデフォルト値が主線より上と下にあ
ることを示します。
RID
,STEP
,MODNAME=*
,CONTINUE
,END
,RUN
,MODNAME=
RID TASK=opid
*
name
,OPTION=*
,OPTION=
*
HAPIENTR
HAPIEXIT
図 3. デフォルトのキーワードおよび値
構文のフラグメント
コマンドに構文の長いセクションが含まれている場合、またはコマンド内で 1 つの
セクションが 2 回以上使用されている場合は、別個のフラグメントとして主構文図
の後に示します。フラグメント名は、大/小文字混合で示します。 xxviii ページの図
4 は、フラグメント Pu、PurgeAll、および PurgeBefore を持つ構文図を示しま
す。
本書について
xxvii
CSCF
CSCF
Pu
PurgeAll
PurgeBefore
Pu
PU=resname
,
,OP=( testop
)
PurgeAll
PURGE ALL
PurgeBefore
PURGE BEFORE date
time
図 4. 構文のフラグメント
コンマおよび小括弧
必須のコンマおよび小括弧は、構文図内に示されます。
オペランドに複数の値を指定できる場合は、一般に値を小括弧で囲み、コンマで区
切ります。例えば、図 4 では、OP オペランドの中に、testop 変数に複数の値を指
定できることを示すコンマが入っています。
コマンドにキーワードと変数を区切る定位置コンマを入れる必要がある場合は、
xxvii ページの図 3 に示すように、キーワードまたは変数の前にコンマを置きます。
コンマは、定位置オペランドが無いことを示すためにも使用されます。以下の
BOSESS コマンドの例で、2 番目のコンマは、オプション (任意指定) のオペラン
ドが使用されていないことを示します。
NCCF BOSESS applid,,sessid
末尾の定位置コンマを指定する必要はありません。定位置、非定位置にかかわら
ず、末尾のコンマは無視されるか、コマンドがリジェクトされる原因となります。
末尾のコンマによってコマンドがリジェクトされるかどうかについては、各コマン
ドの制約事項を参照してください。
省略形
コマンドおよびキーワードの省略形は、各コマンドの説明の後の同義語表を参照し
てください。
xxviii
アドミニストレーション・リファレンス
第 1 章 ステートメントおよびサンプルのロケーション
この章では、サンプル内のステートメントの位置と、NetView プログラム内のサン
プルの位置を説明する表を記載します。
NetView 定義ステートメントに関する解説の使い方
特定の定義ステートメント情報を探すときは、次の方法を使用します。
v ステートメントまたはキーワード名がわかっている場合には、アルファベット順
で調べます。定義ステートメントは、それぞれの章でアルファベット順にリスト
されています。この辞書方式の見出しは、クイック・リファレンスとして使用で
きます。
v オペランド名はわかっているが、それと一緒に使用されるステートメント名がわ
からない場合は、オペランド名を索引で見つけてください。
v サンプル名だけがわかっていて、サンプル内のステートメントに関する情報が必
要な場合には、表 3 を使用して、サンプル名およびその関連ステートメントを探
します。
表 3. サンプル内のステートメントの位置および NetView プログラム内のサンプルの位置
サンプル
ステートメント
AAUCNMTD
DSTINIT
AAUPRMLP
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
AAUPRMLP によって参照されています。
A01APPLS
STATOPT
315 VTAMLST
A01SNA
STATOPT
315 VTAMLST
BNJMBDST
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
BNJMBDST によって参照されています。
BNJ36DST
DSTINIT
240 DSIPARM
CNMCMD
%INCLUDE
255 DSIPARM
CMDDEF
222
END
246
%INCLUDE
255 DSIPARM
ACTION
212
CMDLINE
230
COLUMNHEAD
232
HELD
250
HOLDPCNT
251
HOLDWARN
252
IMDAREA
254
INDENT
257
LASTLINE
264
LOCKIND
265
CNMSCNFT
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
ページ 位置
240 DSIPARM
DSIPARM
DSIPARM
1
表 3. サンプル内のステートメントの位置および NetView プログラム内のサンプルの位置 (続き)
サンプル
ステートメント
ページ 位置
MLINDENT
272
NOPREFIX
289
NORMAL
289
NORMQMAX
291
PREFIX
303
TITLE
326
TITLEDATE
327
TITLEDOMID
329
TITLEOPID
330
TITLESTAT
332
TITLETIME
333
| CNMSTYLE
|
7 ページの『第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメ
ント』を参照してください。
| CNMSTPWD
PWD
153 DSIPARM
ALIASMEM
214 DSIPARM
DSTINIT
240
COS
233 DSIPARM
LU
268
MODE
272
ORIGNET
298
DSIALATD
DSIALTAB
DSIPARM
DSIAMLTD
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSIAMLTD によって参照されています。
DSICNM
A (アラート)
209 DSIPARM
C (コマンド・リスト)
221
F (フィルター)
247
M (最大)
269
O MONIT
292
O RESET
292
O SECSTAT
293
O SENDMSG
294
SENDMSG
313
DSTINIT
240 DSIPARM
END
246
DEFFOCPT
236 DSIPARM
DSTINIT
240
END
246
DSIDB2DF
SUBSYSTEM
319 DSIPARM
DSIELMEM
DSTINIT
240 DSIPARM
DSIELXIT
END
246 DSIPARM
DSIHINIT
DSTINIT
240 DSIPARM
DSICPINT
DSICRTTD
2
アドミニストレーション・リファレンス
DSIPARM
表 3. サンプル内のステートメントの位置および NetView プログラム内のサンプルの位置 (続き)
サンプル
ステートメント
ページ 位置
END
246
PARTNER
299
RETRY
310
DSIILGCF
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSIILGCF によって参照されています。
DSIKINIT
DSTINIT
DSILOGBK
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSILOGBK によって参照されています。
DSIPARM
DSILUCTD
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSILUCTD によって参照されています。
DSIPARM
DSIOPF
%INCLUDE
255 DSIPARM
END
246
OPERATOR
295
PROFILEN
307
AUTH
215 DSIPRF
DOMAINS
239
END
246
ISPAN
258
PROFILE
305
SPAN
314
AUTH
215 DSIPRF
DOMAINS
239
END
246
ISPAN
258
PROFILE
305
SPAN
314
CMDRCVR
231 DSIPARM
REP
308
TASK
319
DSIPRFxx
DSIPROFxx
DSIQTSKI
DSIPARM
240 DSIPARM
DSIREXCF
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSIREXCF によって参照されています。
DSIRHOST
ACCESS
211 DSIPARM
DSIROVSI
DSTINIT
211 DSIPARM
PUCOUNT
308
DSIPARM
DSIRSHCF
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSIRSHCF によって参照されています。
DSIPARM
DSIRTTTD
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSIRTTTD によって参照されています。
DSIPARM
DSISECUR
RMTSEC
310 DSIPARM
DSISVRTD
DSTINIT
240 DSIPARM
第 1 章 ステートメントおよびサンプルのロケーション
3
表 3. サンプル内のステートメントの位置および NetView プログラム内のサンプルの位置 (続き)
サンプル
ステートメント
DSITCPCF
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSITCPCF によって参照されています。
DSITCPRF
OPERID
296 DSIPRF
DSITRCBK
DSTINIT
240 DSIPARM
LOGINIT
267
DSTINIT
240 DSIPARM
VPDINIT
334
DSIVPARM
ページ 位置
DSIPARM
DSIWBMEM
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DSIWBMEM によって参照されています。
DSI6INIT
DEFENTPT
235 DSIPARM
DEFFOCPT
236
DSTINIT
240
RETRY
310
DSIPARM
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DUIFPMEM によって参照されています。
DSIPARM
499 ページの『第 9 章 Graphic Monitor Facility ホス
ト・サブシステム・ステートメント』を参照してくださ
い。
DSIPARM
DUIIGHB
ステートメントはすべて CNMSTYLE で定義され、
DUIIGHB によって参照されています。
DSIPARM
DUIISFP
AMELINIT
214 DSIPARM
DSTINIT
240
DUIFPMEM
| DUIGINIT
|
|
| EKGCUST
|
|
475 ページの『第 8 章 リソース・オブジェクト・デー
タ・マネージャー定義ステートメント』を参照してくだ
さい。
CNMSAMP
| EZLCFG01
|
337 ページの『第 4 章 Automated Operations Network
の定義』を参照してください。
DSIPARM
| EZLINSMP
|
431 ページの『第 5 章 通知ポリシー・メンバー』を参
照してください。
DSIPARM
ステートメントのフォーマット
定義ステートメントのフォーマットは、次のとおりです。
v ステートメント名
v 一般的概要
一般的概要では、ステートメントのオプション、前提事項、目的を包括的に説明
します。概要ごとに、メンバーの名前と、ステートメントをコーディングする場
所を説明します。
v 定義ステートメントの構文
定義ステートメントの構文は、コード規則に従ってフォーマット設定されるモデ
ル・ステートメントです。
4
アドミニストレーション・リファレンス
v オペランドの説明
このセクションでは、定義ステートメントに指定できる各オペランドについて説
明します。説明には、オペランドに指定できる特定の値または可変情報も含まれ
ます。
v 関連ステートメントとの相互参照
このセクションでは、その定義ステートメントに影響することのある他のステー
トメントをリストしています。
定義ステートメントの構文規則
これらの構文規則は、大部分のステートメントに適用されます。
v ラベル名と定義ステートメント名の間、および定義ステートメント名と第 1 オペ
ランドの間に少なくとも 1 つのブランクをコーディングします。ステートメント
のオペランドは、1 つ以上のブランク、またはブランクを伴わない 1 つのコンマ
で区切らなければなりません。コンマとブランクの組み合わせでは、オペランド
を区切ることはできません。オプション・ラベルを省略した場合でも、定義ステ
ートメントの前には 1 つ以上のブランクをコーディングする必要があります。
v ラベル・フィールドは 8 文字を超えてはなりません。また、ラベル・フィールド
は 1 桁目から始めなければなりません。
v 一般的に、2 行にわたってステートメントを継続することはできません。ただ
し、定義ステートメントを繰り返すことによって、残りの情報を追加することが
できます。次の例の場合、
LOGINIT AUTOFLIP=YES
LOGINIT RESUME=YES
は、以下と同じです。
LOGINIT AUTOFLIP=YES,RESUME=YES
|
1 つの例外は、値がコンマ区切りのリストを持つ、キーワードを指定する
CNMSTYLE および CNMCMD 定義ステートメントの場合です。この場合、次の
例に示すように、コンマでその行を終了させ、その次の行の 2 桁目でリスト値を
再開することによって、値を 1 つの行から次の行に継続することができます。
ASSIGN.OPERGRP.GROUP = OPER1,OPER2,OPER3,OPER4,
OPER5,OPER6
|
|
もう 1 つの例外は、webmenu ステートメントに関連しています。詳しくは、
203 ページの『webmenu』に記載されている使用上の注意を参照してください。
v コメントは、DSIPARM メンバー用の別の行に入れてください。コメント行の最
初の桁には、必ずアスタリスク (*) を入れる必要があります。
v 多くの定義ファイルは END ステートメントで終了します。この END ステート
メントはオペランドをもたず、1 桁目から始めることはできません。
v 名前と呼ばれる NetView プログラムの ID はすべて、特に指定がない限り、8 文
字を超えてはなりません。先頭文字は、アルファベットでなければならず、アル
ファベット文字は、大文字でなければなりません。
v コマンド名、コマンド・リスト名、および他のすべての NetView プログラム ID
には、コンマ (,)、ピリオド (.)、ブランク ( )、アポストロフィ (’)、アンパーサ
第 1 章 ステートメントおよびサンプルのロケーション
5
ンド (&)、アスタリスク (*) あるいは等号 (=) を含めてはなりません。コンマ、
ピリオド、ブランク、および等号は、定義ステートメントの解析時に、区切り文
字として使用されます。残りの記号は、NetView コマンド・リストで、それぞれ
特殊な意味をもちます。
v コマンド名およびコマンド・リスト名は 1 桁目から始めなければなりません。
v システム・シンボルを任意の NetView 定義ステートメントでコーディングして、
固有の情報を NetView システムに提供することができます。システム・シンボル
は、異なる特性をもたせたいさまざまなシステムで NetView を実行する場合に役
立ちます。この固有の情報 (システム・シンボル値で定義される) は、定義を変更
し、MVS を再始動するまでシステム定義上に留まります。
6
アドミニストレーション・リファレンス
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
NetView 初期設定定義は、DSIPARM メンバー CNMSTYLE およびその組み込みメ
ンバーに入っています。 CNMSTYLE ステートメントに変更を加える場合は、この
ステートメントを CNMSTUSR あるいは CxxSTGEN にコピーして、必要な更新を
行ってください。
|
|
|
|
|
一部の CNMSTYLE ステートメントは、タワー・パラメーター、またはタワーおよ
びサブタワーのパラメーターと一緒に実行されます。関連するタワー・パラメータ
ーおよびサブタワー・パラメーターは、構文図にはリストされません。例えば、
(TEMA.CONNACT) パラメーターは、NACMD.INTCONNACT ステートメントの構文で
リストされません。
|
(TEMA.CONNACT)NACMD.INTCONNACT = 900
|
|
ステートメントに関連付けられているタワーおよびサブタワー情報については、
DSIPARM データ・セットの CNMSTYLE メンバーを検討してください。
NetView の初期設定および CNMSTYLE の詳細については、「IBM Tivoli NetView
for z/OS インストール: 概説」を参照してください。
ACBpassword
ACBpassword ステートメントは、NetView プログラムの ACB が前に、リソース・
アクセス管理機能 (RACF®) などの SAF 製品、または NetView 開始プロシージャ
ー CNMSJ009 で指定されていなかった場合に、NetView プログラムの ACB のパ
スワードを指定します。指定されたパスワードは、メイン・アプリケーション制御
ブロック (ACB)、基本プログラム・オペレーター・インターフェース・タスク
(PPT)、およびオペレーター端末タスク (OST) で使用されます。
ACBpassword ステートメントの構文は、次のとおりです。
ACBpassword
ACBpassword=password
項目の意味 :
password
NetView ACB と関連付けられるパスワードを指定します。このパスワードは、
最大 8 文字までの長さを指定できますが、NetView の APPL ステートメント
にある VTAM® に対して構成された値と一致する必要があります。またパスワ
ードは、NetView が提供した CNMSTPWD 内の NetView ドメイン名に設定さ
れます。
使用上の注意: ACBpassword ステートメントは、パスワードを隠せるように、メン
バー CNMSTPWD に組み込まれる必要があります。 CNMSTPWD は、BROWSE
コマンドで表示できません。
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
7
AlertRcvName
AlertRcvName
AlertRcvName ステートメントは、MOD=CNMCALRT タスクに関連付けられる PPI
アラート受信側名を定義します。
AlertRcvName ステートメントの構文は、次のとおりです。
AlertRcvName
AlertRcvName=name
項目の意味 :
name
1 から 8 文字の PPI アラート受信側名を指定します。
使用上の注意:
v この NetView プログラム上でアラート受信側タスクを複数実行する場合は、アス
タリスク (*) を前に付けた 1 から 8 文字の名前を指定します。この場合、各
PPI 名はタスク名に設定されます。タスク名が CNMCALRT では、PPI 名は常に
NETVALRT に設定されます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE
ALERTRCVNAME コマンドを入力します。
ASSIGN
メッセージは、オペレーターのグループに送ることもできます。自動化を使用可能
にするには、その前に、メッセージ自動化に使用するルーティング・グループを定
義しておかなければなりません。 ASSIGN ステートメントは、オペレーター・グル
ープを識別します。
ASSIGN ステートメントの構文は、次のとおりです。
ASSIGN
,
ASSIGN.groupname.GROUP= operatorid
項目の意味 :
groupname
1 から 7 文字のグループ名です。
operatorid
コンマで区切られたオペレーター ID のリストです。
|
使用上の注意:
|
|
1. メッセージ受信側グループごとに、最大 255 のオペレーター ID を割り当てる
ことができます。
8
アドミニストレーション・リファレンス
AlertRcvName
2. オペレーター ID をグループに割り当てるために、ASSIGN コマンドを使用する
こともできます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説
書 第 I 巻」または NetView オンライン・ヘルプを参照してください。
|
|
|
AUTOCMD
AUTOCMD ステートメントは、自動化テーブルをロードします。任意の数の自動化
テーブルを指定することができます。また、AUTOCMD ステートメントを使用し
て、AUTOMAN コマンドが使用するメンバー名およびマーカー値のリストを指定す
ることもできます。
注: LIST 値または MARKER 値を指定する AUTOCMD ステートメントを追加する
場合、これらの値は固有である必要があります。
AUTOCMD ステートメントの構文は、次のとおりです。
AUTOCMD
AUTOCMD.table_name.
ORDER = sort_value
LIST = member_name
MARKER = value
項目の意味 :
table_name
自動化テーブルの名前です。
ORDER
自動化テーブルを、指定した順序でロードすることを指定します。
sort_value
テーブルのロード順序を、指定する文字の EBCDIC 値で指定します。
また、次の値を指定することもできます。
*FIRST*
テーブルを最初の自動化テーブルとして挿入します。
*LAST*
テーブルを最後の自動化テーブルとして挿入します。
LIST
自動化テーブルのリストを作成することを指示します。
member_name
NetView プログラムが作成するリスト出力を入れるメンバーを指定しま
す。リストが必要でない場合は、*NONE* を指定することができます。
LIST オプションを使用して複数の AUTOCMD 項目をコーディングす
る場合、LIST 値に対して固有値をコーディングする必要があります。
MARKER
AUTOMAN コマンドで使用するマーカーを作成することを指定します。
value
マーカー値を指定します。MARKER オプションを使用して複数の
AUTOCMD 項目をコーディングする場合、MARKER 値に対して固有値
をコーディングする必要があります。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
9
AUTOCMD
使用上の注意:
v AUTOCMD.table_name.ORDER を省略すると、指定した自動化テーブルはロード
されません。
v AUTOCMD.table_name.MARKER はオプション (任意指定) です。マーカーは
AUTOMAN コマンドで使用されます。
v また、AUTOTBL コマンドを使用して、自動化テーブルをロードし、テストする
こともできます。さらに、個別または複数のフルスクリーン・パネル・インター
フェースを用いて自動化テーブルを処理するには、自動化テーブル管理コマンド
(AUTOMAN) を使用します。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コ
マンド解説書 第 I 巻」を参照してください。
AUTOTASK
AUTOTASK ステートメントは、自動化操作プログラムを開始し、必要に応じて
MVS コンソールとこの自動化操作プログラムを関連付けます。
AUTOTASK ステートメントの構文は、次のとおりです。
AUTOTASK
AUTOTASK.autotask_name.
Console=console_name
InitCmd=command
項目の意味 :
autotask_name
自動タスク名です。
Console
自動タスクに関連付けられる MVS コンソールの名前を指定します。
console_name
2 から 8 文字のコンソール名を指定します。また、次の値を指定する
こともできます。
*MASTER*
現在アクティブなマスター・コンソールから、応答する自動タ
スクをコマンドに割り当てます。
注: z/OS V1R8 から、*MASTER* 値はサポートされなくなりま
した。
|
|
*INTERN*
CONSOLE=*INTERN* を使用して INTERNAL コンソールか
ら、応答する自動タスクをコマンドに割り当てることができま
す。
*ANY*
他の方法では自動タスクに割り当てられていない任意のコンソ
ールから、応答する自動タスクをコマンドに割り当てます。
*NONE*
自動タスクに関連付けられるコンソールを割り当てません。
10
アドミニストレーション・リファレンス
AUTOTASK
InitCmd
タスクのプロファイルからの初期コマンドではなく、自動タスクが開始されたと
きに使用される初期コマンドを指定します。
command
初期コマンドを指定します。
使用上の注意:
v 自動タスクは、CNMSTYLE 処理が完了するまでコマンドを処理しません。
v AUTOTASK コマンドを使用して、自動化操作プログラムを開始し、必要に応じ
て MVS コンソールとこの自動化操作プログラムを関連付けることもできます。
詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」また
は NetView オンライン・ヘルプを参照してください。
auxInitCmd
auxInitCmd ステートメントは、NetView プログラムが開始したときに自動的に実行
するコマンドまたはコマンド・リストを定義します。
auxInitCmd ステートメントの構文は、次のとおりです。
auxInitCmd.value=command
項目の意味 :
value
コマンドの実行順序を定義する EBCDIC 値を指定します。 value 長さは 21 文
字までにすることができます。
command
実行するコマンドまたはコマンド・リストを指定します。
使用上の注意: auxInitCmd ステートメントで指定したコマンドは、任意の自動タス
クに対するどのコマンドよりも前に実行されます。 EXCMD から送られたタスク初
期コマンド・リストおよびコマンドの両方を含め、自動タスクに対するコマンドは
すべてキューに入れられ、保留状態になります。これらのコマンドは、auxInitCmd
がすべて完了してから初めて実行されます。メッセージもキューに入れられます。
auxInitCmd がすべて完了するまで、メッセージは自動化処理依頼されることも、ロ
グに記録されることもありません。
banner
banner ステートメントは、 NetView 3270 ログオン・パネルおよびコマンド・ファ
シリティー・パネルに表示されるカスタマイズされた識別情報を指定します。
banner ステートメントの構文は、次のとおりです。
banner
banner = string
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
11
banner
項目の意味 :
string
3270 のログオン・パネルおよびコマンド・ファシリティー・パネルに表示され
る 24 文字までのデータを指定します。文字ストリングを引用符で囲まないでく
ださい。入力した文字が 24 文字を超えると、データは切り捨てられます。単一
のアスタリスクは、カスタマイズした識別情報を表示しないことを示します。
使用上の注意: NetView プログラムの初期設定後に、DEFAULTS コマンドを使用し
て、バナー情報の値を動的に変更することができます。 DEFAULTS コマンドの詳
細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」または
NetView オンライン・ヘルプを参照してください。
CBE.TEMPLATES
CBE.TEMPLATES ステートメントは、作成可能な Common Base Event に対するテ
ンプレート定義が入っている DSIPARM メンバーを定義します。
CBE.TEMPLATES ステートメントの構文は、次のとおりです。
CBE.TEMPLATES
CBE.TEMPLATES=member_name
項目の意味 :
member_name
Common Base Event 作成用のテンプレート定義が入っている DSIPARM メンバ
ーを定義します。これらのテンプレートの追加の記述については、「IBM Tivoli
NetView for z/OS カスタマイズ・ガイド」を参照してください。 CNMSCBET
の値は、NetView によって提供された CNMSTYLE に指定されます。
CCDEF
CCDEF ステートメントは、コマンド定義の読み取り元の DSIPARM メンバーを指
定します。
CCDEF ステートメントの構文は、次のとおりです。
CCDEF
CCDEF=member_name
項目の意味 :
member_name
DSIPARM メンバー名を指定します。
使用上の注意: 相関関係のあるコマンド定義に関する情報については、サンプル
DSICCDEF を参照してください。
12
アドミニストレーション・リファレンス
CNMI
CNMI
CNMI ステートメントは、この NetView プログラムが通信ネットワーク管理インタ
ーフェース (CNMI) を所有するかどうかを定義します。
CNMI ステートメントの構文は、次のとおりです。
CNMI
CNMI=
NO
Yes
項目の意味 :
No 別の NetView プログラムが CNMI を所有していることを示します。 2 次
NetView プログラムを構成している場合は、No を指定します。
Yes
この NetView プログラムが CNMI を所有していることを示します。これがデ
フォルトです。
使用上の注意: 複数の NetView プログラムの構成の詳細については、「IBM Tivoli
NetView for z/OS インストール: 追加コンポーネントの構成」を参照してください。
COMMON
COMMON ステートメントは、共通グローバル変数を設定します。
COMMON ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON
COMMON.variable_name=value
項目の意味 :
variable_name
共通グローバル変数の名前を指定します。
value
共通グローバル変数の値を指定します。この値は 256 文字を超えてはなりませ
ん。システム・シンボルを使用できます。値は (先行ブランクを付けて) 後続の
行に続けることもできます。
使用上の注意:
v 変数は、自動タスクを開始する前、および自動化を使用可能にする前に設定され
ます。
v また、GLOBALV コマンドを使用して、REXX または NetView コマンド・リス
トから共通グローバル変数を設定することもできます。詳細については、「IBM
Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」または NetView オンライン・
ヘルプを参照してください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
13
COMMON.CNMIP
COMMON.CNMIP.DNSTimeout
COMMON.CNMIP.DNSTimeout ステートメントは PING および SNMP コマンド
が、IP ホスト名が解決されるのを待つ最大の時間の量を指定します。
COMMON.CNMIP.DNSTimeout ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMIP.DNSTimeout
COMMON.CNMIP.DNSTimeout=seconds
項目の意味 :
seconds
待機する秒数を指定する正の整数。 5 という値が、NetView によって提供され
た CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH ステートメントは、MIB ソース・ファイルが存在
する UNIX システム・サービスのファイル・システム・ディレクトリーのリストを
指定します。これらのディレクトリー内にある MIB ファイルは、SNMP コマンド
で使用されます。
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH=
default_path
:
directory_name
項目の意味 :
default_path
MIB ソース・ファイルがインストールされているディレクトリーのリスト。次
のパスがデフォルトのパスです。
|
/usr/lpp/netview/v5r3/mibs:/etc/netview/mibs
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH が指定されていない場合、これらのディレク
トリーは、SNMP コマンドが読み取る必要のある MIB ファイルの有無につい
て検索されます。
directory_name
MIB ソース・ファイルがある UNIX システム・サービス内のディレクトリー
名。それぞれのパス名をコロンで区切ることによって、複数のパス名を指定する
ことができます。 directory_name 項目に、ブランクを含めることはできませ
ん。
使用上の注意:
14
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.CNMSNMP
v 正符号 (+) の記号が指定された値の先頭文字である場合、指定された名前が
default_path の前に付加されます。正符号 (+) を指定した場合、それは先頭文字
でなければなりません。正符号と正符号が先頭に付いたディレクトリーとの間に
はブランクを指定できません。
v コロン (:) は、ディレクトリー間の分離文字です。コロンの前後にブランクを使
用しないでください。
v SNMP コマンドが MIB を検索する場合は、MIB が見つかった最後のディレクト
リーを使用します。
例:
1. 次のように指定すると、SNMP コマンドが読み取る MIB ソース・ファイルを検
索する場合、結果として /u/path01、/u/path02、および /u/path03 が検索されま
す。
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH=/u/path01:/u/path02:/u/path03
2. 次のように指定すると、結果として、/u/path01、/u/path02、および /u/path03 が
default_path の前に付加されます。これらのディレクトリーは、SNMP コマンド
が MIB ソース・ファイルを読み取るときに、default_path より前に検索されま
す。
COMMON.CNMSNMP.MIBPATH=+/u/path01:/u/path02:/u/path03
関連するステートメント: COMMON.CNMSNMP.MIBS
COMMON.CNMSNMP.MIBS
COMMON.CNMSNMP.MIBS ステートメントは、SNMP コマンドが読み取る MIB
ソース・ファイルを指定します。
COMMON.CNMSNMP.MIBS ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSNMP.MIBS
COMMON.CNMSNMP.MIBS=
ALL
:
srcFileName
項目の意味 :
ALL
すべての MIB ソース・ファイルが読み取られることを指示します。これは、
NetView によって提供される CNMSTYLE 内の COMMON.CNMSNMP.MIBS
に対して指定される値です。
srcFileName
MIB ソース・ファイルの名前。それぞれのファイル名をコロンで区切ることに
よって、複数のファイル名を指定することができます。 srcFileName にはブラ
ンク文字を含めることはできません。
使用上の注意:
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
15
COMMON.CNMSNMP
v コロン (:) は、ファイル名間の分離文字です。コロンの前後にブランクを使用し
ないでください。
例:
1. 次のように指定すると、結果として、SNMP コマンドによって
MIBS01、MIBS02、および MIBS03 が読み取られることになります。
COMMON.CNMSNMP.MIBS=MIBS01:MIBS02:MIBS03
関連するステートメント: COMMON.CNMSNMP.MIBPATH
COMMON.CNMSNMP.port
COMMON.CNMSNMP.port ステートメントは、SNMP 要求に対して SNMP エージ
ェントのポートを指定します。
COMMON.CNMSNMP.port ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSNMP.port
COMMON.CNMSNMP.port=port_number
項目の意味 :
port_number
ポート番号。デフォルトで 162 になる INFORM および TRAP を除いて、デフ
ォルトはすべて 161 です。
COMMON.CNMSNMP.retries
COMMON.CNMSNMP.retries ステートメントは、NetView SNMP マネージャーが 1
つの SNMP 要求を再試行する回数を指定します。
COMMON.CNMSNMP.retries ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSNMP.retries
COMMON.CNMSNMP.retries=numRetry
項目の意味 :
numRetry
SNMP コマンドを再試行する回数を指示する正の整数。 5 という値が、
NetView によって提供された CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.CNMSNMP.timeout
COMMON.CNMSNMP.timeout ステートメントは、NetView SNMP マネージャー
が、SNMP エージェントが要求に応答するのを待つ最大の時間の量を指定します。
COMMON.CNMSNMP.timeout ステートメントの構文は、次のとおりです。
16
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.CNMSNMP
COMMON.CNMSNMP.timeout
COMMON.CNMSNMP.TIMEOUT=seconds
項目の意味 :
seconds
待機する秒数を指定する正の整数。 1 という値が、NetView によって提供され
た CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.CNMSNMP.trap
COMMON.CNMSNMP.port ステートメントは、SNMP TRAP 要求に対して SNMP
エージェントのポートを指定します。
COMMON.CNMSNMP.trap ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSNMP.trap
COMMON.CNMSNMP.trap=port_number
項目の意味 :
port_number
ポート番号。デフォルト値は、162 です。
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL
|
|
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL ステートメントは、Dynamic Virtual IP
Addressing (DVIPA) の定義および状況に対するデータ収集間隔を定義します。
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL=
hh:mm
項目の意味 :
|
|
hh:mm
DVIPA 定義および状況のデータ収集間隔を時分 (00:01 から 23:59 まで) で指
示します。初期デフォルト値は、1 時間 (01:00) です。
|
使用上の注意:
|
|
|
1. NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE COMMON コ
マンドを入力します。
|
|
|
2. DVIPA 定義および状況のデータを間隔の間に追加で収集するには、NetView for
z/OS Enterprise Management Agent を使用します。これについては、「IBM
Tivoli NetView for z/OS ユーザーズ・ガイド」を参照してください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
17
COMMON.CNMSTYLE
関連するステートメント: COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX ステートメントは、NetView Web アプリケー
ションの「DVIPA 状況」ビューに表示する動的仮想 IP アドレッシング (DVIPA)
アドレスの最大数を指定します。
|
|
|
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX
COMMON.CNMSTYLE.DVIPAMAX=
nnn
項目の意味 :
nnn
NetView Web アプリケーションの「DVIPA 状況」ビューに表示する DVIPA
アドレスの最大数 (0 より大) を指定します。初期デフォルト値は 256 です。
|
|
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE
COMMON コマンドを入力します。
関連するステートメント: COMMON.CNMSTYLE.DVIPAINTVL
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE
|
|
|
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE ステートメントは、SNMPv3 トラップ
処理情報が含まれている構成ファイルの名前を指定します。この構成ファイルは、
MVS データ・セットまたは UNIX System Services ファイルのいずれかです。構成
ファイルは必須ではありませんが、提供されない場合、SNMPv3 トラップの暗号化
解除および認証が行われなくなります。
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE ステートメントの構文は、次のとおり
です。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE=filename
|
項目の意味 :
|
|
|
taskname
共通グローバル変数定義が関連付けられている SNMP トラップ自動化タスクの
名前。
|
|
|
|
filename
SNMPv3 トラップ処理情報が含まれている MVS データ・セットまたは UNIX
System Services ファイルの名前を指定します。構成ファイルが UNIX System
Services ファイルの場合は、完全修飾パス名を指定してください。MVS デー
18
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.CNMTRAP
|
|
|
|
|
|
タ・セット名 (順次データ・セットまたは区分データ・セットのメンバーのいず
れか) を指定する場合は、この名前を単一引用符で囲み、その前にスラッシュを
付けてください。MVS データ定義 (つまり、ALLOCATE コマンドを介した
NetView 開始プロシージャーまたはファイル割り振りでの DD カード) を指定
する場合は、ファイル名の前に接頭部 DD を付けてください。以下にいくつか
例を示します。
|
|
|
注: 第 1 列のアスタリスク (*) は、ステートメントをコメント化します。ステ
ートメントを活動化には、ステートメントからアスタリスクを除去してくだ
さい。
|
|
|
|
*COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE
*COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE
*COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE
*COMMON.CNMTRAP.taskname.CONFIGFILE
|
|
|
=
=
=
=
//usr/lpp/netview/cnmtrapd.conf
&SLASH.&SLASH.’USER.CNMTRAPD.CONF’
&SLASH.&SLASH.’USER.CNMTRAPD.CONFPDS(CONFMEM)’
DD:CONFDD
このトラップ自動化の方法論について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自
動操作ガイド」を参照してください。
COMMON.CNMTRAP.taskname.MAXTCPCONN
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.MAXTCPCONN ステートメントは、SNMP トラップ
自動化タスクでサポートされる TCP 接続の最大数を指定します。
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.MAXTCPCONN ステートメントの構文は、次のとお
りです。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.MAXTCPCONN
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.MAXTCPCONN=nnn
|
項目の意味 :
|
|
|
|
|
taskname
共通グローバル変数定義が関連付けられている SNMP トラップ自動化タスクの
名前。TCP を介してトラップを受信する際に、taskname で指定されている
SNMP トラップ自動化タスクが使用可能になっていない場合は、このステート
メントによって定義される共通グローバル変数は無視されます。
|
|
|
|
|
nnn
|
|
このトラップ自動化の方法論について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自
動操作ガイド」を参照してください。
TCP をサポートする SNMP トラップ自動化タスクで許容可能な最大接続数。
値の範囲は、50 から 2000 です。SNMP トラップが、TCP を介してこの
SNMP トラップ自動化タスクで受信される場合に、この変数に値が指定されて
いない場合は、デフォルト値の 50 が使用されます。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
19
COMMON.CNMTRAP
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.STACKNAME
|
|
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.STACKNAME ステートメントは、TCP/IP スタック
の名前を指定します。SNMP トラップ自動化タスクは、このスタックに対するアフ
ィニティーを取得します。名前が指定されない場合は、TCP/IP が実際のスタックの
アフィニティーを決定します。
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.STACKNAME ステートメントの構文は、次のとおり
です。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.STACKNAME
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.STACKNAME=tcpname
|
項目の意味 :
|
|
|
taskname
共通グローバル変数定義が関連付けられている SNMP トラップ自動化タスクの
名前。
|
|
|
tcpname
TCP/IP スタックの名前。SNMP トラップ自動化タスクは、このスタックに対す
るアフィニティーを取得します。
|
|
このトラップ自動化の方法論について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自
動操作ガイド」を参照してください。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT
|
|
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT ステートメントは、クライアントが接続
し、SNMP トラップを送信することが可能な並行サーバー (TCP) のポート番号を指
定します。ポート番号が指定されない場合、この SNMP トラップ自動化タスクでは
TCP を介して SNMP トラップを受信しません。
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT ステートメントの構文は、次のとおりで
す。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT=portnumber
|
項目の意味 :
|
|
|
taskname
共通グローバル変数定義が関連付けられている SNMP トラップ自動化タスクの
名前。
|
|
|
|
portnumber
TCP を介してトラップを受信する際に、SNMP トラップ自動化タスクで使用さ
れるポート番号。値の範囲は、0 から 65535 です。値を 0 に指定した場合は、
TCP/IP がポート番号を選択します。
20
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.CNMTRAP
|
|
|
このトラップ自動化の方法論について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自
動操作ガイド」を参照してください。
COMMON.CNMTRAP.taskname.TRACE
|
|
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TRACE ステートメントは、SNMP トラップ自動化
タスクのトレースを使用可能または使用不可にします。使用可能にする場合は、こ
れにより、詳細レベルも決定します。トレース・メッセージは、NetView ログに書
き込まれます。
|
|
|
値が指定されない場合、または指定された値が無効であった場合は、トレースは使
用不可になります。このトレースは、NetView TRACE コマンドで指定するトレー
スとは関係はありません。
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TRACE statement ステートメントの構文は、次のと
おりです。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TRACE
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.TRACE=
TRAPS
DEBUG
|
|
項目の意味 :
|
|
|
taskname
共通グローバル変数定義が関連付けられている SNMP トラップ自動化タスクの
名前。
|
|
|
|
|
|
|
TRAPS
TRAPS を指定すると、次のような結果になります。
v 受信時にデータがログに記録されます。
v 完全なプロトコル・データ単位 (PDU) が収集されると、ログに記録されま
す。
v データが有効な SNMP トラップを示している場合は、トラップから作成され
る SNMP トラップ自動化 CP-MSU がログに記録されます。
|
|
|
DEBUG
DEBUG を指定することと、TRAPS を指定することは同等で、コードを通した
フローの詳細を追加で提供することもあります。
|
|
このトラップ自動化の方法論について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自
動操作ガイド」を参照してください。
|
|
|
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.UDPPORT
COMMON.CNMTRAP.taskname.UDPPORT ステートメントは、エンティティーが
SNMP トラップ・データグラム (UDP) を送信することが可能なポート番号を指定
します。ポート番号が指定されない場合、この SNMP トラップ自動化タスクでは
UDP を介して SNMP トラップを受信しません。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
21
COMMON.CNMTRAP
|
|
|
|
注: TCP ポート ( 20 ページの『COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT』に記載)
定義も UDP ポート定義も提供されないと、SNMP トラップ自動化タスクで
は、これは UDP ポートであり、デフォルトの UDP ポート番号 162 を使用す
るものとして受け取られます。
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.UDPPORT ステートメントの構文は、次のとおりで
す。
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.UDPPORT
|
|
COMMON.CNMTRAP.taskname.UDPPORT=portnumber
|
項目の意味 :
|
|
|
taskname
共通グローバル変数定義が関連付けられている SNMP トラップ自動化タスクの
名前。
|
|
|
|
portnumber
TCP を介してトラップを受信する際に、SNMP トラップ自動化タスクで使用さ
れるポート番号。値の範囲は、0 から 65535 です。値を 0 に指定した場合は、
TCP/IP がポート番号を選択します。
|
|
|
|
|
この変数が指定されない場合、トラップは UDP を介して SNMP トラップ自動化タ
スクで受信されません。TCPPORT ( 20 ページの
『COMMON.CNMTRAP.taskname.TCPPORT』を参照) 定義も UDPPORT 定義も提供
されないと、SNMP トラップ自動化タスクは UDP のみであると仮定し、デフォル
トの UDP ポートである 162 を使用します。
|
|
このトラップ自動化の方法論について詳しくは、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自
動操作ガイド」を参照してください。
COMMON.DUIFHNAM
COMMON.DUIFHNAM ステートメントは、GMFHS プロシージャーの ID を指定し
ます。 MVS でプロシージャーを開始するときに、メンバー名に続けて ID を指定
できます。例えば、次のように指定した場合、
S CNMGMFSH.GMFHS
CNMGMFHS はメンバー名で、GMFHS は ID です。この ID は、これ以降の
MVS コマンドで開始されたタスクを参照するために使用できます。 NetView 資料
の一部では、これが別名またはニックネームと呼ばれる場合があります。
COMMON.DUIFHNAM ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.DUIFHNAM
COMMON.DUIFHNAM=ID
項目の意味 :
22
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.DUIFHNAM
identifier
1 から 8 文字からなるシーケンス。このシーケンスの先頭文字は、英字でなけ
ればなりません。 GMFHS という値が、NetView によって提供された
CNMSTYLE で指定されています。
使用上の注意:
v GMFHS 開始時に ID を使用しない場合は、このステートメントをコメント化し
てください。
COMMON.DUIFHPRC
COMMON.DUIFHPRC ステートメントは、GMFHS プロシージャーのソース JCL
が入っているメンバー名を指定します。この情報は、コマンド・リスト CNME2101
で使用されます。
COMMON.DUIFHPRC ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.DUIFHPRC
COMMON.DUIFHPRC=member_name
項目の意味 :
member_name
1 から 8 文字からなるシーケンス。 CNMGMFHS という値が、NetView によ
って提供された CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.EKGHNAM
COMMON.EKGHNAM ステートメントは、RODM プロシージャーの ID を指定し
ます。 ID は、MVS プロシージャーが開始済みであれば、いつでもメンバー名に続
けて指定することができます。 例えば、次のように指定した場合、
S EKGXRODM.RODM
EKGXRODM はメンバー名で、RODM は ID です。この ID は、これ以降の MVS
コマンドで開始されたプロシージャーを参照するために使用できます。 NetView 資
料の一部では、これが別名またはニックネームと呼ばれる場合があります。
COMMON.EKGHNAM ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EKGHNAM
COMMON.EKGHNAM=ID
項目の意味 :
identifier
1 から 8 文字からなるシーケンス。シーケンスの先頭文字は、英字でなければ
なりません。 RODM という値が、NetView によって提供された CNMSTYLE
で指定されています。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
23
COMMON.EKGHPRC
COMMON.EKGHPRC
COMMON.EKGHPRC ステートメントは、RODM プロシージャーのソース JCL が
入っているメンバー名を指定します。この情報は、コマンド・リスト CNME1098
で使用されます。
COMMON.EKGHPRC ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EKGHPRC
COMMON.EKGHPRC=member_name
項目の意味 :
member_name
最大 8 文字までのシーケンス。 EKGXRODM という値が、NetView によって
提供された CNMSTYLE で指定されます。
|
COMMON.EZLINITDELAY
|
|
COMMON.EZLINITDELAY ステートメントは、AON が初期化の開始まで待機する
分数を定義します。
|
COMMON.EZLINITDELAY ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
COMMON.EZLINITDELAY
|
|
COMMON.EZLINITDELAY=minutes
|
項目の意味 :
|
|
|
minutes
待機する分数を指定する正の整数。値が 0 か指定されない場合、AON は遅延
なく初期化します。
COMMON.EZLIPTraceJCLWait
COMMON.EZLIPTraceJCLWait ステートメントは、AON が JCL エラーに対する応
答を待つ時間の量を指定します。このステートメントは、AON TCP CTRACE およ
びパケット・トレース外部書き出しプログラムが使用します。
COMMON.EZLIPTraceJCLWait ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EZLIPTraceJCLWait
COMMON.EZLIPTraceJCLWait=seconds
項目の意味 :
24
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.EZLIPTraceJCLWait
seconds
待機する秒数を指定する正の整数。 2 という値が、NetView によって提供され
た CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.EZLRMTTIMER
COMMON.EZLRMTTIMER ステートメントは、リモート・ドメイン上のタイマーに
アクセスするために使用されるインターフェースを指定します。
COMMON.EZLRMTTIMER ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EZLRMTTIMER
NETV
COMMON.EZLRMTTIMER=
SA
項目の意味 :
NETV
リモート・タイマーにアクセスするために NetView RMTCMD コマンドが使用
されることを指示します。これは、COMMON.EZLRMTTIMER が指定されない
場合のデフォルトです。この値も、NetView によって提供された CNMSTYLE
に指定されます。
SA
リモート・タイマーにアクセスするために SA/390 インターフェースが使用さ
れることを示します。
COMMON.EZLsmtpNAME
COMMON.EZLsmtpNAME ステートメントは、E メール・メッセージを SMTP サ
ーバーに書き込む外部書き出しプログラムのメンバー名を指定します。
COMMON.EZLsmtpNAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EZLsmtpNAME
COMMON.EZLsmtpNAME=member_name
項目の意味 :
member_name
長さが 8 文字までの値。 SMTP という値が、NetView によって提供された
CNMSTYLE で指定されています。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
25
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter ステートメントは、AON TCP CTRACE の外部書
き出しプログラムを作成するための JCL が入っているメンバー名を指定します。
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter
COMMON.EZLTCPcTRACEwriter=member_name
項目の意味 :
member_name
1 から 8 文字からなるシーケンス。 CTTCP という値が、NetView によって提
供された CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.EZLTCPpTRACEwriter
COMMON.EZLTCPpTRACEwriter ステートメントは、AON TCP パケット・トレー
ス用の外部書き出しプログラムを作成するための JCL が入っているメンバー名を指
定します。
COMMON.EZLTCPpTRACEwriter ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EZLTCPpTRACEwriter
COMMON.EZLTCPpTRACEwriter=member_name
項目の意味 :
member_name
1 から 8 文字からなるシーケンス。 PKTCP という値が、NetView によって提
供された CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.EZLTRACED
COMMON.EZLRACED ステートメントは、AON トレース・オプションを指定しま
す。
COMMON.EZLTRACED ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.EZLTRACED
COMMON.EZLTRACED=
NONE
ON
OFF
項目の意味 :
NONE
トレースを使用不可にします。入り口、出口、およびプログラムのトレースは実
26
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.EZLTRACED
行されません。最良のパフォーマンス結果を得るためには、この値を指定してく
ださい。これは、NetView プログラム出荷時のデフォルト値です。
ON
トレースを使用可能にして出入り口トレースをオンにします。プログラム・トレ
ースは、AON パネルからオンにすることができます。
OFF
トレースを使用可能にして出入り口トレースをオフにします。プログラム・トレ
ースは、AON パネルからオンにすることができます。
使用上の注意:
v AON タワーを使用可能にする場合、AON トレースがオーバーライドされます。
COMMON.FKXIPSTAT
COMMON.FKXIPSTAT 共通グローバル変数は、Automated Operations Network
(AON) の IP セッション管理機能 (IPSTAT) によって使用されます。
COMMON.FKXIPSTAT ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FKXIPSTAT
DETAIL
COMMON.FKXIPSTAT=
SUMMARY
項目の意味 :
DETAIL
詳細なセッション情報を提供します。応答時間はモニターされる接続の数によっ
て、遅くなることがあります。
SUMMARY
接続情報の要約を提供します。このメソッドにより、DETAIL の指定と同じ情
報が戻されますが、最初の接続詳細は少なくなります。
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW ステートメントは、ネットワークを表すオブジ
ェクトが表示されるネットワーク・レベル・ビューのデフォルト名および説明を指
定します。 NETWORK_VIEW キーワードが GETTOPO コマンドで指定されていな
い場合、この変数に対して指定された値が使用されます。この変数が設定されてい
ない場合、MSM は値をデフォルトで MultiSysView/MultiSys LAN Networks にし
ます。
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW=viewName/desc
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
27
COMMON.FLC_DEF_NETW_VIEW
項目の意味 :
viewName
長さが 32 文字までのシーケンス。指定される viewname は、長さが 32 文字ま
でを指定でき、任意の英数字または以下の任意の特殊文字を指定できます。
# @ $ . , ( ) : ; ? ’ ― _ & + < >
先頭文字は、英数字でなければなりません。これが、NetView 管理コンソール
の「ネットワーク・ビュー」リストに表示される名前です。
desc
指定される desc 値は、長さが 32 文字まで可能であり、任意の英数字あるい
は、コンマまたは等号を除く任意の特殊文字が可能です。これには、ブランク文
字を含めることができます。これは、「NetView 管理コンソール (NetView
management console)」ウィンドウの「説明 (Description)」フィールドに表示され
る説明です。
COMMON.FLC_EXCEPTION_VIEW_FILE
COMMON.FLC_EXCEPTION_VIEW_FILE ステートメントは、マルチシステム・マ
ネージャーが例外ビューを処理するために必要な情報が入っているファイルに対し
て DSIPARM メンバー名を指定します。 CNMSAMP データ・セットのメンバー
FLCSEXV は、サンプルのビュー情報を提供しています。
COMMON.FLC_EXCEPTION_VIEW_FILE ステートメントの構文は、次のとおりで
す。
COMMON.FLC_EXCEPTION_VIEW_FILE
COMMON.FLC_EXCEPTION_VIEW_FILE=member_name
項目の意味 :
member_name
1 から 8 文字までの長さの英数字からなるシーケンス。
COMMON.FLC_RODMAPPL
COMMON.FLC_RODMAPPL ステートメントは、RODM にアクセスするために、マ
ルチシステム・マネージャー・アプリケーションが使用するユーザー ID を指定し
ます。
COMMON.FLC_RODMAPPL ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_RODMAPPL
COMMON.FLC_RODMAPPL=applId
項目の意味 :
28
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.FLC_RODMAPPL
applId
ご使用の SAF 製品に定義された ID と一致している必要がある文字のシーケン
ス。この値には大/小文字の区別があります。 &DOMAIN.MSM のデフォルト値
が、NetView によって提供された CNMSTYLE で指定されています。
COMMON.FLC_RODMINT
COMMON.FLC_RODMINT ステートメントは、RODM がチェックポイント機能を
実行しているために RODM 要求が失敗した場合、次の RODM 要求の再試行まで
待機する時間の量を指定します。
COMMON.FLC_RODMINT ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_RODMINT
COMMON.FLC_RODMINT=seconds
項目の意味 :
seconds
待機する秒数を指示する 0 から 15 までの正の整数。
COMMON.FLC_RODMNAME
COMMON.FLC_RODMNAME ステートメントは、FLCARODM のユーザーに対して
RODM 名を指定します。この変数は、マルチシステム・マネージャー、
BLDVIEWS、および Visual BLDVIEWS が使用します。これはまた、
%RODM.fieldname% 置換を使用する際に NetView 管理コンソール Web ランチに
対しても使用します。
COMMON.FLC_RODMNAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_RODMNAME
COMMON.FLC_RODMNAME=name
項目の意味 :
name
長さが 8 文字までのシーケンス。指定する名前は、RODM タスクの開始時に、
RODM タスクに割り当てられる名前と同じある必要があります。
&CNMRODM という値が、NetView によって提供された CNMSTYLE で指定
されます。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
29
COMMON.FLC_RODMRETRY
COMMON.FLC_RODMRETRY
COMMON.FLC_RODMRETRY ステートメントは、RODM がチェックポイント機能
を実行しているために RODM 要求が失敗した場合、1 つの RODM 要求を再試行
する回数を指定します。
COMMON.FLC_RODMRETRY ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_RODMRETRY
COMMON.FLC_RODMRETRY=numRetry
項目の意味 :
numRetry
0 から 5 までの正の整数。
COMMON.FLC_RUNCMDRETRY
COMMON.FLC_RUNCMDRETRY ステートメントは、センス・コード 0851 (セッシ
ョンがビジーであることを示す) で失敗した後に RUNCMD を再試行する回数を指
定します。
COMMON.FLC_RODMRETRY ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_RUNCMDRETRY
COMMON.FLC_RUNCMDRETRY=numRetry
項目の意味 :
numRetry
0 から 10 までの正の整数。
COMMON.FLC_TCPNAME
COMMON.FLC_TCPNAME ステートメントは、TCP/IP がサービス・ポイントと通
信する場合に使用される TCP スタック名を指定します。セキュアでない接続で
TCP/IP を使用している場合は、このステートメントをコーディングしてください。
このステートメントを省略する場合、TCP/IP 通信ルーチンは TCPIP のデフォルト
名を使用します。
COMMON.FLC_TCPNAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_TCPNAME
COMMON.FLC_TCPNAME=stackName
項目の意味 :
30
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.FLC_TCPNAME
stackName
1 から 8 文字までの長さの英数字からなるシーケンス。&CNMTCPN という値
が、NetView によって提供された CNMSTYLE で指定されます。
COMMON.FLC_TN3270_FILE
COMMON.FLC_TN3270_FILE ステートメントは、マルチシステム・マネージャーの
TN3270 管理機能を使用可能にするために必要な構成情報が入っているファイルに
対して DSIPARM メンバー名を指定します。 DSIPARM データ・セットのメンバ
ー FLCS3270 には、TN3270 管理機能用のサンプル構成が含まれています。
COMMON.FLC_TN3270_FILE ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.FLC_TN3270_FILE
COMMON.FLC_TN3270_FILE=member_name
項目の意味 :
member_name
1 から 8 文字までの長さの英数字からなるシーケンス。
|
COMMON.IPPORTMON.IPADD
|
|
COMMON.IPPORTMON.IPADD ステートメントは、TESTPORT コマンドのモニタ
ー対象となる IP ポートに関連付ける IP アドレスを指定します。
|
COMMON.IPPORTMON.IPADD ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
COMMON.IPPORTMON.IPADD
|
|
COMMON.IPPORTMON.IPADD.x=a.b.c.d
|
項目の意味 :
|
|
x
|
|
|
a.b.c.d
TESTPORT コマンドのモニター対象となる IP アドレス。 IPv6 フォーマット
も含め、いかなるフォーマットでもかまいません。
|
|
|
|
使用上の注意: COMMON.IPPORTMON.IPADD ステートメントを指定する場合は、
次のステートメントも指定する必要があります。
v COMMON.IPPORTMON.INTVL
v COMMON,IPPORTMON.PORTNUM
|
|
同じ数値ラベル (x) を使用して、COMMON.IPPORTMON ステート
メントを結合してください。
これは正整数で、定義を識別する数値ラベルとなります。1 から開始して、連続
番号にする必要があります。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
31
COMMON.IPPORTMON.INTVL
|
COMMON.IPPORTMON.INTVL
|
|
COMMON.IPPORTMON.INTVL ステートメントは、TESTPORT コマンドで IP ポー
トをモニターする頻度を指定します。
|
COMMON.IPPORTMON.INTVL ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
COMMON.IPPORTMON.INTVL
|
|
COMMON.IPPORTMON.INTVL.x=hh:mm:ss
|
項目の意味 :
|
|
x
|
|
hh:mm:ss
IP ポートをモニターする頻度を定義する、有効なタイマー間隔。
|
|
|
|
使用上の注意: COMMON.IPPORTMON.INTVL ステートメントを指定する場合は、
次のステートメントを指定する必要があります。
v COMMON.IPPORTMON.IPADD
v COMMON,IPPORTMON.PORTNUM
|
|
同じ数値ラベル (x) を使用して、COMMON.IPPORTMON ステート
メントを結合してください。
|
これは正整数で、定義を識別する数値ラベルとなります。1 から開始して、連続
番号にする必要があります。
COMMON.IPPORTMON.PORTNUM
|
|
COMMON.IPPORTMON.PORTNUM ステートメントは、TESTPORT コマンドのモニ
ター対象となる IP ポートを指定します。
|
COMMON.IPPORTMON.PORTNUM ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
COMMON.IPPORTMON.PORTNUM
|
|
COMMON.IPPORTMON.PORTNUM.x=portnum
|
項目の意味 :
|
|
x
|
|
portnum
TESTPORT コマンドのモニター対象となる IP ポートを指定します。
|
|
|
|
使用上の注意: COMMON.IPPORTMON.PORTNUM ステートメントを指定する場合
は、次のステートメントも指定する必要があります。
v COMMON.IPPORTMON.IPADD
v COMMON.IPPORTMON.INTVL
|
|
同じ数値ラベル (x) を使用して、COMMON.IPPORTMON ステート
メントを結合してください。
32
これは正整数で、定義を識別する数値ラベルとなります。1 から開始して、連続
番号にする必要があります。
アドミニストレーション・リファレンス
COMMON.SMFVPD
COMMON.SMFVPD
COMMON.SMFVPD ステートメントは、ネットワーク資産管理コマンド
(VPDPU、VPDDCE、VPDCMD) によって収集された重要プロダクト・データを外部
ログに記録するために使用される SMF レコード番号を指定します。
COMMON.SMFVPD ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.SMFVPD
COMMON.SMFVPD=smfRcrdId
項目の意味 :
smfRcrdId
これは、有効な SMF レコード ID である正の整数です。 NetView によって提
供されるネットワーク資産管理コマンドが収集するデータをログに記録するに
は、37 という値を指定します。これらのコマンドをカスタマイズして異なる
SMF レコード ID を使用したい場合は、128 から 255 のユーザー定義の範囲
内の値を使用する必要があります。
COMMON.WAITTIME
COMMON.WAITTIME ステートメントは、AON および SA が「same-system」コマ
ンドからの応答を待つ時間の量を指定します。
COMMON.WAITTIME ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.WAITTIME
COMMON.WAITTIME=seconds
項目の意味 :
seconds
待機する秒数を指定する正の整数。 29 という値が、NetView によって提供さ
れた CNMSTYLE で指定されます。
COMMON.XDOMTIME
COMMON.XDOMTIME ステートメントは、AON および SA がクロスドメイン・
コマンドからの応答を待つ時間の量を指定します。
COMMON.WAITTIME ステートメントの構文は、次のとおりです。
COMMON.XDOMTIME
COMMON.XDOMTIME=seconds
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
33
COMMON.XDOMTIME
seconds
待機する秒数を指定する正の整数。 120 という値が、NetView によって提供さ
れた CNMSTYLE で指定されています。
ConsFixed
ConsFixed ステートメントは、コンソール名を生成するために ConsMask が参照で
きる定数ストリングを指定するために使用できます。
ConsFixed ステートメントの構文は、次のとおりです。
ConsFixed
ConsFixed=string
項目の意味 :
string
コンソール名で有効に使用できる文字のシーケンスを指定します。
使用上の注意:
v コンソール名に対する値の指定に関する追加情報については、『ConsMask』を参
照してください。
ConsMask
ConsMask に対して指定された値は、MVS 拡張コンソール名を作成するために使用
されます。指定された文字の組み合わせは、NetView プログラムが選択するコンソ
ール名に対して適切なセキュリティーを割り当て、取得したそれぞれのコンソール
ごとに固有の名前を検索する助けになります。
NetView は、コンソール名を生成する必要があれば常に、ConsMask に対して指定
された値を使用します。以下に示すのは、NetView がコンソール名を生成する場合
のいくつかの状況です。
v SETCONID コマンドを使用して MVS コンソールを取得していないタスクによっ
て MVS コマンドが出されている。
v GETCONID コマンドが、CONSOLE キーワードの指定なしに出され、タスクが
前に SETCONID コマンドを出していない。
NetView は、マスク内の文字を現行のオペレーター ID または現行のドメイン ID
などの特定の環境属性に対する値からの文字で置換することにより、コンソール名
を生成します。マスク内の各文字は、環境内の特定の属性に関連付けられていま
す。置換の結果、コンソール名が重複した場合、NetView は、コンソール名の長さ
が 8 文字よりも短い場合、文字を選択してコンソール名の末尾に付加することによ
り解決を試行するか、あるいは、その長さが 8 文字の場合、そのコンソール名をオ
ーバーレイすることを試行します。選択される文字は、36 の英数字のうちのいずれ
か、あるいは @、#、$ の 3 つの国別文字のいずれかです。
ConsMask ステートメントの構文は、次のとおりです。
34
アドミニストレーション・リファレンス
ConsMask
ConsMask
ConsMask = mask
項目の意味 :
mask
8 文字で構成されるシーケンス。指定できる文字は、次のいずれかです。
*
他の文字を持たない単一の *。これにより、現行のオペレーター ID に
等しいコンソール名が選択されます。
a
現行のオペレーター ID 内の文字を選択します。マスク内の最初の a
は、オペレーター ID の先頭文字を選択します。マスク内のそれ以降の
各 a は、オペレーター ID のその次の文字を順方向に選択します。
b
現行のオペレーター ID 内の文字を選択します。マスク内の最初の b
は、オペレーター ID 内の最後の文字を選択します。マスク内のそれ以
降の各 b は、オペレーター ID のその次の文字を逆方向に選択しま
す。
d
現行のドメイン ID 内の文字を選択します。マスク内の最初の d は、
ドメイン ID 内の先頭文字を選択します。マスク内のそれ以降の各 d
は、ドメイン ID 内のその次の文字を順方向に選択します。
e
現行のドメイン ID 内の文字を選択します。マスク内の最初の e は、
ドメイン ID 内の最後の文字を選択します。マスク内のそれ以降の各 e
は、ドメイン ID 内のその次の文字を逆方向に選択します。
f
ConsFixed に対して指定された値内の文字を選択します。マスク内の最
初の f は、ConsFixed に対して指定された先頭文字を選択します。マス
ク内のそれ以降の各 f は、ConsFixed に対して指定されたその次の文字
を順方向に選択します。
2
&NV2I 変数に対して指定された値内の文字を選択します。マスク内の
最初の 2 は、&NV2I に対して指定された先頭文字を選択します。マス
ク内のそれ以降の各 2 は、&NV2I に対して指定されたその次の文字を
順方向に選択します。
使用上の注意:
1. * 文字を除いて、各文字は、2 回以上使用できます。マスク文字のいずれか 1
つが表す環境情報の値の長さが、その環境値に関連付けられたマスクの文字数よ
り短い場合、マスク内の余分な文字は無視されます。例えば、オペレーター ID
が OP1 で、ドメイン ID が NV55 で、マスクの値が aaaadddd の場合は、生
成されるコンソール名は OP1NV55 になります。
2. CNMSTYLE での ConsMask ステートメントの初期設定値は、aaaab22 です。
|
|
|
3. 「*」文字以外の値が指定される場合、オペレーター・プロファイルの
CONSNAME に指定された値は、ConsMask ステートメントを使用した結果得ら
れる値でオーバーライドされます。
例:
1. 現行のオペレーター ID が OP01、ドメイン ID が NV55 で、ConsFixed に
MNLXYZ という値があり、かつ NV2I に 99 という値がある場合、
v aaaadddd という値を持つマスクは、OP01NV55 というコンソール名になりま
す。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
35
ConsMask
v bbbbeeee という値を持つマスクは、10PO55VN というコンソール名になりま
す。
v adadadad という値を持つマスクは、ONPV0515 というコンソール名になりま
す。
v aaaab22 という値を持つマスクは、OP01199 というコンソール名になります。
v eeffaa22 という値を持つマスクは、55MNOP99 というコンソール名になりま
す。
CORRELATION
CORRELATION ステートメントは、通信タスク (DSICORSV) の定義を、UNIX シ
ステム・サービス上で実行されている相関エンジンに対して定義します。
CORRELATION ステートメントの構文は、次のとおりです。
CORRELATION
CORRELATION.
TCPANAME=name
SOCKETS=number
SERVERHOST=host
SERVERPORT=port
LOCALPORT=port
PURGETIMER=number
THRESHOLD=number
RETRYTIMER=number
項目の意味 :
TCPANAME
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。変数 &CNMTCPN が、NetView
によって提供された CNMSTYLE で指定されます。
SOCKETS
同時要求の最大数を指定します。デフォルトは 50 です。
SERVERHOST
TCP 接続のために相関エンジンが使用するホスト名を定義します。このキーワ
ードにはデフォルト値はありません。
SERVERPORT
相関エンジンが z/NetView からの接続要求を待機するポート番号を定義しま
す。デフォルト値は 4051 です。
LOCALPORT
DSIREXCF が接続要求を待機するポート番号を定義します。デフォルト値は
4050 です。
PURGETIMER
NetView プログラムが相関エンジンに送信されたメッセージおよび MSU のコ
ピーを保持する時間を定義します。この値は、秒数で指定します。デフォルトは
3600 です。
36
アドミニストレーション・リファレンス
CORRELATION
THRESHOLD
NetView プログラムが相関エンジンへの再試行キューに保持するメッセージお
よび MSU の最大数を定義します。デフォルトは 500 です。
RETRYTIMER
NetView が、メッセージまたは MSU を相関エンジンに送信するのに失敗した
場合に、メッセージまたは MSU を再試行キューに保持する時間を定義しま
す。この値は、秒数で指定します。デフォルトは 30 です。
使用上の注意: LOCALPORT ステートメントおよび SERVERPORT ステートメント
は、UNIX システム・サービスが実行されている相関エンジン上の相関エンジン・
ルート・ディレクトリー内の FLBcorrelator.properties ファイル内にあるポート・プ
ロパティーと同期している必要があります。このプロパティーは UNIX システム・
サービスが実行されている相関エンジン上の相関エンジン・ルート・ディレクトリ
ーにある FLBcorrelator.properties ファイル内にあります。
DB2SEC
CNMSTYLE 内の DB2SEC ステートメントを使用して、以下のことを行えます。
v CAF インターフェースをロードする。この場合、オペレーター・レベルのセキュ
リティーはありませんが、システム上の複数の DB2® サブシステムにアクセスす
ることができます。
v RRS インターフェースをロードする。これによって、オペレーター・レベルのセ
キュリティー検査を行うことができるようになると同時に、システム上の複数の
DB2 サブシステムへのアクセスが可能になります。
CAF または RRS インターフェースが一度ロードされると、それ以降のタスクで
は、DSIDB2MT タスクを使用しないで DB2 に直接アクセスすることができます。
DSIDB2MT がアクセスする DB2 サブシステムにアクセスするタスクでは、
DSIDB2MT が引き続きアクティブでなければなりません。 DSIDB2MT タスクを開
始すると、アクセスする DB2 を指定しない SQL 要求は、常に同一の DB2 に対し
て実行されるようになります。 SQL ステージの SSID ssidname|* パラメーター
は、特定の、またはデフォルトの DB2 のどちらにアクセスするのかを定義しま
す。アクセスするサブシステムが SQL ステージで一度定義されると、そのサブシ
ステムは、別の SQL ステージを使ってリセットされるまではそのタスクに対して
有効のままです。
DB2SEC ステートメントの構文は、次のとおりです。
DB2SEC
DB2SEC =
*NONE*
CAF
RRS
項目の意味 :
*NONE*
DB2 を使用しないことを指定します。これは、CNMSTYLE の初期設定値で
す。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
37
DB2SEC
CAF
すべてのタスクに同じセキュリティー (アドレス・スペース・ユーザー ID) を
提供する DB2 インターフェースを使用することを指定します。
RRS
タスク単位でセキュリティーを提供する DB2 インターフェースを使用すること
を指定します。
DEFAULTS
DEFAULTS ステートメントは、NetViewプログラム全体で使用されるデフォルトの
初期値を設定します。DEFAULTS 定義ステートメントは、CNMSTYLE 内で定義さ
れます。
NetView プログラムの初期設定後、DEFAULTS コマンドを使用して、値を動的に変
更することができます。 DEFAULTS コマンドの詳細については、NetView オンラ
イン・ヘルプを参照してください。
DEFAULTS ステートメントの構文は、次のとおりです。
DEFAULTS
DEFAULTS.keyword = value
項目の意味 :
keyword
初期設定する DEFAULTS コマンド・キーワードを指定します。指定できるキ
ーワードの詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第
I 巻」の DEFAULTS コマンドを参照してください。
value
使用する DEFAULTS コマンド・キーワードの値を指定します。指定できる値
については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」で
DEFAULTS コマンドを参照してください。
使用上の注意:
v HCYLOG、NETLOG、SYSLOG の各初期設定値は、対応するロギング・タスクが
アクティブになった後で有効になります。
v バナーを初期設定する場合は、DEFAULTS ステートメントではなく CNMSTYLE
の Banner ステートメントを使用します。
|
DLA.cmdb_ftp_server
|
|
|
DLA.cmdb_ftp_server ステートメントは、構成管理データベース (CMDB) FTP サー
バーの名前を定義するために、ディスカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA)
によって使用されます。
|
DLA.cmdb_ftp_server ステートメントの構文は、次のとおりです。
38
アドミニストレーション・リファレンス
DLA.cmdb_ftp_server
|
DLA.cmdb_ftp_server
|
|
DLA.cmdb_ftp_server = host_name
|
項目の意味 :
|
|
|
host_name
CMDB FTP サーバーのホスト名または IP アドレスを指定します。デフォルト
値は、localhost です。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントが必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.debug
|
|
DLA.debug ステートメントは、ディスカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA)
のデバッグに使用されます。
|
DLA.debug ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.debug
|
|
DLA.debug = debug_value
|
項目の意味 :
|
|
|
debug_value
デバッグをオンにする (1) かオフ (0) にするかを指定します。デフォルト値
は、0 です。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_log_blocksize
|
|
|
|
DLA.ftp_log_blocksize ステートメントは、一時 FTP ログ・ファイルの割り振り中に
ディスカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。このパ
ラメーターは、データ制御ブロック (DCB) のブロック・サイズと平均レコード長を
指定します。
|
DLA.ftp_log_blocksize ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_log_blocksize
|
|
DLA.ftp_log_blocksize = blocksize
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
39
DLA.ftp_log_blocksize
|
項目の意味 :
|
|
|
blocksize
ブロック・サイズの値は、0 から 65 536 の範囲内です。デフォルト値は 27 204
です。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_log_filename
|
|
|
DLA.ftp_log_filename ステートメントは、TSO FTP クライアントからの出力をログ
に記録するためのデータ・セットを定義するために、ディスカバリー・ライブラリ
ー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_log_filename ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_log_filename
|
|
DLA.ftp_log_filename = ftp_log_file_name
|
項目の意味 :
|
|
|
|
|
ftp_log_file_name
DLA TSO FTP クライアントからの出力をログに記録するための一時順次デー
タ・セットの名前を指定します。指定したファイルは、TSO FTP クライアント
からの出力をバッファーに入れるために使用します。この順次ファイルは、
DLA 機能が実行されている間のみ存在します。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントは必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_log_space_pri
|
|
|
DLA.ftp_log_space_pri ステートメントは、DLA.ftp_log_filename ステートメントによ
って指定されたファイルでスペース割り振り (1 次範囲) を定義するために、ディス
カバリー・ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_log_space_pri ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_log_space_pri
|
|
DLA.ftp_log_space_pri = ftp_log_primary
|
項目の意味 :
40
アドミニストレーション・リファレンス
DLA.ftp_log_space_pri
|
|
|
ftp_log_primary
DLA.ftp_log_filename ステートメントによって定義されるファイルに割り振る 1
次範囲の数 (シリンダー単位)。デフォルト値は 150 シリンダーです。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_log_space_sec
|
|
|
DLA.ftp_log_space_sec ステートメントは、DLA.ftp_log_filename ステートメントに
よって指定されたファイルでスペース割り振り (2 次範囲) を定義するために、ディ
スカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_log_space_sec ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_log_space_sec
|
|
DLA.ftp_log_space_sec = ftp_log_secondary
|
項目の意味 :
|
|
|
ftp_log_secondary
DLA.ftp_log_filename ステートメントによって定義されるファイルに割り振る 2
次範囲の数 (シリンダー単位)。デフォルト値は 10 シリンダーです。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_log_unit
|
|
|
|
DLA.ftp_log_unit ステートメントは、DLA.ftp_log_filename の割り振り中に使用され
る UNIT パラメーターを定義するために、ディスカバリー・ライブラリー・アダプ
ター (DLA) によって使用されます。このパラメーターには、グループ名、装置タイ
プ、または装置番号を含めることができます。
|
DLA.ftp_log_unit ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_log_unit
|
|
DLA.ftp_log_unit = ftp_log_unit_name
|
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
41
DLA.ftp_log_unit
|
|
|
|
ftp_log_unit_name
DLA.ftp_log_filename ステートメントによって定義されるファイルで使用する
UNIT パラメーターを指定します。このパラメーターには、次の値のいずれかを
含めることができます。
|
v グループ名 (例: SYSDA)
|
v 装置タイプ (例: 3390)
|
v 装置番号 (例: /2301)
|
デフォルト値は SYSDA です。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_log_volume
|
|
|
DLA.ftp_log_volume ステートメントは、DLA.ftp_log_filename ステートメントによ
って指定されたファイルの作成先のボリュームを定義するために、ディスカバリ
ー・ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_log_volume ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_log_volume
|
|
DLA.ftp_log_volume = volume
|
項目の意味 :
|
|
|
volume
DLA.ftp_log_filename によって指定されたファイルの、作成先のボリュームを指
定します。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_max_xmit_tm
|
|
|
|
|
DLA.ftp_max_xmit_tm ステートメントは、構成管理データベース (CMDB) FTP サ
ーバーにデータを転送するための最大時間を定義するために、ディスカバリー・ラ
イブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。z/OS システムと CMDB
FTP サーバーとの間のリンクが低速である場合、または DLA ブックが大変大きい
場合は、この値を大きくすることもできます。
|
DLA.ftp_max_xmit_tm ステートメントの構文は、次のとおりです。
42
アドミニストレーション・リファレンス
DLA.ftp_max_xmit_tm
|
DLA.ftp_max_xmit_tm
|
|
DLA.ftp_max_xmit_tm = max_value
|
項目の意味 :
|
|
|
max_value
XML ディスカバリー・ブックを CMDB FTP サーバーへ転送するための最大時
間を秒単位で指定します。デフォルト値は 600 秒です。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_remote_dir
|
|
|
DLA.ftp_remote_dir ステートメントは、DLA ブックを置く構成管理データベース
(CMDB)FTP サーバー上の宛先ディレクトリーを定義するために、ディスカバリ
ー・ライブラリー・アダプター(DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_remote_dir ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_remote_dir
|
|
DLA.ftp_remote_dir = directory_name
|
項目の意味 :
|
|
|
directory_name
CMDB FTP サーバー上にある、XML ディスカバリー・ブックの転送先のディ
レクトリーを指定します。デフォルト値は、/tmp/dla/ です。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントは必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_timeout
|
|
|
DLA.ftp_timeout ステートメントは、構成管理データベース (CMDB) FTP サーバー
との FTP 接続が確立するまでの最大待機時間を定義するために、ディスカバリー・
ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_timeout ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_timeout
|
|
DLA.ftp_timeout = timeout_value
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
43
DLA.ftp_timeout
|
項目の意味 :
|
|
timeout_value
FTP 接続タイムアウト値を秒単位で指定します。デフォルト値は 720 秒です。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.ftp_uid
|
|
|
DLA.ftp_uid ステートメントは、TSO FTP クライアントから構成管理データベース
(CMDB) FTP サーバーに接続する際に使用するユーザー ID を定義するために、デ
ィスカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.ftp_uid ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.ftp_uid
|
|
DLA.ftp_uid = ftp_user_id
|
項目の意味 :
|
|
|
|
|
|
|
ftp_user_id
CMDB FTP サーバーでのユーザー ID を指定します。PWD.DLA.P ステートメ
ントを使用して、ユーザー ID のパスワードを定義する必要があります。
PWD.DLA.P ステートメントは、CNMSTYLE 組み込みメンバーである
CNMSTPWD によって保護されます。このユーザー ID のパスワードを、
CNMSTPWD またはその他の保護された CNMSTYLE 組み込みメンバーに置い
てください。デフォルト値は root です。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントは必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.statefile
|
|
|
DLA.statefile ステートメントは、ディスカバリー・ライブラリー・アダプター
(DLA) アダプターによって使用される状態に基づく情報を含むファイルの名前を定
義するために、DLA によって使用されます。
|
DLA.statefile ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.statefile
|
|
DLA.statefile = state_file_name
|
項目の意味 :
44
アドミニストレーション・リファレンス
DLA.statefile
|
|
|
state_file_name
ローカル・システム上の、DLA アダプター用の状態に基づく情報を含む順次デ
ータ・セットを定義します。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントは必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.tsouser
|
|
|
|
DLA.tsouser ステートメントは、NetView TSO サーバーの開始に使用するユーザー
ID を定義するために、ディスカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA) によっ
て使用されます。このユーザー ID について詳しくは、NCCF START コマンド
(TSOSERV に関するセクション) のオンライン・ヘルプを参照してください。
|
DLA.tsouser ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.tsouser
|
|
DLA.tsouser = tso_user_id
|
項目の意味 :
|
|
|
tso_user_id
FTP ファイルの転送を実行するために、TSO コマンド・サーバー (TSOSERV)
機能が実行するユーザー ID を指定します。デフォルト値は user1 です。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントは必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.xml_blocksize
|
|
|
|
DLA.xml_blocksize ステートメントは、XML ディスカバリー・ブックの割り振り中
に使用されるデータ制御ブロックのブロック・サイズおよび平均レコード長を指定
するために、ディスカバリー・ライブラリー・アダプター (DLA) によって使用され
ます。
|
DLA.xml_blocksize ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.xml_blocksize
|
|
DLA.xml_blocksize = xml_blocksize
|
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
45
DLA.xml_blocksize
|
|
|
xml_blocksize
ブロック・サイズの値は、0 から 65 536 の範囲内です。デフォルト値は 27 204
です。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.xml_filename
|
|
DLA.xml_filename ステートメントは、ローカル z/OS システム上の、一時 XML デ
ィスカバリー・ブックを保存する場所を定義します。
|
DLA.xml_filename ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.xml_filename
|
|
DLA.xml_filename = xml_file_name
|
項目の意味 :
|
|
|
|
|
xml_file_name
XML ディスカバリー・ブックを保存するための一時順次データ・セットの名前
を指定します。 XML ディスカバリー・ブックが CMDB FTP サーバーに転送
された後に、このデータ・セットは削除されます。このデータ・セットに区分デ
ータ・セットを使用することはできません。
|
使用上の注意:
|
v DLA 機能を使用する場合に、このステートメントは必須となります。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.xml_space_pri
|
|
DLA.xml_space_pri ステートメントは、DLA.xml_filename ステートメントによって
指定されるファイル用のスペース割り振り (1 次範囲) を定義します。
|
DLA.xml_space_pri ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.xml_space_pri
|
|
DLA.xml_space_pri = xml_primary
|
項目の意味 :
|
|
|
xml_primary
このステートメントは、1 次範囲をシリンダー単位で定義します。デフォルト値
は 150 シリンダーです。
46
アドミニストレーション・リファレンス
DLA.xml_space_pri
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.xml_space_sec
|
|
DLA.xml_space_sec ステートメントは、DLA.xml_filename ステートメントによって
指定されるファイル用のスペース割り振り (2 次範囲) を定義します。
|
DLA.xml_space_sec ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.xml_space_sec
|
|
DLA.xml_space_sec = xml_secondary
|
項目の意味 :
|
|
|
xml_secondary
このステートメントは、2 次範囲をシリンダー単位で定義します。デフォルト値
は 10 シリンダーです。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.xml_unit
|
|
|
|
DLA.xml_unit ステートメントは、DLA.xml_filename ステートメントによって指定さ
れるログに UNIT パラメーターを定義するために、ディスカバリー・ライブラリ
ー・アダプター (DLA) によって使用されます。このパラメーターには、グループ
名、装置タイプ、または装置番号を含めることができます。
|
DLA.xml_unit ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.xml_unit
|
|
DLA.xml_unit = xml_unit_name
|
項目の意味 :
|
|
|
|
xml_unit_name
DLA.xml_filename ステートメントによって定義されるファイルで使用する
UNIT パラメーターを指定します。このパラメーターには、次の値のいずれかを
含めることができます。
|
v グループ名 (例: SYSDA)
|
v 装置タイプ (例: 3390)
|
v 装置番号 (例: /2301)
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
47
DLA.xml_unit
デフォルト値は SYSDA です。
|
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
|
DLA.xml_volume
|
|
|
DLA.ftp_log_volume ステートメントは、DLA.xml_filename ステートメントによって
指定されたファイルの作成先のボリュームを定義するために、ディスカバリー・ラ
イブラリー・アダプター (DLA) によって使用されます。
|
DLA.xml_volume ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
DLA.xml_volume
|
|
DLA.xml_volume = volume
|
項目の意味 :
|
|
|
volume
DLA.xml_filename によって指定されたファイルの、作成先のボリュームを指定
します。
|
使用上の注意:
|
v このステートメントはオプションです。
|
|
v DLA 機能の追加情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コン
ポーネントの構成」にあります。
DOMAIN
DOMAIN ステートメントは、NetView ドメイン名をグローバル変数として指定しま
す。
DOMAIN ステートメントの構文は、次のとおりです。
DOMAIN
DOMAIN = domainid
項目の意味 :
domainid
NetView プログラムのこのインスタンスに対する 1 から 5 文字のドメイン名
を指定します。 NetView プログラムが提供するデフォルト値は、CNM01
(C&NV2I.01) です。
使用上の注意:
48
アドミニストレーション・リファレンス
DOMAIN
v CNMPROC (CNMSJ009) メンバーで NetView ドメイン ID またはパスワードを
指定した場合は、CNMSTYLE メンバーの DOMAIN ステートメントまたは
CNMSTPWD メンバーの ACBpassword ステートメントをコーディングする必要
はありません。コーディングすると、CNMPROC メンバーから渡されるパラメー
ターがヌルでない限り、これらのステートメントは無視されます。 CNMPROC
または CNMSTYLE メンバーのいずれかでドメイン・パスワードを指定しない場
合は、DOMAIN 名がパスワードになります。
|
EMAAUTO
|
|
|
EMAAUTO ステートメントは、NetView の初期化中に Tivoli NetView for z/OS
Enterprise Management Agent または Tivoli Enterprise Monitoring Server を開始する
かどうかを指定します。TEMA タワーが使用可能になっている必要があります。
|
EMAAUTO ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
EMAAUTO
|
EMAAUTO.
TEMA
TEMS
.procStr = procedure_name
|
|
項目の意味 :
|
|
|
|
TEMA.procStr
NetView for z/OS Enterprise Management Agent 開始プロシージャー名およびパ
ラメーターを指定します。 NetView プログラムでこのプロシージャーを開始し
ない場合は、procedure_name に *NONE* を指定してください。
|
|
|
|
TEMS.procStr
Tivoli Enterprise Monitoring Server 開始プロシージャー名およびパラメーターを
指定します。 NetView プログラムでこのプロシージャーを開始しない場合は、
procedure_name に *NONE* を指定してください。
|
使用上の注意:
|
v TEMA タワーが使用可能になっている必要があります。
|
|
|
v EMAAUTO.TEMA.procStr ステートメントおよび EMAAUTO.TEMS.procStr ステ
ートメントを処理するには、INIT.EMAAUTO ステートメントを YES に設定する
必要があります。
|
|
|
|
|
|
|
|
|
v NetView プログラムでは、開始プロシージャー・ステートメントは 1 つしか処理
されません。 EMAAUTO.TEMS.procStr ステートメントに *NONE* 以外の値を
指定すると、Tivoli Enterprise Monitoring Server が開始します。正常に開始する
と、NetView メッセージ自動化により EMAAUTO.TEMA.procStr ステートメント
で指定されたプロシージャーが開始されて、NetView for z/OS Enterprise
Management Agent が開始します。詳しくは、CNMSEMAA 自動化メンバーを参
照してください。EMAAUTO.TEMS.procStr ステートメントにパラメーターを追加
することにより、Tivoli Enterprise Monitoring Server 開始プロシージャーにパラ
メーターを指定できます。
|
|
v NetView for z/OS Enterprise Management Agent のみを開始する場合は、
EMAAUTO.TEMS.procStr ステートメントに *NONE* を指定し、
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
49
EMAAUTO
EMAAUTO.TEMA.procStr ステートメントに開始プロシージャーの名前を指定し
ます。EMAAUTO.TEMA.procStr ステートメントにパラメーターを追加すること
により、NetView for z/OS Enterprise Management Agent 開始プロシージャーにパ
ラメーターを指定できます。
|
|
|
|
function.autotask
function.autotask ステートメントは、指定した機能に対する自動タスクを定義しま
す。 function.autotask ステートメントの詳細については、CNMSTYLE を参照して
ください。
function.autotask ステートメントの構文は、次のとおりです。
function.autotask
function.autotask. function_name =autotask_name
項目の意味 :
function_name
機能名を指定します。機能名は 1 から 15 文字で指定可能で、文字、数字、ピ
リオドを使用できます。先頭文字は文字でなければなりません。
|
|
autotask_name
自動タスク名を指定します。
使用上の注意:
v function.autotask.primary ステートメントは、CNMSTYLE にコーディングさ
れ、多くの自動化テーブル・アクションの優先ロケーションです。このステート
メントには、時刻指定コマンド、メッセージ自動化、データ・サービス・タスク
(DST)、および制御 (オペレーター) コマンドが含まれる場合がある関連プロセス
のセットを提供します。このステートメントはまた、別の function.autotask ステ
ートメントのタスク名にエラー (例えば、opid が定義されていないなど) が検出
された場合に使用される自動タスクです。このため、function.autotask.primary
ステートメントは必須であり、*NONE* という値を含めることはできません。
v CNMSTYLE の次のステートメントは、MVScmdMgt タワーに対する自動タスク
DSIMCAOP を定義しています。
(MVScmdMGT)function.autotask.mvsCmdMgt = DSIMCAOP
MVScmdMgt タワーは使用可能になっていなければなりません。使用可能になっ
ていないと、このステートメントは無視されます。
v 次の function.autotask ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise
Management Agent で使用されます。
|
|
|
function.autotask.NALCLOP = AUTONALC
|
|
|
TEMA タワーが使用可能な場合は、NetView 初期設定で NACMD コマンドが開
始されます。このコマンドは、NetView for z/OS Enterprise Management Agent か
らの NetView コマンドを受信および提供します。
50
アドミニストレーション・リファレンス
function.autotask
|
|
|
|
INIT.EMAAUTO を「Yes」に設定していると、NetView 初期設定で NetView for
z/OS Enterprise Management Agent のデータ・ポーリング自動化タスクが開始さ
れます。TEMA サブタワーがデータ収集に使用する function.autotask ステートメ
ントのフォーマットは、次のとおりです。
|
function.autotask.NAPOLTSKn = AUTODCn
|
ここで、n は 1 から 6 の数値です。
v 次の function.autotask ステートメントは、NetView for z/OS Tivoli Enterprise
Portal Agent で使用されます。
|
|
|
function.autotask.NAOPER = AUTONA
|
|
|
|
INIT.NACMD ステートメントが「Yes」に設定されている場合は、NetView 初期
設定で、NAOPER オペレーター ID によって定義されたタスクが開始されます。
また、NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent から NetView コマンドを
受信および提供する NACMD コマンドも開始されます。
v どの自動化タスクであれ、NetView プログラムに定義する場合は、それらの自動
化タスクを SAF 製品に定義することも検討してください。自動化テーブルおよ
びその他の NetView 機能は、これらの定義を使用します。
|
|
|
GHB.TCPANAME
GHB.TCPANAME ステートメントを使用して、DUIDGHB タスクの TCP 名を指定
します。
GHB.TCPANAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
GHB.TCPANAME
GHB.TCPANAME
=
name
項目の意味 :
name
タスク DUIDGHB の TCP 名を指定します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE GHB
コマンドを入力します。
HARDCOPY
HARDCOPY ステートメントは、ハードコピー・プリンターで使用できるデバイス
を指定します。ご使用のプリンターを定義するには、1 つの HARDCOPY をコーデ
ィングし、必要に応じて複数の行でコーディングを続行します。変更を有効にする
には、NetView プログラムをいったん停止してから再始動してください。
各オペレーターは、1 つのハードコピー・プリンターにしか割り当てることができ
ませんが、数人のオペレーターが 1 つのプリンターを共用することはできます。た
だし、同じハードコピー・プリンターを共用するオペレーターが多すぎると、その
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
51
HARDCOPY
プリンターへのメッセージが累積されるため、メッセージは、受信されてからある
程度の時間が経過するまで印刷されないことがあります。
HARDCOPY ステートメントの構文は、次のとおりです。
HARDCOPY
HARDCOPY =
devicename
項目の意味 :
devicename [...]
VTAM に定義したプリンターの名前を指定します。この名前は、1 から 8 文字
の範囲が可能です。ブランクを使用して値を区切ってください。
使用上の注意:
v ハードコピー・デバイスは、LU タイプ 0 または LU タイプ 1 であるか、ある
いは LU タイプ 0 または LU タイプ 1 のログモード入力を使用するものでなけ
ればなりません。 LU タイプ 1 として SNA コントローラーに接続されている
プリンターは、M3287SCS ログモードを使用することができます。 LU タイプ 2
および LU タイプ 3 のプリンターは、サポートされていません。
v 3287 プリンター・モデル 1、1C、2、2C、11、および 12 は、SNA モードでコ
ントローラーを操作するときには、SCS 機能 9660 を必要とします。 3287 モデ
ル 1C はモデル 1 としてサポートされ、モデル 2C はモデル 2 としてサポート
されます。 NetView プログラムがサポートする色は 1 色だけ (単色) です。
v DEFAULTS コマンドの SCRNFMT パラメーターで指定されたメンバーの
NORMQMAX の値、または NetView プログラム (3000) が提供するデフォルト
値 (3000) は、ハードコピー・プリンターに適用されます。ハードコピー・プリン
ターは、遅いか、あるいは用紙切れの場合、バックログになることがあります。
関連するステートメント: NORMQMAX
HLLENV
HLLENV ステートメントは、以下の事前初期設定済み環境を定義します。
v PL/I
v C
HLLENV ステートメントの構文は、次のとおりです。
HLLENV
HLLENV.
52
アドミニストレーション・リファレンス
IBMADPLI.
IBMADC.
REGENVS=reg_preinit_env
CRITENVS=crit_preinit_env
DEFAULT= NOTPREINIT
PREINIT
PSTACK=preinit_stack
PHEAP=preinit_heap
HLLENV
項目の意味 :
IBMADPLI
PL/I 環境を指定します。
IBMADC
C 環境を指定します。
REGENVS=reg_preinit_env
直ちに定義する事前初期設定済み環境の数を指定します。このステートメント
は、0 から 99 の範囲の値をもつことができます。 REGENVS で割り振られた
環境は、NetView によってグローバル・プールに保持され、事前初期設定済み
環境で実行することが定義されている事前初期設定対応プログラムで使用するこ
とができます。これらのプログラムは、プログラムが通常実行される任意のサブ
タスク上の事前初期設定済み環境で実行できます。デフォルト値は 2 です。
CRITENVS=crit_preinit_env
HLLOPTS でビット 4 が設定されている事前初期設定対応プログラムに対し、
排他的に割り振ることができる事前初期設定済み環境の最大数を指定します。
CRITENVS は、0 から 99 の範囲の値をもつことができます。デフォルトは 0
です。
DEFAULT
事前初期設定済み環境で適格なプログラムを実行することをデフォルトとするか
どうかを指定します。
NOTPREINIT
事前初期設定対応プログラムを事前初期設定済み環境で実行しないことを指
定します。 NOTPREINIT は DEFAULT の初期値です。
PREINIT
事前初期設定対応プログラムを事前初期設定済み環境で実行することを指定
します。
PSTACK=preinit_stack
事前初期設定済み環境を作成する場合に使用する STACK ランタイム・オプシ
ョン値を指定します。 PSTACK の初期値は 131072 バイトです。
PHEAP=preinit_heap
事前初期設定済み環境を作成する場合に使用する HEAP ランタイム・オプショ
ン値を指定します。 PHEAP の初期値は 131072 バイトです。
使用上の注意:
v 詳細については、HLLENV コマンドのオンライン・ヘルプを参照してください。
v HLLOPTS の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS Programming: PL/I
and C」を参照してください。
idleParms
idleParms ステートメントは、停止するオペレーターを判別する場合に使用するオペ
レーターのアイドル時間を指定します。
idleParms ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
53
idleParms
idleParms
idleParms.
idlemin = minutes
frequency = minutes
,
exceptOp = operatorID
exceptAuto = autotask_type
exceptNNT =
ALL
NONE
exceptRmtCmd =
ALL
NONE
,
exceptLU = luname
項目の意味 :
idlemin = minutes
オペレーターをアイドルにしておくことができる最大の分数を指定します。
IDLEOFF が実行されているときにこの値を超えるアイドル状態のオペレーター
は、事前に除外されていない限り、ログオフされます。 minutes 値は正の整数
でなければなりません。
frequency = minutes
IDLEOFF プロセスが呼び出される間隔を指定します。値は、0.0167 (1 秒に相
当) から 500000 の範囲で指定することができます。指定する値内にコンマまた
はスペースを指定しないでください。
exceptOp = operatorID
ログオフさせないオペレーター ID のリストを指定します。
exceptAuto = autotask_type
IDLEOFF から免除する自動タスクを指定します。
ALL
すべての自動タスクが免除されることを指定します。
DIST
分散自動タスクを指定します。これらの受信 RMTCMD コマン
ドは免除されますが、システム・コンソールはグループとして
免除されません。
CONSOLE
システム・コンソールの自動タスクは免除されますが、分散自
動タスクはグループとして免除されないことを指定します。
NONE
すべての在席自動タスクが適格であることを指定します。
exceptNNT
IDLEOFF から免除される NNT タスクを指定します。
ALL
すべての NNT タスクが免除されることを指定します。
NONE
すべての NNT タスクが適格であることを指定します。これが
初期設定値です。
exceptRmtCmd
IDLEOFF から免除される RMTCMD ユーザーを指定します。
ALL
54
アドミニストレーション・リファレンス
RMTCMD のすべてのユーザーは免除されるが、分散自動タス
クは免除しないことを指定します。
idleParms
注: これにより、タスクが現行の RMTCMD セッションをもっ
ていない場合でも、また RMTCMD がセッションを開始で
きなかった場合でも、RMTCMD を使用したすべてのタスク
が免除されます。
NONE
すべての RMTCMD ユーザーが適格であることを指定します。
これが初期設定値です。
exceptLU = luname
ログオフさせない LU 名のリストを指定します。
使用上の注意: IDLEOFF コマンドを使用して、オペレーターのアイドル時間を調べ
ることもできます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説
書 第 I 巻」または NetView オンライン・ヘルプを参照してください。
IDS.Attack_Cmd
IDS.Attack_Cmd ステートメントは、IDS アタック検出イベントが発生したときに出
すコマンドを指定します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの CNMSTIDS に、
これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディングしてくださ
い。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメン
トします。
IDS.Attack_Cmd statement ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Attack_Cmd.suffix=command
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンドごとに、各接尾部が 1 ずつ増分されます。次
の例では、1 つの UNIX コマンドと 1 つの NetView コマンドの 2 つのコマ
ンドが定義されています。
IDS.Attack_CmdType.1 = UNIX
IDS.Attack_Cmd.1 = /bin/trmdstat -A -D IDS.SYSLOG.FILENAME
IDS.Attack_CmdType.2 = NETV
IDS.Attack_Cmd.2 = WHO
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Attack_Cmd.4 ステート
メントは無視されます。
IDS.Attack_Cmd.1
IDS.Attack_Cmd.2
IDS.Attack_Cmd.4
command
出されるコマンドを指定します。
使用上の注意:
v IDS.Attack_CmdType ステートメントは、コマンド環境を指定します。
関連するステートメント: IDS.Attack_CmdType
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
55
IDS.Attack_CmdType
IDS.Attack_CmdType
IDS.Attack_CmdType ステートメントは、IDS アタック検出イベントが発生したとき
に使用するコマンド環境を定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの
CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用のシステムに必要な数だけコーデ
ィングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変
更をインプリメントします。
IDS.Attack_CmdType ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Attack_CmdType.suffix=
UNIX
MVS
NETV
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンド環境ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。次の例では、2 つのコマンド環境 (UNIX と NETV) が定義されています。
IDS.Attack_CmdType.1 = UNIX
IDS.Attack_Cmd.1 = /bin/trmdstat -A -D IDS.SYSLOG.FILENAME
IDS.Attack_CmdType.2 = NETV
IDS.Attack_Cmd.2 = WHO
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Attack_CmdType.3 ステ
ートメントは無視されます。
IDS.Attack_CmdType.1 = UNIX
IDS.Attack_CmdType.3 = NETV
MVS
MVS コマンドを出すことを指示します。
NETV
NetView コマンドまたはコマンド・リストを出すことを指示します。
UNIX
PIPE UNIX コマンドを使用して、コマンドを UNIX システム・サービスに対
して出すことを指示します。これはデフォルトの設定値です。
使用上の注意:
v IDS.Attack_Cmd ステートメントは、出されるコマンドを定義します。
関連するステートメント: IDS.Attack_Cmd
IDS.Auto_Intvl
IDS.Auto_Intvl ステートメントは IDS イベントのしきい値を定義するときに、使用
される時間間隔を定義します。このステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メ
ンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてください。 NetView プログラムをいった
ん停止してから再始動して、変更をインプリメントします。
56
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.Auto_Intvl
IDS.Auto_Intvl ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Auto_Intvl
IDS.Auto_Intvl= hh:mm:ss
項目の意味 :
hh:mm:ss
IDS イベントしきい値の間隔を時間 (24 時間クロック)、分、および秒単位で指
示します。初期デフォルト値は、5 分 (00:05:00) です。
関連するステートメント: IDS.Auto_Thresh
IDS.Auto_Thresh
IDS.Auto_Thresh ステートメントは、IDS イベント数の自動化テーブルしきい値を定
義します。このしきい値を超えると、イベント・レポートは生成されません。この
ステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディン
グしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更を
インプリメントします。
IDS.Auto_Thresh ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Auto_Thresh
IDS.Auto_Thresh= nnn
項目の意味 :
nnn
IDS イベント数のしきい値を指示します。この数は、1 から 999 の範囲でなけ
ればなりません。初期デフォルト値は、100 です。
使用上の注意:
v IDS.Auto_Thresh ステートメントおよび IDS.Auto_Intvl ステートメントは、自動
化テーブルで使用する IDS イベントしきい値を設定します。次の例では、5 分以
内に 101 以上の IDS イベントが検出された場合、IDS イベント・レポートは生
成されません。
IDS.Auto_Thresh = 100
IDS.Auto_Intvl = 00:05:00
関連するステートメント: IDS.Auto_Intvl
IDS.ClearStat_Day
IDS.ClearStat_Day ステートメントは、プローブ要約統計をクリアする時刻を定義し
ます。このステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内に
コーディングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動し
て、変更をインプリメントします。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
57
IDS.ClearStat_Day
IDS.ClearStat_Day statement ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.ClearStat_Day
“
IDS.ClearStat_Day=
ALL
“ day
”
”
項目の意味 :
ALL
プローブ要約統計が毎日クリアされることを指示します。これはデフォルトの設
定値です。
day
プローブ要約統計が以下の 1 つ以上の日にクリアされることを示します。
v ALL - 毎日
v MON - 月曜日
v TUE - 火曜日
v WED - 水曜日
v THU - 木曜日
v FRI - 金曜日
v SAT - 土曜日
v SUN - 日曜日
使用上の注意:
v 複数の日を指定する場合、ブランク・スペースで日を区切ってください。
v 指定した日の前後に引用符を指定してください。
関連するステートメント:
IDS.ClearStat_Inform、IDS.ClearStat_Log、IDS.ClearStat_Log_File、IDS.ClearStat_Time
IDS.ClearStat_Inform
IDS.ClearStat_Inform ステートメントは、プローブ要約統計のクリア時に使用する通
知ポリシーを定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの CNMSTIDS に、
これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディングしてくださ
い。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメン
トします。
IDS.ClearStat_Inform ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.ClearStat_Inform.suffix=inform_policy
項目の意味
suffix
数値接尾部。定義されるポリシーごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分します。
次の例では、1 つの通知ポリシー (IDSOPERS) が定義されます。
IDS.ClearStat_Inform.1 = IDSOPERS
58
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.ClearStat_Inform
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.ClearStat_Inform.4 ステー
トメントは無視されます。
IDS.ClearStat_Inform.1
IDS.ClearStat_Inform.2
IDS.ClearStat_Inform.4
inform_policy
事前定義された通知ポリシーを指定します。
使用上の注意:
v inform_policy は、サンプル EZLINSMP で事前定義する必要があります。このポ
リシーが定義済みであるかどうかを検証するための検査は行われません。
通知ポリシーの定義に関する情報については、 431 ページの『第 5 章 通知ポリ
シー・メンバー』を参照してください。
関連するステートメント:
IDS.ClearStat_Day、IDS.ClearStat_Log、IDS.ClearStat_Log_File、IDS.ClearStat_Time
IDS.ClearStat_Log
IDS.ClearStat_Log ステートメントは、プローブ要約統計がクリアされるときに、レ
ポートをログに記録するかどうかを定義します。このステートメントは、
CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてください。
NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメントし
ます。
IDS.ClearStat_Log ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.ClearStat_Log
IDS.ClearStat_Log=
N
Y
項目の意味 :
N
レポートが生成されないことを示します。これはデフォルトの設定値です。
Y
プローブ要約統計がクリアされるときに、レポートが生成されることを示しま
す。
使用上の注意:
v レポートは、IDS.ClearStat_Log_File ステートメントによって定義された
DSIPARM データ・セット・メンバーに書き込まれます。
関連するステートメント:
IDS.ClearStat_Day、IDS.ClearStat_Inform、IDS.ClearStat_Log_File、IDS.ClearStat_Time
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
59
IDS.ClearStat_Log_File
IDS.ClearStat_Log_File
IDS.ClearStat_Log_File ステートメントは、ログがクリアされるときに、IDS プロー
ブ要約統計の書き込み先の DSIPARM データ・セット・メンバーを定義します。こ
のステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディ
ングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更
をインプリメントします。
IDS.ClearStat_Log_File ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.ClearStat_Log_File
IDS.ClearStat_Log_File=member_name
項目の意味 :
member_name
DSIPARM データ・セット・メンバー名を定義します。初期設定値は、
FKXSTATS です。
関連するステートメント:
IDS.ClearStat_Day、IDS.ClearStat_Inform、IDS.ClearStat_Log、IDS.ClearStat_Time
IDS.ClearStat_Time
IDS.ClearStat_Time ステートメントは、プローブ要約統計をクリアする時刻を定義し
ます。このステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内に
コーディングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動し
て、変更をインプリメントします。
IDS.ClearStat_Time ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.ClearStat_Time
IDS.ClearStat_Time= hh:mm
項目の意味 :
hh:mm
統計がクリアされる時刻を時間 (24 時間クロック)、と分で示します。初期のデ
フォルト値は、プローブ要約統計を深夜 12 時にクリアすることを指示する
00:00 です。
関連するステートメント:
IDS.ClearStat_Inform、IDS.ClearStat_Log、IDS.ClearStat_Log_File、IDS.ClearStat_Day
60
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.CONSOLEMSG
IDS.CONSOLEMSG
IDS.CONSOLEMSG ステートメントは、システム・コンソール・メッセージを IDS
自動化サービスに対してイベントのソースとして使用するかどうかを指定します。
このステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーデ
ィングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変
更をインプリメントします。
IDS.CONSOLEMSG ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.CONSOLEMSG
IDS.CONSOLEMSG=
Y
N
項目の意味 :
Y
システム・コンソール・メッセージをイベントのソースとして選択します。
N
システム・コンソール・メッセージをイベントのソースとして使用しないことを
指定します。
使用上の注意:
v IDS 自動化サービスをアクティブにするためには、IDS.CONSOLEMSG または
IDS.SYSLOGMSG のいずれかを Y に設定する必要があります。
v パフォーマンス上の理由により、IDS.CONSOLEMSG と IDS.SYSLOGMSG の両
方を Y に設定しないでください。
注: IDS.CONSOLEMSG=Y と IDS.SYSLOGMSG=Y の両方を指定すると、システ
ム・コンソール・メッセージも、システム・ログ・メッセージも使用されま
せん。
関連するステートメント: IDS.SYSLOGMSG
IDS.DSIPARM
IDS.DSIPARM ステートメントは、すべての TCP/IP 侵入検出サービス (IDS) レポ
ートの書き込み先となる DSIPARM データ・セットを定義します。このステートメ
ントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてくだ
さい。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメ
ントします。
IDS.DSIPARM ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.DSIPARM
IDS.DSIPARM=data_set
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
61
IDS.DSIPARM
data_set
DSIPARM データ・セット名を定義します。 IDSAUTO タスクにはこのデー
タ・セットへの書き込みアクセス権限が必要です。
IDS.Event_Inform
IDS.Event_Inform ステートメントは、IDS イベントの発生時に使用する通知ポリシ
ーを定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの CNMSTIDS に、これらの
ステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディングしてください。
NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメントし
ます。
IDS.Event_Inform ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Event_Inform.suffix=inform_policy
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるポリシーごとに 1 ずつ残りの接尾部を増分します。次
の例では、1 つの通知ポリシー (IDSOPERS) が定義されます。
IDS.Event_Inform.1 = IDSOPERS
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Event_Inform.4 ステート
メントは無視されます。
IDS.Event_Inform.1
IDS.Event_Inform.2
IDS.Event_Inform.4
inform_policy
事前定義された通知ポリシーを指定します。
使用上の注意:
v inform_policy は、サンプル EZLINSMP で事前定義する必要があります。このポ
リシーが定義済みであるかどうかを検証するための検査は行われません。
通知ポリシーの定義に関する情報については、 431 ページの『第 5 章 通知ポリ
シー・メンバー』を参照してください。
IDS.Event_Limit
IDS.Event_Limit ステートメントは、保持するイベント・レポート数を定義します。
このステートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーデ
ィングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変
更をインプリメントします。
IDS.Event_Limit ステートメントの構文は、次のとおりです。
62
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.Event_Limit
IDS.Event_Limit
IDS.Event_Limit= nn
項目の意味 :
nn 保持するイベント・レポート数を指定します。この数は、1 から 99 の範囲内で
なければなりません。初期設定値は、99 です。
関連するステートメント: IDS.Event_Log、IDS.Event_Log_File
IDS.Event_Log
IDS.Event_Log ステートメントは、イベントと、関連コマンドおよび応答を
DSIPARM データ・セットに記録するかどうかを定義します。このステートメント
は、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてくださ
い。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメン
トします。
IDS.Event_Log ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Event_Log
IDS.Event_Log=
N
Y
項目の意味 :
N
イベントと、関連コマンドおよび応答を記録しないことを指示します。これはデ
フォルトの設定値です。
Y
イベント、コマンド、および応答を IDS.Event_Log_File ステートメントによっ
て定義された DSIPARM データ・セットに記録することを指示します。
関連するステートメント: IDS.Event_Log_File、IDS.Event_Limit
IDS.Event_Log_File
IDS.Event_Log_File ステートメントは、IDS イベントと、その関連コマンドおよび
応答の書き込み先の DSIPARM データ・セット・メンバーを定義します。このステ
ートメントは、CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングし
てください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をイン
プリメントします。
IDS.Event_Log_File ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Event_Log_File
IDS.Event_Log_File=member_name
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
63
IDS.Event_Log_File
member_name
DSIPARM データ・セット・メンバー名を定義します。この名前は、1 から 6
文字の範囲でなければなりません。初期設定値は、FKXIDS です。
使用上の注意:
v イベント・レポート作成が使用可能になっていると、各レポートは FKXIDSnn と
いう名前の DSIPARM メンバー (または IDS.Event_Log_File ステートメントで指
定されたメンバー名) に記録されます。ここで、nn は IDS.Event_Limit ステート
メントの設定値によって決定されます。
関連するステートメント: IDS.Event_Log、IDS.Event_Limit
IDS.Flood_Cmd
IDS.Flood_Cmd ステートメントは、IDS アタック検出フラッディング・イベントが
発生したときに出されるコマンドを指定します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバ
ーの CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコー
ディングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、
変更をインプリメントします。
IDS.Flood_Cmd ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Flood_Cmd.suffix=command
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンドごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分します。
次の例では、1 つのコマンドが定義されています。
IDS.Flood_CmdType.1 = UNIX
IDS.Flood_Cmd.1 = /bin/trmdstat -F -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Flood_Cmd.4 ステートメ
ントは無視されます。
IDS.Flood_Cmd.1
IDS.Flood_Cmd.2
IDS.Flood_Cmd.4
command
出されるコマンドを指定します。
使用上の注意:
v IDS.Flood.CmdType ステートメントは、コマンド環境を指定します。
関連するステートメント: IDS.Flood_CmdType
64
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.Flood_CmdType
IDS.Flood_CmdType
IDS.Flood_CmdType ステートメントは、IDS アタック検出フラッディング・イベン
トが発生したときに使用されるコマンド環境を定義します。 CNMSTYLE
%INCLUDE メンバーの CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用のシステ
ムに必要な数だけコーディングしてください。 NetView プログラムをいったん停止
してから再始動して、変更をインプリメントします。
IDS.Flood_CmdType ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Flood_CmdType.suffix=
MVS
NETV
UNIX
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンド環境ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。次の例では、1 つのコマンド環境 (UNIX) のみが定義されます。
IDS.Flood_CmdType.1 = UNIX
IDS.Flood_Cmd.1 = /bin/trmdstat -F -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Flood_CmdType.4 ステー
トメントは無視されます。
IDS.Flood_CmdType.1
IDS.Flood_CmdType.2
IDS.Flood_CmdType.4
MVS
MVS コマンドを出すことを指示します。
NETV
NetView コマンドまたはコマンド・リストを出すことを指示します。
UNIX
PIPE UNIX コマンドを使用して、コマンドを UNIX システム・サービスに対
して出すことを指示します。
使用上の注意:
v アタック検出フラッディング・イベントには、0407 で始まるプローブ ID があり
ます。
v IDS.Flood_Cmd ステートメントは、出されるコマンドを定義します。
関連するステートメント: IDS.Flood_Cmd
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
65
IDS.probeid
IDS.probeid
IDS.probeid ステートメントは、サポートされる IDS プローブ ID を定義します。
CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの CNMSTIDS に、これらのステートメントをご
使用の環境に必要な数だけコーディングしてください。 NetView プログラムをいっ
たん停止してから再始動して、変更をインプリメントします。
IDS.probeid ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.probeid.suffix=probeid
項目の意味
suffix
数値接尾部。定義されるプローブ ID ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.probeid.4 ステートメント
は無視されます。
IDS.probeid.1
IDS.probeid.2
IDS.probeid.4
probeid
プローブ ID の 16 進値を指定します。
使用上の注意:
v プローブ ID を無視するには、NONE を probeid の末尾にブランク文字を付けな
いで追加します。次に例を示します。
IDS.probeid.1 = 01002200(NONE)
probeid を削除しないでください。削除すると、すべての接尾部値が連続するよう
にしておくために、これらの接尾部値の再番号付けを行う必要があります。
IDS.Report_Cmd
IDS.Report_Cmd ステートメントは、プローブ統計レポートが生成されるときに出さ
れるコマンドを指定します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの CNMSTIDS
に、これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディングしてくだ
さい。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメ
ントします。
IDS.Report_Cmd statement ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Report.Cmd_suffix=command
項目の意味
66
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.Report_Cmd
suffix
数値接尾部。使用されるコマンドごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分します。
次の例では、4 つのコマンドが定義されています。
*
IDS.Report_CmdType.1 = UNIX
IDS.Report_Cmd.1 = /bin/trmdstat
*
IDS.Report_CmdType.2 = UNIX
IDS.Report_Cmd.2 = /bin/trmdstat
*
IDS.Report_CmdType.3 = UNIX
IDS.Report_Cmd.3 = /bin/trmdstat
*
IDS.Report_CmdType.4 = UNIX
IDS.Report_Cmd.4 = /bin/trmdstat
-I IDS.SYSLOG.FILENAME
-A -S IDS.SYSLOG.FILENAME
-U -S IDS.SYSLOG.FILENAME
-T -S IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。
command
出されるコマンドを指定します。
使用上の注意:
v IDS.Report_CmdType ステートメントは、コマンド環境を指定します。
関連するステートメント: IDS.Report_CmdType、IDS.Report_Inform、
IDS.Report_Log、IDS.Report_Log_File
IDS.Report_CmdType
IDS.Report_CmdType ステートメントは、プローブ統計レポートが生成されるときに
使用するコマンド環境を定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの
CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用のシステムに必要な数だけコーデ
ィングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変
更をインプリメントします。
IDS.Report_CmdType ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Report.CmdType_suffix=
UNIX
MVS
NETV
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンド環境ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。次の例では、1 つのコマンド環境 (UNIX) が定義されます。
IDS.Report_CmdType.1 = UNIX
IDS.Report_Cmd.1 = /bin/trmdstat -I IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Report_CmdType.4 ステ
ートメントは無視されます。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
67
IDS.Report_CmdType
IDS.Report_CmdType.1
IDS.Report_CmdType.2
IDS.Report_CmdType.4
MVS
MVS コマンドを出すことを指示します。
NETV
NetView コマンドまたはコマンド・リストを出すことを指示します。
UNIX
PIPE UNIX コマンドを使用して、コマンドを UNIX システム・サービスに対
して出すことを指示します。これはデフォルトの設定値です。
使用上の注意:
v IDS.Report_Cmd ステートメントは、出されるコマンドを定義します。
関連するステートメント: IDS.Report_Cmd、IDS.Report_Inform、
IDS.Report_Log、IDS.Report_Log_File
IDS.Report_Inform
IDS.Report_Inform ステートメントは、プローブ統計レポートが生成されるときに使
用される通知ポリシーを定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの
CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディン
グしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更を
インプリメントします。
IDS.Report_Inform ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Report_Inform.suffix=inform_policy
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるポリシーごとに 1 ずつ残りの接尾部を増分します。次
の例では、1 つの通知ポリシー (IDSOPERS) が定義されます。
IDS.Report_Inform.1 = IDSOPERS
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Report_Inform.4 ステート
メントは無視されます。
IDS.Report_Inform.1
IDS.Report_Inform.2
IDS.Report_Inform.4
inform_policy
事前定義された通知ポリシーを指定します。
使用上の注意:
68
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.Report_Inform
v inform_policy は、サンプル EZLINSMP で事前定義する必要があります。このポ
リシーが定義済みであるかどうかを検証するための検査は行われません。通知ポ
リシーの定義に関する情報については、 431 ページの『第 5 章 通知ポリシー・
メンバー』を参照してください。
関連するステートメント:
IDS.Report_Cmd、IDS.Report_CmdType、IDS.Report_Log、IDS.Report_Log_File
IDS.Report_Log
IDS.Report_Log ステートメントは、タイマー生成の IDS プローブ統計レポートを
IDS.Report_Log_File ステートメントによって定義された DSIPARM データ・セッ
ト・メンバーに記録するかどうかを定義します。このステートメントは、
CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてください。
NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメントし
ます。
IDS.Report_Log ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Report_Log
IDS.Report_Log=
N
Y
項目の意味 :
N
レポートを記録しないことを指示します。これはデフォルトの設定値です。
Y
レポートを DSIPARM データ・セットに記録することを指示します。
関連するステートメント:
IDS.Report_Cmd、IDS.Report_CmdType、IDS.Report_Inform、IDS.Report_Log_File
IDS.Report_Log_File
IDS.Report_Log_File ステートメントは、IDS プローブ統計レポートの書き込み先と
なる DSIPARM データ・セットを定義します。このステートメントは、
CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてください。
NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメントし
ます。
IDS.Report_Log_File ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Report_Log_File
IDS.Report_Log_File=member_name
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
69
IDS.Report_Log_File
member_name
DSIPARM データ・セット・メンバー名を定義します。初期設定値は、FKXREP
です。
関連するステートメント:
IDS.Report_Cmd、IDS.Report_CmdType、IDS.Report_Inform、IDS.Report_Log
IDS.Scan_Cmd
IDS.Scan_Cmd ステートメントは、IDS スキャン検出イベントが発生したときに出
されるコマンドを指定します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの CNMSTIDS
に、これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディングしてくだ
さい。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメ
ントします。
IDS.Scan_Cmd ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Scan_Cmd.suffix=command
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンドごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分します。
次の例では、1 つのコマンドが定義されています。
IDS.Scan_CmdType.1 = UNIX
IDS.Scan_Cmd.1 = /bin/trmdstat -N -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Scan_Cmd.4 ステートメ
ントは無視されます。
IDS.Scan_Cmd.1
IDS.Scan_Cmd.2
IDS.Scan_Cmd.4
command
出されるコマンドを指定します。
使用上の注意:
v IDS.Scan_CmdType ステートメントは、コマンド環境を指定します。
関連するステートメント: IDS.Scan_CmdType
IDS.Scan_CmdType
IDS.Scan_CmdType ステートメントは、IDS スキャン検出イベントが発生したとき
に使用されるコマンド環境を定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの
CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用のシステムに必要な数だけコーデ
ィングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変
更をインプリメントします。
70
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.Scan_CmdType
IDS.Scan_CmdType ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.Scan_CmdType.suffix=
UNIX
MVS
NETV
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンド環境ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。次の例では、1 つのコマンドが定義されています。
IDS.Scan_CmdType.1 = UNIX
IDS.Scan_Cmd.1 = /bin/trmdstat -N -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。例
えば、以下のステートメントを定義する場合、IDS.Scan_CmdType.4 ステー
トメントは無視されます。
IDS.Scan_CmdType.1
IDS.Scan_CmdType.2
IDS.Scan_CmdType.4
MVS
MVS コマンドを出すことを指示します。
NETV
NetView コマンドまたはコマンド・リストを出すことを指示します。
UNIX
PIPE UNIX コマンドを使用して、コマンドを UNIX システム・サービスに対
して出すことを指示します。これはデフォルトの設定値です。
使用上の注意:
v IDS.Scan_Cmd ステートメントは、出されるコマンドを定義します。
関連するステートメント: IDS.Scan_Cmd
IDS.SYSLOG.FILENAME
IDS.SYSLOG.FILENAME ステートメントは、IDS 自動化サービスの listen 先の
UNIX システム・サービス・ファイルを定義します。このステートメントは、
CNMSTYLE %INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてください。
NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメントし
ます。
注: IDS.SYSLOG.FILENAME ステートメントは IDS.SYSLOGMSG=Y の場合にのみ
指定してください。
IDS.SYSLOG.FILENAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
71
IDS.SYSLOG.FILENAME
IDS.SYSLOG.FILENAME
IDS.SYSLOG.FILENAME=filename
項目の意味 :
filename
完全修飾の UNIX システム・サービス・ファイル名を定義します。このファイ
ル名では以下のシェル変数を使用することができます。
表 4. サポートされる変数
シェル変数
定義
置換
%D
日
dd
%M
月
mm
%Y
年
yyyy
使用上の注意:
v UNIX システム・サービス syslog ファイルへの変更 (それをクリアすることもを
含む) は、NetView プログラムと同期させてください。 UNIX システム・サービ
ス syslog は、cron コマンドを使用して更新されます。 syslog ファイル名に対し
て更新を行った後には、NetView プログラムをリサイクルします。
IDS.SYSLOGMSG
IDS.SYSLOGMSG ステートメントは、システム・ログを IDS 自動化サービスのイ
ベントのソースとして定義します。このステートメントは、CNMSTYLE
%INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングしてください。 NetView プロ
グラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメントします。
IDS.SYSLOGMSG ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.SYSLOGMSG
IDS.SYSLOGMSG=
Y
N
項目の意味 :
Y
システム・ログをイベントのソースとして選択します。
N
システム・ログをイベントのソースとして使用しないことを指定します。これは
デフォルトの設定値です。
使用上の注意:
v IDS 自動化サービスをアクティブにするためには、IDS.CONSOLEMSG または
IDS.SYSLOGMSG のいずれかを Y に設定する必要があります。
v パフォーマンス上の理由により、IDS.CONSOLEMSG と IDS.SYSLOGMSG の両
方を Y に設定しないでください。
72
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.SYSLOGMSG
注: IDS.CONSOLEMSG=Y と IDS.SYSLOGMSG=Y の両方を指定すると、システ
ム・コンソール・メッセージも、システム・ログ・メッセージも使用されま
せん。
関連するステートメント: IDS.CONSOLEMSG
IDS.TCP_Cmd
IDS.TCP_Cmd ステートメントは、IDS TCP トラフィック規制イベントが発生した
ときに出されるコマンドを指定します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの
CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディン
グしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更を
インプリメントします。
IDS.TCP_Cmd ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.TCP_Cmd.suffix=command
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンドごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分します。
次の例では、1 つのコマンドが定義されています。
IDS.TCP_CmdType.1 = UNIX
IDS.TCP_Cmd.1 = /bin/trmdstat -T -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。
command
出されるコマンドを指定します。
使用上の注意:
v IDS.TCP_CmdType ステートメントは、コマンド環境を指定します。
関連するステートメント: IDS.TCP_CmdType
IDS.TCP_CmdType
IDS.TCP_CmdType ステートメントは、IDS TCP トラフィック規制イベントが発生
したときに使用されるコマンド環境を定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メン
バーの CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用のシステムに必要な数だ
けコーディングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動
して、変更をインプリメントします。
IDS.TCP_CmdType ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.TCP_CmdType.suffix=
UNIX
MVS
NETV
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
73
IDS.TCP_CmdType
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンド環境ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。次の例では、1 つのコマンド環境 (UNIX) が定義されます。
IDS.TCP_CmdType.1 = UNIX
IDS.TCP_Cmd.1 = /bin/trmdstat -T -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。
MVS
MVS コマンドを出すことを指示します。
NETV
NetView コマンドまたはコマンド・リストを出すことを指示します。
UNIX
PIPE UNIX コマンドを使用して、コマンドを UNIX システム・サービスに対
して出すことを指示します。これはデフォルトの設定値です。
使用上の注意:
v IDS.TCP_Cmd ステートメントは、出されるコマンドを定義します。
関連するステートメント: IDS.TCP_Cmd
IDS.UDP_Cmd
IDS.UDP_Cmd ステートメントは、IDS UDP トラフィック規制イベントが発生した
ときに出されるコマンドを指定します。 CNMSTYLE %INCLUDE メンバーの
CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用の環境に必要な数だけコーディン
グしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更を
インプリメントします。
IDS.UDP_Cmd ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.UDP_Cmd.suffix=command
項目の意味
suffix
数値接尾部。定義されるコマンドごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分します。
次の例では、1 つのコマンドが定義されています。
IDS.UDP_CmdType.1 = UNIX
IDS.UDP_Cmd.1 = /bin/trmdstat -U -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。
command
出されるコマンドを指定します。
使用上の注意:
74
アドミニストレーション・リファレンス
IDS.UDP_Cmd
v IDS.UDP_CmdType ステートメントは、コマンド環境を指定します。
関連するステートメント: IDS.UDP_CmdType
IDS.UDP_CmdType
IDS.UDP_CmdType ステートメントは、IDS UDP トラフィック規制イベントが発生
したときに使用されるコマンド環境を定義します。 CNMSTYLE %INCLUDE メン
バーの CNMSTIDS に、これらのステートメントをご使用のシステムに必要な数だ
けコーディングしてください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動
して、変更をインプリメントします。
IDS.UDP_CmdType ステートメントの構文は、次のとおりです。
IDS.UDP_CmdType.suffix=
UNIX
MVS
NETV
項目の意味
suffix
数値接尾部。使用されるコマンド環境ごとに、残りの接尾部を 1 ずつ増分しま
す。次の例では、1 つのコマンド環境 (UNIX) が定義されます。
IDS.UDP_CmdType.1 = UNIX
IDS.UDP_Cmd.1 = /bin/trmdstat -U -D IDS.SYSLOG.FILENAME
注: 接尾部番号にギャップを入れないようにしてください。ギャップがあると、
大きい方のシーケンス番号を持つステートメントが無視されるからです。
MVS
MVS コマンドを出すことを指示します。
NETV
NetView コマンドまたはコマンド・リストを出すことを指示します。
UNIX
PIPE UNIX コマンドを使用して、コマンドを UNIX システム・サービスに対
して出すことを指示します。これはデフォルトの設定値です。
使用上の注意:
v IDS.UPD_Cmd ステートメントは、出されるコマンドを定義します。
関連するステートメント: IDS.UPD_Cmd
INIT
INIT ステートメントは、NetView プログラムの初期設定時に NetView 機能を開始
します。
INIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
75
INIT
INIT
INIT.function =
NO
YES
項目の意味 :
function
開始する機能を指定します。
機能
説明
|
|
EMAAUTO
NetView for z/OS Enterprise Management Agent および Tivoli
Enterprise Monitoring Server 開始プロシージャー
|
|
NACMD
NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent コマンド受信側
自動タスクおよび NACMD コマンド
NRM
NetView Resource Manager
STM
Sysplex IP Stack Manager
TIMER
タイマー
TCPCONN
TCP/IP 接続管理
PKTS
IP パケット・トレース管理
NO
指定した機能を開始しないことを示します。
YES
指定した機能を開始することを示します。
使用上の注意:
v INITNRM コマンドを出すことによって、NetViewResource Manager を後で開始す
ることができます。
v INITSTM コマンドを出すことによって、NetView Sysplex IP Stack Manager を後
で開始することができます。
v RESTORE TIMER コマンドを出すことによって、タイマー・コマンド・データを
後で復元することができます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS
コマンド解説書 第 I 巻」または NetView オンライン・ヘルプを参照してくださ
い。
v TCPCONN START コマンドを出すことによって、TCP/IP 接続管理を後で開始す
ることができます。
v PKTS START コマンドを出すことによって、IP パケット・トレース管理を後で
開始することができます。
v NACMD コマンドを出すことによって、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent を後で開始することができます。
|
|
v NetView Sysplex IP Stack Manager では、GRAPHICS タワーが使用可能になって
いることが必要です。したがって、INIT.STM=YES を指定する場合は、ご使用の
TOWER ステートメントにも GRAPHICS を指定する必要があります。 (タワー
の使用可能化に関する詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インスト
ール: 概説」を参照してください。)
76
アドミニストレーション・リファレンス
INIT
v INIT.EMAAUTO ステートメントを使用するには、TEMA タワーを使用可能にし
ておく必要があります。
|
|
inStore
inStore ステートメントは、ストレージ内のメンバーを追加します。メンバーは、使
用しているディスク・サービスではなく、ストレージから読み取られます。
inStore ステートメントの構文は、次のとおりです。
inStore
inStore.data_set_name = member_name
項目の意味 :
data_set_name
データ・セット名を指定します。
member_name
メンバー名を指定します。
*NONE* を指定して、指定した DD 名について、メンバーがキャッシュに入れ
られないようにすることができます。
使用上の注意:
v inStore ステートメントは、任意のタスクが開始される前に有効になります。
v また、PIPE INSTORE を使用して、ストレージ内のメンバーを追加することもで
きます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS プログラミング: パイ
プ」または NetView オンライン・ヘルプを参照してください。
IPLOG
IPLOG ステートメントは、syslog サーバーの TCP/IP 定義を定義します (タスク
DSIIPLOG、メンバー DSIILGCF)。
IPLOG ステートメントの構文は、次のとおりです。
IPLOG
IPLOG.
TCPANAME = name
PORT = port
SOCKETS = number
項目の意味 :
TCPANAME = name
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
77
IPLOG
PORT = port
DSIIPLOG が接続要求を待機するポート番号を定義します。デフォルトは、514
です。
SOCKETS = number
同時ユーザーの最大数を指定します。デフォルトは 100 です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE IPLOG
コマンドを入力します。
|
IPv6Env
|
|
IPv6Env ステートメントは、現行 NetView ドメインでの IPv6 ネットワーキング設
定を定義します。
|
IPv6Env ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
IPv6Env
|
MIXED
IPv6Env=
ONLY
NONE
|
|
項目の意味
|
|
|
|
|
|
|
MIXED
NetView は、IPv4 と IPv6 の両方のネットワーキングをサポートします。選択
できる場合は、NetView プログラムは一般的に IPv6 アドレッシングを使用しま
す。IP アドレスを明示的に指定すると、NetView はそれに合った IP トランス
ポートを使用します。
v IPv4 アドレス用 IPv4 (INET)
v IPv6 アドレス用 IPv6 (INET6)
|
|
|
IPv4 と IPv6 の両方のアドレスを同時に処理することができます (例えば、IPv4
データグラムと IPv6 データグラムの両方で AFINET6 ソケットを listen し、
そのいずれかが SNMP トラップを表すようにすることができます)。
|
|
|
ONLY
通常、NetView プログラムは、IPv4 アドレスが明示的に指定されている場合に
も IPv6 の表記およびトランスポートを使用します。
|
IPv6ENV が ONLY に設定されている場合、IPv4 ホスト名は使用できません。
|
|
|
NONE
NetView プログラムは、有効な IPv6 アドレスが指定されている場合にも、IPv4
トランスポートのみを使用します。
重要: IPv4 互換 IPv6 アドレスは、IPv4 の有効なアドレスとして認識され、そ
のように処理される場合があります。
|
|
78
アドミニストレーション・リファレンス
iverbose
|
|
iverbose
|
|
|
|
iverbose ステートメントを使用して、CNMSTYLE NetView 初期設定メッセージお
よびコマンド・エコーを、システム・コンソールおよびシステム・ログで抑止する
かどうかを指定します。その場合でもこれらのメッセージは、NetView ログに送信
されます。
|
iverbose ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
iverbose
|
iverbose=
A
W
|
|
項目の意味 :
|
|
A
|
|
|
W CNMSTYLE 処理に関連付けられている多くの NetView 初期設定メッセージを
抑止することを設定します。コマンドは、NetView コンソールにエコー出力さ
れます。
|
使用上の注意:
|
v DSI112I メッセージは、基本 NetView 初期設定の終わりを示します。
抑止しないことを指定します。iverbose ステートメントが CNMSTYLE メンバ
ーでコーディングされていない場合は、これがデフォルト値になります。
JesJobLog
JesJobLog ステートメントを使用して、JES ジョブ・ログを割り振ります。
JesJobLog ステートメントの構文は、次のとおりです。
JesJobLog
JesJobLog=
YES
NO
項目の意味 :
YES
JES ジョブ・ログを割り振ることを指定します。これがデフォルトです。
NO
JES ジョブ・ログを割り振らないことを指定します。
LOADEXIT
LOADEXIT ステートメントを使用して、ロードしたいインストール・システム出口
を指定します。 NetView プログラムは、指定された出口のロードのみを試みます。
ロードされるインストール・システム出口ごとに、CNMSTYLE またはその組み込
みメンバーに LOADEXIT ステートメントを 1 つコーディングしてください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
79
LOADEXIT
LOADEXIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
LOADEXIT
LOADEXIT.exit_name=
YES
NO
項目の意味 :
exit_name
次のインストール・システム出口のいずれか 1 つを指示します。
v DSIEX01
v DSIEX02A
v DSIEX03
v DSIEX04
v DSIEX05
v DSIEX06
v DSIEX07
v DSIEX09
v DSIEX10
v DSIEX11
v DSIEX12
v DSIEX13
v DSIEX14
v DSIEX16
v DSIEX16B
v DSIEX17
v DSIEX18
v DSIEX19
v DSIEX20
v DSIEX21
YES
出口をロードすることを指定します。
NO
出口をロードしないことを指定します。これがデフォルトです。
使用上の注意:
v DSIEX15 は廃止された出口ルーチンですが、それぞれの環境で使用される場合は
サポートされます。
v インストール・システム出口については、「IBM Tivoli NetView for
z/OS Programming: Assembler」を参照してください。
80
アドミニストレーション・リファレンス
LOADEXIT
LOGONPW
LOGONPW ステートメントを使用して、オペレーターが VTAM へのログオン指定
の一部としてパスワードを指定している場合に NetView ログオン画面をバイパスで
きるかどうかを指定します。
LOGONPW ステートメントの構文は、次のとおりです。
LOGONPW=
NO
YES
項目の意味 :
NO
オペレーターは NetView ログオン画面をバイパスできないことを指定しま
す。
YES
オペレーターは NetView ログオン画面をバイパスできることを指定しま
す。
LUC
LUC ステートメントは、CNM データ転送タスク domidLUC の LUC 初期設定パラ
メーターを定義します。これらのパラメーターは、メンバー DSILUCTD で使用さ
れます。
CNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
LUC
LUC.
CNMTARG.suffix= luname
YES
NO
CTL=
GLOBAL
SPECIFIC
MAXSESS=number
PERSIST= NO
YES
項目の意味 :
LUC.CNMTARG.suffix = luname [YES | NO]
LUC.CNMTARG ステートメントは、CNM データ転送タスクで許可される LU
名を定義します。
suffix
suffix は 1 から 8 文字から成り、固有でなければなりません (この例
では A、B、C)。
LUC.CNMTARG.A
LUC.CNMTARG.B
LUC.CNMTARG.C
luname リモート CNM データ転送タスクの、4 から 8 文字のアプリケーショ
ン (APPL) 名を指示します。 CNM データ転送タスクは、xxxxxLUC と
名付けられます (ここで、xxxxx は、CNM データ転送タスクが稼働中の
NetView プログラムの ID です)。複数の LUC.CNMTARG ステートメ
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
81
LUC
ントをもつことができます。他の NetView プログラムからのセッショ
ン・データを表示するには、その NetView プログラムから許可されて
いなければなりません。
YES
セッションが持続的であり、この NetView プログラムとリモートの
NetView プログラム間の会話で経過した時間に関係なく、アクティブ状
態を持続することを示します。持続セッション とは、この NetView プ
ログラムとリモート NetView プログラムとの会話時間に関係なく、ア
クティブのままであるセッションのことです。非持続セッション と
は、DSICTMOD の非持続セッション・タイムアウト間隔で指定された
値より長く非アクティブであると終了するセッションのことです。
NO
セッションが非持続的であり、この NetView プログラムとリモートの
NetView プログラム間の会話で経過した時間が、非持続セッション・タ
イムアウト定数の値に到達した場合に終了することを示します。詳細に
ついては、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コンポー
ネントの構成」を参照してください。
LUC.CTL = [GLOBAL | SPECIFIC]
LUC.CTL ステートメントは、CNM データ転送セッションに対する許可要件を
定義します。
GLOBAL
NetView プログラムが新規の NNT クロスドメイン・セッション・モニ
ター・セッションを確立するときに、権限検査が行われないことを指示
します。システムは、どのセッション開始要求も受け入れます。これ
は、CNMSTYLE の初期設定値です。
SPECIFIC
特定の LU についてのみセッションが開始され、受け入れられることを
指示します。特定の LU とは、LUC.CNMTARG ステートメントで定義
した LU のことです。
LUC.MAXSESS = number
LUC.MAXSESS ステートメントは、LUC タスクが確立できる並列セッションの
数を指定します。
number
確立できる並列セッションの数を示します。最大数は 65535 です。デ
フォルトは、20 です。
LUC.PERSIST = [YES | NO]
LUC.PERSIST ステートメントは、デフォルトの PERSIST 設定値を指定しま
す。
LUC.PERSIST を使用して、この NetView プログラムとリモートの NetView プ
ログラムとの間のセッションが永続かどうかを指定します。タイムアウト間隔の
デフォルト値は、ゼロです。タイムアウト間隔の値の変更方法については、
「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コンポーネントの構成」を参
照してください。
YES
82
LUC セッションが永続であることを指定します。これがデフォルトで
す。
アドミニストレーション・リファレンス
LUC
NO
LUC セッションは永続ではなく、DSICTMOD で指定した秒数の後、ア
ンバインドすることを指定します。
使用上の注意:
v LUC.CTL ステートメントで GLOBAL を指定すると、NetView プログラムは
LU.CNMTARG ステートメントで指定されている特定の LU 名を無視します。
LUC.CTL ステートメントで SPECIFIC を指定する場合は、この NetView プログ
ラムと通信するリモートの NetView プログラムごとに、CNMTARG ステートメ
ントが必要です。 LU 名は、その LU とのセッションを開始するためにのみ定義
します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE LUC コマンド
を入力します。
関連するステートメント: CDRMDEF、DOMAINS、LU、TASK
MCON
MCON ステートメントは、3270 管理コンソールの TCP/IP 定義を定義します (タ
スク DSITCPIP、メンバー DSITCPCF)。
MCON ステートメントの構文は、次のとおりです。
MCON
MCON.
TCPANAME = name
PORT = port
SOCKETS = number
項目の意味 :
TCPANAME = name
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。
PORT = port
接続要求を待機するポート番号を定義します。デフォルトは、9999 です。これ
は、クライアントに対しても定義されます。
SOCKETS = number
同時ユーザーの最大数を 50 から 1000 の範囲で指定します。デフォルトは 50
です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE MCON
コマンドを入力します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
83
memStore
memStore
memStore ステートメントは、ストレージの使用率が最も高い NetView PDS メンバ
ーをロードするアルゴリズムを管理して、 NetView プログラムから PDS メンバー
にアクセスしたときに発生する追加のディスク I/O およびプロセッサーの使用を回
避します。
memStore ステートメントの構文は、次のとおりです。
memStore
memStore.
stgLimit = storg
minHits = usage_hits
frequency = minutes
never =
ddname
.
membername
項目の意味 :
stgLimit=storg
16 M を超える領域サイズの比率 (パーセント) を指定します。これは、
memStore で管理されるストレージ内のメンバーに割り振られるストレージの量
です。 storg は正の値でなければなりません。デフォルトは 5% です。
minHits=usage_hits
メンバーに対する最小使用ヒット数を指定します。ヒット数がこれより少ないメ
ンバーは、ストレージにロードされません。
frequency=minutes
memStore が使用をテストする時間間隔を分単位で指定します。
never=ddname.membername
memStore がキャッシュに入れない ddname、および関連した membername を指
定します。 ddname を指定しない (またはアスタリスクを使用する) と、アクシ
ョンの対象は、NetView プログラムに対し定義されているすべての DD デー
タ・セット内のそのメンバー名となります。 ddname と member name との区
切りにはピリオドを使用します。
使用上の注意:
v memStore 機能を使用不可にするには、memStore.stgLimit = 0% を指定します。
v メンバーを制御またはリフレッシュするには、MEMSTOUT コマンドを使用しま
す。
v 詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」で、
CNMSTYLE の memStore ステートメント、および MEMSTORE コマンドを参照
してください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE MEMSTORE コ
マンドを入力します。
84
アドミニストレーション・リファレンス
MSG.TECROUTE
MSG.TECROUTE
MSG.TECROUTE ステートメントは、イベント自動化サービス (E/AS) に関連付け
られる PPI 受信側の名前を指定します。このステートメントは、CNMSTYLE
%INCLUDE メンバー CNMSTIDS 内にコーディングされます。
MSG.TECROUTE ステートメントの構文は、次のとおりです。
MSG.TECROUTE=name
項目の意味 :
name
PPI 受信側の名前。デフォルト値は、IHSATEC です。
MVSPARM.DEFAUTH
MVSPARM.DEFAUTH ステートメントは、NetView プログラムが獲得する EMCS
コンソールのデフォルト権限を指定します。
MVSPARM.DEFAUTH ステートメントの構文は、次のとおりです。
MVSPARM.DEFAUTH
MVSPARM.DEFAUTH=
MASTER
ALL
CONS
CONS&I/O
CONS&SYS
INFO
I/O
I/O&SYS
SYS
項目の意味 :
MASTER
EMCS コンソールは、使用可能なすべての MVS コマンドを入力できます。こ
れが、CNMSTYLE のデフォルトです。
ALL
EMCS コンソールは、以下のコマンドのグループを入力することができます。
v 通知
v システム制御
v I/O 制御
v コンソール制御
CONS
EMCS コンソールは、通知およびコンソール制御のコマンドのグループを入力
することができます。
CONS&I/O
EMCS コンソールは、以下のコマンドのグループを入力することができます。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
85
MVSPARM.DEFAUTH
v 通知
v I/O 制御
v コンソール制御
スペースを入れずに CONS&I/O を入力してください。
CONS&SYS
EMCS コンソールは、以下のコマンドのグループを入力することができます。
v 通知
v システム制御
v コンソール制御
スペースを入れずに CONS&SYS を入力してください。
INFO
EMCS コンソールは、通知コマンド・グループのコマンドを入力することがで
きます。 DEFAUTH の値を INFO に変更して GETCONID コマンドのコマン
ド権限検査を行って、オペレーターを選択してより高い権限値をもつことができ
るようにすることをお勧めします。
I/O
EMCS コンソールは、通知および入出力 (I/O) 制御コマンドのグループを入力
することができます。 I/O は、スペースを入れずに入力してください。
I/O&SYS
EMCS コンソールは、以下のコマンドのグループを入力することができます。
v 通知
v システム制御
v I/O 制御
スペースを入れずに I/O&SYS を入力してください。
SYS
EMCS コンソールは、通知およびシステム制御のコマンドのグループを入力す
ることができます。
使用上の注意:
v GETCONID コマンドの AUTH パラメーターは、MVSPARM.DEFAUTH 値をオ
ーバーライドします。
v リソース・アクセス管理機能 (RACF) または同等のセキュリティー・アクセス機
能製品 (SAF) の OPERPARM セグメントを使用して指定した AUTH パラメータ
ーは、MVSPARM.DEFAUTH 値と GETCONID AUTH の値をオーバーライドし
ます。
v 各コマンドの RACF (または同等の SAF 製品) 保護機能は、EMCS コンソール
の権限レベルをオーバーライドします。
MVSPARM.MIGRATE
注: z/OS V1R8 から、このステートメントはサポートされなくなりました。
|
86
アドミニストレーション・リファレンス
MVSPARM.MIGRATE
MVSPARM.MIGRATE ステートメントは、NetView プログラムが獲得した EMCS
コンソールがマイグレーション ID を要求するかどうかを指定します。
MVSPARM.MIGRATE ステートメントの構文は、次のとおりです。
MVSPARM.MIGRATE
MVSPARM.MIGRATE=
NO
YES
項目の意味 :
NO
拡張コンソールが、マイグレーション ID を要求しないことを指定します。 NO
がデフォルト値です。
YES
EMCS コンソールが、マイグレーション ID を要求することを指定します。
使用上の注意:
v コンソールの獲得に GETCONID コマンドを使用しないオペレーター、または
GETCONID コマンドで MIGRATE キーワードを指定しないオペレーターには、
MVSPARM.MIGRATE=YES ステートメントを使用します。
v MVSPARM.MIGRATE の設定値は、GETCONID コマンドまたはセキュリティ
ー・ソフトウェアでオーバーライドすることができます。
MVSPARM.MSGIFAC
MVSPARM.MSGIFAC ステートメントは、NetView プログラムが MVS サブシステ
ム・インターフェースおよび拡張複数コンソール・サポート (EMCS) を使用する方
法を指定します。
MVSPARM.MSGIFAC ステートメントの構文は、次のとおりです。
MVSPARM.MSGIFAC
(1)
SSIEXT
(1)
MVSPARM.MSGIFAC=
SYSTEM
CMDONLY
(2)
QSSIAT
(2)
QUESSI
(2)
USESSI
注:
1
Resource Discovery の使用を計画している場合は、SSIEXT または SYSTEM
のどちらかを使用してください。詳細については、 160 ページの
『RTNDEF.BASE.AGENT』を参照してください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
87
MVSPARM.MSGIFAC
|
|
2
z/OS V1R8 から、QSSIAT、QUESSI、および USESSI の値はサポートされな
くなりました。
項目の意味 :
SSIEXT
オペレーターまたは自動タスクにより、MVS コマンドまたは GETCONID コマ
ンドが入力されると、EMCS コンソールが取得されます。サブシステム・ルー
ター・タスク (CNMCSSIR) は、主として、サブシステム・インターフェース
(SSI) を使って送信請求されていない MVS メッセージ・トラフィックを収集し
ます。 NetView または CNMCSSIR タスクがアクティブでないときは、メッセ
ージはキューに入れられます。送信請求 (コマンド応答) メッセージは、EMCS
を用いて処理されます。このため、コマンドおよび応答トークン (CART) をサ
ポートするすべての MVS コマンドに対して、NetView PIPE コマンドを使用す
ることができます。 SSIEXT を指定してご使用の SSI を手動で開始させる場合
は、MSGIFAC=SSIEXT も NetView サブシステム・インターフェース開始プロ
シージャーで指定する必要があります。
SYSPLEX IP スタック管理には、Resource Discovery を使用します。 Resource
Discovery を使用可能にした場合、ご使用の Resource Discovery Nucleus も、サ
ブシステム・ルーター・タスクで EMCS コンソール上の非送信請求メッセージ
を受信します。 Resource Discovery の詳細については、 160 ページの
『RTNDEF.BASE.AGENT』を参照してください。
SSIEXT がデフォルト値です。
SYSTEM
NetView プログラムは、送信請求メッセージおよび非送信請求メッセージの両
方に対して EMCS コンソールを使用します。 EMCS コンソールを使用する
と、改訂アクションにより NETVONLY が指定されている場合、MVS メッセ
ージは、NetView プログラムが使用している EMCS コンソールに配布され、メ
ッセージはサブシステム・インターフェースを介してのみ配布されます。サブシ
ステム・インターフェースは、MVS から NetView 自動タスクに送信されるコ
マンドにも使用できます。
ユーザーのスタイル定義の SSINAME ステートメント (CNMCSSIR) で指定さ
れたタスクは、EMCS コンソールを取得します。この EMCS コンソールはユー
ザーの改訂テーブルあるいは MPF で自動化のために指定されたすべてのメッセ
ージを受信します。
サブシステム・インターフェースを手動で開始するよう選択した場合、開始プロ
シージャーで MSGIFAC=SYSTEM も指定してください。 179 ページの『SSI』
の ProcString の説明を参照してください。
CMDONLY
MVS コンソールからのコマンドの受信には、CNMCSSIR というロード・モジ
ュール名のタスクのみ使用することを指定します。 CNMCSSIR という名前の
ロード・モジュールを持つタスクは、メッセージの受信および経路指定は行いま
せん。 EMCS コンソールで MVS 経路コードを使用して、メッセージをオペレ
ーターおよび自動タスクに直接経路指定している場合に、このオプションを使用
します。 CMDONLY を指定する場合は、開始プロシージャーで
MSGIFAC=CMDONLY も指定する必要があります。
88
アドミニストレーション・リファレンス
MVSPARM.MSGIFAC
QSSIAT
QUESSI 値と同じ機能を提供します。さらに、このオプションでは、メッセージ
は、NetView が非アクティブである間に、NetView サブシステムのアドレス・
スペースにキューイングされます。 NetView が非アクティブである間にメッセ
ージがキューイングされると、MPF 自動トークンの 8 の位置は、@ でオーバ
ーレイされ、古いメッセージである可能性があることが指示されます。 QSSIAT
を指定する場合は、開始プロシージャーで MSGIFAC=QSSIAT も指定する必要
があります。
注: z/OS V1R8 から、QSSIAT 値はサポートされなくなりました。
|
QUESSI
USESSI 値と同じ機能を提供します。さらに、このオプションを使用すると、メ
ッセージは、サブシステムのアドレス・スペースの初期設定が終了し次第、
NetView サブシステムのアドレス・スペースにキューイングされます。このオ
プションを使用すると、サブシステム・インターフェースのルーター・タスク
(CNMCSSIR という名前のロード・モジュールを持つタスク) は、メッセージが
NetView サブシステムのアドレス・スペースにキューイングされるためにアク
ティブである必要はありません。ルーター・タスクの初期設定が終了すると、キ
ューに入れられたメッセージの処理が開始されます。 QUESSI を指定する場合
は、開始プロシージャーで MSGIFAC=QUESSI も指定する必要があります。
注: z/OS V1R8 から、QUESSI 値はサポートされなくなりました。
|
USESSI
サブシステム・インターフェースの使用を指定します。 CNMCSSIR という名
前のロード・モジュールを持つタスクは、サブシステム・インターフェースを使
用して送信請求および非送信請求の MVS メッセージを経路指定し、MVS コン
ソールから入力されたコマンドを NetView プログラムに経路指定します。
NetView オペレーターは、サブシステムに割り振ることができる、CONSOLxx
メンバーで定義されたコンソールを、 NetView からシステム・コマンドを出す
場合に使用します。 USESSI を指定する場合は、開始プロシージャーで
MSGIFAC=USESSI も指定する必要があります。
注: z/OS V1R8 から、USESSI 値はサポートされなくなりました。
|
|
NACMD.AGENT
|
|
|
NACMD.AGENT ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent または NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent のいずれかのエージ
ェントのタイプを定義します。
|
NACMD.AGENT ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
NACMD
|
NACMD.AGENT =
LOCAL
REMOTE
|
|
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
89
NACMD.AGENT
|
|
|
LOCAL
NetView for z/OS Enterprise Management Agent を指定します。これがデフォル
ト値です。
|
|
REMOTE
NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent を指定します。
|
使用上の注意:
|
|
|
|
1. NetView for z/OS Enterprise Management Agent または NetView for z/OS Tivoli
Enterprise Portal Agent への接続を自動的に開始するように設定することをお勧
めします。両方のバージョンのエージェントを使用している場合は、2 番目の接
続は手動で開始するようにしてください。
|
2. AGENT の値は、次のように割り当てられます。
|
a. NACMD コマンドで指定された AGENT の値
|
b. CNMSTYLE.NACMD.AGENT 変数の値
|
c. LOCAL のデフォルト値
|
NACMD.DESTPPI
|
|
|
NACMD.DESTPPI ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent で使用される、プログラム間インターフェース (PPI) 受信側の名前を指定し
ます。
|
NACMD.DESTPPI ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
NACMD.DESTPPI
|
|
NACMD.DESTPPI
|
項目の意味 :
|
|
ppi_name
PPI 受信側の名前を指定します。デフォルト値は、CNMEMARX です。
=
ppi_name
PPI 受信側の名前の許容値については、「IBM Tivoli NetView for z/OS アプリケ
ーション・プログラマーズ・ガイド」の RECEIVER-ID のセクションを参照し
てください。加えて、PPI 受信側の名前は、NetView for z/OS Enterprise
Management Agent の構成時に指定した値と合致している必要があります。詳細
については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: Tivoli NetView for
z/OS Enterprise Agent の構成」を参照してください。
|
|
|
|
|
|
使用上の注意: NACMD.DESTPPI の値は、次のように割り当てられます。
|
|
1. NACMD コマンドで指定された DESTPPI の値
|
2. CNMSTYLE.NACMD.DESTPPI 変数の値
|
3. CNMEMARX のデフォルト値。
90
アドミニストレーション・リファレンス
NACMD.HOSTDEST
|
NACMD.HOSTDEST
NACMD.HOSTDEST ステートメントは、NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal
Agent がインストールされているシステムの IP アドレスまたはホスト名を指定し
ます。
|
|
|
NACMD.HOSTDEST ステートメントの構文は、次のとおりです。
NACMD
NACMD.HOSTDEST =
IP_address
host_name
項目の意味 :
|
|
IP_address
NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent がインストールされているシス
テムの IP アドレスを指定します。
|
|
host_name
NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent がインストールされているシス
テムのホスト名を指定します。
|
NACMD.INTxxx
|
|
|
NACMD.INTxxx ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management Agent
が使用するデータを収集して保管するデータ収集プログラムの時間間隔を定義しま
す。
|
NACMD.INTxxx ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
NACMD.INTxxx
|
|
NACMD.INTxxx=seconds
|
項目の意味 :
|
|
|
INTxxx
データ収集プログラムに対応するサブタワーを指定します。次の値を使用できま
す。
|
|
|
INTCONNACT
TCPIP 接続データ。時間間隔は、60 から 43200 秒の範囲内で指定でき
ます。デフォルト値は 900 秒です。
|
|
|
INTCONINACT
非アクティブな TCPIP 接続データ。時間間隔は、60 から 43200 秒の
範囲内で指定できます。デフォルト値は 3600 秒です。
|
|
|
INTDVCONN
DVIPA 接続。時間間隔は、60 から 43200 秒の範囲内で指定できま
す。デフォルト値は 3600 秒です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
91
NACMD.INTxxx
|
|
|
INTDVDEF
DVIPA 定義および状況。時間間隔は、60 から 43200 秒の範囲内で指
定できます。デフォルト値は 3600 秒です。
|
|
|
|
INTDVTAD
DVIPA ディストリビューター・ターゲットおよび DVIPA シスプレッ
クス・ディストリビューター。時間間隔は、60 から 43200 秒の範囲内
で指定できます。デフォルト値は 3600 秒です。
|
|
|
INTHEALTH
NetView ヘルス。時間間隔は、30 から 43200 秒の範囲内で指定できま
す。デフォルト値は 30 秒です。
|
|
|
INTSESSACT
セッション・データ。時間間隔は、60 から 43200 秒の範囲内で指定で
きます。デフォルト値は 900 秒です。
|
|
|
|
seconds
秒数。ワークスペース・データ収集プログラムを使用すると、デフォルト値がリ
ストされます。
NACMD.LCLPPIRV
|
|
NACMD.LCLPPIRV ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent で使用されるローカル PPI 送信側の名前を指定します。
|
NACMD.LCLPPIRV ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
NACMD.LCLPPIRV
|
|
NACMD.LCLPPIRV
|
項目の意味 :
|
|
localPPI_sender_name
ローカル PPI 送信側の名前を指定します。
=
localPPI_sender_name
PPI 送信側の名前の許容値については、「IBM Tivoli NetView for z/OS アプリケ
ーション・プログラマーズ・ガイド」の SENDER-ID のセクションを参照して
ください。加えて、PPI 送信側の名前は、NetView for z/OS Enterprise
Management Agent の構成時に指定した値と合致している必要があります。詳細
については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: Tivoli NetView for
z/OS Enterprise Agent の構成」を参照してください。
|
|
|
|
|
|
|
使用上の注意: ローカル PPI 送信側の値は、次のように割り当てられます。
|
1. NACMD と一緒に指定される LCLPPIRV 値
|
2. CNMSTYLE 内の NACMD.LCLPPIRV 変数
|
3. NetViewドメインのデフォルト値
92
アドミニストレーション・リファレンス
NACMD.OPID
NACMD.OPID
|
|
NACMD.OPID ステートメントは、NetView オペレーター ID にマップしたい
Tivoli Enterprise Portal (TEP) ログオン ID を指定します。
NACMD.OPID ステートメントの構文は、次のとおりです。
NACMD.OPID
NACMD.OPID.TEPLogonid = netview_operator_id
項目の意味 :
TEPLogonid
Tivoli Enterprise Portal ログオン ID を指定します。
netview_operator_id
NetView のオペレーター ID を指定します。
使用上の注意:
|
|
|
v TEP ユーザー ID は、8 文字を超えてもかまいません。これらの ID は、
NetView プログラムに送信して、NetView オペレーター ID にマップすることが
できます。
|
|
|
次のハブ Tivoli Enterprise Monitoring Server または NetView for z/OS Enterprise
Management Agent のセキュリティー機能を使用している場合に、TEP ユーザー
ID は NetViewプログラムに送信されます。
|
– ハブ Tivoli Enterprise Monitoring Server によるパスワード認証
|
– アクション実行コマンドのコマンド権限
|
|
|
|
上記のセキュリティー機能の追加情報については、「IBM Tivoli NetView for
z/OS インストール: Tivoli NetView for z/OS Enterprise Agent の構成」または
「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参照してくだ
さい。
v netview_operator_id は、NetView オペレーター ID の定義ルールに従う必要があ
ります。NetView オペレーター ID については、「IBM Tivoli NetView for z/OS
セキュリティー・リファレンス」を参照してください。
v TEPLogonid に共通グローバル変数名によってサポートされていない文字が含まれ
ている場合、マッピングは失敗します。
|
NACMD.PERSIST
|
|
|
デバッグのために、NACMD.PERSIST ステートメントは、NACMD 処理の終了時に
NetView for z/OS Enterprise Management Agent と関連付けられたデータ・スペース
を保存するために使用されます。
|
NACMD.PERSIST ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
93
NACMD.PERSIST
|
NACMD.PERSIST
|
|
NACMD.PERSIST
|
項目の意味 :
|
|
|
|
hours
NACMD コマンドの終了後にデータ・スペースをアクティブにしたままにする
時間量を時間単位で指定します。0 の値を指定すると、データ・スペースは削除
されます。デフォルト値は、0 です。
|
使用上の注意: PERSIST の値は、次のように割り当てられます。
|
1. NACMD コマンドで指定された PERSIST の値
|
2. CNMSTYLE.NACMD.PERSIST 変数の値
|
3. デフォルト値は 0 で、NACMD が終了すると、データ・スペースは削除される
=
hours
NACMD.PORT
NACMD.PORT ステートメントは、NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent
が listen するポート番号を指定します。
|
|
NACMD.PORT ステートメントの構文は、次のとおりです。
NACMD.PORT
NACMD.PORT = port_number
項目の意味 :
port_number
ポート番号を指定します。デフォルトは 17510 です。
使用上の注意: ポート番号を変更する場合は、構成ファイルに KUMP_DP_PORT 環
境変数も追加してください。構成ファイルは Windowsプラットフォーム上では
KVWENV、UNIX プラットフォーム上では vw.ini です。これらのファイルは、以
下のディレクトリーにあります。
|
v Windows の場合: %candlehome%\ tmaitm6
|
v UNIX の場合: <install_dir>/config
|
NACMD.ROWSxxx
|
|
|
NACMD.ROWSxxx ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent に関連付けられている Tivoli Enterprise Portal ワークスペースで収集するデ
ータの行数を指定します。
|
NACMD.ROWSxxx ステートメントの構文は、次のとおりです。
94
アドミニストレーション・リファレンス
NACMD.ROWSxxx
|
NACMD.ROWSxxx
|
|
NACMD.ROWSxxx=number
|
項目の意味 :
|
|
|
ROWSxxx
それぞれのワークスペースで収集するデータの行数を指定します。次の値を使用
できます。
|
|
|
ROWSALOG
NetView 監査ログ・ワークスペース。デフォルトの行数は、50 000 で
す。最大行数は、200 000 です。
|
|
|
ROWSCONNACT
TCPIP 接続データ・ワークスペース。デフォルトの行数は、200 000 で
す。最大行数は、800 000 です。
|
|
|
ROWSCONINACT
非アクティブな TCPIP 接続データ・ワークスペース。デフォルトの行
数は、20 000 です。最大行数は、80 000 です。
|
|
|
ROWSDVCONN
DVIPA 接続ワークスペース。デフォルトの行数は、10 000 です。最大
行数は、40 000 です。
|
|
|
ROWSDVDEFDS
DVIPA 定義および状況ワークスペース。デフォルトの行数は、10 000
です。最大行数は、40 000 です。
|
|
|
ROWSDVTADSD
DVIPA シスプレックス・ディストリビューター・ワークスペース。デ
フォルトの行数は、10 000 です。最大行数は、40 000 です。
|
|
|
ROWSDVTADDT
DVIPA ディストリビューター・ターゲット・ワークスペース。デフォ
ルトの行数は、10 000 です。最大行数は、40 000 です。
|
|
|
ROWSDVTADWP
ポート・ワークスペース別の DVIPA ワークロード。デフォルトの行数
は、10 000 です。最大行数は、40 000 です。
|
|
|
ROWSHEALTH
NetView 正常性ワークスペース。デフォルトの行数は 500 です。最大
行数は、4 096 です。
|
|
|
ROWSNVCMD
「NetView コマンド応答」ワークスペース。デフォルトの行数は
100 000 です。最大行数は、400 000 です。
|
|
|
ROWSNVLOG
「NetView ログ」ワークスペース。デフォルトの行数は、1 000 です。
最大行数は、4 000 です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
95
NACMD.ROWSxxx
|
|
|
ROWSSESSACT
「セッション・データ」ワークスペース。デフォルトの行数は、200 000
です。最大行数は、800 000 です。
|
|
|
ROWSSTCKCFG
「スタック構成および状況」ワークスペース。デフォルトの行数は 256
です。最大行数は 1024 です。
|
|
|
number
行数。デフォルト値および最大値が、ワークスペース行の名前と一緒にリストさ
れます。
NACMD.SRCNAME
(NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent のみ) NACMD.SRCNAME ステー
トメントは、NetView for z/OS 製品リーフ下の Tivoli Enterprise Portal Navigator ツ
リーに表示される NetView プログラムのシステム・リーフ名を指定します。
|
|
|
NACMD.SRCNAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
NACMD.SRCNAME
NACMD.SRCNAME
=
leaf_name
項目の意味 :
leaf_name
システム・リーフ名を指定します。 leaf_name には、ブランク・スペースまた
はスラッシュ (/)、円記号 (¥)、あるいはコロン (:) の文字を含めることはでき
ません。
|
|
leaf_name の先頭部分は、ご使用の NetView ホストの短縮名または IP アドレ
スでなければなりません。例えば、以下のように指定します。
|
NACMD.SRCNAME=myhost_myuserid
|
|
使用上の注意: NACMD.SRCNAME ステートメントのデフォルト値は、次のように
割り当てられます。
|
|
1. NACMD コマンドで指定された SRCNAME の値 (ヌルでない場
合)
|
2. CNMSTYLE.NACMD.SRCNAME 変数
|
|
|
|
|
|
|
3. デフォルト値は、hostname_NetViewdomain_NetViewOpid です。
hostname は、TCP/IP スタックがあれば、NACMD コマンドが使
用する TCP/IP スタックに定義される名前です。例えば、CNM01
というドメイン名を持つ myhost という名前のホスト・システム
上にインストールされる NetView プログラムの
NACMD.SRCNAME ステートメントのデフォルト値は、次のよう
になります。
|
myhost_CNM01_AUTONA
96
アドミニストレーション・リファレンス
NACMD.TCPNAME
NACMD.TCPNAME
|
|
|
NACMD.TCPNAME ステートメントは、NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal
Agent に接続するために NetView プログラムが使用する TCP/IP スタック名を指定
します。
NACMD.TCPNAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
NACMD.TCPNAME
NACMD.TCPNAME
=
stack_name
項目の意味 :
stack_name
TCP/IP スタック名を指定します。この値は、長さを 1 から 8 文字にすること
ができますが、有効な z/OS ジョブ ID でなければなりません。
使用上の注意: TCPNAME の値は、次のように割り当てられます。
1. NACMD コマンドで指定された TCPNAME の値 (ヌルでない場合)
2. CNMSTYLE.NACMD.TCPNAME 変数
3. システム・シンボリック変数 &CNMTCPN
4. デフォルト値 TCPIP
NACMD.WAITSECS
|
|
|
|
NACMD.WAITSECS ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent または NetView for z/OS Tivoli Enterprise Portal Agent のいずれかを使用し
て Tivoli Enterprise Portal で出されたアクション実行コマンドからの応答を待つ時
間を定義します。
NACMD.WAITSECS ステートメントの構文は、次のとおりです。
NACMD.WAITSECS
NACMD.WAITSECS
=
seconds
項目の意味 :
seconds
コマンド応答を待つ秒数を指定します。 0 (待ちなし) を指定すると、デフォル
ト値の 90 秒が使用されます。有効な値は、1 から 10000000 の範囲内です。
使用上の注意: WAITSECS の値は、次のように割り当てられます。
1. NACMD コマンドで指定された WAITSECS の値 (ヌルでない場合)
2. CNMSTYLE.NACMD.WAITSECS 変数の値
3. デフォルト値の 90 秒
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
97
NetID
NetID
NetID ステートメントは、ネットワーク ID をグローバル変数として指定します。
NetID ステートメントの構文は、次のとおりです。
NetID
NetID=network_id
項目の意味 :
network_id
1 から 5 文字のネットワーク ID を指示します。
使用上の注意:
v メンバー IEASYMxx (SYS1.PARMLIB) でシステム・シンボル &CNMNETID 設
定した場合は、そのシンボルを CNMSTYLE およびその組み込みメンバーで使用
することができます。これがデフォルトです。
v NetID の値は、CNMSTYLE の共通変数 CNMSTYLE.NETID でも使用されます。
v NetID に指定した値は、netid() REXX 機能でも戻されます。
NLDM.AMLUTDLY
NLDM.AMLUTDLY ステートメントを使用して、NetView プログラムが、
DSIAMLUT タスクで作成されたドメイン・テーブルへのアクセスを再試行するまで
待機する時間 (秒数) を指定します。
NLDM.AMLUTDLY ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.AMLUTDLY=seconds
項目の意味
seconds
1 から 30 の秒数を指定します。デフォルトは 30 です。有効でない値を指定す
ると、エラー・メッセージが戻されて、NetView プログラムはデフォルト値を
使用します。
使用上の注意:
v DSIAMLUT タスクがアクティブでないときにセッション・モニターを使用しなけ
ればならない場合には、小さい値をコーディングすれば、結果としてセッショ
ン・モニターの初期設定が速くなります。ただし、DSIAMLUT タスクがアクティ
ブでないときには、セッション・モニターはデータを収集できません。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
98
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.AUTHDOM
NLDM.AUTHDOM
NLDM.AUTHDOM ステートメントを使用して、クロスドメイン許可を初期設定し
ます。これらのステートメントは、ご使用の環境に応じて必要な数だけコーディン
グできます。
NLDM.AUTHDOM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.AUTHDOM.suffix=
*ANY*
*NONE*
domainid
項目の意味
suffix
suffix は 1 から 8 文字から成り、固有でなければなりません (この例では
A、B、C)。
NLDM.AUTHDOM.A
NLDM.AUTHDOM.B
NLDM.AUTHDOM.C
*ANY*
どのオペレーターでも、この NetView プログラムでクロスドメイン・セッショ
ン (SDOMAIN) を確立できることを指示します。これは、CNMSTYLE の初期
設定値です。
*NONE*
この NetView プログラムでクロスドメイン・セッション (SDOMAIN) を確立す
ることを許可されているオペレーターがいないことを指示します。
NONE を指定すると、domainid 変数を使用するときに、SDOMAIN コマンドお
よび TRACE コマンドの両方にセキュリティーが提供されます。
domainid
指定された NetView プログラムを使用する任意のオペレーターは、この
NetView プログラムでクロスドメイン・セッション (SDOMAIN) を確立できる
ことを指示します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.AUTHORIZ
NLDM.AUTHORIZ ステートメントを使用して、他のネットワークの NetView オペ
レーターが、この NetView プログラムが収集したセッション構成データおよびトレ
ース・データを表示できるかどうかを指定します。このデータは、ネットワーク間
セッションの「セッション構成 (Session Configuration)」パネルで、左右にスクロー
ルして表示することができます。ご使用の環境のニーズに応じて、CNMSTYLE ま
たはその組み込みメンバーで 255 までのステートメントを指定することができま
す。
NLDM.AUTHORIZ ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
99
NLDM.AUTHORIZ
NLDM.AUTHORIZ.suffix=
*ANY*
*NONE*
netid
項目の意味
suffix
suffix は 1 から 8 文字から成り、固有でなければなりません (この例では
A、B、C)。
NLDM.AUTHORIZ.A
NLDM.AUTHORIZ.A
NLDM.AUTHORIZ.B
*ANY*
他のすべてのネットワークの NetView オペレーターに、この NetView プログ
ラムによって収集されたセッション構成およびトレース・データを表示する許可
が与えられていることを指示します。これは、CNMSTYLE の初期設定値です。
*NONE*
他のネットワークの NetView オペレーターに、この NetView プログラムによ
って収集されたセッション構成およびトレース・データを表示する許可が与えら
れていないことを指示します。
注: *NONE* を指定すると、すべてのセッション構成でセキュリティーは提供
されない場合があります。
netid
ネットワーク ID を指定します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.CDRMDEF
NLDM.CDRMDEF ステートメントは、他のドメインの CDRMNAME-DOMAIN の
関係をセットアップします。これにより、Tivoli 提供の初期設定出口ルーチンであ
る、アクセス方式 LU タスク (DSIAMLUT) に対する DST 初期設定出口で、これ
らの関係を示すテーブルを作成することができます。セッション・モニターは、こ
のテーブルを使用して他のドメインからセッション・データを検索します。このス
テートメントに RETRY キーワードを指定して、セッション・モニター会話の設定
を除去することもできます。単一ドメインのセッション・モニター構成の場合は、
NLDM.CDRMDEF は必要ありません。
NLDM.CDRMDEF ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.CDRMDEF
NLDM.CDRMDEF.suffix=
cdrmname domainid
YES
NO
100
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.CDRMDEF
項目の意味 :
suffix
suffix は 1 から 8 文字から成り、固有でなければなりません (この例では
A、B、C)。
NLDM.CDRMDEF.A
NLDM.CDRMDEF.B
NLDM.CDRMDEF.C
cdrmname
このドメインで VTAM に定義されたものとして認識される、1 から 8 文字の
クロスドメイン SSCP の名前を指定します。
domainid
cdrmname で定義されたドメインの NetView アプリケーションを指定する、1
から 5 文字の NetView プログラム ID。
YES|NO
この特定の NLDM.CDRMDEF ステートメントに指定した NLDM.RETRY 値を
オーバーライドするかどうかを指定します。
YES
セッション・モニターは、他の NetView プログラムとの初期会話の確
立を、10 分ごとに試みることを指示します。
NO
セッション・モニターは、他の NetView プログラムとの初期会話の確
立を、一度だけ試みることを指示します。
使用上の注意:
v コーディングできる NLDM.CDRMDEF ステートメントの最大数は、65535 で
す。この最大数を超えると、セッション・モニターの初期設定は失敗します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: LUC.CNMTARG、DSTINIT、NCCFID、 TASK
NLDM.CDTIME
NLDM.CDTIME ステートメントは、セッション・モニターのクロスドメイン・コマ
ンドおよび要求のタイムアウト値を指定します。クロスドメイン通信またはクロス
ドメイン・データを必要とする、すべてのセッション・モニター・コマンドあるい
は要求が、クロスドメイン・コマンドとなりえるものです。別のドメイン
(SDOMAIN が出された) で稼働するコマンドの場合、他のドメインがタイムアウト
値として CDTIME を用いるデータにクロスドメイン要求を出すと、ホーム・ドメ
インでは少し大きいタイムアウト値が使用されます。
NLDM.CDTIME ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.CDTIME=seconds
項目の意味 :
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
101
NLDM.CDTIME
seconds
1 から 300 の範囲の秒数を指定します。デフォルトは 60 秒です。有効でない
値をコーディングすると、エラー・メッセージが出されて、デフォルト値が使用
されます。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.DRDELAY
NLDM.DRDELAY は、セッションをセッション・モニター・データベースに記録す
るまで RTM または PIU トレース・データを待機する秒数を指定します。
NLDM.DRDELAY ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.DRDELAY=seconds
項目の意味 :
seconds
1 から 60 の範囲の秒数を指定します。 8 より小さい値は、RTM 関数を使用
しておらず、セッションのトレース・データのミスマッチ (特定のセッションの
トレースで、セッション・セットアップ PIU がセッション終了 PIU の後ろに
ある) 問題が起きる場合に使用してください。デフォルトは 8 秒です。有効で
ない値を指定すると、エラー・メッセージが出されて、NetView プログラムは
デフォルトを使用します。
使用上の注意:
v NLDM.DRDELAY は、セッション・モニターでデータのバックアップを回避する
ために必要な最小遅延値にしておきます。
v このステートメントは、RTM または PIU データの欠落による問題がない場合、
またはセッション・モニター TRACE コマンドを使用しない場合には省略できま
す。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.DSRBO
NLDM.DSRBO ステートメントは、AAUTSKLP タスクに関連付けられる DSRBO
の数を指定します。
NLDM.DSRBO ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.DSRBO=number
項目の意味 :
102
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.DSRBO
number
この DST からのサービスに対する同時のユーザー要求の予測数を指定する、1
から 999 までの 10 進数です。この値は、送信請求 RU および仮想記憶アクセ
ス方式 (VSAM) 要求を処理するために事前割り振りする DSRB の数を表しま
す。使用可能な DSRB の数を超える要求が受信されると、その要求はキューに
入れられます。デフォルト値は、10 です。
使用上の注意:
v number を変更した場合は、CNMSJM01 で LSR プールを作成するのに使用され
る BLDVRP マクロの STRNO キーワードを更新してください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.ERCOUNT
NLDM.ERCOUNT は、このセッション・モニターに認識されるすべての明示経路の
数を指定します。
NLDM.ERCOUNT ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.ERCOUNT=explicit_routes
項目の意味 :
explicit_routes
このセッション・モニターに認識されるすべてのネットワークからの明示経路の
数を指定します。この値は 1 から 999999 が可能です。この値はシステム調整
値であり、正確である必要はありません。この値を概算するには、SESSMDIS
コマンドを使用します (TOTAL CURRENT EXPLICIT ROUTES (SARTS) フィ
ールドを評価します)。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.FCTIME
NLDM.FCTIME ステートメントを使用して、セッション・モニターがフロー制御デ
ータ要求の応答を待機する時間を指定します。フロー制御データ要求は、オペレー
ターがフロー制御データの表示を要求するたびに送られます。セッション・モニタ
ーは、指定した制限時間内に応答を受け取らなければ、許可された受信先にメッセ
ージ AAU114I を送り、表示を要求しているオペレーターにメッセージ AAU947I
を送ります。
NLDM.FCTIME ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.FCTIME=seconds
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
103
NLDM.FCTIME
項目の意味 :
seconds
1 から 9999 の範囲の秒数を指定します。デフォルトは 180 です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.KEEPDISC
NLDM.KEEPDISC ステートメントを使用して、仮想記憶域に保持する、破棄された
PIU トレース・データ・レコードの数を指定します。
NLDM.KEEPDISC ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.KEEPDISC=records
項目の意味 :
records
1 から 999 のレコードの数を指定します。デフォルトは 250 です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.KEEPMEM
保持クラスが定義されている場合、NLDM KEEPMEM ステートメントは、KCLASS
および MAPSESS 定義ステートメントが入っているメンバーの名前を指定します。
NLDM.KEEPMEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.KEEPMEM=membername
項目の意味 :
membername
保持クラス定義の 1 から 8 文字の DSIPARM メンバー名を指示します。
使用上の注意:
v 保持クラスを使用しない 場合には、このステートメントは省略してください。
v NetView 製品の出荷時では、NLDM.KEEPMEM ステートメントは CNMSTYLE
内でコメント化されています。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
104
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.KEEPPIU
NLDM.KEEPPIU
NLDM.KEEPPIU ステートメントは、すべてのセッションについて仮想記憶域に保
持する PIU トレース・データ・レコードの数を指定します。
NLDM.KEEPPIU ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.KEEPPIU=records
項目の意味 :
records
0 から 999 の範囲のレコードの数を指定します。 CNMSTYLE での初期設定値
は 7 です。
使用上の注意:
v KEEPPIU の値は、保持クラスを定義することによってオーバーライドすることが
できます。
v KEEP PIU コマンドを使用することによって、個々のセッションの KEEPPIU の
値を変更することもできます。 KEEP コマンドの詳細については、NetView オン
ライン・ヘルプを参照してください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.KEEPRTM
NLDM.KEEPRTM ステートメントは、特定のセッションについて仮想記憶域に保持
できる応答時間の収集期間の数を指定します。
NLDM.KEEPRTM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.KEEPRTM=periods
項目の意味 :
periods
1 から 999 の範囲の数を指定します。デフォルトは 10 です。
使用上の注意: RTM 保持カウントを変更できるのは、初期設定時のみです。
NLDM.KEEPSESS
NLDM.KEEPSESS ステートメントは、DASD セッション折り返しを使用するかどう
かを指定します。
NLDM.KEEPSESS ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.KEEPSESS=number
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
105
NLDM.KEEPSESS
項目の意味 :
number
セッションの折り返しカウントを指定します。 0 を指定した場合は、KCLASS
KEEPSESS 値に関係なく、セッションの折り返しは使用されません。また、
KCLASS ステートメントでの定義されるセッションが DGROUP に記録される
こともありません。これがデフォルトです。
number を指定した場合、その値は、MAPSESS または KCLASS ステートメン
トによってマップされないセッション、および KEEPSESS がコーディングされ
ていないマップ済みセッションの、グローバル DASD セッション折り返しカウ
ントとして使用されます。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.LOG
NLDM.LOG ステートメントは、NetView プログラムが外部ログにレコードを書き
込むかどうかを指定します。外部ログは、システム管理機能 (SMF) ログである場合
があります。
NLDM.LOG ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.LOG=
YES
NO
項目の意味 :
YES
レコードを外部ログに書き込むことを指定します。
NO
レコードを外部ログに書き込まないことを指定します。これがデフォルトです。
使用上の注意: NLDM.LOG ステートメントおよび NLDM.SESSTATS ステートメン
トは、外部ログに書き込む情報を指定します。 表 5 に、これらのステートメントの
有効な組み合わせを示します。
表 5. NLDM.LOG と NLDM.SESSTATS の組み合わせ
指定する値:
NetView プログラムの外部ログへの書き出し
v NLDM.LOG=YES
v NLDM.SESSTATS=YES
v 応答時間データ (SAW=YES で RTM=YES
である場合)
v 構成データ
v 可用性およびアカウンティング・データ
– セッション開始レコード、セッション終
了レコード、セッション開始レコードと
終了レコードの組み合わせ
– セッション統計 (PIU カウント)
106
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.LOG
表 5. NLDM.LOG と NLDM.SESSTATS の組み合わせ (続き)
指定する値:
NetView プログラムの外部ログへの書き出し
v NLDM.LOG=YES
v NLDM.SESSTATS=NO
v 応答時間データ (SAW=YES で RTM=YES
である場合)
v 構成データ
v セッション開始レコードと終了レコードの
組み合わせ
NLDM.LOG=NO
SESSTATS パラメーターの指定に関係なく、
セッション・モニター・データは書き出され
ない。これがデフォルトです。
v NLDM.LOG=YES
v NLDM.SESSTATS=AVAIL
v 応答時間データ (SAW=YES で RTM=YES
である場合)
v 構成データ
v 可用性データ (KCLASS ステートメントが
AVAIL=YES を指定、またはデフォルトに
使用した場合)
可用性データには、セッション開始レコー
ド、セッション終了レコード、およびセッ
ション開始レコードと終了レコードの組み
合わせが含まれます。
NetView プログラムが外部ログに書き込むレコード・フォーマットの詳細について
は、「IBM Tivoli NetView for z/OS アプリケーション・プログラマーズ・ガイド」
を参照してください。
NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするには、
CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマンドを入
力します。
NLDM.LUCOUNT
NLDM.LUCOUNT ステートメントは、このネットワーク内の論理装置 (LU) の数を
指定します。この値はパフォーマンス調整値であり、正確である必要はありませ
ん。
NLDM.LUCOUNT ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.LUCOUNT=number
項目の意味 :
number
1 から 999999 の範囲の値を指定します。
値を指定するときには、ローカル・システム・サービス制御点 (SSCP) が所有す
るすべての LU、およびローカル SSCP が所有するセッション・パートナーを
もつことができる他の SSCP が所有するすべての LU を組み込むようにしてく
ださい。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
107
NLDM.LUCOUNT
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.MACRF
NLDM.MACRF ステートメントは、ローカル共用リソース (LSR) オプションを指定
します。
NLDM.MACRF ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.MACRF=
LSR
DFR
NSR
項目の意味 :
LSR
最後に参照されたレコードのプールをストレージに保持することによって、デー
タおよび索引バッファーの再利用を使用可能にします。これは、物理 I/O を削
減するのに効果的です。これが推奨オプションです。
DFR
LSR を拡張して、レコードの書き出しを据え置きます。据え置き書き出し
(DFR) オプションは、読み取りにバッファー・スペースが必要になったために
NetView プログラムが強制的に書き出しを行うまで、レコードの書き出しを据
え置きます。これは、書き出しを最小限にとどめることによって、I/O をさらに
削減させます。
注: DFR オプションは、IBM ソフトウェア・サポート から指示されない限り
使用しないでください。
NSR
データ・セットが共用リソースを使用しないことを指示します。
注: NSR オプションは、IBM ソフトウェア・サポート から指示されない限り
使用しないでください。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.MAXEND
NLDM.MAXEND ステートメントは、PIU トレース・データに対して同時に出すこ
とができる要求の数を指定します。
NLDM.MAXEND ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.MAXEND=number
108
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.MAXEND
項目の意味 :
number
1 から 999 の範囲の値を指定します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.NETID
相互接続ネットワークをもっており、VTAM に対し NETID を定義していない場合
は、NLDM.NETID ステートメントは、このネットワークの名前を指定します。
NLDM.NETID ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.NETID=netid
項目の意味 :
netid
このネットワークの 1 から 8 文字の名前を指定します。
NETID は、ユーザーのネットワーク内で整合性が保たれるように定義する必要
があります。 1 つのネットワーク内の各 NetView プログラムまたはセッショ
ン・モニターは、NETID が NetView プログラム、セッション・モニター、
VTAM のいずれに定義されていても、同じ NETID をもっている必要がありま
す。
使用上の注意:
v NetView 製品の出荷時では、NLDM.NETID ステートメントは CNMSTYLE 内で
コメント化されています。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.PDDNM
NLDM.PDDNM ステートメントは、セッション・モニターの 1 次データ・セット
を指定します。
NLDM.PDDNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.PDDNM=name
項目の意味 :
name
VSAM サービスによって使用される 1 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。 デフォルトは、AAUVSPL です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
109
NLDM.PDDNM
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.PERFMEM
NLDM.PERFMEM ステートメントは、パフォーマンス・クラス定義の DSIPARM
メンバー名を指定します。
NLDM.PERFMEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.PERFMEM=membername
項目の意味 :
membername
応答時間モニター用のパフォーマンス・クラス定義の 1 から 8 文字のメンバー
名を指定します。パフォーマンス・クラスを定義している場合、このステートメ
ントは、PCLASS および MAPSESS 定義ステートメントが入っているメンバー
の名前を指定します。
使用上の注意:
v RTM データの収集に NetView プログラムを使用しない 場合、または保持クラ
スを使用しない場合は、NLDM.PERFMEM ステートメントを省略してください。
v NetView 製品の出荷時では、このステートメントは CNMSTYLE 内でコメント化
されています。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.PEXLSTxx
NLDM.PEXLSTxx ステートメントを使用して、以下のコマンドで使用される例外リ
ストを指定します。
v DBAUTO
v DBINIT
v DBMAINT
v NLDM PURGE
v PURGEDB
これらのステートメントは、ご使用の環境に応じて必要な数だけコーディングでき
ます。
NLDM.PEXLSTxx ステートメントの構文は、次のとおりです。
110
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.PEXLSTxx
NLDM.PEXLSTxx.suffix=
resname1 resname2
session_type
項目の意味
xx 2 文字の英数字または国別文字 (@、#、または $) からなる固有値を指定しま
す。次の例では、01 と 02 が使用されています。
NLDM.PEXLST01.B
NLDM.PEXLST02.A
suffix
1 から 8 文字の英数字または国別文字 (@、#、または $) からなる固有値を指
定します。次の例では、A と B が接尾部に使用されています。
NLDM.PEXLST01.A
NLDM.PEXLST01.B
resname1 resname2
セッション・パートナー・データのリソース名を指定します。これらの名前は 1
から 8 文字からなる英数字でなければならず、ワイルドカード文字 (*) および
(?) を含めることができます。
1 つの文字を変更するには、疑問符 (?) を使います。例えば、A?B は、
AAB、ABB、AXB などのように、A で始まって B で終わり、間に文字が 1
つ入る名前と一致します。 A??B は、AAXB のように、A で始まって B で終
わり、間に任意の 2 文字が入る名前と一致します。 ? の位置には、必ず 1 つ
の文字が存在する必要があります。つまり、A?B の場合、AB は ? の位置に該
当する文字がないため一致しません。
リソースのグループの最後の文字ストリングを変更するには、アスタリスク (*)
を 1 つ使用します。例えば TSO* は、TSOXYZ や TSOB2219 のように、文字
TSO で始まるいずれの名前とも一致します。 * は、文字ストリングの最後にし
か使用できません。これは文字の間で使用することはできません。
session_type
セッション・データを指定します。有効なセッションは、次のとおりです。
v CP-CP
v LU-LU
v SSCP-LU
v SSCP-PU
v SSCP-SSCP
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
例:
v 例外リスト PEXLST01 は、以下のようにすべての NCP* リソース、または
SSCP-SSCP セッションを除外します。
NLDM.PEXLST01.A = NCP* *
NLDM.PEXLST01.B = SSCP-SSCP
v 例外リスト PEXLST02 は、以下のように HOST1 と NCP * リソースの間のす
べてのセッション、またはすべての CP-CP セッションを除外します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
111
NLDM.PEXLSTxx
NLDM.PEXLST02.A = HOST1 NCP*
NLDM.PEXLST02.B = CP-CP
NLDM.PIUTNUM
NLDM.PIUTNUM ステートメントは、PIU トレース・データ・バッファーの数を指
定します。
NLDM.PIUTNUM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.PIUTNUM=number
項目の意味 :
number
2 から 255 の範囲の値を指定します。 CNMSTYLE での初期設定値は 2 で
す。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.PIUTSIZE
NLDM.PIUTSIZE は、PIU トレース・データ・バッファーのサイズを指定します。
NLDM.PIUTSIZE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.PIUTSIZE=buffer_size
項目の意味 :
buffer_size
2K から 32K の範囲のバッファーのサイズを指定します。 K は 1024 と等価
です。 CNMSTYLE での初期設定値は 4K です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.RETRY
NLDM.RETRY ステートメントは、この NetView プログラムと、NLDM.CDRMDEF
ステートメントで指定したドメインとの間で会話を確立する最初の試みが失敗した
場合に、追加の試行を行うかどうかを指定します。
NLDM.RETRY ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.RETRY=
112
アドミニストレーション・リファレンス
YES
NO
NLDM.RETRY
項目の意味 :
YES
セッション・モニターが、他のドメインとの初期会話の確立を、10 分ごとに試
みることを指示します。 YES がデフォルトです。
NO
セッション・モニターが、他のドメインとの初期会話の確立を一度だけ試みるこ
とを指示します。
使用上の注意:
v NLDM.CDRMDEF ステートメントでの RETRY の指定は、特定のドメインに対
するこのデフォルトをオーバーライドすることができます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.RTDASD
NLDM.RTDASD ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.RTDASD=
YES
NO
項目の意味 :
YES
ER データをデータベースに書き出すことを指示します。これがデフォルトで
す。
NO
ER データをデータベースに書き出さないことを指示します。
使用上の注意:
v NLDM.RTDASD ステートメントに構文エラーがあると、NetView 初期設定時に
DSILOG タスクを開始したときに、エラー・メッセージ AAU096I が出されま
す。その際には、デフォルト値が使用されます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.RTM
NLDM.RTM ステートメントを使用すれば、NetView 応答時間モニター (RTM) 機
能が使用可能になります。
NLDM.RTM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.RTM=
YES
NO
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
113
NLDM.RTM
項目の意味 :
YES
NetView 応答時間モニター機能を使用可能にすることを指示します。
NO
NetView 応答時間モニター機能は使用可能にされないことを指示します。これ
がデフォルト値です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.RTMDISP
NLDM.RTMDISP ステートメントは、ワークステーションのオペレーター情報域に
応答時間を表示できるかどうかを指定します。
NLDM.RTMDISP ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.RTMDISP=
YES
NO
項目の意味 :
YES
応答時間を表示できることを指示します。これがデフォルトです。
NO
応答時間を表示できないことを指示します。
使用上の注意:
v NLDM.RTMDISP の指定は、ハードウェア構成で指定した値をオーバーライドし
ます。
v PCLASS ステートメントの DSPLYLOC オペランドは、NLDM.RTMDISP の指定
をオーバーライドします。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.SAW
NLDM.SAW ステートメントは、セッション認識 (SAW) データを収集するかどう
かを指定します。
NLDM.SAW ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.SAW=
項目の意味 :
114
アドミニストレーション・リファレンス
YES
NO
NLDM.SAW
YES
SAW データの収集が、NetView プログラムの初期設定時から開始されることを
指示します。これがデフォルトです。
NO
セッション認識 (SAW) データの収集は、ENABLE コマンドを入力するまで行
われないことを指示します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.SAWNUM
NLDM.SAWNUM ステートメントは、セッション認識 (SAW) データ・バッファー
の数を指定します。
NLDM.SAWNUM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.SAWNUM=number
項目の意味 :
number
2 から 255 の範囲の値を指定します。 CNMSTYLE での初期設定値は 2 で
す。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.SAWSIZE
NLDM.SAWSIZE ステートメントは、セッション認識 (SAW) データ・バッファー
のサイズを指定します。
NLDM.SAWSIZE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.SAWSIZE=buffer_size
項目の意味 :
buffer_size
2K から 32K の範囲のバッファーのサイズを指定します。 K は 1024 と等価
です。 CNMSTYLE での初期設定値は 4K です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
115
NLDM.SDDNM
NLDM.SDDNM
NLDM.SDDNM ステートメントは、セッション・モニターの 2 次データ・セット
を指定します。
NLDM.SDDNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.SDDNM=name
項目の意味 :
name
VSAM サービスによって使用される 2 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。デフォルトは、AAUVSSL です。
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.SESSMAX
NLDM.SESSMAX ステートメントは、SESS コマンドによって表示することができ
るセッションの最大数を指定します。
NLDM.SESSMAX ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.SESSMAX=number
項目の意味 :
number
1 から 999999 の範囲の値を指定します。 CNMSTYLE での初期設定値は 999
です。
使用上の注意:
v 大きい number を指定することにより、SESS コマンドで使用するストレージ・
リソースおよび VSAM リソースの量が増加することがあります。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
116
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.SESSTATS
NLDM.SESSTATS
NLDM.SESSTATS ステートメントは、ネットワーク・アカウンティングおよび可用
性機能がアクティブかどうかを指定します。
NLDM.SESSTATS ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.SESSTATS=
NO
AVAIL
YES
項目の意味 :
NO
ネットワーク・アカウンティングおよび可用性機能がアクティブではないことを
指定します。これがデフォルトです。
AVAIL
可用性機能のみがアクティブであることを指定します。
YES
ネットワーク・アカウンティングおよび可用性機能の両方がアクティブであるこ
とを指定します。
使用上の注意:
v NLDM.LOG ステートメントおよび NLDM.SESSTATS ステートメントは、外部
ログに書き込む情報を決定します。 106 ページの表 5 に、これらのステートメ
ントの有効な組み合わせを示します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM コマン
ドを入力します。
NLDM.TRACEGW
NLDM.TRACEGW ステートメントは、NetView プログラムの初期設定時、または
NCP の活動化のときに、NetView プログラムがゲートウェイ・トレースを活動化す
るかどうかを指定します。
NLDM.TRACEGW ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.TRACEGW=
NO
YES
項目の意味 :
NO
NetView プログラムが、セッション認識データが受信されるすべての NCP の
ゲートウェイ・トレースを活動化しないことを指示します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
117
NLDM.TRACEGW
YES
NetView プログラムが、セッション認識データが受信されるすべての NCP の
ゲートウェイ・トレースを活動化することを指示します。これがデフォルトで
す。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.TRACELU
NLDM.TRACELU ステートメントは、NetView プログラムが NetView プログラム
の初期設定時に LU 情報のトレースを開始するかどうかを指定します。
NLDM.TRACELU ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.TRACELU=
NO
YES
項目の意味 :
NO
LU トレースは、TRACE START コマンドを入力するまでは発生しないことを
指示します。これがデフォルト値です。
YES
LU 間セッションが、NetView プログラムの初期設定時から始めてトレースされ
ることを指示します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NLDM.TRACESC
NLDM.TRACESC ステートメントは、NetView プログラムが NetView プログラム
の初期設定時に SSCP 情報のトレースを開始するかどうかを指定します。
NLDM.TRACESC ステートメントの構文は、次のとおりです。
NLDM.TRACESC=
NO
YES
項目の意味 :
NO
NetView プログラムが、TRACE START コマンドを入力するまで SSCP 情報の
トレースを開始しないことを指示します。これがデフォルト値です。
YES
NetView プログラムが、NetView プログラムの初期設定時に SSCP 情報のトレ
ースを開始することを指示します。
118
アドミニストレーション・リファレンス
NLDM.TRACESC
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NLDM
コマンドを入力します。
NMCstatus.errorDSN
NMCstatus.errorDSN ステートメントは、GRAPHICS ポリシー・ファイルに入ってい
るエラーを入れるデータ・セットを定義します。
NMCstatus.errorDSN ステートメントの構文は、次のとおりです。
NMCstatus.errorDSN=data_set_name
項目の意味 :
data_set_name
データ・セット名。データ・セットが必要ない場合は、*NONE* を指定するこ
とができます。
使用上の注意:
v 多くのメッセージは、80 文字より長いので、FIXED 80 ファイルを指定する場合
は、ほとんどのメッセージが切り捨てられます。
v 詳細については、 273 ページの『NMCSTATUS (制御ファイル項目)』を参照して
ください。
NPDA.ALCACHE
NPDA.ALCACHE ステートメントは、アラート・キャッシュの最大のサイズを指定
します。
NPDA.ALCACHE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.ALCACHE
NPDA.ALCACHE =
10
maxnumber
NONE
WRAPCNT
項目の意味 :
10|maxnumber
ストレージに保持されるアラート・レコードの最大数を指定します。
maxnumber の有効範囲は、10 から 9999 です。デフォルトは 10 です。
maxnumber の値が大きいほど、Alerts-Dynamic パネルを表示するオペレーター
のハードウェア・モニターのパフォーマンスの効率がよくなります。
NONE
アラート・レコードにストレージを割り振らないことを指定します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
119
NPDA.ALCACHE
WRAPCNT
ストレージに保持されるアラート・レコードの最大数が、現行のアラートの折り
返しカウントと同じであることを指定します。ハードウェア・モニターが「動的
アラート (Alerts-Dynamic)」パネルを更新するつど、アラート・キャッシュから
アラートを検索できるので、WRAPCNT は最も効率のよい設定値です。
使用上の注意:
アラート・キャッシュは、次の値のうち、小さい方に設定されます。
v NPDA.ALCACHE ステートメントにより指定されるサイズ
v 現行の折り返しカウント
アラート・キャッシュのサイズは、ストレージ内のアラート・レコードの数と同じ
です。
アラート・キャッシュには、次の 2 つの用途があります。
v 「動的アラート (Alerts-Dynamic)」パネルを表示するオペレーターのパフォーマン
スを向上させます。
アラートをアラート・キャッシュに保持することにより、「動的アラート
(Alerts-Dynamic)」パネルの更新の際、VSAM 入出力 (I/O) 時間とプロセッサー時
間の量を減少させる (BNJDSERV タスクのプロセッサー使用率を減らして) こと
ができます。パフォーマンスが向上するのは、次の場合です。
– 「動的アラート (Alerts-Dynamic)」パネルを表示するオペレーターが多い場
合。「動的アラート (Alerts-Dynamic)」パネルを表示する各オペレーターが得
るパフォーマンス時間が向上します。このパネルを表示するオペレーターが多
いほど、パフォーマンスの向上は大きくなります。
– システムが多くのアラートを受け取る場合。システムが受け取るアラートが多
ければ多いほど、パフォーマンスは向上します。
オペレーターがほとんど「動的アラート (Alerts-Dynamic)」パネルを表示しない場
合は、 ALCACHE の設定 (maxnumber または WRAPCNT) に関係なく、パフォ
ーマンスの向上は得られません。
v NetView プログラムに SNA-MDS/LU 6.2 アラート・フォーカル・ポイントがな
いときに受信したアラートは、アラート・キャッシュ内で保留 という印が付けら
れます。あとでフォーカル・ポイントが再度獲得されたとき、保留されているア
ラートは、フォーカル・ポイントに転送されます。
詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイド」を参照してく
ださい。
120
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.ALCACHE
表 6. NPDA.ALCACHE ステートメントの例
ALCACHE ステートメント
アラート
折り返し
カウント
アラート・
キャッシ
ュ・カウン
ト
NPDA.ALCACHE = 500
100
100
アラート折り返しカウントが、
ALCACHE で指定される値よ
りも小さいため、アラート・キ
ャッシュ・サイズはアラート折
り返しカウントと同じになりま
す。
NPDA.ALCACHE = 500
500
500
アラート折り返しカウントが、
ALCACHE で指定される値と
同じサイズであるため、アラー
ト・キャッシュ・サイズは 500
になります。
NPDA.ALCACHE = 100
999
100
ALCACHE で指定される値
が、アラート折り返しカウント
よりも小さいため、アラート・
キャッシュ・サイズは 100 に
なります。
NPDA.ALCACHE = NONE
100
0
アラート・キャッシュは、アラ
ートの保管には使用されませ
ん。
NPDA.ALCACHE = WRAPCNT
500
500
アラート・キャッシュは、アラ
ート折り返しカウントのサイズ
に設定されます。
コメント
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
関連するステートメント: NPDA.ALERTFWD
NPDA.ALERTFWD
NPDA.ALERTFWD ステートメントは、この NetView ホストが使用するアラート転
送プロトコルを定義します。
アラート転送の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイド」
を参照してください。
NPDA.ALERTFWD ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
121
NPDA.ALERTFWD
NPDA.ALERTFWD
NPDA.ALERTFWD=
SNA-MDS-LOGONLY
SNA-MDS-AUTHRCV
SNA-MDS-SUPPRESS
NV-UNIQ
項目の意味 :
SNA-MDS
これらのオプション (LOGONLY、AUTHRCV、SUPPRESS) はいずれも、
NetView が設計済みの SNA-MDS/LU 6.2 アラート転送プロトコルに従って LU
6.2 トランスポートを介してアラートを転送するように指定します (「Systems
Network Architecture library」を参照)。フォーカル・ポイントが NetView V3 よ
り前の場合を除き、SNA-MDS を使用します。SNA-MDS/LU 6.2 アラート転送
は、NetView および非 NetView のエントリー・ポイントとフォーカル・ポイン
トをサポートします。アラート転送機能は、中間ノードのフォーカル・ポイント
もサポートします。
SNA-MDS が指定されている場合、DSI6DST タスク初期設定メンバー DSI6INIT
のカテゴリー ALERT 用の DEFFOCPT ステートメントは受け入れられ、処理
されます。 DSICRTR タスク初期設定メンバー DSICRTTD 内のカテゴリー
ALERT 用の DEFFOCPT ステートメントは無視され、リジェクトされて、メッ
セージ BNH096I が出されます。
SNA-MDS でサポートされる各種オプションは、以下の状況が発生した場合にメ
ッセージを出すかどうかを示します。
v ALERT フォーカル・ポイントが、非 NetView エントリー・ポイントであ
る。
v エントリー・ポイントの NetView が、設計にないアラートを非 NetView フ
ォーカル・ポイントに転送する。
v 非 NetView のフォーカル・ポイントが、MDS エラー・メッセージまたはア
プリケーション・エラー・メッセージを NetView エントリー・ポイントに送
信することによって応答した。
次の 3 つの SNA-MDS オプションは、MDS エラー・メッセージまたはアプリ
ケーション・エラー・メッセージの処理方法を指定します。
SNA-MDS-LOGONLY
メッセージ BNH094I または BNH095I を NetView ログに入れるようにし
ます。 LOGONLY が推奨オプションです。
SNA-MDS-AUTHRCV
メッセージ BNH094I または BNH095I を NetView の許可された受信先の
タスクに出します。
SNA-MDS-SUPPRESS
BNH094I または BNH095I エラー・メッセージを出しません。
NV-UNIQ
NetView が、V3 より前のリリースの場合と同じように、LUC トランスポート
を介して、NetView 間 NV-UNIQ/LUC アラート転送プロトコルを使用し、アラ
122
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.ALERTFWD
ートを転送することを指定します。この転送プロトコルは、中間ノードのフォー
カル・ポイントもサポートしなければ、AS/400® といった非 NetView フォーカ
ル・ポイントもサポートしません。
NV-UNIQ が指定されている場合、DSICRTR タスク初期設定メンバー
DSICRTTD 内のカテゴリー ALERT の DEFFOCPT ステートメントは受け入れ
られて処理されます。 DSI6DST タスク初期設定メンバー DSI6INIT のカテゴ
リー ALERT の DEFFOCPT ステートメントは無視され、拒否されて、メッセ
ージ BNH096I が出されます。
使用上の注意:
NPDA.ALERTFWD ステートメントは、NetView ホストを、中間ノードとして、ま
たはアラートをアラート・フォーカル・ポイントに転送するエントリー・ポイント
の NetView ホストとして定義する場合のみコーディングします。
異なるアラート転送プロトコルを同時に使用することはできません。ネットワーク
のアラート・フォーカル・ポイント階層を調べて、SNA-MDS と NV-UNIQ のどち
らの設定値を使用するか決定します。使用するアラート転送プロトコルの決定に関
する情報については、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイド」を参照して
ください。
ALERTFWD の設定値は以下のコマンドの ALERT カテゴリーにのみ 影響がありま
す。
v FOCALPT ACQUIRE FPCAT=ALERT
エントリー・ポイントでこのコマンドが入力されると、NetView は SNA-MDS フ
ォーカル・ポイントか NV-UNIQ フォーカル・ポイントを獲得します。
v FOCALPT CHANGE FPCAT=ALERT (エントリー・ポイントのみで)
フォーカル・ポイントでこのコマンドが入力されると、NetView は SNA-MDS エ
ントリー・ポイントか NV-UNIQ エントリー・ポイントを獲得します。
v カテゴリー ALERT の CHANGEFP (エントリー・ポイントのみで)
フォーカル・ポイントでこのコマンドが入力されると、NetView は NV-UNIQ エ
ントリー・ポイントを獲得します。
v FOCALPT DROP FPCAT=ALERT
エントリー・ポイントでこのコマンドが入力されると、NetView は SNA-MDS フ
ォーカル・ポイントか NV-UNIQ フォーカル・ポイントを除去します。
v FOCALPT QUERY FPCAT=ALERT
エントリー・ポイントでこのコマンドが入力されると、NetView は SNA-MDS フ
ォーカル・ポイントか NV-UNIQ フォーカル・ポイントのいずれかを表示しま
す。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
関連するステートメント: DEFFOCPT、NPDA.ALCACHE、NPDA.ALRTINFP
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
123
NPDA.ALERTLOG
NPDA.ALERTLOG
NPDA.ALERTLOG ステートメントは、ハードウェア・モニターが、レコードをハー
ドウェア・モニター VSAM データベースに書き込む方法を制御します。このステ
ートメントを使用すれば、ハードウェア・モニターがデータベースにレコードを書
き込む方法を変更することによって、VSAM パフォーマンスかプロセッサー時間か
を選ぶことができます。このステートメントが処理されるのは、ハードウェア・モ
ニターが新規に割り振られたデータベースとともに開始する (例えば、START
TASK=BNJDSERV) ときに限られます。その後は、データベースが空であっても、
NPDA.ALERTLOG ステートメントは無視されます。さらには、新規に割り振られた
データベースに SWITCH する (切り替える) と、BNJDSERV タスク開始時に存在
していた NPDA.ALERTLOG 設定値が、新規データベースに使用される設定値にな
ります。 SWITCH では、NPDA.ALERTLOG ステートメントは再度読み取られませ
ん。 NPDA.ALERTLOG ステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされま
す。
NPDA.ALERTLOG ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.ALERTLOG
NPDA.ALERTLOG =
RANDRANG
RSTDRANG
項目の意味 :
RANDRANG
アラート・レコードと非アラート・レコード (例えば、イベント・レコードと相
関レコード) が単一のキー範囲に記録されることを指定します。これは、レコー
ドを VSAM データベースに記録する場合は、最も効率のよい設定値です。その
結果、VSAM の制御インターバルと制御域分割は最も少なくなります。
RANDRANG は、大部分のユーザーにお勧めできる設定値です。しかし、ハー
ドウェア・モニター・データベースの内容によっては、ハードウェア・モニター
の初期設定で、データベース内のすべてのレコード (アラートと非アラートの両
方) が読み取られるため、その完了に数分要する場合もあります。この意味のハ
ードウェア・モニターの初期設定には、BNJDSERV タスクの開始時 (例えば、
START TASK=BNJDSERV) と、アクティブなデータベースの変更時 (例えば、
SWITCH BNJDSERV,S) が含まれます。
RSTDRANG
アラート・レコードはデータベース内の 1 つのキー範囲に記録され、非アラー
ト・レコードはデータベース内の他のキー範囲に記録されることを指定します。
この設定値は、VSAM には効率がよくありません。アラート・レコードがデー
タベースに記録される際に、多くの VSAM 制御インターバル分割と VSAM 制
御域分割が発生することがあります。しかし、ハードウェア・モニター・データ
ベースの内容によっては、ハードウェア・モニターの初期設定は、RSTDRANG
の場合の方が RANDRANG の場合より処理が速いこともあります。初期設定の
際、データベースのアラート・レコードはすべて読み取られます。アラートが記
録されるキー範囲が限定されている場合は、レコードの読み取りがもっと速くな
124
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.ALERTLOG
ることもあります。デフォルトの RANDRANG 設定値を使用すると、ハードウ
ェア・モニターの初期設定の完了に時間がかかる場合は、RSTDRANG 設定値を
使用してください。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
NPDA.ALRTINFP
NPDA.ALRTINFP ステートメントは、SNA-MDS/LU 6.2 がアラート・レコードを転
送したかどうか、ならびに非 NetView エントリー・ポイントのイベント/統計レコ
ードを、アラート・フォーカル・ポイントに転送される前に、NetView ホストのハ
ードウェア・モニター・データベースに記録するかどうかを指定します。
ハードウェア・モニターの NetView ALERT-NETOP 機能は中間ノードをサポート
します。例えば、エントリー・ポイント ALERT-NETOP は、中間ノード
ALERT-NETOP にアラートを転送することができ、中間ノード ALERT-NETOP は
再びそのアラートを転送することができます。
NPDA.ALRTINFP ステートメントは、下記の条件をすべて満たす場合にのみ有効で
す。それ以外の場合は適用できず、そこでの設定値は無視されます。
1. LU 6.2 のアラート転送プロトコルがアラートを転送する目的で使用されている
こと。 SNA-MDS/LU 6.2 オプションを指定した NPDA.ALERTFWD ステートメ
ントは、CNMSTYLE で定義されていなければなりません。
2. アラートは、LU 6.2 アラート転送プロトコルを介して、別のノードから受信し
なければならない (NetView または非 NetView から)。 NPDA.ALRTINFP 設定
値は、ローカルのアラートまたは NV-UNIQ/LUC 転送アラートには適用できな
い。
3. この NetView ホストは、LU 6.2 アラート転送プロトコルで定義されたアクティ
ブなアラート・フォーカル・ポイントを現在所有する、カテゴリー ALERT の中
間ノード・フォーカル・ポイントです。
注: NetView ホストのアラート・フォーカル・ポイントが使用できない場合は、
ALERT フォーカル・ポイントが再度獲得されるまで、この
NPDA.ALRTINFP の設定値は無視されます。この間に転送され、受信された
LU 6.2 アラートは、中間ノードでない NetView フォーカル・ポイントの場
合と同様に、ハードウェア・モニター・データベースに記録されます。
NPDA.ALRTINFP ステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされます。 設計
済みアラート転送の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイ
ド」を参照してください。
NPDA.ALRTINFP ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.ALRTINFP
NPDA.ALRTINFP.RECORD =
YES
NO
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
125
NPDA.ALRTINFP
項目の意味 :
YES
ハードウェア・モニターは、それが (LU 6.2 を使用して) エントリー・ポイン
トから受信したすべての転送されたアラートを、ハードウェア・モニター・デー
タベースに記録することを指定します。これは、CNMSTYLE の初期設定値で
す。
NO
ハードウェア・モニターは、(LU 6.2 を使用して) エントリー・ポイントから転
送されてハードウェア・モニターが受信したアラートを、ハードウェア・モニタ
ー・データベースに記録しないことを指定します。
中間フォーカル・ポイント・ノードの場合、中間ノードのハードウェア・モニタ
ー・データベースは、最終のフォーカル・ポイントによって処理される不必要な
データを記録しないので、NO を使用すると有益です。アラートは、記録される
ことなしにこのノードをパススルーします。また、不必要なレコードのログの記
録にプロセッサー時間が消費されることもありません。アラートは、データベー
スには記録されませんが、自動化にはサブミットされます。
使用上の注意:
v NPDA.ALRTINFP ステートメントをコーディングするのは、NetView ホストを中
間ノードとして定義する場合のみです。
中間ノードのアラート・フォーカル・ポイントが使用できない場合、フォーカ
ル・ポイントが使用できない間に処理されたすべてのアラートは、中間ノードが
最終的なフォーカル・ポイントであるかのように処理されます。アラートはハー
ドウェア・モニター・データベースに記録され、NPDA.ALRTINFP ステートメン
トは無視されます。
v NPDA.ALRTINFP.RECORD = Yes は、CNMSTYLE の初期設定値です。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: NPDA.ALERTFWD、DEFFOCPT
NPDA.ALT_ALERT
NPDA.ALT_ALERT ステートメントを使用して、Alerts-Dynamic (動的アラート)
(NPDA-30A)、Alerts-Static (静的アラート) (NPDA-30B)、および Alerts-History (ヒス
トリー・アラート) (NPDA-31A) の各ハードウェア・モニター・パネルに表示される
データを定義します。
NPDA.ALT_ALERT ステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされます。
NPDA.ALT_ALERT ステートメントの構文は、次のとおりです。
126
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.ALT_ALERT
NPDA.ALT_ALERT
NPDA.ALT_ALERT =
DOMAIN
ORIGIN
DATE
項目の意味 :
DOMAIN
最初にアラートを受信したドメインの名前を表示します。これは、出荷時の
CNMSTYLE のデフォルトです。
ORIGIN
アラートを送信するリソースの名前を表示します。アラートがエントリー・ポイ
ントから転送された場合には、NetView プログラムのエントリー・ポイントの
ドメイン名の前に、アスタリスク (*) がついて表示されます。
DATE
アラートがアラート・データベース内に記録された日付と時刻が表示されます。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
NPDA.AUTORATE
NPDA.AUTORATE ステートメントを使用すれば、NPDA.RATE ステートメントか
らのフィルターの結果ブロックされた管理サービス単位 (MSU) を、自動化するこ
とができます。詳細については、 136 ページの『NPDA.RATE』を参照してくださ
い。
NPDA.AUTORATE ステートメントは、CNMSTYLE またはその組み込みメンバーに
コーディングされます。変更は、NPDA オプションを使用して RESTYLE コマンド
を実行するまで、有効になりません。 CNMSTYLE を変更し、その変更の結果使用
するエクステントが追加された場合は、NetView プログラムを停止し、再始動し
て、変更をインプリメントします。
注:
1. NPDA.AUTORATE ステートメントをコーディングしない場合には、RATE 機能
によって設定されるフィルターでブロックされる MSU は自動化されません。
2. XITCI 戻りコード 252 は、MSU がシステム管理機能 (SMF) にのみ記録される
ことを示します。これらの MSU は、ハードウェア・モニター・データベースの
イベントとして記録されないので、NPDA.RATE 機能は、それらのためにフィル
ターを設定せずそれらは NPDA.AUTORATE ステートメントに影響されないこ
とがあります。
NPDA.AUTORATE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.AUTORATE
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
127
NPDA.AUTORATE
NPDA.AUTORATE =
1
2
3
項目の意味 :
1
RATE 機能の結果としてブロックされた MSU が自動化に送信されないことを
指示します。これは、CNMSTYLE の初期設定値です。
2
RATE 機能の結果としてブロックされた MSU が自動化に送信されることを指
示します。
3
RATE 機能の結果としてブロックされた MSU が自動化に送信されないことを
指示します。ただし、XITCI 戻りコードが 252 または 253 の MSU は、自動
的に自動化に送信されます。
関連するステートメント: NPDA.RATE
NPDA.DSRBO
NPDA.DSRBO ステートメントは、BNJDSERV タスクに関連付けられる DSRBO の
数を指定します。
NPDA.DSRBO ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.DSRBO=number
項目の意味 :
number
この DST からのサービスに対する同時のユーザー要求の予測数を指定する、1
から 999 までの 10 進数です。この値は、送信請求 RU および VSAM 要求を
処理するために事前割り振りする DSRB の数を表します。使用可能な DSRB
の数を超える要求が受信されると、その要求はキューに入れられます。デフォル
ト値は 5 です。
使用上の注意:
v number を変更した場合は、CNMSJM01 で LSR プールを作成するのに使用され
る BLDVRP マクロの STRNO キーワードを更新してください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
NPDA.DSRBU
NPDA.DSRBU ステートメントは、非送信請求問題判別要求単位 (RU) を処理する
ために事前割り振りするデータ・サービス要求ブロック (DSRB) の数を指定しま
す。
NPDA.DSRBU ステートメントの構文は、次のとおりです。
128
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.DSRBU
NPDA.DSRBU=number
項目の意味 :
number
0 から 999 までの 10 進数です。デフォルト値は 5 です。
NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするには、
CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマンドを入力
します。
NPDA.ERR_RATE
NPDA.ERR_RATE ステートメントを使用して、有効でないアラートに対するメッセ
ージの生成を規制します。
NPDA.ERR_RATE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.ERR_RATE
10
50
mmm
iii
NPDA.ERR_RATE =
項目の意味 :
10|mmm
これ以上のメッセージが抑止される前に、1 分間ウィンドウで生成できるアラー
トに対するメッセージの最大数を示します。抑止は、1 分間に出されるメッセー
ジの数が、この値よりも少なくなるまで続きます。この値の有効範囲は 000 か
ら 999 までです。 000 を指定すれば、抑止は行われません。デフォルト値は、
10 です。
50|iii
メッセージ BNJ040I が出される前に、1 分間ウィンドウで抑止されるアラート
の数を示します。この値の有効範囲は 001 から 999 までです。デフォルト値
は、50 です。
使用上の注意:
v アラートのメッセージの最大数と、NPDA.ERR_RATE ステートメントで抑止され
るアラートの数の両方を指定しなければなりません。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
NPDA.IHTHRESH
NPDA.IHTHRESH ステートメントを使用して、IBM LPDA-2 モデムに接続された専
用回線におけるインパルス・ヒット (振幅ヒット) の数のしきい値を設定します。モ
デムに回線問題が生じてバックアップ・スピードになった場合、NetView プログラ
ムは、インパルス・ヒットおよび回線品質しきい値を使用して、いつ回線をフルス
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
129
NPDA.IHTHRESH
ピードに戻せるかを判別します。インパルス・ヒットおよび回線品質しきい値が、
指定したしきい値より少ない場合、NetView プログラムは、メッセージ BNJ018I を
出します。このメッセージが出されたら、手動または自動化を介して MDMCNTL
コマンドを出し、回線をフルスピードに戻すことができます。
NPDA.IHTHRESH ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.IHTHRESH
NPDA.IHTHRESH = nnn
項目の意味 :
nnn
インパルス・ヒット数のしきい値を指示します。しきい値としては、0 から 255
の範囲の整数が可能です。デフォルトはゼロ (0) です。
使用上の注意:
v お勧めするしきい値は 12 です。
v NPDA.IHTHRESH ステートメントが CNMSTYLE でコメント化されると、しき
い値は 0 に設定されます。しきい値が 0 の場合、NetView プログラムはメッセ
ージ BNJ018I を出しません。
v NCP からの統計レコードが、指定したしきい値よりも回線品質およびインパル
ス・ヒットが少ないことを指示すると、メッセージ BNJ018I が出されます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: NPDA.LQTHRESH
NPDA.LQTHRESH
NPDA.LQTHRESH ステートメントを使用して、IBM LPDA-2 モデムに接続してい
る専用回線の品質に応じたしきい値を設定します。モデムに回線問題が生じてバッ
クアップ・スピードになった場合、NetView プログラムは、インパルス・ヒットお
よび回線品質しきい値を使用して、いつ回線をフルスピードに戻せるかを判別しま
す。インパルス・ヒットまたは回線品質が、指定したしきい値より少ない場合、
NetView プログラムは、メッセージ BNJ018I を出します。このメッセージが出され
たら、手動または自動化を介して MDMCNTL コマンドを出し、回線をフルスピー
ドに戻すことができます。
NPDA.LQTHRESH ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.LQTHRESH
NPDA.LQTHRESH = nnn
項目の意味 :
130
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.LQTHRESH
nnn
専用回線の品質のしきい値を示します。しきい値としては、0 から 15 の範囲の
整数が可能です。デフォルトは 5 です。
使用上の注意:
v 回線品質およびインパルス・ヒットの値が、指定したしきい値よりも低いこと
を、NCP からの統計レコードが指示すると、NetView プログラムはメッセージ
BNJ018I を出します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: NPDA.IHTHRESH
NPDA.MACRF
NPDA.MACRF ステートメントは、ローカル共用リソース (LSR) オプションを指定
します。
NPDA.MACRF ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.MACRF=
DFR
LSR
NSR
項目の意味 :
DFR
LSR を拡張して、レコードの書き出しを据え置きます。据え置き書き出し
(DFR) オプションは、読み取りにバッファー・スペースが必要になったために
NetView プログラムが強制的に書き出しを行うまで、レコードの書き出しを据
え置きます。これは、書き出しを最小限にとどめることによって、I/O をさらに
削減させます。
重要: DFR をコーディングする場合は、MVS オペレーター CANCEL コマン
ド、あるいは MVS STOP FORCE コマンドを使用して、NetView タスクを終了
しないでください。これらのコマンドを出すと、出力が据え置かれていたレコー
ドの最終的な書き出しが妨げられて、NetView データベースに損傷が与えられ
ることがあります。 NetView タスクを終了するには、NetView CLOSE または
CLOSE IMMED コマンドを使用してください。
LSR
最後に参照されたレコードのプールをストレージに保持することによって、デー
タおよび索引バッファーの再利用を使用可能にします。これは、物理 I/O を削
減するのに効果的です。これがデフォルトです。
NSR
データ・セットが共用リソースを使用しないことを指示します。このオプション
は、お勧めしません。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
131
NPDA.MACRF
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
NPDA.MDSIND
NPDA.MDSIND ステートメントは、アラートが SNA-MDS メソッドによって転送
されたことを示すためにアラート・パネルにアットマーク (@) を表示するかどうか
指定します。
NPDA.MDSIND ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.MDSIND=
YES
NO
項目の意味 :
YES
アットマークを表示することを指定します。
NO
アットマークを表示しないことを指定します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
NPDA.PDDNM
NPDA.PDDNM ステートメントは、ハードウェア・モニターの 1 次データ・セット
を指定します。
NPDA.PDDNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.PDDNM=name
項目の意味 :
name
VSAM サービスによって使用される 1 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。 デフォルトは、BNJLGPR です。
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
132
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.PDFILTER
NPDA.PDFILTER
NPDA.PDFILTER ステートメントは、ハードウェア・モニター BNJDSERV タスク
開始時に、実行されるコマンド、例えば記録フィルター (SRFILTER コマンド) を指
定します。
NPDA.PDFILTER ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.PDFILTER
NPDA.PDFILTER.suffix = command
項目の意味 :
suffix
NPDA.PDFILTER ステートメントを固有のものにするための必須 ID。コーディ
ングされるそれぞれのステートメントごとに、異なる接尾部を使用してくださ
い。
command
ハードウェア・モニター BNJDSERV タスク開始時に実行されるコマンド。
使用上の注意:
v NPDA.PDFILTER ステートメントで指定されたコマンドは、BNJDSERV タスク開
始時に、自動化テーブル DSITBL01 から PDFILTER (CNME3004) コマンド・リ
ストによって呼び出されます。
v ハードウェア・モニター目視フィルター (SVFILTER コマンド) は、これを出す
オペレーターに対してにみ有効であるため、追加しないでください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
NPDA.PNA
NPDA.PNA ステートメントは、ネットワークで PNA プログラムを使用するかどう
かを指定します。 PNA は、ワークステーション上で実行するアプリケーションで
あり、それを介して NetView コマンドを物理装置のダウンストリームに出すことが
できる、ゲートウェイの役割を果たします。 NetView コマンドはこのゲートウェイ
を介して物理装置のダウンストリームに出すことができます。 PNA を使用すれ
ば、SNA と非 SNA 通信システム間の通信が使用可能になります。
NPDA.PNA ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.PNA=
YES
NO
項目の意味 :
YES
PNA サポートを使用することを指定します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
133
NPDA.PNA
NO
PNA サポートを使用しないことを指定します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
NPDA.PRELOAD_BER
NPDA.PRELOAD_BER データは、Basic Encoding Rules (BER) データを NetView
プログラムに送信するデバイスまたはアプリケーションがネットワークまたはシス
テム内にある場合に使用します。
NPDA.PRELOAD_BER ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.PRELOAD_BER
NPDA.PRELOAD_BER =
NO
YES
項目の意味 :
YES
PRELOAD_BER データを NetView プログラムに送信することを指定します。
NO
PRELOAD_BER データを NetView プログラムに送信しないことを指定しま
す。これがデフォルトです。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA
コマンドを入力します。
NPDA.R (比率)
NPDA.R (比率) ステートメントを使用して、特定のリソースで最初にエラー・レコ
ードを受信したときに、比率の初期値またはデフォルト値を割り当てます。これら
のステートメントは、すでにハードウェア・モニター・データベースに含まれてい
るリソースの折り返しカウントおよび比率カウントを変更することはできません。
既存のリソースの折り返し値および比率の値を変更する場合は、明示的な SWRAP
コマンドおよび SRATIO コマンドを使用してください。これらのコマンドに関する
詳細については、NetView オンライン・ヘルプを参照してください。変更した値
は、以下の条件のいずれか 1 つが生じるまでは有効です。
v ハードウェア・アラート・データベースが再初期設定される。
v 特定のリソース、および接続されたすべてのリソースの、すべてのハードウェ
ア・アラート・レコードがパージされる。
v この値がは、SWRAP または SRATIO コマンドにより変更される。
134
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.R (比率)
NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするには、
CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマンドを入力
します。 CNMYSTYLE メンバーを変更した結果、使用するエクステントが追加さ
れた場合は、NetView プログラムを停止し、再始動します。
R ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.R (比率)
NPDA.R.suffix = rtype rname vvv
項目の意味 :
suffix
NPDA.R (RATIO) ステートメントを固有のものにするための必須の ID。コーデ
ィングされるそれぞれの R ステートメントについて、異なる接尾部を使用して
ください。
rtype
リソース・タイプを示します。リソース・タイプは、以下に準拠している必要が
あります。
v リソース階層レベル 2 では、有効なリソース・タイプは CBUS、FRLY、お
よび LAN だけです。
v リソース階層レベル 3 では、すべてのリソース・タイプが有効です。
v リソース階層レベル 4 では、LINE を除くすべてのリソース・タイプが有効
です。
v リソース階層レベル 5 では、すべてのリソース・タイプが有効です。
以下のリソース・タイプを指定できます。
LINE 回線
CTRL 回線のリモート・エンドにあるクラスター・コントローラー
LCTL プロセッサーに接続されたクラスター・コントローラー
LDEV リモートのクラスター・コントローラーに接続されたデバイス
LINK_ATT
リンク接続のリソース
CHAN_ATT
チャネル接続のリソース
rname
リソース名を指示します。この名前は、リソース・タイプに対応する単一名で
す。複数のリソースに同一のタイプおよび名前がある場合には、すべてが影響を
受けます。 rname 値は必須です。 rtype が、LINK_ATT または CHAN_ATT
である場合、rname はアスタリスク (*) でなければなりません。
vvv
rtype に指定された初期対トラフィック・エラー (E/T) の比率を示します。入力
できる最大の E/T 比率値は、250 です (NetView プログラムでは、25.0% と解
釈されます)。指定されていないリソースには、定義されている適切なデフォル
トの E/T 比率が割り当てられます。 E/T 比率のデフォルト値が定義されていな
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
135
NPDA.R (比率)
ければ、NetView プログラムは、指定されていないすべてのリンク接続リソー
スには 3.0% を、指定されていないチャネル接続の通信リソースには 1.0% を
使用します。
関連するステートメント: NPDA.W
NPDA.RATE
NPDA.RATE ステートメントを使用して、ハードウェア・モニター・データベース
にイベントをログ記録できる最大速度を設定します。この機能は、リソースからの
反復イベントのデータベース・ロギングを停止します。 RATE 機能は、イベントが
データベースで折り返される時間と、新しいイベント・レコードがデータベースに
記録される時間を比較します。速度フィルターは、その差が RATE ステートメント
に指定された時間よりも短い場合には、リソースからのイベントの記録をブロック
するように設定されています。 RATE 機能は、新しいイベント・レコードが記録さ
れる時間とオーバーライドされようとしているレコードとの差がマイナスの場合
は、アクションを取りません。これによって、RATE 機能が、損傷したデータベー
ス (システムの初期設定時に誤った日付を設定したことによって起こされたもの) に
よって、過度のフィルターを設定することを防ぎます。
NPDA.RATE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.RATE
NPDA.RATE = mm:ss
項目の意味 :
mm:ss
イベントが、記録されてからデータベースを折り返すことができるまでに経過す
る必要のある分数と秒数を示します。このイベント・レコードがデータベースを
折り返す時間が mm:ss より短い場合には、リソース名に RATE フィルターが
設定されます。
使用上の注意:
v NPDA.RATE ステートメントを使用しないと、速度値はゼロ (0) に設定されま
す。 0 の値は、RATE 機能をオフにします。
v 速度フィルターが設定されたときに、メッセージ BNJ045I が出されます。過度の
イベントを起こした原因が判別されたならば、フィルター・エントリーを削除し
てください。
v 折り返しカウントを 25 に設定した場合、1 秒につき 1 イベントという推奨され
る 折り返し速度カウントを受け取ります。折り返しカウントが少ないと、誤って
フィルターが設定され、メッセージが出される場合があります。
v 折り返しカウントが 0 または 1 のイベントでは、RATE 機能は実行されませ
ん。
v RATE 機能により設定される記録フィルターによってブロックされるイベント
は、自動化には送信されません。これらのイベントを自動化したい場合には、
CNMSTYLE で AUTORATE ステートメントを使用してください。 RATE 機能
136
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.RATE
で設定された記録フィルターによりブロックされるイベントを自動化するかどう
かの詳細については、 127 ページの『NPDA.AUTORATE』を参照してください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: NPDA.AUTORATE、NPDA.W
NPDA.REPORTS
NPDA.REPORTS ステートメントは、ハードウェア・モニターの初期設定時に、レ
ポート・ロギングを開始するかどうかを指定します。これらのレポート・レコード
は、システム管理機能 (SMF) データ・セット、または NetView プログラム出口ル
ーチンによって定義されたデータ・セットに書き込むことができます。サービス水
準報告プログラム (SLR) ライセンス・プログラムを用いて、このファイルから管理
レポートを生成します。
初期設定後は、REPORTS コマンドを出して、レポート・ロギングの設定を随時変
更します。
データベースに複数のレコードが書き出される結果となる、入力レコードからのデ
ータは、1 つのレポート・レコードに記録されます。外部ログ・レコード・フォー
マットは、「IBM Tivoli NetView for z/OS アプリケーション・プログラマーズ・ガ
イド」に記載されています。
NPDA.REPORTS ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.REPORTS
OFF
NPDA.REPORTS =
ON
XLO
項目の意味 :
OFF
レコード・ロギングが、初期設定時に自動的に開始されないことを示します。
OFF がデフォルトです。
ON
ハードウェア・モニターの初期設定時に、自動的にレコード・ロギングが開始す
ることを示します。レコードは、以下の両方の条件が満たされているハードウェ
ア・モニター入力レコードごとにログ記録されます。
v レポート・ロギングがサポートされている。
v イベントまたは統計記録 (ESREC) フィルターが渡されたか、あるいは
XITCI インストール・システム出口または自動化処理をとおして外部ロギン
グだけが指定された。
XLO
ハードウェア・モニターの初期設定時に、自動的にレコード・ロギングが開始す
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
137
NPDA.REPORTS
ることを示します。レコードは、以下の両方の条件が満たされているハードウェ
ア・モニター入力レコードごとにログ記録されます。
v レポート・ロギングがサポートされている。
v XITCI インストール・システム出口または自動化処理をとおして、外部ロギ
ングだけが指定された。
使用上の注意:
v NetView プログラムが 2 バイト文字セット (DBCS) に書き込んだ SMF ログに
対して SLR を実行するには、DBCS をサポートする SLR のリリースを入手し
てください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: DSTINIT、TASK
NPDA.SDDNM
NPDA.SDDNM ステートメントは、ハードウェア・モニターの 2 次データ・セット
を指定します。
NPDA.SDDNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.SDDNM=name
項目の意味 :
name
VSAM サービスによって使用される 2 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。デフォルトは BNJLGSE です。
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
NPDA.TECROUTE
NPDA.TECROUTE ステートメントは、イベント自動化サービス (E/AS) に関連付け
られる PPI 受信側の名前を指定します。
NPDA.TECROUTE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.TECROUTE=name
項目の意味 :
138
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.TECROUTE
name
PPI 受信側の名前。デフォルト値は、IHSATEC です。
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
NPDA.W (折り返し)
NPDA.W (Wrap) ステートメントを使用して、ハードウェア・モニター・データベ
ースでアラート用の初期折り返し値を割り当てます。これらのステートメントは、
ハードウェア・モニター・アラート・データベース上に存在しているリソースに対
しては、その折り返しと比率のカウントを変更しません。
W ステートメントに示される初期折り返しカウント値 (nnn) は、イベント (EV)、
統計 (ST)、アラート (AL)、MSU 相関 (MSU_CORR)、リソース相関
(RES_CORR)、および GMFALERT のデータ・タイプに指定することができます。
W ステートメントでは、値を 1 つのデータ・タイプに対してのみ指定することが
できます。したがって、複数のデータ・タイプに値を指定するには、複数の W ス
テートメントを使用します。折り返しカウントの値は、CNMSTYLE ファイルに設
定します。これらの値は、NPDA.W ステートメントが実行されるときに、
BNJMBDST サンプル・ファイルによって CNMSTYLE から呼び出されます。
イベントおよび統計折り返しカウント・ステートメントは、リソース・タイプ
(rtype) を指示していなければなりません。 CNMSTYLE のアラート (AL) ステート
メントは、ハードウェア・モニターおよび NPDA データベースに関するアラートの
折り返しカウントを設定します。
データベースで最初のエラー・レコードがアラート・ヒストリー・レコードに追加
されると、NPDA.W ステートメントは折り返しの初期値を割り当てます。折り返し
の初期値が設定されると、NPDA.W ステートメントが再び読み取られることはあり
ません。
NPDA.W ステートメントが読み取られた後にアラートがデータベース上で発生して
も、このステートメントは再び読み取られません。この時点以後、NetView あるい
はハードウェア・モニターのサイクルによって、CNMSTYLE 内の NPDA.W ステ
ートメントが読み取られることはありません。
既存のリソースの折り返し値を変更する場合は、SWRAP コマンドを使用します (ま
たは、ハードウェア・モニター・データベースを再初期設定します)。 SWRAP コマ
ンドの詳細については、NetView オンライン・ヘルプを参照してください。変更し
た値は、以下の条件のいずれか 1 つが生じるまでは有効のままです。
v ハードウェア・モニター・データベースが、再初期設定される。
v 特定のリソース、および接続されたすべてのリソースの、すべてのハードウェ
ア・モニター・レコードがパージされる。
v この値が、別の SWRAP コマンドにより変更される。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
139
NPDA.W (折り返し)
MSU、リソース相関、および GMFALERT 折り返しカウントは、SWRAP コマン
ドによっては変更できないことに注意してください。
NPDA.W ステートメントの構文は、次のとおりです。
NPDA.W (折り返し)
NPDA.W.suffix =
AL
EV
ST
100
nnnn
025
nnn
025
nnn
MSU_CORR
RES_CORR
GMFALERT
rtype
rtype
025
nnn
025
nnn
025
nnn
項目の意味 :
suffix
NPDA.W (折り返し) ステートメントを固有のものにするための必須 ID。コー
ディングされるそれぞれの折り返しステートメントについて、異なる接尾部を使
用してください。
AL
アラート・データ・タイプを示します。
100|nnnn
AL には、0 から 9999 の範囲の初期折り返しカウント値を選択しま
す。デフォルト値は、100 です。
EV
イベント・データ・タイプを指示します。
025|nnn
EV には、0 から 450 の範囲の初期折り返しカウント値を選択します。
デフォルト値は、025 です。
rtype
任意のハードウェア・モニター・パネルから HELP と入力すると、リ
ソース・タイプがリストされているヘルプにアクセスすることができま
す。ヘルプ・メニューで 3 を入力して、「共通フォーマット (Common
Format)」パネルにアクセスします。リソース・タイプのリストは、パネ
ル 4 から始まります。
ST
統計データ・タイプを指示します。
025|nnn
ST には、0 から 450 の範囲の初期折り返しカウント値を選択します。
デフォルト値は、025 です。
rtype
140
ハードウェア・モニター・パネルから HELP と入力すると、リソー
ス・タイプがリストされている任意のヘルプにアクセスすることができ
アドミニストレーション・リファレンス
NPDA.W (折り返し)
ます。ヘルプ・メニューで 3 を入力して、「共通フォーマット
(Common Format)」パネルにアクセスします。リソース・タイプのリス
トは、パネル 4 から始まります。このパネルにもっと速くアクセスす
るには、? TYPE と入力します。ただし、TYPE という語が特定のパネ
ルの見出しに入っている場合は、この方法は働きません。
MSU_CORR
MSU 相関データ・タイプを指示します。
025|nnn
MSU 相関レコードには、0 から 450 の範囲の初期折り返しカウント値
を選択します。ハードウェア・モニターは、ハードウェア・モニターが
受け取った入力レコードに、1 つ以上の MSU 相関 X'47' サブベクト
ル、あるいは 1 つ以上のインシデント識別 X'4A' サブベクトルが含ま
れていると、これらのレコードを作成します。これらのレコードは、イ
ベント・レコードと他のイベント・レコードを相互に関連付けます。ハ
ードウェア・モニターは、相関イベント・パネル (NPDA-41B) を作成す
る際に MSU レコードを使用します。 (これらのサブベクトルの詳細に
ついては、「SNA ライブラリー」を参照してください。)
折り返しカウントは、それぞれの固有の相関係数に適用されます。例え
ば、折り返しカウントが 25 で、ハードウェア・モニターが相関係数 A
が入っている 20 の入力レコード、および相関係数 B が入っている 25
の入力レコードを受け取った場合、ハードウェア・モニターは、相関係
数 A に 20 の MSU 相関レコードを作成し、相関係数 B には 25 の追
加 MSU 相関レコードを作成します。 26 番目の入力レコードに相関係
数 B が入っていると、相関係数 B の 25 の折り返しカウントが有効に
なり、B の最古の MSU 相関レコードは消去されます。
デフォルト値は、025 です。
RES_CORR
リソース相関データ・タイプを示します。
025|nnn
リソース相関レコードには、0 から 450 の範囲の初期折り返しカウン
ト値を選択します。リソース相関レコードが受け取る入力レコードごと
に、ハードウェア・モニターは、障害のあるリソースの名前を判別し、
その障害のあるリソース名に対してリソース相関レコードを作成しま
す。また、入力レコードに、階層/リソース・リスト X'05' サブベクトル
と、関連する階層/リソース・リスト X'11' サブフィールドが含まれてい
ると、ハードウェア・モニターは、サブフィールド X'11' リソース・リ
ストにある各リソース名に対して、リソース相関レコードを作成しま
す。これらのレコードは、イベント・レコードと他のイベント・レコー
ドを相互に関連付けます。ハードウェア・モニターは、リソース別相関
イベント・パネル (NPDA-41B) を作成する際にこれらのレコードを使用
します。
この折り返しカウントは、それぞれの固有のリソース名に適用されま
す。例えば、折り返しカウントが 25 で、ハードウェア・モニターが障
害のあるリソース名 A が入っている 20 の入力レコード、および障害
のあるリソース名 B が入っている 25 の入力レコードを受け取った場
合、ハードウェア・モニターは、名前 A に 20 のリソース相関レコー
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
141
NPDA.W (折り返し)
ドを作成し、B には 25 の追加レコードを作成します。 26 番目の入力
レコードが受け取られ、それに障害のあるリソース名 B が含まれてい
ると、名前 B の 25 の折り返しカウントが有効になり、 B の最古のリ
ソース相関レコードは消去されます。
デフォルト値は、025 です。
GMFALERT
NetView 管理コンソールによってモニターされる RODM ごとに、NPDA デー
タベースに保管されるレコード数を示します。
025|nnn
NetView 管理コンソールによってモニターされるリソースごとに、0 か
ら 256 の範囲の初期折り返しカウント値を選択します。
デフォルト値は、025 です。
使用上の注意:
v リソース・タイプ LAN および RING については、デフォルトの折り返しカウン
トは 100 です。
v rtype に折り返しカウントを指定しても、影響を受けるのは、最低 (右端) レベル
のアラート階層が rtype の値と一致するイベントだけです。
v NPDA.W ステートメントは、ハードウェア・モニター・データベースに関連レコ
ードがない場合にのみ、有効になります。関連レコードが存在する場合、
NPDA.W 設定値は無視されます。
例えば、最後のアラートが記録されたときにハードウェア・モニター・データベ
ースにアラート・レコードが含まれており、有効な AL 折り返しカウントが 100
だった場合、NPDA.W ステートメントを使用して折り返しカウントをリセットす
ることはできません。折り返しカウントを変更するには、NPDA SWRAP コマン
ドを使用します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NPDA コマン
ドを入力します。
関連するステートメント: TASK、NPDA.RATE
NQNSUP.USE
NQNSUP.USE ステートメントは、この NetView プログラムで実行されている
NetView 管理サービス・トランスポートが、管理サービス・データのすべての送受
信要求にネットワーク修飾名を使うかどうかを制御します。
NQNSUP.USE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NQNSUP.USE
NQNSUP.USE=
項目の意味 :
142
アドミニストレーション・リファレンス
NO
YES
NQNSUP.USE
NO
LU 6.2 API では LU 名で十分であることを指定します。 NO がデフォルトで
す。
YES
LU 6.2 送信要求で NETID を提供できることを指定します。 NETID を指定し
ない場合は、ローカル・ネットワーク名が使用されます。このサポートを使用す
れば、この NetView プログラムと通信している他のネットワーク内で、重複す
る LU 名を使用することが許可されます。
使用上の注意: NetView プログラムの初期設定後に NQNSUP の値を変更する場合
は、NetView プログラムをリサイクルして、変更を有効にしなければなりません。
NRM.CMODE
NRM.CMODE ステートメントは、NetView Resource Manager 機能に対する
NetView ホスト間の通信モードを指定します。
NRM.CMODE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.CMODE
NRM.CMODE.number=
IP
SNA
項目の意味 :
number
複数の NRM.CMODE 値を指定できることを指示するゼロ以外の数値。最初の
NRM.CMODE ステートメントは、番号 1 から始め、追加するステートメント
には、連続して昇順 (2、3、4、...) に番号付けをする必要があります。
IP IP 通信モードを使用することを指示します。
SNA
SNA 通信モードを使用することを指示します。
使用上の注意:
v すべてのホスト宛先で同じ通信モードを使用したい場合は、SNA または IP のい
ずれか 1 つの値を指定することができます。 SNA と IP の両方の通信モードが
使用される場合は、NRM.HOSTDEST 値ごとに NRM.CMODE 値を指定しなけれ
ばなりません。
v NRM.HOSTDEST を指定しない場合、NRM.CMODE は無視されます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.CONNINT
NRM.CONNINT ステートメントは、マネージャーとエージェント・ホスト間の通信
を確立するときの、接続再試行の間隔を指定します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
143
NRM.CONNINT
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
NRM.CONNINT ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.CONNINT
NRM.CONNINT=seconds
項目の意味 :
seconds
0 から 1440 の範囲の秒数を指定します。この値が 0 であると、時間遅延なし
で再試行が連続して行われます。デフォルトは 180 です。
使用上の注意:
v NRM.CONNINT は、NRM.CONNRETRY と一緒に使用されます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.CONNRETRY
NRM.CONNRETRY ステートメントは、マネージャーとエージェント間の通信が失
敗したときに接続を再試行する回数を指定します。
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
NRM.CONNRETRY ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.CONNRETRY
NRM.CONNRETRY=retries
項目の意味 :
retries
0 から 10 の範囲の値を指定します。デフォルトは 3 です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM
コマンドを入力します。
NRM.HBRETRY
NRM.HBRETRY ステートメントは、マネージャーがエージェントとの接続をテスト
する間隔を指定します。
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
144
アドミニストレーション・リファレンス
NRM.HBRETRY
NRM.HBRETRY ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.HBRETRY
NRM.HBRETRY=seconds
項目の意味 :
seconds
30 から 600 の範囲の秒数を指定します。デフォルトは 30 です。
使用上の注意:
v NRM.HBRETRY は、NRM.TYPE=MGR の場合のみ有効です。
v NetView Resource Manager が、接続が失われていることを判別した場合、そのド
メインのすべてのリソースの状況は UNKNOWN (不明) になります。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.HOSTDEST
NRM.HOSTDEST ステートメントは、このエージェント・ホストの状況を示すマネ
ージャー・ホストを指定します。 HOSTDEST は、マネージャー・ホストまたはエ
ージェント・ホストに対し指定できます。
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
NRM.HOSTDEST ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.HOSTDEST
NRM.HOSTDEST.number= destination
項目の意味 :
number
複数の NRM.HOSTDEST 値を指定できることを指示するゼロ以外の数値。最初
の NRM.HOSTDEST ステートメントは、番号 1 から始め、追加するステート
メントには、連続して昇順 (2、3、4、...) に番号付けをする必要があります。
|
destination
このエージェントとマネージャー・ホスト間の通信モード (NRM.CMODE を参
照) が SNA の場合、destination の値は、そのマネージャーの NetView ドメイ
ンになります。このエージェントとマネージャー・ホスト間の通信モードが IP
の場合、destination の値は IP アドレスまたはホスト名になります。
使用上の注意:
v NRM.TYPE=AGENT が指定されている場合は、NRM.HOSTDEST が必要です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
145
NRM.HOSTDEST
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.PORT
NRM.PORT ステートメントは、各 NRM.HOSTDEST における DSIRTTR タスクの
ポート番号を指定します。
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
NRM.PORT ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.PORT
NRM.PORT.number= port_number
項目の意味 :
number
複数の NRM.PORT 値を指定できることを指示するゼロ以外の数値。最初の
NRM.PORT ステートメントは、番号 1 から始め、追加するステートメントに
は、連続して昇順 (2、3、4、...) に番号付けをする必要があります。
port_number
1 から 65535 の範囲の値を指定します。デフォルトは 4021 です。
使用上の注意:
v 指定したポート番号が 1 つのみの場合は、そのポート番号はすべての IP ホスト
宛先に使用されます。
v SNA と IP の両方の通信モードが使用される場合は、IP 通信を使用する
NRM.HOSTDEST 値ごとに NRM.PORT 値を指定します。
v NRM.PORT は、NRM.CMODE=IP の場合のみ有効です。 NRM.CMODE=SNA を
使用して NRM.HOSTDEST を指定する場合は、NRM.PORT ステートメントはコ
メント化したままにしておきます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.RESET
NRM.RESET ステートメントは、すべての NetView Resource Manager オブジェク
トを NetView Resource Manager 初期設定時に初期状況に設定したいかどうかを指
定します。
NRM.RESET ステートメントの構文は、次のとおりです。
146
アドミニストレーション・リファレンス
NRM.RESET
NRM.RESET
NRM.RESET=
NO
YES
項目の意味 :
NO
NetView Resource Manager の初期設定時に初期状況を設定しないことを指定し
ます。これがデフォルトです。
注: エージェントがマネージャーに状況を通信すると、NetView Resource
Manager オブジェクトは正しい状況に更新されます。
YES
オブジェクトの状況を、CNMSTYLE の DISPLAY STATUS セクション下の
NRM.STATUS.RESET で指定された状況に設定することを指示します。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM
コマンドを入力します。
NRM.SAMPLERATE
NRM.SAMPLERATE ステートメントは、この NetView Resource Manager ホストの
完全なデータを要求する頻度を指定します。
NRM.SAMPLERATE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.SAMPLERATE
NRM.SAMPLERATE=minutes
項目の意味 :
minutes
0 から 1440 の範囲で分数 (時間) を指定します。デフォルトは 0 で、サンプ
リングなしです。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM
コマンドを入力します。
NRM.STATUS
NRM.STATUS ステートメントは、NetViewResource Manager オブジェクトに使用す
る表示状況値を指定します。
NRM.STATUS ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
147
NRM.STATUS
NRM.STATUS
NRM.STATUS.state=status
項目の意味 :
state
NetView Resource Manager オブジェクトの状態を示します。詳細については、
CNMSTYLE を参照してください。
status
表示状況値を示します。詳細については、CNMSTYLE を参照してください。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM
コマンドを入力します。
NRM.TYPE
NRM.TYPE ステートメントは、このホストがマネージャーであるか、エージェン
ト・ホストであるかを指定します。
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
NRM.TYPE ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.TYPE
NRM.TYPE=
AGENT
MGR
項目の意味 :
AGENT
このホストはローカル・ホスト情報を 1 つ以上のマネージャー・ホストに転送
することを指示します。
MGR
このホストは、NetView 管理コンソールに表示するために、情報を RODM に
保管することを指示します。これがデフォルトです。
使用上の注意:
v MGR を指定する場合は、RODMname 値も指定しなければなりません。
v デフォルトでは、マネージャーは自分自身のエージェントです。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
148
アドミニストレーション・リファレンス
NRM.XCLDOM
NRM.XCLDOM
NRM.XCLDOM ステートメントは、マネージャー・ホストがモニターしないドメイ
ンを指定します。
このステートメントは、CNMSTYLE にコーディングされて、NetView Resource
Manager 機能で使用されます。
NRM.XCLDOM ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.XCLDOM
,
NRM.XCLDOM=( domainid
)
項目の意味 :
domainid
1 から 5 文字の長さのドメイン名を指定します。ドメイン名にはワイルドカー
ド文字を指定することもできます。
使用上の注意:
v 指定する値が 1 つのみの場合は小括弧は必要ありません。値が複数の場合は、小
括弧で囲み、ブランクまたはコンマで区切る必要があります。
v NRM.XCLDOM は、NRM.TYPE=MGR の場合のみ有効です。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.XCLSRC
NRM.XCLSRC ステートメントは、NetView Resource Manager で使用したい除外リ
ストのセット (ある場合) を指定します。
NRM.XCLSRC ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.XCLSRC
NRM.XCLSRC=
CTL
VARS
項目の意味 :
CTL
すでに有効であった除外リストを使用することを示します。この値を指定して、
NetView Resource Manager 呼び出し全体に渡って動的に定義した除外リストを
保持します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
149
NRM.XCLSRC
VARS
CNMSTYLE で定義されている除外リストを使用することを示します。 VARS
を指定すると、以前設定した除外リストはすべてオーバーライドされます。これ
がデフォルトです。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM
コマンドを入力します。
NRM.XCLTASKN
NRM.XCLTASKN ステートメントは、 NetView Resource Manager でモニターしな
いタスクを指定します。
NRM.XCLTASKN ステートメントの構文は、次のとおりです。
NRM.XCLTASKN
,
NRM.XCLTASKN=( task_name
)
項目の意味 :
task_name
1 から 8 文字の長さのタスク名を指定します。タスク名にはワイルドカード文
字を指定することもできます。
使用上の注意:
v 指定するタスクが 1 つのみの場合は小括弧は必要ありません。値が複数の場合
は、小括弧で囲み、ブランクまたはコンマで区切る必要があります。
v NRM.XCLTASKN は、NetView Resource Manager エージェントの機能であり、
ローカルの NetView ホストにのみ適用できます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
NRM.XCLTASKT
NRM.XCLTASKT ステートメントは、NetView Resource Manager がモニターしない
タスクのタイプを指定します。例えば、NRM.XCLTASKT=OST を指定すると、すべ
てのオペレーター端末タスク (OST) が NetView Resource Manager によるモニター
から除外されます。
NRM.XCLTASKT ステートメントの構文は、次のとおりです。
150
アドミニストレーション・リファレンス
NRM.XCLTASKT
NRM.XCLTASKT
,
NRM.XCLTASKT=( task_type
)
項目の意味 :
task_type
有効なタスク・タイプは次のとおりです。
v DST
v HCT
v MNT
v NNT
v OPT
v OST
v PPT
使用上の注意:
v 指定するタスク・タイプが 1 つのみの場合は小括弧は必要ありません。値が複数
の場合は、小括弧で囲み、ブランクまたはコンマで区切る必要があります。
v NRM.XCLTASKT は、NRM エージェントの機能であり、ローカルの NetView ホ
ストにのみ適用できます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE NRM コマンド
を入力します。
OpDsPrefix
OpDsPrefix ステートメントは、共通グローバル変数 OpDsPrefix をオペレーター・
データ・セット接頭部に設定します。
OpDsPrefix ステートメントの構文は、次のとおりです。
OpDsPrefix
OpDsPrefix=prefix
項目の意味 :
prefix
データ・セット接頭部を指定します。デフォルトの命名規則は NETVIEW.OPDS で
す。
使用上の注意:
v オペレーター・データ・セットの定義の詳細については、「IBM Tivoli NetView
for z/OS インストール: 追加コンポーネントの構成」を参照してください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
151
OpDsPrefix
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE OPDSPREFIX
コマンドを入力します。
PKTS.STORAGE
PKTS.STORAGE ステートメントは、NetView プログラムによって収集されるパケ
ット・トレース・データに割り当てるデータ・スペース・ストレージのメガバイト
数を指定します。
PKTS.STORAGE ステートメントの構文は、次のとおりです。
PKTS.STORAGE
PKTS.STORAGE.stackname=storg
項目の意味 :
stackname
Communications Server によって定義される TCP/IP スタック名。
storg
割り振るデータ・スペース・ストレージのメガバイト数。この値は正または負の
整数なければならず、その後に M の文字を続ける必要があります。正の値は、
パケット・ストレージが折り返すことを指示します。つまり、ストレージ域が満
杯になったときに、パケットが到着すると、もっとも古いパケットがパージされ
ます。負の値は、パケット・ストレージが折り返さないことを指示します。すな
わち、ストレージ域が満杯になると、収集プロセスは、STOPCOLL の場合と同
様に停止します (詳細については、PKTS コマンドのオンライン・ヘルプを参照
してください)。最小整数値は 16M、最大整数値は 2047M です。デフォルト値
は 16M です。
注: このステートメントは、NetView の初期化中に INIT.PKTS ステートメントを使
用して、パケット・トレース・データの収集が自動的に開始される場合にのみ
適用されます。手動でデータ収集を開始する際に、ストレージ割り振りを指定
するには、PKTS START コマンドで STORAGE キーワードを使用してくださ
い。 (詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I
巻」を参照してください。)
POLICY
POLICY ステートメントは、NetView プログラムの初期設定時にポリシー・リポジ
トリーに定義をロードします。
POLICY ステートメントの構文は、次のとおりです。
POLICY.name=policy_file
項目の意味 :
152
アドミニストレーション・リファレンス
POLICY
name
各ポリシー・アプリケーションで定義されている任意の一組の文字を指定しま
す。
policy_file
ポリシー定義が入っている DSIPARM 内のファイル名を指定します。
使用上の注意:
v NetView プログラムは、以下のポリシー・ファイルを提供しています。
表 7. NetView ポリシー・ファイル
CNMSTYLE ステートメント
コンポーネント
POLICY.&DOMAIN = NVPOLICY
ベース NetView
POLICY.NETVIEW = CNMPOLCY
ベース NetView
POLICY.AON = EZLCFG01
AON
POLICY.GRAPHICS = DUIPOLCY
グラフィックス
v 必要に応じて、1 つ以上の POLICY ステートメントをもつことができます。
v ポリシー・ファイルの詳細については、次の資料を参照してください。
– 337 ページの『第 4 章 Automated Operations Network の定義』
– 「IBM Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイド」
– POLICY コマンドのオンライン・ヘルプ
PWD
PWD ステートメントを使用すると、特権権限環境でデータ REXX 関数または
REXX コマンドと一緒に使用するパスワードを定義できます。データ REXX 関数
は、BROWSE コマンドなどの非特権コマンドによってメンバーが読み取り中になっ
ていない限り、必ず特権を持ちます。コマンドは、NetView プロセスによって呼び
出された場合 (auxInitCmd と同様に)、または AUTBYPAS 呼び出しが特権を呼び出
すのに成功した場合に特権を持ちます。データ REXX 関数および REXX コマンド
は、getpw() 関数呼び出しを使用して、パスワードを取得します。
PWD ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
PWD
|
PWD
. name
= password
.suffix
|
項目の意味 :
|
|
|
|
|
|
|
name
定義されているパスワードに関連付けられる名前。 name 変数は、1 から 8 文
字からなる任意のシーケンスであることが可能です。この文字は、英数字あるい
は 3 つの国別文字 (アットマーク (@)、番号記号 (#)、またはドル記号 ($)) を
任意に組み合わせたものであることが可能です。 name 変数は、NetView プロ
グラムに定義されたオペレーター ID などの ID である必要はありません。大
文字のみを使用してください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
153
PWD
suffix
name の末尾に付加できる修飾子。これは、複数のパスワードが同じ name に関
連付けられている場合に使用します。
v .P で修飾される名前をプライマリーと呼びます。
v .S で修飾される名前をセカンダリーと呼びます。
password
name、name.P、または name.S に関連付けられているパスワード。パスワード
には、1 から 24 の大/小文字の区別がある英数字または記号の任意の組み合わ
せを使用できます。ただし、ブランク、等号、& 記号、ピリオド、より小記
号、印刷不能文字 (00x - 3F) は除きます。
|
|
|
|
使用上の注意:
v パスワードを隠すためには、PWD ステートメントをメンバー CNMSTPWD に組
み込んでください。 CNMSTPWD を、BROWSE コマンドによって表示されるこ
とから保護するには、READSEC を使用することができます。
v サンプル CNMSTPWD には、変更および使用可能なパスワード・ステートメント
が含まれています。
例
|
v PWD.mytask = pw1
この後、getpw(’mytask’) は pw1 を返します
|
|
v PWD.DSILOG.P = pw2
この後、getpw(’DSILOG’,’P’) は pw2 を返します
|
|
v PWD.DSILOG.S = pw3
この後、getpw(’DSILOG’,’S’) は pw3 を返します
|
RCMRODMUser
RCMRODMUser ステートメントは、RODM アプリケーション ID をグローバル変
数として指定します。 RODM アプリケーション ID は、RODM コレクション・マ
ネージャー (RCM) が RODM にサインオンする場合に使用されます。
RCMRODMUser ステートメントの構文は、次のとおりです。
RCMRODMUser
RCMRODMUser=applid
項目の意味 :
applid
1 から 5 文字の RODM アプリケーション ID を指示します。
使用上の注意:
v applid は、RODM へのサインオン権限、および RODM データの作成および変更
権限を持つ SAF 許可ユーザー ID に設定します。
154
アドミニストレーション・リファレンス
REXEC
REXEC
REXEC ステートメントは、REXEC サーバーの TCP/IP 定義を定義します (タスク
DSIRXEXC、メンバー DSIREXCF)。
REXEC ステートメントの構文は、次のとおりです。
REXEC
REXEC.
TCPANAME = name
PORT = port
SOCKETS = number
項目の意味 :
TCPANAME = name
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。デフォルトは &CNMTCPN で
す。
PORT = port
DSIREXCF が接続要求を待機するポート番号を定義します。デフォルトは 512
です。
SOCKETS = number
同時ユーザーの最大数を指定します。デフォルトは 50 です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE
REXEC コマンドを入力します。
RMTINIT
CNMSTYLE の RMTINIT ステートメントを使用すれば、サポートされている通信
モード (SNA LU 6.2 および TCP/IP) を使用可能にし、通信用の追加情報を提供し
ます。
RMTINIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
RMTINIT
|
RMTINIT.
SECOPT=
*NONE*
*SAF*
tblname
SAFrefresh= YES
NO
SNA=
YES
NO
IP=
YES
NO
TCPNAME=ipname
PORT=portnum
SOCKETS=socketnum
KEEPALIVE=seconds
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
155
RMTINIT
項目の意味 :
RMTINIT.SECOPT
RMTINIT.SECOPT は、RMTCMD 処理および ENDTASK 処理に使用したいセ
キュリティーのタイプを指定します。指定したセキュリティーを使用して、どの
ドメイン内のどのオペレーターが、ユーザーのドメインの自動タスクを使用して
RMTCMD セッションを確立および終了できるかを制御します。 REFRESH コ
マンドを使用して、NetView プログラムおよび RMTCMD データ・サービス・
タスク (DSIUDST) の稼働中に、RMTCMD セキュリティーを変更することがで
きます。指定できる値は、次のいずれかです。
*NONE*
セキュリティー検査が行われないことを指定します。 NetView のオペ
レーターは、どのネットワークおよびドメインからでも、RMTCMD ま
たは ENDTASK を使用して、任意の自動タスクを開始または停止する
ことができます。 NetView と共に出荷されるサンプルの CNMSTYLE
メンバーでは、*NONE* が指定されます。
*SAF* 初期 RMTCMD 要求および ENDTASK 要求の許可検査で SAF 製品の
RMTOPS クラスを呼び出すことを指定します。すでに RMTCMD セキ
ュリティー・テーブルが使用中であれば、テーブルのストレージは再利
用されます。
tblname
RMTCMD セキュリティー検証で使用される 1 から 8 文字のテーブル
名を指定します。テーブル作成方法の追加情報については、「IBM
Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参照してく
ださい。 RMTCMD セキュリティー検証テーブルの NetView 提供のサ
ンプルは DSISECUR です。
RMTINIT.SAFrefresh=YES|NO
REFRESH コマンドによって、セキュリティー・オプションを TABLE または
NONE から SAF に動的に変更することができるかどうかを指定します。
YES
REFRESH コマンドでセキュリティー・レベルを SAF に変更できるこ
とを指定します。これがデフォルトです。
NO
REFRESH コマンドによって、セキュリティー・レベルを SAF に変更
できないことを指定します。 NO を指定すると、NetView プログラム
は、RMTCMD 許可検査で RACROUTE マクロを使用できる安全保護環
境を確立しようとしません。セキュリティー・レベルを SAF と指定し
た場合には、SAFREFSH=NO は無効です。
RMTINIT.SNA
SNA LU 6.2 リモート・オペレーションが使用可能になっているかどうかを指
定します。
RMTINIT.IP
TCP/IP リモート・オペレーションが使用可能になっているかどうかを指定しま
す。
RMTINIT.TCPNAME
リモート・オペレーションに使用する TCP/IP スタックの名前を指定します。
RMTINIT.IP が yes の場合には、このステートメントは読み取り専用です。
156
アドミニストレーション・リファレンス
RMTINIT
RMTINIT.PORT
DSIUDST のバインド先であり、リモート・オペレーション接続要求を受信する
ポート番号を指定します。 RMTINIT.IP が yes の場合には、このステートメン
トは読み取り専用です。
portnum
0 から 65535 までの数。 0 を指定すると、TCP/IP がポート番号を割り当
てるように要求します。
RMTINIT.SOCKETS
TCP/IP リモート・オペレーションをサポートするのに、DSIUDST で使用可能な
ソケットの最大数を提供します。 RMTINIT.IP が Yes の場合には、このキーワ
ードは読み取り専用です。
socketnum
50 から 2000 の数。
|
|
|
|
|
|
|
RMTINIT.KEEPALIVE
TCP/IP ベースの RMTCMD 接続が終了した後に、他の任意の NetView ドメイ
ンとの TCP/IP ベースの RMTCMD 接続のために失われる TCP/IP 通信の概算
秒数。この関数は、TCP/IP ソケットの TCP_KEEPALIVE オプションで使用さ
れる値を設定します。様々な TCP_KEEPALIVE 値の動作について詳しくは、
「Communications Server: IP Programmer’s Guide and Reference」マニュアルを
参照してください。
|
|
seconds
0 から 300 の値。値 0 を指定すると、この関数は無効になります。
RMTSYN
CNMSTYLE の RMTSYN ステートメントは、PIPE ROUTE ステージおよび
RMTCMD コマンドと LABEL コマンドが通信に使用するプロトコルを指定しま
す。
RMTSYN ステートメントの構文は、次のとおりです。
RMTSYN
RMTSYN. netid. domain
=
domain_name
/port_number
IP_address
/port_number
SNA
項目の意味 :
netid
domain が含まれている 1 から 8 文字のネットワークの名前を指定します。
domain
リモート NetView ドメインの 1 から 5 文字の名前を指定します。
domain_name
リモート NetView のサイトに対する標準 TCP/IP ホストおよびドメイン名を指
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
157
RMTSYN
定します。 TCP/IP を使用して通信を行う場合は、ドメイン名の後ろにポート番
号を続けることができます。ドメイン名は、初期設定の主要部分の後で、IP ア
ドレスに解決されます。
port_number
ポート番号を指定します。スラッシュ (/) が、port_name を domain_name また
は IP_address から分離します。デフォルトのポート番号は 4022 です。
IP_address
指定された domain と通信する場合に使用される表記で TCP/IP アドレスを指定
します。アドレスの後ろにポート番号を続けることができます。
|
|
SNA
指定した domain との通信に SNA LU 6.2 を使用することを指定します。これ
がデフォルトです。
使用上の注意:
v 次に、ドメイン名を使用する RMTSYN ステートメントの例を示します。
RMTSYN.USIBMNT.NTV7E = nmpipl02.raleigh.ibm.com/4022 // resolve later
v 次に、IP アドレスとデフォルト・ポートを使用する RMTSYN ステートメントの
例を示します。
RMTSYN.USIBMNT.NTV6D = 9.67.50.22
// IP address & default port
v 次に、LU 6.2 を使用するセッションの RMTSYN ステートメントの例を示しま
す。
RMTSYN.USIBMNT.NTVAA = SNA
// use LU6.2 for this domain
RODMname
RODMname ステートメントは、RODM 名をグローバル変数として指定します。
RODMname ステートメントの構文は、次のとおりです。
RODMname
RODMname=RODM_name
項目の意味 :
RODM_name
1 から 5 文字の RODM 名を指示します。
使用上の注意:
v RODM を使用していない場合、このステートメントは無視されます。
v SYS1.PARMLIB メンバー IEASYMxx でシステム・シンボル &CNMRODM を設
定する場合は、このステートメントを更新しないでください。
v GMFHS を使用している場合は、このステートメントで指定したのと同じ RODM
名を DUIGINIT メンバーで指定してください。
158
アドミニストレーション・リファレンス
ROUTECDE
ROUTECDE
ROUTECDE ステートメントは、WTO および WTOR コマンドまたはマクロが宛先
コードを指定していない場合に、これらのコマンドまたはマクロを使用して出され
る NetView メッセージに割り当てられる単一の宛先コードを指定します。
ROUTECDE ステートメントの構文は、次のとおりです。
ROUTECDE
ROUTECDE =
1
code
項目の意味 :
code
割り当てられる宛先コード。デフォルト値は 1 です。
使用上の注意:
v スタイル・シート処理が完了する前に出されるすべてのメッセージは、1 のデフ
ォルト ROUTECDE を使用します。このフィールドも共通グローバル変数
ROUTECODE の設定値になります。
RRD
RRD ステートメントは、START TASK コマンドを使用して NNT クロスドメイ
ン・セッションを開始する場合に使用できるドメインを示します。 RRD ステート
メントは、NetView プログラムに、特定のクロスドメイン・リソースが入っている
ドメインを通知します。
RRD ステートメントの構文は、次のとおりです。
RRD
RRD.
domainid=*
domainid=*NONE*
項目の意味:
domainid
この NetView プログラムが NNT クロスドメイン・セッションを開始できる、
ドメインの 1 から 5 文字の NetView プログラム ID を指示します。 domainid
の値は、他のドメインの NetView プログラム ID と一致していなければなりま
せん。 * および *NONE* の値は、リソースがないことを意味します。
相互接続ネットワークでは、相互にセッション中である NetView システムはす
べて、それぞれ固有の ID (別名であってはならない) をもたなければなりませ
ん。
使用上の注意:
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
159
RRD
v RMTCMD コマンドで開始した分散自動タスクとの会話は、RRD ステートメント
に影響されません。
RSH
RSH ステートメントは、RSH サーバーの TCP/IP 定義を定義します (タスク
DSIRSH、メンバー DSIRSHCF)。
RSH ステートメントの構文は、次のとおりです。
RSH
RSH.
PORT = port
SOCKETS = number
項目の意味 :
PORT = port
DSIRSH が接続要求を待機するポート番号を定義します。デフォルトは、514
です。
SOCKETS = number
同時ユーザーの最大数を指定します。デフォルトは 50 です。
使用上の注意:
v RSH は、TCP/IP アドレス・スペース名の値に対して TCPname ステートメント
での値を使用します。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE RSH コマンド
を入力します。
RTNDEF.BASE.AGENT
RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントは、リソース・ディスカバリー完了メッセ
ージをこの SYSPLEX メンバーに送る送信元の SYSPLEX メンバー名を指定しま
す。少なくとも 1 つの RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントを持つ NetView プ
ログラムは、Resource Discovery Nucleus と呼ばれます。ご使用の SYSPLEX に対
して複数の Resource Discovery Nuclei (Nucleus の複数) を定義することができま
す。
RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.AGENT.sysname= netid.domain
項目の意味 :
sysname
SYSPLEX メンバー名。
netid
domain が含まれている 1 から 8 文字のネットワークの名前を指定します。
160
アドミニストレーション・リファレンス
RTNDEF.BASE.AGENT
domain
SYSPLEX 内の 1 から 5 文字の NetView ドメインの名前を指定します。
使用上の注意:
v この Resource Discovery Nucleus に状況を転送する SYSPLEX メンバーごとに
RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントをコーディングしてください。そのシス
テム上の NetView プログラムは、経路コード 38 を持つ WTO を使用して、情
報を転送します。これにより、複数のシステムからの情報を中央の SYSPLEX メ
ンバーで収集することが可能になります。
v 収集されたデータは、NetView 管理コンソール および NetView Web アプリケー
ションの SYSPLEX IP スタック管理で使用されます。
v ご使用の SSI アドレス・スペースは、すべてのシステムでアクティブでなければ
なりません。メッセージ DSIIF001I を抑止しないでください。
v CNMSTYLE で function.autotask.autoip ステートメントに対して定義される自動タ
スクは、RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントで定義される NetView ドメイン
へのリモート・コマンド (RMTCMD) セキュリティー・アクセス権をもっている
必要があります。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティ
ー・リファレンス」の RMTSEC の説明を参照してください。
|
|
|
注: RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントで指定されたシステムと
RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントが含まれているシステムの両方で、
DSIUDST タスクを定義し、アクティブにしてください。
v MVSPARM.MSGIFAC = SSIEXT (デフォルト) として使用している場合は、必要
に応じて、自動化のために、他のメッセージが Resource Discovery Nucleus に転
送されるようにすることができます。 RTNDEF.BASE.AGENT ステートメントに
定義される任意の SYSPLEX メンバー上で、メッセージ改訂テーブルを使用可能
にしてから、REVSION のアクションを使用して経路コード 38 を転送したいメ
ッセージに設定してください。
注: これらのメッセージの SYSID を検出するために、ユーザーのメッセージ自
動化テーブルに適切な変更を行ってください。
v MVSPARM.MSGIFAC = SYSTEM を使用している場合、RTNDEF.BASE.AGENT
ステートメントで定義された任意の SYSPLEX メンバー上で自動化に指定された
すべてのメッセージは、この Resource Discovery Nucleus に転送されます。
注: これらのメッセージの SYSID を検出するために、ユーザーのメッセージ自
動化テーブルに適切な変更を行ってください。
v もう 1 つの MVSPARM.MSGIFAC 値 (システムあるいは SSIEXT ではない) を
使用している場合は、Resource Discovery はサポートされません。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
161
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.APPL
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.APPL
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.APPL ステートメントは、アプリケーション情報に対
してデータ収集プログラムを指定します。
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.APPL ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.APPL=CNMEDCAP
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.STACK
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.STACK ステートメントは、スタック情報に対してデ
ータ収集プログラムを指定します。
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.STACK ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.STACK=CNMEDCST
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.SYSTEM
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.SYSTEM ステートメントは、システム情報に対してデ
ータ収集プログラムを指定します。
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.SYSTEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.COLLECTOR.SYSTEM=CNMEDCSY
RTNDEF.BASE.HB.APPL
RTNDEF.BASE.HB.APPL ステートメントは、ディスカバーされたリモート NetView
アプリケーションの接続の検査を定義する際に使用される時間間隔を指定します。
RTNDEF.BASE.HB.APPL ステートメントの構文は、次のとおりです。
00:03:00
RTNDEF.BASE.HB.APPL=
hh:mm:ss
項目の意味 :
hh:mm:ss
接続の検査を行う間隔を時間 (24 時間クロック)、分、および秒単位で指示しま
す。初期デフォルト値は、00:03:00 (3 分) です。
使用上の注意: 接続が失われた場合、NetView アプリケーションによって報告され
るすべてのリソースは UNKNOWN という状況になります。
162
アドミニストレーション・リファレンス
RTNDEF.BASE.MEMBER
RTNDEF.BASE.MEMBER
RTNDEF.BASE.MEMBER ステートメントは、ディスカバーされたデータが保管され
るメンバー名を指定します。
RTNDEF.BASE.MEMBER ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.MEMBER=
CNMALLDA
member_name
項目の意味 :
member_name
メンバー名を指定します。初期デフォルト値はメンバー CNMALLDA です。
使用上の注意: member_name は INSTORE メンバーのみです。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.APPL
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.APPL ステートメントは、アプリケーション・イベン
トに対して呼び出されるルーチンおよび自動化のために経路指定される自動タスク
を指定します。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.APPL ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.APPL=
?AUTOIP
autotask_name
CNMEDCNV
項目の意味 :
autotask_name
スタック・イベントの経路指定先となる自動タスク。 CNMSTYLE での初期設
定値は ?AUTOIP です。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.STACK
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.STACK ステートメントは、ディスカバーされたスタッ
クに対してエンティティー・プロセッサーを指定します。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.STACK ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.STACK=
?AUTOIP
autotask_name
CNMEEPST
項目の意味 :
autotask_name
エンティティー・プロセッサーが実行されるタスク。 ?AUTOIP がデフォルト
値です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
163
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.SYSTEM
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.SYSTEM
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.SYSTEM ステートメントは、ディスカバーされたシス
テムに対してエンティティー・プロセッサーを指定します。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.SYSTEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.PROCESSOR.SYSTEM=
?AUTOIP
autotask_name
CNMEEPSY
項目の意味 :
autotask_name
エンティティー・プロセッサーが実行されるタスク。 ?AUTOIP がデフォルト
値です。
RTNDEF.BASE.PROVIDER
RTNDEF.BASE.PROVIDER ステートメントは、ディスカバーされたリソース・デー
タを照会するために使用するルーチンを指定します。
RTNDEF.BASE.PROVIDER ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTNDEF.BASE.PROVIDER=
CNMEDPRV
member_name
項目の意味 :
member_name
メンバー名を指定します。初期デフォルト値はメンバー CNMEDPRV です。
RTNDEF.COLLECTOR.APPL.NETVIEW
RTNDEF.COLLECTOR.APPL.NETVIEW ステートメントは、アプリケーション情報
に対してデータ収集プログラムを指定します。
RTNDEF.COLLECTOR.APPL.NETVIEW ステートメントの構文は、次のとおりで
す。
RTNDEF.COLLECTOR.APPL.NETVIEW=
CNMEDCNV
member_name
項目の意味 :
member_name
メンバー名を指定します。初期デフォルト値はメンバー CNMEDCNV です。
164
アドミニストレーション・リファレンス
RTNDEF.PROCESSOR.STACK
RTNDEF.PROCESSOR.STACK
RTNDEF.PROCESSOR.STACK ステートメントは、アプリケーション・イベントに
対して呼び出されるルーチンおよび自動化のためにルーチンが経路指定される自動
タスクを指定します。
RTNDEF.PROCESSOR.STACK ステートメントの構文は、次のとおりです。
(
AON.TCP
GRAPHICS
)RTNDEF.PROCESSOR.STACK.
AON
STM
= autotask_name routine
項目の意味 :
autotask_name
スタック・イベントの経路指定先となる自動タスク。 AON の場合、
CNMSTYLE での初期設定値は ?AUTOIP です。 GRAPHICS の場合、初期設定
値は ?STM です。
routine
スタック・イベントに対して呼び出されるルーチンの名前。
例:
v 次の例では、AON スタック・イベントが AUTOIP で定義される自動タスクによ
り処理されます。 FKXESTCK は、AON スタック・イベントに対して呼び出さ
れるルーチンです。
(AON)RTNDEF.PROCESSOR.STACK.AON = ?AUTOIP FKXESTCK
v 次の例では、GRAPHICS スタック・イベントが STM により定義される自動タス
クに送信されます。 CNMESPAT は、GRAPHICS スタック・イベントに対して
呼び出されるルーチンです。
(GRAPHICS)RTNDEF.PROCESSOR.STACK.STM = ?STM CNMESPAT
RTNDEF.PROCESSOR.SYSTEM
RTNDEF.PROCESSOR.SYSTEM ステートメントは、システム・イベントに対して呼
び出されるルーチンおよび自動化のためにルーチンが経路指定される自動タスクを
指定します。
RTNDEF.PROCESSOR.SYSTEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
(GRAPHICS)RTNDEF.PROCESSOR.SYSTEM.STM=
?STM
autotask_name
CNMESPAY
項目の意味 :
autotask_name
システム・イベントの経路指定先となる自動タスク。 ?STM は、CNMSTYLE
の初期設定値です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
165
RTT
RTT
RTT ステートメントは、アラート受信側の TCP/IP 定義を定義します (タスク
DSIRTTR、メンバー DSIRTTTD)。
RTT ステートメントの構文は、次のとおりです。
RTT
RTT.
TCPANAME = name
PORT = port
SOCKETS = number
項目の意味 :
TCPANAME = name
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。
PORT = port
DSIRTTR が接続要求を待機するポート番号を定義します。デフォルトは 4021
です。
SOCKETS = number
同時要求の最大数を指定します。デフォルトは 50 です。
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE RTT
コマンドを入力します。
SECOPTS.AUTHCHK
SECOPTS.AUTHCHK ステートメントは、コマンド権限を検証する場合に使用する
ユーザー ID を指定します。 SOURCEID および TARGETID が決定される方法に
関する詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレ
ンス」を参照してください。
SECOPTS.AUTHCHK ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.AUTHCHK=
SOURCEID
TARGETID
項目の意味 :
SOURCEID
オリジナルの発行者、またはオリジナルの発行者に最も近い ID の権限を検査
することを指定します。
アクセス障害メッセージは、このコマンドの発行元を表示します。 SOURCEID
がデフォルトです。
TARGETID
コマンドを実行するタスクの権限を検査することを指定します。
166
アドミニストレーション・リファレンス
SECOPTS.CMDAUTH
SECOPTS.CMDAUTH
SECOPTS.CMDAUTH ステートメントは、NetView がコマンドの使用を保護する場
合に使用する方法を定義します。保護が可能なキーワードおよび値をもつコマンド
のリストについては、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレン
ス」を参照してください。
SECOPTS.CMDAUTH ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.CMDAUTH=
SAF.
FAIL
PASS
tblname
TABLE. tblname
SCOPE. tblname
項目の意味 :
SAF.option
NetView プログラムが、SAF セキュリティー製品を用いて、コマンド権限検査
を行うことを指定します。保護したいコマンドはこのセキュリティー製品の
NETCMDS クラスに定義してください。 コマンドへのアクセス権を与えたいオ
ペレーターは、コマンド、キーワード、および値を表すリソース名の使用を許可
されることができます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキ
ュリティー・リファレンス」を参照してください。
NetView の初期設定時に、NETCMDS クラスまたはセキュリティー製品がアク
ティブではなく、バックアップ・コマンド権限テーブルも指定されていないと、
エラー・メッセージが出されて、すべてのコマンドが許可されます。
即時コマンドについては、権限検査は SAF によって実行されることはありませ
ん。これらのコマンドは、バックアップ・コマンド権限テーブルを使用して保護
してください。
SAF を指定する場合は、以下のオプションのいずれかを 1 つを含めてくださ
い。
FAIL
SAF 製品がセキュリティーの決定を行えない場合は、ユーザーがどのコ
マンドも出す許可を与えられないことを指定します。
PASS
SAF 製品がセキュリティーの決定を行えない場合に、ユーザーがすべて
のコマンドを出すことを許可されることを指定します。
tblname
出されるコマンドに対して SAF 検査を実行できない場合に使用するバ
ックアップ・コマンド権限テーブルの 1 から 8 文字の名前を指定しま
す。これは以下の場合に起こります。
v コマンドが即時コマンドの場合
v このコマンドの保護または権限の付与を行う NETCMDS クラスにリ
ソース名が定義されていない場合
v NETCMDS クラスがアクティブでない場合
v セキュリティー製品がアクティブでない場合
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
167
SECOPTS.CMDAUTH
テーブル名は DSIPARM データ・セット内のメンバー名です。サンプ
ルのバックアップ・コマンド権限テーブルについては、CNMSBAK1 を
参照してください。テーブル作成方法の詳細については、「IBM Tivoli
NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参照してくださ
い。
tblname オプションおよび PASS|FAIL オプションは同時に使用するこ
とはできません。両方とも指定されている場合は、tblname オプション
が使用されます。
tblname に構文エラーがあると、メッセージが出されます。 NetView
は、バックアップ・テーブルなしで継続します。
有効なバックアップ・コマンド権限テーブルが指定されていない場合、
即時コマンドは検査されず、許可されます。
TABLE.tblname
1 から 8 文字のコマンド権限テーブルの名前を指定します。この名前は、
DSIPARM データ・セット内のメンバー名です。サンプルのバックアップ・コマ
ンド権限テーブルについては、CNMSCAT2 を参照してください。テーブル作成
方法の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リフ
ァレンス」を参照してください。
コマンド権限テーブルに構文エラーがあるか、またはコマンド権限テーブルが見
つからないと、メッセージが出されて、すべてのコマンドが許可されます。
SCOPE.tblname
NetView プログラムは、マイグレーション・モードでのみ SCOPE オプション
をサポートしています。コマンドのセキュリティー定義の有効範囲 (DSICMD
内の CMDCLASS、KEYCLASS、VALCLASS ステートメント、および同等の
OPCLASS ステートメント) は、SECMIGR コマンドによって同等のコマンド権
限テーブル・ステートメントに変換されます。変換されたテーブルは、最初の
DSIPARM データ・セットに書き込まれて、有効になります。
使用上の注意:
v SECOPTS.OPERSEC=MINIMAL の場合、SECOPTS.CMDAUTH は無視されます。
SECOPTS.OPERSEC のその他の設定値では、REFRESH コマンドを出して、コマ
ンド権限の付与に使用する方法を変更することができます。
v コマンドの CMDDEF ステートメントが SEC=BY を指定している場合は、その
コマンドについて権限検査は行われません。自動化テーブル・コマンドに対する
コマンド権限検査は、DEFAULTS コマンドに AUTOSEC=BYPASS を指定してバ
イパスすることもできます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セ
キュリティー・リファレンス」を参照してください。
v コマンドの有効範囲は、マイグレーション・モードでのみサポートされていま
す。オペレーター・プロファイル内のすべての OPCLASS ステートメントまたは
SAF 製品内の NETVIEW セグメントに加え、DSICMD 内の
CMDCLASS、KEYCLASS、または VALCLASS ステートメントはすべて、
SECMIGR コマンドによって同等のコマンド権限テーブル・ステートメントに変
換されます。
v
168
169 ページの表 8 は、CMDAUTH キーワードと SECTOPS.AUTHCHK 指定の間
の関係を示しています。
アドミニストレーション・リファレンス
SECOPTS.CMDAUTH
表 8. SECOPTS.CMDAUTH キーワード値間の相互関係
IF
CMDAUTH=
TABLE
SAF
TABLE
SAF.tblname
SAF.PASS|
FAIL
SECOPTS.AUTHCHK=
TARGETID
SOURCEID
必須
無視される
無視される
有効
デフォルト
無視される
有効
有効。デフォ
ルト値は
PASS で、
tblname が指
定されている
と無視される
有効
デフォルト
v 表 9 は、SECOPTS.CMDAUTH および関連オプションを使用してオペレーター・
コマンド権限検査を実行する方法を指定する方法を表したものです。
表 9. NetView で処理されるコマンドの保護
キーワード
制限
コマンド権限は指定されたテーブルに
基づく
SECOPTS.CMDAUTH = TABLE
SECOPTS.CMDAUTH = SAF
MVS RACF バージョン 2 または同等 SAF 製品の NETCMDS クラスを用い
たコマンド権限。即時コマンドは
の SAF セキュリティーが必要
NETCMDS クラスでは検査されない
SECOPTS.OPERSEC が MINIMAL、
が、バックアップ・コマンド権限テー
NETVPW、あるいは SAFPW の場合 ブルはこの目的で使用が可能
は指定できない
即時コマンドに使用するバックアッ
プ・テーブルを指定し、SAF 製品が
セキュリティーの決定を行えない場合
を指定する。これは以下の場合に起こ
ります。
v このコマンドの保護または権限の付
与を行う NETCMDS クラスにリソ
ース名が定義されていない場合。
v NETCMDS クラスがアクティブで
ない場合。
v セキュリティー製品がアクティブで
ない場合。
SECOPTS.CMDAUTH = SAF.tblname
SECOPTS.CMDAUTH = SAF.PASS|
FAIL
効果
デフォルト値は PASS に指定
SAF 製品が決定を下せない場合に、
コマンド権限検査に PASS するかま
たは FAIL するかを示す
v 詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレン
ス」を参照してください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
169
SECOPTS.OPERSEC
SECOPTS.OPERSEC
SECOPTS.OPERSEC ステートメントは、NetView プログラムへのユーザー・ログオ
ンを許可する場合に使用する方法を定義します。
SECOPTS.OPERSEC ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.OPERSEC=
MINIMAL
NETVPW
SAFPW
SAFCHECK
SAFDEF
項目の意味 :
MINIMAL
NetView オペレーターが、DSIOPF でのオペレーター ID のリストによって定
義されることを指定します。パスワードの検証は行われません。ログオン・プロ
ファイルは使用されず、かつログオン・メニューに指定されるログオン・オペラ
ンドは無視されます。
SECOPTS.OPERSEC = MINIMAL が指定されている場合、他の SECOPTS キー
ワードは無視されます。
NETVPW
NetView オペレーターが、DSIOPF でのオペレーター ID のリストによって定
義されることを指定します。この場合の識別は、DSIOPF の ID に関連するパス
ワードを使用して検証されます。ログオン時に DSIPRF から読み取られるプロ
ファイルには、オペレーターが行うことを許可されていることに関する情報が入
っており、オペレーターが使用できるコマンドおよびリソースを制限します。
SECOPTS.OPERSEC=NETVPW の場合、SECOPTS.CMDAUTH=SAF または
SECOPTS.OPSPAN=SAF は指定しないでください。
SAFPW
オペレーターの識別とパスワード検査が、SAF セキュリティー製品を用いて実
行されることを指定します。オペレーター ID は DSIOPF でも定義しなければ
ならず、ログオン時にオペレーターに与えられる他の属性は、DSIPRF 内のオペ
レーターの指定されたプロファイルから取られます。
オペレーターが以下の項目へのアクセスを試行する際に、セキュリティー・アク
セス検査はオペレーターの権限ではなく、NetView プログラムの権限に対して
検証されます。
v SAF 製品の DATASET クラスで保護されているデータ・セット
v SAF 製品の OPERCMDS クラスで保護されている MVS システム・コマンド
SECOPTS.OPERSEC=SAFPW の場合、SECOPTS.CMDAUTH=SAF または
SECOPTS.OPSPAN=SAF は指定しないでください。 SECOPTS.OPSPAN=SAF
が指定されている場合は、SECOPTS.OPSPAN=NETV が使用されます。
SAFCHECK
オペレーターの識別とパスワード検査が、SAF セキュリティー製品を用いて実
行されることを指定します。オペレーター ID は DSIOPF でも定義しなければ
170
アドミニストレーション・リファレンス
SECOPTS.OPERSEC
ならず、ログオン時にオペレーターに与えられる他の属性は、DSIPRF 内のオペ
レーターの指定されたプロファイルから取られます。 CNMSTYLE で
SECOPTS.OPSPAN=SAF が指定されていない限り、または REFRESH コマンド
で OPSPAN=SAF が指定されていない限り、このプロファイルには制御スパン
情報が組み込まれます。この場合、制御スパン情報は、SAF 製品の NETSPAN
クラス内から取られるものです。
オペレーターが SAF 製品の DATASET クラスで保護されているデータ・セッ
ト、または SAF 製品の OPERCMDS クラスで保護されている MVS システ
ム・コマンドにアクセスしようとしたときに実行されるセキュリティー・アクセ
ス検査は、オペレーターの権限に対する検査です。
この指定は、NetView プログラムのバージョン 3 より前のリリースでの
NetView 定数モジュール DSICTMOD における ‘SAF CHECK AT TASK
LEVEL’ バイトと同じ機能を提供します。この設定値は、VERIFY=MAXIMUM
が指定されたときのオペレーターの権限に対するセキュリティー許可を指定して
いました。現在、この設定値は無視されます。 DSICTMOD バイトが X'01' に
設定されると、エラー・メッセージが出され、初期設定は継続します。
SAFDEF
オペレーターの識別とパスワード検査が、 SAF セキュリティー製品を用いて行
われることを指定します。 NetView オペレーターとしてのログオンの権限は、
APPL クラスを介して制御されます。オペレーター ID は、NetView プログラ
ムを表す APPL クラスのリソース名に対して許可されなければなりません。
ログオン時にオペレーターに与えられた属性は、SAF 製品のオペレーターのユ
ーザー・プロファイルの NETVIEW セグメントで定義されます。詳細について
は、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参照し
てください。
SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF が指定されている場合は、SECOPTS.CMDAUTH
には任意の値を使用できます。
SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF が指定されている場合は、
SECOPTS.OPSPAN=SAF の指定が必要です。 SECOPTS.OPSPAN=NETV が指定
されている場合は、SAF 値が使用され、エラー・メッセージが出されて初期設
定は続行します。
使用上の注意:
v SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF の場合は、ユーザーの NetView プロシージャーで
DSIPRF の指定は必要ありません。あとで OPERSEC に NETVPW、SAFPW、ま
たは SAFCHECK のいずれかを指定して REFRESH コマンドを出したいときに
は、DSIPRF が NetView プロシージャーに存在しない場合、最初に DSIPRF を
割り振る必要があります。
v SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF の場合は、DSIPARM に DSIOPF メンバーは必要
ありません。 OPERSEC に NETVPW、SAFPW、または SAFCHECK のいずれか
を指定して REFRESH コマンドを出したい場合は、REFRESH コマンドが正常終
了するように、DSIPARM に DSIOPF メンバーを入れておく必要があります。
v SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF の場合、Network Security Program/Secure Logon
Coordinator 製品 (NetSP/SLC V1.2) を、RACF といった PassTickets をサポート
する SAF 製品で使用すると、パスワードではなく PassTicket を使用して、
NetView にログオンすることができます。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
171
SECOPTS.OPERSEC
v 表 10 は、SECOPTS.OPERSEC、 SECOPTS.CMDAUTH、SECOPTS.OPSPAN、お
よび SECOPTS.SPANAUTH の各指定間の関係を示します。
表 10. SECOPTS ステートメント間の相互関係
IF SECOPTS.
OPERSEC=
CMDAUTH
OPSPAN
SPANAUTH
TABLE
SAF
NETV
SAF
*NONE*
TABLE
MINIMAL
無効
無効
無効
無効
無効
無効
NETVPW
有効
デフォルト
強制的に
NETV
デフォルト
有効
SAFPW
有効
デフォルト
強制的に
NETV
デフォルト
有効
SAFCHECK
有効
有効
デフォルト
有効
デフォルト
有効
SAFDEF
有効
有効
強制的に SAF
デフォルト
デフォルト
有効
v 表 11 は、SECOPTS.OPERSEC ステートメントおよび SECOPTS.OPSPAN ステー
トメントを使用して、オペレーター検証および権限検査の実行方法を指定する方
法を示します。
表 11. オペレーター権限の定義および検証
キーワード
関連するデフォルト値
SECOPTS.OPERSEC =
MINIMAL
SECOPTS.OPERSEC =
NETVPW
172
v SECOPTS.OPSPAN のデ
フォルト値および唯一の
選択肢は NETV
アドミニストレーション・リファレンス
制限
効果
v SECOPTS.SPANAUTH は
無視される。
v SECOPTS.CMDAUTH は
無視される。
v SECTOPS.OPSPAN は無
視される。
v REFRESH を使用して
OPERSEC の変更はでき
ない。
v ログオン・プロファイル
は無視される。
v ログオン・オペランドは
無視される。
v パスワードの検証はない
v オペレーターは DSIOPF
で定義されていなければ
ならない。
v SECOPTS.
CMDAUTH=SAF の場合
は無効
v SECOPTS.OPSPAN =SAF
の場合は無効
v パスワード検証は
DSIOPF で行われる。
v オペレーターは DSIOPF
で定義されていなければ
ならない。
v プロファイルは DSIPRF
から読み取られる。
SECOPTS.OPERSEC
表 11. オペレーター権限の定義および検証 (続き)
キーワード
関連するデフォルト値
制限
効果
SECOPTS.OPERSEC=
SAFPW
v SECOPTS.OPSPAN のデ
フォルト値および唯一の
選択肢は NETV
v SECOPTS.
CMDAUTH=SAF の場合
は無効
v SECOPTS.OPSPAN =SAF
の場合は無効
v SAF 製品を使用するパス
ワード検証。
v タスク・レベル検査の
DSICTMOD バイトは無視
される
v オペレーターは DSIOPF
で定義されていなければ
ならない。
v プロファイルは DSIPRF
から読み取られる。
v NetView 開始プロシージ
ャー名は、DATASET ク
ラスへの呼び出しといっ
た NetView オペレーター
に対して行われる SAF
呼び出し用に使用され
る。
SECTOPS.OPERSEC=
SAFCHECK
v SECOPTS.OPSPAN のデ
フォルトは NETV。
SECOPTS.OPERSEC =
SAFDEF
v SECOPTS.OPSPAN のデ
フォルト値および唯一の
選択肢は SAF
v SAF 製品を使用するパス
ワード検証。
v オペレーターは DSIOPF
で定義されていなければ
ならない。
v プロファイルは DSIPRF
から読み取られる。
v NetView タスク・ユーザ
ー ID は、DATASET ク
ラスへの呼び出しといっ
た、NetView オペレータ
ーに対して行われる SAF
呼び出し用に使用され
る。
v DSICTMOD バイト設定値
の使用を置換して、タス
ク・レベルの SAF 検査
を指示する。
v RACF バージョン 2 また v SAF 製品を使用するパス
は同等の SAF セキュリ
ワード検証。
v RACF APPL クラスを使
ティー製品が必要
用したオペレーター・ロ
v OPSPAN=NETV の指定は
グオン権限。
できない
v SAF 製品の NETVIEW
セグメントで定義される
オペレーター属性。
v NetView タスク・ユーザ
ー ID は、DATASET ク
ラスへの呼び出しといっ
た、NetView オペレータ
ーに対して行われる SAF
呼び出し用に使用され
る。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
173
SECOPTS.OPERSEC
表 11. オペレーター権限の定義および検証 (続き)
キーワード
関連するデフォルト値
効果
v NetView プログラムは、
v SECOPTS.OPERSEC=
SPAN ステートメントお
SAFDEF の場合は、
よび ISPAN ステートメ
SECOPTS.OPSPAN=NETV
ントを介してスパンを開
は無効
始する権限をオペレータ
ーに付与する。
v オペレーターは DSIOPF
で定義されていなければ
ならない。
v プロファイルは DSIPRF
から読み取られる。
SECOPTS.OPSPAN = NETV
SECOPTS.OPSPAN = SAF
制限
SECOPTS.OPERSEC=
SAFDEF の場合は、
OPSPAN のデフォルトは
SAF
v RACF バージョン 2 また v セキュリティー製品の
NETSPAN クラスは、オ
は同等の SAF セキュリ
ペレーターにスパンを開
ティー製品が必要
始する許可を与える。
v SECOPTS.OPSPAN =SAF
は、SECOPTS.OPERSEC v アクセス・レベルは、オ
ペレーターがスパンのリ
=SAFCHECK または
ソースに対して出すこと
SECOPTS.OPERSEC
のできるコマンドを決定
=SAFDEF の場合のみ指
する。
定できる。
v 詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレン
ス」を参照してください。
SECOPTS.OPSPAN
SECOPTS.OPSPAN ステートメントは、制御スパンを開始するためのオペレーター
の権限を決定する方法を定義します。
SECOPTS.OPSPAN ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.OPSPAN=
NETV
SAF
項目の意味 :
NETV
CTL 指定と DSIPRF のオペレーター・プロファイルの SPAN ステートメン
ト、または ISPAN ステートメントに基づいて行われるスパン・チェックを、
NetView プログラムが実行することを指定します。オペレーターが START
SPAN コマンドを出すと、検査が行われます。
SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF の場合、SECOPTS.OPSPAN=NETV はサポートさ
れません。 SECOPTS.OPSPAN=NETV が指定されている場合は、
SECOPTS.OPSPAN=SAF が使用され、エラー・メッセージが出されて初期設定
は続行します。
SAF
オペレーターが START SPAN コマンドを出したときに、NetView プログラム
174
アドミニストレーション・リファレンス
SECOPTS.OPSPAN
が SAF 製品を用いて許可検査を行うことを指定します。セキュリティー製品の
NETSPAN クラスには、オペレーターが開始できるそれぞれのスパンを表すリソ
ース名が入っており、オペレーターはそのスパンを使用する許可が与えられてい
なければなりません。
オペレーターには、スパンを表すリソースに対する 4 つのアクセス・レベルを
与えることができます。アクセス・レベルは、オペレーターがスパンのリソース
に対して出すことのできるコマンドを決定します。例えば、VTAM の
DISPLAY コマンドには READ アクセスが必要で、VTAM VARY コマンドに
は更新アクセスが必要です。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS
セキュリティー・リファレンス」を参照してください。
SECOPTS.OPERSEC が NETVPW または SAFPW として指定されている場合
は、SECOPTS.OPSPAN=NETV が必要です。この場合、SAF として
SECOPTS.OPSPAN を指定している場合は、 NetView プログラムは、この指定
をオーバーライドして SECOPTS.OPSPAN=NETV を使用します。このオーバー
ライド・アクションによってエラー・メッセージが出されて、初期設定は続行し
ます。
使用上の注意:
v SECOPTS.OPERSEC=MINIMAL の場合、SECOPTS.OPSPAN を指定することはで
きません。
v CTL=GLOBAL が指定されているオペレーターに対するスパン権限検査は実行さ
れません。 CTL=GLOBAL は、DSIPRF のオペレーター・プロファイルまたは
SAF 製品の NetView セグメントで指定されます。
v デフォルト値は SECOPTS.OPERSEC の設定値によって異なります。
SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF の場合、SECOPTS.OPSPAN のデフォルトは SAF
になります。 SECOPTS.OPERSEC がその他の値の場合は、SECOPTS.OPSPAN
のデフォルトは NETV になります。詳細については、 172 ページの表 10 を参照
してください。
v SECOPTS.OPERSEC の指定と互換性がある限り、OPSPAN キーワードを指定し
た REFRESH コマンドを出して、動的に OPSPAN を変更することができます。
|
SECOPTS.RMTAUTH
|
|
|
|
SECOPTS.RMTAUTH ステートメントを使用して、RMTCMD および ENDTASK 要
求で実行されるセキュリティー検査で、リモート・オペレーターとして使用される
オペレーター ID を決定するために使用される方法を指定します。これは、着信要
求でのみ使用され、コマンド・セキュリティー検査では使用されません。
|
|
|
SECOPTS.RMTAUTH ステートメントを RMTINIT.SECOPT ステートメントと一緒
に使用して、リモート・オペレーターが、RMTCMD または ENDTASK コマンドを
使用して、この NetView プログラムでコマンドを実行することを制限します。
|
SECOPTS.RMTAUTH ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
SECOPTS.RMTAUTH=
SENDER
ORIGIN
|
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
175
SECOPTS.RMTAUTH
|
項目の意味 :
|
|
ORIGIN
要求元のオペレーター ID を使用することを指定します。
|
|
|
SENDER
RMTCMD または ENDTASK 要求を送信したオペレーター ID を使用すること
を指定します。これがデフォルト値です。
|
使用上の注意:
|
|
1. 比較に使用されるオペレーター ID は、NetView ドメインおよびネットワーク
ID を含む完全修飾オペレーター ID です。
|
|
2. REFRESH コマンドを使用すると、SECOPTS.RMTAUTH ステートメントの設定
を動的に変更できます。
|
例:
|
|
1. CNM01 ドメイン (NETA ネットワーク) 上の OPER1 オペレーター ID が、次
のコマンドを出したとします。
|
EXCMD AUTO1 RMTCMD SEND LU=CNM02,command
|
次の CNMSTYLE ステートメントが、CNM02 ドメインで有効です。
|
SECOPTS.RMTAUTH=ORIGIN
|
|
|
この場合、CNM02 ドメイン上の NetView プログラムで、CNM01 ドメイン
(NETA ネットワーク) からの OPER1 オペレーター ID に RMTCMD 要求を送
信する権限があるか検証されます。
2. 代わりに、CNM02 ドメインで次の CNMSTYLE ステートメントが有効な場合:
|
|
SECOPTS.RMTAUTH=SENDER
|
|
CNM02 ドメイン上の NetView プログラムで、AUTO1 オペレーター ID にこの
コマンド を送信する権限があるか検証されます。
SECOPTS.SPANAUTH
SECOPTS.SPANAUTH ステートメントは、リソースおよびビューのスパン定義の位
置を指定します。
SECOPTS.SPANAUTH ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.SPANAUTH=
*NONE*
TABLE. span_table
VTAMLST. span_table
項目の意味 :
*NONE*
スパンが定義されていません。これが指定されると、スパンがスパン・テーブル
内のどのスパンとも一致できなくなるため、AUTH ステートメントでプロファ
イルが CTL=SPECIFIC を指定するオペレーターは、どのリソースにもアクセス
できません。
176
アドミニストレーション・リファレンス
SECOPTS.SPANAUTH
TABLE.span_table
NetView プログラムが NetView span_table を使用してリソースおよびビューの
許可を検査することを指定します。テーブルは、NetView がリサイクルされる
必要なしに、REFRESH コマンドを使用して、変更し再ロードすることができま
す。 NetView スパン・テーブルの構文に関する情報については、「IBM Tivoli
NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参照してください。
VTAMLST.span_table
NetView プログラムは、マイグレーション・モードでのみ VTAMLST オプショ
ンをサポートしています。 VTAMLST 定義および DSISPN 定義は、SECMIGR
コマンドによってスパン・テーブルに変換されます。変換されたテーブルは、最
初の DSIPARM データ・セットに書き込まれて、有効になります。 PPT がユ
ーザー環境内のこのデータ・セットにテーブルを書き込めることを確認してくだ
さい。
使用上の注意: SECOPTS.OPERSEC=MINIMAL の場合、 SECOPTS.SPANAUTH の
設定値は無視されます。 SECOPTS.OPERSEC のその他の設定値では、REFRESH
コマンドを出して、制御スパンの許可に使用する方法を変更することができます。
SECOPTS.SPANCHK
SECOPTS.SPANCHK ステートメントは、スパン・チェックの定義に使用されるオペ
レーター ID を指定します。 SOURCEID および TARGETID が決定される方法に
関する個々の情報については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リ
ファレンス」を参照してください。
SECOPTS.SPANCHK ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.SPANCHK=
SOURCEID
TARGETID
項目の意味 :
|
|
|
|
|
|
|
|
SOURCEID
この VTAM コマンドのオリジナルの発行者、またはオリジナルの発行者に最も
近い ID の権限を検査することを指定します。コマンド発行者は、VTAM コマ
ンドの実行時にはログオンしている必要があります。ただし、ログオンが実行さ
れていないシステム・コンソールから出された VTAM コマンドの場合を除きま
す。これらのコマンドは *BYPASS* というソース ID を持ち、完全に許可され
ていると見なされます。
アクセス障害メッセージは、このコマンドの発行元を表示します。 SOURCEID
がデフォルトです。
TARGETID
コマンドを実行するタスクの権限を検査することを指定します。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
177
SECOPTS.SURROGAT
SECOPTS.SURROGAT
SECOPTS.SURROGAT ステートメントは、TSO ユーザー ID の代理かどうかを判
別する際に NetView オペレーター ID を検査するかどうかを指定します。
SECOPTS.SURROGAT ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.SURROGAT=
NO
YES
項目の意味 :
NO
代理検査は実行されません。
YES
CNMSTYLE で SECOPTS.OPERSEC が SAFCHECK に設定されている場合、
または REFRESH コマンドで OPERSEC=SAFCHECK が指定されている場合、
代理検査は実行されます。この検査は、START TSOSERV、STOP TSOSERV、
および TSO PIPE の各ステージ処理時に実行されます。
SECOPTS.WEBAUTH
SECOPTS.WEBAUTH ステートメントは、NetView Web サーバーへのオペレータ
ー・アクセスに対して許可検査を実行するかどうかを指定します。検査が有効にな
ると、WEBCMD コマンドを使ったコマンド権限検査が行われます。それ以降は、
オペレーターが入力したすべてのコマンドに対してコマンド権限検査が行われま
す。
SECOPTS.WEBAUTH ステートメントの構文は、次のとおりです。
SECOPTS.WEBAUTH=
CHECK
PASS
項目の意味 :
CHECK
NetView Web サーバーへのアクセスに対する許可検査を行います。
PASS
NetView Web サーバーへのアクセスに対する許可検査を行いません。 NetView
のすべてのオペレーターが NetView Web サーバーへのアクセスを認可される場
合は、パフォーマンス上の理由から、値 PASS を指定してください。これがデ
フォルトです。
178
アドミニストレーション・リファレンス
SECOPTS.WEBAUTH
SSI
SSI ステートメントは NetView サブシステム・インターフェース (SSI) を開始する
かどうかを指定し、また使用するパラメーターを指定します。 SSI ステートメント
は、SSI が開始される際にプログラム間インターフェース (PPI) を開始するかどう
かも指定します。またこのステートメントを使用してメッセージ改訂テーブル・メ
ンバー名を指定し、コマンド指定文字を指定することもできます。
SSI ステートメントの構文は、次のとおりです。
SSI
SSI.
ProcString = proc_name
PPI =
YES
NO
*DEFAULT*
ReviseTable =
member_name
*NONE*
DSIG =
cmd_designator
*DEFAULT*
項目の意味 :
ProcString = proc_name
z/OS プロシージャー名およびパラメーター。最大長は 110 文字です。
*NONE* という値は、CNMCSSIR タスクがアドレス・スペースを開始しないこ
とを指定します。 MVSPARM.MSGIFAC 値が使用されるので、MSGIFAC をコ
ーディングしないでください。
注: メッセージ改訂テーブルをロードする自動タスクは CNMSTYLE で
function.autotask.primary ステートメントによって定義されます。
PPI
プログラム間インターフェースを開始するかどうかを指示します。
YES
PPI (プログラム間インターフェース) を開始します。
No
PPI (プログラム間インターフェース) を開始しません。
*DEFAULT*
CNMCSSIR PPIOPT 値をデフォルトにすることを許可します。
ReviseTable=member_name
メッセージ改訂テーブル・メンバー名を指定します。 *NONE* という値は、
CNMCSSIR タスクによってロードされる改訂テーブルがないことを意味しま
す。詳細については、NetView オンライン・ヘルプまたは「IBM Tivoli NetView
for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」の REVISMSG コマンドを参照してくださ
い。
DSIG=cmd_designator
コマンド指定文字を指定します。 *DEFAULT* という値は、CNMCSSIR DSIG
値をデフォルトにすることを許可します。
使用上の注意
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
179
SECOPTS.WEBAUTH
v SSI.ProcString のキーワードを使用して、あるいは SSI 開始プロシージャーを変
更することによって、SSI 開始プロシージャーの他のパラメーターを指定するこ
とができます。
SSIname
コンソール・マスク機能を使用していない場合にのみ、SSIname ステートメントを
使用してタスク名およびサブシステム・ルーターのコンソール名を指定してくださ
い。 ConsMask ステートメントに関する情報については、 34 ページの
『ConsMask』を参照してください。
SSIname ステートメントの構文は、次のとおりです。
SSIname
SSIname=name
項目の意味 :
name
CNMCSSIR タスクの名前です。
使用上の注意:
v CNMCSSIR タスクを使用する必要がない場合は、SSIname ステートメントをコメ
ント化してください。
v シスプレックス内で、名前 CNMCSSIR (デフォルトのタスク名) を使用できるの
は 1 つのタスクだけです。同じシスプレックス内のその他の NetView プログラ
ムで他の CNMCSSIR タスクが実行されている場合は、異なるタスク名を使用し
て、名前の競合を回避してください。例えば、SSIname が C&NV2I.CSSIR とい
う値をもつことを指定して、シスプレックス内で実行されている CNMCSSIR タ
スクごとにこの値が固有になることを確認することができます。
STM.SA
STM.SA ステートメントは、SYSPLEX IP Stack Manager によって収集された
SYSPLEX TCP/IP スタック情報を、NetView 管理コンソールのユーザー・インター
フェースで使用するために RODM に保管する方法を指定します。
STM.SA ステートメントの構文は、次のとおりです。
STM.SA
STM.SA=
YES
NO
項目の意味 :
YES
SYSPLEX TCP/IP スタック情報を RODM に保管して、Systems Automation for
OS/390 によって作成されるビューと関連付けることを指定します。
180
アドミニストレーション・リファレンス
STM.SA
NO
SYSPLEX TCP/IP スタック情報が RODM に保管されることを指定します。
使用上の注意:
v このステートメントは、Sysplex IP Stack Manager の通常のデフォルト出力設定
値をオーバーライドします。これは、Sysplex IP Stack Manager (INIT.STM ステ
ートメントを使用) の自動初期化および手動初期化 (INITSTM コマンドを使用)
の両方に適用されます。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE STM コマンド
を入力します。
styleMsg
styleMsg ステートメントは、CNMSTYLE 処理の開始時に出すメッセージを指定し
ます。
styleMsg ステートメントの構文は、次のとおりです。
styleMsg
styleMsg=msg_text
項目の意味 :
msg_text
CNMSTYLE 処理の開始時に表示するメッセージ・テキストを指定します。
使用上の注意:
v どの CNMSTYLE メンバーが処理されるかを識別する (&NV2I の値を表示する)
場合には、このステートメントを使用することを考慮してください。
v styleMsg ステートメントは、必要な数だけ指定することができます。メッセー
ジ・テキストは、システム・コンソールに表示されます。各ステートメントを次
の行に続ける (折り返す) 方法を指定する方法については、『styleMsg.wrap』を参
照してください。各ステートメントのメッセージ・テキストは次の行に継続され
ます (折り返されます)。
v 連結がサポートされています。各 styleMsg ステートメントについて、メッセー
ジ・テキストは複数の行に続けることができます。解決したくない変数は、二重
引用符で囲みます。コーディング例については、CNMSTYLE を参照してくださ
い。
v 変数は、CNMSTYLE でこのステートメントの後ろのステートメントで定義され
ていても、メッセージ・テキストでは解決されます。
styleMsg.wrap
styleMsg.wrap キーワード・ステートメントは、システム・コンソール・ステートメ
ントを複数行にわたって続ける (折り返す) 方法を指定します。
styleMsg.wrap キーワードの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
181
styleMsgwrap
styleMsg.wrap
styleMsg.wrap=number
項目の意味 :
number
システム・コンソール上のメッセージ・テキストが別の行に続く場合、その行で
の長さを指定します。語は中断されません。
使用上の注意:
v このステートメントは、システム・コンソールに送信されるメッセージ・テキス
トの長さを制限するために使用することを考慮してください。これらのメッセー
ジは、システム・コンソールで表示され、必要に応じて読みやすくするために折
り返して表示することもできます。メッセージは、デフォルトで 54 文字を超え
ると新しい行に分割されます。文字カウントを別の値に変更することができま
す。例えば、次のように指定した場合、
styleMsg.wrap=30
このコンソール・メッセージは、文字カウントが 30 文字の位置に達すると、以
下のように次の行に折り返されます。
styleMsg = NetView initialization style
sheet processing has begun.
stylevar
stylevar ステートメントは、CNMSTYLE で使用できる変数を定義します。
stylevar ステートメントの構文は、次のとおりです。
stylevar
stylevar.variable_name=value
項目の意味 :
variable_name
使用される変数の名前を指定します。変数名は、1 から 15 文字にすることがで
きます。
value
スタイル変数が検出された場合に、置換される値を指定します。この値は 255
文字以下でなければなりません。
使用上の注意:
v スタイル変数は、CNMSTYLE 処理内でのみ有効です。
v 変数 CNMNETID、CNMRODM、CNMTCPN、DOMAIN、NV2I、および SLASH
は、NetView プログラムで使用するために予約済みです。
182
アドミニストレーション・リファレンス
stylevar
|
|
|
v スタイル変数は、行をまたがって分割できません。先頭のアンパーサンド (&) や
末尾のピリオド (.) など、スタイル変数を構成しているすべての文字が、同じ行
にあるようにしてください。
|
|
v URL 内など 2 つのスラッシュ (//) が必要な場合は、必ずいずれかのスラッシュ
に SLASH スタイル変数を使用してください。
v 変数は、CNMSTYLE 内で定義し、CNMSTYLE 内のどこでも使用できます。変
数を使用するには、&variable_name を指定します。例えば、次のステートメント
は NVFORZOS という名前の変数を定義し、その変数が別の CNMSTYLE ステー
トメントでどのように使用できるかを示しています。
stylevar.NVFORZOS=netview-zos
website.url.NETVIEW.zb=http:&SLASH./www.ibm.com/software/tivoli/products/
&NVFORZOS.
v システム・シンボリック変数は、stylevar シンボリック変数より前に解決されま
す。
v 構造体 &&variable_name は、stylevar シンボリック変数に対してはサポートされ
ません。
SuppChar
SuppChar ステートメントは、端末画面、ハードコピー・ログ、または NetView ロ
グにコマンドが表示されないようにするために使用する抑止文字を指定します。
SuppChar ステートメントの構文は、次のとおりです。
SuppChar
SuppChar=character
項目の意味 :
character
抑止文字として使用する単一文字です。
以下の文字は、抑止文字として使用しないでください。
v アンパーサンド (&)
v アスタリスク (*)
v ブランク
v コンマ (,)
v 等号 (=)
v マイナス (-)
v パーセント (%)
v ピリオド (.)
v スラッシュ (/)
v 英字 (A から Z)
v コマンドを始める可能性のあるすべての文字
疑問符 (?) がデフォルトです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
183
SuppChar
使用上の注意: オペレーターがコマンド・ロギングを抑止できないようにするには、
次のように *NONE* を抑止文字に指定してください。
SuppChar = *NONE*
REXX suppchar() 関数は、REXX プロシージャーで引き続き機能します。
TAMEL
TAMEL ステートメントは、CNMTAMEL の TCP/IP 定義を定義します (メンバー
DUIFPMEM)。
TAMEL ステートメントの構文は、次のとおりです。
TAMEL
TAMEL.
CONV.
ip_sysdef
=
ipid
/port
lu_sysdef
TCPANAME = name
USETCPIP =
NO
YES
PORT = port
SOCKETS = number
NONE
TTLS =
ANY
REQUIRE
=
SNA
項目の意味 :
CONV.ip_sysdef = ipid
NetView ホストとの NETCONV セッションを開始する IP サーバーを指定しま
す。 ipid を IP アドレスまたは IP 名として指定してください。ポート番号
は、/portnum を IP 名またはアドレスに付加することによって指定できます。
ポート番号が TAMEL.PORT ステートメントで指定した値と同じである場合
は、これは必要ありません。次に例を示します。
TAMEL.CONV.IP1 = 111.22.33.144/4020
指定された IP 名あるいは IP アドレスの数は TAMEL.SOCKETS ステートメン
トの上に指定された値を超えることができません。 IP セッションの最大値は
2000 です。
CONV.lu_sysdef = SNA
NetView ホストとの NETCONV セッションを開始する SNA サーバーを指定し
ます。 lu_sysdef を LU 名として指定します。次に例を示します。
TAMEL.CONV.NT1AI100 = SNA
TCPANAME = name
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。
USETCPIP = NO|YES
CNMTAMEL が TCP/IP を使用するかどうかを指定します。
184
アドミニストレーション・リファレンス
TAMEL
PORT = port
ワークステーション・サーバーが接続要求を待機するポート番号を定義します。
デフォルトは 4020 です。
SOCKETS = number
同時 NETCONV セッションの最大数を指定します。デフォルトは 50 です。
TTLS = NONE|ANY|REQUIRE
NETCONV TCP/IP セッションを保護するために z/OS Communications Server
Application Transparent Transport Layer Security (AT-TLS) 機能を使用するかど
うか指示します。また指定される値は、すべての NETCONV セッションがセキ
ュアであることを必要とするかどうかを指示します。次の値を指定できます。
NONE
これは、z/OS Communications Server AT-TLS 機能を、どの接続を保護する
場合にも使用しないように指示します。これがデフォルト値です。
ANY
これは、接続がセキュアである必要があるかどうかを判別するために z/OS
Communications Server AT-TLS 機能を使用することを指示します。セキュ
ア接続が必要な場合、対応するポリシーが z/OS Communications Server
Policy Agent で定義されていなければなりません。 AT-TLS 機能を使用可
能にし、z/OS Communications Server Policy Agent を構成して、アクティブ
にする必要があります。対応するポリシーがない接続は保護されません。
REQUIRE
これは、すべての接続を保護するために z/OS Communications Server
AT-TLS 機能を使用することを指示します。 AT-TLS 機能を使用可能に
し、z/OS Communications Server Policy Agent を構成して、アクティブにす
る必要があります。接続を保護する対応ポリシーがない接続は、リジェクト
されて失敗します。
使用上の注意:
v TAMEL.TTLS=ANY または TAMEL.TTLS=REQUIRE を指定する場合、AT-TLS
機能がご使用のシステムで使用可能になっていることを確認してください。
AT-TLS の使用可能化の一環として、z/OS Communications Server Policy Agent
(開始されたタスク名が PAGENT) を構成することが必要です。 z/OS
Communications Server Policy Agent のサンプル構成は、/usr/lpp/netview/v5r3/
samples ディレクトリーにあります。このサンプル使用に関する指示について
は、znetview_at-tls_readme.txt ファイルを参照してください。
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE TAMEL コマン
ドを入力します。
TASK
サンプル CNMSTYLE および CNMSTASK の TASK ステートメントは、NetView
プログラムにタスクを定義します。このセクションで説明されているように、タス
クは 1 から 4 のタスク・ステートメントによって定義できます。タスク・ステー
トメントは、複数のファイルに分割できることに注意してください。 CNMSTYLE
には、通常、変更されるタスク・ステートメントが含まれています。 CNMSTASK
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
185
TASK
のタスク・ステートメントは変更しないでください。例えば、タスク DSILOG の場
合、CNMSTYLE には INIT ステートメントが含まれており、CNMSTASK には
MOD、MEM、および PRI ステートメントが含まれています。
オプション・タスク (任意選択タスク) (OPT) およびデータ・サービス・タスク
(DST) は、CNMSTYLE またはそれに組み込まれているメンバーに定義できます。
OPT および DST を CNMSTYLE に定義したくない場合には、START TASK コマ
ンドを使用して、動的に OPT または DST を開始してください。タスク・オペラン
ドの構文については、START コマンドのオンライン・ヘルプを参照してください。
TASK ステートメントの形式は、次のとおりです。
TASK
TASK.taskname.
MOD=
modulename
MEM=membername
9
PRI=
n
N
INIT= Y
項目の意味 :
MOD=modulename
タスクを実行するモジュールの、1 から 8 文字の名前を指示します。これは必
須オペランドです。 NetView データ・サービス・タスク (DST) では、モジュ
ール名は DSIZDST です。
MEM=membername
このタスクによって使用されるユーザー定義の初期設定メンバー名を指示しま
す。これは、オプション (任意指定) のオペランドです。このタスクは、このメ
ンバーのフォーマットおよび内容に責任があります。 IBM 提供の NetView プ
ログラム・タスクでは、MOD=DSIZDST である場合のみ、初期設定メンバーが
処理されます。詳細については、 240 ページの『DSTINIT』を参照してくださ
い。
PRI=9|n
この NetView プログラムで実行する他のサブタスクとの関連で、このタスクの
ディスパッチング優先順位を定義する数を指示します。これは、オプション (任
意指定) のオペランドです。値 n は、1 から 9 までであることが可能です。値
1 は、割り当てることができる最高優先順位、9 は最低優先順位です。優先順位
の値を指定しない場合、または正しくない値を指定した場合には、9 がデフォル
ト値です。基本 POI タスク (PPT) は優先順位 0、ハードコピー・タスクは優先
順位 2、自動タスクは優先順位 5、他のオペレーター端末タスク (OST) と
NetView-NetView 間タスクは優先順位 4 です。
INIT=N|Y
タスクがいつ開始されるかを指定します。
186
N
タスクを開始するには、 NetView プログラムの START コマンドを出
さなければならないことを指定します。これは、オプション (任意指定)
のオペランドです。 N がデフォルト値です。
Y
NetView プログラム初期設定でタスクが開始されることを指定します。
アドミニストレーション・リファレンス
TASK
関連するステートメント: DSTINIT
TCPCONN.DASD
TCPCONN.DASD ステートメントは、アクティブでない TCP/IP 接続データを収集
するためのフィルターを指定します。各 DASD ステートメントは、これらの接続が
非アクティブになった後、特定の接続のセットのデータが DASD で保持されるかど
うか指定します。これによって、この接続データは、TCPCONN QUERY コマンド
を使用して照会することができます。
TCPCONN.DASD ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPCONN.DASD
TCPCONN.DASD.stackname.suffix=
filter
NOT
項目の意味 :
stackname
Communications Server によって定義される TCP/IP スタック名。
suffix
TCPCONN.DASD ステートメントが処理される順番を決定する接尾部。 1 つの
接続が複数の TCPCONN.DASD ステートメントと一致する場合、最初のステー
トメントだけが適用されます。
filter
ステートメントが適用される接続を指定するフィルター・ストリング。このフィ
ルター・ストリングは、以下のように「4 タプル」指定の形式をとります。
locaddr/locport,remaddr/remport
項目の意味 :
locaddr
接続のローカル IP アドレスを指定します。
locport
接続のローカル・ポートを指定します。
remaddr
接続のリモート IP アドレスを指定します。
remport
接続のリモート・ポートを指定します。
これらの値のいずれに対しても、アドレスあるいはポートを表す単一のアスタリス
クを使用することができます。オプション (任意指定) のキーワード NOT は、フィ
ルター・ストリングと一致する接続が保持されないことを指定します。 (デフォル
トでは、どの TCPCONN.DASD ステートメントにも一致しない非アクティブな接続
は保持されません。) コーディング例については、サンプル CNMSTYLE を参照し
てください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
187
TASK
注: TCPCONN.DASD は、非アクティブな接続のデータ収集にのみ適用されます。
これらの接続がアクティブである間にストレージに保持したい接続を指定する
には、TCPCONN.KEEP ステートメントを使用します。
TCPCONN.DSRBO
TCPCONN.DSRBO ステートメントは、DSITCONT タスクに関連付けられる
DSRBO の数を指定します。
TCPCONN.DSRBO ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPCONN.DSRBO=number
項目の意味 :
number
この DST からのサービスに対する同時のユーザー要求の予測数を指定する、1
から 999 までの 10 進数です。この値は、送信請求 RU および VSAM 要求を
処理するために事前割り振りする DSRB の数を表します。使用可能な DSRB
の数を超える要求が受信されると、その要求はキューに入れられます。デフォル
ト値は、10 です。
使用上の注意:
v number を変更した場合は、CNMSJM01 で LSR プールを作成するのに使用され
る BLDVRP マクロの STRNO キーワードを更新してください。
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE 変数は、TCPCONN の VSAM データベースへの
レコード書き込みエラーが発生した場合に、TCPCONN が呼び出すコマンドを指定
します。少なくとも、このコマンドはログにエラー・メッセージを書き込みます。
例えば、ユーザーが指定する command は、例に示すように、1 人以上のオペレー
ターの注意を引くために使用することができます。
例えば、デフォルト・コマンド、CNMETACI は頻繁な VSAM 更新がすべて同じエ
ラーを受け取っている場合、発生する可能性があるメッセージの量を減らす REXX
プロシージャーです。詳細については、サンプル CNMETACI を参照してくださ
い。
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE 変数の構文は、次のとおりです。
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE=
CNMETACI
command
60
commandargument
commandargument
項目の意味 :
command
VSAM データベースへのレコード書き込み中にエラーが発生した場合に、
TCPCONN が呼び出すコマンドです。デフォルトのコマンドは、サンプル
REXX プロシージャー CNMETACI です。
188
アドミニストレーション・リファレンス
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE
commandargument
指定するコマンドのコマンド引数です。複数の commandargument を指定するこ
とができます。コマンドが指定されなかった場合、デフォルト・コマンド
CNMETACI は、デフォルトの commandargument である 60 で呼び出されま
す。
使用上の注意:
v TCPCONN 開始処理の間に、NetView プログラムは
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE で指定された command が REXX プロシージャ
ーであるかどうかを判別します。その場合は、パフォーマンスを向上させるため
に、LOADCL コマンドが、指定されたプロシージャーに対して出されます。
v TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE で指定された command は、権限検査の対象に
はなりません。
v 次の例は、1 つの許可された受信先に送信されるすべてのエラーを示していま
す。
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE=PIPE SAFE * | ROUTE AUTHRCVR
TCPCONN.GTF
TCPCONN.GTF ステートメントは、着信レコードおよびバッファーの GTF トレー
スが発生するかどうかを指定します。 TCPCONN.GTF ステートメントの構文は、
次のとおりです。
TCPCONN.GTF
TCPCONN.GTF.stackname=
NO
YES
項目の意味 :
stackname
Communications Server によって定義される TCP/IP スタック名。
NO
GTF トレースを実行しません。
YES
GTF トレースを実行します。
注: このステートメントは、NetView の初期化中に INIT.TCPCONN ステートメン
トを使用して、TCP/IP 接続データの収集が自動的に開始される場合にのみ適用
されます。手動でデータ収集を開始する際に GTF トレースを制御するには、
TCPCONN START コマンドで GTF キーワードを使用してください。詳細につ
いては、「IBM Tivoli NetView for z/OS コマンド解説書 第 I 巻」を参照してく
ださい。
TCPCONN.HASHSIZE
TCPCONN.HASHSIZE ステートメントは、アクティブな接続のおおよその最大数を
指定します。 TCPCONN.HASHSIZE ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
189
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE
TCPCONN.HASHSIZE
TCPCONN.HASHSIZE.stackname=connections
項目の意味 :
stackname
Communications Server によって定義される TCP/IP スタック名。
connections
アクティブな接続の数。
TCPCONN.KEEP
TCPCONN.KEEP ステートメントは、アクティブな TCP/IP 接続データを収集する
ためのフィルターを指定します。各 KEEP ステートメントは、これらの接続がアク
ティブの間に、特定の接続のセットのデータがストレージで保持されるかどうか指
示します。これによって、この接続データは、TCPCONN QUERY コマンドを使用
して照会することができます。
TCPCONN.KEEP ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPCONN.KEEP
TCPCONN.KEEP.stackname.suffix=
filter
NOT
項目の意味 :
stackname
Communications Server によって定義される TCP/IP スタック名。
suffix
TCPCONN.KEEP ステートメントが処理される順番を決定する接尾部。 1 つの
接続が複数の TCPCONN.KEEP ステートメントと一致する場合、最初のステー
トメントだけが適用されます。
filter
ステートメントが適用される接続を指定するフィルター・ストリング。このフィ
ルター・ストリングは、以下のように「4 タプル」指定の形式をとります。
locaddr/locport,remaddr/remport
項目の意味 :
locaddr
接続のローカル IP アドレスを指定します。
locport
接続のローカル・ポートを指定します。
remaddr
接続のリモート IP アドレスを指定します。
190
アドミニストレーション・リファレンス
TCPCONN.ERRMSG.THROTTLE
remport
接続のリモート・ポートを指定します。
これらの値のいずれに対しても、アドレスあるいはポートを表す単一のアスタリス
クを使用することができます。オプション (任意指定) のキーワード NOT は、フィ
ルター・ストリングと一致する接続が保持されないことを指定します。 (デフォル
トでは、どの TCPCONN.KEEP ステートメントにも一致しないアクティブな接続は
保持されません。) コーディング例については、サンプル CNMSTYLE を参照して
ください。
注: TCPCONN.KEEP は、アクティブな接続のデータ収集にのみ適用されます。接続
が非アクティブになった後で DASD に保持したい接続を指定するには、
TCPCONN.DASD ステートメントを使用します。
TCPCONN.MACRF
TCPCONN.MACRF ステートメントは、TCP/IP 接続管理用のローカル共用リソース
(LSR) オプションを指定します。
TCPCONN.MACRF ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPCONN.MACRF=
LSR
DFR
NSR
項目の意味 :
LSR
最後に参照されたレコードのプールをストレージに保持することによって、デー
タおよび索引バッファーの再利用を使用可能にします。これは、物理 I/O を削
減するのに効果的です。これが推奨オプションです。
DFR
LSR を拡張して、レコードの書き出しを据え置きます。据え置き書き出し
(DFR) オプションは、読み取りにバッファー・スペースが必要になったために
NetView プログラムが強制的に書き出しを行うまで、レコードの書き出しを据
え置きます。これは、書き出しを最小限にとどめることによって、I/O をさらに
削減させます。
注: DFR オプションは、IBM ソフトウェア・サポート から指示されない限り
使用しないでください。
NSR
データ・セットが共用リソースを使用しないことを指示します。
注: NSR オプションは、IBM ソフトウェア・サポート から指示されない限り
使用しないでください。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
191
TCPCONN.MACRF
TCPCONN.PDDNM
TCPCONN.PDDNM ステートメントは、TCP/IP 接続管理の 1 次データ・セットを
指定します。
TCPCONN.PDDNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPCONN.PDDNM=name
項目の意味 :
name
VSAM サービスによって使用される 1 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。デフォルトは DSITCONP です。
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
|
TCPCONN.ROWSA
|
|
|
TCPCONN.ROWSA ステートメントは、NetView for z/OS Enterprise Management
Agent 用に保存可能な特定のスタックに対する最大アクティブ接続数を指定しま
す。
|
TCPCONN.ROWSA ステートメントの構文は、次のとおりです。
|
|
TCPCONN.ROWSA.stackname=maxnum
|
項目の意味 :
|
|
stackname
使用される TCP/IP スタックの名前。
|
|
|
maxnum
指定したスタックで保存可能な最大接続数。有効な範囲は、1 から 500 000 で
す。
|
使用上の注意:
|
|
v パフォーマンス上の理由から、同じ論理区画 (LPAR) にある複数の NetView プ
ログラム間で同じスタックの接続を収集しないでください。
TCPCONN.SDDNM
TCPCONN.SDDNM ステートメントは、TCP/IP 接続管理の 2 次データ・セットを
指定します。
TCPCONN.SDDNM ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPCONN.SDDNM=name
192
アドミニストレーション・リファレンス
TCPCONN.SDDNM
項目の意味 :
name
VSAM サービスによって使用される 2 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。デフォルトは DSITCONS です。
使用上の注意:
v 必要であれば、CNMSTPWD で VSAM パスワードを指定します。
TCPname
TCPname ステートメントは、TCP 名をグローバル変数として指定します。
TCPname ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPname
TCPname=TCP_name
項目の意味 :
TCP_name
1 から 5 文字の TCP 名を指示します。
使用上の注意:
v SYS1.PARMLIB メンバー IEASYMxx でシステム・シンボル &CNMTCPN を設
定する場合は、このステートメントを更新しないでください。
TCPserver
TCPserver ステートメントは、コマンドに使用する TCP/IP サーバーを定義します。
TCPserver ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPserver
TCPserver=
server_name
TSO
UNIX
項目の意味 :
server_name
サンプル FKXCFG01 内の TSOSERV 定義ステートメントで定義されている、
特定の TSO サーバーを指定します。
TSO
サンプル FKXCFG01 内の TSOSERV 定義ステートメントで定義されている、
次に使用可能な TSO サーバーを使用することを指定します。
UNIX
UNIX サーバーを使用することを指定します。これがデフォルトです。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
193
TOWER
TOWER
TOWER ステートメントは、オプション (任意指定) の NetView コンポーネントお
よびその他の製品を活動化します。
TOWER ステートメントの構文は、次のとおりです。
TOWER
TOWER = component_name
項目の意味 :
component_name
タワー名を識別します。タワー名は、英数字 (@、#、および $ を含む) であ
り、 1 から 16 文字です。
使用上の注意:
v タワーを使用不可にするには、名前を除去するか、あるいは、名前の前にアスタ
リスクを付けてください。例えば、マルチシステム・マネージャー (MSM) のイ
ンストールを、TOWER ステートメントに MSM を組み込む (TOWER = *AON
MSM) ことにより使用可能にします。マルチシステム・マネージャーのインストー
ルを使用不可にするには、タワー・ステートメントから MSM を除去するか、こ
れにアスタリスクを接頭部として付けます (*MSM)。
v タワーは、サブタワーをもつことができます。例えば、MSM タワーは、個々の
機能ごとにサブタワーをもっています。 TOWER ステートメントおよびサブタワ
ーの詳細については、サンプル CNMSTYLE および「IBM Tivoli NetView for
z/OS インストール: 概説」を参照してください。
TRACE
TRACE ステートメントは、NetView トレース・オプションを初期設定します。
trsize が TRSIZE プロシージャー変数で指定されたサイズである場合、トレース
は、パラメーター MODE=INT、SIZE=trsize、OPTION=ALL を使用して、初期設定
の非常に早い段階で開始された可能性があります。以前の初期化で使用された
MODE または SIZE を指定すると、トレースは停止して新規オプションを使用して
再始動します。その結果以前の初期化でトレースされたすべてのレコードが失われ
ます。
TRACE ステートメントの構文は、次のとおりです。
TRACE
194
アドミニストレーション・リファレンス
TRACE
,
OPTION =
TRACE.
MODE
=
TASK
=
DISP
MOD
PSS
QUE
STOR
TCP
UEXIT
EXT
GTF
INT
*NONE*
MODFILT = module_name
MONOPER = operator_task
SAFrc = calls
SAFopt = options
*
SIZE =
pages
*
,
task_type
項目の意味 :
OPTION = DISP | MOD | PSS | QUE | STOR | TCP | UEXIT
トレースするオプションを指示します。各オプションは、トレースする内部イベ
ント・タイプを指定します。
注: ここで指定されたどのオプションも、以前の初期化トレースに対して有効で
あったトレース・オプションをオーバーライドします。
次のオプションを使用できます。
DISP
待機 (DSIWAT)、ポスト (DSIPOS)、および待機からのディスパッチ
(DSIWAT からの処理の再開) を含むタスクのディスパッチングを指示
します。
MOD
NetView モジュールのサブセットのモジュール入り口および出口トレー
スを指示します。
注: MOD の使用は、システムのパフォーマンスを大幅に低下させるの
で、MOD は、指定データをトラップする場合にのみ使用してくだ
さい。
PSS
DSIPSS を使用した端末画面との間の入出力を伴う表示サービスを指示
します。
QUE
DSIMQS を使用するバッファーのタスク間キューイングを指示します。
STOR ストレージの取得および解放を指示します。
TCP
IP サービス関連呼び出しを指示します。
UEXIT
以下のインストール・システム出口呼び出しを指示します。
v DSIEX01 から DSIEX19
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
195
TRACE
v
v
v
v
v
v
v
リソース状況マネージャー出口 (XITST)
通信ネットワーク管理インターフェース入力出口 (XITCI)
通信ネットワーク管理インターフェース出力出口 (XITCO)
DST 初期設定出口 (XITDI)
VSAM 空ファイル出口 (XITVN)
VSAM 入力出口 (XITVI)
VSAM 出力出口 (XITVO)
MODE = EXT | GTF | INT | *NONE*
データを記録する領域を指定します。
注: INT 以外の値を指定すると、以前の初期化で行われたトレースが失われま
す。
EXT
トレース・データをトレース・ログに記録することを指示します。
MODE=EXT を指定する場合は、トレース・タスクに対し INIT=Y も指
定してください。
注: MODE=EXT の使用は、システムのパフォーマンスを大幅に低下さ
せます。
GTF
トレース・データを汎用トレース機能 (GTF) に記録することを指示し
ます。 GTF がアクティブでない場合、MODE=GTF はリジェクトされ
ます。
INT
トレース・データを内部テーブルに記録することを指示します。 INT
がデフォルトです。
*NONE*
トレースがオフであることを指示します。
MODFILT = module_name
MODFILT キーワードは、OPTION=ALL または OPTION=MOD が指定されて
いる場合、すなわち、モジュール出入り口トレースが使用可能である場合にのみ
意味があります。 MODFILT キーワードは、トレースから不要なモジュールを
フィルターに掛けて除外するために使用されます。一部の NetView プログラム
の問題については、問題に関係するモジュールだけがトレースされるように、
IBM ソフトウェア・サポート が特定の MODFILT 値を指定するように依頼す
ることがあります。問題と関係がないモジュールのトレースを除去することによ
り、トレースの折り返しが起きる可能性を大幅に減らすことができます。
MONOPER = operator_task
MONOPER キーワードは、IBM ソフトウェア・サポート から使用するように
依頼された場合にのみ使用してください。 MONOPER キーワードを不適切に使
用すると、モニターを行うオペレーター・タスクに対してキューに入れられるメ
ッセージが多くなりすぎるために、NetView プログラムがストレージを使い果
たして、終了することがあります。したがって、MONOPER キーワードを使用
する際は、特に注意を払ってください。これはデバッグの援助機能であり、適切
に使用したとしても、これを使用することによって、パフォーマンスが低下する
ことがあります。
NONE というデフォルト以外のモニターを行うオペレーター・タスクが指定さ
れている場合、例えば、OPER2 という operator_task 値が指定されている場
合、NetView プログラムは、現在 TRACE コマンドによってトレースされてい
196
アドミニストレーション・リファレンス
TRACE
るトレース項目をリアルタイムで表示する、指定されたオペレーター・タスクに
メッセージを送信します。メッセージは NetView ログに書き込まれて、オペレ
ーター・タスクで表示されます。これらのトレース項目は、お客様が発見した問
題をデバッグする際に IBM ソフトウェア・サポート を助けます。トレースは
operator_task に対して使用不可であり、また operator_task は TASK キーワー
ドに指定されたタスク値のリストに存在することはできません。
SAFrc = calls
SAF 製品に対して行われる呼び出しを指示します。 calls の有効な値は、次の
とおりです。
v ALL
v FAIL
v NONE
|
SAFopt = options
トレースする SAF 呼び出しのタイプを指示します。 options の有効な値は、次
のとおりです。
v ALL
v AUTH
v EXTRACT
v FASTAUTH
v LIST
v STAT
v TOKENMAP
v TOKENXTR
v VERIFY
SIZE = pages|*
MODE=INT のトレース・データ・スペースを定義するために使用されるページ
数を指示します。 SIZE=* が指定されているか、あるいはデフォルトとして使
用されている場合、以前の初期設定で定義されたトレース・テーブルのサイズは
結果的にそのまま残ります。トレースが以前の初期設定で開始されなかった場
合、SIZE=* にはデフォルト値の 4000 ページ (ページ・サイズが 4k) が使用さ
れるようになります。指定可能な最大サイズは 524286 です。 MODE=EXT ま
たは MODE=GTF で SIZE が指定されると、SIZE は無視されます。
注: トレース・テーブルを定義するために以前の初期設定で使用したサイズと異
なる値を指定すると、以前の初期設定で行われたすべてのトレースは失われ
ます。
TASK = task_type
タスク名またはタスク・タイプを指定します。 task_type の有効な値は、次のと
おりです。
v ALL
v HCT
v MNT
v NNT
v OPT
v OST
v PPT
v VOST
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
197
TRACE
使用上の注意:
|
|
|
|
v TRACE.MODE=EXT、TRACE.MODE=GTF、または NetView CNMSJ009 開始プ
ロシージャーの TRSIZE パラメーターで使用したのと異なる TRACE.SIZE の値
を使用すると、NetView トレースが再始動され、結果として初期のトレース・レ
コードがすべて失われます。
|
|
|
|
|
|
v NetView の初期設定の問題をデバッグするのを支援するために、NetView プログ
ラムは、すべてのトレース・オプションを使用して初期設定プロセスで早期にト
レースを開始します。 CNMSTYLE の TRACE.OPTION ステートメントに異なる
トレース・オプションを指定すると、早期にトレースを停止するか、使用される
トレース・オプションを変更できます。ただし、初期トレースを開始できなくな
ります。
|
|
|
v NetView 開始プロシージャーに TRSIZE=0 を指定すると、初期トレースは使用不
可になります。その時点でも、CNMSTYLE の TRACE トレースを使用してトレ
ースを開始できます。
v デフォルトでは、TRACE はオンで、内部テーブルを使用し、サイズは 4000、オ
プションは DISP、PSS、QUE、STOR、および UEXIT です。
v トレースなしで実行し、以前の初期化で開始されたトレースを停止するには、
TRACE.MODE=*NONE* を指定してください。
v 初期化中にプロセッサー使用率の著しい増加に気付いた場合には、NetView 初期
設定の完了後に TRACE オプションを変更するか、あるいはトレースを開始する
必要があります。
v 詳細については、TRACE コマンドのオンライン・ヘルプを参照してください。
transMember
transMember ステートメントは、メッセージの各国語翻訳が入る DSIMSG メンバー
を定義します。追加情報については、TRANSMSG コマンドのオンライン・ヘルプ
を参照してください。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変
更をインプリメントします。
transMember ステートメントの構文は、次のとおりです。
transMember
transMember=membername
項目の意味 :
membername
メッセージ変換が含まれる DSIMSG メンバー。
transTbl
transTbl ステートメントは、NetView プログラムに対して文字変換セットを定義し
ます。 NetView プログラムをいったん停止してから再始動して、変更をインプリメ
ントします。
transTbl ステートメントの構文は、次のとおりです。
198
アドミニストレーション・リファレンス
transTbl
transTbl
transTbl=
DSIEBCDC
DSIKANJI
項目の意味 :
DSIEBCDC
EBCDIC と呼ばれる 8 ビットのコード化文字セットを選択します。これがデフ
ォルトです。
DSIKANJI
日本語の漢字と呼ばれる表意文字で使用される記号の文字セットを選択します。
使用上の注意:
v 意味のある結果を得るには、すべてのデバイスで同一の文字セットを使用しなけ
ればなりません。
v ログ・プリンター・プログラムの transTbl 値が NetView プログラム定義で使用
されている値と同じであることを確認してください。 NetView プログラムは、こ
れらの値の互換性は検査しません。
v 複数の transTbl ステートメントを定義すると、NetView プログラムは最後に入力
したステートメントを使用します。
VBV
VBV ステートメントは、Visual BLDVIEWS サーバーを初期設定します。
VBV ステートメントの構文は、次のとおりです。
VBV
VBV.
CheckDDReadRODM =
CheckDDWriteRODM =
NO
YES
NO
YES
lines
MaxRODMViewLines =
Port = port
Quiet =
NO
YES
RODMUser = userid
trace_option =
NO
YES
項目の意味 :
CheckDDReadRODM = No | Yes
任意のホスト・データ・セットの読み取りを許可する前に、VBV クライアント
によって送信された RODM サインオン許可を検証するかどうかを指定します。
デフォルトは No です。
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
199
VBV
CheckDDWriteRODM = No | Yes
任意のホスト・データ・セットへの書き込みを許可する前に、VBV クライアン
トから送信された RODM サインオン許可を検証するかどうかを指定します。デ
フォルトは No です。
MaxRODMViewLines = lines
RODM から戻される最大行数を指定します。 VBV クライアント・ワークステ
ーションで指定された値が、CNMSTYLE で指定した値よりも小さい場合は、ワ
ークステーションの値が使用されます。 0 よりも大きく 100 よりも小さい値の
場合、行数は 100 に設定されます。ゼロがデフォルトです。
Port = port
VBV ワークステーション・クライアントが接続する TCP/IP ポートを指定しま
す。デフォルトは 6767 です。
Quiet = No | Yes
EKGBSERV タスクが要求の処理を開始および終了するときにメッセージを出す
かどうかを指定します。
RODMUser = userid
VBV が RODM にアクセスするために使用する RODM のユーザー ID を指定
します。この値は、RODM へのサインオン権限と RODM データの照会権限を
持つ SAF 許可ユーザー ID に設定します。この名前が、ワークステーション・
ユーザーが指定する RODMView ユーザー名と異なっていることを確認してく
ださい。
trace_option = No | Yes
IBM ソフトウェア・サポート の指示に従って VBV イベントをトレースするか
どうかを指定します。デフォルトは No です。トレース・オプションを使用す
ると、 NetView ログへの出力が大量に生成される可能性があります。
trace_option 変数に指定可能な値は、次のとおりです。
v Trace
v TraceData
v TraceRODM
v TraceSockets
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE VBV
コマンドを入力します。
VTAMCP.USE
VTAMCP.USE ステートメントは、特定の NetView プログラム下で実行されている
NetView SNA MS トランスポートが、VTAM 制御ポイント (CP) 名を宛先とする
MDS-MU を受け取ることができるかどうかを指定します。 VTAMCP.USE ステー
トメントを使用するのは、単一の VTAM プログラム下で複数の NetView プログラ
ムが実行されている場合です。
VTAMCP.USE ステートメントに対する変更は、一度 NetView プログラムを停止し
て再始動するまでは、有効になりません。
200
アドミニストレーション・リファレンス
VTAMCP.USE
VTAMCP.USE
VTAMCP.USE=
YES
NO
項目の意味 :
NO
この NetView プログラムでは、CP 名を宛先とする MDS-MU を受け取るよう
に指定されていないことを指示します。
YES
この NetView プログラムでは、CP 名を宛先とする MDS-MU を受け取るよう
に指定されていることを指示します。これがデフォルトです。
使用上の注意:
v プログラム間インターフェース (PPI) がアクティブであれば、VTAMCP.USE =
Yes を指定する最初の NetView プログラムが、VTAM CP 名を宛先とする
MDS-MU を受け取ることができます。その他の NetView プログラムは、管理サ
ービス・トランスポート機能を使用します。その結果、これらの NetView プログ
ラムは、NetView LU 名を宛先とする MDS-MU のみを受け取ります。詳細につ
いては、「IBM Tivoli NetView for z/OS アプリケーション・プログラマーズ・ガ
イド」を参照してください。
v この機能を最初に初期設定した NetView プログラムだけが、この機能を使用可能
にします。それ以降に、他の NetView プログラムがこの機能の初期設定を試みて
も、失敗します。
v MDS 送信要求を出す既存の NetView コマンド・プロセッサーを、バージョン 2
リリース 4 以降の NetView プログラムと連動させる場合、そのコマンド・プロ
セッサーを変更する必要はありません。 MS トランスポート機能は、 NetView
プログラムの第 2 版リリース 2 以降のリリース・レベルで作動します。
v VTAMCP.USE = Yes が定義されている NetView プログラムでは、プログラム間
インターフェースがアクティブになっていなければなりません。
v 特に指示されていない限り、VTAMCP.USE の値には、CNMI ステートメントに
指定した値と同じ値を使用してください。
WBSORDER
WBSORDER ステートメントは、お客様が NetView WEBSITES コマンドを使用し
てアクセスしたい Web サイトの URL およびタイトルが表示されるようにデフォ
ルトの順序を定義します。
WBSORDER ステートメントの構文は、次のとおりです。
WBSORDER
WBSORDER= descriptor.suffix
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
201
WBSORDER
項目の意味 :
descriptor.suffix
WEBSITE ステートメントに定義されている記述子および接尾部。
使用上の注意:
v NetView プログラムがアクティブである間にデフォルトのオーダーをインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE
WEBSITE コマンドを入力します。
v ここで指定されたデフォルトの順序は、KEEP 名 WBSORDER でオーバーライド
値を定義することにより、オペレーターの最初のコマンド処理でオーバーライド
することができます。次の例では、このオペレーターに対して 4 つの URL が表
示されるように指定します。
WBSORDER = NETVIEW.A NETVIEW.B NETVIEW.C netview.z
Do while WBSORDER ¬= ‘‘
Parse var WBSORDER thisentry ‘‘ WBSORDER
‘PIPE var thisentry‘,
‘| safe WBSsafe append‘
End
‘pipe (end;) safe WBSsafe‘,
‘| keep WBSORDER * nospill‘
v デフォルトの順序が正しく指定されていることを検証するには、NetView オペレ
ーター・コンソールから BROWSE WBSORDER を出します。
v 特定のオペレーターに対して定義された KEEP の内容を検証するには、そのオペ
レーターのコンソールから PIPE KEEP WBSORDER | CONS を出してください。
WEB
WEB ステートメントは、NetView Web アクセスの TCP/IP 定義を定義します。
WEB ステートメントの構文は、次のとおりです。
WEB
WEB.
TCPANAME=name
PORT=port
SOCKETS=number
NMC.function=url
項目の意味 :
TCPANAME = name
TCP/IP のアドレス・スペース名を定義します。これは、Web アクセス・インタ
ーフェース・タスク (DSIWBTSK) で使用されます。
PORT = port
Web アクセス・インターフェース・タスク (DSIWBTSK) が接続要求を待機す
るポート番号を定義します。デフォルトは 8008 です。
SOCKETS = number
並行して接続できる Web ブラウザー・セッションの最大数を指定します。これ
は、Web アクセス・インターフェース・タスク (DSIWBTSK) で使用されま
す。デフォルトは 50 です。
202
アドミニストレーション・リファレンス
WEB
NMC.function = url
以下の NetView 管理コンソール機能のいずれか 1 つの Web アドレスを指定し
ます。
機能
Web アドレス
MIBBrowserURL
MIB ブラウザー
RealTimPollURL
リアルタイム・ポーリング・プログラム
使用上の注意: NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメ
ントするには、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE WEB
コマンドを入力します。
webmenu
webmenu ステートメントは、NetView Web アプリケーションに対して設定値を定
義します。このステートメントは、組み込みメンバー CNMSTWBM 内にありま
す。
webmenu ステートメントの構文は、次のとおりです。
webmenu
webmenu.
groups = group_ID
group_ID.
name = group_title
groups = task_ID
group_ID.task_ID.
name = task_title
action = task_action
no|n
reserve =
yes|y
no|n
initpage =
yes|y
reserveusers =
user_ID
prefoverride = user_ID
ceisrvr = CEI_server
temssoapsrvr = TEMS_server_SOAP_endpoint
;
mfntargets =
target hostname
項目の意味 :
groups
各タスク・グループに対して 1 つの ID を、スペースで区切って指定して、ポ
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
203
webmenu
ートフォリオでのタスク・グループを指定します。このキーワードで指定された
グループ ID の順序により、タスク・グループがポートフォリオでリストされ
る順序が決定されます。
group_ID.
タスクのグループを定義します。
group_ID.name
タスク・グループのポートフォリオで表示されるタイトルを指定します。
group_ID.groups
各タスクに対して 1 つの ID を、スペースで区切って指定して、タスク・
グループ内にタスクを指定します。このキーワードで指定されたタスク ID
の順序により、ポートフォリオのタスク・グループ内でのタスクの順序が決
定されます。
group_ID.task_ID
タスク・グループ内にタスクを定義します。
group_ID.task_ID.name
group_ID.task_ID. タスクに対してポートフォリオ内で表示されるタイトルを
指定します。このキーワードは必須です。
group_ID.task_ID.action
group_ID.task_ID. タスクを実行するために Web アプリケーションによって
使用されるアクションを指定します。このキーワードは必須です。 IBM 提
供の値の場合は、このキーワードを変更しないでください。ユーザーは自身
の項目を追加して外部の Web アドレスを呼び出すことができます。
ご使用の起動プロシージャー・アクションの Web アドレスのプロトコルが
http あるいは https である場合、次のアクションを指定してください。
http:&SLASH./www.YourCompany.com/YourProcs
ご使用の起動プロシージャー・アクションの Web アドレスのプロトコルが
mailto である場合、次のアクションを指定してください。
mailto:[email protected]
ご使用の起動プロシージャー・アクションの Web アドレスのプロトコルが
FTP である場合、次のアクションを指定してください。
ftp:&SLASH./www.YourCompany.com/YourProcs
group_ID.task_ID.reserve
group_ID.task_ID. タスクが予約済みタスクであるかどうかを示します。この
キーワードはオプション (任意指定) です。有効な値は、yes、y、no、およ
び n です。値が yes または y の場合、そのタスクは予約済みタスクで
す。予約済みタスクは、reserveusers キーワードによって指定されたユーザ
ー ID に対してのみポートフォリオで表示されます。このキーワードが、タ
スクに対して存在していないか、または設定されていないか、あるいは値が
no または n である場合、そのタスクは予約済みタスクではありません。
group_ID.task_ID.initpage
ユーザーが Web アプリケーションにサインインした後、group_ID.task_ID.
タスクが Web アプリケーションで表示される最初のタスクであるかどうか
を指定します。このキーワードはオプション (任意指定) です。有効な値
204
アドミニストレーション・リファレンス
webmenu
は、yes、y、no、および n です。このキーワードがタスクに対して yes ま
たは y に設定されている場合、そのタスクは、ユーザーが Web アプリケ
ーションにサインインしたときに最初に表示されます。このキーワードが複
数のタスクのに対して yes あるいは y に設定されている場合、ユーザーが
サインインすると、yes または y の値を持つ最初のタスクが表示されま
す。このキーワードがどのタスクに対しても yes または y に設定されてい
ない場合、ユーザーが Web アプリケーションにサインインしたときに「製
品情報」ビューが表示されます。
reserveusers
各ユーザーには ID を 1 つずつ指定し、ユーザーが複数の場合はスペース、コ
ンマ、あるいはセミコロンで区切って、ポートフォリオ内の予約済みタスクにア
クセスする権限が与えられている 1 人以上のユーザーを指定します。このキー
ワードはオプション (任意指定) です。このキーワードがヌル値をもっている
か、あるいはこのキーワードがない場合、ユーザーには予約済みタスクにアクセ
スする権限は与えられません。予約済みタスクにアクセスする権限を与えられて
いないユーザーについては、タスクはポートフォリオで表示されません。
prefoverride
各ユーザーには ID を 1 つずつ指定し、ユーザーが複数の場合はスペース、コ
ンマ、あるいはセミコロンで区切って、ユーザー・プリファレンスの設定タスク
の「オーバーライド」ビューにアクセスする権限が与えられている 1 人以上の
ユーザーを指定します。このキーワードはオプション (任意指定) です。このキ
ーワードがヌル値をもっているか、あるいはこのキーワードがない場合、ユーザ
ーには「オーバーライド」ビューにアクセスする権限は与えられません。「オー
バーライド」ビューは、ユーザーが自身のプリファレンスを変更できるかどうか
を制御するために使用されます。「オーバーライド」ビューにアクセスする権限
のないユーザーに対しては、ユーザー・プリファレンスの設定タスクで「オーバ
ーライド」ビューは表示されません。
ceisrvr
Common Event Infrastructure (CEI) 機能を取得するために NetView for z/OS プ
ログラムの接続先となるサーバーの Web アドレスを指定します。次の値がデフ
ォルト値です。
cobaloc:iiop:CEI_server_name:CEI_port
デフォルトのポート値は 2809 です。 Tivoli Enterprise Management Server が同
じシステムにインストールされている場合、このポート番号がどの WebSphere®
ポートとも競合しないことを確認してください。
temssoapsrvr
エンドポイント・サーバーを指定します。この値は、次のアドレスにアクセスし
て Web ブラウザーから取得します。
http://TEMS_server_IP_addr:TEMS_SOAP_port
デフォルトのポート値は 1920 です。 Tivoli Enterprise Management Server が同
じシステムにインストールされている場合、このポート番号がどの WebSphere
ポートとも競合しないことを確認してください。
ご使用の Tivoli Enterprise Management Server に対して、この値が Web ブラウ
ザーに表示されます。 webmenu.temssoapsrvr フィールドは、初めはブランク
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
205
webmenu
|
|
で、OMEGAMON XE for Mainframe Networks データを NetView Web アプリ
ケーションの表示に使用できないことを指示します。 このフィールドに有効な
値を、次の例のように指定してこの機能を使用可能にします。
|
|
webmenu.temssoapsrvr = http:/&SLASH.yourTemsHostname:1920
/&SLASH./uuuu.theuser.canshbn3/soap
mfntargets
メインフレーム・ネットワーク・ターゲットを指定します。このターゲットは、
TCP/IP スタック名 (ORIGINNODE) とシステム名 (SYSID) で構成されます。例
えば ORIGINNODE:SYSID です。このターゲットはフィルタリングのためにホスト
名と対にする必要があります。複数のメインフレーム・ネットワーク・ターゲッ
ト名およびホスト名をセミコロン (;) 文字で分割して定義することができます。
webmenu.mfntargets フィールドは、初めはブランクで、OMEGAMON XE for
Mainframe Networks V3R1 以降のデータを NetView Web アプリケーションの
表示に使用できないことを指示します。このフィールドに有効な値を、次の例の
ように指定してこの機能を使用可能にします。
webmenu.mfntargets = MfN_target1 hostname1; MfN_target2 hostname2
使用上の注意: webmenu 定義ステートメントは、列 80 まで拡張できます。必要に
応じて、継続行の 1 番目の列をそれぞれブランクにすることにより、後続の行を続
けてください。各継続行の列 2 から継続ステートメントを入力し始めてください。
|
|
|
WEBSITE
WEBSITE ステートメントは、NetView WEBSITES コマンドを使用して、お客様が
アクセスできる Web サイトの URL およびタイトルを定義します。
WEBSITE ステートメントの構文は、次のとおりです。
WEBSITE
WEBSITE.
DESC.descriptor=description
TITLE.descriptor.suffix=title
URL.descriptor.suffix=url
項目の意味 :
DESC.descriptor=description
後続の WEBSITE ステートメントで使用する記述子を定義します。この記述子
は、WEBSITES コマンドのグループ化メカニズムを提供しています。 descriptor
は、1 から 8 文字の非ブランクの英数字または国別文字 (@、#、または $) で
す。また description は、WEBSITES TYPE=? が実行されると表示されるフリ
ー・フォーム・テキストです。オペレーターは、その記述子を含む URL のみを
表示するために WEBSITES TYPE=descriptor ステートメントを出すことができ
ます。
TITLE.descriptor.suffix=title
WEBSITES コマンドがだされるときに、表示されるタイトルを定義します。こ
のタイトルは、対応する URL の説明になります。 descriptor.suffix は、
206
アドミニストレーション・リファレンス
WEBSITE
WEBSITES コマンドが出されると、このタイトルを対応する URL に結び付け
ます。 suffix は、1 から 3 文字の非ブランクの英数字または国別文字 (@、#、
または $) です。
URL.descriptor.suffix=url
WEBSITES コマンドがだされるときに、表示される URL を定義します。
descriptor.suffix は、WEBSITES コマンドが出されると、この URL を対応する
タイトルに結び付けます。 suffix は、1 から 3 文字の非ブランクの英数字また
は国別文字 (@、#、または $) です。
使用上の注意:
v NetView プログラムがアクティブである間に定義変更をインプリメントするに
は、CNMSTUSR または CxxSTGEN で値を変更して、RESTYLE WEBSITE コマ
ンドを入力します。
v suffix パラメーターは、WEBSITES コマンドが出されており WBSORDER が設定
されていない場合に、記述子内で表示されるタイトルおよび URL の順序を決定
するために使用されます。 TITLE および URL 項目が正しく表示されるため
に、記述子と接尾部が一致している必要があります。
WEBSITES コマンドが出され、WBSORDER が設定されていない場合、ソート順
序は記述子別であり、次に接尾部別です。
WINDOW.EXEC
WINDOW.EXEC ステートメントは、EXEC アクションが WINDOW 表示パネルか
ら出されるときに使用される REXX プロシージャーを指定します。
WINDOW.EXEC ステートメントの構文は、次のとおりです。
WINDOW.EXEC
WINDOW.EXEC=
CNMEXEC
REXX_procedure
項目の意味 :
REXX_procedure
使用するプロシージャーを指定します。デフォルトは、NetView で提供される
サンプル CNMEXEC です。
WLM.SubSystemName
WLM.SubSystemName ステートメントは、NetView MVS ワークロード管理 (WLM)
サポートを活動化します。
WLM.SubSystemName ステートメントの構文は、次のとおりです。
WLM.SubSystemName
WLM.SubSystemName=name
第 2 章 CNMSTYLE 初期設定ステートメント
207
WLM.SubSystemName
項目の意味 :
name
SubSystemName 値を指定します。この名前は、WLM サービス種別ルールで指
定されるシステム・インスタンス名に対応します。
使用上の注意:
v 詳細については、サンプル CNMSTYLE を参照してください。
208
アドミニストレーション・リファレンス
第 3 章 NetView 定義ステートメント
NetView 定義ステートメントは、NetView プログラムが、システム管理タスクを実
行する場合に使用します。システム管理とは、システム・デフォルトとストレージ
要件を再定義するプロセスのことです。管理サブタスクは、NetView プログラムの
インストール時、またはネットワーク・リソースを再定義する際に実行できます。
インストール・タスクおよびネットワーク管理タスクを計画する際に、NetView プ
ログラムの実行に必要な機能を決めることができます。 NetView プログラムが使用
するハードウェアの要件および特定リソースも確認する必要があります。この情報
は、ユーザーのコーディングと NetView プログラム定義に必要な事項を判定するの
に役立ちます。
「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 概説」で説明されているプロシージ
ャーを完了するには、定義ステートメントを使用します。本書では、サンプルの
NetView プログラム定義ステートメントを、ユーザーの要件を満たすように変更す
る考え方を説明します。まず、サンプル・ファイルから現行の定義ステートメント
をいくつかコピーし、そのあと、既存の定義ステートメントを変更するか、新しい
ステートメントを作成します。定義ステートメントは、NetView プログラムの初め
てのインストールの際、あるいはそれ以降に、実動システムの稼働中に変更するこ
とができます。
A (アラート)
A (アラート) ステートメントは、状況モニター内のメッセージ・インディケーター
に対応する色、強調表示、およびアラームの属性を定義します。ネットワーク・ロ
グ・データをブラウズするときには、ネットワーク・ログ内のメッセージも、指定
した色で表示されます。メッセージに対して定義されるアラーム、色、または強調
表示の属性は、メッセージの受信を定義付けられたオペレーターごとに発生しま
す。
アラート・ステートメントは、DSICNM にコーディングしてください。 DSICNM
の変更は、nv_idVMT タスク (ここで、nv_id は、NetView ドメイン ID) を停止し
て、再始動するまで有効になりません。メンバーの変更によって、さらにエクステ
ントを使用することになった場合は、変更が有効になるように、NetView プログラ
ムを停止して再始動してください。
注: 特定のオペレーターについてのメッセージ・インディケーター定義は、そのオ
ペレーターが状況モニターにアクセスするまでは使用可能になりません。
定義する各メッセージ・インディケーター・クラスに対して 1 つの A ステートメ
ントをコーディングしてください。 4 つのメッセージ・インディケーター・クラ
ス・ステートメント (1 から 4 まで) を、コーディングすることができます。 A
ステートメントをコーディングする場合は、自動化テーブル・ステートメントを使
用して、メッセージ・インディケーター・クラスにメッセージを割り当ててくださ
い。自動化テーブル・ステートメントを使用して、これらのメッセージを任意の
NetView プログラム・オペレーターに経路指定できます。詳細については、「IBM
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
209
A (アラート)
Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイド」を参照してください。また、F ステート
メントを使用して、メッセージ・インディケーター・クラスにメッセージを割り当
てることもできます。この場合、メッセージは常に、許可を受けたメッセージ受信
側に経路指定されます。
A ステートメントの構文は、次のとおりです。
A class color notify high alarm console comments
項目の意味 :
A
1 桁目になければならない、ステートメント名を示します。
class
メッセージ・インディケーター・クラス番号を指示し、1 から 4 でなければな
りません。メッセージ・インディケーター値は、ステートメントの 2 桁目にな
ければなりません。この番号は、任意の状況モニター・パネルの最上部に表示さ
れ、F ステートメントに指定した番号と関連付けられます。
color
メッセージ・インディケーター・クラスの色値を示します。この値は、ステート
メントの 4 桁目になければなりません。状況モニター・パネルの最上部の番号
(アラートが出された場合) およびネットワーク・ログ内のメッセージが、選択
した色で表示されます。以下の color 値を使用することができます。
B
青色
G
緑色
P
ピンク色
R
赤色
T
青緑色
W
白色
Y
黄色
(ブランク)
端末のデフォルトの色。これがデフォルトです。
notify
このクラスのメッセージが受信された時に、alarm および high の定義が、オペ
レーターに対してトリガーされるかどうかを指定します。この値は、ステートメ
ントの 5 桁目になければなりません。以下の notify 値を使用することができま
す。
Y
high および alarm 値が解釈されます。
high および alarm 値はブランクでなければなりません。これがデフォ
N
ルトです。
high
指定されたメッセージ・インディケーター・クラスの強調表示値を指示します。
この値は、ステートメントの 6 桁目になければなりません。この強調表示値に
従って、各オペレーターの状況モニター・パネルの最上部の番号が強調表示され
ます。
以下の high 値を使用することができます。
B
明滅
R
反転表示
210
アドミニストレーション・リファレンス
A (アラート)
U
下線
(ブランク)
強調表示なし。これがデフォルトです。
注: この値は、notify が N の場合はブランクにしなければなりません。
alarm
メッセージ・インディケーター・クラスのアラーム値を指示します。この値は、
ステートメントの 7 桁目になければなりません。アラームが設定されると、指
定したクラスからのメッセージが各オペレーターに届くたびに、アラームが鳴り
ます。アラームが鳴るのは、オペレーターが状況モニター中のときだけです。以
下の alarm 値を使用することができます。
Y
メッセージの到着時にアラームが鳴ります。
アラームは鳴りません。これがデフォルトです。
N
注: この値は、notify が N の場合はブランクにしなければなりません。
console
システム・コンソールに、メッセージのコピーを送信するかどうか指示します。
この値は、ステートメントの 8 桁目になければなりません。この値を設定する
と、指定したクラスからの任意のメッセージがシステム・コンソールに送信され
ます。以下の console 値を使用することができます。
Y
メッセージのコピーがシステム・コンソールに送信されます。
N
メッセージのコピーはシステム・コンソールに送信されません。これが
デフォルトです。
comments
ステートメントの未使用スペースを示します。ステートメントに入れたい任意の
コメントは、9 桁目から 80 桁目までに入れる必要があります。
関連ステートメント: F、AUTH
ACCESS
ACCESS ステートメントを使用して、RSH コマンドのユーザーから NetView への
リモート・アクセスを制御します。これらのステートメントは、DSIPARM の
DSIRHOST メンバーに置かれます。個々のステートメントは、ホスト名とオプショ
ナル・ユーザー名で構成されており、1 行に入れられます。ただし、例外が 1 つあ
ります。特殊文字「+」は、他の ACCESS ステートメントで特定して禁止されてい
るユーザーまたはホスト以外は、だれでもアクセスできることを伝えるために、1
行に単独で使用できます。
ACCESS ステートメントの構文は、次のとおりです。
ACCESS
+
+
host
-
-
user
項目の意味 :
第 3 章 NetView 定義ステートメント
211
ACTION
+
ホストまたはユーザーへのアクセスを許可することを指定します。これがデフォ
ルトです。
-
ホストまたはユーザーへのアクセスを拒否することを指定します。
host
リモート・ホストを指定します。これは、TCP/IP ホスト名としても、 IP アド
レスとしても指定できます。 例えば、ドット表記を使用した場合は、次のよう
になります。127.44.44.44
|
|
user
リモート・システム上のユーザー名を指定します。
使用上の注意:
v ACCESS ステートメントでホストが指定されたら、後続のアクセス・ステートメ
ントは、そのホストに設定されているセキュリティー・レベルに合わせる必要が
あります。例えば、「-host1」が指定された場合には、その後の ACCESS ステー
トメントでは「host1」または「+host1」は無効になります。
v ホストまたはユーザーに関する特定の ACCESS ステートメントは、指定のホス
トまたはユーザーに使用するグローバル「+」文字をオーバーライドします。これ
は、デフォルト・アクセス・レベルを設定するのに「+」を使用できるが、特定の
ホストまたはユーザーは除外できるということを意味します。
ACTION
ACTION ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示さ
れるアクション・メッセージの色を変更します。 ACTION ステートメントが入って
いるサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 ACTION ステートメントは、一度
しかコーディングできません。
ACTION ステートメントの構文は、次のとおりです。
ACTION
ACTION
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
アクション・メッセージの前景色を定義します。背景色を指定する前に、前景色
を指定する必要があります。
attribute
アクション・メッセージのアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義しま
す。 ACTION ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続いて指定する色を、アクション・メッセージの背景色にします。背景色
だけを指定する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
アクション・メッセージの背景色を定義します。
212
アドミニストレーション・リファレンス
ACTION
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、このメンバーを使
用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の ACTION ステートメントのデフォルト値を提供し
ます。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオン
v 次の色のオペランドを指定できます。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次の強調表示オペランドを指定できます。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次の輝度オペランドを指定できます。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP メッセージが表示されたとき音響アラームが鳴る。
|
|
|
|
|
v メッセージが EMCS で配信される場合、色の設定は、MPF、SSI 出口、または
NetView MRT で設定された GREEN 以外の色のメッセージでは無効となりま
す。同様に、メッセージが EMCS で配信される場合、輝度の設定は、MPF、SSI
出口、または NetView MRT で設定された LOW 以外の輝度のメッセージでは無
効となります。
関連ステートメント: CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、HOLDPCNT、
HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
第 3 章 NetView 定義ステートメント
213
ALIASMEM
ALIASMEM
ALIASMEM ステートメントは、別名変換テーブルを作成します。このステートメ
ントは、ALIASAPL TASK ステートメントの MEM キーワードで指定されるメン
バーにコーディングしてください。 NetView プログラムが提供するサンプル・メン
バーは DSIALATD です。別名変換のサンプル・テーブルは、NetView プログラム
に DSIPARM メンバー DSIALTAB として同梱されています。
ALIASMEM ステートメントが入っているメンバーに対する変更は、ALIASAPL タ
スクを停止して再始動するまでは、有効になりません。メンバーを変更した結果、
使用するエクステントが追加された場合は、NetView プログラムを停止し、再始動
して、変更をインプリメントします。
注: このステートメントは、DSIAINIT を DST 初期設定出口として定義する
DSTINIT ステートメントの後にコーディングしてください。
ALIASMEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
ALIASMEM
,
ALIASMEM
membername
label
項目の意味 :
label
ALIASMEM ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示し
ます。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
membername [,...]
ORIGNET、LU、COS、および MODE 定義ステートメントが入っているメンバ
ーを指定します。
関連するステートメント: COS、DSTINIT、LU、MODE、ORIGNET、 TASK
AMELINIT
AMELINIT ステートメントは、CNMTAMEL データ・サービス・タスク (DST) に
必要な初期設定オペランドを定義します。 AMELINIT ステートメントは、
CNMTAMEL TASK ステートメントの MEM キーワードで指定されるメンバーにコ
ーディングしてください。 NetView プログラムに提供されるサンプル・メンバーは
DUIISFP です。
DUIISFP に対する変更は、一度 CNMTAMEL タスクを停止して再始動するまで
は、有効になりません。メンバーの変更によって、DSIPARM データ・セット内の
使用するエクステントが追加されることになった場合は、一度 NetView プログラム
を停止し、再始動して、変更を有効にします。 DUIISFP では、AMELINIT ステー
トメントを使用して、CNMTAMEL を状況フォーカル・ポイントとして立ち上げま
す。
214
アドミニストレーション・リファレンス
AMELINIT
AMELINIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
AMELINIT
AMELINIT DUIINITA FPPARMS=
DUIFPMEM
memb_name
項目の意味 :
DUIFPMEM
CNMTAMEL タスクが必要とする初期設定オペランドは、状況フォーカル・ポ
イントの初期設定メンバー DUIFPMEM にあることを指定します。
memb_name
CNMTAMEL タスクが必要とする初期設定オペランドが入るメンバーの、1 か
ら 8 文字の名前を指示します。このメンバーは、DUIFPMEM を新規メンバー
にコピーし、そのメンバーをカスタマイズして、作成することができます。
AUTH
AUTH ステートメントは、リソースを表示し管理するオペレーターの権限の定義、
オペレーターが許可された受信先として適格かどうかの指定、NetView 管理コンソ
ール管理機能を実行するオペレーターの権限の定義、およびオペレーターにコマン
ド使用 オプションを選択した NetView 管理コンソールにサインオンする許可を与
えるかどうかの指定を行います。このステートメントは、オペレーターに関連する
PROFILEN ステートメントで指定されたメンバーにコーディングしてください。
PROFILEN ステートメントがオペレーターに関連付けられる方法については、 295
ページの『OPERATOR』および 307 ページの『PROFILEN』を参照してください。
NetView プログラムと一緒に提供されるサンプル・メンバーは、DSIPROFA です。
AUTH ステートメントの構文は、次のとおりです。
AUTH
MSGRECVR=NO
,CTL=SPECIFIC
MSGRECVR=
label AUTH
,NGMFADMN=NO
NO
YES
,CTL=
SPECIFIC
GENERAL
GLOBAL
,NGMFCMDS=YES
,NGMFADMN=
NO
YES
,NGMFCMDS=
YES
NO
,NGMFVSPN=NNNN
,NGMFVSPN=
NGMFVSPN variables
NGMFVSPN 変数:
span_level visible_objects restrict_view_info restrict_list_info
第 3 章 NetView 定義ステートメント
215
AUTH
項目の意味 :
label
これは、AUTH ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) です。
このラベルは、関連するエラー・メッセージでのステートメントを識別します。
MSGRECVR=NO|YES
このプロファイルを使用しているオペレーターが、NetView ASSIGN コマンド
または NetView 自動化を使用して特定のオペレーターに経路指定されていない
非送信請求メッセージを受信できるかどうかを指定します。
NO
これは、このステートメントが入っているプロファイルを使用するオペレー
ターが、非送信請求メッセージを受信しないことを示します。 NO がデフ
ォルトです。
YES
このプロファイルを使用するオペレーターをメッセージの受信先として許可
できることを指示します。
注:
1. NetView プログラムにおける許可された受信先 とは、NetView 自動化ステ
ートメントの ASSIGN コマンドまたは ROUTE アクションで、特定のオペ
レーターに経路指定されていないすべての非送信請求および許可メッセージ
を受信する権限をもつオペレーターのことです。許可された受信先は、オペ
レーター端末が NetView プログラムに対して定義された順序と、許可オペ
レーターがログオンした順序によって判別されます。
2. 特定メッセージの受信に適格なオペレーターが複数ある場合、NetView プロ
グラムは、以下の優先順位 (最低から最高へ) を用いてメッセージを適切な
オペレーターに経路指定します。
v ASSIGN コマンドで指定されたオペレーター
v 自動化テーブルの ROUTE アクションで指定されたオペレーター (複数の
場合もある)
v クロスドメイン・オペレーター
複数のクロスドメイン・オペレーターがログオンしている場合は、最初に
ログオンしたオペレーターが優先されます。
v 自動タスク・オペレーター
複数の自動タスクが開始済みの場合には、最初に開始されたものが優先さ
れます。 自動タスクを非送信請求メッセージの受信先にする場合は、
ASSIGN コマンドを使用してください。
v システム・コンソール・オペレーター
CTL=SPECIFIC|GENERAL|GLOBAL
リソースを制御するオペレーターの権限を定義します。このオペランドは、次の
値のいずれかを示している必要があります。
SPECIFIC
オペレーターが制御できるのは、オペレーターが権限をもつスパンのメンバ
ーである、リソース名とビュー名だけです。これらは、オペレーター用プロ
ファイルの ISPAN および SPAN ステートメントにリストされているか、
216
アドミニストレーション・リファレンス
AUTH
あるいは OPSPAN=SAF であれば、RACF といった SAF 製品の NETSPAN
クラスにリストされています。オペレーターは、DOMAINS ステートメント
にリストされている、NCCFID でのみ NNT クロスドメイン・セッション
を確立することができます。 SPECIFIC がデフォルト値です。
GENERAL
オペレーターは、オペレーターが権限をもつスパンのメンバーである、リソ
ース名とビュー名を制御することができます。これらは、オペレーター用プ
ロファイルの ISPAN および SPAN ステートメントにリストされている
か、あるいは OPSPAN=SAF であれば、RACF といった SAF 製品の
NETSPAN クラスにリストされています。オペレーターは、どのスパンにも
属さないリソースを制御することもできます。オペレーターは、DOMAINS
ステートメントにリストされている、NCCFID でのみ NNT クロスドメイ
ン・セッションを確立することができます。
GLOBAL
制御スパンは、使用されません。 DOMAINS、ISPAN、および SPAN の各
ステートメントと、SAF 製品の NETSPAN クラス内のスパン名は、使用さ
れません。グローバル権限を持つオペレーターは、リソース経路指定定義
(RRD) ステートメントで指定されるドメインとの間で NNT クロスドメイ
ン・セッションを確立することができます。
注: 制御スパンが有効になるには、CNMSTYLE の SECOPTS.OPERSEC に
MINIMAL 以外の値を指定しなければなりません。
NGMFADMN=NO|YES
このプロファイルを用いるオペレーターに、NetView 管理コンソールの管理機
能を実行する許可を与えるかどうかを指定します。次の NetView 管理コンソー
ル機能が、このオペランドで制御されます。
v コマンド・プロファイル・エディターの使用
v 個々のリソースについての集約の調整
v ビューのカスタマイズ
NO
このステートメントが入っているプロファイルを使用するオペレーターは、
NetView 管理コンソール管理権限を持つことを指示します。 NO がデフォ
ルトです。
YES
このステートメントが入っているプロファイルを使用するオペレーターは、
NetView 管理コンソール管理権限を持つことを指示します。
NGMFCMDS=YES|NO
このプロファイルを使用するオペレーターに、NetView 管理コンソール機能へ
のアクセス許可を与えるかどうかを指定します。次の NetView 管理コンソール
のコマンドが、このオペランドによって許可されています。
v フラグまたはフラグ上の注を変更する。例えば、「リソース・プロパティー
(Resource Properties)」ウィンドウからリソースを保留にする。
v 非 SNA 状況を変更する。
v リソースに NETV390 コマンドを出す。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
217
AUTH
YES
このステートメントが入っているプロファイルを使用するオペレーターが、
NetView 管理コンソール・コマンド機能をもっていることを指示します。
YES がデフォルトです。
NO
このステートメントが入っている、このプロファイルを使用するオペレータ
ーが、NetView 管理コンソール・コマンド機能をもっていないことを指示し
ます。
NGMFVSPN=span_level visible_objects restrict_view_info restrict_list_info
NetView 管理コンソール・ビューおよびビュー内のリソースを表示するオペレ
ーターの権限を定義します。 NGMFVSPN 属性は、オペレーターが NetView
管理コンソール・ビューの表示を求めたときに、各リソース、各ビュー名、ある
いはその両方が、NetView スパン・テーブルで検査されるかどうかを指定しま
す。この属性は、オペレーターにビュー全体またはビュー内の一部のリソースを
調べる許可が与えられていない場合に、ビュー名またはリソースが除外されてい
ることを、ビュー・リストおよびビューが指示するかどうかも指定します。
NGMFVSPN 属性は、文字ストリングとしてコーディングされます。ストリング
の各 4 文字を使用して、オペレーター権限に別のオプションを指定し、
NetView 管理コンソール・ビューおよびリソースを表示します。
span_level、visible_objects、 restrict_view_info、または restrict_list_info 設定値に
コーディング・エラーがあると、その位置用のデフォルトの設定値が使用され、
エラー・メッセージが、許可された受信先に送られます。例えば、
NGMFVSPN=VZNN のようなエラーがあると、結果として NGMFVSPN=VNNN のシステ
ム設定値になります。
span_level
このオペレーターがビューおよびリソースの NetView 管理コンソール表示
を要求したときに、使用可能にするスパン・チェックのレベル (存在する場
合) を定義します。
218
N
なし。スパン・テーブルがオペレーター権限に対する検査を行われない
ことを意味します。アクセスが検査されないため、オペレーターは、
NetView 管理コンソール機能が表示するすべてのビューおよびリソース
を調べることができます。 N がデフォルトです。
V
ビュー。スパン・テーブルの各ビュー名を検査し、オペレーターがビュ
ーを表示する許可を得ているかどうかを調べることを意味します。この
オプションによって、ビュー内のすべてのリソースを検査するスパンの
オーバーヘッドを回避することができます。
R
リソース。スパン・テーブルの各リソースを検査し、オペレーターがリ
ソースを表示する許可を得ているかどうかを調べることを意味します。
ビュー名はスパン・チェックされませんが、ビュー内のあらゆるリソー
スがチェックされます。
A
すべて。スパン・テーブルのビュー名とリソースの両方をチェックし、
オペレーターがそれらを表示する許可を得ているかどうかを調べること
を意味します。
アドミニストレーション・リファレンス
AUTH
visible_objects
オペレーターの制御スパン内にないリソースが、オペレーターに対して表示
されるビューのヌルのノードおよびリンクとして見えるかどうかを指定しま
す。ヌル・ノード およびヌル・リンク は、ノードまたはリンクのタイプを
指示することもなければ、そのネットワーク階層での配置以外は、ノードあ
るいはリンクに関する情報を示すこともない、プレースホルダーです。
このオプションが適用されるのは、span_level に R あるいは
る場合のみです。
A を指定す
N
見えない。オペレーターの制御スパンにないリソースは、オペレーター
のビューに表示されません。N がデフォルトです。
Y
見える。オペレーターの制御スパンにないリソースは、オペレーターの
ビューにヌルのノードおよびリンクとして表示されます。
restrict_view_info
オペレーターの制御スパン内にないオブジェクトがオペレーターが要求する
ビューから除外されているとき、あるいはビュー全体がオペレーターの制御
スパン内にないため、オペレーターに表示できないときは、オペレーターに
指示を与えるべきかどうかを指定します。
このオプションが適用されるのは、span_level に R、V、または A を指定す
る場合のみです。
N
制限付きビュー情報を表示しません。ビューまたはリソースがオペレー
ターの制御スパン内にないため、リソースがビューから除外されている
か、またはビューが表示されなかったときは、オペレーターに対してそ
の旨の指示が与えられません。 N がデフォルトです。
Y
制限付きビュー情報を表示します。オペレーターに、要求したビューの
ビュー全体か一部のリソースを調べる権限がない場合は、ビュー全体ま
たは特定のリソースがオペレーターの制御スパン内にないため、それら
の表示が制限されている旨の指示がオペレーターに与えられます。
restrict_list_info
オペレーターの制御スパン内にないビュー名またはリソース名がリストから
除外されているとき、オペレーターに指示を与えるべきかどうかを指定しま
す。リストのタイプには、「グラフィック・モニター詳細 (Graphic Monitor
Details)」画面上のビューのリスト、「リソース配置 (Locate Resource)」の
結果、「詳細 (More Detail)」、または「保留リソースのリスト (List
Suspended Resources)」要求が組み込まれます。
このオプションが適用されるのは、span_level に R、V、または A を指定す
る場合のみです。
N
制限付きリスト情報を表示しません。オペレーターにビューを調べる許
可がないため、そのビュー名がビュー・リストまたは「リソース配置
(Locate Resource)」応答から除外されているときは、オペレーターに
は、ビュー名が除外されている旨の指示が与えられません。 N がデフ
ォルトです。
Y
制限付きリスト情報を表示します。ビューがオペレーターの制御スパン
第 3 章 NetView 定義ステートメント
219
AUTH
内にないため、ビュー名がビュー・リストまたは「リソース配置
(Locate Resource)」応答から除外されているときは、オペレーターには
その旨の指示が与えられます。
注:
1. AUTH ステートメントに NGMFVSPN 属性を使用するのは、NetView スパ
ン・テーブルを用いて制御スパンを定義する場合のみです。 NetView スパ
ン・テーブルを使用せず、かつ GLOBAL 以外の CTL 設定値を指定し、
NGMFVSPN 属性の span_level 位置に N 以外の値を指定した場合、オペレ
ーターはビューを表示することはできず、オペレーターにエラー・メッセー
ジが送られます。 CTL=GLOBAL を指定し、かつ NGMFVSPN 属性の
span_level 位置に N 以外の値を指定すると、オペレーターの NGMFVSPN
値は NNNN にリセットされ、スパン・チェックは行われず、オペレーター
はすべてのビューおよびリソースを表示することができます。許可された受
信先には、オペレーター・ログオンでエラー・メッセージも送られます。
2. RODM セキュリティーに RACF を使用している場合は、NetView ドメイン
名が RACF に対して定義されており、最低の RODM セキュリティー・レ
ベル 2 に対して許可されていることを確認してください。
以下の表は、使用できる一部のスパン権限オプション、およびスパン・チェック
のレベルごとの NGMFVSPN 設定値を示します。
表 12. スパン・チェック・オプションと NGMFVSPN 設定値の例
望ましいスパン・チェック・
レベル
NGMFVSPN
設定値
スパン・チェックなし
NNNN
結果
NetView スパン・テーブルは、オペレーター権限については検査
されません。オペレーターには、オペレーターが開こうとするす
べてのビューのすべてのリソースが表示されます。このオプショ
ンは、ビューが開かれたときに追加のシステム・オーバーヘッド
を招かないため、このオプションはオペレーター・プロファイル
に CTL=GLOBAL をもつすべてのオペレーターに使用してくださ
い。
現在は NGMFVSPN 属性を使用する必要はないが、あとで必要に
なると考えられる場合は、プレースホルダーとして
NGMFVSPN=NNNN をコーディングすることができます。
ビューのみのスパン・チェック
220
VNNN
アドミニストレーション・リファレンス
各ビューが表示される前に、ビュー名に対するオペレーター権限
について、NetView スパン・テーブルが検査されます。要求され
たビューを表示する許可がオペレーターに与えられていない場
合、オペレーターはエラー・メッセージを受け取ります。
AUTH
表 12. スパン・チェック・オプションと NGMFVSPN 設定値の例 (続き)
望ましいスパン・チェック・
レベル
NGMFVSPN
設定値
リソースのみのスパン・チェッ
ク
RYNN
各ビューが表示される前に、ビュー内のリソースに対するオペレ
ーター権限について、NetView スパン・テーブルが検査されま
す。ビュー名自体は検査されませんが、ビュー内のあらゆるリソ
ースが検査されます。要求されたビュー内のリソースのいくつか
を調べる許可がオペレーターに与えられていない場合、これらの
リソースは、オペレーターに対して表示されるビューのヌルのノ
ードおよびリンクとして表示されます。要求されたビューに、そ
のオペレーターのスパン・チェックに合格したリソースがない場
合は、オペレーターにエラー・メッセージが送られます。このオ
プションは、ビューが開かれるときに、ビュー・レベル検査より
高いシステム・オーバーヘッドを招きます。
すべてのビューおよびリソース
のスパン・チェック
ANYY
各ビューが表示される前に、ビュー内のビュー名とすべてのリソ
ースの両方に対するオペレーター権限について、NetView スパ
ン・テーブルが検査されます。ビュー内に、オペレーターに表示
の許可が与えられていないリソースがいくつかある場合、そのよ
うなリソースは、ビューがオペレーターに対して表示される前に
ビューから除外されます。除外されたオブジェクトはヌルのノー
ドおよびリンクとして表示されませんが、オペレーターには、リ
ソースがビューから除外された旨の指示が与えられます。ビュー
名か、要求されたリソースのすべてのどちらかが、そのオペレー
ターのスパン・チェックに合格しなかった場合は、その旨の指示
がオペレーターに送られます。このオプションは、ビューが開か
れるときに、ビュー・レベル検査およびリソース・レベル検査よ
り高いシステム・オーバーヘッドを招きます。
結果
関連するステートメント: DOMAINS、ISPAN、OPERATOR、SECOPTS、
PROFILE、PROFILEN、SPAN
C (コマンド・リスト)
C (コマンド・リスト) ステートメントを使用して、「状況モニター詳細 (Status
Monitor Detail)」パネルに表示するコマンド・リストを、16 まで割り当てます。
コマンド・リストは、REXX または NetView コマンド・リスト言語で作成するこ
とができます。このステートメントは、DSICNM にコーディングしてください。
DSICNM に対する変更は、nv_idVMT タスク (nv_id は NetView ドメイン ID) を
停止して再始動するまで有効になりません。メンバーを変更し、その変更の結果使
用するエクステントが追加された場合は、NetView プログラムを停止し、再始動し
て、変更をインプリメントします。
定義するそれぞれのコマンド・リストにつき 1 つの C ステートメントをコーディ
ングしてください。最大 16 の C ステートメントをコーディングできます。
C ステートメントの構文は、次のとおりです。
C cmdlistname comments
第 3 章 NetView 定義ステートメント
221
C (コマンド・リスト)
項目の意味 :
C
これは 1 桁目になければなりません。
cmdlistname
「状況モニター詳細 (Status Monitor Detail)」パネルで表示したいコマンド・リ
ストの名前です。この値は、ステートメントの 3 桁目から始めなければなりま
せん。
comments
ステートメント内の未使用スペースです。ステートメントに入れるコメントは、
11 桁目から 80 桁目までに入れる必要があります。
CMDCLASS
CMDCLASS は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサ
ポートされています。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストー
ル: マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: KEYCLASS、OPCLASS、VALCLASS
CMDDEF
CMDDEF ステートメントは、NetView プログラムにコマンドおよびコマンド・リス
トを定義します。
CMDDEF ステートメントは、コマンドに対して次の情報を定義します。
v コマンド名 (verb)
v コマンドを処理するモジュール
v コマンド・タイプ
v コマンド・モジュールがロードされる時点
v 権限検証を実行するかどうか
以下のことのために、コマンド・リストに対して CMDDEF ステートメントを使用
してください。
v コマンド・リストまたはパラメーターの同義語を定義する
v 特定のコマンドまたはコマンド・リストに対して明示的権限検査を行うか、それ
をバイパスする
また、非 NetView コマンドに権限検査を実行したい場合は、コマンドに CMDDEF
ステートメントを使用します。例えば、RUNCMD コマンドを使用してサービス・
ポイントに渡したコマンドをチェックするために DSIEX19 を使用したい場合があ
ります。それを行うには、CMDDEF ステートメントで MOD=DSISPCMD を使用し
てください。
CMDDEF ステートメントは、CNMCMD で使用します。 NetView プログラムをい
ったん停止してから再始動して、変更をインプリメントします。
222
アドミニストレーション・リファレンス
CMDDEF
注: CMDDEF ステートメントは逐次処理されます。等号の左辺と同じ値を持つ最後
のステートメントが (*PREV* 値以外) 使用されるステートメントです。ステー
トメントの選択が行われる前に、すべての CNMCMD メンバーはマージされま
す。
CMDDEF ステートメントの構文は、次のとおりです。
CMDDEF
CMDDEF
.commandname.
MOD=modulename
,R
DELETE=Y
TYPE=R
TYPE=
B
BP
D
H
I
P
R
RD
RP
RES=Y
RES=
N
Y
ECHO=Y
ECHO=
N
Y
PARSE=Y
PARSE=
N
Y
SEC=DE
SEC=
BY
CH
DE
IGNRLSUP =
*
number
FOLDUP=Y
FOLDUP=
N
Y
,
parameter_name = PARMSYN .
synonym
*PREV*
,
CMDSYN= synonym
*PREV*
オペランド
同義語
MOD
MODULE
RES
RESIDENT
SEC
SECURITY
項目の意味 :
第 3 章 NetView 定義ステートメント
223
CMDDEF
CMDDEF
このステートメントをコマンド定義ステートメントとして識別します。この ID
はオプション (任意指定) です。この ID がある場合、CMDDEF は 1 桁目から
始める必要があります。 CMDDEF の後にはピリオドが必要です。 CMDDEF
の ID を省略する場合、1 桁目はピリオドで始める必要があります。
commandname
コマンドまたはコマンド・リストの名前です。 commandname では、次の文字
を使用しないでください。
v ブランク・スペース
v コロン ( : )
v コンマ (,)
v 等号 ( = )
v パーセント (%)
v スラッシュ ( / )
すべての小文字の英字は、大文字に変換されます。命名の際に競合を避けるため
に、commandname を、NetView プログラムが使用する 3 文字の接頭部で始め
ないでください。この接頭部には AAU、 BNH、 BNJ、 BNK、 CNM、
DSI、 DUI、 EZL、 FLC、 FKX および FKV が含まれます。
MOD=modulename
コマンドを処理するモジュールの名前を示します。コマンド・リストの場合は、
MOD=DSICCP を使用してください。
注: ユーザー作成のコマンド・プロシージャーを定義する場合には、MOD オペ
ランドに固有のモジュール名を必ず指定してください。 NetView プログラ
ムが、ユーザー作成のコマンド・プロシージャーではなく、そのコマンドを
実行しようとするので、システムがコマンドとして識別する可能性のある名
前は使用しないでください。
これは CNMCMD で以前に定義されたコマンドの重複ではなく、置き
換えであることを指示します。コマンド定義においてコマンド・モジュ
ールが意図的に置き換えられる場合には、R を指定することにより、必
要のない DUPLICATE COMMAND メッセージが効果的に抑制されま
す。
R
注: REPLACE というワードは、文書化目的でスペルアウトできます
が、イニシャルの R より先は、スペルあるいは構文の検査は行わ
れません。
DELETE=Y
CMDDEF ステートメントよって既に定義されたコマンドを削除します。この指
定は、NetView プログラム開始時にコマンド定義を除外するために使用してく
ださい。
TYPE=B|BP|D|H|I|P|R|RD|RP
コマンド・タイプを示します。
注: 正規コマンド・プロシージャーに TYPE=I または TYPE=B は定義しないで
ください。
B
224
アドミニストレーション・リファレンス
正規コマンドあるいは即時コマンドとして実行できるコマンドを指
CMDDEF
示します。オペレーターがこのコマンドを端末で入力すると、
NetView は、このコマンドを即時コマンドとして扱います。コマン
ド・リストに入っていれば、NetView プログラムはこれを正規コマ
ンドとして扱います。
BP
両方のコマンドまたはステージ・コマンドを指示します。
D
データ・サービス・コマンドを指示します。データ・サービス・コ
マンド・プロシージャーは、データ・サービス・タスク (DST) のも
とで実行します。これらのコマンドは内部コマンドであるため、オ
ペレーターが端末で入力することはできません。セッションおよび
ハードウェア・モニターをサポートするいくつかの内部コマンド
は、TYPE=D です。
H
タイプ H コマンドが、DEFAULTS コマンドおよび OVERRIDE コ
マンドの CMD 優先順位の設定値に関係なく高い優先順位のキュー
に置かれる点を除き、タイプ H は、タイプ R と同じです。
I
即時コマンドを示します。即時コマンドは、正規コマンドに割り込
むことができます。即時コマンドは、通常は画面制御コマンドある
いはエラー・リカバリー・コマンドです。即時コマンドの実行中
は、キーボードがロックされて、他のコマンドを入力することはで
きません。即時コマンドは、コマンド・リスト内では許可されず、
初期コマンドとして使用することもできません。また、AT、
EVERY、および AFTER の各コマンドで、PPT オペランドを使用
した即時コマンドは使用できません。
P
PIPE コマンド内のステージ・コマンドを指示します。タイプ P の
コマンドは、パイプライン内のステージ・コマンドのアクティビテ
ィーを制御します。
R
正規コマンドを示します。 1 人のオペレーターが同時に実行できる
正規コマンドは、1 つだけです。正規コマンドの実行中に、オペレ
ーターがもう 1 つ正規コマンドを入力する場合、2 番目のコマンド
が処理を開始する時点は DEFAULTS あるいは OVERRIDE コマン
ドで指定されている CMD パラメーターの値によって決まります。
コマンド・リストでは正規コマンドを使用できます。 R がデフォ
ルト値です。
RD
正規コマンドあるいはデータ・サービス・コマンドを示します。
RP
正規コマンドあるいはステージ・コマンドを示します。
RES=N|Y
NetView プログラムの初期設定時に、コマンド・モジュールをロードするかど
うかを指定します。頻繁に使用するモジュールだけを初期設定時にロードするよ
うに指定すれば、NetView プログラムで使用できるストレージ量が増加しま
す。初期設定時にすべてのコマンド・モジュールをロードすると、使用可能なス
トレージは少なくなるため、パフォーマンスが低下する可能性があります。
N
コマンドが実行されるまでコマンド・モジュールをロードせず、使用し
たストレージは完了時に解放されることを指示します。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
225
CMDDEF
Y
コマンド・モジュールを NetView プログラムの初期設定時にロードし
て、ストレージに常駐したままにすることを示します。 Y がデフォル
トです。
重複するモジュール名があるコマンド定義をもっていて、その常駐に関する属性
が競合している場合には、RES=Y であると見なされます。コマンド定義が、
TYPE=I あるいは TYPE=B、および RES=N である場合は、RES=Y であると見
なされ、初期設定が続行します。以下のコマンドを RES=N とコーディングす
ると、NetView プログラムは自動的にそれらを RES=Y とします。
v すべての VTAM コマンド
v DSICCP (コマンド・リスト・コマンド・プロセッサー)
v BGNSESS、 DSIYCLF、 DSIYCTRM、 DSIYOCRM、 DSIYOFPM、
DSIYOLRP、 DSIYOMRP、 DSIYOSRP、 DSIYOTP、 DSIYPIF、
LOGOFF、 REPLY、 START、 STOP
ECHO=N|Y
オペレーターがコマンドを入力したあとに、そのコマンドが画面にエコーされる
かどうかを制御します。 NetView REXX コマンド・リストのコマンドの場合、
TRACE の設定値がエコー状況を定義します。NetView コマンド・リスト言語の
コマンド・リストのコマンドの場合、&CONTROL の設定値がエコー状況を定義
します。 TYPE=I および TYPE=B のコマンドは、端末から入力された後は、
エコーされません。
N
入力されたコマンドは、エコーされないことを意味します。
入力されたコマンドは、エコーされることを意味します。 Y がデフォ
Y
ルトです。
注: 画面にエコーされるコマンドが、自動化テーブルの条件と一致する場合に
は、NetView 自動化の対象となります。
PARSE=N|Y
メッセージ・バッファーを解析するかどうかを指定します。このオペランドは、
コマンド・リストの呼び出し時には無視されます。
N
メッセージ・バッファーが、解析されないことを指示します。
PARSE=N を指定すると、解析バッファー PDB を使わないユーザー作
成のコマンド・プロシージャーの場合に、コマンド・プロセッサーのパ
フォーマンスが向上します。
Y
メッセージ・バッファーを解析することを指示します。 Y がデフォル
トです。コマンド・プロシージャーの書き方については、「IBM Tivoli
NetView for z/OS Programming: Assembler」、および「IBM Tivoli
NetView for z/OS Programming: PL/I and C」を参照してください。
SEC=BY|CH|DE
コマンドのセキュリティー検証を行うかどうかを指定します。デフォルト値によ
って、すべてのコマンドが権限検査されます。明示的に権限検査をバイパスした
いか、DEFAULTS コマンドの AUTOSEC の設定に関係なく明示的にコマンド
をチェックする場合にのみ、SEC を指定してください。
BY
226
BYPASS は、NetView プログラムがコマンドの権限検証を実行しないこ
とを指定します。これを指定すると、DEFAULTS コマンドで指定され
た、AUTOSEC=CHECK がオーバーライドされます。
アドミニストレーション・リファレンス
CMDDEF
同じコマンドに対し SEC=BY とコマンド権限テーブル・ステートメン
トまたは SAF ステートメントを指定すると、コマンド・セキュリティ
ー・ステートメントは無視されます。
SEC=BY を指定して、頻繁に使用され、セキュリティー・リスクの心配
のないコマンド権限検査をバイパスすると、NetView プロセッサーの使
用率を全体的に節約することができます。
CH
CHECK - このコマンドを出したときに NetView プログラムが常に権限
検証を実行することを指定します。これを指定すると、DEFAULTS コ
マンドで指定された、AUTOSEC=BYPASS がオーバーライドされま
す。
SEC=CH は、誤用によって環境にマイナス影響が及ぼされる場合に、コ
マンドへのアクセスを制限するために使用します。このステートメント
は、自動化テーブルからコマンドが出され、AUTOSEC が BYPASS に
設定されていても、権限検査が行われてタスクが未許可のコマンドを出
すことを防ぎます。
DE
DEFER は、NetView プログラムが条件付きでコマンドの権限検証を実
行することを指定します。
コマンドが自動化テーブルから出される場合は、DEFAULTS コマンド
で AUTOSEC に割り当てられた値に基づいて、権限検査が実行されま
す。 AUTOSEC=CHECK の場合、コマンド権限検査は実行されます。
AUTOSEC=BYPASS の場合、コマンド権限検査は実行されません。
IGNRLSUP=*|number
特定のコマンドで抑止文字が指定されているときに、コマンドのロギングの抑止
を無視するかどうかを指定します。
*
コマンド・ストリング全体をログに記録します。
number
値 0 は、抑止文字が有効あることを示します。
値 1 から 250 は、コマンド・ストリングのうち、最初から n 番目ま
での構文解析トークン (ブランク、コンマ、ピリオド、または等号で区
切られた文字ストリング) をログに記録することを指示します。
注: 同じコマンド定義に対し IGNRLSUP=1-250 と PARSE=N を指定す
ると、エラーと見なされます。
コマンド verb が最初の構文解析トークンです。例えば、IGNRLSUP=1
を指定した場合は、コマンド verb のみがログに記録されます。
注:
1. IGNRLSUP 値は、コマンドがその他の理由で抑止されていない場合のみ有効
と見なされます。例えば、コマンドがコマンド・リストから実行され、
&CONTROL が ERR に設定されている場合、コマンドは抑止されます。
2. ADDCMD コマンドまたは CMDDEF ステートメントでコーディングされた
IGNRLSUP 値は、DEFAULTS コマンドでコーディングされた値に優先しま
す。 IGNRLSUP が DEFAULTS コマンドまたは ADDCMD コマンド、ある
いはコマンドの CMDDEF ステートメントにコーディングされていない場合
に、抑止文字はそのコマンドに対し有効となります。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
227
CMDDEF
3. コマンド・リスト内のコマンドを処理している場合、IGNRLSUP 値は無視さ
れます。
FOLDUP=N|Y
コマンドをコマンド・プロセッサーに送信する前に、コマンドを大文字に変換す
るかどうかを指定します。
N
コマンドを大文字に変換しないよう指示します。
Y
コマンドを大文字に変換するよう指示します。これがデフォルトです。
注:
1. 出されるときに、commandname に NETVASIS の接頭部を付けて、
FOLDUP=Y をオーバーライドすることができます。
2. FOLDUP=Y は、そのコマンドを実行するタスクの OVERRIDE
NETVASIS=YES 指定に優先します。
3. FOLDUP 機能は、コマンド行から入力されたコマンド用です。これ
はプロシージャー (例えばコマンド・リスト、REXX、PL/1、あるい
は C) で呼び出されるコマンドには影響を与えません。
PARMSYN.parameter_name=synonym|*PREV*
parameter_name は元のコマンド・パラメーター名です。 synonym は 1 から 8
文字からなる新規のパラメーター名です。 NetView プログラムがリサイクルさ
れた後、このプログラムは新旧いずれかの名前を受け入れます。
使用上の注意:
v 複数の同義語を、コンマで区切って定義できます。
v この PARMSYN. parameter_name ステートメントで定義された同義語を、こ
のコマンドおよびパラメーターの直前の PARMSYN ステートメントを使用し
て付加するためには、*PREV* を使用してください。 *PREV* を指定しない
場合、このコマンドおよびこのパラメーターに対して以前に定義された同義
語が置き換えられます。
v PARMSYN は、VTAM、 MVS、および端末アクセス機能 (TAF) LU1 コマン
ドには使用しないでください。
v ヘルプを使用する場合は、ヘルプ情報では元のパラメーターだけが使用され
ます。
v NetView 定義の同義語については、CNMCMD サンプルを参照して
CNMCMDU をカスタマイズしてください。
CMDSYN=synonym|*PREV*
コマンドまたはコマンド・リストの新規名を指示します。オペレーターは、元の
コマンド名を使用することも、新しい同義語を使用することもできます。
使用上の注意:
v 複数の同義語を、コンマで区切って定義できます。
v このステートメントで定義された同義語をこのコマンドの直前の CMDSYN
ステートメントを使用して付加するには、*PREV* を使用してください。
*PREV* を指定しない場合、このコマンドに対して以前に定義された同義語
が置き換えられます。
v コマンド同義語として以下のものは使用できません。
– コンマまたはピリオド
228
アドミニストレーション・リファレンス
CMDDEF
– % 記号 (%) で始まる名前
– VTAM コマンドの名前
– 他の NetView コマンド
– NetView プログラムと一緒に実行するアプリケーション・プログラムのコ
マンド
v NetView のヘルプは、コマンド名に合わせて用意されています。同義語を作
成する場合は、その同義語のヘルプを作成するか、ヘルプ・マップ・サンプ
ル (CNMS1048) にその同義語を追加することができます。ヘルプ・パネルの
作成の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS カスタマイズ・ガイ
ド」を参照してください。
v 同義語は、使用している NetView コンポーネントによっては、予想したとお
りに作用しないこともあります。例えば、CMDSYN ステートメントを使っ
て、TARA コマンドに T 同義語を割り当てることができます。ただし、ハー
ドウェア・モニター・コンポーネントを使用している場合には、T は TARA
コマンドではなく、TITLE コマンドを実行します。
v システム・コンソール・オペレーターは、常に元のコマンド名を使わなけれ
ばなりません。
NetView 定義の同義語については、CNMCMD サンプルを参照して CNMCMDU
をカスタマイズしてください。
使用上の注意:
プロダクト・センシティブ・プログラミング・インターフェース
v インストール・システム出口 DSIEX19 を使用して、RUNCMD を使用してサー
ビス・ポイントへ送信される非 NetView コマンドの権限検査を行うことができま
す。 DSIKVS (アセンブラー) あるいは CNMSCOP (高水準言語) を使用してキ
ーワードと値の権限検査を行いたい場合は、非 NetView コマンドの CNMCMD
に CMDDEF ステートメントを組み込まなければなりません。
プロダクト・センシティブ・プログラミング・インターフェース の終り
v 初期設定パフォーマンスを向上させるためにも、デフォルト値、例えば RES=Y
あるいは TYPE=R を指定しないでください。
v 値がコンマで区切られたリストを持つ、キーワードを指定する定義ステートメン
トは、継続することができます。この場合、次の例に示すように、コンマでその
行を終了させ、その次の行の 2 桁目でリスト値を再開することによって、値を 1
つの行から次の行に継続することができます。
CMDDEF.FOCALPT.PARMSYN.ADDBKUP=ADDBU,ADD,
ABK,AB
関連するステートメント: SECOPTS
第 3 章 NetView 定義ステートメント
229
CMDLINE
CMDLINE
CMDLINE ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
されるコマンド行の色を変更します。 CMDLINE ステートメントが入っているサン
プル・メンバーは、CNMSCNFT です。 CMDLINE ステートメントは、一度しかコ
ーディングできません。
CMDLINE ステートメントの構文は、次のとおりです。
CMDLINE
CMDLINE
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
コマンド行の前景色を定義します。前景色は、背景色の前に指定しなければなり
ません。
attribute
コマンド行のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。
CMDLINE ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続けて指定する色を、コマンド行の背景色にします。背景色だけを指定す
る場合には、これは必須キーワードです。
colorb
コマンド行の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することもできます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の CMDLINE ステートメントのデフォルト値を提供し
ます。
– 緑の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 低輝度
– アラームはオフ
v 次の色のオペランドを指定できます。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
230
アドミニストレーション・リファレンス
CMDLINE
v 次の強調表示オペランドを指定できます。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次の輝度オペランドを指定できます。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、COLUMNHEAD、HELD、HOLDPCNT、
HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
CMDMDL
CMDMDL は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサポ
ートされています。これは、DSIPARM メンバー CNMCMD で CMDDEF ステート
メントによって置き換えられます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for
z/OS インストール: マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDSYN、PARMSYN
CMDRCVR
CMDRCVR ステートメントを使用して、NetView プログラム内で処理する RODM
メソッドからコマンドを送信するために使用される、NetView プログラム間インタ
ーフェース・コマンド受信先キューを定義します。複数の CMDRCVR ステートメ
ントを指定する場合、NetView プログラムは最初のステートメントだけを使用しま
す。
CMDRCVR ステートメントの構文は、次のとおりです。
CMDRCVR
ID=DSIQTSK
CMDRCVR
ID=receiverid
項目の意味 :
ID=DSIQTSK|receiverid
送信元がプログラム間インターフェースを介してコマンド受信先にコマンドを送
信する際に使用する受信先 ID を指定します。 RODM メソッドは、EKGSPPI
オブジェクト独立メソッドを実行して、この NetView プログラムで処理するコ
マンドを送信する際に、この名前を指定しなければなりません。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
231
CMDRCVR
DSIQTSK
CNMSTASK の DSIQTSK タスクの名前を示します。これがデフォルト
です。
receiverid
コマンド受信先の受信先 ID を指定します。この値の長さは 8 文字を
超えることはできません。
CMDSYN
CMDSYN は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサポー
トされています。これは、DSIPARM メンバー CNMCMD で CMDDEF ステートメ
ントによって置き換えられます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS
インストール: マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDMDL、PARMSYN
COLUMNHEAD
COLUMNHEAD ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに
表示される列見出し行の色を変更します。列見出し行は、出力域の一番上に表示さ
れる行であり、使用している接頭部を定義するものです。 COLUMNHEAD ステー
トメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 COLUMNHEAD
ステートメントは一度だけコーディングしてください。
COLUMNHEAD ステートメントの構文は、次のとおりです。
COLUMNHEAD
NONE
COLUMNHEAD
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
列見出し行の前景色を定義します。背景色を指定する前に、前景色を指定してく
ださい。
attribute
列見出し行のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。
COLUMNHEAD ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続けて指定する色を、列見出し行の背景色にします。背景色だけを指定す
る場合には、これは必須キーワードです。
colorb
列見出し行の背景色を定義します。
NONE
ラベルを表示しないよう指示します。 NONE がデフォルトです。
232
アドミニストレーション・リファレンス
COLUMNHEAD
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することができます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
v 次の色のオペランドを指定できます。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次の強調表示オペランドを指定できます。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次の輝度オペランドを指定できます。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、HELD、HOLDPCNT、
HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
COMNTESC
COMNTESC は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサ
ポートされています。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストー
ル: マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDMDL、CMDSYN、PARMSYN
COS
COS ステートメントは、相互接続ネットワーク内で重複するサービス・クラス
(COS) 名に、同等の名前を定義します。このステートメントは、ALIASMEM ステ
ートメントで指定したメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラム
が提供するサンプル・メンバーは、DSIALTAB です。
COS ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
233
COS
COS
COS targname,targnet,origname
label
項目の意味 :
label
COS ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を示します。こ
のラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別します。
targname
宛先ネットワークに適用される COS 名を示します。この名前は、元のネットワ
ークでの COS 名と同等のものであり、同等名とも呼ばれます。
targnet
COS がその同等名で認識される 1 から 8 文字のネットワークの名前を示しま
す。
origname
元のネットワークで COS が認識される名前を示します。
関連するステートメント: ALIASMEM、ORIGNET
DBFULL
DBFULL ステートメントを使用して、ハードウェア・モニターのデータベースが満
杯のときに、メッセージ BNJ022I が出される回数の最大値を設定します。指定した
限界値を超えると、NetView プログラムは、メッセージ BNJ183I を出します。一度
メッセージ BNJ183I が出されると、次のいずれかの状況が発生しない限り、それ以
上のメッセージは出されません。
v BNJDSERV タスクを停止する。
v BNJDSERV に SWITCH コマンドを出す。
v PURGE コマンドが完了する。
DBFULL ステートメントをコーディングしなければ、常にメッセージ BNJ022I が
出されます。 DBFULL をゼロに設定すると、メッセージ BNJ022I もメッセージ
BNJ183I も出されません。
このステートメントは、BNJDSERV タスク・ステートメントの MEM キーワード
で指定するメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラムと一緒に提
供されるサンプル・メンバーは、BNJMBDST です。
変更をインプリメントするには、BNJDSERV タスクを停止し、再始動してくださ
い。変更の結果、使用するエクステントが追加された場合は、NetView プログラム
を停止し、再始動します。
DBFULL ステートメントの構文は、次のとおりです。
DBFULL
DBFULL nnnnn
234
アドミニストレーション・リファレンス
DBFULL
項目の意味 :
nnnnn
メッセージ BNJ022I が表示される回数を指示します。 nnnnn の回数を超える
と、メッセージ BNJ183I が出されます。
DEFENTPT
DEFENTPT ステートメントは、DEFFOCPT ステートメントと組み合わせて使用す
るオプション (任意指定) のステートメントであり、NetView ノードを運用管理のフ
ォーカル・ポイントまたはエントリー・ポイントとして初期設定するかどうかを指
定します。 DEFENTPT は、DSI6INIT メンバーにコーディングしてください。
DSI6INIT は、管理サービス (MS) トランスポート DST である DSI6DST 用のデー
タ・サービス・タスク (DST) 初期設定メンバーです。
DEFENTPT ステートメントの構文は、次のとおりです。
DEFENTPT
EPONLY=NO
DEFENTPT
label
EPONLY=YES
項目の意味 :
label
DEFENTPT ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示し
ます。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
EPONLY
ノードがエントリー・ポイントのみかどうかを指定します。
NO
この NetView ノードが、運用管理フォーカル・ポイントであることを指定
します。 DEFFOCPT ステートメントと DEFENTPT が、どちらも定義され
ていない場合には、NO がデフォルト値となります。
YES
この NetView ノードを、運用管理データのエントリー・ポイントにするこ
とができることを示します。これは、有効な DEFFOCPT ステートメントを
運用管理に対して定義されている場合、またはフォーカル・ポイントが運用
管理のために保管/復元データベースから復元された場合にのみ実行できま
す。
使用上の注意: 指定する DEFENTPT ステートメントが複数の場合は、あとのステ
ートメントは前のステートメントをオーバーライドします。このことは、あとに指
定したステートメントに構文エラーがあっても、行われます。
関連するステートメント: DEFFOCPT
第 3 章 NetView 定義ステートメント
235
DEFFOCPT
DEFFOCPT
DEFFOCPT ステートメントは、指定されたデータのタイプ (カテゴリー) のフォー
カル・ポイントを定義します。定義されるフォーカル・ポイントが LUC アラート
転送用である場合は、DEFFOCPT ステートメントを DSICRTTD メンバーに入れて
ください。フォーカル・ポイントが LU 6.2 アラート転送を含むその他のデータの
タイプ用である場合は、DEFFOCPT ステートメントを DSI6INIT メンバーに入れて
ください。
DSICRTTD への変更をインプリメントするには、DSICRTR タスクを停止して、再
始動してください。 DSI6INIT への変更は、以下のいずれかの状態が生じたときに
有効になります。
v オペレーターがエントリー・ポイントで、FOCALPT ACQUIRE DEFFOCPT コマ
ンドを出した。
v DSI6DST タスクが再始動された。
変更の結果、DSIPARM で使用するエクステントが追加された場合は、NetView プ
ログラムを停止し、再始動します。
DEFFOCPT ステートメントには、構文が 2 つあります。どちらの構文を使用する
かは、DEFFOCPT ステートメントの位置によって決まります。このステートメント
のコーディング方法の例については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール:
追加コンポーネントの構成」を参照してください。 NetView フォーカル・ポイント
とエントリー・ポイント・サポートの一般的検討については、「IBM Tivoli NetView
for z/OS 自動操作ガイド」を参照してください。
DSICRTTD 内の DEFFOCPT ステートメント
DEFFOCPT ステートメントが DSICRTTD に入っている場合は、次の構文を使用し
てください。複数の DEFFOCPT ステートメントをコーディングすると、最後にコ
ーディングされたものが使用されます。
注: DEFFOCPT ステートメントは、DSI6INIT にもあります。
DEFFOCPT
DEFFOCPT TYPE=
ALERT
,PRIMARY=nodename
label
,BACKUP=nodename2
項目の意味 :
label
DEFFOCPT ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示し
ます。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
TYPE=ALERT
フォーカル・ポイントのカテゴリーを定義します。デフォルト値は割り当てられ
ていないので、TYPE キーワードを指定する必要があります。
236
アドミニストレーション・リファレンス
DEFFOCPT
ALERT
与えられた NetView ハードウェア・モニターのアラート・データが、LUC
経由でフォーカル・ポイントに転送されることを指示します。
フォーカル・ポイント・アラート・サポートは、集中アラート通知を提供す
ることによって、集中問題判別を容易にしています。
PRIMARY=nodename
1 次フォーカル・ポイントの LUC タスクの名前を指示します。 LUC タスクの
名前は xxxxxLUC です。ここで、xxxxx は、LUC タスクが実行されている
NetView プログラムの NetView プログラム ID です。
BACKUP=nodename2
オプション (任意指定) のバックアップ・フォーカル・ポイントの LUC タスク
の名前を指示します。 LUC タスクの名前は xxxxxLUC です。ここで、xxxxx
は、LUC タスクが実行されている NetView プログラムの NetView プログラム
ID です。バックアップ・フォーカル・ポイントを定義する場合に、ユーザーの
ローカル・ドメインをそのバックアップ・フォーカル・ポイントとして指定しな
いでください。
注: 1 次フォーカル・ポイントがアクティブではなく、バックアップ・フォーカ
ル・ポイントが定義されていれば、NetView プログラムは、定義されているバ
ックアップ・フォーカル・ポイントにアラートを送信します。
DSI6INIT 内の DEFFOCPT ステートメント
DEFFOCPT ステートメントが DSI6INIT に入っている場合は、次の構文を使用して
ください。 1 つのカテゴリーには複数の DEFFOCPT ステートメントを指定するこ
とができます。これにより、1 つの 1 次フォーカル・ポイントと最高 8 つのバッ
クアップ・フォーカル・ポイントを指定することができます。 1 次フォーカル・ポ
イントは、各カテゴリーに 1 つしか指定できません。カテゴリーに複数の 1 次フ
ォーカル・ポイントを指定すると、DSI6INIT から最後に読み取られた 1 次フォー
カル・ポイントが使用されます。バックアップ・フォーカル・ポイントを 8 よりも
多く指定すると、最初の 8 つが使用されます。
注: DEFFOCPT ステートメントは、 DSICRTTD にもあります。
DEFFOCPT2
DEFFOCPT TYPE=category
,PRIMARY=
label
nau
netid.
,BACKUP=
nau2
,OVERRIDE
netid.
項目の意味 :
label
DEFFOCPT ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示し
ます。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
237
DEFFOCPT
TYPE=category
フォーカル・ポイントのカテゴリーを定義します。このオペランドを使用して、
指定されたカテゴリーの 1 次フォーカル・ポイントとバックアップ・フォーカ
ル・ポイントの初期値を指定します。デフォルト値が割り当てられないので、
TYPE キーワードを指定する必要があります。
有効なフォーカル・ポイントのカテゴリーには、ALERT、OPS_MGMT、とユー
ザー定義のカテゴリーがあります。
PRIMARY=netid.nau
ネットワークの名前、およびフォーカル・ポイントが常駐する LU または
VTAM CP 名を指示します。 NetView プログラムでは、LU 名は NetView ド
メイン名です。 PRIMARY キーワードは、特定のカテゴリーの DEFFOCPT ス
テートメントに、少なくとも 1 つは指定する必要があります。netid はオプショ
ン (任意指定) です。アスタリスク (*) を指定した場合、または netid にネット
ワーク名を指定していない場合には、VTAM が LU のネットワーク名を決めま
す。
1 次フォーカル・ポイントは、各カテゴリーに 1 つしか定義できません。複数
の 1 次フォーカル・ポイントがあると、DSI6INIT から最後に読み取られた 1
次フォーカル・ポイントが使用されます。カテゴリーに 1 次フォーカル・ポイ
ントを定義しないと、カテゴリーに指定した DEFFOCPT ステートメントが、す
べて無視されます。
BACKUP=netid.nau2
ネットワークの名前、およびバックアップ・フォーカル・ポイントが常駐する
LU あるいは VTAM CP 名を指示します。 BACKUP キーワードはオプション
(任意指定) です。 netid はオプション (任意指定) です。バックアップ・フォー
カル・ポイントを定義する場合に、ユーザーのローカル・ドメインをそのバック
アップ・フォーカル・ポイントとして指定しないでください。アスタリスク (*)
を指定するか、netid にネットワーク名を指定しない場合は、VTAM が LU の
ネットワーク名を判別します。
1 次フォーカル・ポイントとの通信を失い、バックアップ・フォーカル・ポイン
トが定義されていると、NetView プログラムは、バックアップ・フォーカル・
ポイントを獲得しようとします。バックアップ・フォーカル・ポイントが獲得さ
れる順番は、DSI6INIT 内の DEFFOCPT ステートメントの順序で決まります。
バックアップ・フォーカル・ポイントが獲得されると、それが現行のフォーカ
ル・ポイントになります。ここでタイマーが活動化され、1 次フォーカル・ポイ
ントを再獲得しようとします。フォーカル・ポイントの定義、獲得、および変更
の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS 自動操作ガイド」を参照し
てください。
1 次フォーカル・ポイントの再獲得のための時間間隔の指定方法の詳細について
は、NetView オンライン・ヘルプの DEFAULTS コマンドの REACQPRI キー
ワードを参照してください。
OVERRIDE
このカテゴリーの任意のフォーカル・ポイントの詳細が、保管/復元データベー
ス内に入っているかどうかに関係なく、初期設定時にすべての DEFFOCPT ステ
ートメントが使用されることを指定します。このキーワードは、特定のカテゴリ
ーの 1 つの DEFFOCPT ステートメントのみで使用することができ、そのカテ
ゴリーの PRIMARY か BACKUP のいずれかのキーワードによって指定されな
238
アドミニストレーション・リファレンス
DEFFOCPT
ければなりません。 OVERRIDE を指定しない場合には、DSI6DST タスクの開
始以降、このカテゴリーの DEFFOCPT ステートメントが変更されていなけれ
ば、保管/復元データベースからの現行のフォーカル・ポイントの詳細が使用さ
れます。この場合、NetView プログラムは、DEFFOCPT ステートメントで定義
されているフォーカル・ポイントの名前を使用します。
使用上の注意:
v 2 つの別のネットワークにある 2 つのノードが同じ LU 名をもつ場合、VTAM
が探し出す名前は、任意の時点でアクティブであるノードの構成によって変わり
ます。
v 1 つのカテゴリーに、同じ NAU をもつ修飾ネットワーク名と非修飾ネットワー
ク名の両方を指定すると、修飾名が使用されます。
v VTAM CP 名は、VTAM プログラムの第 4 版リリース 1 以降で稼働中の、
NetView プログラム第 2 版リリース 4 以降のリリースに入っているフォーカ
ル・ポイントにしか使用できません。
v 特定のノードのフォーカル・ポイント名が NetView プログラムを表している場合
は、NetView プログラムが VTAMCP.USE = YES を使用するか、VTAMCP.USE
= NO を使用するかを考えてください。 VTAMCP ステートメントは
CNMSTYLE でコーディングします。 YES を指定した場合、フォーカル・ポイ
ント名に、その VTAM プログラムからの CP 名を使用してください。 NO を指
定した場合は、NetView ドメイン名を使用します。
関連するステートメント: DEFENTPT、NPDA.ALERTFWD
DOMAINS
DOMAINS ステートメントを使用すれば、特定の制御または一般的な制御を持つオ
ペレーターに対する NNT クロスドメイン通信のセットアップが可能になります。
このステートメントは、このオペレーターが開始できる NNT クロスドメイン・セ
ッションを示します。このステートメントは、オペレーターに関連する PROFILEN
ステートメントで指定されたメンバーに指定してください。 PROFILEN ステートメ
ントがオペレーターに関連付けられる方法を判別するには、 295 ページの
『OPERATOR』および 307 ページの『PROFILEN』を参照してください。
DOMAINS ステートメントの構文は、次のとおりです。
DOMAINS
,
DOMAINS
domainid
label
項目の意味 :
label
DOMAINS ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示しま
す。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
239
DOMAINS
domainid [,...]
このオペレーターが NNT クロスドメイン・セッションを開始できる、別の
NetView の、1 から 5 文字の ID を指示します。
使用上の注意:
v RMTCMD コマンドで開始した分散自動タスクとの会話は、NNT クロスドメイ
ン・セッションとは見なされず、DOMAINS ステートメントに影響されません。
v 必要に応じて何度でも DOMAINS ステートメントを使用し、必要なドメインをす
べて定義してください。 AUTH CTL=GLOBAL または
SECOPTS.OPERSEC=MINIMAL を指定すると、DOMAINS ステートメントは無視
されます。
関連するステートメント: AUTH、OPERATOR、SECOPTS、PROFILEN
DSTINIT
DSTINIT ステートメントは、オプション (任意指定) のデータ・サービス・タスク
(DST) で必要な初期設定オペランドを定義します。
このステートメントは、MOD キーワードの値が DSIZDST であるタスクの、MEM
キーワードで指定したメンバーにコーディングしてください。例えば次のように、
タスク DSIAL2WS は、CNMSTYLE にコーディングします。
TASK.DSIAL2WS.MOD=DSIZDST
TASK.DSIAL2WS.MEM=DSIBKMEM
TASK.DSIAL2WS.PRI=8
TASK.DSIAL2WS.INIT=Yes
MEM=DSIBKMEM であるため、タスク DSIAL2WS の DSTINIT ステートメント
は、次のようにメンバー DSIBKMEM にコーディングします。
DSTINIT FUNCT=OTHER
DSTINIT DSRBO=1
DSTINIT XITDI=DSIBKINT
DSTINIT ステートメントが入っているメンバーへの変更をインプリメントするに
は、関連するタスクを停止して再始動します。変更の結果、使用するエクステント
が追加された場合は、NetView プログラムを停止し、再始動します。
DSTINIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
DSTINIT
FUNCT=BOTH
label DSTINIT
FUNCT=
240
アドミニストレーション・リファレンス
BOTH
CNMI
OTHER
VSAM
,PBSDN=name
,PDDNM=name
DSTINIT
,UNSOL=name
,PPASS=password
,SBSDN=name
,SDDNM=name
,
,DSRBU=5
,DSRBO=3
,DSRBU=nnn
,DSRBO=nnn
,SPASS=password
,
,
,
,XITBO=modname
,XITCM=modname
,
,
,XITCO=modname
,XITVN=modname
,
,
,XITVI=modname
,XITCI=modname
,
,XITDI=modname
,
,XITBN=modname
,XITVO=modname
,XITXL=modname
,MACRF=NSR
,PERSIST=YES
,RETRY=YES
,MACRF=
,PERSIST=
,RETRY=
NSR
DFR
LSR
YES
NO
YES
NO
項目の意味 :
label
DSTINIT ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示しま
す。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
注: ラベルがない場合、1 桁目から DSTINIT ステートメントを指定しないでく
ださい。1 桁目から始めると、DSTINIT ステートメントがラベルとして解
釈されてしまうためです。
FUNCT=BOTH|CNMI|OTHER|VSAM
タスク機能を指定します。 1 つのメンバーに、矛盾する FUNCT 定義をもつ複
数の DSTINIT ステートメントをコーディングしないでください。
BOTH
タスクが、VSAM を使用してネットワークとの間で CNM データを送受信
することを指定します。 BOTH がデフォルトです。
CNMI
このタスクが、ネットワークとの間でのみ CNM データの送受信を行うこ
とを指定します。非送信請求 CNM データが DST によって処理されない限
り、UNSOL を指定する必要はありません。 1 次データ・セットを指定す
る必要はありません。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
241
DSTINIT
OTHER
このタスクが、VSAM または CNM サービスを使用しないことを指定しま
す。例えばこのオペランドは、VTAM LU タスクに、あるいは順次ログ・
タスクの定義に使用されます。 DSRBU を指定すると、それは無視され、
ゼロに設定されます。このオペランドは、タスクがアクセス制御ブロック
(ACB) を開くことを防げませんが、VTAM LU タスク (DSIAMLUT) はそ
れを行います。
VSAM
このタスクが、VSAM サービスを使用することを指定します。 AAUTSKLP
タスクと BNJDSERV タスクに、UNSOL パラメーターおよび DSRBU パ
ラメーターをコーディングしてください。この 2 つのパラメーターは、
DSICRTR から非送信請求データを受信します。
PBSDN=name
NetView 順次ログ・サービスが使用する 1 次データ・セットの、1 から 8 文
字の DD 名を示します。この名前は、NetView プログラムの開始時に、あるい
は NetView ALLOCATE コマンドによって順次ログ・タスクを開始する前の任
意の時点に、DD ステートメントに入力します。 NetView 順次ログ・サービス
を使用する場合には、各 DSTINIT ステートメントに一度だけ、このキーワード
を指定してください。 PBSDN キーワードは順次ロギングには必須であり、こ
れを指定することによって、NetView プログラムがタスクを順次タスクとして
定義します。
PDDNM=name
VSAM サービスによって使用される 1 次データ・セットの、1 から 8 文字の
DD 名を指示します。この名前は、NetView プログラムの開始時に DD ステー
トメントに入力してください。 VSAM を使用する場合は、DSTINIT ステート
メントの各シーケンスに対して、少なくとも一度は PDDNM を指定してくださ
い。
UNSOL=name
非送信請求 CNM データが、 CNM ルーター・サブタスク (DSICRTR) によっ
てネットワークから受信されるか、 DST に渡されたときに、制御を獲得するデ
ータ・サービス・コマンド・プロセッサー (DSCP) の CMDDEF ステートメン
トのコマンド名である 1 から 8 文字の verb を指示します。
PPASS=password
1 次データ・セット ACB が開かれるときに使用される 1 から 8 文字の
VSAM パスワードを指示します。このパスワードは、1 次 VSAM データベー
ス割り振りの UPDPW オペランドと一致しなければなりません。
SBSDN=name
NetView 順次ログ・サービスに使用される 2 次データ・セットの、 1 から 8
文字の DD 名あるいは FILEDEF 名を指示します。この名前は、NetView プロ
グラムの開始時に、あるいは NetView ALLOCATE コマンドによって順次ロ
グ・タスクを開始する前の任意の時点で、DD ステートメントまたは FILEDEF
ステートメントに入力します。 NetView 順次ログ・サービスを使用する場合に
は、各 DSTINIT ステートメントに一度だけ、このキーワードを指定してくださ
い。 SBSDN キーワードは、順次ロギングには必要ありません。
SDDNM=name
VSAM サービスによって使用される 2 次データ・セットの、1 から 8 文字の
242
アドミニストレーション・リファレンス
DSTINIT
DD 名または FILEDEF 名を指示します。この名前は、NetView プログラムの
開始時に DD ステートメントに定義してください。
SPASS=password
2 次データ・セット ACB が開かれるときに使用される 1 から 8 文字のパス
ワードを指示します。このパスワードは、2 次 VSAM データベース割り振りの
UPDPW オペランドと一致しなければなりません。
DSRBU=5|nnn
非送信請求問題判別要求単位 (RU) を処理するために事前割り振りするデー
タ・サービス要求ブロック (DSRB) の数を指定する、0 から 999 までの 10 進
数です。デフォルト値は 5 です。
DSRBO=3|nnn
この DST からのサービスに対する同時のユーザー要求の予測数を指定する、1
から 999 までの 10 進数です。この値は、送信請求 RU および VSAM 要求を
処理するために事前割り振りする DSRB の数を表します。使用可能な DSRB
の数を超える要求が受信されると、その要求はキューに入れられます。 NPDA
タスク BNJDSERV を除いて、デフォルト値は 3 です。 NPDA タスク
BNJDSERV の場合は、CNMSTYLE にコーディングされているデフォルトは、5
です。
XIT で始まる以下のオペランドは、この DST 用のユーザー作成出口ルーチンの、1
文字から 8 文字までのロード・モジュール名です。各出口には、モジュール名を
10 まで指定することができます。しかし、必要なモジュール名の数がレコード長を
超えた場合は、次のレコードの XIT ステートメントを再開してください。例えば、
次のようにコーディングするとします。
DSTINIT XITCI=MODNAME1, XITCI=MODNAME2, XITCI=MODNAME3
MODNAME4 および MODNAME5 を追加したい場合は、次のレコードを以下のよ
うにコーディングしてください。
DSTINIT XITCI=MODNAME4, XITCI=MODNAME5
これらのモジュールは、DST にコーディングされている順に制御を受け取ります。
XITBN=modname[,...]
出力処理のためだけに (再開用ではない) 順次ログ・データ・セットが開かれて
いるときに、制御を受け取ります。この出口ルーチンを使用して、初期設定レコ
ードをファイルに入れます。
XITBO=modname[,...]
各 NetView 順次ログ・サービス・レコードが、出力用にブロック化される前に
制御を受け取ります。 XITBO は、FUNCT=OTHER と定義された DST で使用
可能なサービス機能 (DSIWLS マクロを除く) しか使用できません。
XITDI=modname[,...]
それぞれの DST 初期設定オペランドを読み取るときに、制御を受け取ります。
この出口ルーチンは、このステートメントに続くステートメントだけを処理しま
す。 DSTINIT XITDI は、DST 初期設定出口ルーチンで処理される、すべての
ステートメントより前になければなりません。
XITCM=modname[,...]
NetView 管理コンソールのコマンド・サポートを通じてリモート・コマンドを
第 3 章 NetView 定義ステートメント
243
DSTINIT
出す場合に制御を受け取ります。この出口ルーチンは、だされるコマンドと、コ
マンドが経路指定されるドメインを受け取ります。この出口ルーチンは、ユーザ
ーにコマンドが経路指定されるドメインを指定する機会を与えます。この出口ル
ーチンは OPERID=* の RMTCMD パラメーターをオーバーライドします。
XITCO=modname[,...]
要求が VTAM に渡される前に、通信ネットワーク管理インターフェース出力処
理用の制御を受け取ります。
XITCI=modname[,...]
受信されたデータが DSCP に渡される前に、通信ネットワーク管理インターフ
ェース入力処理用の制御を受け取ります。 NetView プログラム内部経路指定が
行われる前に、このオペランドを DSICRTR サブタスクに指定して、非送信請
求の CNM データにアクセスします。
XITVN=modname[,...]
空の VSAM データ・セットが、処理用として開かれたときに、制御を受け取り
ます。この出口ルーチンを使用して、初期設定レコードをファイルに入れます。
XITVN を指定しなければ、データ・セットの開始には、アクセス方式サービ
ス・プログラム (AMS) が使用されます。
XITVI=modname[,...]
データ・サービス・コマンド・プロセッサー (DSCP) に入力レコードが渡され
る前に、VSAM データ・セットから入力の制御を受け取ります。
XITVO=modname[,...]
レコードが VSAM データ・セットへ出力される前に、制御を受け取ります。
XITXL=modname[,...]
データが外部ログに記録される前に、制御を受け取ります。 SMF (MVS のみ)
が使用されない場合には、この出口ルーチンで必要なロギングを行うことができ
ます。 XITXL は、EXTLOG キーワードを指定した DSIWLS マクロをコーデ
ィングすることによって、制御を受け取ります。
MACRF=NSR|DFR|LSR
ユーザーのインストール済み環境の要件を満たす、ローカル共用リソース (LSR)
オプションを指定します。 NPDA タスク BNJDSERV を除いて、デフォルト値
は NSR です。 NPDA タスク BNJDSERV の場合は、CNMSTYLE にコーディ
ングされているデフォルトは LSR です。
NSR
データ・セットが共用リソースを使用しないことを指示します。
DFR
LSR を拡張して、レコードの書き出しを据え置きます。据え置き書き出し
(DFR) オプションは、読み取りにバッファー・スペースが必要になったため
に NetView プログラムが強制的に書き出しを行うまで、レコードの書き出
しを据え置きます。これは、書き出しを最小限にとどめることによって、
I/O をさらに削減させます。
DFR をコーディングする場合は、MVS オペレーター CANCEL コマンド、
あるいは MVS STOP FORCE コマンドを使って NetView タスクを終了し
ないでください。これらのコマンドを出すと、出力が据え置かれていたレコ
ードの最終的な書き出しが妨げられて、NetView データベースに損傷が与え
244
アドミニストレーション・リファレンス
DSTINIT
られることがあります。 NetView タスクを終了するには、NetView CLOSE
または CLOSE IMMED コマンドを使用してください。
LSR
最後に参照されたレコードのプールをストレージに保持することによって、
データおよび索引バッファーの再利用を使用可能にします。これは、物理
I/O を減らすのに効果的です。
VSAM ローカル共用リソース (LSR) オプションでは、DFR と LSR を使用す
ることができます。 LSR については、「OS/VS Virtual Storage Access Method
(VSAM): Options for Advanced Applications」を参照してください。指定できる値
は、次のいずれかです。
DFR
バッファー・プール走査および据え置き書き出し
LSR
入力時のみのバッファー・プール走査
PERSIST=YES|NO
この NetView プログラムとリモートの NetView プログラムとの間のセッショ
ンが、すべて持続しているかどうかについてのデフォルトを定義します。このキ
ーワードは、xxxxxLUC の TSKID をもつ TASK ステートメントの MEM キー
ワードで識別されたメンバーにコーディングしてください。
YES
セッションが持続的であり、この NetView プログラムとリモートの
NetView プログラム間の会話で経過した時間に関係なくアクティブな状態を
持続することを示します。 PERSIST キーワードのデフォルト値は YES で
す。
NO
セッションが非持続的であり、この NetView プログラムとリモートの
NetView プログラム間の会話で経過した時間が、DSICTMOD の非持続セッ
ション・タイムアウト間隔に到達した場合に終了することを指示します。
CNMTARG ステートメントの PERSIST オペランドは、特定の LU の、このデ
フォルト値をオーバーライドすることができます。
RETRY=YES|NO
この NetView プログラムと、CNMSTYLE の NLDM.CDRMDEF ステートメン
トで指定されるすべてのドメインとの間の会話の割り振りの最初の試みが失敗し
た場合に、10 分間隔で再試行するかどうかのデフォルトを定義します。
RETRY の設定値は、CNMSTYLE の NLDM.RETRY ステートメントで制御さ
れます。
YES
セッション・モニターが、他のドメインとの初期会話の確立を、10 分ごと
に試みることを指示します。 YES がデフォルトです。
NO
セッション・モニターが、他のドメインとの初期会話の確立を一度だけ試み
ることを指示します。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
245
DSTINIT
NLDM.CDRMDEF ステートメントでの RETRY の指定は、特定のドメインに対
するこのデフォルトをオーバーライドすることができます。
使用上の注意:
v タスクが LUC、AM/LU、DSITRACE、または DSILOG の場合、NetView プログ
ラムは DSRBU をゼロに設定します。
v タスクが LUC、AM/LU、DSITRACE、または DSILOG の場合、NetView プログ
ラムは DSRBO を 1 に設定します。
v タスクが DSICRTR (ルーター) の場合、DSICRTTD サンプルのデフォルト値は
5 です。しかし、サンプルでも指示されているように、この値を増やさなければ
ならない場合があります。
v タスクが CNMTAMEL の場合は、DSRBO を 1 に設定します。
v この数の計算の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール:
追加コンポーネントの構成」を参照してください。
v MACRF=DFR を定義している場合は、MVS オペレーター RESET コマンドを使
用して NetView プログラムを停止しないでください。据え置かれているレコード
が記録されず、データベースを破壊する可能性があるからです。代わりに、
NetView CLOSE コマンドまたは CLOSE IMMED コマンドを使用してくださ
い。
v LSR オプションを使用しない場合は、このステートメントを指定しないでくださ
い。 NetView プログラムでの VSAM LSR オプションの使用に関する詳細につ
いては、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール: 追加コンポーネントの構
成」を参照してください。
v NetView プログラムは、ネットワーク・ログ用の LSR および DFR 機能を、
CNM アプリケーションの標準 VSAM サポートとともにサポートします。ネット
ワーク・ログをブラウズしたい場合は、DSILOG タスクに LSR または DFR を
使用しないでください。
v PERSIST=YES|NO は DSIHINIT および DSILUCTD のメンバーでのみ使用でき
ます。
関連するステートメント: ALIASMEM、NLDM.CDRMDEF、LUC.CTL、
CNMTARG、CTL、LOGINIT、R、REPORTS、TASK、W、PARTNER
END
END ステートメントは、サンプルの処理を停止します。 END ステートメントが検
出されたあとは、どのような処理も行われません。 %INCLUDE ステートメントを
使って組み込まれたメンバーに END ステートメントを使用すると、組み込みメン
バーおよび %INCLUDE ステートメントが入っているメンバーの、両方の処理が停
止されます。
END ステートメントの構文は、次のとおりです。
END
END
246
アドミニストレーション・リファレンス
END
項目の意味 :
END
処理を停止することを指示します。
使用上の注意: END ステートメントにはオペランドがなく、1 桁目から始めること
はできません。
F (フィルター)
F (フィルター) ステートメントを使用して、A ステートメントで定義したメッセー
ジ・インディケーター・クラスにメッセージを関連付けます。ユーザーが指定する
テストにもとづいて、許可された受信先でメッセージ・インディケーターをトリガ
ーすることができます。このテストでは、指定した文字で始まるすべての名前が一
致します。例えば、&2 = ″ABCD″ のテストは、’ABCD’ と ’ABCDEF’ の両方に合
致します。自動化テーブルの NETLOG アクションを使用して、メッセージ・イン
ディケーターをトリガーすることもできます。 F ステートメントは DSICNM にコ
ーディングしてください。
DSICNM への変更をインプリメントするには、xxxxxVMT タスクを停止し、再始動
します。変更の結果、使用するエクステントが追加された場合は、NetView プログ
ラムを停止し、再始動します。 F ステートメントは、各メッセージに対して必要な
数だけコーディングしてください。 F ステートメントは、1 から 4 の範囲の、メ
ッセージ・インディケーター・クラスにのみコーディングすることができます。
F ステートメントの構文は、次のとおりです。
FILTER
F class msgnum
&e
modname
=
¬=
>
¬>
<
¬<
'string '
continuation expression
項目の意味 :
F
ステートメント名を指示します。これは、ステートメントの 1 桁目になければ
なりません。
class
メッセージ・インディケーター・クラス番号を指示し、1 から 4 の値をもって
いなければなりません。この値は、ステートメントの 5 桁目になければなりま
せん。この番号は、A ステートメントのクラス番号と対応しています。
msgnum
構文解析されるメッセージの最初のエレメント (&1) を示します。この値は、ス
テートメントの 7 桁目から始めなければなりません。
注: メッセージ番号には、必要な数だけ F ステートメントをコーディングする
ことができます。 NetView プログラムは、メッセージ番号の最初の真の F
第 3 章 NetView 定義ステートメント
247
F (フィルター)
ステートメントにもとづいて、メッセージを分類します。 1 つの F ステー
トメントに、複数の比較式を入れることができます。比較式はコンマで区切
られます。 1 つの F ステートメント上のすべての比較式は、行われる分類
について真でなければなりません。
modname
比較エレメント (&e) を処理し、 NetView プログラムが 'string' と比較した
値を戻す、オプション (任意指定) モジュールの名前を指示します。 modname
は、16 桁目から始まらなければなりません。
NetView プログラムには、ノードのタイプを表す 1 文字のストリングを戻すモ
ジュール CNMFANGC が提供されています。ノードのタイプは、&e の値によ
って異なります。 F ステートメントと CNMFANGC を使用する場合は、比較
は 1 文字の比較に制限されます。要件を満たす別のモジュールを作成するか、
CNMFANGC を使用するか、あるいはその両方を使用することができます。ユ
ーザー作成モジュールおよび CNMFANGC は、以下のレジスターを使用して呼
び出します。
1
オペランド・リストのアドレス
13
呼び出し側プログラムの保管域のアドレス
14
呼び出し側プログラムの戻りアドレス
15
modname のエントリー・ポイント・アドレス
レジスター 1 によってアドレス指定されるオペランド・リストには、次の表 13
に示す 5 つのアドレスが入っています。
表 13. オペランド・リスト内のアドレス
ワード
アドレス
説明
1
MVTADDR
MVT アドレス
2
TXTPTR
比較エレメント
3
TXTLEN
&e の長さが入っている 1 バイト・フィールドのアドレス
(&e) のアドレス
4
RESPTR
modname 処理の結果が入っているフィールドのアドレス
(CNMFANGC では、表 14 で説明されているノード・タイ
プの 1 つ)
5
RESLEN
結果 (RESPTR で指される) の長さを入れる 1 バイト・フ
ィールドのアドレス。このワードは、'string' の長さに設定
されていて、変更することはできません。 (CNMFANGC
は、このワードを使用して、値を入れる前に RESPTR を
消去します。)
例として、CNMFANGC は &e (ノード名) を取り出し、表 14 で示されている
1 文字のノード・タイプのいずれかに変換します。
表 14. 1 文字のノード・タイプ
248
文字
ノード・タイプ
H
ホスト
E
ローカル PU
N
NCP/CA メジャー・ノード
D
ローカル LU
L
Line
アドミニストレーション・リファレンス
F (フィルター)
表 14. 1 文字のノード・タイプ (続き)
文字
ノード・タイプ
B
アプリケーション・メジャー・ノード
C
PU/ クラスター
A
アプリケーション・マイナー・ノード
T
LU/端末
Y
CDRM メジャー・ノード
S
交換回線メジャー・ノード
Z
CDRM
R
交換 PU
W
CDRSC メジャー・ノード
Q
交換 LU
X
CDRSC
F
ローカル・メジャー・ノード
BLANK
ノードは検出されない
この結果が 'string' と比較されて、アラートをセットアップするかどうかが決ま
ります。
&e
'string' との比較のために選択されたエレメントです。比較式は、16 桁目から
72 桁目までになければなりません。式が次の行にわたる場合は、行の最後の文
字をコンマにしてください。指定できる値は、次のいずれかです。
=
&D
ドメイン ID
&O
オペレーター ID
&T
時刻 (hh:mm:ss 形式)
&M
DSITIB からの HDRMTYPE。メッセージ・ヘッダー・タイプの詳細に
ついては、「IBM Tivoli NetView for z/OS Programming: Assembler」を
参照してください。
&n
NetView プログラムによって解析されるエレメントの数。この数は、1
から 255 の範囲になければなりません。 &1 はメッセージ番号です。
&e は、'string' に等しい。
¬= &e は、'string' とは等しくない。
>
&e は、'string' より大きい。
¬> &e は、'string' より大きくない。
<
&e は、'string' より小さい。
¬< &e は、'string' より小さくない。
'string'
&e と比較したい値またはストリングです。
continuation expression
前の行から継続する式です。継続するステートメントは F で始めて、16 桁目
から 72 桁目までに式を入れてください。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
249
F (フィルター)
使用上の注意:
v メッセージ DSI531I、DSI546I、DSI547I、および DSI559I は、ログオンされてい
るすべての NetView オペレーターに経路指定されます。メッセージの送信時に、
オペレーターが端末アクセス機能 (TAF) セッション内にあると、そのメッセージ
は、TAF セッションが終了するまでオペレーターの画面には送られません。その
ときに、状況モニターのフィルターおよびアラートは、オフに設定されます。オ
ペレーターが TAF セッションを行っている時間によっては、メッセージが出さ
れたときとは状況が変り、メッセージの内容が関係ないものになることがありま
す。
v VTAM 機能 MSGMOD=ON をコーディングすると、VTAM はすべての IST メ
ッセージのメッセージ番号とメッセージ・テキストの間に、 5 文字のモジュール
名を挿入します。 MSGMOD を ON とコーディングした場合、IST メッセージ
に対してコーディングした F ステートメントの結果は、予測不能です。
関連するステートメント: A
HELD
HELD ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示され
るアクション・メッセージではない、保留メッセージの色を変更します。 HELD ス
テートメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 HELD ステ
ートメントは、一度しかコーディングできません。
HELD ステートメントの構文は、次のとおりです。
HELD
HELD
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
保留メッセージの前景色を定義します。前景色は、背景色の前に指定しなければ
なりません。
attribute
保留メッセージのアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。
HELD ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続けて指定する色を、保留されるメッセージの背景色にします。背景色だ
けを指定する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
保留メッセージの背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することもできます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
250
アドミニストレーション・リファレンス
HELD
v NetView プログラムは、次の HELD ステートメントのデフォルト値を提供しま
す。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP メッセージが表示されたとき音響アラームが鳴る。
メッセージが EMCS で配信される場合、色の設定は、MPF、SSI 出口、または
NetView MRT で設定された GREEN 以外の色のメッセージでは無効となります。
同様に、メッセージが EMCS で配信される場合、輝度の設定は、MPF、SSI 出口、
または NetView MRT で設定された LOW 以外の輝度のメッセージでは無効となり
ます。
|
|
|
|
|
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HOLDPCNT、
HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
HOLDPCNT
HOLDPCNT ステートメントは、保留メッセージおよびアクション・メッセージに
割り振られる画面の比率をパーセントで定義します。その比率は、NetView プログ
ラムが保留メッセージおよびアクション・メッセージに許可している最大域にもと
づいています。 HOLDPCNT ステートメントが入っているサンプル・メンバーは、
CNMSCNFT です。
HOLDPCNT ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
251
HOLDPCNT
HOLDPCNT
100
HOLDPCNT
nnn
項目の意味 :
100|nnn
保留メッセージおよびアクション・メッセージに割り振られる画面の比率を示し
ます。有効な範囲は、0 から 100 までです。ゼロを指定すると、保留メッセー
ジおよびアクション・メッセージは画面に保持されません。デフォルトは 100
です。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することもできます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
v 保留状態の保留メッセージをすべて表示するのに十分なスペースがパネルにない
場合は、メッセージ DSI151I が表示されます。
v HOLDPCNT 100 を指定すると、NetView プログラムは、通常のメッセージを表示す
るために、保留メッセージおよびアクション・メッセージ域の下に、10 行のスペ
ースを確保します。 HOLDPCNT 0 を指定すると、メッセージ DSI151I が表示さ
れ、保留メッセージおよびアクション・メッセージがアテンションを必要として
いることを指示します。メッセージ自体は表示されません。 HOLDPCNT 1 を指定
すると、NetView プログラムは、画面上に 2 行のスペースを確保しメッセージ接
頭語および保留メッセージまたはアクション・メッセージの先頭行を表示できる
ようにします。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
HOLDWARN
HOLDWARN ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネル内で
の、保留メッセージおよびアクション・メッセージ域が満杯であることを示すメッ
セージ DSI151I の色を変更します。 HOLDWARN ステートメントが入っているサ
ンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 HOLDWARN ステートメントは、一度し
かコーディングできません。
HOLDWARN ステートメントの構文は、次のとおりです。
HOLDWARN
HOLDWARN
colorf
252
アドミニストレーション・リファレンス
attribute
ON colorb
NONE
HOLDWARN
項目の意味 :
colorf
メッセージ DSI151I の前景色を定義します。前景色は、背景色の前に指定しな
ければなりません。
attribute
メッセージ DSI151I のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。
HOLDWARN ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続けて指定する色を、メッセージ DSI151I の背景色にします。背景色だ
けを指定する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
メッセージ DSI151I の背景色を定義します。
NONE
メッセージ DSI151I を、画面に表示しないようにします。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入るメンバーを作成するには、DEFAULTS コマンドまた
は OVERRIDE コマンドの SCRNFMT パラメーターにそのメンバーの名前を指
定します。
v NetView プログラムは、次の HOLDWARN ステートメントのデフォルト値を提
供します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP メッセージが表示されたとき音響アラームが鳴る。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
253
HOLDWARN
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
IMDAREA
IMDAREA ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
される即時メッセージの色を変更します。 IMDAREA ステートメントが入っている
サンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 IMDAREA ステートメントは一度だけ
コーディングしてください。
IMDAREA ステートメントの構文は、次のとおりです。
IMDAREA
IMDAREA
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
即時メッセージの前景色を定義します。背景色を指定する前に、前景色を指定す
る必要があります。
attribute
即時メッセージのアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。
IMDAREA ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続けて指定する色を、即時メッセージの背景色にします。背景色だけを指
定する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
即時メッセージの背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入るメンバーを作成するには、DEFAULTS コマンドまた
は OVERRIDE コマンドの SCRNFMT パラメーターにそのメンバーの名前を指
定します。
v NetView プログラムは、次の IMDAREA ステートメントのデフォルト値を提供
します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
254
アドミニストレーション・リファレンス
IMDAREA
PINK
GREEN
TURQ
YELLOW
WHITE
ピンク色
緑色
青緑色
黄色
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP メッセージが表示されたとき音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
%INCLUDE
%INCLUDE ステートメントは、%INCLUDE ステートメントが使用されるファイル
によって組み込まれるメンバー (またはファイル) を指定します。組み込まれるメン
バーは、あたかもそのメンバーが組み込まれているメンバーの一部であるかのよう
に扱われます。メンバーは、%INCLUDE ステートメントが生じる位置に組み込まれ
ます。 %INCLUDE ステートメントを以下の項目にコーディングします。
v CNMCMD
v CNMSTYLE
v DSICNM
v DSIOPF
v 自動化テーブル
v コード・ポイント・テーブル
v コマンド権限テーブル
v コマンド・ファシリティー・パネル・フォーマット定義メンバー (CNMSCNFT
など)
v ハードウェア・モニター (NPDA) メンバー (ただし、BNJHEADR ではない)
v INCL オプションを持つ NetView ディスク・サービスを使用して読み取られるメ
ンバー
v オペレーター・プロファイル (DSIPRF) メンバー
v セッション・モニター (NLDM) メンバー
v スパン・テーブル
v HELPMAP
注:
1. アセンブラーでのディスク・サービスについては、「IBM Tivoli NetView for
z/OS Programming: Assembler」の DSIDKS を参照してください。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
255
%INCLUDE
2. PL/I および C のディスク・サービスについては、「IBM Tivoli NetView for
z/OS Programming: PL/I and C」の『CNMMEMR』を参照してください。
データ REXX 関数を使って、%INCLUDE ステートメントを使用するメンバーまた
はファイルを、条件付きで組み込むことができます。データ REXX に関する詳細に
ついては、「IBM Tivoli NetView for z/OS プログラミング: REXX および NetView
コマンド・リスト言語」を参照してください。
%INCLUDE ステートメントの構文は、次のとおりです。
%INCLUDE
%INCLUDE member
項目の意味 :
%INCLUDE
% は、行の先頭の非ブランク文字でなければなりません。レコードは、複数行
に分割できません。 INCLUDE は、必ずブランクを入れずに % に続ける必要
があり、% 記号が単独で使用されることがないようにします。 %INCLUDE の
あとにはスペースが必要です。また、INCLUDE はすべて大文字で指定しなけれ
ばなりません。
member
組み込まれるメンバーの名前を指定します。 %INCLUDE ステートメントのメ
ンバー名は、INCLUDE の後ろに非ブランク文字で始めます。メンバー名には、
ブランクを入れることはできません。また、MVS メンバーの命名規則に従う必
要があります。メンバー名が 8 文字より長くなると、%INCLUDE ステートメ
ントはリジェクトされます。
使用上の注意:
v メンバーの終わりに END ステートメントが予測される CNMCMD といったメン
バーに、%INCLUDE ステートメントを使用するときは、%INCLUDE ステートメ
ントに指定するメンバーには END ステートメントを入れることはできません。
入っていると、END ステートメントで処理が停止し、元のメンバーには戻りませ
ん。
v DSIDKS の INCL オプションを使用して、%INCLUDE ステートメントが入って
いるファイルを読み取ると、%INCLUDE ステートメント上に指定したメンバー
名をコマンド・リスト変数にすることができます。自動化テーブルが AUTOTBL
コマンドによってロードされるとき、あるいは、コマンド権限テーブルまたは
NetView スパン・テーブルのロードに REFRESH コマンドが使用されるときは、
%INCLUDE ステートメントのメンバー名にコマンド・リスト変数を使用するこ
とができます。初期設定中はメンバー名にコマンド・リスト変数を使用すること
はできませんが、システム・シンボルは使用することができます。コマンド・リ
スト変数は、DSIOPF、CNMCMD、およびコード・ポイント・テーブル上の
%INCLUDE ステートメントのメンバー名には使用することはできません。
メンバー名がアンパーサンド (&) で始まっている場合には、そのメンバー名はコ
マンド・リスト変数と見なされるので、コマンド・リスト変数の命名規則を使用
しなければなりません。ヌル値をもつコマンド・リスト変数は、存在しない変数
256
アドミニストレーション・リファレンス
%INCLUDE
として扱われます。 %INCLUDE ステートメントで使用されるコマンド・リスト
変数が評価されるときは、REXX 環境または NetView コマンド・リスト言語か
らディスク・サービス読み取りが出されているかどうかを調べるために、まずロ
ーカル・ディクショナリーが検査されます。
v 読み取りを出すコマンド・プロセッサーが、REXX または NetView コマンド・
リスト言語コマンド・プロセッサーから呼び出される場合、ディスク・サービス
読み取りは、REXX 環境または NetView コマンド・リスト言語から出されま
す。
ディスク・サービス読み取りが、REXX 環境または NetView コマンド・リスト
言語から出されない場合は、ローカル・ディクショナリーは存在しません。ロー
カル・ディクショナリーで変数が見つからないか、または変数がヌル値をもって
いる場合には、ディスク・サービスはタスク・ディクショナリーを調べます。タ
スク・ディクショナリーで変数が見つからないか、あるいは変数がヌル値をもっ
ている場合は、ディスク・サービスは共通グローバル・ディクショナリーを検査
します。変数が共通グローバル・ディクショナリーで検出されないか、変数がヌ
ル値もっていると、ディスク・サービスはシステム・シンボルを検査します。変
数がシステム・シンボルで検出されないか、変数がヌル値をもっていると、その
メンバー名は無効として扱われます。空のメンバーは、無効なメンバーとして扱
われます。
v MVS でのメンバー名は、% ステートメントが入っているメンバーが常駐する
DD の中のメンバーの名前です。 %INCLUDE ステートメントのメンバー名の後
にある余分な文字は、無視されます。指定したメンバーが見つからない場合、ま
たは %INCLUDE ステートメントに構文エラーが含まれている場合には、
INCLUDE ステートメントはリジェクトされます。
v NetView ディスク・サービスに %INCLUDE ステートメントを使用し、
%INCLUDE ステートメントがリジェクトされると、ディスク・サービスの戻り
コードは、何がエラーかを指示し、次の論理レコードの代わりに、無効な
%INCLUDE ステートメントを戻します。メンバー名にコマンド・リスト変数を
使用した場合に、%INCLUDE ステートメントが無効であると、次の論理レコー
ドが読み取られる代わりに、%INCLUDE ステートメントは、変数置換が行われ
て戻されます。変数置換が行われた %INCLUDE ステートメントが、レコード長
を超える場合には、ステートメントは切り捨てられます。
INDENT
INDENT ステートメントは、単一のテキスト・メッセージの字下げ特性を定義しま
す。 INDENT ステートメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT で
す。
INDENT ステートメントの構文は、次のとおりです。
INDENT
11
INDENT
nn
NEWLINE
第 3 章 NetView 定義ステートメント
257
INDENT
項目の意味 :
11|nn
継続されるテキスト行で許される字下げの文字数を定義します。これは 10 進数
です。許される最大値は 75 です。 NetView が提供するデフォルト値は 11 で
す。
NEWLINE
テキストが、単一行メッセージの接頭部のあとに続いて始まることを指定しま
す。テキストは、nn の値の分だけ字下げされます。これによって、長い接頭部
の終わりに短いテキストが続くことは防がれます。また、さらに長いメッセージ
は、段落として表示されます。
使用上の注意: 画面フォーマット定義が入るメンバーを作成するには、DEFAULTS
コマンドまたは OVERRIDE コマンドの SCRNFMT パラメーターにメンバーの名前
を指定します。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、LASTLINE、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
ISPAN
ISPAN ステートメントは、CNMSTYLE で SECOPTS.OPSPAN = NETV が指定さ
れている場合、または REFRESH コマンドで OPSPAN=NETV が指定されている場
合の、オペレーターの初期制御スパンをセットアップします。オペレーターは、
SPAN オペランドを指定した NetView STOP コマンドを入力して、この制御スパン
を除去することができます。このステートメントは、オペレーターに関連する
PROFILEN ステートメントで指定される DSIPRF メンバーにコーディングしてくだ
さい。
必要な数だけ ISPAN を指定して、スパン名をすべてリストしてください。 ISPAN
ステートメントへの変更は、次にオペレーターがこのステートメントが入っている
プロファイルを使用して、NetView プログラムへのログオンを行うと、有効になり
ます。 PROFILEN ステートメントがオペレーターに関連付けられる方法を判別する
には、 295 ページの『OPERATOR』および 307 ページの『PROFILEN』を参照し
てください。
ISPAN ステートメントの構文は、次のとおりです。
ISPAN
,
(A)
ISPAN
label
項目の意味 :
258
アドミニストレーション・リファレンス
spanname
(R)
(U)
(C)
(A)
ISPAN
label
ISPAN ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を示します。
このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別します。
spanname [,...]
スパンの 1 から 8 文字の名前を指示します。すべての制御スパンの指定に必要
なだけの、spanname と ISPAN ステートメントをコーディングしてください。
R
spanname には、READ のアクセス・レベルが認可されることを指定します。こ
れによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する通知専
用アクセスを行うことができます。このレベルには、LIST および DISPLAY と
いった機能が組み込まれています。
U
spanname には、UPDATE のアクセス・レベルが認可されることを指定します。
これによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する変更
アクセスを行うことができます。このレベルには、VARY および NetView 管理
コンソール・プルダウンの汎用活動化アクションといった機能が組み込まれてい
ます。
C
spanname には、CONTROL のアクセス・レベルが認可されることを指定しま
す。これによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する
複数読み取りおよび単一書き込みアクセスを行うことができます。
A
spanname には、ALTER のアクセス・レベルが認可されることを指定します。
これによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する複数
書き込みアクセスを行うことができます。これは、アクセス・レベルが指定され
ない場合のデフォルトです。
関連するステートメント: AUTH、OPERATOR、SECOPTS、PROFILE、
PROFILEN、SPAN
KCLASS
KCLASS ステートメントは、保持クラスを定義します。保持クラスは、マッピング
されたセッションについて保持するデータを決めます。セッションは、セッション
の開始時に保持クラスにマッピングされます。セッションは、保持クラスにマッピ
ングされると、終了するまでそのクラスにとどまります。
定義する保持クラスごとに KCLASS ステートメントを 1 つ指定してください。必
要なだけの KCLASS ステートメントをコーディングすることができます。
KCLASS ステートメントおよび MAPSESS ステートメントをコーディングする場合
は、それらを入れるメンバーを作成します。この新規メンバーの名前は、
CNMSTYLE の NLDM.KEEPMEM ステートメントに指定した名前と一致しなけれ
ばなりません。 KCLASS ステートメントは、メンバー内の最初のステートメント
です。
KCLASS ステートメントおよび MAPSESS ステートメントは、記録するセッション
認識データ・レコードの量を制御します。これらのステートメントを 1 つもコーデ
ィングしないと、すべてのセッションのデータは、KCLASS ステートメントのデフ
ォルトに従って記録されます。
KCLASS ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
259
KCLASS
KCLASS
,DASD=NO
cname KCLASS
AVAIL=
YES
NO
,DASD=
NO
(1)
YES
(
DASD Options
)
,KEEPIU=7
,DGROUP=
(name
)
,PRI
*PRI
*SEC
,KEEPPIU=nnn
,RENAME
,SEC
,KEEPSESS=0
,SAW=YES
,KEEPSESS=nnn
,SAW=
YES
NO
DASD オプション:
,BINDFAIL
,DATA
,FAILURES
,INITFAIL
,RTMDATA
,SESSFAIL
,SESSNORM
,TRACDATA
注:
1
DASD キーワードに YES を指定する場合に制限があります。説明のテキスト
を参照してください。
項目の意味 :
cname
定義された保持クラスの名前を示します。この名前は、1 つ以上の MAPSESS
ステートメントで、KCLASS オペランドの cname の値として使用します。名前
は、1 から 8 文字の範囲になければならず、ステートメントの 1 桁目から開始
しなければなりません。これは必須オペランドです。
AVAIL=YES|NO
可用性データを、この保持クラスにマップされるセッション用に保持するかどう
かを指定します。
YES
可用性データを保持することを指定します。
NO
可用性データを保持しないことを指定します。
デフォルトは、CNMSTYLE の NLDM.SESSTATS ステートメントの値に対応し
ます。 NLDM.SESSTATS が AVAIL であれば、AVAIL のデフォルトは YES
になります。 NLDM.SESSTATS が YES または NO であれば、AVAIL の値は
無視されます。 261 ページの表 15 は、値とその意味の組み合わせを示してい
ます。
260
アドミニストレーション・リファレンス
KCLASS
表 15. AVAIL と SESSTATS の組み合わせ
SESSTATS の
値
KCLASS AVAIL の値
意味
AVAIL
デフォルトに YES を使用
可用性データがログに記録される。
YES
無視される
可用性データとアカウンティング・データ
が、両方ともログに記録される。
NO
無視される
可用性データもアカウンティング・データも
ログに記録されない。
DASD
この保持クラスにマップされるセッションを VSAM ファイルに記録する場合の
条件を定義します。
NO
セッションを VSAM ファイルに記録しません。これがデフォルトです。
YES
VSAM ファイルに、指定した以下のセッションをすべて記録します。一部
のセッション (すべてではない) を選択する場合は、YES をステートメント
に指定しないでください。括弧内にいくつかのセッションをコーディングす
ると、これらのセッションについて YES が指定されたものと見なされるの
で、YES を指定する必要はありません。一部のセッションに対して YES
を指定すると、メッセージ AAU234I が出されます。
BINDFAIL
aBIND 障害が起こった場合、セッションを VSAM ファイルに記録しま
す。
DATA
セッションとともに記録するトレース・データまたは RTM データが存在す
る場合にのみ、VSAM ファイルにセッションを記録します。
FAILURES
以下ものが発生したときに、LU 間セッションを VSAM ファイルに記録し
ます。
v 異常 UNBIND 理由コード
v BIND 障害
v BIND フローより前に起こるセットアップの障害 (INIT 障害)
INITFAIL
BIND フローより前に起こるセットアップの障害 (INIT 障害) がある場合
に、VSAM ファイルにセッションを記録します。
RTMDATA
セッションに関連する RTM データが存在する場合に、VSAM ファイルに
セッションを記録します。
SESSFAIL
異常 UNBIND 理由コードが存在する場合に、VSAM ファイルにセッショ
ンを記録します。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
261
KCLASS
SESSNORM
正常な UNBIND 理由コードが存在する場合に、VSAM ファイルにセッシ
ョンを記録します。
TRACDATA
セッションに関連するトレース・データが存在する場合に、VSAM ファイ
ルにセッションを記録します。
DGROUP
この KCLASS ステートメントにマップされる、すべての MAPSESS セッショ
ンをグループ化する特性を指定します。ユーザー提供名のもとにあるセッション
をグループ化することができます。あるいは、*PRI 値または *SEC 値を使用し
て、セッションが終了するまで DGROUP 名を据え置くこともできます。
DGROUP 名を据え置くと、DGROUP 名はセッションの 1 次相手側の名前また
はセッションの 2 次相手側の名前のいずれかにして、1 つの KCLASS ステー
トメントで複数の DGROUP を定義することができます。
name
グループのユーザー指定の名前を指示します。 name は、有効なリソース名
文字 (A から Z、0 から 9、@、#、$) で構成しなければなりません。
name には、ワイルドカード文字 (* および ?) を指定することはできませ
ん。
RENAME
セッションを記録する前に、セッションの 1 次相手側の名前またはセッシ
ョンの 2 次相手側の名前をグループ名に名前変更します。現行のグローバ
ル KEEPSESS 値またはセッション KEEPSESS 値がゼロ (0) であると、
RENAME は有効になりません。
PRI
セッションの 1 次相手側の名前を、グループ名に名前変更します。デフォ
ルト値は PRI です。
SEC
セッションの 2 次相手側の名前を、グループ名に名前変更します。 PRI と
SEC を同時に使用することはできません。 RENAME を指定しなければ、
SEC は効果がありません。
*PRI
DGROUP 名をセッションの 1 次相手側の名前に設定することを指示しま
す。
*SEC
DGROUP 名を、セッションの 2 次相手側の名前に設定することを指示しま
す。
KEEPPIU=7|nnn
この保持クラスにマップされるセッションの、初期 PIU 保持カウントを決めま
す。 nnn の値は、1 から 999 の範囲でなければなりません。デフォルト値は 7
です。セッションがアクティブになると、そのセッション用に保持されている
PIU の数を、KEEP PIU コマンドを用いて動的に変更できます。
KEEPSESS=0|nnn
この KCLASS にマップするすべてのセッションの DASD セッションの折り返
262
アドミニストレーション・リファレンス
KCLASS
しカウント (0 から 999) を示します。値がゼロ (0) であれば、この KCLASS
のセッションのカウントが 32767 を超えるまでは、セッションの折り返しは発
生しません。この KCLASS のセッションを記録しないようにするには、キーワ
ード DASD=NO を使用してください。 KEEPSESS がコーディングされない場
合は、この KCLASS へのセッション・マッピングにグローバル KEEPSESS 値
が使用されます。 DSIPARM メンバー AAUPRMLP のグローバル折り返しカウ
ントがゼロ (0) の場合は、KEEPSESS の値に関係なく、折り返しは発生しませ
ん。また、セッションは DGROUP によっては記録されません。 0 がデフォル
ト値です。
SAW=YES|NO
この保持クラスにマップされるセッションのセッション認識 (SAW) データを保
持するかどうかを定義します。
セッション認識データを保持します。これがデフォルトです。
YES
NO
セッション認識データを保持しません。
SSCP-SSCP セッションおよび SSCP-PU セッションについては、常にセッショ
ン認識データを保持します。 SSCP と LU 間および LU 間セッションを含め
て、すべてのセッションについてセッション認識データが保持されることを確認
するには、SAW=YES と指定してください。 RTM 機能を備えた端末制御装置
に接続している LU について、応答時間モニター (RTM) データを収集するに
は、SSCP と LU 間セッションおよび LU 間セッションの両方についてセッシ
ョン認識データを保持する必要があります。
すべてのネットワーク間セッションについて、セッション認識データを保持して
ください。これにより、ネットワーク間データ検索機能が正しく作動するように
なります。
使用上の注意:
v 複数の DASD オプションを選択する場合は、それぞれをコンマと括弧で区切っ
てください。
v オペレーターが FORCE コマンドを出すと、DASD の指定に関係なく、セッショ
ンは常に記録されます。 FORCE コマンドの詳細については、NetView オンライ
ン・ヘルプを参照してください。
すべてのネットワーク間セッションについて、セッション認識データを保持して
ください。これにより、ネットワーク間データ検索機能が正しく作動するように
なります。
v CNMSTYLE で NLDM.SAW=NO をコーディングした場合は、ENABLE コマン
ドが出されるまで、NetView プログラムは VTAM からセッション認識データを
受け取りません。
関連するステートメント: NLDM.SAW、MAPSESS、PCLASS
第 3 章 NetView 定義ステートメント
263
KEYCLASS
KEYCLASS
KEYCLASS は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサポ
ートされています。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール:
マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDCLASS、OPCLASS、VALCLASS
LASTLINE
LASTLINE ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルで新旧
のメッセージを分ける破線の色を変更します。 LASTLINE ステートメントが入って
いるサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 LASTLINE ステートメントは一度
だけコーディングしてください。
LASTLINE ステートメントの構文は、次のとおりです。
LASTLINE
LASTLINE
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
最終行の前景色を定義します。前景色は、背景色の前に指定しなければなりませ
ん。
attribute
最終行のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。 LASTLINE ス
テートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
ON に続けて指定する色を、最終行の背景色にします。背景色だけを指定する場
合には、これは必須キーワードです。
colorb
最終行の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入るメンバーを作成するには、DEFAULTS コマンドまた
は OVERRIDE コマンドの SCRNFMT パラメーターにそのメンバーの名前を指
定します。
v NetView プログラムは、次の LASTLINE ステートメントのデフォルト値を提供
します。
– 青緑色の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 低輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
264
アドミニストレーション・リファレンス
LASTLINE
BLACK
BLUE
RED
PINK
GREEN
TURQ
YELLOW
WHITE
黒色
青色
赤色
ピンク色
緑色
青緑色
黄色
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LOCKIND、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
LOCKIND
LOCKIND ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
されるロック標識 (***) の色を変更します。 LOCKIND ステートメントが入ってい
るサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 LOCKIND ステートメントは一度だ
けコーディングしてください。
LOCKIND ステートメントの構文は、次のとおりです。
LOCKIND
LOCKIND
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
ロック標識の前景色を定義します。前景色は、背景色の前に指定しなければなり
ません。
attribute
ロック標識のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。 LOCKIND
ステートメントの属性は、一度だけ指定してください。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
265
LOCKIND
ON
ON に続けて指定する色を、ロック標識の背景色にします。背景色だけを指定す
る場合には、これは必須キーワードです。
colorb
ロック標識の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入るメンバーを作成するには、DEFAULTS コマンドまた
は OVERRIDE コマンドの SCRNFMT パラメーターにそのメンバーの名前を指
定します。
v NetView プログラムは、次の LOCKIND ステートメントのデフォルト値を提供し
ます。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、MLINDENT、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
266
アドミニストレーション・リファレンス
LOGINIT
LOGINIT
LOGINIT ステートメントは、ネットワーク・ログ、トレース・ログ、およびオプシ
ョン (任意指定) の NetView 順次ログの初期設定オペランドを定義します。
AUTOFLIP オペランドは、2 次データ・セットが満杯になったときに、NetView プ
ログラムが 1 次データ・セットで自動的に記録を継続するかどうかを指定します。
RESUME オペランドは、1 次データ・セットの始めから記録を開始するのか、記録
されている最後のエントリーに続けて記録を開始するのかを指定します。ロギング
を最も効果的に行うには、AUTOFLIP と RESUME の両方に YES を設定してくだ
さい。
LOGINIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
LOGINIT
AUTOFLIP=NO
,RESUME=NO
LOGINIT
AUTOFLIP=
label
NO
YES
,RESUME=
NO
YES
項目の意味 :
label
LOGINIT ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) です。この
ラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別します。
AUTOFLIP=NO|YES
2 次データ・セットが満杯になったときに、ロギングを 1 次データ・セットで
継続するかどうかを定義します。このオペランドは、次の値のいずれかでなけれ
ばなりません。
NO
2 次データ・セットが満杯になっても、1 次データ・セットで書き込み
を継続しません。 NO がデフォルトです。
YES
2 次データ・セットが満杯になると、1 次データ・セットの始めから書
き込みを継続します。
RESUME=NO|YES
いずれかのデータ・セットでロギングを停止した部分からロギングを開始するの
か、あるいは 1 次データ・セットの始めからロギングを開始するのかを定義し
ます。このオペランドは、次の値のいずれかでなければなりません。
NO
1 次ログの始めから書き込みを開始します。 NO がデフォルトです。
YES
ログ・データ・セットに記録された最後の記入項目に続けて、書き込み
を再開します。
RESUME=YES および AUTOFLIP=NO を定義すると、データ・セット
が満杯になった場合に、以前のロギングが停止した場所によっては、ネ
ットワーク・ログあるいはトレース・タスクを再開しなければならない
場合があります。
使用上の注意:
第 3 章 NetView 定義ステートメント
267
LOGINIT
v データ・セットを 1 つだけ割り振った場合、データ・セットが満杯になるとロギ
ングは停止します。ただし、2 次データ・セットを指定すれば、それを使用して
自動的にロギングが継続します。
v このステートメントは、DSILOG および DSITRACE TASK ステートメントの
MEM キーワード、または NetView 順次ログ・サービスを使用するタスク・ステ
ートメントで指定されるメンバーにコーディングしてください。このステートメ
ントは、メンバー内の DSTINIT ステートメントに続けて指定してください。
NetView プログラムとともに提供されるサンプル・メンバーは、DSILOGBK およ
び DSITRCBK です。
v LOGINIT ステートメントが入っているメンバーへの変更は、DSILOG タスクお
よび DSITRACE タスクを含む順次ログ・タスクを一度停止して再始動するまで
は、有効になりません。メンバーの変更によって、さらにエクステントを使用す
ることになった場合は、変更を有効にするために、NetView プログラムを停止し
て再始動する必要があります。
関連するステートメント: TASK
LU
LU ステートメントは、相互接続ネットワーク内の LU 名を変換します。これは、
他のネットワークに入っている論理装置の名前に、このネットワークで認識される
別名を割り当てます。このステートメントは、ALIASMEM ステートメントで指定
されたメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラムが提供するサン
プル・メンバーは、DSIALTAB です。
LU ステートメントの構文は、次のとおりです。
LU
LU targname,targnet,origname
label
,sscpname
項目の意味 :
label
LU ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示します。こ
のラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別します。
targname
このドメインの VTAM に対して定義される論理装置の実名を示します。
targnet
論理装置がその実名によって認識されるネットワークの 1 から 8 文字の名前を
指示します。
origname
この論理装置の別名変換名を指示します。
sscpname
targnet ネットワークの実論理装置を所有する、SSCP の 1 から 8 文字の名前
を指示します。 sscpname はオプション (任意指定) です。 sscpname を指定し
なければ、SSCP ID は VTAM CDRSC 定義ステートメントから取られます。
268
アドミニストレーション・リファレンス
M
関連するステートメント: ALIASMEM、ORIGNET
M (最大)
M ステートメントを使用して、NetView が特定の VTAM コマンド (状況モニター
で使用される) を出す頻度と回数を制御する最大値を設定します。このステートメ
ントをコーディングしない場合、これらのコマンドは、コマンドが出される回数に
制限を設けないデフォルトの時間間隔で、NetView プログラムによって出されま
す。このステートメントは DSIPARM メンバー DSICNM にコーディングしてくだ
さい。 DSICNM への変更は、一度 xxxxxVMT タスクを停止して再始動するまで
は、有効になりません。メンバーの変更によって、さらにエクステントを使用する
ことになった場合は、変更を有効にするために、NetView プログラムを停止して再
始動する必要があります。
M ステートメントの構文は、次のとおりです。
M (最大)
00
M
MAXREACT
react_count
00
comments
REACTINT
react_interval
項目の意味 :
M はステートメント名です。これは、1 桁目になければなりません。
MAXREACT|REACTINT は、設定される最大値の名前です。これは、ステートメン
トの 3 桁目から始めなければなりません。
MAXREACT
状況モニターがリソースの再活動化を試行する最大の回数を指定します。デフォ
ルト値 00 では、制限は生じません。
REACTINT
状況モニターの再活動化の試行の間隔として使用したい分数 (時間) を指定しま
す。デフォルト値 00 では、毎分状況モニターの再活動化が試行されます。
react_count
状況モニターの再活動化が試行される回数を指定します。デフォルト値 00 で
は、制限は生じません。この値を指定する場合は、18 桁目から始めなければな
りません。
react_interval
状況モニター再活動化の試行と試行の間の分数 (時間) を指定します。値 00 が
明示的に、あるいはデフォルトにより指定された場合、再活動化は毎分 1 回試
行されます。この値を指定する場合は、18 桁目から始めなければなりません。
comments
文書として加えたいコメントを指定します。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
269
M
使用上の注意: M ステートメントに指定される値は、状況モニターによってモニタ
ーされるすべてのリソースに適用されます。
MAPSESS
一連の MAPSESS ステートメントを定義して、各パフォーマンス・クラスまたは保
持クラスにマップされるセッションを記述することができます。セッションの構成
が MAPSESS ステートメントのすべてのオペランドに一致すると、そのセッション
はパフォーマンス・クラスまたは保持クラスにマップされます。 1 つのセッション
が、複数の MAPSESS ステートメントに一致する場合もあります。その場合、その
セッションは、最初に一致した MAPSESS ステートメントによってマップされま
す。
相互接続ネットワークでは、ローカル・ネットワークに入っていないリソースには
別名が使用されます。ユーザーのローカル・ネットワークに入っていないリソース
をマップしたい場合には、実名ではなく、別名を MAPSESS ステートメントに指定
する必要があります。
明示経路 (ER)、仮想経路 (VR)、または伝送優先順位 (TP) のデータを、NetView
プログラムで使用できないセッションの場合、そのセッションはこれらのオペラン
ドと一致するものと見なされます。
このステートメントのシーケンスは、CNMSTYLE の NLDM.PERFMEM ステート
メントまたは NLDM.KEEPMEM ステートメントで指定されたメンバー内にありま
す。
MAPSESS ステートメントの構文は、次のとおりです。
MAPSESS
MAPSESS PCLASS=cname KCLASS=cname
label
,PRI=pname
,SEC=sname
,ER=nn
,VR=n
,TP=n
項目の意味 :
label
関連エラー・メッセージの MAPSESS ステートメントを識別するオプション・
ラベル (任意指定ラベル) を指示します。
PCLASS=cname
他のすべての MAPSESS オペランドに一致するセッションが割り当てられるパ
フォーマンス・クラス (PCLASS ステートメントで指定したもの) を指定しま
す。このオペランドは必須です。
KCLASS=cname
他のすべての MAPSESS オペランドに一致するセッションが割り当てられる保
持クラス (KCLASS ステートメントで指定したもの) を指定します。このオペラ
ンドは必須です。
270
アドミニストレーション・リファレンス
MAPSESS
PRI=pname
この MAPSESS ステートメントと一致するセッションの、1 次エンドポイント
の名前を指示します。指定する 1 次エンドポイントが SSCP である場合には、
VTAM の SSCPNAME 開始オプションに指定した名前を使ってください。
SSCPNAME を指定していなければ、SSCP の名前には VTAM を使用してくだ
さい。 PRI オペランドを省略した場合、または PRI=* をコーディングした場
合には、すべての 1 次エンドポイント名が、この MAPSESS ステートメントと
一致することになります。
1 つの文字を変更するには、疑問符 (?) を使います。例えば、A?B は、
AAB、ABB、AXB などのように、A で始まって B で終わり、間に文字が 1
つ入る名前と一致します。 A??B は、AAXB のように、A で始まって B で終
わり、間に任意の 2 文字が入る名前と一致します。 ? の位置には、必ず 1 つ
の文字が存在する必要があります。つまり、A?B の場合、AB は ? の位置に該
当する文字がないため一致しません。
リソースのグループの最後の文字ストリングを変更するには、アスタリスク (*)
を 1 つ使用します。例えば TSO* は、TSOXYZ や TSOB2219 のように、文字
TSO で始まるいずれの名前とも一致します。 * は、文字ストリングの最後にし
か使用できません。これは文字の間で使用することはできません。
SEC=sname
この MAPSESS ステートメントに一致するセッションの、2 次エンドポイント
を指定します。指定する 2 次エンドポイントがクロスドメイン SSCP である場
合に、この SSCP に CDRM 名を指定します。このオペランドを省略した場
合、または SEC=* を指定した場合には、すべての 2 次エンドポイント名が、
このオペランドと一致することになります。
1 つの文字を変更するには、疑問符 (?) を使います。例えば、A?B は、
AAB、ABB、AXB などのように、A で始まって B で終わり、間に文字が 1
つ入る名前と一致します。 A??B は、AAXB のように、A で始まって B で終
わり、間に任意の 2 文字が入る名前と一致します。 ? の位置には、必ず 1 つ
の文字が存在する必要があります。つまり、A?B の場合、AB は ? の位置に該
当する文字がないため一致しません。
リソースのグループの最後の文字ストリングを変更するには、アスタリスク (*)
を 1 つ使用します。例えば TSO* は、TSOXYZ や TSOB2219 のように、文字
TSO で始まるいずれの名前とも一致します。 * は、文字ストリングの最後にし
か使用できません。これは文字の間で使用することはできません。
ER=nn
セッションをこの MAPSESS ステートメントに突き合わせるのに必要な、明示
経路番号を指示します。値をコーディングする場合は、0 から 15 までの範囲で
なければなりません。このオペランドを省略した場合、あるいは ER=* を指定
した場合には、すべての ER 値がこのオペランドと一致することになります。
VR=n
セッションをこの MAPSESS ステートメントに突き合わせるのに必要な、仮想
経路番号を示します。値をコーディングする場合は、0 から 7 までの範囲でな
ければなりません。このオペランドを省略した場合、あるいは VR=* を指定し
た場合には、すべての VR 値がこのオペランドと一致することになります。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
271
MAPSESS
TP=n
セッションをこの MAPSESS ステートメントに突き合わせるのに必要な、伝送
優先順位を指示します。値をコーディングする場合は、0 から 2 までの範囲で
なければなりません。このオペランドを省略した場合、あるいは TP=* を指定
した場合には、すべての TP 値がこのオペランドと一致することになります。
使用上の注意: PRI および SEC 名を特殊文字でコーディングして、1 次または 2
次エンドポイントのグループが同じ MAPSESS ステートメントと一致するようにす
ることができます。
関連するステートメント: KCLASS、PCLASS
MLINDENT
MLINDENT ステートメントは、MLWTO の接頭部行に続く複数行のオペレーター
への書き出し (MLWTO) メッセージの、各行の字下げ特性を定義します。
MLINDENT ステートメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT で
す。
MLINDENT ステートメントの構文は、次のとおりです。
MLINDENT
0
MLINDENT
nn
項目の意味 :
0|nn
MLWTO メッセージの各行で字下げできる文字数を定義します。これは 10 進
数です。許される最大値は 75 です。 NetView が提供するデフォルト値は、ゼ
ロ (0) です。
使用上の注意: 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することができ
ます。このメンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマ
ンドの SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
MODE
MODE ステートメントは、相互接続ネットワークで重複するログオン・モード名に
等価名を定義します。このステートメントは、 ALIASMEM ステートメントで指定
したメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラムが提供するサンプ
ル・メンバーは、DSIALTAB です。
MODE ステートメントの構文は、次のとおりです。
272
アドミニストレーション・リファレンス
MODE
MODE
MODE targname,targnet,origname
label
項目の意味 :
label
MODE ステートメントのオプション・ラベルを示します。このラベルは、関連
するエラー・メッセージのステートメントを識別します。
targname
宛先ネットワークに適用されるログオン・モード名を示します。 MODE 名が元
のネットワークの MODE 名に相当するので、この名前は等価名とも呼ばれま
す。
targnet
ログオン・モードがその等価名で認識されるネットワークの、1 から 8 文字の
名前を示します。
origname
ログオン・モード名が元のネットワークで認識される名前を示します。
関連するステートメント: ALIASMEM、ORIGNET
NMCSTATUS (制御ファイル項目)
NMCSTATUS 制御ファイル項目、つまりポリシー定義を使用して、NetView 管理コ
ンソール・ビュー内のリソースの時刻スケジュールを定義します。これらのスケジ
ュールでは、ポリシーを NetView 管理コンソール・ビューに適用することで、以下
を行う時期を指定できます。
v ビューの中の 1 つ以上のリソースの表示可能状況を、NetView 管理コンソールで
使用不可にする。
v 集約から、ビューの中の 1 つ以上のリソースを中断する。
v ビューの 1 つ以上のリソースの表示可能状況を NetView 管理コンソールで使用
不可にし、さらに 同じリソースを集約から中断する。
リソースは、RODM クラス名、BLDVIEWS 定義、RODM コレクション・マネージ
ャー定義のいずれかでグループ化できます。
ポリシー・ファイルの作成およびロード
NMCSTATUS ポリシーは、ポリシー・ファイルで定義されます。ポリシー・ファイ
ルは、DSIPARM メンバーでなければなりません。 NetView の初期設定時に、
NMCSTATUS ポリシー定義がポリシー・リポジトリーにロードされるようにするに
は、CNMSTYLE またはその組み込みメンバーで次のステートメントを使用してポ
リシー・ファイルを定義します。
POLICY.GRAPHICS = DUIPOLCY
第 3 章 NetView 定義ステートメント
273
NMCSTATUS
DUIPOLCY は、サンプル NMCSTATUS ポリシー・ファイルとして DSIPARM に
入れて出荷されます。このファイル名を使用するか、または独自の DSIPARM メン
バーを作成することができます。ポリシー定義の詳細については、CNMSTYLE の
コメントを参照してください。
NMCSTATUS ポリシー自動タスク
CNMSTYLE またはその組み込みメンバーで TOWER GRAPHICS を指定した場
合、NMCSTATUS ポリシー自動タスクは、NetView の初期設定時に開始されます。
ステートメントは、タスクの開始を容易にする DSIPARM メンバー CNMSTYLE
および CNMSTASK と、NMCSTATUS ポリシー定義の処理を開始する DSIPARM
メンバー DSITBL01 の中にコーディングします。 DUIFPOLI 自動タスクの名前
は、ユーザー独自の 8 文字の自動タスク名に変更することが可能です。 DSIPARM
メンバー CNMSTYLE 内の次のステートメント
function.autotask.NMCpolicy = DUIFPOLI
により、次のような共通グローバル変数が作成されます。
CNMSTYLE.AUTO.NMCPOLICY = DUIFPOLI
CNMSTYLE あるいはその組み込みメンバーで function.autotask.NMCpolicy ステー
トメントを更新することにより、自動タスク名を変更できます。グローバル変数
CNMSTYLE.AUTO.NMCPOLICY は、DSIPARM メンバー CNMSTASK および
DSITBL01 の中で参照されています。これらのステートメントは変更しないでくだ
さい。
DSIPARM メンバー CNMSTYLE で定義されているステートメント RODMname =
&CNMRODM には、RODM ニックネームが入っている必要があります。入ってい
ないと、NMCSTATUS ポリシー定義の処理は失敗します。
NMCSTATUS の処理は自動タスクによって処理されるため、コマンド NMCPINIT
および NMCPTEST によって出されるメッセージはすべて NetView ログにのみ表
示されます。 NMCPINIT または NMCPTEST コマンドが NetView OST で実行さ
れる場合、コマンドが最初に行うのは、自動タスクへの EXCMD そのものです。
ポリシー・ファイルの処理
NetView の初期化の際に NMCSTATUS ポリシー・ファイルがストレージに正常に
読み込まれると、次のようなメッセージが出されます。
EZL110I NVPOLICY BEING USED FOR THE CONFIGURATION TABLE
このメッセージは、自動タスク DUIFPOLI でコマンド NMCPINIT を実行するよう
に、DSIPARM メンバー DSITBL01 の中で自動化されています。 NMCPINIT コマ
ンドは POLICY.GRAPHICS ステートメントで指定されているポリシー・ファイル
を読み取り、NMCSTATUS ポリシー定義が有効かどうかを判別します。
DUIPOLCY ファイルが検出されると、NMCSTATUS ポリシーの処理が開始したこ
とを指示する次のメッセージが出されます。
DUI275I BEGIN PROCESSING NMCSTATUS POLICY DEFINITIONS DEFINED IN MEMBER DUIPOLCY
274
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
NMCPINIT と NMCPTEST の両コマンドが NMCSTATUS ポリシー定義のエラー検
査を行います。ポリシー・ファイルで検出されたエラーが入っている複数行のメッ
セージが出されます。次の例は、エラー・フリー・ポリシー・ファイルを示してい
ます。
DUI250I
DUI251I
DUI250I
DUI261I
DUI250I
DUI252I
DUI250I
------------------------------------------BEGIN ERROR CHECKING FOR MEMBER DUIPOLCY
------------------------------------------NO ERRORS WERE FOUND IN MEMBER DUIPOLCY
------------------------------------------END ERROR CHECKING FOR MEMBER DUIPOLCY
-------------------------------------------
次に示すように、ログに加えて、*NONE* を、割り振られたデータ・セットの名前
で置き換えると、メッセージをデータ・セットに書き込むことができます。
NMCstatus.errorDSN = *NONE*
注: 多くのメッセージは、80 文字より長いので、FIXED 80-character ファイルを指
定する場合は、ほとんどのメッセージが切り捨てられます。
エラーが検出されなければ、自動タスクが、各ポリシー・ウィンドウの開始と終了
を指定する CHRON タイマーを作成します。各ポリシー定義は、2 つの CHRON
タイマーを生成します。 1 つのタイマーはポリシーが開始する時刻を指示し、2 つ
目のタイマーはポリシーが終了する時刻を指示します。 NMCSTATUS ポリシー自
動タスクによって作成されるタイマーの先頭には、例えば、NMC1 のように、文字
NMC が接頭部として付けられます。 DUIFPOLI 自動タスクによって作成されたす
べてのタイマーを表示するには、次のように入力します。
TIMER NMC
ここで、NMC はフィルターです。これらのタイマーに対するセキュリティーの設定
については、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参
照してください。
すべてのタイマーが正常に設定されている場合は、次のような複数行のメッセージ
が出されます。
DUI280I
DUI281I
DUI280I
DUI283I
DUI280I
DUI281I
DUI280I
-------------------------------------------------------------------------BEGIN SETTING TIMERS FOR NMCSTATUS POLICIES DEFINED IN MEMBER DUIPOLCY
-------------------------------------------------------------------------ALL TIMERS WERE SET SUCCESSFULLY
-------------------------------------------------------------------------END SETTING TIMERS FOR NMCSTATUS POLICIES DEFINED IN MEMBER DUIPOLCY
--------------------------------------------------------------------------
タイマーを設定できない場合は、上記の複数行のメッセージの一部としてメッセー
ジ DUI253E および DUI284E が出され、その後に CHRON エラー・メッセージが
続きます。例えば、ポリシー定義 POLICY1 にキーワード CALENDARDAY=
(PAYDAY) が定義されているが、PAYDAY が DSIPARM メンバー DSISCHED 内
で定義されていない場合は、次のような複数行のメッセージが出されます。
DUI280I
DUI281I
DUI280I
DUI253E
---------------------------------------------------------------------BEGIN SETTING TIMERS FOR NMCSTATUS POLICIES DEFINED IN MEMBER DUIPOLCY
---------------------------------------------------------------------POLICY1: UNABLE TO CREATE BEGINNING TIMER FOR THIS POLICY DEFINITION
IN MEMBER DUIPOLCY
DUI284E COMMAND EZLETAPI FAILED WITH RETURN CODE 24 IN MODULE DUIFTIMR. THE NEXT
1 MESSAGE(S) MAY HELP DETERMINE THE ERROR
第 3 章 NetView 定義ステートメント
275
NMCSTATUS
CNM249E DSISCHED : NO DATA FOUND FOR ’PAYDAY’
DUI273E POLICY1: UNABLE TO CREATE ENDING TIMER FOR THIS POLICY DEFINITION IN
MEMBER DUIPOLCY
DUI284E COMMAND EZLETAPI FAILED WITH RETURN CODE 24 IN MODULE DUIFTIMR. THE NEXT
1 MESSAGE(S) MAY HELP DETERMINE THE ERROR
CNM249E DSISCHED : NO DATA FOUND FOR ’PAYDAY’
DUI280I ---------------------------------------------------------------------DUI282I END SETTING TIMERS FOR NMCSTATUS POLICIES DEFINED IN MEMBER DUIPOLCY
DUI280I ----------------------------------------------------------------------
ご使用のタイマーは、必ずしも正常に設定されるとは限りません。 NMCSTATUS
ポリシー定義のエラー検査を行う際、CHRON タイマーが設定されていることをテ
スト し、TIME、DAYOFWEEK、EDAYOFWEEK、DAYOFMONTH、
EDAYOFMONTH、CALENDARDAY および ECALENDARDAY キーワードに指定
されている値が有効であることを確認してください。検出されるエラーはすべて、
DUI251I で始まり、DUI252I で終わる複数行のメッセージの一部として出されま
す。
タイマーが設定されている場合、NMCSTATUS 処理が完了すると、次のメッセージ
が出されます。
DUI276I END PROCESSING NMCSTATUS POLICY DEFINITIONS DEFINED IN MEMBER DUIPOLCY,
RETURN CODE 0
ポリシー・ファイルで検出されるエラー
次の例は、ポリシーにエラーが含まれている場合の複数行メッセージを示していま
す。
DUI250I
DUI251I
DUI250I
DUI257E
---------------------------------------BEGIN ERROR CHECKING FOR MEMBER DUIPOLCY
---------------------------------------POLICY1: TIME IS A REQUIRED KEYWORD MISSING FOR THIS POLICY DEFINITION
IN MEMBER DUIPOLCY
DUI250I ---------------------------------------DUI252I END ERROR CHECKING FOR MEMBER DUIPOLCY
DUI250I ----------------------------------------
エラーが解決されるまで、リソース状況変更の使用不可化、あるいは集約からのリ
ソースの中断といった、これらのポリシーに基づくアクションは NetView 管理コン
ソールでは起こる可能性はありません。
NetView をリサイクルしないでポリシー・ファイルを更新するには以下のようにし
ます。
v CNMSTYLE 内の POLICY.GRAPHICS によって定義されている DSIPARM メン
バーを更新します
v POLICY REQ=LOAD コマンドを出します
v メッセージ EZL110I の自動化がコマンド NMCPINIT を実行して NMCSTATUS
ポリシーの処理を開始します
ポリシー・ファイルを再ロードせずに NMCSTATUS 処理を開始するには、
NMCPINIT コマンドを出します。 NMCPINIT コマンドは、現在ポリシー・リポジ
トリーにロードされている NMCSTATUS ポリシー定義を処理します。
ポリシー・ファイルの検査
276
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
ポリシー・ファイルは、GMFHS または RODM を開始せずに、あるいは NetView
管理コンソールにサインオンせずに検査できます。 NMCPTEST コマンドを使用す
れば、現在ポリシー・リポジトリーにロードされている NMCSTATUS ポリシー定
義のエラー検査を行うことができます。
NetView の初期化の際にポリシー・ファイルを検査するには、以下のようにしま
す。
v CNMSTYLE 内の POLICY.GRAPHICS によって定義されている DSIPARM メン
バーを更新します
v メッセージ EZL110I の自動化が、コマンド NMCPINIT ではなくコマンド
NMCPTEST を実行して NMCSTATUS ポリシー・エラー検査を開始するよう
DSIPARM メンバー DSITBL01 を更新します
v エラーが検出された場合は、POLICY.GRAPHICS ステートメントによって定義さ
れている DSIPARM メンバーを更新します。 NetView をリサイクルしてポリシ
ーを再ロードする代わりに、メッセージ EZL110I の自動化を通してコマンド
NMCPTEST を実行して NMCSTATUS ポリシーのエラー検査を行う、POLICY
REQ=LOAD コマンドを出してください。
NMCSTATUS ステートメントの構文は、次のとおりです。
NMCSTATUS policy_definition
CLASS=(class_name)
RESOURCE=(drname)
MYNAME=(myname)
BLDVIEWSSPEC=(type,definition)
COLLECTIONSPEC=(type,definition)
STOPUPDATE=
SUSPENDAGG=
NO
YES
NO
YES
TIME=(starttime,endtime)
DAYOFWEEK=ALL
,
dayname
DAYOFWEEK= (
)
NOT
EDAYOFWEEK
,
( 1ST
2ND
3RD
4TH
5TH
LAST
LAST -n
)
DAYOFMONTH=ALL
,
DAYOFMONTH= (
NOT
dayofmonthnumber
LAST
LAST -n
)
EDAYOFMONTH
第 3 章 NetView 定義ステートメント
277
NMCSTATUS
CALENDARDAY=ALL
,
keyname)
CALENDARDAY=(
ECALENDARDAY
NOT
EDAYOFWEEK:
,
dayname
EDAYOFWEEK= (
)
NOT
,
( 1ST
2ND
3RD
4TH
5TH
LAST
LAST -n
)
EDAYOFMONTH:
,
EDAYOFMONTH= (
dayofmonthnumber
LAST
LAST -n
NOT
)
ECALENDARDAY:
,
keyname)
ECALENDARDAY=(
NOT
項目の意味:
NMCSTATUS
それぞれのポリシー定義ごとに必要です。大文字で入力する必要がありま
す。
policy_definition
ポリシー定義の名前。 policy_definition は、それぞれの NMCSTATUS 定義
に固有でなければならず、大/小文字が区別され、埋め込まれたブランク、
コンマ、引用符が含まれない 1 から 32 文字にすることができます。
DSPCFG といった AON コマンドを使用している場合は、
ENTRY=NMCSTATUS で、TYPE=policy_definition です。
CLASS=(class_name)
キーワード CLASS、BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC のうちのいず
278
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
れか 1 つのみが必要です。 CLASS を指定する場合、class_name は、有効
な RODM クラス名でなければならず、大/小文字が区別されます。ワイル
ドカード文字は使用できません。 RODM は、大/小文字が区別されます。
クラスは、各ポリシー定義に対して 1 つだけ指定できます。例えば、次の
とおりです。
CLASS=(GMFHS_Managed_Real_Objects_Class)
class_name の最大長は 64 文字です。クラス名の詳細については、「IBM
Tivoli NetView for z/OS データ・モデル・リファレンス」の MyName フィ
ールドを参照してください。
BLDVIEWSSPEC=(type_definition)
キーワード CLASS、BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC のうちのいず
れか 1 つのみが必要です。 BLDVIEWSSPEC キーワードは、type と
definition を次のように指定しなければなりません。
v type=QSAMDSN の場合、definition は完全修飾データ・セット名です。こ
の指定は、PIPE コマンドに変換されます。例えば、次のとおりです。
BLDVIEWSSPEC=(QSAMDSN,USER.INIT(FILE1))
は、PIPE コマンド ’PIPE QSAM (DSN) USER.INIT(FILE1)’ を生成し
て、BLDVIEWS 指定を読み取ります。 FILE1 には、BLDVIEWS 指定が
1 つだけ含まれており、ポリシーが処理される前に割り振られなければな
りません。
v type=QSAMDD の場合、definition は割り振られているデータ定義名で
す。この指定は、PIPE コマンドに変換されます。例えば、
BLDVIEWSSPEC=(QSAMDD,ALLOCDDD)
は、PIPE コマンド ’PIPE QSAM (DD) ALLOCDDD’ を生成して、
BLDVIEWS 指定を読み取ります。 ALLOCDDD は、次のような
ALLOCATE コマンドの ’FILE’ 値です。
ALLOCATE FILE(ALLOCDDD) DATASET(USER.INIT(FILE1)) SHR
またこれは、ポリシーがアクティブになる前に、データ定義ファイルを作
成するために出す必要があります。詳細については、HELP PIPE QSAM
を参照してください。 FILE1 には、BLDVIEWS 指定が 1 つだけ含まれ
ています。
definition の最大長は、type=QSAMDSN の場合は 61 文字で、
type=QSAMDD の場合は 62 文字です。これによって、値は 2 桁目で開始
し、括弧で囲むことができます。例えば、次のとおりです。
BLDVIEWSSPEC=
(QSAMDSN,fully_qualified_dataset_name)
COLLECTIONSPEC=(type_definition)
キーワード CLASS、BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC のうちのいず
れか 1 つのみが必要です。 COLLECTIONSPEC キーワードは、type と
definition を指定していなければなりません。
v type=QSAMDSN の場合、definition は完全修飾データ・セット名です。こ
の指定は、PIPE コマンドに変換されます。例えば、
COLLECTIONSPEC=(QSAMDSN,USER.INIT(FILE1))
第 3 章 NetView 定義ステートメント
279
NMCSTATUS
は、PIPE コマンド ’PIPE QSAM (DSN) USER.INIT(FILE1)’ を生成し
て、 RODM コレクション・マネージャー (RCM) 指定を読み取ります。
FILE1 には、RCM 指定が 1 つだけ含まれており、ポリシーが処理され
る前に割り振られなければなりません。
v type=QSAMDD の場合、definition は割り振られているデータ定義名で
す。この指定は、PIPE コマンドに変換されます。例えば、
COLLECTIONSPEC=(QSAMDD,ALLOCDDD)
は、PIPE コマンド ’PIPE QSAM (DD) ALLOCDDD’ を生成して、RCM
指定を読み取ります。 ALLOCDDD は、次のような ALLOCATE コマン
ドの ’FILE’ 値です。
ALLOCATE FILE(ALLOCDDD) DATASET(USER.INIT(FILE1)) SHR
またこれは、ポリシーがアクティブになる前に、データ定義ファイルを作
成するために出す必要があります。詳細については、HELP PIPE QSAM
を参照してください。 FILE1 には、RCM 指定が 1 つだけ含まれている
必要があります。
definition の最大長は、type=QSAMDSN の場合は 61 文字で、
type=QSAMDD の場合は 62 文字です。これによって、値は 2 桁目で開始
し、括弧で囲むことができます。例えば、次のとおりです。
COLLECTIONSSPEC=
(QSAMDSN,definition)
TIME=(starttime,endtime)
TIME は、必須キーワードであり、その項目の意味は次のとおりです。
v starttime
NetView 管理コンソール・ビュー内のリソースへのアクションの適用を開
始する時刻を定義します。アクションは、ポリシー定義内で、
SUSPENDAGG キーワードおよび STOPUPDATE キーワードで定義され
ています。リソースは、ポリシー定義内で、キーワード
CLASS、BLDVIEWSSPEC、および COLLECTIONSPEC で定義されてい
ます。時刻は、24 時間クロックを使用して、hh.mm.ss の形式で指定する
必要があります。値の範囲は、00.00.00 から 23.59.59 です。
v endtime
NetView 管理コンソール・ビュー内のリソースへのアクションの適用を終
了する時刻を定義します。アクションは、ポリシー定義内で、
SUSPENDAGG キーワードまたは STOPUPDATE キーワードで定義され
ています。リソースは、ポリシー定義内で、
CLASS、BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC のいずれかのキーワード
で定義されています。時刻は、24 時間クロックを使用して、hh.mm.ss の
形式で指定する必要があります。値の範囲は、00.00.00 から 23.59.59 で
す。
DAYOFWEEK
ポリシーを活動化する曜日名を指定します。
DAYOFWEEK はオプション (任意指定) のキーワードです。デフォルトは
DAYOFWEEK=ALL です。特定の日にポリシーが活動化されるようにする
280
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
には、DAYOFWEEK、DAYOFMONTH、および CALENDARDAY が合わせ
て評価されなければなりません。例えば、
DAYOFWEEK=(FRI)
DAYOFMONTH=ALL
CALENDARDAY=(HOLIDAY)
が指定されている場合、ポリシーは金曜日に当たる祝日にだけ活動化されま
す。すべての日を指定するには、次のものを出します。
DAYOFWEEK=ALL
他のすべての値は、次のように、括弧内に指定する必要があります。
DAYOFWEEK=(MON)
または
DAYOFWEEK=(MON,TUE)
有効な値は次のとおりです。
v SUN
v MON
v TUE
v WED
v THU
v FRI
v SAT
v WEEKDAY
v WEEKEND
選択した曜日を除外する NOT を指定すれば、組み込む日付の長いリストを
短くすることができます。例えば、次のように指定する代わりに、
DAYOFWEEK=(TUE,WED,THU,FRI)
次のように指定することによって、同じ結果が得られます。
DAYOFWEEK=(NOT MON,WEEKEND)
ポリシーは、火曜日から金曜日まで活動化されます。例えば、次のように、
月内のその曜日の特定の出現時にポリシーが活動化されるようにスケジュー
ルすることもできます。
DAYOFWEEK=(MON(1ST,3RD),FRI(LAST))
この結果として、ポリシーは第 1 および第 3 月曜日と月の最後の金曜日に
アクティブになります。 LAST または LAST-n を割り当てる場合は、特定
の曜日がその月の中で何番目にあたるのかを考慮する必要ありません。有効
な値は次のとおりです。
v 1ST
v 2ND
v 3RD
v 4TH
v 5TH
第 3 章 NetView 定義ステートメント
281
NMCSTATUS
v LAST
v LAST-1
v LAST-2
v LAST-3
v LAST-4
DAYOFWEEK キーワードの値の最大長は、69 文字です。これによって、
値は 2 桁目で開始し、括弧で囲むことができます。
DAYOFMONTH
月内の何番目の日にポリシーを活動化するのかを指定します。
DAYOFMONTH はオプション (任意指定) のキーワードです。デフォルト
は DAYOFMONTH=ALL です。特定の日にポリシーが活動化されるように
するには、DAYOFWEEK、DAYOFMONTH、および CALENDARDAY が合
わせて評価されなければなりません。例えば、
DAYOFWEEK=ALL
DAYOFMONTH=(15)
CALENDARDAY=(HOLIDAY)
が指定されている場合、ポリシーは、月の 15 番目の日付に当たる祝日にだ
け活動化されます。すべての日を指定するには、次のものを出します。
DAYOFMONTH=ALL
他のすべての値は、括弧内に指定する必要があります。有効な値は次のとお
りです。
v 1 から 31 まで
v LAST
v LAST-1 から LAST-30 まで
v NOT
選択した曜日を除外する NOT を指定すれば、組み込む日付の長いリストを
短くすることができます。例えば、次のように指定する代わりに、
DAYOFMONTH=(5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,
26,27,28,29,30)
次のように指定することによって、同じ結果が得られます。
DAYOFMONTH=(NOT 1,2,3,4,31)
ポリシーは、月の最初、2 番目、3 番目、4 番目、および 31 番目の日付に
はアクティブになりません。 LAST または LAST -n を指定する場合は、
その月の何番目の日なのかを考慮する必要はなくなります。
DAYOFMONTH キーワードの値の最大長は、69 文字です。これによって、
値は 2 桁目で開始し、括弧で囲むことができます。
CALENDARDAY
ポリシーを活動化する時を示す、DSIPARM メンバー DSISCHED で定義さ
れたキーの名前を指定します。
CALENDARDAY はオプション (任意指定) のキーワードです。デフォルト
は CALENDARDAY=ALL です。特定の日にポリシーが活動化されるように
282
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
するには、DAYOFWEEK、DAYOFMONTH、および CALENDARDAY が合
わせて評価されなければなりません。例えば、
DAYOFWEEK=ALL
DAYOFMONTH=(15,30)
CALENDARDAY=(PAYDAY)
が指定されている場合、ポリシーは、PAYDAY として定義されている日
で、なおかつ月の 15 番目と 30 番目の日付に当たる日にだけ活動化されま
す。すべての日を指定するには、次のものを出します。
CALENDARDAY=ALL
他のすべての値は、括弧内に指定する必要があります。 NOT を指定する場
合、指定された日は、ポリシーがアクティブにならなくなります。リストに
は、1,000 までの固有キーを入力できます。この限界を超えると、メッセー
ジ DSI656I が出されます。
CALENDARDAY キーワードの値の最大長は、69 文字です。これによっ
て、値は 2 桁目で開始し、括弧で囲むことができます。
DSISCHED に本日用のキーを追加する場合は、CHRON REFRESH コマン
ドを出して、カレンダーをアクティブにする必要があります。そうしない
と、次の深夜 12 時を過ぎると、変更は有効でなくなります。
EDAYOFWEEK
ポリシーを非活動化する曜日名を指定します。 EDAYOFWEEK はオプショ
ン (任意指定) のキーワードですが、指定する場合は、DAYOFWEEK が必
須キーワードになります。 DAYOFWEEK と EDAYOFWEEK の両方が指
定されている場合は、開始タイマーに DAYOFWEEK が使用されてポリシ
ーが活動化される時を指示し、終了タイマーに EDAYOFWEEK が使用され
てポリシーを非活動化する時を指示します。 EDAYOFWEEK が指定されて
いない場合、終了タイマーはデフォルトで、開始タイマーに使用された値に
なります。
EDAYOFWEEK には、DAYOFWEEK と同じ値が有効です。
特定の日にポリシーが非活動化されるようにするには、EDAYOFWEEK、
EDAYOFMONTH、および ECALENDARDAY が合わせて評価されなければ
なりません。例えば、
DAYOFWEEK=(FRI)
EDAYOFWEEK=(SAT)
DAYOFMONTH=ALL
CALENDARDAY=(HOLIDAY)
が指定されている場合、ポリシーは金曜日に当たる祝日に活動化されます
が、土曜日に当たる祝日にだけ非活動化されます。終了タイマーは、デフォ
ルトで DAYOFMONTH および CALENDARDAY の値になります。
EDAYOFMONTH
月内の何番目の日にポリシーを非活動化するのかを指定します。
EDAYOFMONTH はオプション (任意指定) のキーワードですが、指定する
場合は、DAYOFMONTH が必須キーワードになります。 DAYOFMONTH
と EDAYOFMONTH の両方が指定されている場合は、開始タイマーに
DAYOFMONTH が使用されてポリシーが活動化される時を指示し、終了タ
第 3 章 NetView 定義ステートメント
283
NMCSTATUS
イマーに EDAYOFMONTH が使用されてポリシーを非活動化する時を指示
します。 EDAYOFMONTH が指定されていない場合、終了タイマーはデフ
ォルトで、開始タイマーに使用された値になります。
EDAYOFMONTH には、DAYOFMONTH と同じ値が有効です。
特定の日にポリシーが非活動化されるようにするには、EDAYOFWEEK、
EDAYOFMONTH、および ECALENDARDAY が合わせて評価されなければ
なりません。例えば、
DAYOFWEEK=ALL
DAYOFMONTH=(15)
EDAYOFMONTH=(16)
CALENDARDAY=(HOLIDAY)
が指定されている場合、ポリシーは月の 15 番目の日付に当たる祝日に活動
化されますが、月の 16 番目の日付に当たる祝日にだけ非活動化されます。
終了タイマーは、デフォルトで DAYOFMONTH および CALENDARDAY
の値になります。
ECALENDARDAY
ポリシーを非活動化する時を示す、DSIPARM メンバー DSISCHED で定義
されたキーの名前を指定します。 ECALENDARDAY はオプション (任意指
定) のキーワードですが、指定する場合は、CALENDARDAY が必須キーワ
ードになります。 CALENDARDAY と ECALENDARDAY の両方が指定さ
れている場合は、開始タイマーに CALENDARDAY が使用されてポリシー
を活動化する時を指示し、終了タイマーに ECALENDARDAY が使用され
てポリシーを非活動化する時を指示します。 ECALENDARDAY が指定さ
れていない場合、終了タイマーはデフォルトで、開始タイマーに使用された
値になります。
ECALENDARDAY には、CALENDARDAY と同じ値が有効です。
DSISCHED に本日用のキーを追加する場合は、CHRON REFRESH コマン
ドを出して、カレンダーをアクティブにする必要があります。そうしない
と、次の深夜 12 時を過ぎると、変更は有効でなくなります。
特定の日にポリシーが非活動化されるようにするには、
EDAYOFWEEK、EDAYOFMONTH、および ECALENDARDAY が合わせて
評価されなければなりません。例えば、
DAYOFWEEK=ALL
DAYOFMONTH=(25)
CALENDARDAY=(HOLIDAY)
ECALENDARDAY=(DAY_AFTER_HOLIDAY)
が指定されている場合、ポリシーは月の 25 番目の日付に当たる祝日に活動
化されますが、祝日の次の日で、月の 25 番目の日付に当たる日にだけ非活
動化されます。終了タイマーは、デフォルトで DAYOFMONTH および
CALENDARDAY の値になります。
SUSPENDAGG=YES|NO
284
YES
集約からリソースを中断します。
NO
集約からリソースを中断しません。 NO がデフォルトです。
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
各 NMCSTATUS ポリシー定義ごとに、SUSPENDAGG=YES か
STOPUPDATE=YES のどちらかのキーワード/値の対を指定する必要があり
ます。
STOPUPDATE=YES|NO
YES
リソースに対する状況更新を使用不可にします。
NO
リソースに対する状況更新を可能にします。 No がデフォルトで
す。
各 NMCSTATUS ポリシー定義ごとに、SUSPENDAGG=YES か
STOPUPDATE=YES のどちらかのキーワード/値の対を指定する必要があり
ます。
RESOURCE=(drname)
これらの値を適用する特定のリソースまたはリソースのグループの
DisplayResourceName。リソースのグループを指定するには、ワイルドカー
ド文字であるアスタリスク (*) か疑問符 (?) を使用できます。同じ
NMCSTATUS ポリシー定義に、MYNAME キーワードと RESOURCE キー
ワードの両方を指定することはできません。 RESOURCE キーワードは、
CLASS キーワードが指定されている場合にのみ指定できます。
drname の最大長は、69 文字です。これによって、値は 2 桁目で開始し、
括弧で囲むことができます。
MYNAME=(myname)
これらの値を適用する特定のリソースまたはリソースのグループの
MyName。リソースのグループを指定するには、ワイルドカード文字である
アスタリスク (*) か疑問符 (?) を使用できます。同じ NMCSTATUS ポリ
シー定義に、MYNAME キーワードと RESOURCE キーワードの両方を指
定することはできません。 MYNAME キーワードは、CLASS キーワードが
指定されている場合にのみ指定できます。
drname の最大長は、69 文字です。これによって、値は 2 桁目で開始し、
括弧で囲むことができます。
NMCSTATUS ポリシー定義のフォーマット
v NMCSTATUS は、英大文字で指定し、1 桁目で始める必要があります。
v 継続行は、2 桁目以降で始める必要があります。
v Policy_definition は、他の NMCSTATUS ポリシー定義に対して固有でなければな
りません。
v キーワードは、任意の順序で指定できます。
v 重複キーワードは、ポリシー定義では認められません。
v キーワード BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC、および TIME の値に、埋め
込まれたブランクを使用することはできません。例えば、TIME=(05.00.00 ,
06.00.00) はエラーになります。
v キーワード BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC、TIME、DAYOFWEEK、
EDAYOFWEEK、DAYOFMONTH、EDAYOFMONTH、CALENDARDAY または
ECALENDARDAY の値に、複数の連続コンマを含めることはできません。例え
ば、DAYOFMONTH=(1,2,,4) はエラーになります。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
285
NMCSTATUS
v コンマを、キーワード BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC、TIME、
DAYOFWEEK、EDAYOFWEEK、DAYOFMONTH、EDAYOFMONTH、
CALENDARDAY または ECALENDARDAY の値の最初または最後の文字にする
ことはできません。例えば、TIME=(,05.00.00,06.00.00) または
DAYOFWEEK=(MON,TUES,) は両方ともエラーになります。
v AON は、DSIPARM メンバー DUIPOLCY の 73 桁目から 80 桁目までの使用を
制限します。
NMCSTATUS ポリシー定義の継続
v 継続行は、次のように 1 桁目より後で始める必要があります。
RESOURCE=
(ResourceNameThatIsSixtyNineCharactersLong)
69 文字すべてを使用するために、これを実行します。これらの値には、ワイルド
カード文字も使用できます。 73 桁目から 80 桁目までは、使用が制限されてい
ます。
v 括弧内の値を次の行にまで続けることはできません。つまり、73 桁目から 80 桁
目までの使用制限に加えて、RESOURCE、MYNAME、DAYOFWEEK、
EDAYOFWEEK、DAYOFMONTH、EDAYOFMONTH、CALENDARDAY、
ECALENDARDAY および CLASS キーワードの値には長さ制限が課されていま
す。
NMCSTATUS ポリシー定義のケース・ルール
v キーワードは大/小文字混合で指定できますが、NMCPINIT および NMCPTEST
コマンドには英大文字として解釈されます。
v キーワード BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC、SUSPENDAGG、
STOPUPDATE、DAYOFWEEK、EDAYOFWEEK、DAYOFMONTH、
EDAYOFMONTH、CALENDARDAY、ECALENDARDAY の値は大/小文字混合で
指定できますが、NMCPINIT および NMCPTEST コマンドには大文字として解釈
されます。
v データ・セットまたはデータ定義ファイルに入っており、キーワード
BLDVIEWSSPEC および COLLECTIONSPEC で指定される BLDVIEWS および
RODM コレクション・マネージャー定義は、大/小文字が区別され、NMCPINIT
または NMCPTEST コマンドによって変更されません。
v キーワード CLASS、RESOURCE、MYNAME の値には大/小文字の区別があり、
NMCPINIT または NMCPTEST コマンドによって変更されません。
NMCSTATUS ポリシー定義の必須キーワード
v キーワード CLASS、BLDVIEWSSPEC、COLLECTIONSPEC のうちのいずれか 1
つのみが必要です。
v TIME は必須キーワードです。
v 少なくとも、キーワード SUSPENDAGG=YES または STOPUPDATE=YES のい
ずれかが必要です。
v RESOURCE はオプション (任意指定) のキーワードですが、指定する場合は、
CLASS キーワードが必須キーワードになり、MYNAME が無効キーワードになり
ます。
286
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
v MYNAME はオプション (任意指定) のキーワードですが、指定する場合は、
CLASS キーワードが必須キーワードになり、RESOURCE が無効キーワードにな
ります。
v DAYOFWEEK はオプション (任意指定) のキーワードです。
v DAYOFMONTH はオプション (任意指定) のキーワードです。
v CALENDARDAY はオプション (任意指定) のキーワードです。
v DAYOFWEEK、DAYOFMONTH、および CALENDARDAY が指定されていない
場合、DAYOFWEEK はデフォルトで DAYOFWEEK=ALL になります。
v EDAYOFWEEK はオプション (任意指定) のキーワードですが、指定する場合
は、DAYOFWEEK が必須キーワードになります。
v EDAYOFMONTH はオプション (任意指定) のキーワードですが、指定する場合
は、DAYOFMONTH が必須キーワードになります。
v ECALENDARDAY はオプション (任意指定) のキーワードですが、指定する場合
は、CALENDARDAY が必須キーワードになります。
NMCSTATUS ポリシー定義の例
例 1
次の例は、特定のリソースに対する NetView 管理コンソールでの状況更新を停止す
る方法を示します。
NMCSTATUS POLICY1
CLASS=(GMFHS_Managed_Real_Objects_Class)
RESOURCE=(DECNET.RALV4)
TIME=(08.00.00,17.00.00)
DAYOFWEEK=(SAT)
STOPUPDATE=YES
or
NMCSTATUS POLICY1
COLLECTIONSPEC=(QSAMDSN,USER.INIT(CSFILE1))
TIME=(08.00.00,17.00.00)
DAYOFWEEK=(SAT)
STOPUPDATE=YES
where CSFILE1 contains this RODM Collection Manager definition
GMFHS_Managed_Real_Objects_Class_MyName_DECNET.RALV4_.EQ.
例 2
次の例は、NetView 管理コンソールの状況変更を停止し、クラス内のすべてのリソ
ース用の集約を中断する方法を示します。
NMCSTATUS POLICY2
CLASS=(GMFHS_Managed_Real_Objects_Class)
TIME=(08.00.00,12.00.00)
DAYOFMONTH=(1,15)
STOPUPDATE=YES
SUSPENDAGG=YES
例 3
次の例は、BLDVIEWS 指定によって定義されているリソースのグループを定義され
た日に集約から中断する方法を示します。 PAYDAY は、DSIPARM メンバー
DSISCHED で定義されています。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
287
NMCSTATUS
NMCSTATUS POLICY3
BLDVIEWSSPEC=(QSAMDSN,USER.INIT(FILE1))
TIME=(00.00.00,24.59.59)
CALENDARDAY=(PAYDAY)
SUSPENDAGG=YES
例 4
次の例は、BLDVIEWS 指定によって定義されているリソースのグループの NetView
管理コンソールでの更新を停止する方法を示します。更新は、5 月 1 日に停止さ
れ、6 月 1 日に再び開始されます。 5 月 1 日と 6 月 1 日は、DSIPARM メンバ
ー DSISCHED で定義されています。
NMCSTATUS POLICY4
BLDVIEWSSPEC=(QSAMDSN,USER.INIT(FILE1))
TIME=(00.00.00,11.59.59)
CALENDARDAY=(MAY1)
ECALENDARDAY=(JUNE1)
STOPUPDATE=YES
例 5
次の例は、BLDVIEWS 指定によって定義されているリソースのグループの NetView
管理コンソールでの更新を停止する方法を示します。更新は、日曜日の午後 10 時
に停止され、月曜日の午前 6 時に再び開始されます。
NMCSTATUS POLICY5
BLDVIEWSSPEC=(QSAMDSN,USER.INIT(FILE1))
TIME=(22.00.00,06.00.00)
DAYOFWEEK=(SUN)
EDAYOFWEEK=(MON)
STOPUPDATE=YES
開始タイマーのポップ時の NMCSTATUS の処理
タイマーがポップしてポリシー・ウィンドウの開始を指示すると、NMCSTATUS ポ
リシー自動タスクで内部コマンドが実行されて、ポリシーを表す RODM オブジェ
クトを作成します。 RODM に同じ名前のオブジェクトが存在している場合、その
オブジェクトは削除され、このポリシー定義用に再び作成されます。以下のような
場合、オブジェクトは作成できません。
v CLASS キーワードを指定したが、その class_name が RODM 内に存在しない。
v BLDVIEWSSPEC または COLLECTIONSPEC キーワードを指定していて、デー
タ・セット名またはデータ定義ファイルが、CHRON タイマーが初期設定された
後に削除または割り振り解除されている。
v BLDVIEWSSPEC キーワードを指定したが、BLDVIEWS 定義にエラーがあり、
RODM コレクション・マネージャー定義へ変換できない。
ポリシー定義を表す RODM オブジェクトについての追加情報と、この情報を
NetView 管理コンソール・ビューに表示する方法については、「IBM Tivoli NetView
for z/OS リソース・オブジェクト・データ・マネージャーおよび GMFHS プログラ
マーズ・ガイド」の『ポリシーをビューに適用する』を参照してください。
終了タイマーのポップ時の NMCSTATUS の処理
288
アドミニストレーション・リファレンス
NMCSTATUS
タイマーがポップしてポリシー・ウィンドウの終了を指示すると、NMCSTATUS ポ
リシー自動タスクで内部コマンドが実行されて、ポリシーを表す RODM オブジェ
クトを削除します。
ポリシー定義を表す RODM オブジェクトについての追加情報と、この情報を
NetView 管理コンソール・ビューに表示する方法については、「IBM Tivoli NetView
for z/OS リソース・オブジェクト・データ・マネージャーおよび GMFHS プログラ
マーズ・ガイド」の『ポリシーをビューに適用する』を参照してください。
NOPREFIX
NOPREFIX ステートメントは、接頭部情報が、メッセージのテキストの前に表示さ
れないようにします。このステートメントは、列見出し行も抑止します。
NOPREFIX ステートメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT で
す。 NOPREFIX ステートメントは、定義済みの PREFIX ステートメントをオーバ
ーライドします。
NOPREFIX ステートメントの構文は、次のとおりです。
NOPREFIX
NOPREFIX
使用上の注意: 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、この
メンバーを使用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンド
の SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
NORMAL
NORMAL ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
される通常メッセージの色を変更します。 NORMAL ステートメントは、CLEAR
コマンドを使用して画面が消去されたあと、コマンド・ファシリティー・パネルの
メッセージ領域の色および強調表示の属性も定義します。 NORMAL ステートメン
トが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 NORMAL ステートメ
ントは一度だけコーディングしてください。
NORMAL ステートメントの構文は、次のとおりです。
NORMAL
NORMAL
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
第 3 章 NetView 定義ステートメント
289
NORMAL
colorf
通常メッセージの前景色を定義します。前景色は、背景色の前に指定しなければ
なりません。
attribute
通常メッセージのアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。
NORMAL ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
colorb で指定した色を、通常メッセージの背景色にします。背景色だけを指定
する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
通常メッセージの背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、このメンバーを使
用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の NORMAL ステートメントのデフォルト値を提供し
ます。
– 青緑色の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 低輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP メッセージが表示されたとき音響アラームが鳴る。
v メッセージが EMCS で配信される場合、色の設定は、MPF、SSI 出口、または
NetView MRT で設定された GREEN 以外の色のメッセージでは無効となりま
|
|
290
アドミニストレーション・リファレンス
NORMAL
す。同様に、メッセージが EMCS で配信される場合、輝度の設定は、MPF、SSI
出口、または NetView MRT で設定された LOW 以外の輝度のメッセージでは無
効となります。
|
|
|
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
NORMQMAX
NORMQMAX ステートメントは、コマンド・ファシリティーがあとで表示するため
に保持しておく通常メッセージ (例えば、他のパネルの使用時に保持されるメッセ
ージ、画面がロック状態のときに保持されるメッセージなど) の数を定義します。
NORMQMAX の制限を超えると、NetView プログラムは、必要に応じてメッセージ
を自動化してログに記録してから、ユーザーを中断することなく、メッセージを破
棄します。コマンド・ファシリティー・パネルにロールすると、見なかったメッセ
ージの数をメッセージ DSI593A が指示します。 NetView プログラムは、残ってい
るメッセージの数が NORMQMAX の値の半分に達するまで、最も古いメッセージ
を破棄していきます。メッセージの破棄は、NORMQMAX の値を超えたときにだけ
行われます。 NORMQMAX ステートメントが入っているサンプル・メンバーは、
CNMSCNFT です。
注: NORMQMAX の値は、ハードコピー・プリンターおよび OST-NNT クロスドメ
イン・セッションにも適用されます。ハードコピー・プリンターは、低速であ
るか、あるいは用紙切れのため、バックログの状態になることがあります。
OST-NNT セッションは、セッションを通じてのメッセージ・トラフィックがセ
ッションの送信速度を超過した場合に、バックログの状態になることがありま
す。
NORMQMAX ステートメントの構文は、次のとおりです。
NORMQMAX
3000
NORMQMAX
nnnnnnnnnn
項目の意味 :
3000|nnnnnnnnnn
保持される通常メッセージの最大数を指定します。 0 を指定すると、NetView
プログラムは制限を使用しません。 1 から 100 の範囲の値を指定すると、
NetView プログラムは、指定した値を 100 に丸めます。 100 を超える値を指
定すると、NetView プログラムは実際の値を使用します。最大値は
2 147 483 647 です。デフォルトは 3000 です。
使用上の注意:
v NORMQMAX に指定する値が大きすぎると、ストレージ不足が起こります。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
291
NORMQMAX
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、このメンバーを使
用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、PREFIX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
O MONIT
O MONIT ステートメントを使用すれば、メジャー・ノード、アプリケーション、
クロスドメイン・リソース、およびローカル NCP が及ばないリソース以外の非ア
クティブ・ノードを、状況モニターが再活動化することができます。以下のように
して、自動再活動化からノードを除外することができます。
v STATOPT ステートメントの NOMONIT オペランドを使用して、除外するノード
にフラグを付けます。
v MONOFF コマンドまたは MONIT STOP コマンドを使用して、それらのノード
をノード再活動化除外リストに追加します。
O MONIT オプション制御ステートメントは、DSICNM にコーディングしてくださ
い。 DSICNM への変更は、一度 xxxxxVMT タスクを停止して再始動するまでは、
有効になりません。メンバーの変更によって、さらにエクステントを使用すること
になった場合は、変更を有効にするために、NetView プログラムを停止して再始動
する必要があります。
O MONIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
O MONIT
O MONIT
項目の意味 :
O MONIT
ノードの自動再活動化を制御します。
関連するステートメント: STATOPT
O RESET
O RESET ステートメントは、状況モニターには認識されているが状況モニターに関
連する VTAM には認識されていないリソースの初期状況を定義します。このオプ
ションを使用すると、これらのリソースの初期状況は RESET になります。このオ
プションを使用しない場合、これらのリソースの初期状況は、NEVER ACTIVE に
なります。
O RESET ステートメントを使用しない場合は、SNA トポロジー・マネージャー
は、VTAM ノードの状況のパースペクティブを無視するのではなく、複数で所有す
るリソースの状況を決定するときに NEVER ACTIVE の状況を継続的に使用しま
292
アドミニストレーション・リファレンス
O RESET
す。 VTAM ノードはこのリソースの存在を認識していないため、O RESET を使用
すると、SNA トポロジー・マネージャーは、メジャー・ノードが非活動化されてお
り、報告された最後の状況が RESET の場合と同様に、複数で所有するリソースの
状況を解決することができます。
このオプションを使用しないと、SNA トポロジー・マネージャーは、複数で所有す
るリソースの状況を、VTAM ノードがこのリソースの存在を認識しているが、リソ
ースが活動化されたことがないかのように決定します。
O RESET オプション制御ステートメントは、DSICNM メンバーにコーディングし
てください。 DSICNM への変更をインプリメントするには、xxxxxVMT タスクを
停止し、再始動してください。メンバーを変更した結果、使用するエクステントが
追加された場合は、NetView プログラムを停止し、再始動します。
O RESET ステートメントの構文は、次のとおりです。
O RESET
O RESET
項目の意味 :
O RESET
状況モニターが認識しているリソースの初期状況を制御します。
O SECSTAT
O SECSTAT ステートメントは、状況モニターが、VTAM バージョン 3 リリース
3 との通信で、2 次ネットワーク・リソース状況モニターとして実行するように強
制します。このインターフェースを用いると、状況モニターは非送信請求メッセー
ジを受信しません。
O SECSTAT ステートメントは、DSICNM にコーディングしてください。
DSICNM への変更をインプリメントするには、xxxxxVMT タスクを停止し、再始動
してください。メンバーを変更した結果、使用するエクステントが追加された場合
は、NetView プログラムを停止し、再始動します。
O SECSTAT ステートメントの構文は、次のとおりです。
O SECSTAT
O SECSTAT
項目の意味 :
O SECSTAT
この状況モニターを、2 次ネットワーク・リソース状況モニターとして実行する
ように指定します。
使用上の注意:
第 3 章 NetView 定義ステートメント
293
O SECSTAT
v 同じホストでアクティブである 2 つの NetView プログラムをもっている場合、
どちらの NetView プログラムが VTAM からネットワーク・リソース状況更新を
受け取るかを指定します。インストールする NetView プログラムがネットワーク
の状況の原因ではないときは、DSICNM の O SECSTAT ステートメントのコメ
ントを外します。複数の NetView プログラムがコンソールおよびネットワークの
自動化を行う場合に、このような状況が起こります。
v インストールする NetView プログラムがネットワークの状況の原因であるとき
は、DSICNM のこのステートメントをコメント化したままにするか、それを削除
します。
v O SECSTAT を指定しなければ、初期設定した最初の状況モニターが、VTAM か
らネットワークの状況更新を受け取ります。 DSICNM で、両方の NetView プロ
グラムについて O SECSTAT を指定すると、どちらのプログラムも VTAM から
の状況更新を受け取りません。
O SENDMSG
O SENDMSG ステートメントは、状況モニターの初期設定の際に、状況モニターが
SENDMSG ステートメントに指定した各リソースに対して、メッセージ CNM094I
を出させます。このオプションを使用しないと、指定されたリソースの状況が、状
況モニターが認識する初期値から変更された場合にのみ、このメッセージが出され
ます。
O SENDMSG ステートメントは、DSICNM にコーディングしてください。
DSICNM への変更をインプリメントするには、xxxxxVMT タスクを停止し、再始動
してください。メンバーを変更した結果、使用するエクステントが追加された場合
は、NetView プログラムを停止し、再始動します。
O SENDMSG ステートメントの構文は、次のとおりです。
O SENDMSG
O SENDMSG
項目の意味 :
O SENDMSG
初期設定時に CNM094I の生成を制御します。
関連するステートメント: SENDMSG
OPCLASS
OPCLASS は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサポ
ートされています。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール:
マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDCLASS、KEYCLASS、VALCLASS
294
アドミニストレーション・リファレンス
OPERATOR
OPERATOR
CNMSTYLE で SECOPTS.OPERSEC が SAFDEF に指定されていないか、または
REFRESH コマンドで OPERSEC=SAFDEF が指定されていない場合、OPERATOR
ステートメントは、この NetView プログラムにログオンできるオペレーター、また
は別のドメイン内の NetView プログラムからこの NetView プログラムとのセッシ
ョンを開始できる各オペレーターを識別します。このステートメントは、
AUTOTASK コマンドで自動タスクとして開始できるオペレーター ID の定義にも
使用されます。 OPERATOR ステートメントは、関連する PROFILEN ステートメ
ントより前になければなりません。このステートメントは、DSIOPF にコーディン
グしてください。
DSIOPF 内で OPERATOR ステートメントを追加または削除して REFRESH OPERS
コマンドを出すことにより、動的にオペレーターを追加や削除を行うことができま
す。
OPERATOR ステートメントの構文は、次のとおりです。
OPERATOR
opid OPERATOR PASSWORD=password
,NOCHECK
項目の意味 :
opid
オペレーターを識別する 1 から 8 文字の値を指示します。オペレーターの ID
に使用できるのは、A から Z までの英字、0 から 9 までの数字、または番号
記号 (#)、アットマーク (@)、およびドル記号 ($) の特殊文字です。 ID は 1
桁目から始めなければなりません。各オペレーターは、固有の ID をもってい
る必要があります。また、自動化タスクに使用したい各オペレーター ID に
は、オペレーター・ステートメントをコーディングします。ハードコピー・ロ
グ、端末、およびタスク ID の名前は、オペレーター ID として使用しないで
ください。以下の ID は、NetView プログラムで使用するために予約されてい
るもので、オペレーター ID として使用することはできません。
v ALL
v DPR
v DST
v HCL
v HCT
v LOG
v MNT
v NNT
v OPT
v OST
v PPT
v SYSOP
v TCT
第 3 章 NetView 定義ステートメント
295
OPERATOR
また、オペレーター ID が LU 名 (端末) と同じである場合、コマンド・リス
トの中には、オペレーターを自動タスクと認識して実行しないものもあります。
PASSWORD=password
1 から 8 文字のオペレーター・パスワードを指示します。パスワードの指定は
必須ですが、CNMSTYLE で SECOPTS.OPERSEC=MINIMAL をコーディングし
た場合は、パスワードは無視されます。 AUTOTASK コマンドを使用して自動
タスクを開始するときに、このオペレーター ID を使用する場合にも、パスワ
ードは無視されます。特に自動タスク用に設定されたオペレーター ID には、
オペレーターをオペレーターとして識別するパスワードを使用してください。
NOCHECK
NetView オペレーターのログオンを、NetView パスワードの検証を経ずに許可
します。このオプションは、CNMSTYLE で SECOPTS.OPERSEC=NETVPW が
設定されている場合のみ有効です。この機能は、NetView ログオン・インスト
ール・システム出口がパスワード検証を行っているものと想定します。この場合
は、メッセージ DWO354 が許可された受信先に送信され、オペレーターがログ
オンし、パスワードが NetView プログラムでは検証されていないことを示しま
す。 OPERSEC=MINIMAL に対するこのオプションの利点は、オペレーター・
プロファイルが使用され、HCL あるいは指定された初期コマンドが使用される
ことです。 NOCHECK の前にはコンマを付ける必要があります。
注: NetView バージョン 3 以前では、OPERSEC=NETVPW は
VERIFY=NORMAL です。
関連するステートメント: SECOPTS、PROFILEN
OPERID
OPERID ステートメントを使用して、NetView 3270 管理コンソールの各オペレータ
ーの暗号鍵を定義します。各オペレーターの暗号鍵は、メンバー DSITCPRF に定義
します (DSIPRF にあります)。
OPERID ステートメントの構文は、次のとおりです。
OPERID
operid
ANY_OTHER
NETCONV_IP
WEB_SERVER
:
default
default
disabled
disabled
key1
key2
項目の意味 :
operid
NetView のオペレーター ID を指定します。既存の ID の場合と同様に、
NetView のオペレーター ID を定義します。セキュリティー上の利益のため
に、DSITCPRF に定義されているオペレーターだけが、NetView 3270 管理コン
ソールを使って NetView にログオンすることができます。
296
アドミニストレーション・リファレンス
OPERID
ANY_OTHER
DSITCPRF では他の方法では定義されていないオペレーターのオペレーター ID
として、ANY_OTHER を指定することができます。これは、汎用アクセス権を
提供します。
NETCONV_IP
DSITCPRF の NETCONV_IP 項目は、TCP/IP を使用する NETCONV セッショ
ンの暗号鍵を定義します。ワークステーションで tserver tcpipkey コマンドを使
って暗号鍵を変更する場合は、この項目は DSITCPRF メンバーになければなり
ません。 NETCONV セッションで暗号鍵を変更するには、タスク CNMTAMEL
がアクティブであるときはそれを停止して再始動する必要があります。
ANY_OTHER 値は、NETCONV_IP の設定のデフォルト値としては使用されま
せん。 NETCONV_IP を省略すると、暗号鍵には事前定義値が使用されます。
注: NETCONV_IP ステートメントは Secure Sockets Layer (SSL) を使用する
NETCONV セッションには適用されません。
WEB_SERVER
DSITCPRF の WEB_SERVER 項目は、HTTP サーバー・セッションの暗号鍵を
定義します。 HTTP サーバー・セッションで暗号鍵を変更するには、タスク
DSIWBTSK がアクティブであるときはそれを停止して再始動する必要がありま
す。 ANY_OTHER 値は、WEB_SERVER ステートメントには使用しません。
key1
NetView 3270 管理コンソールから NetView へのデータ・フロー (コマンド・
フロー) の暗号鍵を指定します。鍵の長さは、1 から 8 文字の範囲にすること
ができます。 8 文字の鍵の使用をお勧めします。暗号鍵は大/小文字混合にでき
ますが、default と disabled には特別な意味があります。印刷可能なランダムな
非ブランク文字を選択してください。暗号鍵は 8 文字の値、または 16 桁の 16
進数字としてコーディングしてください。暗号鍵が 16 文字で、すべての文字の
値が 16 進数字に対応しているときは、その鍵は 8 バイトの 16 進数ストリン
グに変換されます。その他の場合はすべて、鍵は 8 文字に拡張されるか切り捨
てられることになります。
すべて小文字で default と指定することは、NetView のデフォルトの暗号鍵が
提供されることを意味します。デフォルト値の鍵は、どのセッションに対しても
同じですが、値は公開されていません。これは最小限度レベルの暗号化保護を提
供します。 key1 を default として指定した場合は、key2 も default として
指定しなければなりません。
すべて小文字で disabled と指定することは、暗号化は行われないことを意味し
ます。低リスクのネットワークでセッションの問題をデバッグする場合は、これ
を使用します。 key1 を disabled として指定した場合は、key2 も disabled
として指定しなければなりません。
key2
NetView から NetView 3270 管理コンソールへのデータ・フローの暗号鍵を指
定します。鍵の長さは、1 から 8 文字の範囲にすることができます。 8 文字の
鍵の使用をお勧めします。暗号鍵は大/小文字混合にすることができます。印刷
可能なランダムな非ブランク文字を選択してください。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
297
OPERID
すべて小文字で default と指定することは、NetView がデフォルトの暗号鍵を
提供することを意味します。 key1 が default として指定された場合は、key2
も default として指定されなければなりません。
暗号化がない場合は、すべて小文字で disabled と指定します。 key1 が
disabled として指定された場合は、key2 は disabled として指定されなければ
なりません。
使用上の注意:
v オペレーター ID の後にはに、コロンと任意の数のブランクが必要です。
v DSITCPRF メンバーは、保護 (DSIPRF DD) ライブラリーに置いてください。
v NetView 3270 管理コンソールが NetView 管理コンソールから立ち上げられると
きは、両方の暗号鍵を default として定義する必要があります。
ORIGNET
ORIGNET ステートメントは、LU、COS、および MODE ステートメントが適用さ
れるネットワークの名前を定義します。このステートメントは、ALIASMEM ステ
ートメントで指定されたメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラ
ムと一緒に提供され、ORIGNET ステートメントが入っている、サンプル・メンバ
ーは、DSIALTAB です。 MODE ステートメントが入っているメンバーへの変更
は、一度 ALIASAPL タスクを停止して再始動するまでは、有効になりません。
ORIGNET ステートメントの構文は、次のとおりです。
ORIGNET
ORIGNET networkname
label
項目の意味 :
label
ORIGNET ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示しま
す。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
networkname
変換を要求するネットワークの、1 から 8 文字の名前を示します。
関連するステートメント: ALIASMEM、COS、LU、MODE
PARMSYN
PARMSYN は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサポ
ートされています。これは、DSIPARM メンバー CNMCMD で CMDDEF ステート
メントによって置き換えられます。詳細については、「IBM Tivoli NetView for
z/OS インストール: マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDMDL、CMDSYN
298
アドミニストレーション・リファレンス
PARTNER
PARTNER
PARTNER ステートメントは、LU との通信で永続的な会話を使用するかどうかを
指定します。このステートメントは、高性能セッションでのみ使用してください。
このステートメントは DSIHINIT でのみ有効であり、DSITINIT ステートメントで
セットアップされたデフォルト値をオーバーライドします。
PARTNER ステートメントの構文は、次のとおりです。
PARTNER
PERSIST=YES
PARTNER NAME=partname
label
NETID=netid
PERSIST=
YES
NO
項目の意味 :
label
PARTNER ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を示しま
す。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
NAME=partname
このステートメントが適用される、1 から 8 文字のパートナー名 (LU または
CP 名) を指定します。これは必須キーワードです。
NETID=netid
パートナー LU (コマンド・プロセッサー) が入っている、1 から 8 文字のネッ
トワーク名を指定します。このキーワードはオプション (任意指定) であり、デ
フォルト値はローカル NETID です。
PERSIST=YES|NO
NetView プログラムとパートナー・ノードとの間のすべての会話が、持続であ
るか非持続であるかを定義します。
YES
これはデフォルト値であり、すべての会話が持続会話であることを示し
ます。この NetView プログラムとパートナー・ノードとの間で、SEND
要求のために経過した時間に関係なく、この会話はアクティブのままで
す。 YES がデフォルトです。
NO
すべての会話が非持続会話であることを示します。この NetView プロ
グラムとパートナー・ノードとの間で経過した SEND 要求の時間が、
DSICTMOD で指定された非持続タイムアウト間隔を超えると、会話は
割り振り解除されます。
使用上の注意:
v 2 つのネットワークの 2 つのノードの LU 名が同じである場合、VTAM はアク
ティブ構成に応じて、どちらか一方のノードを探し出す場合があります。
v PARTNER ステートメントは、DSTINIT ステートメントですべてのパートナー・
ノードについて定義された PERSIST のデフォルト値をオーバーライドします。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
299
PCLASS
PCLASS
PCLASS ステートメントは、応答時間モニターが使用する測定オペランドを制御し
ます。これらの測定オペランドには、次のものが含まれます。
v 応答時間カウンター間の時間境界
v セッションに使用される応答時間定義
v セッションに使用される応答時間の目標
v セッションの最後のトランザクションの応答時間を表示できるかどうか
2 つのステートメントは、応答時間モニターを制御します。 1 つは PCLASS ステ
ートメントで、パフォーマンス・クラスを定義するのに使用されます。もう 1 つ
は、MAPSESS ステートメントで、定義されたパフォーマンス・クラスのうちの 1
つに、各セッションをマップするのに使用されます。パフォーマンス・クラスは、
このパフォーマンス・クラスにマッピングされるセッションの応答時間測定オペラ
ンドを判別します。
PCLASS ステートメントおよび MAPSESS ステートメントをコーディングする場合
には、メンバーを作成し、そのメンバーにこれらを入れてください。この新規メン
バーの名前は、CNMSTYLE の NLDM.PERFMEM ステートメントに指定した名前
と同じでなければなりません。
PCLASS 定義ステートメントは、定義するパフォーマンス・クラスにつき 1 つコー
ディングしなければなりません。これらの PCLASS ステートメントは、
CNMSTYLE の NLDM.PERFMEM ステートメントで指定されるメンバー内の最初
のステートメントです。
セクションで説明するステートメントを 1 つもコーディングしない場合には、すべ
てのセッションで以下のデフォルト値を使用します。
v カウンターの間の境界は、1、2、5、および 10 秒です。
v 応答時間は、先頭文字が表示されるまでの時間 として定義されます。
v ユーザー自身の応答時間を表示することはできません。
v 応答時間の目標が定義されていません。
デフォルトが受け入れ可能である場合、このステートメントは省略できます。
CNMSTYLE で NLDM.PERFMEM ステートメントを指定しないでください。
PCLASS ステートメントの構文は、次のとおりです。
PCLASS
BOUNDS=(1,2,5,10)
,RTDEF=FIRST
BOUNDS=(a,b,c,d)
,RTDEF=
cname PCLASS
300
アドミニストレーション・リファレンス
FIRST
CDEB
KEYBD
LAST
PCLASS
,DSPLYLOC=NO
,OBJTIME=00.00.0
,OBJPCT=0
,OBJTIME=mm:ss:s
,OBJPCT=ppp
,DSPLYLOC=
NO
YES
項目の意味 :
cname
定義するパフォーマンス・クラスの名前です。この名前は、1 つ以上の
MAPSESS ステートメントで、PCLASS オペランドにおける cname の値として
使用されます。この名前は、ステートメントの 1 桁目から始めなければなりま
せん。この名前は必須です。
BOUNDS=(1,2,5,10)|(a,b,c,d)
最初の 4 つの応答時間カウンターのそれぞれの時間制限の上限をリストしま
す。これらの時間は、分、秒、10 分の 1 秒 (mm:ss.s) の形式、秒のみ (ss ま
たは ss.s) の形式、10 分の 1 秒のみ (.s) の形式、または分のみ (mm:) の形
式で指定することができます。指定できる最大の時間は、1800 秒です。 60 秒
またはそれ以上の値は、分に変換されて表示されます。
最初のカウンターは、応答時間が a 以下である場合に進み、2 番目のカウンタ
ーは、応答時間が a より長く b 以下である場合に進む、というようになりま
す。 5 番目の応答時間カウンターは、応答時間が d よりも長いときに進みま
す。
コーディングした境界が 4 よりも少ない BOUNDS オペランドを指定すると、
省略された境界には、許可されている最大時間が使用されます。 BOUNDS オ
ペランドを省略する場合、デフォルトは BOUNDS=(1、2、5、10) になります。
RTDEF=FIRST|CDEB|KEYBD|LAST
応答時間の測定方法を定義します。応答時間は、トランザクションが活動化され
た時点、例えば ENTER キーが押された時点から、応答を受信した時点までを
測定します。このオペランドを使用して、以下のいずれかの方法で、受信時点を
定義します。
FIRST ユーザーの端末で、ホストからの応答の先頭文字を受信したことを意味
します。 RTDEF を省略する場合には、FIRST がデフォルトです。
CDEB ユーザーの端末で、SNA 方向転換またはブラケット終了が受信された
ことを意味します。
KEYBD
ユーザーの端末のキーボードがアンロック状態であることを意味しま
す。
LAST ユーザーの端末で、ホストからの応答の最後の文字を受信したことを意
味します。
DSPLYLOC=NO|YES
応答時間の表示を制御します。
NO
応答は表示されません。これは、RTMDISP 初期設定ステートメントに
よって設定されるデフォルトです。
YES
端末ユーザーは、最後のトランザクションの応答時間を端末に表示する
ことができます。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
301
PCLASS
OBJTIME=00:00.0|mm:ss.s
パフォーマンス目標の時間しきい値を示します。これらの時間は、分、秒、およ
び 10 分の 1 秒単位 (mm:ss.s)、秒単位のみ (ss または ss.s)、10 分の 1
秒単位のみ (.s)、あるいは分単位のみ (mm:) で入力することができます。最大
の時間は、1800 秒です。 60 秒またはそれ以上の値は、分に変換されて表示さ
れます。デフォルトはゼロ (0) です。
OBJTIME が 0 の場合には、この PCLASS ステートメントにマップされたセッ
ションに関する応答時間の目標データは表示されません。セッションが
PCLASS ステートメントにマップされる方法を判別するには、 270 ページの
『MAPSESS』を参照してください。
OBJTIME が、BOUNDS オペランドの値の 1 つと同じでない場合、それは、最
も近い BOUNDS 値に丸められます。
応答時間の目標には、時間しきい値と比率の両方が含まれます。例えば、ある端
末の応答時間をアクティビティーの 80% (比率)、5 秒未満 (しきい値) に指定
することができます。
OBJPCT=0|ppp
パフォーマンス目標の比率の部分を示します。
0
デフォルト値を示します。
ppp
OBJTIME の指定より時間がかからない、トランザクションの比率を示
します。
使用上の注意:
v 応答時間モニターが LU-LU セッションをモニターしている場合に、セッション
を定義する PCLASS ステートメントに、応答時間モニターでサポートされていな
い RTDEF 値を指定すると、PCLASS ステートメントは無視されて、セッション
は別のクラスにマップされます。他のクラスが定義されていないか、またはこの
クラスと一致しない場合、デフォルトのパフォーマンス・クラスが使用されま
す。
v OBJPCT が 0 であれば、この PCLASS ステートメントにマップされたセッショ
ンの応答時間の目標データは表示されません。セッションが PCLASS ステートメ
ントにマップされる方法を判別するには、MAPSESS ステートメントを参照して
ください。
関連するステートメント: NLDM.PERFMEM、MAPSESS
PORT
PORT ステートメントは、NetView プログラムが接続要求を待機する、指定された
TCP/IP アドレス・スペースのポートを定義します。このステートメントは、接続要
求を受け取る NetView プログラムを指定します。
注: PORT ステートメントは、以下のサンプルで使用されます。
v DSIILGCF
v DSIREXCF
v DSIRSHCF
v DSIRTTTD
302
アドミニストレーション・リファレンス
PORT
v DSITCPCF
v DSIWBMEM
v DUIFPMEM
PORT ステートメントの構文は、次のとおりです。
PORT
PORT
=
number
項目の意味 :
number
1 から 65535 の範囲のポート番号を指定します。
使用上の注意: NetView Web サーバーでは、PORT ステートメント内の等号の前後
に単一のブランクを入れなければなりません。
PREFIX
PREFIX ステートメントを使用して、メッセージで表示される情報、および情報が
コマンド・ファシリティー・パネルに表示される順序を定義します。 PREFIX ステ
ートメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。
各 PREFIX ステートメントは、カラム・タグと単一のブランク分離文字を含む接頭
部の 1 桁を定義します。 PREFIX ステートメントは、16 回コーディングすること
ができます。
PREFIX ステートメントの構文は、次のとおりです。
PREFIX
PREFIX
fieldname
COLTAG='colid'
(n1:n2)
fieldlist
項目の意味 :
fieldname
接頭部フィールドの内容を定義します。 fieldname で使用できるオペランド
は、以下のとおりです。
TIME TIME ステートメントで指定した形式で時間を表示します。
DATE DATE ステートメントで指定した形式で日付を表示します。
DOMID
ドメイン名を表示します。
SENDER
メッセージの発信元を表示します。
IFRAUSRC
IFRAUSRC データ・フィールドからの文字を表示します。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
303
PREFIX
IFRAUSRB
IFRAUSRB フィールドからのユーザー・ビットの 2 バイトを、16
進数形式で表示します。
JOBID
ジョブ ID を表示します。
JOBNAME
ジョブ名を表示します。
NMFLAGS
以下の NetView メッセージ・フラグを表示します。
P
メッセージが、基本プログラム・オペレーター・インターフ
ェース・タスク (PPT) からのものであることを指定しま
す。
%
メッセージは非送信請求 1 次メッセージであることを指定
します。
*
メッセージは非送信請求 2 次メッセージであることを指定
します。
+
メッセージは送信請求コピー・メッセージであることを指定
します。
NMTYPE
NetView メッセージ・タイプを表示します。
SRCNETID
ソース・オブジェクトからのネットワーク ID を表示します。
SRCNAU
ソース・オブジェクトからのネットワーク・アドレス可能単位
(NAU) を表示します。
SYSID システム ID を表示します。
SESSID
このメッセージの PPI 送信側に関連した端末アクセス機能セッショ
ン名または SAF 名を表示します。
(n1:n2) 表示されるストリングの最初と最後の文字を示します。例えば、5:12 は、
fieldname の 5 文字目で始まる 8 文字のストリングが取られることを指定
します。
fieldlist 同時には使用できないオペランドを、4 つまで 1 つのフィールドに結合で
きるようにします。オペランドは、論理和 (|) 符号で区切られます。メッセ
ージ用に存在するリスト内の、最初の非ブランク・オペランドだけが表示さ
れます。 fieldname でリストされているオペランドであれば、どのオペラン
ドでも指定することができます。 COLTAG キーワードを fieldlist で指定し
ない場合は、リストされている最初のフィールドのカラム・タグが、デフォ
ルト値として使用されます。
COLTAG='colid'
カラム ID を定義します。次の値は、デフォルトのカラム ID を示します。
Field Name
304
アドミニストレーション・リファレンス
カラム・タグ
PREFIX
DOMID
SENDER
IFRAUSRC
IFRAUSRB
JOBID
JOBNAME
NMFLAGS
NMTYPE
SRCNETID
SRCNAU
SYSID
SESSID
DOMID
SENDER
IFRAUSRC
IFRAUSRB
JOBID
JOBNAME
P%
T
SRCNETID
SRCNAU
SYSID
SESSID
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、このメンバーを使
用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
v 各 PREFIX ステートメントを用いれば、フィールド内の情報または情報オプショ
ン、および列の ID を選択することができます。 PREFIX ステートメントの順序
は、パネルでの情報の順序を決定します。 NetView が提供する PREFIX ステー
トメント・デフォルトは、NMTYPE、DOMID、および NMFLAGS です (この順
序で提供されています)。 PREFIX または NOPREFIX ステートメントをコーディ
ングしない場合には、これらのデフォルトが使用されます。
v 各列は、情報フィールドまたは ID のサイズの長い方に合わせて拡張されます。
指定する列の全長は、75 文字を超えることはできません。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、TITLE、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
PROFILE
PROFILE ステートメントは、システムにプロファイル名を定義します。 PROFILE
は、各プロファイル定義の最初のステートメントでなければなりません。このステ
ートメントは、オペレーターに関連する PROFILEN ステートメントで指定されたメ
ンバーにコーディングしてください。 PROFILEN ステートメントがオペレーターに
関連付けられる方法を判別するには、 295 ページの『OPERATOR』および 307 ペ
ージの『PROFILEN』を参照してください。プロファイルは OPERSEC=SAFDEF の
場合は使用されません。 NetView プログラムとともに提供されるサンプル・メンバ
ーの例は、DSIPROFA および DSIPROFB です。
PROFILE ステートメントの構文は、次のとおりです。
PROFILE
profilename PROFILE
HCL=hclname
,CONSNAME=consname
,IC=text
第 3 章 NetView 定義ステートメント
305
PROFILE
項目の意味 :
profilename
プロファイルが入っているメンバーの名前を指示します。この名前は、1 桁目か
ら始めなければなりません。
HCL=hclname
このオペレーターのログオン時に自動的に開始されるハードコピー・プリンター
の名前を指示します。この名前は、VTAM 定義、および CNMSTYLE の
HARDCOPY ステートメントまたはその組み込みメンバーで定義します。 HCL
はオプション (任意指定) のオペランドです。 IC キーワードを指定する場合
は、常に最後のキーワードとして指定しなければなりません。
各オペレーターは、1 つのハードコピー・プリンターにしか割り当てることがで
きませんが、数人のオペレーターが 1 つのプリンターを共用することはできま
す。しかし、同じハードコピー・プリンターを共用するオペレーターが多すぎる
と、そのデバイスへのメッセージが累積されて、メッセージは、受信されてから
しばらく印刷されないことがあります。
CONSNAME=consname
ConsMask CNMSTYLE 初期化ステートメントが設定されていないか、あるいは
アスタリスク文字 (*) とともに設定されていない場合、このプロファイルを使
用するオペレーターの、デフォルト拡張コンソール名を指示します。 * 以外の
値を ConsMask に指定すると、ConsMask を使用した結果生じる値が、
CONSNAME キーワードと一緒に指定した値をオーバーライドします。このデ
フォルトのコンソール名は、オペレーターが GETCONID コマンドまたは
SETCONID コマンドを使用してコンソール名を指定しないときに使用されま
す。また、これは、ユーザーが MVS コマンドを出して、事前に拡張コンソー
ルを取得していない場合に使用されるコンソール名でもあります。コンソール名
は、MVS で必要とされる、2 から 8 文字の値でなければなりません。コンソ
ール名で有効な文字は、A から Z、0 から 9、@、#、または $ です。コンソ
ール名の先頭文字は、英字 (A から Z)、または @、#、または $ の特殊文字の
いずれかでなければなりません。 CONSNAME を指定した場合の意味について
は、NetView オンライン・ヘルプで GETCONID コマンドおよび SETCONID
コマンドを参照してください。 IC キーワードを指定する場合は、常に最後のキ
ーワードとして指定しなければなりません。
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
IC=text
正常なログオンの直後に実行される、コマンドまたはコマンド・リストを指示し
ます。ステートメントの残りの 71 桁目までの部分のテキストは、埋め込まれた
ブランクおよびコンマも含めて、すべてコマンドのテキストと見なされます。項
目を囲むための引用符を使用することはできません。 text でコマンドを指定す
る場合、コマンドは CMDDEF ステートメントで正規 (R)、正規と即時の両方
(B)、即時 (H) として定義しなければなりません。 IC キーワードを指定する場
合は、常に最後のキーワードとして指定しなければなりません。
関連するステートメント: HARDCOPY、OPERATOR、PROFILEN
306
アドミニストレーション・リファレンス
PROFILEN
PROFILEN
PROFILEN ステートメントは、特定のプロファイルまたはプロファイル・リストの
名前を、オペレーター ID に関連付けます。必要に応じて PROFILEN を指定し
て、すべての可能なプロファイル名が、特定のオペレーター ID に関連付けられる
ことを確認してください。 OPERATOR ステートメントは、それぞれの PROFILEN
ステートメントまたはステートメントのグループに先行しなければなりません。こ
のステートメントは、DSIOPF にコーディングしてください。 CNMSTYLE で
SECOPTS.OPERSEC=SAFDEF を指定した場合、プロファイルは使用されません。
PROFILEN ステートメントの構文は、次のとおりです。
PROFILEN
,
PROFILEN
profilename
label
項目の意味
label
PROFILEN ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を示しま
す。このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別しま
す。
profilename [,...]
先行する OPERATOR ステートメントで定義されたオペレーター ID に関連付
けられるプロファイル名を指示します。プロファイル名は、プロファイル・メン
バーの PROFILE ステートメントで与えられる profilename と一致する、1 から
8 文字の名前です。オペレーターが、ログオン要求時に profilename を指定しな
ければ、最初の PROFILEN ステートメントに指定した最初の名前が、デフォル
トで使用されます。複数のプロファイル名はコンマで区切る必要があることに注
意してください。
関連するステートメント: OPERATOR、PROFILE
PROTOCOL
PROTOCOL ステートメントは、使用中のリモート IP コマンド・サーバーのタイプ
を定義します。
注: PROTOCOL ステートメントは、以下のサンプルで使用されます。
v DSIREXCF
v DSIRSHCF
PROTOCOL ステートメントの構文は、次のとおりです。
PROTOCOL =
REXEC
RSH
第 3 章 NetView 定義ステートメント
307
PROTOCOL
項目の意味 :
REXEC
DSIRXEXC タスクが REXEC サーバーであることを指定します。
RSH
DSIRSH タスクが RSH サーバーであることを指定します。
使用上の注意:
v このステートメントがない場合には、デフォルト値もありません。
PUCOUNT
PUCOUNT ステートメントは、プログラマブル・ネットワーク・アクセス (PNA)
サポートに使用される登録テーブルのサイズを決めるのに使用します。指定する値
は、予想される登録済み物理装置 (PU) の数であり、ドメインの PNA とそれに接
続されているすべての PU とを加えたものです。ユーザーが指定する値は、次に大
きい素数に切り上げられます。正確な数を指定する必要はありませんが、値はパフ
ォーマンスへの影響があります。指定する値が小さすぎると、登録レコードがテー
ブルに追加されるときに、オーバーヘッドが増えることになります。指定する数が
大きすぎると、登録テーブルに割り振られる未使用メモリーが、さらに増えること
になります。
PUCOUNT ステートメントは、DSIROVS TASK ステートメントの MEM キーワー
ドで指定したメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラムが提供す
るサンプル・メンバーは、DSIROVSI です。 DSIPARM への変更をインプリメント
するには、タスクを停止し、再始動してください。メンバーを変更した結果、使用
するエクステントが追加された場合は、NetView プログラムを停止し、再始動しま
す。
PUCOUNT ステートメントの構文は、次のとおりです。
PUCOUNT
2003
PUCOUNT
nnnnn
項目の意味 :
2003|nnnnn
登録された PU の予想数を示します。値は 3 から 32749 の範囲の 10 進数に
することができます。デフォルト値は 2003 です。
REP
REP ステートメントを使用して、RODM を RODM アクセスと制御タスクに定義
します。 64 までの RODM を RODM のアクセスおよび制御タスクに定義するこ
とができます。
REP ステートメントの構文は、次のとおりです。
308
アドミニストレーション・リファレンス
REP
REP
REP rodmname
N
,CONN=
N
,AO=
N
Y
120
,T=
N
Y
seconds
,CMD=command
DSIQTSK
,ID=
applid
項目の意味 :
rodmname
有効な RODM 名を指定します。名前は、1 から 8 文字にすることができま
す。
注: 同じ RODM に複数の NetView からアクセスする計画の場合、固有の ID
を使用してください。ここで使用する ID は、自動プラットフォーム・アク
セスの要求されたレベルにおいて、指定された RODM にアクセスできるよ
うに RACF で許可されているものでなければなりません。
CONN=N|Y
DSIQTSK の初期設定時に、RODM への接続が自動的に発生するかどうかを指
定します。
接続が自動的に発生しないことを指定します。 N がデフォルトです。
N
Y
接続が自動的に発生することを指定します。
AO=N|Y
この RODM が現行のランタイム RODM であるかどうかを指定します。 1 つ
の RODM しか、現行のランタイム RODM として定義できません。
N
この RODM が現行のランタイム RODM でないことを指定します。 N
がデフォルトです。
Y
この RODM が現行のランタイム RODM であることを指定します。
T=120|seconds
RODM がチェックポイントを取っている間、NetView プログラムが待つ時間を
秒単位で指定します。この値は、10 秒から 3600 秒の範囲にすることができま
す。デフォルト値は 120 です。
CMD=command
有効な初期化コマンド・プロセッサーまたはコマンド・リストの名前を指定しま
す。以下に示す条件のいずれかが満たされると、このコマンドが呼び出されま
す。
v RODM への接続が発生する。
このコマンドは、次のパラメーターを使用して呼び出されます。
rodmname CONN
ここで、rodmname は RODM の名前です。接続がすでに存在する場合、コマ
ンドは最初の接続でのみ処理され、その後の接続要求では実行されません。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
309
REP
v ランタイム RODM の変更がある。
このコマンドは、次のパラメーターを使用して呼び出されます。
rodmname AUTO
ここで、rodmname は RODM の名前です。
ID=DSIQTSK|applid
RODM にアクセスするために使用されるユーザー・アプリケーション ID を指
定します。
DSIQTSK
DSIQTSK タスクの名前を指示します。これがデフォルトです。
applid
有効なユーザー・アプリケーション ID を指定します。この値の長さは
8 文字を超えることはできません。
RETRY
RETRY ステートメントを使用して、要求再試行を許可する戻りコードを伴って失敗
した APPCCMD の再試行回数、および再試行と再試行間の時間間隔 (秒) を定義し
ます。
RETRY ステートメントの構文は、次のとおりです。
RETRY
2
RETRY
ATTEMPTS=
0
,INTERVAL=
number
number
項目の意味 :
ATTEMPTS
要求再試行を許可する戻りコードを伴って失敗したあと、APPCCMD に対して
NetView が行う再試行の回数を指定します。デフォルトは 2 です。
0 (ゼロ) の指定は再試行なしを意味します。
INTERVAL
APPCCMD が要求再試行を許可する戻りコードを伴って失敗したあと
APPCCMD 要求が再試行されるまでに、NetView が待つ時間の長さ (秒) を指
定します。デフォルト値は、NetView が要求を即時に再試行する、0 (ゼロ) で
す。
関連 DSI6DST、DSIHPDST
RMTSEC
RMTSEC ステートメントは、リモート・オペレーターが分散 NetView プログラム
上で、RMTCMD コマンドまたは ENDTASK コマンドを使用して、自動タスクを開
始、または停止することを許可、またはブロックします。分散 NetView ホストは、
オペレーターが許可あるいはブロックしたい、リモート・オペレーター、ノード、
310
アドミニストレーション・リファレンス
RMTSEC
または LUS の RMTCMD セキュリティー検証に使用されるテーブルに、
RMTSEC ステートメントを追加します。 RMTCMD セキュリティー検証テーブル
の NetView 提供のサンプルは DSISECUR です。
RMTCMD および ENDTASK セキュリティー用の、このテーブルの使用の詳細につ
いては、「IBM Tivoli NetView for z/OS セキュリティー・リファレンス」を参照し
てください。
RMTSEC ステートメントの構文は、次のとおりです。
RMTSEC
RMTSEC
BLOCK
B
PASS
P
NET=
N=
,
netid
*
CMD=
C=
,
,
TARGOP=
T=
,
RMTCMD
ENDTASK
*
LU=
L=
luname
*
DOMAIN=
D=
autotaskid
*
\
,
RMTOP=
R=
remoteopid
*
\
domain name
*
項目の意味 :
BLOCK|B
要求が拒否されることを指定します。
PASS|P
要求が受け入れられ、自動タスクが開始または停止されることを指定します。
TARGOP|T=autotaskid|*|\
分散自動タスクとして開始または停止される分散 NetView プログラムでのオペ
レーター ID を指定します。このオペランドを指定する場合には、RMTOP を指
定しなければなりません。このオペランドを指定しなければ、RMTOP 指定する
ことはできません。
*
任意を指定します。ストリングの最後にアスタリスクを使用して、指定
したストリングで始まるすべての名前と一致させることもできます。例
えば CNM* は、そのフィールドの、CNM で始まるすべての名前は一
致することを意味します。
¥ (円記号用の EBCDIC X'E0')
円記号 (¥) は、TARGOP と RMTOP が同じ値をもつことを示すのに使
用します。円記号は、TARGOP および RMTOP でのみ使用できます。
RMTSEC ステートメントから TARGOP および RMTOP の両方を省略
することは、円記号をコーディングするのと同じ効果をもっています。
米国英語モデル以外のキーボードを使用している場合には、それが望ま
しい場合があります。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
311
RMTSEC
|
|
NET|N=netid|*
RMTCMD または ENDTASK 要求を担当するリモート・オペレーターのネット
ワーク ID を指定します。
|
|
LU|L=luname|*
RMTCMD または ENDTASK 要求を担当するリモート・オペレーターのドメイ
ン ID を指定します。
|
|
|
|
RMTOP|R=remoteopid|*|\
RMTCMD または ENDTASK 要求を担当するリモート・オペレーターのユーザ
ー ID を指定します。このオペランドを指定する場合には、TARGOP を指定し
なければなりません。このオペランドを指定しなければ、TARGOP を指定する
ことはできません。
CMD|C=RMTCMD|ENDTASK|*
RMTCMD コマンドまたは ENDTASK コマンドを使用して、自動タスクの開始
または終了を (それぞれ対応して) 制御するかどうかを指定します。
DOMAIN|D=domainname|*
RMTCMD または ENDTASK 要求に責任のあるリモート・オペレーターのドメ
イン ID を指定します。このキーワードは LU または L と共に指定することは
できません (また、 DOMAIN と共に D が指定することもできません)。ただ
し、これは同じ値を使用し、LU または L と同じ機能を果たします。
|
|
|
|
使用上の注意:
v 担当オペレーターのオペレーター ID、ネットワーク ID、およびドメイン ID
は、RMTAUTH セキュリティー設定の次の値を基に決定されます。これは、
CNMSTYLE の SECOPTS.RMTAUTH または REFRESH RMTAUTH コマンドの
いずれかによって設定されます。
|
|
|
|
|
|
|
– RMTAUTH の値が SENDER の場合は、着信 RMTCMD または ENDTASK 要
求を出したオペレーターは、NET、LU、および RMTOP の値と比較するため
に使用されます。
|
|
|
– RMTAUTH の値が ORIGIN の場合は、結果的にこのドメインで受信される
RMTCMD または ENDTASK 要求となった要求の発信元であるオペレーター
は、NET、LU、および RMTOP の値と比較するために使用されます。
v 疑問符 (?) を、ワイルドカード文字として、1 つの文字を置き換えるのに使用す
ることができます。例:
RMTSEC P TARGOP=O??R* NET=NETA LU=C???A RMTOP=NETOP? CMD=*
このコマンドの結果は、次のとおりです。
– TARGOP=O??R* は、OPER1 および OPER22 を検出しますが、OPR1 は検出
しません。
– NET=NETA は、NETA のみを検出します。
– LU=C???A は、C123A および CIBMA を検出しますが、C34A または
CIBMAA は検出しません。
– RMTOP=NETOP? は、NETOP1 および NETOPA を検出しますが、NETOP ま
たは NETOP22 は検出しません。
– CMD=* は、RMTCMD または ENDTASK を検出します。
312
アドミニストレーション・リファレンス
RMTSEC
v NetView プログラムの実行中に、新しい定義を読み込むには、REFRESH コマン
ドを使用してください。 REFRESH コマンドの詳細については、NetView オンラ
イン・ヘルプを参照してください。
SENDMSG
SENDMSG ステートメントを使用して、状況モニターから追加の状況情報を獲得し
ます。
メッセージ CNM094I は、状況モニターに定義されるリソースについての状況情報
を提供します。 DSIPARM メンバー DSICNM に O SENDMSG ステートメントが
含まれている場合、このメッセージは、状況モニターの初期設定の間に VTAM が
認識するリソースの状況が変わったことを VTAM が状況モニターに通知するとき
に出すことができます。リソースが、急激に連続して状況変更を受ける場合に、中
間の状況についてはメッセージ CNM094I が出されないことがあります。
追加の状況情報が必要なリソースの各タイプを指定するには、SENDMSG ステート
メントを使用してください。このステートメントは、状況モニターの初期設定メン
バー DSICNM にコーディングしてください。
SENDMSG ステートメントの構文は、次のとおりです。
SENDMSG
SENDMSG resource_type
項目の意味 :
resource_type
追加の状況情報が必要とされるリソースを指示します。 SENDMSG ステートメ
ントは、1 桁目から始まり、resource_type は 9 桁目から始めなければなりませ
ん。 SENDMSG ステートメントは、追加の状況情報が必要とされるリソース・
タイプごとにコーディングしてください。
あるタイプのリソースについて追加情報を要求したときに、このタイプのリソース
がネットワーク内に多数含まれていると、状況モニターは、多数の対応する
CNM094I メッセージを出します。メッセージ CNM094I と自動化を一緒に使用し
て、ネットワーク内のリソースのリカバリーの向上に役立ててください。自動定義
サンプル DSITBL01 に説明されているように、このメッセージの表示およびロギン
グを抑制するには、CNM094I の自動化テーブル項目を使用します。
関連するステートメント: O SENDMSG
SOCKETS
SOCKETS ステートメントは、TCP/IP を使用する、特定の NetView コンポーネン
トで、同時にいくつのセッションをアクティブにできるかを指定します。 TCP/IP
は最低でも 50 のソケットを予約するので、50 より小さい数は使用されません。
注: SOCKETS ステートメントは、以下のサンプルで使用されます。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
313
SOCKETS
v DSIILGCF
v DSIREXCF
v DSIRSHCF
v DSIRTTTD
v DSITCPCF
v DSIWBMEM
v DSIZCECF
v DUIFPMEM
SOCKETS ステートメントの構文は、次のとおりです。
SOCKETS
SOCKETS
=
50
number
項目の意味 :
number
ソケットの数を指定します。有効なソケットの数の範囲は、50 から 2000 で
す。デフォルトは 50 です。
使用上の注意:
v NetView Web サーバーでは、SOCKETS ステートメントの等号の前後に単一のブ
ランクを入れなければなりません。
v NetView 3270 管理コンソールの最大値は、1000 です。
SPAN
CNMSTYLE で SECOPTS.OPSPAN=NETV が指定されている場合、または
REFRESH コマンドで OPSPAN=NETV が指定されている場合は、制御スパン用の
SPAN ステートメントを使用します。 SPAN はオペレーターのプロファイルでコー
ディングされ、オペレーターが START SPAN コマンドを使用して制御スパンに追
加できるスパンを定義します。これらのスパンは、ログオン時に、オペレーターの
制御内にはありません。
必要に応じて SPAN を使用して、その必要があるスパン名をすべて定義できます。
このステートメントは、オペレーターに関連する PROFILEN ステートメントで指定
される DSIPRF メンバーにコーディングしてください。 SPAN ステートメントに
対する変更は、この次にオペレーターが、ステートメントの入っているプロファイ
ルを使用して NetView プログラムにログオンするときに、有効になります。
PROFILEN ステートメントがオペレーターに関連付けられる方法を判別するには、
295 ページの『OPERATOR』および 307 ページの『PROFILEN』を参照してくださ
い。
SPAN ステートメントの構文は、次のとおりです。
314
アドミニストレーション・リファレンス
SPAN
SPAN
,
(A)
SPAN
label
spanname
(R)
(U)
(C)
(A)
項目の意味 :
label
SPAN ステートメントのオプション・ラベル (任意指定ラベル) を指示します。
このラベルは、関連するエラー・メッセージのステートメントを識別します。
spanname [,...]
スパンの 1 から 8 文字の名前を指定します。同じスパン名を、複数のプロファ
イルで使用できます。これらの spanname は、NetView スパン・テーブルを介
してリソースと関連付けられます。
R
spanname には、READ のアクセス・レベルが認可されることを指定します。こ
れによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する通知専
用アクセスを行うことができます。このレベルには、LIST および DISPLAY と
いった機能が組み込まれています。
U
spanname には、UPDATE のアクセス・レベルが認可されることを指定します。
これによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する変更
アクセスを行うことができます。このレベルには、VARY および汎用活動化ア
クションといった機能が組み込まれています。
C
spanname には、CONTROL のアクセス・レベルが認可されることを指定しま
す。これによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する
複数読み取りおよび単一書き込みアクセスを行うことができます。
A
spanname には、ALTER のアクセス・レベルが認可されることを指定します。
これによって、spanname に定義されているリソースおよびビューに対する複数
書き込みアクセスを行うことができます。これは、アクセス・レベルが指定され
ない場合のデフォルトです。
関連するステートメント: AUTH、 ISPAN、 OPERATOR、 PROFILEN
STATOPT
STATOPT オペランド値を使用して、状況モニターの機能を制御します。これらの
オペランドを、適切な VTAM ノード定義ステートメントに続けてコーディングし
ます。このステートメントは、リソースを定義するメンバーにコーディングしてく
ださい。変更をインプリメントして、状況モニター・プリプロセッサーを再実行す
るには、TSKID xxxxxVMT によって指定されたタスクを停止し、再始動してくださ
い。メンバーを変更した結果、使用するエクステントが追加された場合は、NetView
プログラムを停止し、再始動します。プリプロセッサーの終了後で、しかもタスク
を再始動する前に、DSINDEF が入っているミニディスクに再度アクセスします。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
315
STATOPT
STATOPT オペランドを使用すると、次のアクションを実行することができます。
v デフォルトのノード記述の代わりに、ノードについての固有の記述をコーディン
グする。
v NetView プログラムによる自動再活動化から、ノードを除外する。
v 状況モニターのアクティビティー表示から、ノードを除外する。
v ノードに加えて、続くすべての従属下位ノードを、ネットワーク定義の状況モニ
ターのビューから除外する。
メジャー・ノード定義ステートメント・メンバー内では、次の STATOPT ステート
メントの基本タイプを使用できます。
v 初期メジャー・ノード・マクロ命令ステートメント (LBUILD、VBUILD、または
BUILD マクロ命令) に続くステートメントで、デフォルトを使用しない場合にメ
ジャー・ノードの記述名を定義するもの。
v マイナー・ノードの VTAM または NCP マクロ命令定義ステートメントに続く
ステートメント。
状況モニターでモニターされる NCP メジャー・ノードについては BUILD マクロ
のオペランド、typgen、newname、puname が 2 行にわたって入力されていないこと
を検証してください。状況モニター・プリプロセッサーは、オペランドの 2 行目以
降の部分を認識できないため、予期しない結果が起きる可能性があります。
状況モニターの処理に関して指定される VTAMLST 定義に同一の名前およびタイプ
のリソースが含まれる場合は、状況モニターが先に処理した最初のリソース定義だ
けが更新されます。例えば、NCP メジャー・ノード、NCP001 に LU1 の定義が含
まれ、バックアップ・メジャー・ノード NCP002 にも LU1 の定義が含まれる場
合、最初に (DSINDEF で) 検出された LU1 の状況がモニターされます。状況モニ
ターは 2 番目の LU1 を認識しません。
NCP001 が最初に活動化され、その後非活動化されてから、NCP002 が活動化され
た場合には、状況モニターは両方の LU1 リソースの正しい状況を表示しない可能
性があります。 NCP002 がその後非活動化され、NCP001 が再び活動化されると、
状況モニターは NCP001 のもとの LU1 についての正しい状況を表示します。
STATOPT ステートメントは、すべての VTAM ノード定義にコーディングする必
要はありません。コーディングされていないノードのデフォルト値は、続くオペラ
ンド記述に入れられます。
STATOPT ステートメントの構文は、次のとおりです。
STATOPT
* STATOPT=
(
)
'nodedesc'
,NOMONIT
,NOACTY
OMIT
項目の意味 :
*
316
VTAM が、STATOPT ステートメントをコメント・ステートメントとして扱う
ようにします。アスタリスクは、1 桁目に入れる必要があります。
アドミニストレーション・リファレンス
STATOPT
STATOPT=
状況モニターのメジャー・ノードまたはマイナー・ノード・モニター機能の制御
に使用されます。
STATOPT ステートメントを追加する際は、次のルールを使用してください。
v ステートメントは、関連する VTAM マクロ命令定義のすぐあとに挿入しま
す。 1 つの VTAM マクロ命令のステートメントの間 (継続ステートメント
の間) に挿入することはできません。
v 単一のレコードにそれぞれのステートメントをコーディングします。
v ネットワーク定義機能 (NDF) を使用する場合には、NDF を実行してから、
GROUP マクロにコメント・キーワードを指定します。そうしないと、NDF
は GROUP マクロに PU ステートメントおよび LINE ステートメントを生
成し、最後に生成した PU にだけコメント・キーワードを関連付けます。
v STATOPT は、16 桁目から始めなければなりません。
v すべてのオペランドは、等号 (=) の直後になければなりません。等号のあと
に、ブランクを入れないでください。
v アプリケーション・メジャー・ノード定義には、VTAM VBUILD ステートメ
ントを指定しなければなりません。指定しないと、STATOPT ステートメント
はプリプロセッサーによって認識されません。
v nodedesc が 1 つ以上の他のオペランドとともにコーディングされる場合に
は、nodedesc が第 1 オペランドでなければなりません。他のオペランドは、
任意の順序でコーディングできます。 nodedesc は単一引用符で囲んでくださ
い。
OMIT
ノードに加えて、すべての従属下位ノードを、ネットワーク定義の状況モニター
のビューから除外します。このオペランドをコーディングしなければ、ノード
は、ネットワークの状況モニターのビューに組み込まれます。クラスターの
VTAM 定義のあとに OMIT を指定すると、クラスターおよびクラスターに定義
された端末は、ネットワーク定義の状況モニターのビューから除外されます。
nodedesc
メジャー・ノードまたはマイナー・ノードの、14 文字の記述を示します。この
記述は、「状況詳細 (Status Detail)」パネルの DESCRIPT フォームに表示され
ます。
記述内では、単一引用符を使用しないでください。記述をコーディングしなけれ
ば、表 16 の中の、ノード・タイプ用の STATOPT デフォルト記述が使用され
ます。
表 16. STATOPT デフォルト記述
ノード・グループ
デフォルト記述
アプリケーション・メジャー・ノード
APPL MAJ NODE
アプリケーション・マイナー・ノード
CDRM メジャー・ノード
CDRM マイナー・ノード
APPLICATION
CDRM MAJ NODE
CDRM
第 3 章 NetView 定義ステートメント
317
STATOPT
表 16. STATOPT デフォルト記述 (続き)
ノード・グループ
デフォルト記述
CDRSC メジャー・ノード
CDRSC MAJ NODE
CDRSC マイナー・ノード
ローカルの非 SNA 端末メジャー・ノード
ローカルの非 SNA 端末マイナー・ノード
ローカル SNA PU/LU メジャー・ノード
LOCAL 3270 MAJ
LOCAL dev-addr
LCL SNA MAJOR
ローカル SNA PU マイナー・ノード
LOCAL SNA PU
ローカル SNA LU マイナー・ノード
LOCAL SNA LU
NCP メジャー・ノード
NCP MAJOR NODE
回線マイナー・ノード
LINE
リモート PU マイナー・ノード
PU
リモート LU マイナー・ノード
LU
リモート・クラスター・マイナー・ノード
CLUSTER
リモート端末マイナー・ノード
TERMINAL
チャネル間メジャー・ノード
CA MAJOR NODE
回線マイナー・ノード
LINE
PU マイナー・ノード
PU
LU マイナー・ノード
LU
CLUSTER マイナー・ノード
CLUSTER
TERMINAL マイナー・ノード
TERMINAL
交換回線メジャー・ノード
SWITCHED MAJOR
交換 PU マイナー・ノード
SWITCHED PU
交換 LU マイナー・ノード
SWITCHED LU
LAN メジャー・ノード
LAN メジャー・ノード
回線マイナー・ノード
LINE
PU マイナー・ノード
PU
PACKET メジャー・ノード
318
CDRSC
PACKET メジャー・ノード
回線マイナー・ノード
LINE
PU マイナー・ノード
PU
LU マイナー・ノード
LU
アドミニストレーション・リファレンス
STATOPT
NOMONIT
自動再活動化から、ノードを除外します。 STATOPT ステートメントに
NOMONIT オペランドをコーディングして、自動再活動化が行われないように
してください。このオペランドを指定していなければ、モニターがオンになった
ときに、自動再活動化にノードが組み込まれます。アプリケーションまたはメジ
ャー・ノードには、このオプションを指定しないでください。モニターを使用可
能にする方法については、 292 ページの『O MONIT』を参照してください。
NOACTY
アクティビティーの記録から、アプリケーション・ノードを除外します。
STATOPT ステートメントに NOACTY オペランドをコーディングして、アク
ティビティー表示が行われないようにしてください。ノードがアプリケーショ
ン・ノードである場合には、デフォルトの条件はノードをアクティビティー表示
に組み込みます。
使用上の注意: NCP メジャー・ノードの PCCU マクロのもとで STATOPT ステー
トメントをコーディングする場合は、STATOPT ステートメントを BUILD マクロ
のうしろに移動してください。
関連するステートメント: O MONIT
SUBSYSTEM
SUBSYSTEM ステートメントは、NetView プログラムの接続先となる DB2 サブシ
ステムを定義します。このステートメントはメンバー DSIDB2DF に入っており、
DSIDB2MT タスクにより使用されます。
SUBSYSTEM ステートメントの構文は、次のとおりです。
SUBSYSTEM
SUBSYSTEM =subsystemname
項目の意味:
subsystemname
NetView の接続先となる DB2 サブシステムの名前。 Subsystemname は、1
から 4 文字の長さの文字値です。
TASK (DSIQTSKI)
TASK ステートメントを使用して、NetView プログラム間インターフェース・コマ
ンド受信先がコマンドを実行する際に使用する、NetView 自動タスクまたはオペレ
ーター・タスクを定義します。 DSIQTSKI に複数の TASK ステートメントをコー
ディングすることによって、64 のタスクをプログラム間インターフェース・コマン
ド受信先に定義することができます。
TASK ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
319
TASK
TASK
TASK taskname
項目の意味 :
taskname
1 から 8 文字にすることができる、有効な NetView タスク名を指定します。
TCP390
TCP390 ポリシー・ステートメントは、TCP/IP スタックを NetView プログラムに
対して定義します。 TCP390 項目は、管理したいスタックごとに必要です。
TCP390 ポリシー・ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCP390
(1)
TCP390
(2)
tcpip_stack
DEFAULTS
, IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx
,
(2)
IPADDRTYPE=01
DETAIL
IPSTAT=
,
,
SUMMARY
(3)
PRIMARYINTERFACE=xxx.xxx.xxx.xxx
,
(3)
PRIMARYINTERFACETYPE=01
,
(2)
DOMAIN=
LOCAL
domain
, FORMAT=STACK,
HIER2=hier2_appl, HIER3=hier3_device,
(2)
HOSTNAME=host_name
,
SERVER=(servername,count),
UNIXSERV=YES,
COMMUNITYNAME=public,
TCPNAME=tcp/ip_ proc_name,
(2)
COMMUNITYNAME=community_name,
320
アドミニストレーション・リファレンス
TCP390
PINGCNT=3,
PINGRETRY=1,
PINGTIME=2,
PINGCNT=count,
PINGRETRY=count,
PINGTIME=secs,
PINGLEN=16,
SNMPRETRY=2,
SNMPTO=3,
MAXREP=10,
PINGLEN=length,
SNMPRETRY=n,
SNMPTO=n,
MAXREP=n,
NONREP=0,
RPLENGTH=64,
RPTO=5,
NONREP=n,
RPLENGTH=n,
RPTO=n,
MAXCONN=nnnn,
IDSAUTO=N
N
STATUS=
IDSINTVL=01:00
IDSAUTO=Y,
NORMAL
DEGR*
THRESH*
,
DVIPADAT=
Y
IDSINTVL=hh:mm
注:
1
これは、ショート・ネームでなければなりません。
2
このパラメーターは、リソース・ディスカバリーが使用可能のときには、指定
する必要はありません。
3
このパラメーターは、指定しないでください。これは、リソース・ディスカバ
リーによって設定されます。
項目の意味
tcpip_stack
MVS スタックの TCP/IP のホスト名を指定します。 TCP/IP ショート・ネーム
を使用してください。この名前は、GLOBALV コマンドによってサポートされ
ている文字で構成されていなければなりません。例えば、MY_STACK は受け入
れ可能ですが、MY-STACK は受け入れ可能ではありません。
DEFAULTS
キーワードがステートメントで明示的に指定されない場合に、TCP390 ステート
メントに対して使用されるキーワードおよび値を指定します。
TCP390.DEFAULTS ステートメントには、次のキーワードを組み込むことがで
きます。
v DEBUG
v MAXCONN
v MAXREP
v NONREP
v PINGCNT
v PINGLEN
v PINGRETRY
v PINGTIME
v RPLENGTH
v RPTO
v SNMPRETRY
第 3 章 NetView 定義ステートメント
321
TCP390
v SNMPTO
v VERBOSE
IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx
このスタックの IP アドレスを指定します。この ipaddr は必須です。 hostname
または両方を指定することもできます。 ipaddr を指定しないと、NetView はア
ドレスを判別しようとして、そのアドレスをポリシー定義のストレージ内のコピ
ーに追加します。 NetView ポリシーは、IP バージョン 6 フォーマットのアド
レスを持つリソースをサポートしません。
IPSTAT
このオプション (任意指定) のキーワードは、この TCP390 リソースに対して
AON IPSTAT コマンドを使用して接続情報を収集する方法を指定します。
DETAIL
DETAIL は、さらに詳細なセッション情報が最初に使用可能であること
を指示します。応答時間はモニターされる接続の数によって、遅くなる
ことがあります。
SUMMARY
SUMMARY は、接続情報の要約が戻されることを指示します。このメ
ソッドにより、DETAIL と同じ情報が戻されますが、最初の接続詳細は
少なくなります。
注: 複数の TCP390 リソースが IPSTAT メインパネルで選択される場合、
TCP390 IPSTAT キーワードは無視されます。この場合、すべての選択され
た TCP390 リソースに対する接続データのコレクションは、CNMSTYLE
で定義される FKXIPSTAT 変数によって決定されます。
IPADDRTYPE
01 は、アドレスが IP バージョン 4 (IPv4) フォーマットを使用していることを
指示します。
PRIMARYINTERFACE=xxx.xxx.xxx.xxx
スタック上に基本インターフェースのアドレスを指定します。
注: このパラメーターはリソース・ディスカバリーによって設定されます。
PRIMARYINTERFACETYPE
01 は、基本インターフェースが IPv4 フォーマットを使用していることを指示
します。
注: このパラメーターはリソース・ディスカバリーによって設定されます。
DOMAIN=LOCAL | domain
この MVS サービス・ポイントを所有する NetView ドメインを指定します。
LOCAL
この AON と同じホストを指定します。
domain
リモート NetView ドメイン ID。
FORMAT=STACK
モニター用のスタックを定義します。
HOSTNAME=host_name
この MVS サービス・ポイントに関連した TCP ホスト名を指定します。
host_name または ipaddr、あるいはその両方を指定する必要があります。
322
アドミニストレーション・リファレンス
TCP390
HIER2=hier2_appl
リソース・タイプが TP である 2 番目のアラート階層レベルのフィールドを指
定します。
HIER3=hier3_device
リソース・タイプが DEV である 3 番目のアラート階層レベルのフィールドを
指定します。
SERVER=(servername, count)
SERVER は、TSO インターフェースを使用するローカル・サービス・ポイント
と通信するために使用する TSO ユーザー ID を定義します。 servername は、
TSO USERIDS に使用するルートです。 count は TSO サーバーの数です。
count が servername に付加されて、有効な TSO SERVERNAME を形成しま
す。
UNIXSERV=YES
UNIXSERV は、このスタックを UNIX 環境として定義します。このパラメー
ターは、UNIX を使用して通信するローカルおよびリモートを含めたすべてのサ
ービス・ポイントに対して定義する必要があります。バージョン 5.2 では、
AON/TCP は UNIX コマンド・サーバーがアクティブであることを必要としな
いため、UNIXSERV=YES の指定はオプション (任意指定) です。
COMMUNITYNAME
スタックに適用するすべての AON SNMP 要求に使用される SNMP コミュニ
ティー名を定義します。コミュニティー名のデフォルト値は、public です。
community_name は、長さを 32 文字までにすることができ、大/小文字の区別が
あります。 TCP/IP スタックの IP アドレスに対する有効なコミュニティー名を
使用しなければなりません。 COMMUNITYNAME キーワードと
community_name 値は 1 行に指定します。キーワードと値を複数行に分けて定
義すると、エラーが発生します。 TCP/IP に対するコミュニティー名の定義の詳
細については、「OS/390 SecureWay® CS IP Configuration」を参照してくださ
い。
PINGCNT= 3 | count
PING を出す回数を指定します。有効値の範囲は、1 から 999 です。デフォル
トは 3 です。
PINGRETRY= 1 | count
ACTMON 処理の間に出す PING の数を指定します。
PINGTIME= 2 | secs
タイムアウトになるまでに待機する時間の長さを指定します。有効値の範囲は、
1 から 100 です。デフォルトは 2 です。
PINGLEN= 16 | length
PINGLEN はエコー要求のバイト数です。有効値の範囲は、8 から 65487 で
す。デフォルトは 16 です。
TCPNAME= tcp/ip proc name
TCPNAME は、TCP/IP アドレス・スペースを指定するために使用される
TCP/IP PROC 名です。このパラメーターは、TCP/IP スタック用の TCPDATA
ファイル内の TCPJOBname と一致している必要があります。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
323
TCP390
SNMPRETRY= 2 | n (SNMP オプション)
SNMP コマンドを再試行する回数を指定します。有効値の範囲は、1 から 10
です。デフォルトは 2 です。
SNMPTO= 3 | n (SNMP オプション)
SNMP が応答を待機する秒数を定義します。有効値の範囲は、1 から 30 で
す。デフォルトは 3 です。
MAXREP= 10 | n (SNMP オプション)
各変数バインディング対に対して戻されるレクシグラムの数を指定します。有効
値の範囲は、1 から 99 です。デフォルトは 10 です。 Bulk オプションが選択
されている場合にのみ有効です。
NONREP= 0 | n (SNMP オプション)
後続レクシグラムが 1 つだけ戻されるバインディング対の数。有効値の範囲
は、0 から 99 です。デフォルトはゼロ (0) です。 Bulk オプションが選択さ
れている場合にのみ有効です。
RPLENGTH= 64 | n (SNMP オプション)
リモート・ホストに送信される ICMP メッセージの長さ。有効値の範囲は、16
から 4096 です。デフォルトは 64 です。リモート ping 機能にのみ有効です。
RPTO= 5 | n (SNMP オプション)
リモート ping 機能が応答を待機する時間 (秒単位)。有効値の範囲は、3 から
15 です。デフォルトは 5 です。リモート ping 機能にのみ有効です。
MAXCONN= nnnn
Web ブラウザーに表示する接続の最大数を指定します。
IDSAUTO=N|Y
スタックが侵入検出サービス (IDS) 自動化をサポートするかどうか定義しま
す。
N
No は、スタックが IDS 自動化をサポートしていないことを指示しま
す。これはデフォルトの設定値です。
Y
Yes はスタックが IDS 自動化をサポートしていることを示します。
注: このパラメーターは、ローカル・スタック (DOMAIN=LOCAL) に
のみ使用できます。
IDSINTVL= hh:mm
IDS レポート作成タイマーをスケジュールする時間間隔を指定します。
hh
0 から 24 の範囲の時間を指定します。
mm
0 から 59 の範囲の分を指定します。
注:
1. このパラメーターは、IDSAUTO=N の場合、無視されます。
2. IDSINTVL を指定しないが、IDSAUTO=Y を指定する場合、プローブ要約統
計値レポートは生成されません。
STATUS= status
状況を指定します。
NORMAL
状況が正常であることを示します。
324
アドミニストレーション・リファレンス
TCP390
DEGR*
状況が劣化していることを示します。
THRESH*
しきい値が満たされていることを示します。
注:
1. このパラメーターは、IDSAUTO=N の場合、無視されます。
2. IDSINTVL を指定しないが、IDSAUTO=Y を指定する場合、プローブ要約統
計値レポートは生成されません。
|
|
DVIPADAT=N|Y
TCP/IP スタックの DVIPA 情報を管理するかどうかを指定します。
|
|
|
|
N
DVIPA 定義および状況、DVIPA シスプレックス・ディストリビュータ
ー、DVIPA ディストリビューターのターゲット、および DVIPA 接続
機能について、スタック情報を表示しないことを指定します。これはデ
フォルトの設定値です。
|
|
|
Y
DVIPA 定義および状況、DVIPA シスプレックス・ディストリビュータ
ー、DVIPA ディストリビューターのターゲット、および DVIPA 接続
機能について、スタック情報を表示することを指定します。
使用上の注意:
注:
1. TCP390 ステートメントは、メンバー CNMPOLCY にあります。
2. リソース・ディスカバリーは、動的にローカル・スタックおよびリモート・スタ
ックを決定して、自動的に対応する TCP390 ポリシー定義を作成します。
3. TCP390 ステートメントを定義する場合は、指定されたどのパラメーターでも動
的にディスカバーされたデータをオーバーライドします。
例えば、自動化が、指定された IPADDR を使用するかまたは IDS 自動化サー
ビスを実行するように強制するための TCP390 ポリシー定義をコーディングす
ることを選択することができます。
4. 一部の TCP390 キーワードは、AON/TCP 自動化にだけ関連しています。
AON/TCP を実行していない場合、これらのキーワードはリソース・ディスカバ
リーが完了すると、ポリシー定義に残りません。
5. 各スタックは、独自のタイマー (FKXEACT2) でモニターされます。
TCPANAME
TCPANAME ステートメントを使用して、TCP/IP アドレス・スペースの名前を指定
します。
注: TCPANAME ステートメントは、以下のサンプルで使用されます。
v DSIILGCF
v DSIREXCF
v DSIRSHCF
v DSIRTTTD
第 3 章 NetView 定義ステートメント
325
TCPANAME
v DSITCPCF
v DSIWBMEM
v DSIZCECF
v DUIFPMEM
v DUIIGHB
TCPANAME ステートメントの構文は、次のとおりです。
TCPANAME
TCPANAME
=
proc
項目の意味 :
proc
TCP/IP アドレス・スペースを開始するのに使用されるプロシージャーの名前を
指定します。このキーワードは、TCP/IP 機能の使用する場合には必須です。
使用上の注意:
NetView Web サーバーでは、TCPANAME ステートメントの等号の前後に単一のブ
ランクを入れなければなりません。
TITLE
TITLE ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示され
るタイトル行の色を変更します。 TITLE ステートメントが入っているサンプル・メ
ンバーは、CNMSCNFT です。 TITLE ステートメントは、一度しかコーディングで
きません。
TITLE ステートメントの構文は、次のとおりです。
TITLE
TITLE
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
コマンド・ファシリティー・タイトル行の前景色を定義します。前景色は、背景
色の前に指定しなければなりません。
attribute
コマンド・ファシリティー・タイトル行のアラーム、輝度、および強調表示の属
性を定義します。 TITLE ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
colorb で指定した色を、タイトル行の背景色にします。背景色だけを指定する
場合には、これは必須キーワードです。
326
アドミニストレーション・リファレンス
TITLE
colorb
コマンド・ファシリティー・タイトル行の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、このメンバーを使
用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の TITLE ステートメントのデフォルト値を提供しま
す。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLEDATE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
TITLEDATE
TITLEDATE ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表
示されるタイトル行の日付の色を変更します。 TITLEDATE ステートメントが入っ
ているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 TITLEDATE ステートメントは
一度だけコーディングしてください。
TITLEDATE ステートメントの構文は、次のとおりです。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
327
TITLEDATE
TITLEDATE
TITLEDATE
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
日付の前景色を定義します。背景色を指定する前に、前景色を指定する必要があ
ります。
attribute
日付のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。 TITLEDATE ス
テートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
colorb で指定した色を、日付の背景色にします。背景色だけを指定する場合に
は、これは必須キーワードです。
colorb
日付の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成するには、このメンバーを使
用してください。 DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターの、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の TITLEDATE ステートメントのデフォルト値を提供
します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
328
アドミニストレーション・リファレンス
TITLEDATE
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、
TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
TITLEDOMID
TITLEDOMID ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表
示される NetView プログラムのドメイン名の色を変更します。 TITLEDOMID ステ
ートメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 TITLEDOMID
ステートメントは、一度しかコーディングできません。
TITLEDOMID ステートメントの構文は、次のとおりです。
TITLEDOMID
TITLEDOMID
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
NetView プログラム・ドメイン名の前景色を定義します。背景色を指定する前
に、前景色を指定する必要があります。
attribute
NetView プログラム・ドメイン名のアラーム、輝度、および強調表示の属性を
定義します。 TITLEDOMID ステートメントの属性は、一度だけ指定してくだ
さい。
ON
colorb で指定した色を、NetView プログラム・ドメイン名の背景色にします。
背景色だけを指定する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
NetView プログラム・ドメイン名の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することができます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の TITLEDOMID ステートメントのデフォルト値を提
供します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
第 3 章 NetView 定義ステートメント
329
TITLEDOMID
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、DATE、
HELD、HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、
LOCKIND、MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、
TITLE、TITLEDATE、TITLEOPID、TITLESTAT、TITLETIME
TITLEOPID
TITLEOPID ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
される NetView のオペレーター ID の色を変更します。 TITLEOPID ステートメン
トが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 TITLEOPID ステート
メントは、一度しかコーディングできません。
TITLEOPID ステートメントの構文は、次のとおりです。
TITLEOPID
TITLEOPID
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
NetView のオペレーター ID の前景の色を定義します。背景色を指定する前
に、前景色を指定する必要があります。
attribute
NetView のオペレーター ID のアラーム属性、輝度属性、および強調表示属性
を定義します。 TITLEOPID ステートメントの強調表示属性および輝度属性
は、一度しか指定できません。
330
アドミニストレーション・リファレンス
TITLEOPID
ON
colorb で指定した色を、NetView オペレーター ID の背景色にします。背景色
だけを指定する場合には、これは必須キーワードです。
colorb
NetView のオペレーター ID の背景の色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することができます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の TITLEOPID ステートメントのデフォルト値を提供
します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、
TITLEDATE、TITLEDOMID、TITLESTAT、TITLETIME
第 3 章 NetView 定義ステートメント
331
TITLESTAT
TITLESTAT
TITLESTAT ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
されるタイトル行の最後にある、状況標識の色を変更します。 TITLESTAT ステー
トメントが入っているサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 TITLESTAT ス
テートメントは、一度しかコーディングできません。
TITLESTAT ステートメントの構文は、次のとおりです。
TITLESTAT
TITLESTAT
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
状況標識の前景色を定義します。背景色を指定する前に、前景色を指定する必要
があります。
attribute
状況標識のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。 TITLESTAT
ステートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
colorb で指定した色を、状況標識の背景色にします。背景色だけを指定する場
合には、これは必須キーワードです。
colorb
状況標識の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することができます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
v NetView プログラムは、次の TITLESTAT ステートメントのデフォルト値を提供
します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
332
アドミニストレーション・リファレンス
TITLESTAT
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、
TITLEDATE、TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLETIME
TITLETIME
TITLETIME ステートメントを使用して、コマンド・ファシリティー・パネルに表示
されるタイトル行の時刻の色を変更します。 TITLETIME ステートメントが入って
いるサンプル・メンバーは、CNMSCNFT です。 TITLETIME ステートメントは、
一度しかコーディングできません。
TITLETIME ステートメントの構文は、次のとおりです。
TITLETIME
TITLETIME
colorf
attribute
ON colorb
項目の意味 :
colorf
時刻の前景色を定義します。背景色を指定する前に、前景色を指定する必要があ
ります。
attribute
時刻のアラーム、輝度、および強調表示の属性を定義します。 TITLETIME ス
テートメントの属性は、一度しか指定できません。
ON
colorb で指定した色を、時刻の背景色にします。背景色だけを指定する場合に
は、これは必須キーワードです。
colorb
時刻の背景色を定義します。
使用上の注意:
v 画面フォーマット定義が入っているメンバーを作成することができます。このメ
ンバーを使用するには、DEFAULTS コマンドまたは OVERRIDE コマンドの
SCRNFMT パラメーターに、メンバーの名前を指定します。
第 3 章 NetView 定義ステートメント
333
TITLETIME
v NetView プログラムは、次の TITLETIME ステートメントのデフォルト値を提供
します。
– 白の前景色
– 黒の背景色
– 通常の強調表示
– 高輝度
– アラームはオフ
v 次のオペランドは、色のオペランドです。
BLACK
黒色
BLUE
青色
RED
赤色
PINK
ピンク色
GREEN
緑色
TURQ
青緑色
YELLOW
黄色
WHITE
白色
v 次のオペランドは、強調表示オペランドです。
BLINK
文字が明滅する。
REV
文字が反転表示に変わる。
UND
文字に下線を付ける。
NRM
通常の属性が使用される。
v 次のオペランドは、輝度オペランドです。
HIGH 文字が高輝度。
LOW 文字が低輝度。
v 次のオペランドは、アラーム・オペランドです。
BEEP 音響アラームが鳴る。
関連するステートメント: ACTION、CMDLINE、COLUMNHEAD、HELD、
HOLDPCNT、HOLDWARN、IMDAREA、INDENT、LASTLINE、LOCKIND、
MLINDENT、NOPREFIX、NORMAL、NORMQMAX、PREFIX、TITLE、
TITLEDATE、TITLEDOMID、TITLEOPID、TITLESTAT
VALCLASS
VALCLASS は古いステートメントです。これはマイグレーションの目的でのみサポ
ートされています。詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストール:
マイグレーション・ガイド」を参照してください。
関連するステートメント: CMDCLASS、KEYCLASS、OPCLASS
VPDINIT
VPDINIT ステートメントは、初期設定時にサブタスク VPDTASK に提供されるオ
ペランドを定義します。 VPDTASK は、重要プロダクト・データ (VPD) の収集お
よびログを行う NetView プログラム・サブタスクです。このステートメントは、
MOD=DSIVMATK の場合に VPDTASK TASK ステートメントの MEM キーワード
で指定されるメンバーにコーディングしてください。 NetView プログラムが提供す
るサンプル・メンバーは、DSIVPARM です。 VPDINIT ステートメントへの変更を
334
アドミニストレーション・リファレンス
VPDINIT
インプリメントするために、VPDTASK を停止し、再始動してください。メンバー
の変更によって、さらにエクステントを使用することになった場合は、変更が有効
になるように、NetView プログラムを停止して再始動してください。
VPDINIT ステートメントの構文は、次のとおりです。
VPDINIT
VPDINIT ACBNAME=acbname
,PASSWORD=password
30
,VPDWAIT=
nnn
1
,VPDREQ=
OFF
,SNAPRQ=
nnn
2
,VPDSTOR=
OFF
ON
nn
項目の意味 :
ACBNAME=acbname
VTAM APPL ステートメントのサブタスク VPDTASK に定義される、1 から 8
文字の ACB 名を指定します。 NetView プログラムは、ACBNAME を使用し
て VTAM との間のインターフェースを開きます。 ACBNAME は、VTAMLST
で指定される ACBNAME と一致しなければなりません。
PASSWORD=password
ACBNAME に関連する、1 から 8 文字のパスワードを指定します。サブタスク
VPDTASK の VTAMLST にある VTAM APPL ステートメントにパスワードを
コーディングする場合、ここにも同じパスワードをコーディングしてください。
VPDWAIT=30|nnn
NetView プログラムが、タイムアウトになるまでに VPD に対する要求の応答
を待つ時間を指定します。最後のタイムアウト検査から VPD 要求の実行依頼ま
での相対時間に応じて、NetView プログラムは、タイムアウトになるまでの、
nnn 秒から nnn 秒の 2 倍の時間、要求に対する応答を待ちます。 VPDWAIT
の値は、30 から 999 秒までの数でなければなりません。デフォルトは 30 で
す。
VPDREQ=1|nnn
VPDTASK が処理するために受け取る VPD についてキューに入れられる要求
の最大数を指定します。 VPD に対する要求は、VPDCMD OWN、VPDCMD
ALL、または VPDCMD DCE です。 VPDREQ の値は、1 から 999 までの数
でなければなりません。デフォルトは 1 です。
SNAPRQ=OFF|ON
VPDTASK 初期設定時に、SNAP トレース・オプションをオンにするかどうか
を指定します。 SNAP オプションは、初期設定以後は VPDCMD SNAP ON
(あるいは OFF) コマンドを使用して、オンまたはオフにすることができます。
デフォルトは OFF です。
VPDSTOR=2|nn
VPD 要求の応答として行われる VPD のフォーマット設定に割り振られるキロ
第 3 章 NetView 定義ステートメント
335
VPDINIT
バイト数を指定します。 VPDSTOR の値は、2 から 32 までの範囲の数字でな
ければなりません。デフォルトは 2 です。
VPDSTOR の最適値を判別するのに、標準的な方法はありません。メッセージ
DWO019 (ストレージ不足) を受信した場合には、メッセージを受信しなくなる
まで、この値を大きくしてください。
WINDOW
オペレーターが WINDOW ディスプレイ上で (サブコマンドを使用して) EXEC を
入力すると、WINDOW 表示パネルは特定のアクションを実行します。デフォルト
では、EXEC 機能をインプリメントするために NetView で提供されるサンプル、
CNMEXEC が呼び出されます。 EXEC のアクションによって別の REXX プロシー
ジャーが呼び出されるようにしたい場合は、次のステートメントでそのプロシージ
ャーの名前を指定してください。
オプションおよびコーディング上の提案については、サンプル CNMEXEC を参照
してください。
WINDOW ステートメントの構文は、次のとおりです。
WINDOW
WINDOW.EXEC
=
CNMEXEC
項目の意味 :
CNMEXEC
実行される EXEC の名前を指定します。デフォルトは、NetView で提供される
サンプル CNMEXEC です。
使用上の注意:
ご使用のシステムに EXEC に対するコマンド定義がある場合、この機能は使用不可
になります。
336
アドミニストレーション・リファレンス
第 4 章 Automated Operations Network の定義
この章は、IBM Tivoli NetView for z/OS の AON 自動化コンポーネントに適用され
ます。ここでは、以下のものについてユーザーがカスタマイズするポリシー定義を
説明します。
v ベース AON 機能
v SNA および TCP 自動化コンポーネント
v ビーパーおよび電子メール要求の通知ポリシー
AON 制御ファイル項目の定義
AON 制御ファイル項目は、リソース障害といったネットワーク内のイベントに対し
て、AON ベースの自動化が応答する方法を定義します。 AON 制御ファイルはシ
ステム・シンボルをサポートしており、パフォーマンスの目的で保管されます。制
御ファイル項目で、次の情報を指定します。
v リソースのモニター
v 環境指定
v リソースしきい値
v 自動化モード
v メッセージ転送
v 自動化オペレーター
v 通知オペレーター
v 通知ポリシー
この章は、制御ファイルに自動化ポリシーをコーディングするシステム・プログラ
マーのための参照用情報です。次のタイプの制御ファイル項目を使用します。
v 自動化環境を記述する自動化項目
v ロード処理の間のメンバーの特別な処理 (%INCLUDE) を定義する処理項目
項目は英字順にリストされています。項目の説明には、フォーマット、パラメータ
ー、および該当する場合には、使用上の注意と例が含まれています。
制御ファイルの更新についての制約事項
長さが 200 文字を超える制御ファイル項目は、オンラインでは更新できませ
ん。 200 文字より長い項目を作成する必要があるときは、オフラインでその
更新を行ってください。
© Copyright IBM Corp. 1997, 2007
337
ACTMON
ACTMON
ACTMON 制御ファイル項目は、ネットワーク内のクリティカル・リソースについ
てのアクティブ・モニター・ポリシーを定義します。モニターされるリソースに障
害があったとき、AON はそのリソースの状況を検査するためにタイマーを設定しま
す。リソースがアクティブではない場合、AON は障害処理を開始して、リカバリ
ー・モニターのためにアクティブ・モニターを中断します。
ACTMON
ACTMON
DEFAULTS
option
restype
resname
,INTVL=timeintvl
,STATUS=(
status
status1,status2,statusn
) ,OPTION=option ,RESTYPE=restype
,OPID=autoop_cglobal ,SP=NV6000_servicepoint ,PINGRTT=pingrtt_millisecs
,PKTLOSS=loss %
(1)
,
FORMAT=
PING
SNMP
(1)
MIBVAR1, ..., MIBVARn= (
mib_var,operator,value
)
N
(1)
CORRELATE=
NONE
,
Y
(1)
EXIT14=
user_exit
NONE
,
(1)
EXIT15=
user_exit
注:
1
このパラメーターは、OPTION=IP390 が指定されている場合にのみ有効です。
項目の意味 :
DEFAULTS|option| restype|resname
DEFAULTS
アクティブ・モニターを行う場合は必須です。 AON (すべてのコンポ
ーネント) のアクティブ・モニターのいずれの定義も、このステートメ
ントが定義します。このステートメントの有効なパラメーターは、
INTVL、STATUS、および OPID です。
option
338
必須。 AON でインストールされている各オプション (INSTALLOPT
制御ファイル・ステートメントで定義されている) には、そのオプショ
ンで管理されるいずれのリソースにも適用されるアクティブ・モニター
定義が含まれている、ACTMON 定義がある場合があります。このステ
アドミニストレーション・リファレンス
ACTMON
ートメントは、いずれのアクティブ・モニターのアクションもタイマー
も開始しません。オプション全体のデフォルト値を定義したくない場合
は、このステートメントは必要ありません。 OPTION キーワードは定
義する必要があり、この項目のタイプ・フィールドと同じでなければな
りません。 RESTYPE は、この項目には有効なキーワードではありませ
ん。
リソースに対して ACTMON ステートメントで指定されたオプション
は、ローダー・テーブルでのそのリソースに対するオプション定義と一
致している必要があります。例えば、セッションに対して ACTMON を
定義するには、その option パラメーターは、メンバー FKVTABLE の
SESSION の EZLRT 定義と一致しなければなりません。セッションに
ついて、ACTMON ステートメントで OPTION=SA を指定します。
restype 必須ではありません。このステートメントは、特定のタイプのすべての
リソースに適用するアクティブ・モニター定義を定義します。これら
は、それぞれのコンポーネントの自動化に関するガイド (Automation
Guide) および定義テーブルで示されている、AON またはコンポーネン
トのリソース・タイプでなければなりません。このステートメントでは
OPTION および RESTYPE キーワードは必須です。 RESTYPE キーワ
ードの値は、この項目のタイプ・フィールドの restype と同じである必
要があります。
resname
アクティブ・モニターには必須。このステートメントは、アクティブ・
モニターのタイマーがリソース用に設定されるようにします。このステ
ートメントでは OPTION および RESTYPE キーワードは必須です。そ
の他のキーワードはすべて、このレベルか、あるいは restype、option、
または DEFAULTS のレベルの ACTMON ステートメントで定義する
必要があります。最も特定度の高い 定義の値が優先されます。 TCP/IP
リソースの場合は、resname は、IP アドレスかホスト名のいずれかにな
ります。 AON は、IP バージョン 6 フォーマットのアドレスを持つリ
ソースをサポートしません。
INTVL
一部のレベルでは必須。この値はモニターしたいリソースごとに別々に定義でき
ます。あるいは、任意の非特定レベルの定義 (DEFAULTS、option、または
restype) で定義することができます。形式は hh:mm または mmm です。
ACTMON IPPORT が定義されていない場合、デフォルトは 10 分です。
STATUS
一部のレベルでは必須。この値はモニターするリソースごとに別々に定義できま
す。あるいは、非特定レベルの定義 (DEFAULTS、option、または restype) で定
義することができます。単一状況の場合、括弧はオプション (任意指定) です。
有効な値は、EZLSTS コマンドで定義されているものです。 EZLSTS コマンド
の詳細については、「IBM Tivoli NetView for z/OS Automated Operations
Network カスタマイズ・ガイド」を参照してください。
STATUS 値の最後の位置にワイルドカード文字を、最初の位置に否定シンボル
を使用することができます。例えば、STATUS=ACTIV を指定すると、AON は
ACTIV と明示的に一致する状況を検索します。 STATUS=ACT* と指定する
と、AON は ACT で始まる状況の一致を検索します。 STATUS=/ACTIV と指
第 4 章 Automated Operations Network の定義
339
ACTMON
定すると、AON は ACTIV 以外のすべての状況を検索します。
STATUS=/ACT* と指定すると、AON は ACT で始まるもの以外のすべての状
況を検索します。
OPTION
リソースが自動的にアクティブ・モニターされるようにする、AON 自動化コン
ポーネントを指示します。このレベルの ACTMON 定義は、特定の自動化コン
ポーネントでサポートされているリソース・タイプに対するアクティブ・モニタ
ーに適用することができます。このフィールドの有効な値は、制御ファイルの
INSTALLOPT オプション定義で定義されている、AON 自動化コンポーネント
です。
ACTMON DEFAULTS を指定する場合には、OPTION を使用しないでくださ
い。
RESTYPE
アクティブ・モニターされる AON リソース・タイプを指示します。このレベ
ルの ACTMON 定義はいずれも、特定のタイプのリソースに対するアクティ
ブ・モニターに適用することができます。このフィールドでの有効な値は、
AON オプション定義テーブル (EZLTABLE、FKVTABLE または FKXTABLE)
の EZLRT ステートメントで定義されている、いずれかの AON リソース・タ
イプ定義です。
ACTMON DEFAULTS または ACTMON option を指定する場合、RESTYPE は
使用しないでください。
OPID
オプション (任意指定)。この値はモニターするリソースごとに別々に定義でき
ます。あるいは、任意の非特定レベルの定義 (DEFAULTS、option、または
restype) で定義することができます。有効な値は、制御ファイル AUTOOPS ス
テートメントで有効な AUTOOPS として定義されているものです。単一の
AUTOOP ステートメントに 2 つのオペレーター ID がある場合、最初の ID
は AUTOOP タイプ・フィールドで参照され、次の ID はその名前に 2 が付加
されたもので参照されます。このキーワードをコーディングしない場合は、
INSTALLOPT ACTMONOP 定義が使用されます。アクティブ・モニターのアク
ティビティーはすべて、このオペレーター ID に経路指定されます。
AUTOOPS ステートメントと自動化オペレーターを追加して、アクティブ・モ
ニターのワークロードを分散することができます。
SP 必須だが、AON/TCP で管理されているリソースについてのみ有効。 NetView
for AIX または TCP/IP for 390 サービス・ポイントのどちらがリソースを報告
し管理するのか、および AON がアクティブ・モニターのために状況照会をど
ちらのサービス・ポイントに経路指定 (ping) するのかを定義します。このパラ
メーターの値に一致する NV6000 または TCP390 定義がなければなりません。
NV6000 定義の詳細については、 402 ページの『NV6000 (TCP/IP)』または 320
ページの『TCP390』を参照してください。この値はモニターするリソースごと
に別々に定義できます。あるいは、任意の非特定レベルの定義 (DEFAULTS、
NVAIX、TCP390 または resource_type) で定義することができます。
PINGRTT (NetView for UNIX)
オプション (任意指定) で、AON/TCP で管理されているリソースについてのみ
有効。それを超えるとパフォーマンス上の問題として認識される、往復 ping に
許容できる時間の長さを定義します。この値はミリ秒単位でのみ定義されます。
340
アドミニストレーション・リファレンス
ACTMON
アクティブ・モニターの ping の間の平均往復時間がこの値を超えると、
AON/TCP はオペレーターに、パフォーマンスしきい値を超えたことを通知しま
す。この値はモニターしたいリソースごとに別々に定義できます。あるいは、こ
の値を任意の非特定レベルの定義 (DEFAULTS、NVAIX、または resource_type)
で定義することができます。次の例では、ping の平均往復時間が 5 ミリ秒を超
えると、AON/TCP は警告を、オペレーター、ログ、および DDF に送信しま
す。
ACTMON TCPGUY,OPTION=NVAIX,RESTYPE=HOST,PINGRTT=5
PKTLOSS (NetView for UNIX)
オプション (任意指定) で、AON/TCP で管理されているリソースについてのみ
有効。それを超えるとパフォーマンス上の問題として認識される、アクティブ・
モニターの ping の間の送信パケットのロスの許容パーセントを定義します。こ
の値はモニターしたいリソースごとに別々に定義できます。あるいは、任意の非
特定レベルの定義 (DEFAULTS、NVAIX、または resource_type) で定義するこ
とができます。この値は、最大パーセント・ポイントでのみ定義します。 % 符
号は最後の文字でなければなりません。アクティブ・モニターの ping の間のパ
ケット・ロスのパーセントがこの値を超えると、パフォーマンスしきい値を超え
たことがオペレーターに通知されます。次の例では、TCPGUY への ping のパ
ケット・ロスが 50% を超えると、 AON/TCP はオペレーター、DDF、および
ログを更新します。
ACTMON TCPGUY,OPTION=NVAIX,RESTYPE=HOST,PKTLOSS=50%
FORMAT
リソース状況の判別に以下のオプションのうちいずれか 1 つのオプションを使
用することを指定します。
PING
リソースを ping して、その状況を検査します。
SNMP SNMP MIB ポーリングを使用して、リソースの状況を検査します。
MIBVAR1 - n
複数の MIBVAR を定義でき、SNMP しきい値分け (FORMAT=SNMP が必要)
の場合にのみ必要です。
CORRELATE
IPHOST、IPROUTER、または IPTN3270 と、それぞれのインターフェースとの
トラップ相関が必要な場合は、Y に設定します。 CORRELATE パラメーター
は、SNMP が使用可能な場合にのみ、リソースに対して Y に設定してくださ
い。状況を相関させるために、認識されているすべてのインターフェースが使用
されます。相関は、クリティカル IPHOST または IPROUTER にインストール
されているインターフェースに対してのみお勧めします。 N がデフォルトで
す。
EXIT14
SNMP インターフェース・テーブルの追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 FORMAT=SNMP の場合に、呼び出されます。
EXIT15
ユーザー定義のしきい値 (MIBVAR) の追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
341
ACTMON
使用上の注意:
1. アクティブ・モニターされる NVAIX リソースには、対応する TCPIP 制御ファ
イル項目を使用してください。
2. アクティブ・モニター機能は、ルーターの IP アドレスと、そのリンク (インタ
ーフェース) の IP アドレスの可用性を検査します。 AON/TCP は、リンクを
ping できないときは、そのリンクの障害処理を開始します。 AON/TCP はルー
ターも LINKDOWN 状況に置きますが、アクティブ・モニターは継続します。
3. アクティブ・モニター機能により、ネーム・サーバーのホスト名と IP アドレス
の両方が ping されます。ホスト名を ping できないときは、ネーム・サーバー
は作動できなくなり、AON/TCP は障害処理を開始します。
例:
次の例は、AON がアクティブ・モニターを実行する場合に必要な ACTMON
DEFAULTS 制御ファイル項目を示しています。
ACTMON DEFAULTS,INTVL=01:00,STATUS=ACT
アクティブ・モニターは、各 ACTMON 項目、および AON に定義されている特定
のリソースに対して、毎時開始されます。状況が ACT の場合 (ACTIVE と ACT/S
も該当)、そのリソースは使用可能であり、アクティブ・モニターはスケジュール変
更されます。状況が ACT ではない場合、そのリソースに対して EZLEFAIL ルーチ
ンを使った障害処理が開始されます。これらの値は、他のいずれのレベル (option、
restype、または resname) でもオーバーライドされます。
例:
次の例は、AON/SNA サブエリア・オプションのリソースのアクティブ・モニター
を示しています。
ACTMON SA,OPTION=SA,INTVL=00:30,OPID=NETOPER2
AON/SNA サブエリア・オプションで管理される、アクティブにモニターされるリ
ソースごとに、モニター時間間隔はそれぞれ 30 分です。自動化オペレーター ID
NETOPER2 (CGLOBAL で定義) でアクティブ・モニターが開始されます。これら
の値は、restype または resname レベルでオーバーライドされます。 STATUS 値
(この場合は ACT) は、より低レベルでオーバーライドされない限り、ACTMON
DEFAULTS 項目から取られます。
例:
次の例では、NCP リソース・タイプ (PU T4/5) のリソースが、10 分ごとにアクテ
ィブにモニターされます。 STATUS や OPID などの他の値はすべて、ACTMON
DEFAULTS または ACTMON SA レベルで、あるいはアクティブにモニターされる
NCP ごとに、定義しなければなりません。
ACTMON NCP,OPTION=SA,RESTYPE=NCP,INTVL=00:10
例:
次の例では、NCP であるリソース NCP1 に対してアクティブ・モニターが開始され
ます。これまでの例を使って、(ACTMON SA ステートメントから) 自動化オペレー
342
アドミニストレーション・リファレンス
ACTMON
ター NETOPER2 で、(ACTMON NCP ステートメントから) 10 分ごとにモニター
され、(ACTMON DEFAULTS ステートメントから) ACT* の状況が検索されます。
ACTMON NCP1,OPTION=SA,RESTYPE=NCP
例:
次の例では、PU01 は PU リソース・タイプで、AON/SNA サブエリア・オプション
で管理されています。
ACTMON PU01,OPTION=SA,RESTYPE=PU
次の ACTMON 定義があると、アクティブ・モニターはそれらの影響を受けます。
ACTMON DEFAULTS,...
ACTMON SA,OPTION=SA,...
ACTMON PU,OPTION=PU,RESTYPE=PU,...
例:
AON/SNA サブエリア・オプションで管理される PU リソースは、毎時アクティブ
にモニターされます。 NCP リソースは、10 分ごとにアクティブにモニターされま
す。 NCP1 は、30 分ごとにモニターされます。 NCP2 は、10 分ごとにモニターさ
れます (デフォルト値)。
ACTMON
ACTMON
ACTMON
ACTMON
PU,OPTION=SA,RESTYPE=PU,INTVL=01:00
NCP,OPTION=SA,RESTYPE=NCP,INTVL=10
NCP1,OPTION=SA,RESTYPE=NCP,INTVL=30
NCP2,OPTION=SA,RESTYPE=NCP
例:
AON/TCP NetView for AIX オプションで管理されるリソースは、アクティブ・モ
ニターのサイクルに入るために、その状況は NORMAL である必要があります。状
況が NORMAL でない場合は、EZLEFAIL ルーチンが呼び出されて障害処理が開始
されます。この値は、restype または resname レベルでオーバーライドされることが
あります。
ACTMON NVAIX,OPTION=NVAIX,STATUS=NORMAL
例:
次の例では、AON/SNA サブエリア・オプションで管理されるリソースに対して、
AONNET2 がアクティブ・モニターを開始します。ただし、NCP のアクティブ・モニ
ターは、AONBASE によって開始されます。
AUTOOPS NETOPER,ID=(AONNET,2),...
AUTOOPS BASEOPER,ID=AONBASE,...
INSTALLOPT SA,ACTMONOP=NETOPER2,...
ACTMON NCP,OPTION=SA,RESTYPE=NCP,OPID=BASEOPER
第 4 章 Automated Operations Network の定義
343
ACTMON
ADJNETV
ADJNETV 制御ファイル項目は、ある NetView ドメインとその他のドメインの間で
通知を転送するための、コマンドおよび応答の経路指定に使用するドメインを識別
します。 ADJNETV 制御ファイル項目はオプション (任意指定) です。
ADJNETV dom1 ,DOMAIN=dom2
,ALTNETV=dom3
,DESC=description
dom1
コマンド、応答、あるいは通知の転送先のドメイン名を指定します。
DOMAIN
コマンド、応答、あるいは通知の転送の際に経由できる、NetView ドメインを
識別します。
ALTNETV
DOMAIN キーワードで指定したドメインが非アクティブの場合に、コマンド、
応答、あるいは通知の転送の際に経由できる代替またはバックアップのドメイ
ン。
DESC
そのドメインを識別しやすくするために、そのドメインについての記述用語を指
定します。
使用上の注意:
AON のオペレーター・インターフェースを介して、隣接する NetView ドメインの
状況を表示することができます。ターゲットおよびフォーカル・ポイントのドメイ
ンを NNT セッションで直接接続できる場合は、ADJNETV 制御ファイル項目は必
要ありません。
重要: 隣接 NetView プログラムとして指定するドメインは、ローカル・システム、
およびコマンドや応答の送信先のシステムの両方に、物理的に隣接していな
ければなりません。物理的に隣接しているという意味は、そのドメイン間で
NNT セッションを確立できるということです。
例:
次の ADJNETV 項目は、CNM01 を現行ドメインの名前と想定しています。
ADJNETV CNM03,DOMAIN=CNM02,ALTNETV=CNM99,DESC=’PASSTHRU TO CNM03’
この例の ADJNETV 項目は、ドメイン CNM01 がドメイン CNM03 に転送するコマン
ド、応答、または通知が、いずれもドメイン CNM02 をパススルーすることを指定し
ています。ただし、ドメイン CNM02 が非アクティブの場合は、ドメイン CNM99
が、ドメイン CNM03 への情報を渡す代替ドメインになります。
344
アドミニストレーション・リファレンス
AUTOOPS
AUTOOPS
AUTOOPS 制御ファイル項目で、自動化オペレーターとして機能する、NetView オ
ペレーター ID を定義します。自動化オペレーターとは、オペレーターの介入を必
要としないでネットワーク・メッセージに応答する、AON タスクのことです。各自
動化オペレーターは、制御ファイルで定義されたプロシージャーによってアクショ
ンを開始します。自動化オペレーターは、対応する特定のメッセージを割り当てら
れています。メッセージは、AUTOOPS 項目の MSG パラメーターに割り当てられ
ます。
AON は、複数の自動化オペレーターを定義します。各オペレーターは、NetView 内
の別々のタスクとして処理します。このタスクの設計によって、NetView のワーク
ロードを各自動化オペレーターに分散して、システム・パフォーマンスを向上させ
ることができます。
AUTOOPS
AUTOOPS operid ,ID=(
pri
pri,sec
root,num
)
,SEC=(
opid
groupid
opid,opid,opid
)
,MSG=(
msg
msg,msg,msg
)
operid
自動化オペレーターの名前を定義します。各自動化オペレーターは、AUTOOPS
ID パラメーターを使って、特定の NetView オペレーター ID に関連付けられ
ます。
AON コマンド・リストは、自動化オペレーター名を使って、ある自動化オペレ
ーターから別の自動化オペレーターへコマンドを経路指定します。処理中は、関
連付けられた NetView オペレーター ID が代わりに使用されます。この手法に
より、コマンド・リストのコーディングが、インストールごとに固有である場合
がある、NetView オペレーター ID に依存しないようにすることが可能になり
ます。自動化オペレーター名に指定された値から、NetView 共通グローバル
(CGLOBAL) が作成されます。 NetView オペレーター ID は、その共通グロー
バル (CGLOBAL) に保管されます。
各 AUTOOPS 項目は、少なくとも以下の 2 つの共通グローバル変数を作成し
ます。
v 自動化オペレーター名
v 末尾に 2 の番号が付加された自動化オペレーター名。
自動化オペレーター名の例には MSGOPER と MSGOPER2 があります。 ID が
1 つしか定義されない場合は、両方の共通グローバル変数に同じ名前と ID が
入ります。
次の自動化オペレーター名が、AON で提供されています。
AIPOPER
RODM 内の AIP (Automation In Progress) オペレーター状況ビットの、設
第 4 章 Automated Operations Network の定義
345
AUTOOPS
定とリセットを行います。このビットは、表示パターンが NetView 管理コ
ンソール内のオブジェクトに置かれるようにします。 RODM AIP オペレー
ターは、AIP オペレーター状況を使用して、RODM ビュー内のリソース・
オブジェクトを更新するのに必要なコマンドを出します。これらのオペレー
ターは OIV 処理の管理にも使用されます。
ALRTOPER
LU 6.2 セッションを介して、アラートと解決を NetView に送信します。
BASEOPER
その他の自動化オペレーターのバックアップを提供します。
CONNOPER
アクティブな接続のモニターに使用される自動化オペレーター。
DVIPOPER
DVIPA ポーリング・プロセスに使用されます。
GATOPER
自動化通知転送用のアウトバウンド・ゲートウェイ・オペレーター。
INFOPER
通知ログに対する更新をシリアライズします。
MSGOPER
AON 通知および DDF 更新をフォーマット設定し、出します。
NETOPER
NetView 自動化テーブルを基にしたルーチン、および AON の汎用障害ル
ーチンとリカバリー・ルーチンを開始します。
NV6KOP
Tivoli NetView for UNIX の自動化に使用されます。
NV6KOPM
Tivoli NetView for UNIX 自動化のメッセージング自動タスクに使用されま
す。
OIVOPER
Operation Intervention View (OIV) 機能で使用される、オプション (任意指
定) のオペレーター・タスク。これが使用可能になると、指定された時間間
隔で OIV のリソースを自動的に削除します。表示状況が適合 (129) のリソ
ースのみが除去されます。
TCPOPER
TCP/IP の自動化に使用されます。
TRAPOPER
トラップ自動化プロセスに使用されます。
WKSTOPER
AON と、インターフェースがインストールされているワークステーション
の間で、コマンドと応答の送受信を行います。
X25OPER
X25 自動化プロセスで使用されます。
346
アドミニストレーション・リファレンス
AUTOOPS
1 から 10 文字の名前を定義することによって、ユーザー定義の自動化オペレー
ター名を追加することができます。この場合、名前には、埋め込まれたブラン
ク、コンマ、単一引用符、ピリオドを含めることはできません。また、数で始め
ることはできません。
ID 自動化オペレーターに使用される、NetView オペレーター ID を定義します。
各オペレーター ID は、DSIOPF メンバーの NetView に対して定義する必要が
あります。 NetView 1 次オペレーター ID は、その自動化オペレーターに割り
当てられたすべての着信メッセージを受信します。 2 次オペレーターは、バッ
クアップまたはオフロードの目的のみで定義されます。
AON は、NETOPER、MSGOPER、TCPOPER、および AIPOPER のオフロード
作業だけをサポートします。これらの自動化オペレーターの定義には、少なくと
も 2 つの ID を提供します。必要な自動タスクの数を識別する数と共に、使用
されるルート自動タスク名をコーディングしてください。例えば、5 つの
AIPOPER 自動タスク (AUTAIP1 から AUTAIP5) を定義するには、次のコマン
ドをコーディングします。
AUTOOPS AIPOPER,ID=(AUTAIP,5)
これにより、AIPOPER、AIPOPER2、AIPOPER3、AIPOPER4、および
AIPOPER5 の 5 つの共通グローバル変数が作成されます。
注: どの AUTOOPS 定義をコーディングする場合にも、AON とともに出荷さ
れるサンプル・ポリシー定義に提供されている構文に従ってください。
アウトバウンド・ゲートウェイ・オペレーターは、NetView オペレーターとし
て定義されます。オペレーター ID のデフォルトの命名規則は、3 文字の接頭
部 GAT のあとに ドメイン ID を続けるというものです。
自動タスク名は、ご使用のインストール済み環境のニーズに応じて変更すること
ができます。
SEC
その自動化オペレーターに定義されているメッセージのコピーを受信する、1 つ
以上の NetView オペレーター ID を指定します。これらのオペレーター ID に
送信されるメッセージは自動化の対象にはなりません。
有効な NetView オペレーター・グループを指定することもできます。このリス
トにあるすべてのオペレーターがログオンしていて、ID リストにある少なくと
も 1 つのオペレーターまたはグループ ID がログオンしていると、このリスト
にあるすべてのオペレーターがメッセージを受信します。グループ名を定義する
ことにより、そのグループに属するすべてのオペレーターに 2 次メッセージを
送ることができます。グループは、ASSIGN.groupname.GROUP ステートメント
を使用することにより、CNMSTYLE あるいはその組み込みメンバーで定義され
ます。
MSG
この自動化オペレーターに経路指定されるメッセージを指定します。 AON
は、NetView ASSIGN ステートメントを使用して、これらのメッセージを経路
指定することができます。接頭部およびアスタリスク (*) を使用して、グルー
プを指定することができます。例えば、DSI で始まるすべてのメッセージを指
定するには、DSI* を使用します。すべてのメッセージを指定するには、アスタ
第 4 章 Automated Operations Network の定義
347
AUTOOPS
リスク (*) を 1 つだけ使用します。メッセージを BASEOPER および
GATOPER パラメーターに割り当てないでください。
注: SNA Automation では、特定の VTAM メッセージを割り当てる必要があり
ます。
使用上の注意:
AON では、制御ファイルにある自動化オペレーターの順序に基づいて、NetView メ
ッセージ割り当てステートメントを出します。割り当てステートメントは、オーバ
ーラップさせずに、最も特定度の高いものから最も特定度が低いものへという順序
で配置しなければなりません。
基本オペレーター (BASEOPER) と呼ばれる自動化オペレーターを、AUTOOPS 項
目で少なくとも 1 つ定義してください。 AON の最適操作に合わせた自動化オペレ
ーターがいくつか提供されています。自動化プロセスに対する独自の拡張を開発す
るときは、追加の自動化オペレーターも定義してください。
AUTOOPS ID ステートメントで割り当てられた 1 次オペレーターが、割り当てら
れたメッセージの最初の受信側です。 1 次オペレーターがログオフされているか異
常終了していると、2 次オペレーターがメッセージを受信します。 2 次オペレータ
ーが定義されていないかログオンされていない場合、自動化オペレーター
(BASEOPER) がメッセージを受信します。このシーケンスは、1 つまたは 2 つの自
動化オペレーターがログオフしているかまたは機能しない場合に、自動化を継続で
きるように冗長度レベルを提供することを意図しています。コマンド・リストを 2
次オペレーターに対して実行しなければなりません。ロード・バランシングは動的
ではありません。
重要: AON が提供している 1 次割り当てを変更すると、結果は予測不能になる可
能性があります。
コマンド・リストを長時間実行する状況では、2 次オペレーターを定義してくださ
い。着信メッセージの処理を行うために、1 次オペレーターを解放して、2 次オペ
レーターがコマンド・リストを処理することができます。
Resource Access Control Facility (RACF) を使用するときは、自動化 NetView オペ
レーター ID (ホスト) を定義する必要はありません。 RACF のアクセス検査は、
オペレーター (ホスト) または他の NetView システムがログオン (NNT) を試みる
ときにのみ行われます。自動化オペレーターが AUTOTASK コマンドで開始される
ときは、この検査はバイパスされます。そのため、NetView 自動化オペレーター ID
が、RACF に定義されていないときは、オペレーターがその ID を使用することは
許可されません。
GATOPER で定義されるゲートウェイ・オペレーターは、RACF に定義する必要が
あります。フォーカル・ポイント上の GATOPER は、RACF に定義される必要があ
ります。インストール・システムが ACF2 で制御されている場合は、自動化オペレ
ーターは RACF に対してではなく、ACF2 に対して定義してください。
自動化オペレーターがアクティブではない場合 (NetView メッセージ
DSI008I)、AON はタスクを再始動します。 AON は DSI008I メッセージに基づい
て、NetView AUTOTASK コマンドを作成して開始します。自動化オペレーターに
348
アドミニストレーション・リファレンス
AUTOOPS
それが実行する作業のエレメントが送信されているが、そのオペレーターがアクテ
ィブではないと、NetView が判別すると、NetView は、DSI008I を出します。
以下の AUTOOPS 制御ファイル項目の例は、SNA の例です。
例:
次の例は、AUTOOPS 項目による自動化オペレーター割り当てを示しています。
AUTOOPS GATOPER,ID=GATCNM01
この例では、自動化オペレーターの名前は GATOPER です。 DSIOPF メンバーに
定義されている NetView オペレーター ID は、GATCNM01 です。この ID が括弧
で囲まれていないのは、 NetView オペレーター ID が 1 つだけ定義されているた
めです。 GATOPER に割り当てられたメッセージはありません。 GATOPER はア
ウトバウンド・ゲートウェイ・オペレーターであり、他のドメインとの接続の確立
と維持を行って、自動化通知の転送を可能にします。
例:
次の例は、AUTOOPS による、追加の自動化オペレーターの定義の例です。
AUTOOPS BASEOPER,ID=AONBASE
AUTOOPS MSGOPER,ID=(AONMSG,2),MSG=EZL*
例:
次の例は、AUTOOPS 項目を使って、2 次自動化オペレーターが追加されていま
す。
AUTOOPS NETOPER,ID=(AONNET,5),
SEC=(+OURGRP,OPER6),
MSG=(CNM*,DSI*,EMS*,BNJ*)
この例では、システム・プログラマーが、すべてのオペレーターをグループ
+OURGRP に追加しています。これは、ASSIGN コマンドを出し、NETOPER に割
り当てられたすべてのメッセージのコピーを OPER6 が取得するように指定する、
ユーザー・プログラムによって作成する必要があります。これらのコピーは、自動
化の対象ではありません。
例:
次の例では、 AON メッセージングに対して 9 つの自動化オペレーターが定義され
ています。
AUTOOPS MSGOPER,ID=(AONMSG,9),
MSG=(EZL*)
この例では、システム・プログラマーが、AON のデフォルトである MSGOPER の
2 つの自動タスクを 9 つに増やしています。使用される自動タスク名は、
AONMSG1 から AONMSG9 です。 AON には、EZLOPF に定義されている
MSGOPER 自動タスクが 10 あります。システム・プログラマーが 15 の
MSGOPER 自動タスクを定義するよう選択した場合は、EZLOPF を変更して、追加
自動タスクの定義を追加する必要があります。
例:
第 4 章 Automated Operations Network の定義
349
AUTOOPS
次の例では、Operator Intervention network View (OIV) からのリソースの自動削除
に使用される、オペレーター ID が定義されています。
AUTOOPS OIVOPER,ID=AUTOIV1
自動削除をアクティブにするには、TIMER ステートメントが必要です。
CDLOG
CDLOG 制御ファイル項目は、クロスドメイン・ログオン (CDLOG) パネルに表示
されるドメインを定義します。 CDLOG コンポーネントを介して、ドメインで既知
のドメインのすべてのグループ、または選択したグループにログオンすることがで
きます。 CDLOG インターフェースを使用して、必要なドメインを選択します。
CDLOG 制御ファイル項目は、オプション (任意指定) です。 CDLOG 制御ファイ
ル項目を定義しない場合は、NetView にとって既知のすべてのドメインが CDLOG
パネルに表示されます。 CDLOG 制御ファイル項目を定義すると、定義されたドメ
インのみが CDLOG パネルに表示されます。
複数のドメイン間にわたって AON/TCP を実行している場合は、CDLOG 定義を用
いて GATOPER ごとに RMTCMD セッションを定義します。
CDLOG operid.domainid ,SESSTYPE=
NNT
RMT
,TARGOP=operid2
,TARGPW=
PROMPT
pswd
,INIT=
N
Y
,DESC=user_description
operid
CDLOG を開始する NetView ユーザーの ID。
domainid
セッションを確立するターゲットの NetView ドメイン。
SESSTYPE
セッションのタイプを識別します。
NNT NetView 対 NetView のタスクのセッション (LU1)。
RMT NetView RMTCMD セッション (LU 6.2)。
TARGOP
ログオンするターゲットの NetView オペレーター。オプション (任意指定)。指
定しない場合は、デフォルトで CDLOG コマンドを出すオペレーターになりま
す。
TARGPW
セッションのログオンの際に使用するパスワード。デフォルト値は PROMPT で
す。
PROMPT
セッションを確立するときに、オペレーターにパスワードを求めるプロ
ンプトを出します。
pswd
350
この変数で指定したパスワードが使用されます。
アドミニストレーション・リファレンス
CDLOG
注: パスワード検査に関する情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS イ
ンストール: 追加コンポーネントの構成」にあります。
INIT
NetView オペレーター (operid) がログオンするとき、または AON オペレータ
ー・インターフェースを介して要求されたときに開始するセッションを識別しま
す。
Y
operid がログオンされると、クロスドメイン・セッションを自動的にロ
グオンします。
N
CDLOG コマンドを介して確立するセッションを、オペレーターに選択
させます。 NO がデフォルトです。
DESC
セッションを識別するユーザー・テキスト。
使用上の注意:
各パラメーターはコンマで区切ります。制御ファイル項目のすべてのガイドライン
に従ってください。 CDLOG を使ってクロスドメインにログオンするには、
CNMCMD からすべての DSI809A ステートメントを除去する必要があります。
CDLOG を使用しないで NNT セッションを開始したい NetView オペレーターは、
次のメッセージを受け取ります。
DSI809A PLEASE ROUTE OPID,PSWD,PROFILE,HARDCOPY,INITIAL CMD (optional:
,NEW PSWD, NEW PSWD)
ログオンを継続するには、オペレーターは該当する情報を経路指定する必要があり
ます。 RMTCMD セッションは DSI809A に影響されません。
TARGPW を指定する前に、セキュリティー製品を使用してオペレーター・パスワー
ドを保護します。 EZLCFG、DSPCFG、および BROWSE の各コマンドを保護しま
す。クロスドメイン・ログオン用に、RRD ステートメントを CNMSTYLE および
その組み込みメンバーにコーディングします。 CNMSTYLE で RMTCMD セッシ
ョンを定義する必要はありません。
自らのドメイン以外のドメインの、リソースの自動化の役割を持つオペレーターの
ための CDLOG 定義を組み込んでください。例えば、SNA Help Desk の経路は、
オペレーターの CDLOG セッションを通して、コマンドを活動化します。
例:
次の例では、最小限の CDLOG 項目で、オペレーター OPER1 のために CNM01 と
CNM1A の間のセッションを確立します。
CDLOG OPER1.CNM1A,SESSTYPE=RMT
CDLOG 項目には以下のデフォルト値があります。
INIT=NO
OPER1 が CNM01 にログオンするときにクロスドメイン・セッションを確
立しません。
TARGOP
ドメイン CNM1A に OPER1 をログオンします。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
351
CDLOG
TARGPW
これは RMTCMD セッションであるため、パスワード入力を無視します。
DESC CDLOG パネルにユーザー・テキストを表示しません。
CPCPSESS (SNA)
CPCPSESS 制御ファイル項目で、AON/SNA でアクティブにモニターされる、
Advanced Peer-to-Peer Networking (拡張対等通信ネットワーク機能) 制御点対制御点
セッションを示します。
CPCPSESS alias ,CP1=cp_name ,CP2=cp_name
alias
セッションを識別するのに使用される、1 から 8 文字の名前。 ACTMON 制御
ファイル項目の alias name を指定します。実リソースとの競合を避ける名前を
選択してください。
CP
制御点の名前。ネットワークの名前を修飾することができます。例えば
network_name.cp_name のようにします。
使用上の注意:
v ネットワークの制御点が不明の場合は、AON/SNA オペレーター・インターフェ
ースから、「SNA Automation:APPN 制御点表示 (SNA Automation: Control Points
Display)」パネルを使用します。
v セッションは、ACTMON 制御ファイル項目ももっている必要があります。
例:
次の例では、3 つのセッションでの制御点を識別しています。これらのセッション
がアクティブにモニターされる場合は、これらの項目のための ACTMON ステート
メントも必要です。
CPCPSESS CPCPS1,CP1=TA1CP207,CP2=USIBMTA.TA01
CPCPSESS CPCPS2,CP1=USIBMTA.TA1CP208,CP2=USIBMTA.TA01
CPCPSESS NOWAY,CP1=WAYNE.GARTH,CP2=USIBMTA.TA01
DDFGENERIC
DDFGENERIC 制御ファイル項目を使って、DDFADD 汎用値に使用する AON メッ
セージ処理フィールドを定義します。 DDFADD は、DDF パネルと DDF ツリー定
義で使用されます。汎用 DDF 項目を定義することにより、実際の環境に合わせて
DDF 通知をグループ化することができます。
DDF をインプリメントするには、DDFGENERIC 制御ファイル項目が必要です。
DDFGENERIC
DDFGENERIC
field ,VALUE=(val1,val2,...valn)
func.
352
アドミニストレーション・リファレンス
,OTHER=value
DDFGENERIC
,LEVELUP=tree_level
項目の意味 :
func.
関数を定義します。このピリオドは、func パラメーターと field パラメーターを
分離するために必要です。
field
比較されるフィールドを指定します。
VALUE
この DDFGENERIC ステートメントに一致するフィールド値を定義します。
OTHER
LEVELUP パラメーターまたは値が検出されない場合に、使用されるデフォルト
値を指定します。
LEVELUP
この DDFGENERIC ステートメントと一致するリソースを表示する EZLTREE
レベルを指定します。
使用上の注意:
AON が通知を出すと、ENVIRON DDF、DDFGENERIC 項目の各フィールドは、
DDFGENERIC 項目と比較されます。 AON は、ENVIRON DDF、DDFGENERIC
フィールド用の DDFGENERIC 定義を検出すると、ENVIRON DDF、DDFGENERIC
フィールド内の値を DDFGENERIC 項目の VALUE パラメーターのデータと比較し
ます。 AON が一致を検出すると、DDFGENERIC 値を使用します。 AON は、一
致を検出しなかった場合は、DDFGENERIC 項目の OTHER パラメーターの値を使
用します。そのフィールドに OTHER が定義されていない場合は、DDF 内のフィ
ールドについては値は保存されません。
ENVIRON DDF、DDFGENERIC フィールドが、特定のコンポーネントのもとと
AON のもとで定義されている場合は、コンポーネント固有の定義が最初に使用さ
れ、次に汎用定義が使用されます。一致が検出されるごとに、メッセージを保存す
ることができます。
例:
次の例では、EZLTREE メンバーに DDF ツリーが定義されます。以下の
DDFGENERIC の例を検討するときは、次のツリーを参照してください。
/*
NETWORK : CNM01
1 CNM01
2 SYSTEM
3 GATEWAY
3 GROUPS
4 CALIF
5 LA
5 SANFRAN
5 SANDIEGO
4 NEWYORK
4 ATLANTA
3 OPID
4 OPER1
*/
第 4 章 Automated Operations Network の定義
353
DDFGENERIC
3 NETWORK
4 RESOURCE
4 SNA
5 SA
6 NCP
6 LINE
6 LINKSTA
6 CDRM
6 CDRSC
6 PU
6 LU
6 SESSION
6 APPL
6 ERR
5 APPN
6 CP
6 EN
5 X25
6 X25MCH
6 X25PU
4 TCPIP
5 NVAIX
5 IP390
6 SP
6 HOST
6 ROUTER
6 INFC
6 LINK
6 NAMESERV
6 PORT
6 TN3270
例:
DDFGENERIC 項目の次の例の定義は、PU が DDF PU 画面に保存されるようにし
ます。
DDFGENERIC AON.RESTYPE,VALUE=(NCP,LINE,LINKSTA,PU,LU,CDRM,CDRSC,APPL),
OTHER=RESOURCE,LEVELUP=NETWORK
DDFGENERIC RESTYPE,VALUE=(GATEWAY),LEVELUP=SYSTEM
リストされているもの以外のリソース・タイプが検出されると、そのリソース・タ
イプは OTHER キーワードで定義されている DDF RESOURCE パネルに保存され
ます。 LEVELUP=NETWORK は、AON リソースを NETWORK レベルで削除させま
す。リソース・タイプが、さまざまの汎用値で保存されていた場合は、すべてのイ
ンスタンスが削除されます。 LEVELUP 定義は、DDF ツリーで、VALUE パラメ
ーターのもとのいずれのエレメントよりも高いレベルを示します。
DDFGROUP
DDFGROUP 制御ファイル項目を使って、要件に合わせて、表示の目的で DDF リ
ソースをグループ化します。例えば、異なる DDF リソースを地理的位置ごとにグ
ループ化することができます。
,
DDFGENERIC groupname ,LIST=(res1,res2,resn)
354
アドミニストレーション・リファレンス
DDFGROUP
groupname
このグループの DDF リソースの名前。
LIST
グループに入れたいリソースのリスト。リソース名にはワイルドカードがサポー
トされています。複数のリストを作成することができます。この場合、各 LIST
は別の行に入れる必要があります。
使用上の注意:
グループ名は、EZLTREE メンバーにあり、また、DDF パネル上にもあります。
例:
DDFGROUP SANFRAN,LIST=(SASF*,GWATSF,GWSFSD)
ENVIRON AIP
RODM の Automation in Progress (AIP) オペレーター状況設定値を使って、
NetView 管理コンソールのユーザーに、自動化が障害のあるリソースのリカバリー
を試みていることを通知します。この状況設定値は NetView 管理コンソールのビュ
ーに表示されるため、自動化によってすでに問題への対処が行われているときに、
NetView オペレーターがリカバリーを試みないようにすることができます。
ENVIRON AIP 制御ファイル項目には、AIP 処理の資格があるリソース・タイプを
制御するステートメントが入っています。
ENVIRON AIP
,LINEPORT=
N
Y
,PULINKSTA=
N
Y
,CDRM=
N
Y
,NCP=
N
Y
LINEPORT
回線またはポートのリソース・タイプ
PULINKSTA
物理装置 (PU) またはリンク・ステーション (LINKSTA) のリソース・タイプ
CDRM
クロスドメイン・リソース・マネージャーのリソース・タイプ
NCP
NCP のリソース・タイプ
使用上の注意:
v ENVIRON AIP 項目をコーディングする場合、Y で指定される項目のみが使用可
能になります。
v ENVIRON AIP 項目をコーディングしない場合は、すべてのリソース・タイプが
使用可能になります。
例:
第 4 章 Automated Operations Network の定義
355
ENVIRON AIP
次の設定値は、ENVIRON AIP 制御ファイルに同梱されているデフォルト設定値で
す。
ENVIRON AIP,LINEPORT=Y,
PULINKSTA=Y,
CDRM=Y,
NCP=Y
例:
次の例は、AIP 処理に使用可能なリソースを拡張する方法を示しています。
ENVIRON AIP,LINEPORT=Y,
PULINKSTA=Y,
CDRM=Y,
NCP=Y,
AS400=Y
注: AS400 用に AIP オペレーター状況を設定するには、追加のユーザー作成のカス
タマイズが必要です。
ENVIRON DDF
ENVIRON DDF 制御ファイル項目は、環境の状況更新の特性を定義します。 DDF
をインプリメントするには、ENVIRON DDF 項目が必要です。 ENVIRON DDF の
有効値を、DDFGENERIC 制御ファイル項目の、func キーワードのあとに続けてリ
ストします ( 352 ページの『DDFGENERIC』を参照してください)。
ENVIRON DDF ,DDF=(
NO
YES
STATUS
TYPE
)
,DDFREFRESH=
N
Y
,
,DDFGENERIC=( msg_part
) ,DDFAUTO=
N
Y
,DDFMARK=
RESET
KEEP
DDF
表示を更新する方法を指定します。次の値をこのパラメーターで使用できます。
YES
色が状況によって決定されます。すべてのリソースが Network 汎用 DDF
項目のもとでログに記録されます。
NO
DDF への初期設定またはイベントのログの記録を行いません。
STATUS
DDF の色は、リソースの自動化によって、または制御ファイルの DDF 項
目の VTAM の状況によって定義されます。リソースは、AON リソース・
タイプ汎用 DDF 項目のもとでログに記録されます。
TYPE
DDF の色は、制御ファイルの DDF 項目の AON リソース・タイプで定義
されます。すべてのリソースは Type DDF 項目のもとでログに記録されま
す。
356
アドミニストレーション・リファレンス
ENVIRON DDF
DDFREFRESH
DDF が開始されるごとにプログラムを実行するかどうかを定義します。これは
AON コンポーネントごとに異なるプログラムです。 DDFREFRESH パラメー
ターに Y を指定すると、DDF にはネットワーク・リソースの現在の状況があら
かじめ通知されます。それ以降の DDF への更新は、自動化イベントが発生する
と動的に有効になります。
DDFREFRESH=Y の場合、すべてのリソースの状況が送信請求されます。大規模シ
ステムの場合、これはパフォーマンスの考慮事項になることがあります。
AON/SNA を伴う AON の場合、DDF=Y とは無関係に NETSTAT を実行して、
これを手動で開始することができます。
DDFGENERIC
メッセージのさまざまな使用可能な部分のどの部分が DDF にどのような影響を
与えるかを判別するのに使用されるかを指定します。有効な値は、以下のとおり
です。
FROMUSER
このメッセージを出させるユーザー ID。
FROMDOMAIN
このメッセージの送信元のドメイン。
FUNCTION
このメッセージを出す AON の関数。
STATUS
メッセージに関連した状況。
RESNAME
リソース名。
RESTYPE
リソース・タイプ。
SP
サービス・ポイント名。
OPID
このメッセージを DDF に対して処理するオペレーター ID。
DOMAINID
メッセージの送信元のドメイン ID。
OPT1...OPT9
オプション・パラメーター (任意指定パラメーター) 1 から 9。これら
は任意のユーザー定義値であることが可能です。
メッセージ・プロセッサーは、これらのフィールド名に有効な DDF 汎用値が含
まれているかどうかが判別します。複数のフィールドが定義されていると、潜在
的な DDF 記述子を、複数の汎用値のもとに保存することができます。 ( 352 ペ
ージの『DDFGENERIC』を参照してください。)
このパラメーターで指定されるそれぞれのフィールドごとに、少なくとも 1 つ
の DDFGENERIC ステートメントを定義してください。
DDFAUTO
DDF の更新が、すべてのリソースについて発生するか (N)、または自動化に適
格なリソースのみについて発生するか (Y) を指定します。デフォルト値は N
です。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
357
ENVIRON DDF
DDFMARK
オペレーターがログオンされていない場合、DDF 内のリソースが更新されると
きに、そのリソースに関する MARK が保存されるかどうかを指定します。次の
値をこのパラメーターで使用できます。
RESET
リソースにマークを付けたオペレーターが、そのリソースが更新されるとき
にログオフされている場合、MARK は保存されません。
KEEP
そのリソースにマークを付けたオペレーターの状況には関係なく、MARK
は保存されます。
例:
次の例は、色は状況で決定されること、DDF プログラムを実行しないこと、および
メッセージのリソース・タイプとサービス・ポイントの部分が使用されることを指
定しています。
ENVIRON DDF, DDF=Y,
DDFREFRESH=N,
DDFAUTO=N,
DDFGENERIC=(RESTYPE,SP),
DDFMARK=RESET
この例では、AON 通知の中のリソース・タイプとサービス・ポイントの名前のフィ
ールドが、DDFGENERIC ステートメントと対照して検査されます。一致が検出さ
れると、そのフィールドの値が DDFGENERIC として使用されます。また、
DDFMARK=RESET リソースは、オペレーターがリソースにマークを付けてログオ
フした後に更新されます。この場合、リソースに付けられていたマークは失われま
す。
ENVIRON EXIT
ENVIRON EXIT 制御ファイル項目で定義するコマンドは、AON が関連した共通ル
ーチンを呼び出すときに、AON によって出されます。この出口インターフェースを
使用すると、共通ルーチンのいずれか 1 つが実行されるときに、ユーザー作成のコ
マンド・リストを呼び出すことができます。出口を使って、ルーチンによって設定
されたグローバル変数を変更するか、あるいはサイト固有のプロシージャーを実行
することができます。
ENVIRON EXIT
,
ENVIRON EXIT ,
EXIT05
EXIT06
EXIT07
EXIT08
EXIT09
358
アドミニストレーション・リファレンス
= ( ″command ″ )
parms
ENVIRON EXIT
EXIT05
このパラメーターは、EZLEAGRN 共通ルーチン用のデフォルトの出口呼び出し
値を定義します。共通ルーチン EZLEAGRN が呼び出されると、AON は、
VTAM リソースの情報を収集するときに、ここで定義したルーチンを呼び出し
ます。
EZLEAGRN は、AON が VTAM からリソース情報を収集するときに呼び出さ
れます。
command
実行する出口、または出されるコマンドを指定します。
parms
出口に渡されるパラメーター、または出されるコマンドを指定します。
EXIT06
このパラメーターは、EZLEATHR 共通ルーチン用のデフォルト値を定義しま
す。 EZLEATHR 共通ルーチンは、AON がしきい値を検査するときは常に呼び
出されます。ただし、出口の値がリソースの THRESHOLDS 制御ファイル項目
で指定されているときは行われません。
EZLEATHR 共通ルーチンは、AON がしきい値を検査するときに呼び出されま
す。
EXIT07
このパラメーターは、EZLECAUT 共通ルーチンのデフォルト値を定義します。
リソースの RECOVERY 制御ファイル項目で値が指定されていない場合は、
EZLECAUT 共通ルーチンが呼び出されてリカバリー・フラグ値が検査されると
きに、AON はここで定義されたコマンドを出します。
EZLECAUT 共通ルーチンは、リカバリー定義が評価されて自動化フラグが設定
されるときに呼び出されます。
EXIT08
このパラメーターは、メッセージが出されるときに実行されます。このパラメー
ターを使用すると、ユーザー作成のルーチンは、新しいメッセージ・クラスを変
換、追加し、あるいはメッセージ・テキストを使用、更新することができます。
ユーザー作成のルーチンは、呼び出されたときに、EXIT08 ステートメントにコ
ーディングされている順序で、リソース名とリソース・タイプを持っています。
EXIT08 ステートメントでコーディングされた情報は、保持されて出口に渡され
ます。
EXIT09
EXIT09 は、文書化された TGLOBAL を設定することにより、AON が SNA
リソースまたはリソースのクラスをリカバリーする方法を変更することができま
す。 EXIT09 は、リカバリー間隔が処理されるたびに特定の機能を実行するの
に使用することができます。ただし、必ずしも AON のリカバリー・ロジック
を変更する場合ではありません。
重要: TGLOBALS には、AON リカバリー処理をガイドするデータが含まれて
います。 TGLOBALS に対して不用意な変更を加えると、予測不能の結果が生
じます。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
359
ENVIRON EXIT
使用法:
例に示すように、EXIT05 といった複数の出口行をコーディングすることができま
す。複数の EXIT0n 行がコーディングされると、AON は指定したアクションを順
次実行します。
グローバル変数名を渡す出口の場合は、有効なグローバル変数名の前にアンパーサ
ンド (&) を付けなければなりません。例えば、RESNAME を渡すには、出口で
&RESNAME とコーディングします。
複数の出口を実行する場合、出口処理でゼロ以外の戻りコードが検出されると、出
口処理は停止します。 EZLEAGRN、EZLEATHR、または EZLECAUT のいずれか
の戻りコードを、ユーザー出口から以下の TGLOBALS を設定することにより、変
更することができます。
EZLEAGRN
EZLEZLEAGRNRC
EZLEATHR
EZLEZLEATHRRC
EZLECAUT
EZLEZLECAUTRC
戻りコードは、0 から 9 の数値に設定する必要があります。 TGLOBAL にその他
のものが含まれていた場合、そのルーチンは戻りコード 99 を戻します。
ENVIRON RACF
ENVIRON RACF 制御ファイル項目は、同じ RACF データ・セットが、複数の相異
なる NetView ドメインの間で共用されることを指定します。この項目は AON ルー
チンで、ゲートウェイ自動化オペレーターの RACF パスワードの保守の調整と自動
化に使用されます。この制御ファイル項目は、オプション (任意指定) です。
ENVIRON RACF
,OWNER=owner_domain
,SHARE=(share_domain,share_domain,share_domain)
,LIST=(owner_domain,share_domain,share_domain)
,MASK=%racf_value%
OWNER
単一の共用 RACF 環境をもつシステムでは、OWNER は、ゲートウェイ自動化
オペレーターの RACF パスワードを保守する NetView ドメイン名を示しま
す。
このドメインは、VSAM キーを作成して RACF パスワードの検索と更新を行う
ときに使用されます。このパスワードは、ドメイン名とオペレーター ID を使
って、VSAM データ・セットに暗号化フォーマットで保管されます。
SHARE
単一の共用 RACF 環境を 1 つ持つシステムでは、SHARE は、OWNER パラ
メーターで指定されている所有ドメインと同じ RACF データ・セットを共用す
る、NetView ドメインを識別します。
360
アドミニストレーション・リファレンス
ENVIRON RACF
LIST
複数の共用 RACF 環境をもつシステムでは、LIST は所有ドメインと共用ドメ
インを識別します。例に示すように、複数の LIST パラメーターをコーディン
グすることができます。
MASK
インストール・システムに、パスワードについて特定のガイドラインがある場合
は、それらを MASK オプションを使用してインプリメントすることができま
す。 AON は、最大 8 文字までのパスワードをサポートしています。 MASK
は、作成されたパスワードの中の有効な文字を定義します。これを指定すると、
AON は、30 日ごとに新規の RACF ゲートウェイ・パスワードを生成します。
注: パスワード検査に関する情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストー
ル: 追加コンポーネントの構成」にあります。
MASK 定義では、項目の中の 2 文字でパスワードの中の単一の文字を定義しま
す。 MASK 定義は、8 文字のパスワードを定義するために最大 16 文字までに
することができます。
それぞれの対の先頭文字は、対の 2 番目の文字がタイプか固定かを定義しま
す。先頭文字は、次のシンボルのいずれかを使用して定義されます。
%
次の文字はパスワードの文字のタイプです。
$
次の文字は、パスワードの固定文字です。
対の 2 番目の文字は、次に示す方法でタイプか固定文字を示します。
A
英字
V
母音
C
子音
W
非母音
X
英数字
N
数字
使用上の注意:
OWNER と SHARE のパラメーターは、LIST パラメーターと同時に使用すること
はできません。
MASK は、システム全体のパラメーターです。 MASK の値は、このドメインがロ
グオンできるいずれのシステムにも有効でなければなりません。
例:
次の例では、NetView ドメイン CNM01、CNM02、CNM04、および CNM99 は、同
一の RACF データ・セットを共用しています。 CNM01 は、前記のすべてのドメ
インのゲートウェイ自動化オペレーター用の RACF パスワードの自動保守を担当す
るドメインです。
ENVIRON RACF,OWNER=CNM01,
SHARE=(CNM02,CNM04,CNM99),
MASK=%X%N$Z%N
MASK キーワードは、4 文字のパスワードの規則を定義します。先頭文字は英数
字、2 番目は数字、3 番目は Z、また 4 番目は数字です。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
361
ENVIRON RACF
例:
次の例は、RACF を共用するドメインが 3 セットある環境を定義しています。所有
ドメイン (CNM01、CNM11、および CNM21) は、それぞれの LIST 定義でこの所
有ドメインに続いているドメインのゲートウェイ・パスワードを保守します。
ENVIRON RACF,LIST=(CNM01,CNM02,CNM03,CNM99),
LIST=(CNM11,CNM12,CNM13,CNM19),
LIST=(CNM21,CNM22,CNM23,CNM29)
ENVIRON SETUP
ENVIRON SETUP 制御ファイル項目は、AON を実行している NetView プログラ
ムと、それがサポートしているオペレーティング・システムの属性を識別します。
制御ファイルを調整するには、ENVIRON SETUP 項目を使用します。
ENVIRON SETUP 項目はオプション (任意指定) です。これを組み込まない場合
は、AON はすべてのデフォルト値を使用します。
ENVIRON SETUP
ENVIRON SETUP
,NETVIEW=NET
,HELDMSG=(
type
type,type,type
)
,SYSNAME=name
,GENALERT=
N
Y
,FTAFPFX=xxxxxx
,DBMAINT=
EXPORT
REUSE
,RODMOIV=
N
Y
,RODMAIP=
N
Y
,RODMNAME=
NONE
RODM_Name
,RODMDOM=Domain_id
,INFORMPM=’Inform Member Name’
NETVIEW
NET は、これが AON 環境であることを指定します。
HELDMSG
オペレーターのワークステーションで保持されるメッセージのタイプを指定しま
す。次のメッセージ・タイプが使用されています。
I または INFO
通知メッセージ
W または WARN
警告メッセージ
E または ERROR
エラー・メッセージ
A または ACTION
アクション・メッセージ
362
アドミニストレーション・リファレンス
ENVIRON SETUP
これらの値は、オペレーターごとに、AUTOOPS ステートメントでオーバーラ
イドできます。
SYSNAME
メッセージの転送元であり、DDF のルート・コンポーネント名としてのシステ
ムを定義します。このパラメーターの値は、EZLTREE DSIPARM DDF カスタ
マイズ・メンバーの中のレベル 1 のツリー名 (この NetView のドメイン ID)
と一致しなければなりません。
GENALERT
リソースに関連した AON 通知を、アラートとしてハードウェア・モニター・
データベースにログを記録するかどうかを定義します。問題のアラートと解決を
生成するには Y が必要です。デフォルト値は、NetView のパフォーマンス全体
を向上させるための N です。
NetView 管理コンソール、およびリソース・オブジェクト・データ・マネージ
ャー (RODM) を自動化情報で更新するには、GENALERT=Y をコーディングして
ください。
FTAFPFX
NetView AON ACB 定義で定義されている、フルスクリーン TAF アクセス方
式制御ブロック (ACB) の最初の 6 文字を定義します。 FTAFPFX は、AON
TAF コマンド・ファシリティーで使用されて、フルスクリーン・コマンド・フ
ァシリティーを介して TAF セッションが開始されます。これは NetView
BFSESS コマンドでは使用されません。これは、これらの TAFnnn (nnn はドメ
イン ID の最後の 3 文字) の ACB に関する命名規則に従う必要があります。
FTAFPFX パラメーターは、FULLSESS 項目を使用する場合のみ必要です。デ
フォルトは TAFxxx です (ドメイン ID の最後の 3 文字)。
v FTAFPFX を定義しないときは、次の TAF ACB をコーディングしてくださ
い。
TAFxxFyy
項目の意味:
xx
NetView ドメイン ID (例えば CNM01) の最後の 2 文字
yy
オペレーターのログオン APPLID (例えば CNM01000) の最後の 2
文字
TAF SRCLU = TAF01F00
v FTAFPFX が定義されるときは、次の TAF ACB をコーディングしてくださ
い。
xxxxxxyy
項目の意味:
xxxxxx FTAFPFX パラメーター TAF SRCLU = TAFANF00 で指定される値
yy
オペレーターのログオン APPLID (例えば CNM01000) の最後の 2
文字
NetView ドメイン ID は、5 より少ない文字をサポートしています。
注: NetView オペレーターの数と同数の TAF ACB を定義してください。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
363
ENVIRON SETUP
DBMAINT
状況ファイルが割り振られる方法を指定します。この値は、REUSE または
EXPORT のいずれかです。デフォルトは EXPORT です。 DBMAINT に指定さ
れる値は、VSAM データ・セットが割り振られた方法と一致していなければな
りません。そうでない場合は、エラーが発生します。
RODMAIP
RODM AIP (Automation In Progress) オペレーター状況が設定されるかどうかを
定義します。設定されると、NetView 管理コンソールの影響を受けているリソ
ースに関して AIP パターンが表示されます。
RODMNAME
AIP オペレーター状況と Operator Intervention View (OIV) が設定されている
RODM の名前。 RODMAIP が YES に設定されている場合は、このフィールド
は必須です。
RODM ユーザー ID に関する情報については、「IBM Tivoli NetView for z/OS
コマンド解説書 第 I 巻 」に記載されている AONAIP コマンドの使用上の注
意を参照してください。
RODMOIV
OIV に対してリソースの追加または削除を行うかどうかを指定します。
RODMOIV の YES の設定を有効にするためには、RODMAIP を使用可能にし
て、RODMNAME を定義する必要があります。
RODMDOM
RODM と NetView管理コンソールの情報が収集されるドメインが現行の AON
ドメインと異なる場合は、ターゲット・ドメインを組み込みます。 RODM ドメ
インのデフォルトは、現行 AON ドメインです。
INFORMPM
初期設定のときにロードされる INFORM ポリシーが入っている DSIPARM メ
ンバーを定義します。通知ポリシー・メンバーを手動でロードするには、
INFORMTB コマンドを使用します。
使用上の注意:
NTFYOP 項目または ENVIRON SETUP 項目に HELDMSG が指定されていない場
合は、デフォルトは、すべてのメッセージをロールすることです。 NTFYOP
HELDMSG パラメーターは、ENVIRON SETUP 制御ファイル項目で指定されてい
るデフォルト値をオーバーライドします。例えば、ENVIRON SETUP 項目で
HELDMSG=(W,I) を、NTFYOP 項目で HELDMSG=E を指定すると、そのオペレーター
にはエラー・メッセージのみが保持されます。ただし、NTFYOP 項目で HELDMSG
が指定されない場合は、ENVIRON SETUP のデフォルトが使用されます。
RODM のドメインが現行 AON ドメインと異なるときは、ENVIRON SETUP リス
トにある RODMDOM のみを指定してください。 AON は、デフォルトとして、
RODMDOM の現行ドメインを使用します。無効な RODM ドメインを指定する
と、AIP オペレーター状況の更新は正しく行われません。
364
アドミニストレーション・リファレンス
ENVIRON SETUP
ENVIRON SETUP 制御ファイル項目で RODMOIV=YES と RODMAIP=YES を指
定すると、Operator Intervention View (OIV) が作成されます。初期設定の際または
それ以降で AON がビューの取り込みを試みるときは、AON はビューの作成を試
みます。
AIP および OIV 機能は、RODM にアクセスするときには、RODM ユーザー ID
domainid を AON と連結して使用します。
例:
次の例は、ENVIRON SETUP 制御ファイル項目を示しています。
ENVIRON SETUP,NETVIEW=NET,
GENALERT=YES,
FTAFPFX=TAFA1F,
SYSNAME=NTV6D,
DBMAINT=EXPORT,
RODMAIP=YES,
RODMOIV=YES,
RODMNAME=RODM1,
HELDMSG=(INFO,WARN,ERROR,ACTION)
ENVIRON SNBU (SNA)
ENVIRON SNBU 制御ファイル項目は、制御ファイルに定義をもっている LPDA-2
対応モデムの交換網バックアップ自動化を行う条件を、AON/SNA に対して指定し
ます。
ENVIRON SNBU
ENVIRON SNBU
Y
,CRIT=
N
,MONIT1=
N
1
,LEVEL=
Y
5
,DELAY=
2
n
CRIT
クリティカルしきい値リソース・エラーに達すると (PU または LINE)、交換網
バックアップ自動化を開始します。共通グローバル変数を設定するには、
FKVSNBUCRIT を使用してください。
MONIT1
MONIT 間隔が最初に実行されたときに、AON/SNA SNBU 自動化を開始しま
す。再活動化リカバリー・サイクルが 1 回発生していますが、AON/SNA はリ
ソースを正常にリカバリーできていません。共通グローバル変数を設定するに
は、FKVSNBUMON1 を使用してください。
LEVEL
レベル 1 またはレベル 2 のいずれかの接続のモデムが環境でサポートされてい
るときに、AON/SNA SNBU 自動化を開始します。共通グローバル変数を設定
するには、FKVSNBULVL を使用してください。
DELAY
AON/SNA SNBU 自動化の次のステップに進む前に NCP/VTAM を待つ秒数を
指定します。共通グローバル変数を設定するには、FKVSNBUWAIT を使用して
ください。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
365
ENVIRON SNBU (SNA)
使用上の注意:
SNBU 自動化を実行するには、ENVIRON SNBU 制御ファイル項目が必要です。
例:
次の例では、クリティカルしきい値障害レベルに達すると AON/SNA SNBU 自動化
が実行されることを、AON/SNA が許可しています。
ENVIRON SNBU,CRIT=Y,MONIT1=N,LEVEL=1,DELAY=5
ENVIRON TIMEOUT
ENVIRON TIMEOUT 制御ファイル項目は、制御ファイル内の特定の操作の最大許
容時間制限を定義します。この時間制限を超えると、制御ファイルではそれをエラ
ー状態と見なして、適切なアクションをとります。
ENVIRON TIMEOUT 項目はオプション (任意指定) です。これを組み込まない場合
は、AON はデフォルトを使用します。
,DIAL=120
,RCMD=90
ENVIRON TIMEOUT
,DIAL=seconds
,PING=90
,ACTIVE=29
,RCMD=seconds
,SNMP=29
,PING=seconds
,ACTIVE=seconds
,SNMP=seconds
,RETRY=3
,RETRY=seconds
DIAL
DIAL 試行がタイムアウトになるまでの待ち時間を指定します。
RCMD
RUNCMD がタイムアウトになるまでの待ち時間を指定します。
PING
ping コマンドでのタイムアウト・パラメーターを指定します。これは、
AON/TCP AIX オプションでのみ使用されます。
ACTIVE
リソース活動化の試行がタイムアウトになるまでの待ち時間を指定します。
SNMP
SNMP コマンドがタイムアウトになるまでの待ち時間を指定します。
RETRY
PING RETRY 試行間の待機時間を秒数で指定します。
使用上の注意:
AON によってすべてのキーワード名に接尾部 TIME が追加されて、それらの
CGLOBAL 名が作成されます。次の名前が、AON とコンポーネントによって作成
されます。
366
アドミニストレーション・リファレンス
ENVIRON TIMEOUT
v
v
v
v
v
v
DIALTIME
RCMDTIME
PINGTIME
ACTIVETIME
SNMPTIME
RETRYTIME
注: WAITTIME および XDOMTIME を設定するには、CNMSTYLE のサンプルを参
照してください。 ENVIRON TIMEOUT を使用してそのタスクを実行すること
はできません。
これらの名前は、正しく指定すると、ユーザー作成のプログラムで使用することが
できます。
ユーザーは、追加のタイムアウト名を指定して、環境固有の指定を追加することが
できます。時間パラメーターの名前の長さが 6 文字以下であれば、CGLOBAL を生
成するルーチンは任意の名前を処理します。編集検査は 1 から 32000 の間の値に
ついて発生します。
29 秒より大きいタイムアウト値を指定すると、NetView によって、WAIT ステート
メントについての抑制不能な警告が、NetView コンソールにエコーされることがあ
ります。ただし、これは AON 操作には影響ありません。
例:
AON 項目の例です。
ENVIRON TIMEOUT,DIAL=120,
RCMD=90,
PING=90,
ACTIVE=5
RETRY=3
この例では、ACTIVE=5 は、EZLEVACT が、VTAM が活動化に対する要求に応答す
るのを 5 秒待つように指示します。他の指定はすべてデフォルト値です。
例:
次の AON 項目には、PING の再試行の試みの間のユーザー定義の待ち時間があり
ます。
ENVIRON TIMEOUT,DIAL=120,
RCMD=90
ACTIVE=29
PING=90
RETRY=3
この例では、RETRY=3 は、PING RETRY 試行間で待機する秒数です。
重要: この数値を過度に大きく設定すると、過度の待ち時間のために、アクティ
ブ・モニターのプロセスがスローダウンすることになります。アクティブ・モニタ
ーは最大 3 ping まで実行しますが、最初に ping が正常に完了した時点で終了しま
す。 3 回目の ping の後でもノードが不明の場合は、アクティブ・モニターは
EZLEFAIL 処理を開始します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
367
EZLTLOG
EZLTLOG
EZLTLOG 制御ファイル項目では、ログが満杯になったときに AON 自動化ログを
処理するコマンドを指定します。これらの項目を使用すれば、ログの切り替え、お
よび AON ログをヒストリー・ファイルにコピーしてユーザーのシステムの命名規
則に合わせて調整するジョブが可能です。 EZLTLOG は必須項目です。
EZLTLOG
PRIMARY
SECONDARY
NONE
,AUTOFLIP=
NO
YES
,LIT='literal'
,JOB=cmd
{PRIMARY|SECONDARY|NONE}
これが 1 次ログか 2 次ログかを指定します。 NONE を指定すると、
EZLTLOG は初期設定されず、また NLOG ロギングも実行されません。
NONE を指定すると入出力が減少するため、システムによってはパフォーマン
スが向上する可能性があります。レコードはすべて NETLOG にファイルされま
す。
AUTOFLIP
ログが満杯になったときに自動的に切り替えるかどうかを指定します。デフォル
トは NO です。
LIT
メッセージ EZL307、EZL308、および EZL309 で使用されるリテラル・ストリ
ングを指定します。これらのメッセージは、ログの切り替え処理が実行されると
きに、AON 通知として送り出されます。
JOB
PROCLIB のジョブを指定して、1 次または 2 次の自動化ログをアーカイブす
るジョブを処理依頼します。
使用上の注意:
サブシステム・インターフェース (SSI) が実行されていなければなりません。ジョ
ブの EZLSJ007 と EZLSJ009 も、アクティブ・プロシージャー・ライブラリーにな
ければなりません。
ログを定義するジョブまたはメンバーの名前を変更することができます。 1 次およ
び 2 次の項目が提供されます。
AON サンプル・ライブラリーには、切り替えとオフロードの実行に必要な、プロシ
ージャーと IDCAMS 制御ステートメントが含まれています。ジョブの EZLSJ007
と EZLSJ009 は、VSAM データ・セットを順次ヒストリー・ログにコピーして、
AON ログをクリアします。ログがクリアされると、NetView は、ファイルを出力デ
ータ・セットとして開くことができます。
例:
368
アドミニストレーション・リファレンス
EZLTLOG
次の例のテキスト USER.PROCLIB は、ジョブが存在する区分データ・セットで
す。
次の例では、1 次と 2 次のログが定義されています。ログは満杯になると自動的に
切り替えられます。コマンド SUBMIT USER.PROCLIB(EZLSJ007) は、1 次ログの処理
のために出され、SUBMIT USER.PROCLIB(EZLSJ009) は 2 次ログの処理のために出さ
れます。
EZLTLOG PRIMARY,JOB=USER.PROCLIB(EZLSJ007),AUTOFLIP=YES,
LIT=’AUTOMATION LOG’
EZLTLOG SECONDARY,JOB=USER.PROCLIB(EZLSJ009),AUTOFLIP=YES,
LIT=’AUTOMATION LOG’
例:
次の例では、1 次と 2 次のログが満杯になると、自動的に切り替えられます。ジョ
ブは、ヒストリー・データをヒストリー・ファイルにアーカイブすることを意図し
ていません。
EZLTLOG PRIMARY,AUTOFLIP=YES
EZLTLOG SECONDARY,AUTOFLIP=YES
FORWARD FOCALPT
FORWARD FOCALPT 制御ファイル項目は、自動化通知メッセージの転送先の
NetView ドメインを識別します。この項目はフォーカル・ポイントとバックアッ
プ・フォーカル・ポイントの両方を定義します。
自動化通知転送を使用する場合は、分散ホストでこの制御ファイル項目を定義しま
す。この項目は、フォーカル・ポイントをインプリメントする場合にのみ必要で
す。 FORWARD FOCALPT 項目が組み込まれていない場合、AON はデフォルトを
使用します。
FORWARD FOCALPT ,PRI=domain
,BKUP=domain
PRI
自動化通知の転送先の NetView ドメイン名を識別します。このドメインはフォ
ーカル・ポイントとして定義してください。ドメインを指定しない場合は、
AON が常駐する NetView ドメイン名がデフォルトになります。 AON がデフ
ォルトを取る場合、これは、この NetView をフォーカル・ポイントと見なし、
すべての自動化通知メッセージを転送せずに表示します。
自動化通知転送が不要な場合は、デフォルトを使用するか、ご使用のドメイン名
をフォーカル・ポイント名として指定してください。
BKUP
フォーカル・ポイントが使用可能でない場合に自動化通知の転送先となる
NetView ドメイン名を識別します。このドメインはフォーカル・ポイントとし
て定義してください。
ドメインを指定しない場合、AON は、制御ファイルを初期設定する NetView
ドメイン名 (デフォルト) を使用します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
369
FORWARD FOCALPT
1 次フォーカル・ポイントで項目を指定する場合は、デフォルトを使用するか、
1 次フォーカル・ポイント・ドメイン名を指定してください。
自動化通知転送が不要な場合は、デフォルトを使用するか、ご使用のドメイン名
をフォーカル・ポイント名として指定してください。
例:
この例では、単一の分散ホスト用のフォーカル・ポイント・ドメインを定義してい
ます (CNM01 は 1 次フォーカル・ポイントであり、CNM03 は分散ホストです)。こ
の例では、ドメイン CNM01 が自動化通知の転送先のフォーカル・ポイントです。分
散項目には次の行が含まれています。
FORWARD FOCALPT,PRI=CNM01
フォーカル・ポイントと分散ホストの両方の項目にも、ゲートウェイ定義が必要で
す。 371 ページの『GATEWAY』を参照してください。
FULLSESS
FULLSESS 制御ファイル項目は、AON オペレーターがオペレーター・インターフ
ェースを用いて自動的にフルスクリーン AONTAF セッションを確立するアプリケ
ーションを識別します。
FULLSESS name ,APPLID=appl
,SYSTEM=sys
name
フルスクリーン TAF セッションを確立するアプリケーションを記述します。こ
のフィールドは、AONTAF オペレーター・インターフェース・メニューで、説
明フィールドとして表示されます。これは、APPLID フィールドでコード化され
ている項目と同じにすることができます。
appl
VTAM に対して指定されるアプリケーション名。
sys アプリケーションが実行されるシステム名。 SYSTEM は、AONTAF オペレー
ター・インターフェース・メニューに表示される、通知のみの項目です。
使用上の注意:
各アプリケーションに対する制御ファイルには、別個の FULLSESS 項目を組み込ん
でください。これによって、すべてのオペレーターに対する使用が可能になりま
す。
ENVIRON SETUP 項目の中で FTAFPFX が指定されている場合、ACB は xxxxxxnn
になります (xxxxxx は、定義されている TAF 接頭部であり、nn は、NetView オペ
レーター ACB の最後の 2 文字です)。
VTAM ACB には次のフォーマットを使用してください。
NetView ログオン ACB 名
xxxyynnn (xxxyy は 5 文字のドメイン ID であり、nnn は ACB 番号 (000
から 099) です)。
370
アドミニストレーション・リファレンス
FULLSESS
TAF ログオン ACB 名
TAFyyFnn (yy はドメイン ID の最後の 2 文字であり、nn は ACB 番号
(00 から 99) です)。
TAF ACB の数が NetView オペレーターの数と等しいことを確認してください。
例:
次の例は、TSO に対するフルスクリーン項目を示しています。
FULLSESS TSO,APPLID=TA1N1
GATEWAY
GATEWAY 制御ファイルは、AON が自動化通知メッセージの経路指定先とする
NetView ドメインを識別します。自動化通知転送を使用する場合は、分散ホストで
この制御ファイル項目を定義します。
分散ノードで自動化通知のためのフォーカル・ポイント階層を定義する場合は、少
なくとも 1 つの GATEWAY 項目が階層内で次に高いドメインを指して、フォーカ
ル・ポイントへの正しい経路指定を行う必要があります ( 369 ページの
『FORWARD FOCALPT』を参照)。
ゲートウェイ項目をフォーカル・ポイントの制御ファイル内で定義して、フォーカ
ル・ポイント・ホストがリサイクルされる時に、フォーカル・ポイントが分散ノー
ドへの接続を再確立できるようにする必要もあります。中間ホストを介したフォー
カル・ポイントへのバックアップを可能にするために、追加のゲートウェイ項目を
組み込むこともできます。
注: NNT セッションだけがメッセージ・ルーティングによってサポートされます。
GATEWAY domain ,PASSWORD=
RACFNNT
pw
,LOGONID=
GATOPER
gate
,LOGMODE=logmode
,DESC=desc
domain
NNT セッションの確立先の NetView ドメイン (自動化通知の経路指定先) を定
義します。
PASSWORD
ローカル・ゲートウェイ・オペレーターが、この項目で定義されているドメイン
に NNT セッションを確立する際に使用するパスワードを定義します。
注: パスワード検査に関する情報は、「IBM Tivoli NetView for z/OS インストー
ル: 追加コンポーネントの構成」にあります。
RACFNNT は、アウトバウンド・ゲートウェイ自動化オペレーターが指定され
ているドメイン名にログオンするための RACF パスワードが、AON によって
管理および検索されるようにすることを指定します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
371
GATEWAY
RACFNNT を指定しない場合は、アウトバウンド・ゲートウェイ自動化オペレ
ーターのパスワードを指定してください。
LOGONID
この GATEWAY 項目で記述されているドメインのインバウンド・ゲートウェ
イ・オペレーター用のユーザー ID を定義します。このユーザー ID がターゲ
ット・ドメインの DSIOPF 内で定義され、他のドメインがこのゲートウェイ ID
を使用していないことを確認してください。 GATOPER が指定されている場
合、AON はゲートウェイ名 GATdomain を生成します。
注: AON および SA/390 の両方を同じ NetView ドメインで実行するには、
GATEWAY ポリシー定義をカスタマイズします。 1 つの製品だけが
GATdomain をゲートウェイ ID として使用できます。したがって、AON
gateway タスクをカスタマイズするには、各 GATEWAY LOGINID=gate
(この場合、gate がゲートウェイ ID) に対して固有のゲートウェイ ID を選
択します。
LOGMODE
VTAM セッション・パラメーターを指定します。これらは、START ドメイ
ン・コマンドが出される際に使用されます。 LOGMODE が定義されない場合
は、ログモードは送信されず、VTAM のデフォルトが使用されます。
DESC
NetView ドメインを記述します。
使用上の注意:
PASSWORD=RACFNNT パラメーターは、NetView を調整して活動化しなければ使
用できません。
この NetView が直接通信するドメインそれぞれに対するゲートウェイ項目を組み込
んでください。通知転送機能を正しく作動させるには、両方向の通信パイプを確立
する必要があります。メッセージ転送の設定と使用法については、 369 ページの
『FORWARD FOCALPT』を参照してください。
例:
次の例は、 RACF パスワード保護を使用せずにゲートウェイ項目を定義していま
す。
GATEWAY CNM02,PASSWORD=AUTOOP1,DESC=’CNM02 NetView’
現行ドメインは CNM01 です。この例で、ゲートウェイ自動化オペレーター
(GATCNM01) がドメイン CNM01 からドメイン CNM02 にログオンするためのパス
ワードは、AUTOOP1 です。 GATCNM01 は、ドメイン CNM01 のアウトバウンド・
ゲートウェイ自動化オペレーターと、ドメイン CNM02 のインバウンド・ゲートウ
ェイ自動化オペレーターのデフォルト名です。
例:
次の例は、RACF パスワード保護を使用してゲートウェイ項目を定義しています。
GATEWAY CNM02,PASSWORD=RACFNNT,DESC=’CNM02 NetView’
372
アドミニストレーション・リファレンス
GATEWAY
この例は、GATCNM01 がドメイン CNM02 にログオンするための RACF パスワー
ドを AON が検索して提供するという点が、例 1 と異なっています。
例:
次の例は、単一の分散ホスト用のフォーカル・ポイント・ドメインを定義していま
す (CNM01 が 1 次フォーカル・ポイントで、CNM03 が分散ホストです)。 1 次フ
ォーカル・ポイントの項目は、分散ホストを指しています。
GATEWAY CNM03,DESC=’DIST. HOST’,PASSWORD=PWD3
次の項目は、分散項目です。
GATEWAY CNM01,DESC=’DIST. HOST’,PASSWORD=PWD1
NetView ドメイン CNM01 は、自動化通知の転送先となる通常のフォーカル・ポイン
トです。
例:
次の例は、中間ホスト (CNM02) と分散ホスト (CNM03) を定義しています。 1 次
フォーカル・ポイントの項目は、中間ホストを指しています。
GATEWAY CNM02,PASSWORD=PWD2
ADJNETV CNM03,DOMAIN=CNM02
次の項目は、中間ホスト項目です。
GATEWAY CNM01,PASSWORD=PWD1
GATEWAY CNM03,PASSWORD=PWD3
次の項目は、分散ホスト項目です。
GATEWAY CNM02,PASSWORD=PW3
ADJNETV CNM01,DOMAIN=CNM02
分散ホストからのすべての自動化通知は、CNM02 を通して、隣接 NetView として定
義されている CNM01 に転送されます。分散ホストには、バックアップ・フォーカ
ル・ポイントは定義されていません。
注: ADJNETV 項目については、 344 ページの『ADJNETV』で説明されています。
INSTALLOPT
INSTALLOPT 制御ファイル項目は、AON またはその自動化コンポーネントの 1 つ
を定義するために使用されます。 AON、インストールするそのそれぞれのコンポー
ネント、および AON に追加したい自動化に対して INSTALLOPT ステートメント
をコーディングしてください。すべてのキーワードがすべての自動化コンポーネン
トに対して有効なわけではありません。
INSTALLOPT component ,INITIALIZE=
Y
N
第 4 章 Automated Operations Network の定義
373
INSTALLOPT
,DEFTAB=option_definition_table
,IC=initial_clist
(1)
(1)
,OPER=autoops_id
,FAILOP=autoops_id
(1)
,RECOVOP=autoops_id
(1)
,MSGOP=autoops_id
(1)
,MAXPU=number_pus
,ACTMONOP=autoops_id
,LUDRINTVL=interval
,LUDRTHR=threshold
注:
1
このキーワード値は、AUTOOPS ステートメントによって作成された共通グロ
ーバル変数の値です。
component
インストールされるコンポーネントを定義します。例えば、AON の場合は
AON を指定します。
v AON
v APPN
v IP390
v NVAIX
v SA
v SNA
v SNBU
v TCPIP
v X25
INITIALIZE
AON の開始時に、コンポーネントを初期設定するかどうかを定義します。デフ
ォルトは Y です。
DEFTAB
初期設定パラメーターに使用されるオプション定義テーブルを定義します。
EZLTABLE は AON のオプション定義テーブルです。
IC オプション環境を初期設定するプログラムを定義します。これらの定義には、テ
ーブルのロード、自動化オペレーターの開始、アクティブ・モニター・タイマー
の開始といったタスクが含まれます。
374
アドミニストレーション・リファレンス
INSTALLOPT
OPER
初期プログラムを実行する自動化操作を定義します。このオペレーター ID に
対しては AUTOOPS ステートメントを定義してください。
FAILOP
障害処理が特定の自動化操作の下で実行するよう指示します。この処理には、
EZLEFAIL プログラムの実行と、リソース障害とリカバリー・モニターを処理
するその後のプログラムが含まれます。このオペレーター ID に対しては
AUTOOPS ステートメントを定義してください。
RECOVOP
リカバリー処理が特定の自動化操作の下で実行するよう指示します。これには、
EZLERECV プログラムの実行と、リソース・リカバリーに対処するその後のプ
ログラムが含まれます。このオペレーター ID に対する AUTOOPS ステートメ
ントがあることを確認してください。
MSGOP
メッセージングが特定の自動化操作の下で実行するよう指示します。これには、
オペレーター、ログ、および DDF へのメッセージの送信が含まれます。このオ
ペレーター ID に対しては AUTOOPS ステートメントを定義してください。
ACTMONOP
アクティブ・モニターが特定の自動化操作の下で実行するよう指示します。この
オペレーター ID に対しては AUTOOPS ステートメントを定義してください。
MAXPU
X25 処理で使用可能な交換 PU の最大数を指定します。
LUDRINTVL
LUDRSTAT に対してデフォルト間隔を指定します。
LUDRTHR
LUDRSTAT コマンドに対してデフォルトのしきい値を指定します。
使用上の注意:
自動化をインストールして初期設定するには、INSTALLOPT ステートメントを定義
します。
例:
次のデフォルト項目は、オプション定義テーブル EZLTABLE を使用して AON を
開始します。
INSTALLOPT AON,INITIALIZE=Y,DEFTAB=EZLTABLE
例:
次の例では、USER と呼ばれているユーザー作成の自動化コンポーネントが開始され
ています。 USRTABLE は、USER を開始するために使用されるオプション定義テ
ーブルです。
INSTALLOPT USER,INITIALIZE=Y,DEFTAB=USRTABLE
例:
第 4 章 Automated Operations Network の定義
375
INSTALLOPT
次の例は、MVS TCP/IP 機能を定義しています。 Installopt は、既存の
Installopt パラメーターを使用します。
INSTALLOPT IP390,INITIALIZE=Y,FAILOP=TCP3OP2,RECOVOP=TCP3OP2,MSGOP=TCP3OPM
注: INSTALLOPT NVAIX ステートメントと共通したパラメーターの場合は、
INSTALLOPT NVAIX の定義を入力用に使用してください。
IPCONN
IPCONN 制御ファイル項目は、特定のアプリケーションの接続をモニターする場合
に使用するしきい値を定義します。
IPCONN
proc_name ,SP=stack_name
,
,
,THRESH=(byte_count,type,interval, )
,ACTMON=IPCONN
action
proc_name
アプリケーションと関連付けられているプロシージャーの名前。ワイルドカード
文字 (*) がサポートされています。
stack_name
このアプリケーションとの接続をモニターする場合に使用するスタックの名前。
これが TCP390 ポリシー定義名と一致することを確認してください。
THRESH
しきい値分け情報:
byte_count
MVS ホストで出力されるバイト数。
type
byte_count に対するしきい値のタイプ。有効な値は IDLE、MIN、MAX、ま
たはアスタリスク (*) です。アスタリスクを指定した場合は、IDLE を指定
した場合と同じ意味になります。
interval
セッションが非アクティブでいることが可能な時間のしきい値。 hh:mm:ss
形式で指定します。
action
次のアクション・タイプが有効です。
376
NONE
アクションは取られません。 NONE は、他の action と一
緒に指定することはできません。 NONE がデフォルトで
す。
NOTIFY
AON 通知ポリシーで設定されている定義を使用して、指定
ユーザーまたは指定タスクに通知を送信します。
アドミニストレーション・リファレンス
IPCONN
接続を切断し、NOTIFY が指定されていなければ、適切な
メッセージをログに記録します。
DROP
注: action の指定はオプション (任意指定) です。複数のアクションを定義
することができます。同じアクションが 2 回以上指定されると (例え
ば、NOTIFY,NOTIFY)、最初の指定が処理され、重複した指定は無視され
ます。
ACTMON=IPCONN
これは、すべての IPCONN 定義に対して複数のタイマーを使用しないようにす
るためにタイマー間隔を参照するのに必須です。
使用上の注意:
v byte_count にアスタリスク (*) を指定した場合、type は無視されます。
v 複数の THRESH ステートメントがサポートされています。リスト内で最初に一
致したステートメントが、action に指定された値を使用します。
例:
次の例は、2 つの THRESH オプションを指定しています。
IPCONN XYZ*,SP=NMPIPL10,THRESH=(*,*,00:04:00,DROP),THRESH=(2147,MIN,00:00:30,DROP),
ACTMON=IPCONN
スタック NMPIPL10 に関連付けられている、XYZ* という一つ以上のアプリケーシ
ョンとのすべての接続に対し、以下のことが発生します。
v アイドル状態が 4 分を超えると、接続が切断されます。
v アイドル状態が 30 秒を超え、送信されたバイト数が 2147 未満で、送信ウィン
ドウ・サイズがゼロ (0) の場合に、一つまたは複数の接続が切断され、メッセー
ジ FKX108I が出されます。
IPHOST
IPHOST 制御ファイル項目は、IP390 への IP ホストを定義し、必要に応じてそのホ
ストのアクティブ・モニターを定義します。
IPHOST
,
AON_Name
IPADDR= IPaddr ,
,
SP=
stack_name ,
HOSTNAME=
OPTION=
IP390
host_name
,
INTVL=
interval
,
ACTMON= Actmon_Def
,
STATUS= (
,
MIBVAR1, ..., MIBVARn= (
,
FORMAT=
PING
SNMP
status1, ...,statusn
)
mib_var,operator,value
)
第 4 章 Automated Operations Network の定義
377
IPHOST
N
,
CORRELATE=
NONE
,
EXIT14=
Y
user_exit
FKXEXT14
NONE
,
EXIT15=
user_exit
FKXEXT15
AON_Name
AON/TCP によって使用される TCP/IP ホストに関連した固有名。名前は、有効
な REXX シンボルでなければなりません。
SP TCP/IP コマンドに対して使用する TCP/IP スタックの名前。この名前は、MVS
サービス・ポイントと同義です。
OPTION=IP390
唯一の有効な項目は、IP390 です。
IPADDR
モニター対象となる IP ホストの IP アドレス。
HOSTNAME が指定されている場合、このキーワードは必要ありません。
|
HOSTNAME
ドットを含めて 30 文字までを使用する完全修飾 TCP/IP ホスト名を指示しま
す。 HOSTNAME 変数には大/小文字の区別があります。次の例は、ホスト名を
示しています。
mrpres.whitehouse.capital.usa
IPADDR が指定されている場合、このキーワードは必要ありません。
INTERVAL
hh:mm の形式でモニター間隔を定義します。これは、先行して行うモニターに
は必須です。
ACTMON
ネットワーク内のリソースのグループに対してアクティブ・モニターを定義しま
す。追加情報については、 338 ページの『ACTMON』を参照してください。
FORMAT
リソース状況の判別に以下のオプションのうちいずれか 1 つのオプションを使
用することを指定します。
PING
リソースを ping して、その状況を検査します。
SNMP SNMP MIB ポーリングを使用して、リソースの状況を検査します。
STATUS
予想されるリソースの状況 (AON) を定義します。
MIBVAR1
複数の MIBVAR を定義することができ、SNMP しきい値分け
(FORMAT=SNMP が必要) の場合にのみ必要です。
以下の値を operator に指定することができます。
378
アドミニストレーション・リファレンス
IPHOST
v
v
v
v
v
v
EQ
NE
GT
LT
GE
LE
(等しい)
(等しくない)
(より大きい)
(より小さい)
(以上)
(以下)
CORRELATE
IPHOST、IPROUTER、または IPTN3270 と、それぞれのインターフェースとの
トラップ相関を使用する場合は、Y に設定します。 CORRELATE パラメータ
ーは、SNMP が使用可能な場合にのみ、リソースに対して Y に設定してくださ
い。状況を相関させるために、認識されているすべてのインターフェースが使用
されます。相関は、クリティカル IPHOST または IPROUTER にインストール
されているインターフェースに対してのみお勧めします。 N がデフォルトで
す。
EXIT14
SNMP インターフェース・テーブルの追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT14 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT14 です。
EXIT15
ユーザー定義のしきい値 (MIBVAR) の追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT15 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT15 です。
使用上の注意:
ユーザー出口にパラメーターを渡す場合は、キーワードの値を引用符で囲んでくだ
さい。
例:
次の例は、SNMP ポーリングを使用し、先行して行うモニター用のホスト myhost
を定義しています。 myhost の MIB しきい値分けは、MIBVAR1、 MIBVAR2、
MIBVAR3、および MIBVAR4 に基づいて行われます。
ACTMON
ACTMON
IPHOST
IP390,OPTION=IP390,INTVL=01:00,STATUS=NORMAL
IPHOST,OPTION=IP390,INTVL=00:30
myhost,SP=NMPIPL10,
OPTION=IP390,
HOSTNAME=myhost.raleigh.ibm.com,
INTVL=45,
FORMAT=SNMP,
STATUS=(NORMAL,THRESH*,DEGR*),
MIBVAR1=(tcpActiveOpens.0,LT,5000),
MIBVAR2=(tcpInErs.0,GT,5),
MIBVAR3=(lplnDiscards.0,EQ,1),
MIBVAR4=(ipRoutingDiscards.0,GE,3)
第 4 章 Automated Operations Network の定義
379
IPINFC
IPINFC
IPINFC 制御ファイル項目では、IP390 に対する IP インターフェースを定義し、必
要に応じてそのインターフェースのアクティブ・モニターを定義します。
IPINFC
,
AON_Name
IPADDR= IPaddr ,
,
SP=
stack_name ,
HOSTNAME=
OPTION=
IP390
host_name
,
INTVL=
interval
,
ACTMON= Actmon_Def
,
STATUS= (
,
MIBVAR1, ..., MIBVARn= (
,
FORMAT=
PING
SNMP
status1, ...,statusn
)
mib_var,operator,value
)
...
NONE
,
EXIT14=
NONE
,
EXIT15=
user_exit
FKXEXT14
user_exit
FKXEXT15
AON_Name
AON/TCP によって使用される TCP/IP インターフェースに関連した固有名。名
前は、有効な REXX シンボルでなければなりません。
SP TCP/IP コマンドに対して使用する MVS スタックの名前。この名前は、MVS
サービス・ポイントと同義です。
OPTION
唯一の有効な項目は IP390 です。
IPADDR
モニター対象となるインターフェースの IP アドレス。
|
HOSTNAME が指定されている場合、このキーワードは必要ありません。
|
HOSTNAME
ドットを含めて 30 文字までを使用する完全修飾 TCP/IP ホスト名を指示しま
す。 HOSTNAME 変数には大/小文字の区別があります。次の例は、ホスト名を
示しています。
mrpres.whitehouse.capital.usa
INTERVAL
hh:mm の形式でモニター間隔を定義します。これは、先行して行うモニターに
は必須です。
ACTMON
ネットワーク内のリソースのグループに対してアクティブ・モニターを定義しま
す。追加情報については、 338 ページの『ACTMON』を参照してください。
380
アドミニストレーション・リファレンス
IPINFC
FORMAT
リソース状況の判別に以下のオプションのうちいずれか 1 つのオプションを使
用することを指定します。
PING
リソースを ping して、その状況を検査します。
SNMP SNMP MIB ポーリングを使用して、リソースの状況を検査します。
STATUS
予想されるリソースの状況 (AON) を定義します。
MIBVAR1 - n
複数の MIBVAR を定義することができ、SNMP しきい値分け
(FORMAT=SNMP が必要) の場合にのみ必要です。
以下の値を operator に指定することができます。
v EQ (等しい)
v NE (等しくない)
v GT (より大きい)
v LT (より小さい)
v GE (以上)
v LE (以下)
EXIT14
SNMP インターフェース・テーブルの追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT14 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT14 です。
EXIT15
ユーザー定義のしきい値 (MIBVAR) の追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT15 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT15 です。
使用上の注意:
ユーザー出口にパラメーターを渡す場合は、キーワードの値を引用符で囲んでくだ
さい。
例:
次の例は、SNMP によって 15 分ごとにモニターされ、各回に 1 つずつ MIB 変数
を検査する HOST ポリシー・グループの一部として、INFC MLRITE を定義してい
ます。 NORMAL または DEGRADED 状況であれば十分です。
ACTMON
ACTMON
ACTMON
IP390,OPTION=IP390,INTVL=01:00,STATUS=NORMAL
IPINFC,OPTION=IP390,INTVL=00:30
HOST,OPTION=IP390,INTVL=00:15,
FORMAT=SNMP,
MIBVAR1=(ipRoutingDiscards.0,GE,3),
STATUS=(NORMAL,DEGRADED)
IPINFC
MLRITE,OPTION=IP390,
ACTMON=HOST,
SP=NMPIPL10,
IPADDR=9.37.74.18,
HOSTNAME=mlrite.raleigh.ibm.com
第 4 章 Automated Operations Network の定義
381
IPNAMESERV
IPNAMESERV
IPNAMESERV 制御ファイル項目は、IP390 に対する IP ネーム・サーバーを定義
し、必要に応じてそのネーム・サーバーのアクティブ・モニターを定義します。
IPNAMESERV
,
AON_Name
IPADDR= IPaddr ,
,
SP=
HOSTNAME=
stack_name ,
OPTION=
IP390
INTVL=
interval
host_name
,
,
ACTMON= Actmon_Def
,
STATUS= (
,
MIBVAR1, ..., MIBVARn= (
,
FORMAT=
PING
SNMP
status1, ...,statusn
)
mib_var,operator,value
)
...
NONE
,
EXIT14=
NONE
,
EXIT15=
user_exit
FKXEXT14
user_exit
FKXEXT15
AON_Name
AON/TCP によって使用される TCP/IP ネーム・サーバーに関連した固有名。名
前は、有効な REXX シンボルでなければなりません。
SP TCP/IP コマンドに対して使用する MVS スタックの名前。この名前は、MVS
サービス・ポイントと同義です。
OPTION=IP390
唯一の有効な項目は、IP390 です。
IPADDR
モニター対象となるドメイン・ネーム・サーバーの IP アドレス。
HOSTNAME
ドットを含めて 30 文字までを使用する完全修飾 TCP/IP ホスト名を指示しま
す。 HOSTNAME 変数には大/小文字の区別があります。次の例は、ホスト名を
示しています。
mrpres.whitehouse.capital.usa
INTERVAL
hh:mm の形式でモニター間隔を定義します。これは、先行して行うモニターに
は必須です。 IPSTAT に対して間隔が定義はされているが、指定されてはいな
ければ、モニターは行われません。
ACTMON
ネットワーク内のリソースに対してアクティブ・モニターを定義します。詳細に
ついては、 338 ページの『ACTMON』を参照してください。
FORMAT
以下のオプションのうちいずれか 1 つのオプションを使用することを指定しま
す。
382
アドミニストレーション・リファレンス
IPNAMESERV
PING
リソースを ping して、その状況を検査します。
SNMP
SNMP MIB ポーリングを使用して、リソースの状況を検査しま
す。
STATUS
予想されるリソースの状況 (AON) を定義します。
MIBVAR1 - n
複数の MIBVAR を定義することができ、SNMP しきい値分け
(FORMAT=SNMP が必要) の場合にのみ必要です。
以下の値を operator に指定することができます。
v EQ (等しい)
v NE (等しくない)
v GT (より大きい)
v LT (より小さい)
v GE (以上)
v LE (以下)
EXIT14
SNMP インターフェース・テーブルの追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT14 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT14 です。
EXIT15
ユーザー定義のしきい値 (MIBVAR) の追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT15 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT15 です。
使用上の注意:
ユーザー出口にパラメーターを渡す場合は、キーワードの値を引用符で囲んでくだ
さい。
例:
次の例は、PING を通して 15 分ごとにモニターされる DNSMON ポリシー・グル
ープの一部として、DNS RAL11 を定義しています。 NORMAL 状況は、IP390 レ
ベルから生じます。
ACTMON
ACTMON
ACTMON
IP390,OPTION=IP390,INTVL=01:00,STATUS=NORMAL
IPNAMESERV,OPTION=IP390,INTVL=00:30
DNSMON,OPTION=IP390,INTVL=00:15,
FORMAT=PING
IPNAMESERV RAL11,
SP=NMPIPL10,
OPTION=IP390,
IPADDR=9.37.240.3,
HOSTNAME=ralname11.raleigh.ibm.com,
ACTMON=DNSMON
第 4 章 Automated Operations Network の定義
383
IPPORT
IPPORT
IPPORT 制御ファイル項目は、IP390 に対する IP ポートを定義し、必要に応じてそ
の指定ポートのモニターを定義します。
IPPORT
Socket_Name
,
SP=
stack_name
,
PROTOCOL=
,
PORT=
Port_Num
*
,
TCPNAME= User_ID
Port_Type
YES
NO
,
SESSTAT=
,
,
ACTIVATE= ″Start_Command″
,
EXIT13= ’User_Exit’
,
ACTMON= Actmon_Def
,
STATUS= (
MVS
TSO
UNIX
NETV
CMDTYPE=
,
DELAY=
Mins
,
STOP=
″Stop_Command″
,
″User_Text″
DESC=
,
FORMAT=
PORT
status1,....,statusn
)
Socket_Name
AON/TCP によって使用される TCP/IP ソケットに関連した固有名。名前は、有
効な REXX シンボルでなければなりません。
SP TCP/IP コマンドに対して使用する MVS スタックの名前。この名前は、MVS
サービス・ポイントの定義と同義です。追加情報については、 320 ページの
『TCP390』を参照してください。
PORT
予想される TCP/IP ポート番号。ポート番号は以下のグループに分けられます。
v 0 から 1023 はウェルノウン・ポートです。
v 1024 から 49151 は登録済みのポートです。
v 49152 から 65535 は専用ポートです。
アスタリスク (*) がコーディングされている場合、AON は、TCPIP に認識さ
れている TN3270 ソケットを動的に判別します。これによって、複数の
TN3270 ソケットを実行でき、CS/390 V2R6 以上が必要です。各ソケットのポ
リシー名は、TN- にポート番号が連結されたものになります。例えば、ポート
1055 に接続する TN3270 セッションには、TN-1055 が使用されます。アスタリ
スクは、TN3270 定義に対してのみ有効です。
注: 複数の TN3270 ポートを使用して CS/390 V2R6 以上を実行している場
合、AON によって作成される動的ポリシー定義への変更は、次のスタッ
ク・モニター間隔まではリセットされません。
384
アドミニストレーション・リファレンス
IPPORT
TCPNAME
ポートを開いたアプリケーションの MVS ジョブ名。
PROTOCOL
ソケットのタイプを定義します。次のポートのタイプを指定できます。
v TCP
v UDP
SESSTAT
セッション状況表示パネルでソケットを定義 (ただし、表示はされません) でき
るようにします。
YES
SESSTAT = YES であるか、SESSTAT がコーディングされていない場
合は、IPSTAT の実行時にそのソケットに対するセッションが表示され
ます。
NO
SESSTAT=NO がコーディングされている場合は、そのソケットに対す
るセッション (存在する場合) は、IPSTAT では使用できません。
CMDTYPE
コマンドのタイプを定義します。次のコマンドのタイプを指定できます。
v MVS (デフォルト)
v TSO
v UNIX
v NETV
DELAY
STOP コマンドが出された後、処理が遅らされる分数 (時間) を定義します。こ
れが指定されていない場合は、ACTIVATE コマンドが STOP コマンドの直後に
出されます。
ACTIVATE
ポートを開始するコマンドを定義します。
STOP
ポートを停止するコマンドを定義します。
EXIT 13
STOP コマンドの前と ACTIVATE コマンドの前に実行するユーザー・コード。
ユーザー出口戻りコードがゼロ以外の場合、STOP または ACTIVATE コマンド
は出されません。
DESC
ユーザー定義テキスト。
ACTMON
ネットワーク内のリソースのグループに対してアクティブ・モニターを定義しま
す。追加情報については、 338 ページの『ACTMON』を参照してください。
FORMAT=PORT
リソースの状況を検査するためにポート・データが収集されることを指定しま
す。 PORT が、IPPORT に有効な唯一のオプションです。
STATUS
予想されるリソースの状況 (AON) を定義します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
385
IPPORT
例:
次の例では、SMTP ポート、ソケット番号 25 を、SNMP GET 要求を使用して、す
べてのポートに対する IPPORT (restype) ポリシーに基づき 5 分おきにモニターす
ることを定義します。 NORMAL 状況は、IP390 レベルから生じます。
ACTMON
ACTMON
IP390,OPTION=IP390,STATUS=NORMAL
IPPORT,OPTION=IP390,INTVL=00:05,FORMAT=PORT
IPPORT SMTP,
SP=NMPIPL10,
PORT=25,
TCPNAME=SMTP32,
ACTMON=IPPORT,
DESC=’SMTP Socket 25’
例:
次の例は、ACTMON IPPORT ステートメントが INTVL キーワードおよびその値を
指定していない場合に、NetView Web ブラウザー・ソケットをデフォルトの 10 分
おきにモニターするように定義します。
IPPORT DSIWBTSK,SP=NMPIPL10,
PORT=8008,
TCPNAME=E330WTCP,
CMDTYPE=NETV,
STATUS=NORMAL,
ACTIVATE="START TASK=DSIWBTSK",
DESC= "NetView Web Browser Socket"
ソケット・モニターが、ソケットが停止していることを検出した場合は、自動化は
NetView START TASK=DSIWBTSK コマンドを出します。デフォルトでは、
SESSTAT=YES なので、セッション状況機能には DSIWBTSK も使用可能です。
IPROUTER
IPROUTER 制御ファイル項目は、IP390 に対する IP ルーターを定義し、必要に応
じてそのルーターのアクティブ・モニターを定義します。
IPROUTER
,
AON_Name
IPADDR= ipaddr ,
,
SP=
HOSTNAME=
stack_name ,
OPTION=
IP390
host_name
,
INTVL=
interval
,
ACTMON= Actmon_Def
,
STATUS= (
,
MIBVAR1, ..., MIBVARn= (
,
FORMAT=
PING
SNMP
status1, ...,statusn
)
386
アドミニストレーション・リファレンス
mib_var,operator,value
)
...
IPROUTER
N
,
CORRELATE=
NONE
,
EXIT14=
Y
user_exit
FKXEXT14
NONE
,
EXIT15=
user_exit
FKXEXT15
AON_Name
AON/TCP によって使用されるルーターに関連した固有名。名前は、有効な
REXX シンボルでなければなりません。
SP TCP/IP コマンドに対して使用する MVS スタックの名前。この名前は、MVS
サービス・ポイントと同義です。
OPTION=IP390
唯一の有効な項目は IP390 です。
|
IPADDR
モニター対象となるルーターの IP アドレス。
HOSTNAME
ドットを含めて 30 文字までを使用する完全修飾 TCP/IP ホスト名を指示しま
す。 HOSTNAME 変数には大/小文字の区別があります。次の例は、ホスト名を
示しています。
mrpres.whitehouse.capital.usa
INTERVAL
hh:mm の形式でモニター間隔を定義します。これは、先行して行うモニターに
は必須です。 IPSTAT に対して間隔が定義はされているが、指定されてはいな
ければ、モニターは発生しません。
ACTMON
ネットワーク内のリソースのグループに対してアクティブ・モニターを定義しま
す。追加情報については、 338 ページの『ACTMON』を参照してください。
FORMAT
リソース状況の判別に以下のオプションのうちいずれか 1 つのオプションを使
用することを指定します。
PING
リソースを ping して、その状況を検査します。
SNMP
SNMP MIB ポーリングを使用して、リソースの状況を検査しま
す。
STATUS
予想されるリソースの状況 (AON) を定義します。
MIBVAR1 - n
複数の MIBVAR を定義することができ、SNMP しきい値分け
(FORMAT=SNMP が必要) の場合にのみ必要です。
以下の値を operator に指定することができます。
v EQ (等しい)
第 4 章 Automated Operations Network の定義
387
IPROUTER
v
v
v
v
v
NE
GT
LT
GE
LE
(等しくない)
(より大きい)
(より小さい)
(以上)
(以下)
CORRELATE
IPHOST、IPROUTER、または IPTN3270 と、それぞれのインターフェースとの
トラップ相関を使用する場合は、Y に設定します。 CORRELATE パラメータ
ーは、SNMP が使用可能な場合にのみ、リソースに対して Y に設定してくださ
い。状況を相関させるために、認識されているすべてのインターフェースが使用
されます。相関は、クリティカル IPHOST または IPROUTER にインストール
されているインターフェースに対してのみ使用してください。 N がデフォルト
です。
EXIT14
SNMP インターフェース・テーブルの追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。IBM 提供のユーザ
ー出口は、FKXEXT14 です。
EXIT15
ユーザー定義のしきい値 (MIBVAR) の追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT15 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT15 です。
使用上の注意:
ユーザー出口にパラメーターを渡す場合は、キーワードの値を引用符で囲んでくだ
さい。
例:
次の例は、SNMP を通して 15 分おきにモニターされる NYROUTERS ポリシー・
グループの一部として、ROUTER1 を定義しています。
ACTMON
ACTMON
ACTMON
IP390,OPTION=IP390,INTVL=01:,STATUS=NORMAL
IPROUTER,OPTION=IP390,INTVL=00:30,STATUS=NORMAL
NYROUTERS,OPTION=IP390,INTVL=00:15,
FORMAT=SNMP
IPROUTER
ROUTER1,
SP=NMPIPL10,
OPTION=IP390,
IPADDR=9.67.2.299,
HOSTNAME=router1.plant.floor.com,
ACTMON=NYROUTERS
IPTN3270
IPTN3270 制御ファイル項目は、IP390 に対する TN3270 サーバー (セッション管理
に使用) を定義し、必要に応じてその TN3270 サーバーのアクティブ・モニターを
定義します。
388
アドミニストレーション・リファレンス
IPTN3270
IPTN3270
,
TNPORT=
name
,
IPADDR=
23
portnum
,
address ,
SYSTEM=
SP=
TN3270 ,
stack_name
DATACOL=
module
,
DROP= module
,
FORMAT=
,
TNIPADDRx= address:yy
,
ACTMON= Actmon_Def
,
MIBVAR1, ..., MIBVARn= (
SNMP
PING
,
HOSTNAME=
host_name
,
INTVL=
interval
,
STATUS= (
status1, ...,statusn
)
mib_var,operator,value
)
...
N
,
CORRELATE=
NONE
,
Y
EXIT14=
user_exit
FKXEXT14
NONE
,
EXIT15=
user_exit
FKXEXT15
name
AON/TCP によって使用される TCP/IP ホストに関連した固有名。名前は、有効
な REXX シンボルでなければなりません。
|
IPADDR
モニター対象となる TN3270 サーバーの IP アドレス。
SP TCP/IP コマンドに対して使用する MVS スタックの名前。この名前は、MVS
サービス・ポイントと同義です。
TNPORT
TN3270 ポート番号。
SYSTEM
このサーバー・リソースのサービス・ポイントのタイプ。
DATACOL
FKXE2COL に対し、TN3270 セッション・データを取得するために照会する
SNMP MIB を知らせます。これは、TN3270 システムには必須です。
注: Cisco CIP には、FKXEXCIP を使用します。
DROP
FKXE2210 に対し、セッション・ドロップ要求を処理するために使用するルー
チンを指示します。
FORMAT
リソース状況の判別に以下のオプションのうちいずれか 1 つのオプションを使
用することを指定します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
389
IPTN3270
PING
リソースを ping して、その状況を検査します。
SNMP
SNMP MIB ポーリングを使用して、リソースの状況を検査しま
す。
HOSTNAME
ドットを含めて 30 文字までを使用する完全修飾 TCP/IP ホスト名を指示しま
す。 HOSTNAME 変数には大/小文字の区別があります。次の例は、ホスト名を
示しています。
mrpres.whitehouse.capital.usa
TNIPADDRx=address:yy
TN3270 サーバーの IP アドレス。項目の意味:
|
|
x
1 桁の整数 (0 から 9)
|
yy
Telnet サーバーのポート番号。デフォルトは 23 です。
CORRELATE
IPHOST、IPROUTER、または IPTN3270 と、それぞれのインターフェースとの
トラップ相関を使用する場合は、Y に設定します。 CORRELATE パラメータ
ーは、SNMP が使用可能な場合にのみ、リソースに対して Y に設定してくださ
い。状況を相関させるために、認識されているすべてのインターフェースが使用
されます。相関は、クリティカル IPHOST または IPROUTER にインストール
されているインターフェースに対してのみ使用してください。 N がデフォルト
です。
INTVL
hh:mm の形式でモニター間隔を定義します。これは、先行して行うモニターに
は必須です。
ACTMON
ネットワーク内のリソースのグループに対してアクティブ・モニターを定義しま
す。追加情報については、 338 ページの『ACTMON』を参照してください。
STATUS
予想されるリソースの状況 (AON) を定義します。
MIBVAR1 - n
複数の MIBVAR を定義することができ、SNMP しきい値分け
(FORMAT=SNMP が必要) の場合にのみ必要です。
以下の値を operator に指定することができます。
v EQ (等しい)
v NE (等しくない)
v GT (より大きい)
v LT (より小さい)
v GE (以上)
v LE (以下)
EXIT14
SNMP インターフェース・テーブルの追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT14 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT14 です。
390
アドミニストレーション・リファレンス
IPTN3270
EXIT15
ユーザー定義のしきい値 (MIBVAR) の追加処理を定義します。デフォルト値は
NONE です。 EXIT15 は、FORMAT=SNMP の場合に呼び出されます。 IBM
提供のユーザー出口は、FKXEXT15 です。
使用上の注意:
ユーザー出口にパラメーターを渡す場合は、キーワードの値を引用符で囲んでくだ
さい。
例:
次の例は、IPTN3270 を示しています。
IPTN3270 IBM2210,
SP=MVSA,
IPADDR=99.200.99.100,
TNPORT=23,SYSTEM=TN3270,
DATACOL=FKXEX216,
INTVL=15,
FORMAT=SNMP,
STATUS=(NORMAL,DEGR*,THRESH*),
HOSTNAME=IBM2210.rtp.lab.ibm.com
次の例は、Cisco CIP の場合の IPTN3270 を示しています。
IPTN3270 CIP3270,
SP=TVT2017,
IPADDR=99.200.10.100,
TNIPADDR=99.200.10.101:23,
TNIPADDR2=99.200.10.102:23,
TNIPADDR3=99.200.10.103:623,
SYSTEM=TN3270,
DATACOL=FKXEXCIP,
INTVL=15,
FORMAT=SNMP,
STATUS=(NORMAL,DEGR*,THRESH*),
HOSTNAME=cip3270.rtp.lab.ibm.com
LSTHRESH
LSTHRESH (大規模しきい値分け) 制御ファイル項目は、特定タイプのネットワーク
全体のイベントをカウントし、特定の期間中のイベントの発生回数のしきい値を設
定します。
LSTHRESH
LSTHRESH NAMESERV, COUNT=(nn,hh:mm), EVENTLIM=nnn,
,NOTIFY=
ALL
THR
NAMESERV
AON/TCP のネーム・サーバー障害しきい値。
COUNT
イベントの数 (1 から 999) と時間間隔を指定します。指定された間隔内で、指
第 4 章 Automated Operations Network の定義
391
LSTHRESH
定されたイベントの数を超えると、しきい値のタイプと自動化のタイプに応じて
AON がオペレーターに通知し、他のアクションを開始します。
EVENTLIM
しきい値分析のために AON がトラック (日時のタイム・スタンプのみが保存さ
れる) する合計イベントの最大数。この数が、COUNT よりもかなり大きいこと
を確認してください。日時のタイム・スタンプは、255 バイトのグローバル変数
に圧縮されて、各変数に 25 のイベントを保管できるようにされます。例えば、
EVENTLIM=200 の場合は、AON は 8 つのグローバル変数を使用して、同時に
200 までのイベントをトラッキングします。
NOTIFY
このオプション・パラメーター (任意指定パラメーター) は、AON/TCP でのみ
使用されます。 NOTIFY は、イベントが発生する度にオペレーターに通知する
か、しきい値を超えた場合にだけ通知するかを指定します。 ALL は、発生する
度にオペレーターに通知することを指定します。 THR は、しきい値を超えた時
にだけオペレーターに通知することを指定します。デフォルトは ALL です。
例:
LSTHRESH NAMESERV,COUNT=(10,00:10),EVENTLIM=50,NTFY=THR
この例では、ネーム・サーバー・アラートが AON/TCP によってトラッキングされ
ます。折り返しが発生するまで 最大 50 のイベントがグローバル変数に保存されま
す。
10 分の時間枠内にネーム・サーバー・アラートが受信されると、AON/TCP は適切
な担当者にネーム・サーバーのしきい値を超えたことを通知します。これは、ネッ
トワーク全体のパフォーマンス上の問題が起こりうることを意味します。
MONIT
MONIT 制御ファイル項目は、障害のあるネットワーク・リソースの再活動化間隔を
制御します。 AON は指定されている間隔で、障害のあるリソースの再活動化を試
行し、必要に応じてオペレーターに通知します。制御ファイルには、各リソースに
対して 1 つ、リソース・タイプに対して 1 つ、デフォルト・アクションに対して
1 つというように、複数の MONIT 項目を組み込むことができます。少なくとも 1
つの MONIT 制御ファイル項目が必要です。 MONIT DEFAULTS 項目をコーディ
ングする必要があります。
ご使用のシステムに覚え書き間隔自動化処理の特別な要件がある場合は、特定の
MONIT 間隔に対して AON ユーザー出口を定義してください。これらは、MONIT
項目か ENVIRON EXIT 項目の中で指定されます。
MONIT
MONIT
392
DEFAULTS
ResType
ResName
Res*
アドミニストレーション・リファレンス
,INTVL=(
hh:mm,Y
hh:mm,N
hh:mm,YF
hh:mm,NF
)
,EXIT09=User_Exit
MONIT
DEFAULTS
システム全体のデフォルト。 MONIT DEFAULTS 項目が必要です。
ResType
自動化するリソースのタイプ。 AON は、サブシステム、MVS コンポーネン
ト、ネットワーク・コンポーネントという 3 つのリソース・タイプを認識しま
す。ネットワーク・コンポーネント名の例としては、LU、PU、LINE、
CDRM、NCP、APPL、および LINKSTA があります。以下のようなワイルドカ
ード文字を使用できます。
*
複数文字のワイルドカード
%
単一文字のワイルドカード
例えば、 PU0* と P%%1 は両方とも PU01 に一致します。
ResName
リソースの名前。
Res*
リソース・レベルのグループ。
INTVL
MONIT 間隔を hh:mm の形式で定義します。値の範囲は、00:01 から 24:00 で
す。間隔は累積的です。 INTVL は直前の活動化からの遅延時間になります。時
間 の他に、INTVL は、モニター間隔と各間隔で行われる通知アクションを定義
します。デフォルト値はありません。
Y
リソースまたはイベント・タイプに対して定義されている通知ポリシーを呼
び出します。
N
通知ポリシーを呼び出しません。通知オペレーターにメッセージを送信しま
す。
YF
NOMOMONS 通知ポリシーに基づいてオペレーターに通知し、リソースが
リカバリーするか制御ファイルが再ロードされるまで、最後に指定されてい
る間隔でリカバリー・モニターを繰り返します。
NF
最後に指定されている間隔でリカバリー・モニターを繰り返しますが、通知
ポリシーは呼び出しません。
EXIT09
EXIT09 は EZLECATV ユーザー出口です。このユーザー出口によって、任意の
MONIT 値をオーバーライドすることができます。例えば、各間隔に対して通知
ポリシーをインプリメントできます。
使用上の注意:
AON は、これが検出する最も特定度の高い MONIT 項目を使用してモニターとリ
カバリー・アクティビティーをガイドします。 DEFAULTS、PU、および PU02 の
MONIT ステートメントが定義されていて、PU01 に障害がある場合、AON はリソ
ース・タイプ PU 用の MONIT ステートメントを使用します。 PU02 に障害があ
る場合は、AON は PU02 という名前のリソース用の MONIT ステートメントを使
用します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
393
MONIT
例:
次の MONIT 項目の例は、AON が、障害の 10 分後に PU の再活動化を試行し、
最初の再活動化の試行から 20 分後に再度試行するようにします。最後のリカバリ
ーの試みは、最初の障害の 2 時間後に行われます。オペレーターへの通知は、すべ
ての試みの度に出されます。
MONIT PU,INTVL=(00:10,Y),INTVL=(00:20,Y),INTVL=(01:30,Y)
次の MONIT 項目の例は、障害の 5 分後にリソース TA1T1000 の再活動化を試行
し、その最初の再活動化の試みの 1 時間後に再試行し、その後は 8 時間の間隔で
継続してこの試みを繰り返します。オペレーター通知は、リソースがアクティブに
なるか、タイマーがパージされるか、あるいはオペレーターがリソースを非活動化
するまで、5 分、3 時間間隔で出され、それ以降は 8 時間間隔で出されます。
MONIT TA1T100,INTVL=(00:05,Y),INTVL=(01:00,N),INTVL=(08:00,N),
INTVL=(08:00,N),INTVL=(08:00,YF)
MONITOR
MONITOR 制御ファイル項目は、ゲートウェイ接続のモニターを定義します。
MONITOR 項目は、状況変更が発生する場合、ゲートウェイのリカバリーを可能に
します。フォーカル・ポイント・ホストの制御ファイルには、それぞれの分散ホス
トに対して 1 項目ずつ含めることができます。分散ホストでは、フォーカル・ポイ
ントとバックアップ・フォーカル・ポイントそれぞれに対して 1 項目が有効です。
MONITOR domain ,INTERVAL=hh:mm ,TIMEOUT=ss
domain
ターゲット・ホスト・ドメインを識別します。
INTERVAL
ゲートウェイ・オペレーターのためのドメインへの NNT セッションが存在し
ていることを検査するために用いる時間間隔を指定します。
TIMEOUT
AON が、指定されているドメインからの応答を待機する時間を秒単位で指定し
ます。 TIMEOUT 値を超えると、AON は、ログオン・プロセスを再初期設定
してゲートウェイ NNT セッションのリカバリー手順を開始します。
使用上の注意:
項目は、モニターされる各ゲートウェイごとに 1 つずつ必要です。モニター・サイ
クルでは、照会は TIMEOUT 値で分散ホストへ送信されます。照会 TIMEOUT 値
を超えると、自動化が NNT セッションの再確立のための手順を開始します。
例:
次の例では、AON は、ゲートウェイ・オペレーターからドメイン CNM01 への
NNT セッションが存在しているかを 5 分ごとに判別します。 AON は、30 分以内
に CNM01 から応答を受信しないと、ゲートウェイ NNT セッションのリカバリー
394
アドミニストレーション・リファレンス
MONITOR
手順を開始します。 NNT がアクティブでない場合は、NNT セッションの状況を示
すメッセージが出されます。ゲートウェイ・オペレーターに対して EZLE1IMN が
開始されます。
MONITOR CNM01,INTERVAL=00:05,TIMEOUT=30
NCPRECOV (SNA)
制御ファイル内の NCPRECOV 制御ファイル項目は、NCP のリカバリー・パラメー
ターを指定します。 NCP をダンプするオプションを受信すると、AON/SNA は制
御ファイルから非クリティカル応答で応答します。 NCP が NCP のクリティカル
しきい値設定を超える回数ダンプした場合は、クリティカル応答が送信されます。
ダンプ応答が行われると、通知オペレーターにアラートが送信されます。ダンプが
失敗するか、または DUMPTIME パラメーターで定義されている時間よりも長くか
かった場合にも、通知オペレーターにアラートが出されます。
AON/SNA は、NCPRECOV 値を使用して、NCP を再ロードするか否かを決定しま
す。ダンプ・オプションと同様に、許可されている応答の数のしきい値を超えるま
では、非クリティカル応答が出されます。アラートは、クリティカル・ロードの応
答または失敗時に出されます。 NCP に対する特定の時間枠内のダンプ数のクリテ
ィカルしきい値は、THRESHOLDS 制御ファイル項目で定義されます。 CP の活動
化によっても、アラートが生成されます。
初期テスト・ルーチンにアクセスできない場合、AON/SNA は初期テストをバイパ
スして、NCP をロードします。 NCP とシステム・サービス制御点 (SSCP) の間で
ロード障害またはセッション障害が発生すると、通知オペレーターにアラートが出
されます。
NCP が誤ったロード・モジュールでロードされると、AON/SNA は NCP の再活動
化を取り消して、通知オペレーターにアラートを出します。
NCPRECOV はオプション (任意指定) の制御ファイル項目です。ただし、
AON/NCPRECOV を実行している所有ホストおよびチャネル接続ホスト上でリカバ
リーする各 NCP には、NCPRECOV ステートメントを定義する必要があります。
NCPRECOV ncpname ,HOST=domain ,DUMP=(
,RELOAD=(
Y
N
,
Y
N
Y
N
,
Y
N
)
) ,DUMPTIME=hh:mm ,LOADTIME=hh:mm
,LINKSTA=resource_name
,LOADMOD=loadmod_name
,DUMPSTA=resource_name
,EXIT01=cmd
,EXIT02=cmd
,AUTOINIT=
Y
N
,EXIT03=cmd
,EXIT04=cmd
ncpname
NCP の名前 (PU 名) を識別します。ワイルドカード文字を使用すれば、各
第 4 章 Automated Operations Network の定義
395
NCPRECOV (SNA)
NCP 生成サイクルごとに制御ファイルを更新せずに、NCP 命名規則に反映され
ているバージョン変更をアドレスすることができます。ただし、NCP 名と NCP
をロードするために使用するリンク局との正しい関係を維持するためには、各物
理 NCP ごとに項目が必要です。
HOST
リカバリー・ホストのドメイン ID を示します。リカバリー・ホストは、ダン
プに応答し、未解決の応答を再ロードするチャネル接続ホストです。他のチャネ
ル接続ホストは、ダンプに対して NO (N) と応答するか、あるいは、AON/SNA
がインストールされ、NCPRECOV ステートメントが NCP に対してこのホスト
名でコーディングされている場合は、未解決の応答を再ロードします。
DUMP
リカバリー・ホスト用のダンプ応答を指定します。最初のパラメーターは、非ク
リティカル・ダンプ応答です。 2 番目のパラメーターは、しきい値を超えた場
合に出されるクリティカル・ダンプ応答です。
RELOAD
リカバリー・ホスト用の再ロード応答を指定します。最初のパラメーターは、非
クリティカル再ロード応答です。 2 番目のパラメーターは、しきい値を超えた
場合に出されるクリティカル再ロード応答です。これらのパラメーターの値をそ
れぞれ、Y (Yes) または N (No) として定義してください。
DUMPTIME
この NCP のダンプに必要な時間 (hh:mm) を指定します。これを過ぎると、こ
の NCP のダンプに時間がかかり過ぎていることがオペレーターに通知されま
す。時間は、未解決の応答が出された時から、ダンプ完了メッセージが出される
時までの間の時間として測定されます。
LOADTIME
この NCP のロードに必要な時間 (hh:mm) を指定します。これを過ぎると、こ
の NCP のロードに時間がかかり過ぎていることがオペレーターに通知されま
す。この時間は、未解決の応答が出された時から、ロード完了メッセージが出さ
れる時までの間の時間として計測されます。
LOADMOD
NCP のロードに使用される NCP ロード・モジュール名。デフォルト値は、
NCP 定義で指定されている NCP PU 名です。
LINKSTA
NCP をロードするために使用するリンク局を指定し、ロードされるオプション
に対する応答を作成します。 NCP には、これを正確に定義する必要がありま
す。これは、リンク局の障害が受信されるときに NCP 障害の早期検出のために
使用されます。
DUMPSTA
NCP のダンプに使用するリンク局を指定します。ダンプを行うオプションへの
応答で使用されます。これは、オプション・パラメーター (任意指定パラメータ
ー) です。
EXIT01
ユーザー定義のコマンドまたはコマンド・リストを指定します。 EXIT01 出口
で定義されているプログラムは、ダンプ・メッセージが応答を受信した後に実行
396
アドミニストレーション・リファレンス
NCPRECOV (SNA)
します。サンプル出口ルーチン (CNMSAMP の FKVEX01) が提供されていま
す。これは、オプション・パラメーター (任意指定パラメーター) です。
EXIT02
ユーザー定義のコマンドまたはコマンド・リストを指定します。 EXIT02 出口
で定義されているプログラムは、ダンプが完了し、ダンプ時間超過タイマーがパ
ージされた後に実行します。サンプル出口ルーチン (CNMSAMP の FKVEX02)
が提供されています。これは、オプション・パラメーター (任意指定パラメータ
ー) です。
AUTOINIT
Y (YES) または N (NO) を指定します。 Y がデフォルトです。 AON の始動
時に NCP がまだアクティブになっていない場合に、これを活動化するかどうか
を指定します。
EXIT03
ユーザー定義のコマンドまたはコマンド・リストを指定します。 EXIT03 出口
で定義されているプログラムは、ダンプ・メッセージに応答が返された後に実行
します。サンプル出口ルーチン (CNMSAMP の FKVEX03) が提供されていま
す。これは、オプション・パラメーター (任意指定パラメーター) です。
EXIT04
ユーザー定義のコマンドまたはコマンド・リストを指定します。 EXIT04 出口
で定義されているプログラムは、ロードが完了し、ロード時間を超過したタイマ
ーがパージされた後に実行します。サンプル出口ルーチン (CNMSAMP の
FKVEX04) が提供されています。これは、オプション・パラメーター (任意指定
パラメーター) です。
使用法:
v いずれかのサンプル出口を使用する場合は、それらをサンプル・ライブラリーか
ら DSICLD ライブラリーにコピーしてください。
v NCP 上でメッセージ IST530I (GBIND PENDING) 障害を出した後、および再ロ
ードの後は、リカバリー・ホスト以外のホストが、NCP を活動化します。
v 各 NCP をリカバリーするための NCPRECOV ステートメントを定義します。
v AUTOINIT=Y をコーディングした場合 (または、デフォルトとしてこれを使用し
た場合) は、AON の初期設定時に NCP がアクティブでないと、AON リカバリ
ー・プロセスが実行されます。したがって、大規模なネットワークでは、それほ
どクリティカルではない NCP に対しては、AUTOINIT=N をコーディングするこ
とが必要になる場合があります。
例:
次の例は、NCP が NCPZZ として定義され、ドメイン CNM01 に対してロードが
要求されていることを想定しています。
NCPRECOV
NCPZZ,HOST=CNM01,DUMP=(Y,N),RELOAD=(Y,N),
LINKSTA=123-S,DUMPSTA=630-S,
LOADTIME=00:15,DUMPTIME=00:10,
LOADMOD=NCPYY,AUTOINIT=N
クリティカルしきい値を超えていない場合、ダンプ応答に対する応答は、YES (Y)
です。クリティカルしきい値を超えている場合、ダンプ応答に対する応答は、NO
(N) です。リンク局 630-S は、NCP のロードとダンプの両方に使用されます。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
397
NCPRECOV (SNA)
NCP のロードには、15 分より長くはかからないことが予想されています。 NCP
のダンプは、 10 分以内に完了することが予想されています。出口は使用されてい
ません。ダンプ定義は CNM01 および CNM02 にあり、ダンプまたはロード要求は
CNM02 に表示され、CNM02 の応答はすべての状況において NO (N) です。
NOTIFY
NOTIFY 制御ファイル項目は、AON 通知を受信する NetView オペレーターに対す
る通知アクションを定義します。これらの通知となりえるものとしては、メッセー
ジ、アラート、DDF 更新、およびビーパーまたは電子メールといったポリシー通知
アクションがあります。
NOTIFY
DEFAULTS
ResType
ResName
Res*
Event_Type
ALERT=
NO
YES
TEC
INFORM=
NO
Inform_Policy_Name
MSG=
NO
YES
DDF=
NO
YES
,EXIT10=’User_Exit’
DEFAULTS
システム全体の (またはデフォルトの) レベルの通知ポリシー。
ResType
リソースのタイプに基づく通知ポリシー。
ResName
特定のリソース名に基づく通知ポリシー。
Res*
リソース名の範囲に基づく通知ポリシー。
Event_Type
Event_Type の有効な値は、次のとおりです。
CRITTHRS
クリティカル自動化しきい値を超えている。
NOMOMONS
モニター間隔が他に定義されていない。
REMIND
リソースがまだ停止していることを示す覚え書。
NAMESERV
ネーム・サーバー障害しきい値を超えている。
ALERT
MSU 通知を生成する時を指定します。 Tivoli Enterprise Console® イベントに
は、MSU が必要です。
YES
398
MSU を生成することを指定します。
アドミニストレーション・リファレンス
NOTIFY
NO
MSU を生成しないことを指定します。 No はデフォルトでもありま
す。
TEC
MSU を生成して、Tivoli Enterprise Console で通知を受信するように指
定します。
INFORM
指定された通知ポリシーの CONTACT 項目ステートメントで定義されたページ
ャー/ビーパーまたは電子メールの使用を指定します。通知アクションは、通知
およびイベント・タイプの基準が満たされ、通知ポリシー名が提供されている場
合にのみ実行されます。
MSG
NTFYOP に対してメッセージを生成するかを指定します。
YES
メッセージを表示することを指定します。
NO
メッセージを表示しないことを指定します。 No がデフォルトです。
DDF
DDF コンポーネントの更新方法を指定します。
YES
イベントを DDF に記録します。
NO
イベントを DDF に記録しません。 No がデフォルトです。
EXIT10
任意の通知アクションのオーバーライドを可能にするユーザー出口です。
例:
次の例は、DEFAULTS 通知ポリシーを Tivoli Enterprise Console 更新、およびすべ
てのリソースに対する DDF 更新として定義します。メッセージは渡されません。
NOTIFY
DEFAULTS,ALERT=TEC,MSG=NO,DDF=YES
Tivoli Enterprise Console 更新が行われ、DDF レコードが作成されます。
例:
次の例は、イベント・タイプ CRITTHRS (Critical Threshold Exceeded) の通知ポリ
シーを定義しています。この場合は、Critical の INFORM ポリシーが E メール・
サポート担当者に対して呼び出されます。 MSG=YES がコーディングされている場
合は、メッセージが生成されます。
NOTIFY
CRITTHRS,
INFORM=CRITICAL,
MSG=YES
NTFYOP
NTFYOP 制御ファイル項目は、AON 通知を受信する NetView オペレーターを識別
します。これらの通知は、オペレーター・ワークステーションに送信される AON
メッセージであり、すべての IP ネーム・サーバーといったジョブ責任に準拠させ
ることができます。メッセージは、オペレーターがクリアするまで保留できます。
すべての AON メッセージまたはこれらのメッセージのサブセットを受信するシス
テム操作を担当するオペレーターを割り当ててください。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
399
NTFYOP
NTFYOP は必須の制御ファイル項目です。すべてのメッセージが自動化に適格であ
ること確認するために、ログオンしている NTFYOP が常時 1 つなくてはなりませ
ん。自動化には、AUTOOPER の使用を検討してください。
NTFYOP operid
,OPER=desc
,CLASS=(
class
class,class,class
)
,NTFY=
Y
N
,HELDMSG=(
type
type,type,type
)
operid
通知メッセージを受信する NetView オペレーターを識別します。この名前は、
8 文字を超えてはならず、DSIOPF メンバー内に定義されます。予約名 SYSOP
には、DSIOPF 項目は不要です。 SYSOP を指定すると、どのメッセージをシ
ステム・コンソールに送信するかということと、それらのメッセージを保留する
かそれとも画面からロールオフするかということが制御されます。
OPER
オプション記述と、指定されているオペレーター ID を関連付けます。この記
述は 20 文字までの長さにでき、ブランクを含む場合は引用符で囲む必要があり
ます。
CLASS
このオペレーター ID に送信されるメッセージ通知クラスを指定します。メッ
セージ・クラスを 10 まで指定できます。デフォルトのメッセージ・クラスはあ
りません。通知オペレーターに割り当てられているクラスは、SETNTFY コマン
ドを使用して変更できます。次の表に、AON メッセージ・クラスをリストしま
す。
表 17. AON メッセージ・クラス
400
メッセージ・クラス
メッセージ・テキスト
00
Errors
01
Down
02
Up
03
Degraded/Performance
04
Manual Intervention Required
07
Critical Threshold Exceeded
08
Frequent Threshold Exceeded
09
Infrequent Threshold Exceeded
10
SNA Automation
11
VTAM Detected Storage Problems
12
X.25 Automation
15
SNBU Automation
20
VTAM Subarea Automation
21
NCP, Linksta
22
Line
アドミニストレーション・リファレンス
NTFYOP
表 17. AON メッセージ・クラス (続き)
|
23
PU
24
CDRM
25
CDRSC
26
APPL
27
Session
40
System Automation for z/OS へ転送されるメッセージ
50
Advanced Peer-to-Peer Networking Automation
60
TCP/IP Automation
61
IP Router
62
Nameserver
63
IP Socket
64
MVS TCP/IP Automation
65
Tivoli NetView for UNIX automation
66
Service Point
67
IP Host
68
Interface
69
IP Link
90
AON Automation
NTFY
オペレーターに通知メッセージを受信させるかどうかを指定します。デフォルト
は YES です。
HELDMSG
オペレーター画面の上に保留する、1 つ以上のメッセージのタイプを指定しま
す。 HELDMSG タイプの先頭文字で、メッセージ・タイプを指定します。複数
のタイプを指定できます。次のメッセージ・タイプを指定できます。
I または INFO
通知メッセージ
W または WARN
警告メッセージ
E または ERROR
エラー・メッセージ
A または ACTION
アクション・メッセージ
使用上の注意:
通知メッセージの受信を一時的にオンまたはオフにするには、NTFY=Y|N を使用し
ます。 NTFY パラメーターは、NetView が稼働している時に、SETNTFY コマンド
を使用して変更できます。
分散環境では、通知オペレーターは、フォーカル・ポイント・ホストで定義されま
す。単一 NetView ホスト環境では、ホストがフォーカル・ポイント・ホストと見な
されます。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
401
NTFYOP
通知メッセージが受信されて、NTFYOP オペレーターが NetView プログラムにロ
グオンされていない場合、AON メッセージがログに送られ、自動化にパススルーさ
れます。ただし、このメッセージが自動化を起動させることはありません。メッセ
ージを自動化に対して適格なものにするには、NTFYOP にログオンされている必要
があります。
SYSOP 項目で HELDMSG が指定されている場合、指定されているこれらのメッセ
ージ・タイプはコンソール画面上に保留されます。コンソール画面からメッセージ
をクリアするには、オペレーターの介入が必要です。
NTFYOP 項目または ENVIRON SETUP 項目に HELDMSG が指定されていない場
合は、デフォルトは、システム・コンソールに送信されるすべてのメッセージをロ
ールすることです。 NTFYOP HELDMSG パラメーターは、ENVIRON SETUP 項目
で指定されているデフォルトをオーバーライドします。例えば、ENVIRON SETUP
項目で HELDMSG=(W,I) を指定し、NTFYOP 項目で HELDMSG=E を指定する
と、エラー・メッセージだけがそのオペレーターに対して保留されます。ただし、
NTFYOP 項目で HELDMSG が指定されない場合は、ENVIRON SETUP のデフォル
トが使用されます。
次の例は、オペレーターが AON 通知のみを受信するよう定義しています。
NTFYOP NETOP1,OPER=’NETOPER 1’,CLASS=(10)
上記の例では、NETOP1 が AON 通知を受信するように定義されています。通知パ
ラメーターはコーディングされておらず、デフォルトは NTFY=Y です。
この項目は、NetView がインストールされているすべてのオペレーティング・シス
テムで有効な例です。
例:
次の例は、システム・コンソールで、クラス 11 および 12 のメッセージだけを受
信し、エラー・メッセージをフリーズすることを指定しています。
NTFYOP SYSOP,OPER=’SYSOP’,CLASS=(11,12),NTFY=Y,HELDMSG=E
次の例は、SYSOP がメッセージ・クラス 11 および 12 のみの AON からのみ通知
を受信するよう定義されています。 SYSOP は、DSIOPF の中で定義する必要はあ
りません。クラス 11 および 12 のメッセージがシステム・コンソールに送信さ
れ、エラー・メッセージだけが保留されます。
NV6000 (TCP/IP)
NV6000 項目は、AON/TCP に対する Tivoli NetView サービス・ポイントを定義し
て、AON/TCP がこれらのサービス・ポイントにコマンドを送信できるようにしま
す。
NV6000
NV6000
402
DEFAULTS
NetView_for_AIX_servicepoint
アドミニストレーション・リファレンス
,SP=NVAIX_puname ,APPLID=sp_id
NV6000 (TCP/IP)
,HIER2=hier2_appl ,HIER3=hier3_device
,FAILURE=(restype1,restype2,restype3) ,FILTER=
,PINGTIME=pingtime ,IPADDR=
Y
N
,PINGCNT=pingnum
ipaddr ,HOSTNAME=hostname
NetView_for_AIX_servicepoint 名は、Tivoli NetView サービス・ポイントで定義され
ているのと同じ名前にする必要があります。 Tivoli NetView が NetView にアラー
トを送信すると、リソース・タイプが SP である最初のアラート階層位置にこの名
前が転送されます。この名前は、Tivoli NetView 定義の SNA SERVICES の部分で
定義する必要があります。この名前は、定義しているサービス・ポイントから来る
Tivoli NetView アラートを調べ、リソース階層の最初のエレメントを見ることによ
って検証できます。
SP
実行コマンド (RUNCMD) を Tivoli NetView ホストに経路指定するために
使用する、システム・ネットワーク体系 (SNA) の PU 名を識別します。こ
の名前は、Tivoli NetView サービス・ポイントの SNA SERVICES の部分
でも指定する必要があります。 Tivoli NetView サービス・ポイントをすで
にセットアップしている場合は、その SNA SERVICES 部分から値を入手
して名前をコピーすることができます。
APPLID
ホストの NetView セッションから実行コマンド (RUNCMD) を受信して処
理する Tivoli NetView 上で実行するプロセスのアプリケーション ID を識
別します。これは、Tivoli NetView の SPAPPLD および TRALERTD プロ
セスのオプションで定義されます。
HIER2
Tivoli NetView が NetView に送信するアラートの、リソース・タイプが
TP である 2 番目のアラート階層レベルのフィールドの値を識別します。こ
の値を定義すると、AON からのアラートは、 Tivoli NetView ハードウェ
ア・モニターと NetView 管理コンソールで、Tivoli NetView アラートと一
緒に保管されます。
HIER3
Tivoli NetView が NetView に送信するアラートの、リソース・タイプが
DEV である 3 番目のアラート階層レベルのフィールドの値を識別します。
この値を定義すると、AON からのアラートは、 Tivoli NetView ハードウ
ェア・モニターと NetView 管理コンソールで、Tivoli NetView アラートと
一緒に保管されます。
FAILURE
障害検出のために AON/TCP が処理する Tivoli NetView アラートを示しま
す (ここで、restype は HOST、LINK、または INFC です)。リソース・タ
イプは、必要な組み合わせで 3 つまで定義できます。アラートが、障害が
発生しているデバイスとしてホストの名前を挙げている場合は、リソース・
タイプは HOST (hostname は、最低 1 つの英字を含むドット付き英数字の
フォーマット) です。通常は、ホスト名の最初の語 (最初のドットまで) の
みが、アラート階層によってリソース名として提供されます。
アラートによっては、全ホスト名が、通常アラートの他の部分で使用可能で
す。アラートが、障害が発生しているデバイスとして IP アドレスの名前を
第 4 章 Automated Operations Network の定義
403
NV6000 (TCP/IP)
挙げている場合は、リソース・タイプは INFC (IP アドレスとして指定され
る IPADDR) です。リンクは、特にルーターとゲートウェイ上にある 2 つ
の TCP/IP デバイスの間の接続です。リンク可用性に対するアラートには、
他のアラートの 1 つが付随している場合があります。アラートは、障害お
よびリカバリー (HOST および INFC) それぞれに対して少なくとも 2 つ受
信されますが、この場合は、障害のための処理の反復を 2 回から 1 回に削
減できます。障害処理に関連したいくらかのオーバーヘッドはあります。
|
|
この値は、自動化テーブルで検査され、単一リソースの単一障害イベントに
対する複数の障害処理によるオーバーヘッドを削減するための効果的な方法
を提供します。
FILTER
NetView 自動化テーブル内の、制御ファイル項目内に定義のあるリソースだ
けを自動化してモニターするかどうかを示します。 FILTER=N の場合は、
Tivoli NetView のすべてのアラートが処理され、すべての障害がモニターさ
れます。 FILTER=Y の場合は、制御ファイルの TCPIP ステートメントで
事前定義されているデバイスに対するアラートだけが処理され、障害がモニ
ターされます。
PINGCNT
ノードで可用性とパフォーマンスが検査される時に、Tivoli NetView サービ
ス・ポイント上で ping コマンドによって実行する ping の数 (1 から 99)
を指示します。最初の障害がノードの検索時間によるものではないことを確
認するために、少なくとも 2 回 ping を実行してください。
PINGTIME
Tivoli NetView サービス・ポイントからノードに送信される各 ping に対す
る待機時間を示します。
IPADDR
モニター対象となるサービス・ポイントの IP アドレス。
|
一部のホストは複数の IP アドレスを持つので、IP アドレスのリストを定
義することができます。これらの IP アドレスのいずれかに対する障害が受
信されると、障害処理がホストに対して実行されます。 AON/TCP は、ping
を実行するためのターゲットとしてリストの中の最初の IP アドレスを使用
するので、リストの先頭には、最も重要または頻繁に使用する IP アドレス
を置いてください。
|
|
|
|
|
|
HOSTNAME
ドットを含めて 30 文字までを使用する完全修飾 TCP/IP ホスト名を指示し
ます。 HOSTNAME には大/小文字の区別があります。次の例は、ホスト名
を示しています。
mrpres.whitehouse.capital.usa
注: 複数の Tivoli NetView サービス・ポイントを定義する予定の場合は、すべての
Tivoli NetView サービス・ポイントに適用されるパラメーターに対して
NV6000 DEFAULTS 項目を定義することができます。 DEFAULTS ステートメ
ントの有効なキーワードは、FAILURE、FILTER、PINGCNT および PINGTIME
です。
404
アドミニストレーション・リファレンス
RECOVERY
RECOVERY
RECOVERY 制御ファイル項目は、ネットワーク・リソースのリカバリーを制御す
るためのオン/オフ・スイッチを提供しています。このスイッチは、特定のリソース
名またはリソース・タイプによって、またはネットワーク全体に対してオンまたは
オフにできます。 RECOVERY 項目が、自動化がオフになっていることを指示する
場合、これらのアクションおよび応答は自動化されません。
自動化制御ファイルには、各リソース用に 1 つ、リソース・タイプごとに 1 つ、
デフォルト・アクション用に 1 つの複数の RECOVERY 項目をコーディングでき
ます。任意の組み合わせの RECOVERY フラグをコーディングでき、自動化のオン/
オフは、制御ファイル内で検出される最も特定度の高い RECOVERY フラグによっ
て制御されます。
RECOVERY 項目は必須です。 RECOVERY DEFAULTS 項目を指定する必要があ
ります。
AON は、ほとんどすべてのリカバリー処理の必要を満たすよう設計されています。
ただし、ご使用のシステムによっては、ユーザーがリカバリー自動化処理の調整を
行うことを必要とするような特別な要件がある場合があります。特定のリカバリー
処理には、AON ユーザー出口をコーディングできます。リカバリー処理のためのユ
ーザー出口は、RECOVERY ステートメントか ENVIRON EXIT ステートメントで
定義できます。
RECOVERY
RECOVERY
DEFAULTS
res_type
res_name
Day_Policy
,AUTO=
Y
N
YA
NA
,NOAUTO=(dayx,start,end)
,MSG=
Y
N
,NOTIFY=intv
,CHECK=intv
,EXIT07=(command)
,MSGCLASS=mm
DEFAULTS
リソース名とリソース・タイプが指定されていない場合に使用されます。これ
は、指定できる最も特定度の低い RECOVERY 項目です。 RECOVERY
DEFAULTS 項目は必須です。
res_type
自動化するリソース・タイプ。 SNA ネットワーク・コンポーネント・タイプの
例としては、LU、PU、LINE、CDRM、NCP、APPL、および LINKSTA があり
ます。 res_name および res_type には、以下のようなワイルドカード文字を使
用できます。
*
複数文字のワイルドカード
%
単一文字のワイルドカード
例えば、PU0* と P%%1 は両方とも PU01 に一致します。
第 4 章 Automated Operations Network の定義
405
RECOVERY
AUTO=YA および AUTO=NA の場合、res_type フィールドでのワイルドカード
文字の使用は無効です。
res_name
自動化するリソースの名前。
Day_Policy
特定日の指定:
SUN または SUNDAY
MON または MONDAY
TUE または TUESDAY
WED または WEDNESDAY
THU または THURSDAY
FRI または FRIDAY
SAT または SATURDAY
WEEKDAY
WEEKEND
Month/date_spec/year (例: JAN/1/2000 または JAN/LAST-30/2000)
Month/day_spec/year (例: JAN/SAT/1ST/2000 または JAN/SAT/LAST-4/2000)
この場合、3 文字のみが許可されるため、SAT は SATURDAY にはできま
せん。
Special_day_name (例: My_Birthday または HOLIDAY または NEW_YEARS
_DAY)
AUTO
自動化が有効かどうかを定義します。
Y
AUTO=Y として指定されている場合、リカバリーはオンです。
AUTO=Y は、デフォルトの設定値です。
N
AUTO=N として指定されている場合、リカバリーはオフです。
YA
AUTO=YA として指定されている場合、リカバリーは、このリソースと
その下位ノードに対してオンです。特定のリソースの下位ノードは、次
のような VTAM コマンドを出すことによって判別できます。
D NET,ID=nodeid,E
nodeid パラメーターは、上位ノードのノード ID を表します。
AUTO=YA は、SNA リソースの場合のみ有効です。 res_type フィール
ドにワイルドカード文字が含まれている場合は、AUTO=YA は無効で
す。
NA
AUTO=NA として指定されている場合、リカバリーは、このリソースと
その下位ノードに対してオフです。特定のリソースの下位ノードは、次
のような VTAM コマンドを出すことによって判別できます。
D NET,ID=nodeid,E
nodeid パラメーターは、このリソースのノード ID を表します。
406
アドミニストレーション・リファレンス
RECOVERY
AUTO=NA は、SNA リソースの場合のみ有効です。 res_type フィール
ドにワイルドカード文字が含まれている場合は、AUTO=NA は無効で
す。
注: 初期設定の際は、RECOVERY リソース AUTO=YA または AUTO=NA
が、指定されているリソースとそのすべての表示可能従属リソース用のスト
レージの中に、RECOVERY AUTO=Y または AUTO=N ステートメントの
リストを作成します。このパラメーターを変更すると、制御ファイルを再ロ
ードしてもプロセスは駆動されません。 EZLEHRCY プログラムを実行で
きるか、または SETAUTO コマンドを使用する必要があります。 YA また
は NA を広く使用している場合、EZLEHRCY の処理を通してすべての階層
を再設定すると、大量のオーバーヘッドが発生する可能性があります。
RECOVERY 処理の間に、AON は、NetView CHRON コマンド・カレンダ
ー・スケジュール・ファイル、DSISCHED に特別な日が指定されているか
どうかを検査します。 RECOVERY プロセスは、DSISCHED から戻された
すべてのキーワードをユーザーの RECOVERY 制御ファイル項目と比較し
て、リカバリー処理が行われているかどうかを判別します。
NOAUTO
RECOVERY をオフする特定の時を定義します。項目の意味は次のとおりです。
dayx
これは、次のように表記できます。
v * (アスタリスク) は「毎日」を指示します。
v SUN または SUNDAY
v MON または MONDAY
v TUE または TUESDAY
v WED または WEDNESDAY
v THU または THURSDAY
v FRI または FRIDAY
v SAT または SATURDAY
v WEEKDAY
v WEEKEND
v Month/date_spec/year (例: JAN/1/2000 または JAN/LAST-30/2000)
v Month/day_spec/year (例: JAN/SAT/1ST/2000 または JAN/SAT/LAST-4/
2000) この場合、3 文字のみが許可されるため、SAT は SATURDAY に
はできません。
v Special_day_name (例: My_Birthday または HOLIDAY または
NEW_YEARS _DAY)
start
RECOVERY をオフにする開始時刻を定義します。時刻は、24 時間クロッ
クを使用して、hh:mm の形式で指定する必要があります。有効値の範囲
は、00:00 から 23:59 です。
end
終了時刻 (RECOVERY をオンに戻す時刻) を定義します。時刻は、24 時間
クロックを使用して、hh:mm の形式で指定する必要があります。有効値の
第 4 章 Automated Operations Network の定義
407
RECOVERY
範囲は、00:00 から 23:59 です。曜日にアスタリスク (*) がコーディング
されているのでない限り、終了時刻を開始時刻より小さくすることはできま
せん。
MSG
障害およびリカバリーに対する可用性メッセージ (EZL504I、EZL509I、および
EZL510I) を送信するかどうかを指定します。これには、DDF とログ・ファイル
の更新が含まれます。
注:
1. AUTO=N および MSG=N の場合、 AON のログまたは DDF に、このリソ
ースに関するメッセージは含まれません。
2. AUTO=Y および MSG=N の場合、オペレーターは、リカバリー・モニタ
ー、アクティブ・モニター、およびしきい値分けに関連したメッセージを継
続して受信します。
3. AON レポート機能が正確なレポートを作成できるかどうかは、可用性メッ
セージに依存しています。 MSG=N の場合、リソースに関連した正確なリソ
ース・タイプは表示できないことがあります。このことは自動化リソースと
非自動化リソースに当てはまります。
NOTIFY
APPLICATION がアクティブでない場合に、AON がオペレーターへの通知を行
うために用いる間隔を定義します。このオプションは、AON では、APPL リソ
ース・タイプの場合にのみ使用されます。
intv
AON が、アプリケーションがまだ作動可能でないことをオペレーターに通
知するために用いる時間間隔を定義します。時刻は、24 時間クロックを使
用して、hh:mm の形式で指定する必要があります。有効な値は、00:00 から
23:59 の範囲にあります。
CHECK
アプリケーションの状況を検査する間隔を定義します。このオプションは、
AON では、APPL リソース・タイプの場合にのみ使用されます。
intv
アプリケーションを検査してアプリケーションの状況を判別するために使用
する時間間隔を定義します。時刻は、24 時間クロックを使用して、hh:mm
の形式で指定する必要があります。値は、00:00 から 23:59 の範囲が可能で
す。
EXIT07
ENVIRON EXIT 制御ファイル項目で定義されている出口情報をオーバーライド
します。
MSGCLASS
リソースがこのリカバリー・ステートメントで定義しているメッセージ・クラス
が、これらのリソースのために出されるメッセージによって使用されます。これ
は、AON により、コンポーネント、リソース・タイプ、または状況を基にメッ
セージに対してすでに定義されているメッセージ・クラスへの追加です。
使用上の注意:
408
アドミニストレーション・リファレンス
RECOVERY
自動化のオン/オフを決定するために使用される RECOVERY 項目は 1 つだけで
す。検出される最初の RECOVERY 項目が使用されます。ルーチンは次の順序で検
索します。
1. リソース名
2. リソース・タイプ
3. DEFAULTS
注: DEFAULTS NCP 項目は必須です。
RECOVERY DEFAULTS 項目は、RECOVERY NCP が定義されている場合、必須
です。
RECOVERY 項目は、SETAUTO コマンドまたは TIMEAUTO コマンドを使用して
動的に追加、変更、または削除できます。 EZLECAUT 共通ルーチンは、
RECOVERY 項目の定義を検査して、リソースが自動的にリカバリーされるのかど
うかを評価します。
例:
次の例は、サンプル DEFAULTS 項目を定義しています。この例では、すべてのリ
ソースに対するリカバリー・アクティビティーが自動化されています。
RECOVERY DEFAULTS,AUTO=Y
例:
次の例は、RECOVERY が毎日特定の時間枠でオフになった項目を定義していま
す。この例では、RECOVERY は毎日午後 10 時から午前 02 時までの間にオフに
なります。
RECOVERY DEFAULTS,AUTO=Y,
NOAUTO=(*,22:00,02:00)
例:
次の例で、自動化が日曜日の晩から月曜日の朝にかけてオフになった項目を定義し
ています。この例では、RECOVERY は日曜の午後 6 時から月曜の午前 2 時まで
オフになります。日曜日の晩から真夜中 (23:59) にかけての項目と、月曜日の朝の
項目の、2 つの項目が定義されています。
RECOVERY DEFAULTS,AUTO=Y,
NOAUTO=(SUNDAY,18:00,23:59),
NOAUTO=(MONDAY,00:00,02:00)
例:
次の例は、RECOVERY が SNA アプリケーションに対してオフになっているが、
他のすべての VTAM リソースに対してはオンになっている項目を定義していま
す。
RECOVERY DEFAULTS,AUTO=Y
RECOVERY APPL,AUTO=N
例:
第 4 章 Automated Operations Network の定義
409
RECOVERY
次の例は、RECOVERY が SNA アプリケーションとすべての SNA ネットワーク
回線に対してオフになっているが、他のすべてのネットワーク・リソースに対して
はオンになっている項目を定義しています。
RECOVERY DEFAULTS,AUTO=Y
RECOVERY APPL,AUTO=N
RECOVERY LINE,AUTO=N
例:
次の例は、RECOVERY が CICS1 以外のすべての SNA アプリケーションに対して
オフになっている項目を定義しています。 AUTO=Y で、SNA アプリケーションが
指定されている場合は、NOTIFY および CHECK のパラメーターを指定する必要が
あります。
RECOVERY APPL,AUTO=N
RECOVERY CICS1,AUTO=Y,NOTIFY=01:00,CHECK=00:15
RECOVERY MSM*,AUTO=Y
RECOVERY ポリシーの使用例:
次の例は、RECOVERY が、HOLIDAY という暦日に、真夜中から午前 6 時にかけ
ての時間を除いて、すべてのリソースに対して使用可能になっている項目を定義し
ています。この例では、HOLIDAY は DSISCHED ファイルで定義されています。
RECOVERY HOLIDAY,AUTO=Y,NOAUTO=(*,00:00,06:00)
次の例は、自動化が、名前が ABC で始まるすべてのリソースに対して、毎月の最
後の土曜日の真夜中と正午の間を除いて使用可能になる RECOVERY ポリシーを定
義しています。
RECOVERY
ABC*,AUTO=Y,NOAUTO=(*/SAT/LAST/*,00:00,12:00)
RESIDENT
制御ファイル内の RESIDENT 制御ファイル項目は、パフォーマンスを向上させる
ために、主ストレージにロードするプログラムを定義しています。
RESIDENT program
program
ロードするプログラムのファイル名またはコマンド名を指定します。
使用上の注意:
この項目で定義されたプログラムは、自動化環境の初期化の際に主ストレージにロ
ードされます。これらの項目で定義されている各プログラムに対して、NetView
LOADCL コマンドが出されます。
使用回数が有効なまま保持されるようにするために、制御ファイルが再ロードされ
ても、以前にロードされたプログラムは置き換えられません。プログラムを以前に
この機能でロードしたのに、現行の制御ファイルに入っていない場合、このプログ
ラムは NetView DROPCL コマンドを用いて除去されます。
410
アドミニストレーション・リファレンス
RESIDENT
初期設定 (プログラムがロードまたは除去された後の) では、MAPCL コマンドが出
されます。
使用上の注意:
次の例は、AON が初期設定の際にロードするプログラム NEWONE を定義してま
す。
RESIDENT NEWONE
SESSION
SESSION ステートメントは、AON/SNA によってアクティブにモニターされるセッ
ションを識別するために使用されます。
SESSION
SESSION alias ,LU1=lu_name ,LU2=lu_name
alias
セッションを識別するために使用される 1 から 8 文字の名前。 ACTMON ス
テートメントでもこの別名を使用してください。実リソースとの競合を避ける名
前を選択してください。
lu_name
論理装置の対を識別する場合に使用する名前。この名前は、
network_name.luname のように、ネットワーク修飾にすることができます。
使用上の注意:
v Advanced Peer-to-Peer Networking (拡張対等通信ネットワーク機能) 体系は、
SESSION 制御ファイル項目を使用します。
v セッションは、ACTMON 制御ファイル項目ももっている必要があります。
例:
次の例は、ネットワーク USIBMNT 内の LU NT6DI005 とアプリケーション
NTV6D との間の TEST1 というセッションを定義しています。
SESSION TEST1,LU1=USIBMNT.NTV6D,
LU2=NT6DI005
次の例は、3 つのセッションを定義しています。これらのセッションがアクティブ
にモニターされる場合は、これらの項目のための ACTMON ステートメントも必要
です。
SESSION RJE1,LU1=RALSNDS1,LU2=RALSNDS8
SESSION RJE2,LU1=RALSNDS1,LU2=RALSNDS7
SESSION RJE3,LU1=RALSNDS1,LU2=RALSNDS6
第 4 章 Automated Operations Network の定義
411
SNBU (SNA)
SNBU (SNA)
SNBU 制御ファイル項目は、LPDA-2 対応モデムを使用する自動化伝送速度指定機
構および AON/SNA 自動交換網バックアップ (SNBU) のために選択された 1 つ以
上の PU を識別します。この項目は、ダイヤル電話番号、使用する通知のタイプ、
および AON/SNA SNBU 自動化のための他の必須情報を提供します。制御ファイル
に SNBU 項目がないということは、PU に対する AON/SNA SNBU 自動化が存在
しないということを示します。 SNBU DEFAULTS パラメーターがコーディングさ
れていなければ、AON/SNA SNBU 自動化は発生しません。
AON/SNA SNBU 自動化の候補である各 PU に対して DEFAULTS 項目が 1 つず
つ必要です。 AUTOBK=Y の場合は、DEFAULTS 項目が、PU に AON/SNA
SNBU 自動化を設定します。また、AUTOSW=Y の場合は、この項目がすべての
PU で自動化伝送速度指定機構の使用を試行します。
SNBU
SNBU
,LEVEL=
DEFAULTS
PU
puname
1
2
,CRIT=
Y
N
,MONIT1=
N
Y
,AUTOSW=
Y
N
,AUTOBK=
N
Y
,PH=(num1,num2,numn)
,RECONN=
Y
N
,APO=
,POOL=poolname
Y
N
,FANOUTS=(port1,port2,portn)
DEFAULTS
AUTOSW=Y の場合に、PU で自動化伝送速度指定機構を用いて SNBU 自動化
を試行します。
PU
AUTOBK および AUTOSW パラメーターで、各 PU の SNBU バックアップと
伝送速度指定機構を定義します。
puname
バックアップする PU の名前を定義します。
LEVEL
AON/SNA が、テール回線構成のレベル 1 またはレベル 2 のモデムに対して自
動 AON/SNA SNBU を開始することを指定します。このパラメーターは、
DEFAULTS、PU、または特定の PU 名で定義することができます。
CRIT
リソースに対するエラーのクリティカルしきい値に達した時に、交換網バックア
ップ自動化を開始します (PU または LINE)。このパラメーターは、MONIT1 と
412
アドミニストレーション・リファレンス
SNBU (SNA)
は同時に使用することはできません。このパラメーターは、DEFAULTS、PU、
または特定の PU 名で定義することができます。
MONIT1
最初の MONIT 間隔が実行された後に AON/SNA SNBU 自動化を開始します。
1 つ再活動化リカバリー・サイクルが発生しましたが、AON/SNA は正常にリソ
ースを再活動化していません。このキーワードは、CRIT パラメーターと同時に
使用することはできません。このパラメーターは、DEFAULTS、PU、または特
定の PU 名で定義することができます。
AUTOSW
過剰回線アラート・エラーを受信したときに、モデムを低速に切り替えたいかど
うかを指定します。 AUTOSW は以下のようにコーディングしてください。
Y
モデムを切り替えます (推奨デフォルト)。
N
モデムを切り替えません。
このパラメーターは、DEFAULTS、PU、または特定の PU 名で定義す