...

Kobe University Repository: Kernel

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

Kobe University Repository: Kernel
Kobe University Repository : Kernel
Title
新任教授・学内役職者・保健福祉部長・病院長・栄誉者
紹介
Author(s)
Citation
神戸大学医学部神緑会学術誌,18:17-44
Issue date
2002-08
Resource Type
Departmental Bulletin Paper / 紀要論文
Resource Version
publisher
DOI
URL
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/handle_kernel/81007733
Create Date: 2017-03-28
神緑 会学 術誌
第18巻2002年
新任 教授 ・学 内役職 者 ・保 健 福祉 部長 ・病 院長 ・栄 誉者 紹介
大学 院 部 局化 に伴 う予 定教 官 の着 任
四他 大 学 に初 の神 緑 会 員 教 授(北
海 道 大 な ど),
病 院長 就任 及 び栄誉 者 多 数
'F成13年 度 か らの 大 学 院 部 局 化(大
に よ り部 局 化 と称 す る
学 院 の 重 点 化 か ら大 学 院 に 教 授 会 が 置 か れ る こ と
医 学 系 研 究 科 と 付 属 病 院 部 局 と な っ た)に
よ り,2000年611
に 行 わ れ た教 授 選 考結 果 に 基 づ き,設 置 審 査 を ク リア ー した 細 胞 生 物 学,脳 神経 外 科 学,
運 動 機 能 学(整
形 外 科)と
保 健 学 科 長 に は,石 川
北 海 道 大 学,埼
耳 鼻 咽 喉 ・頭 頚 部 外 科 学 に新 任 教 授 が 就 任 さ れ た.
斎 副 学 長 の 就 任 に伴 い,三
玉 医 科 大 学 に2名
と東 京 慈 恵 会 医 科 大 学,大
で は 初 の 教 授 が 誕 生 した.三 重 大 学 で3人
茨 城 県 福 祉 部 長 に 山 本 氏 が 就 任 され,行
分 医科 大学 に ともに 同窓 生
目 の 本 学 卒 業 生 が 教 授 に な り,兵 庫 県 内 で は,
県 立 看 護 大 学 と 兵 庫 大 学 に 教 授 が 誕 生 し た.計8名
の 神 緑 会 メ ン バ ー の 教 授 で あ る.
政 分 野 で の 久 々 の 快 挙 で あ る.
病 院 長 は,公 立 と準 公 、
ヒを紹 介 して い る が,2名
昇 格 で あ っ た.栄 誉 者 は,7名
木 教 授 が 選 出 され た.学 外 で は,
が 神 戸 大 学 か らの 転 進,2名
と 多 く神 緑 会 員 の 活 躍 がi泣
っ た.兵
が1人j部
庫 県 科 学 賞,社
会
賞 と 叙 勲 で あ り,現 程 に従 っ て 掲 載 して い ま す.
1月 の 総 会 で 短 時 問 な が ら ご挨 拶 が あ り ま した が,そ
れ ぞれ の先 生 方 の抱 負 や経 歴 等
の 詳 細 を お 読 み 下 さい.
な り,新 た に 分 子 細 胞 生 物 学 講 座 に 所 属 す る 教
〈
教 授就 任 〉
室 で す.私
就任挨拶
が 学 生 時 代 神 戸 大学 医 学 部 は,西
泰 美 先%i-.の研 究 室 で のCキ
塚
ナーゼ の発 見お よ
び 機 能 解 析 で 仰 ぎIVる よ う な 存 在 だ っ た こ と を
神戸ノ
く学 大学 院医学 系研 究 科
覚 え て い ます.こ
分 ∫:細
胞 生 物学 講座 糸
田胞 生物 学分 野
担 当 で き る の は 光 栄 で あ る と同 時 に 身 の 引 き締
饗
場
の神 戸 大学 医学 部 で研 究 室 を
ま る 思 い が して お りま す.
篤
私 の 専 門 分 野 は 分 子 生 物 学 で,大
抱
大腸 菌 の プ リ ン 生 合 成 遺 伝rJ'の研 ザピを 行 っ て い
負
2001イ ト41Jよ
ま した.大
り糸田Il包
学 院 終1後,マ
サ チ ュ ー セ ッ ツ工 科
生 物 学 分 野 を 担,i,さ せ
大学 の 利根 川進教 手
受の も と に 留 学 し,以 来 遺 伝
て い た だ い て お り ま
子 操 作 動 物 を 川 い た 脳 機 能,発
す.細
レベ ル で の 研 究 を行 っ て い ます.大
胞生 物 学 分野 は
が ん機構 の分 子
腸 菌 か らマ
ウ ス へ と飛 躍 した よ う に 周 囲 か ら は 見 え る か も
旧放 射 線 基礎 医学 講 座
知 れ ま せ ん が,私
(前 任 者 は 藤 原 美 定 名
誉 教 授)が
学 院時 代 は
の 頭 の 中 で は遺 伝 子 の 側 か ら
ヒ トを 始 め とす る生 物 を理 解 す る と い う 分 子 遺
大 学 院 部 局 化 に よ っ て 名称 が 変 更 に
17一
伝 学,分
子 生 物 学 を 中心 に 据 え て い る と い う こ
とで は
新任 の ご挨 拶
一
貫 して い る と 考 え て い ます.
現 在 で は,す
決 定 さ れ,さ
で に ヒ トゲ ノム の 全 塩 基 配 列 が
ら に 様 々 な 疾 患 と遺 伝 子 の 変 異 も
神戸ノ
く学 大学院 医学 系研 究 科
し くは 多 型 と の 関 連 が 明 らか に な っ て き て い ま
す.そ
こ で 疾 患 の 病 態 も し くは 遺 伝 子 型 を 実 験
可 能 な 動 物 で 再 現 す る,疾
製,解
器 官治療 医 学講座 脳 神経外 科 学分 野
甲
戸 大 学 医学 部 の 基礎 及 び
り,こ の よ う な 疾 患 モ デ ル 動 物 を 作 製,供
学 教 室 は松 本
育 面 で は,学
給す
とに小 児脳 神経 外 科 分
z;%s野 で 多 大 な 業 績 を 上
部 の放 射線
げ,玉
れ か らの 医 師,医 学 研 究 者 に
と っ て の 必 須 の 領 域 で あ る 分P生
悟 先生
が 創 設 さ れ て 以 来,こ
る こ とで 医 学 系 研 究 科 の 研 究 の 支 え に な れ れ ば
基 礎 医 学 で は,こ
二
神 戸大 学 脳神 経 外科
臨 床 の 教 室 と の 共 同研 究 も現 在 複 数 進 行 中 で あ
と も考 え て い ます.教
英
患 モ デ ル動 物 を 作
析 す る こ とは基礎 医 学研 究 で 不可 欠 な手
法 と な っ て い ます.神
村
木紀 彦先 生 に よ
り頭 蓋 底 外 科 や 画 像 誘
物学 の 基礎 か
導 手 術,神
経 内 視鏡 な どの分野 で さらに発 展 し
ら放 射 線 生 物 学 を 理 解 す る こ と を 目標 と し,大
て き ま し た.2002年1月1日
学 院 で は,世
4ヶ
界の第一 線 で 活躍 で きる研 究 者 を
付 け に て着 任 し
月 を 過 ぎ よ う と し て い ま す が,幸
い教 室 な
で き る だ け 多 く育 て あ げ る こ と を 日標 と して お
ら び に 関 連 施 設 の 皆 様 よ り 暖 か く迎 え て い た だ
り ます.
い て い ま す.優
秀 な 教 室 員 に恵 まれ て 幸 せ に思
う と と も に,こ
の 伝 統 あ る 教 室 を担 当 させ て い
今 後 と も,御 指 導 御 鞭 捷 の ほ ど よ ろ し くお 願
い 申 し上 げ ます.
た だ く 重 責 を 日 々 感 じ て い ま す.ま
に 新 病 棟 へ の 移 転 に も 遭 遇 し,不
た,こ
【略
歴】
の間
慣 れ な中 で右
往 左 往 す る 状 態 で した が 無 事 に 終 了 で き ま し
1985年
東 京 大 学 理学 部 生物 化 学科 卒 業
た.こ
1990年
東 京 大 学 大学 院理 学 系研 究 科 生物 化 学
諸 先 輩 の ご 努 力 に 敬 意 を 表 す る と と も に 深 く感
専 攻 博 士 課程 修 了
謝 い た し て お り ま す.
1991年
米 国マ サ チ ュー セ ッツ工科 大 学 が ん セ
の よ う な 立 派 な 病 院 の 完 成 に至 る ま で の
さ て,医
療 を 取 り巻 く情 勢 は 近 年 大 き く変 化
ン タ ー ポ ス ト ドク トラ ル フ ェ ロ ー
し て お り,教
1994年
九州 大学 生体 防 御医 学 研究 所 助 手
い っ そ う の 質 の 向 ヒが 要 求 さ れ て い ま す.私
1996年
東 京 大 学 医 科 学 イi牙
究 所助 教 授
質 の 向.ヒ の た め の キ ー ワ ー ド と し て"や
2001年
神 戸 大 学 大'三1∫:院
医 学 系 研 究 科 細 胞 ∠{三
物
脳 神 経 外 科"を
あ げ た い と 思 い ま す."や
学 分 野 教授
い"と
を 漢 字 に す る と"優
育研究 診療 のすべ ての面 で よ り
い うCi葉
さ しい
さ し
し い"と"易
し い"と
い う2つ
の 意 味 が あ り ま す.ま
しい"で
す が,横
文 字 で はgentle/kind/tender
で あ り,患
は
ず"優
者 の み な らず 医 療 チ ー ム 相 互 間 で も
思 い や りの 心 を忘 れ ず 優 し く接 す る とい う こ と
で す.現
在 多 く の 場 面 がIT化
さ れ 疾 患 に対 し
て も機 械 的 に 対 応 しが ち で す が,人
て は な り ま せ ん.治
療 成 績 ・QOLの
し い 脳 神 経 外 科"の
目 指 す と こ ろ で す.手
間 の 短 縮 も 医 療 チ ー ム に と っ て"優
18一
の心 を忘 れ
向1;も"優
術時
しい 脳 神 経
神緑 会学術 誌
外 科"と
な る で し ょ う.次
easy/siml)le/plainと
こ ろ は,真
に"易
し い"で
い う こ と で,意
第18巻2002年
す が,
教 授就任 にあ た り
味す ると
理 は 単 純 な と こ ろ に 存 在 す る とい う
こ と で す.誰
し も 経 験 す る こ と で す が,最
神 戸大 学 大学 院医学 系研究 科
初は
器官 治療 医 学 講座 運動 機能学 分 野
複 雑 に 思 う こ とで も慣 れ て 無 駄 を は ぶ く と簡 単
に で き る よ う に な り ま す.そ
れ る 人 は,凡
黒
の道 の 達 人 と言わ
坂
昌
弘
人 に は 困 難 な こ と を い か に も容 易
に や っ て の け る そ う で す.教
る 棒 暗 記 は 身 に 付 か ず,知
2001年4月
育 に お い て も単 な
神戸 大学
大 学 院 医 学 研 究 科,器
識 を整 理 体 系 化 す る
こ と に よ り 理 解 が 容 易 に な り ま す.Simpleis
官 治療 医学 講 座運 動 機
bestで
能 学(整
す.今
後 は"や
さ し い 脳 神 経 外 科"の
形 外 科)教
授
実 現 に 向 け て 鋭 意 努 力 し た い と 思 っ て い ま す.
と し て 就 任 させ て 頂
ど う ぞ よ ろ し くお 願 い 申 し 上 げ ま す.
き,早
く も約 一 年 余 り
が 過 ぎ よ う と して お り
【略
歴】
ます.こ
れ もひ とえに神 戸 大学 医学 部 同 窓会 の
1979年
大阪大学医学部卒業
諸 先 生 方 に よ る ご 支 援 の お か げ で あ る と深 く感
1979年
大阪大学医学部付 属病院医員
謝 して お り ます.こ
1981年
大阪労 災病院脳神経外科医員
後 の 整 形 外 科(運
1982年
国立大阪病院脳神経外科医員
展 を願 い ・
言 抱 負 を 述 べ させ て 頂 きた い と思 い
1984年
西 ドイッハ ノーバー ノル トシュ タッ ト
ます.
の 一 年 を振 り返 り,更 に 今
動 機 能 学)教
室 及 び同 門の 発
神 戸 大 学 の 大 学 院 重 点 化 に と も な い,従
病院脳神経外科医員
来の
1987年
大阪大学医学部研究生
整 形 外 科 講 座 は,器 官 治 療 医 学 講 座 運 動 機 能 学
1988年
大阪大学医学部付 属病院脳 神経外科医
と して2001年4月lEIよ
員
ター トして い ます.運
1990年
大阪大学医学部脳神経外科助手
呼 び な れ た整 形 外 科 に 比 べ 馴 染 み が 薄 い か も し
1991年
大阪労 災病院脳神経外科部長
れ ませ ん が,小
1994年
大阪大学医学 部脳神経外科助 手
骨,関
1999年
大阪大学医学部脳神経外科講師
器 の 疾 患,外
1999年
大阪大学大学院医学系研 究科神経梓隻能
を担 当 す る と い う こ と で は,従
来の 整形 外 科 治
制御外科学 講師
療 学 と変 わ りは あ り ませ ん.元
通 りの 運 動 レベ
大阪大学大学院医学系研 究科神経機能
ルへ の復 帰 を望 む ス ポ ー ツ外 傷 の 患 者 さん か
制御外科学助教授
ら,救 命 を 第 一 に 考 え ね ば な ら な い悪 性 腫 瘍 の
神戸大学大学院医学系研 究科器官治療
患 者 さ ん の 治 療 ま で,新
医学講座脳神経外科学分野教授
持 つ範 囲 は 従来 の 整形 外 科学 講 座 の 守備 範 囲 よ
現在に至る
り広 が っ て い る の で は な い か と思 え ます.
2000年
2002年
節,脊
り新 しい 講 座 と して ス
動 機 能 学 と い う 名 称 は,
児 か ら老 齢 の 幅 広 い 年 齢 層 で,
椎,神
経 を中心 と した全 身 の運動
傷 の 問 題 を抱 え る患 者 さん の治療
しい 運 動 機 能 学 の 受 け
こ れ まで 整 形 外 科 で 行 っ て き た 治 療 は,超 音
波 を川 い た 骨 折 治 療,新
しい 人1二関 節 の 開 発,
関 節 鏡 な ど を用 い た ス ポ ー ツ 医 学 に 対 す る ア プ
ロ ー チ,悪 性 腫 瘍 に 対 す る患 肢 温 存 手 術,新
し
い イ ン ス トル メ ン テ ー シ ョ ン を 用 い た 脊 椎 手
術,マ
19一
イ ク ロ サ ー ジ ェ リー な どで す.治
療面 を
考 え る と,今 後 は こ れ ら の 治 療 を さ ら に 発 展 さ
せ,IT技
就任 の御挨 拶
術 を駆 使 した コ ン ピ ュ ー タ ー 手 術 や
ロ ボ ッ ト手 術,関
節鏡 な どの 内視 鏡 を使 用 した
微 小 侵 襲 手 術,さ
ら に 再[=.医療 研 究 を 織 り込 ん
神 戸 大 学 大学 院 医 学 系 研 究 手:1・
だ 軟 骨 や 骨 の 再 生 治 療 な ど を 中 心 に運 動 器 疾 患
器 官 治 療 医 学 講 胚i{
に 対 す る 新 しい 治 療 の 開 発 に 取 り組 ん で い き た
耳 鼻i1因
喉 ・頭 頚 部 外 科 学 分 野
い と考 え て お り ま す.
医 師 不 足 の た め,同
丹
生
健
一
門 関連 病 院へ の医 師定 員
の 充 足 も ま ま な ら な い とい う現 実 を抱 え て い ま
す が 新 しい 時 代 を 迎 え,さ
神 緑 会 会 員 の 皆 様,
は じめ ま して.昨
ら に 多 くの ニ ー ズ が
年4
しで も 質 の 高 い 医 療 を供 給
月 よ り天 津 睦 郎 先 生 の
し,優 秀 な 若 手 人 材 を 育 成 す べ く,微 力 な が ら
後 任 と して 神 戸 大 学 耳
頑 張 りた い と思 い ます の で,今
鼻咽 喉科 学教 室 を担 当
要 求 さ れ る 中 で,少
後 ます ま す の 皆
様 方 の ご 指 導 ご 鞭 燵 を 何 卒 宜 し くお 願 い 申 し上
して お り ます 丹 生(に
げ ます.
ぶ)健
す.1960年
【略
1977年
神 戸 大 学 医学 部
1977年
神戸 大 学
1981年Texas大
学
院 頭 頸 科 で 頭 頚 部 腫 瘍 の 修 行 を積 ん で い た1992
年,日
リ ウ マ チ 研 究 室FeUow
本 耳鼻 咽 喉科 学 会総 会 にお いて 天津 名誉
教授 の喉 頭摘 出後 の音 声再 建 につい て の宿 題報
究 員)
神 戸 大 学大 学 院
うぞ 宜 し くお 願 い 申 し ヒげ ます.
関 連 病 院 で の 初 期 研 修 を終 え て 癌 研 究 会 付 属 病
卒業
附 属 病 院 研 修 医(整 形 外 科)
Doctor(研
1983年
生 まれ と文 字 通 り若 難 もの で は ご ざ
い ま す が,ど
歴 】
一
一
一と 申 し ま
告 を拝 聴 しな が ら 「い つ か,こ
医 学 研究 科 博十 課 程
の よ うに頭 頚部
腫 瘍 の 治 療 を 中 心 と した 教 室 を 主 催 で き た
卒業
1983年ClevelandClinicFoul1⊂lation整
SpecialFellowDoctor(特
ら?」 そ ん な 夢 を抱 き な が ら こ れ まで 頭 頚 部 腫
形外 科
別」医 員)
瘍 の 治 療 に研 鑑 を積 ん で 参 り ま した.そ の 夢 が
1984年
神戸大学
附 属 病 院 助 手(整
形 外 科)
こ う して 現 実 に 叶 え られ 自分 は つ くづ く幸 せ も
1988年
神戸大学
附 属 病 院 講 師(整
形 外 科)
の で あ る と思 い ます.さ
1989年
神戸 大 学
医 学 部 講 師(整
1994年
神戸 大 学
医 学 部 助 教 授(整
2001年
神戸大 学 大学 院 医学 系研究 科
て,こ
れか らの神 戸大
学 耳鼻 咽 喉科 学 教 室 です が頭 頚部 腫瘍 の治療 が
形 外 科)
臨 床 ・研 究 ・教 育 の 全 て の 面 に お い て 教 室 の 大
形 外 科)
き な柱 で あ る こ とは 今 後 も 変 わ る こ と は ご ざ い
教 授
ませ ん.し
(器 官 治 療 医 学 講 座 運 動 機 能 学 分 野
か し21田:紀 に 入 り高 齢 化 社 会 を 迎 え
1日整 ヲ
形タト不:i・)
る にあ た って耳 鼻咽喉 科 に求 め られ る役割 は ま
現 在 に歪 る
す ます 増 加 して い く もの と思 わ れ ます.美
しい
音 楽 を聴 き,綺 麗 な 花 の 香 り を 楽 しみ,美
味 し
い 食 事 を 味 わ う.こ
う し た 人 生 の 楽 しみ を 味
わ って いた だ くこ とを全 て に耳 鼻咽 喉科 は関与
して お り ま す.難 聴,嗅
覚,味
覚 や 嚥下 の 障害
な ど,感 覚 器 治 療 外 科 ・機 能 改 善 外 科 と して の
分 野 も 発 展 させ て い きた い と考 え て お り ます.
こ れ ま で の 教 室 の 伝 統 を 引 き継 ぎ 発 展 させ る と
と も に 「器 官 治 療 医 学 講 座 耳 鼻 咽 喉 ・頭 頚 部 外
一20一
神緑 会学 術誌
第18巻2002年
科 学 分 野 」 初 代 教 授 と して の 自 負 を持 ち 新 た な
伝 統 を 築 き挙 げ て い き た い と思 い ます.医
洞,一
置換外 科 ・
再 生 医 学 講 座 につ い て
局員
丸 と な っ て 精 進 して 参 り ま す の で 神 緑
会 の 皆 様 に お か れ ま して は,倍1日 の 御 指 導 ・御
鞭 撲 の 程 ど うぞ 宜 し くお 願 い 申 し ヒげ ます.
北海 道 大学 医学 部 ノ
く学 院
医 学lily究
科
置換 外科 ・再生 医学 講座
教授
古
【略
川
博
之
歴】
第1外
科藤 堂 教授 の
1986年3月28日
東京大学医学部医学科卒
1986年6月3日
医師免許証
ご 推 薦 に よ り2001年4
1986年6月
東京大学医学部耳鼻咽喉科医
月1日 付 け で 北 海 道 大
員(研 修医)
学 大 学 院 医 学 研 究 科,
'置換 外 科 ・再 生 医 学 講
1987イr4月
1988年9月
都立府 中病院耳鼻1咽喉科非常
勤医員
座 の 教授 に就任 い た し
国立東静病院耳鼻咽喉科厚生
ま した 古 川 博 之 で す.
技官
私 は,1987年
癌研 究会付属病 院頭頸科有給
カ ・ピ ッ ツ バ ー グ で 約10年
嘱託研修医
床 ・研 究 ・教 育 に 携 わ っ て き ま し た.藤
1992年9月
癌研究会付属病院頭頸科医員
の
1993年1月
東京大学医学部付属病院耳鼻
せ,H本
咽喉科医員
器 移 植 の 体 制 づ く り を 行 い,日
東京 大学 医学部付属病院耳 鼻
定 賄 さ せ る 」 と い う 強 い 思 い に 共 感 し,1」 本 に
咽喉科助手
戻 っ て 参 り ま し た.
1990年1月
1993イ ト4月
よ り移 植 の メ ッ カ で あ る ア メ リ
間,臓
器 移植 の 臨
堂 教授
「北 海 道 に 医 療 と し て の 移 植 医 療 を 定 着 さ
の 移 植 医 療 の モ デ ル 地 区 と な る べ く臓
本 に移 植 医療 を
1995年12月20日
医学博士(東 京大学)
1996年5月
ジェファー ソン医科大学耳鼻
た ち あ げ,1997年9月
咽喉科 ・癌研究所へ留学(文
生 体 肝 移 植 成 功 例 を 出 す こ と と な り ま し た.そ
部省長期在外研究員)
の 後 も2002年6月
1998年5月
東京大学医学部付 属病院耳鼻
咽喉科 ・聴覚音声外科
2000年4月
北 海 道 大 学 着 任 後,生
(小 児19例,成
に は,北
海道 で の最 初 の
ま で の3年10ヶ
人42例)の
月 で,計71例
生 体 肝 移 植 と 計3例
の 脳 死 肝 移 植 を 行 っ て お り ま す.道
助手
内 に は31の
復職
臓 器 提 供 病 院 が あ り ま す が,移
東京大学医学部付 属病院耳鼻
コ ー デ ィ ネ ー タ ー と と も に 提 供 施 設 を ま わ り,
咽喉 科 ・聴覚 音 声外 科 講 師
臓 器 提 供 に 関 す る 教 育 ・啓 発 を 行 っ て お り ま
す.ま
(病棟医長)
2001年4月
体肝 移 植 プ ロ グラム を
た,北
海 道 は,厚
神戸大学大学 院医学 系研究科
ク トで あ る
器官治療医学講座耳鼻咽喉 ・
モ デ ル 地 区 の1つ
頭頚部外科学 分野教授
は,迅
植 医 が ドナ ー ・
生 省 ミレ ニ ア ム プ ロ ジ ェ
「病 院 開 発 の 研 究 プ ロ ト コ ー ル 」6
に 選 ば れ て お り,将
来的 に
速 な ドナ ー 情 報 の 提 供 や そ れ に 対 す る 対
応 が 行 え る よ う 全 国 に 先 駆 け て,こ
れ ら臓 器 提
供 施 設 と 臓 器 移 植 ネ ッ トワ ー ク と を コ ン ピ ュ ー
タ ー に よ っ て 接 続 す る 予 定 で す.ま
た,臓
器提
供 病 院 に お け る 院 内 コ ー デ ィ ネ ー ター の 設 置 も
視 野 に 入 れ て お り ま す.移
界 ・学 会 は も ち ろ ん,メ
一Z1
植 医 療 は 官 界 ・財
デ ィアお よ び国民 の理
解 ・協 力 が 得 ら れ て 初 め て 可 能 に な り ま す
が,1999年10月
に は,北 海 道 移 植 医 療 推 進 協 議
会 が 設 立 され,各
界 の 協 力 を 得,意
ドの 配 布 ・普 及,臓
発,臓
教 授就任 の ご挨 拶
思表示カー
埼玉医科大学病理学講座
器移植 に関す る知 識 の啓
器 提 供病 院の 支援 体 制 な どの シス テ ムづ
清
水
道
生
く り を行 っ て い る と こ ろ で す.
研 究 は,移 植 免 疫 ・免 疫 寛 容 ・臓 器 保 存 ・異
2001年7月1日
イ
寸1ナ
種 移 植 ・再 生 医 学 ・人 工 臓 器 と 多 岐 に 渡 り ます
で,高
が,具
任 と して 埼 玉 医 科 大 学
体 的 に は,1)肝
・腎 ・膵 ・ラ氏 島 ・小
腸 移 植 に お け る 臨 床 成 績 の 向 上,2)臓
に お け る 免 疫 抑 制 療 法 の 改 良,3)臓
お け る 臓 器 保 存 法 の 改 良,4)臓
器移植
病 理 学 講 座 を 担 当 させ
器移 植 に
て頂 くこ とに な りま し
器 移植 にお け
る 遺 伝 子 治 療 に よ る 免 疫 寛 容 の 誘 導,5)動
か ら の 臓 器 を 用 い た 異 種 移 植,6)肝
細 胞,心
筋 細 胞,神
た,同
年10月1
日 か らは 埼 玉 医 科 大 学
細 胞,β
附 属 病 院 中 央 病 理 診 断 部 の 部 長 を兼 務 させ て 頂
器移植 と再生 医
学 に 関 す る 先 端 的 研 究 を 行 っ て い き ます.
新 設 に 伴 い,さ
た.ま
物
経 細 胞 な どの 再生 医学 を用
い た 細 胞 治 療 法 の 開 発 な ど,臓
濱素 秀 教授 の後
ら に北 海 道 の 移 植 医 療,さ
らに
く こ と に な り ま した.
私 は,1981年
に 神 戸 大学 医 学 部 を卒 業 後,米
国 留 学 を 含 め 神 戸 大 学 に9年,川
崎 医科 大学 に
8年,北
の施設 で診 断
海 道 大 学 に3年
と,3つ
は 全 国 の 移 植 医 療 の 充 実 を 図 りた い と考 え て お
病 理(外 科 病 理)を 中 心 に取 り組 ん で き ま し た.
り ま す の で,今
通 常 の 病 理 医 と は 若 干 異 な り,数 年 で は あ り ま
後 と も ご 指 導 ・ご 協 力 の ほ ど,
よ ろ し くお 願 い 申 し上 げ ま す.
す が,外 科 医 と して の 臨 床 経 験 が あ り ます.こ
の 臨 床 経 験 が,病
【略
5月
神 戸大 学 卒業
198E三5月
1987で1こ11月
1988{卜10月
数 々 の 点 で 役 立 っ て い ます.
天理 ようつ相 談 所病 院 ジ ュニ ア レ
ジ デ ン ト(内 科,外
1982年5J1
科,麻
酔 科)
私 立 医大 の病 理 学 講座 は国公 立 の 病理 学 講座
と は 若 干 異 な り,教 育 や 病 理 診 断 に 主 眼 を 置 い
天理 ようつ相 談 所病 院 シニ ア レ ジ
て い ま す.教 育 は,学 生 教 育,卒
デ ン ト(腹 部 外 科)
て 臨 床 各 科 と の カ ン フ ァ レ ン ス な ど幅 広 い 範 囲
天 理 よ うつ 相 談 所 病 院 腹 部 外 科 ス
で の 教 育 が 要 求 され ます.病
タ ッフ
患 者 の 治 療 に 直 結 す る 迅 速,正
ピ ッ ツバ ー グ大 学 外 科 リサ ー チ
い もの が 要 求 され ます.研
フ ェ ロ ー
まで ど お り消 化 器 領 域 を 中 心 に 臨 床 に 直 結 す る
ピ ッ ツ バ ー グ 大学 外 科 イ ン ス トラ
研 究 を継 続 して い き た い と考 え て い ます.
ク ター
1993イ ト7月
検会や
臨 床 各 科 との コ ミュ ニ ケ ー シ ョ ン な ど,今 で も
歴 】
1980年3月
理 診 断 の み な らず,剖
後 と も御 指 導,御
トプ ロ フ ェ ッサ ー
申 し ヒげ ます.
北 海 道大 学 第 …外 科 助 手
1999年12月
北 海 道大 学 第 …外 科 講 師
2001イ 君4月
北 海 道大 学 大学 院医 学研 究 科 置換
し
理 診 断 の レベ ル も
確 か つ水 準 の高
究 に 関 して は,こ れ
最 後 に な り ます が,神 緑 会 の 諸 先 生 方 に は 今
ピ ッ ツ バ ー グ 大学 外 科 ア シ ス タ ン
1997イ1三4月
後 教 育,そ
【略
1981年
〃
外 科 ・再 生 医 学 講 座 教 授
現 在 に至 る
歴】
神戸 大学 医学 部 卒業
米 国KuakilliMedicalCenter病
学
一22
鞭 撲 の ほ ど,よ ろ し くお 願 い
理 部留
神緑 会学 術 誌
第18巻2002年
1982年
米 国Hawaii大 学病理学
医 療 セ ン タ ー 麻 酔 部 の4部
1983年
神戸大学第一外科 および関連病院
す.麻
1986年
神戸大学 大学院医学研究科(病 理学)
で あ り ま す.研
人学
番 の 理 由 は 故 須 川 教 授,岡
同大学院医学研 究科修r
が 非 常 に お も しろ か っ た 事 が 根 本 に 有 る よ う な
川崎医科大学病理学
気 が し ま す.学
1990年
〃
講師
北海道大学医学部附属病院病理部
1998年
助
酔科 は呼 吸 循環 生 理 が もっ と も電要 な科
田 教 授,岡
修 医 時 代 に 麻 酔 科 に転 科 した 一
本 教 授 の 生 理 学i講
奪義
生 や 研 修 医 の 教 育 に際 し,故 須
本 教 授 の 様 な す ば ら しい 講 義 に 少 し
で も近 づ け る よ う に 心 が け て お り ます.研
教授
埼玉医科大学病理学
2001年
門 に分 か れ てお りま
で は 人 工 呼 吸 管 理,輸
教授
究面
液 が メ イ ンテ ー マ で す.
光野 元 外科 学 教授 が始 め られ た 人工血 液 の研 究
も,マ テ リ ア ル は 異 な り ます が,開 始 し ま した.
教 授 就 任 の ご挨 拶
慶 応 の 麻 酔 科 医 局 出 身 で は あ り ま す が,麻 酔 科
学 会で は尾 原 秀 史教 授 にい ろ い ろな 面で お引 き
埼1ミ医科 大学総 合 医療 セ ン ター麻 酔科
宮
尾
秀
立 て を い た だ い て お り ま す.神
戸 大学 の 名 に恥
じぬ よ う に,精 進 して い くつ も りで あ り ます.
樹
宜 し く ご指 導 ご鞭 捷 お 願 い 申 し上 げ ま す.
最 初 に2002年1月
の
神 緑 会学 術 講 演 会 の 欠
【略
歴 】
席 に つ き非 礼 を お 詫 び
1977fr3月30日
神戸大学 医学部卒業
申 し上 げ ます.ま
1977イ}三5月
慶慮義塾大学医学部産婦人科
た記
学教室入室
念 品 を お 送 りい た だ き
有 り難 う ご ざ い ま し
た.紙
1977年12月
慶慮義塾大学医学部麻酔学教
室入室
面で 失礼 とは存
1979年6月
国立東京 第二病 院麻酔科医員
月1日 付 け で 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 セ ン タ ー 麻
1980年6月
国立小児病院麻酔科医員
酔 科 教 授 に 就 任 い た し ま した.1977年
1981年6月
慶鷹義熟大学医学部
じ ます が,ご
挨 拶 申 し上 げ ます.私
は2001年5
に神 戸 大
教室助手
学 医 学 部 を卒 業 後,慶 鷹 義 塾 大 学 医 学 部 産 婦 人
科 学 教 室 に 入 室 し,同 年12月 に 同 麻 酔 学 教 室 に
転 科 い た し ま した.1985年
198511三7月
代 川 添 太 郎 教 授 が 赴 任 さ れ,ほ
1994年12月
玉 医科
1995年9月
補 う形 で,臨
さ れ ま した.全
セ ン ター,岡
2000年4月
床 を重 視 した 付 属 病 院 と して 設 立
国 に8つ
しか な い 総 合 周 産
2000イ ト4月
玉 県 南 部 の 川 越 と ヒ尾 の 中 間 に 位 置 す る
田 園 の 中 に 立 っ て い ます.麻
管 理,ペ
200111三5月
イ ン ク リ ニ ッ ク外 来,総
ピッツバーグ大学医学部麻酔
埼 玉 医 科大 学総 合医 療 セ ン
ター
酔 科 の 医 局 員 は総
勢50名 を越 え,手 術 室 の 麻 酔 管 理,集
神戸大学医学 部麻酔学教室非
科留学
期 母1二医 療 セ ン タ ー を 擁 す る900床 強 の 病 院
で,埼
集 中治療室副部長
斜な些
力講虞[lj
しか な い 高 度 救 命 救 急
じ く全 国 に8つ
麻酔科助教授
埼玉 医 科大 学 総 合 医療 セ ン
ター
大 学 総 合 医 療 セ ン ター は 毛 呂 の 大 学 付 属 病 院 を
麻酔科講師
埼玉 医科大 学 総 合 医療 セ ン
ター
ぼ同 時期 に講 師
と して 出 向 し現 在 に 至 っ て お り ます.埼
埼玉 医 科大 学 総 合 医療 セ ン
ター
埼 玉 医科 大学 総 合医
療 セ ン タ ー 開 設 時 に 慶 応 大 学 麻 酔 学 教 室 か ら初
麻酔学
2001年6月
中治 療室
麻酔科教授
慶慮義塾大学 医学部麻酔学教
室非常勤講師
合 周 産期 母子
一23一
る こ と を 目 標 に,浅
東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 教 授 を拝 命
して
が,微
学 非 才 の 身 で は あ り ます
力 を 尽 く して 行 く所 存 で ご ざ い ま す.神
緑 会 の 先 生 方,皆
々様 に は 今 後 と も何 卒,宜
し
く ご 指 導 の ほ ど,お 願 い 申 し ヒげ ます.
東京慈恵会医科大学脳神経外科教授
大
井
静
雄
【経
歴 】
神戸大学医学部卒業
1973,x:3月
2001年1月1日,東
欝
鳩
1975#三7ノ
」
∼1980・ 年6月
京慈 恵 会医科 大 学脳 神
経 外 科 教 授 を拝 命 し赴
ター ン大 学 医 学 部 脳 神 経 外 科 レ
へ 任 い た し ま した.慈 恵
創 設 され,医
へ ヘ
ヘ
ン ア ノ ンー
に
1987年4月
科 大学 と
1991年4月
医 科 大 学 は,1881年
ア メ リ カ合 衆 国 ノ ー ス ウ エ ス
して は 最 も 長 い 歴 史 と
∼2001年12月
神戸大学医学部脳神経外科講師
ドイ ツ ・ハ ノ ー バ ー 医 科 大 学 ノ
伝 統 を 有 す る 大 学 の ひ とつ で あ り ま す. そ の 創
ル トシ ュ タ ッ ト病 院 脳 神 経 外 科
立120年 の 記 念 す べ き年 に, ま た,21世 紀 が 始
ま る,ま さ に そ の 第 一・日 か ら 新 た な 使 命 を 賜
永 続客 員 教授
1992年10月
り,大 き な 夢 を 抱 い て 赴 任 い た し ま した.東 京
兼任
東海大 学 医学 部脳 神 経 外科 助教
授
タ ワ ー を背 景 に 高 く甕 え る 近 代 施 設 の 数 々 は も
2001年1月
と よ り,確 固 た る 信 念 の も と に 将 来 と世 界 を見
東 京慈 恵 会医 科 大学 脳 神経 外科
教 授(現
2002年1月
据 え て 真 の 大 学 像 を 追 求 さ れ ん とす る 大 学 執 行
在 に 至 る)
ドイ ッ ・ハ ノー バ ー 国 際 神 経 科
部 の 姿 に深 い 感 銘 を 受 け,有 難 く与 え られ し新
学 研 究 所(1.N.1)脳
た な 仕 事 に と りか か りま した.
続 客 員教授
神 経 外科 永
兼 任(現 在 に 至 る)
こ こ ま で の 道 は 決 して 平 坦 で は あ りま せ ん で
し た が,神
戸 大 学 医 学 部 に学 び 培 わ れ た ひ とつ
ひ とつ の こ とが,困
【国 際/国
難 や 苦 難 を 乗 り越 え る勇 気
世 界 脳 神 経 外 科 学 会 連 盟(WFNS)
と 力 を も た ら し た も の と 感 謝 し て い ま す.特
に,学
生 時 代,伝
内 学 会 会 長 ・学 会 誌 編 集 委 員 長 】
CommitteeMember(2001-)
統 あ る 神 戸 大 学 医 学 部ESS
国 際 小 児 脳 神 経 外 科 学 会(ISPN)
で教 わ った 医学 を世 界視 野 に みて 国際 性 を身 に
2002-2003President
付 け る と い う姿 勢 は,そ
学 会 機 関 誌GeographicEditor(2002-)
の 後 の 医 師 と して の 私
の 小 さ な 人 生 の 方 向 性 を 大 き く変 え る もの と な
り,最 高 の 師 との 出 会 い を 生 み,多
開 か れ て 行 っ た と確 信 して い ます.今
の 自 らが 受 け た 教 育 を,ひ
くの 門 戸 が
2001President
後 は,こ
日本 脳 神 経 外 科 コ ン グ レス
と りで も 多 くの 若 き
20世 紀 の 凄 ま じい 臨 床 医 学 ・神 経 科 学 の 進 歩
た が,そ
学 会機 関誌
神 経 外 科 学 も飛 躍 的 進 歩 を とげ ま し
れ に 伴 い,そ
日本 小 児 神 経 学 会
学 会 機 関誌
紀 を 迎 え,本 邦 の 脳 神 経 外 科 学 に お い て の ひ と
世 界の 最 高 水 準 に位 撮 付 け
一24
会 長(2000)
編 集 委 員 長(2001-)
理 事(2001-)
日本 医 学 英 語 教 育 学 会
れ ぞ れ のsubspecialtyが
さ ら に専 門 領 域 と して 発 展 して き ま し た.21世
つ のsubspecialtyを
国 際 関 係 委 員 会 委 員 長(1993-2000)
日本 小 児 神 経 外 科 学 会
学 徒 に 伝 え て 行 きた い と考 え て い ます.
に 伴 い,脳
国 際 神 経 内 視 鏡 学 会(ISGNE)
理 事(1998-)
編 集 委 員 長(1999-)
神緑 会学術 誌
第18巻2002年
て,日
教 授就任 の御挨拶
々 精 進 して ゆ き た い と 考 え て お り ます.
文 末 に な り ま した が,神
緑 会 会 員 の 皆 々様 の 御
発 展 を心 よ りお 祈 り 申 し上 げ ま して,御 挨 拶 と
三 重大学 医 学部 解 剖学 第1講 座
溝
口
結 ば せ て い た だ き ます.
明
【略
歴】
イ
寸け
1980年3月
神 戸 大学 医 学 部卒 業
で 三重 大学 医学 部解 剖
1980年6月
医 師 免許 取 得
学 第1講
1980年4月
神 戸 大学 医 学 部 大学 院 医学 研究 科
2001イi三2月1日
座 を 担 当 させ
入学
て い た だ くこ とにな り
ま し た.教
1984イ ト3月
育 ・研 究 に
全 力 で 取 り組 ん で 行 き
終 ゴ
た い と 存 じ ま す が,ま
最 終 年 度,大
教 え を賜 らな け れ ば な ら な い
と思 い ます の で,御
指 導,御
鞭捷 の ほ ど よろ し
1984年4月
京 都 大学 医学 部 研究 生
1984年12月
神 戸 大 学 医 学 部 解 剖 学 第2解
講座
くお 願 い 申 し上 げ ます.
教 育 に 関 し ま し て は,チ
長,;T:大
1988イ ト10月
ュ ー トリア ル 委 員
剖学
助 手採 用
神 戸 大 学 医 学 部 解 剖 学 第2解,t.1」
学
講座
学 医 学 部 医 学 ・医 療 教 育 開 発 推 進 セ
ン ター 副 所 長 を拝 命 し,真 摯 に取 り組 ん で 行 き
1989{卜12/J
文 部 省 長 期 在 外 研 究 員,ア
メ リカ
合 衆 国 カ リフ ォルニ ア 大学 サ ンフ
た い と 決 意 して お りま す.
研 究 に 関 し ま して は,私
阪大 学 医学 部 特 別聴
講生
だ ま だ 経 験 も実 績 も 少 な い た め 何 か と 神 緑 会 の
諸 先生 方 に は,お
神 戸 大学 医 学 部 大 学 院 医 学 研 究 科
は,1980年
ラ ン シ ス コ校 に 留 学
に神戸 大
学 医 学 部 卒 業 よ り,細 胞 分 化 お よ び 神 経 伝 達 に
1990年9月
帰国
興 味 を 持 っ て まい り ま した.1995年
1995年8月
京 都大 学 大学 院医 学研 究 科生 体 構
医 学 部 助 教 授 時 代 に,認
に京 都大 学
造 医学 講 座
知 行動 脳科 学 講 座 の 川
2000年2月
口 三 郎 先 生 に 中 枢 神 経 の 損 傷 後 再 生 の 研 究 に加
え て い た だ き,現 在 は,こ
現 在 に至 る
ス再 生 の 治 療 法 開 発 に 主 力 を 注 い で お りま す.
具 体 的 に は,胎
生 期 に お いて シナ プ ス形成 の 道
し るべ と な る ガ イ ダ ン ス 分 子 を 同 定 し,損 傷 部
位 へ そ れ らの 分 子 を 導 入 す る こ と に よ っ て再 生
軸 索 を再 誘 導 し よ う と い う計 画 で 実 験 を進 め て
お り ま す.中
枢 神 経 の 損 傷 後 再 生 は,約100年
前 に,カ ハ ー ル に よ っ て 不 可 能 で あ ろ う と予 想
され て 以 来,ほ
と ん どあ き らめ ら れ か け て い ま
した.実
ッ ト脊 髄 損 傷 後 の 機 能 再 建 で
際,ラ
も,成 功 率 は,ま
だ 数%と
低 い の で す が,分
子
レベ ル で の 解 析 が 突 破 口 と な る 可 能 性 が 高 い と
考 え られ ます.現
在,根
傷 等 の 患 者 さ ん へ,…
三 重 大 学 医 学 部 解 剖 学 第1講 座
教授
の 神 経 再 生 ・シ ナ プ
本 的治療 の な い脊髄 損
日で も早 く朗 報 を お 届 け
しな け れ ば な ら な い とい う 責 任 を 肝 に 銘 じ ま し
一25一
助 教授
究 を 発 展 させ て い き た い と 考 え て お り ます.ま
ご あ い さつ
た神 戸大 学病 院の 内分 泌代 謝 内 科 で火 曜 日に外
来 診 療 を 継 続 して お り ます の で,患
兵庫 県"乙看護 大学(栄 養代 謝 学)
加
治
秀
紹 介 も 含 め ま して 神 緑 会 会 員 の 諸 先 生 の 御 指
介
導,御
前 任 の吉 本 祥生 教 授
【略
支 援 を よ ろ し くお 願 い 申 し ヒげ ます.
歴】
が 国 立 療 養 所 兵庫 中 央
1978113月
神戸大学医学部卒業
病 院 院 長 に 転 出 さ
1978年4月
神戸大学附属病院内科医員
れ,2001年10月1日
よ
1981年4月
神戸大学大学院医学研究科入学
り後 任 の 教 授 に 就 任 致
1985年3月
神戸大学大学院医学研究科修了
し ま した.兵 庫 県 立 看
1985年7月
米国Rochester大 学研究員(医 学
護 大学 は保 健 医療 環境
の 高 度 化,専
者 さんの ご
部内分泌薬理学)
門 化 に 伴 い 資 質 の 高 い 看 護 師,保
1988年7月
公立北兵庫内科整形外科 センター
内科医長
健 師 の 育 成 を 求 め る 社 会 的 要 請 を 背 景 に,福 祉
先 進 県 を め ざ す 兵 庫 県 に よ っ て1993年4月1日
1989ifi三7月
国立療 養所兵庫中央病院内科医長
に 設 蹉 さ れ ま し た.4年
1990{F7月
神戸大学助手(附 属医学研 究国際
制 の 学 部 に 加 え,大 学
交流セ ンター代謝栄養学〉
院 修i二課 程,博1丁 課 程 が あ り,最 近 は 附 置 研 究
19931=7月
神戸 大学助手(医 学部第三内科)
を 支 え る場 と し て 体 制 を 整 え つ つ あ る 若 い 大 学
1995二{F7月
神戸大学講師(医 学部第三内科)
で す.キ
2000t#三4月
兵庫県立看護大学助教授(栄 養代
所 も設1置さ れ,教
育,研
究,お
よ び医療 の実 践
ャ ン パ ス は 兵 庫 県 立 成 人病 セ ン タ ー に
謝学)
隣 接 し,建 物 は 建 築 家 安 藤 忠 夫 氏 の 設 計 で 大 学
と い う よ り美 術 館 と い っ た 雰 囲 気 で す.こ
のよ
う に ア ッ トホ ー ム な 単 科 大 学 と して ス ター トし
ま した が,社
2001年10月
兵庫県立看護大学教授(栄 養代謝
学)
会 環 境 の 変 化 と大 学 改 革 の 必 要 性
か ら2004年 よ り神 戸 商 科 大 学,姫
路 工 業大 学 を
含 め た3県
部,7大
、
ヒ大 学 が 統 合 し,6学
兵庫 大学教 授 に就任 して
学院
か ら な る 新 県 立 総 合 大学 と して 再 ス ター トす る
」
二定 に な っ て い ま す.名 称 は ま だ 未 定 で す.
岡
田
昌
義
さて 私 の担 当す る領 域 は学 部 で は 生 体 機 能
学,特
に 栄 養 代 謝 学,大
栄 養 学 で す.1978年
学 院 で は ドと して 臨 床
こ の 度,私
神 戸 大 学 医 学 部I」P二
業 後,神
4月1日
は2001年
付 で 開 設 され
戸 大 学 第 三 内 科 に 入 局 し,藤 田 拓 男 前 教 授,T・
た
原 和 夫 現 教 授 の も とで 内 科 学,内
度 教 壇 に立 つ こ と に
領 域 を 研 鎭 し て き ま し た の で,当
育,研
分 泌代 謝 学 の
大学 での教
な っ た.
究 にお い て 多少 な りと もその 知識 や技 術
本 学 の 母 体 は1923年
を 生 か して 貢 献 で きれ ば と考 え て お り ます.赴
任 後,組
み 替 えDNA安
『健 康 科 学 部 』 で 再
に 遡 り,来
全 委 員 会 も立 ち上 げ る
年 を 迎 え る こ と に な り,す
で に3学
年 創 立80周
部 と,
こ とが で き,分 子 生 物 学 的 な 手 法 を 使 っ た 研 究
学 院 を 有 し て い る.こ
も可 能 と な り ま し た.今 後 は 内 分 泌 代 謝 学 の 立
リ ア ー 組 で あ り,か
場 か ら生 活 習慣 病 至
享の 弄防,治
者 が 必 須 で あ る と い う 要 望 に 応 え て,こ
療 を め ざ した 研
一26一
の 新 し い 学 部 に は,キ
つ
『M.D.,Ph.D,』
1大
ャ
の 有資格
れ に参
神緑 会 学術誌
画 さ せ て 頂 い た 次 第 で あ る.そ
第18巻2002年
部)卒 業
れ も現 在 の わ が
医師実地修練後,第32回 医師国家
1962年5月
国 に お け る 現 況 を 考 え る と き,若 い 大 学 生 へ の
試験合格
教 育 と い う もの が 将 来 に 向 け て 極 め て 重 要 な要
神戸医科大学大学院医学研究科博
1966年3月
素 で あ る と考 え た か らで あ る.
士課程(外 科学専攻)修 了
こ こ で は 今 ま で に体 験 し た 医 学 に 関 係 す る 講
義 と実 習 を行 う こ と に な る が,と
そ の 実 習,さ
博士 を授与
くに 臨 床 医 学
概 論 を 中 心 と して,臨 床 解 剖 学,臨
床 生理 学 や
【
職
ら に は 多 くの 疾 患 の 診 断 や 治 療 法
歴1
196年7月
に至 る ま で の 幅 広 い 領 域 を 網 羅 す る こ と に な
神 戸医科大学助手(外 科学第2講
座)
る.
21世 紀 に お け る健 康 科 学 は,従
や 診 断 や 治 療 だ け で な く,む
1966年8月
来 か らの 疾 患
(1年 目DAAD,2年
ト奨学 生),と
て た 教 育 を して い き た い と 考 え て い る.
1968年11月
内 は も と よ り国外 に も出 向 し
の た め に は,今
くに,心 臓血管 外
神戸大学医学部助手(外 科学第2
講座)
れ ぞ れ の 分 野 で 活 躍 で き る 場 が 与 え られ
1970年7月
る よ う な 道 を ぜ ひ と も 開 き た い と も考 え て い
る.そ
目フンボル
科学 を研鎖
さ ら に,学 生 の 多 くが 数 あ る 国 家 資 格 を獲 得
し た 後 に は,国
ドイツ連邦共和国のハ イデルベル
ク大学(外 科学教室)へ 国費留学,
し ろ予 防 医 学 で は
な い か と考 え て お り,今 後 は こ の 辺 に焦 点 を あ
て,そ
医学
神戸大学医学部附属病 院臨床検査
技師学校講師併任
ま で よ り も 日本 を は じめ
世 界 の 情 勢 に も視 野 を拡 げ て 常 に最 新 情 報 を掌
1978年9月
神戸大学医学部附属病 院講師
握 し,そ れ を学 生 達 に還 元 しな が ら,そ の 成 長
1982年1月
神戸大学医学部助教授
振 り を観 察 し な け れ ば な ら な い と考 え て い る.
1992年2月
神戸大学医学部教授
1999年3月
同上,定 年 にて退官
1999年5月
新 日鉄広畑病 院顧 問,神 鋼加古川
また,少
な く と も 国 際 的 に も通 じ る よ う に な
れ ば とい う観 点 か ら}講 義 に は,日
め,英
語,ド
イ ッ語,ラ
本 語 をは じ
病 院顧 問
テ ン語 と い う 幅 広 い 書
2001年4月
物 を使 用 し,教 育 して い く方 針 を立 て,目 下 実
大 阪医科大学客員教授
兵庫大学教授(健 康科 学部)
施 して い る.
こ れ らの 成 果 は,学 生 達 の 卒 業 後 の社 会 に お
け る活 躍 に よ る 貢 献 度 に よ って 明 ら か に呈 示 さ
【
所 属 学会 】
れ る もの とい え る.
一 人 で も こ の よ う な 人 材 が 多 く輩 出 で き る よ
〈国 際 学 会>
1973年2月
1974年9月
教 職 の 立 場 か ら努 力 し て い き た い と 考 え て い
AmericanCollegeof
Physicians
る.
ユ976年9月
こ の よ う に考 え ま す と,将 来 に お け る 成 果 が
ど れ程 す ば ら しい 方 向 に 進 展 す る の か,見 届 け
InternationaユCollegeofAngiology
(Trustee)
1977年9月
る の が 今 か ら大 変 楽 しみ に して い る と こ ろ で あ
る.
InternationalSocietyforArtificial
Organs
1985年5月
歴】
1961年3月
AmericanSocietyforLaser
Medicine&Surgery
神 戸 医 科 大 学(現
for
CardiovascularSurgery
う,こ れ か ら も今 ま で の 経 験 を 活 用 しな が ら,
【
学
InternationalSociety
1986年9月
神 戸大 学 医学
27
InternationalUnionofPhlebology
Chest
ユ987孟r6月
IIlt;el'llallollalSocietyforLaser
就 任 に あ た って
Surgery&Meciicirie
1990イi三1月
1992で ト2月
EllroPeallSocietyforVascular
Surgery
大分 医科 ノ
く学 皮膚 科
lnternationa.lSocietyfor
藤
原
作
平
ElldovascularIIltervelltioll
1998イr411
2001年6月1日
AlllericallSodetyfc)rThoracic
より
大 分 医科 大 学皮 膚 科学
SLirgerY
講 座 を二 代 目教 授 と し
【賞
て 担 当 させ て い た だ い
罰】
1)AmericanCollegeofChestPhysicians
日 本 支 部 会 賞(1977年
2)神
て お り ます.
しか し,は っ き り申
度)
戸 大 学 医 学 部 学 術 誌 奨 励 金 授 与(1985年
し ます と大 変 な 時 期 に
度)
教 授 に な っ た と 思 っ て お り ま す.(1)国
3)日
本 医 師 会 医 学 助 成 受 賞(1986年
度)
4)兵
庫 県 医 師 会 医 学 イiテ
「究 助 成 受 賞(1987年
5)福
川 記 念 医 療 技 術 振 興 財 団研 究 助 成 受 賞
任 放 棄 に よ る 大 学 構 成 員 へ の 経 済 的 圧 迫(国
度)
三 者 機 関 に よ る 評 価)(3)強
制 集 団 結 婚(国
学 合 併)(・D教 授 の 地 位 低 ド(大
な ど,特
立大
講 座 御」導 入 に 伴
6)ヒ
原 記 念 生 命 財 団 研 究 助 成 受 賞(1996年
度)
う 講 座 主 任 設il勤
7)兵
庫 県 医 師 会 医 学 研 究 助 成 受 賞(1998年
度)
く逆 風 が 吹 い て い る か ら で す.こ
8)ド
イ ツ 外 科 学 会 名 誉 会 員 に 推 挙(1998年
度)
9)神
戸 市 防 災 功 労 者 表 賞(1999年
に 国,..1L.地
方 大学 に 強
10)ド
イ ツ 血 管 外 科 学 会 名 誉 会 員 に 推 挙(2001
の 中で我 々の
大 学 活 動 に 大 き な マ イ ナ ス と な る と考 え ら れ る
度)
の が(1)と(2)で す.病
年 度)
原 記 念 生 命 財 団 研 究 助 成 受 賞(2002年
立
大 学 法 人 化)(2)国,. /.大学 のQualtitycぐmtro1(第
(1996x{=lam)
11)上
の 経営 責
院 経 営 面 で は,診
療 報酬 切
り下 げ や 在 院 日 数 短 縮 な ど に 加 え,特
許取 得推
進 な ど研 究 ま で が 効 率 優 先 と な っ て き て い ま
度)
す.特
に こ の 十 数 年 来,日
本 社 会 に蔓 延 して き
て い る 功 利 主 義 に 対 し て,大
学 こそが先頭 に
立 っ て 警 鐘 を 鳴 ら さ ね ば な ら な い の に,大
【そ の 他 】
1)ハ
ー バ ー ド大 学 客 員 教 授(1996年2月)
身 も そ れ に 巻 き 込 ま れ つ つ あ る の は,本
2)ハ
イ デ ル ベ ル ク 大 学 客 員 教 授(1996年41J)
憾 な こ と と 思 っ て お り ま す.評
文 や 科 学 研 究 費 の 評 価 で さ え,適
4)ベ
は 至 難 で あ る の に,多
が 出 る の に10-20年
当 に遺
価 に つ い て も論
3)`'illi!iクミ零L入く学:客 重i孝
父醤
受(1999イ1三31J)
ル リ ン 自 由 大 学 客 員 教 授(2002年51J)
学 自
正 に行 な うの
機 能 を 有 し,本
当の 成 果
以 上 もかか る大学 とい う存
在 を ど う 評 価 し て い こ う と い う の で し ょ う か?
論 文 や 研 究 の 中 味 で は な く,論
い る雑 誌 の
文の 掲 載 され て
『イ ン パ ク ト ・フ ァ ク タ ー 』 や 修Jy
した 大 学 院 生 数 と い っ た 表 面 的 な 数 値 の 積 算 の
み で 評 価 し て い け ば,将
来 の 大 学 の 水 準 は現 在
よ り も む し ろ 低 下 す る よ う に 思 え ま す.
私 は 凡 愚 で あ り ま す が,こ
せ ず,明
る い 勇 気 を 持 っ て,次
よ う と 思 っ て お り ま す.(1)リ
一28一
の よ う な 圧 力 に屈
の こ とを実 行 し
サ ー チ マ イ ン ドを
神 緑会 学術 誌
第18巻2002年
〈
学 内役 職就 任 〉
持 っ て 臨 床 例 を 観 察 し,病 態 を推 定 し治 療 す
る.② 過 去 の 失 敗 例 に学 び,そ
れ を も と に論 理
的 に ク リ テ ィ カ ル パ ス を構 築 す る.(3灘
膚 結 合 組 織 疾 患(ケ
ロ イ ド)の 病 因 解 明 と治 療
法 を 開 発 す る.の3点
で す.
最 後 に こ の場 を お 借 り して,こ
い て 下 さ っ た 先 生 方,先
た い と思 い ます.特
た 先 生,ユ
研 究 科 長(医 学 部 長 併 任)就
任
に あ た って
一医学系研究科医科学専攻の最近の動き一
治性皮
れ まで 私 を導
神 戸大 学大 学 院医 学系研 究 科長
輩 諸 兄 に心 か ら感 謝 し
山
に 標 本 作 りに心 血 を 注 が れ
村
博
平(42年
卒)
ニ ー クな講 義 で研 究 へ の動 機 づ け を
して い た だ い た 先 生,学
2001年4月
究 肌 で 常 に夢 を語 っ て
か ら2期
目の 学 部 長 を務 め させ て
い た だ い た先 生 方 は 深 く私 の 印象 に残 っ て お
い た だ い て お りま す が,正
り,学 生 教 育 に 携 わ る私 の 範 と な っ て お り ます.
大 学大 学 院 医学 系研 究科 長 で 医学 部 長併 任 とな
あ と14年 と い う在 任 期 間 は 長 い よ う で,短
式 に は今 期 か ら神 戸
る よ う で ご ざ い ます.
い
で す の で 自分 に鞭 打 ち,真 の 意 味 で 国民 や 大 分
昨 年 号 に 遅 れ ば せ な が ら就 任 の ご挨 拶 を させ
県 民 の 皆 さ ん の 役 に 立 つ 医 学 部 ・大 学 附 属 病 院
て い た だ い た と こ ろ で す の で,今
で あ る よ う,努 力 し て い き た い と考 え て お りま
りま した 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 化 に 向 け て 動 き
す.同
つ つ あ る 医 学 系 研 究 科 医 科 学 専 攻 ・医 学 部 医 学
門 各 位 の一 層 の 御 指 導,御
鞭 捷 を何 卒 賜
回 は 目前 に 迫
科 の そ の 後 の幾 つ か の 動 き につ い て 御 報 告 させ
わ りま す よ うお 願 い 申 し上 げ ます.
て い た だ き,再 任 の 挨 拶 と さ せ て い た だ き ま
儲
す.
歴】
1)機
構 改 革 につ い て
1975年3月31日
神戸大学医学部医学科卒業
1975年7月1日
関西労災病院内科研修医
1977年3月31日
同上
1977年4月1日
東京医科歯科大学大学院医学
ら改 正 い た し ま し た.つ
研 究科入学
生 を扱 う医 学 科 長 と大 学 院 生 を扱 う専 攻 長 の 職
1981年3月31日
同上
務 を 完 全 に 分 離 致 し ま した.そ
1981年4月1日
東京医科歯科大学難治疾患研
体 の 運 営 を 司 る 要 職 で あ りま す 評 議 員 に,専 攻
究所専攻生
長 を 兼 ね て い た だ く こ と に い た しま した.こ
1981年9月31日
同上
決 定 は前 田 盛 前 医 学 科 長(現
1981年10月1日
マ ックスーブランク生化学研
い 要 望 で もあ り ま し た し,ま た 現 実 に こ の2つ
究所(西
の 仕 事 を1人 で 責 任 を も っ て 行 う こ とは 大 学 院
13年 度 ま で 医 学 科 長 が 大 学 院 医 科 学 専 攻 長 を
併 任 し て お り ま した が,こ
退職
修了
修了
ドイッ)ヘ ドイッ学
術 交流会(DAAD)奨
学生 と
ま り医 学 部 医 学 科 の 学
して 神 戸 大 学 全
評 議 員)か
の
らの 強
講 座 化 以 来,非 常 に 困 難 に な っ て き た か ら で あ
して留学
り ます.そ
1984年3月31日
帰国
れ ま した.な
1984年4月1日
神戸大学医学部第二 内科 医員
で す.
1985年3月31日
同上
1985年4月1日
大分医科大学 医学部皮膚科学
2)任
退職
の ル ー ル を14年 度 か
して 新 に 千 原 和 夫 医 学 科 長 が 選 出 さ
お 保 健 学 科 は 従 来 通 りの シ ス テ ム
期 制 導 入 につ い て
本 年4月
か ら医 学 系 研 究 科 医 科 学 専 攻 及 び 附
講座助手
属 病 院 教 官 に任 期 制 を導 入 す る こ とに 決 定 致 し
1988年10月1日
同講師
ま した.こ
1995年12月1日
同助教授
82号
2001年6月1日
同教授
条 第1項
一29一
れ は 文 部 科 学 省 の 方 針 に従 い 法 律 第
「大 学 の 教 員 な ど の 任 期 に 関 す る 法 律 」4
「
先 端 的,学
際 的 ま た は 総 合 的 な教 育
研 究 であ る こ とその他 の当 該教 育研 究組織 で行
名),前
わ れ る教 育 研 究 の分 野 ま た は方 法 の 特 性 に鑑
し て3年 次 編 入 の 学 士 入 学 試 験(5名)で
み,多
ます.年
様 な 人 材 の確 保 が 特 に 求 め ら れ る教 育 研
期 入 試(70名),後
に4回
期 入 試(15名),そ
も入 学 試 験 が あ り先 生 方 に は 大
究 組 織 の 職 に 就 け る と き」 を 適 用 させ て い た だ
変 な 苦 労 を お 願 い して お りま す が,広
い た も の で あ り ま す.あ
ら学 生 を集 め る と い う 意 味 で,成
くま で も教 官 自 ら の 活
あ り
い範 囲 か
果 は上 が って
性 化 そ し て 医 学 部 の 活 性 化 を 目的 と して お りま
い る よ う で す.し
す.任
教 授 ・講 師 は7年7
か に 高 い 学 力 の 学 生 が 入 学 して お り ます 。 しか
任 は2回
し最 近 医 学 生 選 抜 に対 す る厳 しい 世 間 の 批 判 が
期 は 教 授 は10年}助
助 手 は5年
育,研
で あ り ます.再
究,診
療,社
ま で で,教
会 活 動 等 が 評 価 さ れ,そ
可 否 が 決 定 さ れ ます.現
在,助
講 会,助
の
手会の
か も現 在 他 学 部 に比 して は る
あ り,医 師 と い う職 業 の 適 性 が 強 く求 め ら れ て
い ます.こ
の 点 も考 慮 に 入 れ 来 年 の 前 期 入 試 に
協 力 を い た だ き,こ れ ら の 評 価 法 に つ い て 検 討
も面 接 試 験 を 導 入 す る と と も に,推 薦 選 抜 入 試
し て お り ま す.今
の か わ り にAO入
年 の4月
以 降 に採 用,昇
れ る 方 々 に適 用 され て い ま す,し
任さ
か し従 来 か ら
た,AO入
試 を導 入 す る こ と に 致 し ま し
試 の 募 集 人 員 は 当 面15名 で す が,本
採 用 さ れ て い る 方 で この 任 期 制 の 適 用 を希 望 さ
学 の 理 念(ア
れ る 先 生 方 は い つ で も参 加 で き ま す.将
た 受 験 生 か ら面 接 を 重 視 し慎 重 に 選 び た い と
来的に
ドミ ッ シ ョ ン ポ リシ ー)に
は任 期 制 に 同 意 さ れ て い る方 々 の 給 与 が 高 くな
思 っ て お り ま す.推
る こ とが 考 慮 さ れ て い ま す.
い うわ け で は あ り ま せ ん が,よ
3)バ
イ オ メ デ ィ カ ル サ イ エ ンス 修 士 課 程 の
設置
こ の4月
賛同 し
薦選 抜 入試 が だ め だ った と
り良 い 選 抜 法 で
あ る と考 え て お り ま す.志 願 者 は現 役 高 校 生 の
み で あ り,推 薦 選 抜 入 試 と異 な り一 つ の 高 校 か
か ら上 記 修 士 課 程 の 医 学 部 内 設 置 が
ら何 名 で も受 験 で き ます.ま
た高校 長 の推 薦 書
認 め られ ま し た.正 式 に は神 戸 大 学 大 学 院 医 学
も必 要 で は あ り ま せ ん.な お こ の 結 果 来 年 度 か
系研 究科 バ イ オ メデ ィカル サ イ エ ンス修 士 課程
ら前 期 入 試 の募 集 人 員 が65名 と な ります.
で あ り ます.医
学 部 医 学 科r獣
医 学 部,歯 学 部
こ の ほ か 付 属 病 院 も新 しい 病 棟 が 完 成 し,3
以 外 の 卒 業 生 を対 象 と し た 修 士 課 程 で あ り ま
月 よ り稼 働 して お りま す.入
す.学
に は す こぶ る評 判 が 良 い よ う で あ り ます.神
部 に お い て 医 学 以 外 の こ と を学 ん で き た
人 た ち に 医 学 を教 え,将
来バ イ オメ デ ィカルサ
院 され た 患 者 さ ん
会 の 方 々 か ら新 病 棟 の ア メ ニ テ ィー に関 す る御
イ エ ン ス 分 野 で 活 躍 す る 人 材 を育 て る こ と に あ
援 助 に は 深 く感 謝 して お り ます.新
り ます.定
ま して は 病 院 長 に紹 介 して い た だ き ます.
員 は20名 で 主 に 基 礎 系 の 教 官 が 教 育
す る こ と に な っ て お り ます.時
ま す が,こ
の4月
期 外 れで は あ り
に募 集 し ま した と こ ろ早 速26
名 の 応 募 が あ り,24名
が 入 学 を許 可 され ま し
た.神 戸 の 医 療 産 業 都 市 を 中 心 と し た こ の 分 野
の 人 材 が 広 く求 め られ て い る現 在,非
常 に タイ
ム リー な 設 置 で あ る と思 っ て い ます.ま
た基 礎
医 学 の 層 も厚 くな り,医 学 研 究 の 活 性 化 に な る
こ と は 間 違 い な い と思 い ま す.な
お修 士 課程 終
了後 は この分 野 で の就 職 あ るい は さ らに医学 系
研 究 科 博 士 課 程 の 進 学 も望 まれ て い ます.
4)AO入
試 の導 入
医 学 部 医 学 科 は これ ま で 入 学 試 験 は 毎 年4回
お こ な っ て お り ます.す な わ ち 推 薦 選 抜 入 試(10
一30一
緑
病 棟 に関 し
神緑 会学 術 誌
第18巻2002年
れ ま して も,母 校 で あ る 神 戸 大 学,と
神戸 大学 医学 部保健 学科 長 に
就任 して
戸 大 学 医 学 部 を取 り巻 く状 況 に ご 理 解 を賜 り,
ノJ強い ご 支 援 を心 よ りお 願 い 申 し ヒげ ます.ま
た,保
三
木
明
徳
健 学 科 に は 神 緑 会 会 員 が 多 数 在 職 して お
り,医 学 部 医 学 科 と は 名 実 と も に 兄 弟 の 関 係 に
あ り ます.目
2001年2月16日
付で
覚 ま しい 勢 い で 発 展 す る 医 学 ・医
療 を 支 え る 人 材 を育 成 す る た め に は,医 学 科 と
神 戸 大 学 副 学 長 に就 任
保 健 学 科 が 様 々 な 而 で 連 携 し,と
された 石 川
行 か な け れ ば な り ませ ん.神
斉 教授 の
後 任 と して,同
日付 で
保 健 学 科 長 を拝 命 い た
し ま した.神
りわ け 神
戸 大学 医
緑 会 の皆 様 にお か
れ ま して は,医 学 科 と同 様 に,保
ま して も ご指 導,ご
も に 発 展 して
健学 科 に対 し
鞭 燵 並 び に1暖か い ご 支 援 を
宜 し くお 願 い 申 し上 げ ま す.
療 技 術 短期 大 学 部 を 母
体 とす る 医 学 部 保 健 学 科 は1994年10月
に4年 制
【略
歴】
大 学 と し て 新 た に ス タ ー トい た し ま し た
1977年3月
神 戸大 学 医学 部 卒 業
が,1999年4月
1981年3月
神戸 大 学大 学 院 医学 研 究科 修 了
1981年4月
神 戸 大 学 助 手(医
に は神 戸大 学 大学 院医 学系 研 究
科 の 中 に保 健 学 専 攻 修 士 課 程 が,そ
して2001年
4月 に は 保 健 学 専 攻 博 一
ヒ後 期 課 程 が 設 置 さ れ,
剖学
神 戸 大 学 講 師(医 学 部 第2解
剖学
講 座)
こ こ に我 が 国 の 保 健 学 領 域 に お け る ト ップ ク ラ
1981年7月
ス の 教 育 研 究 機 関 と して の 体 制 が 整 い ま した.
講 座)
こ の 年 は ち ょ う ど21(!l_紀最 初 の 年 に 当た り,私
1983{卜7月
た ち の 保 健 学 科 は 新 しい 大 型 船 に 乗 り換 え て 新
1985'17月
世 紀 に船 出 す る こ と に な りま した.保
学 部 第2解
ドイ ツ 留 学(ビ ュ ル ツ ブ ル グ大 学)
神 戸 大 学 助 教 授(医
学 部 第2解 剖
学 講 座)
健学 科 の
部 教 育 に お い て は 幅 広 い 教 養 と豊 か
1995年4月
神 戸 大 学 教 授(医
な 人 間 性 ・倫 理 性 を 備 え た 医 療 職 者 を 育 成 す る
2001年2月
神 戸 大 学 医学 部 保健 学 科 長
目的 は,学
こ とで あ り,大 学 院 教 育 に お い て は,幅 広 い 学
識 と医 療 専 門 技 術 を 備 え た 高 度 医 療 専 門 職 者 な
ら び に独 創 性 と 国 際 性 を備 え た 教 育 研 究 者 を 育
成 す る こ とで す.今
は,大
後,保
健 学 科 に お き ま して
学 並 び に 大 学 院 の 目的 を 達 成 す る た め
に,教 育 ・研 究 面 で な お … 層 の 充 実 を 図 り,社
会 の 要 請 に 応 え て ゆ く所 存 で す.
国 立 大 学 は 現 在,独
革,統
立 行 政 法 人化 や 大 学 改
廃 合 な ど,こ れ まで に経 験 した こ と もな
い よ う な 変 革 の 時 期 を迎 え て お り ます.本
創 立 百 周 年 を 迎 え た 神 戸 大 学 が,こ
中,次
年,
の 荒波 の
の 百 年 に 向 け て さ ら に前 進 して ゆ くた め
に は,卒 業 生 諸 氏 の 全 面 的 ご支 援 が 不 可 欠 で あ
る と の 認 識 の も と,現 在,学
長 が 中心 と な っ て
全 卒 業 生 を対 象 と した 同 窓 会 の ネ ッ トワ ー ク作
り を進 め て い ます.神
緑 会 会 員 の 先生 方 に お か
一31
学 部 保 健 学 科)
学 会 と行 政 と の 連 携 の 強 化,医 療 現 場 と 行 政 と
〈
保 健 福 祉部 長就任 〉
の密 接 な 意 見 交換 が 重 要 で あ る とい う こ とで
茨城 県保 健 福祉 部長 に就任 して
す.そ
の た め,私
は,学
会役 員や大 学 の非 常 勤
講 師 を 引 き受 け て い る 次 第 で す.
山
本
光
昭
と こ ろ で,役
所 と い う と大 学 や 病 院 と は 全 く
異 質 な と こ ろ と思 わ れ る 方 が い ら っ し ゃ る か も
2002年1月1日
で,茨
イ
寸け
しれ ませ ん が,人
城 県保 健 福 祉 部
本 省 は 大学 医 局 に,他
学 卒 業 後,直
省庁 や都 道府 県 庁 等 は関
長 に就 任 い た し ま し
連 病 院 と い っ た イ メ ー ジ とな りま す.し
た.約2400人
が ら,大 学 の 医 局 と異 な り,厚 生 労 働 省 の 医 系
の職 員 と
か しな
約1250億 円 の 年 間 予 算
技 官 に は 学 閥 が 無 い と い う こ とが 特 徴 で,出
を擁 す る 知 事 部 局 最 大
大 学 に よ る ハ ン デ ィキ ャ ップ は あ り ませ ん.現
の 部 の 責 任 者 と して,
在,本 学 出 身 の 厚 生 労 働 省 医 系 技 官 は,私
300万 県 民 の 保 健 医 療 福 祉 を担 当 して い ま す.
私 は,大
事 の 面 で み る と,厚 生 労 働 省
成4年 卒 の 前 田 光 哉 君,平
君 だ け で す が,今
ぐ に1日厚 生 省 に 入 り,
身
と平
成14年 卒 の稲 垣 忠 洋
後 と も学 生 や 本 学 出 身 者 に 厚
行 政 官 と して 公 衆 衛 生 を専 攻 して き ま した が,
生 労 働 省 医 系 技 官 の 仕 事 のlrli白さ を伝 え,後 輩
新 卒 で の 入 省 は 神 戸 大学 医 学 部 で は 初 め て で し
を育 て て い き た い と考 え て お りま す の で,神
た.私
会 の 皆 様 に も よ ろ し くお 願 い 申 しあ げ る次 第 で
は 中 学 高 校 時 代 か ら経 済二
学 や経 営 学 が 好
き で,大
学 時 代 も社 会 医 学 に興 味 を も ち,法 医
学 教 室 に 出 入 り して い ま し た が,卒
す.
業 後 は行 政
で 公 衆 衛 生 を 専 攻 す る こ と に し ま した.何
役 所 に 医 師 が 必 要 で あ る か とい え ば,例
最 近 で はJCO臨
緑
故,
【学
え ば,
界事 故 や 炭疽 菌 テ ロ対 策 な ど
歴】
1984年3月
神戸大学医学部医学科卒業
1990年9月
岡山大学大学院医学研究科博士課
程修了
健 康 危機 管 理 事 案へ の対 応 には科 学 的判 断が必
須 で あ り,医 系 技 官 が 全 面 的 に 対 応 し て い ま
す.ま
た,社
会 保 険 診 療 報 酬 の 改 定 な ど保 健 医
【
職
歴】
療 制 度 の 見 直 し に あ た っ て は,医 学 医 術 の 進 歩
厚 生 省 各 課,横
を は じめ とす る 医 療 現 場 に お け る 動 き に対 す る
1992年7月
広島県福祉保健部健康対策課長
的 確 か つ 迅 速 な 対 応 が 求 め られ て お り,医 系 技
1994イ1三9月
厚生 省健康政策局指導課課長補佐
官 が 必 要 と され て い ます.
一 人 ・人 の 患 者 の 命 を救 う と い う臨 床 医 と し
1997イ ト4月
厚生 省国立病院部運営 企画課課長
て の 窪 び,新
た な 知IVを 発 見 す る と い う研 究 者
2000イ ザ4月
茨城 県保健福祉部医監兼次長
と して の 醍 醐 味 な ど,医 師 の 活 躍 分 野 に は そ れ
2002イ1三1月
茨城 県保健福祉部長(現 職)
ぞ れ の 面 白 さや 遣 り甲 斐 が あ り ます.私
浜 市 衛 生 局,環
境 庁 を経 て,
補佐
が感 じ
て い る 厚 生 労 働 省 医 系 技 官 と い う仕 事 の 魅 力
【
学 会 役 員】
1998年
∼
日本病院管理学会評議員
威 と対 等 の 関 係 で 仕 事 が 出 来 る と い う こ と,②
1999年
∼
日本健康科学学会学会誌編集委員
担 当 した 仕 事 が 自分 の 異 動 後 も紐 織 的 に 継 続 さ
2002年
∼
日本健康科学学会評議員
れ 発 展 して い くこ と,③
2002年
∼
日本公衆衛生学会評議員
は,①
担 当 した分 野 につ い て若 い時 か ら最高 権
多 くの 人 の 健 康 福 祉 の
向 ヒに 貢 献 出 来 る こ と な ど で す.
さ ら に,私 が 常 々感 じて い る こ と は,大 学 や
一32一
神緑 会学 術 誌
第18巻2002年
〈
病 院 長就任 〉
【大 学 講 師 】
1991年 ∼
神 戸 大学 医学 部非 常 勤講 師
1996年 ∼
横 浜 市 立大 学 医学 部 非常 勤 講 師
2000年 ∼
筑 波 大学 医学 專 門学 群非 常 勤 講 師
2002年 ∼
東 京医 科歯 科 大学 医 学部 非 常勤 講
神戸 労 災病 院長 に就任 して
水
野
耕
作
師
神 戸 大学 医 学 部整 形
外 科 教 授 を2001年3月
31日 に 退 官 し,翌
月1日
日4
よ り現 職 に 就 い
て お り ま す.神 戸 労 災
病 院 は特 殊 法 人 ・労 働
福 祉 事 業 団 に 属 し,39
労 災 病 院 群 か ら成 り立 っ て お り ます が,政
か ら独 立 行 政 法 人 と な り ま した.神
病 院 に も 近 く,ほ
策上
戸 大学 附 属
とん ど神 戸 大 学 出 身 者 で あ
り,そ の 上,学 術 な ら び に 医 療 的 に 優 秀 で,豊
富 な 知 識 と高 度 な技 術 を持 っ た ス タ ッ フ を派 遣
して い た だ い て お り ます.神
る 関 連 病 院 と して,そ
戸 市 中 央 に位 置 す
の 使 命 感 に 緊 張 して お り
ま す.現 代 の 医 療 界 に 対 す る 風 当 た りは 強 く,
病 院 経 営 は 非 常 に 困 難 に な っ て お り ます が,次
の よ う な理 想 を掲 げ て 職 員 と と も に 歩 ん で お り
ま す.ま
ず,活 気 に 溢 れ 生 き生 き と した 急 性 期
病 院 で あ りた い(元
気 な 病 院),高
度 な専 門 医
療 と教 育 機 関 も 併 せ 持 つ 中 核 病 院 で あ り た い
(高 度 中 核 病 院),そ
し て,医
療 の み な らず 経
済 的 に 安 定 し た 病 院 で あ り た い(安
院),の3つ
心 した 病
の 柱 を 中 心 に して 運 用 し た い と 念
願 し て お り ます.
元 気 な病 院 とは 活 発 に機 能 す る 病 院 の こ とで
す.ま
ず,空
床 ベ ッ ドを少 な く し,入 退 院 が 効
率 よ く な りま す と,病 院 機 能 全 体 が 活 発 に な り
ます.そ
の た め に病 床 運 用 管 理 室 を 設 置 し,皆
で 協 力 して 運 用 効 率 を盛 り立 て て い き ます.そ
れ に つ れ て,高 度 医 療 機 器 や 検 査 機 能 な どが 効
率 よ く回 転 し,手 術 室 が 忙 し くな る と と も に,
訓 練 機 能 の 促 進,外
来 診療 の増 加 な どに連 な り
ます.
中 核 病 院 と して は す で に 知 ら れ て い ます.し
か し,こ れ を 地 域 の み な らず 広 域 的 に 活 用 し な
一33一
け れ ば な り ま せ ん.心 臓 セ ン タ ー(循 環 器 疾 患)
や 腰 痛 セ ン ター(脊
椎 疾 患)や
神戸労災病院院
労働福祉事業 団
長
その 他 の診療 科
も 高 度 な 医 療 を 提 供 して い ま す.そ
て,消
2002で1三4月
れ に)JIえ
化 器 疾 患 セ ン ター を 標 榜 い た し ます.救
【
役
職】
急 医 療 対 策,臨 床 治 験,院 外 処 ノJ,労 働 厚 生 省 ・
第4il1[国 際 骨 折 会 議 会 長1994年9月
医 師 臨 床 研ll多
病 院 な ど も 中 核 病 院 と して さ ら に
米 国 肩 肘 関 節 学 会 国 際 雑 誌 編 集 委 員 会 理 事 ・U
前 進 す るた め の
本 編 集 長(1990-2000)
環 で す.神 大 病 理 学 教 室 出 身
の 病 理 医 も常 勤 して お り ます.病
理 解剖 を さ ら
に 充 実 してEvidenceBasedMedicineの
一環 と
した い と思 い ます.
第89回 中 部 日 本 整 形 外 科 災 害 外 科 学 会 会 長
1997・
年10月
しか し,な ん と い っ て も経 済 的 に安 定 す る こ
とが 病 院 機 能 に 最 も重 要 で す.高
度 な 医療 機器
に よ る 中 核 的 な 病 院 機 能 の 推 進,優
保,医
第73回Fl本 整 形 外 科 学 会 会 長2000年4月
第18回 日本 肩 関 節 学 会 会 長1991年11月
日 本 整 形 外 科 学 会 名 誉 会 員(2001年4月
秀 な 人的確
療 事 故 の 防止 な どは まず病 院経 営 が 安定
【著
書】
しな け れ ば な り ませ ん.無 駄 を無 く し,高 度 で
老 人 の 整 形 外 科(南
効 率 の よ い 運 営 に 心 が け た い と考 え ます.
一 病 院 と して
,地 域 社 会 に 貢 献 す る こ とは も
斥言僕1負
行(7)夕
回斗(南7i:堂)編
ち ろ ん で す が,神
江 堂)編
骨 折 治 療 学(南71堂)編
著,
三
拷:,
著二
ほか
大 の ご指 導 の も と に,研 修 に
行 き た い,就 職 した い,医 療 活 動 と研 究 を した
い,だ
一)
【
賞
か ら神 戸 労 災 病 院 へ と言 わ れ る よ う な病
罰】
整形 災害外 科学 研 究助 成 財 団
特 別 奨 励 賞(ジ
ン マ ー 賞)1991年4月
院 を 目指 して お り ます.
井 植 文 化 賞1997年10月
略
【
学
日 本 整 形 外 科 学 会 学 会 賞2001年4月
歴
歴】
1962年3月
【
職
米国肩肘関節学 会国際 医学雑誌編 集功 労賞
神 戸 医科大 学 卒業
2001年9月
神 戸大 学 医学 部 附属 病 院医 師 実 地
三 木市 民病 院長 に就任 して
歴】
1963年3月
イ
修糸
東イ1参
了
1963年411神
小
戸 大学 医学 部 整形 外科 学 教 室 入
林
克
也
局
1966年10月
徳1島大 学1失学 部 解 剖 学 第2講
手(国
1968年7月
1973年1月
座助
抱負
医 療 を と り巻 く環 境
内 留 学)
よ り1970年6月
まで
は 大 変 厳 し く,目
まぐ
米 国 ワ シ ン トン州 立 大 学 お よ び
る し く変 わ り,先 行 き
バ ー ジニア 医科大 学 に海外 留 学
も不 透 明 で す.管
神 戸 大 学 医 学 部 助 手,講
と して 地 域 の ニ ー ズ に
師,助 教
理者
合 っ た 医 療 を提 供 し,
授
1992年10月
神 戸/¥学 医 学 部教 授
当 院 が 直 面 す る課 題 で あ る病 院 機 能 評 価 の 受 審
2000年4月
神 戸大 学 評議 員
や 臨 床 研 修 病 院 へ の 認 定 な ど,医 療 内 容 の 一 層
2001年3月
定 年 退官
の 向 上 に 向 け 鋭 意 努 力 す る所 存 で す.療
神 戸 大学 名誉教 授
一34
養環 境
神 緑 会学術 誌
第18巻2002年
1982年
同講師
治 体 財政 の 低
1984年
同助教授
迷,診
療 報 酬 の マ イ ナ ス改 定 な ど を視 点 に お
1986年
人阪府済生会中津病院副院長兼循環器
き,地
域 医 療 の 環 境 変 化 に ど う 対 応 し,地
の 改 善 を 目 指 し,医
体 制 の 整 備,諸
療 安 全対 策 や医療 情 報 提 供
種 の 規 制 緩 和,自
医 療 ニ ー ズ を い か に 的 確 に と ら え,患
け て い く か を 考 え さ せ ら れ る 毎 日 で す.病
営 協 議 会 や,第
任
院の
か に 統 率 し方 向 づ
基 本 的 運 営 方 針 を 以 下 に 集 約 し,市
長
院の
同病 院病院長
2001年
との病 院 運
院 を地 域 に 不
加 古川市 民病 院長 に就 任 して
可 欠 で 信 頼 さ れ る 医 療 施 設 と して の 方 向 を 日 指
々 病 診 連 携 を 密 に し て い く(CUstomer
satisfaction)2)病
に,必
三木市立三木市民病院副院長兼内科部
2000年
三 者 を 混 じ え た 病 院}・ 業 運 営 審
議 会 で 提 示 し て き ま し た.1)本
し,病
老人保健施設 ライフケア中津施設長兼
1990年
者 さんの
信 頼 の 上 に 経 営 管 理 に 真 剣 に と り 組 み,病
組 織 を よ り 一 層 活 性 化 し,い
内科部長
域の
院 の 経 営,収
鎮
支状 況 を念頭
要 に 応 じ そ の 情 報 を 職 員 に 知 ら せ,効
信
医 療 費 を抑 制 す る と
い う発 想 の 原 点 は ど こ
員 が 満 足 感 と誇 り を持 っ て 勤 務 で きる よ
にあ るの か不 明確 な と
う な 職 場 環 境 の 構 築 を 心 掛 け る(employee
sa't'isfaction)4)安
忠
率
的 で 健 全 な 経 営 を 目 指 す(hospitalsatisfaction)
3)職
西
こ ろ で す が"聖 域 な き
≦≒,安 心 で 納 得 の で き る 医
療 を 提 供 で き る よ う に,病 院 の ハ ー ド,ソ フ ト,
改 革"を
諸 種 の シ ス テ ム の 点 検,整
理 の 勇 ま しい 掛 け 声 で
備 に 努 め る.5)こ
医 療 費 の 伸 び に歯 止 め
れ ま で 培 っ て き た 地 域 の 中 核 病 院 の 位 慣 づ け,
急 性 期 型,高
度 医 療 体 制 を 維 持 し,救
円 滑 に 行 い,30万
て,他
地 方 自 治 体 病 院 は 住 民 の ニ ー ズ に応 じる 形 で
い
公 共 福 祉 の 増 進 と経 済 性 の 発 揮 とい う相 反 す る
戸 大学 各講 座 や教 室
点 を 両 立 させ な け れ ば な ら な い と い う宿 命 が あ
病 院 と そ の 機 能 分 担 を 考 え な が ら,良
と の 連 携 を 密 に し,学
い,看
を か け る こ とが 確 実 に な り ま した.
急 医療 を
人の北播 地域 医療 圏 にお い
連 携 を と っ て い く.6)神
生 や 卒 後 教 育,研
り ます.住
修 を担
護 や 医 療 技 術 の 教 育 医 療 機 関 と し て,さ
ら に 一一
・層 整 備 に 努 め る.今
唱 え る小 泉総
民 の 代 表 に`錦
して 迫 ら れ た 時,勝
の 御 旗'を
ふ りか ざ
手 に不 採 算 と思 わ れ る 部 門
を縮 小 した り廃 止 す る の が 困 難 な 状 況 に あ り ま
後 と も神 緑 会 会 員 の
す.従
皆 様 の ご 支 援 を お 願 い し ま す.
い ま して,医
療 費 の抑 制 の生 贅 は正 に私
達 の よ う な 自 治 体 病 院 だ と も言 え ます.と
【略
んで
も な い 時 期 に マ ネ ー ジ メ ン トを 任 され た 訳 で す
歴】
が,言
い 逃 れ を言 っ て い る 暇 は あ り ま せ ん.
1965年
神 戸 医科 大 学 卒業
1970年
神 戸 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 修 」'
1971年
米 国 ニ ュ ー オ リ ン ズ市 チ ュ ー ロ イ ン
で お ら れ る 方 々 の 一 日 も早 い 健 康 へ の 回 復 の 手
フ ァー マ リー 内 科 レ ジ デ ン ト
助 け をす る こ と で す.こ
同 市 ニ ュ ー オ リ ン ズ退 役 軍 人病 院 内
療 機 関 と役 割 分 担 を 認 識 した ヒで 当 院 の 特 殊 性
科,循
を 充 実 ・発 展 させ,さ
1972年
1976年
1977年
病 院 の 使 命 は 何 と言 っ て も,心 身 と も に 病 ん
環 器 内科 レジデ ン ト
の た め 地域 内 で他 の 医
らに未 だ 充足 され てい な
ボ ス トン市 タ フ ツ大 学 医 学 部 内 科 リ
い 部 門 を 補 完 で き る 医 療 機 関 を 目指 した い も の
サ ー チ フェ ロー
で す.機
神 戸大 学 医 学部 第 一 内科 助 手
も地 域 内 で 医 療 を 完 結 させ て 人 々 に満 足 して も
一35一
能 的 に は 幅 広 い 病 気 に 対 応 で き,し か
ら い た い もの で す.同
担 い,実
時 に地 域 医療 の 大部分 を
兵庫 県立 柏原病 院長 に就任 して
際 の 窓 口 と な っ て お り ます 多 くの 診 療
所 と病 診 連携 を 効 率 的 に 図 り良 質 の 医 療 を求 め
足
る 人 々 に い つ で も安 心 して 納 得 の い く医 療 を 享
高
善
彦
受 して も ら う よ う に 医 者 を 含 め た 医 療 従 事 者 の
教 育 を 行 い,質
2001{i三4月Oこ1岡 フ1∼
こf乏
の 向一
上 を 計 っ て い き た い と思 い
三 名 誉 院 長 先 生(昭
ま す.
35年
な か で も医 師 の 研 修 に つ き ま して は 臨 床 研 修
和
・神 戸 医 大 卒)の
病 院 の 立場 か ら ど ん な 時 に も医 療 提 供 を拒 ま な
後 任 と し て,急
い,豊
大 学 よ り赴 任 し て 参 り
か な 感 性 を備 え た 医 師 の 育 成 を 実 現 して
み た い も の で す.
ま し た.当
院 は1953年
に結 核 診 療 所
大 局 的 展 望 とい た し ま して は,疾 病 の 変 遷 を
遽 神戸
「兵 庫 県
見 こ して 病 院 の 方 針 と 目標 を 明 確 に し,地 域 の
立 療 養 所 柏 原 荘 」 と して 発 足 以 来,診 療 科 目の
人 々 か ら選 択 され,生
増 加,増 床 と新 病 棟 の 増 築 を経 て1973年 に は 「兵
き残 れ る 施 設 で あ りた い
もの で す.
庫 県 立 柏 原 病 院 」 へ 名 称 変 更 し,1984年
に総 合
病 院 の 名 称 承 認 を受 け,三 次 救 急 病 院 へ の 下 地
【略
が で き上 が り ま した.3代
歴】
日院 長 の 岡 本 先 生 の
1968年
神 戸 大学 医学 部 卒 業
御 尽 力 に よ り,1994年
1968年
弐
充球 政 府 立 中llh病院 内 科 イ ン タ ー
院 と して 厚 生 省(当 時)の
ンお よ び 内 科 レ ジ デ ン ト
至 り ま し た.現 在 の16診 療 科 に は 専 攻 医 ・研 修
米 国 ハ ワイ州 ホ ノ ルル市 ク ワキニ
医 を 含 む45名 の 医 師 が 在 籍 して い ます.
1970年
と こ ろ で,本
病 院 イ ンター ン
1971年
度 か らは 初 期 臨 床 研 修 病
年4月
認 定 を受 け て 現 在 に
か ら県 立12病 院 は 知 事 部
米 国 メ リー ラ ン ド州 ボ ル チ モ ア 市
局 を 離 れ,地 方 公 営 企 業 法 の 全 部 適 用 を受 け て
聖 ヨ セ ブ病 院 臨 床 病 理 レ ジ デ ン ト
再 出 発 しま した.病
1973年9月
加古 川市 民病 院内 科 医 員
1975年
神 戸 大 学 医 学 部 付 属 病 院 第2内
(昭和43年
院事業 管 理者 に後藤 武 先生
・神 戸 大 卒)が
就 任 さ れ,各 病 院 の
企業責任 が一
一
一層 厳 し く問 わ れ る 事 に な り ま し
科
医員
た.当
院 は丹 波 二 次 医 療 圏 の 中 核 病 院 と 自 負 し
1978年
)Jll古
川市 民 病 院 内科 医長
て い ま す が,地
ユ993イ ド41j
加 古 川市 民 病 院診 療 部次 長
ば,そ
れ は絵 に書 い た 餅 に終 わ っ て しま い ま
l996年
加 占 川11∫
民 病 院副 院 長
す.丹
波 地 域 医 師 会 の 先 生 方 の 信 頼 も大 変 重 要
2001イF三
加 占 川 市民 病 院 院 長
な 要 素 と な り ます.病
して,2003年8月
域 住 民 の 信 頼 が 得 られ な け れ
診 ・病 々 連 携 を 一 層 密 に
迄 に急性 期 加 算 の採 れ る病 院
に な れ な け れ ば,県
、,_.1_病
院 と して の 当 院 の 存 在
理 山 が 大 き く薄 れ る事 に な り ます.地 域 完 結 型
医 療 を 目指 す 病 院 と して,当 地 域 に は皆 無 の 放
射 線 治 療 施 設 の 新 設,一 次 か ら準 三 次 救 急 ま で
を 担 当 しな け れ ば な ら な い と い う地 域 性 か ら
も,救 急 部 門 とICU病
棟 の 一 層 の 充 実 も実 現
し な け れ ば な ら な い 重 要 項 目 と な り ます.先
は 「☆ ☆ ☆ 病 院 を!」
を 合 言 葉 に,第 三 者 に よ
る 病 院 機 能 評 価 基 準 の 達 成 を 目指 す 事 で,全
36
ず
職
神緑 会学 術誌
員 が 一 丸 と な れ る よ う努 力 して 参 り た い と考 え
第18巻2002年
〈
栄誉 者 〉
て い ます.
2003年 に は 当 院 開 設50周 年 を 迎 え ます.当
兵庫 県 科学 賞 を受 賞 して
院
の 存 在 理 由 を 眼 に 見 え る 形 で 表 す べ く努 力 す る
所 存 で お り ま す の で,神
中
戸 大 学 と神 緑 会 会 員 の
村
肇
先 生 方 の な お 一 層 の 御 指 導 ・御 鞭 捷 を 賜 り ます
よ う宜 し くお 願 い 申 し上 げ ます.
神 戸大 学 大学 院医学
研 究 科
【略
後,1970年
歴】
1965{F3月
1970年3月
1970年12月
1971年5月
1983年1月
1991年11月
1996年4月
1999年4月
し た
か ら1972年
神 戸 医 科 大学 卒
まで フ ラ ン ス 政 府 給 費
神 戸 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 修 了,
1.1J
ltl学生 と し て パ リ 大 学
医学 博 士
新/._児
神 戸 大 学 医学 部 附 属病 院 産科 婦 人
A.Minkowski教
研 究 セ ン ター
授の も
科助手
とで,当
ThePopulationCouncil,The
新 生 児 黄疸 に 関す る研 究 に従 事 す る機 会 を得
RockefellerUniversity留
1979年4月
を 修 了
学(2年
時 新生 児脳 障 害 の主 要 な原 因 で あ った
た.1972年
帰 国 後 に,新 生 児 黄 疸 に 関 す る研 究
間)
を 発 展 させ,血
神 戸 大 学 医学 部 附 属病 院 産科 婦 人
合 型 ビ リ ル ビ ン の 微 量 測 定 方 法 を 考 案 し,そ の
科講師
専 川 機 器UBア
神 戸 大 学 助 教 授 ・医 学 部 産 科 婦 人
昌 社 長 と と も に1983年 に 開 発,血
科学講座
ウ ン ド ・ビ リ ル ビ ン濃 度 が 核 黄 疸 発 症 予 知 に有
済 生 会兵庫 県 病 院副 院長
兼
清 中 に存 在 す る ア ル ブ ミ ン非 結
ナ ラ イ ザ ー を ア ロ ー ズ社 小 越 義
効 で あ る こ と を立 証 した.1988年
母
清 中 の ア ンバ
に 本 検 査法 は
子 セ ンター長
保 険 収 載 さ れ,我
が 国 で ル ー チ ン検 査 と して 使
神 戸 大 学 教 授 ・医 学 部 保 健 学 科 母
用 さ れ,以
性 看 護学 講座
日 で は 本 測 定 法 が 広 く世 界 中 で 使 用 さ れ て,高
神 戸大 学大 学 院医 学系 研 究科教
い 評 価 を 得 て い る.
来 核 黄 疸 の 発 症 を み な くな っ た.今
授 ・保 健 学 専 攻
新 生 児 黄疸 だ け で な く,低 酸 素性 虚 」(IL性
脳障
2000舟 三4月
神 戸 大 学 評議 員
害 に 関 す る研 究 を は じめ,新 生 児 ・乳 児 の 栄 養
2001年4月
兵 庫 県)1_柏原 病 院 長
兼
兵庫県
代 謝,呼
立 柏 原 看護 専 門学 校 長
吸 生理 な ど新生 児 臨床 に直結 す る問題
解 明 の た め の 研 究 活 動 を 展 開 し,我 が 国 の 新 生
児 医 療 水 準 の 向 上 に 多 大 な 貢 献 を して きた.
最 近 で は,新
生 児 医 療 水 準 向 上 に周 産 期 医 療
シ ス テ ム の 重 要 性 を説 く と と も に,ハ
イ リス ク
新 生 児 の 長 期 フ ォ ロ ー ア ップ と育 児 支 援 に 関 す
る社 会 的 活 動 に 心 血 を注 い で い る.
周 産 期 医 療,新
生 児 医 療 は,あ
らゆ る医療 の
中 で 最 も先 導 的 な 分 野 と考 え る.人
出 発 点 で,医
は,技
間 と して の
療 が い か に 人 間 に か か わ り合 うか
術 の 面 だ け で な く,社 会 的 な 視 点,倫
的 な 視 点 で ア プ ロ ー チ す る必 要 が あ る.我
こ れ まで 実 践 して き た 医 療 が,真
一37一
理
々が
に 国民 の期 待
に 応 え る も の に な っ て い る か 否 か を改 め て 問 い
黄 疸,新
正 し,新
研究
しい 時 代 に対 応 した 医 療 の あ り方 を今
●小 児 の 成 長 ・発 達 障 害 に 関 す る研 究
後 も追 求 した い.
【略
生 児 低酸 素性 虚血性 脳 障 害 に関す る
歴 】
兵庫 県社 会賞 を受 賞 して
1964cE3月
神戸医科大学卒業
1965年4月
神戸大学大学 院医学研究科博十課
中
程入学(小 児科学,平 田美穂教授)
久
夫
神戸大学大学 院医学研究科博士課
1969年3月
まず 兵 庫 県 社 会 賞 の
程修了,医 学博十
1969年5月
井
フランス政府給費留学
受 賞 理 由 を 記 そ う.「兵
生 としてパ リ大学医学部 ボー ・ロ
庫 県精 神保 健福 祉 審議
ワイヤル病院新生児研究所,ミ ン
会 長 と して,本
コフスキー教授の もとで 「新生児
神 保 健 福 祉 の 向 上 に取
黄疸」に関する研究 に従事
り組 む と と も に 「こ こ
神戸大学医学部附属病 院助手(松
ろ の ケ ア研 究 所 」 所 長
∼47年8月
1972イ1=10月
県の精
尾保教授)
と して,被
1973イ ト2月
神戸大学医学部助手
福 祉 の 向 上 に 貢 献 さ れ た(以
197711三911
神戸大学医学部附属病 院講師
よ く 「文 化 賞 」 受 賞 と 間 違 え ら れ る.な
るほ
1988tl三1月
神戸大学医学部助教授
ど,賞 に 値 い す る か ど うか は 別 に して,私
は臨
1989年1月
神戸大学医学部教授(小 児科学)
床 と書 斎 の 人 間 で 社 会 活 動 適 性 は平 均 人 以 下 で
2001年4月
神戸大学医学研究科教授(成 育医
あ る.事 実 は 私 個 人 に い た だ い た の で は な く,
学講座小児科学分野)
神 戸 大 学 精 神 科 同 門 会 諸 氏 の 「右 代 表 」 と して
現在 に至 る
受 賞 した の で あ る.た
2000年10月
∼神 戸 大学 医学 部 附 属病 院長
災 者 の 精 神 面 の 復 興 に尽 力 し,県 民
下 略)」 と あ る.
ま た ま神 戸 大 学 医 学 部 精
神 神 経 科 教 授 だ っ た こ とが 必 要 条 件 で,神
戸大
学 医 学 部 精 神 神 経 科 諸 氏 の 活 躍 が 十 分 条 件 だ.
県 精 神 保 健 福 祉 審 議 会 の 会 長 と い うの は 前 任
【主 な 役 職 】
1978年7月
∼ 現 在
日本小 児科学会評議員
の 黒 丸 正 四 郎 名 誉 教 授 の 跡 を 継 い だ もの で,実
1993年10月
∼現 在
日本新生児学会理事
質 ヒは 役 職 指 定 だ.県 の 精 神 保 健 福 祉 将 来 像 を
1989イ 「11月
∼ 玉3己
イf三
日本未熟 児新生児学会理事
策 定 した ぐ ら い が 私 の 仕 事 か.
2000イ ド10月
∼ 〕i見
石三
日本小児保健学 会理事
1990イ 「
三6月
∼ 王見 泊三
日本小児神経学 会評議員
「こ こ ろ の ケ ア研 究 所 」 に は 歴 史 が あ る.ま
ず,神
戸 大 学 精 神 科 同 門 会 の 医 師 を 中心 に 阪
神 ・淡 路 大 震 災 直 後 か ら被 災 者 の 精 神 面 の ケ ア
が 開 始 され た.私
【
学 会 会 長 歴 な ど】
の 参 加 は 諸 氏 の 活 動 を支 え,
1995∠ 年三ll月
日本未熟児新生児学会会長
隙 間 を埋 め,記
録 を残 した こ とか.こ
1997年1月
日本周産期学会会長
な 活 動 を 踏 ま え て 公 式 の 「こ こ ろ の ケ ア セ ン
2002年7月
日本新生児学会会頭
タ ー」 が5年
2002年10月
日本小児保健学 会会長
神 科 同 門 会 医 師 が 骨 格 だ っ た.私
間 活 動 し た.こ
れ に も神 戸 大 学 精
の 主 な仕 事 は
基 本 デ ザ イ ン を作 っ た ぐ ら い か.そ
の一部 機 能
を継 承 した 「こ こ ろ の ケ ア研 究 所 」 は 県 の 外 郭
【
主 な専 攻 】
● 新 生 児 脳 障 害 予 防 に 関 す る研 究,特
の 自発 的
に新 生 児
団 体 の1つ
一3£
一
「ヒ ュ ー マ ン ケ ア 研 究 機 構 」 の 傘 下
神緑 会学 術 誌
に 入 っ た が,2003年
春 に は 国 費 に よ る 「こ こ ろ
勲 二等瑞 宝章 を受 章 して
の ケ ア研 究 研 修 セ ン ター 」 の 建 設 が 完 成 す る.
建 設 費19億,運
第18巻2002年
営 は 県 が 当 た り,国 の 内 外 で 評
松
価 さ れ て い る 神 大 同 門 の 加f];寛 氏 が 中 心 に な
尾
保
る.
2001年
精 神科 の 全国 的 な セ ン ターが 関東 以 外 の地 に
で き る の は 初 め て で あ る.そ れ が 神 戸 な の は,
い 諸 氏 の 活 躍 が 期 待 され て い る.ぜ
紀門出
の 年 で あ り,私
の 人生
に と っ て も意 義 あ る メ
神 大 精 神 科 の 震 災 後 の 活 動 が 評 価 され て の こ と
で,若
は21世
騨
ひ神
モ リ ア ルな 年 で あ っ
た.大
緑 会 の 皆 さ ん に 喜 ん で い た だ き た い こ とで あ
学 を 卒 業 し,医
'1ノ
る.
師 と し て50周
る.21Jに
【略
歴】
窓 会 館(神
1934年1月16日
た が,当
に奈 良 県の 母 の実 家 で生 まれ
時 の 自宅 は 宝 塚 市 小 林 だ っ た の で 兵 庫
県 出 身 で もあ る.父
と長 州 藩,和
と祖 父 母 は 江 戸 時 代 に 遡 る
歌 山 藩 士.家
内 の ほ う は 薩 摩.双
さ れ,3月
緑 会 館)竣
は 母 校,同
工 記 念 式 典が 盛 大 に挙 行
末 に は 栄 あ る 勲 二 等,瑞
内 示 が あ り,4月25日
年 に な
午 後8時
戦 テ レ ビ放 映 に て 松 井 選 手(巨
ム ラ ン を放 っ た 直 後,内
過 ぎ,巨
人阪神
人)が 逆 転 ホ ー
閣 官 房,森
首 相 名義 で
方維 新 史 とそ れ 以 後 に 多 少 の 関 係 が あ る.甲 南
書 留 速 達 便(伝
中 高 校 を 経 て 京 大 医 学 部.阪
ンで あ る 私 に と っ て は 感 無llllで,そ の 時 の 映 像
大 で イ ン タ ー ン.
ポ リ オ 大 流 行 の 年 に 医 師 に な り,京 大 ウ イ ル ス
研 究 所 に 入 っ て 東 大 医 科 研 で も働 い た.実
達 式 案 内 状)が
宝章叙 勲の
届 き,巨 人 フ ァ
は 今 も鮮 明 に脳 裏 に 残 っ て い る.
5月8日,家
際に
内 と と もに初 め て皇 居 に参 内 し
は 口本 脳 炎 ウ イ ル ス と そ の レセ プ タ ー の 分 子 レ
宮 中,松
風 の 間 に 於 て,小 泉 首 相 か ら1人1人
ベ ル で の 相 互 作 用,日
勲 記,勲
章 の 伝 達 を受 け,引
製,昆
脳 ウ イ ル ス ワ ク チ ン精
虫 ウ イ ル ス を使 っ た 遺 伝 コ ー ドの 普 遍 性
き続 き:豊明 殿 に移
動 し,天 皇 陛 下 の 拝 謁,お 祝 い の お 言 葉 を 賜 り,
研 究.
感 激 の 極 み で あ っ た.こ
日脳 流 行 が 終 息 し,精 神 科 に転 じて 分 裂 病 を
れ も ひ と え に 大 学,国
立 病 院,神 緑 会 諸 先 生 方 の 御 指 導,御
支援 の 賜
対 象 に 選 ん だ.ま
ず実 像 を知 るた め に長 期経 過
と 深 く感 謝 して い る.6月
末 に は小 児 科 教 室 同
を 詳 細 に 調 べ,集
学 的 な 治 療 法 を構 想 した.独
門 の お 世 話 で ポ ー トピ ア ホ テ ル に 於 て 盛 大 な 祝
自 の グ ラ フ解 析 法 を 開 発 した の は 生 物 学 研 究 か
賀 会 を 催 して 頂 き,そ の 席1_,2人
ら の 持 ち 込 み で あ る.精 神 科 の 業 界 で は ミ ク ロ
束 の 贈 呈 を受 け,深
精 神 病 理 だ とか ら か わ れ る.東 大 分 院,青
真)
木病
の 孫 か ら花
く感 動 し た も の で あ る.(写
院,名 古 屋 市 立 大 学 を経 て 神 戸 大 学 に約17年.
今 は 甲南 大 学 文 学 部 で 臨 床 心 理 を担 当.詩
の翻
訳 とエ ッセ イの 執 筆 は 神 大 病 院 改 築 の 際 の研 究
一
・
時 休 止 の きっか け だが
,文 学 賞 が3つ,本
業
の 賞 が1つ
で 逆 様 で あ る.社 会 賞 を 数 え る の は
お こ が ま しか ろ う.
大 学 卒 業 後,小
一39一
児 科 医 と して30数 年 大 学 で の
研 究 生 活,そ
の 頃 は高 度先進 医 療 に 目を奪 われ
勲三等 旭 日中綬賞 を受章 して
が ち で あ っ た が,匡 泣 療 養 所 兵 庫 中 央 病 院 に 赴
任 し,3年
問 と短 期 間 で あ っ た が 整 護 学 校 に 通
学 し な が ら療 養 に 励 む こ ど も達,い
三
ろ いろ なハ
嶋
豊
ン デ ィー を 有 す る こ ど も達 に 接 し,小 児 医 療 は
如 何 に あ るべ き か,つ
1992イ 丁
三2月26日
くづ く 考 え させ られ 第2
の 人 生 に 大 き な 力 と夢 を 与 え て 頂 い た.現
在,
大 学 医 学 部 第5講
ネ申1-1
堂 に
三 田 福 祉 のii1-.さ く ら療 育 園 に て 障 害 児 の 医
て,「 臨 床 医 学 者 の 基
療,療
点 と して の 皮 膚 科 学
育 に と り くん で い る.
最 後 に 私 の 愛 唱 す るサ ミニ エ ー ル,ウ
一 細 胞再 発 見の 時代 か
ーマ ン
の 言 葉 を 引 用 す る.「 若 さ と は 人 生 の あ る 期 間
らMelanogenesis/
で は な く,心 の あ り方 で あ る.」 ヒ トは 歳 月 を
Melanomaの
重 ね な が ら 老 い る の で は な く,夢 を 失 う と き に
と 題 し て,つ
老 い る の で あ る.大
ま し た.早
され た 人生 を精
きな 夢 と若 さ を保 ち つ つ 残
制御へ一 」
た な い 最 終 講 義 を させ て い た だ き
い も の で 今 年 で 丁 度10年
を迎 えてお
り ま す.
・
杯 歩 み た い.
神 緑 会 の 益 々 の 御 発 展 を 心 よ り祈 っ て い る.
〈 プ ラ イ ベ ー トプ ラ ク テ ィ ス 寸 感 〉
【略
幸 い 健 康 に 恵 まれ,阪
歴】
急 御影 駅 前 ビル にて三
1951{1三3月
神 戸 医科大 学 卒 業
嶋 皮 フ 科 ク リニ ッ ク と,さ
1952年5月
第12回 医 師 国 家 試 験 合 格
膚 科 学 研 究 所 を持 ち,基 礎 研 究 の み な らず 口 々
1955年6月
神 戸 医科大 学 小 児科 助 手
生 み 出 さ れ て い る 新 知 見 を ふ ま え,毎
1958年7月
小 野市 民病 院小 児科 医 長
求 め て 来 院 す る 多 数 の 患 者 を診 療 しな が ら 臨 床
1960年5月
神 戸 医 科 大 学 講 師(小
医 と して の さ ら な る 成 熟 化 を 目指 して 精 進 し う
1970年2月
神 戸 大 学 医 学 部 助 教 授(小
児 科 学)
る 喜 び を 味 わ っ て い る この 頃 で す.現
児科
1974イr4月
神 戸 大 学 医 学 部 教 授(小
∼19761三3/J
り,ポ
児 科 学)
神 戸大 学 医学 部附 属
た.・
(1988年7月
末 まで
ピュ ラ ー な 疾 患 群 に 対 す る外 来 治 療 は ど
方,再
来診 療 に じゅ う ぶ ん な ウ ェ イ トが
か け ら れ る プ ラ イベ ー ト ・プ ラ クテ ィス こ そ,
神 戸 大学 評 議 員併 任
古 典 的 皮 膚 科 学 に記 載 さ れ て い る 定 石 治 療 を基
国 、Z療養 所 兵 庫 中 央 病 院 長
19881=4月
職 時代 に
う し て も教 科 書 的 か つ 平 均 的 に な りが ち で し
臨 床 検査技 師学 校 長 併任
19b6%1三41j∼1988イi三3月
日治 癒 を
は再 来 診 療 に 対 して は 避 け 難 い 時 間 的 制 約 が あ
学)
1971年8月
さ や か な が ら三 嶋 皮
神 戸大 学 医
礎 に して,更
な る個 別 的 で,よ
り有 効 な 治 療 法
学:剖二
孝
文1受
併 任)
を 各 症 例 に対 し 考案 し う る 機 会 に 恵 ま れ て い る
19881三8月
神 戸 大学 名 誉 教 授
よ う に 思 え ます.
1991イ 『
三3ノ 」
国立 療 養所 兵庫 中央病 院長定 年 退
〈研 究 生 活 寸 感>
職
1991年4月
よ り社 会 福 祉 法 人 枚 方 療 育 園,
ら療 育 園(三
田 福 祉 の 里)園
さく
長 と
Border-less時
代 の 研 究 と臨 床:
ボ ー ダー レス 時 代 の 研 究 と発 見 者 へ の 道 に つ
い て の 所 感 は 図(A,B)に
して 現 在 に 至 る.
ま とめ て み ま し た.
幸 い に優 れ た 門 下 生 お よ び 共 同 研 究 者 に 恵 ま れ
て 多 くの 研 究 分 野 で い くつ か の 新 知 見 を得 る こ
とが で き ま した が,な
一40一
か で も悪 性 黒 色 腫 の 新 し
神緑 会学 術 誌
A,Border-less時
代 の研究 と臨床
第18巻2002年
2)三
嶋 豊(1995)二
癌 細 胞 の 特 異 的代 謝 活 性
に よ る 選 択 的 熱 中 性 子 捕 捉 療 法 の 研 究 開 発;
学 術 月 報,48,13-18.
3)Mishima,呈(Editor)(1996),Ca皿cerNeutron
CaptureTherapy,FlenumPress,NewYork,
pp1-920
略
歴
【
学
一
B.発
1954年3月
見 者へ の道
MDのAdvantage:疾
島大学医学
1955年4月
東京大学医学部皮膚科大学院入学
1955年9月
医師免許
1958年6月
米国ウェイン大学医学部皮膚科留
閻 的 、 精 神 的 制 限
取得
学
1961年3月
病本質理解、治療限界認識
↓
純 粋 科学 の 臨 床 志 用
い 非 外 科 的 治 療 法,黒
広島医科大学(現,広
部)卒 業
発 見者 とな る には
M.D.のpis-advantage:時
歴】
東京大 学 医学 部皮 膚科 大学 院修
了,医 学博士
色 腫 の 選 択 的 熱 中性 子 捕
【
職
歴】
1961年7月
捉 療 法 を創 案 し,原 子 炉 物 理 学 者 ・化 学 者 ・放
米国ウェイ ン大学 医学部皮膚科講
師
射 線 医 学 生 物 学 者 ・臨 床 腫 瘍 学 者 等 の10年 を越
え る共 同研 究 を 経 て 世 界 初 の ヒ ト黒 色 腫 治 療 に
1964年5月
同
大学医学部皮膚科助教授
成 功 し1),以 来18例 を 成 功 裏 に 治 療 し2),国 際 癌
1967年7月
同
大学医学部皮膚科准教授
中 性 子 捕 捉 療 法 学 会 の 創 立 と な り3),ま た 後 任
1967年12月
和歌 山県立医科大学皮膚科教授
の 市 橋 教 授 が 引 き継 ぎ,更
1975年9月
神戸大学医学部皮膚科教授
て い ま す.未
に4例 の 実 施 に至 っ
だ 多 くの研 究 生 活 に 関 して触 れ た
い事 項 は 多 々 あ り ま す が,今
た だ き ま す.曾
回 は 割 愛 させ て い
(平成4年3月
1986年4月
まで)
神戸大学医学部熱中性子捕捉療法
に浮か
ん だ 自 戒 の フ レ ー ズ,「 呑 舟 の 大 魚,支
流 に遊
特別研 究施設長(併 任)
て 空 よ り長 江 を 望 み,頭
1992年4月
神戸大学医学部名誉教授
神戸海星病院皮膚科部長兼神戸海
ば ず 」 を あ げ て 筆 を欄 き ます.
星病 院研 究所所長
(平成7年1月
終 わ りに先 輩 ・同 僚 ・門 下 の 皆 様 よ りの 暖 か
い 御 支 援,御
三嶋皮膚科学研 究所所長,現 在 に
協 力 に お 礼 を 申 し上 げ る と と も
至る.
に,神 緑 会 の ます ま す の 御 発 展 を祈 念 して 結 び
とい た しま す.
まで)
1995年4月
三嶋皮 フ科 ク リニ ック院長,現 在
に至 る.
1}Mishima,Y.,Honda,C.,Ichihashi,M.,etal,
(19$9),Treatmentofmalignantmelanomaby
singlethermalneutroncapturetherapywith
【そ の 他 の 経 歴 】
1970年4月
melanoma-seeking10B-compound.Lancet,II,
385-389.
(平成7年 まで)
1976年
一41
日本皮膚科学会評議員
日本癌学会評議員
(平 成4年
1976年10月
ま で)
蓬
日 本 臨床 電 子 顕 微 鏡 学 会 会 長
(昭 和54年9月
1980年1月
ま で)
瀞
委 員(昭 和53年9月
1978年9月
勲 四等 旭 日小 授章 を受章 して
京 都 大学 原 子炉 実 験 所運 営 委 員 会
まで)
国 連 国 際 原 子 機 関(IAEA,本
1983年12月
裕
思 い も か け ず2001年
部
ウ イ ー ン)顧 問
(昭 和60年12月
莱
4月,叙
勲 の 通 知 を受
け て か ら1年 が 経 ち ま
ま で)
京 都 大学 原子 炉 実験 所 医療 委 員 会
した.こ
委 員(平
に功 な り名 を 遂 げ て 世
ま で)
㌔ 、
、
成3年12月
の栄 誉 はす で
1985年6月
日 本 皮 膚 悪 性 腫 瘍 学 会 理 事(現 在)
を去 られ た 恩 師 神 戸 大
1987年8月
日本研 究 皮膚 科学 会 理事 長
学 医学 部 楢 林 和 之教
(昭 和63年7月
1987年12月
1990年10月
第1回
1992年9月
北 大 学 放 射 線 科 故 古 賀 良 彦 教 授(後
留 米 大 学 長),東
ま で)
に久
北大学医学部長故星野文彦教
授,自 衛 隊 中 央 病 院 放 射 線 科 故 大 出 良 平 部 長(後
に防 衛 医大 副学 長 〉等 々の先 達 の方 々の御 指 導
日米欧 三 大陸 合 同研 究 皮膚
科学 会会頭
の 贈 物 で あ る こ と は 勿 論,同
国 際 色素細 胞 学 会理 事 長
か ら折 りに ふ れ て 頂 戴 した 御 芳 情 に よ る もの と
(平 成5年9月
1991年11月
授,東
日本 色素細 胞 学 会理 事 長
(平 成9年12月
1989到 三4月
ま で)
思 わ れ,改
ま で)
第42回 日 本 皮 膚 科 学 会 中 部 支 部 学
窓 会員 の 諸先 生 方
め て 厚 くお 礼 申 し上 げ ます.
放 射 線 科 在 職 中,同
じ医 師 団 の な か か ら都 立
会会 頭
病 院 長1名,医
学 系 大 学 院 進 学 者2名,放
国 際癌 中性 子 捕捉 療 法 学 会理 事長
專 門 医5名,診
療 放 射 線 技 師144名 を 送 り出 し
(平 成6年10月
第6回
射線
た だ け で 勲 四 等 旭 日小 授 章 受 賞 と は 誠 に 恐 縮 の
ま で)
極 み,赤
同 学 会 会 頭(平 成6年10月)
【受 賞 歴 】
面 の 至 りで あ り ます.コ
バ ル ト遠 隔 照
射 装 置 に 始 っ て,ラ
イ ナ ッ ク治 療 装 置,回 転 横
断 々 層 撮 影 装 置,種
々 の ラ ジ オ ア イ ソ トー プ,
れ ら を使 っ て 連 日癌 組 織 に
1960年5月
デ トロ イ ト皮 膚 科 学 会 賞
抗 が ん 剤 等 々 …,こ
1962イF5月
シ カ ゴ皮 膚 科 学 会 賞
戦 い を挑 み,あ
1964年5月
ア メ リ カ 皮 膚 科 学 会 第1位
1973i1三12月
三 越 医学 会賞
の 幸 福 や 長 生 き に 連 な る,と 思 い 始 め た こ ろ に
1984年11月
ヘ ル マ ン ・ピ ン カ ス記 念 講 演 者 賞
私 の 放 射 線 診 療 が 終 り ま した.あ
1985年7月
清 寺 眞教授 記 念 賞
管 理 業 務 だ け が 残 り ま した.
1985年9月
日本 臨 床 電 子 顕 微 鏡 学 会 安 澄 記 念
賞
げ くの は て に,癌
と戦 う よ り も
癌 との 共 存 を 考 え な が ら治 療 を 続 け る 方 が 患者
とに不得 手 な
私 こ と,齢 す で に古 稀 を超 え,世 間 に蔓 延 す
賞
る 老 人 と な り ま し た が,幸
1990年11月
兵 庫 県科 学賞
た こ と も あ っ て,今
1990年11月
国 際 色 素 細 胞 学 会 ・MyronGordon
同 窓 会 員 の 皆 様 の 更 な る 御 健 勝 ・御 多 幸 を お 祈
Award
り申 し上 げ ま す.
1994年4月
紫 綬 褒章
2001年5月
勲 三 等 旭 日中 綬 章
い に平均 寿 命が 延 び
な お 嬰 錬 と して お り ます.
宮 中 に て 陛 下 に拝 謁
〃
【
略
歴】
1956年3月
〃4月
一42一
神戸 医科 大 学 卒業
陸上 自衛 隊入 隊
神 緑 会学術 誌
第18巻2002年
1957年6月
医師 免許取得
市 町 村 と協 力 して か か りつ け 医 の 普 及 の た め の
1958年5月
自衛隊中央病院勤務
医 療 情 報 マ ッ プ の 作 成 な ど 多 くの ノ
∫々 の 協 力 の
1959勾 匡1月
東北大学医学部研 究生
も と事 業 を 進 め る こ とが で きた の も長 年 白 衛 隊
196511:3月
医学 博 ヒ
で 受 け た 人間 形 成 が あ っ た た め だ と 考 え ます.
1972'1三7)J
自衛隊中央病院診療放射線技師 養
停 年 後 も,重 症 心 身 障 害 児 施 設,介
成所長
施 設 で 働 か せ て い た だ い て お り ます が,自
1979,E三12月
自衛隊中央病院放射線科部長
で 学 ん だ 自立 支 援 の 方 法 で 指 導 を続 け て い ま
1981年8月
自衛隊仙台病院副院長
す.こ
1983年3月
自衛隊福岡病院院長
た っ て 患 者 の 利 益 を 守 りな が ら 地 域 で 安 心 して
19711三1月
自衛隊中 央病院副院長
生 活 で き る 医 療 環 境 を 作 る べ く働 く 人 材 の 育 成
1988町
陸上 自衛隊退官
が 必 要 だ と 考 え ます.こ
大同生命保険相互会社 入社
で,地 域 の た め に働 か せ て い た だ く所 存 で い ま
1994tj:.4月
大同生命専任社医
す.神
2001 (=311
大同生 命保険相互会社退社
す.
こ7月
〃8月
【略
勲 四等旭 日小授 章 を受 章 して
れ か らの 医 療 従 事 者 は,よ
田
和
♂い
㊥
へ
れ か ら も医 療 福 祉 のllil
神戸医科大学卒業
陸 上 自衛隊 入隊(医 科幹 部 候 補
生)
秀
衛 庁 長 官 よ り伝 達 を 受
、
1956年
白衛隊中央病院(整 形外科)
1970年
白衛隊中央病院
1983{1三9月
白衛隊中央病院高等看護学院長
理学診療科部長
兼務
中 春秋 の 間 に て
天 皇 陛 下 に 拝 謁 を し,
1987年1月
防衛医科大学校学生部長
お 言 葉 を 賜 わ り妻 と も
1988年3月
自衛隊
ど も大 変 感 激 い た し ま
1988年4月
埼玉県飯能保健所長
し た.1955年
に 卒 業
1990到 三4月
埼k県 衛生部参事兼医療整備ll果
長
1年 間 は,大 学 病 院
1992イ ト4月
埼玉県川越保健所長
生
1996イ ト3月
埼玉県衛生部
定年退職
衛 隊 中央 病 院整
1996!f1三4月
社会福祉法 人
清風会
溢 、レ
し,直 ち に 自衛 隊 に 入 隊,
で イ ン ター ン を 済 ませ,幹
部 候 補 生 学 校,衛
学 校 で 基 礎 教 育 を受 け た 後,自
退官
形 外 科 に所 属 し,部 隊 の 健 康 管 理 や 診 療 に 従 事
重症心 身障害児施設
し,患 者,隊
病院長
員 の 自立 に 向 け て の 真 の 医 療 を学
1997年4月
ばせ て い た だ け た こ と に 感 謝 して い る.1970年
よ り,自 衛 隊 に リハ ビ リテ ー シ ョ ン部 門 を 新 設
し患 者 の 自 立 支 援 を 指 導 し て き た.1983年
り,高 等 看 護 学 院 長 と して,1987年
よ
199bi1--4月
携,乳
幼 児 救 急,救
呆 老 人 対 策,病 診 連
命 救 急 セ ン ター 整 備,看
医療 法 人
護
職 員 対 策 な ど を積 極 的 に 進 め,ま た,地 域 で は,
一q
.3一
太陽の園
老人保健施 設
仁和 会
介護老 人保健
ケアパー ク江南
現在 に至る
自 衛 隊 を 退 職 後 は,埼 玉 県 衛 生
部 に奉 職 し,療 育 二 次,痴
社団川越医師会
いぶ き 施設長
施設
よ り,防 衛
医 科 大 学 校 学 生 部 長 と して 医 療 従 事 者の 育 成 に
従 事 し,1988年
り広 い 視 野 に
歴】
1955年
2001年 春 の 叙 勲 を 防
け,宮
衛隊
緑 会 の ます ます の 発 展 を願 っ て お りま
〃
前
護 老人保 健
施設長
後 な お い っ そ う頑 張 りな さい と言 う励 ま しの 意
藍 綬 褒章 を受 章 して
味 が あ る との こ とで す.し
か し な が ら,い
まさ
ら 若 返 る わ け で もあ り ませ ん か ら新 た な 仕 事 は
大
植
正
俊
考 え られ ませ ん.こ
れ まで 培 っ て き た 領 域 で,
今 後 もお 役 に立 つ 限 り,誠 実 に 良 心 的 に 仕 事 を
私 は 学 生 の と き も卒
続 け て ま い りた い と思 い ます.
業 後 も 目立 た な い 存 在
で あ っ た と思 い ます.
【
略
勉 強 は 落 第 しな い 程 度
1962年
神 戸 医科 大学 卒 業
や り,職 に つ い て か ら
1963年
神 戸 医科 大学 付 属病 院勤 務
も与 え られ た 任 務 は不
兵 庫 県立 淡路 病 院 出 向
器 用 な が ら忠 実 に こ な
して き ま し た.そ
歴】
1969年
の 程 度 の 者 が 何 故 に受 章 の 栄
重 症心 身障害 児 施 設枚 方療 育 園
長
に 浴 す る こ とが で きた の か,不 思 議 に思 う友 人
1977年
医 学博 士 の学 位 取 得
も 多 い か も しれ ませ ん.一
1980年
大植病 院 開設
つ の 要 因 は 幸 運 に恵
ま れ た こ と で し た.一 貫 し た 仕 事 に 順 調 に 携
わ っ て こ れ た こ とが 幸 運 で した.優
院長
精 神保 健 指定 医
れ た先 叢 や
1989年
兵庫 県 公衆衛 生協 会 長表彰
す ば ら しい 同 僚 や 苦 楽 を と も に して くれ た 仲
1996年
兵庫 県知 事表 彰
間,こ
1999年
う一 つ は 私 の 経 歴 が 藍 綬 褒 章 の 条 件 に 合
致 して い た こ と で し ょ う.受 章 の た め に は 私 の
履 歴 が 推 薦 して い た だ け る よ う な タ イ ミン グ に
か な っ て い な け れ ば な りませ ん.私
32年 に な っ て い ま した.そ
は病 院 長歴
して そ の 間 大 過 な く
や っ て きて い ま した.長 年 に わ た っ て,県
他 の 公 職 に い くつ か 携 わ っ て き ま した.3年
か ら は,兵
その
前
庫 県 下 の 精 神 医 療 に大 きな 役 割 を
担 っ て い る社 団 法 人兵庫 県精 神 病 院 協 会の 会長
を仰 せ つ か っ て い ます.そ
の よ う な経 緯 が 受 章
に つ な が っ た と思 い ます.
受 章 して み ま す と,私 の よ う な も の が 受 章 に
値 す る もの か ど うか 心 も と な い 感 が あ りま し
た.し
兵庫 県医 師会 長 表彰
ん な 人 た ち に 恵 まれ た の は 私 の 努 力 に よ
る も の で は な く幸 運 以 外 の 何 物 で も あ り ませ
ん.も
か し,正 直 言 っ て 喜 び は 格 別 な もの が あ
り ま し た.大 勢 の 方 々 に 祝 っ て い た だ い て,申
し訳 あ り ま せ ん で した が,大
思 い ま し た.今
変 う れ し く光 栄 に
で もお 世 話 に な っ た 方 々 へ の 感
謝 の 念 は 抱 きつ づ け て い ま す.
受 章 し た か ら と言 っ て も,人 が 変 わ っ た わ け
で も な く,日 常 は 同 じ生 活 の 連 続 で あ り ま す.
褒 章 の 意 義 に は,こ
施設
れ まで の 業 績 を評 価 し,今
一44一
厚 生 大 臣 表 彰(精
神 保 健 福 祉 事 業)
兵 庫 県医 師 会長 表彰
2001年
藍綬 褒 章
Fly UP