...

HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースノート

by user

on
Category: Documents
12

views

Report

Comments

Transcript

HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースノート
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースノート
HP-UX サーバーおよびワークステーション
Manufacturing Part Number : 5187-0702
2002 年 7 月、第 1 版
© Copyright 2002 Hewlett-Packard Company
Copyright
本書には著作権によって保護される内容が含まれています。本書の内容の一部または全
部を著作者の許諾なしに複製、改変、および翻訳することは、著作権法下での許可事項
を除き、禁止されています。
All rights reserved.
Copyright Notice
Copyright © 1997-2002 Hewlett-Packard Company. All rights reserved.
Reproduction, adaptation, or translation of this document without prior written
permission is prohibited, except as allowed under the copyright laws.
Restricted Rights Legend
Use, duplication or disclosure by the U.S. Government is subject to restrictions as set
forth in subparagraph (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS 252.227-7013 for DOD agencies, and subparagraphs (c)
(1) and (c) (2) of the Commercial Computer Software Restricted Rights clause at FAR
52.227-19 for other agencies.
HEWLETT-PACKARD COMPANY
3000 Hanover Street
Palo Alto, California 94304 U.S.A.
日本ヒューレット・パッカード株式会社
〒 168-0072 東京都杉並区高井戸東 3 丁目 29 番 21 号
TEL 03-3331-6111 ( 大代表 )
Use of this document and any supporting software media supplied for this pack is
restricted to this product only. Additional copies of the programs may be made for
security and back-up purposes only. Resale of the programs, in their present form or
with alterations, is expressly prohibited.
Trademark Notices
ActivePerl® は、ActiveState Tool Corporation の登録商標です。
CHAMELEON™ は、NetManage, Inc. の商標です。
DIGITAL™、PATHWORKS™ は Digital Equipment Corporation の商標です。
DiskAccess® は、Intergraph の登録商標です。
EXCURSION™ は、Digital Equipment Corporation の商標です。
Exeed® は、Hummingbird Communications Ltd. の登録商標です。
eXodus™ は、White Pine Software, Inc. の商標です。
2
Java™ および Java に関する商標やロゴは、Sun Microsystems, Inc. の米国および他の
国における商標または登録商標です。当社は Sun Microsystems, Inc. とは無関係です。
MS-DOS®、Microsoft® は米国 Microsoft Corporation の登録商標です。
NTRIGUE™ は、Insignia Solutions, Inc. の商標です。
Netscape ® は Netscape Communications Corporation の登録商標です。
OpenGL® は、Silicon Graphics, Inc. の登録商標です。
Oracle® は、Oracle Corporation の登録商標です。
Oracle8™ は、Oracle Corporation の商標です。
OSF/Motif™ は米国および他の国における Open Software Foundation, Inc. の商標で
す。
SGImeeting™ は Silicon Graphics, Inc. の商標です。
SunForum® は、Sun Microsystems, Inc. の米国および他の国における登録商標です。
UNIX® は米国および他の国における登録商標で、Open Group から独占的にライセン
スされています。
VERITAS® は VERITAS Software Corporation の登録商標です。
VERITAS File System™ は VERITAS Software Corporation の商標です。
WinDD™ は Tektronix Inc. の商標です。
X Window System™ は、マサチューセッツ工科大学の商標です。
本製品には Apache Software Foundation が開発したソフトウェアが含まれています。
本マニュアルは Apache Software Foundation (http://www.apache.org) からの情報
に基づいています。
本製品には OpenSSL Project (http://www.openssl.org) が開発したソフトウェアが
含まれています (OpenSSL Toolkit で使用 )。
本製品には Eric Young ([email protected]) が作成した暗号化ソフトウェアが含まれ
ています。
本製品には PHP グループ (http://www.php.net) による PHP ( 無償で入手可能 ) が含
まれています。
本製品には Java Apache Project (http://java.apache.org/) が開発したソフトウェ
アが含まれています (Apache JServ Servlet Engine で使用 )。
本製品には Ralf S. Engelschall ([email protected]) が開発したソフトウェアが含
まれています (mod_ssl プロジェクト (http://www.modssl.org/) で使用 )。
本製品には Ralf S. Engelschall ([email protected]) が開発したソフトウェアが含
まれています。
3
ご注意
1. 本書に記載した内容は、予告なしに変更することがあります。
2. 本書は内容について細心の注意をもって作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤
り、記載もれなど、お気付きの点がございましたら当社までお知らせください。
3. 当社は、お客様の誤った操作に起因する損害については、責任を負いかねますので
ご了承ください。
4. 当社では、本書に関して特殊目的に対する適合性、市場性などについては、一切の
保証をいたしかねます。また、備品、性能などに関連した損傷についても保証いた
しかねます。
5. 当社提供外のソフトウェアの使用や信頼性についての責任は負いかねます。
6. 本書の内容の一部または全部を、無断でコピーしたり、他のプログラム言語に翻訳
することは法律で禁止されています。
7. 本製品パッケージとして提供した本書や媒体は本製品用だけにお使いください。プ
ログラムをコピーする場合はバックアップ用だけにしてください。プログラムをそ
のままの形で、あるいは変更を加えて第三者に販売することは固く禁じられていま
す。
4
出版履歴
出版の日付と部品番号は、最新版ができるたびに変更します。内容の小さな変更に対し
ては増刷の際に対応し、出版日の変更は行いません。マニュアルの部品番号は、改訂が
行われるたびに変更します。
新版の作成は、記載内容の訂正もしくはドキュメント製品の変更にともなって行われま
す。お手元のマニュアルが最新のものかどうかは、当社の営業担当に確認してくださ
い。
•
HP-UX 11i バージョン 1.5 リリースノート
2001 年 7 月、第 1 版、B9106-90004 ( 英語版 : B9106-90003)
2001 年 10 月、第 2 版、B9106-90016 ( 英語版 : B9106-90015)
印刷版、Instant Information CD、もしくは次の Web サイトにあります。
英語版 : http://www.docs.hp.com
日本語版 : http://www.jpn.hp.com/go/manual
•
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースノート
2002 年 7 月、第 1 版、5187-0702 ( 英語版 : 5187-0701)
印刷版、Instant Information CD、もしくは次の Web サイトにあります。
英語版 : http://www.docs.hp.com
日本語版 : http://www.jpn.hp.com/go/manual
本書の発行後も、新しい情報が発生する可能性があります。最新の情報については、次
の Web サイトで HP-UX 11i バージョン 1.6 のドキュメントを参照してください。
http://docs.hp.com/hpux/os/11iV1.6
注記
参照資料の参照 / 入手先として、本書に記述されている以下の Web サイ
トは英語版向けのものです。
http://docs.hp.com/
日本語版をご利用になりたい場合は、以下の Web サイトをご覧くださ
い。日本語版が提供されている場合は、こちらから入手することができ
ます。
http://www.jpn.hp.com/go/manual/
本書に関するフィードバックは、当社の Web サイト
(http://www.jpn.hp.com/go/manual/) の「日本語マニュアルに関するご意見」にお
寄せください。
5
原典
本書は『HP-UX 11i Version 1.6 Release Notes』(HP Part No. 5187-0701) を翻訳した
ものです。
6
表記規約
本書では、次の表記規約を使用します。
audit (5)
HP-UX マンページ。audit はマンページ名で、5 は HP-UX リファレ
ンスのセクション番号です。Web や Instant Information CD では、
そのマンページへのリンクになっていることがあります。HP-UX コ
マンド行からマンページを表示するには、“man audit” か、“man 5
audit” と入力します。man (1) を参照してください。
『マニュアル名』 マニュアルの名前です。Web や Instant Information CD では、その
マニュアルへのリンクになっていることがあります。
強調
強調したいテキスト文字列を示します。
強調
特に強く強調したいテキスト文字列です。
ComputerOut
コンピュータが表示するテキスト文字列です。
Command
コマンド名か修飾子付きコマンド名を示します。
Computer
コンピュータフォントは、コンピュータが表示するリテラル項目を
表します。
例 : file not found
Filename
ファイル名やファイルパスを示す文字列を示します。
UserInput
入力するコマンドなどのテキスト文字列を示します。
Variable
コマンドや関数、情報内で、とりうる値の一つに置き換えられるこ
とを示す変数の名前です。
[]
形式やコマンドの説明でオプションの内容を示します。
{}
形式やコマンドの説明で必須の内容を示します。内容が "|" で区切ら
れているときには その項目の一つを選ぶ必要があります。
...
前にある要素を任意の回数だけ繰り返すことを示します。
|
選択リスト内の項目の区切りを示します。
7
8
目次
1. リリースノートの概要
HP-UX 11i バージョン 1.6 の紹介 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
HP-UX リリースノートの目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
他の章の内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
このリリースノートについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
旧バージョンの HP-UX リリースノートの入手先 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
このリリースに関するその他の情報源 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
README ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Instant Information CD . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
[HP-UX Welcome] ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
マニュアルページ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
HP ドキュメント Web サイト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
HP-UX ホワイトペーパー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
2. ワークステーションとサーバーに関する情報
HP-UX 11i のオペレーティング環境 (OE) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
HP コマーシャルサーバー用オペレーティング環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
HP ワークステーションおよびテクニカルサーバー用オペレーティング環境 39
HP-UX 11i バージョン 1.6 で使える機能とアプリケーション. . . . . . . . . . . . . . 41
HP-UX 11i バージョン 1.6 で使えない機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
サポートされるサーバーとワークステーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
Technical System Configuration . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
HP SureStore E ディスクアレイ 12H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
SCSI Ultra4 インタフェースドライバ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
9
目次
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された SCSI ドライバ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Fibre Channel Tachlite ドライバ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
intl100 ドライバ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
100BASE-T カードとドライバ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1000Base-SX/T (Gigabit Ethernet) カードとドライバ . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10
51
51
51
52
52
52
52
52
52
52
52
53
53
53
56
57
57
57
57
58
58
58
58
58
58
58
58
59
59
59
59
59
59
59
60
61
61
61
61
61
61
61
62
目次
3. HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
HP-UX Kernel Configuration . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
調整可能カーネルパラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
Kernel Event Notification (KEN) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
システム管理マネージャ (SAM) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
SAM-Nodal Network Communication (NNC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
11
目次
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
MC/ServiceGuard . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
79
79
79
79
79
80
81
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
MC/ServiceGuard クォーラムサーバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
ServiceGuard Extension for RAC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
ServiceGuard Manager . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Enterprise Cluster マスターツールキット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12
86
86
86
86
86
86
86
87
87
87
87
87
目次
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
4. ファイルおよびディスク管理
論理ボリュームマネージャ (LVM) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
ディレクトリのパーミッション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
5. ネットワーキング
ネットワークトランスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
既知の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
自動マウンター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
mbuf 機能の廃止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
94
94
95
96
96
96
96
97
97
98
98
98
98
98
98
98
98
99
99
13
目次
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
インターネットサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
6. コマンドとシステムコール
MLIB 8.2. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
envd 環境デーモン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IO コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
lanadmin コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
14
112
112
113
114
114
114
114
115
115
115
115
115
115
115
115
116
116
116
116
116
116
116
117
118
118
118
118
119
119
119
119
目次
NetTL コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
execve() システムコール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
120
120
120
121
121
121
121
121
122
122
7. プログラミング
aC++ と C コンパイラ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Fortran コンパイラ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
IPF アセンブラ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
リンクエディタ (ld) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
126
126
126
127
127
128
128
128
129
129
129
129
129
129
130
130
131
131
131
132
132
133
133
133
134
134
134
135
135
136
136
15
目次
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響のあるコンピュータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オブジェクトファイル用ツール (chatr) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響のあるコンピュータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オブジェクトファイル用ツール (elfdump) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響のあるコンピュータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ダイナミックローダー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響のあるコンピュータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
dlopen() および shl_load() システムコール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響のあるコンピュータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
リンカーとダイナミックローダーの TLS サポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16
136
136
137
137
137
137
137
137
137
137
138
139
139
139
139
139
139
139
139
139
140
140
140
140
140
140
140
140
141
142
142
142
142
142
142
142
142
143
144
144
144
144
145
目次
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
C ライブラリ (libc) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
libc の C99 浮動小数点 16 進数 I/O サポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
数学ライブラリ (libm). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
pthread ライブラリ (libpthread) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
145
145
145
146
146
146
146
146
146
146
146
147
147
147
147
147
148
148
148
149
149
149
149
149
150
150
150
151
151
151
151
151
151
151
151
152
152
153
156
156
157
157
157
17
目次
MxN スレッドモデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ヘッダーファイル (ctype.h). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Judy ライブラリ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
共通デスクトップ環境 (CDE) ライブラリ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
強力な乱数ジェネレータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
159
159
159
160
160
161
161
161
163
163
163
163
164
164
164
164
165
165
165
165
166
166
166
166
167
167
167
167
167
167
168
168
169
169
169
170
170
170
170
170
8. その他の機能
64 ビット PAM . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
18
目次
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PAM Kerberos . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
172
172
172
172
172
173
173
174
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
KRB5-Client と GSS-API. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
分散コンピューティング環境 (DCE). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Event Monitoring Service (EMS) 3.40 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
174
174
175
175
175
175
175
176
176
176
176
177
177
177
177
178
178
178
178
179
179
179
179
180
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP-UX Software Transition Kit (STK) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
180
180
180
180
180
180
180
182
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
19
目次
20
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ARIES バイナリトランスレータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Netscape Communicator . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
182
182
182
183
184
184
184
185
185
185
185
185
186
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP Apache-based Web Server for HP-UX . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
186
186
187
187
187
187
187
189
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
シャドウパスワード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP Intrusion Detection System/9000 (IDS/9000) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
189
190
191
192
192
192
193
194
194
194
194
194
195
195
195
196
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
196
196
197
197
197
197
目次
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CDE 環境. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HP VUE から CDE への移行ツール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Ignite-UX . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
197
198
198
198
198
198
198
198
198
199
199
199
199
199
199
199
199
200
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デフォルトのファイル システム パラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オンライン診断 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
200
200
201
201
201
201
201
202
202
202
203
203
203
204
204
205
205
205
205
205
205
206
206
9. 国際化機能
21
目次
アジア言語用 TrueType フォント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
GB18030 標準 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
香港増補字符集 (HKSCS) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ATOK X 日本語入力メソッド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
日本ベンダ協議会 (JVC) iconv コンバータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
VJE-γ および EGBridge 日本語入力メソッドの廃止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22
208
208
208
209
210
210
210
210
211
211
211
214
215
215
215
215
216
216
216
219
219
219
219
220
221
221
221
222
222
222
222
222
223
223
223
225
225
225
225
225
226
226
226
目次
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
日本固有のコマンドとライブラリルーチン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ギリシャ語ユーロのサポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の要約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
変更の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
互換性について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
性能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃止された機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ドキュメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
226
226
226
227
227
228
228
228
228
228
228
228
228
229
229
229
235
235
235
235
235
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .237
23
目次
24
表一覧
表 2-1. 新しい TechSysConf カーネルパラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
表 3-1. 動的調整カーネルパラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
表 3-2. サポートが追加された動的調整カーネルパラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
表 3-3. 廃止された調整可能カーネルパラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
表 6-1. 必要なディスク容量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
表 7-1. 新しい HP-UX 関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
表 7-2. 拡張された他の HP-UX 関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150
表 7-3. 名前が変更された MPI2 関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
表 7-4. MPI ランクの時間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
表 7-5. 廃止されたシンボルとサポートされるシンボル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
表 7-6. HP-UX の Judy ライブラリファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165
表 9-1. アジア言語の TrueType フォント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
表 9-2. アジア言語 TrueType フォント用ディスクスペースのサイズ要件 . . . . . . . 209
表 9-3. GB18030 に関する主な印刷オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
表 9-4. 新しい GB18030 ビットマップフォント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 214
表 9-5. 新しい HKSCS ビットマップフォント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
表 9-6. HKSCS の主なプリントオプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 218
表 9-7. EUC/Unicode 文字のマッピング変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224
表 9-8. SJIS/Unicode 文字のマッピング変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224
表 9-9. ギリシャ語ロケールの新しい文字 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229
表 9-10. ISO-88597 からギリシャ語 EBCDIC へのコードマッピング変更 . . . . . . 231
表 9-11. ギリシャ語 EBCDIC/ コードページ 875 から ISO-88597 へのコードマッピン
グの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232
表 9-12. ギリシャ語 EBCDIC の未定義文字 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234
25
表一覧
26
図一覧
図 2-1. HP ベンダーライブラリの呼び出し順序シーケンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
27
図一覧
28
1 リリースノートの概要
HP-UX 11i バージョン 1.6 の紹介
HP-UX 11i バージョン 1.6 は、Itanium プロセッサファミリー (IPF) を搭載した
HP-UX システム向けのリリースです。HP-UX 11i バージョン 1.6 のリリース ID は
B.11.22 であり、このリリースノートでは以降、HP-UX 11i バージョン 1.6 と呼びま
す。HP-UX 11i バージョン 1.6 オペレーティング環境 (OE) とは、オペレーティングシ
ステムと厳選されたアプリケーション群から構成される、テストを通じて有用性が実証
された統合ソフトウェアソリューションです。
PA-RISC (Precision Architecture Reduced Instruction Set Computing) を搭載したシ
ステムには、従来の HP-UX 11i ( リース ID B.11.11 またはそれ以前のリリース ) を使
用してください。これらのシステムでは、HP-UX 11i バージョン 1.6 は動作しません。
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースの主な機能と改善点を次に示します。
•
HP-UX 11i のソースストリームから構成されているため、次の特徴があります。
— PA-RISC 用 HP-UX 11i と同じルックアンドフィール
— システム管理者の知識を 100% 利用可能
— ソフトウェア製品階層が同一
•
64 ウェイのスケーラビリティを実現します。
•
vPars を除きすべての HP-UX 11i OS 機能を提供します。
•
PA-RISC ではまだ提供されていない次の新しい OS 機能がサポートされます。
— MxN スレッドにより Java パフォーマンスを改善
— 動的調整カーネルパラメータに 14 の新規パラメータを追加
•
論理ボリュームマネージャ (LVM) 製品を完全にサポートしました。今回のリリース
から、LVM がデフォルトのボリュームマネージャになりました。
•
大部分の PA-RISC アプリケーションを、コンパイルし直さずに、IPF システムで実
行できるようになりました。
•
新しいコマンドと機能が追加されました。
•
一部のコマンドの機能が拡張されました。
•
ネイティブモードの製品が増えました。
この章には、HP-UX 11i バージョン 1.6 のリリースノートを、関連する HP-UX のド
キュメントとともに、効果的に利用するための情報が記載されています。この章で取り
上げるトピックは次のとおりです。
第1章
29
リリースノートの概要
HP-UX 11i バージョン 1.6 の紹介
•
31 ページの「HP-UX リリースノートの目的」
•
32 ページの「他の章の内容」
•
33 ページの「このリリースノートについて」
•
33 ページの「旧バージョンの HP-UX リリースノートの入手先」
•
34 ページの「このリリースに関するその他の情報源」
30
第1章
リリースノートの概要
HP-UX リリースノートの目的
HP-UX リリースノートの目的
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースノートでは、HP-UX の前回までのリリースに対し
て、追加または変更された点、ならびにサポートから外された点について説明していま
す。記載されている内容は、HP-UX 11i バージョン 1.6 オペレーティングシステムに
含まれる機能だけが対象です。
HP-UX 11i バージョン 1.6 オペレーティングシステムに含まれない製品に関するリ
リースノートは、/opt ディレクトリ内の [name]/newconfig/RelNotes サブディレク
トリに格納されています (name は製品名 )。たとえば、分散コンピューティング環境
分散コンピューティング環境
(DCE) のリリースノートは、/opt/dce/newconfig/RelNotes ディレクトリ内にあり
ます。
『HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースノート』の目的は、HP-UX リリース 11i バー
ジョン 1.5 ( リリース ID B.11.20) と HP-UX 11i バージョン 1.6 ( リリース ID B.11.22)
の主な相違点について説明することです。前回までの各リリースにおける変更点につい
ては、/usr/share/doc/ または当社の Web サイト http://docs.hp.com にあるリ
リースノートを参照してください。
リリースノートは、該当するリリースのすべての機能に関する情報を網羅しているわけ
ではありません。記載内容は概要であり、より詳しい情報については、それを説明して
いるオペレーティングシステムや製品のドキュメントを参照先として紹介しています。
また、製品サポートの変更点について適宜記載しています。
第1章
31
リリースノートの概要
他の章の内容
他の章の内容
本書の第 2 章以降の内容は次のとおりです。
•
37 ページの第 2 章 「ワークステーションとサーバーに関する情報」―オペレー
ティング環境、オペレーティングシステムの機能とアプリケーション、サポートさ
れるシステム、およびネットワーク用のカードとドライバについて説明します。
•
63 ページの第 3 章 「HP-UX の機能」―カーネル、システム管理、およびハイアベ
イラビリティ機能に加えられた変更点について説明します。
•
89 ページの第 4 章 「ファイルおよびディスク管理」―ディレクトリ、ファイルシ
ステム、および論理ボリュームマネージャ (LVM) を含むディスク管理について説
明します。
•
93 ページの第 5 章 「ネットワーキング」―ネットワーク機能とインターネット
サービスに関する変更を説明します。
•
111 ページの第 6 章 「コマンドとシステムコール」―システム管理者に関連する情
報を説明します。
•
125 ページの第 7 章 「プログラミング」―コンパイラ、エディター、ライブラリの
変更点など、主に開発者に関連するさまざまな変更を説明します。
•
171 ページの第 8 章 「その他の機能」―さまざまなローカル言語に関連するテキス
トのフォントとコンバータについて説明します。
•
207 ページの第 9 章 「国際化機能」―オペレーティング環境に含まれるその他のア
プリケーションについて説明します。
32
第1章
リリースノートの概要
このリリースノートについて
このリリースノートについて
本書には HP-UX 11i バージョン 1.6 に関する情報を記載しており、HP-UX 11i バー
ジョン 1.5 に対する HP-UX 11i バージョン 1.6 での変更点について説明しています。
HP-UX 11i バージョン 1.5 リリースに関する情報は、次の Web サイトに記載されてい
ます。
http://www.docs.hp.com/hpux/os/11iV1.5/
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースに関する情報は、次の Web サイトに記載されてい
ます。
http://www.docs.hp.com/hpux/os/11iV1.6/
この Web サイトにある『HP-UX 11i バージョン 1.6 インストール / 構成ガイド』( 部
品番号 5187-0188) に記載されているインストール方法の詳しい説明に必ず目を通して
ください。
注記
これらのドキュメントの最新版、および当社のすべてのドキュメント
は、次の Web サイトで閲覧することができます。
http://www.docs.hp.com/
旧バージョンの HP-UX リリースノートの入手先
リリースノートは次に示す場所に用意されています。
•
HP-UX Instant Information CD。詳細については、
「HP-UX 11i バージョン 1.6 の
Instant Information CD」を参照してください。
•
HP-UX 11i バージョン 1.6 システムの /usr/share/doc/。このディレクトリには、
旧バージョンの HP-UX に関する情報を記載したファイル群もあります。
•
http://docs.hp.com/。詳細は、34 ページの「HP ドキュメント Web サイト」を
参照してください。
第1章
33
リリースノートの概要
このリリースに関するその他の情報源
このリリースに関するその他の情報源
このリリースに関する情報は、リリースノート以外にも、次に示すソースから得ること
ができます。
README ドキュメント
README は DVD に格納されている文書であり、インストールマニュアルに記載され
ていないインストール手順に関する情報が記載されている場合もあります。README
ドキュメントは、さまざまな製品に付属しているので数多くの README ドキュメン
トがあります。HP-UX 11i バージョン 1.6 の README ドキュメントは、配布された
メディアキットに収録されています。
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Instant Information CD
HP-UX リリース 10.30 から HP-UX ドキュメントを収録した Instant Information CD
が標準で付属するようになりました。Instant Information では、HP-UX ドキュメント
のオンライン表示、印刷品質、および検索機能が向上しました。
[HP-UX Welcome] ページ
HP-UX 11i バージョン 1.6 システムの [HP-UX Welcome] ページには、HP-UX の使用
に役立つ複数の情報源が紹介されています。
マニュアルページ
HP-UX 11i バージョン 1.6 システムのマニュアル (man) ページは、システムの
[HP-UX Welcome] ページ、当社のドキュメントサイト http://docs.hp.com、
Instant Information、および man コマンドで閲覧できます。Instant Information で
は、[HP-UX リファレンス ] というタイトルの下にマニュアルページが表示されます。
HP ドキュメント Web サイト
当社のドキュメントサイトでは、HP-UX の最新ドキュメントを閲覧したり、アップ
デートを入手することができます。同サイトの URL は http://docs.hp.com です。
注記
34
参照資料の参照 / 入手先として、本書に記述されている Web サイトは英
語版向けのものです。日本語版をご利用になりたい場合は、以下の Web
サイトをご覧ください。日本語版が提供されている場合は、こちらから
入手することができます。
第1章
リリースノートの概要
このリリースに関するその他の情報源
http://www.jpn.hp.com/go/manual/
HP-UX ホワイトペーパー
HP-UX 11i バージョン 1.6 のホワイトペーパーは、当社のドキュメントサイト
http://docs.hp.com で閲覧できます。
第1章
35
リリースノートの概要
このリリースに関するその他の情報源
36
第1章
2 ワークステーションとサーバーに関す
る情報
この章では、ワークステーションとサーバーの各プラットフォームと、それぞれの構成
について説明します。具体的なトピックは次のとおりです。
•
38 ページの「HP-UX 11i のオペレーティング環境 (OE)」
•
41 ページの「HP-UX 11i バージョン 1.6 で使える機能とアプリケーション」
•
42 ページの「HP-UX 11i バージョン 1.6 で使えない機能」
•
43 ページの「サポートされるサーバーとワークステーション」
•
44 ページの「Technical System Configuration」
•
49 ページの「HP SureStore E ディスクアレイ 12H」
•
52 ページの「廃止された SCSI ドライバ」
•
53 ページの「Fibre Channel Tachlite ドライバ」
•
58 ページの「intl100 ドライバ」
•
59 ページの「100BASE-T カードとドライバ」
•
61 ページの「1000Base-SX/T (Gigabit Ethernet) カードとドライバ」
第2章
37
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP-UX 11i のオペレーティング環境 (OE)
HP-UX 11i のオペレーティング環境 (OE)
HP-UX 11i からは、オペレーティングシステムが HP-UX オペレーティング環境の一
部として配布されます。HP-UX オペレーティング環境は、オペレーティングシステム
と厳選されたアプリケーション群で構成され、テストを通じて有用性が実証された統合
ソフトウェアソリューションです。
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、オペレーティングシステムと特定のアプリケーショ
ンが収録された DVD が一組配布されます。OE をすべてインストールするには、すべ
ての DVD が必要です。詳細については、『HP-UX 11i バージョン 1.6 インストール /
構成ガイド 』( 部品番号 5187-0188) を参照してください。
次のソフトウェアバンドルは、必ず各 HP-UX OE で提供されます。最小構成でインス
トールする場合は、これらのバンドルと各 OE 内の HP-UX アプリケーションがロード
されます。
•
HPUXBase64 - 64 ビットシステム用にバンドルされたオペレーティングシステムコ
マンドとライブラリ
•
HPUXBaseAux - Event Monioring Service (EMS)、Judy ライブラリ、Software
Distributor (SD)、Update-UX、新しいカーネル構成ツール kcweb などのシステム
管理ソフトウェア。この追加の必須コアソフトウェアは、補助 OS とも呼びます。
•
常にインストールされるネットワークドライバと I/O ドライバは次のとおりです。
これらのドライバはオペレーティングシステムで必要であり、デフォルトでインス
トールされます。
—
—
—
—
PCI Fibre Channel Tachlite HBA アダプタ用ドライバ
A6792A カード用 intl100 ドライバ
イーサネット 100BASE-T アダプタ用ドライバ
A4926A、A6825A、A6794A、および A6847A カード用 1000Base-T/SX
(Gigabit Ethernet) ドライバ
— LSI 53C1030 SCSI Ultra4コントローラ付きIPFシステム用SCSI Ultra4インタ
フェースドライバ
•
その他の常にインストールされる製品は次のとおりです。
— OnlineDiag 。デフォルトでインストールされる HP-UX 11i の診断機能 (STM、
ODE、および EMS Hardware Monitor など ) です。
— Base VERITAS Volume Manager version 3.1 for HP-UX (VxVM)。HP-UX 11i
バージョン 1.5 リリースで配布されたものと同じ製品ですが、デフォルトのボ
リュームマネージャではなくなりました。
詳細は、89 ページの第 4 章 「ファイルおよびディスク管理」を参照してくだ
さい。
38
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP-UX 11i のオペレーティング環境 (OE)
— Java JRE v1.3
— HP Apache-based Web Server
— Perl
•
論理ボリュームマネージャ (LVM) は、HP-UX 固有のボリュームマネージャであり、
HP-UX のデフォルトのボリュームマネージャになりました。
•
CDE-English - CDE 言語 ( 英語や他の言語 )
•
選択可能なソフトウェアには、ユーザーが選択できるその他の製品が含まれていま
す。選択可能な製品は次のとおりです。
— HP-UX インストールユーティリティ
— Intrusion Detection System IDS/9000 ( コマーシャルサーバー用メディアのみ
に収録 )。
HP コマーシャルサーバー用オペレーティング環境
コマーシャルサーバー用 OE には、他の OE に共通の基本機能 (64 ビット HP-UX オペ
レーティングシステム、ネットワークドライバ、およびその他の常にインストールされ
る機能 ) がすべて含まれています。また、次のソフトウェアも含まれています。
•
Common Internet File System (CIFS)/9000 ServerバージョンA.01.08 (HP-UX 11i
バージョン 1.0 で配布された製品と同製品 )
•
CIFS/9000 Client バージョン A.01.08 (HP-UX 11i バージョン 1.0 で配布された製品
と同製品 )
•
Netscape Communicator
•
Pluggable Authentication Modules (PAM) Kerberos
HP ワークステーションおよびテクニカルサーバー用オペレーティング
環境
HP9000 ワークステーションおよびテクニカルサーバーで使用可能な HP-UX 11i バー
ジョン 1.6 オペレーティング環境は、次のとおりです(これらの OE はテクニカルワー
クステーションではサポートされていません)
。
•
HP-UX 11i バージョン 1.6 ミニマルテクニカル OE (MTOE)
他の OE に共通の基本機能 (64 ビット HP-UX オペレーティングシステム、ネット
ワークドライバ、およびその他の必ずインストールされる機能 ) が含まれます。た
だし、基本 OE 以外の購入経費、サポート経費、ライセンス経費などを抑えるため
に、次のような必要度の高いアプリケーションだけがバンドルされています。
— 3D Graphics Developers Kit とその実行環境 (RTE)
第2章
39
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP-UX 11i のオペレーティング環境 (OE)
— Netscape Communicator
— Technical System Configuration (TechSysConf)
影響を与える可能性に関する重要情報などの詳細情報については、44 ページの
「Technical System Configuration」を参照してください。
•
HP-UX 11i バージョン 1.6 テクニカル コンピューティング OE (TCOE)
HP-UX 11i バージョン 1.6 MTOE とワークステーションやテクニカルサーバーを
使用するための次のアプリケーションが含まれます。
— CIFS/9000 Server バージョン A.01.08 (HP-UX 11i バージョン 1.0 で配布された
製品と同製品 )
— CIFS/9000 Client バージョン A.01.08 (HP-UX 11i バージョン 1.0 で配布された
製品と同製品 )
— Math Libraries (MLIB)
— Message Passing Interface (MPI)
— Pluggable Authentication Modules (PAM) Kerberos
40
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP-UX 11i バージョン 1.6 で使える機能とアプリケーション
HP-UX 11i バージョン 1.6 で使える機能とアプリケーション
このリリースで使える最適な機能とアプリケーションは次のとおりです。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
3 つのオペレーティング環境 ( 基本、MTOE、TCOE)
すべてのシステムライブラリ(共有ライブラリのみ)の32ビットおよび64ビットバー
ジョン(PA-RISC および IPF)
動的調整パラメータ
コアセキュリティ機能
JFS バージョン 3.3 (Veritas File System)
Veritas Volume Manager バージョン 3.1
CDFS、Rock Ridge 拡張機能付き
NIS/NIS+
論理ボリュームマネージャ (LVM) ( デフォルトのボリュームマネージャになりまし
た)
新しいカーネル構成ツール kcweb
System Administration Manager (SAM)
MC/ServiceGuard
ServiceGuard Extension for RAC ( 以前の ServiceGuard OPS Edition)
Enterprise Cluster マスターツールキット
ネットワークトランスポート
自動マウンター
インターネットサービス
HP-UX プロセッサセット
C、ANSI C++、および Fortran コンパイラ
ダイナミックローダー
pthread ライブラリ (libthread)
MxN スレッドモデル
共通デスクトップ環境 (CDE)
強力な乱数ジェネレータ
国際化フォント、文字セット、およびコンバータ
分散コンピューティング環境 (DCE)
HP-UX Software Transition Kit (STK)
ARIES バイナリトランスレータ
シャドウパスワード
Ignite-UX
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースに含まれているすべてのアプリケーションについ
ては、当社の次の Web サイト「Availability Matrix Overview」で参照できます。
http://www.software.hp.com/MATRIX/
第2章
41
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP-UX 11i バージョン 1.6 で使えない機能
HP-UX 11i バージョン 1.6 で使えない機能
HP-UX 11i と比べて、HP-UX 11i バージョン 1.6 では、次の機能がサポートされませ
ん。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
PA-RISC システム
オペレーティングシステムのアップデート (HP-UX 11i バージョン 1.6 はコールドイ
ンストール )
HP-UX Workload Manager
Virtual Partitions (vPars)
ハイエンド ディスクアレイでの Business Copy、BCV、またはスナップショット機
能
Fibre Channel 大容量記憶装置とのファブリック接続
gated 用 OSPF エージェント
IPF 上での PA-RISC クロス開発
HP の PA-RISC モードのアーカイブ システムライブラリ
HP の IPF アーカイブ システムライブラリ
IPF バイナリとPA-RISCバイナリ、または32ビットと64ビットのオブジェクトの併
用と照合
フレームバッファーグラフィックのサポート
フロッピーディスクからのブート
I/O OLAR/D
CCNuma
Veritas Volume Manager バージョン 3.2
instant Capacity On Demand (iCOD)
また、管理者および開発者は、次の重要な変更と制約に注意してください。
•
•
•
42
この OS の 32 ビットバージョンは提供されません。
PA-RISC から IPF へのアップグレードはサポートされません。
uname コマンドの実行結果として返される ID 番号は、一意ではありません。
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
サポートされるサーバーとワークステーション
サポートされるサーバーとワークステーション
HP-UX 11i バージョン 1.6 は、次のサーバーとワークステーションを完全にサポート
しています。
•
rx5670 (4 ウェイサーバー )
•
rx2600 (2 ウェイサーバー )
•
zx2000 (2 ウェイワークステーション )
•
zx6000 (2 ウェイワークステーション )
•
rx4610 (4 ウェイサーバー )
•
i2000 (2 ウェイワークステーション )
仕様、保証、およびサポートなどのその他の情報については、次の Web サイトを参照
してください。
http://www.hp.com/products1/itanium/
次の Web サイトにある『 HP-UX 11i バージョン 1.6 インストール / 構成ガイド』( 部
品番号 B5187-0188) にも、ハードウェア構成の詳細が説明されています。
http://docs.hp.com/
第2章
43
ワークステーションとサーバーに関する情報
Technical System Configuration
Technical System Configuration
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、MTOE と TCOE(MTOE と追加機能を含
む)で常にインストールされるソフトウェアとして TechSysConf バンドルが導入され
ました。このバンドルには、HP ワークステーション用 Easy Setup hp-ux 11.0 ( 製品
番号 B5532A) の機能の一部が含まれており、HP ワークステーションおよびテクニカ
ルサーバーのユーザーが持つ、out-of-the-box パフォーマンスの改善へのニーズに応え
ます。
変更の要約
TechSysConf バンドルは、HP-UX 11i バージョン 1.6 で導入された、ミニマルテクニ
ミニマルテクニ
カル オペレーティング環境 (MTOE) で必ずインストールされるソフトウェアです。こ
のバンドルは、HP ワークステーション用 Easy Setup hp-ux 11.00 ( 部品番号
B5532A) の機能の一部を含んでいます。この機能拡張は、インストールの簡素化を望
むユーザーからの要望に応えるために導入されました。MTOE とその拡張であるテク
テク
ニカルコンピューティング オペレーティング環境 (TCOE) にはこのバンドルが含まれ、
この機能拡張によって、HP ワークステーションおよびテクニカルサーバーのユーザー
の要求に対応しています。
変更の詳細
TechSysConf バンドルは、次の 2 つのコンポーネント製品で構成されます。
•
TC-SysSetup — カーネルの構成可能パラメータを変更して、テクニカル環境でパフォーマンス
を向上させることが確実な値を割り当てます。TechSysConf バンドルをインス
トールする場合の実際の値とカーネルパラメータを、次の表に示します。表で
示されているように、システムメモリーの容量に応じて変化する値もありま
す。既存のパラメータ値は可能な限りテストされ、新しい値が現在の値より小
さくなる場合には変更されません。
表 2-1 新しい TechSysConf カーネルパラメータ
名前
パラメータ値
*<256MB
パラメータ値 *
<1024MB
パラメータ値 *
>=1024MB
create_fastlinks
無効 **
1
1
dbc_min_pct
無効 **
無効 **
計算式 ***
dbc_max_pct
無効 **
無効 **
計算式 ***
44
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
Technical System Configuration
表 2-1 新しい TechSysConf カーネルパラメータ ( 続き )
名前
パラメータ値
*<256MB
パラメータ値 *
<1024MB
パラメータ値 *
>=1024MB
hfs_max_ra_blocks
無効 **
20
20
hfs_max_revra_bloc
ks
無効 **
20
20
hfs_ra_per_disk
無効 **
256
256
hfs_revra_per_disk
無効 **
256
256
maxdsiz
268435456
3221225472
3221225472
maxdsiz_64bit
1073741824
274877906944
274877906944
maxfiles
無効 **
2048
2048
maxfiles_lim
無効 **
2048
2048
maxssiz
8388608
100610048
100610048
maxssiz_64bit
8388608
1073741824
1073741824
max_thread_proc
無効 **
2048
2048
maxtsiz
67108864
1073741824
1073741824
maxtsiz_64bit
1073741824
4294967296
4294967296
maxuprc
無効 **
819
3277
maxvgs
無効 **
80
80
msgmap
無効 **
5122
5122
msgmax
無効 **
32768
32768
msgmnb
無効 **
65536
65536
msgmni
無効 **
512
512
msgseg
無効 **
20480
20480
msgssz
無効 **
128
128
msgtql
無効 **
5120
5120
nfile
無効 **
2048
8192
nflocks
無効 **
2048
2048
第2章
45
ワークステーションとサーバーに関する情報
Technical System Configuration
表 2-1 新しい TechSysConf カーネルパラメータ ( 続き )
名前
パラメータ値
*<256MB
パラメータ値 *
<1024MB
パラメータ値 *
>=1024MB
ninode
無効 **
4000
8192
nkthread
無効 **
2048
6000
nproc
無効 **
1024
4096
npty
無効 **
200
200
nstrpty
無効 **
200
200
nswapdev
無効 **
25
25
semmni
無効 **
1024
4096
semmns
無効 **
2048
8192
semmnu
無効 **
1020
4092
semume
無効 **
512
512
semvmx
無効 **
32767
32767
shmmni
無効 **
512
512
shmseg
無効 **
512
512
shmmax
無効 **
2147483648
2147483648
strmsgsz
無効 **
65535
65535
swapmem_on
無効 **
1
1
vps_ceiling
無効 **
64
64
vx_fancyra_enable
無効 **
1
1
vx_ncsize
無効 **
8000
8000
vxfs_max_ra_kbytes
無効 **
1024
1024
vxfs_ra_per_disk
無効 **
1024
1024
46
* パラメータ値
カーネルパラメータ値が変更されるのは、以下の例外を除い
て、現在の設定値を大きくする場合だけです。
** 無効
カーネルパラメータ値は変更されません。
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
Technical System Configuration
*** 計算式
値が計算式「MIN (15, MAX (3, 40000/Memory)) 」によって
設定されます。「Memory」は、メガバイト単位の値です。
この計算式では、静的バッファーキャッシュのメモリー容量
の 20% が設定されます。最大値は、400MB ( システムのメ
モリーが 2667MB の場合 ) です。設定可能な最小値は 3%
で、システムのメモリーが 13333MB の場合に、この値が設
定されます。
この計算式が適用されるのは、dbc_min_pct と
dbc_max_pct にデフォルト値 (dbc_min_pct は「5」
、
dbc_max_pct は「50」) が設定されている場合だけです。
— 選択したシステム構成ファイルを変更して、NFS、AutoFS、および NIS+ の構
成を簡素化します。
— その他のシステム変更を行って、簡単な問題や誤りを修正します。
•
TC-OpenSource
次のような、ニーズの高い Open Source ソフトウェアツールが収録されています。
— tcsh 6.10、tcsh (C シェルのスーパーセット )
— XCDROAST 0.98alpha9、X-CD-Roast
— bash 2.04、Bourne-Again シェル
— vim 5.7、Vi Improved
— emacs 20.7、GNU Emacs
— gmake 3.79.1、GNU make
— less 358、GNU less
— cdrecord 1.10、CDRecord
影響
TechSysConf バンドルにより、ターゲットシステムのディスクスペース使用量が約
140MB 増えます ( ほぼ TC-OpenSource 製品によるものです )。
TC-SysSetup 製品をインストールするとカーネルパラメータが変更されるので、カー
ネルの構築とシステムのリブートが必要になります。ほとんどのカーネルパラメータ
は、一般的な EDA および MDA アプリケーション環境のパフォーマンスを改善するよ
うに選択されるので、さらにカーネルを調整しなくてもパフォーマンスの向上が実現で
きます。
カーネル以外の変更点は次のとおりです。
•
/etc/rc.config.d/nfsconf で、システムを NFS サーバーとして構成します。
第2章
47
ワークステーションとサーバーに関する情報
Technical System Configuration
•
/etc/rc.config.d/nfsconf で、
NFS デーモンを 30 に、
BIO デーモンを 16 に設定
します。これらの値が変更されるのは、値を大きくする場合だけ
だけです。
だけ
•
/etc/nsswitch.conf で、検索シーケンスとフォールバックアクティビティを変更
します。
•
/etc/rc.config.d/nfsconf で、AutoFS と自動マウントデーモンを有効にしま
す。
•
/etc/auto_master で、読み書きのブロックサイズを 32KB に設定します。
•
/etc/passwd と /etc/group で、NIS がサービスするデータをインポートするよう
に構成します。
特別なインストール要件、または依存関係はありません。このバンドルは、HP ワーク
ステーションおよびテクニカルサーバーにインストールする製品です。
重要
TCOE または MTOE で 1000 以上のプロセスを同時に実行する可能性が
あるユーザーは、カーネルパラメータ maxssiz64_bit を 256MB に減
らすか、またはスワップ領域の割り当てを増やして、リソースが枯渇し
ないようにしてください。
互換性
TechSysConf では、インストール時に他のパラメータ設定 ( 有効に設定された SISP な
ど ) と競合する可能性がある問題が修正されています。
性能
中程度以上のメモリー容量を持つシステムで TechSysConf を使用すると、全体の性能
が向上します。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
TechSysConf に影響されるカーネルパラメータを参照するには、man コマンドを実行
してください。
48
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP SureStore E ディスクアレイ 12H
HP SureStore E ディスクアレイ 12H
HP SureStore E ディスクアレイ 12H 製品のサポートが変更されました。
変更の要約
HP SureStore E ディスクアレイ 12H は、HP-UX 11i バージョン 1.5 と HP-UX 11i
バージョン 1.6 ではサポートされません。今後のリリースでサポートされる予定もあり
ません。
変更の詳細
このストレージデバイスは HP-UX 11i バージョン 1.5 と HP-UX 11i バージョン 1.6 で
はサポートされません。今後のリリースでサポートされる予定もありません。
影響
現在このデバイスを使っている場合、将来の HP-UX リリースに移行することができま
せん。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
HP SureStore E ディスクアレイ 12H のサポートは、HP-UX 11i バージョン 1.5 と
HP-UX 11i バージョン 1.6 では提供されません。今後のリリースでサポートされる予
定もありません。
ドキュメント
この変更を反映するために、次のマンページが変更されました。
•
•
•
•
•
ARMServer (1M)
arrayfmt (1M)
arrayrbld (1M)
drivetest (1M)
arraycfg (1M)
第2章
49
ワークステーションとサーバーに関する情報
HP SureStore E ディスクアレイ 12H
•
•
•
•
•
•
•
50
arraylog (1M)
arrayrecover (1M)
dteststat (1M)
arraydsp (1M)
arraymgr (1M)
download (1M)
logprint (1M)
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
SCSI Ultra4 インタフェースドライバ
SCSI Ultra4 インタフェースドライバ
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、新しく SCSI Ultra4 インタフェースドライ
バが導入されました。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 OE で常にインストールされるドライバの一部として
scsiU320 ドライバが導入されました。
変更の詳細
scsiU320 ドライバの詳細は次のとおりです。
•
コア SCSI I/O としてのみサポート
•
LSI 53C1030 SCSI Ultra4 コントローラをサポート
•
ブートおよびダンプをサポート
影響
影響はありません。
互換性
SCSI Ultra4 インタフェースドライバは、LSI 53C1030 SCSI Ultra4 コントローラが
コア I/O として搭載された IPF システムだけと互換性があります。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
現在ドキュメントは用意されていません。
第2章
51
ワークステーションとサーバーに関する情報
廃止された SCSI ドライバ
廃止された SCSI ドライバ
HP-PB、HSC、EISA SCSI カード用の SCSI インタフェースドライバは廃止されまし
た。
変更の要約
HP-PB、HSC、EISA SCSI カード用の SCSI インタフェースドライバは廃止されまし
た。
変更の詳細
次のカード用の SCSI インタフェースドライバは廃止されました。
•
HP-PB SCSI カード [28655A、28696A]
•
HSC SCSI カード [A2969A、A3644A、A4107A ]
•
EISA SCSI カード [A2679A ]
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
SCSI パススルードライバ scsi_pt は、HP-PB SCSI カードの廃止に伴い、廃止され
ました。
ドキュメント
scsi_pt (7) のマンページは廃止されました。
52
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
Fibre Channel Tachlite ドライバ
Fibre Channel Tachlite ドライバ
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Fibre Channel Tachlite ドライバは、A6795A PCI アダ
プタをサポートします。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースの Fibre Channel Tachlite ドライバの変更は、次
のとおりです。
•
A6795A ホストバスアダプタ (HBA) をサポート
•
ファブリックをサポート
•
IPF (Itanium プロセッサファミリー ) サーバーをサポート
•
FC SNIA HBA API をサポート
•
HP rx5670 および rx2600 サーバーでは、Fibre Channel ブートおよびダンプだけを
サポート
さらに、Fibre Channel Tachlite ドライバの変更により、次の影響があります。
•
Tachyon ドライバが廃止されました。
•
Tachyon ドライバが廃止され、A6795A サポートが追加されたことにより、
fcmsutil コマンドが変更されました。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行している A6795A FC PCI 2 Gb アダプタを備えた
IPF (Itanium プロセッサファミリー ) システムでは、Fibre Channel Tachlite ドライバ
によって、ホストとストレージデバイス間で、Fibre Channel スイッチを使ったファブ
リック接続ができるようになります。ファブリックを使うと、性能と接続性が向上し、
問題点の切り分けが容易になります。2 Gb 対応のデバイスを使うと、A6795A 2 Gb
Fibre Channel HBA の高速リンク速度を活用できます。A6795A は、1Gb または 2Gb
の速度を自動的にネゴシエートするので、既存の 1Gb Storage Area Network (SAN)
インフラストラクチャで使うことができます。
このアダプタは次の IPF プラットフォームサーバーでサポートされます。
•
rx4610
•
rx9610
•
rx5670
第2章
53
ワークステーションとサーバーに関する情報
Fibre Channel Tachlite ドライバ
•
rx2600
Fibre Channel のブートおよびダンプ機能は、HP rx5670 および rx2600 サーバーの
A6795A アダプタだけでサポートされます。rx4610 および rx9610 サーバーではサ
ポートされません。
注記
A5158A Tachlite PCI アダプタは HP-UX 11i バージョン 1.6 ではサ
ポートされません。HP-UX 11i バージョン 1.5 をバージョン 1.6 に移行
する場合は、当社が、A5158A を A6795A 2Gb Tachlite PCI アダプタ
に変更いたします。詳細は当社営業担当にお問い合わせください。
Service Note No. は A5158A-04 です。
このバージョンでは、Fibre Channel Tachyon ドライバはサポートされず、ソフトウェ
アから削除されています。また、ドライバの診断ツール fcmsutil は変更され、
Tachyon に特有のオプションが削除されて、新しい vpd オプションが追加されました。
このオプションは A6795A HBA の Vital Product Data (VPD) を表示します。このオプ
ションでは、製品説明、部品番号、エンジニアリングデートコード、シリアル番号など
の情報が表示されます。vpd オプションは A6795A アダプタだけに対して有効です。
VPD 情報を検索するためのコマンドは、次のとおりです。
fcmsutil <device filename> vpd
表示される情報の例は、次のとおりです。
V I T A L
P R O D U C T
---------
D A T A
-------------
-------
Product Discription
:'A6795A 2Gbps/1Gbps Fibre Channel 4X PCI HBA'
Part number
:'A6795-62001'
Engineering Date Code
:'A-4142'
Part Serial number
:'A56466014504'
Misc. Information
:'PW=15W'
Mfd. Date
:'A-4142'
Check Sum
: 0x46
EFI version
: ’000000'
Asset Tag
:'NA
54
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
Fibre Channel Tachlite ドライバ
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Fibre Channel ドライバは、FC SNIA HBA API (Fibre
Channel Storage Network Industry Association Host Bus Adapter アプリケーション
プログラミングインタフェース ) をサポートします。SNIA HBA API は、すべての
HP-UX HBA ベンダーに共通の HBA API ライブラリと、当社の A6795A Fibre
Channel アダプタ用のベンダー固有のライブラリの両方を備えた C ライブラリインタ
フェースです。SNIA ユーザーアプリケーションは、HP-UX 11i バージョン 1.6 ドライ
バデポにパッケージされており、ドライバをインストールしたときにインストールされ
ます。この API の対象ユーザーは、SAN ネットワーク管理アプリケーションを作成す
る開発者です。
SNIA HBA API の詳細については、http://www.docs.hp.com にある『Fibre
Channel SNIA HBA API Programmer's Guide』(J2635-90015、E1201) を参照してく
ださい。次に示すのは、上記のマニュアルの付録 A に記載されている当社のベンダー
ライブラリの呼び出し順序シーケンスのフローチャートです。呼び出し順序シーケンス
が変更されたため、このフローチャートは更新されました。このため、マニュアルに記
述されているフローチャートと異なります。
第2章
55
ワークステーションとサーバーに関する情報
Fibre Channel Tachlite ドライバ
図 2-1
HP ベンダーライブラリの呼び出し順序シーケンス
最初の呼び出 し
HBA_LoadLibrary()
HBA_STATUS_OK
HBA_GetNumberOfAdapters()
非ゼロ値
HBA_GetAdapterName()
HBA_STATUS_OK
HBA_OpenAdapter()
非ゼロ値
HBA_SendCTPassThru() HBA_RefreshInformation()
HBA_GetPortAttributesByWWN()
HBA_GetAdapterAttributes()
HBA_STATUS_OK
HBA_GetFcpTargetMapping()/
HBA_GetFcpPersistentBinding()
HBA_STATUS_OK
HBA_SendScsiInquiry()/
HBA_GetAdapterPortAttributes()/
HBA_GetPortStatistics()
HBA_STATUS_OK
HBA_GetDiscoveredPortAttributes()
HBA_SendReportLuns()/
HBA_SendReadCapacity()
注記
この図は、本書の PDF 版だけで表示されます。『HP-UX 11i バージョン
1.6 リリースノート』の最新版は、Instant Information CD、または
Web ページ http://docs.hp.com/hpux/os/11iV1.6 にあります。
影響
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Tachlite ドライバデポのサイズは、およそ 4MB です。
56
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
Fibre Channel Tachlite ドライバ
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
Tachyon 固有のコマンドが廃止され、A6795A 用の vpd オプションが追加されたこと
により、fcmsutil (1M) のマンページがアップデートされました。
第2章
57
ワークステーションとサーバーに関する情報
intl100 ドライバ
intl100 ドライバ
intl100 ドライバは、A6792A カードをサポートします。
変更の要約
intl100 ドライバは、以前はアドオンカードをサポートするために使われていました
が、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、管理ポートと LAN コンソールポートだ
けをサポートしています。
変更の詳細
intl100 ドライバは、管理ポートと LAN コンソールポートだけをサポートします。ア
ドオンカードはサポートしません。
影響
A6792A カードは、intl100 ドライバのサポート機能の変更によって、アドオンカー
ドとして使うことができません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
intl100 ドライバのアドオンカードのサポート機能は廃止されました。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
58
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
100BASE-T カードとドライバ
100BASE-T カードとドライバ
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、btlan ドライバが A5230A および A5506A/A5506B
カードをサポートするようになりました。100BASE-T Ethernet アダプタは、PCI
100BASE-T 単一ポートカード A5230A と PCI 100BASE-T 4 ポートカード
A5506A/A5506B と同様に、このドライバでサポートされます。
変更の要約
btlan ドライバは、HP-UX 11i バージョン 1.5 リリースでは提供されていませんでし
た。HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、カーネルの一部になりました。このド
ライバによって、プラットフォームにある既存の 100BT カードを使うことができます。
変更の詳細
このドライバは、PCI 100BASE-T 単一ポートカード A5230A および PCI 100BASE-T
4 ポートカード A5506A/A5506B をサポートします。
A5230A カードは、rx2600、rx5670 サーバーと zx2000 ワークステーションでサポー
トされます。
A5506A/A5506B カードは、rx2600 サーバーでサポートされます。
B5509BA カードは、zx2000 ワークステーションでサポートされます。
btlan ドライバは、libbtlan.a ライブラリにカーネルの一部として含まれます。
影響
btlan ドライバは、A5230A カードと A5506A/A5506B カードをサポートします。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
第2章
59
ワークステーションとサーバーに関する情報
100BASE-T カードとドライバ
ドキュメント
ドキュメントへの変更はありません。
60
第2章
ワークステーションとサーバーに関する情報
1000Base-SX/T (Gigabit Ethernet) カードとドライバ
1000Base-SX/T (Gigabit Ethernet) カードとドライバ
Gigabit Ethernet LAN アダプタは、光ファイバーによる IEEE 802.3z 標準の
1000Base-SX オペレーションと、4 ペア CAT-5 銅線による IEEE 802.3ab 標準の
1000Base-T オペレーションをサポートするデータリンクアダプタです。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、性能が改善された新しいアダプタと、その
ハードウェアをサポートする新しいドライバが導入されました。
変更の詳細
Gigabit Ethernet カードである 1000Base-T (A6825A、A6794A) と 1000Base-SX
(A6847A) は、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでサポートされます。ドライバ
igelan は、GigEther-01 ソフトウェアバンドルに含まれています。
A6825A カードおよび A6847A カードは、Itanium 2 システムでサポートされます
(Itanium システムではサポートされません )。
A4926A カードおよび A4929A カードは、Itanium システムでサポートされます
(Itanium 2 システムではサポートされません )。
A6794A カードは、rx5630/5670 サーバーのコア I/O カードです。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
第2章
61
ワークステーションとサーバーに関する情報
1000Base-SX/T (Gigabit Ethernet) カードとドライバ
ドキュメント
Gigabit Ethernet の取り付け、設定、およびトラブルシューティングについての詳細
は、システムの /opt/networkdocs ディレクトリ、または http://docs.hp.com にあ
る『PCI 1000Base-T and 1000Base-SX Quick Installation and Configuration Guide』
(A6825A、A6847A、および A6794A 用 )、または『PCI 1000Base-T and HSC/PCI
1000Base-SX/9000 Quick Installation』(A4926A および A4929A 用 ) を参照してく
ださい。
高度な機能とトラブルシューティングの詳細については、Instant Information CD と
http://docs.hp.com にある『Using PCI 1000Base-T and HSC/PCI 1000Base-SX
(Gigabit Ethernet)』を参照してください。
62
第2章
3 HP-UX の機能
この章では、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでのオペレーティングシステムソフ
トウェアに関する新機能と変更点について説明します。具体的なトピックは次のとおり
です。
•
64 ページの「HP-UX のプロセッサセット」
•
71 ページの「HP-UX Kernel Configuration」
•
73 ページの「調整可能カーネルパラメータ」
•
76 ページの「Kernel Event Notification (KEN)」
•
77 ページの「システム管理マネージャ (SAM)」
•
79 ページの「SAM-Nodal Network Communication (NNC)」
•
81 ページの「MC/ServiceGuard」
•
83 ページの「MC/ServiceGuard クォーラムサーバー」
•
84 ページの「ServiceGuard Extension for RAC」
•
86 ページの「ServiceGuard Manager」
•
87 ページの「Enterprise Cluster マスターツールキット」
第3章
63
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
HP-UX のプロセッサセット
HP-UX のプロセッサセットによって、マルチプロセッサシステムを 2 つ以上のプロ
セッサ (CPU) グループに分割し、選択したアプリケーションまたはユーザーに、別の
アプリケーションまたはユーザーから独立して CPU リソースを割り当てることができ
ます。プロセッサセット (psets とも呼びます ) は、適切な特権を持つユーザーが、動的
に作成し、再構成を行うことができます。プロセッサセットは、最初、2001 年 10 月に
HP-UX 11i のオプションのソフトウェアパッケージとして出荷されました。HP-UX
11i バージョン 1.6 からは、デフォルトでカーネルに組み込まれています。プロセッサ
セットが HP-UX で有効になっていると、プロセッサセットはすべてのマルチプロセッ
サシステムで有効です。プロセッサセットは完全にスタンドアローンで機能しますが、
オプションのプロセスリソースマネージャ
プロセスリソースマネージャ (PRM) 製品とも完全に統合されており、
PRM で完全にサポートされます。
変更の要約
プロセッサセット機能は、複数のシステムコール、1 つの新しいライブラリコール、こ
れらのコールを支えるカーネルサポート、複数の変更されたシステムコール、1 つの変
更されたライブラリコール、複数の変更されたコマンド、そして 1 つの新しいコマンド
で構成されます。
プロセッサセットの新しいシステムコールは、次のとおりです。
•
pset_create (2)
•
pset_destroy (2)
•
pset_assign (2)
•
pset_bind (2)
•
pset_getattr (2)
•
pset_setattr (2)
•
pset_ctl (2)
プロセッサセットで変更されたシステムコールは、次のとおりです。
•
mpctl (2)
•
sysconf (2)
•
rtsched (2)
•
pstat (2)
64
第3章
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
プロセッサセットの新しいライブラリコールは pthread_pset_bind_np () です。既存の
pthread_processor_bind_np (3T) マンページに説明があります。
プロセッサセット機能をサポートするために、いくつかのコマンドが機能拡張され、新
しいコマンド psrset (1M) が導入されました。
プロセッサセット機能をサポートするために機能拡張された既存のコマンドは、次のと
おりです。
•
mpsched (1)
•
ps (1)
•
sar (1M)
•
top (1)
•
uptime (1)
•
id (1)
•
rtsched (1)
変更の詳細
プロセッサセットの新しいシステムコールは、次のとおりです。
pset_create
プロセッサがない pset を作成します。pset に CPU を追加するには、
pset_assign() を使います。
pset_destroy
指定の pset を消去します。
pset_assign
プロセッサセットに CPU を追加します。どのプロセッサも、いずれ
かの pset に属する ( 初期は、"default pset") ので、pset_assign に
よって CPU は 1 つの pset から、別の pset に移動します。
pset_bind
選択したスレッドまたはプロセッサを指定の pset にバインドします。
pset_getattr
pset の属性を取得します。pset 属性の例には、pset の所有者や pset
へのアクセスパーミッションなどがあります。
pset_setattr
pset の属性を設定します。
pset_ctl
呼び出しているスレッドにバインドされている pset や、pset 内の
CPU の数などの pset 情報を問い合わせます。
プロセッサセットで変更されたシステムコールは、次のとおりです。
第3章
65
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
mpctl
デフォルトで pset に固有の情報を返すようにアップデートされまし
た。たとえば、pset 内で実行中のアプリケーションは、pset 内の
CPU にしかアクセスできません。したがって、アプリケーションが
システム全体の CPU 総数を調べることは、pset 内の CPU 総数を調
べることに比べて効果が少ないので、pset 固有の情報を返すことが
デフォルトになりました。mpctl コマンドでは、新しいパラメータ
を指定したときに、システム全体の情報が返されます。
注記
HP-UX 11i バージョン 1.6 での mpctl の動作は、
pset がインストールされている HP-UX 11i での動作
と同等です。
sysconf
pset 情報を含むようにアップデートされました。
rtsched
pset をサポートするようにアップデートされました。リアルタイム
スレッドだけが pset 内で実行、つまり CPU を獲得します。
pstat
pset 情報を含むようにアップデートされました。たとえば、pset 情
報が追加されたので、pstat_getpset() に関する情報は、pstat の
マンページで説明されています。
プロセッサセットの新しいライブラリコールは、次のとおりです。
pthread_pset_bind_np pset と pset バインディングをサポートするように追加されま
した。
プロセッサセットで変更されたコマンドは、次のとおりです。
mpsched
mpsched に新しいオプション -f が導入されました。HP プロセスリ
ソースマネージャがインストールされ構成されている場合にこのオ
プションを指定すると、プロセスがプロセッサに強制的にバインド
されます。
HP PRM が有効になっている場合に、-f オプションを指定しないで
mpsched を実行し、プロセスをプロセッサへバインドしようとする
と、エラーメッセージが表示されます。このバインディング操作を
行うためには、mpsched のバインディングオプションに加えて、-f
オプションを指定する必要があります。さらに、プロセッサセット
の機能が有効になっているときに、mpsched を使ってプロセスをプ
ロセッサまたは ldom にバインドして pset 間を移動させようとする
と、該当のエラーメッセージが表示されます。
66
第3章
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
ps
ps コマンドはプロセッサセット機能をサポートするために、2 つの
オプション -z と -Z を追加して機能拡張されました。これらの 2 つ
のオプションは、pid がバインドされている pset を調べたり、指定
した pset のすべての pid を表示するために使用します。
新しいオプションの説明は、次のとおりです。
sar
•
-z オプションを指定すると、カラム “prmgrp/prmid” の前にカラ
ム “pset” が追加されます。prmgrp と prmid が存在しないときに
は、カラム “pid” の前にカラム “pset” が追加されます。すべての
カーネルプロセスが実行されているカーネル pset は、“KERN”
と表示されます。基本的にこのオプションは、pid を、pid がバ
インドされている pset にマップします。このオプションには引
き数を指定できません。
•
-Z オプションを指定すると、
指定した pset にバインドされている
すべてのプロセス id が表示されます。このオプションには、引
き数として pset id のリストを指定できます。prmgrp と prmid
が存在しないときには、リストの pid カラムの前に pset カラム
が追加されます。
sar コマンドはプロセッサセット機能をサポートするために、2 つの
オプション -p と -P を追加して機能拡張されました。
新しいオプションの説明は、次のとおりです。
•
-P オプションを指定すると、-M オプション ( プロセッサごとの情
報 ) が指定されていれば、カラム “pset” が追加されて、pset への
CPU マッピングが表示されます。
•
オプション -p を指定すると、指定した pset の情報だけが表示され
ます。オプション -p を指定しない場合、sar ではシステム全体
の情報が表示されます。
注記
top
この 2 つのオプションは、-u、-q および -a オプ
ションとともに指定する必要があります。これら
の新しいオプションを他のオプションとともに指
定した場合、プロセッサセット情報は表示されま
せん。
top コマンドはプロセッサセット機能をサポートするために、2 つの
オプション -p と -P を追加して機能拡張されました。
新しいオプションの説明は、次のとおりです。
第3章
67
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
uptime
•
-p オプションでは、pset id が引き数になり、システムとプロセッ
サセット pset_id ごとの負荷平均とプロセスの状態が表示されま
す。このオプションでは、プロセッサセット pset_id で実行中の
プロセスだけが表示されます。
•
-P オプションでは、それぞれの CPU 情報について、カラム PSET
がカラム CPU の前に表示されます。また、それぞれのプロセス
情報について、カラム PSET がカラム CPU の前に表示されま
す。
uptime コマンドはプロセッサセット機能をサポートするために、1
つのオプション -p を追加して機能拡張されました。
-p オプションは、引き数を指定する場合と指定しない場合がありま
す。引き数を指定する場合は、引き数に pset id を指定します。-p オ
プションを指定すると、出力の最初の行に、現在の時刻、システム
の稼動時間、システムにログインしているユーザー数が表示されま
す。次の行には、コマンド行 pset_list で指定した pset の過去 1 分
前、5 分前、15 分前のシステムの負荷が表示されます。引き数を指
定しない場合は、システム内のすべての pset の平均負荷が表示され
ます。コマンド行で空の pset の pset id を指定すると、その旨を示す
メッセージが表示されます。-p オプションを指定する場合、他のオ
プションは指定できません。
id
id コマンドの -P オプションは、プロセッサセット機能が有効になっ
ている場合、正確な prmid を表示するように機能拡張されました。
また、id コマンドは、エラー条件の発生時に 0 でない戻り値を戻す
ように、および正しくない利用法で使われたときに利用法を表示す
るように変更されました。
rtsched
pset をサポートするようにアップデートされました。リアルタイム
スレッドだけが pset 内で実行、もしくは CPU を獲得します。
プロセッサセットの新しいコマンドは次のとおりです。
psrset
68
psrset は、プロセッサセット機能のために新しく開発されました。
このコマンドはプロセッサセット機能をサポートする HP-UX システ
ムにプロセッサセットを作成し、管理します。psrset コマンドには
いくつかのオプションがあり、次のような作業に使用します。
•
指定の pset にプロセッサを割り当てる
•
指定の pset に pid をバインドする
•
指定の pset を解体する
•
指定の pset に対し、コマンドを実行する
第3章
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
•
プロセスグループに属するすべてのプロセスを、指定の pset にバ
インドする。
•
指定の pset、またはシステム内のすべての pset について、すべて
のプロセッサと pset の属性を表示する。
•
指定の pset のすべてのプロセッサに対して、外部 I/O 割り込みを
有効にする。
•
指定の pset のすべてのプロセッサに対して、外部 I/O 割り込みを
無効にする。
•
指定のプロセッサ、またはシステム内のすべてのプロセッサにつ
いて、pset とプロセッサのマッピングを表示する。
•
指定の pid、またはシステム内のすべての pid について、pid と
pset のマッピングを表示する。
•
指定のプロセッサを pset から削除し、default pset に割り当てる。
•
指定の pset の属性を変更する。
•
指定の pid を、現在バインドされている pset からアンバインドす
る。
•
ユーザー id で所有されているすべてのプロセッサを、指定の pset
にバインドする。
影響
影響はありません。
互換性
mpctl の動作は上述のように変更されましたが、これは pset がインストールされてい
る HP-UX 11i での動作と同じです。
各コマンドで拡張された機能は新しいオプションで実現され、既存のオプションの動作
は変更されていないので、コマンドの互換性の問題はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
第3章
69
HP-UX の機能
HP-UX のプロセッサセット
ドキュメント
すべての新しい、またはアップデートされたシステムコールとライブラリコール、およ
びコマンドについてのマンページがシステムに付属しています。
HP-UX 11i バージョン 1.6 には、コマンド psrset (1M) の新しいマンページが導入され
ました。詳細は、このマンページを参照してください。
新しい機能の導入に伴い説明が追加されたマンページは、次のとおりです。
getconf (1)
「サポートされている問い合せ」セクションに、次の行が追加されま
した。
PSET_SUPPORT
mpsched (1)
「構文」セクションが変更されました。-c と -l の説明が変更されま
した。新しい -f オプションの説明が追加されました。
ps (1)
「構文」セクションが変更されました。-z および -Z オプションの説
明が追加されました。
sar (1M)
「構文」セクションが変更されました。-u および -q オプションの説
明が変更されました。新しい -p および -P オプションの説明が追加
されました。
top (1)
「構文」セクションが変更されました。「ディスプレイ説明」で、
PSET フィールドが追加されました。新しい -p および -P オプショ
ンの説明が追加されました。
uptime (1)
「構文」セクションが変更されました。新しい -p オプションの説明
が追加されました。「例」セクションで、-p オプションの用例が追加
されました。
id (1)
「構文」セクションが変更されました。-P オプションの説明が変更さ
れました。
rtsched (1)
「説明」セクションがアップデートされ、pset 情報が追加されまし
た。
詳細は、各コマンドのマンページを参照してください。
プロセッサセット機能のホワイトペーパーは、次の Web サイトから入手できます。
http://docs.hp.com/hpux/pdf/5185-4322.pdf
70
第3章
HP-UX の機能
HP-UX Kernel Configuration
HP-UX Kernel Configuration
Kernel Configuration は、コマンドセットと Web ベースのグラフィカルユーザーイン
グラフィカルユーザーイン
タフェース (GUI) の組合せです。Web ベースの GUI によって、HP-UX カーネルを構
成し、パラメータで制御されるカーネルリソースの消費状況を監視します。
変更の要約
kcweb アプリケーションは SAM のカーネル構成機能に代わるもので、カーネルを構成
し、システムを監視するための 3 つのコマンド kcweb (1M)、kcusage (1M)、および
kcalarm (1M) が追加されました。また、廃止された krmond (1M) の代わりに、デーモ
ン kcmond (1M) も追加されました。
変更の詳細
kcweb で提供される新機能は、次のとおりです。
•
現状のSAMインタフェースより高速の新しいWebベースのGUI。この新しいGUIイ
ンタフェースは、リモートから使いやすく、パーソナルコンピュータ (PC) でも使
えます。
•
GUI 内でカーネルパラメータのドキュメントを表示できます。
•
動的なカーネルチューニング ( リブート不要 ) のサポート。
•
パラメータ監視 - カーネルリソースの使用状況を常時監視 (kcmond による ) できま
す。これにより、アプリケーションが障害を起こす前に、事前にカーネルをチュー
ニングすることが可能になります。この監視機能によって、次の効果があります。
— カーネルパラメータで制御されるカーネルリソースの表とグラフの表示。
— ユーザーが作成するしきい値アラームが、カーネルリソースの消費量がパラ
メータ値で指定したパーセンテージを越えたことを通知するトリガーになりま
す。
•
改良されたコマンド行インタフェース (CLI)。GUI で使用可能なすべての機能が、
CLI コマンドからも使用できます。
•
GUI とカーネルの分離が改善されました。アプリケーションを頻繁にパッチする必
要がなくなりました。
影響
kcweb では 12MB 未満のディスクしか必要としません。CGI では最小メモリーしか必
要としません (HP Apache-based Web Server と Netscape では、およそ 20MB のメモ
リーが必要です )。
第3章
71
HP-UX の機能
HP-UX Kernel Configuration
kcweb アプリケーションによって、SAM のカーネル構成機能が自動的に置き換えられ
ます。また、kcusage および kcalarm コマンドが追加され、以前のカーネル構成方法
に比べて、さまざまな改良が行われています。このリリースでは、kcmond が krmond
に置き換わります。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
krmond コマンドは廃止されました。SAM のカーネル構成部分は廃止されました。
ドキュメント
次の新しいマンページが追加されました。
•
kcweb (1M)
•
kcusage (1M)
•
kcmond (1M)
•
kcalarm (1M)
また、kcweb アプリケーション GUI でオンラインヘルプも使用できます。
72
第3章
HP-UX の機能
調整可能カーネルパラメータ
調整可能カーネルパラメータ
HP-UX の調整可能カーネルパラメータを使うと、カーネルの動作を環境にあわせてカ
スタマイズできます。動的調整カーネルパラメータでは、パラメータの変更後にオペ
レーティングシステムをリブートしないで、変更の効果をすぐに確認できます。反対
に、静的に調整するカーネルパラメータでは、カーネルの再構築とリブートが必要で
す。
変更の要約
Itanium プロセッサファミリー (IPF) プラットフォームに、動的調整カーネルパラメー
タのサポートが追加されました。また、HP-UX 11i バージョン 1.6 には、追加の動的
かつ自動的に調整可能なカーネルパラメータのサポートも加わりました。動的調整カー
ネルパラメータの値は、オペレーティングシステムの再構築とリブートを行わずに変更
できます。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、IPF プラットフォームに動的調整カーネルパラメー
タのサポートが追加されました。動的調整カーネルパラメータは、以前は PA-RISC プ
ラットフォームだけでサポートされていましたが (HP-UX 11i)、IPF プラットフォーム
でも動的に変更できるようになりました。動的調整カーネルパラメータは次のとおりで
す。
表 3-1 動的調整カーネルパラメータ
-maxfiles_lim
-core_addshmem_read
-maxuprc
-core_addshmem_write
-msgmax
-maxtsiz
-msgmnb
-maxtsiz_64bit
-semmsl
-shmmax
-scsi_maxq_depth
-shmseg
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、追加の動的調整カーネルパラメータも加わりました。
サポートが追加された動的調整カーネルパラメータは次のとおりです。
表 3-2 サポートが追加された動的調整カーネルパラメータ
-max_thread_proc
-maxdsiz
第3章
-shmmni
-maxssiz
73
HP-UX の機能
調整可能カーネルパラメータ
表 3-2 サポートが追加された動的調整カーネルパラメータ ( 続き )
-maxdsiz_64bit
-maxssiz_64bit
-nproc
-nkthread
-ksi_alloc_max
新しい調整可能カーネルパラメータ -max_acct_file_size も HP-UX 11i バージョン
1.6 に追加されましたが、これも動的に調整可能です。
また、カーネルパラメータ ncallout と maxswapchunks は、調整する必要がなくなり
ました。HP-UX 11i バージョン 1.6 では、以前これらのパラメータで制御されていた
データ構造を、HP-UX カーネルが自動的に調整します。カーネルパラメータ
ncallout と maxswapchunks は、
「調整可能」でなくなりました。
影響
動的調整カーネルパラメータを導入したことで、可用性が増加しました。上述の動的調
整カーネルパラメータを変更した場合にオペレーティングシステムのリブートが不要に
なりました。
互換性
ncallout と maxswapchunks にアクセスするスクリプトやプログラムには影響があり
ません。
性能
測定できるほどの影響はありません。
廃止された機能
次の調整可能なカーネルパラメータが廃止されました。
表 3-3 廃止された調整可能カーネルパラメータ
廃止された調整可能カーネルパラメータ
-maxswapchunks
-ncallout
-clicreservedmem
-ndilbuffers
-spread_UP_drivers
-nni
-bootspinlocks
-netisr_priority
74
第3章
HP-UX の機能
調整可能カーネルパラメータ
ドキュメント
大部分の調整可能なカーネルパラメータのマンページは、man コマンドで参照できま
す。
また、kcweb アプリケーション GUI でオンラインヘルプも使用できます。
第3章
75
HP-UX の機能
Kernel Event Notification (KEN)
Kernel Event Notification (KEN)
Kernel Event Notification (KEN) は、1 つのカーネルサブシステムが別のカーネル
サブシステムに重要なイベントを通知するためのカーネルサービスのことで、HP-UX
11i バージョン 1.6 から導入されました。KEN サービスは、カーネル内のイベント通
知メカニズムとして使われることを目的としています。サブシステムは KEN を使っ
て、KEN イベントが発生した場合に起動されるハンドラーを登録することができます。
これらのハンドラーは、ハンドラーが呼び出される順番を示す順序番号とともに登録さ
れます。
変更の要約
KEN は、HP-UX 11i バージョン 1.6 で新しく追加されました。
変更の詳細
KEN は、HP-UX 11i バージョン 1.6 で新しく追加されました。
影響
KEN はカーネル用のサービスであり、ユーザーレベルインタフェースはありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
測定できるほどの影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
76
第3章
HP-UX の機能
システム管理マネージャ (SAM)
システム管理マネージャ (SAM)
システム管理マネージャ (SAM) は HP-UX のシステム管理ツールであり、使いやすい
ユーザーインタフェース (UI) でさまざまなシステム管理作業を行えます。
変更の要約
カーネル構成機能、分散プリントサービス (DPS)、およびダンプデバイス機能は、
HP-UX 11i バージョン 1.6 で廃止されました。
変更の詳細
カーネル構成機能、分散プリントサービス (DPS)、およびダンプデバイス機能は、
HP-UX 11i バージョン 1.6 で廃止されました。ユーザーは SAM を使って、カーネルの
パラメータ、ドライバ、サブシステムを変更したり、HP 分散プリントサービスメカニ
ズムを構成し管理したり、ダンプデバイスを作成、構成、変更したりすることができま
せん。
カーネルのパラメータ、ドライバ、サブシステムを構成するには、新しいカーネル構成
ツールである kcweb を使うことができます。kcweb についての詳細は、本章の HP-UX
Kernel Configuration を参照してください。
SAM は HP-UX 11i バージョン 1.6 では PA-RISC バイナリとして提供されます。
HP-UX 11i バージョン 1.6 IPF システムで実行するためには、ARIES エミュレータが
必要です。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
IPF プラットフォームでは、SAM の PA-RISC バイナリが ARIES エミュレータを使っ
て実行されるため、性能が低下することが あります。
廃止された機能
カーネル構成機能、分散プリントサービス (DPS)、およびダンプデバイス機能は廃止さ
れました。
第3章
77
HP-UX の機能
システム管理マネージャ (SAM)
ドキュメント
sam (1M) のマンページがアップデートされました。
78
第3章
HP-UX の機能
SAM-Nodal Network Communication (NNC)
SAM-Nodal Network Communication (NNC)
SAM - NNC は、ネットワーク関連のリソース構成を管理するための GUI ツールです。
変更の要約
SAM は機能拡張されて、次の 2 種類の新しい LAN カードをサポートするようになり
ました。
100BT
— ドライバ : intl100
— 製品番号 : A6792A
Gigabit Ethernet
— ドライバ : igelan
— 製品番号 : 1000 Base-SX - A6847A
1000 Base-T - A6825A、
、A6794A
変更の詳細
SAM は機能拡張されて、100BT ドライバと Gigabit Ethernet ドライバをサポートす
るようになりました。
新しいカードの構成には、100BT (btlan) カードと Gigabit Ethernet (gelan) カード用
の既存の構成画面が使えます。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
第3章
79
HP-UX の機能
SAM-Nodal Network Communication (NNC)
ドキュメント
SAM のオンラインヘルプが変更されて、次世代 GigE 機能についての説明が追加され
ました。
80
第3章
HP-UX の機能
MC/ServiceGuard
MC/ServiceGuard
MC/ServiceGuard (Multi-Computer/ServiceGuard) は、ミッションクリティカルなア
プリケーションを、広範囲にわたるハードウェアやソフトウェアの障害から保護するた
めの特殊な機能です。
変更の要約
MC/ServiceGuard バージョン A.11.14.01 が HP-UX 11i バージョン 1.6 でリリースさ
れました。このバージョンが A.11.14 と異なる点は、いくつかの機能が廃止されて、い
くつかの機能が制限付きで追加されたことです。
変更の詳細
最大で 4 つのクラスタノードがサポートされます。A.11.14 では最大 16 でした。
これが IPF では最初のリリースとなります。
A.11.14.01 でのシステム管理作業は、A.11.14 と変わりません。
SG A.11.14.01 では次の項目がサポートされません。
•
ServiceGuard SAM インタフェースは含まれません
•
任意のプラットフォームからのローリングアップグレード
•
PA-RISC プラットフォーム
•
Virtual Partitions (vPARs)
•
Advanced Tape Service
•
クラスタ内の IPF と PA-RISC ノードの混在
•
4 ノードより多いクラスタ
•
VxVM および CVM ディスクグループ
•
FC、FDDI、Token Ring、ATM、100VG、および APA
HP-UX 11i バージョン 1.6 は FDDI、Token Ring および ATM をサポートしないので、
これらを SG ハートビート用に使うことはできません。SG はこれらをローカルにス
イッチングすることはできません。また、cmquerycl もこれらを検出できません。さ
らに、FC (Fibre Channel) ネットワーキングと 100VG は HP-UX 11i バージョン 1.6
でサポートされないので、デフォルトで、これらも SG でサポートされません。
また、共有ライブラリのディレクトリ構造が変更されました。共有ライブラリは、32
ビットか 64 ビットであるかに応じて、それぞれ hpux32 または hpux64 に存在します。
第3章
81
HP-UX の機能
MC/ServiceGuard
MC/ServiceGuard は ISU 製品です。次のとおり、変更されたシステム機能への依存関
係があります。
•
DLPI - ServiceGuardはネットワークのプロービングとリンクの故障検出にDLPIプ
リミティブを使います。
•
ストリーム / トランスポート - SG は IP 関連の機能とデーモン間通信のため、
トラン
スポート層とソケット API に強く依存します。
•
libsnet - 再割り当て可能な IP アドレスを管理するための呼び出し機能を備えま
す。
•
カーネルスレッドの使用 - SG A.11.14.01 は、IPF オペレーティングシステムではサ
ポートされない DCE スレッドの代わりにカーネルスレッドを使います。
影響
プラットフォームが新しいため、影響はありません。
互換性
MC/ServiceGuard A.11.14.01 は、新しいプラットフォーム上の新しい実行可能プログ
ラムセットです。このプラットフォームに移植する場合は、既存の ASCII 構成ファイ
ルと制御スクリプトを編集して再適用する必要があります。ローリングアップグレード
は用意されていません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
既存の『Managing MC/ServiceGuard』(B3936-90065) がバージョン A.11.14.01 に
も添付されて出荷されています。A.11.14 バージョンと異なる点は、
『MC/ServiceGuard A.11.14 リリースノート (IPF 用 ) HP-UX 11i バージョン 1.6
(B.11.22)』(B3935-90061) に説明されています。
これらのドキュメントは、Instant Information CD と次の Web サイトにあります。
http://docs.hp.com/hpux/ha
82
第3章
HP-UX の機能
MC/ServiceGuard クォーラムサーバー
MC/ServiceGuard クォーラムサーバー
クォーラムサーバーは、スプリットブレーン問題を避けるために ServiceGuard クラス
タに対してタイブレーク サービスを提供するソフトウェアコンポーネントです。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、クォーラムサーバーのバージョン A.01.01
(B8467BA) が、HP-UX 11i v1.0 の A.01.00 リリースの機能をすべて備えています。
変更の詳細
これが IPF 上で最初のリリースです。
影響
プラットフォームが新しいため、影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
このリリースの内容は、『MC/ServiceGuard Quorum Server A.01.01 リリースノート
(IPF 用 ) HP-UX 11i バージョン 1.6 (B.11.22)』(B8467-90007) に説明されています。
これは、Instant Information CD と次の Web サイトにあります。
http://docs.hp.com/hpux/ha
第3章
83
HP-UX の機能
ServiceGuard Extension for RAC
ServiceGuard Extension for RAC
ServiceGuard Extension for RAC ( 以前は ServiceGuard OPS Edition と呼んでいまし
た ) は、MC/ServiceGuard の特別な追加機能です。すべての基本的な ServiceGuard
クラスタ機能の他に、Oracle RAC (OPS) クラスタのサポートも行います。
変更の要約
MC/ServiceGuard から RAC 用コンポーネントが切り離された最初のリリースです。
以前のバージョンの ServiceGuard OPS Edition は、すべての ServiceGuard ファイル
セットを含んでいました。このバージョンでは、RAC 用拡張機能が基本的な
ServiceGuard 製品と異なっている部分のファイルセットだけが含まれています。
変更の詳細
これが IPF での最初のリリースです。機能は、制限も含め、ServiceGuard OPS
Edition A.11.14 と同じです。
影響
プラットフォームが新しいため、影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
既存の『ServiceGuard OPS Edition による OPS クラスターの設定』(B5158-90045)
が ServiceGuard Extension for RAC バージョン A.11.14.01 に付属しています。
A.11.14 バージョンと異なる点は、『ServiceGuard Extension for RAC Version A.11.14
リリースノート (IPF 用 ) HP-UX 11i バージョン 1.6 (B.11.22)』(T1859-90002) に説明
されています。
『Managing MC/ServiceGuard』(B3936-90065) も付属しています。
これらのドキュメントは、すべて、Instant Information CD と次の URL にあります。
84
第3章
HP-UX の機能
ServiceGuard Extension for RAC
http://docs.hp.com/hpux/ha
第3章
85
HP-UX の機能
ServiceGuard Manager
ServiceGuard Manager
ServiceGuard Manager は、MC/ServiceGuard クラスタと ServiceGuard Extention
for RAC クラスタの表示と管理を行うためのグラフィカルユーザーインタフェース
(GUI) です。
変更の要約
ServiceGuard Manager バージョン A.02.01 には、A.02.00 の機能がすべて含まれてい
ます。
変更の詳細
これが IPF で最初のリリースです。
影響
プラットフォームが新しいため、影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
『ServiceGuard Manager B.02.01 リリースノート』(B8325-90027) に、このリリース
の詳細が記述されています。このドキュメントは、Instant Information CD と次の
URL にあります。
http://docs.hp.com/hpux/ha
86
第3章
HP-UX の機能
Enterprise Cluster マスターツールキット
Enterprise Cluster マスターツールキット
Enterprise Cluster マスターツールキットは、サードパーティーのアプリケーションを
ServiceGuard クラスタ環境でパッケージとして実行するためのスクリプトのセットで
す。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、ECM ツールキットバージョン B.01.09 が、
MC/ServiceGuard クラスタ内の Oracle 9i データベースをサポートするツールを含ん
でいます。
変更の詳細
これが IPF で最初のリリースです。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
『Enterprise Cluster Master Tookit B.01.08 リリースノート (IPF 用 ) HP-UX 11i バー
ジョン 1.6 (B.11.22)』(B5139-90054) に、このリリースの詳細が記述されています。
このドキュメントは、Instant Information DVD と次の URL にあります。
http://docs.hp.com/hpux/ha
第3章
87
HP-UX の機能
Enterprise Cluster マスターツールキット
88
第3章
4 ファイルおよびディスク管理
この章では、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでのオペレーティングシステムソフ
トウェアに関する新機能と変更点について説明します。具体的なトピックは次のとおり
です。
•
90 ページの「論理ボリュームマネージャ (LVM)」
•
92 ページの「ディレクトリのパーミッション」
第4章
89
ファイルおよびディスク管理
論理ボリュームマネージャ (LVM)
論理ボリュームマネージャ (LVM)
論理ボリュームマネージャは HP-UX 固有のボリュームマネージャです。コアの
HP-UX コマンドとカーネルに密接に統合されています。LVM は、PA-RISC リリース
では、HP-UX のリリース 9.0 から、そして IPF では非ブートディスク ( データ ) 用に
HP-UX 11i バージョン 1.5 からサポートされていました。HP-UX 11i バージョン 1.6
では、IPF 用の LVM は、PA-RISC 用の LVM と完全に同一な機能を提供します。
変更の要約
IPF システムでサポートされていなかった論理ボリュームマネージャ (LVM) の構成要
素は、LVM ブート機能と共有論理ボリュームマネージャ (SLVM) 機能の 2 つだけでし
た。HP-UX 11i バージョン 1.6 では、論理ボリュームマネージャ (LVM) がデフォルト
のボリュームマネージャになりました。したがって、IPF プラットフォーム用の
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、LVM は PA-RISC システム用の HP-UX 11i v1.0 で提
供されていた論理ボリュームマネージャ (LVM) と同じ機能セットを提供するようにな
りました。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、以下の機能が提供されます。
•
HP-UX 11i v1.0 で提供されている現状の PA-RISC LVM と同等な、IPF 上での完全
な LVM( 論理ボリュームマネージャ ) のサポート。
•
IPF と PA-RISC 上で LVM および VxVM をサポート。LVM と VxVM は選択可能です
が、インストール時のデフォルトは LVM です。
•
完全な LVM ブートディスクサポート ( ルート / スワップ / ダンプ )。
•
LVM ブートディスク用のブートローダーサポート。
•
LVM の Ignite/UX インストールサポート。
•
保証された共有 LVM (SLVM) 機能。
影響
HP-UX 11i バージョン 1.5 は IPF 上では、LVM ブートディスクをサポートしない
LVM を提供していました。
HP-UX 11i バージョン 1.6 は、PA-RISC と IPF 上で完全な LVM ブートディスクサ
ポートを提供します。LVM と VxVM は選択可能ですが、インストール時のデフォルト
は LVM です。
90
第4章
ファイルおよびディスク管理
論理ボリュームマネージャ (LVM)
互換性
PA-RISC LVM ブートディスクと IPF LVM ブートディスクには、いかなる互換性もあ
りません。ブートディスクはプラットフォーム間で交換することはできません。ブート
用ではない LVM コマンドと非ブートディスク ( データ ) は、HP-UX 11i バージョン
1.5 および HP-UX バージョン 1.6 IPF システムで完全に互換性があります。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第4章
91
ファイルおよびディスク管理
ディレクトリのパーミッション
ディレクトリのパーミッション
HP-UX 11i バージョン 1.6 ではいくつかのディレクトリについて、パーミッションと
所有権が変更されました。
変更の要約
ディレクトリ /tmp と /var/tmp のパーミッションと所有権が変更されました。また、
ディレクトリ /usr/local のパーミッションも変更されました。
変更の詳細
大きな変更は、ディレクトリ /tmp と /var/tmp のパーミッションが 0777 から 1777
に変更されたことです。つまり、スティッキービットが設定されました。また、
/usr/local とそのサブディレクトリは、すべて、書き込み可能ではなくなりました。
/tmp と /var/tmp の所有権は、bin:bin から root:root に変更されました。
影響
「互換性」の項を参照してください。
互換性
パーミッションを変更したことにより、別のユーザーが所有するファイル (/tmp または
/var/tmp の下 ) の削除やリネームに依存していたアプリケーションは、異常終了しま
す。同様に、ユーザーコミュニティで、アプリケーションを非公式に共有するために
/usr/local/ を使っていた場合は、HP-UX 11i バージョン 1.6 からはこの共有ができ
なくなります。
以前の ( 制限の少ない ) 動作が必要な場合は、/tmp、/var/tmp、/usr/local、
/usr/local/[*] のパーミッションを 777 に変更してください。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
92
第4章
5 ネットワーキング
この章では、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースに関する新機能と変更点について説
明します。具体的なトピックは次のとおりです。
•
94 ページの「ネットワークトランスポート」
•
98 ページの「自動マウンター」
•
99 ページの「mbuf 機能の廃止」
•
100 ページの「インターネットサービス」
第5章
93
ネットワーキング
ネットワークトランスポート
ネットワークトランスポート
ネットワークトランスポートによって、HP-UX のコアのネットワーキングがサポート
され、開発されています。
変更の要約
以下の ndd の調整可能なパラメータがサポートされるようになりました。
•
ip_check_subnet_addr - ホストアドレスのサブネット部分を制御します。
•
ip_max_bcast_ttl - ブロードキャストパケット用の TTL を制御します。
以下の ndd の新しい調整可能なパラメータがサポートされるようになりました。
•
ip_enable_udp_bcastrecv - UDP ソケットのブロードキャストパケットの受信を
制御します。
•
ip_ire_gw_probe - 無効なゲートウェイのプローブを有効にします。
•
tcp_cwnd_initial - 輻輳ウィンドウの初期サイズを MSS の倍数に設定します。
•
tcp_deferred_ack_max - ACKなしで受信できるデータのバイト数の上限を設定し
ます。
•
tcp_do_conn_options - IP オプションを T_CONN_IND メッセージにコピーしま
す。
•
tcp_fin_wait_2_timeout - TCP 接続が FIN_WAIT_2 の状態に留まる最大時間を
設定します。
•
tcp_recv_hiwater_max - TCP 受信バッファーのサイズの上限を設定します。
•
tcp_sack_enable - TCP の選択的肯定応答 (RFC 2018) を有効にします。
•
tcp_smoothed_rtt - ラウンドトリップ時間を計算する別の方法を指定します。
•
tcp_ts_enable - TCP Time Stamp オプションを有効にします。
•
tcp_tw_cleanup_interval - TIME_WAIT のタイムアウトをチェックする間隔を
設定します。
•
udp_debug - UDP デバッグ情報のロギングを有効にします。
•
udp_def_hop_limit - UDP の TTL (Time To Live) のデフォルトの上限を設定しま
す。
•
udp_recv_hiwater_max - UDP 受信バッファーのサイズの上限を設定します。
•
rawip_recv_hiwater_max - RAWIP 受信バッファーの最大サイズを設定します。
94
第5章
ネットワーキング
ネットワークトランスポート
•
arp_defend_interval - パブリシュされたエントリーを最初に保護するまで待つ
秒数を設定します。
•
arp_redefend_interval - パブリシュされたエントリーを保護するまで待つ秒数
を設定します。
•
arp_resend_interval - arp 要求が再送される間隔を示すミリ秒単位の数を設定し
ます。
•
ip_ipsec_integer_pads - ブロック暗号で使われるパッドのタイプを設定します。
•
ip_ipsec_policy_interval - 未使用のセキュリティポリシールールを削除しよう
とする動作の間隔を設定します。
•
ip_ipsec_pollist - IPv4 セキュリティポリシーのレポートをフォーマット化して
表示します。
•
ip_ipsec_sa_interval - 未使用のセキュリティアソシエーションルールを削除し
ようとする動作の間隔を設定します。
•
ip_ipsec_salist - すべての IPv4 セキュリティアソシエーションのレポートを
フォーマット化して表示します。
•
ip_ipsec_status - 現在の IPSec カーネルステータスの概要レポートを表示しま
す。
•
socket_buf_max - AF_UNIX ソケットの最大ソケットバッファーサイズを設定し
ます。
•
socket_caching_tcp - TCP ソケットのソケットキャッシュを制御します。
•
socket_qlimit_max - AF_INET 以外のソケットの接続要求の最大数を設定しま
す。
•
socket_udp_rcvbuf_default - UDP ソケットのデフォルトの受信バッファーサイ
ズを設定します。
•
socket_udp_sndbuf_default - UDP ソケットのデフォルトの送信バッファーサイ
ズを設定します。
イベントポート機能が実装されました。
変更の詳細
ndd の変更
ndd がサポートしている、またはサポートしていないすべての調整可
能なパラメータを表示するには、ndd -h を使ってください。
第5章
95
ネットワーキング
ネットワークトランスポート
IPSEC に関連する ndd の調整可能なパラメータは、システムに
IPSEC 用のアドオンがインストールされているときにだけ使うこと
ができます。
netconfig の変更
/etc/netconfig ファイルは、システムに接続されたネットワーク
の情報を格納しているネットワーク構成データベースであり、名前
からアドレスに変換を行うサービスが使用すべき変換ライブラリに
ついての情報を提供します。
IPF システムの /etc/netconfig ファイルでは、新しい拡張子 .so.1
が付けられたライブラリを指しています。/usr/lib には、PA-RISC
用のライブラリへのシンボリックリンクが作成されています。
PA-RISC システムの /etc/netconfig ファイルでは変更はなく、
PA-RISC の拡張子 .1 が付けられたライブラリを指しています。
詳細は、netconfig (4) のマンページを参照してください。
既知の問題
ifconfig を使って、無効な netmask でインタフェースを構成すると、エラーメッ
セージ ifconfig: ioctl (SIOCSIFNETMASK): bad value が表示され、そのインタ
フェースの構成情報が失われます。したがって、ifconfig を再度実行してそのインタ
フェースの現行の構成情報を表示すると、エラーメッセージ ifconfig: no such
interface が表示されます。
影響
影響はありません。
互換性
/etc/netconfig ファイル内に作成されたシンボリックリンクは、すべての PA-RISC
アプリケーションの互換性のために用意されています。PA-RISC アプリケーションは
IPF システムで ARIES を使って実行できます。
/etc/netconfig を変更する場合は、適切なリンクを用意する必要があります。
特定のサービス用にライブラリへの絶対パスが指定されている場合、このサービスを使
うアプリケーションは、いずれか一方のアーキテクチャだけで実行できます。
性能
性能への影響はありません。
96
第5章
ネットワーキング
ネットワークトランスポート
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
traceroute (1) のマンページが追加されました。thread_safety (5) のマンページも追加
され、libc、libpthread および libgen インタフェースを使ってスレッドセーフなア
プリケーションを作成するのを支援します。
第5章
97
ネットワーキング
自動マウンター
自動マウンター
ユーザーあるいはプロセスがディレクトリへのアクセスを要求すると、自動マウンター
によってそのディレクトリがマウントされ、一定のアイドル時間 ( デフォルトでは、5
分 ) が経過すると自動的にアンマウントされます。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースの自動マウンターが、サポートされる最後の自動
マウンターになることをお知らせします。
変更の詳細
AutoFS 自動マウンターは、HP-UX 10.30 以降のすべてのバージョンの HP-UX でリ
リースされてきました。AutoFS は、自動マウンターと共存して動作しますが、自動マ
ウンターと置き換えることを推奨します。AutoFS は自動マウンターと同一の機能を提
供しますが、新しく、より信頼性のある設計を採用しています。また、AutoFS は、自
動マウンターと同じマップを使用して、NFS PV3 プロトコルをサポートしますが、自
動マウンターはこのプロトコルをサポートしません。要約すると、自動マウンターと
AutoFS は、両方とも、HP-UX 11i バージョン 1.6 でサポートされますが、将来のリ
リースでは AutoFS だけがサポートされるようになります。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースの自動マウンターが、サポートされる最後の自動
マウンターになります。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
98
第5章
ネットワーキング
mbuf 機能の廃止
mbuf 機能の廃止
mbuf.h ファイルとカーネル内の mbuf 機能は、廃止されました。
変更の要約
mbuf エンティティーは、カーネル内で使われる EISA/NIO バスをベースにした従来の
ネットワークドライバです。これらの従来のドライバは HP-UX 11i バージョン 1.6 で
廃止され、mbuf.h ファイルも削除されました。
変更の詳細
変更の目的は、mbuf 機能が廃止されたことです。mbuf は、主として従来のネット
ワーキングドライバで使われたメモリー管理のエンティティーです。
影響
影響を受けるドライバは、NETTL です。mbuf.h を含むが、実際には使用していないた
め影響のないサブシステムには、PM、GRAPH、STREAMS、btlan ドライバ、Fibre
Channel、トランスポート、intl100 ドライバ、machdep、PPP、およびユーザー空間
で実行されるプログラム named、telnet、と gated があります。
互換性
このカーネル固有の機能は、ユーザー側で直接確認できるものではありません。した
がって、mbuf 機能の廃止による影響は何もありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
これらの従来のドライバは、HP-UX 11i バージョン 1.6 で廃止されました。mbuf.h
BE ファイルは削除されました。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第5章
99
ネットワーキング
インターネットサービス
インターネットサービス
インターネットサービス製品ファミリーは、HP-UX ユーザーが TCP/IP ベースのネッ
トワーク上で相互互換性を持つために重要と考えられるネットワーキングサービスを提
供し、サポートします。
変更の要約
ここで説明するインターネットサービス製品は、以下のとおりです。
•
BIND の改訂バージョン : 9.2
•
WU_FTPD の改訂バージョン : 2.6.1
•
Sendmail の改訂バージョン : 8.11.1
•
rcommand の変更
•
新しい telnetd のオプション
•
rwhod によるホスト名文字のサポート
•
セキュアなインターネットサービスの提供
•
gated の OSPF エージェントの削除
•
rbootd を将来削除することの発表
•
rexecd で use_psd オプションの使用
変更の詳細
「変更の要約」に示した各インターネットサービス製品について、以降の項で説明しま
す。
BIND 9.2
ドメインネームシステム (DNS) は、TCP/IP ベースのインターネットでコンピュータ名
の階層を実装するメカニズムです。BIND (Berkeley Internet Name Domain) サーバー
が、通常使われている DNS 実装です。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースは、BIND 9.2 をインストールします。改訂された
BIND 9.2 の新機能は、以下のとおりです。
•
option、zone、および server 文の新オプション。
•
rndc.conf 構成ファイルを生成するための新しいユーティリティ。
100
第5章
ネットワーキング
インターネットサービス
•
種々のバイナリに対する新しいコマンド行オプション。
•
rndc に追加されたコマンド。
変更の詳細
以下のような、以前の BIND リリースで行っていた当社独自の変更は、サポートされ
ません。
•
noforward
noforward オプションの機能は、空リストに対する forwarders オプションを使っ
て実現できます。
•
alias-ip
option 文の listen-on オプションで置き換えられました。
•
no-round-robin
この機能に対して、rrset_order オプションで置き換える実装は、まだ完成して
いません。
以下の機能が、BIND 9.2 から削除されています。
•
削除されたオプションは、以下のとおりです。
— named-xfer
— deallocate-on-exit
— fake-iquery
— statistics-interval
— multiple cnames
— has-old-clients
— treat-cr-as-space
— use-id-pool
— fetch-glue
— serial-queries
— check-names
•
view および zone 文では、以下のとおりです。
— ixfr-base
— pubkey
— max-ixfr-log-size
第5章
101
ネットワーキング
インターネットサービス
HP-UX 11i バージョン 1.6 へ移植された Bind 9.2 は、現在、トポロジ
rfc2308-type1 と min-roots オプションをサポートしません。
ドキュメント
『BIND 9.2 Release Notes』は、他のインターネットサービス関連のドキュメントと同
様に次の Web サイトにあります。
http://docs.hp.com/hpux/netcom/
この製品に関連する、HP-UX 11i バージョン 1.6 でリリースされているマンページは
以下のとおりです。
•
dig (1M)
•
dnssec-keygen (1)
•
dnssec-makekeyset (1)
•
dnssec-signkey (1)
•
dnssec-signzone (1)
•
host (1)
•
hosts_to_named (1M)
•
lwresd (1M)
•
named (1M)
•
named-checkconf (1)
•
named-checkzone (1)
•
named.conf (4)
•
nslookup (1)
•
nsupdate (1)
•
rndc (1)
•
rndc.conf (4)
•
rndc-confgen (1)
•
sig_named (1M)
102
第5章
ネットワーキング
インターネットサービス
WU-FTPD 2.6.1
ftp アプリケーションはファイル転送プロトコルのユーザーインタフェースです。クラ
イアントホストで ftp を実行すると、ローカルクライアントホストとリモートサー
バーホスト間でネットワークを介して、ファイルがコピーできます。サーバー wu-ftpd
は、HP-UX 11i バージョン 1.6 以降でサポートされます。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは WU-FTPD 2.6.1 がインストールされます。
変更の詳細
WU-FTPD 2.6.1 がサポートする新しい機能は、以下のとおりです。
•
仮想ホスト
•
グループアクセスファイル情報を変更するための管理者用ユーティリティの
privatepw
•
ftpaccess 用の新しい句
•
RFC 1413( 識別プロトコル ) のサポート
•
新しいコマンド行オプション
HP-UX へ移植した WU-FTPD 2.6.1 に含まれる当社独自の機能は、以下のとおりです。
•
コマンド行オプションは、次のとおりです。
-m number_of_tries: bind() ソケット呼び出しの再試行回数を指定。
-n nice: WU-FTPD プロセスの nice 値を設定。
-B: データソケットのバッファーサイズを 1024 バイトのブロック数で設定。
-pと-P: クライアントへのプライベートポートアクセス(-p)またはプライベート
ポートアクセスとサードパーティーアクセス (-P) を許可。
•
2 GB より大きなファイルをサポートするようになりました。
•
ラージ UID/GID がサポートされました。
•
高信頼性システム。
以前のバージョンの WU-FTPD からの変更点は、以下のとおりです。
•
ftpaccess 構成ファイルのオプション sendfiletransfer は、新しいコマンド行オプ
ション -U に置き換えられました。
第5章
103
ネットワーキング
インターネットサービス
•
2 つのオプション suppresshostname および suppressversionは、ftpaccess 構成
ファイルの新しい greeting オプションに置き換えられました。
ドキュメント
インターネットサービス関連のドキュメントは、次の Web サイトにあります。
http://docs.hp.com/hpux/netcom/
この製品に関連する、HP-UX 11i バージョン 1.6 でリリースされているマンページは
以下のとおりです。
•
ftp (1)
•
ckconfig (1)
•
ftprestart (1)
•
ftpwho (1)
•
ftpcount (1)
•
ftpshut (1)
•
ftpd (1M)
•
privatepw (1)
•
ftpaccess (4)
•
ftpgroups (4)
•
ftpservers (4)
•
ftpconversions (4)
•
ftpusers (4)
•
ftphosts (4)
•
xferlog (5)
104
第5章
ネットワーキング
インターネットサービス
Sendmail 8.11.1
Sendmail は電子メールのトランスポートエージェントです。任意のネットワーク上で
メッセージのルーティングを行って、1 人または複数の受信者へのメッセージ送信を可
能にします。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 は Sendmail 8.11.1 を導入しています。Sendmail 8.11.1 が
サポートする新しい機能は、以下のとおりです。
•
複数のキューディレクトリ
•
メッセージに対する拡張メールステータスコード
•
デーモンの SMTP サービスをカスタマイズするための DaemonPortOptions
•
送信接続をカスタマイズするための ClientPortOptions
•
Message Submission Agent (MSA - RFC 2476) を使ったスパム制御
•
SMTP AUTH コマンドを使った SMTP 認証
•
仮想ホスト
•
改善された LDAP ベースのルーティング
•
種々の新しいオプション値、構成オプション、およびコマンドオプション
変更の詳細
バージョン 8.11.1 の Sendmail に対して行われた変更は、以下のとおりです。
•
SMTP メールと RCPT コマンドでの認識できないパラメータについてのエラーコー
ドは、RFC 1869 に準じて、501 から 555 に変更しました。
•
構成ファイル (sendmail.cf) のバージョン番号が 9 になりました。
•
メールメッセージを別名に送信する代わりに ‘newaliases' が実行された場合、
aliases の右辺が抜けていると、警告 ‘missing value' が返されます。
•
このリリースでは、新しいメーラーフラグ ‘F=%' が使用できるようになりました。
•
DontProbeInterfaces オプションが設定されている場合を除いて、クラス ‘w' のす
べてのインタフェースの名前に対して、hostname が追加されます。
•
このリリースでは、番号が付けられたすべてのルールセットに、名前が付けられま
した。
•
テストモードで使うための、‘/Quit' コマンドが追加されました。
•
SMTP 接続がドロップしている場合は、SMTP コマンドは処理されません。
第5章
105
ネットワーキング
インターネットサービス
•
purgestat と sendmail -bH オプションは、Timeout.hoststatus で設定されている
値を超えた、ホストステータスデータベース内の期限切れのファイルだけを削除し
ます。
•
プロセス ID ファイルが PidFile オプションで指定できるようになりました。
このリリースでは、配信ステータス通知 (DSN) メッセージ内の Diagnostic-Code
フィールドに、ユーザーのアドレスは格納されません。
ドキュメント
『Sendmail Release Notes for Version 8.11.1』は、他のインターネットサービス関連の
ドキュメントと同様に次の Web サイトにあります。
http://docs.hp.com/hpux/netcom/
この製品に関連する、HP-UX 11i バージョン 1.6 でリリースされているマンページは
以下のとおりです。
•
killsm (1M)
•
makemap (1M)
•
sendmail (1M)
•
mailq (1)
•
mailstats (1)
•
praliases (1)
106
第5章
ネットワーキング
インターネットサービス
rcommand
rcommand には、以下のコマンドが含まれます。
•
rlogin/rlogind
•
remsh/rexec
•
rcp
•
rdist
•
ruptime
•
rwho/rwhod
変更の要約
remshd/rexecd への変更が、HP-UX 11i バージョン 1.6 に適用されています。
変更の詳細
remshd の機能は、ユーザーがアカウントが無効になっているリモートシステムに対し
remsh を実行した場合、エラーメッセージ Account disabled or expired を表示す
るように変更されました。ユーザーがリモートコマンドを実行したときに
remsh/rexec プロセスがハングしているように見える場合があります。これは、
remsh/rexec が終了する前にリモートコマンドの完了を待つためです。この動作は、
/etc/inetd.conf で remshd/rexecd を -m オプションを指定して起動すれば、変更
できます。
注記
-m オプションはターミナルに標準出力またはエラーメッセージを表示す
るのを禁止します。
互換性
サービス名のデータベース (services (4) のマンページを参照 ) に kshell のエントリが
存在しないと、remshd の実行が失敗し、次のメッセージが表示されます。
remshd: getservbyname
たとえば、サービス名のデータベースとして NIS を使用する場合、NIS サービスマッ
プに kshell サービスのエントリが含まれている場合だけに remshd が動作します。
HP-UX オペレーティングシステムのすべてのリリースで、サービス名のデータベース
に kshell のエントリがデフォルトとして存在します。
ドキュメント
rexecd (1M) と remshd (1M) のマンページはアップデートされ、すべての変更が反映さ
れています。
第5章
107
ネットワーキング
インターネットサービス
telnetd
telnetd デーモンは、DARPA 標準の TELNET 仮想ターミナルプロトコルをサポート
するサーバー機能を実行します。
変更の要約
新しい telnetd オプションが追加されました。
変更の詳細
telnetd 機能に追加された新しいオプションは、以下のとおりです。
•
-n は、クライアントが初期オプションのネゴシエーションに応答してくるのを
telnetd が待つ時間を秒数で指定します。その時間が経過すると、タイムアウトに
なり、接続が解放されます。
•
-y を指定すると、ボーレートが 0 に設定されている場合、telnetd は接続を解放し
ます。このオプションを指定していない場合、telnetd は、ボーレートが 0 に設定
されていても接続を解放しません。
ドキュメント
telnetd (1M) のマンページはアップデートされ、新しいオプションを反映しています。
rwhod
rwhod サーバーは、rwho と ruptime で使われるデータベースを管理します。rwhod
サーバーは、ローカルネットワーク上の、rwhod を実行している別のノードとの間で、
ステータス情報の送受信を行います。
変更の要約
rwhod の機能は、RFC 952 に準拠した有効なホスト名文字だけをサポートするように
なりました。
変更の詳細
サポートされる文字は、すべての英数字、マイナス記号 (‘-')、およびピリオド (‘.') です。
注記
無効な文字を含むホスト名があると、rwhod は異常終了します。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
108
第5章
ネットワーキング
インターネットサービス
セキュアなインターネットサービス
セキュアなインターネットサービス (SIS) は、オプションで有効になる機構です。これ
は、次のインターネットサービスで、Kerberos V5 による認証と認可を行います。
ftp、rcp、remsh、rlogin、および telnet。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.5 ではサポートされなかったセキュアなインターネットサー
ビスは、HP-UX 11i バージョン 1.6 でサポートされるようになりました。
変更の詳細
従来のリリースでは、SIS は共有ライブラリ libsis.sl に依存していましたが、この
ライブラリは IPF プラットフォームには存在していません。SIS は libkrb5.sl ライ
ブラリを使うように変更されました。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
gated の OSPF エージェント
ルーティングデーモンの gated は、現在、ルーティングプロトコル、RIP、BGP、
EGP、HELLO、および OSPF を処理します。
変更の要約
gated の OSPF エージェントは、HP-UX 11i バージョン 1.6 では使用できません。
変更の詳細
gated 製品から OSPF ルーティング情報を検索する ospfagt サブエージェント (SNMP
MIB) は、HP-UX 11i バージョン 1.6 では使えません。OSPF エージェントは、SNMP
デベロッパーズキットに依存しますが、これが IPF プラットフォームでは使える状況
になっていません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第5章
109
ネットワーキング
インターネットサービス
rbootd()
rbootd の機能は、ローカルエリアネットワーク上の RMP クライアントからの初期
ブートアップ要求を提供します。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 が、rbootd を提供する最後のリリースになります。
変更の詳細
rbootd の機能は、独自仕様の RMP プロトコルを使う、旧式のクライアントからの初
期ブートアップ要求を提供します。ブートアップ時に独自仕様の RMP プロトコルを使
うクライアントは、HP-UX 11i バージョン 1.6 の後のリリースではサポートされませ
ん。
影響
次回の HP-UX リリースからは、旧式の RMP クライアントを BOOTP( インターネッ
トブートプロトコル ) を使うクライアントに変更する必要があります。
廃止された機能
HP-UX 11i バージョン 1.6 が、rbootd を提供する最後のリリースになります。
rexecd()
rexecd ユーティリティは、指定したホストに接続し、指定したコマンドを実行するた
めに使われます。
変更の要約
rexecd ルーチンは、リモートコマンドにストリームを戻します。
変更の詳細
rexecd に対しては、/etc/pam.conf 内では [use_psd] オプションを指定できません。
ドキュメント
これに伴って、rexecd (1M) のマンページがアップデートされました。
110
第5章
6 コマンドとシステムコール
この章では、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースに関する新機能と変更点について説
明します。具体的なトピックは次のとおりです。
•
112 ページの「MLIB 8.2」
•
115 ページの「envd 環境デーモン」
•
116 ページの「IO コマンド」
•
118 ページの「lanadmin コマンド」
•
120 ページの「NetTL コマンド」
•
122 ページの「execve() システムコール」
第6章
111
コマンドとシステムコール
MLIB 8.2
MLIB 8.2
HP MLIB は、VECLIB、LAPACK および ScaLAPACK サブプログラムを含んでいま
す。これは、線形方程式、最小二乗法、固有値問題、特異値分解、ベクトルおよび行列
計算、重畳積分、およびフーリエ変換などの工学および科学アプリケーション用の数学
ソフトウェアと計算用カーネルです。
変更の要約
HP MLIB 8.2 の機能と最適化には以下のものが含まれます。
•
スパース BLAS 機能
•
ScaLAPACK 機能
•
アーカイブおよび共有ライブラリ
変更の詳細
•
スパース BLAS 機能
HP MLIB 8.2 では、レベル 1、2、および 3 の基本線形代数サブプログラム
(BLAS) の高度に効率的な実装の他に、スパース BLAS 機能もサポートします。
スパース BLAS 機能は、スパース行列の積 ( 行列 - ベクトルおよび行列 - 行列 ) と
三角法演算をサポートする計算カーネルです。スパース BLAS 機能は、NIST
Fortran スパース BLAS (V.0.5) 標準をベースにしています。このルーチンは、以下
の 4 つのデータ型が扱えるように機能拡張されています。
— S - Real*4
— D - Real*8
— C - Complex*8
— Z - Complex*16
この実装では、4 つの追加された行列形式 (MSC、MSR、BMC、BMR) もサポー
トされます。スパース BLAS ライブラリルーチンは Fortran 77 で書かれており、
Fortran 90 および C ルーチンから呼び出すことができます。
•
ScaLAPACK 機能
ScaLAPACK は、線形方程式、線形最小二乗問題、固有値問題、および特異値分解
などの問題を解くための高性能線形代数ルーチンのライブラリです。ScaLAPACK
は、行列因子分解法や条件数推定法のような多くの関連する計算も処理できます。
112
第6章
コマンドとシステムコール
MLIB 8.2
ScaLAPACK は、オークリッジ国立研究所で開発されたパブリックドメインソフト
ウェアです。分散コンピューティングに適するように設計されており、並列性を持
たせるためにメッセージパッシングインタフェース (MPI) を使っています。この実
装では、HP の MPI を使ってビルドされ、HP サーバー用に調整したバージョンの
ScaLAPACK になっています。ScaLAPACK ライブラリルーチンは、Fortran 90
および C ルーチンから呼び出すことができます。他の MLIB ライブラリとは異
なって、すべての整数が 8 バイト長であることを仮定したバージョンの
ScaLAPACK は存在しません。
•
アーカイブおよび共有ライブラリ
HP MLIB 8.2 は、アーカイブおよび共有ライブラリをサポートします。
アプリケーションの性能は、アーカイブライブラリを使った場合に向上します。小
さな実行形式プログラムが必要な場合には、HP-UX 11i バージョン 1.5 以降が動作
する Itanium システムでは、共有ライブラリを使うことができます。ここでは、
HP MLIB 8.2 でアーカイブおよび共有ライブラリを使う場合の、コンパイル方法
とリンク方法について、概要を説明します。
— リンカーにアーカイブライブラリを優先的にリンクさせたい場合には、リン
カーのコマンド行で -aarchive_shared フラグを指定します。アーカイブライブ
ラリが使えない場合は、共有ライブラリにリンクされます。
— 共有ライブラリを優先的にリンクさせたい場合には、-ashared_archive フラグ
を指定します。-aarchive_shared あるいは -ashared_archive のいずれをも指
定しない場合は、デフォルトは共有ライブラリとなります。
影響
必要な容量は、以下のとおりです。
表 6-1 必要なディスク容量
旧 (8.1)
新 (8.2)
差分
hpux32:
66052
86411
20359
hpux64:
134560
178111
43551
pa2.0:
39652
42688
3036
pa20_64:
103904
112160
8256
include 処理 :
1468
1463
5
メモリーについての要件はありません。
第6章
113
コマンドとシステムコール
MLIB 8.2
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
MLIB に関連して変更されたマンページは、以下のとおりです。
•
新しいスパース BLAS サブルーチン ( 新規 )
•
既存のスパース BLAS サブルーチン ( 変更 )
•
ScaLAPACK( 新規 )
•
Sparse Solver( 変更 )
•
VECLIB( 変更 )
•
LAPACK( 変更 )
その他のドキュメントは、以下のとおりです。
『HP MLIB Version 8.2 Release Note 』(B6061-96018) と『HP MLIB User's Guide Fourth Edition V8.2 』(B6061-96017) は、次の Web サイトにあります。
http://docs.hp.com
『LAPACK User's Guide V3.0 』(B6061-96013) は、次の Web サイトにあります。
http://www.netlib.org/lapack/lug
『ScaLAPACK User's Guide V1.0 』(B6061-96014) は、次の Web サイトにあります。
http://www.netlib.org/scalapack/slug/index.html
114
第6章
コマンドとシステムコール
envd 環境デーモン
envd 環境デーモン
envd デーモンは、システムの物理環境デーモンで、システムが環境条件に対応する手
段を提供します。たとえば、気温が上がりすぎた場合や、ハードウェアによって検出さ
れるシャーシーのファン故障などに、対応します。
変更の要約
envd デーモンは、IPF プラットフォームの HP-UX 11i バージョン 1.6 ではサポートさ
れません。
変更の詳細
IPF プラットフォームの HP-UX 11i バージョン 1.6 では、下層の機能を使えないため
に、envd がサポートされません。
影響
envd はサポートされませんが、IPF プラットフォームには代替手段があります。すな
わち、Itanium コアハードウェアモニター (ia64_corehw) を使えば、物理環境が検出で
きます。詳細は、次の Web サイトにある『Itanium Core Hardware Monitor
(ia64_corehw)』のドキュメントを参照してください。
http://docs.hp.com/hpux/onlinedocs/diag/ems/emd_ia64core.htm
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
envd (1M) コマンドのマンページには、HP-UX 11i バージョン 1.6 では、この機能は
PA-RISC プラットフォームだけで有効で、IPF プラットフォームではサポートされな
いという説明が追加されました。
第6章
115
コマンドとシステムコール
IO コマンド
IO コマンド
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースで変更された IO コマンドは、次のとおりです。
sfd
このデーモンはデバイスの特殊ファイルを動的に作成するために使
われます。
iointrc
デバイスファイルを作成するスクリプトです。
ioscan
このコマンドは、IO ハードウェアのステータスを表示するために使
われます。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 で、sfd、iointrc、および ioscan が変更されました。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 での、sfd、iointrc、および ioscan の変更点は次のとお
りです。
sfd
sfd が正しい sfd.pid で起動し、正しいメッセージがログされるよう
になりました。
iointrc
Rockwood に対して、デバイスファイルが作成されるようになりまし
た。
ioscan
ioscan -k に対する性能改善が行われました。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
116
第6章
コマンドとシステムコール
IO コマンド
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第6章
117
コマンドとシステムコール
lanadmin コマンド
lanadmin コマンド
lanadmin はローカルエリアネットワーク (LAN) の管理プログラムです。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでの lanadmin コマンドの変更点は、次のとおり
です。
•
管理情報ベース (MIB) の統計情報を表示するためのコマンドオプションを新しく 1
つ追加
•
コマンドの改善
変更の詳細
このリリースに含まれる追加機能は次のとおりです。
•
指定した PPA (Physical Point of Attachment) に対する MIB 統計情報を表示するた
めの -g コマンド行オプションが lanadmin に追加されました。以前は、MIB 統計
情報を表示する場合、lanadmin をメニューモードで実行する必要がありました。
lanadmin コマンドでこの -g オプションを使うための構文は、次のとおりです。
lanadmin -g [get_options] [ppa#]
例:
lanadmin -g mibstats 0
[get_options] に指定できる値は、mibstats だけです。
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、次の点が改善されています。
•
-x または -X オプションに与える文字列は、Net Mgmt ID ではなく、PPA を指定し
ます。
•
'-x lan100' を指定すると、'Invalid PPA Number entry' と表示され、戻り値 -1 で
終了します。
•
-A オプションで指定する MAC アドレスが 12 (16 進数 ) より大きいと、
このコマンド
は戻り値 -1 で終了します。
影響
影響はありません。
118
第6章
コマンドとシステムコール
lanadmin コマンド
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
このリリースでは、lanadmin のマンページは変更されていません。
第6章
119
コマンドとシステムコール
NetTL コマンド
NetTL コマンド
ネットワークトレースとロギング (NetTL) 機能は、ネットワークの動作とネットワー
ク製品に関する情報を収集します。これは、ネットワーク製品について、重要なイベン
トをログし、トレース情報を収集するために使われます。
変更の要約
モバイル IPv4 をサポートします。制御スクリプトが変更されました。また、mbuf の
使用が廃止されました。IA で HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行する場合は、
nettladm 機能を使えません。
変更の詳細
nettl コマンドの新しい、または変更されたオプションと機能は、次のとおりです。
モバイル IPv4 のサポート
変更の目的は、nettl で IP、UDP および ICMP パ
ケットのモバイル IPv4 情報をフォーマット化する
ことです。この変更を行わないと、NetTL フォー
マッタは IP、UDP および ICMP パケット内に埋
め込まれているモバイル IPv4 情報の抽出および表
示を行えません。つまり、モバイル IPv4 情報は単
純に搬送されているデータとして扱われます。
制御スクリプトの変更
単一のファイルセットだった NETTL-RUN が、2
つのファイルセット (NETTL-RUN および
NETTL2-RUN) に分割されました。これによって、
IPF バージョンと PA バージョンの両方が同一の
ファイルセットで提供できるようになりました。
このため、制御スクリプトは、以下のとおり、変
更されました。
mbuf の廃止に伴う変更
120
•
NETTL-RUN - preinstall、configure、verify
スクリプト
•
NETTL2-RUN - preinstall、configure スクリ
プト
変更した理由は、HP-UX が HP-UX 11i バージョ
ン 1.6 から mbuf のサポートを廃止したので、
nettl コードから mbuf 関連の参照をすべて削除す
るためです。このため、nettl は HP-UX 11i バー
第6章
コマンドとシステムコール
NetTL コマンド
ジョン 1.6 以前のシステムをトレースするとき、
mbuf を使っているサブシステムをサポートできな
くなりました。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ログファイルとトレースファイルについて変更されたことを説明するために、nettl
(1M)、および netfmt (1M) のマンページが変更されました。
第6章
121
コマンドとシステムコール
execve() システムコール
execve() システムコール
任意の形式の execve[*]() システムコールは、現在のプロセスに通常の実行可能プログ
ラムファイルからプログラムをロードし、現在のプログラムを置き換えます。[path]
または [file] の引き数は、実行可能形式オブジェクトファイル、またはインタプリタ
用のデータのファイルを参照します。インタプリタ用のデータのファイルは、スクリプ
トファイルとも呼ばれます。
変更の要約
以下の項目で説明するとおり、HP-UX 11i バージョン 1.6 では、システムコール
execve() が変更されました。
setuid/setgid スクリプトのサポートについて
setuid ファイルは、実行者のパーミッションではなく、所有者のパーミッションで動
作します。setgid ファイルも同様にグループのパーミッションで動作します。
変更の詳細
本リリースから、カーネルは、セキュリティ上の理由で、スクリプトの setuid および
setgid ビットを無視するようになりました。これはスクリプトだけに影響があり、実
行可能プログラムには影響はありません。
影響
setuid/setgid スクリプトは正しく動作しません。
互換性
これらの変更により、setuid/setgid スクリプトは、正しく動作しません。
setuid/setgid スクリプトを実行しようとすると、次の警告メッセージが表示されま
す。
Warning: Ignoring setuid/setgid on "/tmp/[abc]" as the system tunable
“secure_sid_scripts” is set.
この警告メッセージは、制御ターミナルと、/var/adm/syslog/ ディレクトリにある
syslog.log に送られます。
HP-UX 11i v1.0 の場合と互換性がある動作を必要とする場合は、動的に調整可能なパ
ラメータ secure_sid_scripts を 0 に設定してください。詳細は、kmtune (1M) のマ
ンページを参照してください。
122
第6章
コマンドとシステムコール
execve() システムコール
重要
setuid/setgid スクリプトでは、セキュリティの問題が発生する可能性
があります。したがって、この動的な調整可能パラメータは、慎重に
扱ってください。
性能
性能には影響はありません。
廃止された機能
HP-UX 11i バージョン 1.6 から、カーネルは、セキュリティ上の理由で、スクリプト
の setuid および setgid ビットを無視するようになりました。
ドキュメント
execve (2) および secure_sid_scripts (5) のマンページがアップデートされました。詳細
は、これらのマンページを参照してください。
バッファーオーバーフローの防止
このリリースでは、デフォルトでアプリケーションのスタックセグメントからアプリ
ケーションのコードが実行されないように設定されています。UNIX® システムでは、
通常、スタックでコードを実行できますが、この機能を無効にすると、バッファーの
オーバーフローを検出できます。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.5 以上の HP-UX では、調整可能カーネルパラメータ
executable_stack がサポートされています。このパラメータは、アプリケーションで
スタック上のコードを実行するかどうかを制御するためのパラメータです。初期リリー
スでは、最大限の互換性を確保するために、この調整可能パラメータはデフォルトでは
無効に設定されていました。HP-UX 11i バージョン 1.6 では、実行可能スタックが無
効になるようデフォルト設定されているので、システム性能を低下させずに通常のセ
キュリティリスクを回避できます。
影響
この変更は、ほとんどの正規のアプリケーションに影響しません。正規の Java ベース
のアプリケーションの中には、正しく動作しないものがありますが、その場合は、アプ
リケーションに Java の重要なセキュリティパッチが不足しています。自己修正を行う
コードを使用する正規のアプリケーション ( シミュレータ、インタプリタなど ) にも影
響することがあります。
互換性
第6章
123
コマンドとシステムコール
execve() システムコール
アプリケーションがスタックでコードを実行しようとすると、アプリケーションが停止
して SIGKILL シグナルが送信されます。このとき、次のようなエラーメッセージが
syslog.log ファイルとアプリケーションを実行した制御ターミナルの両方に出力されま
す。
PID 18459 has been terminated. See the '+es enable' option of chatr(1).
このようなメッセージが表示される場合は、 /var/adm/syslog/syslog.log ファイル
にも次のようなエラーメッセージが出力されます。
UID 7 PID 18459 may have attempted a buffer overflow attack.
cmd: /abc/estack
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
この機能の使用方法については、chatr (1) マンページの「スタック上の実行許可制限」
の項と executable_stack (5) マンページを参照してください。
124
第6章
7 プログラミング
この章では、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースに関する新機能と変更点について説
明します。具体的なトピックは次のとおりです。
•
126 ページの「aC++ と C コンパイラ」
•
129 ページの「Fortran コンパイラ」
•
131 ページの「IPF アセンブラ」
•
134 ページの「リンクエディタ (ld)」
•
137 ページの「オブジェクトファイル用ツール (chatr)」
•
139 ページの「オブジェクトファイル用ツール (elfdump)」
•
140 ページの「ダイナミックローダー」
•
142 ページの「dlopen() および shl_load() システムコール」
•
144 ページの「リンカーとダイナミックローダーの TLS サポート」
•
146 ページの「C ライブラリ (libc)」
•
147 ページの「libc の C99 浮動小数点 16 進数 I/O サポート」
•
149 ページの「数学ライブラリ (libm)」
•
151 ページの「pthread ライブラリ (libpthread)」
•
152 ページの「メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)」
•
159 ページの「MxN スレッドモデル」
•
163 ページの「ヘッダーファイル (ctype.h)」
•
165 ページの「Judy ライブラリ」
•
167 ページの「共通デスクトップ環境 (CDE) ライブラリ」
•
169 ページの「強力な乱数ジェネレータ」
第7章
125
プログラミング
aC++ と C コンパイラ
aC++ と C コンパイラ
HP aC++ Itanium プロセッサファミリー (IPF) コンパイラのバージョン A.05.36 は、
C++ プログラミング言語の ISO/IEC 14882 標準 (C++ の国際標準 ) を大部分サポート
しています。C コンパイラとして起動された場合は、『American National Standard
for Information Systems - Programming language C, ANS X3.159-1989』(ANSI C 89
standard) をサポートします。
変更の要約
C 言語のサポートは、既存の HP-C 製品から aC++ 製品へと移行してきました。その結
果、HP-UX 11i バージョン 1.6 では、HP-UX 11i バージョン 1.5 と比較した場合、以
下の 2 つの変更が行われています。
•
/usr/ccs/bin/cc_bundled に格納されていたバンドルされた C コンパイラは、
aC++ コンパイラを ANSI C モードで起動するドライバで置き換えられました。
•
aC++ のヘッダーが、/usr/include/aCC と /usr/include/aCC_std に追加されま
した。これは、aC++ よりも g++ を使うことを望む ISV やユーザーに対応した結果
です。
変更の詳細
IPF プラットフォームでの C 言語コンパイラのサポートは、HP-C コンパイラから一般
的な aC++ コンパイラに移行しています。aC++ コンパイラは、C 言語プログラムと
C++ 言語プログラムの両方がコンパイルできます。その結果、バンドルされていた C
コンパイラ (/usr/ccs/bin/cc_bundled) は、aC++ コンパイラを ANSI C モードで起
動するドライバで置き換えられました。以前は HP-C コンパイラと共に提供されていた
C ツールは、/opt/ansic/bin から削除されました。すなわち、lint、cb、cflow、
cxref、endif、protogen などです。本リリースでは、これらのツールは従来の HP-C
コンパイラとともに、/opt/ansic/legacy_hpc/bin にインストールされています。
古い従来の HP-C コンパイラ (cc) と C ツール (lint、cb、cflow、cxref、endif、
protogen) を参照する場合は、絶対パスを使用する必要があります。つまり、古い従来
の HP-C コンパイラと C ツールへのパスは、/etc/PATH あるいは /etc/MANPATH に含
まれていません。
cc ドライバを使って従来の HP-C コンパイラを起動する方法は、新しい +legacy_hpc
オプションの説明を参照してください。
126
第7章
プログラミング
aC++ と C コンパイラ
aC++ ヘッダーが HP-UX 11i バージョン 1.6 オペレーティングシステムの一部として
提供されます。以前は、aC++ コンパイラと共に提供されていました。これは、aC++
コンパイラをインストールせずに、g++ を使いたいユーザーに対応したことが主な理由
です。コンパイラのドライバ内のデフォルトの include ファイルとライブラリのパス
は、aC++ ヘッダーの新しい場所を反映するためにアップデートされました。
目的としたのは、以前の HP-UX 11i バージョン 1.5 のリリースの HP-C コンパイラと
高度に互換性があり、一般的な C/C++ コンパイラのコードをベースにした拡張性のあ
る ANSI-C コンパイラを提供することでした。しかしながら、2 つのコンパイラには少
数の差異があり、それは「互換性の例外リスト」( 後述する「互換性」セクションを参
照 ) としてまとめてあります。この差異は、以前の IPF C コンパイラが、重要ではない
機能にも対応していたことが原因です。この差異は、IPF プラットフォームで移植の対
象になるアプリケーションに影響はないと考えていますが、新しいコンパイラでは
+legacy_hpc オプションが用意されており、このオプションを指定すれば、新しいコ
ンパイラが古いコンパイラのラッパーとして動作します。
影響
カーネルテーブルを再生成するために使われたバンドルされた C コンパイラは、ANSI
C モードで動作する C++ コンパイラで置き換わりました。ユーザー操作の変更はあり
ません。
/opt/aCC ディレクトリの内容は、全体で、約 112MB を占めています。
/opt/ansic ディレクトリの内容は、全体で、約 174MB を占めています。これは、
HP-UX 11i バージョン 1.5 の /opt/ansic ディレクトリのおよそ倍の大きさです。こ
れは古い HP-C コンパイラを /opt/ansic/legacy_hpc に保存しているためです ( 約
82MB)。
互換性
HP-UX 11i バージョン 1.6 ANSI C コンパイラを HP-UX 11i バージョン 1.5 HP-C と
比べた場合の、互換性の例外リストは以下のとおりです。
•
暗黙の「int」変数宣言をサポートしません。
•
組込み型の __int32 データ型がありません ( 必要ならば、#define __int32 を使ってく
ださい )。
•
移行オプションの +M0、+M1、あるいは +M2 がありません。これらは無視されま
す。
•
MPE ロングポインター (^) がありません。
•
HP_ALIGN プラグマ (MPE データ整列型式 ) をサポートしません。
「pack」プラグマ
を使ってください。
第7章
127
プログラミング
aC++ と C コンパイラ
•
+L( リスト ) オプションと、関連するリスト制御のプラグマ (LINES、WIDTH、
TITLE、SUBTITLE、PAGE、LIST および AUTOPAGE) をサポートしません。
•
標準の C ツール、lint、cb、cflow、cxref、endif、protogen をサポートしませ
ん。
性能
コンパイル時の性能が低下することがあります。
廃止された機能
過渡期のために用意された /usr/bin/cc からのリンクは、将来は削除されます。
.profile の PATH 変数にファイル /etc/PATH の内容を含めるか、または、C コンパ
イラ (cc と cc_bundled) にアクセスするために、新しい場所へのパスを手作業で設定
してください。
ドキュメント
古い HP-C のマンページ (cc (1)、c89 (1)) と、C ツールのマンページ (cxref (1)、
protogen (1)、cb (1)、cflow (1)、lint (1)) は、従来の HP-C コンパイラと共に、
/opt/ansic/legacy_hpc にインストールされています。新しい場所
/opt/ansic/legacy_hpc/share/man/man1.Z にあるこれらのマンページにアクセス
するには、MANPATH を変更するか、または -M オプションを使ってください。
128
第7章
プログラミング
Fortran コンパイラ
Fortran コンパイラ
HP Fortran は、配列処理、データ抽象化、およびデータ隠蔽化をサポートする現代的
で強力な算術および科学用の言語です。
HP-UX 11.0 および 11i の HP Fortran v2.6 は、すべての HP-UX オペレーティングシ
ステムで共通なソースを利用できる環境を提供します。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、いくつかの最適化が行われました。リンク
の最適化や完全な OpenMP v2.0 のサポートが含まれます。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリース用の HP Fortran v2.6 で行われた最適化は、以下
のとおりです。
•
インクリメンタルリンクの最適化 (+ild および +ildrelink フラグの追加 )
•
完全な OpenMP v2.0 のサポート
•
デフォルトの整数サイズを設定するための +i2 スイッチの追加
•
コンパイラオプション +profilebucketsize=n (n は 16 または 32) とリンカーオプショ
ン +profilebucketsize n (n は 16 または 32)
•
+tls={static, dynamic}
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリース用の HP Fortran v2.6 では、IPF PBO オプション
に以下の変更が行われました。
•
+I、+P、および +df が古くなりました。
•
+Oprofile=prediction:static はメッセージなしで無視されます。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
第7章
129
プログラミング
Fortran コンパイラ
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
『HP Fortran v2.6 リリースノート Itanium プロセッサファミリ対応』は
/opt/fortran90/newconfig/RelNotes/Fortran.2.6|pdf|ps|txt に格納されてい
ます。
130
第7章
プログラミング
IPF アセンブラ
IPF アセンブラ
IPF アセンブラ (IA-64 アセンブラとしても知られています ) は、IPF アセンブリ言語
仕様に基づいて書かれたソースファイルをアセンブルするために使われます。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースの IPF アセンブラには、数多くの機能拡張が含ま
れています。最も重要な機能拡張は、ハザードチェックロジックの機能拡張と、
pred.rel アセンブラ指令のサポートです。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 で行われた修正は、以下のとおりです。
•
場合によっては、明示的なバンドリングが無視される。
アセンブラは、場合によっては ( 特に、明示的ではあるけれども不完全なバンドリ
ングを使っている場合 )、テンプレート指令を使って明示的に指定したテンプレー
トではなく、他のテンプレートを使ってバンドルを作成することがありました。根
本原因は、任意のバンドル内 stop をバンドル間 stop に変換するバンドル修正に関
連していました。可能ならば、バンドル内の先頭の命令グループの最初の命令と、
先行するバンドルのバンドル間 stop の間に nop を命令を置かないことを確実にし
ます。修正は、明示的なテンプレート指令が有効になっていても、テンプレートの
候補の中から最適のテンプレートを選択するようにしました。
•
X-format アンワインドレコード
アンワインド指令にレジスタ rp または r0 が含まれていると、X-format アンワイ
ンドレコードの展開が正しく行われないことがわかっていました。アセンブラは、
r0 が指定されるときに、rp のレコードを誤って作成していました。また、rp が指
定されていても、rp のレコードを作成するのに失敗していました。さらに、アセン
ブラは @psp および @priunat 疑似レジスタを認識できませんでした。
•
式の評価がデフォルトで符号なしになっていました。
この場合、アセンブラは負の数を大きな符号なし数として処理するので、直接値と
しては大きすぎる、または、命令のコード化するアドレスとしては離れすぎている
として拒否されました。
•
オブジェクトファイルのテンポラリシンボル
スコープに制限がないテンポラリシンボルが、誤ってオブジェクトファイルに展開
されることがありました。
HP-UX 11i バージョン 1.6 での機能拡張は、以下のとおりです。
•
opaque およびスタブシンボルの拡張されたサポート
第7章
131
プログラミング
IPF アセンブラ
opaque シンボルとスタブシンボルのサポートが改善され、エクスポートクラスで
これらのシンボルが設定できるようになりました。
•
alloc 命令への述語を可能にする
アセンブラを Intel の SDM バージョン 1.1 にあわせて最新機能にしたため、alloc
命令に述語がつけられるようになりました。
•
XDK 環境でのカタログ処理
アセンブラの XDK ロジックが変更され、NLSPATH の不適切な設定によって、
時々発生したカタログ問題は回避できるようになりました。アセンブラは、常に、
起動のされ方とは無関係にカタログファイルへの正しいパスが含まれるように
NLSPATH を解釈します。これにより、ほとんどすべての場合にカタログが見つか
ります。
•
依存性チェックの新しい実装
依存性チェックまたはハザードチェックのロジックが大幅に改良され、ほとんどす
べての場合に、依存性の追跡ができるようになりました。これには、命令グループ
間での異なるコードセクションの切り替えも含まれます。そのため、依存性チェッ
クは十分に信頼性があるものとなり、明確な違反にはエラーが出せるようになりま
した。依存性違反の可能性があるものに対しては、警告のままです。結果として、
新しい実装では .pred.rel 指令のサポートが追加されました。
重要
アセンブラが、以前より頻繁に次の警告を表示するようになりまし
た。
warning: redundant instruction stop
これは、ある命令が終了命令グループとして扱われるためです。そ
のため、これらの命令の後に明示的に stop 命令を挿入すると、冗長
になる場合があります。この警告は無害ですが、この冗長な stop を
削除すると、バンドリングを改善し、よりコンパクトなコードを生
成することが判明しています。
影響
明確に依存性違反をしているアセンブリコードは、エラーになるようになりました。し
たがって、以前のバージョンのアセンブラでは成功していたビルドが失敗する可能性が
あります。
互換性
『Intel IA-64Architecture Software Developer's Manual Version 1.1』との互換性は若干
増加しました。このマニュアル、および関連情報は、以下の Web サイトから入手でき
ます。
132
第7章
プログラミング
IPF アセンブラ
http://developer.intel.com/design/itanium/manuals/index.htm
性能
否定的な性能問題はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
これらの変更を反映するために as (1) マンページが更新されています。詳細は、このマ
ンページを参照してください。
第7章
133
プログラミング
リンクエディタ (ld)
リンクエディタ (ld)
リンクエディタ ld (1) は、入力として与えられた、1 つ、または複数のオブジェクト
ファイルまたはライブラリを結合して単一の ( 通常は実行可能プログラム ) ファイルを
生成します。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 の ld に導入された新機能は、以下のとおりです。
•
プロシージャ分割
•
共有ライブラリセグメントのマージ
•
フィルター済みライブラリ
•
大きなセクションテーブルのサポート
•
+instrumenter オプション
•
+O パーセント選択オプション
-I オプションが変更され、caliper をデフォルトの計測機能組み込みプログラムとする
ようになりました。
変更の詳細
•
プロシージャ分割(オプション: +[no]procsplitclean, +vtype procsplitclean)
プロシージャ分割を指定すると、プロファイル情報に従って、テキストセクション
が、ホットセクション (.text) とコールドセクション (.text.cold) に分割されます。
これによって局所性が増加し、ホットセクションのコードに対して、命令キャッ
シュの性能が上がります。+vtype procsplitclean オプションを指定すると、リ
ンカーはプロシージャ分割のトレースに関し、冗長出力を行います。
•
共有ライブラリセグメントのマージ ( オプション : +mergeseg)
+mergeseg を指定して実行可能プログラムをビルドすると、起動時に、ダイナミッ
クローダーが、共有ライブラリのすべてのデータセグメントを 1 つのブロックに
マージします。動的にロードされるライブラリのデータセグメントは、依存するラ
イブラリのデータセグメントともマージされます。これにより、カーネルが大きな
サイズのページテーブルエントリーを割り当てることができるようになり、実行時
の性能が向上します。
•
134
フィルター済みライブラリ ( オプション : +filter shared_library_path)
第7章
プログラミング
リンクエディタ (ld)
フィルター済みライブラリの実装は、大きな共有ライブラリで使われるデータ空間
の量を減らす目的で設計されました。これにより大きな共有ライブラリが、1 つの
「フィルター」ライブラリ (+filter オプションを使用 ) と、複数の「処理系」( 通
常の ) ライブラリに分割されます。リンクは、処理系ライブラリのすべてのシンボ
ルへの参照を含む、フィルターライブラリを使って行います。実行時には、使われ
ている処理系ライブラリだけがデータ空間にロードされます。この機能によって、
処理系ライブラリの分割が正しく行われている場合には、プロセスに必要なデータ
空間の量が減少します。
•
大きなセクションテーブルのサポート ( オプションなし、自動的 )
セクション数が 64K を越える ELF オブジェクトファイルフォーマットに対する
gABI 標準を実装することによって、大きなセクションテーブルがサポートされて
います。セクション数が 64K の限界を越えた場合、コンパイラとリンカーはこの
情報を自動的に ELF ファイルの大きなフィールドに格納し、新しいセクションを
作成し、シンボルテーブルのシンボルのセクションヘッダーインデックスを格納し
ます。この機能に対してユーザーが指定するオプションはありません。
•
計測機能組み込みプログラム ( オプション : +instrumenter)
+instrumenter オプションを指定すると、ユーザーが静的な計測機能組み込みプ
ログラム sin を起動できるようになります。
•
パーセントによる選択的最適化 ( オプション : +Oselectivepercent n)
+Oselectivepercent オプションを指定すると、プロシージャ間オプティマイザ
ドライバは、インライン処理のようなプロシージャ間最適化を行うため、オブジェ
クトファイルの最初の n パーセント部分を高水準オプティマイザに渡します。この
オプションは、動的プロファイリングが有効になっている場合に、最適化レベル
4(+O4) で動作するように設計されています。
•
計測機能組み込みプログラムと caliper( オプション : -I )
実行可能プログラムを -I オプションを指定してリンクすると、デフォルトの計測
機能組み込みプログラムは caliper に変更されます。プログラムを実行すると、ダ
イナミックローダーは、計測機能用に、自動的に /opt/langtools/bin/caliper
を起動します。caliper ではなく、静的な計測機能組み込みプログラムを使いたい
場合には、+instrumenter sin オプションを指定する必要があります。
影響
影響はありません。
互換性
セクション数が 64K を越える ELF オブジェクトファイルは、再度コンパイルする必要
があります。
第7章
135
プログラミング
リンクエディタ (ld)
性能
リンク時間は、少なくとも 30% 改善されました。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
マンページ ld (1) が、新しいオプションのためにアップデートされました。リンカーの
最新の情報は、改訂されたマンページ ld (1) を参照してください。
影響のあるコンピュータ
HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行する IPF コンピュータ。
136
第7章
プログラミング
オブジェクトファイル用ツール (chatr)
オブジェクトファイル用ツール (chatr)
chatr() コマンドは、プログラムの内部属性の変更と表示のために使います。
変更の要約
共有ライブラリのセグメントマージ機能と実行可能プログラムの動的計測ビットを変更
するために、2 つの新しいオプション +mergeseg と +I が追加されました。
変更の詳細
オプション +mergeseg [enable | disable] を指定すると、共有ライブラリのセグメ
ントマージ機能が有効、または無効になります。有効にした場合、プログラムの起動時
にロードされる共有ライブラリのすべてのデータセグメントは、1 つのブロックにマー
ジされます。各々の動的にロードされるライブラリのデータセグメントは、依存するラ
イブラリのデータセグメントともマージされます。これらのセグメントをマージするこ
とによって、カーネルが大きなサイズのページテーブルエントリーを割り当てることが
できるようになり、実行時の性能が向上します。
オプション +I [enable | disable] を指定すると、動的計測機能組み込みプログラム
caliper が、有効、または無効になります。有効にした場合、プログラムの実行時にダ
イナミックローダーは自動的に caliper を起動し、プロファイル情報を収集します。無
効にした場合、計測機能は働きません。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
マンページ chatr (1) が、新しいオプションに対応してアップデートされました。
第7章
137
プログラミング
オブジェクトファイル用ツール (chatr)
影響のあるコンピュータ
HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行する IPF コンピュータ。
138
第7章
プログラミング
オブジェクトファイル用ツール (elfdump)
オブジェクトファイル用ツール (elfdump)
elfdump は ELF オブジェクトファイルに含まれる情報をダンプするためのアプリケー
ションです。
変更の要約
シンボルテーブル内の、より多くの情報をダンプするために、新しいオプション -tx
が導入されました。
変更の詳細
-tx オプションを指定すると、シンボル定義のセクションヘッダーインデックスの他
に、シンボルテーブルの st_shndx フィールドに格納されている値もダンプされます。
このオプションは、シンボルテーブルに格納されているデータを調べる場合に役に立ち
ます。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
マンページ elfdump (1) が新しいオプションを反映するためにアップデートされまし
た。
影響のあるコンピュータ
HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行する IPF コンピュータ。
第7章
139
プログラミング
ダイナミックローダー
ダイナミックローダー
ダイナミックローダー dld.so (5) は、実行可能プログラムを起動するときに共有ライブ
ラリを動的にロードするために使われます。
変更の要約
ダイナミックローダーは、静的または動的なスレッドローカル記憶領域セグメント
(TLS) モデルの共有ライブラリをサポートします。
変更の詳細
ダイナミックローダーは、+tls=static または +tls=dynamic コンパイラオプション
を使ってコンパイルされた、静的または動的なスレッドローカル記憶領域セグメントモ
デルの共有ライブラリをサポートします。
+tls=dynamic を指定してビルドされた共有ライブラリは、dlopen() および
shl_load() システムコールを使ってロードできます。
+tls=static を指定してビルドされた共有ライブラリをロードしようとすると、「Can't
shl_load() a library containing Thread Local Storage:」のエラーが表示されます。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への問題はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
マンページ dld.so (5) がアップデートされました。ダイナミックローダーについての最
新の情報は、このマンページを参照してください。
140
第7章
プログラミング
ダイナミックローダー
影響のあるコンピュータ
HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行する IPF コンピュータ。
第7章
141
プログラミング
dlopen() および shl_load() システムコール
dlopen() および shl_load() システムコール
dlopen() と shl_load() は、共有ライブラリをロードするためのシステムコールで
す。
変更の要約
dlopen() と shl_load() システムコールに、動的なスレッドローカル記憶領域セグメ
ント (TLS) モデルの共有ライブラリをロードする機能が提供されました。
変更の詳細
dlopen() と shl_load() システムコールに、動的なスレッドローカル記憶領域セグメ
ント (TLS) モデルの共有ライブラリをロードする機能が提供されました。
重要
スレッドローカル記憶領域セグメントを含み、静的 TLS モデルを使って
いるライブラリを依存ライブラリとして使うことはできません。依存ラ
イブラリに TLS が含まれており、静的 TLS モデルを使ってビルドされ
ており、実行可能プログラムとリンクされていない場合は、dlopen()
と shl_load() のどちらも処理に失敗します。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
マンページ dlopen (3C) および shl_load (3X) がアップデートされました。最新の情報
は、このマンページを参照してください。
142
第7章
プログラミング
dlopen() および shl_load() システムコール
影響のあるコンピュータ
HP-UX 11i バージョン 1.6 を実行する IPF コンピュータ。
第7章
143
プログラミング
リンカーとダイナミックローダーの TLS サポート
リンカーとダイナミックローダーの TLS サポート
リンカー (ld) は、入力として与えられた、1 つ、または複数のオブジェクトファイル
またはライブラリを結合して単一ファイルを生成します。
ダイナミックローダー (dld) は、プロセスが必要とするライブラリを追加し、プログラ
ムとライブラリ間のすべてのシンボル参照を解決します。
変更の要約
リンカーとダイナミックローダーは、スレッドローカル記憶領域セグメント (TLS) を
含む共有ライブラリの作成と、動的ロード (dlopen() および shl_load() API を使用 )
をサポートするようになりました。
変更の詳細
+tls=static/dynamic コンパイラオプションで制御できる動的および静的なスレッド
ローカル記憶領域モデルがサポートされます。デフォルトは、+tls=dynamic です。動
的モデルで作成した共有ライブラリは、dlopen() API と shl_load() API を使って
ロードできます。dlopen() API または shl_load() API を使い、静的モデルで作成し
た共有ライブラリをロードしようとすると、次のエラーが表示されます。
/usr/lib/hpux[32|64]/dld.so: Can't shl_load() a library containing
Thread Local Storage: /usr/lib/hpux[32|64]/libpthread.so.1
ダイナミックローダーでは、各共有ライブラリとプログラムのスレッド ローカル 記憶
領域 サイズが計算されます。すべてのライブラリがロードされると、ダイナミック
ローダーにより libc システムライブラリ内のイニシャライザが起動され、スレッドの
初期化、初期スレッドの割り当て、およびスレッドポインターの設定が実行されます。
影響
実行可能プログラムと共有ライブラリのビルドのリンカーオプションや使用形態には変
更がありません。TLS を含むオブジェクトファイルを作成するために +tls=dynamic
コンパイラオプションを指定すれば、リンカーは動的 TLS モデルのロードモジュール
を作成しますが、これはいつでも無条件で実行されます。API の dlopen() と
shl_load() で提供されるオプション、dld.so フラグ、および実行時オプションには
変更がありません。動的 TLS のサポートに関する限り、ダイナミックローダーの動作
は無条件で実行されます。
144
第7章
プログラミング
リンカーとダイナミックローダーの TLS サポート
互換性
HP-UX 11i バージョン 1.6 より前のシステムでビルドしたアプリケーションで、
HP-UX 11i バージョン 1.6 システム上で実行するように移行したアプリケーションは
互換性があります。
性能
TLS 変数へアクセスする手順が多くなったことと複雑な内部データ構造が原因で、ス
レッドローカル記憶領域セグメントを多用するアプリケーションの性能は若干低下
(10% 以内 ) します。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
以下のマンページが変更されました。
•
dlopen (3C)
•
shl_load (3X)
•
dld.so (5)
第7章
145
プログラミング
C ライブラリ (libc)
C ライブラリ (libc)
C ライブラリ libc は、ユーザープログラムとカーネルの間のインタフェースを提供し
ます。
変更の要約
ユーザープログラムとカーネル間のインタフェースを提供する libc ルーチンに、ス
レッドローカル記憶領域セグメント (TLS) を含む共有ライブラリの作成と動的ロード
のサポートが追加されました。
変更の詳細
libc にルーチンが追加されました。また、この機能を透過的に提供するリンカー、
ローダーおよびコンパイラコンポーネントをサポートする libc モジュールも追加され
ました。
影響
影響はありません。
互換性
HP-UX 11i バージョン 1.6 より前のシステムでビルドしたアプリケーションで、
HP-UX 11i バージョン 1.6 システム上で実行するように移行したアプリケーションは
互換性があります。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
146
第7章
プログラミング
libc の C99 浮動小数点 16 進数 I/O サポート
libc の C99 浮動小数点 16 進数 I/O サポート
strtod、printf、および scanf の関数群は、浮動小数点 16 進数の入出力を処理する
ように機能拡張されました。HP-UX 11i バージョン 1.6 の libc では、C99 浮動小数点
16 進数の入出力がサポートされます。
変更の要約
strtod、printf、および scanf の関数群が拡張され、浮動小数点 16 進数の入出力を
処理できるようになりました。
変更の詳細
API の printf と scanf は、C99 で制定された浮動小数点 16 進数入出力用の新しい書
式指定子「a」と「A」を処理するように機能拡張されました。API の strtod() は、
C99 で制定された浮動小数点 16 進数シーケンスを認識するように機能拡張されまし
た。これらの変更は既存の機能の拡張です。
影響
影響はありません。
互換性
新しい関数 scanf と strtod は、既存のプログラムの動作に影響を与える可能性があ
ります。アップデートされた関数を使うと浮動小数点 16 進数となる入力を、既存のプ
ログラムで無視していたような場合です。たとえば、以下のプログラムの出力を考えま
す。
#include <stdio.h>
int main() {
const char* input = "0x1p0z";
float x;
char c;
sscanf(input, "%e%c", &x, &c);
printf("x = %g\n", x);
printf("c = %c\n", c);
既存のプログラムは、以前は次のように出力していました。
x = 0
c = x
新しい関数が有効になると、次のように変化します。
x = 1
第7章
147
プログラミング
libc の C99 浮動小数点 16 進数 I/O サポート
c = z
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
この機能拡張を反映するために、マンページ printf (3S)、scanf (3S)、および strtod
(3C) が更新されています。
148
第7章
プログラミング
数学ライブラリ (libm)
数学ライブラリ (libm)
HP-UX の数学ライブラリ libm は、C 規格「ANSI/ISO/IEC 9899:1999 (C99)」で制定
されている数学関数をすべてサポートし、同様に、XPG4.2、SVID、および COSE
Common API (Spec 1170) 規格で制定されている関数もサポートしています。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 で HP-UX のネーム空間に追加された新しい関数は、以下の
とおりです。
•
逆平方根関数 (rsqrt[fwlq])
•
整数指数べき乗関数 (pown[fwlq], powlln[fwlq])
変更の詳細
逆平方根関数は、平方根と除算を結合したもので、平方根の計算が主な、ある種の重要
な性能がクリティカルなアプリケーションで良く使われます。整数指数べき乗関数は、
Fortran の実数整数演算を直接 C に変換したもので、場合によっては標準 C のべき乗
関数より高性能です。
必要に応じて呼び出すことができますが、そうでなければ特別な対応は不要です ( 後述
する「互換性」を参照 )。
影響
影響はありません。
互換性
新しい関数の名前によって、HP-UX のネーム空間が拡張されました。
表 7-1 新しい HP-UX 関数
rsqrt
rsqrtf
rsqrtl
pown
pownf
pownl
powlln
powllnf
powllnl
第7章
149
プログラミング
数学ライブラリ (libm)
-fpwidetypes オプションを指定すると、さらに以下の関数が有効になります。
表 7-2 拡張された他の HP-UX 関数
rsqrtw
rsqrtq
pownw
pownq
powllnw
powllnq
これらの名前を別の目的で使っていたら、該当するコードを変更する必要があります。
アンダースコアが前に付いた整数指数べき乗関数の宣言は HP-UX 11i バージョン 1.5
の math.h ヘッダーにありましたが、マンページでの説明はありませんでした。アン
ダースコアが前に付いた整数指数べき乗関数の宣言は HP-UX 11i バージョン 1.6 の
math.h ヘッダーにも残っています ( エントリーポイントも libm.a に残っています )。
性能
影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
新しいマンページ rsqrt (3M) に、逆平方根関数の説明があります。
マンページ pow (3M) には、整数指数べき乗関数の説明を追加してあります。
これらの新しい関数については、次の Web サイトで HP-UX 11i バージョン 1.6 用に更
新された数学ライブラリのホワイトペーパーを参照してください。
http://docs.hp.com
150
第7章
プログラミング
pthread ライブラリ (libpthread)
pthread ライブラリ (libpthread)
pthread ライブラリ (libpthread) は、複数のスレッドをもつアプリケーションを開発す
るためのインタフェースを提供します。
変更の要約
pthread ライブラリは、スレッドローカル記憶領域セグメント (TLS) を含む共有ライブ
ラリの動的ローディングをサポートするようになりました。
変更の詳細
pthread ライブラリは、リンカー、ローダーおよびコンパイラコンポーネントがこの機
能をサポートするためのインタフェースとモジュールを実装しました。これらのインタ
フェースは TLS 変数を含む共有ライブラリの動的ローディングのために、スレッド
ローカル記憶領域セグメントの割り当ておよび初期化処理を行います。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
動的にロードされるライブラリで、TLS 変数を宣言し、静的に初期化されることの記
述をマンページ pthread (3T) に追加しました。
第7章
151
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
HP MPI は、メッセージパッシングインタフェース標準の高性能な実装です。HP MPI
は 1.2 標準に完全に準拠し、2.0 標準には一部準拠しています。HP MPI は、効率的で、
ポータブルで、柔軟性がある並列メッセージパッシングアプリケーションをサポートす
るためのアプリケーションプログラミングインタフェースとソフトウェアライブラリを
提供します。
変更の要約
HP MPI 1.8 の機能と最適化には、以下のものがあります。
•
HyperFabric/Hyper メッセージングプロトコル (HMP) 機能
•
オートダブル機能
•
追加された MPI2 機能
•
名前が変更された関数
•
新しい MPI2 の機能
•
動的プロセス
•
一方向通信機能
•
ROMIO のサポート
•
新しいオプション MPI_ADDRESS_KIND
•
追加された起動機能
•
新しい -show コンパイラオプション
•
新しい MPI_INSTR オプション
•
MPI_FLAGS=y 機能の変更
•
新しいオプション MPI_FLAGS=T
•
mpiview と XMPI の廃止
•
限定された PA1.1 でのサポート
152
第7章
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
変更の詳細
•
HyperFabric/Hyper メッセージングプロトコル (HMP) 機能
•
Hyper メッセージングプロトコル (HMP) は、種々の通信作業の処理を最適化するこ
とにより、並列および技術関連アプリケーションの性能を著しく向上させるメッ
セージングベースのプロトコルです。遅延が少なく、高帯域で、CPU オーバー
ヘッドが少ないネットワーキングをサポートします。HMP は HyperFabric ドライ
バに組み込まれています。
注記
•
HP MPI 1.8 とともに出荷される HMP 機能は、デフォルトでは無効
になっています。
オートダブル機能
HP MPI 1.8 は、+i8、+r8、+autodbl4、+autodbl の 4 つのデータ型オプション
で 64 ビット型にコンパイルされた Fortran プログラムをサポートします。MPI ラ
イブラリが Fortran の引き数を判断するのは、リンク時です。
リンク時に mpif90 コンパイララッパーとこれらのオプション (+i8、+r8、
+autodbl4、+autodbl) の 1 つを指定すると、必要なオブジェクトファイルが自動
的にリンクされ、MPI が Fortran の引き数を解釈できるようになります。コンパ
イララッパーに対して -show オプションを指定すると、実際に行われる処理がわ
かります。
このオートダブル機能は、通常のライブラリとマルチスレッド MPI ライブラリで
サポートされます。診断ライブラリではサポートされません。
•
追加された MPI2 機能
HP MPI は MPI1.2 標準に完全に準拠し、MPI2.0 標準のサブセットに準拠してい
ます。HP MPI 1.8 リリースは、HP MPI 1.7 でサポートされていた MPI2 機能に
追加を行い、HP MPI 1.7 でサポートされていた MPI2 機能からいくつかの制限を
取り除いています。
注記
以前の機能は、このリリースでも有効です。
名前が変更された関数は、以下のとおりです。
表 7-3 名前が変更された
名前が変更された MPI2 関数
新しい名前
古い名前
MPI_Comm_create_errhandler()
MPI_Errhandler_create ()
MPI_Comm_get_errhandler()
MPI_Errhandler_get ()
第7章
153
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
表 7-3 名前が変更された
名前が変更された MPI2 関数 ( 続き )
新しい名前
古い名前
MPI_Comm_set_errhandler()
MPI_Errhandler_set ()
MPI_Comm_create_keyval()
MPI_Keyval_create ()
MPI_Comm_free_keyval()
MPI_Keyval_free()
MPI_Comm_delete_attr ()
MPI_Attr_delete()
MPI_Comm_get_attr ()
MPI_Attr_get()
MPI_Comm_set_attr ()
MPI_Attr_put ()
MPI_Get_address ()
MPI_Address ()
MPI_Type_create_hindexed ()
MPI_Type_hindexed ()
MPI_Type_create_hvector()
MPI_Type_hvector()
MPI_Type_create_struct()
MPI_Type_struct()
新しい MPI2 の機能
— mpiexec
— MPI_STATUS_IGNORE
— MPI_STATUSES_IGNORE
— MPI_ERRCODES_IGNORE
— MPI_IN_PLACE
•
動的プロセス
動的プロセスを生成する呼び出しは、以下のとおりです。
— MPI_Comm_get_parent
— MPI_Comm_spawn
— MPI_Comm_spawn_multiple
— MPI_ARG_NULL
— MPI_ARGS_NULL
154
第7章
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
生成されたランク群は、ソケットを通じた comm デーモンを介して別のランクとだ
け通信します。2 つの comm_worlds が同じホストに存在する場合、1 つの
comm_worlds 内のランク群は、共有メモリーを通じて互いに通信しますが、異な
る comm_worlds 内のランク群は、共有メモリーを使わずに互いに通信します。
生成呼び出しの info 引き数で解釈されるキーは、以下のとおりです。
— host -- 標準の host.domain 文字列で指定します。そして指定したホストでラン
クを起動します。このキーが存在しない場合には、生成呼び出しのルートと同
一のホストで起動します ( デフォルト )。
— wdir -- /some/directory の文字列で指定します。
— path -- /some/directory:/some/other/directory:.... で指定します。生
成したランクの環境変数を設定するメカニズムはありません。
•
一方向通信機能
HP MPI 1.8 のリリースでは、MPI 2.0 標準の一方向通信機能のサポートが完全と
なり、HP MPI 1.7 の制限が取り除かれました。
HP MPI 1.8 は、MPI_Accumulate() と非連続データ型をサポートします。
•
ROMIO のサポート
ROMIO は、MPI-IO の高性能、ポータブルな実装です。以下の Web サイトにある
『MPI 2.0 標準』の「I/O」の章に説明があります。
http://www.mpi-forum.org/docs
HP MPI 1.8 は、バージョン 1.0.3 の ROMIO をサポートします。
•
新しいオプション MPI_ADDRESS_KIND
新しいオプション MPI_ADDRESS_KIND の実装には特殊な環境が必要です。古い f77
アプリケーションが動作しなくなることを避けるために、標準の
/opt/mpi/include/mpif.h ヘッダーは MPI_ADDRESS_KIND 変数を含みません。
手作業でコンパイルし、何も変更しなければ、この機能は何の影響もありません。
ただし、mpif77/mpif90 ラッパーは、自動的に新しい
/opt/mpi/include/32/mpif.h または /opt/mpi/include/64/mpif.h を参照す
るので、この機能が有効になります。手作業でコンパイルする場合、この機能が必
要ならば、必要なヘッダーを明示的に指定する必要があります。
•
追加された起動機能
HP MPI 1.8、1.7.2、1.7.1、および 1.7 でサポートする mpirun の他に、HP MPI
1.8 では mpirun1.6 を含んでいます。これは、HP MPI 1.5 および 1.6 のアーカイ
ブライブラリを使ってビルドされた実行可能プログラムを起動します。この起動
ユーティリティは、mpirun と同一のディレクトリに格納されています。
•
-show コンパイラオプション
第7章
155
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
HP MPI 1.8 は、コンパイララッパーの -show オプションをサポートします。
mpicc -show を実行して手作業でコンパイルすると、実際に行われているジョブ
が表示されます。
•
新しい MPI_INSTR オプション
計測モードでは、新しいオプション MPI_INSTR=filename:l が指定できます。こ
れはランクを CPU にロックし、CPU サイクルカウンターをほんのわずかだけ使用
します。ただし、この機能は PA1.1 コンピュータではサポートされません。
•
MPI_FLAGS=y 機能の変更
MPI_FLAGS=y# の機能は、若干変更されました。MPI_FLAGS=y は「永続的に
スピンする」という意味から、「10 秒間スピンして、効果は永続的だが、その後ス
リープする」という意味に変更されました。この機能は PA1.1 コンピュータではサ
ポートされません。
•
新しいオプション MPI_FLAGS=T
新しいオプション MPI_FLAGS=T を指定すると、以下のとおり、各 MPI ランクにつ
いて、ユーザー時間とシステム時間を表示します。
表 7-4 MPI ランクの時間
MPI ランク
ユーザー ( 秒 )
システム ( 秒 )
0
0.09
0.04
1
0.08
0.04
2
0.07
0.03
3
0.07
0.04
計:
0.31
0.15
影響
/opt には、少なくとも 40MB のディスクスペースが必要です。
互換性
HP MPI 1.8 は、PA-RISC プラットフォームで HP-UX 11.00 以降のオペレーティング
システムを実行している Hewlett-Packard サーバーとワークステーション、および
Itanium プラットフォームで HP-UX 11i バージョン 1.5 以降のオペレーティングシス
テムを実行している Hewlett-Packard サーバーとワークステーションでサポートされ
ます。
156
第7章
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
mpiview と XMPI の廃止
HP MPI 1.8 では、mpiview と XMPI のサポートしません。HP MPI 1.7 がこれらの機
能をサポートする最後のリリースです。
限定された PA1.1 でのサポート
HP MPI 1.8 は PA1.1 では限定したサポートを行います。将来のリリースでは、PA1.1
ではサポートしません。
ドキュメント
変更されたマンページは、以下のとおりです。
•
mpienv (1)、H および T オプション
mpidebug (1)、DDE
•
MPI_Wtick (3)
MPI_Accumulate (3)
MPI_Wtime (3)
名前が変わったマンページは、153 ページの表 7-3 「名前が変更された MPI2 関数」を
参照してください。
新しいマンページは、以下のとおりです。
mpiexec (1)
MPI_ADDRESS_KIND (3)
MPI_STATUS_IGNORE (3)
MPI_Win_call_errhandler (3)
MPI_REPLACE (3)
MPI_Win_create_errhandler (3)
MPI_Win_get_errhandler (3)
MPI_Win_set_errhandler (3)
MPI_Win_create_keyval (3)
第7章
157
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース (MPI 1.8)
MPI_Win_free_keyval (3)
MPI_Win_get_attr (3)
MPI_Win_set_attr (3)
MPI_Win_delete_attr (3)
MPI_Comm_get_parent (3)
MPI_Comm_spawn (3)
MPI_Comm_spawn_multiple (3)
MPI_Errhandler_c2f (3)
MPI_Errhandler_f2c (3)
MPI_Type_create_indexed_block (3)
新しい『HP MPI Version 1.8 Release Note 』(B6060-96008) と改訂された『HP MPI
User's Guide - Seventh Edition 1.8 』(B6060-96009) は、以下の Web サイトにありま
す。
http://docs.hp.com/
158
第7章
プログラミング
MxN スレッドモデル
MxN スレッドモデル
libpthread は MxN スレッドモデルをサポートします。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 以降では、PTHREAD_SCOPE_PROCESS および
PTHREAD_SCOPE_SYSTEM スレッドの作成をサポートする「MxN」スレッドモデルをサ
ポートします。HP-UX 11i バージョン 1.6 より前のリリースでは、
PTHREAD_SCOPE_SYSTEM スレッド (kernel または 1x1 スレッドとしても知られ
ています ) だけをサポートしていました。MxN スレッドの実装は、承認された POSIX
1003.1-1996 標準に準拠しています。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 で提供される POSIX ライブラリ libpthread は、MxN をサ
ポートしています。新しい libpthread は、他のライブラリが格納されているデフォ
ルトディレクトリで提供されます。HP-UX 11i バージョン 1.6 より前のリリースで提
供された libpthread は、1x1 モデルだけをサポートしていました。
PTHREAD_SCOPE_SYSTEM の競合範囲で作成されたスレッドは、システム内の他のス
レッドとリソースを争奪します。この属性は、通常、ユーザースレッドが、動作してい
る限り、カーネルがスケジュールするエンティティに直接バインドされる必要があるこ
とを示すために使われます。したがって、これらのスレッドは、バウンドスレッドとし
ても知られています。
PTHREAD_SCOPE_PROCESS の競合範囲で作成されたスレッドは、同一のスケジューリン
グ競合範囲で作成されたプロセス内の別のスレッドとだけ、CPU リソースを争奪しま
す。この属性は、通常、ユーザースレッドがアンバウンド、すなわち、カーネルがスケ
ジュールする特定のエンティティに直接バインドされないことを示すために使われま
す。したがって、これらのスレッドは、アンバウンドスレッドとしても知られていま
す。
MxN スレッドモデルでは、アンバウンドスレッドは、libpthread のユーザー空間スケ
ジューラによって、カーネルがスケジュールする 1 つまたは複数のエンティティに分配
されます。アンバウンドスレッドは、動作している限り、カーネルがスケジュールする
エンティティの 1 つから別のエンティティに移動できます。アンバウンドスレッドをス
ケジュールするカーネルスケジュールエンティティは、仮想プロセッサと考えることが
できます。
第7章
159
プログラミング
MxN スレッドモデル
影響
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、以前のリリースで実行されていたマルチスレッドア
プリケーションは、ソースを変更せずにコンパイルと実行ができます。また、以前のリ
リースで実行されていたマルチスレッドアプリケーションを、コンパイルし直さずに
HP-UX 11i バージョン 1.6 で機能を損なわずに実行できます。いずれの場合も、すべ
ての pthread インタフェースは、マンページで説明されているとおりに動作します。
ただし、次のことは認識しておく必要があります。
•
アプリケーションは、明示的に pthread_attr_setscope API を使って、
PTHREAD_SCOPE_SYSTEM と PTHREAD_SCOPE_PROCESS のいずれのスレッドをも作
成することができます。競合範囲を指定しない場合は、pthread_create で作成さ
れるスレッドは PTHREAD_SCOPE_PROCESS の競合範囲を使います。このデフォルト
スレッドタイプの変更は、POSIX 標準の要件が理由です。
•
HP-UX 11i バージョン 1.6 でビルドし直さないアプリケーションは、すべて、
PTHREAD_SCOPE_SYSTEM として作成されたスレッドになります。アプリケーショ
ンを HP-UX 11i バージョン 1.6 でビルドし直すと、作成されるスレッドは、デ
フォルトで、PTHREAD_SCOPE_PROCESS スレッドになります。アプリケーションを
-DPTHREAD_COMPAT_MODE を指定してコンパイルすると、PTHREAD_SCOPE_SYSTEM
スレッドを作成する動作をデフォルトとするように変更できます。
•
内部ヘルパースレッドは libpthread を使って作成できます。pstat_getlwp と
pstat_getproc の使用者はこのことを認識している必要があります。さらに、ア
ンバウンドスレッドをスケジュールするために使われるカーネルエンティティも、
libpthread でキャッシュされ、pstat_getlwp と pstat_getproc の出力にも表示
されます。したがって、アプリケーションは、バウンドスレッドだけを作成する場
合でも、マルチスレッドプロセスで使われるカーネルエンティティの数について
は、いかなる仮定もしてはなりません。
•
sigstack、sigaltstack および sigspace の動作は、アンバウンドスレッドから呼
び出された場合、不定です。これらのシステムコールを正しく動作させるために
は、バウンドスレッドからのみ呼び出す必要があります。
•
pthread_pset_bind_np および pthread_launch_policy_np はアンバウンドス
レッドではサポートされません。
互換性
非 POSIX の sigstack、sigaltstack および sigspace の動作は、
PTHREAD_SCOPE_PROCESS スレッドから呼び出された場合、不定です。これらのシステ
ムコールを正しく動作させるためには、PTHREAD_SCOPE_SYSTEM スレッドからのみ呼
び出す必要があります。
160
第7章
プログラミング
MxN スレッドモデル
性能
MxN スレッド実装の PTHREAD_SCOPE_PROCESS 機能は、マルチスレッドアプリケー
ションのサブクラスの性能を改善します。非常に多くの数のスレッドを使っているアプ
リケーションに利点があります。
計算主体のアプリケーションのスレッドには、ほとんど利点がありません。この場合
は、アプリケーションは PTHREAD_SCOPE_SYSTEM スレッドを使ったままにしておくこ
とをお勧めします。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
MxN スレッドモデルのサポートを反映するために変更されたマンページは、以下のと
おりです。
•
pthread (3T)
•
sched_setparam (2)
•
sched_setscheduler (2)
•
sigaltstack (2)
•
sigstack (2)
•
sigspace (2)
•
pthread_attr_init (3T)
•
signal (5)
•
pthread_launch_policy_np (3T)
•
pthread_pset_bind_np (3T)
新しい機能を反映するために追加された 2 つのマンページは、以下のとおりです。
•
pthread_gettimeslice_np (3T)
•
pthread_settimeslice_np (3T)
カーネルスレッドとその使用法についての追加情報は、次の Web サイトにあります。
http://devresource.hp.com/STK/partner/threads.html
第7章
161
プログラミング
MxN スレッドモデル
カーネルスレッドについての別の参考情報には、当社の Scott Norton および Mark
DiPasquale によって書かれた『Thread Time - The Multithreaded Programming
Guide』(HP Professional Book、Prentice Hall 発行、ISBN 0-13-190067-6) がありま
す。
162
第7章
プログラミング
ヘッダーファイル (ctype.h)
ヘッダーファイル (ctype.h)
ctype.h ヘッダーファイルは、マルチスレッドアプリケーションを開発するためのイ
ンタフェースを提供します。このヘッダーファイルには、関数原型の宣言が含まれま
す。これらの関数は、最後に成功した setlocale() への呼び出しで設定された文字集
合のルールに従って文字コード整数値を分類します。これらの関数は、ライブラリ関数
と ctype.h ヘッダーファイルで定義されるマクロで構成されます。
変更の要約
コンパイラに定義されたシンボルの一部が廃止されたため、HP-UX 11i バージョン 1.6
の ctype.h ヘッダーファイルからこれらの不要なシンボル名が削除されました。
変更の詳細
ctype.h ヘッダーファイルから、以下の廃止されたシンボルを削除しました。
# define _U 01
# define _L 02
# define _N 04
# define _S 010
# define _P 020
# define _C 040
# define _B 0100
# define _X 0200
# define _A 01
# define _G 02
# define _PR 04
影響
影響はありません。
第7章
163
プログラミング
ヘッダーファイル (ctype.h)
互換性
廃止されたシンボル定義を使っている場合には、以下の表で定義されているシンボルに
変更する必要があります。
表 7-5 廃止されたシンボルとサポートされるシンボル
廃止されたシンボルとサポートされるシンボル
廃止されたシンボル
サポートされるシンボル
_U
_ISALPHA
_L
_ISALNUM
_N
_ISBLANK
_S
_ISCNTRL
_P
_ISDIGIT
_C
_ISGRAPH
_B
_ISLOWER
_X
_ISPRINT
_A
_ISALPHA
_G
_ISALNUM
_PR
_ISBLANK
性能
ctype.h の変更による性能への影響はありません。
廃止された機能
ここで説明したシンボルは、HP-UX 11i バージョン 1.6 の ctype.h から削除されまし
た。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
164
第7章
プログラミング
Judy ライブラリ
Judy ライブラリ
Judy ライブラリは最初は PA RISC システムだけで提供されていました。これらのライ
ブラリは IPF プラットフォームでコンパイルし直され、互換性モードバージョンと
ネーティブモードバージョンの両方を使えるようになりました。
変更の要約
Judy ライブラリは IPF プラットフォームに移植されました。
変更の詳細
Judy ライブラリの機能は、以下のとおりです。
•
スパース配列を実装するための理想的なツールを提供します。
•
未結合配列機能を提供します。
•
優れた性能とメモリー使用特性で動的に大規模な拡張を行える配列を提供します。
•
多くの従来のデータ構造とアルゴリズム ( 配列、スパース配列、ハッシュテーブル、
B ツリー、バイナリツリー、線形リスト、スキップリスト、ソートおよび検索アル
ゴリズム、計数関数など ) に代わる最新のコアテクノロジを提供します。
HP-UX の Judy ライブラリファイルは、以下のとおりです。
表 7-6 HP-UX の Judy ライブラリファイル
/usr/lib/hpux32/libJudy.a
32 ビット、IPF、アーカイブ
/usr/lib/hpux32/libJudy.so
32 ビット、IPF、共有
/usr/lib/hpux64/libJudy.a
64 ビット、IPF、アーカイブ
/usr/lib/hpux64/libJudy.so
64 ビット、IPF、共有
/usr/lib/libJudy.sl
32 ビット、PA-RISC 1.1、共有
/usr/lib/pa20_32/libJudy.sl
32 ビット、PA-RISC 2.0、共有
/usr/lib/pa20_64/libJudy.sl
64 ビット、PA-RISC 2.0、共有
影響
影響はありません。
第7章
165
プログラミング
Judy ライブラリ
互換性
互換性への影響はありませんが、アップデートされたライブラリの利点を享受するに
は、リンクし直す必要があります。
性能
Judy ライブラリは、大部分のデータ構造、特に巨大な配列 ( たとえば、配列要素が
10,000 を越えるもの ) では、著しく性能を改善します。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
変更されたドキュメントは、システムの /usr/share/doc/Judy にインストールされ
ており、参照することができます。このドキュメントは、Web ページ
http://www.hp.com/go/Judy の [Information Library] にもあります。
マンページ Judy (3X)、Judy1 (3X)、JudyL (3X)、JudySL (3X) がアップデートされま
した。
166
第7章
プログラミング
共通デスクトップ環境 (CDE) ライブラリ
共通デスクトップ環境 (CDE) ライブラリ
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、すべての cfront CDE コンポーネントとライブラリが
配布されます。
変更の要約
cfront でビルドされたすべての CDE ライブラリ (libtt.3、libDtSvc.3) は、下位互換性
のために、aC++ でビルドされた CDE ライブラリとともに提供されます。
変更の詳細
すべての cfront CDE コンポーネントとライブラリは、aC++ に移行されました。これ
には、CDE ライブラリ (libtt (3) および libDtSvc (3)) があります。cfront アプリケー
ションは、aC++ でビルドされたライブラリでは動作しません。下位互換性のために、
aC++ でビルドされた CDE ライブラリと cfront でビルドされた CDE ライブラリが、
ともに提供されます。cfront でビルドされた CDE ライブラリは、以下の場所に格納さ
れています。
•
/usr/dt/lib/libtt.3 (tooltalk メッセージ ライブラリ )
•
/usr/dt/lib/libDtSvc.3 ( デスクトップサービス ライブラリ )
aC++ でビルドされたライブラリは以下の場所に格納されています。
•
/usr/dt/lib/libtt.4 (tooltalk メッセージ ライブラリ )
•
/usr/dt/lib/libDtSvc.4 ( デスクトップサービス ライブラリ )
すべての CDE アプリケーションは、aC++ でビルドされた CDE ライブラリを使って
います。
影響
影響はありません。
互換性
下位互換性のために、aC++ でビルドされた CDE ライブラリと cfront でビルドされた
CDE ライブラリが、ともに提供されます。
性能
性能への影響はありません。
第7章
167
プログラミング
共通デスクトップ環境 (CDE) ライブラリ
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
168
第7章
プログラミング
強力な乱数ジェネレータ
強力な乱数ジェネレータ
/dev/random、/dev/urandom、rng
変更の要約
この機能は、http://software.hp.com からインストールできます。このサイトには
インストール方法の説明もあります。この機能は HP-UX 11i バージョン 1.6 に含まれ
ないため、別途インストールする必要があります。
この機能は、外部割込みに対応するデータからサブマイクロ秒のタイミングで情報エン
トロピーを抽出します。これは、暗号鍵その他の暗号化データを生成するアプリケー
ションで使用されるバイナリシーケンスの、安全で再現不可能なソースとなります。
この機能の設計は、HP-UX のダイナミックロード カーネルモジュール (DLKM) の
アーキテクチャに従っています。このアーキテクチャは、システムをリブートすること
なく、HP-UX カーネルドメインにカーネルソフトウェアの追加または削除を可能にし
ます。この機能を削除またはアップグレードするときには、/dev/random と
/dev/urandom デバイスが使用中でないことだけが必要です。インストール、アップグ
レード、および削除は、システムを停止させることなく行えます。
変更の詳細
この機能は、キーボードやマウスのようなローカルな入力装置がなくても、高度な乱数
を生成します。米国国立標準化技術研究所 (NIST) の乱数性のテストによって暗号化強
度が確認されています。わずかなネットワークやディスクの動作が行われた期間内で
も、システムの動作の数サブマイクロ秒の変化が把握され、100 バイト / 秒以上のレイ
トで継続して真の乱数列を生成します。
カリフォルニア大学の Dr. Yuval Perez によるデスキューアルゴリズムを使って、乱数
データを収集するときのビットスキューを削除しています。
/dev/random デバイスインタフェースは、標準の read (2) システムコールを通じて、
ランダムな予測不能なバイナリシーケンスを提供します。この read () は、カーネル常
駐のデバイスバッファーが小さすぎるため、最高レベルのエントロピーを保証できない
場合、一時的にブロックされることがあります。
/dev/urandom デバイスでは、read () がブロックされないという利点がありますが、
/dev/random で提供される乱数よりもエントロピー ( 乱雑さ ) の度合いが大幅に縮小さ
れます。このデバイスインタフェースは、再現不可能な乱数データも提供しますが、こ
ちらは乱数のソースをブロックしないように暗号化ハッシュを使用しています。
暗号化ハッシュは、高度暗号化標準 (AES) に準拠した暗号化アルゴリズムを使ってい
ます。これは、英国の Dr. Brian Gladman が開発し提供したものです。
第7章
169
プログラミング
強力な乱数ジェネレータ
この機能は、random (3M) のような疑似乱数ジェネレータとは異なり、シード値を
使って計算で求められる乱数列に依存しません。そのため、真に再現不能です。
/dev/random および /dev/urandom デバイスは、暗号用アプリケーションに高度のセ
キュリティ機能を提供します。
影響
乱数ジェネレータとデバイスインタフェースに必要なスペースは、極めてわずかです。
ロードされても、100 KB 以下のメモリーしか必要としません。セキュリティ上の理由
で、この機能は状態や初期化データをディスクその他のパーマネントデバイスに格納し
ません。DLKM と構成ファイルは、ディスクで 100 KB 以下です。
互換性
/dev/[u]random の read () インタフェースは Linux で開発されたアプリケーションに
対し、透過的なバイナリ互換性をもちます。この機能では、情報エントロピーを抽出す
る HP-UX 11i バージョン 1.6 の外部割込みによる変化の処理を利用しています。した
がって、以前にリリースされていたカーネルとは下位互換性はありません。オプション
のハードウェアやソフトウェアには依存していません。
Linux の /dev/random デバイスで使用できる種々の ioctl () コマンドは、この機能に対
しては使えません。これらのコマンドはアプリケーションで一般的には使われていませ
ん。この機能は多くの場合、性能や生産性を追及するアプリケーションに有用です。
Linux のカーネル内の /dev/random の内部バッファーへの write() 機能も、同様に使
えません。セキュリティ上の問題を起こす可能性があるからです。
内部エントロピーを確認するために、HP-UX 11i バージョン 1.6 には 1 つだけ ioctl (2)
コマンドが用意されています。これを使うと内部バッファーの乱数データが検索できま
す。このコマンドを使ってデータを検索した場合、AES 暗号化アルゴリズムが使われ
ないため、生成データの真の乱数性を検証することができます。
性能
乱数ジェネレータを頻繁に使ったとしても、外部割込み処理に与える性能上の影響は、
極めてわずかです。割込み処理に関わるオーバーヘッドの 1% 以下しか占めません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
この機能の一部としてインストールされるマンページ random (7) に、演算特性が説明
されています。
170
第7章
8 その他の機能
この章では、オペレーティングシステムソフトウェアの新機能と変更点について説明し
ます。
•
172 ページの「64 ビット PAM」
•
174 ページの「PAM Kerberos」
•
176 ページの「KRB5-Client と GSS-API」
•
178 ページの「分散コンピューティング環境 (DCE)」
•
180 ページの「Event Monitoring Service (EMS) 3.40」
•
182 ページの「HP-UX Software Transition Kit (STK)」
•
184 ページの「ARIES バイナリトランスレータ」
•
186 ページの「Netscape Communicator」
•
189 ページの「HP Apache-based Web Server for HP-UX」
•
194 ページの「シャドウパスワード」
•
196 ページの「HP Intrusion Detection System/9000 (IDS/9000)」
•
198 ページの「CDE 環境」
•
199 ページの「HP VUE から CDE への移行ツール」
•
200 ページの「Ignite-UX」
•
202 ページの「デフォルトのファイル システム パラメータ」
•
205 ページの「オンライン診断」
第8章
171
その他の機能
64 ビット PAM
64 ビット PAM
システム管理者がシステムに存在する認証サービスを柔軟に選択することが、PAM
(Pluggable Authentication Module) で可能となります。このフレームワークとのイン
タフェースは、ライブラリ /usr/lib/libpam.1 により提供されます。新しい認証サー
ビスモジュールをプラグインで追加でき、アプリケーションを変更しなくてもそれを使
うことができます。認証サービスは自己ロード可能モジュールとして作られ、そのパス
を /etc/pam.conf と /etc/pam_user.conf ファイルで指定します。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、64 ビット PAM ライブラリで IPF がサポートされま
した。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、PAM が複数の命令セットアーキテクチャ ( すなわち、
32/64 ビット IPF/PA) をサポートできるようにするため、PAM 標準の Corrigendum
U039 を実現しました。次の URL を参照してください。
http://www.opengroup.org/pubs/corrigenda/u039f.htm
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、64 ビット PAM ライブラリで IPF がサポートされま
した。
注記
32 ビットと 64 ビットの命令セットの混在は許されていません。たとえ
ば、32 ビットアプリケーションから 64 ビットライブラリを実行できま
せん。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
172
第8章
その他の機能
64 ビット PAM
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第8章
173
その他の機能
PAM Kerberos
PAM Kerberos
PAM (Pluggable Authentication Module) [OSF RFC 86.0] は、HP-UX で複数の認証テ
クノロジのサポートを簡単に構成できるフレームワークです。
PAM Kerberos ( 製品番号 J5849AA) は、Kerberos 認証プロトコルをサポートする
PAM モジュールです。
変更の要約
•
HP-UX 11i バージョン 1.6 の PAM Kerberos は、32 ビットモードの IPF および
PA-RISC アプリケーションをサポートします。
•
PAM Kerberos の構成を確認する新しいツール pamkrbval がこの製品から提供され
るようになりました。
•
PAM Kerberos を使ってログインしている間ユーザーに与えられていた証明書は、
ユーザーがログアウトすれば廃棄されるようになりました。
•
PAM kerberos のパスワードプロンプトが構成可能になりました。
変更の詳細
他の人のパスワードを知っていたとしてもそれを変えることはできません。この仕様変
更は標準にあわせるためのものです。これによりシステムはより安全になりました。
新しいツール pamkrbval は、管理者が PAM Kerberos の設定を確認するのに役に立ち
ます。このツールは PAM Kerberos 関連のエントリーに対して次のファイルを確認し
ます。
•
/etc/pam.conf
•
/etc/pam_user.conf
•
/etc/krb5.conf
•
/etc/krb5.keytab
PAM kerberos を使ってシステムにログオンすると、ファイルに格納された証明書を取
得します。このファイルは、セッション管理で /etc/pam.conf ファイルに PAM
Kerberos 用のエントリーが作られていて、アプリケーションが
pam_close_session() を呼び出してシステムからログアウトするときに削除されま
す。
/etc/pam.conf ファイルのログインエントリーまたはパスワードエントリーのいずれ
かにフラグ krb_prompt が指定されていれば、以下のようにプロンプトに明示的に
kerberos が表示されます。
174
第8章
その他の機能
PAM Kerberos
$ old password
<----- krb_prompt が指定されていない場合の出力
$ old kerberos password
<----- krb_prompt が指定されている場合の出力
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
IA64 システムで、アプリケーションを PA-RISC モードで実行すると性能が低下しま
す。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
pamkrbval (1m) ツールのマンページが新たに追加されました。詳細はマンページを参
照してください。
変更をすべて反映するように pam_krb5 (5) のマンページがアップデートされました。
詳細はマンページを参照してください。
第8章
175
その他の機能
KRB5-Client と GSS-API
KRB5-Client と GSS-API
KRB5-Client 製品は、ネットワーク上の安全な通信のために Kerberos 認証と強力な
暗号化をサポートします。
GSS-API (Generic Security Service Application Programming Interface) は、基礎と
なっている種々のセキュリティメカニズムとは独立に、アプリケーションに対してセ
キュリティサービスを提供します。このサービスには、認証サービス、完全性サービ
ス、機密性サービスなどが含まれます。
変更の要約
KRB5-Client と GSS-API がネイティブ IPF モードで提供されるようになりました。
HP-UX 11i バージョン 1.6 で提供される KRB5-Client と GSS-API は、HP-UX 11i で
提供されるものと同じバージョンです。
HP-UX 11i バージョン 1.6 で提供される製品には以下のものがあります。
•
KRB5-Client
•
GSS-API
変更の詳細
KRB5-Client
KRB5-Client の IA64 バージョンの Kerberos クライアントライブラ
リの追加ファイルセットには、32 ビット用と 64 ビット用のものがあ
ります。それぞれ、/usr/lib/hpux32 ディレクトリと
/usr/lib/hpux64 ディレクトリに格納されています。
GSS-API
GSS-API の libgss.so の追加ファイルセットには、
32 ビット
IA64 バージョン用と 64 ビット IA64 バージョン用があります。それ
ぞれ、/usr/lib/hpux32 ディレクトリと /usr/lib/hpux64 ディレ
クトリに格納されています。
影響
IPF の特徴を活かすためには既存の Kerberos アプリケーションと GSS-API アプリ
ケーションを再コンパイルする必要があります。
176
第8章
その他の機能
KRB5-Client と GSS-API
互換性
PA-RISC システムでビルドされた Kerberos アプリケーションと GSS-API アプリケー
ションは、IA64 システムの PA-RISC モードで実行できます。
Kerberos クライントと GSS-API ライブラリを使う場合、PA-RISC バージョンか IA64
バージョンのいずれかを選択できます。
性能
IA-64 システムで、アプリケーションを PA-RISC モードで実行すると性能が低下しま
す。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第8章
177
その他の機能
分散コンピューティング環境 (DCE)
分散コンピューティング環境 (DCE)
DCE (Distributed Computing Environment) 製品は、分散アプリケーションの開発、
管理、使用のための高品質で総合的な標準フレームワークを提供します。
IntegratedLogin 機能によりログインが 1 回ですみ、さらにこの機能は HP-UX 環境に
DCE セキュリティテクノロジを組み込むための手段ともなっています。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 では次の製品が変更されています。
•
DCE-Core
•
DCE-CoreTool
•
IntegratedLogin (PA-RISC バージョンのみ )
変更の詳細
DCE-Core
PA-RISC 32 ビットと PA-RISC 64 ビットバージョンに対応する次の
ライブラリがそれぞれ追加されました。
•
/usr/lib/hpux32/libdcekt.so
•
/usr/lib/hpux64/libdcekt.so
DCE-CoreTool
この製品は以前の HP-UX 11i リリースでは Application CD で提供
されていましたが、HP-UX 11i バージョン 1.6 からは Core OS に
入っています。
IntegratedLogin
IntegratedLogin 製品は、PA-RISC バージョンの HP-UX 11i バー
ジョン 1.6 だけに提供されます。IPF バージョンでは使用できませ
ん。
影響
IPF の特徴を活かすにはすべての RPC アプリケーションを再コンパイルする必要があ
ります。
IntegratedLogin 製品は IPF バージョンの HP-UX 11i バージョン 1.6 では使えないの
で、IPF 環境では 1 回のログインだけで HP-UX 環境に DCE セキュリティテクノロジ
を組み込むことはできません。
178
第8章
その他の機能
分散コンピューティング環境 (DCE)
互換性
IPF システムの DCE クライアントアプリケーションは DCE サーバーが PA-RISC シス
テムであっても動作します。
DCE ランタイム ライブラリ (libdcekt) を使う場合、PA-RISC バージョンか IPF バー
ジョンのいずれかを選択できます。
ヘッダーファイル /opt/dce/include/dce/pthread_exc_wrap.h と
/opt/dce/include/dce/exc_handling_wrap.h は、HP-UX 11i バージョン 1.6 では
提供されません。これらのファイルを使っているアプリケーションは、
/usr/include/pthread_exc.h または /usr/include/exc_handling.h を使う必要
があります。
性能
アプリケーションを互換モードで実行すると性能がいくらか低下します。
廃止された機能
CMA アプリケーション開発機能はサポートしません。
KRB-Support 製品はサポートしません。
次にあげる製品は HP-UX 11i バージョン 1.6 にはありません。
•
DCE-CDS-Server: CDS サービス
•
DCE-SEC-Server: セキュリティサーバー
•
DCE-C-Tool: 開発ツール
•
DCE-CoreAdmin: プログラミングおよび管理ツール
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第8章
179
その他の機能
Event Monitoring Service (EMS) 3.40
Event Monitoring Service (EMS) 3.40
Event Monitoring Service (EMS) はシステムリソースを監視するためのフレーム
ワークで、構成、リソースの状態のチェック、構成条件に合っている場合の通知の送信
の機能があります。
変更の要約
EMS 3.40 フレームワークと GUI は、IPF プラットフォームで 32 ビットネイティブ
モードで動作するアプリケーションです。HA (High Availability) モニターは、IPF プ
ラットフォームで PA-RISC モードで動作するプログラムです。
変更の詳細
旧版 (HP-UX 11i バージョン 1.5) の EMS A.03.20.01 の機能は、HP-UX 11i バージョ
ン 1.6 の EMS A.03.40 に継承されています。EMS 3.40 フレームワークと GUI は、
IPF プラットフォームで 32 ビットネイティブモードで動作するプログラムです。HA
モニターは 32 ビット PA-RISC モードのプログラムなので、HP-UX 11i バージョン
1.6 の IPF システムで実行するには ARIES エミュレータが必要です。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
PA-RISC のプログラムである HA モニターは、IPF プラットフォームで実行するのに
ARIES エミュレータを使うため性能が低下します。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
『EMS バージョン A.03.40 リリースノート HP-UX 11i バージョン 1.6 (B.11.22)』
(B7609-90018) と『HA Monitors バージョン A.03.40 リリースノート HP-UX 11i バー
ジョン 1.6 (B.11.22)』(B5736-90041) が、HPUX 11i バージョン 1.6 の Event
Monitoring Service 製品に同梱されています。
180
第8章
その他の機能
Event Monitoring Service (EMS) 3.40
上記のマニュアルは Instant Information CD にも収録されており、次の Web サイトに
もあります。
http://docs.hp.com/hpux/ha
第8章
181
その他の機能
HP-UX Software Transition Kit (STK)
HP-UX Software Transition Kit (STK)
HP-UX Software Transition Kit (STK) は、ソフトウェアを HP-UX 10.x から 11.x へ
に移行したり、PA-RISC プラットフォームから IPF プラットフォームに移行する作業
( 開発者が行う ) をサポートするツールで、マニュアルも同梱されています。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 に移行するときの影響情報および参照情報が追加されまし
た。
変更の詳細
STK ファイルスキャナーは、C/C++/Fortran/COBOL プログラムや makefile、スクリ
プトを調べ、HP-UX をバージョンアップする際にソフトウェアに影響のある事項や問
題点を探します。探す項目には、廃止された機能や非推奨の機能、パラメータの変更、
意味の変更、機能拡張があります。HP-UX STK には、PA-RISC または IPF の旧版か
ら HP-UX 11i バージョン 1.6 に移行したり、PA-RISC から IPF に移行する際に影響の
ある事項 (「影響」と呼んでいます ) を報告するための情報が追加されました。
STK の利用法と作業方法に変更はありません。
影響
•
英語版だけの STK では 85MB のスペースが必要です。
•
( 日本語マニュアルも含めて ) STK の全機能版では 189MB のスペースが必要です。
•
これはユーザーレベルのツールで、システムには何の影響もありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
182
第8章
その他の機能
HP-UX Software Transition Kit (STK)
ドキュメント
新しい IPF アーキテクチャの説明が HP-UX STK の関連ドキュメントに追加されてい
ます。
第8章
183
その他の機能
ARIES バイナリトランスレータ
ARIES バイナリトランスレータ
ARIES は、HP-UX PA-RISC から HP-UX IPF へのバイナリエミュレータです。
ARIES は、32 ビットと 64 ビットの HP-UX PA-RISC アプリケーションであることを
意識しなくてもすむような形で HP-UX IPF 上でエミュレートします。
HP-UX IPF システムの ARIES は次の 4 つの共有ライブラリ構成で配布されます。
/usr/lib/hpux32/aries32.so
/usr/lib/hpux32/pa_boot32.so
/usr/lib/hpux64/aries64.so
/usr/lib/hpux64/pa_boot64.so
HP-UX IPF カーネルは、32/64 ビット PA-RISC プログラムが起動されると
pa_boot[32/64].so を起動します。そして、pa_boot[32/64].so が
aries[32/64].so を起動します。
変更の要約
ARIES は拡張されて、IPF/HP-UX の ARIES 下で互換性モードで実行される
PA-RISC/HP-UX アプリケーションを PA-RISC/HP-UX gdb でデバッグできるように
なりました。IPF で PA-RISC コアファイルを生成する機能も用意されました。
変更の詳細
ARIES は ttrace システムコールをエミュレートし、pa-gdb が IPF の ARIES 下で実
行できるようになりました。32 ビットと 64 ビットの両方の ARIES にこの機能が組み
込まれました。また、32 ビットと 64 ビットの両方の ARIES では、エミュレートして
いる PA-RISC アプリケーションが失敗すると PA-RISC コアダンプも生成します。コ
アファイルを作成しているときは、ARIES は PA-RISC HP-UX カーネルと完全に同じ
動作をします。こうして作成されたコアファイルをエミュレートされている PA-RISC
gdb を使って IPF システムで解析してもかまいませんし、PA-RISC のマシンに送って
ネイティブの PA-RISC gdb を使って解析してもかまいません。
この新しい ARIES の機能によって、IPF/HP-UX の ARIES 下の互換性モードで実行さ
れる PA-RISC/HP-UX アプリケーションを、PA-RISC/HP-UX gdb を使って透過的に
デバッグすることができます。この場合、PA-RISC/HP-UX gdb も ARIES 下の互換性
モードの IPF/HP-UX プラットフォームで実行されます。
今までは、ARIES は、IPF/HP-UX プラットフォーム上で PA-RISC/HP-UX プラット
フォームに属する gdb のようなデバッガープログラムのエミュレーションはサポート
していませんでした。デバッガープログラムが実行する ttrace/ptracecall は、ARIES
184
第8章
その他の機能
ARIES バイナリトランスレータ
Limitation を引き起こし異常終了となりました。この機能によって、IPF/HP-UX の
ARIES 下で実行される PA-RISC/HP-UX アプリケーションの異常終了に優先順位をつ
けて原因の解明をすることができるようになりました。
影響
IPF 用の HP-UX 11i バージョン 1.6 では、PA-RISC/HP-UX gdb は /usr/ccs/bin に
パッケージされています。したがって、PATH 環境変数に、/usr/ccs/bin を追加する
ことをお勧めします。また、このリリースではネイティブの gdb も拡張され、
PA-RISC/HP-UX 実行可能プログラムを検出して、それをパッケージ化された
PA-RISC/HP-UX gdb を使って起動できるようになりました。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
システムと以前のバージョンの ARIES に対する性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ARIES のマンページ aries (5) に新しい機能に関する必要な技術的情報と利用法が追加
されました。
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースの ARIES に含まれた新しい機能についての情報は
次の Web サイトにあります。
http://devresource.hp.com/STK_ja_JP.SJIS/Aries.html
第8章
185
その他の機能
Netscape Communicator
Netscape Communicator
Netscape Communicator 4.7x は、Messenger や Composer 同様、Netscape のよく知
られている Web ブラウザです。Communicator は、電子メールやニュースのクライア
ント機能に加え、動的な Web コンテンツの閲覧と組み立てを行うツールを含んでいま
す。Web ブラウザの Navigator は、World Wide Web にある情報の検索と表示ができ
ます。Messenger は、電子メールの送受信とメールによる作業ができます。
Messenger は、インターネットニュースグループの記事を読んだり、電子メールでポ
ストしたりすることができます。Composer は、Web ページの作成、編集、およびパブ
リッシュができます。
変更の要約
性能強化と特定のバグ修正が行われました。Netscape 4.79 は速度や信頼性が向上し、
以前のバージョンの Netscape 4.x よりも多くの Web ページにアクセスできます。
HP-UX 11i バージョン 1.5 リリースでは Netscape 4.77 を使っていました。4.77 から
4.78 への変更点、4.78 から 4.79 への変更点については以下に説明します。
IPF でネイティブな Netscape 6 を使うことをお勧めします。これは次の Web サイトか
ら入手できます。
http://www.hp.com/go/netscape
変更の詳細
Netscape 4.78 からの変更。
•
特定のメールサーバー上の受信ボックスの内のサブフォルダーへのアクセスを改
善。
•
表とスタイルシートのネストを使用しているページにアクセスするときの性能を改
善。
•
複数の個人アドレス帖を追加できます (Unix のみ )。
•
二重化マシンのサポートを改善。
•
特定の Web サイトを表示中に Communicatorが異常終了することのあった非互換性
の問題の修正。
•
HP-UX 固有のマイナーなバグの修正。
Netscape 4.77 からの変更点
•
ブラウズするセッションが長い場合にリンク障害が発生する問題を修正。
•
シャットダウン後のゴーストプロセス発生問題がかなり減少。
186
第8章
その他の機能
Netscape Communicator
•
ニュースグループの [Mark As Read] オプションの性能問題を修正。
•
[Netsite] に入力した URL がオートコンプリート中に消去しないようになりました。
•
Sun Java プラグインのサポートの改善。
•
HP-UX 固有のマイナーなバグの修正。
影響
旧版に比べてサイズ条件が緩和されました。
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Netscape 4.79 は、JPI ではなく Netscape 組み込みの
Java を使っています。
Japanese Language Pack for Netscape 4.79 は、現在は HP-UX PA-RISC システム用
だけです、これを IPF に移植する計画はありませんが、要求が多ければ移植することも
ありえます。
Netscape 4.79 は、HP-UX 11.00、11i、および 11i バージョン 1.5 でコンボプルダウン
型のボタンウィジェットにアクセスしようとするとクラッシュすることがありました。
このボタンウィジェットは、[Location] ツールバーや [Message Search] ダイアログ、
HTML Composer のツールボックスなどで使われている [Location/Go To:] を含めいく
つかのところで使用されています。これは HP-UX 11i バージョン 1.6 でも発生するは
ずです。
互換性
Netscape 4.79 と以前のバージョンとの間で既知の互換性に関する事項はありません。
HP-UX 11i バージョン 1.5 リリースは Netscape 4.77 を使っていました。4.77 から
4.78 への変更点、4.78 から 4.79 への変更点についてはここで説明してあります。この
変更による互換性への影響はありません。
性能
IPF プラットフォーム上でのこの製品の性能は PA-RISC アーキテクチャより遅くなり
ます。
廃止された機能
この製品が HP-UX 用の Netscape Communicator 4.x の最後のバージョンになります。
次は Netscape 6/7 が完全なサポートで提供されます。
ドキュメント
変更についての詳細は、以下の Web サイトを参照してください。
http://home.netscape.com/eng/mozilla/4.7/relnotes/unix-4.79.html
第8章
187
その他の機能
Netscape Communicator
http://www.hp.com/go/netscape
188
第8章
その他の機能
HP Apache-based Web Server for HP-UX
HP Apache-based Web Server for HP-UX
HP Apache-based Web Server for HP-UX ( ここでは HP Apache とも呼びます ) の現
在のバージョンは 1.3.26.00 で、製品番号は B9415AA です。
out-of-the-box で使用できる HP Apache-based Web Server for HP-UX は、高い性能と
強力な 128 ビットの高度暗号化機能により、Web サイトの信頼性を高め、管理を容易
にします。この 64 ビット製品は、Apache Software Foundation
(http://www.apache.org/) が開発したソフトウェアや Java サーブレットエンジンで
ある Tomcat 、PHP、および Webmin 管理ツールなどのよく知られているオープン
ソースのコンポーネントを組み合わせています。HP Apache-based Web Server for
HP-UX は、性能のチューニング、移行ガイドおよびユーザーガイド、chroot 機能およ
びセキュリティモジュールなど当社が開発した機能で拡張されています。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.5 の最初のリリースで HP Apache-based Web Server for
HP-UX のバージョン 1.3.12 が 32 ビット製品として提供されるようになって以来、多
くの変更が行われています。リリース後のアップデートは HP Software Depot の Web
サイト (http://www.software.hp.com) にポストされています。
本バージョンの HP Apache は主に、安全上の修正、バグ修正、およびアップグレード
のためのリリースです。Apache 1.3.26 では、次の セキュリティ報告書に記載されてい
る、大規模データチャンクを処理する際のリモートからの不正利用の脆弱性に関する問
題が修正されました。
HP Security Bulletin: #0197 (http://itrc.hp.com/)
CAN-2002-0392 (http://cve.mitre.org/)
CERT CA-2002-17 (http://www.cert.org/advisories/CA-2002-17.html)
重要
すべてのユーザーが本バージョンへすぐにアップグレードすることを強
くお勧めします。
HP Apache は、32 ビット版ではなく 64 ビット版になり、一部のコンポーネントが
アップグレードされました。また、次のような新しい機能が追加されました。
•
Tomcat 用 mod_jk コネクタモジュール
•
PHP 機能
•
chroot のサポート
•
C++ 共有ライブラリのサポート
•
Webmin 管理 / 構成ツールの GUI 化
第8章
189
その他の機能
HP Apache-based Web Server for HP-UX
•
Apache/Tomcat/Webmin の自動再起動
•
製品ドキュメントの充実
変更の詳細
•
IPF (Itaniumプロセッサファミリー)プラットフォーム用のHP Apache-based Web
Server バージョン 1.3.26.00
•
128 ビット高度暗号化機能を持つRSAの BSAFE Crypto C Library バージョン 5.2.1
の全世界への輸出については米国商務省の承認を受けています。
•
OpenSSL v.0.9.6c は最高強度の汎用暗号化ライブラリであり、SSL (Secure
Sockets Layer) v2/v3 および TLS (Transport Layer Security) v1 プロトコルを実現
するツールキットでもありす。
•
mod_ssl v.2.8.9 モジュールは動的に組み込まれ、OpenSSL ツールキットと BSAFE
Crypto C Library を使った高度暗号化機能を提供します。
•
Tomcat v.3.3.1はJava Servlets 2.2およびJavaServer Pages 1.1仕様の基準インプリ
メントで使われているサーブレットコンテナーです。
•
Apache JServ v.1.1.1 のサーブレットエンジンはJava Servlets 2.0 に準拠しており、
Java Servlet Development Kit (JSDK) 2.0 を必要とします。これは、次の Web サ
イトからダウンロードできます。
http://java.sun.com/products/servlet/archive.html
•
mod_jserv モジュールは動的に組み込まれ、HP Apache-based Web Server for
HP-UX と通信するために Tomcat および JServ が使用します。
•
Apache と Tomcat の通信には、mod_jserv に代わり、新しい mod_jk コネクタモ
ジュールをお勧めします。mod_jk コネクタは、オリジナルの ajpv12 プロトコル、
または新しい ajpv13 プロトコルのいずれかをサポートします。
•
PHP v.4.2.1 は、よく知られていて、サーバー側で、プラットフォームに依存せず、
HTML に埋め込むこともできて豊富な機能を持つ Java/C++ 構文の言語です。多く
のデータベースもサポートしています。
•
mod_perl v. 1.25 モジュールは静的に組み込まれ、64 ビットバージョンの Perl
v.5.6.1 をサポートします。
•
Webmin v.0.980 は Webmin による Web ベースの管理、構成ツールで、HP
Apache-based Web Server for HP-UX 用に拡張されています。
•
C++ 共有ライブラリのロードをサポートしました。
•
chroot は、ユーザーが指定したディレクトリをパス検索の起点のルートディレクト
リにします。それによって、悪意のあるユーザーがルートファイルシステムにアク
セスできないようにします。chroot の実装では、パスフレーズ入力の 60 秒制限と
リトライ制限などの SSL 機能拡張が行われています。
190
第8章
その他の機能
HP Apache-based Web Server for HP-UX
•
Memory Management (MM) は 2 層構造の抽象化ライブラリで、Unix プラット
フォームのフォークされた ( 密接に関連し合う ) プロセス間での共有メモリーの利
用を単純化します。
•
Apache、Tomcat、Webmin は、リブート時に自動的に起動されるようになりまし
た。この機能のカスタマイズと構成についての詳細は、構成ノートを参照してくだ
さい。
影響
•
サイズの要件は次のとおりです。
HP Apache をインストールするには 65 ∼ 75MB の空きディスク容量が必要です。
•
バンドル要件は次のとおりです。
1. mod_perl モジュールはこのリリースでは使用可能となっており、オペレーティ
ング環境に含まれる 64 ビット Perl バージョン 5.6.1
(/opt/perl_64/bin/perl にインストールされます ) を必要とします。
2. Webmin は Perl 5 以降を必要としますが、32 ビットか 64 ビットであるかは問い
ません。Webmin は Perl が /opt/perl/bin/perl にインストールされている
ことを前提にします。詳細は、/opt/apache/hp_apache_docs ディレクトリ
の『Webmin Notes』を参照してください。
3. Tomcat と JServ は、オペレーティング環境に含まれる IPF バージョンの Java
1.3 を必要とします。
4. apxs (Apache Extension Tool)を使うDSOの構築にはPerl (HP-UX 11iバージョ
ン 1.6 オぺレーティング環境に付属 ) が必要です。Perl は
/opt/perl/bin/perl にインストールされていることを前提にします。この
Perl を使うか、または apxs スクリプトの Perl へのパスをインストールされて
いる場所に変更します。
5. PerlとJavaの詳細は製品のインストール後の/opt/apache/hp_apache_docs/
にあるリリースノートに記述してあります。または次の Web サイトを参照して
ください
http://yourserver.com/hp_apache_docs/
•
以前のバージョンに上書きインストールするには次のようにします。
アップデートを行う前に、次のコマンドを実行して、以前の HP Apache を停止し
ます。
/opt/apache/bin/apachectl stop
停止しないと、以前の Apache バイナリが実行されたままになり、新しい Apache
バイナリを実行することができません。
第8章
191
その他の機能
HP Apache-based Web Server for HP-UX
デフォルトでは、swinstall は、システムに同じリビジョンのものがすでに存在す
れば、ファイルセットの再インストールは行いません。同じリビジョンのものを再
インストールしたければ ( たとえば、いくつかのファイルが無くなったときなど )、
[Options/Change Option] を選択してインストールのオプションを変更してくだ
さい。
•
製品あるいはファイルセットをインストールすると、選択した項目を実行するのに
必要な依存関係のあるファイルセットも自動的にインストールされます。
•
HP または非 HP バージョンの Apache がすでにシステムに存在する場合、
swinstall は、/opt/apache/conf、/opt/apache/conf/jserv、および
/opt/tomcat/conf にある既存の構成ファイルを、[file] を [file].save に
ファイル名を変更して残します。また、/opt/apache/conf/ssl にある証明書お
よび証明書関連のファイルも、[file] を [file].save にファイル名を変更して残
します。したがって、以前の構成情報は失われません。ただし、こうして残したオ
リジナルの構成ファイル ([file].save) は Apache をもう一度再インストールする
と書き換えられてしまいます。
•
インストールが成功すると、swinstall は HP Apache を自動的に起動します。
互換性
HP Apache とともに配布していないモジュール、および以前の 32 ビットバージョン用
にユーザーが開発したモジュールは、この 64 ビットバージョンでは使えません。本リ
リースでそのようなモジュールを使うには、64 ビットプログラムとして再コンパイル
する必要があります。
性能
HP-UX 11i バージョン 1.5 でリリースされたバージョンと比べて、性能への影響はあ
りません。
廃止された機能
HP-UX 11i バージョン 1.6 で配布される HP Apache-based Web Server v.1.3.26.x が、
サポートされる v1.3.x の最後のバージョンです。重大な修正が必要でない限り HP
Apache-based Web Server v.1.3.x の新しいバージョンは作成しません。次の Software
Depot の Web サイトから、HP-UX 11i バージョン 1.6 用の HP Apache-based Web
Server v.2.0 をダウンロードしてアップグレードしてください。
http://www.software.hp.com/
以前のバージョンに比べると、HP Apache-based Web Server v.2.0 は性能が向上し、
IPv6、WebDAV および LDAP がサポートされ、HP-UX 11i 環境でより堅牢な Web
サーバーを構築できます。
192
第8章
その他の機能
HP Apache-based Web Server for HP-UX
HP Apache-based Web Server v.2.0 の詳細は、以下の Web サイトを参照してくださ
い。
http://www.hp.com/go/webserver
ドキュメント
HP Apache ソフトウェアに含まれる当社固有のドキュメントは、インストール後次の
URL で参照できます。
http://yourserver.com/hp_apache_docs/
あるいは、/opt/apache/hp_apache_docs/ ディレクトリにあります。
HP Apache に関する最新の情報は、次の Web サイトで参照できます。
http://www.hp.com/go/webserver
最新のバージョンをダウンロードするには、次の Web サイトを参照してください。
http://www.software.hp.com/
ここで、[Featured Products] メニューから [HP Apache-based Web Server] を選択しま
す。
第8章
193
その他の機能
シャドウパスワード
シャドウパスワード
シャドウパスワード機能は、暗号化されたパスワードをシャドウパスワードファイルに
に隠してシステムの安全性を強化します。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースでは、Sun Solaris™ や Linux などを含めた他の
UNIX で提供されている事実上の標準をベースにした構成可能なシャドウパスワード機
能をオプションで導入しました。以前は誰でもが読み取れる /etc/passwd ファイルに
格納されていた暗号化されたパスワードを、特権ユーザーしかアクセスできない
/etc/shadow に移動させることができます。シャドウパスワード機能は HP-UX 11i
バージョン 1.6 の NIS、NIS+、LDAP ではサポートされません。
変更の詳細
シャドウパスワード機能はオプションで構成されます。pwconv コマンドを使って、暗
号化されたパスワードとパスワードエージング情報を /etc/passwd から /etc/shadow
に移動します。その後、pwunconv を使って標準のシステムに戻すこともできます。
シャドウパスワード機能はシステムの安全性にとって重要です。コンピュータ性能が向
上した結果、パスワードクラッカーが /etc/passwd にある隠されていないパスワード
を簡単に復号できてしまうようになってしまいました。また、シャドウパスワード機能
によって HP-UX も事実上の標準に準拠するようになったので、マルチベンダー構成で
の管理が容易となりました。
影響
標準システムで pwconv を使ってシャドウパスワード機能を使うシステムに変更しなけ
れば影響はありません。
互換性
このコマンドを高信頼性システムで実行してもなにも変更されません。標準システムで
実行すると、pwconv はシステムをシャドウパスワード機能を使うように変換します。
以前は、標準システムで実行しても高信頼性システムだけで使用可能というメッセージ
が出るだけでした。
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、シャドウパスワード機能は NIS、NIS+、LDAP をサ
ポートしていません。これらが構成されているときは pwconv を実行しないでくださ
い。
pwconv を使ってシステムをシャドウパスワード機能を使うように変換すると、アプリ
ケーションが getpwent インタフェースを使っていたり、パスワード情報やパスワード
エージング情報が /etc/passwd ファイルに存在するという前提のもとで直接アクセス
194
第8章
その他の機能
シャドウパスワード
しているようなときにはそのアプリケーションは影響を受けます。そのフィールドには
「x」が格納されるように変更され、情報は /etc/shadow に格納されていて特権ユー
ザーだけがアクセスできることを示すようになりました。
IPF アプリケーションが認証に pam インタフェースを採用している場合には影響があ
りません。PA-RISC アプリケーション ( たとえば、CDE) には、シャドウ機能をサポー
トする PA-RISC ライブラリへのパッチが必要です。これらのパッチが行われているか
どうかは、次のパッチ番号で確認できます。
PHCO_26965
PHCO_26966
システムの従来の PA-RISC アプリケーションが認証を行うときには、このパッチを
pwconv を実行する前にインストールする必要があります。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
次のマンページが変更に応じてアップデートされました。
•
pwconv (1M)
•
pwunconv (1M)
•
pwck (1M)
•
passwd (1)
•
getspent (3C)
•
putspent (3C)
•
passwd (4)
•
shadow (4)
•
security (4) 内の次の説明
— PASSWORD_MINDAYS
— PASSWORD_MAXDAYS
— PASSWORD_WARNDAYS
第8章
195
その他の機能
HP Intrusion Detection System/9000 (IDS/9000)
HP Intrusion Detection System/9000 (IDS/9000)
HP Intrusion Detection System/9000 (IDS/9000) は HP-UX 用のホストベースの侵入
検出システムです。
HP-UX 11i バージョン 1.6 で IPF システム用に新規にバージョン 2.1 が提供されます
(バージョン 1.0、2.0、および 2.1 は、HP-UX 11.00 および 11i で PA-RISC システム
用に提供されていました)。
変更の要約
セキュリティ管理者が特定のホストをねらった攻撃を積極的に監視し、検出し、対応を
取ることが、IDS/9000 によって可能性になります。ネットワークベースの検出システ
ムを潜り抜ける種類の攻撃は多いので、IDS/9000 は既存のネットワークベースのセ
キュリティメカニズムを補強し、企業全体の安全性を強化します。
変更の詳細
IDS/9000 の機能は、以下のとおりです。
•
管理者用 GUI: 作業指向で、簡単に使用できます。IDS/9000 エージェントのインス
トール、構成、監視、制御のための対話を管理します。
•
OpenView Operations (OVO、以前は VPO または ITO として知られていました ) に
Smart Plug In (SPI) として統合されています。そのため、OVO 管理コンソールか
ら IDS/9000 の警報を監視できます。IDS/9000 エージェントの構成と制御をおこ
なうために、OVO コンソールから IDS/9000 の管理者用 GUI を起動することがで
きます。
•
破壊の可能性があって望ましくない侵入の兆候を、ネットワーク内の構成されたホ
ストシステムに対して自動的に監視することでネットワーク内のローカルホストレ
ベルの安全性を強化します。
•
ハッカーが侵入をしようとしているときや内部の破壊活動、ウィルスの特徴である
システムの不適切な利用状況を常に監視します。
•
IDS/9000 が対応する脅威には次のものがあります。
システムにクリティカルなもの : 認証されていないアクセス
特権違反
トロイの木馬
ルートディレクトリの探索
HP-UX OS:
競合状態
バッファーオーバーフロー
196
第8章
その他の機能
HP Intrusion Detection System/9000 (IDS/9000)
パスワード推測
ユーザーの安全性 :
ログイン失敗
SU コマンド失敗
他人のファイルの変更
ファイル :
重要なシステムファイルとディレクトリの変更
誰もが書き込めるファイルの作成
setuid ファイルの作成
ファイルの追加と削除
•
多重応答スクリプト機能 : 管理者用 GUI へのレポート同時送信機能に加え、警報が
生成された場合に起動される多重応答スクリプトを作成することができます。
影響
影響はありません。
互換性
バージョン 2.1 は、HP-UX で実行されているバージョン 1.0 とは互換性がありません
ありません。
ありません
バージョン 2.1 は、PA-RISC システムで実行されているバージョン 2.0 または 2.1 とは
互換性があります。
性能
IDS/9000 は IPF システムの互換性モードで実行されます。エミュレーションのオー
バーヘッドがあるため性能は著しく低下することが予測されます。したがって、
IDS/9000 エージェントは IPF システムでは実行しないことをお勧めします。
廃止された機能
エージェントプロセスを停止するために SIGSEGV シグナルを使うのは非推奨となり
ました。IPF システムでは、代わりに SIGTERM を使う必要があります。
ドキュメント
次の Internet and Security Solutions のマニュアル群は、Instant Information CD と
Web サイト (http://docs.hp.com/hpux/internet) にあります。
『HP Intrusion Detection System/9000 Release 2.1 Release Notes』( 部品番号 J5083-90008)
『HP Intrusion Detection System/9000 Administrator's Guide』( 部品番号 J5083-90007)
第8章
197
その他の機能
CDE 環境
CDE 環境
共通デスクトップ環境 (CDE) はワークステーションで対話を行う環境です。CDE は、
システムの「デスクトップ」と呼ばれます。
変更の要約
HP-UX 11.x では、CDE は印刷に TPS を使っていました。今回のバージョンから lp
か TPS のどちらかを使って印刷することを選択できるようになりました。
変更の詳細
CDE に印刷オプション lp または TPS が用意されました。このオプションによって、
TPS を無効にして lp を使う、あるいはその逆の指定が行えます。この変更で影響を受
ける CDE コンポーネントには、dtcm、dtmail、dtpad があります。dtcm、dtmail、
dtpad の印刷では lp か TPS のどちらかを使うことができるようになりました。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
上記の CDE コンポーネントの変更に対応して次のマンページがアップデートされまし
た。
•
dtmail ( ユーザーコマンド )
•
dtpad ( ユーザーコマンド )
•
dtcm ( ユーザーコマンド )
198
第8章
その他の機能
HP VUE から CDE への移行ツール
HP VUE から CDE への移行ツール
CDE 内の VUEtoCDE は、HP VUE で行っていたカスタマイズを、HP-UX 10.x から
アップグレードするときに CDE に移行するためのツールです。
変更の要約
VUEtoCDE 移行ツールは HP-UX 11i バージョン 1.6 の CDE では使えません。
変更の詳細
HP-UX 11.00 および HP-UX 11i v1.0 の CDE 2.1 には、HP VUE で行っていたカスタ
マイズを HP-UX 10.x からアップグレードするときに CDE に移行するためのツールが
ありました。このツールは HP-UX 11i バージョン 1.5 またはバージョン 1.6 では利用
できません。HP-UX 10.10/10.20 からこれらのバージョンへのアップグレードパスが
ないためです。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
VUEtoCDE 移行ツールは、HP-UX 11i バージョン 1.5 またはバージョン 1.6 では利用
できません。HP-UX 10.10/10.20 からこれらのバージョンへのアップグレードパスが
ないためです。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第8章
199
その他の機能
Ignite-UX
Ignite-UX
Ignite-UX は次にあげる作業を行うための管理用ツールセットです。
•
ネットワーク内の複数のシステムへの HP-UX のインストール
•
インストール構成スクリプトのカスタマイズ
•
HP-UX システムの沿革からの復元
•
システムのインストール状態の監視
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 の Ignite-UX は IPF (Itanium プロセッサ ファミリー ) のク
ライアントとサーバーにインストールできるようになりました。IPF システムからネッ
トワークインストールするには特殊なネットワーク インストール手順を行う必要があ
ります。サーバーのセットアップとクライアント のネットワーク ブート オプションの
セットアップの詳細手順については、次の Web サイトの『Ignite-UX 管理ガイド』を
参照してください。
http://software.hp.com/products/IUX/docs/
変更の詳細
IPF システムのネットワークブートは PA-RISC システムとは異っています。IPF シス
テムではクライアントをブートするサーバーを選択できません。IPF システムでは異な
るサービスポート (67/68) を使ってクライアントをブートします。最初に応答したサー
バーから IP アドレスとブートファイルが提供されます。IP アドレスを取得するには、
IPF システムの場合は /etc/bootptab を使い、PA-RISC システムの場合は
/etc/opt/ignite/instl_booptab を使います。Ignite-UX の GUI では IPF システム
の IP アドレスを /etc/bootptab には構成しないので、手動で行う必要があります。
IPF システムでは make_net_recovery を使うことができ、ほとんどの場合は
make_tape_recovery の代わりに使うことができます。
VxVM 3.5 では、HP-UX 11i バージョン 1.6 (IPF) システムと HP-UX 11i バージョン
1.0 (PA-RISC) システムの両方の Ignite-UX に変更が加えられ、VxVM をルートとする
ことができるようになりました。そのため、インストール時に VxVM が管理するルー
トディスクを使用することを選択できるようになりました。HP-UX 11i バージョン 1.0
で VxVM をルートとする機能を有効にするには、① VxVM 3.5、② IUX バージョン
B.3.7、③ Feature Enablement Bundle (VxVM ルート化機能有効化パッチ付き ) の 3
つのコンポーネントが必要です。VxVM は、IPF システム用 HP-UX 11i バージョン
200
第8章
その他の機能
Ignite-UX
1.6、および PA-RISC システム用 HP-UX 11i バージョン 1.0 バージョンのみでルート
ディスクでサポートされます。LVM は、IPF システムと PA-RISC システムの両方で
サポートされます。
影響
影響はありません。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
HP-UX 11i 用の『Ignite-UX 管理ガイド』がアップデートされており、Instant
Information CD と Web サイト ( http://docs.hp.com ) にあります。
Ignite-UX に関する役に立つ情報 ( ドキュメント、ダウンロード、仕様など ) について
は、次の Web サイトを参照してください。
http://software.hp.com/products/IUX
第8章
201
その他の機能
デフォルトのファイル システム パラメータ
デフォルトのファイル システム パラメータ
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、Ignite-UX のデフォルトのファイル システム パラ
メータが変更されています。
変更の要約
Ignite-UX のインスタントイグニッションと HP-UX メディアキット (Cold-Install メ
ディア ) で使用されるデフォルトのファイルシステムパラメータが、性能チューニング
のために変更されました。最近の HP-UX ワークステーションとサーバーではシステム
メモリーとディスクの容量が増加していることを活かすための変更です。このデフォル
トの変更はすべてのワークステーションとサーバーが同じように対象となっています。
変更の詳細
次の変更はファイルシステム全体の性能を改良するものです。
•
HP-UX 11i バージョン1.6のファイルシステムはlargefiles=TRUE指定で作成され
ます ( 以前のデフォルトは FALSE)。
•
ブロックサイズを次のように大きくしました。
— HFS では 65536 (64 KB) ( 以前のデフォルトでは 8 KB)
— VxFS では 8192 (8 KB) ( 以前のデフォルトでは 1 KB)
•
フラグメントサイズを次のように大きくしました。
— HFS では 8192 (8 KB) ( 以前のデフォルトでは 1 KB)
— VxFS ではフラグメントサイズは不要です。
202
第8章
その他の機能
デフォルトのファイル システム パラメータ
•
ストライプサイズを大きくして 64 KB にしました ( 以前のデフォルトでは 8 KB)。
•
二次スワップモデル(2台のディスク構成の場合)のデフォルトの動作を次のように変
更しました。
— 以前の動作 : 二次スワップスペースは、2 台のディスク構成の両方のディスクに
分散していました。
— 新しい動作 : 二次スワップスペースは 2 台目のディスクにだけ置かれます。そし
て、HP-UX は 1 台目のディスクスワップ領域と 2 台目のディスクスワップ領
域をインターリーブして使うことによって性能を向上させます。
影響
この変更は、メディアからインストール ( コールドインストールと呼んでいます ) した
り、インスタントイグニッションするときに Ignite-UX が作成する標準ファイルシス
テム (/、/usr、/var、/opt、/tmp、/home、/stand) に適用する値だけに影響しま
す。Ignite-UX や後で mkfs で新規、または追加で作成するファイルシステムにはそれ
ぞれの値を適用してもかまいませんし、以前の Ignite-UX リリースからは変更されて
いない新規 / 追加のファイルシステムのデフォルトの値を選択しても構いません。
デフォルトの blocksize パラメータを変更すると、ディスクの利用率に大きな影響を
受ける場合があり、とくに小さなファイルばかりを数多く使っている場合には大きな影
響があります。たとえば、VxFS で構築され、/tmp に 10,000 個のセマフォーファイル
を置くアプリケーションを考えます。旧版の 1 KB ファイルの場合ならセマフォー全体
で 10MB のディスク容量が必要です。しかし、新しいデフォルトサイズを使う場合に
は 80MB も必要になります。こういう可能性を理解した上で、注意深く計画を立てる
必要があります。
注記
ファイルシステムパラメータの値は Ignite-UX の [Advanced
Installation] オプションを使って変更できます。このオプションを
使ってファイルシステムパラメータを変更する方法の詳細については、
『Ignite-UX 管理ガイド』を参照してください。
互換性
互換性への影響はありません。
性能
この変更によってほとんどの場合はファイルシステムの性能が改善されます。ただし、
構成によって改善の度合いは変わります。
第8章
203
その他の機能
デフォルトのファイル システム パラメータ
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
上記の変更の詳細や、以前のファイルシステムのパラメータの設定のままで Ignite-UX
を使う方法については、/opt/ignite/share/doc/release_note にある『Ignite-UX
Release Notes for B.3.7』を参照してください。このリリースノートは次の Web サイト
にもあります。
http://software.hp.com/products/IUX
204
第8章
その他の機能
オンライン診断
オンライン診断
HP-UX 11i バージョン 1.6 で提供されるオンライン診断には次のものがあります。
STM (Support Tool Manager) はオンライン診断を実行するためのプラットフォー
ムです。起動コマンドには、xstm (GUI インタフェース )、mstm ( メニュー選択インタ
フェース )、cstm ( コマンド行インタフェース )、stm ( 汎用 ) があります。
ODE (Offline Diagnostic Environment) はオフライン診断を実行するためのプ
ラットフォームです。
EMS ハードウェアモニターは多様なハードウェア製品の動作を監視し、障害や異常が
ハードウェアモニター
発生したらすぐに警報を出します。EMS ハードウェアモニターは手動で操作しなくて
も自動的に起動します。
変更の要約
オンライン診断は HP-UX 11i バージョン 1.5 で提供されたものとよく似ています。
IPF プラットフォームをサポートできるようになったことが主な違いです。
変更の詳細
STM ユーザー インタフェースの表示とコマンド、および EMS ハードウェア モニター
の出力が新しく追加されたハードウェアをサポートするように変更され、より使いやす
く、強化されました。変更により新しいハードウェアのサポートが追加され、UI が使
いやすくなりました。EMS ハードウェア モニター製品もコマンドをよりわかりやすく
し、UI 出力に詳細を表示するようにし、監視中の問題の報告フォーマットを標準化し
ました。
影響
EMS ハードウェア モニターの出力と STM UI のコマンドや表示を利用したスクリプト
の変更が必要な場合があります。
互換性
「影響」の項を参照してください。
性能
性能への影響はありません。
第8章
205
その他の機能
オンライン診断
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
STM、ODE、EMS ハードウェア モニターに固有な情報 ( リリースノート、ホワイト
ペーパー、関連資料なども含め ) については、次の Web サイトを参照してください。
http://docs.hp.com/hpux/diag/
206
第8章
9 国際化機能
この章では、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースに関する新機能と変更点について説
明します。具体的なトピックは次のとおりです。
•
208 ページの「アジア言語用 TrueType フォント」
•
211 ページの「GB18030 標準」
•
216 ページの「香港増補字符集 (HKSCS)」
•
221 ページの「ATOK X 日本語入力メソッド」
•
223 ページの「日本ベンダ協議会 (JVC) iconv コンバータ」
•
226 ページの「VJE-γ および EGBridge 日本語入力メソッドの廃止」
•
228 ページの「日本固有のコマンドとライブラリルーチン」
•
229 ページの「ギリシャ語ユーロのサポート」
第9章
207
国際化機能
アジア言語用 TrueType フォント
アジア言語用 TrueType フォント
TrueType は、TrueType フォントとラスタライザで構成されるデジタルフォントテク
ノロジです。TrueType フォントは、文字の形態とアウトラインを示すグリフを含む
データファイルです。文字の形態とアウトラインの他に、文字からグリフにマッピング
するテーブル、ヒント属性、文字のビットマップイメージを生成するのに必要なその他
の情報も含んでいます。ラスタライザは、フォントファイルから読み込み、ディスプレ
イおよびプリンターデバイス用のビットマップイメージを生成するプログラムです。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースは、HP-UX がサポートするアジア言語 / ロケール
用の TrueType フォントを提供します。これには、日本語、韓国語、および中国語 ( 簡
体字と繁体字 ) が含まれます。
変更の詳細
HP-UX で TrueType フォントサポートを提供したことで、X ウィンドウシステム、
Java、そしてインターネットをベースにしたアプリケーションが、言語ベースのテキ
ストを正しく表現できるようになりました。TrueType フォントを使用してプリンター
にグリフをダウンロードし、言語ベースのテキストを印刷することもできます。
TrueType フォントはスケーラブルです。そのため、フォントグリフを好みのサイズに
拡大縮小することができます。
アジア言語の TrueType フォントを次のテーブルに示します。
表 9-1 アジア言語の TrueType フォント
言語
タイプフェース / ファミリー名
日本語
HGMinchoL
HGGothicB
韓国語
HYBatang
HYDotum
HYGulim
HYGungsuh
中国語 ( 簡体字 )
ZYCJKHei
ZYCJKSun
208
第9章
国際化機能
アジア言語用 TrueType フォント
表 9-1 アジア言語の TrueType フォント ( 続き )
言語
タイプフェース / ファミリー名
中国語 ( 繁体字 )
ARMingtiL
ARMingtiLHK
TrueType フォントを使うために、新しいマッピングテーブル(ローカルフォントイン
デックスを Unicode フォントインデックスにマップするテーブル)が追加されました。
これらの新しいフォントとマッピングテーブルの他に、CDE も、X フォントサーバー
で使われる構成ファイルを機能拡張し、システムにインストールされているフォントに
アクセスできるようにしました。これにより、アプリケーションは X フォントサー
バーから自動的にグリフ / 文字パターンを取得できます。
影響
ディスクスペースのサイズ要件は次のとおりです。
表 9-2 アジア言語 TrueType フォント用
フォント用ディスクスペースの
ディスクスペースのサイズ要件
TrueType フォント
サイズ
日本語
32MB
韓国語
71MB
中国語 ( 簡体字 )
39MB
中国語 ( 繁体字 )
41MB
X ウィンドウ環境の TrueType フォントは、X フォントサーバー xfs を通じてのみ使用
可能です。ホストをフォントサーバーにするには、次のように xfs を起動します。
/usr/bin/X11/xfs -port 7000 -daemon
詳細は、xfs (1) のマンページを参照してください。
リブートしてもホストが常にフォントサーバーになるようにするには、
/etc/rc.config.d/xfs に次の行を追加します。
RUN_X_FONT_SERVER=1
ホストがフォントサーバーを使えるように構成(つまり、システムをフォントクライア
ントとして構成)するには、次のように xset コマンドを実行します。
xset +fp tcp/[hostname]:7000
第9章
209
国際化機能
アジア言語用 TrueType フォント
詳細は、xset (1) のマンページを参照してください。
互換性について
互換性への影響はありません。
性能
TrueType フォントを使うアプリケーションは、ビットマップフォントを使ったときの
性能と同じはずです。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
アップデートされたマンページは次のとおりです。
•
xfs (1)
•
xset (1)
210
第9章
国際化機能
GB18030 標準
GB18030 標準
HP-UX 11i バージョン 1.6 には、GB18030 文字セットに対するシステムレベルのサ
ポートが用意されています。
GB18030 の公式名称は「Chinese National Standard GB18030-2000: Information
Technology - Chinese Ideograms Coded Character Set for Information Interchange Extension for the Basic Set」です。これは、中国で販売するすべての製品に必要な、
中国政府が制定した適合要件であり、2001 年 9 月 1 日に施行されました。
GB18030 は、中国語の文字セット標準のスーパーセットです。GB2312-80 標準、
GBK 仕様、または Unicode の Unihan 拡張 A のいずれかで定義された約 30,000 文字
が含まれています。
変更の要約
GB18030 文字セット標準で定義された文字セットの入力、保存、検索、表示および印
刷を行えるように、システムレベルのサポートが行われています。
HP-UX 11i バージョン 1.6 での GB18030 サポートは、新しいロケール、iconv コン
バータ、フォント、Xlib の変更、CDE、入力メソッド、プリンターモデルファイル、
LDTERM、および eucset コマンドによって行われます。
GB18030 で定義されている文字を CDE および X ウィンドウシステムで表示するため
に、2 つの新しいビットマップフォントが用意されました。すべての GB18030 文字を
生成するために、簡体字中国語の入力メソッド xsim が機能拡張されました。PCL5 対
応の LaserJet プリンターで、簡体字中国文字が含まれていない場合にもすべての
GB18030 文字を印刷できるように、プリンターモデルファイルも機能拡張されました。
変更の詳細
GB18030 をサポートするために、新しいロケール zh_CN.gb18030 が用意されました。
GB18030、Unicode および UTF-8 間のデータ変換をサポートするために、新しい
iconv コンバータが用意されました。
コンバータテーブルは次のとおりです。
•
gb18030 <-> ucs2
•
gb18030 <-> utf8
コマンド
Streams PTY line discipline module (LDTERM) と dtterm で使われる GB18030 に必
要なコード幅を設定するために、eucset コマンドが機能拡張されました。
第9章
211
国際化機能
GB18030 標準
PCL5.nloo はプリンターモデルファイルであり、マルチバイトフォントの DIMM が装
備されていない LaserJet (PCL5 エミュレーション ) でアジアのマルチバイト文字を含
むテキストファイルを印刷するために、lp サブシステムで使われます。PCL5.nloo は、
印刷オプションとして zh_CN.gb18030 を指定したときに、GB18030 でパターンが定
義されている 2 または 4 バイト文字、モンゴル文字、チベット文字、イ文字および
ウィグル文字を含むテキストファイルを印刷するために機能拡張されました。
注記
PCL5.nloo は、LaserJet にフォント DIMM が装備されていても、アジ
ア言語のフォント DIMM を使いません。
GB18030 に関する主な印刷オプションは、次のとおりです。
表 9-3 GB18030 に関する主な印刷
に関する主な印刷オプション
印刷オプション
オプション
動作
zh_CN.gb18030
GB18030 の 2 バイトと 4 バイトのテキスト入力を割
り当てる
half または 2
1 文字幅に 2 文字の印刷
quarter または 4
1 文字幅に 4 文字の印刷
PCL5.nloo は、X フォントサーバーの簡体字中国語 TrueType フォントから必要なグリ
フパターンを抽出するので、lp コマンドを実行する前に、これらの TrueType フォン
トをインストールし、xfs を起動しておく必要があります。そうしないと、2 バイトま
たは 4 バイト文字を印刷できません。
GB18030 文字の印刷をサポートするために、次の TrueType フォントが用意されてい
ます。
•
ZYCJKHei
詳細は、
「アジア言語の TrueType フォント」の項を参照してください。
入力メソッド
CDE と X ウィンドウシステムで簡体字中国語の入力メソッドとして使われる xsim は、
GB18030 の 2 バイトまたは 4 バイト文字を 2 通りの方法で生成するように機能拡張さ
れました。内部コード入力メソッドと PinYin 入力メソッドです。
内部コード (16 進数 ) 入力メソッドは、GB18030 で定義されている文字を、パターン
が定義されているかいないかに関わらず、正当なコード範囲のすべての文字(GB2312
で定義されている文字を除く)の生成をサポートします。内部コード入力メソッドで
は、最初の 2 つのキー入力が 81 ∼ FE で、2 回目の 2 つのキー入力が 40 ∼ 7E または
80 ∼ FE の場合は、4 番目のキーが入力された直後に、xsim は 1 つの 2 バイト文字を
212
第9章
国際化機能
GB18030 標準
生成します。最初の 2 つのキー入力が 81 ∼ FE で、2 回目の 2 つのキー入力が 30 ∼
39 の場合は、xsim は次の 4 つのキー入力を、最初の 2 つのキー入力が 81 ∼ FE で、2
回目の 2 つのキー入力を 30 ∼ 39 の範囲で待ち
待ち、8
番目のキーが入力された直後に、
待ち
xsim は 1 つの 4 バイト文字を生成します。xsim は、2 つまたは 4 つのキー入力の間、
16 進数字以外の入力があると、ビープ音を出します。
PinYin 入力メソッドは、GB18030 の 2 バイト文字の生成だけをサポートします。4 バ
イト文字はサポートしません。
第9章
213
国際化機能
GB18030 標準
句点入力メソッドや 5 ストローク入力メソッドのような、その他の入力メソッドは、
GB2312 で定義されている文字以外の GB18030 文字を生成できません。
Xlib
X11R6 は GB18030 をサポートするように機能拡張されました。
フォント
次の 2 つの新しいビットマップフォントが、fonts.alias とともに
/usr/lib/X11/fonts/hp_chinese_s/75dpi に用意されています。
表 9-4 新しい GB18030 ビットマップフォント
ファイル名
フォント名
song18u.pcf
-hp-song-medium-r-normal--18-180-75-75-c-160-iso10646.2000-cn
song24u.pcf
-hp-song-medium-r-normal--24-240-75-75-c-240-iso10646.2000-cn
song18u.pcf フォントと song24u.pcf フォントには、モンゴル文字、チベット文字、
イ文字およびウィグル文字を含む、パターンが GB18030 で定義されているすべての 2
バイトまたは 4 バイト文字が含まれています。これらの文字には、ISO10646-1:2000
で定義されているコードポイントが割り当てられます。これらのフォントは、簡体字中
国語用に使われるように設計されているので、他の地域 / 国用に設計された他の
iso10646.2000 フォントと区別するために、CHARSET_ENCODING フィールドに -cn
が含まれています。
CDE
CDE は、新しい中国語のロケールである zh_CN.gb18030 をサポートします。ユー
ザーはログイン時に新しいロケールを選択できます。CDE は、zh_CN.hp15CN ロケー
ルと同様のすべての CDE コンポーネントのローカリゼーションを行うので、ユーザー
は GB18030 文字を入力、表示、および印刷することができます。
Streams PTY driver
Streams PTY line discipline module (LDTERM) は、GB18030 をサポートするように
変更されました。これは eucset コマンドによって有効になり、dtterm によって
GB18030 文字の処理と表示を行うために使われます。ユーザーがこのドライバに直接
対応することはありません。
影響
ベースの GB18030 製品 ( すべてのシステムにインストール ): 約 25MB。
zh_CN.gb18030 ロケールを実行するためにメモリーの追加は不要です。
アプリケーションで GB18030 サポートを有効にするには、LANG 環境変数を
zh_CN.gb18030 ロケールに設定する必要があります。
214
第9章
国際化機能
GB18030 標準
他の簡体字中国語ロケール zh_CN.hp15CN と zh_CN.utf8 と同じレベルで、GB18030
に対してもシステムレベルのソフトウェアローカリゼーションサポートが提供されま
す。
互換性について
この機能の追加による互換性の問題はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
eucset (1) のマンページに、GB18030 オプションが追加されました。
第9章
215
国際化機能
香港増補字符集 (HKSCS)
香港増補字符集 (HKSCS)
香港用に、Big5 符号化形式への HKSCS (Hong Kong Supplementary Character Set)
拡張のサポートがシステムレベルで提供されます。
HKSCS は、香港特別行政府 (HKSAR) によって 1999 年 9 月に制定された 4,702 文字
の集合です。これらの文字は香港地域特有のもので、香港におけるコンピュータ処理で
共通の文字セットとして使われることを目的にしています。
変更の要約
HKSCS 文字の入力、保存、検索、表示および印刷を行えるように、システムレベルの
サポートが行われています。このサポートは、Unicode 2.1 と ISO 10646-1:1993 標準
で制定されたレパートリをベースにしています。
HP-UX 11i バージョン 1.6 での HKSCS サポートは、新しいロケール、iconv コンバー
タ、フォント、Xlib の変更、CDE、入力メソッド、プリンターモデルファイルによっ
て行われます。
変更の詳細
HKSCS が制定した Big5 符号化形式内の文字レパートリをサポートするために、新し
いロケール zh_HK.hkbig5 が提供されます。
このロケールは、HP-UX 11i バージョン 1.0 で最初にリリースされた zh_HK.big5 ロ
ケールの名前を変更したものです。zh_TW.big5 ロケールのコードセット名と競合する
結果、HKSCS 文字の表示に予期しない結果が発生する可能性があったので、名称変更
が必要でした。
HKSCS big5 符号化形式、Unicode、および UTF-8 間の変換を行うために、新しい
iconv コンバータが用意されました。
追加されたコンバータテーブルは、次のとおりです。
•
hkbig5 <-> ucs2
•
hkbig5 <-> utf8
X11R6 Xlib が zh_HK.hkbi5 ロケールをサポートするために機能拡張されました。
HKSCS で定義された文字を、CDE と X ウィンドウシステムで表示するため、5 つの
新しいビットマップフォントが提供されました。従来の HP ラインプリンター、PCL5
をサポートする Laserjet プリンター、および ESC/P 互換のサードパーティープリン
ターですべての HKSCS 文字を印刷できるように、プリンターモデルファイルも機能
拡張されました。
216
第9章
国際化機能
香港増補字符集 (HKSCS)
ビットマップフォント
次の 5 つの新しいビットマップフォントが、fonts.alias とともに
/usr/lib/X11/fonts/hp_chinese_t/75dpi に用意されています。
表 9-5 新しい HKSCS ビットマップフォント
ファイル名
フォント名
sung18hh.pcf
-hp-sung-medium-r-normal--18-180-75-75-c-160-hphkbig5-
sung24hh.pcf
-hp-sung-medium-r-normal--24-240-75-75-c-240-hphkbig5-
sung34hh.pcf
-hp-sung-medium-r-normal--34-340-75-75-c-340-hphkbig5-
sung42hh.pcf
-hp-sung-medium-r-normal--42-420-75-75-c-420-hphkbig5-
sung50hh.pcf
-hp-sung-medium-r-normal--50-500-75-75-c-500-hphkbig5-
これらのフォントには、標準のコードポイントに割り当てられている、すべての Big5
および HKSCS 文字が含まれています。
入力メソッド
xtim 入力メソッドによって、HKSCS 文字を生成する big5 内部コード入力メソッドが
使えるようになります。ユーザーは 1 文字当たり 4 桁の 16 進数字を入力する必要があ
ります。
印刷
PCL5.nloo は、プリンターモデルファイルであり、マルチバイトフォントの DIMM が
装備されていない LaserJet (PCL5 エミュレーション ) でアジアのマルチバイト文字を
含むテキストファイルを印刷するために、lp サブシステムで使われます。PCL5.nloo
は、印刷オプションとして zh_HK.hkbig5 を指定したときに、Big5 または HKSCS 文
字を含むテキストファイルを印刷するために機能拡張されました。PCL5.nloo は、
LaserJet にフォント DIMM が取り付けられていても、アジア言語のフォント DIMM
を使いません。
ESCP は、ESC/P をエミュレーションするプリンターでアジアのマルチバイト文字を
印刷するための別のモデルファイルです。プリンターにアジアフォントをインストール
しておく必要があります。
hpc1200at は、HP の従来の HP C1200A/C1205A ラインプリンターで印刷するための
別のモデルファイルです。プリンターに Big5 フォントをインストールしておく必要が
あります。
第9章
217
国際化機能
香港増補字符集 (HKSCS)
HKSCS に関する主な印刷オプションは、次のとおりです。
表 9-6 HKSCS の主なプリントオプション
オプション
動作
zh_HK.hkbig5
Big5 と HKSCS のテキスト入力を割り当て
る
half または 2
1 文字幅に 2 文字の印刷
quarter または 4
1 文字幅に 4 文字の印刷
udc または udcf
UDC ファイルを印刷する
218
第9章
国際化機能
香港増補字符集 (HKSCS)
共通デスクトップ環境 (CDE)
CDE は、HP-UX 11i バージョン 1.0 が zh_TW.big5 ロケールに対し
て行っていたのと同じレベルで、zh_HK.hkbig5 ロケールをサポート
します。
ユーザー定義文字 (UDC)
UDC ファイルの作成と変更を行うための UDC エディターである
xudced が、zh_HK.hkbig5 ロケールで使えるように機能拡張されま
した。このロケールが指定されると、HKSCS で定義されるコードポ
イントから開始します。作成した UDC は、udc または udcf オプ
ションを指定して、上述のプリンターに印刷できます。
影響
ベースの製品 ( すべてのシステムにインストール ): 約 7MB の追加ディスクスペースが
必要です。
zh_HK.hkbig5 ロケールを実行するためにメモリーの追加は不要です。
互換性について
HP-UX 11i で提供された zh_HK.big5 は HP-UX 11i バージョン 1.6 以降では
zh_HK.hkbig5 と名称変更されました。zh_TW.big5 ロケールとのコードセット名の表
示競合を避けるためです。
HP-UX 11i バージョン 1.0 でロケール名 zh_HK.big5 を使用していたアプリケーショ
ンは、HP-UX 11i バージョン 1.6 以降では zh_HK.hkbig5 ロケールを使う必要があり
ます。
zh_HK.hkbig5 の動作は、UDC コード領域を除いて、zh_HK.big5 と上位互換性を持
つように設計されています。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
第9章
219
国際化機能
香港増補字符集 (HKSCS)
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
220
第9章
国際化機能
ATOK X 日本語入力メソッド
ATOK X 日本語入力メソッド
HP-UX 11i バージョン 1.6 は、日本市場で普及している入力メソッドの ATOK X を含
んでいます。ATOK X は、CDE と X ウィンドウシステムで使われます。
変更の要約
ATOK8 を機能拡張した ATOK X が、このリリースで導入されました。SuperATOK カ
ナ漢字変換エンジンを含み、より快適で効果的な日本語入力を可能にします。ATOK8、
VJE-γ および EGBridge 入力メソッドのユーザー定義辞書の移行機能とキーマッピン
グも提供しています。
ATOK X は一部の Linux ディストリビューションでも使われている (Linux 用 ATOK
X) ので、HP-UX 11i バージョン 1.6 では、Linux ユーザーに親しまれているルックア
ンドフィールと互換性がある日本語入力メソッドを提供しています。
変更の詳細
[dtimsstart] メニューが変更され、新しいエントリー [ATOK X] が追加されました。
ユーザーは一連のログインセッションで、メニューから ATOK X を選択できます。
ATOK X の機能は、次のとおりです。
•
SuperATOK カナ漢字変換エンジン
•
誤った入力に対するリアルタイムの警告
•
コンテキストを分析して適切な単語を選択
•
あいまい入力に対する自動訂正
•
さまざまなカスタマイズ機能
•
さまざまな辞書操作
•
郵便番号辞書
•
既存の日本語入力メソッドのユーザー定義辞書の移行機能およびキーマッピング設
定
•
オンライン HTML ヘルプ
注記
第9章
HP-UX 11i バージョン 1.0 の ATOK X プレビューリリースでは、これ
らの機能に制約がありました。
221
国際化機能
ATOK X 日本語入力メソッド
影響
影響はありません。
互換性について
ATOK X 入力メソッドは、このリリースで最初であるため、互換性の問題はありませ
ん。また、ユーザーの便宜のために、ATOK X は、ATOK8、VJE-γ および EGBridge
入力メソッドのユーザー定義辞書とキーマッピングの移行機能が提供されています。
ユーザーは以前の日本語入力メソッドから、ATOK X に簡単に移行することができま
す。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
VJE-γ および EGBridge 入力メソッドが廃止されました。HP-UX 11i バージョン 1.6
以降のリリースではサポートされません。これらの入力メソッドを使っていたユーザー
は、ATOK X もしくは別の日本語入力メソッドを使用することをお勧めします。さま
ざまの移行機能とオンラインヘルプによって、ATOK X へ簡単に移行できます。
ドキュメント
詳細は、ATOK X のフロントパネルの [ ヘルプ ] アイコンを選択して、ATOK X オンラ
インヘルプを参照してください。
222
第9章
国際化機能
日本ベンダ協議会 (JVC) iconv コンバータ
日本ベンダ協議会 (JVC) iconv コンバータ
日本のコンピューティング環境におけるデータ共有の相互互換性を向上させるため、新
しい iconv コンバータが用意されています。
変更の要約
オープングループ日本ベンダ協議会 (TOG/JVC) CDE/Motif 技術検討 WG による、日
本のコンピューティング環境で ISO 10646/Unicode/JIS-0221 の相互互換性を保証する
ための推奨案に準拠した、新しい日本語 iconv コンバータテーブルが用意されていま
す。
注記
JIS-0221 は、ISO-10646:1993 および Unicode 2.1 と同等の日本国内標
準です。
TOG/JVC は、一部の文字について、3 つのコンバータマッピングを公式化しました。
マッピングは、次のとおりです。
•
厳密な JIS-0201 標準の解釈に基づく JIS-0221
•
現在の ASCII ベース ( すなわち、UNIX) 環境と共存性の大きい拡張 JIS-0221
•
マイクロソフトの日本語マッピングに基づく JIS-0221
iconv コンバータテーブルが用意されています。これらのテーブルは、HP の EUC お
よび Shift-JIS (SJIS) 文字を、厳密な JIS-0201 標準の解釈に基づく文字とマイクロソ
フト ™ の Unicode および UTF-8 マッピングに基づく文字に変換します。拡張
JIS-0221 変換マッピングは、すでに HP-UX でサポートされています。
変更の詳細
EUC および Shift-JIS (SJIS) と Unicode および UTF-8 で相互変換を行うためのマッ
ピングをサポートするために、8 つの新しい iconv コンバータテーブルが用意されてい
ます。
新しい変換は、次のとおりです。
•
eucJP0201 <-> ucs2 JIS-0201 の解釈
•
eucJPMS <-> ucs2 Microsoft の解釈
•
sjis0201 <-> ucs2 JIS-0201 の解釈
•
sjisMS <-> ucs2 Microsoft の解釈
第9章
223
国際化機能
日本ベンダ協議会 (JVC) iconv コンバータ
次のテーブルは、EUC を、異なる解釈の Unicode 文字マッピング間で変換する場合
の、コンバータテーブル間のマッピング差異を示しています。
注記
拡張 JIS-0201 (Unix) マッピングは、HP-UX ですでに利用できますが、
この表では eucJP と記述されています。
表 9-7 EUC/Unicode 文字のマッピング変換
EUC :
eucJP0201
eucJP
eucJPMS
UCS2 mapping UCS2 mapping
UCS2 mapping
------------------------------------------------0x5C
0x00A5 ----- 0x005C
0x005C
0x7E
0x203E ----- 0x007E
0x007E
0xA1B1
0xA1C0
0xA1EF
0xFFE3 ----- 0x203E
0x005C ----- 0xFF3C
0xFFE5 ----- 0x00A5
---------
0xFFE3
0xFF3C
0xFFE5
0xA1BD
0xA1C1
0xA1C2
0xA1DD
0xA1F1
0xA1F2
0xA2CC
0x2014
0x301C
0x2016
0x2212
0x00A2
0x00A3
0x00AC
0x2014
0x301C
0x2016
0x2212
0x00A2
0x00A3
0x00AC
-----------------------------
0x2015
0xFF5E
0x2225
0xFF0D
0xFFE0
0xFFE1
0xFFE2
0x8FA2B7 0x007E ----- 0xFF5E
0x8FA2C3 0x00A6
0x00A6
-----
0xFF5E
0xFFE4
次のテーブルは、SJIS を、異なる解釈の Unicode 文字マッピング間で変換する場合
の、コンバータテーブル間のマッピング差異を示しています。拡張 JIS-0201 (Unix)
マッピングはすでに HP-UX で提供されており、この表では SJIS と記述されています。
表 9-8 SJIS/Unicode 文字の
文字のマッピング変換
SJIS :
sjis0201
SJIS
sjisMS
UCS2 mapping
UCS2 mapping UCS2 mapping
--------------------------------------------------0x5C
0x00A5 ----- 0x005C
0x005C
0x7E
0x203E ----- 0x007E
0x007E
0x8150
0xFFE3 ----- 0x203E ----- 0xFFE3
0x815F
0x005C ----- 0xFF3C
0xFF3C
0x818F
0xFFE5 ----- 0x00A5 ----- 0xFFE5
0x815C
0x2014
0x2014 ----- 0x2015
0x8160
0x301C
0x301C ----- 0xFF5E
0x8161
0x2016
0x2016 ----- 0x2225
0x817C
0x2212
0x2212 ----- 0xFF0D
0x8191
0x00A2
0x00A2 ----- 0xFFE0
0x8192
0x00A3
0x00A3 ----- 0xFFE1
0x81CA
0x00AC
0x00AC ----- 0xFFE2
224
第9章
国際化機能
日本ベンダ協議会 (JVC) iconv コンバータ
影響
これらのコンバータには、0.6MB の追加ディスクスペースが必要です。
追加メモリーは不要です。
互換性について
この機能の追加に伴う互換性の問題はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第9章
225
国際化機能
VJE-γ
γ および EGBridge 日本語入力メソッドの廃止
VJE-γ
γ および EGBridge 日本語入力メソッドの廃止
2 つの日本語入力メソッド VJE-γ と EGBridge は、HP-UX 11i バージョン 1.6 で廃止
されました。
変更の要約
HP-UX 11i バージョン 1.6 以降の HP-UX のリリースでは、日本語入力メソッド
VJE-γ と EGBridge がサポートされません。HP-UX 11i バージョン 1.6 には、ユー
ザーが ATOK X に移行するための移行機能が提供されています。
変更の詳細
HP-UX 11i バージョン 1.6 以降の HP-UX のリリースでは、CDE と X ウィンドウシス
テムで使われていた 2 つの日本語入力メソッド VJE-γ と EGBridge がサポートされま
せん。これらの 2 つの日本語入力メソッドのエントリーは、[dtimsstart] メニューから
も削除されています。
VJE-γ および EGBridge を使っていたユーザーは、ATOK X へ簡単に移行できます。
ATOK X には、VJE-γ と EGBridge のキーマッピングをエミュレーションするモード
があります。ATOK X は、VJE-γ または EGBridge で作成、カスタマイズしたユー
ザー定義辞書をインポートできます。ATOK X のフロントパネルの [ ヘルプ ] アイコン
を選択して参照できる ATOK X オンラインヘルプには、ユーザー定義辞書のインポー
ト手順、キーマッピングエミュレーションの完全なリスト、および制限事項を説明して
いるセクションがあります。
影響
VJE-γ および EGBridge 入力メソッドのユーザーは、ATOK X 入力メソッドへの移行
が必要です。この変更による影響は、ATOK X で用意されている移行ツールによって
小さく抑えられています。
互換性について
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
226
第9章
国際化機能
VJE-γ
γ および EGBridge 日本語入力メソッドの廃止
廃止された機能
日本語入力メッソド VJE-γ と EGBridge は、HP-UX 11i バージョン 1.6 リリースで廃
止されました。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第9章
227
国際化機能
日本固有のコマンドとライブラリルーチン
日本固有のコマンドとライブラリルーチン
HP-UX 11i バージョン 1.6 では、HP-UX 11.00 リリースで削除したいくつかの日本固
有のコマンドとライブラリルーチンが復活しました。
変更の要約
このリリースでは、いくつかの日本語コード変換用コマンドとルーチン、文字処理ルー
チン、およびカナ漢字変換ルーチンが復活しました。これは、既存の HP-UX
10.20/11.00/11i PA-RISC バイナリアプリケーションとのバイナリ互換性を持たせるの
が目的です。
これらの機能を使って新しいアプリケーション開発をサポートすることを目的にしてい
ないので、ヘッダーファイル、マンページ、およびネイティブな IPF ライブラリは提
供されません。これらのライブラリルーチンは、/usr/lib/libjpn.1 にあります。
変更の詳細
詳細は、用意されたコマンドとルーチンを説明している
/usr/share/doc/JpnCmdLib.txt を参照してください。
影響
影響はありません。
互換性について
互換性への影響はありません。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
228
第9章
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
ギリシャ語ユーロのサポート
サポートされているギリシャ語ロケールにユーロのシステムレベルでのサポートが追加
されました。
2000 年 7 月にギリシャは他の 11ヶ国に加わりユーロを通貨として採用することを決定
しました。完全な移行は、2002 年 1 月 1 日に行われました。
変更の要約
2 つのギリシャ語ロケール el_GR.utf8 と el_GR.iso88597 で、ユーロの入力、保存、検
索、表示および印刷を行えるように、システムレベルのサポートが行われました。
ギリシャ語ユーロのサポートは、ロケール、iconv コンバータ、フォント、Xlib、およ
び CDE で行われます。
ギリシャ語に対してサポートされるユーロのレベルは、西欧諸国に対して HP-UX
11.00 Extension Pack (1999 年 5 月 ) と HP-UX 11i バージョン 1.0 でサポートされた
レベルと同じです。
•
@euro 修飾子を使う二重通貨サポート
•
ユーロの表示および処理機能
•
ギリシャ語ロケールにおけるユーロの入力機能
•
他のギリシャ文字とともにユーロに対するプリンターサポート
変更の詳細
ユーロ対応のギリシャ語ロケールで次の変更が行われました。
el_GR.utf8 および el_GR.iso88597 ロケールに、ユーロを含む次の 4 つの文字が追加さ
れました。
表 9-9 ギリシャ語ロケールの新しい文字
文字名
ISO-88597
コードポイン
ト Unicode
UTF-8
ユーロ
0xA4
0x20AC
0xE282AC
ドラクマ記号
0xA5
0x20AF
0xE282AF
ギリシャ語下書きイオタ
0xAA
0x037A
0xCDBA
ギリシャ語疑問符
0xAE
0x037E
0xCDBE
第9章
229
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
el_GR.utf8 ロケールのバイナリも、このリリースの一部として出荷されます。以前は、
ユーザーが個別にビルドできるように、GR.utf8 ソースファイルだけを提供していまし
た。
ロケール固有の通貨処理とフォーマッティングは、次のとおりです。
LANG 環境変数あるいは LC_* 環境変数がこれらのユーロ対応のロケールに設定され
ると、( ドラクマベースの ) 従来のアプリケーションをサポートするために、ギリシャ
の通貨フォーマッティング規則が使われます。これらのロケールでユーロの通貨フォー
マッティング規則を使うには、LC_MONETARY 環境変数に、必要なロケール名を
@euro 修飾子を付けて設定します。
たとえば、ギリシャ語 UTF-8 ロケールでユーロを通貨として指定するには、次のよう
に strfmon (3C) などで使われる環境変数を設定して、通貨フォーマッティングを有効
にします。
LANG=el_GR.utf8
[email protected]
ギリシャ語ユーロのデータ変換 (iconv) は次のとおりです。
ISO-88597 に追加された 4 つの文字 ( ギリシャ語ロケールの項の表を参照 ) を UTF-8
と Unicode に変換するために、ギリシャ語の iconv コンバータがアップデートされま
した。
拡張されたコンバータテーブルは、次のとおりです。
iso87 <--> ucs2
iso87 <--> utf8
ギリシャ語 EBCDIC ( コードページ 875) と UTF-8/Unicode 間のデータ変換をサポー
トするために、新しい iconv コンバータも追加されました。
追加されたコンバータテーブルは、次のとおりです。
greee <--> ucs2
greek <--> utf8
ISO-88597 とギリシャ語 EBCDIC のコンバータはユーロをサポートするために拡張さ
れ、IBM が定義したコードページ 875 のマッピングに適合するように調整されました。
コードページ 875 のマッピングに調整されたコンバータテーブルは、次のとおりです。
greee <--> iso87
230
第9章
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
次のテーブルは、ISO-88597 からギリシャ語 EBCDIC/ コードページ 875 への変換
(iso87=greee) において変更されたコードマッピングを示しています。
表 9-10 ISO-88597 からギリシャ語 EBCDIC へのコードマッピング変更
へのコードマッピング変更
ISO-88597
コードページ 875
(訂正前)
コードページ 875
(訂正後)
0X27
0Xd0
0X7d
0X40
0Xff
0X7c
0X5c
0Xff
0Xe0
0X7b
0Xff
0Xc0
0X7c
0Xff
0X6a
0X7d
0Xff
0Xd0
0X7e
0Xff
0Xa1
0Xa0
0Xff
0X74
0Xa1
0X79
0Xce
0Xa2
0Xd0
0Xde
0Xa3
0X7b
0Xb0
0Xa4
0Xff
0Xfc
0Xa6
0Xff
0Xdf
0Xa7
0x7c
0Xeb
0Xa8
0Xa1
0X70
0Xa9
0X83
0Xfb
0Xab
0X4c
0Xee
0Xac
0Xff
0Xef
0Xad
0X60
0Xca
0Xaf
0Xca
0Xcf
0Xb0
0Xe0
0X90
0Xb2
0Xf2
0Xea
0Xb3
0Xf3
0Xfa
第9章
231
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
表 9-10 ISO-88597 からギリシャ語 EBCDIC へのコードマッピング変更
へのコードマッピング変更
( 続き )
ISO-88597
コードページ 875
(訂正前)
コードページ 875
(訂正後)
0Xb4
0X7d
0Xa0
0Xb5
0X7d
0X80
0Xb7
0X4b
0Xdd
0Xbb
0X6e
0Xfe
0Xbd
0Xea
0Xdb
0Xc0
0Xb5
0Xcc
0Xda
0X49
0X68
0Xdb
0X63
0X69
0Xe0
0Xb7
0Xcd
次のテーブルは、ギリシャ語 EBCDIC/ コードページ 875 から ISO-88597 への変換
(greee=iso87) において変更されたコードマッピングを示しています。
表 9-11 ギリシャ語 EBCDIC/ コードページ 875 から ISO-88597 へのコード
マッピングの変更
コードページ 875
ISO-88597
(訂正前)
ISO-88597
(訂正後)
0X7
0X7f
0X9f
0X68
0Xff
0Xda
0X69
0Xff
0Xdb
0X6a
0Xff
0X7c
0X70
0Xff
0Xa8
0X74
0Xff
0Xa0
0X7b
0Xa3
0X23
0X7c
0Xa7
0X40
0X7d
0Xb4
0X27
0X80
0Xff
0Xb5
232
第9章
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
表 9-11 ギリシャ語 EBCDIC/ コードページ 875 から ISO-88597 へのコード
マッピングの変更 ( 続き )
コードページ 875
ISO-88597
(訂正前)
ISO-88597
(訂正後)
0X90
0Xff
0Xb0
0Xa0
0Xff
0Xb4
0Xa1
0Xa8
0X7e
0Xb0
0Xff
0Xa3
0Xc0
0Xff
0X7b
0Xca
0Xaf
0Xad
0Xcc
0Xff
0Xc0
0Xcd
0Xff
0Xe0
0Xce
0Xff
0Xa1
0Xcf
0Xff
0Xaf
0Xd0
0X27
0X7d
0Xdb
0Xff
0Xbd
0Xdd
0Xff
0Xb7
0Xde
0Xff
0Xa2
0Xdf
0Xff
0Xa6
0Xe0
0Xb0
0X5c
0Xea
0Xbd
0Xb2
0Xeb
0Xff
0Xa7
0Xee
0Xff
0Xab
0Xef
0Xff
0Xac
0Xfa
0Xff
0Xb3
0Xfb
0Xff
0Xa9
0Xfc
0Xff
0Xa4
0Xfe
0Xff
0Xbb
第9章
233
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
注記
次の 3 つの文字は、現在、ギリシャ語 EBCDIC コードページ 875 で
コードポイントを定義されていません。したがって、ISO-88597、
Unicode あるいは UTF-8 のいずれから変換しても、これらの文字はギ
リシャ語 EBCDIC の未定義文字 (0xFF) にマップされます。これらの 3
つの文字は、これらのコードセット間で変換を行っているうちに、抜け
落ちる可能性があります。
表 9-12 ギリシャ語 EBCDIC の未定義文字
ISO-88597
ギリシャ語
Unicode
EBCDIC
(CP 875)
文字
0xa5
0x20af
< 未定義 ->
ドラクマ記号
0xaa
0x037a
< 未定義 ->
ギリシャ語下書きイオタ
0xae
0x037e
< 未定義 ->
ギリシャ語疑問符
ギリシャ語ユーロの表示
X11R6 Xlib は、el_GR.iso88597 および el_GR.utf8 ロケールで実行中にユーロをサ
ポートするように拡張されました。
ISO-88597 の 4 つの新しい文字をサポートするために、新しいフォントグリフが追加
されました。CDE は el_GR.utf8 ロケール用に XlocaleDB を用意しており、この新し
い XlocaleDB によって、el_GR.utf8 はアップデートされた ISO-88597 を使ってユーロ
を表示します。
ギリシャ語ユーロの入力
ギリシャラテンキーボードでユーロ記号を入力するために、追加のキーマップサポート
が加わりました。新しいキーマップ (PS2_DIN_Greek_Euro) でユーロを入力するに
は、[AltGr+5] キーを使います。
また、US English キーボードを使っている場合は、ユーロ記号が [AltGr+4] キーに
マップされている PS2_DIN_US_English_Euro キーマップを使うことができます。
CDE は、iso8859-7 ロケールでユーロの入出力が行えるようになりました。
追加された 3 つの文字は、どの Xserver キーマップでもキーが割り当てられていませ
ん。これは、これらの記号をアクティブにするキーシーケンスについて、X ウィンドウ
のベンダー間で標準が定義されていないためです。このため、業界でマッピングが明確
になったときに割り当てられます。
234
第9章
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
ギリシャ文字でのユーロの印刷
LaserJet プリンターでユーロとギリシャ文字を印刷するには、標準の lp コマンドを使
います。LaserJet プリンターには、ユーロ記号を含む常駐ギリシャ文字 / フォントセッ
トが必要です。このサポートがある現在の LaserJet プリンターモデルには、LaserJet
1220 と LaserJet 2200 があります。
ギリシャ文字 / フォントセットを選択するには、次のように、lp コマンドで -ocs12N
オプションを指定します。
lp -d [printer_name] -ocs12N -o [other_options] [print_filename]
影響
ベースのギリシャ語ユーロ製品 ( すべてのシステムにインストール ): 約 14.2MB の追加
ディスクスペースが必要です。
el_Gr.iso88597 と el_GR.utf8 のいずれのロケールを実行する場合でもメモリーの追加
は不要です。
互換性について
ISO-88597 とギリシャ語 EBCDIC (CP 875) 間の iconv コンバータは、以前のリリース
と異なる結果を生成します。HP-UX 11i バージョン 1.6 では、正しい変換マッピング
を行うために、これらのテーブルを訂正しました。
以前のバージョンの HP-UX に格納されているギリシャ語でコード化された従来のデー
タは、HP-UX 11i バージョン 1.6 システムに移行する前に、ギリシャ語 EBCDIC から
ISO-88597 に変換することをお勧めします。
性能
性能への影響はありません。
廃止された機能
廃止された機能はありません。
ドキュメント
ドキュメントの変更はありません。
第9章
235
国際化機能
ギリシャ語ユーロのサポート
236
第9章
索引
数字
64 ビット PAM, 172
A
Apache, 189
API
GSS, 176
ARIES, 184
ARIES バイナリトランスレータ , 184
ATOC X 日本語入力メソッド , 221
C
CORE libm, 149
E
EDBridge 日本語入力メソッド , 226
ELF, 139
Enterprise Cluster マスター (ECM) ツー
ルキット , 87
Event Monitoring Service (EMS), 180
F
Fibre Channel Tachlite ドライバ , 53
Fortran 90, 129
G
GB18030 標準 , 211
GSS-API, 176
I
IA-64 アセンブラ , 131
IDS/9000, 196
Intrusion Detection System, 196
IPF アセンブラ , 131
MC/ServiceGuard クォーラムサーバー ,
83
MLIB, 112
Multi-computer (MC)/ServiceGuard, 81
MxN スレッドモデル , 159
N
Netscape Communicator, 186
Nodal Network Communication (NNC),
79
P
PAM
Kerberos, 174
PA-RISC アプリケーション , 184
Pthread Library, 151
Pthread ライブラリ , 163
R
README, 34
S
ScaLAPACK, 112
SCSI
カード , 51, 52
SCSI ドライバ , 51, 52
ServiceGuard, 81
ECM ツールキット , 87
Extension for RAC, 84
Manager, 86
Multi-Computer, 81
OPS Edition, 84
クォーラムサーバー , 83
Software Transition Kit (STK), 182
T
J
TrueType フォント , 208
Judy ライブラリ , 165
V
K
kcweb, 71
Kerberos, 174
Kernel Configuration, 71
Kernel Event Notification (KEN), 76
KRB5-Client, 176
L
Link Editor, 134
M
mbuf 機能 , 99
索引
VJE-γ 日本語入力メソッド , 226
VUEtoCDE, 199
W
web
ブラウザ , 186
web サーバー , 189
Web サイト , 34
Welcome ページ , 34
あ
アジア言語用フォント , 208
237
索引
アプリケーション
elfdump, 139
SAM-NNC, 79
い
インターネットサービス , 100
お
オンライン診断 , 205
か
カーネル
Event Notification, 76
kcweb, 71
KEN, 76
LVM, 90
mbuf, 99
TechSysConf パラメータ , 44
調整可能パラメータ , 73
rbootd, 100
rcommand, 100
rexecd, 100
rwhod, 100
sam, 77
sar, 64
scanf, 147
sendmail, 100
strtod, 147
telnetd, 100
top, 64
uptime, 64
WU_FTPD, 100
乱数 , 169
コンバータ
iconv, 223, 229
さ
サポートされているシステム , 43
き
旧バージョンのリリースノート , 33
共通デスクトップ環境
VUEtoCDE, 199
ライブラリ , 167
共通デスクトップ環境 (CDE), 198
ギリシャ語ユーロのサポート , 229
し
システム管理マネージャ (SAM), 77
システムコール , 142
dlopen, 142
shl_load, 142
自動マウンター , 98
シャドウパスワード , 194
情報源 , 34
け
言語
Fortran, 129
す
スパース BLAS, 112
こ
構成 , 37
kernel, 71
国際化機能 , 207
コマンド
BIND, 100
chartr, 137
dld, 144
dld.so, 140
gated, 100
iconv, 223
id, 64
kcmond, 71
kcweb, 71, 77
krmond, 71
ld, 134, 144
mpsched, 64
printf, 147
ps, 64
psrset, 64
238
た
ダイナミックローダー , 140, 144
ち
調整可能
ndd, 94
カーネルパラメータ , 73
調整可能カーネルパラメータ , 73
つ
ツール
VUEtoCDE, 199
オンライン診断 , 205
て
テクニカルシステム構成 , 44
と
ドライバ
索引
索引
scsi, 51, 52
Tachlite, 53
に
日本固有のコマンド , 228
日本固有のライブラリルーチン , 228
日本ベンダ協議会 (JVC) コンバータ , 223
入力メソッド
ATOK X, 221
EDBridge, 226
VJE-γ, 226
ね
ネットワークトランスポート , 94
ふ
フォント
アジア言語 , 208
プラグイン認証モジュール (PAM), 172
プログラミング
メッセージパッシングインタフェース
(MPI), 152
プロセッサセット , 64
分散コンピューティング環境 (DCE), 178
libjpn, 228
libm, 149
libpthread, 151, 159, 163
libtt, 167
pa_book32.so, 184
PAM, 172
pthread, 151, 163
乱数ジェネレータ , 169
り
リリースノート , 31
リンカー , 144
ろ
論理ボリュームマネージャ (LVM), 90
ん
数学ライブラリ , 149
ほ
ホワイトペーパー , 35
香港補足文字セット , 216
ま
マニュアルページ , 34
め
メッセージパッシングインタフェース
(MPI), 152
も
文字セット
GB18030, 211
ギリシャ語ユーロ , 229
香港補足 , 216
ら
ライブラリ
aC++, 126
aries32.so, 184
C, 146
CDE, 167
Judy, 165
libc, 146, 147
libDtSvc, 167
索引
239
索引
240
索引
Fly UP