...

授業科目名 教 員 氏 名 学 年 開 講 学 期 授 業 形 態 単 位 数 必修

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

授業科目名 教 員 氏 名 学 年 開 講 学 期 授 業 形 態 単 位 数 必修
授業科目名
器楽(ピアノ以外の楽器)
教員氏名
田村 彰利
学
年
2年
開講学期
前期
授業形態
演習
単
1単位
位
数
必 修・選 択
選択
テ
ギター・コード伴奏法入門
ー
マ
授業の到達目標
・ギターおよびギター奏法の基礎知識を習得する。
・ギターによるやさしいコード伴奏や子どもの歌等の弾き語りができ
るようにする。
授業の概要
アコースティック・ギター(フォークまたはクラシック)を用い
て、ギター奏法の基礎とコード伴奏法の初歩を学びます。(注:ギタ
ーは各自で持参)
授業は少人数グループレッスンと個別レッスンを併用した形で行い
ますが、演奏技術の向上を目指すと共に、アンサンブルの楽しさも学
んでいきます。
項 目
内 容
第 1 回 オリエンテーション 授業内容、
教材について 他
第 2 回 ギターコード伴奏法入門(1) 英語音名とコードネームについて、奏法と楽譜の基礎知識
授業計画
第 3 回 〃
(2) ギター奏法の基礎とチューニングのやり方 他
第 4 回 〃
(3) 音階、やさしいメロディー、やさしいコードの練習 他(1)
第 5 回 〃
(4)
第 6 回 〃
(5) 各種コードの練習、応用曲の伴奏練習(1)
〔ロンドン橋 他〕
第 7 回 〃
(6)
〃 (2)
〔聖者の行進、
ジングルベル 他〕
第 8 回 〃
(7)
〃 (3)
〔四季の歌 他〕
第 9 回 〃
(8)
〃 (4)
〔ぶんぶんぶん 他〕
第10回 〃
(9)
〃 (5)
〔ドキドキドン一年生 他〕
第11回 〃
(10)
〃 (6)
〔小さな世界、大きな古時計 他〕
第12回 〃
(11)
〃 (7)
〔世界中の子どもたちが 他〕
第13回 〃
(12) ギター・コード伴奏による応用アンサンブル
(1)
第14回 〃
(13)
第15回 演奏発表
テキスト
参考書
成績評価方法
〃 (2)
〃 (2)
課題曲の発表
・
「4週間超独習 実戦アコギ入門」
(ヤマハミュージックメディア編著)
・補助教材プリント集(授業中に配布)
授業時に紹介
実技試験〔70%〕、出席〔10%〕、授業態度
(課題への取り組みの積極性など)
〔20%〕
Fly UP