...

OpenView Operations for Windows 7.5 ポリシーの管理と配布

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

OpenView Operations for Windows 7.5 ポリシーの管理と配布
OpenView Operations for Windows 7.5
ポリシーの管理と配布
この PDF は、便宜上の目的で提供されており、
オンライン ヘルプと同じ内容を含んでいます。
ただし、一部のインタラクティブなページは除きます。
目次
ポリシーの管理と配布 ..................................................................................................................................................................................................................................4
ポリシー管理および配布サーバー ..........................................................................................................................................................................................................5
ポリシーの管理................................................................................................................................................................................................................................................6
ポリシー タイプ ...........................................................................................................................................................................................................................................6
ポリシー グループ .....................................................................................................................................................................................................................................6
ポリシーの開発................................................................................................................................................................................................................................................7
ポリシーのプロパティ.....................................................................................................................................................................................................................................8
ポリシーに関連する情報 ........................................................................................................................................................................................................................8
ポリシー タイプに関連する情報...........................................................................................................................................................................................................8
ポリシーのバージョン ....................................................................................................................................................................................................................................9
サーバーとノードの編成............................................................................................................................................................................................................................ 10
配布関連のタスク ........................................................................................................................................................................................................................................ 11
配布ジョブ ....................................................................................................................................................................................................................................................... 12
すべてのポリシーとパッケージの再配布............................................................................................................................................................................................ 13
ポリシーとインストルメンテーションの再配布 ................................................................................................................................................................................... 15
Windows コンピュータへのエージェントのインストール ................................................................................................................................................................. 17
Windows コンピュータへの OpenView Operations エージェントのインストール ............................................................................................................. 17
Windows エージェントの手動インストール.......................................................................................................................................................................................... 18
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール ........................................................................................................................................................................ 34
ポリシーまたはポリシー グループの配布 .......................................................................................................................................................................................... 87
UNIX コンピュータ上のエージェントのアンインストール................................................................................................................................................................ 89
Windows システムからエージェントを手動で削除する .................................................................................................................................................................. 91
ポリシーのインポート.................................................................................................................................................................................................................................. 92
使用方法.................................................................................................................................................................................................................................................... 92
OpenView Operations for UNIX Operations テンプレートの OpenView Operations for Windows ポリシーへの変換..................................... 93
並行配布ジョブの最大数の変更............................................................................................................................................................................................................ 95
最大並行ジョブ数を変更するには ................................................................................................................................................................................................... 95
ジョブの中断 .................................................................................................................................................................................................................................................. 96
個々のジョブを中断するには............................................................................................................................................................................................................. 96
全管理ノードのすべてのジョブを中断するには.......................................................................................................................................................................... 96
ジョブの取り消し........................................................................................................................................................................................................................................... 97
個々のジョブを取り消すには ............................................................................................................................................................................................................. 97
単一管理ノードのすべての保留ジョブを取り消すには............................................................................................................................................................ 97
全管理ノードのすべてのジョブを取り消すには .......................................................................................................................................................................... 97
ジョブの表示 .................................................................................................................................................................................................................................................. 98
完了していないジョブを表示するには ............................................................................................................................................................................................ 98
ジョブの再起動 ............................................................................................................................................................................................................................................. 99
個々のジョブを再起動するには........................................................................................................................................................................................................ 99
単一管理ノードのすべての保留ジョブを再起動するには ...................................................................................................................................................... 99
全管理ノードのすべてのジョブを再起動するには..................................................................................................................................................................... 99
ノードの必要条件チェックを行わないジョブ再起動 ...................................................................................................................................................................... 100
ノードの必要条件チェックを行わないで配布ジョブを再起動するには.............................................................................................................................100
プログラムの配布 ......................................................................................................................................................................................................................................101
配布パッケージの配布 ............................................................................................................................................................................................................................104
配布パッケージを配布するには .....................................................................................................................................................................................................104
パッケージの同期 ......................................................................................................................................................................................................................................105
管理サーバーのパッケージ インベンントリの更新..................................................................................................................................................................105
ノードからのパッケージの削除.............................................................................................................................................................................................................106
ノードからのポリシーの削除..................................................................................................................................................................................................................107
管理ノードからポリシーを削除するには......................................................................................................................................................................................108
ノードからのポリシーの手動削除........................................................................................................................................................................................................110
ノードからポリシーを手動削除するには......................................................................................................................................................................................110
2
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
配布に関するトラブルシューティング .................................................................................................................................................................................................112
カテゴリ ..........................................................................................................................................................................................................................................................113
ポリシー関連のタスク...............................................................................................................................................................................................................................114
新しいポリシーの作成..............................................................................................................................................................................................................................115
ポリシーの保存...........................................................................................................................................................................................................................................116
ポリシーを保存するには....................................................................................................................................................................................................................116
ポリシーの変更...........................................................................................................................................................................................................................................117
バージョンの古いポリシーの編集 .......................................................................................................................................................................................................118
ポリシーの保存 (名前を付けて保存する) ........................................................................................................................................................................................119
ポリシーの無効化......................................................................................................................................................................................................................................120
ポリシーを無効にするには ...............................................................................................................................................................................................................120
ポリシーの有効化......................................................................................................................................................................................................................................121
無効になっているポリシーを有効にするには............................................................................................................................................................................121
ポリシーのプロパティの表示 .................................................................................................................................................................................................................122
ノード上のポリシーの更新......................................................................................................................................................................................................................123
インストールされているポリシーの表示............................................................................................................................................................................................124
ポリシー インベントリ レポートの作成................................................................................................................................................................................................125
ポリシーのバージョンの変更.................................................................................................................................................................................................................126
ポリシー プロパティの変更 ....................................................................................................................................................................................................................127
ポリシーのカテゴリまたは説明を変更するには .......................................................................................................................................................................127
ポリシー ビュー フィルタ..........................................................................................................................................................................................................................128
このウィンドウにアクセスするには.................................................................................................................................................................................................128
最新バージョンへの更新 ........................................................................................................................................................................................................................129
ポリシーの一括操作.................................................................................................................................................................................................................................130
インストールされているポリシーまたはパッケージの表示 ........................................................................................................................................................131
ポリシー グループへのポリシーの追加 ............................................................................................................................................................................................132
ポリシー バージョンに関する仕様を変更するには .................................................................................................................................................................132
ポリシー グループからのポリシーの削除 ........................................................................................................................................................................................133
単一ポリシーを単一ポリシー グループから削除するには...................................................................................................................................................133
サーバーからのポリシー削除...............................................................................................................................................................................................................134
サーバーからポリシーを削除するには ........................................................................................................................................................................................134
ポリシー グループの削除.......................................................................................................................................................................................................................135
ポリシー グループを削除するには................................................................................................................................................................................................135
グループごとのポリシーの表示 ...........................................................................................................................................................................................................136
新しいポリシー グループの作成..........................................................................................................................................................................................................137
クラスタ対応アプリケーションの管理 .................................................................................................................................................................................................138
クラスタ対応アプリケーションを監視するには ..........................................................................................................................................................................138
Microsoft Cluster Service (MSCS) 固有の設定 ......................................................................................................................................................................142
クラスタ グループの状態..............................................................................................................................................................................................................142
クラスタ ノードの状態 ....................................................................................................................................................................................................................144
3
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの管理と配布
ポリシーは、管理ノード上のエージェントを制御するために使用される設定情報の集合です。OpenView Operations を使用
し、管理者はさまざまなコンピュータにポリシーを配布し、一貫したネットワーク管理を自動で行うことができます。
ポリシーは、大きく分けると、監視ポリシーと設定ポリシーに分けることができます。管理者は、監視ポリシーで、監視するイベントの種類、
監視の頻度、イベントにおける検索対象、および特定のイベント検出時の対応などを決定できます。設定ポリシーでは、エージェントが通
知を行う管理サーバー、バッファ ファイルの容量、ファイアウォールを介した通信の際のプロキシの設定を決定できます。
このヘルプ情報では、作成したポリシーの管理を容易にする OpenView Operations の構成ツールについて説明します。さらに、管理
ノードにポリシーを配布する方法についても説明します。
メモ
ポリシーを操作するには、適切なユーザー権限を持っている必要があります。詳細については、「ユーザー ロールに対するグ
ローバルおよびカテゴリ ベースの権限の設定」を参照してください。
OVO には、ポリシー エディタで使用できるコマンド ライン ユーティリティがいくつか用意されています。詳細については、ヘルプ トピック
「OVO Application Integration Guide」および「コマンド ライン ユーティリティ」を参照してください。
関連トピック
ƒ
ポリシー タイプの選択
ƒ
ポリシーの開発
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
4
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー管理および配布サーバー
PMAD (ポリシー管理および配布) は、OVO for Windows 管理サーバーが管理するノードに対する OVO ポリシーの配布と管理を担
当する、OVO コンポーネントの名称です。
PMAD サーバーは COM オブジェクトを Win32 サービスの形式で提供します。つまり、標準の Windows サービス マネージャで
PMAD サーバーの開始/停止を実行できます。PMAD を Windows サービスとして実行することは、システム フェールオーバー時にク
ラスタ ソフトウェアが要求に応じてサービスの停止/開始を行う必要のある高可用性環境で OVO for Windows 管理サーバーを実行
する場合、特に重要となります。
また、OVO for Windows 管理サーバーで OVO for Windows セキュリティ監査機能の有効化/無効化を行う場合、OVO 関連の
Windows サービスを手動で開始/停止できることが重要です。セキュリティ監査機能では、PMAD サーバーを監査して、名前の変更、
コピー、または編集が行われたポリシーの監視、および管理ノードに配布されたポリシーやパッケージの種類、配布を行った日時、担当
者などの監視が可能です。
関連トピック
ƒ
ポリシーの管理と配布の監査
ƒ
セキュリティ監査の有効化と無効化
5
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの管理
HP OpenView Operations では、ポリシー タイプおよびポリシー グループの 2 つの方法でポリシーを管理および整理できます。
ポリシー タイプ
ポリシー タイプは、ポリシーが管理する対象を定義する設定情報のセットです。各ポリシーは、それぞれ 1 つのポリシー タ
イプに属します。コンソール ツリー内の [タイプ別ポリシー] アイコンは、そのタイプのあらゆるポリシーを表します。ポリ
シー タイプ アイコンの下のポリシーをクリックしてポリシーを編集した場合、編集した新しいポリシーのバージョンは、ポリ
シー グループ内の古いバージョンを上書きしません。ポリシー フィルタの設定を調整して、表示されるポリシーを選別できま
す。
ポリシー グループ
ポリシー グループは作成できる任意のポリシーの集合です。ポリシー グループにはどのようなポリシーも含めることができま
すが、同一バージョンのポリシーを 2 つ同じグループに入れることはできません。ポリシー グループは必要な数だけ作成でき
ます。ポリシー グループには個別のポリシー、またはほかのポリシー グループを含めることができます。しかし、2 つのポリ
シー グループが互いに相手を含めることはできません。ポリシーの 1 つのバージョンは、複数のグループ内に含めることがで
きます。
ポリシー グループは各ポリシーの整理に役立ちますが、どのようにそれを行うかは管理者次第です。たとえば、管理対象のシステムの
種類別 (ワークステーションまたはサーバー)、オペレーティング システム別 (Windows NT または UNIX)、もしくは機能別 (ネットワ
ーク管理またはサービス管理) に、ポリシーをグループ化できます。
ポリシー グループ内のポリシー アイコンをクリックしてポリシーを編集した場合、ポリシーの新しいバージョンはそのグループ内のみに格
納されます。ほかのポリシー グループには、そのポリシーの古いバージョンがそのまま含まれますが、[最新バージョンへの更新] コマン
ドを実行すると、 ほかのポリシー グループ内のポリシーをすばやく更新できます (新しいバージョンに最新のバージョン番号が付けれら
ている場合は、ポリシー タイプ アイコンにはそのバージョンが表示されます)。ポリシーは、どの管理ノードにも配布されていない場合に
限りシステムから削除できます。
関連トピック
ƒ
ポリシーのバージョンの変更
ƒ
新しいポリシーの作成
ƒ
サーバーからのポリシー削除
ƒ
バージョンの古いポリシーの編集
ƒ
インストールされているポリシーの表示
6
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの開発
ポリシー開発とは、組識の管理要件に合うポリシーを作成、改良するプロセスを指します。ポリシー開発は、使用可能なポリ
シー タイプの機能と組識の管理要件に深い知識を持つ管理者が行います。
ポリシー開発は慎重に実施する必要があります。小規模の変更や追加を行い、更新したポリシーを数台のテスト コンピュータにのみ配
布します。結果をテストした後、ポリシーの更新とチェックをさらに続け、望ましい結果が出るまでこの作業を繰り返します。
関連トピック
ƒ
クイック スタート : ポリシーの作成方法
7
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーのプロパティ
各ポリシーには、ポリシー プロパティのセットが設定されます。これらのプロパティには、次のものがあります。
ポリシーに関連する情報
ポリシー名
ポリシーの保存時に指定された名前。
バージョン
ポリシーの該当バージョンの保存時に割り当てられたバージョン。
バージョン ID
ポリシーの該当バージョンの保存時に割り当てられた GUID。ポリシーの各バージョンには一意な ID が割り当てら
れます。
ポリシー ID
ポリシーの作成時に割り当てられた GUID。異なるポリシーにはそれぞれ一意のポリシー ID が割り当てられますが、
"バージョン" が異なる同一ポリシーの ID は同じです。
最終変更日
該当ポリシーのバージョンが保存された日付。
最終変更者
該当ポリシーのバージョンが保存されたときのアクティブなドメインとユーザー名。
説明
ポリシーについての説明。このプロパティのみ変更可能です。
ポリシー タイプに関連する情報
名前
ポリシーの属するポリシー タイプ名。
バージョン
ポリシー タイプのバージョン。
バージョン ID
ポリシー タイプのバージョンに割り当てられた GUID。
関連トピック
ポリシーのプロパティの表示
8
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーのバージョン
ポリシーを新しく作成するか、または別名で保存すると、そのポリシーはバージョン 1.0 として保存されます。ポリシーを同
じ名前で保存するたびに、プログラムにより新しいバージョン番号が提示されます。ピリオドの右側の数値は自動的に増加し
ます (1.1、1.2、など)。この番号は、保存前に変更できます。ピリオドの左側の番号も変更できますが、これは自動的に増加
する番号ではありません。利用可能な最大番号は、"9999.9999" です。
バージョン番号が最大のポリシーが、最新バージョンであると見なされます。作成日付などのほかの要因は考慮されません。既に特定の
ポリシー名のバージョン番号が使用されている場合、それを指定してそのポリシーを保存できません。
メモ
ピリオドの左右の番号はどちらも整数と見なされ、先行するゼロは無視されます。したがって、0.10 は 0.9 よりも新しいバージョンとみ
なされ、0.01 は 0.1 と同じになります。
個々のポリシーの各バージョンには保存時にそれぞれ異なるバージョン番号が割り当てられているため、既存のバージョンにはどれでも
アクセスできます。これらの既存のバージョンは、ほかのポリシーと同じように編集または配布できます。
注意
たとえば、4.5 から 5.0 への変更のように、ポリシーの新しいバージョンの保存時にピリオドの左側の番号を変更した場合、
OVO for Windows は、この変更の確認を求めます。この確認は、OVO for Windows の今後のリリースでバージョン番号の
競合を回避するためのものです。たとえば、4.5 から 4.55 や 4.6 への変更のように、ポリシー番号の区分にはピリオドの右
側の番号だけを変更し、将来のインストール時に変更が上書きされないようにすることをお勧めします。
関連トピック
ƒ
ポリシーの保存 (名前を付けて保存する)
ƒ
ポリシーのプロパティの表示
ƒ
ポリシー グループへのポリシーの追加
9
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
サーバーとノードの編成
ネットワーク内のコンピュータを複数の OpenView Operations 管理サーバーに管理させる環境を作成できます。その場合、
各管理ノードの管理サーバーは 1 つである必要があります。1 つの管理ノードに、異なる 2 つの管理サーバーからポリシーを
配布することはできません。
10
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
配布関連のタスク
配布とは、エージェントやポリシーといったソフトウェアを、管理サーバーから 1 つ以上の管理ノードに転送するプロセスを
指します。このセクションのヘルプでは、各種配布タスクの実行方法について説明します。
関連トピック
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
11
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
配布ジョブ
管理ノードへのパッケージ (ポリシー または ポリシー グループ) の配布や、管理ノードからのパッケージの削除のたびに、配
布ジョブが作成されます。コンソール ツリーでジョブ アイコンをクリックすることにより、保留中のジョブをすべて表示でき
ます。完了したジョブは詳細ペインから削除されます。
メモ
これらの操作を実行するには、適切なユーザー権限を持っている必要があります。詳細については、「ユーザー ロールに対す
るグローバルおよびカテゴリ ベースの権限の設定」を参照してください。
配布ジョブは、要求したアクションを監視するのに役立ちます。ジョブ アイコンが詳細ペインに予想以上に長く表示されている場合は、遅
延の原因を調べてください。なんらかの障害により配布ジョブの実行が阻止されていると、詳細ペイン内のジョブ アイコンのステータスに
[エラー] と表示されます。待ち状態のジョブのステータスは [中断] と表示されます。障害原因を修正した後、該当のノードを右クリックし
て [すべてのタスク] → [すべての配布ジョブの再起動] をクリックします。
失敗したジョブは、ターゲット ノードでの必要条件チェックなしで再開することもできます。この機能により、1 つまたは複数のターゲットノ
ードが、OVO for Windows 管理ノードの標準要件を満たしていない場合でも、コンポーネントを管理ノードに強制的に配布できます。
注意
手動でインストールされ、Windows ノード セキュリティが設定されていない管理ノードにパッケージを配布する場合、手動
インストール ノードの配布ジョブは失敗しますが、問題の解決に役立つ情報が次の場所に提供されます。
ƒ
配布ジョブの名前
エラー メッセージは、失敗した配布ジョブに関連付けられます。
ƒ
アクティブ メッセージ ブラウザ
管理ノードにセキュリティを設定する "OveConfig.exe" ツールを実行するための、オペレータ起動によるアクションに
関するメッセージ
ƒ
Windows イベント ログ
配布の障害となっていた問題を解決すると、失敗した配布ジョブを再開できるようになります。
関連トピック
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
配布パッケージの配布
ƒ
プログラムの配布
12
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
すべてのポリシーとパッケージの再配布
[すべてのポリシーとパッケージの再配布] コマンドでは、選択した管理ノードにインストールされているパッケージとポリシ
ーをインベントリに照会して確認し、それらを再配布することで既存のポリシーを上書きできます。このコマンドを使用する
ときには、次の点に注意してください。
ƒ
このコマンドは、ノードにインストールされているポリシーを更新するものではありません。インストールされてい
るバージョンよりも新しいポリシー バージョンが存在しても、インベントリによりインストールされているものと同じバ
ージョンが再配布されます。最新のポリシーの配布は、「ノード上のポリシーの更新」を参照してください。
UNIX ノードの場合、このコマンドはポリシーの削除と再配布を実行するだけです。エージェントの削除と再インス
ƒ
トールは、手動で実行する必要があります。ノードが最新のエージェントをホストしない場合、エラーメッセージが通知
されます。Windows ノードで、このコマンドは、常に管理サーバーが可能な最新バージョンのエージェントを配布しま
す。
UNIX ノードでは、パッケージが再インストールされていないため、Action、Command、Monitor ディレクトリ内
ƒ
のインストルメンテーションには作用しません。Windows ノードでは、これらのディレクトリ内のインストルメンテー
ションは削除されるため、[プログラムの配布] ウィンドウを使用して再配布する必要があります。
ƒ
カテゴリ ディレクトリのプログラムも、このコマンドの影響を受けます。ノードで検出されるすべてのプログラムが
再配布されるわけではなく、再配布ポリシーのカテゴリに該当するプログラムが再配布されます。カテゴリ ディレクトリ
の内容を配布するには [ポリシーとプログラムの再配布] ダイアログを使用します。
注意
[すべてのポリシーとパッケージの再配布] オプションを使用した場合、配布ジョブはまず、選択されている管理ノードからポリシーに関連
するすべての既存プログラムを削除することに注意してください。さらに重要なことは、[プログラムの配布] ダイアログを使用してすでに
配布されているプログラムは、再配布するいずれかのポリシーと同じカテゴリに属するものだけが再配布されるということです。アクショ
ン、コマンド、モニタなどの特別なプログラム カテゴリは、通常はポリシーにリンクされているため、再配布ジョブの実行時に削除または再
配布されません。カテゴリを持たないポリシーだけがインストールされた管理ノードで再配布ジョブを開始した場合、どのプログラムも管理
ノードから削除されず、何も再配布されないことに注意してください。
すべてのコンポーネントを再配布するには
ƒ
再配布先のノードを右クリックします。
ƒ
[すべてのタスク] → [すべてのポリシーとパッケージの再配布] をクリックします。
13
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
[配布ジョブ] アイコンをクリックすると、再配布処理の進捗状況を確認できます。
関連トピック
ƒ
ジョブの表示
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
14
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーとインストルメンテーションの再配布
[ポリシーとプログラムの再配布] オプションは、指定したノードおよびノード グループに配布済みのポリシーを再配布することができます。
また、再配布するポリシーが所属するカテゴリが必要とするインストルメンテーション (プログラム) も再配布されます。このオプションは、
元のポリシーおよびインストルメンテーションを復元するために管理ノードを手動で再インストールする際に役立ちます。
[ポリシーとプログラムの再配布] オプションを使用する場合、配布ジョブは、最初に既存のポリシーに関連するインストルメンテーション
を選択した管理ノードから削除することに注意してください。また、[プログラムの配布] ダイアログ ボックスで過去に配布したインストルメ
ンテーションは、再配布するポリシーが所属するカテゴリに分類されるものではない限り、再配布されません。アクション、コマンド、および
モニタなどの特殊なインストルメンテーション カテゴリはポリシーに通常リンクされていないため、再配布ジョブ時に削除または再配布さ
れません。カテゴリを含まないポリシーのみを持つ管理ノードで再配布ジョブを実行すると、インストルメンテーションが管理ノードから削
除されず、再配布が行われないことに注意してください。
メモ
[すべてのポリシーとパッケージの再配布] オプションと異なり、[ポリシーとプログラムの再配布] オプションは OVO エージェントまたは
その他の OVO パッケージを再配布しません。
インストルメンテーションとは、管理ノードに配布されるスクリプトまたは実行可能ファイルを意味します。これらは、ツー
ル、自動またはオペレータ起動コマンド、または監視ポリシーが使用します。OpenView Operations は UNIX ノード用の一
部のインストルメンテーションも提供します。これらのノードにインストルメンテーションを配布しないと一部のポリシーお
よびツールが動作しない場合があります。
ポリシーとインストルメンテーションを再配布するには
1. コンソール ツリーからポリシーおよびインストルメンテーションを再配布するノードまたはノード グループを選択し
て右クリックします。
2. [すべてのタスク]
[ポリシーとプログラムの再配布] をクリックします。
3. 選択した管理ノードに元のポリシーおよびインストルメンテーションを再配布することを確認して、[はい] をクリッ
クしてます。
4. コンソール ツリーで [配布ジョブ] をクリックして、配布ジョブが正常に終了したことを詳細ペインで確認します。
15
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メモ
小さな配布ジョブは素早く完了してしまうため、進捗状況を確認できずに完了してしまうことがあります。また、詳細ペインに継続
した状態で表示される配布ジョブは、一般的に失敗、保留、または中断されたものです。
関連トピック
ƒ
プログラムの配布
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
すべてのポリシーとパッケージの再配布
ƒ
カテゴリ
16
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Windows コンピュータへのエージェントのインストール
OpenView Operations エージェントは、OpenView Operations 管理サーバーへのメッセージ送信、および指示文の受信に
使用する、管理ノード上で機能するソフトウェア コンポーネントです。OpenView Operations エージェントは、Windows
コンピュータにポリシーを配布すると自動的にインストールされますが、ポリシーの配布なしにエージェントをインストール
することもできます。
メモ
OpenView Operations エージェントは、OpenView Operations for UNIX によりインストールされたエージェントが既に存在する
Windows コンピュータにはインストールできません。このようなコンピュータを管理する場合は、OpenView Operations for UNIX エ
ージェントを削除した後、OpenView Operations エージェントを配布する必要があります。
Windows コンピュータから OpenView Operations for UNIX エージェントを削除する場合は、次のコマンドを使用します。
opcagt -stop
<install directory>\HP OpenView\Installed Packages\{790C06B4-844E-11D2-972B080009EF8C2A}\opcsetup -u
Windows コンピュータへの OpenView Operations エージェントのインストール
1. コンソール ツリーで [配布パッケージ] アイコンをクリックします。
2. [OpenView Operations Agent] 配布パッケージを、エージェントのインストール先のノードまたはノード グル
ープにドラッグします。
関連トピック
ƒ
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
Windows コンピュータへのエージェントの手動インストール
17
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Windows エージェントの手動インストール
Windows コンピュータに、管理サーバーを使用せずに、OpenView Operations for Windows エージェント ソフトウェア
をプリインストールしたい場合があります。プリインストールすると、後でネットワークに接続した際に、OpenView
Operations for Windows 管理ノードとして使用できるよう、コンピュータを準備できます。この方法は、中心となる拠点で
多数のコンピュータを準備している場合に有用です。 Windows エージェントのインストール方法は、インストール CD の
[Manual Agent] フォルダ内のテキスト ファイルに記載されています。テキスト ファイルは、インストール時に参照できる
よう、パッケージと共にノードにコピーできます。オンライン ヘルプ内にも、同じファイルがあります。
関連トピック
ƒ
Windows コンピュータへのエージェントの手動インストール
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
Windows システムからエージェントを手動で削除する
ƒ
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
UNIX コンピュータ上のエージェントのアンインストール
18
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for Windows エージェント
======================================================
2005 年 3 月改訂
--------------------目次
========
1. サポートされるプラットフォーム
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
2. ハードウェア要件
3. パッチおよびソフトウェア要件
3.1 デフォルトのローカル システム アカウントが使用されていない場合の制限
3.1.1 アクティブ ディレクトリのドメイン コントローラ
3.1.2 プライマリ ドメイン コントローラとしての NT 4.0 ノード
3.2 すべての Windows 管理ノードに対する SNMP 要件
3.3 Windows NT 4.0 管理ノード ソフトウェア
3.4 Windows 2000 管理ノード ソフトウェア
3.5 Windows XP 管理ノード ソフトウェア
3.6 Windows Server 2003 管理ノード ソフトウェア
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
5. エージェントのインストール手順
5.1 インストールのタイプ
5.1.1 新規
5.1.2 保守
5.1.3 アップグレード
5.2 OVO エージェントのインストール
5.3 非対話式インストールの実行
5.3.1 コマンド ラインのオプション
5.3.2 非対話式インストールの例
6. エージェントの動作
6.1 エージェントを手動でインストールした Windows ノードの管理
6.2 非英語版 Windows ノードの管理
7. 既知の問題と回避策
7.1 Windows NT ノードに手動でエージェントをインストールする際のエラー
1. サポートされるプラットフォーム
======================
19
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
OVO は、以下の Microsoft Windows バージョンをサポートしています。
SP6 と SP6A が適用されている
NT 4.0 Workstation/Server/Enterprise Edition (Terminal Server を含む)
Internet Explorer 4.0 以降をインストールする必要があります。
OS レベルの問題発生に備えて、Microsoft 拡張サポート契約を締結しておく
必要があります。
SP1、SP2*、SP3 が適用されている SP42000 Professional
SP1、SP2*、SP3、SP4 が適用されている 2000 Server
SP1、SP2*、SP3、SP4 が適用されている 2000 Adv
SP1、SP2*、SP3、SP4 が適用されている 2000 DC
* Windows 2000 SP2 には MS Hotfix Q306274 が必要です。
Server
Server
Server
Server
2003、Web Edition、32 ビット (および SP1)
2003、Standard Edition、32 ビット (および SP1)
2003、Enterprise Edition、32 ビット (および SP1)
200、Datacenter Edition、32 ビット (および SP1)
HP ProLiant Storage Server 上での Storage Server 2003
XP Professional (および SP1、SP2*)
* SP2 が適用されている Windows XP Professional については、
最新版のファイアウォール設定ホワイト ペーパーを参照してください。
このドキュメントは、HP ドキュメンテーション Web サイトから入手できます。
http://ovweb.external.hp.com/lpe/doc_serv/
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
------------------------Microsoft クラスタ
NT Cluster Server
Server、Enterprise Edition
2000 Cluster Service Advanced Server、Datacenter Server
2003 Cluster Service Enterprise Server、Datacenter Server
20
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
2. 管理ノードのハードウェア要件
=====================================
サポートされている Windows システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
・エージェント プロセス - 15 MB 以上のメモリが必要です。
・ローカル ドライブ - インストールには 40 MB のハード ディスク領域が必要です。
メモ
設定されたコレクションによっては、パフォーマンス データベース用に最大で
40 MB が必要となる可能性があります。実際に使用されるディスク領域は、
管理ノードにインストールされるパッケージやポリシーの種類、収集される
パフォーマンス データの量によって異なります。
3. 管理ノードのソフトウェア要件
=====================================
以下のセクションでは、Windows NT 4.0、 2000、 XP、Windows Server 2003、
Novell NetWare などの Windows 管理ノードの要件について解説しています。
アクティブ ディレクトリ サービス (ADS) クライアント ソフトウェアが
インストールされている場合、NetBIOS がなくても、Windows 2000 や XP の
管理ノード ネットワーク環境の一部として管理ノードを稼働できます。
Microsoft クラスタ HA パッケージで管理サーバーを稼働できます。クラスタ内の
ノード上にサーバーをインストールする場合は、以下の要件や制限に注意してください。
・管理サーバー ソフトウェアは、そのノード上でしか稼働しません。
・管理サーバー ソフトウェアは、HA パッケージとして稼働させることはできません。
つまり、別のクラスタ システムに切り替えることはできません。
3.1 デフォルトのローカル システム アカウントが使用されていない場合の制限
-----------------------------------------------------------NT 4.0 のプライマリ ドメイン コントローラあるいはアクティブ ディレクトリ
ドメイン コントローラにインストールする場合は、必ず以下の制限に従って
ください。エージェントがローカル システム アカウントで稼働している場合、
この説明は無視してください。
3.1.1 アクティブ ディレクトリのドメイン コントローラ
21
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
----------------------------------------アクティブ ディレクトリの複数のドメイン コントローラ (DC) に
複数のエージェントをインストールしたい場合で、デフォルトのローカル
システム アカウントが使用できない場合 (エージェントが HP の ITO の
アカウントとして稼働) は、以下の手順を実行します。
1. ドメイン コントローラを追加してエージェントのインストールを
試みる前に、プライマリ ドメイン コントローラ (PDC) エミュレータの
FSMO ロールを使用してアクティブ ディレクトリの DC にエージェント
ソフトウェアをインストールしてください。
2. アクティブ ディレクトリのドメイン コントローラ アカウント情報が、
他の複数の DC に複製されるまで待機します。他の DC にアカウントが
作成されるまで、多少時間がかかります。アカウント情報が複製されないと、
エージェント ソフトウェアのインストールは成功しません。
3. エージェント ソフトウェアを複数のドメイン コントローラに
インストールします。
3.1.2 プライマリ ドメイン コントローラとしての NT 4.0 ノード
-----------------------------------------------NT 4.0 のバックアップ ドメイン コントローラ (BDC) ノード上に
エージェントをインストールする前に、プライマリ ドメイン コントローラ
(PDC) として機能している NT 4.0 ノード上にエージェント ソフトウェアを
インストールする必要があります。
PDC 上にエージェントをインストールした後、エージェントがローカル
システム アカウントで稼働していない場合は、アカウント情報が BDC 上に
作成されるまで多少時間がかかります。PDC からアカウント情報が
複製されないと、エージェント ソフトウェアのインストールは成功しません。
3.2 すべての Windows 管理ノードに対する SNMP 要件
--------------------------------------------------すべての Windows 管理ノードは、SNMP イベントの収集やノードのプロパティの
検出を行うために、以下の SNMP 要件を満たしている必要があります。
・SNMP サービスがインストールされ、実行中であること。
・コミュニティ名 public に対し、読み取り専用以上のアクセス権があること
(詳細は、インストール ガイドの「管理ノードのシステム タイプ、OS タイプ、
および OS バージョン」を参照してください)。
22
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
・オプション [すべてのホストから SNMP パケットを受け付ける] が有効であること。
3.3 Windows NT 4.0 管理ノード ソフトウェア
---------------------------------------OVO をインストールする前に、管理する Windows NT ノードに次のソフトウェアが
インストールされていることを確認します。
・Windows NT 4.0 Workstation、Server Edition、または
Enterprise Edition、Service Pack 4 以降
・推奨: Service Pack 6a
(MS hotfix Q297534 を強く推奨します)
・推奨: WMI バージョン 1085 コア コンポーネント。WMI が適切なバージョンで
あることを確認するには、次のように選択します。
[スタート] -> [プログラム] -> [管理ツール] -> [WMI Config Manager]
[WMI Control] ウィンドウの [General] タブ内に表示される WMI の
バージョンは、1085.0005 である必要があります。
(OVO for Windows インストール CD の \Redist ディレクトリにある
wmicore_1085.exe で入手できます)
SNMP トラップの遮断および MIB モニタリング機能には、Windows XP SP1 が
必要です。
・すべての Windows 管理ノードは、上記のような SNMP サービスの要件を
満たしている必要があります。
SNMP サービスのインストール後は、Microsoft Service Pack を再適用する
必要があります。
3.4 Windows 2000 管理ノード ソフトウェア
-------------------------------------・Windows 2000 Professional、Server Edition、Advanced Server Edition
または Datacenter Edition (Service Pack 1、2、3 および 4)。
Service Pack の適用されていない Windows 2000 はサポートされません。
・推奨: Windows 2000 SP4
・Microsoft では、ユーザーが Windows Update の重要な更新をすべて
23
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
適用するよう推奨しています。Windows Update は [スタート] メニューの
最上部から利用できます。[Windows Update] をクリックすると、Microsoft
Windows Update の Web ページに接続し、さまざまな重要度の最新の更新を
スキャンできます。スキャン後は重要な更新のリストが表示され、
ダウンロードする更新を選択することが可能となります。HP OpenView for
Windows 7.5 は、Microsoft の重要な更新についてテスト済みです。
3.5 Windows XP 管理ノード ソフトウェア
-----------------------------------Microsoft では、ユーザーが Windows Update の重要な更新をすべて
適用するよう推奨しています。Windows Update は管理ダイアログから
利用できます。[すべてのプログラム] -> [Windows Update] の順に選択すると
Microsoft Windows Update の Web ページに接続し、さまざまな重要度の最新の
更新をスキャンできます。スキャン後は重要な更新のリストが表示され、
ダウンロードする更新を選択することが可能となります。HP OpenView for
Windows 7.5 は、Microsoft の重要な更新についてテスト済みです。
3.6 Windows Server 2003 管理ノード ソフトウェア
--------------------------------------------すべての Windows Server 2003 管理ノードは、上記のような SNMP サービスの
要件を満たしている必要があります。
Microsoft では、ユーザーが Windows Update の重要な更新をすべて適用するよう
推奨しています。Windows Update は管理ダイアログから利用できます。
Microsoft Windows Update の Web ページにアクセスするには、次のように
選択します。この Web ページでは、さまざまな重要度の最新の更新を
スキャンできます。
[すべてのプログラム] -> [Windows Update]
重要な更新のリストが表示され、ダウンロードする更新を選択できます。
HP OpenView for Windows 7.5 は、Microsoft の重要な更新についてテスト済みです。
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
OVO for Windows 7.5 では、Windows 管理ノード用のバイナリ ファイル
1 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\Windows_manual
24
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\Windows\Windows_manual
OpenView Operations パッケージは、CD 3 の ...\Windows\Windows_manual
フォルダからも利用できます。
5. エージェントのインストール手順
===============================
通常、OpenView Operations エージェントは管理サーバー コンソールを使用して
インストールしますが、次のような場合は、Windows ノードにエージェントを
手動でインストールすることが必須または有益となります。
- OVO 管理サーバーと管理ノード システムとの間でネットワーク接続が利用できない。
- 多くのコンピュータを一箇所で準備する場合に、エージェントをプリインストールする。
- ファイアウォールを経由するコンピュータにエージェントをインストールする。
Windows OpenView Operations パッケージは、OVO 管理サーバーを使用することなく
OVO エージェントを配布するメカニズムを採用しています。
このインストールでは、エージェントとその config ファイル ポリシー タイプ
(一部の Smart Plug-in で使用) がインストールされます。
5.1 インストールのタイプ
---------------------5.1.1 新規
--------初回のインストールです。対象の機器に、以前のエージェント パッケージが
インストールされていません。
5.1.2 保守
----------------既に手動でインストールしてあるエージェント パッケージのインストール
プログラムを再度呼び出すと、インストーラは [保守モード] になります。
このモードでは、3 種類のオペレーションが利用できます (インストール
プログラムが起動した際に表示される [保守モード] 画面で選択されています)。
変更 - エージェントを再設定します。管理サーバー ホスト名およびエージェント
サービス アカウントの変更ができます。
25
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
修正 - 既存の設定を使用してマニュアル エージェント パッケージを
再インストールします。ファイルの破損や欠如の修正に使用します。
削除 - マニュアル エージェント パッケージをアンインストールします。
[保守モード] は、setup.exe を再実行するか、[プログラムの追加と削除] で
マニュアル エージェントの [変更と削除] ボタンをクリックして呼び出すことが
できます。
5.1.3 アップグレード
------------変更インストールと同様ですが、更新プロセス中に既存のエージェント データが
保存されます。アップグレードが必要かどうかは、インストール中にインストール
プログラムが自動的に判断します。
メモ
OVO 7.20 から、ノードにエージェントを手動でインストールした後、ノード設定
エディタの左側にある「エージェントを持つ非管理ノード」フォルダから右側へ
管理ノードを移動した場合、Windows ノード セキュリティ設定ダイアログ
ボックスは表示されなくなっています。セキュリティ ダイアログが表示されない
ことから、HP_OVE-Group ドメイン グループはリモート Windows ノードの
管理者グループに自動追加されません。
しかしながら、パッケージ配布作業 (配布、配布取り消し、再配布、削除) を
行う場合、このグループがリモート ノードの管理者グループの一部である
必要があります。次のような場合、配布エラーが表示されます。
1. 手動で Windows エージェントをインストールした場合。
2. 次の方法でノードを管理環境に追加した場合: ノードをノード設定エディタの
左側にある「エージェントを持つ非管理ノード」から右側へ移動させたのち、
[OK] をクリックする。
3. パッケージ配布また配布取り消し作業を開始する。
この状態の回避策としては、ドメイン環境のリモート管理ノードの管理グループに
HP-OVE-GROUP グループを手動で追加します。リモート ノードが
ファイアウォールの外側になければ、パッケージの配布作業は適切に機能します。
または、次のように管理サーバー ツール "OveConfig.exe" コマンドによって
手動でノード セキュリティ設定ダイアログを呼び出すことができます。
..\HP OpenView\bin\tools\OveConfig.exe <ServerName> <NodeGUID>
26
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メモ
<NodeGuid> は、管理サーバーの [ノードのプロパティ] ダイアログ ボックス
から取得できます。
5.2 OVO エージェントのインストール
---------------------------1. 管理ノードが、前掲のセクション 2 および 3 で指定されているハードウェア
およびソフトウェア要件をすべて満たしていることを確認します。
必要に応じてノードを更新します。
メモ
次のコマンドにより、ovoreqcheckagt ツールで必要条件を自動的に確認できます。
Windows_manual\ovoreqcheckagt.exe
ovoreqcheckagt ツールの詳細については、OVO for Windows のオンライン
ヘルプを参照してください。
2. CD-ROM ドライブに OpenView Operations Agent CD を挿入し、Windows フォルダを
開きます。
または、OVO 管理サーバー システムで、次に示すディレクトリに移動します。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\Windows
Windows_manual ディレクトリを選択し、管理ノード システムまたは
ポータブル メディアへコピーします。
4. setup.exe を実行します。
5. [コピー先フォルダ] スクリーンでは、エージェントの配置先にデフォルトのフォルダ
または任意のフォルダを選択できます。ここで設定した配置先は、他の OpenView
製品のデフォルト インストール先に使用されます。一度設定した場合、エージェント
も含めすべての OpenView 製品をアンインストールするまで、以後の変更は
できません。
デフォルトのコピー先フォルダは、次のとおりです。
<ProgramFilesFolder>\HP OpenView\
および
<ProgramFilesFolder>\HP OpenView\Data
この <ProgramFilesFolder> は、対象機器におけるデフォルトのプログラム
27
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ファイルの親フォルダです。
6. [エージェントの設定] スクリーンでは、エージェントを管理する管理サーバーの
ホスト名、およびエージェント サービスで使用するアカウント名を設定します。
[管理サーバーのホスト名] テキスト ボックスでは、このノードを管理する管理
サーバーの完全修飾名 (たとえば、potato.veg.com) を入力します。
[エージェント サービスの実行] グループでは、HP ITO Account または
LocalSystem のいずれかを選択してください。
以前のリリースでは、2 つのローカル ユーザー アカウント (HP ITO Account
および opc_op アカウント) がノードに作成され、ランダムなパスワードが
作成されました。OVO for Windows 7.20 では、ノードに HP ITO Account および
opc-op アカウントは作成されません。デフォルトとして Local System
アカウントが使用されます。
HP ITO Account を使用していた以前のリリースからアップグレードする場合、
HP ITO Account は継続して使用できます。アップグレードでは、ノードの
既存のユーザー名をそのまま使用します。HP ITO Account および opc-op
アカウントの詳細は、「HP OpenView Oeprations/Performance for Windows
インストール ガイド」を参照してください。
メモ
エージェントのインストール後、変更モードを呼び出すことで、管理サーバー
ホスト名および/またはエージェント サービス アカウントを変更できます
(インストール タイプを参照してください)。
7. [インストール] をクリックしてインストールを開始します。
8. インストール ログファイルを参照して、インストールの内容をチェックして
ください。ログファイルは <TempFolder> に配置されます (TempFolder は、
対象機器の temp フォルダ名です。通常は、C:\Temp または
C:\Documents and Settings\<user name>\Local Settings\Temp になります)。
ログファイルは、インストール動作のたびに、次の命名規則に基づき作成されます
(後掲の「インストールのタイプ」を参照してください)。
AgentInstallResults.txt - 新規、変更、修正インストール
AgentUnInstallResults.txt - アンインストール
AgentUpgradeResults.txt - アップグレード インストール
新たなログファイルが作成される場合、旧ログファイルは、ファイル名に番号が
付けられて保存されます。
9. エージェントの動作をチェックする場合、コマンド プロンプトを開き
opcagt -status と入力します。
28
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
エージェントの再起動は opcagt -start です。
5.3 非対話式インストールの実行
------------------------------------------------------設定ファイルとコマンド ライン パラメータを使用して、非対話式にエージェントの
インストールを実行できます。また、設定ファイルを対話式インストールに使用し、
インストール ウィザードで異なるデフォルト値を適用することもできます。
対話式インストールで指定されたすべての設定値を、設定ファイルで指定することも
可能です。
デフォルトの設定ファイル AgentConfig.ini は、インストール ファイルと同じ場所に
置かれます。インストールでは、自動的にこのファイルが使用されます。また、
コマンド ラインで異なる設定ファイルを指定できます(下記を参照)。
設定パラメータの編集方法は、AgentConfig.ini ファイル内の記述を参照してください。
非対話式インストールを実行するには、次の 3 つの方法があります。
1) setup.exe
2) msiexec.exe
3) MSI ファイル (.msi のデフォルト動作)
5.3.1 コマンド ラインのオプション
-------------------------/qr - 削減 UI モードを実行します。ユーザーの入力は不要です。モードレス
ステータス ダイアログのみが表示されます。
/qb - 基本 UI モードを実行します。削減モードと同様ですが、+ を
追加 (/qb+) すると、インストールの最後にモーダル ダイアログ
ボックスが表示されます。
/qn - 表示なしのインストールを実行します。+ を追加 (/qn+) すると、
インストールの最後にモーダル ダイアログ ボックスが表示されます。
CONFIGFILE=<config filename> - デフォルト以外の設定ファイル名を指定します。
<config filename> は設定ファイルの完全修飾名で指定します。
5.3.2 非対話式インストールの例
--------------------------------例 1) インストールを完全に非対話式で行います。
この例では、3 つの実行方法をすべて記載します。
29
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
setup.exe /v"/qn"
または
"HP OpenView Operations for Windows Agent.msi" /qn
または
msiexec.exe /I "HP OpenView Operations for Windows Agent.msi" /qn
例 2) インストールを完全に非対話式で行い、インストール完了を示す
モーダル ダイアログを表示します。
setup.exe /v"/qn+"
例 3) 進行状況ダイアログを表示するインストールを実行し、インストール完了を
示すモーダル ダイアログを表示します。
setup.exe /v"/qb+"
例 4) インストールを完全に非対話式で行い、カスタムの設定ファイル
c:\temp\myconfig.ini を使用します。
setup.exe /v"/qn CONFIGFILE=c:\temp\myconfig.ini"
サードパーティ製ツールを使用したエージェントのインストール
=============================================================
OVO for Windows 7.5 のリリースに伴い、サードパーティ製の NetInstall ツールを
使用して Windows エージェントのインストールが可能になりました。NetInstall ソフト
ウェアをご利用のお客様は、以下の条件を満たし、正しいパッチが適用されている
場合はツールを使用して Windows エージェントをインストールできます。なお、
NetInstall は OVO for Windows には同梱されていません。
Agent.Config.ini ファイルの編集
Agent.Config.ini ファイルのデフォルト設定を使用しない場合、以下の箇所を変更する
必要があります (最低でも Management Server Host Name Section を変更する必要が
あります)。
Install Dir: インストール ディレクトリ名およびパスを指定します。
Management Server Host Name: 使用する管理サーバーを指定します。
(デフォルトは空欄のため、必ず指定してください。)
DatDir: 使用するデータ ディレクトリを指定します。
Agent.Config.ini ファイルは、インストール メディアの以下の場所にあります。
Packages/Manual/Agent
30
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
NetInstall を使用して Windows エージェントを手動でインストールするには、以下の
手順を実行します。
1.
2.
3.
必要に応じて Agent.Config.ini ファイルを編集します。
HP OpenView Operations for Windows Agent.msi ファイルのインストールに
関する NetInstall Guide の説明に従います。
手動でのエージェント インストールの設定および配布の詳細について、
NetInstall ドキュメントを参照します。
6. エージェントの動作
======================
コンピュータがネットワークに接続されている場合、コンピュータはその存在を
管理サーバーにブロードキャストします。次の手順でノード管理を開始します。
6.1 エージェントを手動でインストールした Windows ノードの管理
----------------------------------------------------------エージェントを手動でインストールした Windows ノードを管理するには、
以下の手順を実行します。
1. コンソール ツリーでノードを右クリックし、[ノード設定] を選択します。
[管理ノードの設定] ウィンドウが表示されます。
2. [管理ノードの設定] ウィンドウから [エージェントを持つ非管理ノード]
フォルダを開き、手動で追加したノードを見つけます。
3. [エージェントを持つ非管理ノード] フォルダ内のノードをクリックし、
選択した [ノード] フォルダにドロップします。
4. [OK] を選択します。
5. コンソール ツリーで新しいノードを右クリックし、
[すべてのタスク] -> [パッケージの同期] を選択します。
これによりパッケージ インベントリが更新され、エージェントのバージョンが
反映されます。
6. パッケージ配布および配布解除操作を可能にするため、セクション 5.1.3
で説明するノード セキュリティ設定を行います (任意)。
31
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
6.2 非英語版 Windows ノードの管理
--------------------------------------インストールの後、ノードの nodeinfo ファイルにエントリーを追加し、
ノードが使用している文字セットの設定を行います。
1. テキスト エディタで %ovagentdir%\conf\opc\nodeinfo を開きます。
2. OPC_NODE_CHARSET <character set> に行を追加します。
ここで <character set> は、次の 1 つを選びます。
Traditional Chinese: big5
Simplified Chinese: gb2312
Japanese: sjis or acp932
Korean: eucKR
Central European languages, for example Czech: acp1250
Cyrillic: acp1251
Hebrew: acp1255
Others: utf8 or ascii
utf8 または ascii コードセットを nodeinfo ファイルに使用している場合、
データは変換されずそのまま管理サーバーへ送られます。したがって、
データは管理サーバーが扱えるコードセットにしてください。
OVO for UNIX 管理サーバーは、utf8 コードセットを使用する管理ノードを
扱うことができません。管理ノードが、OVO for Windows と OVO for UNIX
管理サーバーの両方にレポートする場合、utf8 ではなく ascii コードセット
を使用してください。
メモ
何らかの理由により、非管理ノードの下にノードが表示されない場合は、
新規ノードと同様に追加できます。
7. 既知の問題と回避策
=================================
7.1 Windows NT ノードに手動でエージェントをインストールする際のエラー
-------------------------------------------------------------32
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
症状:
Windows NT ノードに手動でエージェントをインストールする場合、次のシステム
エラー メッセージ ダイアログ ボックスが表示され、インストールは失敗します。
"OvCfgFile.exe - エントリポイントが見つかりません。
製品の entry point __lc_collate_cp は、ダイナミックリンク ライブラリ NSVCRT.dll
に含まれていません。"
解決方法:
この原因は、Windows 管理ノードに正しいバージョンの Microsoft C ランタイム
ライブラリ MSVCRT.dll がインストールされていないことにあります (MSVCRT.dll は
system32 ディレクトリにあります)。
最新バージョンの MSVCRT.dll を次の場所からダウンロードし、インストールして
ください (Microsoft Knowledge Base article Q259403)。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;q259403
MSVCRT.dll インストール後に再起動が必要です。
その後、失敗したインストールを再開してください。
33
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール
OpenView Operations エージェントは、AIX、HP-UX、Linux (RedHat、Suse または Turbo)、Solaris または Tru64 を
実行しているコンピュータにインストールできます。対象のノードに OpenView Operations for UNIX エージェントのバー
ジョン 6.0 以上が既にインストールされている場合は、OpenView Operations for Windows 管理サーバーにメッセージを
送信し、管理サーバーからの指示文を受け取れるようエージェントを再設定できます。
UNIX エージェントのインストール方法は、エージェント パッケージに含まれるテキスト ファイルに記載されています。ファイルは、ディレ
クトリ <インストール ディレクトリ>/packages/<サポート OS>/<サポート バージョン (バージョン別にパッケージが異なる場合)> に
あります。ファイルは、インストール時に参照できるよう、パッケージと共にノードにコピーできます。また、次のリンクからもファイルを参照
できます。
ƒ
AIX コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
HP-UX コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
Linux コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
Solaris コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
True64 コンピュータへのエージェントのインストール
関連トピック
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
UNIX コンピュータ上のエージェントのアンインストール
ƒ
Windows エージェントの手動インストール
ƒ
Windows コンピュータへのエージェントの手動インストール手順
ƒ
Windows システムからエージェントを手動で削除する
34
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for AIX エージェント
==================================================
2005 年 2 月改訂
--------------------目次
========
1. サポートされるプラットフォーム
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
2. ハードウェア要件
3. パッチとソフトウェア要件
3.1 AIX 4.3.x パッチ
3.2 AIX 5.x パッチ
3.3 重要なカーネル パラメータ
3.4 一般的なソフトウェア要件
3.5 DCE RPC の要件
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
5. エージェントのインストール手順
5.1 管理ノード システムの準備
5.2 最小 DCE 環境でのインストール
1. サポートされるプラットフォーム
======================
OVO は、以下の AIX バージョンをサポートしています。
4.3.1
4.3.2
4.3.32
5L (5.1)
5L (5.2)
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
----------------------------HACMP 4.2.2 AIX 4.3.1 - 4.3.3
4.3.1 AIX 4.3.1 - 4.3.3
4.4.1 AIX 5L 5.1、5.2 (パッチ OVOW_00069 が必要)
35
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
2. ハードウェア要件
========================
サポートされている AIX システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
ディスク空き容量 - 45 MB
(ソフトウェアのインストール中はさらに 45 MB が必要)
追加のスワップ スペース - なし
追加の RAM - なし
3. パッチおよびソフトウェア要件
====================================
3.1 AIX 4.3.x パッチ
--------------------mbstowcs () サブルーチンでのモニタ エージェント (opcmona) の
クラッシュを解決するには、システムに下記のバージョン以降の
OS パッチをインストールしておく必要があります。
bos.rte.libc
4.3.3.89 (AIX 4.3)
box.rte.libpthreads 4.3.3.80 (AIX 4.3)
3.2 AIX 5.x パッチ
-----------------メンテナンス レベル 5100-03 5.x (AIX 5L)
3.3 重要なカーネル パラメータ
------------------------------以下の表は、AIX 管理ノードのカーネル パラメータの値です。
パラメータ
nfile
semmns
shmmax
msgmni
nflocks
説明
オープン ファイルの最大数
必要なセマフォー
最大共有メモリ
メッセージ キュー
ファイルのロック
最小値
20*
20
不要
不要
10
* この数は複数の要因に依存します。通常は 1 プロセスあたり 20 で
36
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
十分ですが、ログファイル エンキャプスレータ用に構成される
ログファイル数が多いほど、より多くのファイル記述子が必要となります。
標準的には、1 ログファイルにつき 1 つファイル記述子が必要です。
管理ノードで開始されるプロセスとなるアクションには、ファイル記述子の
追加が必要です。
3.4 一般的なソフトウェア要件
---------------------------------ランタイム オペレーティング システム ライブラリ
以下の AIX 4.3.x ライブラリは、AIX エージェントをインストールする
必要条件となっています。必要なパッチを取得するには、IBM の
サポートまでご連絡ください。
xlC.rte
xlC.aix43.rte
4.0.2.0
4.0.2.1
AIX 5.1 については、対応するライブラリを OS CD のデフォルト
インストレーションでインストールできます。
システムのパラメータ
管理ノードに関する重要なカーネル パラメータ値は上に記載されて
います。SMIT (System Management Interface Tool = システム管理
インターフェイス ツール) でシステムのパラメータを確認および
変更できます。
通信ソフトウェア
OVO は DCE RPC 通信タイプをサポートしています。
ARPA/バークレー サービス
MIB-I または MIB II
OVO の MIB モニタリング機能には SNMP ベースの MIB-I (RFC 1156)
または MIB-II (RFC 1158) に適合するエージェント ソフトウェアが
必要です。
3.5 DCE RPC の要件
---------------------------DCE RPC 通信タイプでは、以下のソフトウェアのインストールが必要です。
37
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
AIX 上の DCE
DCE は、バージョン 4.3.3 までの AIX オペレーティング システムと
ともに提供されています。ただし、DCE は別途インストールする必要が
あります。
AIX 4.3 上のファイルセット
AIX 4.3 DCE RPC では、以下のファイルセットの 1 つをインストールする
必要があります。
dce.client.core.rte 2.1
dce.client.rte 2.1
dce.client.core.rte.admin 2.1
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
OVO for Windows 7.5 では、AIX 管理ノード用のバイナリ ファイル
1 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\AIX
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\AIX
5. エージェントのインストール手順
============================
OpenView Operations エージェントは、AIX を実行しているコンピュータに
インストールできます。インストール手順を以下に示します。
メモ:
インストールしたエージェントが OpenView Operations for UNIX
エージェントのバージョン 7.0 以降であり、このエージェントから
メッセージの受信のみを行い、管理ノードでアクションの実行のみを
行う場合 (つまり、管理ノードにポリシーを配布しない場合) は、
エージェントを再インストールしなくてもインストールを完了できます。
詳細は、オンライン ヘルプのトピック「OpenView Operations for
UNIX によってインストールされたノードとの通信」を参照してください。
5.1 管理ノード システムの準備
38
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
------------------------------------1. 適切な管理権限を持つユーザーとしてログインしていることを確認します。
2. 既存の OpenView Operations for UNIX エージェント ソフトウェアがある場合、
次のコマンドでアンインストールします。
コマンド: installp -ug OPC OPCCOMM OPCPERF OPCSVCDISC
既にインストールされているエージェントより新しいバージョンのエージェントを
インストールする場合の注意点
2. は任意です。旧エージェント ソフトウェアをアンインストールした場合、
すべての設定とパフォーマンス データは失われます。旧エージェント
ソフトウェアをアンインストールせずにエージェントをアップグレードした場合、
ノード内の設定とパフォーマンス データは保持されます。
メモ
バージョン 7.0 より前のエージェントをアンインストールする場合は、
コマンド installp -ug OPC を使用します。
インストールされているエージェントのバージョンを確認するには、そのノードの
/usr/lpp/OV/bin/OpC/install/opcinfo ファイル内の OPC_INSTALLED_VERSION
パラメータを参照してください。
3. opc_pkg.Z、comm_pkg.Z、perf_pkg.Z、svcdisc_pkg.Z、opc_inst、ovoreqcheckagt、
ovoreqcheckagt.awk、ovoreqcheck.cfg の各ファイルを OpenView Operations
管理サーバーから管理対象のコンピュータの /tmp ディレクトリにコピーします。
これらのファイルは、次のディレクトリに格納されています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\
<サポート OS>
メモ
ファイルのコピーに ftp を使用する場合、バイナリ モードを使用してください。
4. 次のコマンドで、opc_inst および ovoreqcheckagt スクリプトを実行可能にします。
chmod +x /tmp/opc_inst
chmod +x /tmp/ovoreqcheckagt
5. 管理ノードが、前掲のセクション 2 および 3 で指定されているハードウェア
およびソフトウェア要件をすべて満たしていることを確認します。
必要に応じてノードを更新します。
メモ
次のコマンドにより、ovoreqcheckagt ツールで必要条件を自動的に確認できます。
ovoreqcheckagt -det
39
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ovoreqcheckagt ツールの詳細については、OVO for Windows の
オンライン ヘルプを参照してください。
4. DCE がインストールされていない場合、DCE クライアントを入手してインストール
してください。DCE クライアントは OS の CD から入手できます。
5.2 最小 DCE 環境でのインストール
-----------------------------------------DCE は、最小または完全な環境の設定を選択できます。
* 最小 DCE 環境は、DCE セルまたは DCE セキュリティ サーバーを有しません。
* 完全 DCE 環境は、DCE セルおよび DCE セキュリティ サーバーを有します。
完全 DCE 環境については、DCE セル管理者にお問い合わせください。
最小 DCE 環境の設定とエージェントのインストールは、次の手順を行います。
1. AIX 管理ノードで端末ウィンドウを開き、次を入力します。
mkdce -o local -n ito rpc
2. 次のコマンドで、エージェントをインストールします。
/tmp/opc_inst
メモ
既にインストールされているエージェントをアンインストールせずに新しい
バージョンのエージェントをインストールする場合、opc_inst を実行する前に、
次のコマンドでエージェントを停止させてください。
opcagt -kill
3. 次のコマンドで、エージェントを起動します。
/usr/lpp/OV/OpC/install/opcactivate -s <VP_mgt_server> \
-cs <server_codeset> -cn <agent_codeset> -sv
メモ
通常、英語版システムでのサーバーおよびエージェントのコード セットは
iso88591 です。英語以外のノードが OVO for Windows 管理サーバーに
レポートする場合は、<server_codeset>に utf8、<agent_codeset> に
次に示すコードの一つを選びます。
40
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Traditional Chinese:
nodeinfo value: big5
agent locale: zh_TW.big5
Simplified Chinese:
nodeinfo value: gb2312
agent locale: zh_CN
Japanese - SJIS:
nodeinfo value: sjis
agent locale: ja_JP.SJIS
Japanese - EUC:
nodeinfo value: eucJP
agent locale: ja_JP
Korean:
nodeinfo value: eucKR
agent locale: ko_KR
Central European languages, for example Czech:
nodeinfo value: iso88592
agent locale: cs_CZ
Cyrillic:
nodeinfo value: iso88595
agent locale: ru_RU
Hebrew:
nodeinfo value: iso88598
agent locale: iw_IL
Others:
nodeinfo value: utf8 or ascii
agent locale: C
utf8 または ascii コードセットを nodeinfo ファイルに使用している場合、
データは変換されずそのまま管理サーバーへ送られます。したがって、
データは管理サーバーが扱えるコードセットにしてください。
OVO for UNIX 管理サーバーは、utf8 コードセットを使用する管理ノードを
扱うことができません。管理ノードが、OVO for Windows と OVO for UNIX
管理サーバーの両方にレポートする場合、utf8 ではなく ascii コードセット
を使用してください。
41
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メモ
opcactivate コマンドを -mode hacmp <node_names> オプションで実行し、AIX
HACMP システムで OVO エージェントの hacmp を起動します。詳細については、
opcactivate(1m) の man ページを参照してください。
6. OpenView Operations コンソールにノードを追加します。
7. ノードにプログラムを配布します。
42
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for HP-UX エージェント
====================================================
2005 年 2 月改訂
--------------------目次
========
1. サポートされるプラットフォーム
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
2. ハードウェア要件
3. パッチおよびソフトウェア要件
3.1 HP-UX 11.0 パッチ
3.2 HP-UX 11.11 パッチ
3.3 HP-UX 11.22 パッチ
3.4 HP-UX 11.23 パッチ
3.5 重要なカーネル パラメータ
3.6 一般的なソフトウェア要件
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
5. エージェントのインストール手順
5.1 OVO エージェントのインストール
1. サポートされるプラットフォーム
======================
OVO は、HP9000 Technical Workstation および HP9000 Enterprise Server 用の
以下の HP-UX バージョンをサポートしています。
11.0
11.11 (11iv1.0)
11.22 (11iv1.6)
11.23 (11iv2.0)
PA-Risc
PA-Risc
IA64*
PA-Risc および IA64*
* 32 ビット互換モードでの IA64 (Intel Architecture 64)
Itanium プロセッサをサポートします。
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
----------------------------OVO は、HP9000 Technical Workstation および HP9000 Enterprise Server 用の
43
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
以下のハイ アベイラビリティ製品をサポートしています。
MC/Service Guard
Veritas Cluster
11.11 -11.16 11.0、11.11、11.23 で稼働
3.5
11.0、11.11、11.23 で稼働
メモ
クラスタの APM (opcapm) は、IA64 プラットフォームでは利用できません。
2. ハードウェア要件
========================
サポートされている HP-UX システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
・ディスク空き容量
PA-Risc システム:
28 MB (ソフトウェアのインストール中は約 56 MB が必要)
IA64 システム:
47 MB (ソフトウェアのインストール中は約 94 MB が必要)
・追加のスワップ スペース
・追加の RAM
なし
なし
3. パッチおよびソフトウェア要件
====================================
3.1 HP-UX 11.0 パッチ
---------------------パッチ
PHCO_25707
PHSS_24627
PHSS_26262
PHNE_22814
libc 累積パッチ (PHCO_24148 の置き換え)
HP aC++ -AA ランタイム ライブラリ (aCC A.03.33)
ld(1) およびリンカ ツール累積パッチ
EISA 100VG-AnyLAN 製品用の s700_800 11.00 パッチ
必須の依存関係
PHCO_23651
ifsck_vxfs(1M) 累積パッチ
PHCO_23963
libc 累積ヘッダー ファイル パッチ
PHKL_18543
PM/VM/UFS/async/scsi/io/DMAPI/JFS/perf パッチ
PHKL_22677
getdirentries、MVFS、rcp、mmap と IDS のフィックス
PHKL_24027
VxFS 3.1 累積パッチ
44
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
PHKL_25906
PHKL_26059
プローブ、IDDS、PM、VM、PA-8700、asyncio、T600、FS
syscall、signal、umask の累積パッチ
3.2 HP-UX 11.11 パッチ
----------------------パッチ
PHCO_24402
PHCO_26124
PHNE_25625
PHSS_24638
PHNE_31247
libc 累積ヘッダー ファイル パッチ
libc 累積パッチ
ONC/NFS 一般リリース/性能パッチ
HP aC++ -AA ランタイム ライブラリ (aCC A.03.33)
累積 ARPA 転送パッチ
必須の依存関係
PHCO_24777 mountall 累積パッチ
3.3 HP-UX 11.22 パッチ
----------------------パッチ
PHKL_28465
PHKL_28670
PHSS_27285
PHSS_27289
PHSS_27661
PHSS_28976
長時間再アクティブ化されていないプロセス
JFS3.3 のメモリ不足
A.05.38 C++ ライブラリ パッチ
libm の性能/精度の向上
リンカおよび fdp 累積パッチ
libunwind ライブラリ累積パッチ
3.4 HP-UX 11.23 パッチ
----------------------パッチ
なし
3.5 重要なカーネル パラメータ
------------------------------以下の表は、HP-UX 管理ノードのカーネル パラメータの値です。
パラメータ 説明
最小値
_____________________________________________________________
nfile
オープン ファイルの最大数 20*
semmns
必要なセマフォー
20
45
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
shmmax
msgmni
nflocks
最大共有メモリ
メッセージ キュー
ファイルのロック
不要
不要
10
* この数は複数の要因に依存します。通常は 1 プロセスあたり 20 で
十分ですが、ログファイル エンキャプスレータ用に構成される
ログファイル数が多いほど、より多くのファイル記述子が必要となります。
標準的には、1 ログファイルにつき 1 つファイル記述子が必要です。
管理ノードで開始されるプロセスとなるアクションには、ファイル記述子の
追加が必要です。
3.6 一般的なソフトウェア要件
--------------------------------OVO をインストールする前に、管理するサポート HP-UX 11.x システムに
以下のソフトウェアがインストールされていることを確認します。
・上掲のオペレーティング システムのすべての必須パッチ
・上掲のカーネル パラメータまたはシステム パラメータ
SAM ツールでシステムのパラメータを確認および変更できます。
組み込みの性能コンポーネントでパフォーマンス メトリックスを
モニターする場合は、最低でも Number_of_Policies の倍に
カーネル パラメータ max_thread_proc の値を増やします。
・DCE RPC
DCE RPC バージョン 1.7 以上
SD パッケージ: DCE-Core.DCE-CORE-RUN
OVO は、HP-UX 11.x オペレーティング システムとともに提供される
DCE の各バージョンをサポートします。HP-UX オペレーティング
システムには DCE が含まれていますが、オプション製品として
別途 DCE をインストールする必要があります。
・DCE/9000 のカーネル スレッドのサポート
HP UX 11.0 DCE-KT-Tool 用の SD パッケージ
メモ
HP-UX 11.0 と HP-UX 11.11 の場合、OVO に必要なカーネル スレッド用の
ライブラリが DCE-KT-Tool に含まれています。この DCE-KT-Tool は、
HP-UX アプリケーション ソフトウェアの CD-ROM に収録されています。
46
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
HP-UX 11.00 の場合、別途 DCE-KT-Tool をインストールする必要があります。
DCE-KT-Tool をインストールするには、SD-UX の swinstall の GUI を起動し、
Software View を [Start with Products] に変更してから、
[DCE-KT-Tools] を選択します。DCE-KT-Tool は HP-UX OS と共に
ライセンス供与されます。
HP-UX 11.11 の場合、DCE-KT-Tool はオペレーティング システムの
インストールに含まれています。
・インターネット サービス
SD パッケージ: InternetSrvcs.INETSRVCS-RUN
・LAN/9000
SD パッケージ: Networking.NET-RUN
・MIB モニタリング用の SNMP エージェント
HP-UX 11.x 以降用の SD パッケージ: OVSNMPAgent
・母国語サポート (NLS) パッケージ
SD パッケージ: OS-Core.NLS-AUX
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
OVO for Windows 7.5 では、HP-UX 管理ノード用のバイナリ ファイル
3 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
これらはそれぞれ、HP-UX 10.20 用、他のすべての PA-RISC プラットフォーム用、
および Itanium IA64 のネイティブ 32 ビットモード用となっています。
・PA-RISC 10.20:
--------------<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\HPUX\11PA
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\HPUX\B.10.20
・PA-RISC 11.0、11.11、11.23:
-------------------------------<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\HPUX\11PA
47
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\HPUX\11PA
・Itanium IA64、ネイティブ、32 ビットモード、11.22、および 11.23:
---------------------------------------------------<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\HPUX\11IA
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\HPUX\11IA
5. エージェントのインストール手順
===============================
OpenView Operations エージェントは、HP-UX を実行しているコンピュータに
インストールできます。インストール手順を以下に示します。
インストールしたエージェントが OpenView Operations for UNIX エージェ
ントのバージョン 7.0 以降であり、このエージェントからメッセージの受信
のみを行い、管理ノードでアクションの実行のみを行う場合 (つまり、管理
ノードにポリシーを配布しない場合) は、エージェントを再インストールし
なくてもインストールを完了できます。詳細は、オンライン ヘルプのトピック
「OpenView Operations for UNIX によってインストールされたノードとの通信」を
参照してください。
5.1 OVO エージェントのインストール
---------------------------1. 適切な管理権限を持つユーザーとしてログインしていることを確認します。
2. 既存の OpenView Operations for UNIX エージェント ソフトウェアがある場合、
次のコマンドでアンインストールします。
コマンド: swremove ITOAgent
既にインストールされているエージェントより新しいバージョンのエージェントを
インストールする場合の注意点
2. は任意です。旧エージェント ソフトウェアをアンインストールした場合、
すべての設定とパフォーマンス データは失われます。旧エージェント
ソフトウェアをアンインストールせずにエージェントをアップグレードした場合、
ノード内の設定とパフォーマンス データは保持されます。
3. opc_pkg.Z、comm_pkg.Z、perf_pkg.Z、svcdisc_pkg.Z、opc_inst、ovoreqcheckagt、
48
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ovoreqcheckagt.awk、ovoreqcheck.cfg の各ファイルを OpenView Operations
管理サーバーから管理対象のコンピュータの /tmp ディレクトリにコピーします。
これらのファイルは、次のディレクトリに格納されています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\
<サポート OS>\<サポート バージョン>\
<サポート バージョン> ディレクトリは、バージョン別にパッケージが
異なる場合にのみ存在します。
メモ
ファイルのコピーに ftp を使用する場合、バイナリ モードを使用してください。
4. 次のコマンドで、opc_inst および ovoreqcheckagt スクリプトを実行可能にします。
chmod +x /tmp/opc_inst
chmod +x /tmp/ovoreqcheckagt
5. 管理ノードが、前掲のセクション 2 および 3 で指定されているハードウェア
およびソフトウェア要件をすべて満たしていることを確認します。
必要に応じてノードを更新します。
メモ
次のコマンドにより、ovoreqcheckagt ツールで必要条件を自動的に確認できます。
/tmp/ovoreqcheckagt -det
ovoreqcheckagt ツールの詳細については、OVO for Windows のオンライン
ヘルプを参照してください。
6. 次のコマンドで、エージェントをインストールします。
/tmp/opc_inst
メモ
既にインストールされているエージェントをアンインストールせずに新しい
バージョンのエージェントをインストールする場合、opc_inst を実行する前に、
次のコマンドでエージェントを停止させてください。
opcagt -kill
7. 次のコマンドで、エージェントを起動します。
/opt/OV/bin/OpC/install/opcactivate -s <VP_mgt_server> \
-cs <server_codeset> -cn <agent_codeset> -sv
メモ
通常、英語版システムでのサーバーおよびエージェントのコード セットは
49
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
iso88591 です。英語以外のノードが OVO for Windows 管理サーバーに
レポートする場合は、<server_codeset> に utf8、<agent_codeset> に
次に示すコードの一つを選びます。
Traditional Chinese:
nodeinfo value: big5
agent locale: zh_TW.big5
Simplified Chinese:
nodeinfo value: gb2312
agent locale: zh_CH.hp15CN
Japanese - SJIS:
nodeinfo value: sjis
agent locale: ja_JP.SJIS
Japanese - EUC:
nodeinfo value: eucJP
agent locale: ja_JP.eucJP
Korean:
nodeinfo value: eucKR
agent locale: ko_KR.eucKR
Central European languages, for example Czech:
nodeinfo value: iso88592
agent locale: cs_CZ.iso88592
Cyrillic:
nodeinfo value: iso88595
agent locale: ru_RU.iso88595
Hebrew:
nodeinfo value: iso88598
agent locale: iw_IL.iso88598
Others:
nodeinfo value: utf8 or ascii
agent locale: C
utf8 または ascii コードセットを nodeinfo ファイルに使用している場合、
データは変換されずそのまま管理サーバーへ送られます。したがって、
データは管理サーバーが扱えるコードセットにしてください。
OVO for UNIX 管理サーバーは、utf8 コードセットを使用する管理ノードを
扱うことができません。管理ノードが、OVO for Windows と OVO for UNIX
50
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
管理サーバーの両方にレポートする場合、utf8 ではなく ascii コードセット
を使用してください。
8. OpenView Operations コンソールにノードを追加します。
9. ノードにプログラムを配布します。
51
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for Linux エージェント
====================================================
2005 年 3 月 28 日改訂
--------------------目次
========
1. サポートされるプラットフォーム
2. ハードウェア要件
3. パッチおよびソフトウェア要件
3.1 重要なカーネル機能
3.2 一般的なソフトウェア要件
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
5. エージェントのインストール手順
5.1 OVO エージェントのインストール
1. サポートされるプラットフォーム
======================
OVO は、以下の Linux バージョンをサポートしています。
SuSE LINUX
6.4
7.0
7.1
7.2
7.3
8.0
8.1
9.0
9.1
(英語版のみ)
(2.2.x ¦ x>=14)
(2.2.x ¦ x>=16)
(2.2.x ¦ x>=18、2.4.x ¦ x>=0)
(2.4.x ¦ x>=4)
(2.4.x ¦ x>=10)
(2.4.x ¦ x>=18)
(2.4.x ¦ x>=19)
(2.6.x)
SuSE Linux Enterprise Server
8.0
9.0
Red Hat Linux
6.2/J (2.2.x ¦ x>=14)
7.0 / 7.0.1J (2.2.x ¦ x>=16)
7.1 (2.4.x ¦ x>=2)
52
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
7.2 (2.4.x ¦ x>=7)
7.3 (2.4.x ¦ x>=18)
8.0 (2.4.x ¦ x>=18)
9.0
Red Hat Enterprise Linux
WS/AS/ES 2.1 (2.4.x)*
WS/AS/ES 3.0 (2.4.x)*
* Linux カーネル正式版のみのサポートになります。
** Red Hat 2.1 版エージェントは、ASCII ノードとしてのみのサポートになります。
DEBIAN LINUX (英語版のみ)
3.0 (2.4.x ¦ x>=18)
3.0r2
Mandrake Linux*
9.2
10
* Mandrake Linux ノードのプラットフォーム タイプとオペレーティング
システムは自動検出されず、「Others (その他)」と表示されます。このため、
エージェント導入の前に手動で設定しておく必要があります。
Linux Miracle
3.0
Turbolinux (日本語版のみ)
6.0J (2.2.x ¦ x>=13)
6.1J (2.2.x ¦ x>=15)
6.5J (2.2.x ¦ x>=??)
7.0J (2.4.x ¦ x>=5)
8.0J
Turbolinux Enterprise Server (日本語版のみ)
8.0J
2. ハードウェア要件
========================
サポートされている Linux システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
・ディスク空き容量 - 70 MB
(ソフトウェアのインストール中はさらに 70 MB が必要)
53
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メモ
OVO エージェントは second extended ファイル システム (ext2) に
インストールする必要があります。
・追加のスワップ スペース - なし
・追加の RAM - 20 MB
3. パッチおよびソフトウェア要件
====================================
3.1 重要なカーネル機能
----------------------------以下のカーネル機能を有効にしておく必要があります。
・CONFIG_NET
・CONFIG_BINFMT_ELF
・CONFIG_SYSVIPC
・CONFIG_INET
・CONFIG_NETDEVICES
・CONFIG_EXT2_FS または
CONFIG_REISERFS_FS
・CONFIG_PROC_FS
ネットワーク サポート
ELF バイナリのカーネル サポート
システム V IPC
TCP/IP ネットワーキング
ネットワーク デバイス サポート
second extended ファイル システム サポートまたは
Reiser ファイル システム サポート
Proc ファイル システム サポート
3.2 一般的なソフトウェア要件
--------------------------------・パッケージ
以下のパッケージをインストールします。
・bash
・gawk
さらに、Red Hat 7.x と SuSE 7.x に関しては以下のパッケージを
インストールする必要があります。
・DCE RPC
OVO エージェント パッケージと同時に配布
・Red Hat 7.x
Red Hat Package Manager (RPM)
54
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
compat-libstdc++
・SuSE 7.x
compat
次のパッケージはオプションです。
・SNMP Daemon (オプション)
OVO 管理サーバーからリモートでソフトウェアをインストールする場合は、
Linux 管理ノードのノード タイプの自動検出に必要な情報を収集するために
SNMP デーモン (snmpd) を稼働させておく必要があります。
インストール終了後、MIB 変数モニタリング機能を使用したい場合は、
このデーモンを稼働させておきます。
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
OVO for Windows 7.5 では、Linux 管理ノード用のバイナリ ファイル
1 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\Linux
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\Linux
5. エージェントのインストール手順
===============================
OpenView Operations エージェントは、Linux を実行しているコンピュータに
インストールできます。インストール手順を以下に示します。
メモ
インストールしたエージェントが OpenView Operations for UNIX エージェ
ントのバージョン 7.0 以降であり、このエージェントからメッセージの受信
のみを行い、管理ノードでアクションの実行のみを行う場合 (つまり、管理
ノードにポリシーを配布しない場合) は、エージェントを再インストールし
なくてもインストールを完了できます。詳細は、オンライン ヘルプ
のトピック「OpenView Operations for UNIX によってインストールされた
ノードとの通信」を参照してください。
55
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メモ
Linux RedHat 6.2 のエージェントはアップグレード (上書きインストール)
できません。従来の A.06.xx エージェントから A.07.xx へのアップグレードは
失敗します。この問題を回避するには、従来の A.06.xx エージェントを削除して
から A.07.xx をインストールしてください。
5.1 OVO エージェントのインストール
---------------------------1. 適切な管理権限を持つユーザーとしてログインしていることを確認します。
2. opcagt -kill コマンドを実行します。
3. 既存の OpenView Operations for UNIX エージェント ソフトウェアがある
場合、次のコマンドでアンインストールします。
コマンド:
rpm -e OPCSVCDISC OPCPERF OPCJRE OPC OPCCOMM
rpm -e dce
メモ
バージョン 7.0 より前のエージェントをアンインストールする場合は、
コマンド rpm -e OPC dce を使用します。
インストールされているエージェントのバージョンを確認するには、そのノードの
/opt/OV/bin/OpC/install/opcinfo ファイル内の OPC_INSTALLED_VERSION
パラメータを参照してください。
4. opc_pkg.Z、comm_pkg.Z、perf_pkg.Z、svcdisc_pkg.Z、opc_inst、ovoreqcheckagt、
ovoreqcheckagt.awk、ovoreqcheck.cfg の各ファイルを OpenView Operations
管理サーバーから管理対象のコンピュータの /tmp ディレクトリにコピーします。
これらのファイルは、次のディレクトリに格納されています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\
<サポート OS>
メモ
ファイルのコピーに ftp を使用する場合、バイナリ モードを使用してください。
5. 次のコマンドで、opc_inst および ovoreqcheckagt スクリプトを実行可能にします。
chmod +x /tmp/opc_inst
chmod +x /tmp/ovoreqcheckagt
6. 管理ノードが、前掲のセクション 2 および 3 で指定されているハードウェア
およびソフトウェア要件をすべて満たしていることを確認します。
56
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
必要に応じてノードを更新します。
メモ
次のコマンドにより、ovoreqcheckagt ツールで必要条件を自動的に確認できます。
/tmp/ovoreqcheckagt -det
ovoreqcheckagt ツールの詳細については、OVO for Windows のオンライン
ヘルプを参照してください。
7. コマンド /tmp/opc_inst を使用してエージェントをインストールします。
8. 次のコマンドで、エージェントを起動します。
/opt/OV/bin/OpC/install/opcactivate -s <VP_mgt_server> \
-cs <server_codeset> -cn <agent_codeset> -sv
メモ
通常、英語版システムでのサーバーおよびエージェントのコード セットは
iso88591 です。英語以外のノードが OVO for Windows 管理サーバーに
レポートする場合は、<server_codeset>に utf8、<agent_codeset> に
次に示すコードの一つを選びます。
Traditional Chinese:
nodeinfo value: big5
agent locale: zh_TW
Simplified Chinese:
nodeinfo value: gb2312
agent locale: zh_CN
Japanese - SJIS:
nodeinfo value: sjis
agent locale: ja_JP.SJIS
Japanese - EUC:
nodeinfo value: eucJP
agent locale: ja_JP
Korean:
nodeinfo value: See Others below.
agent locale: See Others below.
Central European languages, for example Czech:
nodeinfo value: iso88592
agent locale: cs_CZ
57
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Cyrillic:
nodeinfo value: iso88595
agent locale: ru_RU
Hebrew:
nodeinfo value: iso88598
agent locale: iw_IL
Others:
nodeinfo value: utf8 or ascii
agent locale: C
utf8 または ascii コードセットを nodeinfo ファイルに使用している場合、
データは変換されずそのまま管理サーバーへ送られます。したがって、
データは管理サーバーが扱えるコードセットにしてください。
OVO for UNIX 管理サーバーは、utf8 コードセットを使用する管理ノードを
扱うことができません。管理ノードが、OVO for Windows と OVO for UNIX
管理サーバーの両方にレポートする場合、utf8 ではなく ascii コードセット
を使用してください。
9. OpenView Operations コンソールにノードを追加します。
10. ノードにプログラムを配布します。
58
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for OpenVMS エージェントおよび SPI
==================================================================
2005 年 2 月改訂
--------------------1. サポートされるプラットフォーム
2. ハードウェア要件
3. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
4. OVO 管理サーバーの設定
4.1 UNIX 管理サーバー (OVOU) の更新
4.2 Windows 管理サーバー (OVOW) の更新
5. OpenVMS エージェント ソフトウェアのインストール
6. OVO 管理サーバーの追加アップデート手順の実行
7. OpenVMS 用 Smart Plug-In(SPI)のインストール
7.1 インストール手順
1. サポートされるプラットフォーム
======================
OVO は、以下の OpenVMS Alpha バージョンをサポートしています (英語版のみ)。
7.3-1 OpenVMS Alpha 7.3-1 には、以下のパッチが必要です。
VMS731_UPDATE V2.0 以降
VMS731_PCSI V1.0 以降
DCE_030SSRT3608 V1.0
7.3-2
8.2、8.2-1、E8.2
OpenVMS Itanium プラットフォームには、OVOW_00132 パッチが必要です。
2. ハードウェア要件
========================
サポートされている OpenVMS システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
59
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
以下から、1 つを選びます。
o アップデート キットに以下のパッチ キットが含まれている
- VMS731_UPDATE V2.0 以降
- VMS731_PCSI V1.0 以降 (アップデート キット用に必要)
または
o アップデートキットを使用しない場合、以下のファイルをインストール
- VMS731_ACRTL V1.0 以降
- VMS731_SYS V2.0
- VMS731_SYSLOA-V0100
HP では、DCE サービス拒否 (DoS) セキュリティ パッチ
(DCE_030_SSRT3608 V1.0) もインストールするよう推奨しています。
これらすべてのファイルは、サービス Web サイトからダウンロードできます。
http://www2.itrc.hp.com/service/patch/mainPage.do
メモ
このソフトウェアは、セクション 6 に記載されている SPI ソフトウェアよりも
先にインストールしておく必要があります。
3. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
Windows
------OVO for Windows 7.5 では、OpenVMS 管理ノード用のバイナリ ファイル
1 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\OpenVMS
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\OpenVMS
UNIX
---OVO for UNIX 7.1 では、OpenVMS 管理ノード用のバイナリ ファイル
1 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
60
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
/var/opt/OV/share/databases/OpC/mgd_node/vendor/hp/alpha/vms
4. 管理サーバーの設定
====================================
OpenVMS システムの管理に用いる管理サーバーでは、さまざまな設定の更新が
必要となります。更新の手順は、ご使用の OVO 管理サーバーの
オペレーティング システムが UNIX と Windows のいずれであるかによって
異なります。OVO 管理サーバーの環境に合わせて、更新手順を実行してください。
4.1 UNIX 管理サーバー (OVOU) の更新
-------------------------------------------UNIX 管理サーバーで OpenVMS システムを管理する場合は、このセクションの
手順を実行します。
UNIX 管理サーバーでは、設定の更新は gzip 形式で圧縮された
depot ファイルとして提供されます。最初にこれらの更新が OVO 管理サーバー
システムにインストールされ、次に OpenVMS ノード用のソフトウェアが
UNIX 管理サーバーから OpenVMS ノードにコピーされます。
UNIX 管理サーバーに設定の更新を配布するには、以下の手順を実行します。
1) OVO/UNIX サーバーにログオンします。
2) OVOPC-VMS-CLT.depot.gz ファイルを、UNIX 管理サーバー システム内の
一時ディレクトリ (/tmp など) にコピーします。
3) 管理サーバーにおいて必要な設定の更新を行うには、以下の手順を
実行します。
メモ
このセクションにおいてアルファベットで順序が示されている手順は、
一回のみ実行します。後でノードを追加したり、他の更新作業を実施したり
する場合にも、再度行わないでください。
A) 管理サーバーにファイルを配布するには、まずルート ディレクトリに
移動し、gunzip を実行してファイルを展開して、depot ファイルを
作成します。次に、以下のコマンドで depot ファイルを
インストールします。
cd /
gunzip <your-temp-directory>OVOPC-VMS-CLT.depot.gz
61
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
swinstall -s <your-temp-directory>OVOPC-VMS-CLT.depot \
OVOPC-CLT.OVOPC-VMS-CLT
B) AgentPlatform ファイルを OpenView データベースにロードします。
opcagtdbcfg -p hp/alpha/vms -d -f
C) 後でエージェント ノードにテンプレートを配信できるよう、
テンプレートをアップロードします。
opccfgupld -add VMSPkg
メモ
以前にこの手順を済ませている場合は、-add オプションの代わりに
-replace オプションを使用します。
4) エージェントと SPI キットを管理対象の OpenVMS ノードにコピーします。
手順を以下に示します。
A) tar 形式にまとめられた .PCSI ファイルが配置されているディレクトリに
移動します。
cd /var/opt/OV/share/databases/OpC/mgd_node/vendor/hp\
/alpha/vms /A.07.10/RPC_DCE_TCP
B) tar ファイルから OpenVMS PCSI ファイルを取り出します。
tar -xvf opc_pkg.Z
tar -xvf spi_pkg.Z
C) 管理したい OpenVMS ノードに PCSI キットをコピーします。
UNIX 管理サーバーからこの作業を行う場合は、SYSTEM アカウントで
OpenVMS に接続し、SYS$UPDATE ディレクトリに移動して転送モードを
バイナリに設定し、PCSI キットを UNIX マシンから OpenVMS ノードに
転送します。
ftp <OpenVMS ノード>
SYSTEM
<パスワード>
ftp> cd SYS$UPDATE:
(コロンが必要です)
ftp> bin
ftp> put hp-axpvms-ovoagents-<kit>.pcsi
ftp> put hp-axpvms-vmsspi-<kit>.pcsi
メモ
<kit> の部分には「V0100-51-1」のようにバージョン番号が入ります。
62
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
5) 続いて、セクション 4 の「OpenVMS エージェント ソフトウェアの
インストール」に進みます。
4.2 Windows 管理サーバー(OVOW)のアップデート
----------------------------------------------Windows 管理サーバーで OpenVMS システムを管理する場合は、以下の手順を
実行します。
メモ
このインストール作業は、Windows 管理サーバー システムの
C: ドライブで実施してください。以下の手順を実行する前に、
OVOW パッチ キットに付属している readme ファイルに目を通し、
そこに記載されている指示を実行しておく必要があります。
1) Windows 管理サーバー システムにログオンします。
2) DOS プロンプトを起動し、以下のコマンドを入力します。
cd <インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\OpenVMS
例:
cd C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\OpenVMS
3) 圧縮された VMS ファイル (拡張子は .PCSI) を解凍し、そのディレクトリで
展開します。
opc_pkg.Z
opc_spi.Z
4) 手順 3 で展開した .PCSI ファイルを、以下のコマンドを用いて管理ノードに
FTP 転送します。
ftp <OpenVMS ノード>
SYSTEM
<パスワード>
ftp> cd SYS$UPDATE:
(コロンが必要です)
ftp> bin
ftp> put HP-AXPVMS-OVOAGENTS-<kit>.PCSI
ftp> put HP-AXPVMS-VMSSPI-<kit>.PCSI
メモ
<kit> の部分には「V0100-51-1」のようにバージョン番号が入ります。
5) ノードを OpenVMS Operations コンソールに追加します。
63
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
6) このパッチ キットとともに提供されたポリシーを配布します。たとえば、
以下のディレクトリに移動して、すべてのファイルを選択します。
\Policy management\Policy groups\OpenVMS_policies
\Policy management\Policy groups\OpenVMS_SPI_policies
選択したファイルを次の場所にドラッグ & ドロップします。
\Nodes\<ご使用の管理ノード名>
5. OpenVMS エージェント ソフトウェアのインストール
========================================
セクション 3.1 または 3.2 の説明に従い、OVO 管理サーバーを適切に
アップデートしてから、このセクションの手順を実行してください。
エージェント キットをインストールするには、以下の手順を実行します。
1) システム アカウントにログオンします。
2) デフォルトのディレクトリを SYS$UPDATE に設定します。
$ SET DEFAULT SYS$UPDATE
3) PRODUCT INSTALL コマンドでキットをインストールします。
$ PRODUCT INSTALL OVOAGENTS
インストレーション プロシージャにより、大部分のファイルが
SYS$SPECIFIC:[OVO] 下のサブディレクトリに移動します。また、いくつかの
ファイルは SYS$STARTUP や SYS$MANAGER といった標準システム ディレクトリに
移動します。さらに、共有可能イメージである OVO$LIBOPC_R.EXE という
ファイルは、SYS$SYSROOT:[SYSLIB] に移動します。
4) OVO$ エージェントを起動するには、以下のコマンドを入力します。
管理サーバー名も、要求に応じて入力します。
$ @SYS$MANAGER:OVO$CONFIG
$ @SYS$STARTUP:OVO$STARTUP
6. OVO 管理サーバーの追加アップデート手順の実行
===============================================================
管理対象のシステムにエージェントをインストールしてから、このセクションの
64
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
手順を実行してください。これらの作業を完了するために詳細な情報が必要な
場合は、適切な OpenView ドキュメントを参照してください。
1) 監視したい OpenVMS ノードとクラスタを追加します。
2) 使用するテンプレートを監視対象の各 OpenVMS ノードに配布します。
3) SPI からのメッセージを監視するユーザー用の担当範囲マトリックスに、
OpenVMS メッセージ グループを追加します。
7. OpenVMS 用 Smart Plug-In(SPI)のインストール
=================================================
上記の手順をすべて完了してから、このセクションの手順を実行してください。
メモ このキットをインストールする管理ノードには、事前にエージェント
ソフトウェアをインストールしておく必要があります。
7.1 インストール手順
----------------------------SPI キット内のファイルをインストールするには、以下の手順を実行します。
1) システム アカウントにログオンします。
2) デフォルトのディレクトリを SYS$UPDATE に設定します。
$ SET DEFAULT SYS$UPDATE
3) PRODUCT INSTALL コマンドでキットをインストールします。
$ PRODUCT INSTALL VMSSPI
配布プロシージャにより、大部分のファイルが SYS$SPECIFIC:[OVO] 下の
サブディレクトリに移動します。また、いくつかのファイルは SYS$STARTUP や
SYS$MANAGER といった標準システム ディレクトリに移動します。
4) OSSPI を起動します。
$ @SYS$STARTUP:VMSSPI$STARTUP
メモ SPI 設定ファイルをカスタマイズするには、「HP OpenView Smart
Plug-In (SPI) for OpenVMS ユーザー ガイド」を参照してください。
このガイドは PostScript および pdf フォーマットで利用できます。
65
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ファイルは SYS$SPECIFIC:[OVO] に以下の名前で保存されています。
VMSSPI_USER_GUIDE.PS
VMSSPI_USER_GUIDE.PDF
66
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for Solaris エージェント
======================================================
2005 年 2 月改訂
--------------------目次
========
1. サポートされるプラットフォーム
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
2. ハードウェア要件
3. パッチおよびソフトウェア要件
3.1 Solaris 2.6 パッチ
3.2 Solaris 7 パッチ
3.3 Solaris 8 パッチ
3.4 Solaris 9 パッチ
3.5 適切な Sun Solaris 用 OS パッチを適用していないために発生する問題
3.6 重要なカーネル パラメータ
3.7 管理ノードの一般的なソフトウェア要件
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
5. エージェントのインストール手順
5.1 OVO エージェントのインストール
1. サポートされるプラットフォーム
======================
OVO は、以下の Sun Solaris バージョンをサポートしています。
2.6
7
8
9
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
----------------------------Sun Cluster
2.2
Solaris 2.6、7
Volume Managers: Veritas 3.0.2
3.0
Solaris 8、9
Volume Managers: Veritas 3.1.1
67
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Veritas Cluster System
1.3.0 Solaris 2.6、7、8
2.0
3.5
Solaris 7、8
Solaris 7、8、9
2. ハードウェア要件
========================
サポートされている Solaris システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
・ディスク空き容量 - 65 MB
(ソフトウェアのインストール中はさらに 65 MB が必要)
・追加のスワップ スペース - なし
・追加の RAM - なし
3. パッチおよびソフトウェア要件
====================================
OVO Sun Solaris 管理ノードには、次のパッチが必要です。これらのパッチは、
Web サイト www.sunsolve.sun.com から入手できます。
メモ
Sun Microsystems のダウンロード サイトでは、表 9 に記載されている
パッチよりも新しいバージョンのパッチが公開されている場合があります。
表のパッチよりバージョン番号が新しいパッチは使用可能ですが、
OVO でのテストは行われていません。Sun は、最新バージョンのパッチの
ダウンロードを許可しているのみである点に注意してください。
3.1 Solaris 2.6 パッチ
----------------------パッチ
107733-09
105591-11
106429-02
105181-29
105210-38
105568-23
105633-59
106841-01
106842-09
SunOS 5.6: リンカ パッチ
SunOS 5.6: C++ 用共有ライブラリ パッチ
SunOS 5.6: /kernel/drv/mm パッチ
SunOS 5.6: カーネル更新パッチ
SunOS 5.6: libaio、libc、watchmalloc パッチ
SunOS 5.6: /usr/lib/libthread.so.1 パッチ
OpenWindows 3.6: Xsun パッチ
OpenWindows 3.6: Keytables パッチ
SunOS 5.6: ユーロ通貨サポート機能パッチ
68
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
3.2 Solaris 7 パッチ
--------------------Patches
106950-15
106327-10
107544-03
106541-17
106980-17
SunOS
SunOS
SunOS
SunOS
SunOS
5.7:
5.7:
5.7:
5.7:
5.7:
リンカ パッチ
C++ 用 32 ビット共有ライブラリ パッチ
/usr/lib/fs/ufs/fsck パッチ
カーネル更新パッチ
libthread パッチ
3.3 Solaris 8 パッチ
--------------------Patches
109147-09
108434-03
108827-11
SunOS 5.8: リンカ パッチ
SunOS 5.8: C++ 用共有ライブラリ パッチ
SunOS 5.8: libthread パッチ
3.4 Solaris 9 パッチ
--------------------パッチ
不要
3.5 適切な Sun Solaris 用 OS パッチを適用していないために発生する問題
--------------------------------------------------------Sun Solaris 用の適切なオペレーティング システム パッチを
適用していない場合、次のような問題が発生します。
・パッチ バージョン
パッチ 101327 のバージョン -04 または -05 がインストールされていると、
Sun Solaris 管理ノードへの OVO のインストールは失敗し、次のメッセージが
表示されます。
tar xof...core dump
この問題を解決するには、次のいずれかを実行してください。
・バージョン -06 (またはそれ以降) のパッチをインストールする。
・古いパッチをアンインストールする。
69
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Sun Solaris システムに現在インストールされているパッチを確認するには、
次のように入力します。
showrev -p
・マルチ プロセッサ パッチ
次のパッチがインストールされているか確認してください。
インストールされていない場合、モニター エージェント プロセス (opcmona) が
マルチ プロセッサ Solaris 管理ノード上で停止する可能性があります。
Solaris 2.6 では、次の推奨パッチを使用してください。
105568-23
105210-38
Solaris 7 では、次の推奨パッチを使用してください。
106980-16
106541-17
107544-03
Solaris 8 では、次の推奨パッチを使用してください。
108827-11
3.6 重要なカーネル パラメータ
------------------------------以下の表は、Solaris 管理ノードのカーネル パラメータの値です。
パラメータ
説明
最小値
______________________________________________________________
nfile
オープン ファイルの最大数
20*
semmap*
セマフォー マップ内のエントリ数
15 以上
semmni
セマフォー識別子の数
30
semmns
システム内のセマフォー数
200 以上
semmsl
ID あたりの最大セマフォー数
100
カーネル パラメータを確認および変更するには、/etc/system ファイルを
編集します。
* nfile の最小値 20 は、複数の要因に依存します。通常は 1 プロセスあたり
20 で十分ですが、ログファイル エンキャプスレータ用に構成される
70
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ログファイル数が多いほど、より多くのファイル記述子が必要となります。
標準的には、1 ログファイルにつき 1 つファイル記述子が必要です。
管理ノードで開始されるプロセスとなるアクションには、ファイル記述子の
追加が必要です。
* Solaris 2.6 および 7 でのみ有効です。
3.7 一般的なソフトウェア要件
---------------------------------・通信ソフトウェア
OVO は DCE RPC 通信タイプをサポートしています。サポートされている
DCE パッケージが管理ノードにまったくインストールされていない
(または実行されていない) 場合は、エージェントのインストール時に
HPlwdce (HP Lightweight DCE ランタイム バージョン 1.1) が
インストールされ、設定されます。サポートされている DCE パッケージの
リストを次に示します。
OS
Solaris
Solaris
Solaris
Solaris
2.6
7
8
9
DCE
TransArc DCE 2.0、HPlwdce、DASCOM DCE 1.1
IBM DCE 3.1、HPlwdce、DASCOM DCE 1.1
IBM DCE 3.1、HPlwdce、DASCOM DCE 1.1
IBM DCE 3.1、HPlwdce、DASCOM DCE 1.1
・ARPA/Berkeley サービス
・MIB
OVO の MIB モニタリング機能には、HP OpenView プラットフォームの snmpd か、
SNMP ベースの MIB-I (RFC 1156) または MIB-II (RFC1158) に適合する
エージェント ソフトウェアが必要です。
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
OVO for Windows 7.5 では、Solaris 管理ノード用のバイナリ ファイル
1 セットが提供されており、以下のディレクトリに置かれています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\Solaris
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\Solaris
71
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
5. エージェントのインストール手順
===============================
OpenView Operations エージェントは、Solaris を実行しているコンピュータ
にインストールできます。インストール手順を以下に示します。
メモ
インストールしたエージェントが OpenView Operations for UNIX
エージェントのバージョン 7.0 以降であり、このエージェントから
メッセージの受信のみを行い、管理ノードでアクションの実行のみを
行う場合 (つまり、管理ノードにポリシーを配布しない場合) は、
エージェントを再インストールしなくてもインストールを完了できます。
詳細は、オンライン ヘルプのトピック「OpenView Operations for
UNIX によってインストールされたノードとの通信」を参照してください。
5.1 OVO エージェントのインストール
---------------------------1. 適切な管理権限を持つユーザーとしてログインしていることを確認します。
2. /opt/OV/bin/OpC/opcagt -kill コマンドを使用して、管理ノードで実行中の
OpenView Operations for UNIX エージェントをすべて停止します。
3. 既存の OpenView Operations for UNIX エージェント ソフトウェアがある場合、
次のコマンドでアンインストールします。
コマンド: /usr/sbin/pkgrm OPC OPCCOMM OPCPERF OPCSVCDIS HPlwdce
既にインストールされているエージェントより新しいバージョンのエージェントを
インストールする場合の注意点
3. は任意です。旧エージェント ソフトウェアをアンインストールした場合、
すべての設定とパフォーマンス データは失われます。旧エージェント
ソフトウェアをアンインストールせずにエージェントをアップグレードした場合、
ノード内の設定とパフォーマンス データは保持されます。
メモ
バージョン 7.0 より前のエージェントをアンインストールする場合は、
コマンド /usr/sbin/pkgrm HPlwdce OPC を使用します。
インストールされているエージェントのバージョンを確認するには、そのノードの
/opt/OV/bin/OpC/install/opcinfo ファイル内の OPC_INSTALLED_VERSION
パラメータを参照してください。
4. opc_pkg.Z、comm_pkg.Z、perf_pkg.Z、svcdisc_pkg.Z、opc_inst、ovoreqcheckagt、
ovoreqcheckagt.awk、ovoreqcheck.cfg の各ファイルを OpenView Operations
管理サーバーから管理対象のコンピュータの /tmp ディレクトリにコピーします。
72
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
これらのファイルは、次のディレクトリに格納されています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\
<サポート OS>
メモ
ファイルのコピーに ftp を使用する場合、バイナリ モードを使用してください。
5. 次のコマンドで、opc_inst および ovoreqcheckagt スクリプトを実行可能にします。
chmod +x /tmp/opc_inst
chmod +x /tmp/ovoreqcheckagt
6. 管理ノードが、前掲のセクション 2 および 3 で指定されているハードウェア
およびソフトウェア要件をすべて満たしていることを確認します。
必要に応じてノードを更新します。
メモ
次のコマンドにより、ovoreqcheckagt ツールで必要条件を自動的に確認できます。
/tmp/ovoreqcheckagt -det
ovoreqcheckagt ツールの詳細については、OVO for Windows のオンライン
ヘルプを参照してください。
7. 次のコマンドで、エージェントをインストールします。
/tmp/opc_inst
メモ
既にインストールされている旧エージェントをアンインストールせずに新しい
バージョンのエージェントをインストールする場合、opc_inst を実行する前に、
次のコマンドでエージェントを停止させてください。
opcagt -kill
8. 次のコマンドで、エージェントを起動します。
/opt/OV/bin/OpC/install/opcactivate -s <VP_mgt_server> \
-cs <server_codeset> -cn <agent_codeset> -sv
メモ
通常、英語版システムでのサーバーおよびエージェントのコード セットは
iso88591 です。英語以外のノードが OVO for Windows 管理サーバーに
レポートする場合は、<server_codeset> に utf8、<agent_codeset> に
次に示すコードの一つを選びます。
Traditional Chinese:
73
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
nodeinfo value: big5
agent locale: zh_TW.big5
Simplified Chinese:
nodeinfo value: gb2312
agent locale: zh
Japanese - SJIS:
nodeinfo value: sjis
agent locale: ja_JP.PCK
Japanese - EUC:
nodeinfo value: eucJP
agent locale: ja
Korean:
nodeinfo value: eucKR
agent locale: ko
Central European languages, for example Czech:
nodeinfo value: iso88592
agent locale: cs_CZ.ISO8859-2
Cyrillic:
nodeinfo value: iso88595
agent locale: ru_RU
Hebrew:
nodeinfo value: iso88598
agent locale: he
Others:
nodeinfo value: utf8 or ascii
agent locale: C
utf8 または ascii コードセットを nodeinfo ファイルに使用している場合、
データは変換されずそのまま管理サーバーへ送られます。したがって、
データは管理サーバーが扱えるコードセットにしてください。
OVO for UNIX 管理サーバーは、utf8 コードセットを使用する管理ノードを
扱うことができません。管理ノードが、OVO for Windows と OVO for UNIX
管理サーバーの両方にレポートする場合、utf8 ではなく ascii コードセット
を使用してください。
9. OpenView Operations コンソールにノードを追加します。
74
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
10. ノードにプログラムを配布します。
75
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
README ファイル : OpenView Operations for Tru64 エージェント
====================================================
2005 年 3 月改訂
--------------------目次
========
1. サポートされるプラットフォーム
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
2. ハードウェア要件
3. パッチおよびソフトウェア要件
3.1 HP Tru64 4.0f から 5.1 までのソフトウェア
3.2 HP Tru64 TruCluster ソフトウェア
3.3 重要なカーネル パラメータ
3.4 一般的なソフトウェア要件
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
5. エージェントのインストール手順
5.1 OVO エージェントのインストール
5.2 インストールの確認
5.3 後続の TruCluster メンバの実行
1. サポートされるプラットフォーム
======================
OVO は、以下の Tru64 バージョンをサポートしています。
4.0F
4.0G
5.0A
5.1
5.1A
5.1B
1.1 ハイ アベイラビリティのサポート
----------------------------TruCluster
5.1、5.1A、5.1B 32 (パッチ OVOW_00070 が必要)
76
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
2. ハードウェア要件
========================
サポートされている Tru64 システムに OVO をインストールする前に、
システムが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認してください。
・ディスク空き容量 - 50 MB
(ソフトウェアのインストール中はさらに 50 MB が必要)
メモ
TruCluster システムでは、各ノードにこのディスク容量が必要となります。
・追加のスワップ スペース - なし
・追加の RAM - なし
3. パッチおよびソフトウェア要件
====================================
OVO をインストールする前に、管理する HP Tru64 UNIX 管理ノードに
次のソフトウェアがインストールされていることを確認します。
3.1 HP Tru64 4.0f から 5.1 までのソフトウェア
--------------------------------CXXREDIST632V11.tar
HP Tru64 5.1 以前の Tru64 UNIX 管理ノードにおいて必要となります。
インストールされている libcxx が V60300001 より前かどうかを確認します。
nm /usr/lib/cmplrs/cxx/libcxx.so ¦ grep libcxx_V
_libcxx_V60200002 ¦ 0004396996916008 ¦ G ¦ 0000000000000000
_libcxx_V60200003 ¦ 0004396996916016 ¦ G ¦ 0000000000000000
_libcxx_V60300001 ¦ 0004396996918728 ¦ G ¦ 0000000000000000
ご使用のシステム上のイメージにシンボル _libcxx_V60300001 があれば、
このパッチをインストールする必要はありません。
最新バージョンのパッチは、次の Web サイトからダウンロードできます。
ftp://ftp.compaq.com/pub/products/c-cxx/tru64/cxx/
77
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
3.2 HP Tru64 TruCluster ソフトウェア
-------------------------------メモ
TruCluster システムでは、v5.1 以降のバージョンの OS が必要です。
DCERTS410 DCE Runtime Services v4.1 および DCERTS420 DCE Runtime
Services v4.2 のみが、TruCluster システムの DCE runtime kit として有効です。
各 TruCluster メンバに対して、個々に DCE 設定が必要です。
TruCluster メンバを追加する際に、clu_add_member が OVO エージェントを
正しくインストールできるように、TruCluster 環境でシステムに次のパッチが
インストールされている必要があります。
最新バージョンのパッチは、次の Web サイトからダウンロードできます。
TruCluster 5.1:
http://ftp1.support.compaq.com/patches/public/unix/v5.1/
tcv51b20-c003710 1-18805-e-20030605 README
TruCluster 5.1A:
http://www.zk3.dec.com/dupatchwww/v50pats.html
dupatch ユーティリティを使って、次の番号のパッチをインストールします。
TCRPAT00024600520 (00246-00)
メモ
LCore および OVO 7 エージェントは Tru64 システムで共存できません。
LCore では、/usr/op/OV および /usr/var/opt/OV は共有ディレクトリです。
/usr/var/opt/OV の下の "Shared" 以外のすべてのディレクトリは CDSL です。
OVO 7 では、/usr/opt/OV および /usr/var/opt/OV は CDSL です。よって、
共存できません。
3.3 重要なカーネル パラメータ
------------------------------以下の表は、Tru64 管理ノードのカーネル パラメータの値です。
パラメータ
nfile
semmns
説明
オープン ファイルの最大数
必要なセマフォー
最小値
20*
20
78
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
shmmax
msgmni
nflocks
最大共有メモリ
メッセージ キュー
ファイルのロック
不要
不要
10
* この数は複数の要因に依存します。通常は 1 プロセスあたり 20 で
十分ですが、ログファイル エンキャプスレータ用に構成される
ログファイル数が多いほど、より多くのファイル記述子が必要となります。
標準的には、1 ログファイルにつき 1 つファイル記述子が必要です。
管理ノードで開始されるプロセスとなるアクションには、ファイル記述子の
追加が必要です。
組み込みの性能コンポーネントでパフォーマンス メトリックスをモニターし、
なおかつ非 root ユーザーとしてエージェントを実行している場合は、
カーネル パラメータ max_threads_user の値を次のように増やします。
規定値 + (Number_of_Templates * 2)
3.4 一般的なソフトウェア要件
--------------------------------・基本のネットワーク サービス
OSFCLINET4xx Basic Networking Services
・DCE Runtime Kit
以下の表で、DCE Runtime のバージョンを確認してください。
DCE Runtime Kit
Tru64 UNIX システム
OS バージョン
----------------------------------------------------------------DCERTS 310 DCE
単一システムのみ
V4.0F
Runtime Services V3.1
DCERTS 320 DCE
単一システムのみ
Runtime Services V3.2
V4.0G
DCERTS 400 DCE
単一システム
Runtime Services V4.0
V5.0, V5.0A
DCERTS 410 DCE
TruCluster または単一システム
V5.1
Runtime Services V4.1
DCE 4.1.x (x<4); DCE 4.1.4 には「下位互換性」パッチが
インストールされています。
詳細については、以下を参照してください。
79
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
http://support.entegrity.com/private/technotes/netcdce/403GR.HTM
DCERTS 420 DCE
TruCluster または単一システム
Runtime Services V4.2
V5.1A
DCERTS 430 DCE
TruCluster または単一システム
Runtime Services V4.3
V5.1B
メモ
OVO は、HP Tru64 UNIX オペレーティング システムとともに提供される
DCE の各バージョンをサポートします。HP Tru64 UNIX オペレーティング
システムには、バージョン 5.0A までの階層化製品 CD において DCE が
含まれていますが、オプション製品として別途 DCE をインストールする
必要があります。
TruCluster システムでは、個々の TruCluster メンバに対して
DCE 設定が必要です。
・日本語版ベース システム
IOSJPBASE4xx 日本語版ベース システムは、日本語環境で
HP Tru64 UNIX を実行する管理ノード専用のシステムです。
・パッケージ: OSFINCLUDE440
HP Tru64 UNIX ノードで実行ファイルをビルドするには、
OSFINCLUDE440 標準ヘッダー ファイル パッケージが必要です。
・その他の前提条件パッケージ
HP Tru64 オペレーティング システムに付属している「Associated Products
Volume 1」CD から、以下のパッケージをインストールしてください。
-IOSWWBASE<version_id>
-IOSWWUCSBASE<version_id>
version_id は次のとおりです。
-440 (4.0 F)
-445 (4.0 G)
-520 (5.1 A)
これらのファイルは次の場所にあります。
<cdrom_mount_point>Worldwide_Language_Support/kit
80
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
インストールには次のコマンドを使用します。。
cd <cdrom_mount_point>/Worldwide_Language_Support/kit \
setld -1 叢 wd・<package>
4. エージェント ソフトウェアのロケーション ディレクトリ
======================================
OVO for Windows 7.5 では、HP Tru64 管理ノード用のバイナリ ファイル
2 セットが提供されており、それぞれ以下のディレクトリに置かれています。
・バージョン 4.0F、4.0G、5.0A、5.1:
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\Tru64\4.0F
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\Tru64\4.0F
・バージョン 5.1A および 5.1B (5.1 はサポートしません):
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\Tru64\5.1A
例:
C:\Program Files\HP OpenView\Data\shared\Packages\Tru64\5.1A
5. エージェントのインストール手順
===============================
メモ
Tru64 ノードに新しいエージェントをインストールする前に、
古いエージェントが管理ノードからアンインストールされたことを
確認してください。また、古いエージェントをアンインストール
した後、以下のディレクトリのいずれも管理ノードに存在しない
ことを確かめてください。
/usr/opt/OV
/var/opt/OV
OpenView Operations エージェントは、Tru64 を実行しているコンピュータに
インストールできます。インストール手順を以下に示します。
TruCluster システムでは、すべての TruCluster メンバにエージェントを
81
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
インストールできます。エージェントソフトウェアは、自動的に他のすべての
TruCluster メンバにインストールされます。インストールの完了を確認したら、
残りの TruCluster メンバを起動します。
インストールしたエージェントが OpenView Operations for UNIX エージェントの
バージョン 7.0 以降であり、このエージェントからメッセージの受信のみを行い、
管理ノードでアクションの実行のみを行う場合 (つまり、管理ノードにポリシーを
配布しない場合) は、エージェントを再インストールしなくてもインストールを
完了できます。詳細については、オンライン ヘルプのトピック「OpenView
Operations for UNIX によってインストールされたノードとの通信」を参照して
ください。
5.1 OVO エージェントのインストール
---------------------------1. 適切な管理権限を持つユーザーとしてログインしていることを確認します。
2. 既存の OpenView Operations for UNIX エージェント ソフトウェアがある
場合、次のコマンドでアンインストールします。
コマンド:
setld -d OPCAGT000 OPCCOMMAGT000 OPCPERFAGT000 OPCSVCDISCAGT000
メモ
バージョン 7.0 より前のエージェントをアンインストールする場合は、
コマンド setld -d OPC000 を使用します。
インストールされているエージェントのバージョンを確認するには、そのノードの
/usr/opt/OV/bin/OpC/install/opcinfo ファイル内の OPC_INSTALLED_VERSION
パラメータを参照してください。
3. opc_pkg.Z、comm_pkg.Z、perf_pkg.Z、svcdisc_pkg.Z、opc_inst、ovoreqcheckagt、
ovoreqcheckagt.awk、ovoreqcheck.cfg の各ファイルを OpenView Operations
管理サーバーから管理対象のコンピュータの /tmp ディレクトリにコピーします。
これらのファイルは、次のディレクトリに格納されています。
<インストール ディレクトリ>\Data\shared\Packages\
<サポート OS>\<サポート バージョン>\
<サポート バージョン> ディレクトリは、バージョン別にパッケージが異なる場合
にのみ存在します。
メモ
ファイルのコピーに ftp を使用する場合、バイナリ モードを使用してください。
4. 次のコマンドで、opc_inst および ovoreqcheckagt スクリプトを実行可能にします。
82
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
chmod +x /tmp/opc_inst
chmod +x /tmp/ovoreqcheckagt
5. 管理ノードが、前掲のセクション 2 および 3 で指定されているハードウェア
およびソフトウェア要件をすべて満たしていることを確認します。
必要に応じてノードを更新します。
メモ
次のコマンドにより、ovoreqcheckagt ツールで必要条件を自動的に確認できます。
/tmp/ovoreqcheckagt -det
ovoreqcheckagt ツールは ovoreqcheck.cfg ファイル内のデータに対して
必要条件をチェックします。この ovoreqcheck.cfg ファイルは、
デフォルトではローカルディレクトリに配置されますが、-cfg <config>
オプションを使用して別の場所を指定できます。ovoreqcheckagt ツールの
詳細については、OVO for Windows のオンライン ヘルプを参照してください。
6. 次のコマンドで、エージェントをインストールします。
/tmp/opc_inst <引数>
opc_inst コマンド (-h 以外) に渡された引数はすべて、opcactivate コマンドに
渡されます。このコマンドは管理ノードで動作します。TruCluster システムでは、
すべての TruCluster メンバに働きます。
TruCluster システムでは、この時点でエージェント ソフトウェアは他の
TruCluster メンバにインストールされます。
7. 手順 6. のコマンドで引数が渡されない場合、次のコマンドでエージェントを
起動します。
/usr/opt/OV/bin/OpC/install/opcactivate -s <VP_mgt_server> \
-cs <server_codeset> -cn <agent_codeset> -sv
メモ
TruCluster システムでは、すべての TruCluster メンバを個別に実行して
ください。
8. OpenView Operations コンソールにノードを追加します。
TruCluster システムでは、OVO 管理サーバーに TruCluster システムのノード
グループを作成してください。このノード グループにすべての TruCluster メンバ
を追加します。
9. ノードにプログラムを配布します。
TruCluster システムでは、TruCluster ノード グループまたは個々の TruCluster
83
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メンバに配布します。
10.ノードにポリシーを配布します。
TruCluster システムでは、TruCluster ノード グループまたは個々の TruCluster
メンバに配布します。
メモ
通常、英語版システムでのサーバーおよびエージェントのコード セットは
iso88591 です。英語以外のノードが OVO for Windows 管理サーバーに
レポートする場合は、<server_codeset> に utf8、<agent_codeset> に
次に示すコードの一つを選びます。
Traditional Chinese:
nodeinfo value: big5
agent locale: zh_HK.big5
Simplified Chinese:
nodeinfo value: See Others below.
agent locale: See Others below.
Japanese - SJIS:
nodeinfo value: sjis
agent locale: ja_JP.SJIS
Japanese - EUC:
nodeinfo value: eucJP
agent locale: ja_JP
Korean:
nodeinfo value: eucKR
agent locale: ko_KR.eucKR
Central European languages, for example Czech:
nodeinfo value: iso88592
agent locale: cs_CZ
Cyrillic:
nodeinfo value: iso88595
agent locale: ru_RU
Hebrew:
nodeinfo value: iso88598
agent locale: iw_IL
Others:
84
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
nodeinfo value: utf8 or ascii
agent locale: C
utf8 または ascii コードセットを nodeinfo ファイルに使用している場合、
データは変換されずそのまま管理サーバーへ送られます。したがって、
データは管理サーバーが扱えるコードセットにしてください。
OVO for UNIX 管理サーバーは、utf8 コードセットを使用する管理ノードを
扱うことができません。管理ノードが、OVO for Windows と OVO for UNIX
管理サーバーの両方にレポートする場合、utf8 ではなく ascii コードセット
を使用してください。
5.2 インストールの確認
-----------------------------ポリシーの設定と配布が完了した後、/usr/opt/OV/bin/OpC/utils/submit.sh
シェル スクリプトを実行してインストールの確認を行い、メッセージ
ブラウザでメッセージの確認を行います。
TruCluster システムでは、この確認は個々の TruCluster メンバに対して
行います。
5.3 後続の TruCluster メンバの実行
-------------------------------------------TruCluster メンバがインストール中にダウンして後に起動された場合、
あるいはエージェントのインストール後に追加された場合などは、
TruCluster メンバの実行が必要となります。エージェント ソフトウェアは、
TruCluster メンバに自動的にインストールされます。次の手順で実行します。
1. 管理ノード (TruCluster メンバ) で、次のコマンドを実行します。
/usr/opt/OV/bin/OpC/install/opcactivate -s <OVO-mgt_server> \
-cs <server_codeset> -cn <agent_codeset> -sv
2. OVO コンソールで、TruCluster システムのノード グループに TruCluster
メンバを加えます。
3. ノードにプログラムを配布します。
TruCluster システムからエージェントをアンインストールします。
TruCluster システムでは、1 つの TruCluster メンバのエージェントのみを
アンインストールします。他の TruCluster メンバのエージェント
ソフトウェアも自動的にアンインストールされます。次の手順で実行します。
85
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
1. 管理ノードで動作中の OVO エージェントすべてを停止します。
TruCluster システムでは、TruCluster メンバすべてのエージェントを
停止させます。
2. 次のように入力し、管理ノードから OVO エージェント ソフトウェアを
アンインストールします。
setld -d OPCAGT000 OPCCOMMAGT000 OPCPERFAGT000 OPCSVCDISCAGT000
86
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーまたはポリシー グループの配布
管理ノードにポリシーを配布するには、以下の手順を実行します。ポリシーを配布したい Windows 管理ノードに OVO エー
ジェントがインストールされていない場合、OVO は最新バージョンのエージェントを配布した後に、指定したポリシーを配布
します。
管理ノードからポリシーを配布する場合、[ポリシーの配布先] ダイアログ ボックスで選択したポリシーの配布先ノードを指定すると共に、
異なるバージョンのポリシーの処理方法などの配布オプションを選択します。[ポリシーの配布先] ダイアログ ボックスは、[配布ノード]
および [配布オプション] の 2 つの領域に分かれています。
メモ
[ポリシーの配布先] ダイアログ ボックスに表示されるデフォルト設定は、[配布先ノード] コマンドを実行する方法に応じて異なります。た
とえば、ポリシーを 1 つ配布する場合の設定は、ポリシーを複数配布する場合と異なることがあります。また、ポリシー エディタの [ポリ
シーを保存/配布して閉じる] コマンドを使用して修正したポリシーを保存し、直ちに配布する場合の設定も異なります。
配布ノード
[ポリシーの配布先] ダイアログ ボックスの [配布ノード] 領域では、管理ノードに配布済みのポリシーのバージョンに基づいてポリシー
を配布する管理ノードを選択できます。以下の条件を選択できます。
ƒ
ポリシーの現在のバージョンを配布するノードをすべて選択する
このオプションは、ポリシー インベントリの情報を使用して、配布したいポリシーの現在のバージョンが既に配布されて
いる管理ノードを、管理ノード一覧から自動的に選択します。後で説明する [配布オプション] を代わりに使用して、この
設定を変更できます。このオプションを使用した場合、選択したノード一覧にノードを追加 (または一覧からノードを削
除) することはできません。
ƒ
ポリシーのいずれかのバージョンを配布するノードをすべて選択する
このオプションは、ポリシー インベントリの情報を使用して、配布したいポリシーのいずれかのバージョンが既に配布さ
れている管理ノードを、管理ノード一覧から自動的に選択します。配布したいポリシーのバージョンよりも新しいバージ
ョン、または古いバージョンのいずれも対象になります。デフォルトでは、ポリシーの新しいバージョンが既に配布され
ている管理ノードには、古いバージョンのポリシーは配布されません。以下に説明する配布オプションを設定して、この
動作を変更することができます。このオプションを使用した場合、選択したノード一覧にノードを追加 (または一覧から
ノードを削除) することはできません。
これがデフォルトのオプションです。ただし、以下に説明するように、このポリシーのどのバージョンも配布していない場合を除き
ます。
87
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ƒ
ツリーからノードを選択する
このポリシーのどのバージョンも配布していない場合、このオプションがデフォルトです。このオプションは、特定の管
理ノードのみにポリシーを配布する場合に使用します。
配布オプション
[ポリシーの配布先] ダイアログ ボックスの [配布オプション] 領域では、選択したノードにポリシーの各種バージョンが既に配布されて
いる場合の OVO for Windows の動作を指定します。以下のオプションを選択できます。
ƒ
バージョンが新しい場合のみポリシーを配布する
このオプションはデフォルトで有効化されます。配布したいポリシーのバージョンが、選択した管理ノードに配布済みの
同一のポリシーのバージョンよりも新しい場合のみ、ポリシーを配布します。
ƒ
配布後、ポリシーを無効化する
ポリシーの配布後、ポリシーが直ちに管理サーバーにメッセージを送信しないようにするには、このオプションを選択し
ます。
ポリシーを配布するには
1. ポリシーまたはポリシー グループを右クリックして [すべてのタスク]
[配布先ノード] をクリックします。
2. 配布先のノードまたはノード グループを選択します。ノードを手動で選択するか、または配布したいポリシーの既存
のバージョンに基づいてノードを選択できます。
3. [OK] をクリックします。
以下の方法でポリシーを配布することもできます。
ƒ
ドラッグ アンド ドロップ操作
ƒ
[ポリシーを保存/配布して閉じる] コマンドを使用してポリシー エディタから直接配布: このコマンドは、パフォー
マンスの改善やバグ修正などのためにポリシーを編集した後に、ポリシーを直接配布したい場合に使用します。
配布の進捗状況を確認するには、コンソール ツリーから配布ジョブ アイコンをクリックします。詳細ペインには、アクティブ、失敗、中断な
ど、ジョブの状態が表示されます。小さな配布ジョブは即座に完了してしまうため、進捗状況を確認できないことがあります。また、詳細ペ
インに表示され続ける配布ジョブの一覧は、通常は失敗、保留、または中断されたものです。配布ジョブが失敗した場合、コンソール ツリ
ーおよび詳細ペインの該当アイコンが赤く表示されます。
関連トピック
ƒ
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール
88
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
UNIX コンピュータ上のエージェントのアンインストール
UNIX コンピュータ上の既存のエージェントをアンインストールするには
1. opcagt -kill コマンドを実行します。.
2. 次の中から適切なコマンドを実行し、エージェントをアンインストールします。
•
Linux エージェント (RedHat, Debian Suse): すべての OpenView Operations for UNIX エージェント
ソフトウエアをアンインストールします。
rpm -e OPCSVCDISC OPCPERF OPCJRE OPC OPCCOMM dce
メモ: バージョンが 7.0 より前のエージェントを削除する場合は、次のコマンドを使用してください。
rpm -e OPC dce
Linux (すべてのプラットフォーム)の A.07.10 エージェントを削除する場合、次の2つのステップで行いま
す。
rpm -e OPSCVCDISC OPCPERF OPCJRE OPC OPCCOMM
rpm -e dce
インストールされるエージェントのバージョンを知るには、パラメータの値をチェックしてください。
ノードの、/opt/OV/bin?OpC/install/opcinfo ファイル内、OPC_INSTALLED_VERSION です。
•
AIX : installp -ug OPC OPCCOMM OPCPERF OPCSVCDISC
•
HP-UX : swremove ITOAgent
•
Solaris : /usr/sbin/pkgrm OPC OPCCOMM OPCPERF OPCSVCDIS HPlwdce
•
Tru64 : setld -d OPCAGT000 OPCCOMMAGT000 OPCPERFAGT000 OPCSVCDISCAGT000
3. パッケージ インベントリを表示します。
4. エージェント パッケージを削除します。
関連トピック
89
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ƒ
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
Windows エージェントの手動インストール
ƒ
Windows システムからエージェントを手動で削除する
90
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Windows システムからエージェントを手動で削除する
Windows システムに配置されたエージェントを手動で削除します。
1. ノード: [アプリケーションの追加と削除] を選択します。
2. 管理サーバー: ノード設定エディタを使用してノードを削除します。
関連トピック
ƒ
Windows エージェントの手動インストール
ƒ
UNIX コンピュータへのエージェントのインストール
ƒ
UNIX コンピュータ上のエージェントのアンインストール
91
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーのインポート
ツール ImportPolicies を使用すると、OpenView Operations for UNIX のテンプレートを OpenView Operations for
Windows にインポートできます。インポートできるのは、OpenView Operations for UNIX バージョン 5.33 以降のテンプレートで
す。
使用方法
ImportPolicies /f <policy file>
[/g <policy group>]
[/r | /d]
[/c ASCII|/c UTF8|/c ISO81|/c ISO82|/c ISO85|/c ROMAN8|
/c SJIS|/c EUCJP|/c GB2312|/c BIG5|/c EUCTW|/c EUCKR]
インポートしたポリシーはすべて、ポリシー ディレクトリ Policy Management\Policy Groups\Imports From File のサブデ
ィレクトリに格納されます。
ポリシー ファイル (/f)
ポリシー ファイルには、OpenView Operations for Windows に、ポリシーとしてインポートされるテンプレート
が 1 つ以上格納されます。このファイルは、OpenView Operations for UNIX サーバー上で、設定ダウンロード コ
マンド (opccfgdwn) を実行することにより作成されます。ファイルにテンプレートが格納されるたびに、新しいポ
リシーが OpenView Operations for Windows に追加されます。
メモ
テンプレート ファイルをダウンロードする方法については、「HP OpenView Operations for UNIX Administrator's
Reference Volume I」を参照してください。
OpenView Operations for UNIX のメッセージ ソースのタイプと、変換されるポリシーのタイプを、次の表に示します。
メッセージ ソースのタイプ
ポリシー タイプ
ログファイル
Logfile Entry または Windows Event Log
SNMP トラップ
SNMP Interceptor
メッセージ インターフェイス Open Message Interface
しきい値モニタ
Measurement Threshold
スケジュール済みアクション Scheduled Task
92
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
OpenView Operations for UNIX のほかのメッセージ ソース タイプは、OpenView Operations for Windows にイン
ポートできません。
ポリシー グループ (/g)
このオプション パラメータを指定した場合、ファイルの各ポリシーは、ポリシー グループ "...\Imports From
File\<policy group>" に格納されます。指定のポリシー グループが存在しない場合は、グループは作成されます。
/g オプションを指定しなかった場合は、現在の日付と時間をファイル名とする新しいポリシー グループが作成され、
使用されます。
置換 (/r) フラグ
同一名のテンプレートをインポートして <policy group> 内のポリシーを置換するには、このオプションを指定しま
す。
注意
ポリシーを一度置換すると、元に戻すことはできません。
/r フラグも /d フラグも指定されていない場合、<policy group> 内の既存のポリシーと同一名のポリシーはインポ
ートされません。
重複 (/d) フラグ
同じ <policy group> に、既に存在するポリシーと同一名のポリシーを、上書きすることなしにインポートする場合、
このオプションを使用します。2 つのポリシーには、異なる GUID が割り当てられます。
/r フラグも /d フラグも指定されていない場合、<policy group> 内の既存のポリシーと同一名のポリシーはインポ
ートされません。
コードセット (/c)
ポリシー ファイルに ASCII 以外の文字が格納されている場合は、このパラメータを指定する必要があります (たとえ
ば、英語版の OpenView Operations for UNIX サーバーからのダウンロード ファイルは iso8859-1 でエンコード
され、日本語版の OpenView Operations for UNIX サーバーからのダウンロード ファイルは Shift-JIS でエンコー
ドされています)。この場合、各ポリシーはマルチバイトの Unicode エンコード方式 UTF8 に変換されてから、
OpenView Operations for Windows に組み込まれます。OpenView Operations for Windows ではすべてのポリ
シーが Unicode エンコード方式で保管されるため、この変換処理が必要になります。
このパラメータが指定されていない場合、指定されたファイル (<policy file>) には ASCII データのみが含まれてい
ると見なされます。
OpenView Operations for UNIX Operations テンプレートの OpenView Operations
for Windows ポリシーへの変換
93
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
1. OpenView Operations のコマンド opccfgdwn (OpenView Operations for UNIX Operations のマニュアルを参
照) を使用して、OpenView Operations サーバーから OpenView Operations for UNIX Operations 5.33 以上の
テンプレートを設定ダウンロード パッケージにダウンロードします。
2. ダウンロード パッケージを OpenView Operations for Windows 管理サーバーにコピーします。
3. テンプレート名に特殊文字が使用されている場合、設定ダウンロード パッケージを開き、削除してください。ファイ
ル名には、特殊文字は使用できません。
4. OpenView Operations for UNIX Operations 5.33 以上のテンプレートを、OpenView Operations for Windows
管理サーバーにアップロードします。これでテンプレートは OpenView Operations for Windows のポリシーにな
ります。前述の説明に従って ImportPolicies コマンドを実行します。
5. OpenView Operations for Windows のポリシーを、必要に応じてカスタマイズします。
6. OpenView Operations for Windows で、新しくカスタマイズした OpenView Operations for Windows のポリ
シーを該当する管理ノードに配布します。
94
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
並行配布ジョブの最大数の変更
OpenView Operations では、デフォルトで配布ジョブを並行して 5 つまで実行できます。この最大並行ジョブ数は必要に応
じて増減できます。
ƒ
管理サーバーの性能が低い場合 (プロセッサの処理速度が遅い、RAM が十分にないなど)、並行ジョブ数が多いとサ
ーバー対して過度な負荷がかかります。そのため、そのような場合は最大ジョブ数を少なく設定してください。
ƒ
高性能な管理サーバーを使用していて、ポリシーの配布などの一括操作に要する時間を短縮したい場合は、最大ジョ
ブ数を増やします。
最大並行ジョブ数を変更するには
1. [スタート] → [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
2. [名前] テキスト ボックスに、「Regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
3. キー Pmad (HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Hewlett-Packard\OVEnterprise\Management
Server\Pmad) を見つけます。
4. [Pmad] を右クリックして、[新規] → [DWORD 値] をクリックします。
5. 新たに作成された値を「NumOfJobs」と命名します。
6. [NumOfJobs] を右クリックして [変更] をクリックします。
7. [値のデータ] を、並行実行するジョブ数に変更します。値はほとんどの場合、5 ∼ 10 の範囲にしてください。
95
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ジョブの中断
保留状態の配布ジョブは、すべて中断できます。
個々のジョブを中断するには
1. コンソール ツリーで [配布ジョブ] アイコンをクリックします。
2. 中断したいジョブを右クリックします。
3. [ジョブの中断] をクリックします。
全管理ノードのすべてのジョブを中断するには
1. コンソール ツリーで、[配布ジョブ] アイコンを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [すべてのジョブの中断] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ジョブの再起動
ƒ
ジョブの取り消し
96
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ジョブの取り消し
保留状態の配布ジョブは、どれでも必要に応じて取り消すことができます。
個々のジョブを取り消すには
1. コンソール ツリーで [配布ジョブ] アイコンをクリックします。
2. 取り消したいジョブを右クリックします。
3. [ジョブの取り消し] をクリックします。
単一管理ノードのすべての保留ジョブを取り消すには
1. コンソール ツリーで、該当の管理ノードのアイコンを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [すべての配布ジョブの取り消し] をクリックします。
全管理ノードのすべてのジョブを取り消すには
1. コンソール ツリーで、[配布ジョブ] アイコンを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [すべてのジョブの取り消し] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ジョブの中断
ƒ
ジョブの再起動
97
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ジョブの表示
完了していないジョブを表示するには
コンソール ツリーで [配布ジョブ] アイコンをクリックします。詳細ペインに、完了していないジョブがすべて表示されます。
完了したジョブは、表示されなくなります。
関連トピック
ƒ
ジョブの再起動
ƒ
ジョブの取り消し
98
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ジョブの再起動
ネットワークの障害で配布ジョブが正常に実行されなかった場合は、そのジョブを再起動できます。
個々のジョブを再起動するには
1. コンソール ツリーで [配布ジョブ] アイコンをクリックします。
2. 再起動するジョブを右クリックします。
3. [ジョブの再起動] をクリックします。
単一管理ノードのすべての保留ジョブを再起動するには
1. コンソール ツリーで、該当の管理ノードのアイコンを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [すべての配布ジョブの再起動] をクリックします。
全管理ノードのすべてのジョブを再起動するには
1. コンソール ツリーで、[配布ジョブ] アイコンを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [すべてのジョブの再起動] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ノードの必要条件チェックを行わないジョブ再起動
ƒ
ジョブの取り消し
ƒ
ジョブの中断
99
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ノードの必要条件チェックを行わないジョブ再起動
デフォルトでは、OVO for Windows は新規の管理ノードに対して必要条件チェックを行います。OVO エージェントの配布、インストー
ルの必要条件を管理ノードがすべて満たしているかどうか確認します。必要条件チェックを行うことで、配布エラーを防止し、OVO 管理
者による通常の保守作業の実施を容易にします。
配布ジョブのターゲット ノードが必要条件チェックに失敗したため、OVO for Windows が配布ジョブを完了できない場合があります。こ
のような状況が発生した場合、管理ノードに対して必要条件チェックを行わずに失敗したジョブを再起動するように OVO for Windows
に指示することができます。この機能により、ターゲット ノードが OVO for Windows 管理ノードの標準的な要件を満たさない場合、ま
たは既知の問題によって配布を正しく終了できない場合に強制的に管理ノードにコンポーネントを配布できます。
注意
ノードの必要条件チェックが失敗した場合、管理ノードに何らかの問題があることが考えられるため、OVO エージェントの配布の再起動
をお勧めしません。管理ノードで必要条件チェックが失敗した理由を正確に把握し、エージェントを安全にインストールできることが確実な
場合のみにこのオプションを使用してください。
ノードの必要条件チェックを行わないで配布ジョブを再起動するには
1. コンソール ツリーから [配布ジョブ] をクリックします。
2. 必要条件チェックをターゲット ノードで行わずに再起動するジョブを右クリックします。
メモ
複数のノードに対して再起動を選択できます。
3. [すべてのタスク]
[ノードの必要条件をチェックせずにジョブを再起動] をクリックします。
関連トピック
ƒ
管理ノードの必要条件チェック
ƒ
ジョブの再起動
ƒ
ジョブの取り消し
ƒ
ジョブの中断
100
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
プログラムの配布
インストルメンテーションとは、管理ノードに配布されるプログラムのことです。つまり、一連のツール、自動コマンド、オ
ペレータ起動コマンド、または監視ポリシーで使用するスクリプトまたは実行可能ファイルを指します。OpenView
Operations では、UNIX ノード用のインストルメンテーションもいくつかサポートしていますが、そのポリシーおよびツール
は、それらのノードにインストルメンテーションを配布することで機能します。
プログラムの配布コマンドを実行すると、管理ノードにいくつかのディレクトリの内容が配布されます。管理サーバーのインストール時に作
成されるこれらのディレクトリのうち、特別な機能があるものが 3 つあります。これらのディレクトリは、Action、Command および
Monitor で、次のディレクトリの下にあります。
HP OpenView\data\shared\Instrumentation\<OS 名>\<OS バージョン>\
これらのデフォルトのディレクトリ以外に、独自のディレクトリを作成することもできます。カテゴリ ディレクトリを作成し、適切な名前を付け、
インストルメンテーションをグループに整理できます。カテゴリは、次のディレクトリの下に作成します。
HP OpenView\data\shared\Instrumentation\<OS 名>\<OS バージョン>\
これらのカテゴリは、ポリシーに論理的に添付すると、ポリシーの配布時に自動的に配布できます。詳細については、「カテゴリ」を参照し
てください。
注意
カテゴリは、多数ある場合も、すべて管理ノード上の同一ディレクトリに配布されます。このため、すべてのカテゴリ内のファイル名が一意
である必要があります。
管理ノード上で使用されるカスタム スクリプトまたはプログラムは、それぞれの使用元に応じて、次の表に示すディレクトリに格納します。
プログラムの使用元
格納先ディレクトリ
自動およびオペレータ起動コマンド、Scheduled Task ポリシー
Action
ツールが使用するスクリプトまたはプログラム
Command
Measurement Threshold ポリシーまたは Logfile Entry ポリシーが使用する監視スクリプ
Monitor
トまたはプログラム
定義した任意のカテゴリ ディレ
上記のプログラムのうちで、特定のカテゴリにリンクさせるもの
クトリ
以下は、プラットフォーム別のインストルメンテーション配布先です。
101
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Windows ノード
ƒ
アクション、コマンド、モニタは、次の下に配布されます。
Program Files\HP OpenView\Installed Packages\{790C06B4-844E-11D2-972B080009EF8C2A}\bin\OpC\vpwin\<actions|cmds|monitor>
ƒ
カテゴリは、次の下に配布されます。
Program Files\HP OpenView\Installed Packages\{790C06B4-844E-11D2-972B080009EF8C2A}\bin\Instrumentation
HP-UX ノード
ƒ
アクション、コマンド、モニタは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/OpC/vpwin/<actions|cmds|monitor>
ƒ
カテゴリは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/instrumentation
Solaris ノード
ƒ
アクション、コマンド、モニタは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/OpC/vpwin/<actions|cmds|monitor>
ƒ
カテゴリは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/instrumentation
AIX ノード
ƒ
アクション、コマンド、モニタは、次の下に配布されます。
/var/lpp/OV/OpC/vpwin/<actions|cmds|monitor>
ƒ
カテゴリは、次の下に配布されます。
/var/lpp/OV/instrumentation
Linux ノード
ƒ
アクション、コマンド、モニタは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/OpC/vpwin/<actions|cmds|monitor>
102
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ƒ
カテゴリは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/instrumentation
Tru64 UNIX ノード
ƒ
アクション、コマンド、モニタは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/OpC/vpwin/<actions|cmds|monitor>
ƒ
カテゴリは、次の下に配布されます。
/var/opt/OV/bin/instrumentation
メモ
インストルメンテーションの配布は、管理ノードに OpenView Operations エージェントがインストールされている場合のみ
実行できます。エージェントがインストールされていない場合は、次を実行することにより、インストールできます。
プログラムの配布
1. コンソール ツリーで、該当のノードを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [プログラムの配布] をクリックします。
3. [プログラム ファイル] ウィンドウで、配布するプログラム ファイルが格納されているディレクトリを選択します。
複数のディレクトリを選択するには、Ctrl キーと Shift キーを同時に押します。
4. 新しいプログラムを配布する前に、選択したカテゴリからすべてのプログラムを削除する場合は、この操作を指定す
るボックスを選択します。カテゴリを選択した場合、選択したものだけでなく、すべてのカテゴリからすべてのファ
イルが削除されます。これはデフォルト ディレクトリ アクション、コマンドおよびモニタの場合ではありません。
5. 各ディレクトリの内容が選択したノードに配布されます。
関連トピック
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
配布パッケージの配布
ƒ
カテゴリ
103
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
配布パッケージの配布
OpenView Operations 配布パッケージは、配布の準備が完了しているエージェント、プログラム、またはインストルメン
テーションが通常格納されている、ファイルのセットです。
配布パッケージを配布するには
1. コンソール ツリーで配布パッケージをクリックします。
2. 配布対象のパッケージを選択します。
3. 選択したパッケージを右クリックし、[すべてのタスク] → [配布先ノード] をクリックします。
4. パッケージを配布する管理ノードを選択します。
5. [OK] をクリックします。
配布パッケージは、ノードまたはノード グループにドラッグしてインストールすることもできます。配布の進捗状況を確認す
るには、コンソール ツリー内の [配布ジョブ] アイコンをクリックします。アクティブなジョブ、エラーが発生したジョブ、
中断されたジョブのみ表示されます。
メモ
ドラッグ アンド ドロップ操作で配布パッケージをインストールすることもできます。
関連トピック
ƒ
インストールされているポリシーまたはパッケージの表示
104
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
パッケージの同期
次の手順を実行すると、管理ノードに配布されるすべてのパッケージのインベントリを更新できます。このインベントリは 管
理サーバーに保存されます。ノードのポリシーやパッケージを更新したい場合などに、すべてのポリシーとパッケージを再配
布 します。
管理サーバーのパッケージ インベンントリの更新
1. コンソール ツリーで、インストール済みのパッケージを更新するノードまたはノード グループを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [パッケージの同期] を選択します。
関連トピック
ƒ
配布パッケージの配布
105
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ノードからのパッケージの削除
管理ノードからのパッケージの削除は、次の手順で行います。
1. パッケージを削除するノードを選択します。
2. 右クリックして、[表示] → [パッケージ インベントリ] をクリックします。
3. ノードから削除するパッケージを選択します。
4. 右クリックして [すべてのタスク] → [ノードから削除] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ノードからのポリシーの削除
106
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ノードからのポリシーの削除
管理ノードからポリシーを削除する場合、[ポリシーをアンインストールする対象ノード...] ダイアログ ボックスでポリシーを削除するノード、
および配布オプションを選択します。[ポリシーをアンインストールする対象ノード...] ダイアログ ボックスは、「配布ノード」および「配布オ
プション」の 2 つの領域に分かれています。ポリシーをノードから削除することは、ポリシーがインストールされているノードからポリシー
を完全に削除することを意味します。ノードで同じポリシーを使用する場合は、ポリシーを再配布する必要があります。
メモ
[ポリシーの配布先...] ダイアログ ボックスに表示されるデフォルト設定は、[配布先ノード...] コマンドの実行方法に応じて異なります。
たとえば、ポリシーを 1 つ配布する場合の設定は、ポリシーを複数個配布する場合と異なることがあります。また、ポリシー エディタの
[ポリシーを保存/配布して閉じる] コマンドを使用して直ちに配布する場合の設定も異なります。
配布ノード
[ポリシーをアンインストールする対象ノード...] ダイアログ ボックスの「配布ノード」領域では、管理ノードに配布済みのポリシーのバージ
ョンによってポリシーを削除する管理ノードを選択できます。以下の条件を選択できます。
ƒ
ポリシーの現在のバージョンを配布するノードをすべて選択する
このオプションは、ポリシー インベントリの情報を使用して、削除したいポリシーの現在のバージョンが既に配布されて
いる管理ノードを管理ノード一覧から自動的に選択します。ポリシーの現在のバージョンとは、コンソール ツリーで選択
した、削除を行うポリシーのバージョンです。選択したポリシーの古いバージョンまたは新しいバージョンを持つ管理ノ
ードは無視されます。また、選択した管理ノードに現在のバージョンでないポリシーが存在する場合、無視されます。
デフォルト設定です。このオプションを使用した場合、自動的に選択されたノード一覧からノードの追加/削除ができませ
ん。
ƒ
ポリシーのいずれかのバージョンを配布するノードをすべて選択する
このオプションは、ポリシー インベントリの情報を使用して、削除したいポリシーのいずれかのバージョンが既に配布さ
れている管理ノードを管理ノード一覧から自動的に選択します。このオプションを使用した場合、自動的に選択されたノ
ード一覧からノードの追加/削除ができません。また、このオプションは削除したいポリシーを持つすべてのノードを選択
しますが、デフォルトでは OVO コンソールで選択したポリシーと同じバージョン番号のポリシーのみが管理ノードから
削除されます。 ポリシーのすべてのバージョンを削除したい場合、「配布オプション」領域の [すべてのバージョンを削
除する] オプションをオンにします。
107
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ƒ
ツリーからノードを選択する
このオプションは、特定の管理ノードのみからポリシーを削除する場合に使用します。
配布オプション
[ポリシーをアンインストールする対象ノード...] ダイアログ ボックスの「配布オプション」領域では、削除を行うポリシーの異なるバージョ
ンを管理ノードで発見した場合の OVO for Windows の動作を指定します。
メモ
管理ノードには、特定のポリシーのバージョンを複数種類配布することはできません。ただし、ノード A にバージョン 1、ノード B にバー
ジョン 2 など、複数の管理ノードにポリシーのバージョンが混在する場合があります。
ƒ
すべてのバージョンを削除する
このオプションは、特定のポリシー バージョンを削除する場合はデフォルトで解除されています。「配布ノード」領域で
[ツリーからノードを選択する] オプションを選択した場合のみ有効になります。選択したポリシーの現在のバージョン以
外に、「配布ノード」 領域で選択した管理ノードにインストールされているほかのバージョンのポリシーも削除する場合
は選択します。
管理ノードからポリシーを削除するには
1. コンソール ツリーから削除するポリシーを選択します。以下に例を示します。
[タイプ別ポリシー]
[ポリシー管理]
[Open Message Interface]
[opcmsg]
2. 削除したいポリシーを右クリックして、ショートカット メニューから以下のオプションをクリックします。
[すべてのタスク]
[アンインストールする対象ノード...]
3. ポリシーを削除する管理ノードを選択します。
4. [OK] をクリックして、選択した管理ノードからポリシーを削除します。
次の方法を使用して、特定のノードからポリシーを個別に削除することもできます。
1. コンソール ツリーでポリシーを削除するノードを選択し、右クリックします。
2. [表示]
[ポリシー インベントリ] をクリックします。
3. 詳細ペインで削除するポリシーを右クリックします。
4. [すべてのタスク]
[ノードから削除] をクリックします。
関連トピック
108
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ƒ
ポリシーの無効化
ƒ
サーバーからのポリシー削除
ƒ
ノードからのパッケージの削除
109
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ノードからのポリシーの手動削除
状況により、管理サーバーのポリシー インベントリと実際の管理ノードが同期しない場合があります。
たとえば、管理サーバーから SPI をアンインストールすると、すべての SPI ポリシーの配布が強制的に取り消されます。つまり、管理ノ
ードが実行中でない場合や、アクセス不能な場合であっても、管理サーバーのポリシー インベントリから SPI ポリシーが削除されます。
しかし、ノードが起動し、実行状態に戻った後で、削除されていないポリシーが引き続き多くのメッセージを作成することがあります。これ
らのポリシーは既にサーバーのポリシー インベントリには存在しないため、コンソールを使用して管理ノードから削除することはできませ
ん。そのため、次の手順に従って管理ノードから手動で削除する必要があります。
メモ
ポリシーの強制的な配布取り消しは、PMAD API でも実行できます。
ノードからポリシーを手動削除するには
1. リモートの管理ノードにログインします。
2. 次のコマンド ラインで OVO エージェントをシャットダウンします。
opcagt -kill
3. ノードから ConfigFile ポリシーをすべて削除するために、ディレクトリ
"%OvAgentDir%¥conf¥ConfigFile¥policies" のファイルをすべて削除します。このディレクトリが存在しない場
合、ノードに配布されている ConfigFile ポリシーはありません。
ノードから Service Auto-Discovery ポリシーをすべて削除するために、ディレクトリ
"%OvAgentDir%¥conf¥svcdisc¥policies" のファイルをすべて削除します。このディレクトリが存在しない場合、
ノードに配布されている Service Auto-Discovery ポリシーはありません。
ノードから Node Info ポリシーをすべて削除するために、ディレクトリ
"%OvAgentDir%¥conf¥nodeinfo¥policies" のファイルをすべて削除します。このディレクトリが存在しない場合、
ノードに配布されている Node Info ポリシーはありません。
ノードから Flexible Management ポリシーをすべて削除するために、ディレクトリ
"%OvAgentDir%¥conf¥mgrconf¥policies" のファイルをすべて削除します。このディレクトリが存在しない場合、
ノードに配布されている Flexible Management ポリシーはありません。
ノードからその他のポリシーをすべて削除するために、ディレクトリ "%OvAgentDir%¥conf¥OpC¥vpwin" のファ
イルをすべて削除します。
110
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
4. 次のコマンド ラインでエージェントを再起動します。
opcagt -start
5. OVO MMC コンソールを開き、サーバーに接続して、コンソール ツリーの管理ノードを右クリックします。[ポリシ
ーとプログラムの再配布] を選択します。この処理を呼び出すと、サーバーのポリシー インベントリと管理ノードの
同期が再度行われます。
Node Info ポリシーと Flexible Management ポリシーには十分に注意する必要があります。これらのポリシーは、管理ノー
ドにある次の 2 種類の設定ファイルの内容を定義します。
- %OvAgentDir%¥conf¥OpC¥nodeinfo
- %OvAgentDir%¥conf¥OpC¥mgrconf
管理ノードから Node Info または Flexible Management ポリシー タイプのポリシーを手動で削除する場合、エージェントを再起動
する前に、上記 2 つのファイルの内容が引き続き有効であることを確認する必要があります。有効でない場合、エージェントが正しく機能
しません。
111
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
配布に関するトラブルシューティング
特定のノードにポリシーまたはプログラムを配布できない場合、このトラブルシューティング手順に従って問題を解決してく
ださい。
以下の方法で問題が解決しない場合は、チェックボックスをクリックすると次の推奨解決方法が表示されます。
ƒ
ノード設定が変更された場合、セキュリティの変更に時間を要すため数分お待ちください。その後ジョブを再開して
ください。
ノードの設定後、数分経過しているが、配布に失敗する。
112
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
カテゴリ
カテゴリとは、ポリシーを論理的に分類したものです。カテゴリは名前や説明に加えてポリシーを分類するために利用できま
すが、主な目的はポリシーとプログラム グループを結び付けることにあります。たとえば、特定のスクリプトが正しく実行さ
れるようにするためのポリシーを作成するとします。ディレクトリ mySpecialScript を作成し、該当するスクリプトをその
中に格納した後、カテゴリ mySpecialScript のポリシーを作成します。これにより、そのポリシーを配布するたびに
mySpecialScript ディレクトリの内容も自動的に配布されます。そのため、ポリシーを正しく機能させるのに必要なスクリプ
トを管理ノードで常に利用できます。
カテゴリをポリシーに追加するには
1. ポリシーをダブルクリックして、ポリシー エディタで開きます。
2. [ファイル] → [プロパティ] をクリックします。
3. [カテゴリ] テキスト ボックスにカテゴリ名を入力します。
4. [OK] をクリックします。
関連トピック
ƒ
プログラムの配布
ƒ
ポリシーとインストルメンテーションの再配布
ƒ
ポリシー プロパティの変更
113
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー関連のタスク
このセクションでは、次のようなポリシー関連の多くの共通タスクを実行するための手順について説明します。
ƒ
作成
ƒ
有効化
ƒ
更新
ƒ
バージョン番号の変更
ƒ
旧バージョンへのアクセス
114
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
新しいポリシーの作成
新しいポリシーは、[タイプ別ポリシー] または [ポリシー グループ] 内に作成できます。いずれかのポリシー グループに新
規作成したポリシーは、[タイプ別ポリシー] にも表示されます。
新しいポリシーを作成するには
(別の方法の表示)
1. コンソール ツリーの [タイプ別ポリシー] の下にあるポリシー タイプから、作成対象のポリシー タイプを右クリッ
クします。
2. [新規作成] → [ポリシー] をクリックします。
3. 該当するポリシー タイプのポリシー エディタが表示されます。ポリシーを設定します。
4. [ファイル] → [保存] をクリックして、ポリシーを保存します。
メモ
通常は、新しいポリシーを初めから作成するより、既存のポリシーを編集して新しい名前で保存する方が簡単です。
関連トピック
ƒ
ポリシーの保存 (名前を付けて保存する)
ƒ
クイック スタート : ポリシーの作成方法
115
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの保存
ポリシーはポリシー エディタで保存します。ポリシーを保存すると、同一ポリシーをバージョンで区別できるよう、新しいポ
リシー ID が作成されます。log.id とポリシー名はバージョン間で同じです。 以下のすべての情報は、ポリシーを選択したと
きに詳細ペインで表示されます。
ƒ
[名前] − ポリシーを識別する名前を入力します。スペースと特殊文字は、ポリシー名には使用できません。
ƒ
[バージョン] − バージョン番号は、特に変更しない限り自動的に増加します。詳細については、ヘルプ トピック
「ポリシーのバージョン」を参照してください。
ƒ
[説明] − ポリシーの説明を入力します。使用したデータ ソースや従属するポリシー等のデータ ソースについても記
述します。
ƒ
[カテゴリ] − このボックスは、ポリシーに関する情報を入力 (任意) するための追加領域です。たとえば、ポリシー
が属するポリシー グループ名や、ポリシーの識別に役立つその他の情報を入力します。また、カテゴリを使用してポリシ
ーとインストルメンテーション グループを結び付けることができます。詳細については、「カテゴリ」を参照してくださ
い。
ポリシーを保存するには
ƒ
ポリシー エディタの [ファイル] メニューにある [保存] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ポリシーの保存 (名前を付けて保存する)
116
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの変更
1. ポリシーを右クリックし、[すべてのタスク] → [編集] をクリックします。
2. 表示されるポリシー エディタで、必要な変更を行います。
3. ポリシーの編集が終了した後、[Save and Close] をクリックします。
関連トピック
ƒ
新しいポリシーの作成
ƒ
ポリシーのバージョンの変更
ƒ
バージョンの古いポリシーの編集
117
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
バージョンの古いポリシーの編集
1. 該当のタイプ別ポリシー グループを右クリックします。
2. [フィルタの設定] をクリックします。[以下のポリシーのすべてのバージョン] をクリックし、編集する古いバージ
ョンのポリシー名を選択します。
3. [OK] をクリックします。詳細ペインにそのポリシーのすべてのバージョンが表示されます。
4. 編集対象のポリシー バージョンを右クリックします。
5. [すべてのタスク] → [編集] をクリックします。
このポリシーを保存すると、新しいバージョン番号が付きます。
関連トピック
ƒ
ポリシーの変更
ƒ
ポリシーのバージョンの変更
118
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの保存 (名前を付けて保存する)
新しい名前でポリシーを保存すると、別のバージョン体系のポリシーが別に作成されます。新しいポリシーには、そのタイプ
のポリシーで既に使用されている名前以外の名前を付ける必要があります。
新しい名前を指定してポリシーを保存するには
1. 該当のポリシーを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [編集] をクリックします。ポリシー エディタが表示されます。
3. [ファイル] をクリックして [名前を付けて保存] をポイントします。
4. ポリシーに付ける新しい名前を入力し、[OK] をクリックします。スペースと特殊文字は、ポリシー名には使用でき
ません。
関連トピック
ƒ
ポリシーの保存
119
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの無効化
ポリシーを無効にすると、再び有効にするまで機能しなくなります (ノードから削除はされません)。
ポリシーを無効にするには
1. コンソール ツリーで、ポリシーを無効にするノードを選択します。
2. メニュー バーの [表示] → [ポリシー インベントリ] をクリックします。
3. 詳細ペインで、インストールされている無効化対象のポリシーを右クリックします。
4. [すべてのタスク] → [無効化] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ポリシーの有効化
ƒ
ノードからのポリシーの削除
120
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの有効化
無効になっているポリシーは、有効にできます。無効になっているポリシーを有効にすると、そのポリシーはインストール先
のノードで再び機能するようになります。
無効になっているポリシーを有効にするには
1. コンソール ツリーで、ポリシーを有効にするノードを選択します。
2. メニュー バーの [表示] → [ポリシー インベントリ] をクリックします。
3. 詳細ペインで、インストールされている有効化対象のポリシーを右クリックします。
4. [すべてのタスク] → [有効化] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ポリシーの無効化
ƒ
ノードからのポリシーの削除
121
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーのプロパティの表示
ポリシーのプロパティには、バージョン、変更日、説明などの情報が保存されます。
1. 詳細ペインで該当のポリシーを右クリックします。
2. [プロパティ] をクリックします。
メモ
ポリシーのプロパティ画面には、コンソール ツリーのポリシー管理領域に表示されるポリシーからのみアクセスできます。ポ
リシー インベントリのビューからはプロパティ画面にアクセスできません。
関連トピック
ƒ
ポリシーのプロパティ
122
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ノード上のポリシーの更新
最新バージョンのポリシーが管理ノードにインストールされているようにするには、次のようにします。
1. ノード上で更新するポリシーを選択します。
2. 該当のポリシーを右クリックして、[すべてのタスク] → [更新対象ノード] をクリックします。
3. ポリシーを更新するノードを選択します。
4. 必要に応じて、配布オプションを選択します。
5. [OK] をクリックします。
関連トピック
ポリシーのバージョン
123
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
インストールされているポリシーの表示
個々のノードにインストールされているポリシーを表示できます。
1. コンソール ツリーで、インストールされているポリシーを表示したいノードを右クリックします。
2. メニュー バーの [表示] → [ポリシー インベントリ] をクリックします。選択したノードにインストールされている
ポリシーが詳細ペインに表示されます。
関連トピック
ƒ
ノードからのポリシーの削除
ƒ
ポリシーの無効化
ƒ
ポリシーの有効化
124
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー インベントリ レポートの作成
インベントリ レポートのツールを使用して、1 つの管理サーバーの管理下の各ノードにインストールされているポリシーおよ
びパッケージに関する情報を表示できます。
ポリシーおよびパッケージのインベントリ レポートを作成して表示するには
1. コンソール ツリーで、[ツール] → [レポート] → [インベントリ レポート] の順に選択します。
•
インベントリ レポートの生成と表示(レポートを作成し、web ブラウザに表示します)
•
インベントリ レポートの生成(レポートを作成します)
•
インベントリ レポートの表示(作成されているレポートを web ブラウザに表示します)
2. 必要な項目を選び、右クリックして、[すべてのタスク] → [ツールの起動] をクリックします。
3. xml レポートが生成されるのを待ちます (およそ 20 秒かかります。コンピュータの処理速度や管理環境の規模によ
りさらに長くかかる場合もあります)。Web ブラウザにレポートが表示されます。ブラウザの右上隅のプルダウン メ
ニューから、インベントリ データの 3 つのビューのいずれかを選択できます。
ovconfreporter のその他のオプションに関する説明を表示するには、コマンド プロンプトで「ovconfreporter -?」と入
力します。
125
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーのバージョンの変更
1. 該当のポリシーを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [編集] をクリックします。ポリシー エディタが表示されます。
3. [ファイル] をクリックして [名前を付けて保存] をポイントします。
4. バージョン番号を変更します。
関連トピック
ƒ
ポリシーの保存 (名前を付けて保存する)
126
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー プロパティの変更
ほとんどのポリシー プロパティには、バージョン ID、ポリシー ID、カテゴリ、説明などのデータが含まれています。これら
のプロパティのほとんどは、ポリシーの作成時または変更時に設定しますが、カテゴリと説明は [ポリシー管理のプロパティ]
ウィンドウで変更します。
ポリシーのカテゴリまたは説明を変更するには
1. ブラウザ ツリーで該当のポリシー グループをクリックします。
2. 詳細ペインで、該当ポリシーを右クリックし、[すべてのタスク] → [編集] をクリックします。
3. [ファイル] → [プロパティ] をクリックします。
4. 説明またはカテゴリを、必要に応じて変更します。
5. [OK] をクリックします。
6. [Save] をクリックします。
関連トピック
ƒ
ポリシーのバージョンの変更
ƒ
ポリシーの保存
ƒ
カテゴリ
127
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー ビュー フィルタ
ポリシー ビュー フィルタでは、[タイプ別ポリシー] を選択したときに、詳細ペインに表示するポリシーを設定できます。そ
れぞれのポリシーの最新バージョンのみを表示するか、すべてのバージョンを表示するかを選択できます。また、配布状態や、
いずれかのポリシー グループに割り当てられているかどうかに基づいて、選別を行うこともできます。
選択基準
ƒ
[すべてのポリシーの最新バージョン] - この項目を選択すると、各ポリシーの最新のバージョンだけが表示されます。
ƒ
[以下のポリシーのすべてのバージョン] - この項目を選択すると、指定した 1 つのポリシーのすべてのバージョンが
表示されます。
[ノードの配布状態] - 特定の管理ノードに配布されているかどうかに基づいて、表示するポリシーを指定できます。
ƒ
次の 3 つのオプションのいずれかを指定できます。
•
配布されている
•
配布されていない
•
不問
[グループの割り当て状態] - [ポリシー グループ] 下のいずれかのポリシー グループに割り当てられているかどうか
ƒ
に基づいて、表示するポリシーを指定できます。次の 3 つのオプションのいずれかを指定できます。
•
割り当てられている
•
割り当てられていない
•
不問
このウィンドウにアクセスするには
1. [タイプ別ポリシー] の下の、ポリシー ビューのフィルタを設定するポリシー タイプを右クリックします。
2. [フィルタの設定] をクリックします。
関連トピック
ƒ
インストールされているポリシーの表示
ƒ
インストールされているポリシーまたはパッケージの表示
128
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
最新バージョンへの更新
ポリシー グループ内のすべてのポリシーを最新バージョンにするには
1. ポリシー グループを右クリックします。
2. [すべてのタスク] → [最新バージョンへの更新] をクリックします。
この方法は、ポリシー グループだけでなく、個々のポリシーに対しても実行できます。指定したポリシー グループ内のポリシ
ーは、最新バージョンに更新されます。
メモ
バージョン番号が最大のポリシーが、最新バージョンのポリシーと見なされます。
関連トピック
ポリシーのバージョン
129
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシーの一括操作
一部のポリシー操作は、多数のノードに一括で実行できます。そのため、時間の節約ができ、また反復アクションの実行に伴
うエラーの発生を回避できます。複数のポリシーの移動、コピー、または削除だけでなく、複数のポリシーの配布も可能です。
関連トピック
ƒ
ポリシーまたはポリシー グループの配布
ƒ
ポリシー グループへのポリシーの追加
130
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
インストールされているポリシーまたはパッケージの表示
個々のノードにインストールされているパッケージを表示できます。
1. コンソール ツリーで、インストールされているポリシーまたはパッケージを確認するノードを選択します。
2. メニュー バーで、[表示] → [ポリシー インベントリ] または [表示] → [パッケージ インベントリ] をクリックし
ます。
関連トピック
ƒ
ポリシー インベントリ レポートの作成
131
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー グループへのポリシーの追加
1. グループに追加するポリシーが入ったポリシー タイプまたはポリシー グループを右クリックします。
2. ポリシーを右クリックして [コピー] をクリックします。
3. ポリシーの追加先のポリシー グループを右クリックして [貼り付け] をクリックします。
メモ
ドラッグ アンド ドロップ操作でポリシーをポリシー グループに追加することもできます。ポリシー タイプからドラッグしたポリシーは、コピ
ーされます。ポリシー グループからドラッグしたポリシーは、移動されます。ただし、Shift キーを押しながらドラッグするとコピーされま
す。
新しいバージョンのポリシーが作成されても、ポリシー グループには追加したポリシーの特定のバージョンがデフォルトで保
持されます。ポリシー グループに最新のバージョンのみ保存されるよう、仕様を変更することもできます。
最新のポリシー バージョンを使用するよう設定されていない場合でも、ポリシーを右クリックし、[すべてのタスク] → [最新バージョンへ
の更新] を選択して、強制的に更新できます。
ポリシー バージョンに関する仕様を変更するには
1. 修正するポリシーを含むポリシー グループを選択します。
2. ポリシーを右クリックします。
3. [プロパティ] をクリックします。
4. 任意で [常に最新のポリシーのバージョンを使用する] を選択または選択解除します。
関連トピック
ƒ
ポリシー グループからのポリシーの削除
132
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー グループからのポリシーの削除
ポリシーの任意のバージョンを、特定のポリシー グループから削除できます。この場合、ポリシーは選択したポリシー グルー
プ以外のグループからは削除されません。また、管理サーバーから削除されることもありません。
単一ポリシーを単一ポリシー グループから削除するには
1. ポリシーを削除するポリシー グループを選択します。
2. グループから削除するポリシーを右クリックして [削除] をクリックします。
関連トピック
ƒ
サーバーからのポリシー削除
133
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
サーバーからのポリシー削除
ポリシーは、どの管理ノードにもインストールされていない場合に限って、サーバーから削除できます。
サーバーからポリシーを削除するには
1. [タイプ別ポリシー] フォルダで、削除対象のポリシーを右クリックします。
2. [すべてのタスク]
[サーバーから削除] の順に選択します。このメニュー項目は、該当のポリシーがどの管理ノー
ドにも配布されていない場合にのみ使用できます。
メモ
Ctrl キーを押しながら対象のポリシーをクリックすると、削除するポリシーを複数選択できます。この場合、選択したポリシーの中に、い
ずれかの管理ノードにインストールされているものが 1 つでもあると、コマンドは実行されません。
関連トピック
ƒ
グループからのポリシーの削除
ƒ
インストールされているポリシーまたはパッケージの表示
ƒ
ノードからのポリシーの削除
134
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ポリシー グループの削除
[ポリシー グループ] アイコンの下のポリシー グループは、いずれも削除できます。削除するポリシー グループに、ポリシー
またはほかのポリシー グループが格納されている場合は、それらも削除されます。ただし、それらのポリシーは、管理サーバ
ーからは削除されません。必要な場合は、[タイプ別ポリシー] に格納されているものを再利用できます。
ポリシー グループを削除するには
1. コンソール ツリーで、該当のポリシー グループを右クリックして [削除] をクリックします。
関連トピック
ƒ
バージョンの古いポリシーの編集
ƒ
サーバーからのポリシー削除
ƒ
ノードからのポリシーの削除
135
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
グループごとのポリシーの表示
コンソール ツリーでポリシー グループを選択して、ポリシーを表示できます。選択したグループのポリシーが詳細ペインに表
示されます。
関連トピック
ƒ
インストールされているポリシーの表示
ƒ
ポリシーのプロパティの表示
136
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
新しいポリシー グループの作成
コンソール ツリーの [ポリシー グループ] アイコンの下に、ポリシー グループを作成できます。
1. コンソール ツリーで [ポリシー グループ] をクリックします (既存のポリシー グループ内に新規のポリシー グルー
プを作成するには、新規ポリシー グループを含めるポリシー グループを選択します)。
2. グループを選択して右クリックします。
3. [新規作成] → [ポリシー グループ] をクリックします。
ポリシー グループ [新規グループ] が作成されます。
4. 新しいポリシー グループに適切な名前を付けます。
関連トピック
ƒ
ポリシー グループへのポリシーの追加
ƒ
ポリシー グループの削除
137
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
クラスタ対応アプリケーションの管理
クラスタ対応アプリケーションの最も簡単な管理方法は、Smart Plug-in を購入することです。ただし、サポートされている
次のクラスタ環境では、クラスタ対応アプリケーションのポリシーを独自に作成できます。
ƒ
Windows NT4.0、2000、および 2003 の Microsoft Clustering Solutions (MSCS)
ƒ
HP-UX ノードの MC/ServiceGuard
ƒ
Solaris ノードの Veritas
ƒ
Solaris ノードの Sun Cluster
ここでは、クラスタ内のノードのうち、クラスタ対応アプリケーションを実行中のノードで特定のポリシーを有効にし、それ以外のノードでそ
のポリシーを無効にする設定例を示します。
メモ
クラスタ対応アプリケーションを監視するには、監視対象リソースを含むクラスタ グループに、"ネットワーク名" リソースと "IP アドレス"
リソースの両方が含まれている必要があります。
監視対象クラスタ グループに "ネットワーク名" リソースと "IP アドレス" リソースが含まれていない場合、クラスタ ノードの opcerror
ファイルとクラスタ ノードの OVO 管理サーバーのアクティブ メッセージ ブラウザに次のエラーが記録されます。
"Could not perform cluster API function, error code 1008 returned System Error Number: -1 (ffffffff) - (OpC303223)"
"Could not read cluster information System Error Number: -1 (ffffffff) - (OpC30-3221)"
"Application Package Monitor of subagent 0 aborted; process got signal 1 (OpC30-1041)."
クラスタ対応アプリケーションを監視するには
1. クラスタ インスタンスを記述した XML ファイルを作成します。このファイルが既に存在する場合は、既存のファイ
ルを拡張します。ここでは、2 つのインスタンスを使用する例を示します。ファイル名は
apminfo.xml にして
ください。DTD は、ここから入手できます。apminfo.xml ファイルのサンプルを後で示します。このサンプル ファ
イルは、サポートされている 4 種類のクラスタ環境のすべてで使用できます。
次の図は、[クラスタ アドミニストレータ] ウィンドウ (MS クラスタ アドミニストレータ ツール) に、SQL Server リソース グル
ープの詳細が表示されている状態を示します。このグループには、必要な "ネットワーク名" リソース (CLUSTER04) と "IP
アドレス" リソースが含まれています。
138
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
メモ: この図と表示される文字列は、Windows クラスタにのみ該当します。
この図では、パッケージ (MS では "リソース グループ" と呼んでいます) が "SQL-Server"、インスタンス名がネットワーク名
"CLUSTER04" です。サポートされている他の環境では、パッケージを次のように呼んでいます。
•
HP-UX ノードの MC/ServiceGuard = パッケージ
•
Solaris ノードの Veritas = サービス グループ
•
Solaris ノードの Sun Cluster = リソース グループ
この図の設定例を次に示します。
<?xml version="1.0" ?>
<APMClusterConfiguration xmlns="http://www.hp.com/OV/opcapm/cluster">
<Application>
<Name>dbspi_mssqlserver</Name>
<Instance>
<Name>CLUSTER04</Name>
<Package>SQL-Server</Package>
<Instance>
<Application>
<APMClusterConfiguration>
一般に、apminfo.xml ファイルの形式は次のとおりです。
<?xml version="1.0" ?>
<APMClusterConfiguration>
<Application>
<Name>クラスタ対応アプリケーションの名前</Name>
<Instance>
139
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
<Name>アプリケーションで使用するインスタンス名。
この名前は、開始コマンドと終了コマンドで使用されます。
通常は、メッセージ内のインスタンス名に
一致します。
</Name>
<Package>クラスタ ソフトウェアで使用するリソース グループの
インスタンス名
</Package>
</Instance>
<Instance>
<Name>アプリケーションの 2 番目のインスタンス名</Name>
<Package>クラスタ ソフトウェアで使用する 2 番目の
リソース グループのインスタンス名
</Package>
</Instance>
</Application>
</APMClusterConfiguration>
2. Windows システムの場合、完成した apminfo.xml ファイルをクラスタ内の各ノードの
<installdir>¥Installed Packages¥{790C06B4-844E-11D2-972B-080009EF8C2A}¥conf¥OpC¥ ディレク
トリに保存します。
UNIX システムの場合は、ファイルを次のディレクトリに保存します。
/opt/OV/conf/OpC
3. クラスタのアプリケーションを監視するポリシーを作成し、このポリシーにカテゴリを割り当てます。このカテゴリ
は、後で使用します。
4. クラスタ対応にするポリシーを記述した XML ファイルを作成します。ファイル名の形式は、Name of the clusteraware application apm.xml です。"Name of the cluster-aware application" の部分は、apminfo.xml ファイ
ルの <Name> タグの内容と同じ文字列にする必要があります。
次のサンプル ファイル dbspi_mssqlserver.apm.xml は、Database SPI での MS SQL Server ポリシーの設定
を示します。
<?xml version="1.0"?>
<APMApplicationConfiguration xmlns="http://www.hp.com/OV/opcapm/app">
140
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
<Application>
<Name>dbspi_mssqlserver</Name>
<Template>DBSPI-MSS-05min-Reporter</Template>
<Template>DBSPI-MSS-1d-Reporter</Template>
<Template>DBSPI-MSS-05min</Template>
<Template>DBSPI-MSS-15min</Template>
<Template>DBSPI-MSS-1h</Template>
<Template>DBSPI-MSS6-05min</Template>
<Template>DBSPI-MSS6-15min</Template>
<Template>DBSPI-MSS6-1h</Template>
<Template>DBSPI Microsoft SQL Server</Template>
<StartCommand>dbspicol ON $instanceName</StartCommand>
<StopCommand>dbspicol OFF $instanceName</StopCommand>
</Application>
</APMApplicationConfiguration>
一般に、アプリケーション設定ファイルの形式は次のとおりです。
<?xml version="1.0" ?>
<APMApplicationConfiguration>
<Application>
<Name>クラスタ対応アプリケーションの名前。
apminfo.xml ファイルの <Name> の内容と一致する必要があります。
</Name>
<Template>クラスタ対応にする最初のポリシー</Template>
<Template>クラスタ対応にする 2 番目のポリシー</Template>
<startCommand>アプリケーションのインスタンスの起動時に実行される
オプションのコマンド
</startCommand>
<stopCommand>アプリケーションのインスタンスの終了時に実行される
オプションのコマンド
</stopCommand>
</Application>
</APMApplicationConfiguration>
終了コマンドと開始コマンドには、次の変数を使用できます。
141
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
•
$instanceName: 開始または終了するインスタンスの名前。apminfo.xml の <Instance><Name> で指
定された名前です。
•
$instancePackage: 開始または終了するリソース グループの名前。apminfo.xml の
<Instance><Package> で指定された名前です。
•
$remainingInstances: このアプリケーションの残りのインスタンス数。
•
$openViewDirectory: エージェントのコマンド ディレクトリ。Windows システムでは、
<installdir>¥Installed Packages¥{790C06B4-844E-11D2-972B-080009EF8C2A}¥bin¥OpC¥cmds
です。
UNIX システムでは、/var/opt/OV/bin/OpC/cmds です。
5. 手順 3 で定義したカテゴリのカテゴリ ディレクトリを作成します。手順 4 で作成した XML ファイルをこのディレ
クトリにコピーします (カテゴリ ディレクトリは、ユーザーが定義した、管理サーバー上のインストルメンテーショ
ン ディレクトリです)。この XML ファイルを管理サーバーのインストルメンテーション ディレクトリにコピーしま
す。この XML ファイルは、このカテゴリのポリシーが配布されるとき、ノードに自動的に配布されます。
6. リソース グループが常駐する物理ノードがすべて管理ノードであることを確認します。
7. Name of the cluster-aware application.apm.xml に指定したポリシーとモニタをクラスタ内のすべての物理ノー
ドに配布します。
8. apminfo.xml をコピーした後で、エージェントを停止し、再起動します。エージェントの停止は opcagt -kill コマ
ンドで、エージェントの再起動は opcagt -start コマンドで行います。
Microsoft Cluster Service (MSCS) 固有の設定
一般に、ユーザーのクラスタは非常に大きく、1 つのリソース グループに多くのリソースが含まれています。この場合、リソ
ース グループの 1 つのリソースに障害が発生した場合 (または、オフラインになった場合でも)、フェールオーバーするアプ
リケーションにそれほど影響はないと思われます。つまり、APM がアプリケーションのすべての監視を無効にすることはない
と考えられます。ただし、APM でクラスタ グループまたはクラスタ ノードのどの状態をオンラインとして扱うかをユーザー
が設定できる必要があります。
クラスタ グループの状態
Microsoft Cluster Services のクラスタ グループには、次の状態があります。
クラスタ グループの状態
説明
ClusterGroupFailed
グループ内の 1 つ以上のリソースで障害が発生しています。
142
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
グループ内の 1 つ以上のリソースが保留状態です。障害が発生したリソースはありませ
ClusterGroupPending
ん。
ClusterGroupOnline
グループ内のすべてのリソースがオンラインです。
ClusterGroupPartialOnline
グループ内の 1 つ以上のリソースがオンラインです。保留状態または障害の発生したリソ
ースはありません。
グループ内のすべてのリソースがオフラインであるか、グループ内にリソースがありませ
ClusterGroupOffline
ん。
ClusterGroupStateUnknown
処理が正しく実行されませんでした。エラーの詳細については、Win32 関数
GetLastError を呼び出してください。
デフォルトでは、ClusterGroupOnline 状態のみが APM でオンラインとして扱われます。ただし、次の nodeinfo パラメータを使用
すると、MSCS の APM の動作を設定できます。
OPC_APM_HANDLE_GROUP_AS_ONLINE
この nodeinfo パラメータでは、クラスタ グループのどの状態を APM でオンラインとしてスレッド化するかを定義できます。
構文:
OPC_APM_HANDLE_GROUP_AS_ONLINE <state1>,<state2>,・
例:
OPC_APM_HANDLE_GROUP_AS_ONLINE ClusterGroupOnline,ClusterGroupPartialOnline, ClusterGroupFailed
OPC_APM_HANDLE_PARTIAL_AS_ONLINE
この nodeinfo パラメータでは、クラスタ グループの ClusterGroupPartialOnline 状態を APM でオンラインとして扱うか
どうかを定義できます。
構文:
OPC_APM_HANDLE_PARTIAL_AS_ONLINE TRUE
この nodeinfo 変数は下位互換のために残されていますが、将来は使用されません。代わりに次の変数を使用してください。
OPC_APM_HANDLE_GROUP_AS_ONLINE ClusterGroupOnline,ClusterGroupPartialOnline
OPC_APM_HANDLE_GROUP_AS_ONLINE と OPC_APM_HANDLE_PARTIAL_AS_ONLINE の両方の変数を使用すると、変
数 OPC_APM_HANDLE_GROUP_AS_ONLINE が優先され、OPC_APM_HANDLE_PARTIAL_AS_ONLINE は無視されます。
143
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
クラスタ ノードの状態
Microsoft Cluster Services のクラスタ ノードには、次の状態があります。
クラスタ ノードの状態
説明
ClusterNodeUp
ClusterNodeStateUnknown
ClusterNodeDown
ノードは非アクティブです。
ClusterNodeJoining
ノードは、クラスタを結合しているところです。
ClusterNodePaused
ノードは、アクティビティを一時的に中断しました。
ClusterNodeStateUnknown
処理が正しく実行されませんでした。エラーの詳細については、Win32 関数 GetLastError
を呼び出してください。
デフォルトでは、ClusterNodeUp 状態がオンラインとして扱われます。ただし、次の nodeinfo パラメータを使用すると、MSCS の
APM の動作を設定できます。
OPC_APM_HANDLE_NODE_AS_ONLINE
この nodeinfo パラメータでは、クラスタ ノードのどの状態を APM でオンラインとしてスレッド化するかを定義できます。
構文:
OPC_APM_HANDLE_NODE_AS_ONLINE <state1>,<state2>,・
例:
OPC_APM_HANDLE_NODE_AS_ONLINE ClusterNodeUp,ClusterNodeJoining
144
©Copyright 1999-2005 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
Fly UP