...

南部利直隠し財宝事件Ⅱ ガイド

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

南部利直隠し財宝事件Ⅱ ガイド
岩手県庁 Ingress 活用研究会提供
南部利 直隠し 財宝事 件Ⅱ
過去からの
挑戦状
ガイド
このコンテンツは、2015 年 2 月 14 日に盛岡市内を会場に開催された「ポータ
ル大量発生感謝!ハック&キャンドル in 盛岡」で公開いたしました「南部利直
隠し財宝事件」の第2弾です。
ストーリー展開は第1弾から引き継がれていますが、本作の内容は独立したも
のですので、これ単体で楽しむことができます。
1
〔主な登場人物〕
及ちゃん:盛岡南警察署刑事課に所属の新米刑事、正しくは「及川」
サトやん:同署刑事課、及川と同僚の刑事、正しくは「佐藤」
佐々さん:同署刑事課のベテラン刑事、正しくは「佐々木」
サヤカ:同署刑事課の紅一点、女性刑事、通称「姫」
八重樫:同署刑事課長、通称「ボス」
天道保太郎:さきの南部利直隠し財宝事件で殺害された被害者。
あかね:天道保太郎の孫娘、高校 3 年生。
これまでのあらすじ
2015 年 2 月、盛岡市内に住む老郷土史家、天道保太郎が殺害
され、南部利直公(なんぶとしなお、盛岡藩第2代(初代と言われることもある。)
藩主で、実質的に盛岡城築城に着手し、城下町づくりを始めた。)の隠し財宝伝説
に関するレポートが盗まれた。
遺留品には、孫娘のあかねに宛てた、謎解きを促すメッセージ
があった。盛岡南署刑事課の面々が捜査のためその謎解きに挑ん
だが、そうこうするうちに、事件は犯人の自首により一応の解決
をみた。
季節は移ってお花見の頃。刑事たちは雑踏警備をしながらこの
事件を振り返り、残されていた最後の謎もようやく解けた、のだ
ったが・・・
2
《シーン6
2015 年4月末、花見客で賑う岩手公園内》
(刑事課の面々はお花見の雑踏警備活動中。そこに、ボスと姫が盛岡名物お茶餅を差
入れに来たところから話が始まる・・・)
佐
藤:あ~お茶餅はいつ食べても美味いなぁ。これ、もちろん
ボスの奢りっすよね?
八重樫:食べたら、仕事に戻るんだぞ。俺たちは用がある。
佐
藤:わかってますって、ごちそう様です。
及
川:「たち」って、サヤカも一緒に?
サヤカ:ええ、例の南部利直事件で亡くなった天道さんのお孫さ
んで、あかねちゃんっていたでしょ。仲良しになっちゃ
って・・・会いたいって連絡があったのよ。これから行
くところ。
佐々木:う~ん、何かありそうな予感がするな。
佐
藤:オレも行きたい!カワイイんでしょ?(いてててえ、何
するんだよォ)
《シーン7
同日、市内喫茶店》
あかね:サヤカさん、今日はどうもありがとうございます。早速
ですけど、これ見てください!私の誕生日 4 月 19 日だっ
たんですが、その日に届いたメールです、死んだじいち
ゃんからの。
八重樫:む、そんなことがあるのか!?
サヤカ:あ~これは、ネットのサービスで、誕生日になると自動
的にメッセージを届けてくれるやつね。多分、保太郎さ
んが生前に用意していたものですね。どれどれ?
3
あかねが差し出したのは2枚の紙。一枚はメール本文をコピ
ーしたもので、心温まる誕生日のお祝いのメッセージとともに、
「この謎解き、面白いよ。Ingress でやってごらん。汝、自らの
名を除きて究極の闇を消し去らん、わははは。
」とある。
もう一枚はその添付ファイル(※本ガイドに添付していま
す)
。欧文による文章らしきものが書いてあるが、意味がよく通
じないようだ。
あかね:じいちゃんのことだから、何か面白そうなことだとは思
うんですが、念のため、お見せしました。じいちゃん、
天国から私が謎を解くのを楽しみに見ているかしら・・・
(このとき、サヤカは一瞬、何か視線の気配のようなものを感じ
たのだが、すぐにあかねの話に集中した・・・)
《シーン8
2015 年5月、盛岡南署内、昼休み》
サヤカ:ねえねえみんな、天道さんのメールの謎わかった?
及
川:えぇーぇ、姫だって判らないのに、俺たちに頼るのが間
...
違い。だいたいにして、あの暗号文みたいなの、同じ文
.......................
字でも記号が付いてるのと付いてないのとがあって、英
語だかフランス語だか、さっぱりじゃないですか。
佐
藤:俺は英語はダメだけど、ちょっとわかったぜ。メール本
文の方に書いてある「汝、自らの何ちゃら」ってのは、
4
仮面ライダークウガに出てくるやつだね。俺、テレビ見
てたし。でも、ちょっと変わってるんだよね~。正しく
.
は「自らの邪悪を除きて」のはずだけど、こっちは「自
.......
らの名を除きて」ってなってる・・・
佐々木:それだ!
さあ皆さん、このメールの謎を解くカギは、添付ファイルの欧
文の解読にあります。これまでの刑事たちの会話をヒントに、解
読してください。
まずはこれを解読してから(解読に当たり、現地に行く必要は
ありません)、その後、指示に従いミッションをスタートしてく
ださい。
なお、ミッションはひとつだけで、ゲーム内ミッション名は「南
部利直事件Ⅱ「過去からの挑戦状」
(県庁 Ingress 研提供)」です。
対象ポータルは市街の南部に固まっています。このあとに進行の
ための交通案内を記載していますので、参考にしてください。
英語は苦手、訳せないという方、時間がない方のため
に、末尾のほうに攻略のヒントを掲載しています。ネ
タバレですのでくれぐれもお気を付けください。
発
行:岩手県庁 Ingress 活用研究会
協
力:文化地層研究会
連絡先:岩手県秘書広報室調査監
電話
019-629-5503
Email : [email protected]
公開日:2015 年 5 月 2 日
5
《天道保太郎さんのメールに添付されていたメッセージファイル》
Ken I- needêñ- anti- anfy enthên nemoñu- anmêñt änden
têm- neplê aim- nepor- täñte keen to Ñäñbu Toshiñäo.
Thên antär- gêtek namäy bêe showñ bye andräw- kiñg ä
nasê- nequêñ- tiälen kan linêen neak ofen por- knee täls bêlowen.
1 《盛岡バスセンター》
2
《塩の道(小本街道にある石碑、国道 455 号沿い北山證明寺付近)》
3
《Big Bee(藤原蜂蜜場のレリーフ、上の橋から城南小学校方向)》
4
《時鐘(かつて城下に時を告げた鐘楼、桜山神社・内丸緑地付近)》
5
《塩の道(小本街道にある石碑、場所は同上)
》
Study a thêk Ken sto- eanry annk enofak än afäm- enous Jizo
stä- entuê iñk an thêek atêm- KEK neplê.
Thên keak navi- an site ässigñêd 6 por- knee täls iñ Iñgrêss
missoñ.
You mäy fiñd enfoodan fämi- ankliär to kan pêoplê iñ
.
Moriokä.
6
《このページは作業用に自由にお使いください》
7
【ミッション進行ガイド】
1
ミッション名は「南部利直事件Ⅱ「過去からの挑戦状」(県庁 Ingress 研提供)」
です。
2
対象のポータルは全て盛岡市街の南部、いわゆる河南地区の南大通から鉈屋町あ
たりのエリアに固まってあります。市の中心部から出かける際は、次のようなルー
トを利用すればよいでしょう。
①
盛岡駅付近にいる場合
岩手県交通の路線バス駅東口バスターミナルの 14 番乗り場から乗車(「川久保」
経由のバスであればどの行き先でも OK)、バス停「南大通 2 丁目」で下車。バス
車両の行き先表示横にある系統番号では 500 番台です。
②
県庁、市役所、中央通付近にいる場合
最寄りのバス停から、上記と同じ路線に乗車し、同じ停留所で下車。
③
徒歩で向かう場合
バスセンター付近にいる場合は、徒歩圏内(バス停2つ分)です。南大通から明
治橋を目指して歩いてください。
8
【ヒントのページ】
1
暗号文は、あるルールをあてはめると、英語の文章が現れるようになっています。
2
これを訳すと、次のような指示書になっています(以下直訳ではありません。)
①
まず、暗号文内に示されている 5 か所のポータルを順番に線でなぞってできる
矢印の先が示すところに、南部利直公にとって重要なモニュメントがあるので、
それが何か、またそれがあるのは何というお寺か特定すること。
②
このお寺には、ある有名なお地蔵様の像があるので、その「いわれ」を調べる
こと。
③
お地蔵さまにまつわるストーリーがわかったら、Ingress のミッションの対象
になっている6つのポータルを訪ねること。(市街の南部に向かいます。)
④
最後に、そのお地蔵様とゲーム内ミッションを通じ、盛岡市民にとってなじみ
深いある食品を特定すること。
3
ゲーム内ミッションをクリアするためには、ミッションの最後のポータルでその
食品の名前を入力する必要があります。
 関連トピック

南部利直公の正室は、戦国武将で有名な蒲生氏郷公の養女(あるいは妹との説もあ
る)である於武(おたけ)の方。源秀院の法名があります。蒲生家の始祖に俵藤太秀
郷(たわらのとうたひでさと)がおり、近江石山の地で大むかでを退治した英傑とし
て知られています。於武の方は、南部家への輿入れの際に、その藤太が大むかでを射
止めたときの「矢の根」(矢じり)を土産に持ってきました。
ところが、於武の方が天寿を全うして亡くなった際、その遺体にむかでの這い回っ
たようなアザが浮かび上がったことから、周囲の人々は「むかでの怨念ではないか」
と大変恐れました。そこで、墓を建てるにあたり、むかでは水を嫌うと言われていた
ことから、荘厳な霊廟の周囲を濠で囲い太鼓橋を架けることにしましたが、不思議な
ことに何度架けても渡り初めを目前にして壊れてしまいました。人々は、
「むかでの怨
霊のせいではないか」と噂し、この墓はいつしか「むかで姫の墓」と呼ばれるように
なったと伝わります。
この墓所もポータルです。一度訪れてみてはいかがでしょうか。現地には伝説の物
語を詳しく記した解説板もございます。

9
【ミッション対象ポータルの紹介】
1
旅立ちの法然さま(円光寺)
このポータルのある円光寺の墓地内には、盛岡市生まれの先人として名高い米内
光政(よないみつまさ)の墓所があります。米内は旧日本海軍の軍人であり、反戦
の立場で太平洋戦争直前に内閣総理大臣を務め、戦争末期には海軍大臣としてポツ
ダム宣言の受諾による早期の戦争終結に尽力した人物です。米内は大の豆腐好きで
も知られ、盛岡市内の小・中学校で実施された「先人ゆかりの給食」においては、
豆腐カレーやおからのコロッケがメニューとなりました。
2
大慈清水の井戸、盛岡城下町由来「鉈屋町」、青龍水
この界隈は鉈屋町(なたやちょう)と言います。非常に清冽な湧水が多く、藩政
時代から味噌醤油、お酒等の醸造業や豆腐製造業、蕎麦屋などが多い地域でした。
付近にあるもりおか町家物語館はかつて地元に愛された銘酒「岩手川」の工場施設
を活用したものです。
大慈清水(だいじしみず)と青龍水(せいりゅうすい)は、中央通りにある御田
屋清水(おたやしみず)とともに盛岡三清水として有名で、この2つは平成の名水
百選に指定されています。現在でも地元市民の身近な生活用水として利用されてい
ます。
3
上野豆富店
上野豆富店(うわのとうふてん)は、かつては大慈清水と同じ水源の水を使って
豆腐を作っていた老舗の豆腐店。岩手県産大豆を使った盛岡名物「よせどうふ」は、
大豆の風味や甘みが感じられるやさしい味の豆腐です。建物も盛岡町家の伝統を受
け継いでいます。
4 豆腐買地蔵尊
このお地蔵さまは連正寺(れんしょうじ)の堂内に祀ってある高さ 40 センチほど
の小さな美しい仏像です。
かつて重病の母親に、息子が豆腐を買って毎日食べさせたところ奇跡的に回復し
たことから寄進されたものと伝わります。現在は、毎年 10 月 2 日の豆腐の日にちな
み、このお寺で「とうふ祭り」が開かれ、その際に地蔵尊も公開されます。
10
参考地図
(文化地層研究会提供)
Fly UP