...

ベトナム国ハノイ市近郊リサイクル工業団地計画

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

ベトナム国ハノイ市近郊リサイクル工業団地計画
平成 27 年度我が国循環産業海外展開事業化促進業務
ベトナム国ハノイ市近郊リサイクル工業団地計画実現可能性調査
最終報告書
平成 28 年 3 月
株式会社市川環境エンジニアリング
はじめに
弊社は 2011 年並びに 2012 年に行った本調査事業の前身である”静脈産業海外展開支援
FS”を契機に、2014 年には事業協力契約に基づく廃棄物固形燃料(RPF)製造販売事業を
ハノイ市環境公社(URENCO)の傘下である URENCO11 と開始し、その結果 2016 年 4 月
には事業協力契約を発展的に解消し、新たに URENCO11(49%)と弊社(51%)の合弁会
社(Dai Dong Environmental Solution Co. LTD、以下 JV)を設立する運びとなった。
当該 JV は RPF 製造販売に留まらず、現在 URENCO11 が活動している Hung Yen 省 Dai
Dong 区を拠点として、環境意識や CSR 意識の高い日系や欧米企業を中心にあらゆる廃棄物
管理サービスを提供していく方針としている。そのアプローチの一つとして、今年度提案
させていただいている“リサイクル工業団地構想”が挙げられる。あらゆるものを適正に
処理・リサイクルできる受け皿を設け、多くの廃棄物を集めて経済効率並びに環境負荷の
低減を両立させ、それを“見える化”していくことで顧客満足度を高めていくことが目標
である。弊社パートナーである URENCO11 による 10ha 借用地の拡大は既定路線であり、JV
を中心にこの用地を如何に有効活用していくことができるかが問われている。
そこで今回はリサイクル工業団地としてのインフラサービスを設定したうえで、日本の
廃棄物管理事業者の質の高いサービスが社会的・経済的に現地でどの程度受け入れられる
かと言う点に注力し、弊社をはじめ同業者 7 社で設立した任意団体である“iTask”の有志
メンバーによる、本用地をベースとした“次につながる調査”を行った。結果的には個別 6
事業のうち 5 事業についてはさらに調査を進める意義があることが見出された。
ベトナムの廃棄物分野は昨今、各種法律や規則の新設・改訂が目白押しであり、弊社で
も未知のリスクも多いと思われる一方で大きなビジネスチャンスであると捉えている。こ
うした時期に高い顧客満足度を得られる整備を行い、将来的に大きく飛躍するであろうベ
トナムの廃棄物マネージメント市場における弊社の位置づけを盤石にしたいと考えている。
i
Summary
IKE has started production and sales business of RPF (recycled paper and plastic fuel) together
with URENCO 11 which is one of the subsidiaries of Hanoi URENCO, based on Business
Cooperation Contract (BCC) which is one of the investment options in Vietnam. This success was
started from the feasibility study fund of Ministry of Environment in FY2012 and FY2013. After 2
years, IKE and URENCO 11 had successfully operated this BCC and came up to develop a joint
venture called “Dai Dong Environmental solution Co. LTD” which is owned by the 2 companies
with 51% share of IKE hopefully in April, 2016.
The activities of this JV is not only limited to production and sales of RPF, but also to provide
high-quality waste management services especially aiming to companies which has high intentions
to environmental protection and compliance to the laws and regulations. One of the approaches of
the new JV to operate business in Vietnam is to set up the proposed plan, the development of
“Recycling Industrial Park (RIP)”, which is the gathering area of various technologies and business
to handle various wastes. The aim is not only to be the gathering point of various waste and operate
business by volume, but also to maximize environmental protection by minimum cost. RIP will also
provide services for the customers to track and confirm how their wastes/valuables are recycled or
treated, to satisfy their responsibility as waste generators. The 10 ha land lease from the government
in Dai Dong, Hung yen province to URENCO11 will be implemented soon, and the JV shall utilize
this land effectively.
This Study aimed to find the candidate business which may be feasible to operate at RIP, by
obtaining support by iTask member companies who are actually operating good services in Japan.
“iTask” is the voluntary association consisting 7 waste management/recycling companies in Japan,
which of those who are interested in business operation in oversea countries The study evaluation
was done by, whether Japanese quality business/service can be adopted to Vietnamese market in both
social and economic aspects. As a result of this survey, we found 5 out of 6 individual projects has
business possibility, and shall go on for next step which is the detail study.
Recent business circumstances of environmental business field in Vietnam are rapidly changing
by legal amendments and developments. IKE takes this situation as both unknown risks and business
opportunities. Through the idea of RIP, IKE is thinking to provide better services and infrastructures
for customers to obtain their high satisfaction during this rapidly changing period, for securing our
stable position in the waste management business field in Vietnam, where we expect its rapid growth
in near future.
ii
目次
1. 事業の目的・概要 ............................................................................................................... 1
2. 海外展開計画案の策定 ....................................................................................................... 3
2.1 対象地域 ...................................................................................................................... 3
2.2 処理対象廃棄物種類、利用技術・導入規模 ................................................................ 5
2.3 実施体制案 ................................................................................................................... 5
3. 対象地域における現状調査 ................................................................................................ 8
3.1 社会経済状況 ............................................................................................................... 8
3.2 事業対象地域における処理対象廃棄物の発生・処理の状況 .................................... 10
3.3 廃棄物処理・リサイクルの制度・政策の動向や法規制の執行体制、その他一般的な事
業の実施に係る許認可制度 ........................................................................................ 11
4. 個別事業実現可能性評価 .................................................................................................. 13
4.1 調査体制 .................................................................................................................... 13
4.2 事業に必要なコスト(イニシャルコスト、ランニングコスト等) ......................... 14
4.3 廃油リサイクル事業 .................................................................................................. 16
4.4 廃家電リサイクル事業............................................................................................... 26
4.5 IT 資産処分サービス事業(IT 機器のリユース・リサイクル事業) ....................... 36
4.6 RPF 製造販売事業 ...................................................................................................... 43
4.7 建設解体廃棄物リサイクル事業 ................................................................................ 56
4.8 医療廃棄物、有害廃棄物、PCB の熱処理事業 ........................................................... 66
5. リサイクル工業団地その他業務①:保税工場化による有価物買取事業......................... 76
6. リサイクル工業団地その他業務②:収集運搬事業.......................................................... 78
7. 日本招聘事業 .................................................................................................................... 81
7.1 目的 ............................................................................................................................ 81
7.2 参加メンバー ............................................................................................................. 81
7.3 日程 ............................................................................................................................ 81
7.4 視察行程 .................................................................................................................... 82
7.5 総括並びにコメント .................................................................................................. 82
8. セミナー、報告会 ............................................................................................................. 84
8.1 2 月 24 日開催セミナー .............................................................................................. 84
8.2 2 月 25 日開催報告会 ................................................................................................. 86
9. 総括 ................................................................................................................................... 88
9.1 事業採算性 ................................................................................................................. 88
9.2 環境負荷削減効果 ...................................................................................................... 89
9.3 社会的受容性 ............................................................................................................. 90
<添付資料>

セミナー、報告会資料
1. 事業の目的・概要
本事業の目的は、各種品目を適正に処理・リサイクルすることができる機能とイン
フラを有するリサイクル工業団地の開発・運営の可能性並びに個別のリサイクル/処
理事業の実施可能性を検討したものである。特に㈱市川環境エンジニアリング(以下
IKE)がメンバーとして加入している日本国内の各種廃棄物管理企業の任意団体である
“iTask(アイタスク)
”の参加企業が持つ個別廃棄物管理技術やノウハウを活用し、日
系企業団体としての総合力を示すとともに現地に進出している日系企業をはじめとす
る排出事業者のサポートにつなげることも目的とした。
また、2016 年には自動車・バイク・タイヤ・潤滑油・家電/OA 等多岐にわたる製品
メーカーを並びに輸入業者を対象に、廃製品の回収・処理/リサイクル責任を持たせる
新たな通達(Decision16(仮)廃製品回収・処分に関する通達)が施行される予定であ
り、日系企業をはじめとする各メーカー・販売店からの適切な回収・処分・リサイク
ル等の受け皿が求められ、協業・協力ニーズも高まることが予想される。
IKE は、IKE がハノイ市近郊で RPF 事業を共同で行っている URENCO11(ハノイ市環境
公社傘下企業)と共同で、RPF 事業実施サイト隣接地に確保中の 10ha の土地を活用し
て、共同利用できる埋立処分場や廃水処理/焼却施設などを整備したリサイクル工業
団地を開発(現状 8 億円~を想定)し、各種リサイクル事業/廃棄物適正処理事業を誘
致し、特に環境意識の高い排出事業者をターゲットとした廃棄物・有価物取引のワン
ストップサービスを提供することの実現可能性を検討した。
◎ ビジネスモデルの根幹=リサイクル工業団地化することによる集荷力向上
◎ 集荷力向上の為の手法

適切な処理・処分・リサイクル手段確保、情報開示システムによる安心・安
全

量の確保・効率化によるコストダウン

多品種対応

既存セクターで対応できていない分野、新市場創出

物流拠点(とにかく集まる)→ネットワーク化(既存セクターとの
共存)
また一部区域で保税許可を取ることにより中間貿易(原料輸入/組立/製品輸出)形
態をとって保税工場を運営する日系をはじめとする外資系企業に対して、廃棄物や有
価物の処理・売却手続きを適正かつ簡便に提供することも検討した。
更に一部の区域を対象に、プラスチック等を加工する地元の零細リサイクル事業者
を安価で誘致することで、既存事業者との相互協力関係の構築や技術移転・技術開発
を行うことを検討した。
なお、誘致する企業には海外展開意識の高い日系廃棄物管理・リサイクル企業 7 社
による任意団体である“iTask”傘下企業を見据え、実現可能性調査においてはこれら
企業の有する個別事業の実現可能性調査並びに事業計画策定を行った。IKE はこの中で
RPF 販売市場拡大に伴い、現在事業展開中の RPF 製造・販売事業の増強(既存の 3t/日
1
+新設 10t/日)に関する調査を行った。
図表 1.1:事業全体概要図
【出典:調査団作成】
2
2. 海外展開計画案の策定
2.1 対象地域
(1)リサイクル工業団地建設場所
リサイクル工業団地の建設予定地は、弊社現地パートナーである URENCO11 が位
置するベトナム国 Hung Yen 省 Dai Dong 地区内の事業所(10.2ha)の隣接地である。
図表 2.1:サイト位置図
【出典:Google Map をもとに調査団が作成】
3
(2)収集エリア
ベトナム社会主義共和国・ハノイ市近郊を含む北部地域。対象地域面積並びに人
口は下表の通り。対象地域は面積ベースで全国の 1/13 にも満たないが、人口ベース
では約 1/4 となる。
図表 2.2:対象地域面積並びに人口
面積
㎞2
全国
紅河三角地帯(Red River Delta)
Ha Noi
ハノイ直轄都市
Vinh Phuc
ビンフック省
Bac Ninh
バクニン省
Qunag Ninh クアンニン省
Hai Duong ハイズン省
Hai Phong
ハイフォン直轄都市
Hung Yen
フンエン省
Thai Binh
タイビン省
Ha Nam
ハナム省
Nam Dinh
ナムディン省
Ninh Binh
ニンビン省
Bac Giang
バクザン省
対象12省合計
人口
2014年
330,966.90
90,728,900
21,060.00
20,705,200
3,324.50
7,095,900
1,237.50
1,041,900
822.70
1,131,200
6,102.30
1,199,400
1,656.00
1,763,200
1,527.40
1,946,000
926.00
1,158,100
1,570.80
1,788,700
862.00
799,400
1,653.20
1,845,600
1,377.60
935,800
3,849.50
1,624,500
24,909.5 22,329,700.0
【出典:ベトナム統計局資料を基に調査団が作成】
この地域に位置する下記工業団地・日系企業は以下の通り。

工業団地数:ハノイ市(14、うち外資系 6)
、Hung Yen(5 うち外資系 1)
、Hai Duong
(12 うち外資系 1)
、Bac Ninh(17 うち外資系 3)
、Hai Phong(6 うち外資系 5)、
Quanh Ninh(6 うち外資系 1)
、Ha Nam(4 うち外資系 1)

日系企業総数:417 工場(2015 年 3 月現在)
4
2.2 処理対象廃棄物種類、利用技術・導入規模
処理対象廃棄物種類、利用技術・導入規模は、下表のとおりである。なお、導入
規模の設定根拠は以下の 3 通りである。
A・・・カウンターパート(URENCO11)の計画を準用
B・・・日本(若しくはベトナム)での実績を準用
C・・・限界費用における最低導入規模
図表 2.3:処理対象廃棄物種類、利用技術・導入規模(案)
対象廃棄物
利用技術
廃油
再生重油、再生グリース
廃塗料・インク
Biomass Waste Fuel(BWF)
廃 PC
再利用、資材化
導入規模
根拠
500t/月
C
未定
-
6,000~10,000
B
台/月
廃家電
解体・リサイクル
廃プラスチック
固形燃料(RPF)化
建設廃棄物
再生砕石、非焼成ブロック
医療廃棄物・有害
焼却・無害化
15,000 台/月
C
520t/月
B
3
700m /日
C
30t/日
A
廃棄物
【出典:調査団作成】
このほか団地共有インフラとして焼却炉、埋立処分場、廃水処理設備を併設する。
2.3 実施体制案
(1)リサイクル工業団地開発:
本提案のリサイクル工業団地は、URENCO11 が現在事業運営を行っている Dai
Dong 地区内 10.2ha の土地に隣接して設置される。
5
図表 2.4:工業団地概要
【出典:URENCO11 資料をもとに調査団作成】
土地使用権は URENCO11 がベトナム政府(Hung Yen 省)より獲得することが決定
している。またリサイクル工業団地の運営は URENCO11 単独若しくは URENCO11 と
弊社等とで設立する合弁会社を想定している。
なお、その際個別事業者に提供するサービス単価を下表のとおり設定した。これ
らの数値はベトナム国内の既存工業団地で提供されているサービスレベルと同水準
である。
図表 2.5:提供サービスたたき台
【出典:調査団作成】
6
(2)個別リサイクル・処理事業
下表の個別事業 を調査対象とするが、 いずれの事業についても 原則とし て
URENCO11 との合弁企業となることを想定。なお、下表内の“DECOS”は、弊社㈱
市川環境エンジニアリングと URENCO11 が 2016 年春に設立予定の合弁企業を指す。
図表 2.6:個別リサイクル・処理事業主体企業(案)
対象廃棄物
FS 担当/協力予定企業
廃油
東亜オイル興業所+URENCO11
IT 資産リユース
DECOS+URENCO11
廃家電
DECOS+URENCO11
廃プラスチック
DECOS+URENCO11
建設廃棄物
タケエイ+URENCO11
有害・医療廃棄物
クレハ環境+URENCO11
収集運搬
市川環境エンジニアリング、加藤商事
【出典:調査団作成】
<資金>
自己投資及び各種補助金(JCM 補助等)による資金調達を想定している。
7
3. 対象地域における現状調査
3.1 社会経済状況
一般的な社会経済情報(人口、GDP、失業率、工業生産量等)の他、関連廃棄物等
が社会的に影響を及ぼしている実態の調査をヒアリングや文献調査を通じて行った。
対象地域である紅河デルタ地帯は首都ハノイの経済力に引き寄せられ、全国平均
と比べて人口増加率や賃金等が高い。
図表 3.1:ベトナム全体並びに対象地域社会状況(抜粋)
人口密度 都市人口
2014年
2014年
全国
紅河三角地帯(Red River Delta)
Ha Noi
ハノイ直轄都市
Vinh Phuc
ビンフック省
Bac Ninh
バクニン省
Qunag Ninh クアンニン省
Hai Duong ハイズン省
Hai Phong
ハイフォン直轄都市
Hung Yen
フンエン省
Thai Binh
タイビン省
Ha Nam
ハナム省
Nam Dinh
ナムディン省
Ninh Binh
ニンビン省
Bac Giang
バクザン省
対象12省合計
274
983
2,134
842
1,375
197
1,065
1,274
1,251
1,139
927
1,116
679
422
30,035,400
6,735,600
3,156,000
242,900
311,400
734,300
407,400
909,100
151,800
179,000
123,500
335,900
184,200
183,700
6,919,300.0
都市人口比率 自然人口増減 人口増加率 月収/人口
2014年
2014年
2014年
2014年
180
VND
円
33.1%
10.3%
1.08% 2,640,000
14,667
32.5%
11.0%
1.09% 3,278,000
18,211
44.5%
12.3%
1.70% 4,112,000
22,844
23.3%
13.6%
1.22% 2,377,000
13,206
27.5%
14.9%
2.08% 3,748,000
20,822
61.2%
13.2%
1.01% 3,052,000
16,956
23.1%
9.0%
0.65% 2,755,000
15,306
46.7%
10.1%
1.08% 3,922,000
21,789
13.1%
10.4%
0.56% 2,191,000
12,172
10.0%
3.7%
0.03% 2,468,000
13,711
15.4%
6.6%
0.43% 2,198,000
12,211
18.2%
12.7%
0.31% 2,815,000
15,639
19.7%
12.9%
0.93% 2,215,000
12,306
11.3%
14.0%
0.67% 2,173,000
12,072
【出典:ベトナム統計局データを用いて調査団で作成】
図表 3.2:ベトナム全体並びに対象地域経済状況(抜粋)
2010年額
十億円
1次産業
2次産業
GDP
内訳
3次産業
税金・補助金
GDP伸び率 2010年額
合計
合計
鉱業
製造業
建設業
電気ガス等供給
上下水、廃棄物管理
合計
卸売業、修理業
物流業
宿泊・飲食業
通信業
金融業
不動産業
研究開発業
Administrative and support
共産党、社会政策、内務・防衛関係
教育
医療
芸術、娯楽
その他
自家消費製造・サービス
合計
GDP
Billion VND
2,543,596.00
180
14,131.09
436642
841,953.00
220,791.00
372,597.00
145,123.00
88,985.00
14,457.00
975,592.00
225,783.00
74,828.00
98,919.00
25,827.00
141,266.00
141,503.00
34,335.00
9,782.00
68,377.00
62,545.00
29,040.00
18,021.00
41,730.00
3,638.00
289,409.00
5.42%
2013
2014
売上
税引き前利益 利益率
企業数
平均賃金
GDP
Billion VND Billion VND
1000VND/月 Billion VND
12,201,747.00
488,273.00
3.91%
373,213
5,799 2,695,796.00
14,976.64
69026
5966
8.08%
3,656
4,952
451659
896,042.00
379,289.00
73,417.00
19.01%
2,590
9,040
225,785.00
4,416,988.00
207,990.00
4.64%
58,688
5,266
400,192.00
665,487.00
7,654.00
1.13%
52,147
4,807
155,183.00
452,427.00
21,020.00
4.46%
1,083
10,503
99,516.00
33,177.00
2,246.00
6.60%
1,125
6,977
15,366.00
1,035,726.00
4,433,254.00
45,614.00
1.02%
148,481
5,077
244,040.00
403,752.00
-4,086.00
-0.98%
20,614
6,228
78,776.00
80,794.00
3,139.00
3.73%
13,616
4,299
103,444.00
291,017.00
35,334.00
11.42%
7,770
10,634
28,068.00
534,931.00
58,326.00
9.73%
1,864
15,173
149,500.00
133,430.00
22,862.00
14.87%
7,271
8,254
145,459.00
145,868.00
1,309.00
0.88%
32,340
6,825
36,730.00
74,784.00
851.00
1.12%
12,555
4,769
10,465.00
73,286.00
5,226.00
811.00
5.22%
3,939
7,977
67,176.00
11,556.00
8.00
0.07%
1,132
7,784
31,141.00
54,342.00
5,927.00
10.56%
1,681
7,191
19,364.00
6,400.00
-117.00
-1.81%
2,661
3,499
44,422.00
3,855.00
312,369.00
5.98%
対象12省指標
GDP
Billion VND
紅河三角地帯(Red River Delta)
Ha Noi
ハノイ直轄都市
Vinh Phuc ビンフック省
Bac Ninh バクニン省
Qunag Ninhクアンニン省
Hai Duong ハイズン省
Hai Phong ハイフォン直轄都市
Hung Yen フンエン省
Thai Binh タイビン省
Ha Nam ハナム省
Nam Dinh ナムディン省
Ninh Binh ニンビン省
104.50%
114%
149.20%
102.30%
108.10%
106.50%
107.20%
114.10%
110.90%
116.10%
111.40%
Bac Giang バクザン省
118.70%
2013
2014
売上
税引き前利益 利益率
企業数
平均賃金
GDP
Billion VND Billion VND
1000VND/月 Billion VND
4251459
196685
4.53%
120,677
5,608
2368811
102201
4.20%
86,014
6,054
104.20%
140799
13635
9.57%
2,682
5,715
97.10%
694172
66680
9.57%
3,915
6,654
87.50%
259209
1003
0.38%
3,827
6,514
104.70%
160781
6851
4.17%
3,959
4,940
114.60%
261415
4501
1.66%
8,461
4,925
112.90%
104305
2100
1.98%
2,503
5,062
107.50%
57600
-625
-1.07%
2,385
3,535
101.80%
50926
121
0.24%
1,896
4,009
111.90%
61920
452
0.71%
2,989
3,382
110.60%
91521
-234
-0.25%
2,046
4,128
117.40%
59434
1798
2.99%
【出典:ベトナム統計局データを用いて調査団で作成】
8
2,406
4,053
114.70%
ベトナム国内で生産されている工業製品のうち、本プロジェクトにかかわりが深い
と考えられる工業製品に関する 2010 年~2014 年の生産量推移を抜粋した。概ねいず
れの製品も安定的に生産が行われており、関連廃棄物の排出も同様に行われることが
予想される。
図表 3.3:ベトナム全体工業製品生産量(抜粋)
工業製品生産量(抜粋)
単位
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
生産
生産
紙
1000トン
1536.8
1568.8
1492.3
1445
1460.8
車のタイヤ
1000個
5949
5379
5239
5652
6025
2輪タイヤ
1000個
48526
47031
41407
43987
47242
車のチューブ
1000個
7872
9292
9408
9500
9681
2輪チューブ
1000個
92782
84993
91276
97590
106236
プラスチック包装資材 1000トン
662.9
714.4
741.7
778
829.3
生活用陶磁器
百万個
351.3
372.3
342
308.8
302.7
衛生陶器
千個
7295
8520
8140
8886
9366
レンガ
百万個
20196
19865
17491
17193
17812
タイル
百万個
587.4
543
476.1
472.4
484
セメント
1000トン
55801
58271
56353
57516
60507
耐セメントシート
百万m2
88.3
73.1
75.8
69.5
62.8
鉄筋
1000トン
2906.4
2930.8
2964.8
3484.3
3557.5
鉄
1000トン
8415.5
8084.9
8405.4
9251.9 10216.3
携帯電話
百万個
37.5
79.6
109.4
132
181.6
印刷機
1000個
14561.9 15467.9 15721.7 17297.7 16058.5
固定電話
1000個
9405.7 11047.8
9680.5
5531.2
4268.8
テレビ
1000個
2800.3
3099.2
2600.4
3112.3
3666.1
電池(1.5V)
1000個
397
415.1
443.9
423.9
427.5
ランプ
1000個
350.4
360.4
253.7
200.6
154.8
冷蔵庫
1000個
1540.9
1507.1
1632.2
1734.9
1766.1
洗濯機
1000個
467.4
656.1
851.3
930.9
979.8
ファン
1000個
7174.1
7045.8
5905
5336.4
4977.8
エアコン
1000個
343.7
355.3
393.4
414.1
431.5
ミシン
1000個
9
9.9
12.6
14
14.9
完成車両
1000個
112.3
108.2
86.9
101.1
126.3
完成バイク
1000個
3506.6
4070.2
3634.5
3662.3
3333.1
【出典:ベトナム統計局データを用いて調査団で作成】
対象地域における住宅の着工面積は全国の 25%前後を安定的に推移し、建設関連
工事に伴う廃棄物の発生も同様に排出され続けると予想される。
図表 3.4:住宅着工面積
住宅着工面積
(単位:1000 m2)
全国
2009
68210
2010
85885
2011
84366
2012
81313
2013
86621
Red river delta
全国における比率
17391
25%
23993
28%
22619
27%
18841
23%
22345
26%
【出典:ベトナム統計局データを用いて調査団で作成】
9
3.2 事業対象地域における処理対象廃棄物の発生・処理の状況
(1)廃棄物/有価物排出源数
工業団地及び日系企業に関する情報更新、予想される有価物/廃棄物内容の考察
と将来展望を JETRO ホームページや各省工業団地委員会等の文献調査を通じて行っ
た。
 工業団地数:64
【内訳】ハノイ市(14、うち外資系 6)、Hung Yen(5、うち外資系 1)、Hai Duong
(12、うち外資系 1)
、Bac Ninh(17、うち外資系 3)
、Hai Phong(6、うち外資系 5)、
Quanh Ninh(6、うち外資系 1)
、Ha Nam(4、うち外資系 1)
 日系企業総数:417 工場(2016 年 2 月現在)
(2)対象廃棄物排出量
ヒアリング並びに文献・記事に記載されている各対象廃棄物のベトナムでの排出
量を調査した。なお、下表中の“北部”地域には甲賀デルタ 11 市省にバクザン省を
加えた 12 市省とする。
量的には各対象物共に市場として充分であるが、これらをいかにして収集するか
が価格(処理費・再生品売却額等)と並び事業成立に向けた大きな要因である。
対象廃棄物
廃油
廃塗料・インク
PC
廃家電
(2020 年予測)
廃プラスチック
建設廃棄物
医療廃棄物
有害廃棄物
図表 3.5:対象廃棄物の排出量情報
排出量(全国)
排出量(北部)
30 万 t/年
5 万 t/年
不明
不明
デスクトップ型:120 万台/年
内 25%前後
タップトップ型:70 万台/年
携帯端末:111 万台/年
携帯電話:301 万台/年
テレビ:500 万台/年
内 25%前後
PC:150 万台/年
冷蔵庫:225 万台/年
エアコン 90 万台/年
洗濯機:250 万台/年
生活廃棄物の 3.5%~9%の範囲
ハノイ市:250t/日程度
Hung Yen 省 9 区(URENCO11 収集区)
:10t/日程度
生活廃棄物の 20%~40%
ハノイ市:2,300t/日~3,200t/日
Hung Yen 省 9 区(URENCO11 収集区)
:40t~80t/日
1~2 ㎏/ベッド
50 万トン/年


出典
ヒアリング
*1 参照

JICA 調査報告書
等

自社調査

ハノイ市廃棄物
マスタープラン
URENCO11 営業デ
ータ
各市省ホームペ
ージ等
UNDP 推計

120,000 ベッド
最低 120t/日程度

内 25%程度

*1:
“Vietnam Digital landscape update 2013 Sep_2013_Mindshare”、
“We Are Social’s Guide to
Social, Digital and Mobile in Vietnam (2nd Edition, Oct 2012)”並びに“総務省 平成 27 年度版
情報通信白書”
10
3.3 廃棄物処理・リサイクルの制度・政策の動向や法規制の執行体制、その他一般的な
事業の実施に係る許認可制度
2015 年 9 月 30 日に開催された第 4 回国際環境会議では法制度の整備や政策策定の
必要性及びそれらの現場への浸透が課題として挙げられている。今後も廃棄物管理を
中心に環境課題への適切な取り組みが計画的に進められていくことが推測できる。
(1)全般
環境保護法「Law on Environmental Protection」
(1993 年制定、2005 年改定、2013
年改定)や廃棄物業者の運営に係る MONRE 通達「Circular12/2011」
(2011 年策定)
等、2010 年以降、発生量の減少と適切な処理を目的とした法令の策定が順次行われ
ている。
(2)拡大製造者責任
製造者および輸入者がリサイクル・回収などの責任を定める決定 50/2013/QD-Ttg
が発布され、2015 年 1 月 1 日より施行される予定であったが、施行細則などの決定
が遅れたため、改めて“Decision16/2015/QD-Ttg”が発布された。新たな決定では、
2016 年 7 月 1 日から家電や廃油・タイヤなどの指定製品について、製造者および輸
入者を対象として、市場で発生する使用済み製品の回収並びに適正処理について定
められている。Decision16 の詳細内容は 2016 年 7 月の施行に向けて検討が引き続き
行われている。基本的には規則であるため対象製品製造者・輸入者の回収について
義務付ける内容となっているが、回収拠点の数や回収率・リサイクル率と言った具
体的な指標は調整中の為未だ設定されていないものの、法律ではあるのでコンプラ
イアンスを重視する企業にとっては何らかの対応策が必要となる。
(3)危険廃棄物全般:
<医療系有害廃棄物>
政府は 2012 年 2 月 8 日に「2025 年までの医療系有害固形廃棄物処理システムの
基本計画の承認について」
(首相決定「Decision No. 170/QD-TTg」
)を策定し、2025
年までに環境基準に適合した処理を 100%実施することを目標としている。
さらに、Ministry of Health (厚生省)と MONRE では、医療系有害廃棄物管理に特
化した条例を策定中であり、2015 年中には施行される予定とのことである。
<有害廃棄物>
ベトナム国内の有害廃棄物にかかる法規制動向としては、廃棄物管理に関する詳
細な定義やルールを定めた政府議定「Decree No. 38」が 2015 年 4 月に公布、同年 6
11
月に施行されている。この法令は廃棄物管理に関する定義やルールの一般的な事項
をまとめたイントロダクションに位置づけられる。本 Decree は広く廃棄物全般を対
象としているが、この中でも有害廃棄物管理が最も高い位置付けに設定されており、
主に有害廃棄物処理業者が取得するライセンスについてのルールとして、ライセン
スの取得義務、取り扱う有機廃棄物のコード分類、ライセンスに則った運営の報告
義務、ライセンス記載内容に変更が生じた場合の報告・更新義務等が記載されてい
る。この政府議定「Decree No. 38」は 2016 年以降に、より詳細な内容にまとめられ
ていく予定である。
排出者及び処理業者に対して十分な安全性や衛生管理を要求した通達として
MONRE 通達「Circular 36/2015」が施行されており、上述の有害廃棄物のコード分
類定義、処理ライセンス取得の義務付け、管理に係る報告義務、有害廃棄物の運搬
方法等が記載されている。
<PCB>
決定 184/2006/QD-TTg において”2020 年までに機材における PCB の使用を無く
し、2028 年までに完全に除去する”ことが定められている。
(4)リサイクル政策(Decision No.2149/2009/QD-TTg)目標値:
決定 2149/2009/QD-TTg ではベトナムのリサイクル目標として以下が掲げられてい
る。
“80%の廃棄物について 2020 年までに収集運搬及び処理が行われる体制を整える”、
“そのうちの 50%については 2020 年までにリサイクルされる”。
12
4. 個別事業実現可能性評価
ここでは iTask 参加企業が日本で行っている事業について、日本の技術やビジネスモデ
ルをベースとして、対象地域のコストや収入、商慣習や技術水準等と照らし合わせて、
簡易的に評価を行い、次年度以降の詳細検討の可能性について調査を依頼した。
主な調査項目は以下の通りとした;
1.
事業目的
2.
対象市場と提供するサービス概要
3.
採用技術・規模
4.
考えられる環境影響と対策
5.
使用するユーティリティー(水、電気、資材、薬品等)
6.
工場概要(必要な敷地面積、建屋構造の特徴等)
7.
事業実施体制案
8.
初期投資総額、資金調達案
9.
簡易財務評価
10.
スケジュール案
11.
まとめと提案/依頼事項
4.1 調査体制
個別調査は以下の体制のもと実施した。
13
図表 4.1:個別調査実施体制
4.2 事業に必要なコスト(イニシャルコスト、ランニングコスト等)


イニシャルコストは現場の状況と廃棄物性状調査結果を受けて、ひとまず日本に
設備を建設するのと同等の条件を設定して算出する。
個別事業に共通の資機材・製品・加工については、現地での調達可能性調査を IKE
が中心となって行う。
なお、個別事業の検討に利用するランニングコスト、税率等は下表の通りとする。
14
図表 4.2:共通利用する予定のランニングコスト他
URENCO11における共通コスト
項目
電気
水道
廃水
ガス
ディーゼル
ガソリン
潤滑油
土地賃借料・管理費
運搬サービス
廃棄物処分費(無害)
廃棄物処分費(有害)
人件費
8:00-16:00
16:00-24:00
24:00-8:00
基本料金
LPG
kWh
kWh
kWh
1,828.0
1,841.0
1,251.0
円
180.63
10.1
10.2
6.9
備考
Vietcom Bank2015年12月4日
2015年12月5日時点
2015年12月5日時点
2015年12月5日時点
なし
m3
m3
Nm3
L
L
L
m2・月
㎞
t
6,000.0
6,000.0
38,333.3
13,940.0
17,925.0
57,200.0
3,000.0
20,000.0
300,000.0
人・月
7,700,000.0
その他
法人所得税
配当課税
海外借入金金利への課税
Discount rate
Refinancing rate
市中銀行貸出金利
VND
単位
1年定期
5年定期
20%
10%
5%
4.50%
6.50%
6.00%
6.20%
15
33.2
仮設定価格(他工業団地参考)
33.2
仮設定価格(他工業団地参考)
212.2 6 2015年12月5日時点
77.2
2015年12月5日時点
99.2
2015年11月25日時点
316.7
2015年12月5日時点
16.6
参考価格(他工業団地参考)
110.7
参考価格(URENCO11)
1,660.9
参考価格(IKE設定)
発生廃棄物性状・量をお知らせください
42,628.6
参考価格(URENCO11)
全社2016年1月1日~適用予定
VND
VND
VND
VND
中央銀行2014年3月18日~適用
中央銀行2014年3月18日~適用
Vietcom Bank 2015年12月4日
Vietcom Bank 2015年12月4日
4.3 廃油リサイクル事業
(1)事業概要と市場現況
<事業概要>
本事業は、ベトナム社会主義共和国・ハノイ市近郊を含む北部で発生する有害廃
棄物の廃油(廃エンジンオイルや廃潤滑油)及び廃塗料や廃インク等の油性廃棄物
処理において適切なリサイクルシステムが無い現状を鑑み、日本で培った油性廃棄
物の総合リサイクル技術により、廃エンジンオイルを精製加工し、再生潤滑油の基
油やボイラー・焼却炉向けの燃料(再生重油)とするほか、廃塗料・廃インク等は
廃木材等を混練して石炭代替燃料である BWF(Biomass Waste Fuel)を製造し石炭
ボイラーの代替燃料としてハノイ市近郊に販売するものである。本事業の実施によ
り、当該地域の環境汚染軽減に寄与し、再生品の品質向上・化石燃料の削減・二酸
化炭素の削減を通じて同地域に貢献する。
<市場現況>
現地にて、天然資源環境省(MONRE)、URENCO などの有害廃棄物処理業者、廃油リ
サイクル業者、日系の潤滑油等油脂類販売業者等からのヒアリング実施の結果、以
下の情報を得た。
ベトナム国ハノイ市は人口約 700 万人で近年はモータリゼーションの進展が目覚
ましく、2010 年においての保有台数は、オートバイ 400 万台・自動車 35 万台とな
っており、廃エンジンオイルの発生量も大幅に増加している。ベトナム全体の潤滑
油販売数量は年間 35 万 3 千トンあり、そのうちエンジンオイル(自動二輪 30%、自
動車 30%)が 60%をしめており、残り 30%は工業用潤滑油である。ベトナム全体での
廃油は年間約 30 万トン発生しており、そのうちハノイ(北部)周辺では約 5 万トン
発生していると推測される。廃油の種類としては、エンジンオイル約 3 万トンが主
体であり、工業系廃油(油圧オイル、潤滑油、トランス油、切削油)約 1.5 万トン、
その他(船舶等)約 0.5 万トンである。
主な排出先としては、カーディーラー・ガレージ(修理も行う)
・整備工場・製造
工場であり、ドラム缶などの容器に保管されている。それら有害廃棄物は、廃棄物
の処理許可を受けた事業所が取り扱うことが原則で、ベトナム全体で許可を受けた
事業所は 80 社あり、ハノイ周辺では 40 社となっている。そのうちリサイクルも実
施している事業者は 10 社とまだ少ない。
リサイクル可能な廃油は、再生品の原料として付加価値があり、現在有価で取引
されている。本来はリサイクルの許可を有した事業所だけに有価取引が認められて
いるが、実際は不法業者や個人事業者へ流通している。ハノイ(北部)周辺の発生
量 5 万トンのうち、3.8 万トンが不法な市場へ、残り 1.3 万トンは処理事業所によ
る焼却や再生品の原料として流通していると推測される。
現在、油性廃棄物はリサイクル業者によって、再生グリース・再生重油(直火燃
料)などにリサイクルされている。一方で不法業者や個人事業者によってアスファ
16
ルト乳剤や再生潤滑油(新品と混ぜて再使用)などにも再利用されており、適正な
リサイクル技術による再生品と言い難い状況もみられる。
また、各製造工場や印刷工場などでは、廃塗料や廃インクの発生も増加傾向にあ
るが、これらはリサイクルが困難でそのほとんどが焼却処理されている。将来的に
はこれらを対象としたリサイクル技術の確立と適正な市場への流通が課題となると
思われる。
図表 4.3.1:ハノイ市における廃油の商流
【出典:MONRE、URENCO、現地廃油リサイクル業者、日系油脂販売業者へのヒアリング結果
に基づき作成調査団が作成】
(2)対象市場と提供するサービス概要
<原料市場規模>
(ハノイ市近郊(北部)地域の発生量)
リサイクル原料となる廃油の主な回収先はカーディーラー・ガレージ(修理も行
う)
・整備工場・製造工場を想定する。
発生する廃油はベトナム全土で年間約 12 万トンと推測されている。このうちエン
ジンオイルは約 7.2 万トン、工業系廃油(油圧油等)約 3.6 万トン、その他(船舶
等)約 1.2 万トンと推測されている。また北部で発生する廃油は年間約 5 万トンと
推測されている。このうちエンジンオイルは約 3 万トン、工業系廃油(油圧油等)
約 1.5 万トン、その他(船舶等)約 0.5 万トンと推測されている。
ハノイでは急速なモータリゼーションが進みオートバイの登録台数も 2010 年に
は約 400 万台、乗用車等の 4 輪車両が 35 万台となっている。車両保有率は 67%と
なっている。
17
図表 4.3.2:ハノイ市における車両保有台数の変化
【出典:JICA ホームページより】
<提供サービス概要>
(検討しているリサイクル技術)
ベトナムにおいて現在行われている廃油のリサイクル方法としては、再生グリース
化・再生潤滑油化・再生重油化(直火燃料)などが挙げられる。またアスファルト乳
剤や再生潤滑油(新品と混ぜて再使用)等として市場に流通していることも推測され
ている。これらは大半が事業許可を有しない業者や個人事業者によるものと見られて
いる。今後の法規制によって正常な市場へ移行すると想定した場合の提供サービスを
前提と考えている。
業採算性等の観点から考えると、再生重油と再生グリースへのリサイクルが有望と
考えられる。但しハノイ近郊において再生重油のニーズ調査が不十分であり、今後軽
油等の燃料の代替燃料と成り得るか継続調査が必要と考える。一方で再生グリースの
基油を廃油から製造することは日本国内技術で対応することは充分可能であると考
える。
18
図表 4.3.3:採用検討技術概要
<販売市場>
製品の供給先は Hung Yen 省内並びにハノイ市を含めた北部地域とする。
<価格設定条件>
事業としては次の 2 点において従来型との価格競争にさらされることとなる。
(廃棄物としての従来型(焼却)に対する新規提案(リサイクル))
図表 4.3.4:現況価格
廃油
廃棄物処理
リサイクル原料として買取り
2,000~3,000 VND/kg
1,000~2,000 VND/kg
(11~17 円/kg)
(6~11 円/kg)
(製品としての従来型(バージン価格)に対する新規提案(リサイクル製品価格))
図表 4.3.5:新規提案価格
商品名
グリース
重油
新品製品
再生品
40,000~200,000 VND/kg
15,000~25,000 VND/kg
(222~1,111 円/kg)
(83~139 円/kg)
7,900 VND/kg
4,000~6,000 VND/kg
(44 円/kg)
(22~33 円/kg)
19
以上から、本簡易 FS 上の収入源及び費用は次の通りとする。
・
受入時における原料買取り費用:
2,000VND/kg(11 円/g)
・
リサイクル製品(再生グリース)販売:
25,000VND/kg(139 円/kg)
・
リサイクル製品(再生重油)販売:
6,000VND/kg(33 円/kg)
※想定価格
(3)採用技術・規模
設備規模並びに採用技術のフローを以下の通りと設定する。
<再生重油>
図表 4.3.6:再生重油採用技術フロー
(4)考えられる環境影響と対策
本事業範囲からは、有害廃棄物である廃油からリサイクル可能部分とリサイクル不
可部分が発生する。従って、リサイクル不可能部分の適正処理方法と処理先を担保す
る必要がある。
本調査においてはこれらリサイクル不可能部分(原料廃油の約 10%、本調査におい
ては約 50t/月を想定)をリサイクル工業団地内に設置される予定の有害廃棄物処理設
備や埋立処分場において、適切なマネージメントのもと処理されることによって環境
影響は防止できるものとする。
20
(5)使用するユーティリティー(水、電気、資材、薬品等)、人員
<ユーティリティー>
図表 4.3.7:ユーティリティー
用途
電気
使用量
保管タンク、遠心分離装置
48kW
事務所他
8 時間稼動で計算
10kW(仮定)
3m3/日
水道
燃料
備考
ボイラー燃料
3L/h(25L/日)
*収集運搬は範囲外、製品搬出費用は販売管理費に計上。
廃油リサイクルには加温が必要であることから一般的には重油ボイラー等を熱源
とするが、リサイクル工業団地内では焼却設備等の排熱の利用を行うことで CO2 並び
にコストの削減の可能性がある。
<人員配置>
図表 4.3.8:人員配置
人数
勤務時間
備考
機械オペレーター
3名
8 時間
24 時間の場合は 9 名
技術管理者
1名
8 時間
事務
2名
21
<工場概要>
工場には事務所棟のほか、タンクや遠心分離機などのプラント設備、原料保管庫が
配置される。
また車両搬入場所を考慮し、
全体では約 3,300 ㎡の敷地面積を想定する。
図表 4.3.9:工場平面図案
(6)簡易財務評価
<概要>
廃油リサイクル事業では、再生品として再生重油、再生潤滑油、廃塗料や廃インク
等を原料とした BWF(Biomass Waste Fuel)がある。
ベトナム国ハノイ近郊では再生重油(FIO)、再生潤滑油、再生グリース市場がある
と推測されるが、中でも原料の確保性と取扱い性を考慮し、再生重油と再生グリース
にターゲットを絞って事業検討を実施した。
22
<評価条件>
評価条件として、今回調査を行ったヒアリング情報や一般公開情報を参考として図
表 4.3.10 及び図表 4.3.11 に示す項目に沿って想定評価することとした。
図表 4.3.10:事業前提条件
項目
施設規模
基準条件
6,000トン/年
2,000,000VND/トン(11,000円/ト
受入単価
ン)
収率
90%
5,400トン/年
再生品の量
①再生重油 4,320トン/年
②再生グリース 1,080トン/年
①再生重油 6,000,000VND/トン
(30,000円/トン)
再生品の販売単価
②再生グリース 25,000,000VND/
トン(139,000円/トン)
備考
ハノイ近郊市場の不法市場の16%
1,000~2,000VND/kgの市場があ
る
10%程度残渣があると想定
再生グリースの市場需要により再
生品の比率は変動する
新油7,900VND/kgを鑑み想定
15,000~20,000VND/kg
図表 4.3.11:事業財務評価条件
項目
量(トン/年) 単価(千円) 金額(千円) 備考
設備投資額 設備費
100,000
再生重油販売
4,320
33
142,560 販売比率80%
収入
再生グリース販売
1,080
139
150,120 販売比率20%
受入資源購入費
6,000
14.6
87,600 回収費込
ユーティリティー
37,008 電気、ガス、水等
残渣処理費
600
25
15,000
支出
維持管理費
3,000 設備費の3%
管理費
3,000 上記金額の10%
法人所得税
経常利益の22%
<簡易財務評価のまとめ>
設備投資額を 1 億円と仮定した。この場合、事業の収益を確報するための最低製造
販売量は 6,000 トン/年以上となった。
この数値はハノイ近郊の廃油発生量 5 万トン/年の約 12%のシェアにあたる。既に
合法なリサイクル業者が取り扱っている 1.25 万トンを除くと、不法市場に流通して
いる 3.75 万トンから 16%のシェア獲得が必要である。そのためには既存市場の発生
場所や発生量の詳細把握のほか、販売先の確保の為の調査が更に必要である。
(7)課題と今後について
本年度の調査では、既存の廃油発生量(廃エンジンオイル、廃塗料、廃インク等)
やリサイクル方法(再生グリース)についてヒアリングでの情報収集を通じて、日本
の技術を用いたべトナムでの廃油リサイクル事業の実現可能性があることがわかっ
た。
23
<日本技術で製造した再生品の現地での適性確認>
廃塗料・廃インクとバイオマスを使ったBiomass Waste Fuel (BWF)製造技術を活用
したリサイクル事業に関しては今年度、充分な調査が出来なかったため、今後次のよ
うな調査を行うこととする。

廃塗料・廃インク発生場所・量

既存処理・リサイクル手段並びに価格

バイオマス廃棄物の種類・発生場所・量
なお、日本におけるBWFの事業モデルについて図表4.3.12に記す。
図表 4.3.12:BWF の事業モデル
また今後は再生品の潜在的ユーザーに対して日本の技術を用いた再生品(再生重油、BWF)
が受け入れ可能であるかを確認する為に、既存の再生品市場についても調査を進めることが
不可欠である。
(8)まとめ
上述の通り、2016 年度以降は、①対象廃棄物の既存発生量、発生場所、回収方法、
24
回収コスト精査、②対象物再生品の既存リサイクル方法・処理方法、利用先の確認、
③再生品の受入可能性と市場評価、④事業実施のための関係法律や許認可、等の項目
を継続調査として実施する。
25
4.4
廃家電リサイクル事業
(1)事業概要と市場概況
<事業概要>
本事業では、電子機器の製造過程及び使用後に廃棄される製品について、当該機器
の生産企業と協力して回収し、サイトとなる Hung Yen 省内リサイクル工業団地にお
いて日本の家電リサイクル事業者の指導により、主に手解体により分解することによ
り、素材ごとに付加価値を高めてリサイクル・販売する事業を実施する。
電子機器の適正な回収・処理ルートを構築することにより、現在当地で課題となっ
ている不適正な処理ルート及び不適正な処理フローによる環境汚染や健康被害を回
避し、当地における資源の適正な循環に貢献する。
<市場概況>
(ベトナムにおける電子機器排出状況)
ハノイ市の環境公社であるハノイ URENCO が 2007 年にとりまとめた調査報告書
「THE DEVELOPMENT OF E-WASTE INVENTORY IN VIETNAM」によると、電子機
器廃棄物(以下 E-waste)の発生量は今後、増大することが予測されている。上記調
査報告書に記されている 2020 年時点での排出量予測は、テレビ約 500 万台/年、PC 約
150 万台/年、冷蔵庫約 225 万台、エアコン約 90 万台、洗濯機約 250 万台となってい
る。
また、Ministry of Information and communication が 2012 年に発行した ICT 白書では、
現在 590 万台のパーソナルコンピューター(以下 PC)がベトナムの市場で販売され
ているとしている。またベトナムのインターネット利用者は 4,100 万人に上り、その
うち 67%がラップトップを含む PC ユーザー、29%がスマートフォンユーザー、そし
て 4%程度がタブレットのユーザーであるというデータもある(WeAreSocial’s research
in 2015)。
このように、今後は電子機器の普及に伴う新型機器への買い替え等が予想されるこ
とから、併せて E-waste の増加も予想される。
26
図表 4.4.1:ベトナムにおける E-Waste 発生量予測
【出典:URENCO 「THE DEVELOPMENT OF E-WASTE INVENTORY IN VIETNAM」(2007 年)】
(現在の処理状況)
現在のベトナムにおいては、E-waste は廃棄物というよりも“価値のあるもの”と
して有価で流通しているケースが殆どである。多くの E-waste が中古市場で取引され
るほか、インフォーマルセクターにより回収・分解され、パーツなどが市場で売却さ
れている。
リサイクル技術に関して、現状では E-waste に含まれる鉛・フロンなどの有害廃棄
物が適正に対処されておらず環境への影響・健康被害などのリスクがあることに加え、
リサイクル製品の品質が低いといった指摘がある。また解体後の価値のある金属等は
正式な輸出手続きを取らずに周辺国へ輸出されているケースもあり、その結果ベトナ
ムには価値のない不要な部分が残り、これら廃棄物が適正に処理されず、環境への影
響が懸念されている。
こうしたインフォーマルセクターはベトナムにおけるリサイクルを支えていると
いう側面もあるものの、一方でインフォーマルであるがゆえに、環境対策などの面で
政府や自治体が管理できていないことが問題となっている。
(法制度整備状況)
ベトナムでは事業由来の E-waste は有害廃棄物管理規定等に定められている。また
家庭由来の E-waste については、2016 年に施行される予定の決定 16/2015/QD-TT の中
の一部として、回収・リサイクル等などについて規定される。
(他社の取り組み状況)
決定 16/2015/QD-TT の内容としては、製造者・輸入者の回収について推奨する内
容となっており、義務となっているわけではないものの、日系企業としてはコンプラ
イアンスの観点から何らかの取り組みを報告する方向であることが、各企業へのヒア
リングの中で伺えた。
こうした中、現在ドイツに本社を置く RLG Asia Pacific Pte.が、Hewlett-Packard Asia
27
Pacific Pte. Ltd.及び Apple South Asia Pte. Ltd より委託を受けて、
「ベトナムリサイクル
プラットフォーム」という組織を構築している。この組織は、製造者・輸入者から処
理費を徴収し、回収・リサイクルのサービスを提供する体制を欧州などで構築してお
り、当該システムのベトナムでの適用を進めている。
方法としては回収ボックスを各地に設け、集まったものを製造者の処理基準を満
たす処理業者にて処理を行う、というものである。現在同組織では欧州同様、市民へ
の啓発を通して E-waste を回収ボックスに持ち込んでもらうことを促す試みを行って
いるが、実際はインフォーマルセクターによる E-waste の流通フローの存在が強いこ
とから、今後の取り組みの方向性を検討している。
28
(2)対象市場と提供するサービス概要
<対象市場>
決定 16/2015/QD-TT に定められた廃製品品目の製造販売及び輸入を行う企業を対
象顧客とする。中でも、法令順守意識が高く、適正な処理を求める企業が対象となる。
決定 16/2015/QD-TT では、以下の品目が回収対象となっており、各々の回収開始時
期が定められている。本事業では特に、
“I:バッテリー&電池”及び“II:家庭用・産
業用電気機器及び電子機器”に定められたものを対象として処理を行う。
No.
図表 4.4.2:決定 16/2015/QD-TT に定められた廃製品品目と回収・処理開始時期
廃製品の名称
回収・処理開始時期
I
バッテリー&電池
1
すべての形式の充電器
2016 年 7 月 1 日
2
すべての形式の電池
2016 年 7 月 1 日
II
家庭用・産業用電気機器及び電子機器
1
コンパクトライト、蛍光灯
2016 年 7 月 1 日
2
デスクトップ型・ノート型コンピューター、モニタ、CPU
2016 年 7 月 1 日
3
プリンター、ファックス、スキャナー
2016 年 7 月 1 日
4
カメラ、ビデオカメラ
2016 年 7 月 1 日
5
携帯電話、タブレット
2016 年 7 月 1 日
6
DVD, VCD, CD レコーダー、その他
2016 年 7 月 1 日
7
コピー機
2016 年 7 月 1 日
8
テレビ、冷蔵庫
2016 年 7 月 1 日
9
エアコン、洗濯機
2016 年 7 月 1 日
III
潤滑油
2016 年 7 月 1 日
IV
チューブおよびタイヤ
1
すべての形式のタイヤチューブ
2016 年 7 月 1 日
2
すべての形式のタイヤ
2016 年 7 月 1 日
V
交通乗用車
1
すべての形式のモーターバイク
2018 年 1 月 1 日
2
すべての形式の自動車
2018 年 1 月 1 日
(対象市場規模)
本事業においては、ハノイ市及びリサイクル工業団地建設予定の Hung Yen 省の近隣
において発生する E-waste を対象とする。
ハノイ市の人口は約 700 万人である。また、
ベトナム北部の日系企業が所属するベトナム日本商工会の会員数は 633 社(2016 年 2
29
月)
となっておりその約半数の 300 社が製造業である。そのうち、輸出加工型企業(EPE)
以外の最終製品をベトナム国内に販売している企業は、約 100 社であるとみられる
(JETRO アンケートより)。
<提供サービス概要>
電子機器の製造過程及び使用後に廃棄されるものを各企業と協力し回収し、サイ
トとなる Hung Yen 省内リサイクル工業団地において、ハノイ市を中心とした周辺か
ら回収されたものを、日本の家電リサイクル事業者の指導により、主に手解体により
分解することにより、素材ごとに付加価値を高め、日本などへの輸出を含め、販売す
る。
特に、基盤類については、日本の家電リサイクル事業者に選別方法などに知見の
蓄積があることから、比較的高い値段で買い取りができるものと考えられる。また、
適正な回収・処理ルートを顧客に提供し、随時追跡できるシステムも提供する。
なお、事業評価上では廃家電の種類を問わず、全体の平均として以下の数値を使用
した。

買値(廃家電の仕入れ値)
1 台あたり 300 円

売値
1 台あたり 600 円
基盤
1 台あたり 400 円
【内訳】
その他、金属、プラスチック、等 1 台あたり 200 円
(3)採用技術・規模
<処理フロー>
主な処理フローは図表 4.4.3 の通りを想定している。本事業の範囲としては、①回
収、②解体、③選別、④ ①~③の追跡管理を行う、といった 4 つの活動となる。リ
サイクル工業団地内においては②、③の活動を行う。
廃棄物の処理はサイトが位置するリサイクル工業団地内核施設若しくは
URENCO11 に処理を委託する。
30
図表 4.4.3:E-Waste 処理フロー
<規模>
本検討ではテレビ、PC、冷蔵庫、エアコン等の品目について、合計 15,000 台/月
の処理規模を持つ事業規模である設定した。これはベトナム全体の上記品目排出量の
約 2%にあたる。
ベトナムでは使用済み家電の 80%程度がインフォーマルセクターに流れていると
されるが、現状ではこの流れを変える仕組みが無いことから、本調査では残りの 20%
程度の市場の 10%シェアを狙うことを想定した。
(4)考えられる環境影響と対策
本事業においては、例えばコピー機やプリンターに含まれるトナーインクなど、有
害廃棄物にあたる廃棄物も搬入されることが想定される。また一部破砕機による破砕
を行うことを想定していることから、振動・騒音等が想定される。
振動・騒音対策などは、建設時に適切な対策をとり、外部に影響を与えないように
する。また有害廃棄物については、当リサイクル工業団地内の焼却施設や保管施設等
で適切に処理し、その状況を管理することによって環境影響が発生しないよう努める。
31
(5)使用するユーティリティー(水、電気、資材、薬品等)、人員
<ユーティリティー>
図表 4.4.4:必要なユーティリティー
ユーティリティー
用途
電気
燃料
使用量
破砕機
37Kw×1 台
電気ドリル
0.5Kw×15 台
重機運転用
100ℓ/月
<人員配置>
1 日 8 時間、1 か月 30 日運転とする。2 シフトを組み、交代で勤務することを想定
する。
図表 4.4.5:人員配置計画
勤務場所
役職
人数
事務所
管理・事務処理
2名
現場作業員
リーダー
2名
作業員(手解体・破砕機)
14 名
フォークリフト運転
2名
合計
20 名
(6)事業実施体制案
株式会社市川環境エンジニアリングと、URENCO11 の合弁会社に対し、日系の家電
リサイクル事業者が分別などの技術指導を行うことを想定するが、その他事業参入に
関心のある企業からの投資も検討する。
図表 4.4.6:事業実施体制案
32
(7)工場概要(必要な敷地面積、建屋構造の特徴等)
工場全体としては約 5,000 ㎡を想定する。

事務所棟:50 ㎡

受入ヤード:1,000 ㎡

手解体ライン及び破砕機:1,000 ㎡

解体物ヤード:1,500 ㎡

その他:動線などとして 1,500 ㎡
図表 4.4.7:配置図案
(8)初期投資総額、資金調達案
初期投資額は約 1 億円を想定しており、
事業主体となる合弁企業による自社調達を想定する。
図表 4.4.8:初期投資内訳
内容
詳細
建屋
金額
約 2,000 万円
機械
破砕機・電気ドリル等
約 3,200 万円
重機
フォークリフト等
約
その他資材等
受入什器等
約 1,000 万円
技術指導・システム等
コンサルティングフィー
約 3,000 万円
事務所
約
(9)簡易財務評価
以下の稼働条件で年間の利益を算出した。
33
500 万円
300 万円
図表 4.4.9:廃家電リサイクル事業簡易財務評価
売上
原料
減価償却
人件費
その他
年間(単位:千円)
59,400
29,700
10,000
12,000
2,970
利益
4,730
売上 59,400 千円は 15,000 台/月の廃家電を処理した際の売上で、内訳は次の通り;


基盤:550g/台

他の有価物:全体荷重平均で 110 円/台を想定
基盤販売価格:400 円/kg
また Financial IRR(10 年)は 8%程度となった。ベトナムの市中金利 6.2%程度であ
ることを考慮すると、事業の実現可能性はあるものの、さらに精査が必要であると考
える。
(10)スケジュール案
今後の事業検討スケジュールは下表のとおりとする。
図表 4.4.10:今後のスケジュール案
時期
2016 年 3 月~10 月
2016 年 10 月~2017 年 2 月
2017 年上半期
内容
備考
詳細調査:
・顧客との協議、
・回収量の想定、
・販売先の検討、
・機材/設備ラインの検討、
・回収体制の検討、
・技術提携日本企業との協議、
ライセンス取得準備、
土地・建屋の準備、機材準備
事業開始
(11)まとめと提案/依頼事項
<決定 16/2015/QD-TT への対応の必要性>
多くの企業は決定 16/2015/QD-TT の施行細則の政令に従い、使用済み製品の回収事
業を進めると考えられる。そのため、明確かつ論理的な政令が早急に発行されること
が必要である。
<インフォーマルセクターへの対策の必要性>
インフォーマルセクターが現在の様に高い金額で使用済み製品を買取り、不法な方
法も含めて解体・輸出し続ける限りは、ベトナムの消費者が適正な処理に対する意識
を高める困難であると考えられる。インフォーマルセクターのうち、不適正な処理を
行っている業者に対しては、取締をするなど行政の対応が求められる。
34
<巻末添付資料:廃製品回収・処分に関する通達(案)>
35
4.5
IT 資産処分サービス事業(IT 機器のリユース・リサイクル事業)
(1)事業概要と市場現況
<事業概要>
ベトナムは大きな経済成長を続けており、IT インフラのさらなる充実、ICT 端末の
さらなる普及するなど、ますますの発展が予測されている。ただし、その反面、かつ
て日本が直面したように、不要になった IT 機器や ICT 端末、その他 OA 機器や家電の
処分についての課題が顕在化することが予測される。そこでベトナムにおいても、従
来日本で展開してきた、下図で示すような IT 資産処分サービス事業(IT 機器のリユ
ース・リサイクル事業)を計画することとした。
図表 4.5.1:IT 資産処分サービス事業(IT 機器のリユース・リサイクル事業)
イメージ図
(ベトナム国内で本事業がもたらす社会の変化)
本事業がベトナムで実施されることにより、以下の社会的変化は期待される。
① IT 機器をはじめ今後増えるであろう電子機器の廃棄問題の解決。
② IT 機器などに含まれる機密情報の漏洩などの情報セキュリティの問題の解決。
③ 品質の高い IT 機器のリユースを推進することで IT 機器の普及率の向上を促進。
④ 責任あるプロセスのリサイクルの推進により電子廃棄物による環境汚染の発生
リスクを低減。
⑤ 障がい者がリサイクル事業に参画し活躍できる場を広げる。
36
(2)対象市場と提供するサービス
<市場概況>
“Vietnam Digital landscape update 2013 Sep_2013_Mindshare”
、
“We Are Social’s Guide
to Social, Digital and Mobile in Vietnam (2nd Edition, Oct 2012)”並びに“総務省
平成
27 年度版 情報通信白書”をもとに、各文献に記されているベトナム国内で使用され
ている ICT 端末の普及数量の中間値付近をとり、以下のように推計した。
図表 4.5.2:ベトナム国内の ICT 端末の数量の推測値
① デスクトップパソコ ② ラップトップパソコ ③ インターネット利用
ン
ン
48,255 千台
可能なモバイル端末
28,000 千台
33,361 千台
④ 携帯電話端末
(③除く)
90,372 千台
(*1)Vietnam Digital landscape update 2013 Sep_2013_Mindshare
We Are Social’s Guide to Social, Digital and Mobile in Vietnam (2nd Edition, Oct 2012)
総務省 平成 27 年度版 情報通信白書
(今後想定される、廃棄対象となる ICT 端末の年間排出数量)
図表 4.5.3:ベトナム国内で予測される今後の ICT 端末の年間排出数量
⑤ デスクトップパソコ ⑥ ラップトップパソコ ⑦ インターネット利用
ン
ン
12,000 千台~/年
可能なモバイル端末
7,000 千台~/年
11,120 千台~/年
⑧ 携帯電話端末
(⑦除く)
30,124 千台~/年
ただし上表で予測した数値は最小値であり、経済発展とともに大きく伸長していく
と考える。よって、ベトナムにおいては、これら ICT 端末はもちろん、通信基地にお
ける各インフラ、サーバー、NW 機器、さらには家電などにおいてもリユース・リサイ
クルのエコシステムを整備するニーズが益々高まると予測される。すなわち、IT 資産
処分サービス事業(リユース・リサイクル事業)は、十分な需要があると判断できる。
<提供するサービス>
(IT 資産処分サービスとは?)
① 概要
IT 資産処分サービスは、顧客が IT 機器等の入替え時に従来使用していた IT
機器等の資産を処分する際に、単純に産業廃棄物として処理するのではなく、
リユース・リサイクルを前提として、それら資産を IT 資産処分事業者がデータ
消去作業をした上で買取りをするサービスである。
それら資産を買取った IT 資産処分事業者は、国内外のリユース事業者に卸売
りをするか、リサイクル事業者に素材販売するか、法人や個人に製品販売をす
る。
37
顧客としては、官公庁、リース会社、レンタル会社、大手生保企業、大手広
告代理店等々様々な業種、様々な規模の法人を対象としている。また、顧客と
の接点を拡大するパートナーとしては、上述のような資産を保有する法人と関
係の深い販売事業者や IT 関連事業者やメーカーなどを対象としている。図表
4.5.1 に IT 資産処分サービス事業の概要のイメージ図を示す。
② IT 資産処分サービスを構成するサービスについて
IT 資産処分サービスを構成するサービスは、買取サービス、データ消去サー
ビス、運搬サービス、運搬サービス、卸販売サービス、素材販売サービス、製
品販売サービスなどである。各々の概要について下表に概要を示す。
図表 4.5.3
IT 資産処分サービスを構成するサービス一覧
(IT 資産処分サービス事業のオペレーションについて)
日本で顧客に提供をしている IT 資産処分サービス事業のオペレーションの流れを
図表 4.5.4 に示す。
特徴としては、顧客からの発注(契約)に対して、1 件ごとにユニークな 11 桁の番
号の受注管理番号を発番し、一元管理をしていることにある。また、処分の依頼を受
けた顧客資産の一品毎に受注管理番号に 4 桁の番号を加えた 15 桁のバーコード番号
を発番し、シール化して貼付けること、すべての作業記録を基幹システムにて管理す
ることで、一品毎の処分プロセスを顧客がトラッキングでき、かつ、顧客にエビデン
スを提示できることも特徴と言える。
38
図表 4.5.4:IT 資産処分事業のオペレーション一覧
(IT 資産処分サービス事業のパートナーおよびチャネルについて)
従来の IT 資産処分サービス事業の肝としては、以下のことが挙げられる;
① 多くの資産を有する法人を顧客にすること
② 買取った IT 機器などをできる限り高値でリユース・リサイクルすること
③ 顧客の求める使用と品質を的確に捉えサービスを提案・提供すること
上記①③を実現するにあたっては、多くの資産を有する法人と既存事業において深
い関係を有する販売事業者や IT 関連事業者をパートナーとし、チャネル化していく
ことが重要な戦略となる。同時に②を実現し販売価格をできる限り高値にすることで、
顧客に提案する買取価格をできる限り高くすることができ、顧客満足度を向上させる
ことができるとともに、競争力も高まる。
<IT 資産処分事業の事業モデル>
IT 資産処分事業の事業モデルの概略を下図に示す。
39
図表 4.5.5:IT 資産処分サービス事業(IT 機器のリユース・リサイクル事業)の
事業モデル図
ただし、図表 4.5.5 中に示す価格は、日本でのケース(IT 機器の主要 4 品目である
ノートパソコン、デスクトップパソコン、ネットワーク機器、サーバー)に関する各
平均値である。
(3)採用技術と規模
<データ消去作業>
必要なツールは以下の通りである。全て卓上に収まる。
図表 4.5.6:データ消去ツール一覧
種別
メーカー
製品名
ソフト消去ツール
Blancco
blancco server edition(*2)
磁気消去機器
アドバンスデザイン
MW-15000X(*3)
物理破壊機器
日東造機
CrushBox DB-25(*4)
(*2)メーカーURL:
http://www.blancco.jp/product/blancco5/erasure/index.htm
(*3)メーカーURL:
http://www.soho-jp.com/modules/products/content0340.html
(*4)メーカーURL:
http://www.nittoh.co.jp/ntz3/topics/tp_db25/
<手解体作業>
リサイクル事業の主な技術は手解体作業である。ドライバーなどの工具、ゴーグル
や軍手などの安全具を用意できれば、作業台と保管スペース程度の規模で実施できる。
多くの雇用につながる作業である。
40
図表 4.5.7:手解体例(デスクトップ)
<リファビッシュ作業>
Windows10 などの OS をインストール、必要なドライバーソフトやアプリケーション
ソフトをインストールし、クリーニング、梱包などを実施し、製品化する作業である。
専用のサーバーなどの設備や作業台、クリーニング用品などが必要である。多くの雇
用につながる作業である。
図表 4.5.8:リファビッシュ作業の作業フロー
(4)考えられる環境影響と対策
本事業では特に環境影響が発生しないのが特徴である。
41
(5)使用するユーティリティ
1拠点当たり、35kW~50kW の電気設備が必要である。
(6)工場概要
1 拠点あたり 500 坪の敷地面積と 300 坪の施設が目安である。施設は物理的なセキ
ュリティ、監視カメラ設備などのセキュリティ設備が必要である。
(7)事業実施体制案
今後の FS にもよるが、営業、マネージメント、オペレーションについては現地パー
トナーと連携した体制を想定している。
(8)初期投資総額、資金調達案
1 拠点あたり 1,000 万円程度の初期投資総額を想定。資金調達については今後の FS
で継続的に検討する。
(9)簡易財務評価
日本におけるビジネスモデルは図表 4.5.5 で示したとおりであり、ベトナムは人件
費も日本と比べて安価であるため、ほぼ同様のモデルが成立するものと考えている。
(10)スケジュール案
今後は次の通り検討を進め、早期の事業実現に向ける。
図表 4.5.9:今後のスケジュール案
時期
内容
2016 年
引き続き現地の市場調査および法令や規制についての調査研究
2017 年
現地パートナーの選定と契約の準備、および、事業実現可能性の検証
2018 年
現地パートナーと事業開始
42
4.6
RPF 製造販売事業
(1)事業概要と市場現況
<事業概要>
本事業は、ベトナム社会主義国・ハノイ市近郊を含む北部で発生する廃プラスチッ
クが埋立処分されている現状を鑑み、RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)化技術・ノウハ
ウを導入することで、埋立処分場の延命化を図ることを目的とする。また、製紙工場
など石炭を熱源とするボイラーの多いベトナム北部の状況に鑑み、RPF を利用するこ
とで化石燃料の削減、化石燃料由来の二酸化炭素の削減を通じて同地域の環境改善に
貢献することを目的とするものである。
なお、本事業はリサイクル工業団地計画地の土地使用権を保有することになる
URENCO11 とすでに BCC(事業協力契約)を締結し、RPF 製造販売事業の実証実験
を開始しており RPF の需要家を持っているが、更なる事業の拡大を図るため、本調査
では、
「原料調達」
、
「生産拡大」、
「需要家の開拓」を 3 つの調査項目として位置づけ
調査を実施した。
<市場現況>
(RPF 原料(廃プラスチック)調達可能性)
量について
ハノイ市近郊における廃プラスチックは、大きくは都市ごみに含まれるレジ袋な
どの廃プラスチックと工業団地等の工場から排出される産業廃棄物系の廃プラスチ
ックの 2 種類に分類できる。ハノイ市における都市ごみの量は日量 5,000 トン程度
排出されるため、廃プラスチック量の潜在量も多いことが考えられる(各種データ
では 8%~10%程度、当社実験では 5%程度)
。産業廃棄物系の廃プラスチックに関
しては、マテリアル・リサイクルに利用できるものはすでに有価で売買されており、
マテリアル・リサイクルにまわらないものを RPF 原料とすることを想定している。
現在当社が URENCO11 と行っている BCC においては、現状、近隣の工業団地に
ある日系の古紙再生工場から排出される日量 5~6 トン程度の廃プラスチック(パル
パー粕)を主原料としている。
ボイラーユーザー等に対する市場調査を通じて、従来の化石燃料(主に石炭)か
らバイオマス燃料など石炭代替燃料への移行、若しくは石炭とバイオマス燃料を併
用するボイラーユーザーが増えてきていることがわかった。従って RPF を含めた石
炭代替燃料の需要は既に存在している。
しかし、現在当社が試験的に導入した生産設備ではこれ以上の生産拡大が見込め
ない。このため、生産設備増強の可否を判断する材料を得るために RPF 主原料であ
る廃プラスチック調達に関する調査を実施した。
具体的には現在 URENCO11 にて埋立処分している廃プラスチックの精査を行っ
43
た。これらは工業団地から回収している産業廃棄物系の廃プラスチックと都市ごみ
の中から出てくる廃プラスチックの 2 種類からなり、その中で RPF 製造に比較的適
した廃プラスチックがどの程度存在するかを調査した。
産業廃棄物系の廃プラスチックについては、回収してきたものを RPF 適物と不適
物に選別した。その結果、50t/月程度の RPF 化が可能な廃プラスチックがあること
がわかった(図表 4.6.1、4.6.2 参照)。特に収集運搬事業者である A 社が回収してく
る廃プラスチックの量が一番多く、汚れや水分が共に少ないため、新原料の中では
最も RPF に適していた。
今後は URENCO11 の既存の顧客に加えて、工業団地や製紙会社等から排出される
廃プラスチック量を把握すると共に量を確保できるよう営業活動を継続する。
図表 4.6.1: 産廃系廃プラスチック量
会社名
産業
1 A社 ※排出事業者ではない
廃棄物収集運搬業
2 B社
ガラス製造
3 C社
トイレットペーパー
生理用品
4 D社
精密機器製造・販売
合計
実績値
(t)/月
原料特性
・軟質プラ(フィルム、袋)
33 ・水分=ほぼなし
・状態=未破砕
・軟質プラ(フィルム、袋)
0.5 ・水分=ほぼなし
・状態=未破砕
・軟質プラ(PE)
12.5 ・水分=多い
・状態=未破砕
・軟質プラ(PE)
1.4 ・水分=ほぼなし
・状態=未破砕
47.4
44
想定される処理フロー
製品評価
一次破砕→二次破砕→造粒
○
一次破砕→二次破砕→造粒
○
一次破砕→二次破砕→造粒
△
一次破砕→二次破砕→造粒
◎
図表 4.6.2:産廃系廃プラスチック荷姿
A 社回収廃プラスチック
B 社廃プラスチック
C 社廃プラスチック
D 社廃プラスチック
その他、製紙工場を中心に有価に廻らない廃プラスチックの排出源の調査をした
結果、Ha Nam 省にある製紙会社では、土砂などの汚れがみられるものの、60t/月
あたり排出されていることがわかった。
一方で都市ごみに関しては、URENCO11 が現在 Hung Yen 省内の 9 つの地区にあ
る各回収拠点から収集している約 200t/月(日量 8t)を対象として調査を行った。本
調査では、RPF 向きの軟質プラスチックをどの程度確保できるかに関する実験を行
った。実験では、URENCO11 社敷地内に試験的に設置してあるベトナム製のプラス
チック選別機(トロンメル→風力選別)を用いて、トラック 1 台当たりでどの程度
のプラスチック量の確保ができるかを調査した。
45
図表 4.6.3 試験フロー
図表 4.6.4: 家庭ごみ選別時の様子
コンテナ設置
コンテナ内部
重機にて選別機に投入
風力選別後
試験の結果、1 回目のテストでは 830kg の家庭ごみの投入に対して、得られたプ
46
ラスチック量は 74 ㎏であった(投入量の約 9%)。2 回目のテストでは、3,740kg の
投入量に対して、得たプラスチック量は 132 ㎏であった(投入量の約 3.5%)
。結果
のまとめは下表の通り。
図表 4.6.5:家庭ごみ選別試験結果
平均すると全回収量の 5%程度軟質系プラスチックが確保できることがわかった。
現在、ハノイ市では日量 5,000 トン程度の都市ごみが全量埋立処分されている。そ
のうち、5%程度が廃プラスチックと想定すると、ハノイ市だけでも日量 250 トンの
廃プラスチック潜在量があると言える。また Hung Yen 省にて現在 URENCO11 が収
集している 200t/日の都市ごみには 10t/日の廃プラスチックが含まれていると言える。
質について
URENCO11 が回収する都市ごみ選別試験を通じて、廃プラスチックに付着してい
る水分率は 10%程度と比較的低かったものの、有機物の付着による臭気があった。
この有機分の付着物には塩素も含まれることが想定され、十分な排ガス処理機能を
持たないボイラーにおいては、燃焼した際のダイオキシンの発生確率を高める可能
性がある。
従って、都市ごみからの廃プラスチックを使って RPF を製造する場合は、前処理
として洗浄設備の設置が必要となることが予測される。また洗浄に伴い増加する水
分の除去についても、例えばリサイクル工業団地内で運転予定の焼却施設からの廃
熱を活用して水分を蒸発させるなど、検討の余地がある。
RPF 市場について
ボイラーユーザーをターゲットに現地ボイラー会社等と連携しながら営業活動
及びテスト使用を実施し、販路拡大を検討してきた。必要蒸気圧の維持、黒煙の発
生(不完全燃焼)
、臭気等様々な項目に留意しながら最適な使用方法の検討と提案を
行ってきた。現在は、2 社の既存顧客に加え、新たに Bac Giang 省の製紙会社にお
いてもテスト販売をしている。Hung Yen 省内の飼料工場からも引き合いがあり、テ
スト使用することになっている。
ベトナムのボイラー会社は RPF の燃焼に適したボイラーの開発にも興味を示して
おり、原料の安定調達や品質管理体制を構築できれば、更なる RPF 市場の拡大が見
込まれる。
47
図表 4.6.6: RPF 顧客
<品質管理について>
RPF はベトナム国にとって新しい燃料であり、市場に浸透させるためには石炭代替
燃料として石炭同等の発熱量が求められるだけでなく、ボイラーの腐食、排ガス、臭
気等様々な項目で顧客の理解を得られなければ商品として販売することは困難であ
ることが市場調査を通じてわかった。従って、分析機関を通じて製品の工業分析、元
素分析、燃焼試験等を品質管理にかかわる分析を実施してきた。
現状、ベトナム国内で調達した原料から製造した RPF の品質は水分率を除いては
JIS 規格(JIS Z 7311)における A~B 製品の間となっている。水分率は JIS 規格を若
干上回っている。
今後は原料の多様化により、更なる品質管理が求められることが予測されるため、
前処理等が可能な設備の検討が必要と考える。
(2)対象市場と提供するサービス概要
<対象市場>
RPF は石炭代替燃料となるため、製紙工場や飼料工場等のボイラーユーザーが販売対
象となる。エネルギー価格が相対的に高いベトナムでは石炭価格が上昇傾向にあり、既に
バイオマス燃料等で一部代替している石炭ボイラーユーザーが多数いることを考慮すると、
48
石炭同等のカロリーを持つ RPF のニーズは高いと言える。
また、ベトナム北部には製紙工場が多く、また CO2 排出削減等、環境への関心を持つ石
炭ボイラーユーザーもいることから、環境負荷低減の観点からもニーズがあると言える。
サービス概要
本事業の提供するサービスは、現状マテリアル・リサイクルに回らない廃プラスチ
ックを破砕、造粒工程を経て燃料化し、製紙工場など熱源を必要とするボイラーユー
ザーに供給するものである。
49
図表 4.6.7: RPF 事業イメージ
(3)利用技術・規模
処理対象は工業団地等から排出される PVC を含まないプラスチック及び紙、木くず
とする。また、現状では造粒機能力に対する破砕機能力が小さい事が生産量拡大のボ
トルネックとなっているため、既存の設備に現状よりも処理能力の高い新規の破砕機
を導入(増設)することを想定する。また、廃プラスチックの破砕に関して、本調査
を通じて原料である廃プラスチックには粗破砕不要な物とフィルムのような粗破砕
が必要な物の 2 種類があることが判明している。そのため、新しい設備においては、
粗破砕が必要な廃プラスチックは切断アタッチメント付きホイール・ローダーにて粗
破砕後、一軸式破砕機に投入することとする。粗破砕を必要としない廃プラスチック
については、そのまま一軸式破砕機投入する。一軸式破砕機の処理能力は既存設備と
の合計で、現在の 2 倍の処理能力が得られることを想定する。これにより、現在より
も効率よく処理量及び RPF の生産量を上げることができると考える。
図表 4.6.8:RPF(再生燃料)フロー
50
(4)考えられる環境影響と対策
RPF 設備の処理工程には破砕と造粒の 2 つがあるが、いずれの処理工程においても
環境に重大な影響を与える要素はないと考える。
但し、RPF の主原料である廃プラスチックに関しては生産拡大に伴い取り扱う品種
が多様化すれば、有害大気汚染物質の原因となる塩素を含む PVC が混入してくる可能
性がある。これに関しては、現場にて簡易 PVC 検査を実施すると共に、分析機関にお
いて原料や RPF 製品を定期的に分析し、製造工程に混入させない仕組みを構築する。
(5)使用するユーティリティー
<ユーティリティー>
図表 4.6.9:使用ユーティリティー
用途
使用量
備考
電気
自家消費電力
8000kw/日
水道
造粒機内散水
20ℓ/日
燃料
重機用軽油
20ℓ/日
16H 稼働で計算
(フォークリフト、ホ
イール・ローダー)
<人員>
図表 4.6.10:人員配置
人数
勤務時間
作業スタッフ(原料投入、重機運転)
10
8H
技術管理者
1
8H
備考
2 シフト
(6)工場概要
設備の増強に際して、これまでの設備を設置していた URENCO11 の既存敷地内
(1,400m2 相当)から、Phase II の新規エリアに移設するものとする。敷地面積は 1904
㎡(≒56m×34m)を想定する。建屋には RPF 化設備一式のほか、RPF 原料(廃プラス
チック)保管ヤード、RPF ヤードの設置を想定する。
51
図表 4.6.11:URENCO11 内 RPF 設備エリア及び移設エリア
52
図表 4.6.12:設備増強後後設備図面
(7)事業性評価
設定条件を廃プラスチック処理量 24 トン/日、RPF 生産量 20 トン/日、稼働日数 300
日/年、運営人員 12 名とし、減価償却 12 年とした。
本調査では破砕機能力を増強した際に、①設備資金補助がない場合と②設備資金補
助が 2/3 の場合の 2 ケースで試算した。
現状の市況を考慮し、廃プラスチック処理費 0.8 円/kg、RPF 販売単価 7 円/kg とし
たところ、①の場合の IRR は 11%、②の場合の IRR は 45%となり、比較対象となる
ベトナムの国内預金金利状況(6%~7%を推移)を鑑みると、補助が必要である。ま
た、設備投資補助がある場合とない場合とでは、利益率も 10%程度異なるため、設備
補助が有効と考える。補助が得られない場合においては、RPF の販売価格を上げられ
ない状況であれば投資を見合わせる可能性が高い。
53
図表 4.6.13: 設備資金補助なし
図表 4.6.14:設備資金補助あり(2/3 補助)の場合
中間処理技術が発展途上のベトナムにおいては現在、処理能力が時間当たり 1 トン
を超える大きな破砕機はないことから、生産効率を上げて収益を得るには日本の技術
と機械が必要となる。この試算結果を踏まえて、本事業は化石燃料由来の燃料を製造
販売するものの、単位当たりの CO2 排出量は石炭と比べて小さくなることから、JCM
関連補助金等、日本の設備資金補助の可能性を今後検討する。
(8)スケジュール案
<2016 年度~>
・RPF 原料調達に関する継続調査
・RPF 顧客確保に向けた営業活動の継続
・設備移設及び能力増強に関する詳細計画の検討及び立案
・日本政府の設備補助の検討
・設備増強実施
(9)まとめと提案
ベトナムではマテリアル・リサイクルに廻らない廃プラスチックが大量に埋立処分
されており、これも原因の一つとして処分場が逼迫しているのが現状である。このこ
とを考慮すると、未利用エネルギーである廃プラスチックを RPF(燃料)化すること
は、埋立処分場の延命効果だけでなく、石炭消費による CO2 削減といった環境負荷
54
低減にも寄与することができると考える。
しかし、現状では RPF はベトナムの市場で認知されておらず、その付加価値を証明
するには天然資源環境省(MONRE)などの政府の支援が必要である。ベトナム政府
がリサイクル率の向上をターゲットにリサイクル品購入に対するインセンティブを
与えれば、RPF も円滑に普及していくものと考える。従って、官民一体となってリサ
イクル率向上に対する支援を進めていくことが我が国静脈産業の海外展開に重要な
要素であるのであると考える。
55
4.7
建設解体廃棄物リサイクル事業
(1) 事業概要と市場現況
<事業概要>
建設解体廃棄物のうち、重量・容積共に 95%以上を占めると考えられている“レン
ガ+モルタル交じりの建設廃材”をターゲットとして、破砕・粒度調整を行い路盤下
材相当の再生砕石”を製造する。また、この再生砕石を道路資材だけでなく、今後非
焼成レンガ(コンクリートブロック、タイル)等の原料とするなど各種リサイクル製
品の原料とすることを検討する。
サイトとなる Hung Yen 省内リサイクル工業団地においては、ハノイ市を中心とし
た建設解体現場から建設廃材を有償で受入れ、不純物除去・破砕・粒度調整を行って
“再生原料”を製造する。再生砕石はその後路盤下材として道路資材供給会社に販売
或いは建設現場に直接販売するほか、一部は URENCO11 が保有する非焼成レンガ製
造ラインにて非焼成レンガを製造し、建設資材として建設現場に販売することも検討
する。不純物は有価物回収後、無害・有害を確認したうえでリサイクル工業団地内の
埋立処分場に廃棄或いは廃棄物焼却処理設備にて処理する。
当初は 700m3/日受け入れ規模のモデルプラントを日本政府支援等で実施し、品質基
準やリサイクル製品普及支援策が整ったところで民間による投資を行う。
事業形態としてはハノイ市内の主要解体事業者並びに URENCO11 と JV を組むことで
原料確保を行う一方で道路資材供給会社並びに非焼成性レンガ製造販売会社と提携
或いは JV を組むことによって販売ルートの確保を行う。
なお、本調査はハノイ市の廃棄物マスタープランにある今後増大すると予測されて
いる建設解体廃棄物へ対処ニーズに対して、現在最も本事業に近い位置にある建設物
解体事業者のへのヒアリング調査並びに関連文献調査を通じて提案事業のベースと
なる市場分析を行った。そのうえで日本の知見に基づき簡易事業計画を立案し、算出
されたリサイクル製品(再背原料)の限界原価に対するハノイ市周辺におけるバージ
ン原料価格との比較を行い、事業化の可能性を評価した。
<市場現況>
(ハノイ市及び周辺の建設廃棄物の現状)
ハノイ市では近年の都市開発、インフラ整備の推進に伴い、解体・新築工事から発
生する建設廃棄物量が増加傾向にある。特に 1960 年~1970 年代の建物の解体が増加
している。時期によって搬入量に変動がある(工事が減少する雨季は搬入量が減る)
ものの、現在日量 2,300t~3,200t(生活廃棄物発生量の 20%~40%)の建設廃棄物が
発生していると推測されるが、実態は数倍有るとも予想されている。
建設廃棄物の発生状況については、廃レンガ、コンクリートガラ等が主体であり、
その他、スクラップ(鉄)
、アルミ、塩ビ管等が発生すると推測される。スクラップ、
アルミ、塩ビ管については、有価物としての市場が形成されており、再資源化されて
56
いる。ハノイ市が委託して運営されている建設解体廃棄物用の埋立処分場は、現在 3
か所ある。搬入時に混入している少量の可燃物については処分場内で燃やしている。
また、処分場に受入条件等は特にないが、有害系の廃棄物等については受入を拒否す
ることがある。
建設廃棄物の解体は、建設業の許可を有する事業者が行うことが原則で、中でも解
体専業に行っている企業があり、こうした解体業者は主要ゼネコンと連携を組んで事
業展開をしている。建設廃棄物の収集運搬は解体事業者が保有する一般的なダンプト
ラックが利用されるほか、特段許可が必要ないことから個人・法人の運搬者に依頼す
ることもある。不法投棄や小規模住宅における建設解体廃棄物についてはハノイ市環
境公社等、ハノイ市が指定した業者が行う。現場からの解体廃棄物回収は交通量の少
ない夜間に行われている。
レンガ、コンクリートガラ等については、一部埋め戻し材や道路下層材に利用され
ている以外ほとんど再資源化されておらず、その多くは Hung Yen 省などの沼地や、
ハノイ市郊外の最終処分場で埋立処分されているか、市内の空き地等に残置されてい
る。将来的にはこれらを対象とした再資源化手法の確立が課題となると思われる。
図表 4.7.1:ハノイ市の建設廃棄物フロー
【出典:2012 年ハノイ市廃棄物マスタープラン情報より調査団作成】
(建設廃棄物の組成)
解体される建物は低層かつ 1960 年代の古い建物が多い。これらの建物の多くは、
壁材にレンガを使用し、レンガの外側をモルタルで固めている構造である。また基礎
や柱はコンクリート構造であり、レンガ及びコンクリートガラが建設廃棄物の大半を
占めている。
57
図表 4.7.2:ベトナムにおける建設廃棄物の組成
【出典:Vietnam Institute of Building Materials(2010 年)】
スクラップ、アルミ、塩ビ等の有価物になるものは、少量ではあるが徹底的に分別
されている。各品目の売値は概ね下記の通りである。
図表 4.7.3:ハノイ近郊における有価物の販売価格
品目
価格(円/t)※
鉄
約 30,000
アルミニウム
約 125,000
ポリ塩化ビニル(塩ビ)
約 25,000
※価格は市況により変動する。
有害廃棄物についてはアスベストを含むボード等が一部見られた。現状排出源での
分別は有価物を回収することで成り立っており、有害廃棄物が事業側に流入するリス
クがあるほか、現状リサイクルされている解体材料が経済成長に伴い有価物として扱
われなくなることを見据える必要もある。
(2)対象市場と提供するサービス概要
<対象市場>
原料となる建設廃棄物はサイトである Hung Yen 省内からも回収されるが、主な回
収先は埋立処分場が不足しているハノイ市内を想定する。また製品の供給先は Hung
Yen 省内並びにハノイ市を含めた北部地域とする。
(原料市場規模)
時期によって搬入量に変動がある(工事が減少する雨季は搬入量が減る)ものの、
現在日量 2,300t~3,200t(生活廃棄物発生量の 20%~40%)の建設廃棄物が発生して
いると推測されるが、実態は数倍有るとも予想されている。
58
<建設資材需要>
ハノイ市マスタープランに基づいてハノイ市人民委員会建設局は今後の建設資材
市場を下表の通り予測している。本事業で製造される再生原料が参入できる資材市場
の伸びはいずれも大きい。
図表 4.7.4:ハノイ市建材需要予測
2015
資材
単位
量
1
セメント
1,000t
7,250
2
ブロック
百万個
3
屋根材
4
2020
成長率
量
成長率
9-11
10,880
6-10
4,540
5-7
6,760
4-7
1,000 ㎡
20,739
5-7
26,652
4-7
建設用石・砕石
1,000 ㎥
16,614
5-7
22,415
4-7
5
砂
1,000 ㎥
15,920
5-7
23,430
4-7
6
表面/舗装石
1,000 ㎡
32,200
9-11
48,350
6-10
7
衛生陶器
1,000 個
3,274
9 -11
64,375
6-10
8
ガラス
1,000 ㎡
13,200
9 - 11
19,900
6-10
%/年
%/年
【出典:ハノイ市人民委員会建設局
(再生砕石(製品製造)市場規模)
解体現場から発生する廃棄物のうち発生量が多いのがコンクリートガラ及びレン
ガくずである。これらは複合物として建材に使用されているため、各々の分別は困難
である。そのためコンクリートガラ及びレンガくずが混在した状態での再資源化検討
を行う必要性がある。
再生砕石への再資源化については、レンガが混在し強度が得られないため、表層路
盤材等への利用は品質の観点から困難であると推測される。そのため、杭抜き工事時
の埋戻し、路床への利用、土管の埋設クッション等、砂品としての再資源化を検討す
る必要がある。
(非焼成レンガ(原料製造 or 製品製造)市場規模)
ベトナムでは、環境施策の一環で、非焼成レンガ(コンクリートブロック)の使用
を推進していく予定であり、具体的な公共工事での使用割合目標も明示されている。
こうしたことから、非焼成レンガの需要は高まり、当該市場は拡大していくと推測さ
れる。
現地調査で訪問した非焼成レンガを製造・販売している工場も生産量が徐々に増加
傾向にある。
59
<提供サービス概要>
建設解体廃棄物のうち、重量・容積共に 95%以上を占めると考えられている“レン
ガ+モルタル交じりの建設廃材”をターゲットとして、破砕・粒度調整を行い、再生
砕石を製造するリサイクル事業を実施する。また一部で、非焼成レンガ(コンクリー
トブロック、タイル等)の製造も試みる。
図表 4.7.5:再資源化事業の検討案
対象廃棄物
コンクリートガラ+レンガくず
再資源化方法
製造方法及びコスト※1
再生砕石
市場性
品質
要検討
要検討(砂品限る)
◎
粒度、組成
受入基準の明確化が必要
非焼成レンガ
(コンクリートブロック)
※1:基本的には粉砕し、粒度調整を想定。
※2:上記の評価は、ヒアリング等を基に主観的に判断したものである。
コンクリートガラ+レンガくず
(サービスの流れ、事業範囲)
本事業におけるサービスの流れは図表 4.7.6 の通り。JV としての事業範囲は原則と
して、①建設廃棄物の受け入れ、②リサイクル(製品製造)、③製品販売のプロセス
と仮定する。
図表 4.7.6:サービスフローと事業範囲
(価格設定条件)
事業としては次の 2 点において従来型との価格競争にさらされることとなる。
1)廃棄物としての従来型(埋立処分費用)に対する新規提案(リサイクル費用)
2)製品としての従来型(バージン原料価格)に対する新規提案(リサイクル製品価
格)
60
図表 4.7.7:価格競争の発生ポイント
図表 4.7.8:現状の各種原材料バージン価格
原材料
単位
3
単価
3
埋立処分
VND/m (<500m )
VND/m3
(<500m3, >1,000m3)
22,199
砂
VND/m3
300,000
砂利
VND/m3
290,000
非焼成レンガ
円/個(700 個/m3)
4.5~8.5
15,574
備考
Refer to tipping fee Decree
510/QD-UBND of HPC (Jan,
2015)
For virgin material (as of
June,2015)
For virgin material(as of
June,2015)
ヒアリング結果
従って、本検討上の収入源は次の通りとする。

受入時における処理費:
22,200 VND/m3


リサイクル製品(再生砕石)販売:
250,000 VND/m3
リサイクル製品(非焼成ブロック)販売: 568,890 VND/m3
(4.5 円/個、1 ㎥当たり 700 個と想定)
(3)採用技術・規模
設備規模並びに採用技術のシステムフローを以下の通りと設定する。
図表 4.7.9:設備規模・条件
内容
仮定条件
備考
対象物
施設規模
製品
使用先
混合解体廃棄物
3
700 m /日
再生砕石
建設現場
そのままでは使い辛い
規格・仕様
直径<50 mm
仮の数値
61
図表 4.7.10:システムフロー
(4)考えられる環境影響と対策
本事業範囲からはリサイクル不適物を除去することとなり、その適正処理が求めら
れる。また一部有害性のある廃棄物の流入がある可能性も否定できないため、作業環
境に留意し、これら有害廃棄物の実態把握と適正処理を行う必要がある。
リサイクル工業団地内には有害廃棄物処理設備や埋立処分場が整備されることか
ら、適切なマネージメントのもと運営されることによって環境影響は防止できるもの
とする。
(5)使用するユーティリティー(水、電気、資材、薬品等)、人員
<ユーティリティー>
図表 4.7.11:ユーティリティー一覧
用途
電気
破砕・分級装置
事務所他
130kW
10kW(仮定)
20m3/日
水道
燃料
使用量
重機動力
40L/h(320L/日)
*収集運搬は範囲外、製品搬出費用は販売管理費に計上。
62
備考
<人員>
図表 4.7.12:人員配置一覧
役割
詳細
人員
管理者
備考
1
現場作業員
重機取扱い
1
その他作業
3
(6)工場概要(必要な敷地面積、建屋構造の特徴等)
工場は以下の構成とする;

事務棟(200m2 程度)
、

粒度調整プラント区画(6000m2)
、

レンガ製造プラント区画(400m2)
、

原料貯留・製品養生/貯留区画(2000m2)
なお、主要区画である粒度調整プラントの平面プランは図表 4.7.13 の通り。
図表 4.7.13:粒度調整プラント平面図
63
(7)事業実施体制案
従来の建設廃棄物収集運搬処理フローの中にリサイクル事業を組み込み、混乱を防
ぐ。
図表 4.7.14:事業実施体制案
排出源
収集運搬
埋立処分場
作業
大型解体現場
解体業者
URENCO11 を含む
小型解体現場
URENCO 11 等
リサイクル工業
リサイクル
(新会社)
団地事業会社
埋立処分
不法投棄物
販売
(新会社)
(8)初期投資総額、資金調達案
初期投資額は以下の通りを想定する。
図表 4.7.15:700m3/日規模工場・初期投資額
内容
単価
破砕機
設備
2
14,400
900
Mil. VND/set
1
900
2,700
Mil. VND/set
1
2,700
小計
18,000
9.0
外回り
重機類
金額
Mil. VND/set
建屋
建設
数量
7,200
篩
コンベヤ類
単位
5.4
Mil. VND/m
2
2,000
18,000
Mil. VND/m
2
4,000
21,600
小計
39,600
バックホー
2,700
Mil. VND/set
1
2,700
ホイール・ローダー
2,700
Mil. VND/set
2
5,400
小計
8,100
初期投資額 (mil. VND)
65,700
(9)簡易財務評価
次の条件に基づいて簡易財務評価を行ったところ IRR が 43%となり、事業性が期待
できることがわかった。

上記(8)の初期投資に 1 年分の費用を運転資金として加えた
66,702 百万 VND を自己資金 100%で調達。

年間 300 日、一日 8 時間稼働

製品販売比率:再生原料 90%、非焼成ブロック 10%
64
図表 4.7.16:簡易財務評価結果
予測損益計算書
(単位 1,000VND)
能力100%
80%
0年目
[収入]
廃棄物処理費
再生原料販売
非焼成ブロック販売費
合計
[支出]
原料調達費(セメント)
人件費
社会保障費
電気代
水道代
減価償却費
合計
売上総利益
販売費一般管理費
営業利益
支払利息
税引き前純利益
法人税
当期純利益
予測CF
(現金収入)
当期純利益
長期借入金
自己資本
小計
1年目
100%
2年目
100%
3年目
100%
4年目
100%
5年目
100%
6年目
100%
7年目
100%
8年目
100%
9年目
100%
10年目
4,620,000
37,800,000
13,667,013
3696000
30240000
10,933,611
44,869,611
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
4,620,000
37800000
13,667,013
56,087,013
10,080,000
8,064,000
500,500
125,125
348,096
28,800
13,140,000
22,206,521
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
13140000
24,316,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
13140000
24,316,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
13140000
24,316,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
13140000
24,316,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
0
11,176,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
0
11,176,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
0
11,176,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
0
11,176,745
10,080,000
500,500
125,125
435,120
36,000
0
11,176,745
22,663,090
6,730,442
15,932,648
31,770,268
8,413,052
23,357,216
31,770,268
8,413,052
23,357,216
31,770,268
8,413,052
23,357,216
31,770,268
8,413,052
23,357,216
44,910,268
8,413,052
36,497,216
44,910,268
8,413,052
36,497,216
44,910,268
8,413,052
36,497,216
44,910,268
8,413,052
36,497,216
44,910,268
8,413,052
36,497,216
15,932,648
3,186,530
12,746,118
23,357,216
4,671,443
18,685,773
23,357,216
4,671,443
18,685,773
23,357,216
4,671,443
18,685,773
23,357,216
4,671,443
18,685,773
36,497,216
7,299,443
29,197,773
36,497,216
7,299,443
29,197,773
36,497,216
7,299,443
29,197,773
36,497,216
7,299,443
29,197,773
36,497,216
7,299,443
29,197,773
12,746,118 18685773.08 18685773.08 18685773.08 18685773.08 29197773.08 29197773.08 29197773.08 29197773.08
0
0
29197773.08
435120
36000
20%
0%
100%
0
0
66,702,521
66,702,521
(現金支出)
固定資産の増減
65,700,000
運転資金の増減
1,002,521
長期借入金の返済(元金均等払いに基づく)
小計
66,702,521
合計
0
累積
0
IRR
25,886,118
31,825,773
31,825,773
31,825,773
31,825,773
29,197,773
29,197,773
29,197,773
29,197,773
29,197,773
0
0
25,886,118
25,886,118
0
0
31,825,773
57,711,892
0
0
31,825,773
89,537,665
0
0
31,825,773
121,363,438
0
0
31,825,773
153,189,211
0
0
29,197,773
182,386,984
0
0
29,197,773
211,584,757
0
0
29,197,773
240,782,530
0
0
29,197,773
269,980,303
0
0
29,197,773
299,178,076
43%
(10)スケジュール案
建設廃棄物リサイクル事業については規格作りや市場への認知等、本格的な事業化
に向けて準備が必要である。この準備期間は日本政府による政府開発援助等との連携
を行いながら進めるべきであると考え、以下のような内容とスケジュールでのアプロ
ーチを考えている。
図表 4.7.17:今後のスケジュール
時期
2016 年度~2017 年度
内容

リサイクル原料の製造・品質評価・試験利用を行うために、日本政
府の支援(JICA 中小企業普及実証事業等)を得て民間主導で本提案
規模のモデル事業をフンエン省で実施する(~2018 年)。

同時に JICA が現在行っている技術協力プロジェクト(ベトナム国
都市廃棄物総合管理能力向上プロジェクト)等を通じて、現地政府
に対してリサイクル製品の品質基準作り、リサイクル製品の利用に
対する支援策構築をすすめる。
2018 年度~

品質基準、リサイクル製品利用促進策が構築される。

モデルプロジェクトで設置したフンエン省プラント(ハノイ市南東
部)に加え、ハノイ市北部・西部にも同様のプラントを設置運営す
る JV を設立し、事業を拡大する。
65
4.8
医療廃棄物、有害廃棄物、PCB の熱処理事業
(1)事業概要、定義と市場概況
<事業概要>
本調査では、“iTask”が持つ日本の高度で安全な有害廃棄物処理技術をベトナム国
へ導入し、衛生面の向上を目指すと共に、両国にとって価値のあるビジネス市場開拓
の可能性を検討した。
対象地域となっているハノイ近郊の廃棄物管理に関して、60 年以上の経験を持つ
URENCO Hanoi、その傘下にあり Hung Yen 工業団地にて廃棄物処理施設を運営して
いる URENCO11 の協力を得て調査を進め、医療系有害廃棄物処理施設や医療施設で
の廃棄物管理等の状況確認とともに、将来の URENCO11 のフェーズ 2 開発計画(後述)
にある有害固形廃棄物(有害産業廃棄物、医療系有害廃棄物)の焼却処理事業に関する
技術導入と事業性について調査した。
(医療廃棄物、有害廃棄物の定義)
ベトナムでは、環境保護法「Laws on Environmental Protection」の中で「廃棄物」を
「日常生活、生産工程、サービス、その他の活動から廃棄された物質」で「固体、気
体、液体の形態をとる」と定義している。また、有害廃棄物は、「毒性、放射性、可
燃性、感染性、中毒性等を含む物質」として定義され、有害廃棄物は有害産業廃棄物
と医療系有害廃棄物の 2 種類に区分されている。
医療廃棄物の定義
医療系有害廃棄物の種類と定義は、人体の治療や予防行為からの排出物、動物治療
からの排出物、人体・動物の治療に使用される医療機器の 3 種類に区分されている。
さらに細分化したものは既に施行されている首相決定「Decision 43/2007/QD-BYT」を
基に定められている。医療廃棄物の詳細な分類を図表 4.8.1 に示しており、このうち
一般廃棄物以外は医療系有害廃棄物にあたる。
66
図表 4.8.1:首相決定「Decision 43/2007/QD-BYT」で定義された医療廃棄物
医療廃棄物の種類
感染性廃棄物
Contagious Waste
有害化学廃棄物
Hazardous Chemical Waste
放射性廃棄物
Radioactive Waste
耐圧容器
Pressure Containers
一般廃棄物
General Waste
各種類のタイプ
タイプ A:注射針、チューブ、メス、ガラス等の医療現場から排出される
鋭利なものや先端があるもの
タイプ B:鋭利ではないが、隔離病棟から排出される血液や体液が付着し
たもの
タイプ C:ラボから排出される綿棒やその容器等の感染性の高いもの
タイプ D:手術・治療時に排出された人体や実験動物の細胞、臓器等
タイプ A:期限切れや低品質が理由で使用できない薬品
タイプ B:医療現場で使用される有害化学物質
タイプ C:化学治療を受けている患者から内密に取り出された物質や、薬
品汚染されている細胞等が扱った薬瓶、容器、機材
タイプ D:重金属を含んだ廃棄物:水銀(壊れた温度計、血圧計、歯の治
療から排出する廃棄物)、カドミニウム(電池からの排出)、導線
セラピー、リサーチ、生産工程で排出される固形、液体、ガス状の放射性
廃棄物
酸素、二酸化炭素、ガスシリンダー等、火に投入した際に火災や爆発を起
こすおそれのあるもの
タイプ A:病床から排出される廃棄物
タイプ B:ガラス瓶、容器、血清容器、プラスチック材、血液・体液・有
害化学物質に汚染されていない骨等の医療現場から排出される廃棄物
タイプ C:事務現場から排出される、紙、新聞、書類、梱包材、段ボール
箱、プラスチック袋、フィルム袋等の廃棄物
タイプ D:外部からの廃棄物:落ち葉や外部から排出される廃棄物
【出典:首相決定「Decision 43/2007/QD-BYT」を基に作成】
有害廃棄物の定義
有害産業廃棄物の種類とその定義は、MONRE 通達「Decision 36/2015/TT-BTNMT」
に定められており、廃酸、重金属含有廃棄物、汚泥、電池および蓄電池、塗料、建設
廃材などの区分がある。
<市場概況>
(医療廃棄物市場)
ベトナム国の人口は、2014 年時点で 9,073 万人、人口増加率は 2006 年から毎年 1%
で推移しており、今後も増加傾向にある。医療施設から排出される有害廃棄物発生量
も増加しており、衛生面での国民の安全確保が急務となっている。
医療廃棄物発生量に関しては、ベトナム国内の医療施設から排出される医療廃棄物
が、1997~2010 年の期間で毎年 2%ずつ増加してきたことが確認されている。また、
ハノイ近郊の医療廃棄物発生量は、人口の急激な増加に伴い今後 2 倍程度増加すると
みられている。具体的には、2010 年から 2020 年にかけて 1.7 倍増加、そのうち医療
系有害廃棄物は 1.4 倍増加し、2030 年までにはそれぞれ 2.6 倍増加、2.0 倍増加すると
予測されている。実際に、本調査で訪問した URENCO11 の取引先の各医療施設にお
いても、現在、常に病床稼働率 100%の状態であり、増床計画が進められていた。こ
のように今後も人口増により、医療系有害廃棄物の発生量は増加していくことが推測
できる。
67
(有害廃棄物市場)
世界銀行が 2004 年に発表した「Vietnam Environment Monitor」では、2003 年に、ベ
トナム国内で発生している廃棄物は、都市ごみ 1,280 万トン、非有害産業廃棄物 251
万トン、有害産業廃棄物 12.8 万トン、医療系有害廃棄物 2.1 万トンで、合計 1,546 万
トンの廃棄物が発生したと報告されている。世界銀行は、2004 年の有害廃棄物発生量
は、産業廃棄物発生量 220 万トンの 6%にあたる 13 万トン程度であるため、2010 年
における有害産業廃棄物は、産業廃棄物 320 万トンのうち 15%にあたる 50 万トンと
予測している。
環境省は「海外の環境産業市場規模の推計」の中で、GDP と環境ビジネス市場規模
の相関が強く、GDP を根拠に推計することは一定程度有用であると述べている。また、
世界銀行も GDP と産業廃棄物発生量が比例関係にあると述べており、上述の廃棄物
発生量データと GDP 推移を基に今後の市場展望を推測している。したがって、本調
査においても世界銀行データと GDP 成長率を基に GDP と有害産業廃棄物発生量を算
出した(図 2.4.参照)。今後も GDP 成長と共に有害産業廃棄物発生量が増加していくこ
とが推測できる。
このほか、今まで埋立処理場に蓄積された有害廃棄物や現在も適切に処理されずに
排出し続ける有害廃棄物を無害化し、適切に燃焼・再利用・リサイクルする必要もあ
ることから、最先端の技術の導入が不可欠になるものと推測される。
図表 4.8.2: GDP 額と有害産業廃棄物発生量の関係と推移
【出典:世界銀行「Vietnam Environment Monitor」を基に作成】
また、2014 年 11 月に MONRE (Ministry of Natural Resources and Environment : 天
然環境資源省)が発表した報告書「ベトナムの環境中ダイオキシン汚染の現状」では、
有害廃棄物の焼却炉から排出された大気や排水に最も多くのダイオキシン類化合物
が含まれていることが指摘されている。これは小規模で古い焼却技術に由来した問題
であり、有害廃棄物の適正処理に対する技術導入が期待されている。
68
(URENCO11 が処理している有害廃棄物の既存市場概況)
現在 URENCO11 で処理されている廃棄物処理量は有害廃棄物が 30 トンであり、有
害廃棄物のうち医療系有害廃棄物が 0.7 トン/日、液体廃棄物が 100 ㎥/日である。
有害産業廃棄物は、事業採算性の問題はあるものの Province(州)境の制限なく収
集可能である。一方、医療系有害廃棄物は、Hung Yen 省の他、Vinh Phuc 省、Ha Nam
省、Ha Noi 省、Thai Binh 省、Quang Ninh 省からの収集に限定される。
URENCO11 が所有している有害廃棄物の処理ライセンスは、汚泥、有害化学物質、
塗料、廃油、重金属、廃酸、洗浄剤等がある。医療系有害廃棄物処理に関しても所有
しており、固形の汚染物処理(Waste containing contaminants)及び中毒性のある薬品
を帯びた細胞(Cell poisoning pharmaceuticals)の焼却処理を許可されている。
処理施設は、2008 年にフェーズ 1 の開発計画が完成し、10 トン/日の処理能力を持
った有害固形廃棄物焼却炉(バッチ炉)及び 1 ㎥/日容量の有害液体処理施設、固形廃
棄物処理施設が稼働している。現在、フェーズ 2 の開発計画が検討されており、200
トン〜250 トン/日の処理能力を持った一般廃棄物処理施設と 30 トン〜50 トン/日の処
理能力の有害固形廃棄物処理施設の建設も含まれている。現在、URENCO11 で定め
ている医療系有害廃棄物の処理価格は約 500USD/トンであり、その他の固形廃棄物は、
約 50〜100USD/トンである。
(2)採用技術・規模
処理対象とする廃棄物を医療系有害廃棄物と近郊の工業団地から発生する有害産業
廃棄物とする。また、Hung Yen 工業団地にて発生する建設廃材、汚泥、廃油、廃酸お
よび廃アルカリも含め焼却施設にて混焼処理するものとする。この施設の普及効果と
しては、集中処理による廃棄物処理費のコストダウン、混焼処理による燃焼安定化お
よび処理の効率化を期待している。焼却施設の処理量は URENCO11 のヒアリング結果
に基づき 30 トン/日とする。採用技術のシステムフローを図表 4.8.3 に示す。



供給設備:プッシャー方式(ピット&クレーン+自動供給装置)
燃焼設備:ロータリーキルン方式(ロータリーキルン炉+二次燃料炉)
排ガス処理設備:乾式排ガス処理方式
69
図表 4.8.3: システムフロー
(3)考えられる環境影響と対策
燃焼設備ではロータリーキルンおよび二次燃焼炉(JF 炉)にて高温焼却と滞留時間
を保持し、安定した有害廃棄物の適正処理を行う。また、排ガス処理設備では消石
灰による中和処理および活性炭によるダイオキシン低減対策を行い、焼却炉の稼働
にともう周辺環境への負荷低減を図る。下記に示した医療廃棄物の焼却炉からの排
ガス基準「QCVN19:2009/BTNMT」等を順守していく。
図表 4.8.4:医療廃棄物焼却炉からの排出基準
【出典:「QCVN19:2009/BTNMT」を基に作成】
70
また、作業環境にも留意し、これらの実態把握と適正処理を行う必要がある。リサ
イクル工業団地内には他廃棄物処理設備や埋立処分場が整備されることから、集中管
理もしくは個別対応により、適切な管理・運営のもとによって環境影響は低減できる
ものと考えている。
(4)使用するユーティリティー(水、電気、資材、薬品等)
<ユーティリティー>
図表 4.8.5:使用するユーティリティー
用途
使用量
電気
自家消費電力
1,520MWh/年
水道
冷却塔
112,000t/年
燃料(LPG)
助燃剤
492t/年
消石灰
排ガス処理
360t/年
活性炭
排ガス処理
40t/年
*収集運搬は範囲外、製品搬出費用は販売管理費に計上。
<人員配置>
焼却施設は 24 時間稼働とし、廃棄物の受入は日勤のみ対応。
図表 4.8.6:人員配置案
人員
人数
備考
マネージャー
1
運転員
16
焼却炉運転(4 班×4 名)
日勤
4
廃棄物受入、機械メンテナンス
(5)工場概要(必要な敷地面積、建屋構造の特徴等)
URENCO11 の計画しているフェーズ 2 エリア(10ha)へ施設を設置するものとする。
保管施設および動線部を除いた焼却施設において必要な敷地面積は 4,500 ㎡(≒40m
×110m)である。主たる建屋はピット&クレーン方式の処理棟前室(360 ㎡×20mH)
、
ブロワ室(120 ㎡)であり、管理室は 3 階に位置する計画である。
71
図表 4.8.7:計画敷地概要
【URENCO11 作成】
72
図表 4.8.8:計画施設概要
(6)事業実施体制案
URENCO11 とクレハ環境で共同事業体(SPC)を設立し、Hung Yen 工業団地にて医
療系有害廃棄物を含む有害廃棄物処理施設の建設・運営・管理を行う。資金調達はク
レハ環境の出資及び日本国の無償資金協力を前提に検討を進める。
73
図表 4.8.9:事業実施体制図
(7)初期投資総額、資金調達案
ベトナム国内へ日本製の焼却炉を導入することは、有害廃棄物の適正処理および環
境負荷低減が促進される反面、イニシャルコストが高額になるため単独企業での技術
導入は非常に困難である。また、環境分野へ割り当てられている国家予算額も未だ低
額であり、前述の第 4 回国際環境会議においても、人民委員会や各省から ODA 援助
の必要性と重要性が繰り返し述べられていた。
従って、資金調達方法として、日本国政府からの設備資金補助のような資金協力を
得てベトナム国の環境問題の 1 つとして解決することが望ましいと考えられる。この
場合、本計画においては焼却施設の規模面で熱回収による廃熱利用システムの構築が
適切と思われる。
(8)事業性評価
事業運営の現地単価ベースの支出金額により限界処理単価を算出し、現状の処理
単価との比較を行った。検討条件を処理量 30 トン/日、稼動日数 300 日/年、運営人員
22 名、減価償却 7 年間とし、設備資金補助無(CASE1)と設備資金補助 50%導入時
(CASE2)の 2 ケースで試算した(図表 4.8.10 参照)。限界処理単価は CASE1 で 31 円/kg、
CASE2 で 24 円/kg 程度となる。現状の現地平均処理単価が約 8 円/kg(100USD/トン)
であるので、想定している市場での事業構築構築は困難であるとの評価結果が得られ
た。
74
図表 4.8.10:限界処理単価の試算
(9)スケジュール案
事業性の面での課題が非常に大きいが、仮に 2016 年度より実際の事業化作業に移
行する場合には図表 4.8.11 に示したスケジュール(案)となる。
まずは、現地法人の設立等を行い、資金調達を行う。その後、クレハ環境と
URENCO11 と共同で SPC を設立し本格的な開発準備を開始し、基本設計、EIA、詳細
設計を行う。2018 年初旬から施設建設工事を開始し、2019 年の事業開始となる。
図表 4.8.11:事業スケジュール(案)
(10)まとめと提案/依頼事項
本調査にて明らかになった限界処理単価と現状の処理単価の比較により、想定され
た市場での有害廃棄物処理事業の事業性は期待できない結果となった。事業性を確保
するためには、有害産業廃棄物の中でも高額で安定した処理料金を期待できる PCB
絶縁油などの新規処理事業に関しても合わせて検討していく必要がある。さらに、焼
却施設の廃熱を利用した熱供給事業等の付帯事業も検討の必要があると考えられ、二
酸化炭素の排出削減等新たな事業価値の創出を行うことによって、二酸化炭素の排出
削減のほか、収益増加が見込まれる。
75
5. リサイクル工業団地その他業務①:保税工場化による有価物買取事業
(1)概要
ベトナムにおいては保税区のライセンス(EPE)のライセンスを取得している企業
は海外から原料を調達し、ベトナム国内で製造製を行い、製品を輸出している。EPE
は原則的に入った原料及び生産量、輸出量をすべて税関に報告しなければならない。
有価物をベトナム国内への販売をする際には通関が必要となり、手続きが煩雑であ
ったり、時間を要することもあることから管理がしづらく、販売できるものであって
も廃棄をしたり日本に戻しているケースもある。
本事業においては、輸出加工区のライセンスを取得することで、顧客が輸出加工区
内への販売という形で販売できることになり、顧客の税関手続きを簡易化し、適正な
販売先に販売することを目的とする。
(2)提案事業の内容
本事業では、リサイクル工業団地内で保税工場のライセンスを取得し、工場内で選
別・圧縮・リサイクルなどの加工を行う。その後、国内に販売できるものについては、
通関手続きを行った上で国内に販売する。その他のものは、海外に輸出する。販売先
については、信頼できるリサイクル先、原料利用先を選定し、追跡システムなどを活
用しすべての回収・リサイクル・販売ルートを顧客に対し明確化する。
図表 5.1:保税工場による有価物買取事業概要図
76
(3)課題と進め方
<輸出加工区ライセンスの取得>
調査の結果、たとえばリサイクル会社が EPE の顧客から有価物を買取り、税関を代
行することが可能であることは輸出ライセンスなどを取得することでできることが
分かった。ただし、その場合でも顧客からリサイクル会社に渡る際に通関手続きが発
生するため、顧客が通関をする場合と同じく時間を要する。
本事業では、リサイクル工場で保税工場ライセンスを取得することにより、顧客か
らリサイクル会社へ渡る際には、通関手続きは発生せずに、スムーズに販売ができる
ようになることを目指す。そのためには、政令 No. 29-2008-ND-CP に定められる、保
税工場の設立のための諸条件を満し、必要であれば行政との交渉を経てライセンスの
取得手続きを行う必要がある。
特に、同政令に輸出加工区は当該地域のマスタープランに従った工業団地内に建設
されなければならない、という条件があるため、リサイクル工業団地自体が当該地域
のマスタープランに従った工業団地であると認められる必要がある。また、「加工」
と認められるための設備の条件などをライセンス発行主体である地元の投資計画局
と確認する必要がある。
<リサイクルネットワークと追跡システムの構築>
顧客である排出事業者に対し、常に信頼のできる販売先に販売し、確実にリサイク
ルがなされたことを報告するために、リサイクルネットワークの構築が必要である。
ベトナム国内のみならず、日本・中国のリサイクル事業者と協力し、適正なリサイク
ルをした上で、顧客にそれを報告することができる体制の構築を行う。
また、ICT システムを活用し、顧客が必要なときにいつでもリサイクルの状況を把
握できるようにする。そのための追跡、報告システムを構築する。
77
6. リサイクル工業団地その他業務②:収集運搬事業
•
事業名:共用回収拠点網整備事業
•
事業内容:
–
Decision 16 の要求に合致した共用型回収拠点のユニット化
–
回収拠点を全国整備・運営
–
RIP 若しくは今後提携する適正処理・リサイクル協力企業への収集網の整備
–
回収製品並びに物流の電子管理システム利用
–
回収量が増加した場合は拠点毎に考慮し拡張
(1) 事業目的
決定 16/2015/QD-TT の施行に伴い対象製品製造者・輸入者に課せられる回収拠点の
整備について、現在どの程度回収されるかの見通しが立たない上に、法令順守の観点
から当該対象製品の排出が予想される市省全てにおいて拠点を設ける必要性がみら
れる。本事業では共用型の回収拠点を全市省に最低一か所設け、その建設・運営費用
はある一定条件のもと、システム参加が年会費と言う形で負担し合うことで最小限の
負担で法令順守ができる仕組みを構築する。更に回収された廃製品については別途商
業システムを設定し、有価での運搬・処理・リサイクルを行いながら現在計画してい
る Hung Yen 省でのリサイクル工業団地への廃棄物収集量向上を目指す。
図表 6.1:共用回収拠点網整備事業構成要素のイメージ
78
(2)対象市場と提供するサービス概要

Phase1:
回収量が予想できない中で、全 63 市省に設けられる回収拠点を MONRE に申請でき
る権利を提供する。

Phase2:
回収された廃製品については電子的な管理のもと、適正な処理リサイクルが行われ
る仕組みを追加料金で利用する権利を提供する。
なお、会員に登録していない企業の回収製品については当該企業と交渉の上、取扱
いについて協議する。
(3)採用技術・規模
今後制定されると考えられる決定 16/2015/QD-TT の細則に基づいた回収拠点要項に
基づいて、決定 16/2015/QD-TT に該当するあらゆる製品を最低限受け入れられる“共
用回収拠点”をユニット設計し、これを全市省に設置する。
運営並びに回収された製品の管理は電子的に行い、顧客への安心・安全を提供する。
(4)考えられる環境影響と対策
決定 16/2015/QD-TT の細則に従い実施される事業であることから、当該細則の動向を注視
して法令順守に努めるものとする。
(5)使用するユーティリティー(水、電気、資材、薬品等)
原則として共用回収拠点に要する水道光熱関連。
(6)工場概要(必要な敷地面積、建屋構造の特徴等)
細則が決まっていない為、現状未定。
(7)事業実施体制案
DECOS を中心に、廃製品回収を行う必要のある大口ユーザー等と連携の予定。
(8)初期投資総額、資金調達案
1 か所 500 万円、本部並びに地方統括拠点を含め 4.5 億円を想定。
(9)簡易財務評価
会員企業 100 社の場合、600 万円/1 社程度の年会費(1 拠点 10 万円/年以下)で権利
購入可能となるため、十分可能性があると考える。
79
(10)スケジュール案
–
–
2016 年 3 月~5 月
•
調査(法務調査、需要調査(ヒアリング))
•
ユニット検討、土地探索
2016 年 6 月
•
–
2016 年 12 月
•
–
事業化推進(投資家・顧客募集、ライセンス申請等
一部開業
2017 年 12 月
•
全拠点開業
(11)まとめと提案/依頼事項
決定 16/2015/QD-TT 以外の廃棄物についても、許認可を今後取得して行けばリサイ
クル工業団地の末端として有効に機能するものと考える。
今後 MONRE への細則の動向ヒアリング並びにユニット化と、大口の支援企業との
連携を目指す。
80
7. 日本招聘事業
7.1 目的


リサイクル工業団地の視察と実現に関する情報収集
導入検討技術の確認、運営状況の視察
7.2 参加メンバー
Hung Yen 省関係者、URENCO11 関係者(合計 6 名)が来日した。
図表 7.1:日本招聘対象者一覧
No
1
2
3
4
5
6
氏名
Dang Minh Ngoc
Nguyen Hung Nam
Trinh Van Dien
Tran Van Lam
Nguyen Minh Ha
Vu Quy Binh
性別
男
男
男
男
男
男
所属
Hung Yen province People's Committee
Hung Yen province Party Committee
Van Lam district Party Committee
Van Lam district Party Committee
URENCO 11
URENCO 11
7.3 日程
2016 年 2 月 16 日(火)~2 月 21 日(日)
81
職位
Vice Chairman
Chief
Secretary
Vice Chairman
Director
Deputy Director
7.4 視察行程
視察は下表の通り、滞りなく実施された。
図表 7.2:日本招聘行程表
日付
曜日 時刻
2/15 月
23:00
1
2/16 火
01:35
07:00
08:00
10:20
12:15
13:30
18:00
20:00
場所
内容
食事
ハノイ
HAN
FUK
福岡
福岡
福岡
福岡
福岡
福岡
ハノイ国際空港発
ベトナム航空356便
福岡空港着
福岡空港発-貸切バス
北九州エコタウン
備考
0
集合
朝食
機内
蛍光灯リサイクル
自動販売機リサイクル
昼食
北九州エコタウン
ホテル着
自動車リサイクル
空き缶リサイクル
夕食
ホテルニューオータニ博多
2
2/17 水
朝食
09:15
10:00
12:20
13:00
14:00
15:30
16:00
16:30
19:00
福岡
福岡
福岡
福岡
FUK
HND
東京
東京
東京
ホテル
ホテル発(チェックアウト)
市内観光
福岡空港着
昼食
日本航空316便
羽田空港着
羽田空港発-タクシー
ホテル着(チェックイン)
第一ホテル両国(歓迎会)
夕食
第一ホテル両国
3
2/18 木
朝食
09:00
12:00
13:40
18:30
19:00
東京
福島
福島
東京
東京
ホテル
ホテル発-貸切バス
昼食
クレハ環境(いわき事業所)
ホテル着
福島県・いわき
夕食
第一ホテル両国
4
2/19 金
朝食
08:30
09:45
12:15
14:30
16:10
18:00
21:00
東京
千葉
千葉
千葉
東京
東京
東京
ホテル
ホテル発-貸切バス
東亜オイル興業所
千葉県・勝田台
昼食
市川環境エンジニアリング
アンカーネットワークサービス
ホテル着
千葉県・行徳
東京都・新木場
夕食
第一ホテル両国
5
2/20 土
朝食
08:45
11:00
12:00
14:00
17:30
東京
山梨
山梨
静岡
東京
東京
ホテル
ホテル発-貸切バス
昼食
観光
ホテル着
夕食
各自
第一ホテル両国
6
2/21 日
朝食
13:30
14:00
16:35
21:00
東京
東京
東京
東京
HND
HAN
ホテル
チェックアウト
昼食
ホテル発-タクシー
羽田空港着
ベトナム航空385便
ハノイ空港着
夕食
各自
機内
7.5 総括並びにコメント

計画した行程通り、滞りなく日本招聘を完了した。
82

北九州市の実例では、国の方針・政策に基づく自治体の決断力と推進力が重要
であると認識した。

iTask 参加各社の施設については、視察したことによって具体的なイメージが
湧いた。技術力もさることながら、特に安全管理等のマネージメントが徹底さ
れていると見受け、サイト周辺地域としても信頼できると感じた。

クレハ環境の焼却施設はまさに URENCO11 が理想とするものである。受入設
備等周辺機材・施設を含め、大いに学ぶことができた。

リサイクル工業団地構想は集荷が想定通り進むかが課題であると考える。海外
からの輸入はもちろん禁止であるが、国内の廃棄物の集荷に対して支援できる
ことがあれば検討していきたい。
83
8. セミナー、報告会
以下の目的のために現地で「セミナー」並びに「報告会」を開催する企画を立てた。
開催目的
 情報公開することにより排出事業者の認知を得る
 現地行政府に対するプロジェクト案紹介
8.1
2 月 24 日開催セミナー
(1)目的
主に日系企業並びに中央省庁関係者に対するアイデア披露を通した営業強化の為。
(2)参加者
主な対象者:廃棄物排出事業者, ハノイ市制度設計及び工業団地管理担当者(別途
リスト参照)
(3)開催要項並びに当日の演目
<題名並びに副題>
多様な機能の集積による効率的な廃棄物処理・リサイクルセミナー
Hung Yen 省をモデルとしたリサイクル工業団地(RIP)のご提案
<開催要項>
日時:2016 年 2 月 24 日(水)9:00~12:00
場所:ソフィテルプラザハノイ
主催:IKE, URENCO, URENCO11
共催: ベトナム国 建設省, INEV (Institute for Environment Industry of Vietnam)
後援:日本国 環境省
<備考>

日越同時通訳

スライド言語: 日本語/英語 及び ベトナム語 による表示及び資料配布
84
図表 8.1:ハノイ市開催セミナー式次第
時間
9:00
次第
講演者
開会の言葉
ご挨拶
主催者の紹介
9:15
ベトナムの廃棄物処理概要
ベトナム建設省
9:30
ベトナムにおけるリサイクル活動の概要:現
状及び改善の必要性(仮)
INEV 副理事長
Dr. Nguyen Thi Kim Thai
Decision No.16/2015/QD-TTg:使用済み製品の
天然資源環境局(MONRE)
回収・処理に関する規定の概要
ベトナム環境局(VEA)
廃棄異物管理環境改善部(WENID)
Mr. Do Tien Doan
10:00
10:30
コーヒーブレイク
10:45
廃棄物処理・リサイクル設備集積による効果
と利点
独立行政法人国立環境研究所
現循環・廃棄物センター 主任研究員
11:15
Introduction of URENCO11
石垣 智基 博士
URENCO 11(Dai Dong)
社長 Nguyen Minh Ha
11:25
リサイクル工業団地に関する調査結果と今後
の報告性
株式会社市川環境エンジニアリング
プロジェクト担当 顧問 倉澤 壮
児
11:45
ベトナム国における廃棄物処理・リサイクル
事業の展開について
株式会社市川環境エンジニアリング
イノベーション事業室 室長
加賀山
保一
Q&A
閉会挨拶
12:30
昼食
(4)プレゼンテーション資料
資料参照
(5)全体のまとめ、質疑応答
最終参加人数は、合計 66 名であった。参加者からの主要なコメントは以下のとおり
である。
主要コメントは以下の通りであった;

リサイクル工業団地の構想はこれまであったが実現していないので期待してい
る。

URENCO は信頼できる会社なのでぜひ協力して進めて欲しい。

個別事業の選択は法律や支援制度が整っていないものなどは実施時期を考慮す
べき。
85
8.2
2 月 25 日開催報告会
(1)目的
ターゲット参加者を Hung Yen 省意思決定者並びにサイト周辺人民委員会関係者に
設定し、本事業の政策として取り上げ検討と実行に向けた支援の要請並びに IKE と
URENCO11 の間で設立する合弁会社(DECOS Co., LTD)の設立支援の為。
(2)参加者
添付資料参照
(3)内容
日時:
2016 年 2 月 25 日(木)9:00~11:30
場所:
Hung Yen 市 PhoHieu ホテル内
題名:
Future industrial development policy from the aspect of providing high-level
industrial waste management service in the area
Introduction of “Recycling Industrial Park (RIP)” idea in Hung Yen
副題:
主催者:Hung Yen 省天然資源環境局、IKE、 URENCO11
<備考>

通訳:

スライド言語: ベトナム語

参加者:
ベトナム語-日本語逐次通訳
合計 55 名
図表 8.2:Hung Yen 省開催セミナー式次第
時間
9:00
内容
講演者
所属
開会挨拶
-
9:15
IKE の事業活動紹介
加賀山保一
9:45
調査結果報告
IKE
10:15
報告会へのコメント
倉澤壮児
Mr.Ngoc
10:45
質疑応答
Mr.Cu
Hung Yen 省
Hung Yen 省 DONRE
固形廃棄物部長
IKE
Hung Yen 省
人民委員会副議長
閉会挨拶
天然資源環境局長
(4)プレゼンテーション資料
基本的に前日(2 月 24 日)ハノイで使用したものと同じ。
86
(5)全体まとめ及び質疑応答
最終参加人数は、Hung Yen 省人民委員会副委員長以下政府関係者 55 名であった。
参加者からの主要なコメントは以下のとおりである。
主要コメント:

当該プロジェクト並びに IKE と URENCO11 の JV 設立に対して、省としてバッ
クアップを約束する。
87
9. 総括
9.1 事業採算性
リサイクル工業団地では、一定基準以上の廃棄物処理の為の基幹インフラ(廃水処
理、中間処理、最終処分)が揃う予定であることから、排出事業者としては委託しや
すく、有価物/廃棄物が集まりやすくなる。有価物に関しても量が集まることで比較的
高い単価で購入若しくは安い単価で処理が可能となる。
個別事業は、現時点では日本技術を導入する前提で検討している医療廃棄物・有害
廃棄物熱処理事業を除き、更なる市場調査の上で当該リサイクル工業団地での事業成
立の可能性があるという評価となった。
一方、リサイクル工業団地の初期投資については、やはり現地の一般的な工業団地
で提供される標準的なサービス料金だけでは URENCO11 では回収が困難である。し
かし URENCO11 は個別の各事業を合弁で運営した場合に期待される収入は従来の
URENCO11 単独での計画値より大きくなると予想される。
保税工場化による有価物買取は、投資は小さいので目的通りの円滑な運営ができる
のであれば採算性は高いと考えられるものの、通関手続きの簡便さが担保されない限
り、顧客のニーズを満足できない可能性がある。
また全国展開を想定した共用回収拠点整備事業については法令順守に基づいて初
めて展開できる事業であることから、MONRE における今後の細則制定を注視しつつ、
早急な準備をすることとなる。
図表 9.1:各事業の検討結果一覧
88
9.2 環境負荷削減効果

多様なリサイクルを提供することによってリサイクル原料の域内循環が増える。
図表 9.2:廃棄物等の域内活用
提案事業
廃油
排出物
オイルスラッジ
対処
焼却
備考
焼却炉燃料削減
排熱回収
廃家電
可燃廃棄物
焼却
焼却炉燃料削減
排熱回収
IT 資産処分
可燃廃棄物
焼却
焼却炉燃料削減
排熱回収
RPF
廃製品
焼却
焼却炉燃料削減
金属類
分別・販売
金属類
分別・販売
規格外製品
場内利用(構内道路等) 資材購入削減
焼却灰
セメント固化
資材購入削減
排熱
場内利用(加温用)
燃料費削減
排熱回収
建廃
医療・有害廃棄物
*このほか、有価物の販売量が増える事による価格交渉力向上も期待できる。
89

バージン原料の購入の減少、CO2 排出量の低減効果がある。
図表 9.3:個別事業の環境負荷低減効果
提案事業
廃油リサイクル
回収物
再生重油
効果
CO2 削減
備考
重油消費量の削減に伴う
(15,404t-CO2/年) CO2 削減効果-再生重油製
造 CO2 排出量
バージン原料削減
再生品利用によるバージン
原料置き換え効果
廃家電
プラスチック
バージン原料削減
金属
IT 資産処分
プラスチック
原料置き換え効果
バージン原料削減
金属
RPF
RPF
再生品利用によるバージン
再生品利用によるバージン
原料置き換え効果
CO2 削減
石炭消費量の削減に伴う
(3,155t-CO2/年)
CO2 削減効果-RPF 製造時
CO2 排出量
バージン原料削減
再生品利用によるバージン
原料置き換え効果
建廃
再生原料
CO2 削減
(バージン採掘+運搬 CO2
排出量)-再選原料製造時
CO2 排出量

バージン原料削減
再生品利用によるバージン
(189,000 ㎥/年)
原料置き換え効果
その他:

既存リサイクル村の環境向上:本事業での経験が活かされることによって、
環境問題の一因となっている各種リサイクル村のリサイクル工業団地化事
業が進む可能性がある(リサイクル事業者をまとめることで弊社の新しい事
業形成にもなりうる)
。
9.3 社会的受容性

先端的なリサイクル/処理技術の不在:環境負荷を考慮しない簡易的なリサイク
ル/処理技術を使用している既存事業者が多い。日本からの管理ノウハウや各種
技術移転が進み、人材や技術面においてベトナムの処理・リサイクル基盤が底上
げされる。

ベトナム政府(天然資源環境省)では製造者責任法の作成に入っており、日系を
中心とした製造者側自身が回収物の管理・適正処理・リサイクルを行うことが難
しい:ワンストップで安心・安全な処理やリサイクルサービスを提供できる能力
をもつプレイヤーの不在を補うことができる。

保税工場から発生する廃棄物は原則ベトナム国内で有価取引ができない。保税区
発生廃棄物処理の手間を引き受けることで排出事業者の手間を省く。
90
Fly UP