...

こちら

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Description

Transcript

こちら
胃癌 S-1+CDDP療法
CTCAE
パスでの
表現
CTCAE
grade 1
PS
全身症状
発熱
発熱
疲労
倦怠感
*PSについては、別資料
38.0-39.0℃
体温が37.5℃以下である
体温が38℃以下である
全身の徴候として発熱を観察する。
ベースラインに比して軽度の疲労の増加
倦怠感はあるが日常生活に支障を来さない
悪心
摂取習慣に影響のない食欲低下
嘔吐
嘔吐
24時間に1エピソードの嘔吐
食欲不振
食欲不振
便秘
便秘
下痢
粘膜炎/
口内炎
下痢
食習慣の変化を伴わない食欲低下
不定期または完結的な症状;
便軟化剤/緩下剤/食事の工夫/浣腸を不定
期に使用
ベースラインに比べて<4回/日の排便回
数のの増加;
ベースラインと比べて人工肛門からの排泄
量が軽度に増加
[診察所見] 粘膜の紅斑
1回/2日は排便がある
定期的に薬剤を使用しなくても排便がある
便回数が治療前より(通常より)4回~6回
をこえない
パウチ内の便の量がほとんど変わらない程
度である
*粘膜炎/口内炎の項は、[診察所見][機能/
症状]に分類されている。このレジメンの
口腔内の粘膜の発赤はあるがわずかである
場合は、[診察所見]に示されている内容に
ついて観察を行う。
*S-1投与時の色素沈着は全身性にみら
軽度の色素沈着がある
れ、症状が進むと沈着が濃くなる。
色素沈着
軽度または限局性の色素沈着
神経障害
(感覚性)
神経障害
(感覚性)
症状がない
手足のしびれがない
深部腱反射消失または知覚異常
手足の冷たい感じがない
CTCAE
パスでの
表現
CTCAE
胃癌 S-1+CDDP療法
grade 1
*身の回りのことを行うのが少し億劫、と
いうような状態
悪心による食事量減少なし
悪心はあるが食事内容の変更を必要としな
悪心はあるが食事摂取可能である
悪心はあるが補液は不要である
1日におこる1連の嘔吐回数が○○以内で ←“エピソード”の解釈は?
*1回嘔吐したことを指すのではなく、
1日に5回以内の嘔吐回数である
嘔吐発作の一連の経過を指す。
食欲不振はあるが経口栄養剤などを必要と
しない
食欲不振はあるが食事内容の変更を必要と
しない
皮膚科/皮
色素沈着
膚
神経
備考
PSが0~2
悪心
消化器
用語例
用語例
備考
胃癌 S-1+CDDP療法
CTCAE
全身状態
パスでの
表現
PS
CTCAE
発熱
発熱
疲労
倦怠感
grade 2
>39.0-40.0℃
中等度の疲労
日常生活の一部に困難を生じる
用語例
備考
PSが0~2
体温が37.5℃以下である
体温が38℃以下である
倦怠感があり日常生活に支障をきたす
悪心
悪心
悪心はあるが1日以上の補液を必要としな
顕著な体重減少、脱水または栄養失調を伴 い程度である
悪心はあるが24時間の(持続)点滴を必要と
わない経口摂取量の減少
しない程度である
<24時間の静脈内輸液を要する
食事変更の必要があり、普段の食事量の半
分以下である
嘔吐
嘔吐
24時間に2-5エピソードの嘔吐
<24時間の静脈内輸液を要する
食欲不振
食欲不振
顕著な体重減少や栄養失調を伴わない摂取
量の変化
経口栄養剤による補充を要する
便秘
便秘
緩下剤または浣腸の定期的使用を要する持
続的症状
下痢
ベースラインに比べて<4回-6回/日の排
便回数のの増加;
<24時間の静脈内輸液を要する
ベースラインと比べて人工肛門からの排泄
量が中等度増加;
日常生活に支障がない
消化器
下痢
粘膜炎/
口内炎
[診察所見] 斑状潰瘍または偽膜
皮膚科/皮
色素沈着
膚
色素沈着
顕著なまたは全身性の色素沈着
神経
神経障害
(感覚性)
神経障害
(感覚性)
知覚変化または知覚異常(疼きを含む)によ
る機能障害はあるが、日常生活には支障が
ない
CTCAE
CTCAE
パスでの
表現
grade 2
胃癌 S-1+CDDP療法
*PSについては、別資料
*全身の徴候として発熱を観察する。
←どちらかと言うと横になりたい(臥床し
たい)
←“エピソード”の解釈は?
*1回嘔吐したことを指すのではなく、嘔
1日に起こる1連の嘔吐回数が○○以内で
吐発作の一連の経過を指す。
ある
*栄養失調の判断については、各施設のN
食欲不振のために経口栄養剤が必要である
STなどと相談しながら
判断基準を持つ必要がある。
食欲不振のために栄養失調がある
*治療前(副作用出現前)と比較する必要が
食欲不振のため体重減少あり
ある
定期的に薬剤を使用して排便がある
緩下剤を使用して排便がある
浣腸を使用して排便がある
便回数が治療前より(通常より)6回をこえ
ていない
パウチ内の便の量が少し増量するが日常生
活は変わらない
下痢はあるが24時間の(持続)点滴を必要と
しない程度
*潰瘍性口内炎 種類
びらん性:潰瘍の表面が赤くただれるもの
口腔粘膜に斑状潰瘍がある
偽膜性:表面に白い偽膜のようなものがで
きるもの
アフタ性:円形で中央に白っぽいくぼみが
口腔粘膜に偽膜がある
あるもの
*S-1投与時の色素沈着は全身性にみら
顕著な全身性の色素沈着がある
れ、症状が進むと沈着が濃くなる。
手足のしびれや冷たい感じ、ボタンをかけ
にく等の症状はあるが、日常生活は困らな
い
1日の嘔吐回数が6回をこえない
用語例
備考
Fly UP