...

月次取り組み実績

by user

on
Category: Documents
24

views

Report

Comments

Transcript

月次取り組み実績
目標
達成
平成28年度 事業計画実績進捗表
病棟
月初患者数
患者数
入院数
院内肺炎
(件数)
尿路感染
(件数)
39
19
1日の0:00時点の入院患者数
1日~月末日の入院患者数
感染未発症者
上記患者の中で感染未発症者
21
21
肺炎と診断された患者(西は肺炎で入院となった患者は除く)
(1)
4 (2)
5 (1)
37
34
4
(2)
2
0
0
1
肺炎治療実施
肺炎に対する治療が行われた患者数(点滴・内服)
1
4
(2)
2
肺炎治癒件数
肺炎の症状がなくなった患者
1
1
2
尿路発生件数
尿路感染と診断された患者
(西は尿路感染で入院となった患者は除く)
2
(1)
2
(1)
1
尿路再発件数
西棟:2件以内 介護病棟:0件
1
0
0
尿路感染に対する治療が行われた患者数
(点滴・内服)
2
2
(1)
1
尿路感染の症状がなくなった患者
2
0
1
新規入院
当月の新規入院尿カテ留置患者数
尿カテ留置患者数
0
0
1
入院1ヵ月後
入院時尿カテ挿入していたが1ヶ月後に抜去できた人数
尿カテ抜去患者数
0
0
3
1人の患者に2か所以上あっても「1」とする
3
1
3
入院後、病棟で発生した件数(d2以上)
1
0
0
褥瘡ハイリスク者
ハイリスク者と選定された延べ人数
6
10
14
褥瘡治癒件数
褥瘡回診で治癒と判定された件数
0
0
1
0
0
1
尿路治療実施件数
尿路治癒件数
取り組み内容
1
41
34
西棟:2件以内 介護病棟:0件
上記のうち診療開始
褥瘡治癒件数のうち治療開始6ヶ月以内の患者数
6ヶ月以内の患者数
医療安全
(件数)
56
肺炎再発件数
新規発生件数
身体拘束
(人)
56
介護 : ショートステイ利用者数
西棟:2ヶ月 介護病棟:6ヶ月
総褥瘡件数
褥瘡(件)
11月
西 2F 3F
基準
長期入院患者
発生件数
()内は再発がやむを得ないと判断した事例(ショートステイ含む)
総実施人数
1人の患者が2種類実施していたら「2件」とする
16
12
12
総実施人数
1人の患者が2種類実施していても「1人」とする
11
11
11
[西棟] ・かかとのハイリスク者が多い。褥瘡ができないように体位変換や除圧に努めていく。また、
現在の褥瘡のあるPtがどのようにしたら改善するかも検討していく。
[2F]
・新規発生0継続している。体動多くポジショニングの難しいPtも多くなってきている。再度除
圧やクッションの使い方を工夫していく。
[3F]
・病棟内新規発生0。除圧及びカンファレンスで情報を共有、観察及び早期対応により発生
0及び早期対応に努めている。引き続き発生0を目指し早期治癒に努める。
[西棟] ・1名のPtが数種類の抑制を実施していることが多い。解除に向けて取り組んではいるが胃
カテ挿入しているPtも多く、自己抜去がつづくと解除が難しい状況である。
[2F]
・取り組み100%達成。今月の解除1名。ADLのUPに伴い、手の動き活発時なっているPtが
多い。
[3F]
・解除者3名(内1名は退院)
[西棟] ・車椅子乗車中のPtの車椅子からの転落あり。車椅子使用時の状態を十分に観察し、転落
予防対策を全体でたてていく。
[2F]
・3件とも同Ptで認知症あり。リハによるADLのUPあり。ベッド低床、見廻り強化。Faへの状況
説明。
[3F]
・病棟で仕事などで業者が入り、確認が遅くなった。
100 100
取り組み件数
身体拘束解除取組み率 : 100%
拘束持込率
入院前に抑制が行われていた患者数
8
2
8
2ヶ月以内解除
取組み開始後2ヶ月以内に解除した件数
1
0
2
胃カテ挿入者
月末の胃カテ挿入患者数
11
28
30
転倒・転落(0・1・2) インシデント(0・1)アクシデント(2)として報告された件数
2
3
1
転倒・転落(3以上) アクシデント(3以上)として報告された件数
0
0
1
[西棟] ・トイレで失禁するPtが多いので、トイレを清潔にするよう職員で気をつけている。
[2F]
[3F]
・時間誘導から本人希望時Nsコール対応者1名あり。個別対応への取り組みへ。
・ほぼ自立にて排泄できるPt2名。新たにリハと協力して取り組み始めたPt1名。
[西棟] ・経管から嚥下訓練が進み1食から食事開始し、3食経口に移行している。今後も介護入院の
トイレ誘導者
トイレ誘
導・排泄
の達成
6
7
8
[2F]
プランに沿ったトイレ誘導実施者
6
7
8
西棟:1名以上
介護病棟:2名以上
0
1
4
入院後1年以内に一食でも経口摂取可能となった患者数
1
0
1
一口でも経口摂取開始 入院後1ヶ月以内に少しでも経口摂取可能となった患者数
0
0
1
トイレ誘導実施率
一口運動
経口摂取
への取り
組み
西棟:在宅復帰者 介護病棟:プランに載せた患者数
新規1食開始
経管栄養患者
月末の経管栄養患者数(経口併用も含む)
15
36
36
吸痰実施患者
月末の吸痰患者
10
25
17
1
0
[3F]
[2F]
Ptもしっかりスクリーニングしていく。
・食事介助はPtのペースに合わせて介助し、そのPtにあったセッティングや食器、スプーンを
提供している。
・継続して取り組み中。
・気切のPt2名入院。
・看取り件数なし。
個別ケア
看取り件数
ターミナルケア計画による看取り件数
【認知症ケアの充実】
・2FでST2人レクリエーションを試みるも、STだけでは見きれないとのこと。他部署の応援をどのように関わってもらうか検討する。
【ターミナルケアの推進】
・Drからの発信で終末期にあげたPtは、カンファレンスやミーティングなどを重ね11/21に死亡した。案楽に努めFaともコミュニケーションに努めた。Faの納得できた最期だと思われる。
品質目標
有休取得率100%と
働きがいの向上
残業時間0時間と
働きがいの向上
取り組み状況
・累計有休取得率
(看護部
54.23
%
介護部
32.46
%
コメディカル部
介護部
・累計
(看護部
h
h
コメディカル部
29.50
159.50 時間
25.50
(看護部)勤務時間短縮に向けた取り組み中にて勤務内に仕事が終わらない
(介護部)会議、突発的な休み、退職による人員不足によるもの
(薬局)Dr.処方の為 (放射線)Dr.指示の為 (検査)新規検査機の説明・救急対応・病棟検査
(医事)レセプト作成・健診業務引継ぎ他 (保育所)看護部に伴う
49.00 %
事務部
51.32
% )
14.50 h
事務部
127.50
h )
Fly UP