...

参考見積り依頼書 - 独立行政法人 水資源機構

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

参考見積り依頼書 - 独立行政法人 水資源機構
次のとおり、参考見積りを公募します。
平成24年11月19日
独立行政法人水資源機構
池田総合管理所長
左近
重信
参考見積り依頼書
1.目的
この参考見積等募集は、当機構で予定しているデジタル画像を用いたコンクリートダ
ム堤体面のひび割れ、剥落、剥離、コールドジョイント等の変状調査の参考とするため、
調査に係る参考見積書等のご提出を募るものです。
なお、この参考見積等募集要領に基づき資料等をご提出されたことにより、当該調査
の際の指名(若しくは競争参加資格)をお約束するものではありませんことをご承知下さ
い。
2.参考見積書等の提出等
(1)参考見積書は、工種別に計上して下さい。
なお、参考見積書の様式は問いません。
(2)提出資格
・営業に関し法律上必要とされる資格を有していること。
・参考見積書等提出期間において、当機構から指名停止を受けていない
こと。
(3)提出期間
平成24年11月27日(火) から平成24年11月30日(金) まで
ご持参の場合は、上記期間の土曜日、日曜日及び祝日を除く毎日、
午前9時から午後4時まで。
(4)提出先
独立行政法人水資源機構 池田総合管理所長
〒
778-0040
左近 重信
宛
徳島県三好郡池田町西山谷尻4235-1
TEL. 0883-72-2050
【担当】池田総合管理所
E-mail
FAX. 0883-72-0727
森田 竜文
[email protected]
(5)提出方法
参考見積書は持参、郵送、またはFAX(社印があり、後日郵送)によりご提出下さ
い。
(6)ヒアリング
ご提出頂いた参考見積書等につきましては、ヒアリングを実施させて頂く場合があ
ります。時間は1時間程度を予定しております。
3.参考見積等の内容
下記の条件を踏まえ、参考見積書を作成下さい。
(1)計画準備
業務内容を把握するとともに、業務開始に先立ち、業務計画立案、準備を行います。
(2)調査方法
①画像撮影
ア)本業務は、コンクリートダム堤体下流面およびゲートピア側壁面(下流側)コン
クリートの画像撮影を行い、その撮影画像からひび割れ等変状を抽出した変状展開
図を作成し、ダム全体の劣化状況の現状把握を行い、今後の保守管理の基礎資料と
することを目的とします。
調査対象範囲を別添参考図に示します。
調査箇所
面積(㎡)
備考
ダム堤体下流面
約3,200
投影面積
ゲートピア側壁面(下流側)
約3,400
投影面積
イ)画像の撮影は、撮影可能な位置を選定し、遠方からデジタルカメラまたはデジタ
ルビデオカメラにより、連続画像撮影を行うものとします。
ウ)連続画像撮影は、連続走査撮影の出来るようなカメラ制御装置を用いて、画像の
重複・欠落が無いようにし、電動雲台を用いて撮影条件を一定条件に保ちながら
行うものとします。
②展開画像作成
ア)画像撮影により得られたデジタルデータについて、1回の撮影範囲毎に撮影角度
によるあおり補正、レンズによる歪み補正等の画像処理を行い、正対した画像を作
成するものとします。
イ)各画像は、合成処理を行い、ブロックまたは部位毎に展開画像を作成するものと
します。
③変状展開図作成
ア)別途、貸与する竣工図面より、変状展開図の基礎図の作成を行います。
イ)基礎図の背景に展開画像を配置し、展開画像上から、ひび割れ、亀甲状ひび割れ、
漏水、遊離石灰、剥離・剥落、コールドジョイント等の変状を抽出およびトレース
し、変状展開図を作成するものとします。
なお、ひび割れは、現地の代表箇所のキャリブレーション等から、以下のひび割
れ幅でレイヤ分けを行うものとします。
・0.2mm以上~0.5mm未満、0.5mm以上~1.0mm未満、1.0mm以上~2.0mm未満、
2.0mm以上
ウ)変状展開図は、システムおよびデータベース化し、以下の機能を有するものとし
ます。
・調査回毎のフォルダおよびレイヤ管理
・調査回毎のフォルダ、変状毎のレイヤの表示・非表示
・トレース時の変状の始点、終点、変化点の座標値入力
・個々のひび割れ長さ、漏水面積等の一覧出力(CSV形式)
・個々の変状の固有番号設定
・印刷時の画像解像度の変更
・個々の変状にスナップ写真(JPEG形式等 )、別途作成ファイル(Exce
l形式)をリンク表示
④報告書作成
本業務の実施内容を取りまとめ、報告書を作成するものとします。
成果品
・業務報告書
・変状展開図記録電子データ
・変状展開図(ビュアー版)
(3)見積項目と内容
調査方法(案)に基づき、調査に必要な工種毎に歩掛、調査機器、材料等についてお見
積もり下さい。
調査に要する歩掛の数量単位は「m2あたり」として作成してください。
なお、必要とする技術者の職種と定義は、国土交通省が公表している「平成24年度設
計業務委託等技術者単価」における「技術者の職種区分定義」によるものとします。
(4)その他
調査に特許技術や極めて特殊な機器・技術の利用を想定される場合は、それに関する
情報(例えば、特許の場合は取得者、利用制限等)もご記入下さい。
業務期間は概ね3ヶ月、その内訳として、現地調査が概ね1ヶ月(現地での準備期間を
含む)、結果整理・作図を概ね2ヶ月で実施可能なものとして想定下さい。
また、調査の精度を担保する資料(既往類似調査実績等)を、参考資料として添付下さ
い。
4.依頼書に対する質問
この依頼書に対してご質問がある場合は、下記の要領にて書面(様式は自由)でご提出
下さい。
(1)提出期間:平成24年11月19日(月)から平成24年11月22日(木)まで
ご持参される場合は、上記期間の土曜日、日曜日及び祝日を除く毎日、
午前10時から午後5時まで
(2)提出場所:2.(4)に同じ。
(3)提出方法:2.(5)に同じ。
5.質問に対する回答
ご質問に対する回答書は、次のとおり閲覧に供します。
(1)閲覧期間:平成24年11月26日(月)から平成24年11月30日(金)まで
(2)閲覧方法:水資源機構ホームページに掲載します。
6.参考見積書等の作成、提出、ヒアリングに要する費用
恐れ入りますが、参考見積等提出者のご負担でお願い致します。
7.入札参加資格について
提出して頂いた参考見積書等を基に、調査の実施を「測量・建設コンサルタント等」
にて予定しております。
この調査の入札参加資格には、独立業法人水資源機構の競争参加資格が必要となりま
す。入札への参加を希望され、まだ入札参加資格を取得されてない場合は、弊社ホーム
ページ(アドレスは下記のとおり)の「平成23・24年度一般競争(指名競争)参加資格に
ついて」のうち、測量・建設コンサルタント等の提出要領・申請書様式に従って参加資
格の取得を行って下さい。
【参加資格取得の手続きの物品製造等】
http://www.water.go.jp/honsya/honsya/keiyaku/sanka/sinseitop_23-24.html
以
上
Fly UP