...

日本語 - 国際通貨研究所

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

日本語 - 国際通貨研究所
Occasional Paper No.19
世界同時不況とアジア
∼グローバルな地殻変動が迫るアジアの変革∼
The Global Economic Crisis and Asia
~Challenges for the Asian Economy in a Changing World~
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町 1-3-2 三菱東京 UFJ 銀行日本橋別館 12 階
Fax: 03-3231-5422
e-mail: [email protected]
URL: http://www.iima.or.jp
12F The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd. Nihombashi Annex,
3-2 Nihombashi Hongokucho 1-Chome, Chuo-ku, Tokyo 103-0021, Japan
Tel: 03-3245-6934 Fax: 03-3231-5422
e-mail: [email protected]
URL: http://www.iima.or.jp
Occasional Paper No.19
Institute for International Monetary Affairs
IIMA
Tel: 03-3245-6934
財団法人 国際 通 貨 研究 所
Institute for International Monetar y Affairs
Institute for International Monetar y Affairs
財団法人 国際通貨研究所
IIMA
The Global Economic Crisis and Asia
世界同時不況とアジア
ߪߓ߼ߦ
਎⇇⚻ᷣߪ޿߹ࠣࡠ࡯ࡃ࡞ߥ㊄Ⲣෂᯏߣỗߒ޿᥊᳇ᓟㅌߦ⋥㕙ߒߡ޿߹ߔ‫☨ޕ‬࿖⚻ᷣ߆ࠄ
ߩ࠺ࠞ࠶ࡊ࡝ࡦࠣ߇༗વߐࠇߚࠕࠫࠕ⚻߽ᷣ‫⨹ߩߘޔ‬ᵄࠍฃߌߡ‫ޔ‬ฦ࿖࿕᦭ߩ੐ᖱࠍᛴ߃ߥ
߇ࠄ෩ߒ޿⚻ᷣㆇ༡ࠍ૛௾ߥߊߐࠇߡ޿߹ߔ‫ޔࠄ߇ߥߒ߆ߒޕ‬㜞޿ẜ࿷ᚑ㐳ജࠍ߽ߟࠕࠫࠕ
ߦߣߞߡ‫ߩߎޔ‬ෂᯏߪ‫ޔ‬ฦ࿖ߩ࿖ౝ⚻ᷣၮ⋚ࠍᒝൻߔࠆߣߣ߽ߦ‫ࠅࠃޔ‬ᒝ࿕ߥࠕࠫࠕၞౝߩ
⚻ᷣදജ૕೙ࠍ᭴▽ߔࠆᯏળߣ߽ߥࠅᓧࠆߩߢߪߥ޿ߢߒࠂ߁߆㧫
ߎߩࠃ߁ߥ໧㗴ᗧ⼂ߦ߽ߣߠ߈‫ޔ‬࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲߪ‫ޔ‬2009 ᐕ 2 ᦬ 18 ᣣߦ᧲੩ᦩ⥪ߦ߅
޿ߡ‫ޔ‬
‫ޟ‬਎⇇หᤨਇᴫߣࠕࠫࠕ 㨪ࠣࡠ࡯ࡃ࡞ߥ࿾Ზᄌേ߇ㄼࠆࠕࠫࠕߩᄌ㕟㨪‫ߣޠ‬㗴ߔࠆ࿖
㓙㊄Ⲣࠪࡦࡐࠫ࠙ࡓࠍ㐿௅޿ߚߒ߹ߒߚ‫ޕ‬
ᧄࠪࡦࡐࠫ࠙ࡓߢߪ‫ޔ࠼ࡦࠗޔ‬㚅᷼‫ޔ‬ᣣᧄ߅ࠃ߮ࠕࠫࠕ㐿⊒㌁ⴕࠍઍ⴫ߔࠆ⪺ฬߥᣇ‫ࠍޘ‬
߅᜗߈ߒ‫⚻ࠕࠫࠕޔ‬ᷣߩ‧ᒁᓎߣߒߡᦼᓙߐࠇࠆࠗࡦ࠼‫ޔ‬ਛ࿖‫ޔ‬ᣣᧄ߇ߘࠇߙࠇߤߩࠃ߁ߥ
⺖㗴ࠍᛴ߃‫⺖ߩߘޔ‬㗴స᦯ߩߚ߼ߩಣᣇ▐ߪ૗ߥߩ߆‫⨹ߩߎߦࠄߐޔ‬ᵄ߇ᒁ޿ߚ޽ߣߩ⚻ᷣ
૕೙ࠍߤߩࠃ߁ߦዷᦸߔߴ߈߆ߥߤߩ࠹࡯ࡑߦߟ޿ߡ‫ޔ‬ቭ᳃෺ᣇߩⷞὐ߆ࠄᵴ⊒ߥ⼏⺰ࠍዷ
㐿ߔࠆߎߣ߇ߢ߈߹ߒߚ‫ޕ‬
ᧄⓂߪ‫ޔ‬หࠪࡦࡐࠫ࠙ࡓߦ߅ߌࠆฦࡄࡀ࡝ࠬ࠻ߩࠬࡇ࡯࠴߅ࠃ߮ࡄࡀ࡞࡮࠺ࠖࠬࠞ࠶ࠪ
࡚ࡦߩౝኈࠍ⸥㍳ߦ߹ߣ߼ߚ߽ߩߢߔ‫⚻ࠕࠫࠕޕ‬ᷣߩⴕᣇߦߏ㑐ᔃߩ޽ࠆ⊝᭽ᣇߩ੹ᓟߩ
⼏⺰߳ߩߏෳ⠨ߩ৻ഥߦߥࠇ߫ᐘ↟ߢߔ‫ ޕ‬
2009 ᐕ 4 ᦬
⽷࿅ᴺੱ ࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲ
Preface
The world economy is now faced with a global financial crisis and on the verge of
severe recession. The Asian economy, which appeared to be decoupling from the US economy,
is not immune to the deepening US recession, and countries in the region are now forced to
manage their economies in the face of weakening demands from abroad on top of their own
difficulties. However, despite of these hardships, is it possible to hope that the present crisis
might give the Asian countries still with high growth potential an opportunity to strengthen
their economic fundamentals as well as improve regional economic cooperation through a
more solid framework?
With these issues in mind, the Institute for International Monetary Affairs (IIMA) held
an international financial symposium titled “The Global Economic Crisis and Asia㨪
Challenges for the Asian Economy in a Changing World” on February 18, 2009, at Tokyo
Kaikan Hall in Tokyo.
We were fortunate to have the very distinguished panelists from India, Hong Kong,
Japan as well as from the Asian Development Bank to present their outstanding views and
opinions on such issues as what kinds of problems the major Asian countries, i.e., China, India
and Japan, are faced with; what are the prescriptions for them to overcome their difficulties,
and more generally, what kind of economic and financial system will emerge from the
presently turbulent financial seas.
This is the record of the proceedings of the symposium and we sincerely hope this will
give you much inspiration in your business and academic considerations.
April, 2009
Institute for International Monetary Affairs
ࡄࡀ࡝ࠬ࠻⇛ᱧ㧛3URILOHV
㤥↰᧲ᒾ ࠕࠫࠕ㐿⊒㌁ⴕ✚ⵙ
ᐕ ᧲੩ᄢቇතᬺ‫ޔ‬ᄢ⬿⋭౉⋭ ᐕ ࠝ࠶ࠢࠬࡈࠜ࡯࠼ᄢቇ⚻ᷣቇୃ჻
ᐕ ࿖㓙㊄Ⲣዪ㐳
ᐕ ⽷ോቭ
ᐕ ࠕࠫࠕ㐿⊒㌁ⴕ✚ⵙ +DUXKLNR.XURGD3UHVLGHQW$VLDQ'HYHORSPHQW%DQN
JUDGXDWHGIURPWKH8QLYHUVLW\RI7RN\RDQGMRLQHGWKH0LQLVWU\RI)LQDQFH 03KLOLQ(FRQRPLFVIURP8QLYHUVLW\RI2[IRUG
'LUHFWRU*HQHUDO,QWHUQDWLRQDO)LQDQFH%XUHDX02)
9LFH0LQLVWHURI)LQDQFHIRU,QWHUQDWLRQDO$IIDLUV
3UHVLGHQW$VLDQ'HYHORSPHQW%DQN ഏ ㆩ⟵ 㚅᷼ਛᢥᄢቇቇ㐳
ᐕ ࠬ࠲ࡦࡈࠜ࡯࠼ᄢቇℂቇ჻
ᐕ ࠞ࡝ࡈࠜ࡞࠾ࠕᄢቇ㧔ࡃ࡯ࠢ࡟࡯㧕⚻ᷣቇඳ჻
ᐕ ࠬ࠲ࡦࡈࠜ㧙࠼ᄢቇ⚻ᷣቇᢎ᝼
ᐕ㧙㚅᷼ਛᢥᄢቇቇ㐳
ᐕ หᄢቇ࡜࡞ࡈ࡮ࠢ࡟ࠕ࡮࡜ࡦ࠳࠙⚻ᷣቇᢎ᝼ /DZUHQFH-/DX3UHVLGHQW&KLQHVH8QLYHUVLW\RI+RQJ.RQJ
%6LQ3K\VLFVIURP6WDQIRUG8QLYHUVLW\
3K'LQ(FRQRPLFVIURP8QLYHUVLW\RI&DOLIRUQLD%DUNOH\
SURIHVVRURIHFRQRPLFV6WDQIRUG8QLYHUVLW\
3UHVLGHQWDQG9LFH&KDQFHOORU7KH&KLQHVH8QLYHUVLW\RI
+RQJ.RQJ
5DOSKDQG&ODLU/DQGDXSURIHVVRURIHFRQRPLFV
ጟㇱ ⡡ ࠻࡛࠲⥄േゞᩣᑼળ␠ኾോข✦ᓎ
ᐕ ᧲੩Ꮏᬺᄢቇතᬺ‫⥄࠲࡛࠻ޔ‬േゞᩣᑼળ␠౉␠
ᐕ ࠝ࠮ࠕ࠾ࠕ࡮ਛㄭ᧲༡ᬺㇱㇱ㐳
ᐕ Ᏹോᓎຬ
ᐕኾോข✦ᓎ౗⽕੝ਛㄭ᧲ᧄㇱᧄㇱ㐳
$NLUD2NDEH6HQLRU0DQDJLQJ'LUHFWRU7R\RWD0RWRU&RUSRUDWLRQ
JUDGXDWHGIURP7RN\R,QVWLWXWHRI7HFKQRORJ\DQGMRLQHG7R\RWD
0RWRU&RUSRUDWLRQ
*HQHUDO0DQDJHU2FHDQLD0LGGOH(DVW6RXWKZHVW$VLD'LYLVLRQ
0DQDJLQJ2IILFHU
6HQLRU0DQDJLQJ'LUHFWRUDQG&KLHI2IILFHURI$VLD2FHDQLD0LGGOH (DVW2SHUDWLRQV*URXS
࠼࠘ࡧ࡝࡮ࠬࡃ࡜ࠝ ࠗࡦ࠼Ḱ஻㌁ⴕ✚ⵙ
ᐕ ࠗࡦ࠼Ꮏ⑼ᄢቇ㧔ࠞ࡯ࡦࡊ࡞ᩞ㧕‛ℂቇୃ჻
ᐕ ࠕࡦ࠼࡜ᄢቇ⚻ᷣቇඳ჻
ᐕ ਎⇇㌁ⴕ࡝࡯࠼ࠛࠦࡁࡒࠬ࠻
ᐕ ࠗࡦ࠼ᄢ⬿⋭ᰴቭ
ᐕ㧙ࠗࡦ࠼Ḱ஻㌁ⴕ✚ⵙ 'XYYXUL6XEEDUDR*RYHUQRU5HVHUYH%DQNRI,QGLD
0LQ3K\VLFVIURP,,7.DQSXU
DZDUGHGD3K'LQ(FRQRPLFVE\$QGKUD8QLYHUVLW\
/HDGHFRQRPLVWWKH:RUOG%DQN
)LQDQFH6HFUHWDU\*RYHUQPHQWRI,QGLD
*RYHUQRU5HVHUYH%DQNRI,QGLD
ⴕᄤ⼾㓶 ࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲℂ੐㐳
ᐕ ᧲੩ᄢቇතᬺ‫ޔ‬ᄢ⬿⋭⽷ോ⋭౉⋭
ᐕ ⽷ോቭ
ᐕ ࡂ࡯ࡃ࡯࠼෸߮ࡊ࡝ࡦࠬ࠻ࡦᄢቇቴຬᢎ᝼
ᐕ ᧲੩㌁ⴕข✦ᓎળ㐳
ᐕ ࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲℂ੐㐳
ᐕ ਃ⪉᧲੩ 8)- ㌁ⴕ․೎㘈໧
7R\RR*\RKWHQ3UHVLGHQW,,0$
JUDGXDWHGIURPWKH8QLYHUVLW\RI7RN\RDQGMRLQHGWKH0LQLVWU\RI)LQDQFH 9LFH0LQLVWHURI)LQDQFHIRU,QWHUQDWLRQDO$IIDLUV
9LVLWLQJ3URIHVVRUDW+DUYDUGDQG3ULQFHWRQ8QLYHUVLWLHV
&KDLUPDQ7KH%DQNRI7RN\R/WG
3UHVLGHQW,QVWLWXWHIRU,QWHUQDWLRQDO0RQHWDU\$IIDLUV 㧙6SHFLDO$GYLVRU7KH%DQNRI7RN\R0LWVXELVKL8)-
ᷰㄝ༑ብ ࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲኾോℂ੐
ᐕ ᧲੩ᄢቇතᬺ‫᧲ޔ‬੩㌁ⴕ౉ⴕ
ᐕ บർᡰᐫ㐳
ᐕ Ᏹോၫⴕᓎຬࠕࠫࠕᧄㇱ㐳
ᐕ㧙࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲኾോℂ੐
ᐕ㧙ᣣශ⚻ᷣᆔຬળᏱ⸳ᆔຬળᆔຬ㐳 <RVKLKLUR:DWDQDEH0DQDJLQJ'LUHFWRU,,0$
JUDGXDWHGIURPWKH8QLYHUVLW\RI7RN\RDQGMRLQHGWKH%DQNRI7RN\R/WG
*HQHUDO0DQDJHU7DLSHL2IILFH
0DQDJLQJ'LUHFWRUDQG&KLHI([HFXWLYH2IILFHUIRU$VLD2FHDQLD 0DQDJLQJ'LUHFWRU,QVWLWXWHIRU,QWHUQDWLRQDO0RQHWDU\$IIDLUV
㧙&KDLUPDQ6WDQGLQJ&RPPLWWHHRI-DSDQ,QGLD%XVLQHVV&RRSHUDWLRQ &RPPLWWHH
⋡ᰴ㧛Contents
ᣣᧄ⺆ Japanese Version 㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯1
⧷⺆ English Version 㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯㨯50 ᣣᧄ⺆ Japanese Version
2FFDVLRQDO3DSHU1R
╙ ࿁ ࿖㓙㊄Ⲣࠪࡦࡐࠫ࠙ࡓ
਎⇇หᤨਇᴫߣࠕࠫࠕ
㨪ࠣࡠ࡯ࡃ࡞ߥ࿾Ზᄌേ߇ㄼࠆࠕࠫࠕߩᄌ㕟㨪
㧔ᣣᧄ⺆ 㧕
ᐕ ᦬ ᣣ ᧲੩ᦩ㙚ࡠ࡯࠭࡞࡯ࡓ
⽷࿅ᴺੱ ࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲ
⋡ ᰴ
㧝㧚㐿ળࠬࡇ࡯࠴ .............................................................................................................................. 1
ⴕᄤ ⼾㓶㧔࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲℂ੐㐳㧕
㧞㧚⚻ᷣෂᯏߣࠕࠫࠕ ̆ ᚑ㐳ߩ࡝ࡃ࡜ࡦࠬ߳ߩᯏળ .......................................................... 6
㤥↰ ᧲ᒾ㧔ࠕࠫࠕ㐿⊒㌁ⴕ✚ⵙ㧕
㧟㧚਎⇇⊛㊄Ⲣෂᯏ߇ਛ࿖ߦਈ߃ࠆᓇ㗀 .................................................................................... 12
ഏ ㆩ⟵㧔㚅᷼ਛᢥᄢቇቇ㐳㧕
㧠㧚਎⇇⊛㊄Ⲣෂᯏߩࠗࡦ࠼߳ߩᓇ㗀̆ߘߩⵍኂߣ᡽╷ኻᔕ ................................................ 22
࠼࠘ࡧ࡝࡮ࠬࡃ࡜ࠝ㧔ࠗࡦ࠼Ḱ஻㌁ⴕ✚ⵙ㧕
㧡㧚᭴ㅧᄌൻ߇᳞߼ࠄࠇࠆࠕࠫࠕߩ⥄േゞ↥ᬺ ........................................................................ 29
ጟㇱ ⡨㧔࠻࡛࠲⥄േゞᩣᑼળ␠ኾോข✦ᓎ㧕
㧢㧚ࡄࡀ࡞࡮࠺ࠖࠬࠞ࠶࡚ࠪࡦ .................................................................................................... 36
มળ ᷰㄝ ༑ብ㧔࿖㓙ㅢ⽻⎇ⓥᚲኾോℂ੐㧕
1.開会スピーチ
行天 豊雄
(国際通貨研究所理事長)
私ども国際通貨研究所は、ほぼ 13 年前の 1995 年に設
立いたしました。爾来、出捐者である三菱東京 UFJ 銀行
はじめ、多数の方々から大変温かいご支援をいただきま
して、無事に発展をしてまいりました。現在、研究員 20
名前後という非常に小さな研究所でございますけれども、
幸い国内外での認知度も急速に上昇しているようであり
ます。
私どもは創立以来一貫して国際通貨金融問題について
の研究と、その成果の発信をしてまいりました。今まで
取り組んできた主なテーマとして、例えば、アジアにお
ける通貨金融協力、欧州統一通貨ユーロの問題、国際的な通貨制度問題等々があります。ま
た 2 年ほど前からはイスラム金融についても一生懸命勉強しております。さらに単に研究を
し、その成果を発信するだけではなく、海外からの客員研究員の受け入れや国内外のさまざ
まな研究プロジェクトへの参加、このようなシンポジウムやセミナーの開催など多岐にわた
る活動をさせていただいております。今後とも私ども精一杯努力をしてまいりますので、皆
さま方にはぜひとも従来同様の温かいご支援、厳しいご鞭撻をお願いする次第であります。
さて、一昨年の春に始まりましたいわゆるサブプライムローン危機はその後 2 年がたち
ましたが、依然として事態は深刻化していると言わざるを得ません。いったいどうしてこの
ようなことになってしまったのか、いったいこの危機は何なのだということは、やはり絶え
ず振り返って考えてみる必要があるだろうと思っております。言うまでもなく、事の起こり
は米国の住宅市場でバブルが発生し、その後そのバブルが崩壊してサブプライムローンの危
機が起こったわけです。考えてみますと、住宅に限らず、いろんな商品についてバブルが起
こり、それが時を経て崩壊するということ自体は何も珍しいことではありません。歴史を振
り返ってみましても、世界中いろいろな国でさまざまな時期に同じようなことが起こってい
ます。しかし、今回の危機が従来のバブルとその崩壊とは非常に大きく違うという事実には
やはりその背景があるわけで、今回の住宅バブルとその崩壊が起こった経済的な背景や環境
というものが、今までとは非常に大きく、根本的に違っていたと思います。どこが違ってい
たのか、いろいろ考えられますが、私は次の五つの要因を取り上げてみたいと思っておりま
す。
第一は、いわゆるグローバリゼーションです。1989 年の冷戦終結以来、このグローバリゼ
ーションの過程が進み、文字通り経済要素のすべて、つまり資金、情報、企業活動といった
ものの国際的な流れが非常に自由になり、かつその規模が広がりました。このグローバリゼ
1
࡯࡚ࠪࡦߪ੹࿁ߩෂᯏߩ⢛᥊ߦ޽ࠆ৻ߟߩᄢ߈ߥේ࿃ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ੑ⇟⋡ߪߘࠇߣ߽㑐ଥ߇޽ࠅ߹ߔ߇‫ޔ‬ᖱႎㅢାᛛⴚ߇㕟๮⊛ߦ⊒㆐ߒ‫ߦࠇߘޔ‬ᡰ߃ࠄࠇߡ
㊄ⲢᎿቇ߇ㅴᱠ޿ߚߒ߹ߒߚ‫⚿ߩߘޕ‬ᨐߐ߹ߑ߹ߥ㊄Ⲣᵷ↢໡ຠ‫⸽ߪ޿ࠆ޽ޔ‬೛ൻ໡ຠߣ޿
ߞߚࠃ߁ߥ߽ߩ߇↢߹ࠇߡ‫ࠍࠇߘߚ߹ޔ‬ᄁ⾈ߔࠆᏒ႐߇ߎࠇ߽߹ߚ㘧べ⊛ߦ‫߫߃⸒ߦࠄߐޔ‬
῜⊒⊛ߦ᜛ᄢߒߚߎߣ߇޽ߞߚߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ਃ⇟⋡ߦߪ‫߽ࠇߎޔ‬หߓࠃ߁ߥᤨᦼߦ☨࿖⚻ᷣߩਛߦ߅ߌࠆኅ⸘ㇱ㐷ࠍਛᔃߣߒߚᶖ⾌ㆊ
೾‫৻ߩઁߩߘ࡯ࠡ࡞ࡀࠛࠄ߆ࠇߘޔ‬ᰴ↥ຠߩଔᩰߩ਄᣹‫ઁޔ‬ᣇ‫ࠍࠕࠫࠕޔ‬ਛᔃߣߔࠆ࿖‫ߢޘ‬
ߩ⾂⫾ߩㆊ೾ߣ޿ߞߚේ࿃߇㊀ߥࠅ‫ޔ‬਎⇇⊛ߦ㕖Ᏹߦᷓೞߥ⚻Ᏹ෼ᡰߩਇဋⴧ߇⿠ߎߞߚࠊ
ߌߢߔ‫⚻ߩߎޕ‬Ᏹ෼ᡰߩਇဋⴧࠍࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬߔࠆએ਄ߦ‫ޔ‬ㅒᣇะߦ⾗㊄߇േ޿ߚ⚿ᨐ‫ޔ‬ᵹ
േᕈ߇㕖Ᏹߦㆊ೾ߥ⁁ᘒߦߥࠅ߹ߒߚ‫ߩߎޕ‬࿖㓙⊛ߥᵹേᕈㆊ೾ߩ⁁ᘒ߇‫੹ޔ‬࿁ߩෂᯏࠍ↢
ࠎߛ߽߁৻ߟߩේ࿃ߢ޽ߞߚߎߣߪ㑆㆑޿޽ࠅ߹ߖࠎ‫ޕ‬
྾⇟⋡ߦߪ‫߁޿߁ߎޔ‬࿖㓙ൻ߿ߐ߹ߑ߹ߥ㊄ⲢᏒ႐ߩᣂߒ޿⊒ዷ‫ޔ‬ᵹേᕈߩㆊ೾ߣ޿ߞߚ
ߎߣࠍ⢛᥊ߦ‫ᦨޔ‬ㄭ⸒ࠊࠇߡ޿ࠆࠃ߁ߦ‫ᧄ⾗ޔ‬ਥ⟵ߩਛߦභ߼ࠆ㊄Ⲣߩᓎഀ߇㕖Ᏹߦ⓭಴ߒ
ߡߒ߹޿߹ߒߚ‫ ޕ‬਎♿ߩ㊄Ⲣ‫ᧄ⾗ޔ‬ਥ⟵߇‫ߊߒߐ߹ޔ‬㊄Ⲣ⾗ᧄਥ⟵ߦߥߞߚࠊߌߢߔ‫ޕ‬ᒰ
ὼߩߎߣߢ߽޽ࠅ߹ߔ߇‫ߩߎޔ‬਎⇇ߦ߅޿ߡߪ‫ᦨޔ‬ᄢߩ೑⋉ࠍㅊ᳞ߔࠆ‫⽽ޟ‬᰼‫⸒ߢ⺆⧷ޔޠ‬
߁ߣ‫ޟ‬JUHHG‫ߦࠇߘޔߒߚߒ߹߈ߡߞߎ߮ߪ߇ߩ߽߁޿ߣޠ‬ᡰ㈩ߐࠇߚ⚿ᨐ‫ޔ‬㊄Ⲣߩขᒁߦ߅
޿ߡߪߤࠎߤࠎௌോߩ୚₸ࠍ਄ߍߡ޿ߊ‫ߩࠫ࠶࡟ࡃ࡟ࠅ߹ߟޔ‬㜞ᐲൻ߇⿠ߎߞߡ‫⴫ߣࠇߘޔ‬
ⵣࠍߥߒߡᦨㄭߩ⚻༡⠪ߩ୊⛎໧㗴ߥߤߦ߽␜ߐࠇߡ޿ࠆࠃ߁ߥ‫ߩ࡞࡜ࡕࠬࡀࠫࡆޔ‬ૐਅߥ
޿ߒߪ፣უߣ޿߁ߎߣ߽⿠ߎߞߚߣ⸒߃ࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬
ᦨᓟߩ੖⇟⋡ߩⷐ࿃ߪ‫ߥ߁ࠃߩߎߦߐ߹ޔ‬㊄Ⲣࡆࠫࡀࠬ߿㊄ⲢᏒ႐ߩ᜛ᄢ‫ޔ‬ᄙ᭽ൻߦ઻ߞ
ߡࡆࠫࡀࠬߦ߅ߌࠆ࡝߽ࠬࠢᕆჇߒ߹ߒߚ߇‫߁޿߁ߎޔ‬㊄Ⲣ਎⇇ߩᄌ⽩ߥࠄ߮ߦ࡝ࠬࠢߩᕆ
Ⴧߦ߽߆߆ࠊࠄߕ‫ⷙⷞ⋙ࠍࠇߘޔ‬೙ߒߡ޿ࠆ⋙〈ᒰዪߩኻᔕ߇₸⋥ߦ⸒ߞߡ㕖Ᏹߦㆃࠇߡ޿
߹ߒߚ‫ߩࠬࡀࠫࡆߩߘߚ߹ޕ‬ਛߦ߅ߌࠆડᬺߦߟ޿ߡ߽‫▤ࠢࠬ࡝ޔ‬ℂ૕೙߇චಽߢߥ߆ߞߚ
ߣ⸒ࠊߑࠆࠍᓧ߹ߖࠎ‫ޕ‬
ߎߩࠃ߁ߥߎߣࠍ⢛᥊ߦߒߡ‫☨ޔ‬࿖૑ቛᏒ႐ߩࡃࡉ࡞ߣߘߩ፣უߣ޿߁‫ޔ‬ᱧผ⊛ߦ޿߃߫
ߚ޿ߒߚߎߣߢߪߥ޿੐ઙ߇‫ޔ‬਎⇇⊛ߥෂᯏߦ⊒ዷߒ‫ߦࠄߐޔ‬㕖Ᏹߦා੺ߥߎߣߦߪ‫ߩߘޔ‬
ⵍኂ߇㊄ⲢᏒ႐ߩߺߥࠄߕ‫ޔ‬ታ૕⚻ᷣߦ߽ᕆㅦߦ᜛ᄢߒߡ‫ⵍߩߘޔ‬ኂࠍᐢߍߡ޿ߞߚࠊߌߢ
ߔ‫ߏߊࠃ߽߹ߐ⊝ޕ‬ሽߓߩߎߣߢߔ߇‫ޔ‬㊄Ⲣߩ㕙ߢ⷗ࠇ߫‫ޔ‬ᒰೋߩࠨࡉࡊ࡜ࠗࡓࡠ࡯ࡦ⸽೛
Ꮢ႐ߩ፣უ߇޽ߞߣ޿߁㑆ߦߘߩઁߩ⸽೛ൻᏒ႐‫⸽ޔ‬೛ൻ໡ຠᏒ႐ߦ߽ᵄ෸ࠍ޿ߚߒ߹ߒߚ‫ޕ‬
ߘ߁޿߁໡ຠߩᛩ⾗⠪޽ࠆ޿ߪขᒁࠍߒߡ޿ࠆᯏ㑐߿୘ੱߦᛂ᠄ࠍਈ߃‫⚿ޔ‬ᨐ⊛ߦߪ㊄Ⲣᯏ
㑐ߩ⾗↥߇ഠൻߒߡ⾗ᧄ߇ਇ⿷ߔࠆ‫ޔ‬ା↪ᐲ߽ਅ߇ࠆߣ޿߁ߎߣߦߥࠅ߹ߒߚ‫߽ᦨ੹ޕ‬ᕟࠇ
ࠆߴ߈੐ᘒߪ‫ోޔ‬਎⇇ߦ⬧ᑧߒߚ㕖Ᏹߦ෩ߒ޿ା↪෼❗ߩ⁁ᴫߛࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫߁޿߁ߎޕ‬
2
⁁ᴫ߇‫ࠅߪ߿ޔ‬⍍ߊ㑆ߦ਎⇇ో૕ߦᵄ෸ߒߡ޿ࠆߎߣ߇‫ޔ‬ዋߥߊߣ߽㊄Ⲣ㕙ߢ⷗ࠇ߫⃻⁁ߩ
ᦨ߽ᘷᘦߔߴ߈ὐߢ޽ࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ઁᣇ‫ޔ‬ታ૕⚻ᷣߩ㕙ߢߪ‫ޔ‬ᒰೋߩ૑ቛଔᩰߩਅ⪭ߦࠃߞߡᒰὼኅ⸘ߩᶖ⾌⢻ജߪૐਅߒ߹
ߒߚ߇‫ߦࠇߘޔ‬ട߃ߡ૑ቛ↥ᬺߩ஗ṛ‫ߚߒ߹ߒ↳੹ߪ޿ࠆ޽ޔ‬㊄ⲢᏒ႐ߢߩା↪෼❗ߥߤߦ
ࠃߞߡ‫ోޔ‬㕙⊛ߥ㔛ⷐߩᷫㅌ‫ޔ‬ᶖ⾌ߩᷫㅌߣ޿߁ߎߣ߇⿠ߎߞߡ޿ࠆࠊߌߢߔ‫⚿ߩߘޕ‬ᨐ‫ޔ‬
߶ߣࠎߤో↥ᬺߦࠊߚߞߡડᬺᬺ❣߇ᖡൻߒ‫߇ࠇߘޔ‬㓹↪‫⾏ޔ‬ᤃ‫ޔ‬ᛩ⾗ߣ޿ߞߚᵴേࠍ߽෼
❗ߐߖߡ߅ࠅ‫ߦߐ߹ޔ‬਎⇇ߔߴߡߩ⚻ᷣ߇੹߆ߥࠅᷓೞߥᚑ㐳₸ߩૐਅࠍ๧ࠊ߅߁ߣߒߡ޿
߹ߔ‫⸥ߏޕ‬ᙘߩߣ߅ࠅ‫ ޔ‬ᐕ‫ ߆ߕࠊࠄ߆੹ޔ‬ᐕ೨ߦߪ਎⇇ਛߩߔߴߡߩ⚻ᷣ߇ࡊ࡜ࠬߩ
ᚑ㐳ࠍㆀߍߚߣ޿߁‫ޔ‬ᚢᓟೋ߼ߡߩ❥ᩕࠍ⻭᱌ߔࠆᐕߢ޽ߞߚࠊߌߢߔ߇‫ ߆ߕࠊޔ‬ᐕᓟߩ
੹ᐕߪᕟࠄߊᚢᓟᦨᖡߩ᥊᳇⁁ᴫߦߥࠆߩߢߪߥ޿߆ߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
ߎ߁޿߁੐ᘒߦኻߒߡ૗ࠍߒߚࠄ޿޿ߩ߆ߣ޿߁‫ߪߩ߽ߩߘ߃╵ޔ‬᣿⍎߆ߟ◲නߛࠈ߁ߣ
ᕁ޿߹ߔ‫ߪߣߎ߈ߴࠆ߿ޕ‬ਃߟߒ߆޽ࠅ߹ߖࠎ‫☨ߕ߹ߪߟ৻ޕ‬࿖ߩ૑ቛᏒ႐ߩᱜᏱൻߢߔ‫ޕ‬
৻ᣣ߽ᣧߊௌോਇጁⴕ߿Ꮕߒ᛼ߐ߃ࠍᷫዋߐߖߡ‫ޔ‬࿷ᐶ⺞ᢛࠍ⚳ࠊࠄߖࠆߎߣ‫ߥߒࠍࠇߘޔ‬
ߌࠇ߫‫⚻ߩߡߴߔޔ‬ᷣᵴേߪ࿁ᓳߒ߹ߖࠎ‫ޕ‬ੑ⇟⋡ߪታ૕⚻ᷣ㕙ߢ‫ޔ‬૗ߣ߆ߒߡ᥊᳇ߩ஗ṛ
ࠍᱛ߼ߡ࿁ᓳߐߖߥߊߡߪߥࠅ߹ߖࠎ‫ޔࠅ߹ߟޕ‬㔛ⷐࠍ༐⿠ߐߖߥߊߡߪ޿ߌߥ޿ߩߢߔ߇‫ޔ‬
਎⇇ਛߤߎࠍ⷗ߡ߽‫ޔ‬㊄Ⲣ᡽╷ߩ㕙ߢ૛࿾߇ᱷߞߡ޿ࠆ࿖ߪ޽ࠅ߹ߖࠎߩߢ‫⚿ޔ‬ዪߩߣߎࠈ
⽷᡽᡽╷ߦଐሽߔࠆߎߣߦߥࠅ߹ߔ‫ޕ‬⍴ᦼ⊛ߥ⽷᡽ᖡൻߪ߿߻ࠍᓧߥ޿߽ߩߣߒߡ‫ޔ‬૗ߣ߆
✚㔛ⷐࠍ༐⿠ߒߡ㓹↪ࠍ⛽ᜬߒߥߌࠇ߫ߥࠄߥ޿ࠊߌߢߔ‫ޕ‬ਃ⇟⋡ߩኻ╷ߣߒߡߪ‫ޔ‬㊄Ⲣ᡽
╷ߩ㕙ߢ‫ޔ‬㊄Ⲣᯏ㑐ߩ⾗ᧄߩჇᒝߣਇ⦟ௌᮭߩᢛℂߦࠃߞߡ‫ޔ‬ᒰ㕙ᦨᄢߩ໧㗴ߢ޽ࠆ਎⇇⊛
ߥା↪෼❗ࠍᡷༀߔࠆߣ޿߁ߎߣߢ޽ࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
એ਄߇⃻࿷ߩෂᯏߩ৻ᔕߩ⸃⺑ߦߥࠅ߹ߔ߇‫੹ޔ‬ᣣ⑳߇৻⸒↳ߒ਄ߍߚ޿ߎߣߪ‫੹ޔ‬࿁ߩ
ෂᯏߩ㕖Ᏹߦ㊀ⷐߥ஥㕙ߣߒߡ‫ߩߎޔ‬㊄Ⲣ㕙޽ࠆ޿ߪታ૕⚻ᷣ㕙ߢߩෂᯏߪ‫ޔ‬਎⇇⚻ᷣࠍᱧ
ผ⊛ߦୄ⍑ߒߚ႐วߦ‫ޔ‬ਛ㐳ᦼ⊛ߥ㕖Ᏹߦᄢ੐ߥ᭴ㅧ໧㗴ߣኒធߦ⛊ߺวߞߡ޿ࠆߣ޿߁ߎ
ߣߢߔ‫ౕޕ‬૕⊛ߦߪ‫ޔ‬྾ߟߩὐࠍᜰ៰ߢ߈߹ߔ‫ޕ‬
╙৻ߪ‫ޔ‬వ߶ߤ↳ߒ߹ߒߚࠃ߁ߥࠣࡠ࡯ࡃ࡞࡮ࠗࡦࡃ࡜ࡦࠬߩ⁁ᴫ߇ߎࠇ߆ࠄߤ߁ߥࠆߩ
߆ߣ޿߁ὐߢߔ‫ ߢ߹ࠇߎޔࠅ߹ߟޕ‬ᣇߦ☨࿖ߩኅ⸘ㇱ㐷ߦ߅ߌࠆᶖ⾌ㆊ೾߇޽ࠅ‫ઁޔ‬ᣇߢ
ߪ‫⫾⾂ߦ╬ࠕࠫࠕޔ‬ㆊ೾߇޽ߞߡߘߩ㑆ߢ⾗㊄߇േߊߣ޿ߞߚ㕖Ᏹߦᄢ߈ߥࠣࡠ࡯ࡃ࡞࡮ࠗ
ࡦࡃ࡜ࡦࠬ߇޽ߞߚࠊߌߢߔ‫ߡߞࠃߦࠇߘޕ‬਎⇇⊛ߦᶖ⾌߇Ⴧ߃‫߇↥↢ޔ‬Ⴧ߃‫ޔ‬ャ಴߇Ⴧ߃‫ޔ‬
ャ౉߇Ⴧ߃ࠆߎߣߢ‫ޔ‬਎⇇⚻ᷣ߇❥ᩕࠍ⻭᱌ߒߡ޿ߚࠊߌߢߔ߇‫੹ޔ‬ᐲߩෂᯏߩ⚿ᨐ‫ߩߎޔ‬
਎⇇⚻ᷣߩၮᧄ⊛ߥ᭴ㅧߪ޿ߞߚ޿ߤ߁ߥࠆߩ߆‫ࠇߎ߇ࠞ࡝ࡔࠕߒ߽ޕ‬એ਄ᶖ⾌ㆊ೾ࠍ⛯ߌ
ࠄࠇߥ޿ߣ޿߁ߎߣߢ‫ޔ‬࿖ౝ⚻ᷣߦ߅ߌࠆࡃ࡜ࡦࠬࠍ࿁ᓳߒࠃ߁ߣߔࠆߣ‫ߩߘޔ‬෻ኻ஥ߦ޽
ߞߚ⾂⫾ㆊ೾࿖‫⚻ޔ‬Ᏹ෼ᡰ㤥ሼ࿖ߢ߽หߓࠃ߁ߥ‫ޕߔ߹ࠅߎ⿠߇ࠣࡦࠪࡦ࡜ࡃ࡝ࠆࠁࠊ޿ޔ‬
ߎࠇߪ਎⇇⚻ᷣో૕ߦߣߞߡ㕖Ᏹߦᄢ߈ߥ⺖㗴ߢߔ‫ߩߢ߹ࠇߎޔࠅ߹ߟޕ‬ᚑ㐳ࡕ࠺࡞߇ߤߩ
3
ࠃ߁ߦᄌࠊࠆߩ߆‫ࠍࠇߘߚ߹ޔ‬ᡰ߃ߡ޿ߚ↥ᬺ᭴ㅧో૕ߪߤ߁ߥࠆߩ߆‫ߪࠇߘޔ‬ᄢ߈ߥ␠ળ
⊛‫ޔ‬᡽ᴦ⊛‫⚻ޔ‬ᷣ⊛ߥᷙੂࠍ߽ߚࠄߐߕߦน⢻ߥߩ߆ߣ޿߁໧㗴ߢߔ‫ޕ‬
ੑ⇟⋡ߪ㊄Ⲣᡷ㕟ߛࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫੹ޕ‬ᐲߩෂᯏߩ⚿ᨐ‫ߩဳࡦ࠰ࠢࠨࡠࠣࡦࠕࠆࠁࠊ޿ޔ‬
㊄Ⲣࡕ࠺࡞ߪߤ߁ߥࠆߩߢߒࠂ߁߆‫ౕޕ‬૕⊛ߦߪ㌁ⴕߘߩઁߩ㊄Ⲣᯏ㑐ߩࡆࠫࡀࠬࡕ࠺࡞ߩ
໧㗴߿‫ޔ‬వ߶ߤ⸅ࠇ߹ߒߚ㕖Ᏹߦ㜞޿࡟ࡃ࡟࠶ࠫࠍߤ߁߿ߞߡਅߍߡ޿ߊ߆ߣ޿߁໧㗴߽޽
ࠅ߹ߔ‫ޕ‬ᣂߒ޿㊀ⷐߥࡊ࡟ࠗࡗ࡯ߢ޽ߞߚࡋ࠶ࠫࡈࠔࡦ࠼߿ᛩ⾗㌁ⴕߪߤ߁ߥࠆߩ߆‫ޔ‬෻㕙‫ޔ‬
વ⛔⊛ߥ໡ᬺ㌁ⴕߩᓎഀߪߤ߁ߥࠆߩ߆‫ోޔߚ߹ޔ‬૕ࠍ⋙〈ߔࠆⷙ೙⋙〈૕೙߿⋙〈ᯏ㑐ߪ
ߎࠇ߆ࠄߤ߁ߥߞߡ޿ߊߩ߆‫ߚߒ߁ߎޕ‬ᄌൻߩㆊ⒟ߢߪ‫ޔ‬ᕟࠄߊ੹߹ߢߩ㊄Ⲣ⥄↱ൻ‫ⷙޔ‬೙
✭๺ߩᝄࠅሶ߇ㅒߦㅴߺᆎ߼ߡ‫ ߩࠄ߆ࠇߎޔ‬ᐕߪㅒߩᣇะ߳ߩⴕ߈ߔ߉߇⿠ߎࠆ࡝ࠬࠢ
߇߆ߥࠅ㜞޿ߩߢߪߥ޿߆ߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬㊄Ⲣᯏ㑐ߩ࿖᦭ൻ߇ᣢߦ޽ߜߎߜߢᆎ߹ߞߡ
޿߹ߔ߇‫ⷙޔ‬೙ᒝൻ߇ㅴߺ‫ⷙޔ‬೙૕೙ో⥸߇޿ߞߚ޿ߤ߁ߥࠆ߆߽ᄢᄌᄢ੐ߥߎߣߢߔ‫ޕ‬
ਃ⇟⋡ߪ࿖㓙ㅢ⽻૕೙ߩ⹤ߢߔ‫╙ޕ‬ੑᰴ਎⇇ᄢᚢᓟ਎⇇ࠍᡰ㈩ߒߡ޿߹ߒߚታ⾰⊛ߥ࠼࡞
ᧄ૏૕೙‫ߩߘޔ‬ਛߦ߅ߌࠆ࠼࡞ߩ࿖㓙ၮゲㅢ⽻ߣߒߡߩᓎഀ߇੹ᓟߤ߁ߥࠆߩߢߒࠂ߁߆‫ޕ‬
ߎࠇߪࠕࡔ࡝ࠞߣ޿߁࿖ߩ✚ว⊛ߥ࿖ജ߇ߤ߁ߥࠆ߆ߣ޿߁⹤ߦ߽㑐ଥߒ߹ߔ߇‫ޔ‬ዋߥߊߣ
߽ߎߩෂᯏߩ⚿ᨐ‫ޔ‬ᕟࠄߊ☨࿖ߩ㊄Ⲣ↥ᬺ߇ᜬߞߡ޿ࠆ਎⇇⊛ߥ࿾૏ߦ⧯ᐓ்߇ߟߊߢߒࠂ
߁‫⚻ࠞ࡝ࡔࠕޔߚ߹ޕ‬ᷣߩኻᄖ⚐ௌോߩࡐ࡚ࠫࠪࡦ߽㕖Ᏹߦᄢ߈ߊᖡൻߒߡ޿߹ߔߩߢ‫࠼ޔ‬
࡞ߩᓎഀ߇ߎࠇ߆ࠄߤ߁ߥࠆ߆ߪ㕖Ᏹߦ㑐ᔃࠍ๭߱ࠊߌߢߔ‫ߦ࡞࠼޿ߚߞ޿ޕ‬ઍࠊࠆㅢ⽻ߪ
޽ࠆߩ߆‫ޕ‬ᕟࠄߊߥ޿ߣᕁ߁ߩߢߔ߇‫⃻ޕ߆ߩࠆߥ߁ߤ޿ߚߞ޿߫ࠇߌߥޔ‬ታ⊛ߦ⠨߃ࠇ߫
ᜰዉ⊛ߥ࿾૏ߦ޽ߞߚㅢ⽻߇ᄙዋߣ߽ᒙ૕ൻߒߡ‫ࠍࠇߘߋߔޔ߽߆ߒޔ‬ᒁ߈⛮ߋ߶߆ߩㅢ⽻
߇ߥ޿ߣߔࠇ߫‫ޔ‬਎⇇ߩㅢ⽻ᖱ൓ߪਇ቟ቯߐࠍჇߐߑࠆࠍᓧߥ޿ࠊߌߢߔ‫ޕ‬
྾⇟⋡ߩਛ㐳ᦼ⊛ߥ⺖㗴ߪ‫੹ࠅߪ߿ޔ‬ᐲߩෂᯏ߇ᐢ޿ᗧ๧ߢߩ਎⇇⊛ߥࡃ࡜ࡦࠬ࡮ࠝࡉ࡮
ࡄࡢ࡯ߩᄌൻࠍ⽎ᓽߔࠆߩߢߪߥ޿߆ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ߩߘޕ‬ਛߢ᣿ࠄ߆ߥߎߣߪ‫ޔ‬ᕟࠄߊࠕ
ࠫࠕߩᜬߞߡ޿ࠆࠣࡠ࡯ࡃ࡞ߥᓎഀ߇㜞߹ࠆߣ޿߁ߎߣߢߪߥ޿ߢߒࠂ߁߆‫ߏߪࠕࠫࠕޕ‬ᛚ
⍮ߩߣ߅ࠅ‫ޔ‬਎⇇ߩੱญߩඨಽㄭߊ߇૑ࠎߢ߅ࠅ‫ޔ‬ᐔဋ⊛ߥᚑ㐳₸߽㜞ߊ‫ޔ↥↢ޔ‬ᶖ⾌‫ޔ‬㊄
Ⲣ⾗↥ߩ㕙ߢ߽਎⇇ᦨᄢߩ࠮ࡦ࠲࡯ߦߥࠅߟߟ޽ࠅ߹ߔ‫ߪࠇߎߊߕࠎ߆ߥޕ‬ᓟ߶ߤഏᢎ᝼߆
ࠄ߅⹤߇޽ࠆߣᕁ޿߹ߔߌࠇߤ߽‫ޔ‬ਛ࿖ߩบ㗡ߪ೓⋡ߔߴ߈߽ߩ߇޽ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
ߚߛ‫ޔ‬หᤨߦࠕࠫࠕߩ⚻ᷣߦߪ㕖Ᏹߦᢙᄙ޿໧㗴ὐ‫ߌࠊࠅߣޔ‬⣀ᒙᕈ߇޽ࠅ߹ߔ‫߁ߩߘޕ‬
ߜߩᦨߚࠆ߽ߩߪャ಴ଐሽ૕⾰ߣ⸒߃ࠆߢߒࠂ߁‫⚻ࠕࠫࠕޕ‬ᷣߩᦨ⚳㔛ⷐߩ ߇ၞᄖߩవ
ㅴ࿖ߢߔ߆ࠄ‫⚻ࠕࠫࠕޔ‬ᷣో૕ߢ⷗߹ߔߣ‫ޔ‬ၞᄖߩᦨ⚳㔛ⷐ߳ߩଐሽ߇ߘࠇߛߌᄢ߈ߊ‫ߘޔ‬
ߩၞᄖߩᦨ⚳㔛ⷐ߇ᷫዋߔࠇ߫‫ⵍߩߘޔ‬ኂ߇ࠕࠫࠕ⚻ᷣߦ෸߱ߣ޿߁᭴ㅧߪㆱߌࠄࠇߥ޿⁁
ᘒߢ޽ߞߚࠊߌߢߔ‫ࠕࠫࠕޔࠄ߆ࠇߘޕ‬ෂᯏߩߣ߈ߦ߽⸒ࠊࠇ߹ߒߚߌࠇߤ߽‫ߦߛ߹޿ޔ‬㊄
Ⲣ↥ᬺ޽ࠆ޿ߪ㊄ⲢᏒ႐ߣ޿߁ⷰὐ߆ࠄ⷗߹ߔߣ‫☨ޔ‬᰷ߣᲧߴߡ⊒㆐߇චಽߢߪ޽ࠅ߹ߖࠎ‫ޕ‬
଀߃߫‫ޔ‬㊄ⲢᏒ႐৻ߟࠍขߞߡ߽࠾ࡘ࡯࡛࡯ࠢ߿ࡠࡦ࠼ࡦߦ඘ᢜߔࠆᏒ႐߇߹ߛ↢߹ࠇߡ߅
4
ࠅ߹ߖࠎߒ‫ޔ‬㊄Ⲣᯏ㑐ߦߟ޿ߡ߽ᧄᒰߦࠣࡠ࡯ࡃ࡞ࡊ࡟ࠗࡗ࡯ߣ޿߃ࠆሽ࿷ߪࠕࠫࠕߦߪ޿
߹ߖࠎ‫⻉ࠕࠫࠕߦࠄߐޕ‬࿖ߦ߅޿ߡߪ‫ޔ‬࿖ߩ㑆ߢ߽‫ߩࠇߙࠇߘߚ߹ޔ‬࿖ߩਛߢ߽ᚲᓧߩᩰᏅ
߇㕖Ᏹߦᄢ߈޿ࠊߌߢߔ‫ޕ‬૗ߣ߆ߎࠇࠍဋ৻ൻߒߡ޿ߊദജࠍߒߥ޿ߣ‫߽ߡߞߚߢ߹ߟ޿ޔ‬
ᧄᒰߩᗧ๧ߢߩࠕࠫࠕ࿾ၞߣߒߡߩౝ㔛ߩ᜛ᄢߪ㔍ߒ޿ߣ޿߁ߎߣߦߥࠅ߹ߔ‫ޕ‬
97 ᐕߩࠕࠫࠕෂᯏߣ޿߁ߩߪ‫ޔ‬ᝄࠅ㄰ߞߡߺࠆߣ‫ߦࠇߘޔ‬వߛߞߡ㕖Ᏹߦᄢ㊂ߩ⍴ᦼ⾗㊄
߇ᵹࠇㄟߺ߹ߒߚ‫⻉ࠕࠫࠕߪࠇߘޕ‬࿖ߦ޽ࠆᗧ๧ߢߪࡉ࡯ࡓࠍ߽ߚࠄߒߚࠊߌߢߔ߇‫ߩߘޔ‬
ᵹࠇ߇ㅒォߒߚㅜ┵ߦࠕࠫࠕෂᯏ߇⿠ߎࠅ߹ߒߚ‫ߩ੹ޕ‬ෂᯏߪࠕࠫࠕߦߣߞߡ⷗ࠇ߫૗ߢ޽
ࠆ߆ߣ޿߃߫‫ߩߎޔ‬ෂᯏߦవ┙ߞߡ‫ޔ‬ᶏᄖߩ㔛ⷐߩᕆჇߦࠃߞߡࠕࠫࠕߩャ಴ߪ߽ߩߔߏߊ
Ⴧ߃ߡ‫⻉ࠕࠫࠕ߇ࠇߘޔ‬࿖ߦᄢ߈ߥ❥ᩕࠍ߽ߚࠄߒߚࠊߌߢߔߌࠇߤ߽‫ߩߘޔ‬ၞᄖߩ㔛ⷐ߇
ỗᷫࠍߒߚㅜ┵ߦࠕࠫࠕߪෂᯏࠍ๧ࠊߞߡ޿ࠆߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬
ᦨᓟߦߘࠇߢߪ޿ߞߚ޿ߎࠇ߆ࠄߤ߁ߒߚࠄ޿޿ߩ߆‫੹ߦߐ߹ߪࠇߎޔ‬ᣣߩࠪࡦࡐࠫ࠙ࡓ
ߩ࠹࡯ࡑߢ߽޽ࠅ߹ߔ‫⚻ࠕࠫࠕߩࠄ߆ࠇߎޕ‬ᷣߩ⺖㗴ߪ‫ߪߦ৻╙ޔ‬వ߶ߤ߽⸅ࠇ߹ߒߚ߇‫ޔ‬
࿖ౝ‫ߪ޿ࠆ޽ޔ‬࿖ߣ࿖ߣߩ㑆ߩᩰᏅࠍᐩ਄ߍߦࠃߞߡߢ߈ࠆߛߌ❗ዊߒߡ޿ߊ‫ޔ‬਄ࠍਅߍࠆ
ߣ޿߁ࠃࠅߪ‫ޔ‬ᐩ਄ߍߦࠃߞߡᩰᏅࠍ❗ዊߒߡ‫⚿ߩߘޔ‬ᨐ࿾ၞో૕ߣߒߡߩౝ㔛ࠍ᜛ᄢߐߖ
ࠆߎߣ߇ᔅⷐߢߔ‫╙ޕ‬ੑߦߘߩࡊࡠ࠮ࠬߢᄢ੐ߥߩߪ‫ߩࠕࠫࠕޔ‬ਛߩ↢↥᭴ㅧ߇੹߹ߢߤߜ
ࠄ߆ߣ޿߃߫ု⋥᭴ㅧ‫⋥ုޔ‬ಽᬺߢ޽ߞߚࠊߌߢߔߌࠇߤ߽‫ࠅ߉߆ࠆ߈ߢࠍࠇߎޔ‬᳓ᐔಽᬺ
ߩᒻߦߒߥߌࠇ߫ߥࠄߥ޿ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫⚳ᦨߣ޿ߥߒ߁ߘޕ‬㔛ⷐࠍᄖߦ᳞߼ߑࠆࠍᓧߥߊ
ߥࠆࠊߌߢ‫ߌߛࠆ߈ߢޔ‬᳓ᐔಽᬺࠍ᜛ᄢߔࠆߎߣߦࠃߞߡ‫⚳ᦨޔ‬㔛ⷐࠍၞౝߦ⫾Ⓧߔࠆߎߣ
߇ᄢ੐ߛࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫ࠄ߆ࠇߘޕ‬ਃ⇟⋡ߦߪ㊄Ⲣ↥ᬺ‫ޔ‬㊄ⲢᏒ႐ࠍ⢒ᚑߒߡ‫ޔ‬㜞޿ࠕࠫࠕ
ߩၞౝ⾂⫾ߣ޿߁߽ߩࠍၞౝߢߩᛩ⾗ߦߢ߈ࠆߛߌᵴ↪ߔࠆߣ޿߁ߎߣ‫ᦨࠄ߆ࠇߘޔ‬ᓟߦ‫ޔ‬
ߎࠇߪ↳ߔ߹ߢ߽޽ࠅ߹ߖࠎ߇‫ߩࠕࠫࠕޔ‬ၞౝߩ⻉࿖‫ޔ‬ᣣᧄ‫ޔ‬ਛ࿖‫ޔ࠼ࡦࠗޔ‬㖧࿖‫ޔ‬ASEAN
ߣ޿ߞߚ⻉࿖߇ߘࠇߙࠇߩ⺖㗴ࠍ⸃᳿ߒߥ߇ࠄ‫ߥ߹ߑ߹ߐޔ‬㕙ߢߩၞౝදജࠍ߽ߞߣ߽ߞߣ
ᵴ⊒‫✕ޔ‬ኒߦߔࠆߎߣ߇ᄢ੐ߛࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ᤨ㑆߇ࠝ࡯ࡃ࡯ߒߡߒ߹޿↳ߒ⸶޽ࠅ߹ߖࠎ‫ޕ‬ᣧญߢ߅⡞߈⧰ߒ߆ߞߚ߆߽ߒࠇ߹ߖࠎ߇‫ޔ‬
ᧄᣣߩߏෳടߩ߅␞ߣ‫⻉ߩࠄ߆ࠇߎޔ‬వ↢ߩ߅⹤ࠍુ߁೨ߩ໧㗴ឭ⿠ߣ޿߁ߎߣߢߏᛲ㔺ߐ
ߖߡ޿ߚߛ߈߹ߒߚ‫߅ࠅߊߞࠁߏߙ߁ߤޕߚߒ߹޿ߑߏ߁ߣ߇ࠅ޽߽߁ߤޕ‬ᭉߒߺߊߛߐ޿‫ޕ‬
5
2.経済危機とアジア
―
成長のリバランスへの機会1
黒田 東彦(アジア開発銀行総裁)
本日は 2009 年という年を定義づけるような問題を議論するこの場にお招きいただき、大
変光栄に存じます。
アジアの途上国は、金融危機または全世界の同時景気後退の影響を当初の予想を超えたレ
ベルで受けております。一部の資産クラス、特にアジア途上国の株は先進国よりも下落して
いますし、G3 諸国の景気後退を受けてこの地域からの輸出も急減しております。GDP 成長
率の低下、一部のアジア新興諸国の輸出の収縮、そして資本流出も相当額見られます。今回
の経済危機からアジア地域が力強く回復するためには、長期的な開発目標を確保しながらそ
の成長の源泉を見直す、いわゆるリバランシングを目指す必要があります。この点について
はまた後ほど触れますが、まずここでは今回の経済危機を概観し、アジア途上国にどのよう
な影響をもたらしているかについてお話しいたします。
(図 1)アメリカにおけるサブプライム危機の兆候が最初に見られたのは、2006 年 6 月、
ケース・シラー住宅価格指数が下落し始めた頃です。それ以降現在に至るまでにこのケー
ス・シラー指数は約 25%下落していますが、複数の権威あるエコノミストによると、アメリ
カの家計所得に対する住宅価格のレベルが通常の範囲に戻るまでには、更に 10%程度の下落
が見込まれると予測されています。グローバル金融市場における損失あるいは償却額は今後
も更に増加していくと見られますので、グローバル金融危機の終結にはまだ遠いというのが
現状です。
今回の経済危機の実経済への影
響及び波及効果は劇的なものであ
り、G3 諸国(米国、ユーロ圏、日
本)すべての経済が景気後退に陥っ
ています。いずれの国でも救済が必
要な産業を抱えており、米国では失
業者が 1 月に 50 万人以上増加しま
したし、小売売上高も、12 月には
2.7%も下落しました。これは記録
的なレベルです。家計支出も大幅に
縮小しており、企業部門も苦戦して
います。生産者価格は 12 月に需要
(図 1)
1
文中の図のフルカラー版は、IIMA ホームページで閲覧可能です。
http://iima.or.jp/pdf/sympo_speach/Mr_Kuroda_Presentation.pdf
6
が減退したために 2%下がりました。IMF は、2009 年の世界経済は 0.5%程度の成長と見通し
ていますが、これは戦後最低の水準であり、米国、ユーロ圏、日本のいずれの経済も収縮が
見込まれる状況です。
(図 2)アジアの輸出に対する
世界の需要も急減し、これがアジ
ア新興国経済の心臓部に打撃を
もたらしています。何年にもわた
り二桁成長していた中国の輸出
も、12 月は対前年比で約 3%下が
りました。シンガポールの石油以
外の輸出も 21%下げ、その他アジ
ア新興国経済も状況は同じです。
またこの地域全体で工業生産の
伸びが落ち込んでおり、アジア新
興国の景気拡大の見通しを立て
るのが難しくなっています。2008
(図 2)
年第 4 四半期のデータを見ます
と、この影響はかなり大幅なもので、中国の GDP 成長率はここ 7 年で最低の対前年比 6.8%
に低下し、韓国はマイナス 3.4%、日本も深刻な景気後退に陥っています。
(図 3)アジア開発銀行の昨年
12 月時点での見通しでは、2009
年のアジア途上国全体の GDP 成
長率は 5.8%と予測していました。
2008 年については 6.9%との予測
でした。また東アジア新興諸国で
は、昨年の 6.9%に対し 2009 年は
5.7%と予測しました。これら昨年
12 月時点の見通しは、昨年 9 月
時点での見通しを下回っていま
す。今年 3 月に発表する最新の見
通しでは、更なる下方修正が見込
まれます。IMF もこの 1 月の見通
(図 3)
しでは、11 月時点での数字より
もはるかに暗い見通しを世界経済全体について指摘していました。
7
ASEAN GDP Growth (%)
(図 4)本日は他のパネリス
トの方々が中国とインドについ
てお話をされますので、私は
ASEAN について目を向けたいと
思います。ASEAN は、アジアの
経済協力及び経済統合の中核を
なすもので、2015 年までにまず
は加盟国の中でも大きな中所得
国が中心となって経済共同体を
作ろうと目指しています。これは、
この地域がいかに今回の経済危
機に対応し、どこに脆弱性が残り、
(図 4)
そして地域協力がいかに助けに
なるかを示す、良い例だと思います。
ASEAN の経済成長は昨年が 4.8%という数字でしたが、今回の危機の影響を主因にこれが
2009 年には 3.5%に低下すると見ています。ASEAN の成長モデルは依然輸出主導型です。
ASEAN 発足時加盟 5 カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)
の輸出は GDP のほぼ 7 割に達しており、今回の経済危機による外需の落ち込みは今年の成
長展望に影を投じるでしょう。また、全世界でいわゆるレバレッジの解消(デレバレッジン
グ)が続いていますので、金融状況も引き続き大きな課題です。資本の流れは不安定で、株
価も落ち込んでおり、リスクプレミアムは上昇し、通貨も全般的に弱含んでいます。
(図 5)ここで重要なのは、外需
が急減し、グローバルな財政状況が
厳しくなる中で、各国内需、および
地域としての需要をどう高めるか
という問題です。答えの一部は、
ASEAN 域内の連携、及び ASEAN
対中国の関係を強化するというこ
とであるかもしれません。現在の
ASEAN の総貿易の 25%が ASEAN
域内の貿易です。対中貿易が大きく
伸びてきており、2000 年の 4%弱か
ら 2007 年には約 11%に達しました。
(図 5)
その一方で、ASEAN の貿易相手と
しての G3 が占める割合は、2000 年には 47%であったのに対し、2007 年には 35%に低下しま
8
した。このように、ASEAN としての地域統合の傾向が進んでいますし、そしてグローバル
な景気減速の多大な影響からの回復力を付ける方法としての良い例を示していると思いま
す。
(図 6)危機の影響の中でアジア途上国
の経済を活性化するうえで我々にでき
ることは多々あります。先のアジア通貨
危機から 12 年が経ち、アジア途上国の
ファンダメンタルズは、はるかに健全な
ものになっています。財政あるいは外貨
準備も強固なものになっており、対外債
務も管理可能な状況で、為替レートもよ
り柔軟になっています。しかしそれでも
脆弱性は残ります。この地域としての貿
易・金融の開放性の故に、この地域は良
きにつけ悪しきにつけグローバルな経
(図 6)
済の動きと密接につながっています。貿
易額のシェアとしては徐々に下がっているとはいえ、G3 諸国の経済が相変わらずアジアか
らの輸出の最終需要の 60%を担っています。対外資金調達の依存度も高いため、不安定な資
本の移動に対しても脆弱です。アジアはもちろんグローバル化を受け入れて、グローバル化
から恩恵を受けてきました。しかし今回の経済危機は、やはり急速なグローバル化にはリス
クが伴うことを改めて浮彫りにしました。
(図 7)1997 年のアジア通貨危機では、
アジア途上国自体のファンダメンタル
ズの不均衡及び構造的な弱点が露呈し
ましたが、今回の世界危機の根源もグロ
ーバルな不均衡(インバランス)にあり
ます。米国の経常収支赤字は 1996 年に
は 1250 億ドルでしたが、これが 2007 年
には 7310 億ドルまでに膨らみました。
これは対 GDP 比 5.3%です。そしてその
債務を賄うための米国への資金の流れ
の大部分は東アジア新興国からのもの
(図 7)
であり、それらの東アジア諸国は純債務国から純債権国に変化を遂げました。その理由には
いくつかありますが、まず輸出主導型の戦略と通貨上昇に対する抵抗といった政策変更が経
常黒字を累増させたことが挙げられます。第二に、アジア経済は 1998 年の通貨危機以降大
9
᏷ߥᛩ⾗ߩ⪭ߜㄟߺࠍ⚻㛎ߒ߹ߒߚ߇‫ߪࠇߎޔ‬ᛩ⾗ߘߩ߽ߩ߇ᣢߦㆊᄢߥ⁁ᘒߢ޽ߞߚߎߣ‫ޔ‬
ߘߒߡߎߩ࿾ၞߩ㊄Ⲣᯏ㑐ߦኻߔࠆା↪߇ૐਅߒߚߎߣ߽৻ㇱ㑐ㅪߒߡ޿ࠆߢߒࠂ߁‫╙ޕ‬ਃ
ߦߪ‫ޔ‬ਛ࿖ߥߤ৻ㇱߩ࿖ߢߪ⾂⫾₸߇ᕆ਄᣹ߒ߹ߒߚ‫ߪࠇߘޕ‬ᚲᓧ߇િ߮ࠆ৻ᣇߢ㊄Ⲣࠪࠬ
࠹ࡓ߇ᧂ⊒㆐ߢ޽ࠆߣߣ߽ߦ‫␠ࠆࠁࠊ޿ޔ‬ળ⊛ߥ࠮࡯ࡈ࠹ࠖࡀ࠶࠻߽ᧂᢛ஻ߢ޽ࠆߚ߼‫⾂ޔ‬
⫾ᔒะ߇ᒝ߹ߞߚ߆ࠄߢߔ‫ޕ‬
ࠣࡠ࡯ࡃ࡞ߥਇဋⴧߪ‫☨ޔ‬࿖ߩߺߥࠄߕ‫ࠕࠫࠕޔ‬෸߮਎⇇ߢ߽⒎ᐨ޽ࠆᒻߢᤚᱜߔࠆᔅⷐ
߇޽ࠅ߹ߔ‫⚻࡞ࡃ࡯ࡠࠣߩࠕࠫࠕޕ‬ᷣߦ߅ߌࠆࠪࠚࠕ߇㜞߹ࠆਛߢ‫ޔ੹ޔ‬ᚑ㐳ࠛࡦࠫࡦߣߒ
ߡャ಴ߛߌߦ㗬ࠅ⛯ߌࠆߎߣߪߢ߈߹ߖࠎ‫ߩߎޕ‬࿾ၞߩ㊀ⷐߥ㐿⊒⺖㗴ࠍ⠨߃ࠇ߫‫⾂ߩߘޔ‬
⫾ࠍࠃࠅ⦟޿ᒻߢ㐿⊒⋡ᮡߦᛩߓߡ޿߆ߥߌࠇ߫ߥࠅ߹ߖࠎ‫ࠃޔࠣࡦࠪࡦ࡜ࡃ࡝ࠆࠁࠊ޿ޕ‬
ࠅ⦟޿ࡃ࡜ࡦࠬࠍ⋡ᜰߔߎߣ߇ᔅⷐߢߔ߇‫ߪߦ߼ߚߩߘޔ‬ౝ㔛ࠍᒝൻߒ‫⾗ޔ‬Ḯࠍࠃࠅലᨐ⊛
ߦ૶ࠊߥߌࠇ߫ߥࠅ߹ߖࠎ‫⚻ޕ‬ᷣࠍೝỗߒߥ߇ࠄဋⴧߩขࠇߚᚑ㐳ࠍታ⃻ߔࠆߚ߼ߦߪ‫ޔ‬㊄
Ⲣ᡽╷߿⽷᡽‫ޔ‬㊄Ⲣ࠮ࠢ࠲࡯‫ޔ‬᭴ㅧ᡽╷ࠍ⾫᣿ߦ⚵ߺวࠊߖࠆߎߣ߇ᔅⷐߢߔ‫ޕ‬࿖ߦࠃߞߡ
ౕ૕⊛ߥᣇᴺߪ⇣ߥࠆߣᕁ޿߹ߔ߇‫౒ߕ߹ޔ‬ㅢ㗄ߣߒߡ৻ߟߦߪ‫‛ޔ‬ℂ⊛‫␠ޔ‬ળ⊛෺ᣇߩࠗ
ࡦࡈ࡜ߦኻߔࠆᡰ಴ࠍჇ߿ߔᔅⷐ߇޽ࠅ߹ߔ‫‛ߪߡ޿߅ߦࠕࠫࠕޕ‬ℂ⊛ࠗࡦࡈ࡜ߦ㑐ߔࠆ⾗
㊄ࠡࡖ࠶ࡊߪ ᐕߦ߆ߌߡᲤᐕ 㨪 ం࠼࡞ߦ㆐ߔࠆߣផቯߐࠇ߹ߔ‫ߚ߹ޕ‬ᢎ⢒߿
ක≮‫⽺ޔ‬࿎ጀ߳ߩ࠮࡯ࡈ࠹ࠖࡀ࠶࠻╬ߩ␠ળ⊛ࠗࡦࡈ࡜ߦ߽‫ࠅࠃޔ‬ᵈ⋡ߔࠆᔅⷐ߇޽ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
╙ੑߦᛩ⾗ⅣႺߩᡷༀ߇ᔅⷐߢߔ‫ⷙޕ‬೙ᡷ㕟‫ઁޔ‬࿖೙ᐲߣߩ⺞๺‫ޔ‬࿖㓙ᮡḰൻࠍ⋡ᜰߔ㓙ߦ
ߪ‫ޔ‬ડᬺ⛔ᴦ߿ᴺ⊛ᨒ⚵ߩᡷༀ߇ఝవ⺖㗴ߣߥࠅ߹ߔ‫╙ޕ‬ਃߦ‫ޔ‬᳃㑆ᛩ⾗ࠍೝỗߔࠆߎߣ߽
ᒁ߈⛯߈㊀ⷐߢߔ‫ޕ‬ਛዊડᬺ⢒ᚑࠍടㅦߒ‫ޔ‬㓹↪ߩഃ಴‫ޔ‬ౝ㔛ߩೝỗࠍផߒㅴ߼ࠆᔅⷐ߇޽
ࠅ߹ߔ‫╙ߡߒߘޕ‬྾ߪ‫ޔ‬㊄Ⲣࠪࠬ࠹ࡓࠍᒝൻߒ‫ࠅࠃޔ‬ല₸⊛ߥ⾗Ḯ㈩ಽࠍ࿑ࠆߎߣߢߔ‫ޕ‬࿖
߹ߚߪ࿾ၞන૏ߢߩ㊄Ⲣࠪࠬ࠹ࡓࠍࠃࠅᷓ߼‫ޔ‬ᐢߍࠆߎߣߦࠃߞߡ‫⾗࡯࠳࡯ࡏࠬࡠࠢޔ‬㊄ߩ
ᵹേᕈࠍଦㅴߒ‫ޔ‬㊄Ⲣ‫⾏ޔ‬ᤃ㕙ߢߩ⛔ว߇࿑ࠇࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬㌁ⴕ⋙〈ࠍᡷༀߒ‫ޔ‬ၞౝߩ⃻࿾
ㅢ⽻ᑪௌ೛Ꮢ႐ࠍ⊒ዷߐߖࠆߎߣߪߘ߁ߒߚߎߣߩ৻଀ߢߔ‫ޕ‬
ࠕࠫࠕ㐿⊒㌁ⴕ㧔$'%㧕ߣߒߡ߽ߎߩ⚻ᷣෂᯏߦኻᔕߒ‫ޔ‬ട⋖࿖ߦኻߒ⋥ធ⊛ߥᓇ㗀߇෸
߱ߎߣࠍ㒖ᱛߔࠆߚ߼ߩᡰេࠍⴕߞߡ޿߹ߔ‫ޕ‬࿖೎ߩ࡟ࡌ࡞ߢߪ‫ޔ‬࿖㓙㊄ⲢᏒ႐ߢߩ⾗㊄⺞
㆐ߦ⧰ᘦߒߡ޿ࠆ࿖ߦኻߒߡ‫⋥ޔ‬ធ㨯㑆ធ⊛ߦ⾗㊄ឭଏࠍⴕ߁ߎߣ߇ߢ߈߹ߔ‫੹ߚ߹ޕ‬࿁ߩ
ෂᯏኻᔕߣߒߡ‫ ޔ‬ᐕะߌᬺോ⸘↹ࠍᒰೋߩ ం࠼࡞ߦᢙචం࠼࡞ㅊടߔࠆᣇ㊎ߢߔ‫ޕ‬
ߘߩ৻Ⅳߣߒߡ‫⾏ޔ‬ᤃ㊄Ⲣଦㅴࡊࡠࠣ࡜ࡓࠍ ం ජਁ࠼࡞߆ࠄ ం࠼࡞ߦჇ㗵ߒ‫⾏ޔ‬ᤃ
㊄Ⲣᡰេࠍടㅦൻߔࠆ⸘↹ߢߔ‫ޔߦࠄߐޕ‬$'% ߪ୫౉࿖ߦኻߔࠆ᡽╷ഥ⸒߿ᛛⴚᡰេࠍㅢߓ
ߡ‫ޔ‬᡽╷ታⴕ߅ࠃ߮೙ᐲ᭴▽ߦኻߔࠆᡰេ߽ឭଏߒߡ޿߹ߔ‫ޕ‬
߹ߚ࿾ၞ࡟ࡌ࡞ߢߪ‫ߦࠬࡦ࡜ࠗࡌ࡯ࠨ߿ࠣࡦ࡝࠲࠾ࡕޔ‬㑐ߔࠆࠗ࠾ࠪࠕ࠹ࠖࡉࠍᒝൻߒߡ
߅ࠅ‫ޔ‬$6($1‫ޔ‬$6($1‫ߚߞ޿ߣ࠻࠶ࡒࠨࠕࠫࠕ᧲ޔ‬ᣢሽߩᨒ⚵ߺߣ߽දജߒߥ߇ࠄද⺞
⊛ߥኻᔕࠍⴕߞߡ޿߹ߔ‫ޔ߫߃଀ޕ‬$6($1 ട⋖࿖߇ᄖ⽻Ḱ஻ࠍࡊ࡯࡞ߒ‫✕ޔ‬ᕆᤨߦᵹേ
ᕈࠍⲢㅢߒว߁࠴ࠚࡦࡑࠗ࡮ࠗ࠾ࠪࠕ࠹ࠖࡉߩࡑ࡞࠴ൻߦߟ޿ߡ߽ᡰេߒߡ޿߹ߔ‫ޔߚ߹ޕ‬
㐿⊒ᯏ㑐߆ࠄߩ⾗㊄ࠍࡊ࡯࡞ߒ‫ޔ‬࿾ၞߩࠗࡦࡈ࡜᡽╷ߩߚ߼ߦᛩ౉ߔࠆ‫ޔ‬ද⺞Ⲣ⾗ᣇᑼߩ
$VLDQ,QIUDVWUXFWXUH)LQDQFLQJ,QLWLDWLYH ߦ߽ขࠅ⚵ࠎߢ޿߹ߔ‫ޕ‬
10
Securing long-term development:
ADB Strategy 2020
G
O
Inclusive
Growth
A
L
Environmentally
Sustainable
Growth
S
Regional
Integration
Operations
Infrastructure
Environment
Education
Regional
Cooperation and
Integration
Financial Sector
Development
E m p h a s i s
Private Sector
Development
Good
Governance
Knowledge
Partnerships
12
(図 8)
(図 8) 貧困のないアジア太平洋地域を目指すという ADB のコミットメントはゆるぎない
ものであり、先般定めた新長期戦略「ストラテジー2020」では、引き続きインフラ、環境、
地域協力・統合、金融部門の育成、および教育、という 5 つの領域を主眼としています。し
かし、その長期戦略に沿った貧困削減目標を遂行するためには、ADB としては現在資本制約
に直面しており、加盟国政府に対して大幅且つ迅速な一般増資を要請しているところです。
これは、この非常に困難な時期に、アジア地域の社会経済開発において意味のある、先行的
な役割を ADB が果たしていくためには、必要不可欠な増資と考えます。
皆様、今年はアジアの指導者たちにとって、12 年前の金融危機以来最もチャレンジングな
年になるでしょう。しかし自信を持って言えるのは、今回も 12 年前当時と同じく、アジア
のリーダーたちは余裕のある限り適切な金融財政刺激策で対応していくだろうということ
です。以前の危機もこの地域は力強く切り抜けてきましたし、今回の危機の教訓がよりバラ
ンスの取れた成長軌道を実現し、それが地域経済に有益であるだけでなく、世界の回復プロ
セスに貢献することでグローバルコミュニティに対する恩恵をもたらすとも確信します。今
回の金融危機と経済の落ち込みはグローバルなものであり、従ってその対応もグローバルな
規模で必要となります。しかし一方で、各国別及び地域単位での対応も不可欠です。つまり
は国別、地域別、そしてグローバルな対応策、すべてが必要ということでありましょう。我々
ADB はこのアジア地域の主要開発機関として、託された役割の中で出来ることは全て実践し、
地域の貧困削減目標に向かって支援していく所存です。ご清聴有難うございました。
11
3.世界的金融危機が中国に与える影響2
劉
遵義(香港中文大学学長)
本日はこの場にお招きを受けまして大変うれしく思っております。私に与えられた役割は、
このグローバルな金融危機が中国経済に及ぼす影響について論じるというものでございま
して、パワーポイントを用意してまいりました。これは今後私のウェブページにも IIMA の
ホームページにも出ることになっております。
ご承知のように、金融の地震あるいは津波はすべての先進国、特にアメリカに大きな影響
を及ぼしました。北米、ヨーロッパは本物の景気後退期に入ったわけです。しかも普通の景
気後退ではありません。これに付随して、信用あるいは資本市場の目詰まりが起こり、経営
破綻、流動性不足等が多くの主要金融機関でも起こっているからです。幸いなことに、東ア
ジアでは株価は暴落いたしましたけれども、既にほかの方からのお話にありましたように、
金融機関は相対的に健全で金融の安定性そのものもそれほど大きく脅かされておりません。
輸出は減速いたしましたが、これもこれまでご指摘のあったとおりです。特に昨年の 9 月央
のリーマン・ブラザーズの破綻以来、多くの国で輸出の受注が対前年比 50%台で急減いたし
ました。当然これは海運、運輸それから保管サービス等にも波及しております。
アメリカをはじめとする危機は、ポジティブな期待が回復できるようになるまでにさらに
1、2 年は続くだろうと考えております。その間アジアは何もせずに、アメリカの回復を待つ
だけというわけにはいきません。マイナスの影響を被っておりますが、黒田総裁がおっしゃ
ったように、まさに東アジア諸国そのものが、この地域で頑張って対策を取らなくてはなり
ません。そしてこの地域ができるだけ早い段階に経済回復を実現できれば、それだけ世界の
ためになると言えましょう。
私がここで論じたいことの一つは、特に中国の輸出に対するグローバル危機の影響です。
輸出受注はたしかに大幅に減少しております。ただ、次のようなことを申し上げたいと思い
ます。すなわち、昨年の 9 月中旬のリーマン・ブラザーズの破綻以来、幾つかのことが起こ
りました。まず、東アジアの株価が暴落をいたしました。これは後ほどグラフでお見せしま
す。同時にそれに付随する形で急速にこれらの諸国の通貨も減価しました。例外は日本円と
人民元、香港ドルですが、他のマーケットでは、通貨は安くなったわけです。これは逆説的
だと思われるかもしれません。
つまり米ドルがどうして逆に高くなっているのかということですが、それに対する私の説
明は単純なものでありまして、アジア地域に対する米国およびその他の海外の投資家が、投
下資本を本国に引き揚げようとしてきたからというものです。債券の償還請求やひっ迫した
2
文中のグラフのフルカラー版は、IIMA ホームページで閲覧可能です。
http://iima.or.jp/pdf/sympo_speach/Dr_Lau_Presentation.pdf
12
資金状況等に応えるために、本国で資本が必要となったのです。ですから、株、その他の証
券をアジア市場で売りました。同時に、お金をアメリカ本国に引き揚げた結果として、株価
が下がるとともに米ドルが高くなったわけです(グラフ 1・2)。
(グラフ 1) Exchange Rates of Selected East Asian Economies (7/2/2008=100)
Exchange Rate Index (7/2/2008=100) of Selected Countries/Regions
150
Japanese Yen
Chinese Yuan
Hong Kong Dollar
Indian Rupee
Indonesia Rupiah
Malaysia Ringgit
Philippine Peso
Singapore Dollar
Korean Won
New Taiwan Dollar
140
130
リーマン・ブラザース
破綻
120
110
100
90
02-11-09
02-04-09
01-28-09
01-21-09
01-14-09
01-07-09
12-31-08
12-24-08
12-17-08
12-10-08
12-03-08
11-26-08
11-19-08
11-12-08
11-05-08
Day
10-29-08
10-22-08
10-15-08
10-08-08
10-01-08
09-24-08
09-17-08
09-10-08
09-03-08
08-27-08
08-20-08
08-13-08
08-06-08
07-30-08
07-23-08
07-16-08
07-09-08
07-02-08
80
(グラフ 2) Stock Market Indexes of Selected East Asian Economies (7/2/2008=100)
Stock Market Index (7/2/2008=100) of Selected Countries/Economies
130
120
110
China
Hong Kong
Indonesia
Korea
Malaysia
Philippines
Singapore
Taiwan
Thailand
Japan
India
100
90
80
70
リーマン・ブラザース
破綻
60
50
02-11-09
02-04-09
01-28-09
01-21-09
01-14-09
01-07-09
12-31-08
12-24-08
12-17-08
12-10-08
12-03-08
11-26-08
11-19-08
11-12-08
Day
11-05-08
10-29-08
10-22-08
10-15-08
10-08-08
10-01-08
09-24-08
09-17-08
09-10-08
09-03-08
08-27-08
08-20-08
08-13-08
08-06-08
07-30-08
07-23-08
07-16-08
07-09-08
07-02-08
40
ご覧のように株式相場も為替市場も 12 月以降は安定化が起こっており、危機的局面とい
うのはもうほとんど終わったと言えましょう。といいますのも、売れる資産はすべて売り尽
くしてしまい、その代金は本国に送還されたという状況だからです。したがって、東アジア
諸国通貨に対する米ドルの上昇は長期的な状況ではなく、一時的なものと解するべきでしょ
う。もちろん同時にレバレッジ解消も起こっておりますし、国内外の投資家も自信を失いま
した。これは本当に根拠なきパニックだと考えております。数年前に、グリーンスパン議長
は「根拠なき熱狂」と言われましたが、その逆が起こったわけです。アジアの多くのマーケ
13
ットは、今や売られすぎだと思っております。ある程度自信が回復すれば、マーケットの安
定も戻るものと期待しております。
(グラフ3)Exchange Rates of Selected East Asian Economies (1/2/2007=100)
Exchange Rate Index (1/2/2007=100) of Selected Countries/Regions
170
160
150
140
Japanese Yen
Hong Kong Dollar
Indonesia Rupiah
Philippine Peso
Korean Won
Thai Baht
リーマン・ブラザース
破綻
Chinese Yuan
Indian Rupee
Malaysia Ringgit
Singapore Dollar
New Taiwan Dollar
Korean Won
130
120
110
100
90
80
Chinese Yuan
Japanese Yen
01-02-07
01-16-07
01-30-07
02-13-07
02-27-07
03-13-07
03-27-07
04-10-07
04-24-07
05-08-07
05-22-07
06-05-07
06-19-07
07-03-07
07-17-07
07-31-07
08-14-07
08-28-07
09-11-07
09-25-07
10-09-07
10-23-07
11-06-07
11-20-07
12-04-07
12-18-07
01-01-08
01-15-08
01-29-08
02-12-08
02-26-08
03-11-08
03-25-08
04-08-08
04-22-08
05-06-08
05-20-08
06-03-08
06-17-08
07-01-08
07-15-08
07-29-08
08-12-08
08-26-08
09-09-08
09-23-08
10-07-08
10-21-08
11-04-08
11-18-08
12-02-08
12-16-08
12-30-08
01-13-09
70
Day
(グラフ 3)今ご覧いただいているのは 2007 年から現在までの状況で、特にご注目いただき
たいのが、この 9 月、ご覧のように為替が急騰しております。ということは、アジア通貨が
安くなったということです。しかし、12 月には安定化してきているのがご覧いただけると思
います。黄色の線が日本円ですけれども、これはずっと強くなっています。リーマン・ブラ
ザーズの破綻以来の顕著な動向をご覧いただけると思います。
(グラフ 2)こちらは株価指数を示しておりますが、これも明らかな動向をご覧いただける
と思います。10 月ごろ、リーマン後に大幅に下落しておりますが、その後再び安定しており
ます。実際に事実関係がどうなっているのを見ていただきたかったわけですが、実際には、
一部のアナリストが言うような安全資産への逃避が起こったということではないのです。ア
メリカのドル資産は通常の意味では安全だとは思いません。
部分的なデカップリングに関してですが、黒田総裁や行天理事長が既にある程度お触れに
なりましたように、明らかにアジアというのは、完全にアメリカや欧州から切り離され、デ
カップルしたわけではありません。その一方で 20~30 年前のように緊密にカップルしてい
るわけでもないのです。ですからアジアの自立的な回復の余地は十分にあると思います。
(グラフ 4)これは世界貿易に占める東アジアのシェアですが、最近 25%ぐらいになってお
ります。このことを見ましても、東アジア地域経済は自立的に管理可能ではないかと思いま
す。2007 年ほどの急成長は無理かもしれませんが、ある程度の確率で妥当な成長を維持でき
ると考えております。石油価格ですが、最近下がってきておりまして、良い動向だと思いま
14
す(グラフ 5)。すべての国にとっていいと言えるでしょう。
(グラフ 4)The Rising Ratio of East Asian Trade in Total World Trade, 1960-present
East Asian Share of Total World Trade, 1960-present
30
25
Percent
20
15
Share of World Exports
Share of World Imports
Share of Total World Trade
10
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
5
Year
(グラフ 5)
The Nominal and Real World Prices of Oil (2008 prices)
Nominal and Real Price of Oil
Nominal Price of Oil
130
Real Price of Oil, in 2008M1 prices
120
110
U.S. Dollars per Barrel
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
Jan-74
Jul-74
Jan-75
Jul-75
Jan-76
Jul-76
Jan-77
Jul-77
Jan-78
Jul-78
Jan-79
Jul-79
Jan-80
Jul-80
Jan-81
Jul-81
Jan-82
Jul-82
Jan-83
Jul-83
Jan-84
Jul-84
Jan-85
Jul-85
Jan-86
Jul-86
Jan-87
Jul-87
Jan-88
Jul-88
Jan-89
Jul-89
Jan-90
Jul-90
Jan-91
Jul-91
Jan-92
Jul-92
Jan-93
Jul-93
Jan-94
Jul-94
Jan-95
Jul-95
Jan-96
Jul-96
Jan-97
Jul-97
Jan-98
Jul-98
Jan-99
Jul-99
Jan-00
Jul-00
Jan-01
Jul-01
Jan-02
Jul-02
Jan-03
Jul-03
Jan-04
Jul-04
Jan-05
Jul-05
Jan-06
Jul-06
Jan-07
Jul-07
Jan-08
Jul-08
0
Month
私の予想としては、中国、インドの成長は続くと思っております。大体これらの国は、輸
出にそれほど依存しておらずこれまで内需を中心に成長してきたからです。2009 年に 8%成
長を中国が達成するというのは十分可能なことだと思いますが、私自身の予想は 7%と 8%の
間です。次に、中国は一般の人々が思うほど輸出に依存していないということをご説明した
いと思います。
(グラフ 6・7)この図をご覧いただきたいと思います。これは中国の輸出入の状況を示した
ものです。下の方にある緑の線が貿易黒字です。対世界全体の貿易黒字ですが、2005 年ごろ
までは貿易黒字はそれほど大きいものではありませんでした。人民元はこの頃から切り上が
ってきております。グローバル・インバランスというのはそれよりずっと前から生じており、
15
それを中国のせいにすることはできないと思います。問題とすべきは対米貿易黒字ではなく、
世界全体に対する貿易黒字ということを基にグローバル・インバランスを論じるべきだと考
えるからです。
(グラフ 6)Chinese Exports, Imports and Trade Balance, US$, Monthly Data
The Exports, Imports and Trade Balance of Goods at the End of the Month, in U.S. Dollars
150
140
130
Exports
120
110
100
US$ Billions
90
Imports
80
Exports, fob
70
Imports, cif
60
Trade Balance
50
Trade Balance
40
30
20
10
Jan-92
Apr-92
Jul-92
Oct-92
Jan-93
Apr-93
Jul-93
Oct-93
Jan-94
Apr-94
Jul-94
Oct-94
Jan-95
Apr-95
Jul-95
Oct-95
Jan-96
Apr-96
Jul-96
Oct-96
Jan-97
Apr-97
Jul-97
Oct-97
Jan-98
Apr-98
Jul-98
Oct-98
Jan-99
Apr-99
Jul-99
Oct-99
Jan-00
Apr-00
Jul-00
Oct-00
Jan-01
Apr-01
Jul-01
Oct-01
Jan-02
Apr-02
Jul-02
Oct-02
Jan-03
Apr-03
Jul-03
Oct-03
Jan-04
Apr-04
Jul-04
Oct-04
Jan-05
Apr-05
Jul-05
Oct-05
Jan-06
Apr-06
Jul-06
Oct-06
Jan-07
Apr-07
Jul-07
Oct-07
Jan-08
Apr-08
Jul-08
Oct-08
Jan-09
0
-10
Month
(グラフ 7)Chinese Exports, Imports and Trade Balance, 2008 Yuan, Monthly Data
1,000
The Real Exports and Imports and Trade Balance of Goods at the End of the Month, in RMB
(2008M12 prices)
Exports
800
Imports
600
RMB billions
Real Exports, fob
Real Imports, cif
400
Real Trade Balance
Trade Balance
200
Jan-94
Apr-94
Jul-94
Oct-94
Jan-95
Apr-95
Jul-95
Oct-95
Jan-96
Apr-96
Jul-96
Oct-96
Jan-97
Apr-97
Jul-97
Oct-97
Jan-98
Apr-98
Jul-98
Oct-98
Jan-99
Apr-99
Jul-99
Oct-99
Jan-00
Apr-00
Jul-00
Oct-00
Jan-01
Apr-01
Jul-01
Oct-01
Jan-02
Apr-02
Jul-02
Oct-02
Jan-03
Apr-03
Jul-03
Oct-03
Jan-04
Apr-04
Jul-04
Oct-04
Jan-05
Apr-05
Jul-05
Oct-05
Jan-06
Apr-06
Jul-06
Oct-06
Jan-07
Apr-07
Jul-07
Oct-07
Jan-08
Apr-08
Jul-08
Oct-08
Jan-09
0
-200
Month
続きまして、対世界への輸出について 2、3 述べたいと思います。重要なことは次の点で
す。中国の GDP 対比で見た輸出は 35%です。非常に高く見えます。しかしながら国内での
付加価値は非常に低いわけです。おおまかに言いまして、中国が世界に輸出する 1 ドルのう
ち、中国国内での直接付加価値は 20 セントにすぎません。国内付加価値比率は 20%にすぎ
ないのです。ざっと計算しますと 20%×35%で 7%になります。7%というのが輸出の中国の
16
GDP に対する寄与分であります。もちろん間接的な寄与分もあるでしょう。しかし、それを
勘案しても最大限でせいぜい 15%未満というのが海外貿易の GDP に対する寄与分です。で
すから、15%分は全然成長しないとしても、残りの 85%がちゃんと成長すれば中国経済はう
まくいくわけです。これはそれほど悪くない状態だと思います。
(グラフ 8)Quarterly Rates of Growth of Chinese Real GDP, Y-o-Y
(グラフ 8)実際中国の
GDP は減速しました。か
Quarterly Rates of Growth of Real GDP (YoY)
25%
つての 11%から 2007 年に
20%
GDPQ1
GDPQ2
GDPQ3
GDPQ4
は 13%にまで上昇してい
ましたけれども、2008 年
には 9%に減速し、最終四
Percent per annum
15%
半期の成長率は対前年比
10%
6.8%でした。しかし、中
国政府は、ご承知のように
5%
2009 年~2010 年の 2 年間
1983q1
1983q3
1984q1
1984q3
1985q1
1985q3
1986q1
1986q3
1987q1
1987q3
1988q1
1988q3
1989q1
1989q3
1990q1
1990q3
1991q1
1991q3
1992q1
1992q3
1993q1
1993q3
1994q1
1994q3
1995q1
1995q3
1996q1
1996q3
1997q1
1997q3
1998q1
1998q3
1999q1
1999q3
2000q1
2000q3
2001q1
2001q3
2002q1
2002q3
2003q1
2003q3
2004q1
2004q3
2005q1
2005q3
2006q1
2006q3
2007q1
2007q3
2008q1
2008q3
0%
にわたる 6000 億米ドルに
相当する経済刺激策を打
Quarter
-5%
ち出しました。これは
2007 年の中国の GDP の 16%に匹敵します。その効果は今年第 2 四半期ぐらいから見られ始
めると期待され、私の予想では恐らくは第 2 四半期、第 3 四半期ぐらいから中国の成長率は
再び高まるはずです。第 1 四半期は若干減速あるいは横ばいが続くかもしれませんが、第 2
四半期、第 3 四半期には再び上向いてくると思います。
失業率は広東、上海、あるいは浙江省等の輸出中心の地域では大変深刻ですが、輸出は中
国全土に均一に散らばっているわけではなく、幾つかの地域に集中しております。輸出産業
(グラフ 9)Monthly Rates of Change of the Consumer Price Index (CPI), Y-o-Y
が重要な役割を果たし
ている地域では、確かに
Monthly Rates of Change of Consumer Price Index and Its Components Since 1994, Y-o-Y
失業が深刻です。しかし、
50
失業者のほとんどは農
CPI
CPI: Food
40
CPI: Clothing
CPI: Transport & Telecome
りまして、そういった出
稼ぎ労働者のほとんど
20
は農村に戻っており、そ
の地域の支援を受ける
10
ことができるようにな
0
Jan-94
Apr-94
Jul-94
Oct-94
Jan-95
Apr-95
Jul-95
Oct-95
Jan-96
Apr-96
Jul-96
Oct-96
Jan-97
Apr-97
Jul-97
Oct-97
Jan-98
Apr-98
Jul-98
Oct-98
Jan-99
Apr-99
Jul-99
Oct-99
Jan-00
Apr-00
Jul-00
Oct-00
Jan-01
Apr-01
Jul-01
Oct-01
Jan-02
Apr-02
Jul-02
Oct-02
Jan-03
Apr-03
Jul-03
Oct-03
Jan-04
Apr-04
Jul-04
Oct-04
Jan-05
Apr-05
Jul-05
Oct-05
Jan-06
Apr-06
Jul-06
Oct-06
Jan-07
Apr-07
Jul-07
Oct-07
Jan-08
Apr-08
Jul-08
Oct-08
Jan-09
Percent per annum
30
村から来た出稼ぎであ
-10
Month
17
っております。確かに失
業が集中する地域では
社会的な混乱が高まるかもしれません。しかし彼らが故郷の村に戻れば、何とか生活ができ
る状態なのです。
(グラフ 9)それからインフ
(グラフ 10)The Stock Price Indexes of Chinese Stock Exchanges Since 1990
レ率ですが、これは穏やかな状
The Stock Price Indexes of Shanghai and Shenzhen Stock Exchanges at the End of the Month
6,000
況でありまして、インフレ懸念
5,500
が再燃することなく財政拡大
5,000
4,500
を行うことができます。世界が
The Index of Shanghai Stock Exchange
4,000
The Index of Shenzhen Stock Exchange
直面しています今一番の懸念
3,500
3,000
はスタグフレーションですが、
2,500
デフレとリセッションが同時
2,000
1,500
に起こっても、インフレとリセ
1,000
ッションが同時に起こるより
500
Dec-90
Mar-91
Jun-91
Sep-91
Dec-91
Mar-92
Jun-92
Sep-92
Dec-92
Mar-93
Jun-93
Sep-93
Dec-93
Mar-94
Jun-94
Sep-94
Dec-94
Mar-95
Jun-95
Sep-95
Dec-95
Mar-96
Jun-96
Sep-96
Dec-96
Mar-97
Jun-97
Sep-97
Dec-97
Mar-98
Jun-98
Sep-98
Dec-98
Mar-99
Jun-99
Sep-99
Dec-99
Mar-00
Jun-00
Sep-00
Dec-00
Mar-01
Jun-01
Sep-01
Dec-01
Mar-02
Jun-02
Sep-02
Dec-02
Mar-03
Jun-03
Sep-03
Dec-03
Mar-04
Jun-04
Sep-04
Dec-04
Mar-05
Jun-05
Sep-05
Dec-05
Mar-06
Jun-06
Sep-06
Dec-06
Mar-07
Jun-07
Sep-07
Dec-07
Mar-08
Jun-08
Sep-08
Dec-08
0
も対応しやすいわけです。
Month
(グラフ 11)Monthly Rates of Growth of Real Retail Sales, Y-o-Y
(グラフ 10)中国の株式相
場も安定化しておりまして、こ
Rates of Growth of Real Retail Sales since 2000, Year-over-Year
25
れはビジネスあるいは消費者
のマインドに支援を与えてい
20
ます。
(グラフ 11)小売りの販
15
Percent
売も相対的には安定を続けて
おります。
10
ただ、輸出がなぜ突然大幅に
5
減少したのか、若干の困惑があ
Jul-08
Oct-08
Apr-08
Jul-07
Jan-08
Oct-07
Jan-07
Apr-07
Jul-06
Oct-06
Jan-06
Apr-06
Jul-05
Oct-05
Jan-05
Apr-05
Jul-04
Oct-04
Jan-04
Apr-04
Jul-03
Oct-03
Apr-03
Jul-02
Jan-03
Oct-02
Jan-02
Apr-02
Jul-01
Oct-01
Jan-01
Apr-01
Jul-00
Oct-00
Jan-00
Apr-00
0
るかもしれません。中国でもま
Month
たアジアの他の地域でも輸出
は減少いたしましたが、その背景にあるのは先進国での信用の目詰まりだという点を指摘し
たいと思います。例えばアメリカの輸入業者は今日、金融を受けにくくなっております。L/C
を開設してもらうのも困難でありますし、また在庫金融もままならなくなっております。結
果として、まず在庫が削減されるのを待って初めて注文を出そうという状況です。注文の一
部は再開されるだろうと思います。個人消費というのは、対前年度比で見て 5%以上は減少
しません。このことは 1945 年以来のリセッションにおいて既に実証済みのことであり、日
本でも実際の消費は所得よりもはるかに安定的なものでした。
ですから、輸出は既に大幅に減少したわけですけれども、あくまで一時的なものだと思っ
ております。完全に回復をするというのは無理かもしれませんが、かなり回復すると思いま
す。今日の中国を見てみましても、在庫の削減は既にかなり進んでおり、ほとんど完了しつ
18
(グラフ 12)Monthly Rates of Growth of Fixed Assets Investment, Y-o-Y
つあるという兆しが見られま
す。そうして企業の方でも、再
Rates of Growth of Fixed Assets Investment since 2000, Year-over-Year
び在庫投資を始めようとして
60
いるのが現在の段階です。
50
Percent
40
時間がありませんので、これ
は詳述できませんけれども、ご
30
覧いただけますように、固定資
20
産に対する投資の月毎の伸び
10
率を見ますと(グラフ 12)
、安
Jul-08
Oct-08
Jan-08
Apr-08
Jul-07
Oct-07
Apr-07
Jul-06
Oct-06
Jan-07
Jan-06
Apr-06
Jul-05
Oct-05
Apr-05
Jul-04
Oct-04
Jan-05
Jan-04
Apr-04
Jul-03
Oct-03
Apr-03
Jul-02
Oct-02
Jan-03
Jan-02
Apr-02
Jul-01
Oct-01
Apr-01
Jul-00
Oct-00
Jan-01
Jan-00
Apr-00
0
定的に推移をしております。株
価は大幅に下がりましたが、最
Month
終的にはかなり安定化してお
(グラフ 13)
り、徐々に上向き始めておりま
The Stock Price Indexes of Chinese Stock Exchanges Since 1990
す(グラフ 13)。
T h e S tock Price In dexes of
Ch inese Sto ck E x chang es Sin ce July, 20 07
T h e St oc k P r i c e I n de x e s of S ha n g h a i a nd S he n z he n S toc k E xc h an ge s a t t he E n d o f th e M o nt h
6, 00 0
さらに 2 点有用だと思われ
る点を指摘したいと思います。
(グラフ 14)この表は東アジ
5, 50 0
T h e In d e x o f Sh a n g h a i S toc k E x c h an ge
5, 00 0
ア諸国の一部の国の実質 GDP
T h e In d e x o f Sh e n z he n St oc k E xc h an ge
4, 50 0
の動向を、94 年から現在まで
4, 00 0
3, 50 0
四半期で示しております。次に
3, 00 0
2, 50 0
ご覧いただきたいのは、この二
2, 00 0
1, 50 0
つの表です(グラフ 15・16)。
1, 00 0
50 0
Ap r-08
La w re nc e J. La u, T he Chines e U niver sity of H ong Kong
M on th
J an -09
O ct-08
J u l- 08
Jan -0 8
Oct-07
Ju l-07
0
44
これらは東アジア経済の輸出
入の伸び率で、一番上の赤は中
国です。輸出入の変動率というのはかなり一致して動いている、つまりすべての経済の輸出
も輸入も連動して動いているわけです。
しかし、GDP の成長を見てください(グラフ 14)
。赤は中国の GDP ですが、輸出入の方
は一緒に変動しているにもかかわらず、中国の GDP は非常に安定的に推移していることが
わかります。これが何を物語っているかというと、中国の経済は外部で起こっていることか
ら全く遮断されているとは言えませんが、かなり自立的に成長しているということです。も
う一つ注目していただきたいのですが、ここの落ち込みが非常に激しかったところは東アジ
ア経済の 1997 年の危機の時の落ち込みです。しかし、その後の回復も極めて急速であるの
もお分かりいただけると思います。つまりすべての東アジア諸国は、危機に落ち込むときに
も同時だったが、回復も同時だったわけです。そして回復するときも非常に急速でした。
19
Q1 1997
Q2 1997
Q3 1997
Q4 1997
Q1 1998
Q2 1998
Q3 1998
Q4 1998
Q1 1999
Q2 1999
Q3 1999
Q4 1999
Q1 2000
Q2 2000
Q3 2000
Q4 2000
Q1 2001
Q2 2001
Q3 2001
Q4 2001
Q1 2002
Q2 2002
Q3 2002
Q4 2002
Q1 2003
Q2 2003
Q3 2003
Q4 2003
Q1 2004
Q2 2004
Q3 2004
Q4 2004
Q1 2005
Q2 2005
Q3 2005
Q4 2005
Q1 2006
Q2 2006
Q3 2006
Q4 2006
Q1 2007
Q2 2007
Q3 2007
Q4 2007
Q1 2008
Q2 2008
Q3 2008
Annualized Percent per annum
Annualized Percent per annum
-20
40
-10
60
-60
Q1 1994
Q2 1994
Q3 1994
Q4 1994
Q1 1995
Q2 1995
Q3 1995
Q4 1995
Q1 1996
Q2 1996
Q3 1996
Q4 1996
Q1 1997
Q2 1997
Q3 1997
Q4 1997
Q1 1998
Q2 1998
Q3 1998
Q4 1998
Q1 1999
Q2 1999
Q3 1999
Q4 1999
Q1 2000
Q2 2000
Q3 2000
Q4 2000
Q1 2001
Q2 2001
Q3 2001
Q4 2001
Q1 2002
Q2 2002
Q3 2002
Q4 2002
Q1 2003
Q2 2003
Q3 2003
Q4 2003
Q1 2004
Q2 2004
Q3 2004
Q4 2004
Q1 2005
Q2 2005
Q3 2005
Q4 2005
Q1 2006
Q2 2006
Q3 2006
Q4 2006
Q1 2007
Q2 2007
Q3 2007
Q4 2007
Q1 2008
Q2 2008
Q3 2008
-5
Q1 1997
Q2 1997
Q3 1997
Q4 1997
Q1 1998
Q2 1998
Q3 1998
Q4 1998
Q1 1999
Q2 1999
Q3 1999
Q4 1999
Q1 2000
Q2 2000
Q3 2000
Q4 2000
Q1 2001
Q2 2001
Q3 2001
Q4 2001
Q1 2002
Q2 2002
Q3 2002
Q4 2002
Q1 2003
Q2 2003
Q3 2003
Q4 2003
Q1 2004
Q2 2004
Q3 2004
Q4 2004
Q1 2005
Q2 2005
Q3 2005
Q4 2005
Q1 2006
Q2 2006
Q3 2006
Q4 2006
Q1 2007
Q2 2007
Q3 2007
Q4 2007
Q1 2008
Q2 2008
Q3 2008
Annualized Rates in Percent
(グラフ 14)Quarterly Rates of Growth of Real GDP: Selected East Asian Economies
20
Figure 3.1: Quarterly Rates of Growth of Real GDP, Year-over-Year, Selected East Asian Economies
15
China
10
5
0
-10
-15
China,P.R.:Hong Kong
Indonesia
Malaysia
Singapore
China,P.R.: Mainland
Taiwan Prov.of China
-20
-30
China,P.R.:Hong Kong
Indonesia
Malaysia
Singapore
China,P.R.: Mainland
Taiwan Prov.of China
-40
-40
Quarter
China,P.R.:Hong Kong
Indonesia
Malaysia
Singapore
China,P.R.: Mainland
Taiwan Prov.of China
20
India
Korea
Philippines
Thailand
Japan
Quarter
(グラフ 15)Quarterly Rates of Growth of Exports of Goods: Selected East Asian Economies
50
Figure 3.2: Year-over-Year Quarterly Rates of Growth of Exports of Goods in US$ (Percent)
China
30
20
10
0
India
Korea
Philippines
Thailand
Japan
Quarter
(グラフ 16)Quarterly Rates of Growth of Imports of Goods: Selected East Asian Economies
80
Figure 3.3: Year-over-Year Quarterly Rates of Growth of Imports of Goods in US$ (Percent)
China
40
20
0
-20
India
Korea
Philippines
Thailand
Japan
というのは、東アジアの場合はお互いに需要を創出し合うことができたからです。今回も東
アジア諸国はそういったことをすべきだと思います。協調した経済刺激策を同時に採るべき
だと思います。それにより各国の刺激策が、自国の内需を刺激するのみならず、アジア地域
の他の国にとっても需要を喚起することができるようにするのです。すべての国が協調的に
それを行えば、そうしなかった場合に比べてはるかに早い回復が実現するでしょう。この時
点では保護主義を回避することが重要です。保護主義者になるのは簡単ですが、保護主義に
落ち入ってはならないと思います。
もう一つ大事なことは為替の協調です。東アジア諸国の中央銀行はすべて、よく自制し
て米ドル資産を保有し続けてきました。全員が米ドル建ての資産を保有し続けることが重要
なわけで、誰も歩調を崩すことをしないようにと望みます。たしかにこれは協調の一環です
が、それよりももっと重要なことは、為替相場の協調を進めなくてはならないということで
す。持続可能な形で経済成
(グラフ 17)Exchange Rates of China, Japan and South Korea (7/2/2008=100)
長を図るためには、アジア
諸国の為替はある程度の
Exchange Rate Index (7/2/2008=100) of Selected Countries/Regions
150
Japanese Yen
同質性をもつべきだから
Chinese Yuan
です。そのための私個人の
Korean Won
提案としては、インフレ率
140
130
を考慮した相対的な実質
Korean Won
120
平価を維持することです。
110
それにより各国通貨の相
100
対的な購買力が維持され、
90
持続可能な、長期の為替面
Japanese Yen
02-11-09
02-04-09
01-28-09
01-21-09
01-14-09
01-07-09
12-31-08
12-24-08
12-17-08
12-10-08
12-03-08
11-26-08
11-19-08
11-12-08
Day
11-05-08
10-29-08
10-22-08
10-15-08
10-08-08
10-01-08
09-24-08
09-17-08
09-10-08
09-03-08
08-27-08
08-20-08
08-13-08
08-06-08
07-30-08
07-23-08
07-16-08
07-09-08
07-02-08
80
での協調ができるように
なるでしょう。
(グラフ 17) この点で今非常に大きな不均衡が存在します。すなわち長期的な均衡レベル
に比べて日本円(黄色の線)が高すぎるとともに、韓国のウォン(青い線)は安すぎると思
います。アジア地域は日本の経済がしっかりしなくては成長できないわけで、アジア各国の
政府は、一緒になってどのようにすれば為替の動きを合理化できるか考えるべきです。ある
意味で今は円が高すぎ、韓国ウォンが安すぎる、このことが日本経済をつぶしていると思い
ます。
この辺で話を終えたいと思います。東アジアの将来に関しては、私は楽観的な見通しを持
っております。東アジア諸国、各国政府が手を携えれば、この経済を危機から脱却できると
思います。ご清聴ありがとうございました。
21
㧠㧚਎⇇⊛㊄Ⲣෂᯏߩࠗࡦ࠼߳ߩᓇ㗀̆ߘߩⵍኂߣ᡽╷ኻᔕ
࠼࠘ࡧ࡝࡮ࠬࡃ࡜ࠝ㧔ࠗࡦ࠼Ḱ஻㌁ⴕ✚ⵙ㧕
਎⇇⚻ᷣߩ⷗ㅢߒߪᤓᐕ╙ ྾ඨᦼߦᄢ᏷ߦᖡൻߒ߹ߒߚ‫ߜ⪭ޕ‬ㄟߺߩᷓߐࠍ␜ߔ߽ߩߣ
ߒߡ‫ޔ‬,0) ߪ⾼⾈ജᐔଔߢߺߚ਎⇇⚻ᷣߩᚑ㐳⷗ㅢߒࠍ ᐕ ᦬⷗ㅢߒߩ ߆ࠄ੹ᐕ ᦬ߦߪ ߳ߣᄢ᏷ߦᒁ߈ਅߍ߹ߒߚ‫ޕ‬Ꮢ႐ߩὑᦧ⋧႐ߢߺࠆߣ‫ߜ⪭ޔ‬ㄟߺߪ߽ߞߣᄢ߈ߊ‫ޔ‬
਎⇇ߩ *'3 ߪ ߩᷫㅌ߇⷗ㄟ߹ࠇߡ޿߹ߔ‫☨ޕ‬᰷ᣣߩవㅴ࿖⚻ᷣߪ⏕ታߦ᥊᳇ᓟㅌߦ㒱
ߞߡ߅ࠅ‫ޔ‬㊄Ⲣෂᯏߩᓇ㗀ߪ㊄Ⲣㇱ㐷߆ࠄታᘒ⚻ᷣߦ޿ߚࠆ߹ߢߔߴߡߦࠊߚߞߡ޿߹ߔ‫ޕ‬
ᦨㄭߩ੐ታ߇␜ߔߣߎࠈߢߪ෼❗ߩജߪᒝߊ‫ޔ‬㔛ⷐߪ஗ṛߒ‫ߜ⪭ߪ↥↢ޔ‬ㄟࠎߢ޿߹ߔ‫ޕ‬㓹
↪ߩ༚ᄬߪჇടߒߡ߅ࠅ‫ޔ‬ା↪Ꮢ႐ߪࠬ࠻࠶ࡊߒߚ߹߹ߢߔ‫߽ᦨޕ‬࿎ߞߚߎߣߦ‫ޔ‬਎⇇⾏ᤃ
ߪ᥊᳇ߩ⪭ߜㄟߺ߇ᵄ෸ߔࠆਥߥ࡞࡯࠻ߥߩߢߔ߇‫ ޔ‬ᐕߦ ߩ❗ዊ߇⷗ㄟ߹ࠇߡ߅
ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
਎⇇ਛߩ᡽╷᳿ቯߪ᣿ࠄ߆ߦᶏ࿑ߥ߈㗔ၞߦߪ޿ߞߡ޿߹ߔ‫ޕ‬ฦ࿖ߩ᡽ᐭ߿ਛᄩ㌁ⴕߪ‫ޔ‬
Ⓧᭂ⊛ߦᄢⷙᮨߢ㕖વ⛔⊛ᚻᲑࠍ߽ߞߡߒߡෂᯏߦኻᔕߒߡ߈ߡ޿߹ߔ߇‫ߚߒ߁ߘޔ‬ភ⟎߇
චಽߢ޽ࠅㆡಾߢ޽ࠆߩ߆‫ߡߒߘޔ‬઒ߦ߽ߘߩ⚿ᨐ߇಴ᆎ߼ࠆߣߔࠇ߫ߘࠇߪ޿ߟߥߩ߆ߦ
ߟ޿ߡ‫ߪߣࠇߎޔߚ߹ޕߔ߹ࠅ߅ߡࠇߐߥ߇⺰⼏ߥ߹ߑ߹ߐޔ‬೎ߦ‫ޔ‬⍴ᦼߩ൓޿ߦ㚟ࠄࠇߡ
ၮᧄේೣࠍߪߥࠇࠆߣߒߡ߽‫ߦ߁ࠃߩߤޔ‬ਛ㐳ᦼߩ቟ቯᜬ⛯ᕈߩ໧㗴ߣߩᅷදࠍߪ߆ࠆߩ߆
ߣ޿߁⼏⺰߽޽ࠅ߹ߔ‫ޔࠄ߇ߥߒ߆ߒޕ‬᣿ࠄ߆ߦ⼏⺰ߩ૛࿾߇ߥ޿ߩߪ੹࿁ߩ 㧙 ᐕ
ߩ‫ޟ‬᥊᳇ᄢᓟㅌ‫ߪޠ‬ᒰೋ⠨߃ࠄࠇߡ޿ߚࠃࠅߪࠆ߆ߦᷓߊ‫ߟ߆ޔ‬࿁ᓳߦ߽ᤨ㑆߇߆߆ࠆߣ޿
߁ߎߣߢߒࠂ߁‫ޕ‬
ᣂ⥝࿖⚻ᷣ
࠺ࠞ࠶ࡊ࡝ࡦࠣߩℂ⺰ߣߪᱜ෻ኻߦ‫ޔ‬ᣂ⥝࿖⚻߽ᷣ߹ߚෂᯏߦࠃࠅᛂ᠄ࠍฃߌߡ޿ࠆߣ޿
߁ߎߣࠍ↳ߒ਄ߍߚ޿‫ ޿ߟࠅ߹ߟޕ‬ᐕ೨ߦᵹⴕߢ޽ߞߚ࠺ࠞ࠶ࡊ࡝ࡦࠣߩℂ⺰ߪ‫ޔ‬వㅴ࿖
ߩ᥊᳇߇⪭ߜㄟࠎߛߣߒߡ߽‫ࠆࠁࠊ޿ޔ‬ᣂ⥝࿖ߩ⚻ᷣߪᄢਂᄦߛߣ޿߁߽ߩߢߒߚ‫ޕ‬ᄖ⽻Ḱ
஻߽ߒߞ߆ࠅߒߡ޿ࠆߒ‫ޔ‬᡽╷⊛ߥᨒ⚵߽ᡷༀߒߡ߅ࠅ‫ޔ‬ડᬺߩࡃ࡜ࡦࠬࠪ࡯࠻߽ߒߞ߆ࠅ
ߒߡ޿ࠆ‫ޔ‬㊄Ⲣㇱ㐷߽Ყセ⊛ஜోߛ߆ࠄߣ޿߁ߎߣߛߞߚߩߢߔ‫ޕ‬ᕆㅦߦࠣࡠ࡯ࡃ࡞ൻ߇ㅴ
߻਎⇇ߢߪ‫ࠣࡦ࡝ࡊ࠶ࠞ࠺ޔ‬ℂ⺰ߪ߽ߣ߽ߣߘࠇ߶ߤ⺑ᓧജ߇ߥ߆ߞߚߩߢߔ߇‫ߩߎޔ‬ᢙࠞ
᦬ߩ੐ታࠍߺࠆߣోߊߘߩାᙀᕈ߇ᄬࠊࠇߚߣ⸒߃ࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬ᣂ⥝࿖ࠛࠦࡁࡒ࡯ߢߪ⾗ᧄ
ߩᵹࠇ߇ㅒォߒ‫ߩߘޔ‬ᓇ㗀ࠍฃߌߡ␠ௌ߽࿖ௌ߽ࠬࡊ࡟࠶࠼߇ᐢ߇ࠅ‫ޔ‬ㅢ⽻ߪਅ⪭ߒߡ޿ࠆ
ߩ߇⃻⁁ߢߔ‫࡞ࡃ࡯ࡠࠣޕ‬ൻߒߚ਎⇇ߢߪ‫ߩߤޔ‬࿖߽ፉ࿖ߩࠃ߁ߦቅ┙ߔࠆߎߣ߇ߢ߈ߥ޿
ߣ޿߁ߎߣࠍ߹ߓ߹ߓߣ⷗ߖߟߌࠆࠃ߁ߦ‫ޔ‬ᣂ⥝࿖⚻ᷣߩᚑ㐳⷗ㅢߒ߽੹࿁ߩᔶᶢߩࠃ߁ߦ
᛼ߒነߖࠆ㊄Ⲣෂᯏߦࠃࠅᓇ㗀ࠍ߁ߌߡ޿߹ߔ‫ࠎࠈߜ߽ޕ‬࿖ߦࠃߞߡ߆ߥࠅߩᏅߪ޽ࠅ߹ߔ
߇‫߽ࠇߕ޿ޔ‬ᓇ㗀ࠍฃߌߡ޿ࠆߩߢߔ‫ޕ‬
ࠗࡦ࠼߽ᛂ᠄ࠍฃߌߡ޿߹ߔ߇‫ߩ߳࠼ࡦࠗޔ‬ᓇ㗀ߪᒰೋߩ੍ᗐࠍߪࠆ߆ߦ਄࿁ࠆ߽ߩߢߔ‫ޕ‬
޿ߚߛ޿ߚᤨ㑆ౝߦᰴߩ྾ὐߦߟ޿ߡ߅⹤ߒߒߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ߎ߇࠼ࡦࠗߗߥߪߟ৻ߕ߹ޕ‬
ߩෂᯏߩᓇ㗀ࠍฃߌߚߩ߆‫╙ޔ‬ੑߦߤࠎߥᒻߢᛂ᠄߇޽ߞߚߩ߆‫╙ޔ‬ਃߦߤ߁ߘࠇߦኻᔕߒ
22
ߡ޿ࠆ߆‫ᦨޔ‬ᓟߦࠗࡦ࠼ߩ੹ᓟߩ⷗ㅢߒࠍ߅⹤ߒߒߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ߥߗࠗࡦ࠼ߪෂᯏߩᓇ㗀ࠍ߁ߌߚߩ߆
ߥߗࠗࡦ࠼ߪ੹࿁ߩࠣࡠ࡯ࡃ࡞ෂᯏߩᓇ㗀ࠍฃߌߚߩ߆‫ޔ‬ዋߥߊߣ߽৻ㇱߦߪ޽ࠆ⒳ߩ㛳
߈߇޽ࠅ߹ߔ‫ߩ࠼ࡦࠗޕ‬㌁ⴕㇱ㐷ߪࠨࡉࡊ࡜ࠗࡓࡠ࡯ࡦ⾗↥ߦኻߔࠆ⋥ធߩࠛࠢࠬࡐ࡯ࠫࡖ
࡯ߪ߶ߣࠎߤߥ߆ߞߚߒ‫ޔ‬ୟ↥ߒߚ㊄Ⲣᯏ㑐ߣߩ㑐ଥ߽ߥ߆ߞߚ‫ߩ࠼ࡦࠗޕ‬㊄Ⲣᯏ㑐ߪࠝࡈ
ࡃ࡜ࡦࠬ߿⸽೛ൻ⾗↥߳ߩᛩ⾗ߪ߶ߣࠎߤߒߡ߅ࠄߕ‫ޔ‬ታ㓙‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㌁ⴕߪᒁ߈⛯߈቟ో
ߢ޽ࠅ‫ޔ‬ஜోᕈࠍ଻ߞߡ޿߹ߔ‫ߦߩߥࠇߘޕ‬ᶏᄖߩ㊄Ⲣ࠮ࡦ࠲࡯ߢ⿠߈ߚ੐⽎ߦߥߗࠗࡦ࠼
߇ᓇ㗀ࠍฃߌߚߩ߆‫ߩ߼ߟ৻߇ߣߎ߁޿ߣޔ‬㛳߈ߢߔ‫ߩߟ৻߁߽ޕ‬㛳߈ߪ‫ޔ‬ㄭᐕߩࠗࡦ࠼ߩ
ᚑ㐳ߪ࿶ୟ⊛ߦ࿖ౝᶖ⾌ߣ࿖ౝᛩ⾗ߦࠃࠆ߽ߩߢ޽ࠅ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬໡ຠャ಴ߢߺߚᄖ㔛ଐሽᐲ
ߪ *'3 ߩ એਅߢߔ‫ࠄ߆ߔߢޕ‬਎⇇⊛ߥ⪭ߜㄟߺ߇޽ߞߚߣߒߡ߽‫ޔ‬ᄖ㔛ଐሽᐲߩૐ޿
ࠗࡦ࠼߇ߥߗᓇ㗀ࠍฃߌߨ߫ߥࠄߥ޿ߩ߆ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬
ߎߩੑߟߩ⸳໧ߦኻߔࠆ╵߃ߪታߪߎߎߦ޽ࠅ߹ߔ‫࡞ࡃ࡯ࡠࠣޕ‬ൻ߇ߘߩ╵߃ߛߣ޿߁ߎ
ߣߢߔ‫ޕ‬਎⇇ߦኻߔࠆࠗࡦ࠼ߩ⛔วߪ‫ ߩߎޔ‬ᐕ㕖Ᏹߦᕆㅦߥ߽ߩߢߒߚ‫ޕ‬਎⇇⚻ᷣߦ⛔
วߒߡ߈ߚߣ޿߁ߎߣߪනߦャ಴એ਄ߩᗧ๧ࠍᜬߟߩߢߔ߇‫࡞ࡃ࡯ࡠࠣߕ߹ޔ‬ൻߩ✚ว⊛ߥ
ᜰᢙߣߒߡャ಴‫ޔ‬ャ౉ࠍวࠊߖߚ⾏ᤃߩኻ *'3 Ყ₸ࠍ⷗ߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫⾏ޕ‬ᤃߩ *'3 ߦኻ
ߔࠆᲧ₸ߪ‫ࠕࠫࠕޔ‬ෂᯏ߇⿠ߎߞߚ ᐕᐲ߇ ߢߒߚ߇‫ ޔ‬ᐕߚߞߚ ᐕᐲ
ߪ ߹ߢ਄᣹ߒߚߩߢߔ‫ޕ‬
╙ੑߦ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㊄Ⲣ߇਎⇇ߦ⛔วߒߚᐲว޿ߪ⾏ᤃࠃࠅ߽ᷓ޿ߣߪ↳ߒ߹ߖࠎ߇‫⾏ޔ‬ᤃ
ߣหߓߊࠄ޿ᷓߊߥߞߡ޿߹ߔ‫ࠅࠃޕ‬ᐢ޿⛔วߩዤᐲߣߒߡ‫✚ޔ‬วኻᄖขᒁ㧔ࠣࡠࠬߩ⾗ᧄ
ߩᵹࠇߣ⚻Ᏹขᒁߩᵹࠇ㧕
‫ߩߡߴߔߜࠊߥߔޔ‬ㅢ⽻ขᒁߩᵹࠇࠍኻ *'3 Ყߢ⷗ࠆߣ‫ࠕࠫࠕޔ‬
ෂᯏߩ ᐕᐲߪ ߢߒߚ߽ߩ߇‫ ޔ‬ᐕᐲߦߪ ߹ߢ਄᣹ߒ߹ߒߚ‫ޕ‬
․ߦડᬺㇱ㐷ߩᶏᄖ⾗㊄ขࠅ౉ࠇߪㆊ෰㧡ᐕ㑆ߦᕆჇߒ߹ߒߚ‫ߩ߆ߟߊ޿ޕ‬ᢙሼࠍ᜼ߍߡ
ߺ߹ߒࠂ߁‫ ޕ‬ᐕ߆ࠄ ᐕߦ߆ߌߡߩ ᐕ㑆ߢࠗࡦ࠼ߩ *'3 ߦ߅ߌࠆᛩ⾗ߩᲧ₸ߪ
Ⴧ߃߹ߒߚ‫ߩߘޕ‬ᛩ⾗ߩඨಽߪડᬺߩౝㇱ⇐଻߆ࠄ‫ޔ‬ᱷࠅඨಽߩᄢㇱಽ߇ᶏᄖߢ⺞㆐ߒ
ߚ⾗㊄ߦࠃߞߡ⾔ࠊࠇ߹ߒߚ‫ޕ‬࿖ౝߦ⾗㊄ߪචಽߦ޽ߞߚߩߢߔ߇‫ޔ‬ᄖ࿖⾗ᧄߦߊࠄߴߡ㊄
೑߇㜞߆ߞߚߩߢߔ‫ઁޕ‬ᣇߢࠢࡠ࡯ࡃ࡞Ꮢ႐ߦߪᵹേᕈ߇޽߰ࠇߡ޿ߚߎߣߣ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬ẜ
࿷ᚑ㐳₸߳ߩᦼᓙ߇޽ߞߚߚ߼‫ޔ‬ᄖ࿖ᛩ⾗ኅߪ༑ࠎߢ࡝ࠬࠢࠍขࠅࠃࠅૐ޿㊄೑ߢ⾗㊄ࠍឭ
ଏߒߚߩߢߔ‫߫߃ߣߚޕ‬ᤓᐕᐲ㧔 ᐕ㧕ߦߪ‫'* ߪߦ࠼ࡦࠗޔ‬3 ߩ એ਄ߩ⾗ᧄ߇ᵹ
౉ߒ߹ߒߚ‫⚻ޕ‬Ᏹ⿒ሼߪ ᱛ߹ࠅߢߒߚ‫ߦ࠼ࡦࠗޕ‬ኻߒߡ⚻Ᏹ⿒ሼࠍ⿥߃ࠆߛߌߩ⾗ᧄ߇
ᵹ౉ߒߡ߈ߚߣ޿߁ߎߣߪ‫ޔ‬ኻᄖ୫ࠅ౉ࠇ߇޿߆ߦ㊀ⷐߢ޽ࠅ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㊄Ⲣㇱ㐷ߩ⛔ว߇
㕖Ᏹߦᷓ߹ߞߡ޿ࠆ߆ࠍ␜ߒߡ޿ࠆߣ⸒߃߹ߔ‫ޕ‬
ߤ߁޿߁ᒻߢᛂ᠄ࠍฃߌߚ߆
੹࿁ߩෂᯏߪࠗࡦ࠼ߦ㊄Ⲣ‫ޔ‬ታ૕⚻ᷣ෸߮ࠦࡦࡈࠖ࠺ࡦࠬߩਃߟߩ࠴ࡖࡀ࡞ߔߴߡࠍㅢߓ
ߡᵄ෸ߒ߹ߒߚ߇‫ޔߌࠊࠅߣޔ‬㊄Ⲣෂᯏߦ㓙ߒߡ޿ߟ߽⿠ߎࠆ޿ࠊࠁࠆࠦࡦࡈࠖ࠺ࡦࠬ⚻〝
23
߇㊀ⷐߢߒߚ‫ޕ‬
߹ߕ㊄Ⲣߣ޿߁⚻〝ߢߔ߇‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㊄ⲢᏒ႐̆̆ࡑࡀ࡯ࡑ࡯ࠤ࠶࠻‫ޔ‬ᩣᑼ‫ޔ‬ὑᦧᏒ႐̆
̆ߩߔߴߡ߇ᄙߊߩᣇ㕙߆ࠄᓇ㗀ࠍฃߌ߹ߒߚ‫ޕ‬਎⇇⊛ߦᵹേᕈ߇߭ߞㄼߒߚ⚿ᨐ‫࠼ࡦࠗޔ‬
ߩ㌁ⴕ߿ડᬺߪᶏᄖߢߩ⾗㊄⺞㆐ࠍⴕ߃ߥߊߥࠅ‫ޔ‬ડᬺߪᶏᄖߩઍࠊࠅߦ࿖ౝߢ⾗㊄⺞㆐ࠍ
ㅊ᳞ߒߚߩߢߔ‫ߩ࠼ࡦࠗޔߚ߹ޕ‬ડᬺߪᄙ㗵ߩ⾗㊄ࠍࡑࡀ࡯࡮ࡑ࡯ࠤ࠶࠻࡮ࡈࠔࡦ࠼ߦᛩ⾗
ߒ‫ߩߘߪ࠼ࡦࠔࡈ࡮࠻࠶ࠤ࡯ࡑ࡮࡯ࡀࡑޔ‬ᄢㇱಽࠍࡁࡦࡃࡦࠢߩ㊄Ⲣᯏ㑐ߦᛩ⾗ࠍߒߡ޿ߚ
ߩߢߔ߇‫ޔ‬ડᬺ߇ࡑࡀ࡯࡮ࡑ࡯ࠤ࠶࠻࡮ࡈࠔࡦ࠼ࠍ⸃⚂ߒߡ⾗㊄ࠍᒁ߈឴ߍࠃ߁ߣߒߚߩߢ‫ޔ‬
ࡁࡦࡃࡦࠢ㊄Ⲣᯏ㑐㧔1%)&㨟㧕ߦࡊ࡟࠶ࠪࡖ࡯߇߆߆ࠅ߹ߒߚ‫ޕ‬ᶏᄖߢߩࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬ߆
ࠄ࿖ౝࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬ߳ࠪࡈ࠻ߒߚߎߣ߆ࠄ‫ޔ‬㊄ⲢᏒ႐ߣࠢ࡟ࠫ࠶࠻Ꮢ႐෺ᣇ߇ㅼㄼߒߚߩߢ
ߔ‫ޕ‬
╙ੑߦ‫ޔ‬਎⇇⊛ߦ࠺࡟ࡃ࡟࠶ࠫ߇ㅴ߻ਛߢ⾗ᧄࡈࡠ࡯߇ㅒォߒߚߎߣ߆ࠄὑᦧᏒ႐ߦ࿶ജ
߇߆߆ࠅ߹ߒߚ߇‫ޔ‬หᤨߦ‫ޔ‬ડᬺ߇ᶏᄖߩௌോ㄰ᷣߩߚ߼࿖ౝߢ⺞㆐ߒߚ⾗㊄ࠍᄖ⽻ߦ੤឵
ߔࠆⴕേߦ಴ߚߎߣ߆ࠄ‫ߦ࡯ࡇ࡞ޔ‬ਅ⪭࿶ജ߇ടࠊࠅ߹ߒߚ‫ޕ‬
╙ਃߦ‫ߚߒ߁ߎޔ‬ὑᦧߩੂ㜞ਅࠍ㒐ߋߚ߼ߦḰ஻㌁ⴕ߇੺౉ࠍᆎ߼߹ߒߚ߇‫߽ࠇߎޔ‬ᵹേ
ᕈᨗᷢߦߟߥ߇ࠅ߹ߒߚ‫ޕ‬
ታ૕⚻ᷣࠍㅢߓߚ⚻〝ࠍ⷗߹ߔߣ‫ޔ‬ᄖߩ࡚ࠪ࠶ࠢߪ࿖ౝ⚻ᷣߦ⋥ߜߦવ᠞޿ߚߒ߹ߒߚ‫ޕ‬
৻ߟߦߪャ಴㔛ⷐ߇⪭ߜㄟࠎߛߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ߡߒߘࡄ࠶ࡠ࡯࡛ޔࠞ࡝ࡔࠕޕ‬ਛ᧲߇ታߪࠗ
ࡦ࠼ߩ⽷߅ࠃ߮ࠨ࡯ࡆࠬャ಴ߩ ࠍභ߼߹ߔ߇‫ߩࠄࠇߎޔ‬Ꮢ႐߇หᤨߦਅ⪭ࠍߒߚߣ޿߁
ߎߣߢ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬ャ಴߇ᛂ᠄ࠍฃߌ߹ߒߚ‫ߩࠬࡆ࡯ࠨߩࠄ߆࠼ࡦࠗࠄ߆ࠇߘޕ‬ャ಴ߢߔ߇‫ޔ‬
ߎࠇ߽࡝࠮࠶࡚ࠪࡦ߇ᖡൻߒ㊄Ⲣᯏ㑐ߩ࡝ࠬ࠻࡜߇ㅴ߻ߦߟࠇ੹ᓟ㊰ൻߒߘ߁ߢߔ‫ޕ‬㊄Ⲣᯏ
㑐ߪߎࠇ߹ߢࠕ࠙࠻࠰࡯ࠪࡦࠣߩᄢญ࡙࡯ࠩ࡯ߛߞߚ߆ࠄߢߔ‫ᧄߪ࠼ࡦࠗޔߚ߹ޕ‬࿖ㅍ㊄߇
ᄙ޿࿖ߢߔ߇‫ޔ‬ਛ᧲ߢේᴤଔᩰߩਅ⪭߇㗀߈‫ޔߚ߹ޔ‬వㅴ࿖ߢ᥊᳇߇⪭ߜㄟߺ߹ߔߣ‫߁ߘޔ‬
޿ߞߚߣߎࠈߢߩഭ௛⠪߆ࠄߩࠗࡦ࠼ߦኻߔࠆㅍ㊄߇⪭ߜㄟ߻ߎߣߦߥࠅ߹ߔ‫ޕ‬
ߎߩࠃ߁ߥ㊄Ⲣ߅ࠃ߮ታ૕⚻ᷣࠍㅢߓߚᵄ෸ߦട߃‫ޔ‬ෂᯏߪା㗬ᗵߩ⚻〝ࠍㅢߓߡ߽ᐢ߇
ࠅ߹ߒߚ‫ޕ‬ା㗬ᗵߩෂᯏ߆ࠄ⎬⋥⁁ᘒߦ㒱ߞߚ਎⇇ߩ㊄ⲢᏒ႐ߣߪኻᾖ⊛ߦ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㊄Ⲣ
Ꮢ႐ߪᒁ߈⛯߈㗅⺞ߦᯏ⢻ߒߡ޿߹ߒߚ‫ ޔࠄ߇ߥߒ߆ߒޕ‬ᐕ ᦬ߩ࡝࡯ࡑࡦ࡮ࡉ࡜ࠩ࡯
࠭ߩ⎕✋ߦࠃࠅ਎⇇ߩᵹേᕈߪ৻Ბߣㅼㄼߒ‫ߤ߁ࠂߜ߇ࠇߘޔ‬ା↪ᓴⅣߩࠨࠗࠢ࡞߇ㅒォߒ
ߚᤨᦼߣวࠊߐߞߚߚ߼‫ޔ‬㌁ⴕߪ࡝ࠬࠢ࿁ㆱᆫ൓ࠍᒝ߼‫ߒ⾉ޔ‬಴ߒߦᘕ㊀ߦߥࠅ߹ߒߚ‫ޕ‬
ߎߩࠃ߁ߦ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㊄Ⲣㇱ㐷ߦ໧㗴ߪߥ߆ߞߚߩߢߔ߇‫ޔ‬㊄Ⲣ‫ޔ‬ታ૕⚻ᷣ‫ߡߒߘޔ‬ା㗬
ᗵߩ⚻〝ࠍㅢߓߡኻᄖ࡚ࠪ࠶ࠢ߇ࠗࡦ࠼࿖ౝߩ⣀ᒙㇱಽߦ⥌๮⊛ߦߟߥ߇ߞߚߚ߼‫੹ޔ‬࿁ߩ
਎⇇ෂᯏߩᓇ㗀ࠍฃߌߡߒ߹ߞߚߩߢߔ‫ޕ‬
ߎߩ⺖㗴ߦߤ߁ࠗࡦ࠼ߪኻᔕߒߚ߆
ߎߩ⺖㗴ߦᚒ‫߁ߤߪޘ‬ኻᔕߒߚ߆ߦߟ޿ߡߢߔ߇‫᦬ ޔ‬ᄩߩ࡝࡯ࡑࡦ࡮ࡉ࡜ࠩ࡯࠭ߩ⎕✋
ߪߔߋߦઁߩ޿ߊߟ߆ߩ㊄Ⲣᯏ㑐ߩ࿎┆ߦߟߥ߇ࠅ‫ޔ‬਎⇇ਛߩ㊄ⲢᏒ႐߇ਇ቟ቯߦߥࠅേំ
24
ߒ߹ߒߚ‫ޕ‬వ߶ߤ⸅ࠇ߹ߒߚࠃ߁ߦ‫ߦߋߔߪࠇߎޔ‬ᚒ߇࿖ࠍ฽߼ߚᣂ⥝࿖ߦᐢ߇ࠅ߹ߒߚߩ
ߢ‫ޔ‬᡽ᐭ߽ਛᄩ㌁ⴕ߽ද⼏ࠍㅴ߼ߥ߇ࠄኻᔕߒ߹ߒߚ‫ޕ‬᡽ᐭߪ⽷᡽᡽╷ߦࠃࠆ᥊᳇ೝỗࠍⴕ
޿‫ޔ‬หᤨߦḰ஻㌁ⴕߪㅢ⽻ߩଏ⛎ࠍჇ߿ߒ‫ⷙߚ߹ޔ‬೙㕙߆ࠄߩ✭๺ࠍㅴ߼߹ߒߚ‫ޕ‬
Ḱ஻㌁ⴕߣߒߡߪ‫ޔ‬ᄖ߆ࠄߩᓇ㗀ࠍᛥ೙ߔࠆߎߣࠍ⋡ᮡߣߒߡ‫ޔ‬࿖ౝߩ㊄Ⲣ⾗ᧄᏒ႐ߩᯏ
⢻ࠍᱜᏱߦ଻ߜ‫ޔ‬ᵹേᕈਇ⿷߆ࠄᡰᛄਇ⢻ߩỗᵹ߇⿛ࠄߥ޿ࠃ߁ߦߔࠆࠃ߁ദ߼߹ߒߚ‫ౕޕ‬
૕⊛ߦߪ‫ޔ‬Ԙචಽߦ࡞ࡇ࡯ߩᵹേᕈࠍឭଏߒ‫ޔ‬ԙᄖ⽻ߩᵹേᕈࠍ⵬లߒ‫ߡߒߘޔ‬Ԛ᥊᳇ߩ㊰
ൻࠍ㒐ߋߚ߼ା↪ଏਈࠍ⏕଻ߔࠆ᡽╷ᨒ⚵ߺࠍ⛽ᜬߔࠆߣ޿߁ਃߟࠍ⋡ᜰߒ߹ߒߚ‫ߪࠇߎޕ‬
ߘࠇ߹ߢߩࠗࡦࡈ࡟࿶ജ਄᣹ߦኻᔕߒߚ㊄Ⲣᒁ߈✦߼ࠬ࠲ࡦࠬ߆ࠄ‫࡟ࡈࡦࠗޔ‬㊰ൻߣ᥊᳇㊰
ൻߦኻᔕߒߚ㊄Ⲣ✭๺߳ߣ᡽╷ࠬ࠲ࡦࠬࠍᄢ߈ߊォ឵ߔࠆ߽ߩߢߒߚ‫ࠍ⊛⋡ߩࠇࠊࠇࠊޕ‬㆐
ᚑߔࠆߚ߼‫ ޔ‬ᐕ ᦬ᄩ߆ࠄ޿ߊߟ߆ߩភ⟎ࠍណߞߡ߈߹ߒߚ‫߆ߥࠇߐᦼ੍ߪ߈ߣࠆ޽ޕ‬
ߞߚ਎⇇⊛ߥേะߦኻᔕߔࠆߚ߼‫ߥ࡞ࡃ࡯ࡠࠣߪ߈ߣࠆ޽ޔ‬಴᧪੐߇ࠗࡦ࠼⚻ᷣߦ෸߷ߔᓇ
㗀ࠍൊ᩺ߒߡណߞߚ߽ߩߢߔ‫ޕ‬
ઁߩ࿖ߩਛᄩ㌁ⴕߩ႐วߣหߓࠃ߁ߦ‫ޔ‬ᚒ‫ࠆࠁࠊ޿ߪޘ‬વ⛔⊛ߥᚻᲑߛߌߢߥߊ㕖વ⛔⊛
ߥᚻᲑ߽ណ↪ߒ߹ߒߚ‫ޕ‬વ⛔⊛ߥᚻᲑߦߟ޿ߡߪ᡽╷㊄೑ࠍᣧᕆ߆ߟᨐᢓߦᒁ߈ਅߍ‫ޔ‬㌁ⴕ
ߩḰ஻₸߽ᒁ߈ਅߍ߹ߒߚߒ‫ޔ‬ャ಴ା↪ߦ߆߆ࠆ࡝ࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬ೙ᐲߩ✭๺࡮᜛ᄢࠍⴕ޿߹
ߒߚ‫ޕ‬ᄖ⽻ߩᵹേᕈࠍ⏕଻ߔࠆភ⟎ߣߒߡߪ‫ੱ࠼ࡦࠗޔ‬㕖ዬ૑⠪ߩᄖ⽻㗍㊄ߩ㊄೑਄㒢ࠍᒁ
߈਄ߍ‫ޔ‬ડᬺߩኻᄖ໡ᬺ୫౉㧔(&%㧕೙ᐲࠍᄢ᏷ߦ✭๺ߒ‫ࠢࡦࡃࡦࡁޔ‬㊄Ⲣᯏ㑐߿૑ቛ㊄Ⲣ
ળ␠ߦᄖ⽻୫౉ߩ㆏ࠍ⹺߼߹ߒߚ‫ޕ‬㕖વ⛔⊛ᚻᲑ߽ᄙߊណ↪ߒ߹ߒߚ߇‫߽ߢ߆ߥޔ‬㊀ⷐߥߩ
ߪ‫ޔ‬࿖ౝ㌁ⴕ߇቟ᔃߒߡ⍴ᦼߩᄖ⽻⾗㊄㔛ⷐߦᔕߓࠄࠇࠆࠃ߁ߦߔࠆߚ߼ߩ࡞ࡇ࡯ߣ࠼࡞ߩ
ࠬࡢ࠶ࡊ೙ᐲ߿‫ࠢࡦࡃࡦࡁޔ‬ᯏ㑐ࠍᡰេߔࠆߚ߼ߩ․೎࡝ࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬ⓹ญߩ㐿⸳‫ޔ‬ਛዊડ
ᬺ࡮૑ቛ࡮ャ಴ડᬺะߌߩା↪࡝ࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬߩߚ߼ߦ㧔DSH[㧕㊄Ⲣᯏ㑐߇೑↪ߢ߈ࠆ⾉ઃ
⾗㊄ߩ᜛ᄢߥߤߢߔ‫ޕ‬
᡽ᐭߩ⽷᡽ೝỗ╷
ㆊ෰ ᐕ㑆‫࠼ࡦࠗޔ‬᡽ᐭߣਛᄩ㌁ⴕߪߘࠇ߹ߢߩ⿒ሼ⽷᡽ࠍォ឵ߔࠆߚ߼ߦ⌀೶ߥദജࠍ
ߒߡ߈߹ߒߚ‫ߩߘޕ‬ਛᔃߣߥߞߚߩ߇⽷᡽⽿છ੍▚▤ℂᴺ㧔)5%0$FW㧕ߢߔ߇‫ࠅࠃߦࠇߎޔ‬
⽷᡽ౣᑪߦ߻ߌߡߩ㆏╭㧔ࡠ࡯࠼ࡑ࠶ࡊ㧕߇᳿߼ࠄࠇߡ޿߹ߒߚ‫ޕ‬
ߒ߆ߒߥ߇ࠄ‫੹ޔ‬࿁ߩෂᯏߩᷓߐߣ⇣଀ߩᓇ㗀ࠍൊ᩺ߒ‫ޔ‬᡽ᐭߪ )5%0$FW ߩ✕ᕆ଀ᄖⷙ
ቯࠍ⊒േߒߡ⽷᡽⋡ᮡࠍ✭๺ߒ‫ ޔ‬ᐕ ᦬ߣ ᐕ ᦬ߩ ᐲߦࠊߚࠅ⽷᡽ೝỗ╷ࠍᛂ
ߜ಴ߒߚߩߢߔ‫⽷ޕ‬᡽ೝỗ╷ߪ *'3 ߩ⚂㧟ߦ⋧ᒰߒ‫ᧄ⾗ޔ‬ᡰ಴ࠍਛᔃߣߒߚ౏౒ᡰ಴ߩㅊ
ട‫࡜ࡈࡦࠗޔ‬ᛩ⾗ߩ᡽ᐭ଻⸽‫ޔ‬㑆ធ⒢ߩᒁ߈ਅߍ‫ޔ‬ਛዊડᬺߦኻߔࠆ଻⸽ߩ᜛ᄢߥߤߢߔ‫ޕ‬
ߎࠇࠄߪߔߢߦ⊒⴫ߐࠇߡ޿ߚㄘ᧛ߩ⽺࿎ጀߦኻߔࠆ࠮࡯ࡈ࠹ࠖࡀ࠶࠻ߩ᜛ᄢ‫ޔ‬ㄘᬺ⾉ઃ఺
㒰╷߅ࠃ߮౏ോຬ⛎ਈߩᒁ߈਄ߍߦㅊടߐࠇࠆ߽ߩߢ‫ߡߴߔޔ‬㔛ⷐߩೝỗߦߟߥ߇ࠆߣᕁࠊ
ࠇ߹ߔ‫ޕ‬
25
㊄Ⲣភ⟎ߩࠗࡦࡄࠢ࠻
ߎࠇߣߣ߽ߦ‫ޔ‬2008 ᐕ 9 ᦬ᄩ߆ࠄߪࠗࡦ࠼ߩ㊄ⲢᏒ႐߇ᷙੂߥߊᯏ⢻ߔࠆࠃ߁ߦ޿ߊߟ߆
ߩភ⟎߇ታᣉߐࠇ߹ߒߚ‫ޕ‬
߹ߕẜ࿷⊛ߥᵹേᕈߣߒߡ⚥⸘ߢ 750 ం࠼࡞ࠍᛩߓߚࠊߌߢߔ߇‫ޔ‬
ߎࠇߪ GDP ߩ 7%ߦᒰߚࠅ߹ߔ‫ ࠅࠃߦࠇߎޕ‬2008 ᐕ 11 ᦬ᄩએ㒠ᵹേᕈࡐ࡚ࠫࠪࡦߪᔃ࿾ࠃ
޿᳓Ḱߦ⇐߹ߞߡ߅ࠅ‫߫߃ߣߚߪߣߎߩߘޔ‬ട㊀ᐔဋߩࠦ࡯࡞ࡑࡀ࡯࡟࡯࠻‫ޔ‬⠉ᣣ‛㊄ⲢᏒ
႐࡟࡯࠻‫ޔ‬10 ᐕ߽ߩࡌࡦ࠴ࡑ࡯ࠢ࿖ௌ೑࿁ࠅߥߤߦ޽ࠄࠊࠇߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬᡽╷㊄೑ᒁ߈ਅߍ
ߩว࿑ࠍฃߌ‫ޔ‬ᄢᚻ㌁ⴕߩᄙߊߪࡊ࡜ࠗࡓ⾉ઃ࡟࡯࠻ࠍᒁ߈ਅߍ߹ߒߚ‫ޕ‬㌁ⴕߩା↪ଏਈ߽
ᤓᐕએ਄ߦ᜛ᄢߒߡ޿߹ߔ‫ޔߒߛߚޕ‬Ḱ஻㌁ⴕߩ᭎▚ߦࠃࠆߣ‫ޔ‬໡ᬺㇱ㐷߳ߩ⾗㊄ߩᵹࠇో
૕ߪᤓᐕࠍਅ࿁ߞߡ޿߹ߔ‫ޔߪࠇߎޕ‬㌁ⴕା↪ߪ᜛ᄢߒߚߣߪ޿߃‫ޔ‬໡ᬺㇱ㐷ะߌߩࡁࡦࡃ
ࡦࠢᯏ㑐ߩ⾗㊄ߩ⪭ߜㄟߺࠍචಽߦ⵬ቢߔࠆߦ⥋ߞߡ޿ߥ޿߆ࠄߢߔ‫ޕ‬
ኻᔕ╷ߩ⹏ଔ
ෂᯏߦኻߔࠆኻᔕ╷ࠍ⹏ଔߔࠆ㓙ߦ⇐ᗧߔߴ߈ߪ‫ޔ‬ෂᯏߩḮᴰߪ਎⇇ਛหߓߣߪ޿ߞߡ߽‫ޔ‬
ෂᯏ߇ߘࠇߙࠇߩ࿖ߦਈ߃ߚᓇ㗀ߪߘࠇߙࠇ⇣ߥࠆߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬㊀ⷐߥߎߣߢߔ߇‫߽ޔ‬
ߣ߽ߣߩ⊒↢Ḯߢ޽ࠆవㅴ࿖ߢߪෂᯏߪ㊄Ⲣㇱ㐷߆ࠄታ૕⚻ᷣߦᵄ෸ߒ߹ߒߚ‫ޕ‬ᣂ⥝࿖ߢߪ‫ޔ‬
ኻᄖ࡚ࠪ࠶ࠢߩ࿖ౝ⣀ᒙㇱ㐷߳ߩᵄ෸ߪታ૕⚻ᷣ߆ࠄ㊄Ⲣㇱ㐷߳ߣ޿߁ߩ߇ౖဳ⊛ߢߔ‫ߒޕ‬
ߚ߇ߞߡฦ࿖ߪ⥄࿖ߩ⁁ᴫߦᔕߓߡኻᔕߒߡ߈ߡ޿ࠆߩߢߔ‫߃ߣߚޔࠄ߆ߔߢޕ‬᡽╷ኻᔕ߇
ฦ࿖ߢ߶߷หߓࠃ߁ߢ޽ߞߡ߽‫ߩߘޔ‬ᱜ⏕ߥ࠺ࠩࠗࡦ߿ᢙ㊂‫ޔ‬㗅ᐨ߿࠲ࠗࡒࡦࠣߪ⇣ߥߞߡ
޿ࠆߩߢߔ‫ޔߦ․ޕ‬వㅴ࿖ߢߩ᡽╷ኻᔕ߇㊄Ⲣෂᯏߩㅴዷߣ᥊᳇ᓟㅌߩᷓೞൻߩ෺ᣇ߳߻ߌ
ߚ߽ߩߢ޽ࠆߩߦኻߒ‫ߪߢ࠼ࡦࠗޔ‬࿶ୟ⊛ߦ᥊᳇ߩᷫㅦࠍ㘩޿ᱛ߼ࠆᔅⷐᕈߦၮߠ޿ߡኻᔕ
╷߇ߣࠄࠇߡ޿ࠆߩߢߔ‫ޕ‬
ࠗࡦ࠼⚻ᷣߩዷᦸ
ࠗࡦ࠼ߩ੹ᓟߩ⷗ㅢߒߢߔ߇‫⚻ޕߔߢߜ߹ߜ߹ࠈ޿ࠈ޿ޔ‬ᷣᵴേߩᷫㅦߪ‫ޔ‬ㆱߌࠄࠇ߹ߖ
ࠎ‫ޕ‬ታ⾰ GDP ᚑ㐳₸ߪ 2008/09 ᐕᐲ਄ᦼߦ㊰ൻߒ߹ߒߚ‫ޕ‬ㆊ෰ 5 ᐕ㑆ᚑ㐳ߩࠛࡦࠫࡦߢ޽ߞ
ߚࠨ࡯ࡆࠬㇱ㐷ߩャ಴߇‫ޔ‬ᑪ⸳‫ޔ‬ャㅍ࡮ㅢା‫ޔ‬ㅢ໡‫࡞࠹ࡎޔ‬㘶㘩ᬺߥߤߢᷫㅦߒߡ޿߹ߔ‫ޕ‬
ャ಴ߪ 7 ᐕ߱ࠅߦᤓᐕ 10 ᦬߆ࠄ 12 ᦬߹ߢ 3 ࠞ᦬ㅪ⛯ߢ⛘ኻ㗵ߢᷫዋߒ߹ߒߚ‫ᦨޕ‬ㄭߩ࠺࡯
࠲ߢߺߡ߽‫ޔ‬ᵹേᕈ߇߆ߥࠅ޽ࠆߦ߽߆߆ࠊࠄߕ‫ޔ‬㌁ⴕା↪ߦኻߔࠆ㔛ⷐߪᷫㅌߒߡ޿߹ߔ‫ޕ‬
ᛩ౉ࠦࠬ࠻߇਄᣹ߔࠆඨ㕙‫ޔ‬㔛ⷐ߇㊰ൻߒߡ޿ࠆߎߣ߆ࠄડᬺ෼⋉߇ᷫㅌߒߡ߅ࠅ߹ߔߒ‫ޔ‬
ෂᯏࠍ߼ߋࠆਇ⏕ታᕈ߇ડᬺߩࠦࡦࡈࠖ࠺ࡦࠬߦᓇ㗀ࠍਈ߃ߡ޿߹ߔ‫ޕ‬㋶Ꮏᬺ↢↥ߪᦨㄭ 2
߆᦬ㅪ⛯ߢࡑࠗ࠽ࠬߩિ߮ߣߥࠅ‫ޔ‬ᛩ⾗㔛ⷐ߽⪭ߜㄟࠎߢ޿߹ߔ‫ޔ߽ߡ⷗ࠄ߆ߣߎߩࠄࠇߎޕ‬
ᚑ㐳ߩᷫㅦߪᒰೋߩ੍ᗐࠍ਄࿁ࠆ෩ߒ޿߽ߩߦߥࠆߣߣ߽ߦ㐳ᦼൻߔࠆ߽ߩߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ߣߪ޿߃‫ޔ‬ෂᯏߦࠃࠆ⪭ߜㄟߺߦኻಣߔࠆߦᒰߚࠅ‫ߩࠬ࡜ࡊߩ߆ߟߊ޿ߪߦ࠼ࡦࠗޔ‬஥㕙
߇޽ࠅ߹ߔ‫ᦨߪ߆ߟߊ޿ߩߘޕ‬ㄭߩേ߈ߢߔ߇‫ޔ‬ਛߢ߽෈ᄁ‛ଔᜰᢙߢߺߚࠗࡦࡈ࡟߇ᕆㅦ
ߦૐਅߒߡ޿ࠆߎߣ߇ᵈ⋡ߐࠇ‫੹ޔ‬ᓟ੍߽ᗐએ਄ߩૐਅ߇⷗ㄟ߹ࠇ߹ߔ‫ࡈࡦࠗࠬࠖ࠺ߩߎޕ‬
࡟ߩ⢛᥊ߦߪ᣿ࠄ߆ߦ‫ޔ‬໡ຠଔᩰߩਅ⪭߇޽ߞߚࠊߌߢߔ߇‫ޔ‬࿖ౝ㔛ⷐߩ㊰ൻ߽ࠗࡦࡈ࡟ૐ
ਅߦ৻ᓎ⾈ߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ߩ࡟ࡈࡦࠗޕ‬ૐਅ߇ᓎ┙ߟߩߪ‫ߕ߹ޔ‬ᶖ⾌㔛ⷐࠍᓟ᛼ߒߔࠆߛࠈ߁
26
ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޔߡߒߘޕ‬ડᬺߩᛩ౉ࠦࠬ࠻ࠍਅߍࠆߎߣߦߥࠅ߹ߔ‫ߪ࠼ࡦࠗߚ߹ޕ‬᡽ᐭ߇
ේᴤ߿⢈ᢱߦ⵬ഥ㊄ࠍߟߌߡ޿߹ߔߩߢ‫ߩߘޔ‬࿖㓙ଔᩰ߇ਅ߇ࠇ߫‫࡜ࡈࡦࠗߌߛࠇߘޔ‬ᛩ⾗
ߥߤઁߦ⽷᡽⊒േߔࠆ૛࿾߇಴ߡߊࠆࠊߌߢߔ‫ޕ‬ኻᄖㇱ㐷ߦߟ޿ߡߺࠆߣ‫ޔ‬ャ಴ࠃࠅ߽ャ౉
ߩᷫዋߩᣇ߇ỗߒ޿ߣ⷗ㄟ߹ࠇ‫⚻ޔ‬Ᏹ෼ᡰ⿒ሼߪߘߎߘߎ⪭ߜ⌕޿ߚ߽ߩߦߥࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬
ߎࠇࠄ߇⍴ᦼ⊛ߥࡊ࡜ࠬⷐ࿃ߢߔ‫ޕ‬
᭴ㅧ⊛ߥⷐ࿃߽޿ߊߟ߆ࠗࡦ࠼ߦߣߞߡ᦭೑ߥ߽ߩ߇޽ࠅ߹ߔ‫ޔߦ৻╙ޕ‬ෂᯏߩ࡚ࠪ࠶ࠢ
߇ỗߒߊᄙᣇ㕙ߦࠊߚߞߡ޿ࠆߦ߽߆߆ࠊࠄߕ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬㊄ⲢᏒ႐ߪ㛳ߊ߶ߤᱜᏱߦᯏ⢻ߒ
ߡ޿߹ߔ‫ߪߦߟ৻ߪࠇߎޕ‬㌁ⴕࠪࠬ࠹ࡓ߇ஜోߢ‫ޔ‬㌁ⴕߩ⥄Ꮖ⾗ᧄᲧ₸߽චಽߢ޽ࠅ‫ޔ‬ᘕ㊀
ߦⷙ೙ߐࠇߡ޿ࠆ߆ࠄߢߔ‫╙ޕ‬ੑߦᄖ⽻Ḱ஻ߩ᳓Ḱ߇චಽߢ޽ࠅ‫ޔ‬ᶏᄖᛩ⾗ኅߦା㗬ᗵࠍਈ
߃ߡ޿ࠆߎߣߢߔ‫╙ޕ‬ਃߦ‫ޔ‬వㅴ࿖ߦ߅޿ߡߪ⽶ߩ⾗↥ലᨐߦᖠ߹ߐࠇߡ޿ࠆࠊߌߢߔ߇‫ޔ‬
ࠗࡦ࠼ߢߪᄢㇱಽߩ࿖᳃ߪᩣᑼᏒ႐߿⾗↥Ꮢ႐ߦෳടߒߡ޿ߥ޿ߚ߼‫ޔ‬ㅒ⾗↥ലᨐߪᭂ߼ߡ
ᛥ೙ߐࠇߡ޿ࠆߎߣߢߔ‫ߡߞ߇ߚߒޕ‬ᶖ⾌ߪ੹ᓟචಽ⛽ᜬߐࠇࠆߢߒࠂ߁‫╙ޕ‬྾ߦ‫࠼ࡦࠗޔ‬
ߢߪㇱ㐷ߏߣߦఝవ㗅૏߇⟵ോߠߌࠄࠇߡ޿ࠆ⾉ઃ೙ᐲ߇޽ࠆߚ߼‫ޔ‬ㄘᬺߦኻߔࠆା↪ଏਈ
ߪା↪߇߭ߞㄼߒߡ߽ᓇ㗀ࠍฃߌ߹ߖࠎ‫ޕ‬᡽ᐭߪㄘᬺ⾉ઃ․଀ភ⟎㧔)DUP ORDQ ZDLYHU
SDFNDJH㧕ࠍታᣉߒߡ޿߹ߔ߇‫ࠅࠃߦࠇߎޔ‬ㄘᬺㇱ㐷ߪߐࠄߦෂᯏ߆ࠄ㓒㔌ߐࠇ߹ߔ‫ᦨޕ‬ᓟߦ‫ޔ‬
ࠗࡦ࠼ߪ␠ળ቟ోࡀ࠶࠻߽ߎߩ૗ᐕ߆ᢛ஻ߒߡ߈߹ߒߚ‫ޕ‬ၮᐙ⊛ߥࡊࡠࠣ࡜ࡓߢ޽ࠆో࿖ㄘ
ᬺ㓹↪଻⸽ࡊࡠࠣ࡜ࡓ߇⽺࿎⠪߿Ꮻㆶߒߚ಴Ⓙ߉ഭ௛⠪ࠍ଻⼔ߔࠆߎߣߦߥࠅ߹ߔ߆ࠄ‫ޔ‬ᓐ
ࠄ߇਎⇇⊛ෂᯏߩᓇ㗀ࠍ߹ߣ߽ߦฃߌࠆߎߣߪߥ޿ߣᕁࠊࠇ߹ߔ‫ޕ‬
ࠗࡦ࠼Ḱ஻㌁ⴕߩ᡽╷ࠬ࠲ࡦࠬ
੹ᓟߦ߻ߌߡߪ‫࠼ࡦࠗޔ‬Ḱ஻㌁ⴕߪᒁ߈⛯߈චಽߥ࡞ࡇ࡯෸߮ᄖ࿖ὑᦧߩଏ⛎ࠍ⛽ᜬߔࠆ
ߣ޿߁᡽╷ࠬ࠲ࡦࠬࠍขࠅ⛯ߌࠆߟ߽ࠅߢߔ‫ߦ࠼ࡦࠔࡈ࡞ࠕࡘ࠴࡯ࡘࡒޕ‬ኻߔࠆ࿶ജߪ✭๺
ߩళߒ߇޽ࠅ‫ࠢࡦࡃࡦࡁޔ‬㊄Ⲣᯏ㑐߽⥄Ꮖߩ⾗↥ߣ⽶ௌߩࡃ࡜ࡦࠬ࿁ᓳߦ߻ߌߡᔅⷐߥ⺞ᢛ
ࠍⴕߞߡ޿߹ߔ‫ޕ‬ャ಴㔛ⷐߪᷫㅌߒߡ߅ࠅ߹ߔ߇‫ޔ‬࿖㓙෼ᡰߪ▤ℂน⢻ߢ޽ࠈ߁ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
Ḱ஻㌁ⴕߩᦼᓙߢߪ‫ޔ‬໡ᬺ㌁ⴕߪ᡽╷㊄೑ߩᒁ߈ਅߍߩว࿑ࠍฃߌᱛ߼‫↥↢ޔ‬ㇱ㐷ߦ⾗㊄߇
චಽ࿁ࠆࠃ߁㗍㊄㊄೑߿⾉಴㊄೑ࠍ⺞ᢛߔࠆߎߣߣᕁ޿߹ߔ‫ޔߦ․ޕ‬ਛዊડᬺ‫ޔ‬૑ቛ‫ޔ‬෸߮
ャ಴ㇱ㐷ะߌߦḰ஻㌁ⴕ߇㐿⸳ߒߚ․೎࡝ࡈࠔࠗ࠽ࡦࠬ⓹ญߦࠃࠅ‫ߩࠄࠇߎޔ‬ㇱ㐷ߦା↪߇
ᵹࠇࠆߎߣߢߒࠂ߁‫ࠢࡦࡃࡦࡁޕ‬ᯏ㑐ߩᡰេ᜛ᄢߩߚ߼ߦ⸳⟎ߐࠇߚ․೎⋡⊛ળ␠㧔639㧕
߽ߎࠇࠄᯏ㑐ߩ⾉಴Ⴧടࠍน⢻ߦߔࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬᡽ᐭߩ⽷᡽ೝỗ߽㔛ⷐଏ⛎ਔ㕙߆ࠄߎࠇࠄ
ߩേ߈ࠍࠨࡐ࡯࠻ߔࠆ߽ߩߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
࿁ᓳߦะ߆߁ߣ߈
ᦨㄭ ᐕ㑆ߩࠗࡦ࠼ߩᚑ㐳₸ߩᐔဋߪ ߣ⸥㍳⊛ߥ߽ߩߢߒߚ‫⚐ޕ‬ャ಴ߩࠪࠚࠕ߇਄߇
ߞߡ޿ࠆᤨߢ߽‫ߩߘޔ‬ᄢㇱಽߪ࿖ౝᶖ⾌ߣᛩ⾗ߦࠃߞߡ㆐ᚑߐࠇ߹ߒߚ‫ߪࠇߎޕ‬᳿ߒߡ஧ὼ
ߩ಴᧪੐ߢߪ޽ࠅ߹ߖࠎ‫⦟ߦ߆⏕ޕ‬ᅢߥ਎⇇⊛ߥⅣႺ߿✭๺ߐࠇߚᵹേᕈ߿ૐ㊄೑ߦࠃࠅഥ
ߌࠄࠇߚ㕙߽޽ࠅ߹ߔ߇‫ޔ‬ᚑ㐳ߩਛᔃߦߪ⿠ᬺኅ♖␹‫↥↢ޔ‬ᕈߩ਄᣹‫ߩ⫾⾂ޔ‬િ߮╬‫޽߇ޘ‬
ߞߚߩߢߔ‫ߩ࡞࠲ࡦࡔ࠳ࡦࠔࡈߩࠄࠇߎޕ‬ᒝߐߪᒁ߈⛯߈ሽ࿷ߒߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬਎⇇⊛ߥෂᯏ
27
ߦࠃࠅᛩ⾗ߣャ಴߇㊰ൻߒ‫ߩ࠼ࡦࠗޔ‬ᚑ㐳゠㆏ߪ᛼ߒਅߍࠄࠇࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬᣿ࠄ߆ߦ⧰∩ࠍ
઻߁⺞ᢛߩᤨᦼ߇ᓙߜฃߌߡ޿߹ߔ‫ࠎߚߞ޿ޔߒ߆ߒޕ‬਎⇇⚻ᷣ߇࿁ᓳߦะ߆޿ᆎ߼ࠇ߫‫ޔ‬
ࠗࡦ࠼ߩ࿁ᓳ߳ߩォ឵ߪࠃࠅᕆỗߢࠃࠅㄦㅦߥ߽ߩߣߥࠆߢߒࠂ߁‫ߪߦ࠼ࡦࠗޕ‬ᒝ޿ࡈࠔࡦ
࠳ࡔࡦ࠲࡞࠭ߣ߹ߛᧂ㐿⊒ߩẜ࿷ᚑ㐳₸߇޽ࠆ߆ࠄߢߔ‫ߩߘߡߒߘޕ‬㑆‫࠼ࡦࠗޔ‬᡽ᐭ‫ޔ‬ਛᄩ
㌁ⴕߦߣߞߡߩ⺖㗴ߪߘߩ∩ߺࠍᦨዊ㒢ߦᛥ߃ࠆߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕߚߒ߹޿ߑߏ߁ߣ߇ࠅ޽ޕ‬
28
5.構造変化が求められるアジアの自動車産業3
岡部
聰(トヨタ自動車株式会社専務取締役)
本日は行天さんから自動車産業から見たこの状況をどのように思っているのか、ちょっと
話をしなさいということなので、3 人の先生方とは少し違う視点だと思いますが、アプロー
チさせていただきたいと思います。
本日の私の説明は、スライドにありますように、アジアのオペレーションの紹介から、必
要なパラダイムチェンジということで、四つのパートに分けてお話をしたいと思います。な
お今日私が話しますアジアとは、トヨタ自動車が生産をしている ASEAN、それから台湾と
インド、また FTA の絡みで関係が深くなっているオーストラリア、それらの国を対象にお話
ししたいと思います。
(図 1)最初に、自動車産業におけるア
1-1 アジア地域の位置付け (世界・地域別市場推移)
ジア地域の位置付けですが、図中の左側
<世界・アジア市場推移>
<08年地域別市場・日本車比率>
(万台)
2,500
( 万台)
のグラフのようにアジアおよび BRICs、
中近東などは年々市場が増加しており
8,000
アジア その他
6,000
その他
2,119
北米
欧州
7,000
日本車
2,000
日本
1,683
1,488
ます。今や欧米と同じ規模に成長してお
5,000
1,500
4,000
ります。また右側のグラフのようにアジ
ア地域は 330 万台の規模に達してきてお
1,000
3,000
2,000
508
500
333
39%
1,000
16%
ります。日本車の比率が高く、最も日本
96%
69%
0
0
’90
’92
’94
と関係が深いということです。なお右側
’96
’98
’00
’02
’04
北米
’06
欧州
19%
日本 アジア BRICs (地域)
z 世界市場の中でのアジア他地域の位置付けは年々増大
の BRICs の中にインドは含まれていま
z 日本車が69%を占める(日本と最も緊密な市場)
す。
3
(図 1)
(図 2)次は各国のモータリゼーション
1-2 アジア地域の位置付け (自動車普及率)
700
の進展度合いですが、横軸が所得水準、
自動車普及率
縦軸が千人当たりの保有台数を示して
おります。右上に向けて、モータリゼー
ションが進展していくことになるわけ
(R/1000)
米国
カナダ オーストラリア
600
スペイン
500
マレーシア
メキシコ
サウジ
複数保有成熟期
イタリア
フランス
400
300
日本
複数保有進展期
イギリス
ドイツ
台湾
普及成熟期
韓国
トルコ
アルゼンチン
南ア
ブラジル
タイ
ロシア
フィリピン
中国
0 インド インドネシア
200
モータリゼーション期
100
ですが、タイは真ん中より下にありモー
0
10,000
黎明期
20,000
30,000
40,000
50,000
購買力平価換算一人当りGDP (2000年価格、ドル)
タリゼーション期にあります。一方マレ
ーシア、台湾などは既にその普及期とい
z 自動車普及率は、先進諸国と比較し、まだまだ低い
z アジア地域の中でも、バラツキあり
うことで、複数保有の進展も進んでいま
今後の成長のポテンシャル大
す。一方左下にインド、インドネシアが
4
あって、モータリゼーションが黎明期に
(図 2)
3文中の図のフルカラー版は、IIMA
ホームページで閲覧可能です。
http://iima.or.jp/pdf/sympo_speach/Mr_Okabe_Presentation_J.pdf
29
あり、これから成長するということです。
1-3 トヨタに於けるアジア地域の位置付け
その二つの国は人口も非常に大きく、大変
《販売》
ポテンシャルのある市場と期待しており
〈08年世界販売実績:799万台〉
その他 15%
ます。
119
(販売の内訳)
輸入完成車
アジア 13%
中国 8%
105
19%
60
欧州 114
14%
(図 3)これはトヨタにおけるアジア市場
現地生産車
147
の位置付けですが、昨年の世界販売 799 万
81%
254
北米 32%
日本 18%
台のうち、アジア地域が 105 万台、約 13%
z グローバルトヨタ販売の13%を占める重要地域
です。右側のグラフのように、ほとんどが
z 現地生産車が81%を占める
現地生産をした車両を販売しております。
5
(図 4)このアジア地域には、各国に販売、
車両生産会社があります。従来は自国向け
(図 3)
1-4 アジア地域オペレーションの紹介
に生産をして販売をしておりましたが、タ
イ、インドネシア、そしてオーストラリア
は、域外の輸出も拡大してグローバルな生
台湾
インド
タイ
産拠点にもなっています。また、三つのユ
フィリピン
ベトナム
ニット生産会社は、世界各国の生産拠点に
マレーシア
シンガポール
インドネシア
エンジンとトランスミッションを輸出し
地域統括会社(2社)
ています。さらにこれらの各事業を統括・
オーストラリア
車両生産事業体(8社)
支援するという目的で、タイとシンガポー
ユニット製造事業体(3社)
R&D会社(2社)
ルに統括会社、タイとオーストラリアに
6
R&D 拠点があって、域内で技術活動も
できるような体制を整備しつつありま
(図 4)
1-5 アジア地域の歴史
アジアにおける車両生産の歴史は、北米・欧州よりも長い
す。
トヨタ 海外車両生産の歴史
1950s
’54
(図 5)これはアジア地域の年表でござい
1960s
’59 ’60
1970s
’69 ’70
1990s
1980s
’89 ’90
’79 ’80
南米
2000s
’99 ’00
ブラジル
ベネズエラ
’07
コロンビア
アルゼンチン
ますが、1960 年代に既にオーストラリアと
アフリカ
タイ、マレーシア、70 年代にはインドネシ
アジア
ア、フィリピンと、欧米よりもかなり以前
南アフリカ
ケニア
オーストラリア
タイ
マレーシア
インドネシア
フィリピン
インド
台湾
ベトナム
から各国の個別のニーズに対応した事業
ポルトガル
欧州
英国
トルコ
展開をしておりました。その中で私どもト
北米
ヨタ車の販売は、各国の発展に合わせて右
米国
中国
フランス
カナダ
中国
7
肩上がりで伸びてまいりました。
(図 5)
(図 6)古くは 1973 年ですが、アジア専用
の多目的車、「キジャン」をインドネシアに導入して以来、各国政府の投資要請、国産化政
30
策に合わせて、それぞれ個別に対応をし
1-6 アジア地域の販売
てきました。90 年代には域内の部品ユニ
’07 開発-生産-販売による
地域統括会社設立
(万台)
120
ットの分業を開始いたしました。これは
’97 アジア専用モデル
(ソルーナ)導入
’04 IMV導入
100
ASEAN 各国の域内で生産された部品を、
’90 アジア分業開始
(部品レベル)
80
’03 R&D拠点開設
60
低関税で相互交換しましょうという合
40
意に対応したもので、これにより規模の
’01~ 乗用車モデル
輸出補完開始
’73 キジャン導入
20
メリットを生かすこともできて、急激に
販売地域統括会社
設立
0
’70
発展いたしました。さらに、2001 年には
’80
<08年販売・シェア>
それらを統括する販売関係の会社をシ
ンガポールに、さらには R&D 拠点、そ
’90
’00
’01
’02
販売(千台)
209
262
フィリピン
46
マレーシア
102
台湾
79
インド
52
オーストラリア
246
シェア
国
インドネシア
タイ
’03
’04
’05
’06
’07
’08
各国に根付いた事業展開
35.1%
42.6%
36.9%
18.6%
35.0%
2.6%
24.3%
高販売シェア
• 高ブランド力、信頼性
• 先駆者メリットの享受
地域統括会社設立による支援強化
8
れに生産支援拠点をそれぞれ作ってき
(図 6)
ました。
(図 7)次に直近の事業の変化ですが、こ
2-1 近年の事業構造の変化 (完成車 域内分業の拡大)
こで段々テーマに近づいてきます。まず先
アジア経済危機以前
ほどもご説明しましたとおり、従来は各国
の自動車国産化政策に合わせて、自国で生
産して自国で販売することが基本だった
のですが、ASEAN 各国が域内自由化に合
アジア経済危機後
97年
• 各国国産化規制に対応
• 域内 部品/ユニットレベルの分業
(万台)
• 完成車の域内分業開始
• 地域統括会社の設立
• 戦略モデルの投入 (IMV)
《例:タイにおける車両輸出推移》
2000
2007
07 vs 00
金額
4億 $
11億 $
3倍
(40ft. コンテナ )
7千本
28千本
4倍
70
60
部品
輸出
国内
輸出
50
40
意して、域内で完成車をやり取りできると
いうことになり、1997 年から、ちょうどア
China
Pak ist an
30
Venez uel a
Taiwan
Thai land
V iet nam
P hi lippines
Mal ay si a
Indones ia
I ndia
20
Brazil
10
Aust ral ia
0
ジア危機のときですが、本格的に域内分業
S . A fric a
A rgenti na
’9 6 ’97 ’98 ’99 ’00 ’01 ’02 ’03 ’04 ’05 ’06 ’07 ’08
域内分業オペレーションの拡大
を始めました。その規模は、この表の左の
9
グラフで示すとおり、タイでは国内向けを
(図7)
超える 31 万台の車両を輸出しております。
また、部品の輸出も右の表のように 2000
2-2 近年の事業構造の変化 (地域統括会社の設立)
年の規模の 3 倍になっています。地域の統
• トヨタオペレーシ ョンのグローバル化による工数限界
• 現地化/自立化ニーズの増大
括会社を設立した背景には、当時よく言わ
《 設立以前》
れましたように、トヨタのオペレーション
トヨタ自動車
地域統括会社の設立
《設 立後 07年~》
トヨタ自動 車
事業体
がグローバル化、急拡大したために開発/
事業体
地 域統括会 社
生産/リソースがついていけない、いわゆる
事業体
兵站線が伸びきっていたということがあ
りました。そのため、私の担当している豪
事業体
亜、アジア地区の自立化といいますか、現
事業体
事業体 事業体 事業体
事業体
開発
生技・調達
製造
品質
R&D
マーケティング
販売
事業体
サービス
事業体
事業体
開 発、生産 、調達 、販売、サービスに 至る
域 内一貫体制 の構築
地化が急務な課題であったわけです。
10
(図 8)
(図 8)ご覧のように、それまでは日本の
31
本社の各機能が各国とそれぞれ個別にやり取りをしていましたが、統括会社を右のように作
った後は、それぞれが統括会社とコミュニケーションして、統括会社が地域の意見を集約し
て日本の本社サイドとやり取りするという仕組みになりました。これで多くのことが現地で
実質的に推進できることになったわけです。
2-3 近年の事業構造の変化 (地域統括会社の変遷)
(図 9)この表は統括会社強化の変遷でござ
地域統括会社の変遷
’90
’00
’01
’02
’03
’04
’05
’06
’07
いますが、1990 年にまず部品保管の支援スキ
能、2003 年には R&D 機能、2006 年には生産
販売・物流
関係
部品・ユニット
相互補完支援
モデル
の支援機能、さらに一昨年にはそれらを全部
統合して統括会社を作ったということです。
車両 相互補完支援
販売、マーケティング支援
アジアテースト
乗用車導入
・・・フ・^・c・サ
ームを始めまして、2001 年には販売の統括機
IMV導入
現地生産車の
開発・評価
開発関係
また、これらの構造変化の鍵となったのが、
ここで(図 10)IMV(Innovative International
生産支援
・調達
生産関係
Multi-purpose Vehicle)と書いてありますが、
11
タイの IMV プロジェクトであります。このプ
ロジェクトの特徴は現地完結型で開発、調達、
生産を行うということです。何が画期的かと
(図 9)
2-4 近年の事業構造の変化 (IMV開発)
戦略モデルの投入(IMV:Innovative International Multi-purpose Vehicle)
いうと、これまでは車両を東南アジアで造る
場合は、「元車」という日本で開発された車
両がありまして、それを日本の親工場からの
支援で現地に部品を輸出して、そこで組み立
てていたわけですが、この IMV プロジェクト
IMVとは・・・
<IMVシリーズ>
ピックアップ
• 現地完結型 開発・調達・生産
(現地開発 、元 車なし)
シングルキャブ エクストラキャブ ダブルキャブ
MPV
• タイを拠点に世界各国へ輸出、
生産する世 界戦略モデル
• 各国ニーズに合せた
バリエーション(派生車)
<IMVシリーズ生産国>
パキスタン
では、現地で造りやすい形で、また現地で調
インド
達しやすい部品を十分に活用して、すべてを
現地中心に生産するというものです。
SUV
台湾
ベトナム
タイ
フィリピン
マレーシア
インドネシア
南ア
アルゼンチン
12
2 番目の特徴としては、これはタイをベー
(図 10)
スにしていますけれども、タイだけではなく世界各国に輸出するという、大変戦略的なトヨ
タのグローバルなオペレーションの一翼を担う商品として、南アフリカやアルゼンチン、イ
ンドと順次展開していって、部品の輸出や従来は日本ですべてやっていた各国の現場の技術
者の研修も、このプロジェクトではタイにそれぞれの国の技術者を呼んで研修したというこ
とです。第三の特徴としては、右側に五つの写真がありますが、フレームや足回りは共有す
るものの、各国のニーズや税制等々に合わせまして、アッパーボディをそれぞれ違えて、い
ろいろなお客さまのニーズに対応できるような商品が提供できるということです。
32
(図 11)その結果、このグラフのように各国で
かなり良い成果を収めまして、いろいろなバリ
エーションがいろいろな国で売られております。
これは、基本車系を 5 車種にしているわけです
けれど、当初の予定よりも 3 倍の規模で今販売
2-5 近年の事業構造の変化 (IMV生産)
<シ リーズ別>
<生産地域 別>
(万 台)
(万 台 )
80
80
ハイ ラックス
キジ ャン
IMV
シリーズ
ハイラックス
キジャン
70
70
60
60
50
IMV
シリーズ
50
SUV
中南米
MP V
40
ができているということになります。
ピックア ップ
(図 12)しかしながら、本日のテーマになりま
すが、この国際経済金融危機ということで、ア
ア フリ カ
40
そ の他 ア ジ ア
30
30
20
20
10
10
0
タイ
0
’00 ’01 ’02 ’03 ’04 ’05 ’06 ’07
’00 ’01 ’02 ’03 ’04 ’05 ’06 ’07
ジア各国のトヨタだけではなく自動車産業全体
13
が、大きな影響を受けております。スライドの
(図 11)
横に各国ともいろいろな指標がございますけれ
ども、先ほども先生たちがご説明したのと同じ
3-1 直近の状況(市場・販売・主要指標)
<GDP/株 価推移>
状況です。特に自動車、耐久消費財の場合には、
ファイナンスカンパニーの認定が棄却される率
が大変大きくなりファイナンスが組めないとい
うことで、お客さんのニーズはあるのですが販
売に結びつかない。市場は右の表のように急激
にへこんで 7、8 年前のレベルにまで落ちている
状況です。この落ちている傾向はなお続いてお
<08年 4半期別市 場・販売推移>
タイ
(%)
7
市場
90 0
5
80 0
4
70 0
3
60 0
2
50 0
1
40 0
0
30 0
’07
’08 1Q
2Q
3Q
90
トヨタ販売(年率)
800
80
’07
4Q
(万台)
市場(年率)
1000
100 0
6
販売
(万台)
株価
GDP 成長率
’08 1Q
2Q
3Q
4Q
600
台湾
(%)
8
70
株価
GDP 成長率
400
1 00 00
2002年
レベル
90 00
6
80 00
4
60
70 00
200
60 00
2
50 00
0
40 00
’ 07
’08 1Q
2Q
3Q
4Q
30 00
-2
’07 ’08 1Q
りまして、月々の見通しよりも結果がつねに下
2Q
3Q
4Q
0
50
2007 ’08 1Q 2Q
3Q
4Q
14
回っているのが現状です。
(図 12)
(図 13)このような状況に対する短期的な対応
ですが、まずは在庫の圧縮です。本来であれば
3-2 短期的な対応
1
在庫の圧縮(標準1ヶ月以下 vs. 現状1.5ヶ月)
• 生産調整(ムダなモノは造らない)
• 積極的な増販施策(e.g. 特別仕様車、フリート増販)の実施
• 需給管理の徹底
• アンテナを高く、市場の先読み→オーダー精度のUp
1 カ月以下に抑えている現地の在庫が、急激な
販売減のために、1.5 と書いてありますが、現在
2
生産:タクト調整/2直→1直化
剰人員の調整、これは新聞でも話題になってお
3
余剰人員への対応:非正社員契約満了時の更新中止
りますが、非正規社員の契約の更新をしない
4
新規投資の見直し (e.g. インド、タイ 等)
5
グローバル商品展開の加速
は 2 カ月近くあります。そのため生産調整や余
等々の調整をせざるを得なくなっています。ま
(e.g. 台湾→中近東(カローラ)、USA→中近東(セコイア))
た、今後の新規投資も、大幅な見直しを行って
います。
15
(図 13)
33
(図 14)先ほども話題になりましたが、
3-3 (参考) アジア危機時(97年)の対応
97 年のアジア危機当時に私どもトヨタ
《アジア地 域販売》
? 生産維持のための輸出拡大推進
? 減量経営
(経費・原価低減/原地調達率拡大)
(万台)
110
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
自動車は何をしたかということですが、
当時は需要が急激に落ち込んだわけで
’96
? 人材育成(日本への派遣、研修)
’97
’98 ’99
’00
’01 ’02
’03
すが、その対応として、まず輸出をスタ
’04 ’05
《現地調達率の伸張》
タイ
(% )
? 高国産化、戦略モ デル の開発
100
80
60
40
20
0
68
旧モデル
(%)
98
IMV
100
80
60
40
20
0
ートしました。それから、減量経営です。
インドネシア
72
旧モデル
また、余剰人員を当時は日本に大量に呼
96
んで研修をしました。そして IMV を導
IMV
(% )
その後の発展に繋がる基盤作り
100
80
60
40
20
0
入して、その後の V 字回復につながって
83
46
旧 モデ ル
右上がりに成長できたわけですが、今回
現 カ ロ ーラ
16
(図 14)
はアジア地域だけではないために、われ
われ自動車産業は抜本的な構造変化と
いうか、パラダイムチェンジをしない限り生き残れないと認識しております。
今後のことを考える一つのポイントは、環境の変化としては FTA、自由化に対してどうい
う対応していくかということです。これも後ほどパネル・ディスカッションで話されるかも
しれませんが、いろいろなことが想定されると思います。
このような中で、われわれとしてはやはりこれからはエマージング市場であり、市場は必
ずアジア地区においては戻るだろうと想定しながらも、その戻り方はより安価な小型車、そ
れから燃費等々に対するお客さまの志向がかなり強くなると思っております。また、自由化、
ボーダーレス化の進展とともに、新たな競合が激しくなってくるということも覚悟しており
ます。それから、既に各国でいろいろな動きがありますが、従来のガソリン、軽油だけでは
なく、いろいろな形での代替燃料への要望が各国のお客さまだけではなく、各国の政策から
も出てくると思っております。
それとともにトヨタの内なる環境変化という意味では、今後さらに地域事業体制を年々充
実させていこうと計画しております。同時に関連産業、部品産業を含めて、サポート産業が
発展していくであろうということで、さらに継続的に地域社会、地域経済に貢献していかな
い限り、市場は勢いづかないと思っております。そのためにも、特に人材育成に今、一番関
心を持って取り組んでいこうと考えております。
パラダイムチェンジということに話題を集中しますと、最初にまず先ほど触れましたよう
に、今後の方向性としては、現地完結型、日本に依存しない地域ニーズを踏まえた車の開発
生産が重要だと思っております。現地で造りやすく、現地のリソースを活用した車両の開発
生産、すなわち先ほど言いました IMV プロジェクトの第 2 弾、第 3 弾を作っていく必要があ
ります。さらにアジアに軸足を置いた自立性のあるプロジェクト、先ほど内需の拡大という
話がありましたが、それらのベースになるような形の事業体制を組む必要があると思ってお
34
ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
ߘ߁޿߁ᗧ๧ߢߪ‫ޔ‬వ߶ߤ౨㗡ߦⴕᄤℂ੐㐳߇⸒෸ߐࠇ߹ߒߚ߇‫⋥ုޔ‬ಽᬺ߆ࠄ᳓ᐔಽᬺ
߳ߩᄌ㕟߇ࠠ࡯ߦߥࠆߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬ᓥ᧪ߩవㅴ࿖ะߌ໡ຠߪ‫ޔ‬㐿⊒↢↥ࠍᣣᧄߢⴕߞ
ߡ‫࡯ࡇࠦߩߘޔ‬ゞࠍ⊒ዷㅜ਄࿖ߢ⚵ߺ┙ߡߡ⽼ᄁߔࠆߣ޿߁ု⋥ಽᬺߢߒߚ‫ߪࠄ߆ࠇߎޕ‬వ
ㅴ࿖ะߌߩߘ߁޿߁໡ຠߣߪ৻✢ࠍ↹ߒߡ‫⃻ޔ‬࿾࡝࠰࡯ࠬࠍᦨᄢ㒢ߦᵴ↪ߒߡ↢↥㐿⊒ࠍⴕ
߁ߣ޿߁᳓ᐔಽᬺဳߢ‫⃻ޔ‬࿾ߩ⋡✢ߦวߞߚᒻߢ㐿⊒߆ࠄ⽼ᄁ߹ߢࠍ߿ߞߡ޿ߊᔅⷐ߇޽ࠆ
ߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬ฦ࿖ߩᴺⷙ߿⒢೙‫↪૶ޔ‬ⅣႺߦวࠊߖߚ໡ຠડ↹ߣߘߩ↢↥ࠍⴕ߁ߴߊ‫ޔ‬
⃻࿾ߩੱ᧚‫⃻ޔ‬࿾ߩㇱຠࠍⓍᭂ⊛ߦ૶ߞߚᒻߢ੐ᬺ૕೙ࠍᢛ߃ߡ޿߈ߚ޿ߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
ߘ߁޿߁ᗧ๧ߢߪᣂ⥝࿖‫࠻ࠬࠦߦ․ޔ‬㕙ߢ⃻࿾ߢ޿ࠈ޿ࠈߥ⺞㆐߇ߢ߈ࠆ‫߇ࠬ࡯࠰࡝ޔ‬ឥߞ
ߡ޿ࠆߣ޿߁ᗧ๧ߢࠗࡦ࠼ߣ޿߁ߩߪᄢᄌ᦭ᦸߥᏒ႐ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ߛࠅߊߠߩ߽ߪ࠼ࡦࠗޕ‬
ߌߢߪߥߊ‫ޔ‬ẜ࿷㔛ⷐ㕙ߢ߽㊀ⷐߣ޿߁ߎߣߢᄢᄌ㝯ജࠍᗵߓߡ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧟⇟⋡ߦᦨᣂᛛⴚࠍ޿ߜᣧߊࠕࠫࠕฦ࿖ߦዉ౉ߒߡ‫ࠆࠁࠊ޿ޔ‬ஜోߥࡕ࡯࠲࡝࠯࡯࡚ࠪࡦ
ߩ⊒ዷࠍ࡝࡯࠼ߒߚ޿ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ࡦ࡚ࠪ࡯࠯࡝࠲࡯ࡕޕ‬㤡᣿ᦼߩ࿖‫ࠕࠫࠕߩߎޔޘ‬ฦ࿖
ߦߎߘᣂߒ޿ᛛⴚࠍᣧᦼߦቯ⌕ߐߖߡ‫ޔ‬ⅣႺ໧㗴߿ᷦṛߩ໧㗴ߥߤߦߟ޿ߡᣣᧄ߇ᜬߞߡ޿
ࠆࡁ࠙ࡂ࠙ࠍߥࠆߴߊᣧߊ᥉෸‫ޔ‬ᛛⴚ⒖ォߔࠆߎߣߢ‫ޔ‬዁᧪⊛ߥ␠ળ⾗ᧄߩή㚝ࠍߥߊߔߚ
߼ߦ‫߇੹ޔ‬㊀ⷐߛߣᕁߞߡ޿߹ߔ‫ޕ‬Άᢱߦߟ߈߹ߒߡ߽‫&ޔ‬1* ߿ /3*‫ߞ޿ߣ࡞࡯ࡁ࠲ࠛޔ‬
ߚઍᦧΆᢱ߽ᓥ᧪ߪవㅴ࿖ਛᔃߦ㐿⊒ߒߡ޿߹ߒߚ߇‫߆߁޿ߣࠕࠫࠕࠅߪ߿ߪࠄ߆ࠇߎޔ‬ㅜ
਄࿖ߩ⁁ᴫߦวߞߚᒻߢߩ໡ຠ㐿⊒߇㕖Ᏹߦ㊀ⷐߛߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
ᦨᓟߦ‫ޔ‬ฦ࿖ߩࡕ࡯࠲࡝࠯࡯࡚ࠪࡦ߿↥ᬺ⊒ዷߦߐࠄߦᒢߺࠍߟߌࠆߚ߼ߦߪ‫ߞ߈ߩߘޔ‬
߆ߌߠߊࠅߩᣉ╷ߣ޿߁߆ࡈ࡟࡯ࡓࡢ࡯ࠢ߇ᄢᄌ㊀ⷐߛߣᕁ޿߹ߔ‫ౕޕ‬૕⊛ߦߪ‫ޔ‬ᣂᛛⴚߩ
ዉ౉ߦߪߤ߁ߒߡ߽ࠦࠬ࠻ࠕ࠶ࡊ߇޽ࠆࠊߌߢߔ߇‫ࠍࠇߘޔ‬᥉෸ߐߖࠆߚ߼ߩࠗࡦ࠮ࡦ࠹ࠖ
ࡉߢ޽ࠆߣ߆‫ޔ‬᳓ᐔಽᬺផㅴߩߚ߼ߩߔߘ㊁↥ᬺ‫ޔ‬ਛዊડᬺߩ⢒ᚑ߿ࠗࡦࡈ࡜ᢛ஻‫⥄ߚ߹ޔ‬
↱ൻㅴዷߩਛߢᣢߦᛩ⾗ࠍߒߡ޿ࠆ↥ᬺߣᣂⷙߦᄖ߆ࠄ᧪ࠆ↥ᬺߩࡃ࡜ࡦࠬࠍߤ߁ߔࠆ߆
ߥߤߦߟ޿ߡ‫ޔ‬ฦ࿖ߣ⌀೶ߦᗧ⷗੤឵ࠍߒߡ᡽╷ᒰዪ⠪ߣ౒ߦ⥄േゞ↥ᬺࠍ૞ߞߡ޿ߊᆫ൓
߇ᔅⷐߢߔ‫ߩߢ߹੹ޕ‬᡽╷ࠍਈઙߣߔࠆߩߢߪߥߊߡ‫ࠄ߆ࠇߎޔ‬᳓ᐔಽᬺߦะ߆ߞߡߤߩࠃ
߁ߦߒߥߊߡߪ޿ߌߥ޿߆ࠍฦ࿖ߩᒰዪ⠪ߣ޿ࠈ޿ࠈ⹤ࠍߒߡ޿ߎ߁ߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬એ
਄ߢߔ‫ޕ‬
35
6. パネル・ディスカッション
司会
渡辺
喜宏(国際通貨研究所専務理事)
(渡辺)パネリストの皆さまから、大変示唆に富むお話を
いただきましたが、時間が限られていることもございまし
て、さらに議論を深めるべき五つの論点を考えております。
一つは現状認識について、もう少しお聞きしたいと思いま
す。それから危機に対する対策あるいは大変重要だと強調
されました地域協力、域内貿易の増加などについての補足
点、それからシンポジウムのメインテーマとも言うべきア
ジア経済とグローバル経済とのリンケージ、あるいはデカ
ップリングという点についてもう少し議論したいと思って
おります。特に、インド、中国はもう少し自立的な回復が
できるのではないかという期待もございます。また、グロ
ーバル危機がもたらすパラダイムシフトについてのお話、さらに環境が大きく変化していく
中でのアジアの中長期課題をご指摘いただきましたけれども、中国、インド、あるいは日本
はどういった貢献が世界経済にできるのだろうかという点についてお伺いしたいと思って
おります。
最初に、現在の危機、特にアジアの影響に対する認識の点です。香港中文大学の学長、劉
先生にお伺いしたいと思うのですが、中国のデカップリング論に対する内外の認識のギャッ
プがあるのではないかという気がします。ダボスで、温家宝首相は 8%成長を堅持する、そ
のために 4 兆元の財政金融政策やその他のいろんな手段が取られていると強く言われている
のですが、一方で、IMF は 6%台の成長と見ています。先ほど劉先生は輸出が大きく減って
いるけれども、これは付加価値部分が少ないので、GDP に与える影響はそんなに大きくない
というお話をされました。一方で資産価格が中国では大きく低下をしているということもご
ざいますので、この辺についてもう少しコメントをいただければと思います。
(劉)ご質問ありがとうございます。輸出は二つの観点から考えるべきだと思います。第一
は私が申し上げたことを繰り返すことになりますが、国内の付加価値比率というのは、中国
の輸出の場合は実際に非常に低いということです。これは事実として言えることで、中国政
府も輸出で今回の危機を切り抜けることはできないと認識しており、だからこそ解決策とし
ては、内需中心の、特に国内のインフラ投資等を重視した経済刺激策を打ち出したのです。
これは正しい方向だと思います。また、中国は人民元を切り下げようとは全くしていないわ
けですが、それは望んだとしても輸出で危機から脱却できないことを十分に認識しているか
らです。輸出で問題を切り抜けることはできないという点は非常に明確に出ていると思いま
す。
それからもう一つ申し上げたいのは、
昨年の 9 月以来、輸出は確かに激減いたしましたが、
36
これはあくまでも一時的な落ち込みにすぎないという点で
す。その落ち込みは先進国で起こっている信用逼迫によっ
て引き起こされているからです。アメリカの輸入に対する
需要が 50%減というのは、永久に続き得ないのはだれの目
にも明らかです。どんな調整をするにしても、それはあり
得ないことです。ですから、輸出はいずれある程度は回復
すると思います。基本的には中国の景気回復は、内需中心
の成長によるしかないと思います。需要はいくらでもあり
ます。例えば、四川における地震の復興にも資源が必要に
なり、病院や学校の建て替えにも多くの資源が必要となります。各地で新規の都市化も起こ
っていますが、これに対してもいろいろ資金の投入が必要でしょう。ということは、まだま
だインフラ投資等で十分な余地はあるというわけです。インフレ率は非常に低くて 1%近く
です。そのことから言いましてもかなり自信を持って中国は 7%から 8%の間の成長は十分で
きると思っております。
(渡辺)どうもありがとうございました。先ほど来、中国、インドなどの新興国の回復は非
常に早く、アメリカや他の先進国の景気回復に先んずるという話がございました。行天理事
長にお伺いしたいと思いますが、先進国では金融部門の損失の拡大が引き続き続いておりま
す。この問題が終わらないと世界景気の回復あるいは底打ちというのは難しいのかどうか。
それから、アメリカが今回の問題の発火点であったわけですが、巨額の財政出動が予定され
ております。これにもかかわらず、家計部分の調整は長引くため、アメリカにおいては景気
の回復には時間がかかるという見方もありますが、この辺の世界景気の回復のパターンにつ
いて、ご意見をいただければと思います。
(行天)世界景気、特に米国の景気ももちろんいつかは底を打って回復するでしょうが、そ
の転機が今年中に来るのか、来年なのか辺が問題だろうと思います。どちらかというと、私
は慎重に考えた方がいいのではないかと思います。つまり、底打ちの時期は来年になるだろ
うし、その後の回復パターンはいわゆる V 字型回復は非常に難しく、回復があるとしてもい
わゆる L 字型かせいぜい U 字型ではないかと思います。一つにはいわゆるデレバレッジング
のプロセスは非常に難しいため金融部門の整理に相当時間がかかるのと、実体経済の方は、
冒頭でも申し上げましたように、消費、投資のパターンが昔のようにすぐ戻るわけではない
だろうと思いますので、消費が回復するにしてもそのスピードは相当緩い。そういうことを
全部含めまして、アメリカの景気は来年から回復が始まるとしても、スピードはそう速くな
いというのが私の感じです。
(渡辺)どうもありがとうございました。岡部さんにお伺いしたいと思うのですが、金融危
機と自動車の販売は直接関係がないように思われるのですが、これが世界的に落ち込んでい
37
る理由として、自動車販売に関する金融の感じをお伺いできればと思うのですが。
(岡部)そうですね。自動車は住宅の次に高額な買い物だと
思います。自動車購入の構造としては新規需要、車を買い替
える代替需要、増車をする増車需要の三つがありますが、特
に発展途上国、新興国の市場では新規需要の割合が大きいわ
けです。新しく車を保有するのはお金のある人がほとんどな
のですが、やはり割賦で車を買うのが一般的です。今、ファ
イナンスをつける金融機関が大変コンサバティブになってい
ますので、審査基準が非常に厳しい。頭金も今まで例えば 2
割のところを半分出さなければならないなど、大変審査や条
件が厳しくなっていることが、全体的に自動車のマーケットを冷え込ませています。それも
根源をたどれば、行天理事長が言われたように、金融関係、金融業界のベースが健全になら
ないと、なかなか割賦関係の業界もオープンになってこないという感じがします。そういう
意味では、もうしばらくこの状況は覚悟しなくてはならないと思っています。
(渡辺)岡部専務、大変ありがとうございました。引き続き厳しい状況が続くというご意見
と思います。次の論点に移らせていただきたいのですが、こういった状況の中、アジアでは
各国で経済政策が打たれている、あるいは地域協力も模索されているということですが、こ
こで何をしていくべきかについて、現状の経済対策についてさらに伺いたいと思います。
最初に、インド中央銀行のスバラオさんにお伺いしたいのですが、先ほど幾つかのルート
でインドも世界経済にリンケージしているというお話がございましたが、その中で、特にイ
ンドにおいては経常収支が赤字である、あるいは財政収支もかなり厳しいことが今まであり
ました。一方で資源価格が下がるなど、プラスの面も非常に多いというお話がございました。
この中で資本がインドから逆流するという状況がありますので、経常収支の黒字国や財政に
余裕のあるところに比べて舵取りが大変難しいのではないかと思います。この辺を含めてイ
ンドの経済対策についてもう少しご意見をいただければありがたいと思います。
(スバラオ)おっしゃるとおりインドは独特だと思います。危機に直面しているエマージン
グ・エコノミーの中でもユニークです。まず財政赤字の存在ですが、刺激策を取りましたの
で今年はさらにこれが増えています。さらに経常収支が赤字です。この二つの赤字を抱えて
いる国はほかには韓国しかないと思います。ということで、この危機を乗り越えるためには
チャレンジは大きいと思います。先週 IMF のチーフエコノミストがムンバイに来てスピーチ
をなさいまして、危機対応策についてコメントされました。各国の状況をいろいろ観察した
結果、海外のエージェントの見方は財政赤字よりも経常赤字のほうに影響されるということ
でした。インドは両方赤字があるのですが、財政赤字よりも経常赤字が海外のパーセプショ
ンの決定要素であるということです。先ほども言いましたように、経常赤字も財政赤字もも
38
ちろん昨年より悪化するとみられますが、輸入の方が輸出よりも減るため経常赤字の方はそ
れほど悪化しないということで、インドは他より若干うまく切り抜けられるのではないかと
思います。経常赤字の方が管理はしやすいということです。
それからもう一つは、財政赤字についてのご指摘ですが、先ほど申しましたとおり、80 年
代や 90 年代を通じて、インドにとって問題が大きかったのは、財政赤字が累増し、高水準
であったということです。政府がインフラ投資やその他の
資本支出のために借金したために財政赤字になったのであ
れば、事態はそれほど悪くはならなかったのでしょうが、
インドの場合は中央政府も州政府も借金はしたけれども投
資をせずに経常的な支出項目を増やしたのでした。そのよ
うな状況は持続しないわけです。借金をするならば、投資
をしなければならない。そして投資の中からリターンを確
保して借金返済をするのが普通なのですが、金は借りなが
ら、どんどんその時々の支出で使ってしまうのであれば、
どんなに正当化されようと、結局は、政府の借金は増えて
しまうことになります。そうした事態が起こったのが 80 年代、90 年代のインドでした。そ
こで財政責任予算管理法(FRBM Act)を作りまして、法的義務として中央政府、また、州政
府も財政赤字の削減をすることになったわけです。そして財政健全化の軌道に乗ったところ
で、この危機が発生しました。この法律で設定された財政赤字のターゲットとしては、中央
政府が、GDP の 3%、州政府も 3%、合わせて 6%までの赤字ということでした。今年度 2008/09
年ですが、財政赤字は州と中央政府で 10%ぐらいになってしまいそうです。これは懸念の一
つです。もう一つは、今年借りてそれを使うとしても、将来的にそれをどう償却していくか
が問題です。これは特に民主主義国であるインドでは大変大きな課題だということです。
(渡辺)先ほど来、皆さまが強調されています地域協力あるいは域内貿易という観点で、黒
田アジア開発銀行総裁に伺いたいと思います。黒田総裁のお話の中でチェンマイ・イニシア
ティブと、もう一つ ADB さんご自身の貸出余力の拡大というお話があったかと思います。
チェンマイ・イニシアティブについては大変高い評価をしている国がある一方で、実際にチ
ェンマイ・イニシアティブが今回発動されないで、FED が韓国にスワップを提供したという
ことがあり、使い勝手ということについてはどのようにご覧になっておられるのか。また、
アジアの地域協力の中では Asian Bond Market Initiative や、あるいは貿易保険のネットワーク
拡大などがございますが、このあたりに関するご意見を伺いたい。もう一つは、先進国では
一種の金融保護主義というか、ファイナンシャル・マーカンティリズムが心配されています
が、クロスボーダーで活躍されるアジア開発銀行に対する民間および途上国の期待が高いと
私は感じています。その中で貸出余力の拡大というのは非常にクルーシャルなポイントでは
ないかと思うのです。現状ではどのように考えておられるのか、さらにお伺いできればと思
います。
39
(黒田)重要なご質問を提起していただきました。まず、チェンマイ・イニシアティブ(CMI)
について申し上げます。これは短期の流動性支援が目的で、総額としては二国間スワップの
取り決めで現在 800 億ドルぐらいになっております。これだけでもかなりの規模だと思いま
すが、ASEAN+3 の諸国ではこれをマルチ化することによってさらにメカニズムを改善しよ
うと考えています。また、CMI に使う資金プール規模の増額も検討されていると承知してい
ます。
現在は 800 億ドルが総額であると申し上げましたが、二国間でのスワップは実際には発動
されておりません。その理由は ASEAN+3 の国々においては、いずれも今、国際収支上の危
機や流動性の問題を抱えているわけではないからです。12 年前とは状況が違います。さらに
CMI が存在しているということ自体が一助になって、金融市場が安定化しています。つまり、
かなりのセーフティネットが存在しており、それがこれらの国々に国際収支困難や金融問題
で何かあったとしても、それをやりくりできるという安心感を市場参加者に与えているのだ
と思います。
二問目は今回の危機に関するご質問ですが、現在、インド
ネシアのような経常黒字で財政赤字が非常に小さい国でも、
資本市場でのリスクプレミアムは非常に高くなっています。
中国を除いたアジアの新興国はいずれもリスクプレミアムが
高くなっていますので、インフラ、教育、医療などへの投資
が難しいということになります。資本市場で資金調達が高す
ぎて難しいのです。例えば、プレミアムが 600 とか 700 ベー
シスぐらいに広がっていきますと、これはもうとても投資の
ために借り入れができるような金利ではありません。これが
アジアの新興国のほとんどが直面している状況だといえるで
しょう。
ここに ADB(アジア開発銀行)
、あるいは世銀、それから国際協力銀行といった公的な開
発金融機関が果たす役割があると思います。低利で長期の資金供給を、開発金融、インフラ
投資等のために提供することができるはずです。ADB としては、そのために増資を必要とし
ています。前回の増資は 1994 年 5 月のことでしたので、15 年ほど前になります。銀行とし
ては健全な状況を誇っており、経営管理もしっかりしているとは思いますが、資本を増額し
ないと金融業務の拡大はできないということです。そこで今、各加盟国政府に 200%ぐらい
の増資をお願いしているところです。200%の増資が合意されたとしても、実際の払込はその
4%にすぎず、それ以外はいわゆる保証という形になります。従って ADB の増資は、加盟国
にとっては比較的少ない財政負担で、途上国あるいは新興経済国向けの開発資金を大幅に増
額する、非常に効率的な手段だと思います。次の年次総会は、バリで 5 月の初頭に予想され
ていますが、それまでに加盟国の合意がまとまって、大幅増資ができることを期待しており
ます。そして、ADB として長期資金を途上国に提供し続け、同時に現在の金融危機に対する
40
㊄Ⲣᡰេߩⷐ⺧߽ᣂ⥝࿖߆ࠄჇ߃ߡ߅ࠅ߹ߔߩߢ‫߽ߦࠇߎޔ‬ኻᔕߢ߈ࠆࠃ߁ߦߒߚ޿ߣᕁߞ
ߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕ߎߩ⺰ὐߦ㑐ㅪߒߡഏవ↢ߦ৻ߟ߅ુ޿ߒߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ഏඳ჻ߩᣇ߆ࠄߪ੹࿁
ߩෂᯏߢࠕࠫࠕߩਛߢㅢ⽻߇ᒝ޿‫⛽ߪߒ޿ߥޔ‬ᜬߐࠇߡ޿ࠆߩ߇ੱ᳃రߣᣣᧄ౞ߢ޽ࠆߣ޿
߁߅⹤߇ߏߑ޿߹ߒߚߌࠇߤ߽‫ޔ‬ਛ࿖ߣࠕࡔ࡝ࠞߣߩੱ᳃రࠍ߼ߋࠆ߅⹤ߦߟ޿ߡߏᗧ⷗‫ޔ‬
޽ࠆ޿ߪ⷗⸃ࠍુ߃ࠇ߫ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ഏ㧕ዋߒᚯߞߡᰴߩὐࠍᜰ៰ߐߖߡ޿ߚߛ߈ߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ਛ࿖ߩ⾏ᤃ㤥ሼࠍࠃߊߏⷩ
޿ߚߛ߈߹ߔߣ‫ޔ‬ታ㓙ߩߣߎࠈߪ‫ ޔ‬ᐕ߹ߢߪኻ਎⇇ߢߎࠇߣ޿ߞߚ⾏ᤃ㤥ሼߪߥ߆ߞߚ
ߩߢߔ‫ߩߎޕ‬ὐߪ᳿ߒߡ⷗⪭ߣߒߡߪߥࠄߥ޿ߎߣߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ኻ☨㤥ሼߪᄢ᏷ߢ޽ࠆߣ
޿ߞߡ߽‫ޔ‬ੑ࿖㑆ࡌ࡯ࠬߩ㤥ሼ⿒ሼߣ޿߁ߩߪὑᦧߦߪᗧ๧߇ߥ޿ߩߢߔ‫ޕ‬᡽ᴦ⊛ߦߪ᡽ᴦ
ኅ߇Ᏹߦࡃࠗߩ࡟ࡌ࡞ߢ⿒ሼ‫ޔ‬㤥ሼߣ⸒޿߹ߔ߇‫ᧄޔ‬ᒰߪᗧ๧߇ߥ޿ߩߢߔ‫ޕ‬
ᗧ๧ߩ޽ࠆߎߣߪ૗߆ߣ޿޿߹ߔߣ‫⾏ߥ࡞ࡃ࡯ࡠࠣޔ‬ᤃ㤥ሼ‫⚻ߪ޿ࠆ޽ޔ‬Ᏹ෼ᡰߩ㤥ሼߢ
ߔ‫ߩࠄߜߎޕ‬ᣇߪ߻ߒࠈ㗡ᛂߜ௑ะߦ޽ࠅ‫ޔ‬ኻ *'3 Ყߢߪૐਅߒߡ޿ߊߢߒࠂ߁‫৻ޕ‬ᣇ‫ޔ‬
ੱ᳃రߪ ᐕએ᧪ એ਄߽㜞ߊߥߞߡ޿ࠆ‫߽ࠇߎޔ‬੐ታߢߔ‫ߩ߆ࠄࠎߥޔࠄ߆ߔߢޕ‬
⺞ᢛ߇޽ߞߚߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ߩߎޕ‬ὐࠍ⊝ߐࠎߪ⹺⼂ߥߐࠆߴ߈ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ߒߚ޿ߣ⑳ޕ‬
߹ߒߡߪ‫ߚߞ޿߁ߎޔ‬ਇဋⴧߪੱ᳃రࠍಾࠅ਄ߍࠆߎߣߢߪ⸃᳿ߢ߈ߥ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ࠇߘޕ‬
ߪߜࠂ߁ߤᣣᧄߩ౞ࠍ㜞ߊߔࠆߎߣߢᣣ☨㑆ߩ⾏ᤃ㤥ሼࠍ⺞ᢛߢ߈ߥߊߡ‫ߛ߹ޔ‬ሽ࿷ߒߡ޿
ࠆߎߣߢ߽ࠊ߆ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ߢߔ߆ࠄ‫ߩࠬࡦ࡜ࡃࡦࠗߥ࡞ࡃ࡯ࡠࠣޔ‬໧㗴ߦߪ‫ޔ‬ὑᦧߩ⺞ᢛߛߌߢߥߊߘࠇએᄖߩኻᔕ
╷߇ᔅⷐߛߣᕁ޿߹ߔ‫ߩߎߩ੹ޔ߃޿ߪߣ߁ߘޕ‬Ბ㓏ߢ਎⇇߇ᧄᒰߦᔅⷐߣߒߡ޿ࠆߩߪ‫ޔ‬
቟ቯߒߚㅢ⽻ⅣႺߢ޽ࠅ‫ޔ‬㕖Ᏹߦᄢⷙᮨߥᒻߢ⋧ኻ⊛ߥὑᦧ࡟࡯࠻߇ᄌേߔࠆߎߣߪߥࠎߣ
ߒߡ߽ㆱߌߥߊߡߪߥࠅ߹ߖࠎ‫ߘߎࠄ߆ߛޕ‬వ߶ߤ߽↳ߒ޽ߍߚߩߢߔ߇‫ޔ‬౞㜞ߪⴕ߈ߔ߉
ߢ޽ࠅ㖧࿖ߩ࠙ࠜࡦߪ቟ߊߥࠅߔ߉ߢߔߩߢ‫ޔ‬ද⺞ߔࠆߎߣߦࠃߞߡวℂ⊛ߥᒻߢᜬ⛯น⢻
ߥᐔଔߩ࡟ࡦࠫߦ෼߼ࠆࠃ߁ߦߔߴ߈ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ታ㓙ߦߘࠇߪ⸒߁ࠃࠅ㔍ߒ޿ߎߣ߆߽
ߒࠇ߹ߖࠎߌࠇߤ߽‫ߣߛߣߎ߈ߴࠆ߿ߘߎࠇߘޔ‬ᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
߽ߞߣታോ⊛ߥⷰὐ߆ࠄ⷗߹ߔߣ‫ੱ߫ࠇߔߦ߁ࠃߩߤޔ‬᳃రߩଔ୯ࠍ㜞ߊߔࠆߎߣ߇ߢ߈
ࠆ߆‫ޕ‬ਛ࿖ߩਛᄩ㌁ⴕ߇ߢ߈ࠆ໑৻ߩᣇᴺߪ࠼࡞ᑪߡߩ⾗↥ࠍᄁߞߡੱ᳃రᑪߡߩ⾗↥ࠍ⾈
߁ߎߣߢߔ‫ޔߒ߆ߒޕ‬ᄢ㊂ߦ࠼࡞ᑪߡߩ⾗↥ࠍᄁࠆߦߪ੹ߪߣࠎߢ߽ߥ޿ᤨᦼߢߔ‫ޕ‬ᒰ㕙ߪ
ኻਥⷐㅢ⽻ߢ‫ߦ࡞࠼ߦ․ޔ‬ኻߒߡ቟ቯ⊛ߥੱ᳃రߩଔ୯ࠍ⛽ᜬߔࠆ߶߁߇⦟޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
߽ߜࠈࠎઁߩㅢ⽻ߦࠃࠆ⺞ᢛߪᔅⷐߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬㜞ߔ߉ࠆ‫ߪ޿ࠆ޽ޔ‬ૐߔ߉ࠆߣ⷗ࠄࠇࠆ
ㅢ⽻ߦߟ޿ߡߪ‫ޔ‬਎⇇ߩ࿁ᓳࠍଦㅴߔࠆߣ޿߁ᗧ๧ߢ߽⺞ᢛ߇ᔅⷐߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕ഏవ↢޽ࠅ߇ߣ߁ߏߑ޿߹ߒߚ‫ޕ‬
ߘࠇߢߪ‫ޔ‬ᰴߩ⺰ὐߦ⒖ࠅߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ߇‫ޔ‬ᰴߩ⺰ὐߪᧄᣣߩࡔࠗࡦ࠹࡯ࡑߩ৻ߟߢ޽
ࠆࠕࠫࠕ⚻ᷣߣࠣࡠ࡯ࡃ࡞⚻ᷣߣߩ࠺ࠞ࠶ࡊ࡝ࡦࠣ‫ࠇߎޕߔߢ⹤߅ߩࠫ࡯ࠤࡦ࡝ߪ޿ࠆ޽ޔ‬
41
については皆さまからさまざまなご意見をいただきましたが、非常にリンケージが深い中で
のアジア経済の発展という議論であったかと思います。例えばアジアの経済金融構造にまだ
まだもろさを抱えているというご意見を皆さまから伺ったりしておりますけれども、今まで
のデカップリング、リカップリングの議論に付け加えるところをどなたかパネリストの方か
らご意見いただけないでしょうか。黒田総裁、お願いします。
(黒田)デカップリングにしろ、カップリングにしろ、100%の切り離し、あるいは 100%の
カップリングというのはいずれもあり得ないと思います。今の世界はグローバルであり、主
要経済間に相互依存があります。アジアがアメリカあるいはヨーロッパに依存していること
もありましょうし、アメリカ、ヨーロッパもアジアに依存していることがありますので、相
互依存関係を否定することはできません。
その一方で、そうはいいましても、一種の運命論に陥るべきではない、つまり欧米の経済
がリセッションに陥ったならば、アジアもその影響を免れることはできず、同じく景気後退
に陥るのだと命運づけることはないと思います。政策措置によって欧米からのマイナスの影
響を軽減することは可能であるため、それは正しくないでしょう。実際新興国の多く、アジ
アの途上国の多くは、金融緩和を進めたほか、財政刺激策を採ったわけです。
もちろんその財政刺激策を受けて、財政への何らかの影響、長期的な債務や赤字などの影
響が出ます。それから国際収支上への影響も勘案する必要があります。つまり、どんな政策
であっても、財政措置というのはその国の財政余地あるいは国際収支上の余裕等に応じて形
成されたものでなければいけないということです。しかし、中国、インド、インドネシアな
どの場合は、現在いずれも最大限努力をしてグローバル金融危機からの影響を軽減しようと
対応しています。このような措置は、経済成長と金融セクターにいくらか良い影響をもたら
すはずです。
それから三つ目に、デカップリングというのはあり得ないとよく申しますが、それは一見
そういえるかもしれません。政策の対応によって、同調的な影響を軽減させることはできま
すが、世界の景気循環の中では実際同調した動きがみられます。しかし、長期的な影響を考
えますと、アジアの成長は、ここ 10 年、15 年急速なものがありまして、一方日米欧を含む
OECD 諸国は、安定あるいは停滞状態に近かったわけです。つまり、アジアの経済成長が加
42
ㅦߒߡ߈ߚਛߢ‫ޔ‬2(&' ⻉࿖ߪᲧセ⊛቟ቯߒߚ⁁ᘒߛߞߚߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬ᓥߞߡਛ㐳ᦼ⊛
ߦ⠨߃߹ߔߣ‫ߩࠕࠫࠕޔ‬ᣂ⥝࿖ኻ㧳㧟㧔ᣣ☨᰷㧕ߣ޿߁࿑ᑼߦ߅޿ߡߪ‫ߪࠣࡦ࡝ࡊ࠶ࠞ࠺ޔ‬
޽ߞߚߩߛߣ޿߃߹ߔ‫ޕ‬ᓥߞߡ࠺ࠞ࠶ࡊ࡝ࡦࠣߦ㑐ߒߡᛕ್‫ޔ‬෻⺰ࠍߔࠆ㓙ߦߪᘕ㊀ࠍⷐߔ
ࠆߣᕁ߁ߩߢߔ‫ᦼࠆ޿ߡߒ⺰⼏ޕ‬㑆‫ޔ‬⠨ᘦߒߚⷐ⚛‫⥄ߡߒߘޔ‬ὼߥᓇ㗀ߩߺߦߟ޿ߡ⼏⺰ߒ
ߡ޿ࠆߩ߆‫ߪ޿ࠆ޽ޔ‬᡽╷ኻᔕ߽฽߻ߩ߆‫ߡ޿ߟߦߤߥޔ‬᣿⏕ߦߒߚ߁߃ߢ‫ࠆߕ⺰ޔ‬ᔅⷐ߇
޽ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕㤥↰✚ⵙ‫ޕߚߒ߹޿ߑߏ߁ߣ߇ࠅ޽߽߁ߤޔ‬
ߎߎ߆ࠄߪ߽߁ዋߒవࠍዷᦸߔࠆ⼏⺰ߦ⒖ࠄߖߡ޿ߚߛ߈ߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ࡃ࡯ࡠࠣߩߎޕ‬
࡞ෂᯏ߇߽ߚࠄߔ߽ߩߪ૗߆ߣ޿߁ߎߣߢߔߌࠇߤ߽‫ޔ‬ᚑ㐳ᚢ⇛޽ࠆ޿ߪ㊄Ⲣ೙ᐲ‫ޔ‬࿖㓙㊄
Ⲣߩᨒ⚵ߣ޿ߞߚ߽ߩߦࡄ࡜࠳ࠗࡓࠪࡈ࠻߇ㄼࠄࠇࠆߩߢߪߥ޿߆ߣ޿߁⼏⺰߇ߏߑ޿߹
ߒߚ‫ ޕ‬਎♿ߩᣂ⥝࿖ߩᚑ㐳ࡕ࠺࡞ߪߤߩࠃ߁ߦᄌࠊߞߡ޿ߊߩ߆‫ߩࠕࠫࠕߪ޿ࠆ޽ޔ‬㊄Ⲣ
ᯏ㑐‫ޔ‬㊄ⲢᏒ႐ߩ੹ᓟߩᣇะᕈߪߤ߁߆ߣ޿ߞߚὐߦߟ޿ߡ‫ᦨޔ‬ೋߦഏඳ჻ߦ߅ુ޿ߒߚ޿
ߣᕁ޿߹ߔ‫ࠣࡦࠫ࡯ࡑࠛޕ‬࿖ߩᚑ㐳ᚢ⇛‫ޔ‬ᓥ᧪ߪኻᄖ⿒ሼࠍᄖ⾗ߦଐሽߒߥ߇ࠄᚑ㐳ߩࠬࡇ
࡯࠼ࠍ㜞߼ߡ޿ߞߚߣ޿߁ࡕ࠺࡞‫ߦࠇߎޔ‬㑐ߔࠆ෻⋭߇⿠߈ߡ޿ࠆߩߢߪߥ޿߆ߣ޿߁᳇߽
޿ߚߒ߹ߔ‫ߚߞ޿߁ߎޕ‬ਛߢࠕࠫࠕߩᣂ⥝࿖ߩᚑ㐳ᚢ⇛ߪߤ߁޿ߞߚᒻߦߥࠆߩߢߒࠂ߁߆‫ޕ‬
㧔ഏ㧕᧲ࠕࠫࠕ⻉࿖ߪၮᧄ⊛ߦઁߩ࿾ၞߩᣂ⥝⻉࿖ߣߪ㆑ߞߡ޿ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ߔ߹ߒ↳ߣޕ‬
ߩ߽‫ߩࠕࠫࠕ᧲ޔ‬႐วߦߪ߆ߥࠅ㜞޿⾂⫾₸߇޽ࠆࠊߌߢ‫ޔ‬ታߪਛ㐳ᦼ⊛ߦߘߩߎߣ߇㕖Ᏹ
ߦᄢ߈ߥ㆑޿ࠍ↢߻ࠊߌߢߔ‫⻉ࠞ࡝ࡔࠕࡦ࠹࡜ޔ߫߃଀ޕ‬࿖ߩࠃ߁ߦᶏᄖ߆ࠄ⾗ᧄࠍ୫ࠅ౉
ࠇ߹ߔߣ‫ޔ‬㨪 ᐕ޽ࠆ޿ߪ ᐕ߽㜞ᐲᚑ㐳ࠍㆀߍࠆߎߣ߇ߢ߈߹ߔ‫ࠇߕ޿ߒ߆ߒޕ‬ᶏᄖ߆
ࠄߩ⾗ᧄߪ⾉ߒᚻߦ㄰ᷣߒߥߌࠇ߫ߥࠅ߹ߖࠎ‫ߡߒߘޕ‬ㅢᏱ㊄Ⲣෂᯏ߇⿠ߎࠆߩߪߘࠎߥᤨ
ߢ‫ޔ‬ㅢ⽻߇ಾࠅਅߍࠄࠇ‫ ߩߢ߹ࠇߘߦ⊛⥸৻ޔ‬ᐕ㑆ߩᚑ㐳ࠍቢోߦᏭᶖߒ㧔ࡢࠗࡊࠕ࠙
࠻㧕ߒߡೋ߼߆ࠄ߿ࠅߥ߅ߐߥߊߡߪߥࠄߥ޿ߣ޿߁ߎߣ߇⿠ߎߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫ࠫࠕߒ߆ߒޕ‬
ࠕߩ႐วߪߘ߁ߢߪ޽ࠅ߹ߖࠎ‫ߩࠕࠫࠕ᧲ޕ‬࿖‫ࠍࡦࡇ࡝ࠖࡈࠎ߱ߚޔߪޘ‬㒰޿ߡ㕖Ᏹߦ㜞޿
⾂⫾₸ࠍ߽ߞߡ߅ࠅ‫ࠆ޽ޔ‬ᗧ๧ߢᔅⷐߣ޽ࠇ߫⥄Ꮖ⾗㊄ߦ㗬ߞߚᚑ㐳߇น⢻ߥߩߢߔ‫ࠇߘޕ‬
ߪ㕖Ᏹߦ㊀ⷐߥὐߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ߘࠇ߆ࠄ╙ ὐߢߔ߇‫ߦ⊛⥸ోߪߩ߁޿ߣࠕࠫࠕ᧲ޔ‬ᶏᄖ߆ࠄߩ⋥ធᛩ⾗ࠍ᱑ㄫߒߡ߹޿
ࠅ߹ߒߚ‫ޕ‬ᶏᄖ⋥ធᛩ⾗ߪ㐳ᦼߩ⾗ᧄߢ޽ࠅ‫ޔ‬⍴ᦼߩ⾗ᧄߣ᣿⏕ߦፋ೎ߒߥߊߡߪߥࠅ߹ߖ
ࠎ‫ޕ‬⍴ᦼߩ⾗ᧄࡈࡠ࡯ߣ޿߁ߩߪ‫ޔߣࠆߖࠊ⸒ߦ⑳ޔ‬ฃߌ౉ࠇ࿖ߦߣߞߡ᦭↪ߢ޽ߞߚߚ߼
ߒ߇ߥ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬㖧࿖߇⦟޿ࠤ࡯ࠬߢ‫ ޔ‬ᐕߦ㖧࿖߇㕖Ᏹߦ⧰ഭߒߚߩ߽‫ޔ‬ᄖ⽻ࠍ⍴ᦼ
ߢ୫ࠅߔ߉ߚ߆ࠄߢߔ‫੹ޕ‬࿁߽㖧࿖ߪ߹ߚหߓ㑆㆑޿ࠍ‽ߒ‫ޔ‬⍴ᦼߩᄖ࿖⾗ᧄࠍ޽߹ࠅߦߚ
ߊߐࠎ୫ࠅߔ߉߹ߒߚ‫ޕ‬⍴ᦼߩ⾗ᧄߩ૶↪ࠍ࿁ㆱߔࠆߎߣ߇ߢ߈ࠇ߫‫⻉ࠕࠫࠕ᧲ޔ‬࿖ߪ߆ߥ
ࠅ቟ቯ⊛ߥᚑ㐳ࠍ㆐ᚑߢ߈ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
ߐ߈߶ߤ㤥↰✚ⵙ߇߅⸅ࠇߦߥߞߚߎߣߦ৻ὐઃߌട߃ߐߖߡ޿ߚߛ߈ߚ޿ߩߢߔ߇‫ޔ‬ௌ
೛Ꮢ႐ࠍߎߩ࿾ၞߢ⢒ᚑߔࠆߎߣ߇㕖Ᏹߦᄢ੐ߛߣ޿߁ߎߣߦ⾥ᚑߢߔ‫߇⑳ޔߒߛߚޕ‬⠨߃
ߡ޿ࠆߩߪ‫౒ࠆࠁࠊ޿ޔ‬ㅢㅢ⽻ߣ߆‫ߪ޿ࠆ޽ޔ࡞࠼ޔ‬౞ࡌ࡯ࠬߩௌ೛Ꮢ႐ߣ޿߁ߎߣߢߪ޽
43
りません。インデックスされた国内通貨に基づいた債券市場がいいと思います。多くの人々
は、例えば人民元建て債券でもあるいはルピー建て債券でもインフレにインデックスされて
いれば買う意欲を持つでしょう。ですから、各国がたとえば ADB がそこでなんらかの価値
保証を高めることができるような枠組みをうちだすことができれば、アジア地域の諸国も自
国建てで借り入れを始めることが可能になると思います。インフレをインデックス化するこ
とによって、為替相場やインフレがどうなろうと、それを買う投資家は 5 年後でもプラスの
実質のリターンを得られるという確信が持てるようになればできると思います。
(渡辺)スバラオさんにお伺いしたいのですが、こういった
金融危機を受けて、欧米では規制強化の方向に進んでいると
見られます。一方、アジアの金融資本市場については依然と
して規制が強い状態にあると思っております。本日のスバラ
オ総裁のお話では、インドもファイナンシャル・インテグレ
ーションの中にあって、資本の流れに大きく影響を受けてい
るというお話がございました。一方でわれわれの認識では、
まだまだ改革、あるいはインドの開放が期待されていると思
うのです。外国金融機関、あるいは国に対する出資規制などがあると思うのですが、こうい
ったところの実体的な運用も含めて、規制についてインドではどのように考えておられるの
かお聞きしたいと思います。
(スバラオ)インドのポジションとしては、今後とも徐々に海外に門戸を開放しなくてはな
らないと考えております。経常勘定は完全にオープンにしておりますし、資本勘定のコンバ
ーティビリティに関してもタイムテーブルは作っております。非居住者は今の資本勘定体制
の下でも資本取引についてかなりの交換性が与えられておりますし、居住者の場合にはさら
に高い自由度を享受できております。今後の政策としては、世界の他の地域との間で資本勘
定に関してもっと自由度を高めるということです。足元の状況の中で、資本勘定の自由化に
関してわれわれのポジションを見直そうとしているのか、資本勘定の自由化についてなにか
新たな疑問をもっているかどうかですが、簡単にお答えすれば、いずれもノーです。
もう少し説明いたしますと、今回の危機は世界経済との統合の進め方、あるいは資本勘定
の自由化の進め方に関していくつかの教訓を示しました。我々もそうした教訓から学ばなけ
ればなりません。そういった教訓に基づいてわれわれのロードマップを作るつもりです。資
本勘定についての世界との統合度を高めることを現在でもコミットしておりますけれども、
そういった開放をする上で、現在の危機から学ぶ教訓に従ってやっていきたいと思っており
ます。
(渡辺)どうもありがとうございました。この点について、行天理事長にお伺いしたいので
すが、世界はアメリカの一極、ユニラテラリズムから多極化、マルチラテラリズムへと向か
44
っているということがよく今回の危機で指摘されております。極端にはドルの基軸通貨体制
が崩壊するのではないかという議論もございますが、現実にはむしろ米ドルは強くなってい
ます。今後の通貨体制はどうなっていくのでしょうか。また、グローバル経済における新興
国、地域としてのアジアの重みが増していくのは皆さまの一致した意見だと思いますが、グ
ローバルな金融システムはどうなっていくとお考えでしょうか。
(行天)最大の条件はアメリカ経済が新しいオバマ政権の下
でどのように変わっていくのかということだと思います。確
かに米国の経済、その他総合的な国力がそれほど大きく傷つ
いたわけではないのですが、他の世界との比較においては覇
権的な地位が下がったことは間違いないわけで、今後のドル
の役割を考える場合には、やはりアメリカが今度の危機から
の回復を通じてどのくらい金融機関や金融産業を健全な形で
復活できるか、それからまた消費と投資バランスの改善を通
じてどのくらい、これまで見たような対外純債務の急速な増
加の傾向に歯止めをかけられるかということだろうと思うの
です。もしこれにアメリカが成功すれば、あるいはすぐには成功しないまでも、傾向として
アメリカがそういう回復の道をたどっているということを世界のマーケットが認識すれば、
ドルに対する信頼はそれほど落ちないということになるわけです。逆の場合、つまりアメリ
カの新政権の新政策を市場が信任しないとなれば、ドルはかなり下押しの圧力にさらされる
ことになるでしょう。
しかし、先ほども申しましたように、最大の問題はドルの相対的地位と同時にドルに取っ
て代わる通貨は、少なくとも予見し得る将来には何もないわけです。ユーロにしても、ある
いは円にしても人民元にしても、世界基軸通貨としてアメリカのドルに取って代わる力はな
いわけです。そこがある意味では非常に悩ましい。アメリカの回復がはっきりしない、ある
いはそれに対して悲観的であるにもかかわらず、代わりがないのでは、世界的な意味で通貨
市場、通貨情勢は相当不安定にならざるを得ないのです。その場合は何らかの形で国際的な
協調で不測の混乱を避けるような手立てを考えなくてはならないということだろうと思い
ます。いろいろなシナリオがあるわけですが、これからのしばらくの期間、国際的金融情勢
はやはり徐々に不安定さを増していくという覚悟をしなくてはならないと思っております。
(渡辺)理事長、どうもありがとうございました。時間も押してまいりましたので、最後の
論点に移ります。こういった中でアジア各国、また地域で中長期的な課題として何に取り組
まなければいけないのか。特に中国、インド、日本の役割は何かということです。金融危機
の中でアジアは比較的傷も浅いと思います。ダボスで温家宝首相が、ポスト・クライシスワ
ールドの形成、あるいはファイナンシャル・スタビリティの達成という二つの課題を挙げて
おられました。アジア開発銀行の黒田さんにお伺いしたいのですが、地域として取り組むべ
45
߈⺖㗴߿ఝవ㗅૏ࠍਛ㐳ᦼ⊛޽ࠆ޿ߪ⍴ᦼ⊛ߦᢛℂߐࠇ߹ߔߣ‫ࠂߒߢߔ߹ࠅߥߦ߁ࠃߩߤޔ‬
߁߆‫ߏޕ‬ᗧ⷗ࠍ޿ߚߛߌࠇ߫ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔㤥↰㧕߹ߕ⍴ᦼ⊛ߦߪ‫ޔ‬ฦ࿖᡽ᐭ߇޿ߕࠇ߽ࠕࠫࠕߢᦨᖡߩ᥊᳇ᓟㅌࠍ࿁ㆱߔࠆߣ޿߁ߎ
ߣ߇ᔅⷐߢ‫⽷ߦ߼ߚߩߘޔ‬᡽޽ࠆ޿ߪ㊄Ⲣ᡽╷ࠍ⊒േߐߖࠆߎߣߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬వ߶ߤ↳ߒ
޽ߍߚߣ߅ࠅ‫⁁ޔ‬ᴫߦଐࠅ߹ߔ߇‫ߪߡߒߣ⑳ޔ‬ฦ࿖ߩദജ߇৻ቯߩࡐࠫ࠹ࠖࡉߥലᨐࠍ⍴ᦼ
⊛ߦߪ߽ߚࠄߔߢ޽ࠈ߁ߣᦼᓙߒߡ߅ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
৻ᣇ‫ޔ‬ਛ㐳ᦼߩ⺖㗴ߩᣇ߇ࠃࠅ࿎㔍ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ਛ࿖‫ޔ࠼ࡦࠗޔ‬ᣣᧄߣ੹߅ߞߒ߾޿߹
ߒߚ߇‫ߕ߹ޔ‬ᣣᧄߪᣢߦᚑᾫ⚻ᷣߢߔ‫ੱ৻ޕ‬ᒰߚࠅߩᚲᓧ߽㜞޿ߢߔߒ‫ੱޔ‬ญߩ㜞㦂ൻ߇ㅴ
ࠎߢ߅ࠅ‫⽷ޔ‬᡽⊛ߦ߽⧯ᐓ⧰ഭߒߡ޿ࠆߣ޿߁⁁ᴫߢߔ‫ޕ‬ᣣᧄߩ⺖㗴ߪ‫ޔ‬ਛᦼ⊛ߦߒߞ߆ࠅ
ߒߚᚑ㐳ࠍߤߎ߹ߢᜬ⛯ߢ߈ࠆ߆‫⽷ޔ‬᡽਄ߩ⁁ᴫࠍਛ㐳ᦼ⊛ߦ޿߆ߦ┙ߡ⋥ߔ߆ߣ޿߁ߎߣ
ߛߣᕁ޿߹ߔ‫৻ޕ‬ㇱߩ᰷Ꮊ⻉࿖߽ห᭽ߢߔ߇‫ޔ‬ᣣᧄߩ႐ว‫ੱޔ‬ญߩ㜞㦂ൻ߇ᄢ߈ߥ⺖㗴ߢߔ‫ޕ‬
ਛ࿖ߪ⏕߆ߦャ಴ଐሽᐲࠍ㜞߼ߡ߈ߡ޿ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ߩࠞ࡝ࡔࠕޕ‬᥊᳇߇ቢోߦ࿁ᓳߒߚ
ߣߒߡ߽‫ࠍ₸⫾⾂ߪࠞ࡝ࡔࠕޔ‬ㆊ෰૗ᐕ߆ߩ࡟ࡌ࡞ࠃࠅߪ㜞߼ࠆߎߣߪ⏕ታߢߒࠂ߁‫߁ߘޕ‬
ߥࠆߣ‫ޔ‬ਛ࿖ߪࠕࡔ࡝ࠞ߿ઁߩవㅴ࿖߳ߩャ಴ࠍᜬ⛯⊛ߥᚑ㐳ࠛࡦࠫࡦߣߒߡᦼᓙߒ⛯ߌࠆ
ߎߣߪߢ߈ߥ޿ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ࠎࠈߜ߽ޕ‬ャ಴ߘߩ߽ߩߩ㊀ⷐᕈߪᄌࠊࠅ޽ࠅ߹ߖࠎ߇‫ߎޔ‬
ࠇ߹ߢᢙᐕ㑆ଐሽߒߡ߈ߚ߶ߤߩᦼᓙߪߢ߈ߥ޿ߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬
ਛ࿖ߩ႐วߪᣢߦᏂ㗵ߩᛩ⾗ࠍߒߡ߅ࠅ‫ޔ‬ᛩ⾗Ყ₸߇਎⇇ߢ߽ᦨ㜞ߢߔ‫ޕ‬ㆊ೾ᛩ⾗߇ਛ࿖
ߢߪㅴࠎߢ߅ࠅ‫ߩ࠻ࠬࡒࡁࠦࠛޔ‬ᄙߊߪ‫ޔ‬ᛩ⾗෼⋉₸߿⾗ᧄ෼⋉₸ߩૐਅߦ ᔨࠍ⴫᣿ߒߡ
޿߹ߔ‫ޕ‬ᓥߞߡ‫ޔ‬ਛ࿖ߦߣߞߡߩ⺖㗴ߪᶖ⾌ࠍჇ߿ߔߣ޿߁ߎߣߢߒࠂ߁‫ޕ‬㐳ᦼ⊛ߦㆊ೾⾂
⫾ࠍ޿߆ߦᷫࠄߒߡᶖ⾌ࠍଦㅴߐߖࠆ߆ߢߔ‫ߪࠇߎࠎࠈߜ߽ޕ‬ᄢᄌ㔍ߒ޿⺖㗴ߢߔ‫ޕ‬ਛ࿖᡽
ᐭ߽ߎߩὐߪ⹺⼂ߒߡ߅ࠅ‫ߪࠇߕ޿ޔ‬ᚑഞߔࠆߣᕁ޿߹ߔ߇‫ޔ‬࿎㔍ߥ⺖㗴ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ᄢ
᏷ߦᶖ⾌ࠍჇᄢߐߖࠆߦߪ૗ᐕ߽ᔅⷐߣߥࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬
ߘࠇߦᲧߴࠇ߫‫⚻࠼ࡦࠗޔ‬ᷣߪࠃࠅࡃ࡜ࡦࠬ߇ขࠇߡ޿ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ࠅ߹ߟޕ‬ャ಴ଐሽᐲ
߽޽߹ࠅ㜞ߊߥߊ‫ࠬࡆ࡯ࠨޔ‬ㇱ㐷߽㕖Ᏹߦᒝߊߒߞ߆ࠅߒߡ޿߹ߔ‫ࠗޔ߫߃޿ߣ߆ࠄߜߤޕ‬
ࡦ࠼ߦߣߞߡᔅⷐߥߩߪ‫ߦࠄߐޔ‬ャ಴ࠍჇ߿ߒ‫߽₸⫾⾂ޔ‬਄ߍߡ‫↥ޔ‬ᬺ‫ޔ‬ᢎ⢒‫ߣ࡜ࡈࡦࠗޔ‬
޿ߞߚᛩ⾗ࠍჇ߿ߔߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬
ߎߩࠃ߁ߦ‫ޔ‬ฦ࿖ߪߘࠇߙࠇ⇣ߥࠆ⺖㗴ࠍᛴ߃ߡ޿ࠆߣᕁ޿߹ߔ߇‫ߩߎ߽ߡߞ޿ߪ߁ߘޔ‬
ࠞ࿖‫ߪ޿ࠆ޽ޔ‬㖧࿖‫ޔ‬$6($1 ࠍ฽߼ߡ⠨߃ߡ߽‫ߩࠕࠫࠕޔ‬࿖‫߇ޘ‬දജߢ߈ߥ޿‫ߣ޿ߥߒޔ‬
޿߁ߎߣߢߪߥ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫⵬ࠈߒ߻߽ࠅࠃࠇߘޕ‬ቢᕈ߇޽ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ߡߞࠃߦࠇߘޕ‬ද
ജߣද⺞߇ࠃࠅ᦭⋉ߢ㊀ⷐߥ߽ߩߦߥࠆߢߒࠂ߁‫ޕ‬ഏߐࠎ߽߅ߞߒ߾ߞߚὑᦧ࡟࡯࠻ߩද⺞
߇ߘߩ৻ߟߢߔ‫ߩࠕࠫࠕޕ‬࿖‫੹ߪޘ‬ᓟ‫ޔ‬ௌ೛Ꮢ႐ߩ⢒ᚑ‫࠻࠶ࡀࠖ࠹ࡈ࡯࠮ޔ‬ಽ㊁ߢߩ␠ળࠗ
ࡦࡈ࡜ߩ᭴▽‫ઁߩߘޔ‬ᄙߊߩදജಽ㊁ߢߩදജࠍᒝൻߔߴ߈ߛߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕✚ⵙ‫੍߷߶ޕߚߒ߹޿ߑߏ߁ߣ߇ࠅ޽߽߁ߤޔ‬ቯᤨ㑆ߦ㆐ߒߡ޿߹ߔ߇‫ᦨޔ‬ᓟߦ⊝
ߐ߹ߦ৻⸒ߕߟ߅ુ޿ߒߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬ጟㇱߐࠎߦߪ‫ߢࠕࠫࠕޔ‬ᵴേߔࠆᄙ࿖☋ડᬺߩઍ
⴫ߣߒߡ߅⠨߃޿ߚߛߊߣ‫ޔ‬᡽╷ᒰዪ߳ߩⷐᦸߪߤࠎߥ߽ߩߦߥࠆߢߒࠂ߁߆‫߫߃଀ޕ‬࿾ၞ
46
ᮮᢿ⊛ߥ᡽╷ⷐᦸߣߒߡߪ‫)ޔ‬7$ ࠍࠕࠫࠕ࡮ࡢࠗ࠼ߦㅴ߼ࠆߣ߆߇ࡐࠗࡦ࠻ߦߥࠅ߹ߔߢߒ
ࠂ߁߆‫ޕ‬
㧔ጟㇱ㧕ߘࠇߪ৻ߟߩࡐࠗࡦ࠻ߦߥࠆߣᕁ޿߹ߔ‫↱⥄ޕ‬ൻߣ޿߁ߩ߽࠼ࠕࠍ㐿ߌࠇ߫ߔߋ⥄
↱ߦߥࠆ߽ߩߢߪߥ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ ߩ੹ޕ‬$6($1 ߩਛߢ‫ߊߥߪߢߌߛ࠲࡛࠻ޔ‬ฦ⥄േゞࡔ࡯
ࠞ࡯ߣ߽ಽᬺ૕೙߇ߢ߈ߚߩߪ‫ ޔ‬ᐕߩೋ߼ߦ‫ޔ‬ᒰᤨᘮᔕᄢቇߩ⍫㊁వ↢߇‫ࠄ߆ࠇߎޟ‬ฦ
࿖߇߫ࠄ߫ࠄߦ߿ߞߡ޿ߞߡߪ޿ߌߥ޿‫߁޿ߣޠ‬ౝኈߩ⺰ᢥࠍᦠ޿ߚߎߣߦᆎ߹ࠅ߹ߔ‫ࠕޕ‬
ࠫࠕฦ࿖᡽ᐭ߆ࠄߪ‫ࠍࡦࠫࡦࠛޔ‬૞ߞߡ߶ߒ޿‫ࠍࡦ࡚ࠪ࠶ࡒࠬࡦ࡜࠻ޔ‬૞ߞߡ߶ߒ޿ߣ⥄േ
ゞ↥ᬺ⢒ᚑߩⷐ⺧߇޽ߞߚߩߢߔ߇‫ ޔ‬ᐕઍ߆ࠄߪߎࠇߢߪߐߔ߇ߦ㚝⋡ߛߣ޿߁ߎߣߢ‫ޔ‬
$6($1 ᡽ᐭߩਥዉߢ %UDQGWR%UDQG&RPSOHPHQWDWLRQ ߣ޿޿߹ߔ߆‫ޔ‬$6($1 ߩਛߩࠬࠠ࡯ࡓ
ࠍ⠨߃ߡ߿ࠈ߁ߣߒ߹ߒߚ‫⥄࠲࡛࠻ߪߦ߈ߣߩߘޕ‬േゞ߽฽߼ߡ⺕߽ߔߋߦߪߢ߈ߥ߆ߞߚ
ߩߢߔ‫ߦ߁ࠃߩߘޔߪߩ߁޿ߣޕ‬ၞౝߢߩ⾏ᤃࡃ࡜ࡦࠬࠍဋ╬ൻߔࠆߛߌߩ⸳஻ᛩ⾗ࠍ࿖ߏ
ߣߦߒߡ޿ߥ߆ߞߚ߆ࠄߢߔ‫ ޕ‬ᐕ߆ࠄ࠻࡛࠲⥄േゞߪߘߩၒ߼วࠊߖߢ‫ޔ‬࿖ߏߣߦࡃ࡜
ࡦࠬ߇ขࠇࠆࠃ߁ߥᒻߢᎿ႐ࠍㅧߞߡ߈߹ߒߚ‫ޕ‬
వ߶ߤ◲නߦߘߩᱧผࠍ⹤ߒ߹ߒߚߌࠇߤ߽‫ߩߘޔ‬ਛߢ‫ޔ‬᡽ᐭߣ᳃㑆ߣ߇ߘࠇߙࠇ࠳ࠗࠕ
ࡠࠣࠍᜬߜߥ߇ࠄ‫ޔ‬りߩ⒟ࠍ߅੕޿ߦℂ⸃ߒวߞߚᒻߢ᡽╷ㆇ༡ࠍߒߡ޿߆ߥ޿ߣ‫ࠆ޽ޔ‬᡽
ᮭ߇ฝߛߣ⸒ߞߡᰴߩ᡽ᮭ߇Ꮐߛߣ⸒߁ߩߢߪ࿎ࠆߩߢߔ‫⥄ޕ‬േゞ↥ᬺߣ޿߁߆‫ߊߠߩ߽ޔ‬
ࠅߩ↥ᬺߪੱߠߊࠅߢ޽ࠅ࿖ߠߊࠅߢߔߩߢ‫ࠅߥ߆߇ࡓࠗ࠲࠼࡯࡝ޔ‬ᔅⷐߦߥࠅ߹ߔ‫ߩߘޕ‬
ߚ߼ߦߪ቟ቯ⊛ߥ᡽╷߇ᔅⷐߛߣᕁ߁ߩߢߔ‫ߢߌ߆ߞ߈ߩߟ৻ߪߩ߁޿ߣ࠼࡯࡟࠻࡯࡝ࡈޕ‬
ߔ߇‫ߥ࡯࡝ࡈߩߘޔ‬ਛߦߤ߁޿߁⛗ࠍឬ޿ߡ޿ߊ߆ߦߟ޿ߡߪࠤ࡯ࠬ࡮ࡃࠗ࡮ࠤ࡯ࠬߥ㕙߇
߆ߥࠅ޽ࠅ߹ߔ‫ޕ‬
వ߶ߤߎࠇ߆ࠄߩ⺖㗴ࠍ྾ߟ߶ߤ⸒޿߹ߒߚ߇‫߇߆ߩߟ଻ࠬࡦ࡜ࡃ߁ߤޔ‬㕖Ᏹߦ㊀ⷐߛߣ
ᕁ޿߹ߔ‫ࠄ߆ࠇߘޕ‬㤥↰ߐࠎ߇⸒ࠊࠇߚࠃ߁ߦ‫ޔ‬ᣣᧄߩᓎഀ߇ᄢᄌ㊀ⷐߛߣᕁ޿߹ߔ‫ߟ৻ޕ‬
ઃߌട߃ߚ޿ߩߪ‫ޔ‬ਛዊડᬺߩ⢒ᚑߥߤ੹߆ߥࠅฦᣇ㕙ߢ߿ࠄࠇߡ޿߹ߔ߇‫ޔ‬ᣣᧄߪ⌀೶ߦ
ੱߠߊࠅࠍߒߡ޿߆ߥ޿ߣ޿ߌ߹ߖࠎ‫ߩࠕࠫࠕޕ‬᳓ᐔಽᬺߩߚ߼ߦߪ‫޿ߥߌ޿ߪߡߊߥߒޔ‬
ᐞߟ߆ߩߎߣ߇޽ࠆߣᕁ߁ߩߢߔ‫ޕ‬ᣣᧄߪ‫ޔ‬ၮ␆૕ജࠍߤ߁߿ߞߡ૞ࠆ߆ߦ߽ߞߣ㓸ਛߒߥ
ߊߡߪߥࠄߥ޿ߣᕁ޿߹ߔߩߢ‫ޔ‬ᣣᧄ᡽ᐭ‫ޔ‬ᣣᧄߩડᬺ߇ࠗ࠾ࠪࠕ࠴ࡉࠍขࠆߎߣ߇㕖Ᏹߦ
㊀ⷐߛߣᕁߞߡ޿߹ߔ‫ߪߢࠕࠫࠕޔߪ⑳ޕ‬㊄Ⲣߛߌߢߪ↢߈ߡ޿ߌߥ޿‫ࠈߒ߻ޔ‬㊄Ⲣߪ߅ᚻ
વ޿ߩሽ࿷ߛߣᕁߞߡ߅ࠅ߹ߔ‫߁޿߁ߘޕ‬ᗧ๧ߢߪ‫ޔ‬㊄Ⲣࠍᔅⷐߣߔࠆ⚻ᷣᵴേߩታ૕ࠍߤ
ߩࠃ߁ߦᡰ߃ߡ޿ߊ߆ߩ㊄Ⲣߩ⼏⺰߇߽ߞߣᔅⷐߛߣᕁߞߡ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕ߤ߁߽޽ࠅ߇ߣ߁ߏߑ޿߹ߒߚ‫ޕ‬
ᒁ߈⛯߈‫߅⸒৻ࠄ߆ࠎߐࠝ࡜ࡃࠬޔ‬㗿޿ߒߚ޿ߩߢߔ߇‫ߩࠎߐ࠲࡛࠻ޔ‬ᣇ߆ࠄࠗࡦ࠼ߩ⵾
ㅧᬺߩ⼾߆ߥน⢻ᕈߦߟ޿ߡࠦࡔࡦ࠻߇޽ࠅ߹ߒߚ߇‫ߩဳࠕࠫࠕ᧲ࠆࠁࠊ޿ߪߢ࠼ࡦࠗޔ‬ᚑ
㐳ࡕ࠺࡞‫⵾ޔ‬ㅧᬺ‫ޔ‬ャ಴↥ᬺࠍਛᔃߣߒߚᚑ㐳ࡕ࠺࡞ߦゲ⿷ࠍዋߒ⒖ߒߡ޿߆ࠇࠆᗵߓߪ޽
ࠆߩߢߒࠂ߁߆‫ޕ‬
47
㧔ࠬࡃ࡜ࠝ㧕వ߶ߤ↳ߒ߹ߒߚߣ߅ࠅ‫ޔ‬ᚑ㐳ߩࠛࡦࠫࡦߣߒߡߪ‫ ߩߎޔ‬ᐕߋࠄ޿ߪࠨ࡯ࡆ
ࠬㇱ㐷ߛߞߚࠊߌߢߔ‫⃻ޕ‬࿷‫ࠬࡆ࡯ࠨޔ‬ㇱ㐷ߪ⏕߆ *'3 ߩ ㄭߊࠍභ߼ߡ޿ࠆߣᕁ޿߹
ߔ‫ߚߒ⼂⹺ߟ৻ޔߒ߆ߒޕ‬ὐߣߒߡ‫⵾ޔ‬ㅧᬺߢ߽ᄢ߈ߥ㘧べࠍㆀߍߥ޿ߣ㐳ᦼ⊛ߥᚑ㐳ࠍᜬ
⛯ߢ߈ߥ޿ߣ޿߁ߎߣߢ‫ߦࠇߎޔ‬ജࠍ౉ࠇߡ޿߹ߔ‫੹ޕ‬ᓟ߽ജὐߪᎿᬺㇱ㐷‫⵾ߦ․ޔ‬ㅧᬺㇱ
㐷ߦ⟎߆ࠇ߹ߔ‫ࠬࡆ࡯ࠨޕ‬ㇱ㐷ࠍシⷞߔࠆࠊߌߢߪ޽ࠅ߹ߖࠎ߇‫ޔ‬Ꮏᬺ‫⵾ޔ‬ㅧᬺߦ߽ജὐࠍ
߅ߊߣ޿߁ߎߣߢߔ‫ޕ‬
ߘࠇߪߟ߉ߩࠃ߁ߥℂ↱߆ࠄߢߔ‫ޕ‬ᄙߊߩᣇ߇‫ੱߪ࠼ࡦࠗޔ‬ญ㕙߆ࠄߩ㈩ᒰ߇޽ࠆ‫⧯ޔ‬⠪
ߩੱญ߇Ⴧ߃ࠆߩߢᛔഥ₸ߥߤ߽ਅ߇ࠆ‫ߩઁߪߢ࠼ࡦࠗޕߔ߹޿޿ߣޔ‬࿖ߦߊࠄߴߡ⧯⠪߇
ᄙߊ‫ޔ‬ഭ௛ੱญ߇Ⴧ߃ߡ޿ࠆߣ޿߁ߩߪᧄᒰߢߔ‫ੱޕ‬ญേᘒߩࡊࡠࡈࠔࠗ࡞ߪߎߩࠃ߁ߥ߽
ߩߢߔ߇‫ࠄ߆ߎߘޔ‬㈩ᒰࠍᓧࠆߚ߼ߦߪ㓹↪ࠍᄙߊߩ࿖᳃ߦឭଏߒߥߊߡߪߥࠅ߹ߖࠎ‫ߘޕ‬
ߎ߇ታߪ㔍ߒ޿ߩߢߔ‫ޕ‬ᓥߞߡ‫࠼ࡦ࠺ࡆࠖ࠺࡮ࠢ࠶ࠖࡈ࡜ࠣࡕ࠺ޔ‬㧔ੱญേᘒ㕙߆ࠄߩ㈩ᒰ㧕
ࠍታ⃻ߐߖࠆߚ߼ߦ‫⚻ߡߒߘޔ‬ᷣᚑ㐳ࠍ⛽ᜬߔࠆߚ߼ߦߪ‫ࠎߤࠎߤޔ‬Ⴧ߃ߡ޿ߊੱߚߜߦኻ
ߒߡ㓹↪ࠍឭଏߒߥߌࠇ߫ߥࠅ߹ߖࠎ‫ߡߒߘޕ‬ᗧ๧޽ࠆലᨐ⊛ߥ㓹↪ࠍ‫੹ޔ‬ᓟഭ௛Ꮢ႐ߦෳ
౉ߔࠆ૗⊖ਁੱߣ޿߁ੱ‫ߦޘ‬ឭଏߔࠆߚ߼ߦߪ‫⵾ࠅߪ߿ޔ‬ㅧᬺㇱ㐷ࠍ㊀ⷞߔࠆߣ޿߁ߎߣߦ
ߥࠅ߹ߒࠂ߁‫ޕ‬ᓥߞߡ‫⵾ߡߞߣߦ࠼ࡦࠗޔ‬ㅧᬺߩ㊀ⷐᕈߪ੹ᓟ߹ߔ߹ߔ㜞߹ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕ᄢᄌ޽ࠅ߇ߣ߁ߏߑ޿߹ߔ‫ᦨߩࡦ࡚ࠪ࠶ࠞࠬࠖ࠺࡮࡞ࡀࡄޕ‬ᓟߦഏߐࠎߦߏᗧ⷗ࠍ
ુ޿ߚ޿ߣᕁ޿߹ߔ‫ᦨޕ‬ㄭਛ࿖ߢ࿾ၞදജߩขࠅ⚵ߺ߇ᄢᄌⓍᭂൻߒߡ޿ࠆߣ޿߁ශ⽎ࠍᜬ
ߞߡ޿߹ߔ߇‫ߩߎޔ‬ㄝߩߎߣ߽฽߼ߡ৻⸒ࠦࡔࡦ࠻ࠍ޿ߚߛߌࠇ߫ߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㧔ഏ㧕⏕߆ߦਛ࿖ߪ‫ᦨޔ‬ㄭ‫ࠍࠬࡦ࠲ࠬߥࡉࠖ࠹ࠢࠕࠅࠃޔ‬ขࠆࠃ߁ߦߥࠅ߹ߒߚߌࠇߤ‫ߘޔ‬
ߩ⢛᥊ߦߪ੹ߩࠣࡠ࡯ࡃ࡞ߥ㊄Ⲣෂᯏ߇ߘࠇߛߌᷓೞߛߣ޿߁੐ᖱ߇޽ߞߚߣᕁ޿߹ߔ‫ߎޕ‬
ࠇ߹ߢਛ࿖ߪ⋡┙ߚߥ޿┙႐ࠍߣࠅ‫ߪ޿ࠆ޽ޔࡦ࡯࠱ࡠ࡯࡙ߡߒߣ߼ߓߪࠍࠞ࡝ࡔࠕޔ‬ᣣᧄ
╬ߩవㅴ࿖߇߿ࠆߎߣߦᓥ߁ߣ޿߁ᘒᐲࠍขߞߡ߅ࠅ߹ߒߚ‫ߩࠄ⥄ߪࠞ࡝ࡔࠕ੹ޔ߇ߔߢޕ‬
໧㗴ߢᚻ৻᧰ߢઁߩߎߣߪ߿ߞߡ޿ࠄࠇߥ޿‫੹ߦ․ޔ‬ᓟࠕࠫࠕ߇ߤ߁ߥࠆ߆ߣ޿߁ߎߣߦߥ
ࠆߣ‫ߩߎޔ‬࿾ၞߩਥⷐߥࡊ࡟ࠗࡗ࡯ᰴ╙ߛߣ޿߁ߎߣߦߥߞߚߣ⹺⼂ߒߡ޿ࠆߣᕁ޿߹ߔ‫ޕ‬
㤥↰✚ⵙ߽߅ߞߒ߾޿߹ߒߚࠃ߁ߦ‫߽ߡߒߣࠕࠫࠕޔ‬૗߽ߖߕߦᐳⷞߔࠆࠊߌߦߪ޿߈߹ߖ
ࠎ‫ޕ‬ਛ࿖‫ޔ‬ᣣᧄ‫ޔ‬㖧࿖‫ޔ‬$6($1 ߽਎⇇⚻ᷣ߇࿁ᓳߔࠆߩࠍᓙߟߛߌߢߥߊ‫ߡߞߥߦ✜৻ޔ‬
⥄ࠄ໧㗴ࠍขࠅ਄ߍߡ‫ޔ‬૗ࠍߔࠇ߫⁁ᴫ߇⦟ߊߥࠆ߆ࠍ⠨߃ߥߊߡߪ޿ߌ߹ߖࠎ‫ߩߘޕ‬ਛߢ
৻⇟޿޿ࠪ࠽࡝ࠝߪ‫⻉ࠕࠫࠕޔ‬࿖߇ᚑഞߢ߈ࠆ㒢ࠅߦ߅޿ߡ‫߇ࠇߘޔ‬਎⇇ߩ࿁ᓳࠍടㅦߐߖ
ࠆߎߣߦߥࠆߎߣߢߔ‫ߚߞ޿߁ߘޕ‬੐ᖱ߇޽ࠆߩߢ‫ޔ‬ਛ࿖߽ࠃࠅⓍᭂ⊛ߥࡐ࡚ࠫࠪࡦࠍขࠅ
ᆎ߼ߚߩߛߣᕁ޿߹ߔ‫ࠆ޽ޕ‬ᗧ๧ߢ‫⌀ߪߦࠕࠫࠕޔ‬ⓨ⁁ᘒߩߣߎࠈ߇޽ࠅ߹ߔߩߢ‫ߘߎ੹ޔ‬
ᣣਛ㖧߇৻✜ߦߥߞߡߘࠇࠍၒ߼ࠆߴ߈ߢߒࠂ߁‫ޕ‬
㧔ᷰㄝ㧕ᱷᔨߥ߇ࠄᤨ㑆߇⿥ㆊߒߡߒ߹޿߹ߒߚ‫ޕ‬ળ႐ߩ⊝ߐ߹߆ࠄߩߏ⾰໧╬ࠍુ޿ߚ߆
ߞߚߩߢߔ߇‫ߩߎޔ‬ᓟߩ࡟࠮ࡊ࡚ࠪࡦߢ‫ߣ߫ࠇߌߛߚ޿ߡߒࠍ⹤߅ߣࠎߐ⊝ߩ࠻ࠬ࡝ࡀࡄޔ‬
ᕁ޿߹ߔ‫ߢ߹ߐߍ߆߅ޕ‬ᄢᄌജᒝ޿ਛ࿖‫ ߪ޿ࠆ޽࠼ࡦࠗޔ‬$6($1 ߩ߅⹤߇⡞ߌߚ߆ߣᕁ޿
48
߹ߔ‫ߩߎޕ‬ෂᯏߩస᦯ࠍㅢߓߡ‫ߩࠕࠫࠕߔ߹ߔ߹ޔ‬㊀ߺ߇Ⴧߒߡ޿ߊߣ޿߁ߎߣ߇ᗵߓࠄࠇ
߹ߒߚ‫߁޿߁ߘޕ‬ᗧ๧ߢߪ‫ߥ߆⼾ޔ‬዁᧪߳ߩ⏕ା߇ߢ߈߹ߒߚ‫߇ߣߎߚߞ޿߁ߎޕ‬਎⇇ߦ⊒
ାߐࠇߡ޿ߊߎߣ߇ࠦࡦࡈࠖ࠺ࡦࠬߩ࡝ࠞࡃ࡝࡯㧔ା㗬ߩ࿁ᓳ㧕ߦߣߞߡ㕖Ᏹߦ㊀ⷐߢߪߥ
޿߆ߣ⑳ߪᗵߓ߹ߒߚ‫ޕ‬
ᧄᣣߪࡄࡀ࡝ࠬ࠻ߩ⊝ߐ߹‫ߚ߹ޔ‬ળ႐ߩ⊝᭽ߦߏ⥃Ꮸ޿ߚߛ߈߹ߒߡᄢᄌ޽ࠅ߇ߣ߁ߏߑ
޿߹ߒߚ‫ޕ‬ᣣߏࠈߩᒰ⎇ⓥᚲ߳ߩߏᡰេߦኻߔࠆᗵ⻢ࠍ↳ߒ਄ߍ߹ߒߡ‫ࠞࠬࠖ࠺࡮࡞ࡀࡄޔ‬
࠶࡚ࠪࡦߩ࠮࠶࡚ࠪࡦࠍࠢࡠ࡯࠭ߣߐߖߡ޿ߚߛ߈߹ߔ‫ޕ‬ᄢᄌ޽ࠅ߇ߣ߁ߏߑ޿߹ߒߚ‫ޕ‬
49
当資料は情報提供のみを目的として作成されたものであり、何らかの行動を勧誘するものではありませ
ん。ご利用に関しては、すべて御客様御自身でご判断下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。当
資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されていますが、その正確性を保証するものではあり
ません。内容は予告なしに変更することがありますので、予めご了承下さい。また、当資料は著作物で
あり、著作権法により保護されております。全文または一部を転載する場合は出所を明記してください。
This report is intended only for information purposes and shall not be construed as solicitation to take
any action such as purchasing/selling/investing financial market products. In taking any action, each
reader is requested to act on the basis of his or her own judgment. This report is based on information
believed to be reliable, but we do not guarantee its accuracy. The contents of the report may be revised
without advance notice. Also, this report is a literary work protected by the copyright act. No part of
this report may be reproduced in any form without express statement of its source.
Copyright 2009 Institute for International Monetary Affairs(IIMA)(財団法人 国際通貨研究所)
All rights reserved. Except for brief quotations embodied in articles and reviews, no part of this publication may
be reproduced in any form or by any means, including photocopy, without permission from the Institute for
International Monetary Affairs.
Address: 3-2, Nihombashi Hongokucho 1-Chome, Chuo-ku, Tokyo 103-0021, Japan
Telephone: 81-3-3245-6934, Facsimile: 81-3-3231-5422
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町 1-3-2
電話:03-3235-6934(代)ファックス:03-3231-5422
e-mail: [email protected]
URL: http://www.iima.or.jp
Occasional Paper No.19
世界同時不況とアジア
∼グローバルな地殻変動が迫るアジアの変革∼
The Global Economic Crisis and Asia
~Challenges for the Asian Economy in a Changing World~
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町 1-3-2 三菱東京 UFJ 銀行日本橋別館 12 階
Fax: 03-3231-5422
e-mail: [email protected]
URL: http://www.iima.or.jp
12F The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd. Nihombashi Annex,
3-2 Nihombashi Hongokucho 1-Chome, Chuo-ku, Tokyo 103-0021, Japan
Tel: 03-3245-6934 Fax: 03-3231-5422
e-mail: [email protected]
URL: http://www.iima.or.jp
Occasional Paper No.19
Institute for International Monetary Affairs
IIMA
Tel: 03-3245-6934
財団法人 国際 通 貨 研究 所
Institute for International Monetar y Affairs
Institute for International Monetar y Affairs
財団法人 国際通貨研究所
IIMA
The Global Economic Crisis and Asia
世界同時不況とアジア
Fly UP