...

フォルティス中国環境関連株式投信

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

フォルティス中国環境関連株式投信
2015.9.10
〈ファンドの名称について〉
「フォルティス中国環境関連株式投信」
「フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド」を総称して「ファンド」または「各ファン
ド」という場合があります。また「フォルティス中国環境関連株式投信」を「中国環境関連株」、
「フォルティス中国環境関連株式投信 マネー
プール・ファンド」を「中国環境関連株マネー」と称することがあります。
商品分類
単位型・
追加型
属性区分
投資対象 投資対象資産
投資対象資産
地域
(収益の源泉)
決算頻度
投資対象地域
投資形態
為替ヘッジ
なし
フォルティス
中国環境関連株式投信
追加型
内外
株式
その他資産
(投資信託証券
(株式・一般))
年1回
日本
アジア
ファンド・オブ・
ファンズ
フォルティス
中国環境関連株式投信
マネープール・ファンド
追加型
国内
債券
その他資産
(投資信託証券
(債券・一般))
年1回
日本
ファミリー
ファンド
※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。 商品分類及び属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)
をご覧ください。
本書は金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第13条の規定に基づく目論見書です。この投資信託説明書(交付目論見書)
により行う、
「フォルティス中国環境関連株式投信」、
「フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド」の受益権
の募集については、委託会社は、金融商品取引法第5条の規定により有価証券届出書を2015年3月10日に関東財務局長に
提出しており、2015年3月11日にその届出の効力が生じております。
ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。
■ファンドに関する金融商品取引法第15条第3項に規定する目論見書(以下「請求目論見書」といいます。)は、委託会社のホーム
ページで閲覧、ダウンロードできます。また、請求目論見書については、販売会社にご請求いただければ当該販売会社を通じて交
付いたします。なお、販売会社にご請求された場合は、その旨をご自身で記録しておくようにしてください。
■本書には投資信託約款の主な内容が含まれておりますが、投資信託約款の全文は請求目論見書に掲載されております。
■ファンドの商品内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号)に基づ
き、事前に受益者の意向を確認いたします。
■投資信託の財産は、受託会社において、信託法(平成18年法律第108号)に基づき分別管理されています。
■ファンドの販売会社、ファンドの基準価額等の詳細情報は、下記委託会社の照会先までお問い合わせください。
■委託会社[ファンドの運用の指図を行う者]
BNPパリバ インベストメント・パートナーズ株式会社
照会先
電話番号 0120-996-222
(受付時間:毎営業日 午前10時〜午後5時)
ホームページ http://www.bnpparibas-ip.jp/
■受託会社[ファンドの財産の保管及び管理を行う者]
野村信託銀行株式会社
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第378号
設立年月日:1998年11月9日
資本金:1億円
運用する投資信託財産の合計純資産総額:2,432億円
(資本金、運用純資産総額は2015年6月末現在)
ファンドの目的・特色
ファンドの目的
〈フォルティス中国環境関連株式投信〉
当ファンドは、環境関連の事業を行う中国企業の株式等を投資対象とする外国投資信託証券「BNP
PARIBAS FLEXI Ⅲ Equity Greater China Environmental
(BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティグレー
ターチャイナ エンバイロメンタル)」に投資を行い、
信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
〈フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド〉
当ファンドは、
「フォルティス・マネー・マザーファンド」の受益証券への投資を通じて円建ての公社債等へ投資
を行うことで、
安定した収益の確保を図ることを目的として運用を行います。
ファンドの特色
特色
1
「フォルティス中国環境関連株式投信」は、
環境関連セクターの中国企業の株式等*
を実質的な主要投資対象とし、
信託財産の成長を図ることを目的として運用を行う
ことを基本とします。
*環境関連の事業を行う中国企業の株式
(中国A株・B株・H株・
レッドチップ株・香港株式・台湾株式・その他海外市場上場
株式)
及び中国からのビジネスが収益の重要な部分を占める海外企業の株式。
尚、
個別銘柄等の価格変動に運用成果
が連動する有価証券への投資も含みます。
■ 当ファンドは、
「BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティ グレーターチャイナ エンバイロメンタル」
(円
建て、
ルクセンブルク籍)
と
「BNPパリバ日本短期債券ファンド
(適格機関投資家限定)
」の2つ
のファンドに投資するファンド・オブ・ファンズです。
■ 原則として「BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティ グレーターチャイナ エンバイロメンタル」への
投資比率を可能な限り高位に保ちます。
■ 実質組入外貨建資産については、
原則として為替ヘッジを行いません。
特色
2
特色
3
「フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド」は、
円建ての公社債等
を主要投資対象とし、
安定した収益の確保を図ることを目的として運用を行います。
■ 当ファンドは、
「フォルティス・マネー・マザーファンド」
を実質的な主要投資対象とします。
尚、
公社
債等に直接投資する場合があります。
「フォルティス中国環境関連株式投信」
と
「フォルティス中国環境関連株式投信 マ
ネープール・ファンド」間でスイッチングが可能です。
※スイッチングの際には、
購入及び換金時と同様に、
費用・税金がかかりますのでご留意ください。詳しくはP14~15「ファ
ンドの費用・税金」
をご参照ください。
投資環境に重大な変化が生じた場合やその他やむを得ない事情(投資対象国における非常事態による市場の閉鎖もしくは流動性の
極端な減少、
ファンドが実質的に一部投資を行う中国A株が規制を受けているQFII制度上の回金制約等)等により、投資対象への
投資を大幅に縮小または変更する場合があります。
また資金動向及び市況動向等によっては、
上記のような運用を行えない場合があり
ます。
1
「フォルティス中国環境関連株式投信」のポイント
今後の中国の持続的な経済成長に不可欠と考えられる環境関連セクターの中国企業の
株式等に積極投資を行います。
1 今後の中国の経済成長に不可欠な3つのファクター
持続的な経済成長に伴う
旺盛なエネルギー需要
「節約・循環型社会」構築のための
省エネ対策
深刻化した環境問題への対応
2 持続的な経済成長に資する環境関連セクターの中国企業の株式等に投資
■ 環境関連の事業を行う中国企業の株式
(中国A株・B株・H株・
レッドチップ株・香港株式・台湾株式・その他海外市場上場
株式)
及び中国からのビジネスが収益の重要な部分を占める海外企業の株式を主な投資対象とします。
尚、
個別銘柄等
の価格変動に運用成果が連動する有価証券への投資も含みます。
■ 中国A株への投資の方法として、
QFII
(適格国外機関投資家)
制度を活用します。
■ 当ファンドは、
BNPパリバグループへのQFII認可に基づき、
一定のQFII投資枠を確保しております。
3 環境関連テーマの専門家を擁する運用チーム
(BNPパリバ インベストメント・パートナーズ・アジア・
リミテッドのグレーター・チャイナ株式チーム)が銘柄選定を行います。
■ 中国A株については、
ハイフートン・インベストメント
・マネジメントが助言します。
※上記の体制等は、
2014年12月末現在のものであり、
今後変更となる場合があります。
ファンドの運用形態
「フォルティス中国環境関連株式投信」のファンド・オブ・ファンズによる運用
「フォルティス中国環境関連株式投信」は「ファンド・オブ・ファンズ」での運用形態になります。
一般に「ファンド・オブ・ファンズ」においては、株式や債券などの有価証券や金融商品に直接投資するのではなく、複数の
他の投資信託(ファンド)
を組入れることにより運用を行います。
(投資信託に投資する投資信託になります。)
ファンド・オブ・ファンズによる運用のしくみ
投資
換金代金
収益分配金
償還金
投資者
(受益者)
フォルティス
中国環境関連
株式投信
損益
投資
購入代金
スイッチングが可能です
損益
BNPパリバ
フレキシーⅢ
エクイティ
グレーターチャイナ
エンバイロメンタル
BNPパリバ
日本短期債券ファンド
(適格機関投資家限定)
投資
損益
投資
中国A株・B株・H
株・レッドチップ株・
香 港 株 式・台 湾
株式・その他海外
市場上場株式
円建ての短期公社債
損益
購入代金
換金代金
収益分配金
償還金
フォルティス
中国環境関連
株式投信
マネープール・
ファンド
ベビーファンド
投資
損益
フォルティス・
マネー・
マザーファンド
投資
損益
マザーファンド
公社債や
コマーシャル
ペーパー等
金融市場
ファミリーファンド方式による運用のしくみ
「フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド」のファミリーファンド方式による運用
ファミリーファンド方式とは、
投資者の皆様が投資した資金をまとめてベビーファンドとし、
その資金をマザーファンドに投資し
て、
実質的な運用を行うしくみをいいます。
資金動向、
市況動向等によっては、
上記のような運用ができない場合があります。
2
BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティグレーターチャイナ エンバイロメンタルの運用プロセス
・BNPパリバ インベストメント
・パートナーズ・アジア・リミテッドのグレーター・チャイナ株式チームが運用します。
・グレーター・チャイナ株式チームはSRI関連銘柄の投資ユニバースを構築します。
・中国A株についてはハイフートン・インベストメント
・マネジメントが助言します。
(STEP1)
環境関連と流動性の
観点からの
スクリーニング
中国関連株式
ユニバース
(A,B,H,
レッドチップ等)
(STEP2)
定量&定性
スクリーニング
中国環境関連株式
ユニバース
(約230銘柄)
S R Iの観 点か
ら、
中国環境関
連株式を分類・
選定します。流
動性とサイズも
考慮されます。
(STEP3)
ファンダメンタル
分析
投資
ユニバース
(約180銘柄)
定量及び定性
スクリーニング
を か け ること
で 、投 資 ユ ニ
バースを絞り込
み ま す 。ハ イ
フートンはA株
に関 する情 報
を提供します。
(STEP4)
モデル
ポートフォリオ
構築
社内
レーティング
付与
(約180銘柄)
専門の知識を
活 用しながら
個別企業につ
いての綿 密な
調査が行わ
れ 、投 資 候 補
を 絞り込 みま
す。
ハイフートン
はA株のファン
ダメンタル分析
を行います。
(STEP5)
株式
ポートフォリオ
構築
モデル
ポートフォリオ
(約50-80銘柄)
投資委員会を
開催し、
投資環
境 分 析 、セク
ター見通し、個
別銘柄等の議
論が行われ、
モ
デル・ポートフォ
リオに組入れる
銘 柄を決 定し
ます。
株式
ポートフォリオ
(約50-80銘柄)
ファンドあるい
はポートフォリオ
の運用ガイドラ
イン等を考 慮
のうえ 、株 式
ポートフォリオを
構築します。
※上記の体制等は、
2014年12月末現在のものであり、
今後変更となる場合があります。
資金動向、
市況動向等によっては、
上記のような運用ができない場合があります。
BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティグレーターチャイナ エンバイロメンタルの関係会社について
BNPパリバ インベストメント
・パートナーズ・アジア・リミテッド
■BNPパリバ インベストメント
・パートナーズ・アジア・
リミテッドは、
BNPパリバグループの資産運用部門における香港の拠点で
あり、
株式ファンドに加え、
債券ファンド、
マネーマーケットファンド等の運用業務を行っております。
ハイフートン・インベストメント
・マネジメント
■中国大手の証券会社「ハイトン証券」
とグローバルに展開する運用会社「BNPパリバ インベストメント
・パートナーズ」
との合弁
運用会社です。
■2003年4月に設立し、
中国で初期に認可を受けた外資系合弁の資産運用会社です。
■2004年にQFII向けファンドの運用を開始しました。
※上記の体制等は、
2014年12月末現在のものであり、
今後変更となる場合があります。
3
主な投資制限
〈フォルティス中国環境関連株式投信〉
■ 投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
■ 株式への直接投資は行いません。
■ 外貨建資産(外貨建資産を組入れ可能な投資信託証券を除きます。)への投資は行いません。
〈フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド〉
■ 投資信託証券(マザーファンド受益証券は除きます。)への投資は行いません。
■ 株式への直接投資は行いません。
株式への投資は転換社債を転換及び新株予約権
(転換社債型新株予約
権付社債の新株予約権に限ります。
)
を行使したものに限り、
株式への投資割合は信託財産の純資産総額の
5%以内とします。
■ 外貨建資産への投資は行いません。
※ 詳細は信託約款をご覧ください。
分配方針
※各ファンド共通です。
*
年1回の決算期末(原則として毎年12月10日)
に原則として以下の方針に基づいて分配を行
います。
■ 分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の利子・配当等収益と売買益(評価益を含みます。)
等の全額とします。
委託会社が運用実績、
基準価額水準等を勘案して決定します。
ただし、
分配対象収益
■ 収益分配金額は、
が少額の場合には、
分配を行わないことがあります。
■ 収益の分配にあてなかった利益については、
特に制限を設けず、
運用の基本方針に基づいた運用を行い
ます。
*休業日の場合は翌営業日とします。
分配
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
※上記はイメージ図であり、
将来の分配金の支払い及びその金額について示唆、
保証するものではありません。
4
追加的記載事項
「フォルティス中国環境関連株式投信」の主要投資対象の投資信託証券の概要
外国投資信託証券 BNP PARIBAS FLEXI Ⅲ Equity Greater China Environmental
現地ファンド名
形態/表示通貨
運用の基本方針
BNP PARIBAS FLEXI Ⅲ Equity Greater China Environmental
(BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティグレーターチャイナ エンバイロメンタル)
ルクセンブルク籍外国投資法人(特定投資ファンド SICAV-SIF)/円建て
環境関連セクターの中国企業の株式等を実質的な主要投資対象とし、
信託財産の成長を図ることを目的として
運用を行うことを基本とします。
※環境関連の事業を行う中国企業の株式(中国A株・B株・H株・レッドチップ株・香港株式・台湾株式・その他海外市場上場株式)及び中国
からのビジネスが収益の重要な部分を占める海外企業の株式。
尚、
個別銘柄等の価格変動に運用成果が連動する有価証券への投資も
含みます。
主な投資対象
環境関連の事業を行う中国企業の株式(中国A株・B株・H株・レッドチップ株・香港株式・台湾株式・その他海外
市場上場株式)及び中国からのビジネスが収益の重要な部分を占める海外企業の株式を主要投資対象としま
す。
尚、
個別銘柄等の価格変動に運用成果が連動する有価証券への投資も含みます。
主な投資制限
①有価証券の空売りは行いません。
②純資産額の10%を超えて借入れを行いません
(ただし、
合併等により一時的に10%を超える場合を除きます。)。
③投資家の保護に欠け、
もしくは資産の適正な運用を害する取引は行いません。
ファンドの休業日
ルクセンブルクの銀行休業日、
上海証券取引所、
深セン証券取引所もしくは香港証券取引所の休業日
ファンドの純資産額に年0.9450%
(税抜)
の率を乗じて得た額とします。
信託報酬等
申込・解約手数料
管理事務代行会社
投資顧問会社
副投資顧問会社
投資助言会社
保管銀行兼副管理
事務代行会社
※上記にはファンドの運用報酬、
管理費用等が含まれます。
また、
上記以外に、
その他の費用・手数料として、
組入有価証券等の売買委託手
数料、
ファンドに関する租税、
監査の費用等がファンドから支払われます。
これらの費用等は、
運用状況等により変動するものであり、
事前に
料率、
上限等を表示することができません。
申込・解約手数料はありません。
ただし、
ファンドの取締役会の決議により、
信託財産留保額に相当する額を徴収
する場合があります。
・パートナーズ・ルクセンブルク エス・エイ)
BNP Paribas Investment Partners Luxembourg S.A.(BNPパリバ インベストメント
◆ファンドの事務管理等を行います。
BNP Paribas Investment Partners Asia Limited(BNPパリバ インベストメント・パートナーズ・アジア・リミテッド)
◆ファンドの運用業務を行います。
(ホンコン)
リミテッド)
HFT Investment Management(HK)Limited(ハイフートン・インベストメント・マネジメント
◆投資顧問会社から運用の指図に関する権限の委託を受けてファンドの運用業務を行います。
HFT Investment Management Company Limited(ハイフートン・インベストメント・マネジメントカンパニー・リミテッド)
◆ファンドの投資運用に関する助言を行います。
BNP Paribas Securities Services, Luxembourg branch(BNPパリバ セキュリティーズ・サービシズ ルクセンブルク支店)
◆ファンドの資産の保管業務、
管理事務代行会社からの委託を受けて、
ファンドの会計、
純資産価格の計算、
その他の事務
手続きを行います。
追加型証券投資信託 BNPパリバ日本短期債券ファンド
(適格機関投資家限定)
ファンド名
BNPパリバ日本短期債券ファンド
(適格機関投資家限定)
運用会社
BNPパリバ インベストメント
・パートナーズ株式会社
形態/商品分類
契約型証券投資信託(内国)/追加型投信/国内/債券
運用の基本方針
運用にあたっては、
決算時の元本の安定性に最大限配慮しつつ、
金利水準、
想定されるポートフォリオのインカム
収入等を基に安定した収益の確保と信託財産の成長を目指します。
主な投資対象
円建ての短期公社債
主な投資制限
①外貨建資産への投資は行いません。②株式への投資は、
信託財産の総額の10%以下とします。
信託期間
設定日
(2008年4月24日)
より無期限
信託報酬等
ファンドの純資産総額に年0.216%
(税抜0.20%)以内の率を乗じて得た額とします。
分配方針
分配対象額は、
経費控除後の利子・配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額とし、
分配金額は委託
会社が基準価額の水準等を勘案して決定します。
申込・解約手数料
ありません。
※上記の投資信託証券の内容は2014年12月末現在のものであり、
今後変更になる場合があります。
※資金動向、
市況動向等によっては、
上記のような運用ができない場合があります。
※上記ファンドは、
一般社団法人投資信託協会の定めるファンド・オブ・ファンズの組入投資信託証券の要件を満たしております。
5
[収益分配金に関する留意事項]
●分配金は、
預貯金の利息とは異なり、
投資信託の純資産から支払われますので、
分配金が支払われると、
その金額相当
分、
基準価額は下がります。
分配金
投資信託で分配金が
支払われるイメージ
投資信託の純資産
●分配金は、
計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益及び評価益を含む売買益)
を超えて支払われる場
合があります。
その場合、
当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
また、
分配金の水準は、
必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
計算期間中に発生した収益を超えて支払われる場合
前期決算日から基準価額が上昇した場合
前期決算日から基準価額が下落した場合
10,550円
分配金
10,500円
期中収益
(①+②)
50円
10,500円
100円
*50円
*450円
(③+④)
*500円
(③+④)
10,400円
配当等収益
① 20円
分配金
10,450円
*500円
(③+④)
100円
10,300円
*80円
*420円
(③+④)
前期決算日
*分配対象額
500円
当期決算日
分配前
*50円を取崩し
当期決算日
分配後
*分配対象額
450円
前期決算日
*分配対象額
500円
当期決算日
分配前
*80円を取崩し
当期決算日
分配後
*分配対象額
420円
(注)分配対象額は、
①経費控除後の配当等収益及び②経費控除後の評価益を含む売買益ならびに③分配準備積立金及び④収益調整金です。
分配金は、
分配方針に基づき、
分配対象額から支払われます。
※上記はイメージであり、
実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。
●投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合
があります。
ファンド購入後の運用状況により、
分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
分配金の一部が元本の一部払戻しに相当する場合
分配金の全部が元本の一部払戻しに相当する場合
普通分配金
※元本払戻金
(特別分配
金)
は実質的に元本の
一 部 払 戻しとみなさ
れ、
その金額だけ個別
元本が減少します。
分配金支払後基準価額
また、元本払戻金(特
個別元本
別 分 配 金 )部 分は非
課税扱いとなります。
元本払戻金
(特別分配金)
投資者の購入価額
(当初個別元本)
元本払戻金
(特別分配金)
投資者の購入価額
(当初個別元本)
分配金支払後基準価額
個別元本
普通分配金:当初個別元本(投資者のファンドの購入価額)
を上回る部分からの分配金です。
元本払戻金(特別分配金)
:当初個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個別元本は、
元本払戻金(特別分配金)
の額だけ減少します。
(注)普通分配金に対する課税については、
後掲「手続・手数料等」の「ファンドの費用・税金」
をご参照ください。
6
投資リスク
基準価額の変動要因
「フォルティス中国環境関連株式投信」は、主に投資信託証券に投資を行い、主要投資対象とする外
国投資信託証券は、主に株式など値動きのある証券(外貨建証券は為替変動リスクもあります。)
を実
質投資対象としているため、
基準価額は変動します。特に投資する新興国の株式は、
先進国に比べて
価格変動が大きくなる傾向があり、
基準価額にも大きな影響を与える場合があります。
「フォルティス中国
環境関連株式投信 マネープール・ファンド」は、
債券等を実質的な投資対象としますので、
金利変動等
による組入債券の価格下落や、
組入債券の発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、
基準価
額は変動します。
したがって、
投資者の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の
下落により、
損失を被り、
投資元本を割込むことがあります。
また、
ファンドの運用による損益は全て投資
者の皆さまに帰属します。
なお、
投資信託は預貯金と異なります。
主なリスクは以下の通りです。
<
「フォルティス中国環境関連株式投信」の投資リスク>
株価変動
リスク
ファンドは、株式の実質組入比率を原則として高位とすることを基本としますので、株価変動等の影響
を大きく受けます。
また、
ファンドの実質的な投資対象に含まれる中国本土の株式市場は、
日本や欧米そ
の他OECD加盟国の株式市場に比べ未成熟な部分もあるため、
価格の変動性が大きくなる場合があ
ります。
また、
ファンドは特定のテーマに絞って株式に投資を行いますので、
株式市場全体の動きとファン
ドの基準価額の動きが大きく異なる場合があり、
より幅広いテーマで株式に分散投資した場合と比べて
基準価額が大きく変動する場合があります。
為替変動
リスク
ファンドの主要投資対象とする外国投資信託証券では中国株を実質的に保有することから、
当該中国
人民元等の通貨と円との為替相場変動の影響を受け、
損失が生じることがあります。
当該外貨の為替
レートが円高方向に進んだ場合には、
基準価額が下落する要因となり、
投資元本を割込むことがありま
す。
当ファンドは、
実質組入対象の外貨建資産について、
原則として為替ヘッジを行いませんので、
為替
変動の影響を大きく受けます。
カントリー
リスク
ファンドが実質的に投資する中国の経済状況は、
日本や欧米その他OECD加盟国と比較して脆弱で
ある可能性があります。
そのため、
当該国のインフレ、
国際収支、
外貨準備高等の悪化、
また、
政治不安
や社会不安あるいは他国との外交関係の悪化などが株式市場や為替市場に及ぼす影響は、
相対的
に大きいものになることが予想されます。
さらに中国は、
近年「社会主義市場経済」への転換を図ってお
り、政治・経済システムの改革を進めていますが、将来の政治・経済・社会情勢、政府政策(法令または
それらの解釈の改正、課税方法の変更、通貨交換の制限、輸入の制限等を含みます。)
の変化、海外
からの投資規制など数々の規制が緊急に導入される可能性があり、
その結果、株式市場が著しい悪
影響を被る可能性や運用上の制約を大きく受ける可能性が想定されます。
<
「中国環境関連株」
「中国環境関連株マネー」共通の投資リスク>
7
信用リスク
ファンドが実質的に投資している有価証券等に債務不履行が発生あるいは懸念される場合に、
当該
有価証券等の価値が下がったり、
投資資金を回収できなくなったりすることがあります。
これらはファンド
の基準価額が下落する要因となります。有価証券等の格付けが低い場合は、
格付けの高い場合に比
べてこうしたリスクが高いものになると想定されます。
金利変動
リスク
一般に公社債は、金利変動により価格が変動するリスクがあります。一般に金利が上昇した場合には
価格は下落し、
ファンドの基準価額が値下がりする要因となります。当ファンドは主要投資対象の外国
投資信託証券の他、
円建ての投資信託証券を通じて短期国債に実質的に投資しますので、
金利の変
動により、
当ファンドの基準価額は変動します。
※基準価額の変動要因は、
上記に限定されるものではありません。
その他の留意点
各ファンドのお取引に関しては、
金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)
の適用はありません。
リスクの管理体制
委託会社では、
ファンドが適切に運用されているかどうかを運用部門及びプロダクト部門がモニターします。運用部門等
におけるリスク管理に加えて、
投資リスク管理部門がポートフォリオの市場リスク、
信用リスク等の投資リスクを管理します。
業務部門は日々のトレード、
約定、
決済等、
事務面での監視を実施します。更に、
パフォーマンス評価及び投資運用委員
会により定期的にチェックを行い、
投資リスクの管理体制を強化しています。
※上記管理体制は、
委託会社の組織変更等により今後変更される場合があります。
追加的記載事項
「フォルティス中国環境関連株式投信」に関する留意点
◆中国では2014年12月末現在、
内外資本取引の自由化を実施しておりません。
フォルティス中国環境関連株式投信
では主要投資対象である
「BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティ グレーターチャイナ エンバイロメンタル」の管理事
務代行会社である
「BNP Paribas Investment Partners Luxembourg S.A.(BNPパリバ インベストメント
・パート
ナーズ・ルクセンブルク エス・エイ)
」が同社の利害関係人等
(当該管理事務代行会社の総株主の議決権の過半数
を所有していることその他の当該管理事務代行会社と密接な関係を有するものとして政令で定めるものをいいま
す。)であり、適格国外機関投資家(QFII)
として中国証券監督管理委員会(CSRC)
より認可を受けたBNP
Paribas Investment Partners Asia Limited(BNPパリバ インベストメント
・パートナーズ・アジア・
リミテッド)
に認め
られている投資限度額を利用し、
中国A株に投資を行います。
◆中国証券制度上の制約等から、
当ファンドの主要投資対象である
「BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティ グレーター
チャイナ エンバイロメンタル」
(以下、
「当該外国投資信託証券」
といいます。)
に対する換金に伴う支払い資金に不
足が生ずる事態が予想される場合等には、委託会社の判断で、
ファンドの換金のお申込みの受付を中止すること
及び既に受付けた換金のお申込みの受付を取消すことがあります。
また、
当該外国投資信託証券の外国投資法
人の取締役会は、
当該外国投資信託証券の買付けのお申込みを拒絶する権利を有します。
さらに、
当該外国投資
法人の取締役会は、一定の事由により、
当該外国投資信託証券の発行(設定)及び払戻し
(解約)
を一時的に中
断する権限及び、
純資産価格の計算を一時的に中断する権利を有します。
当該外国投資法人がこれらの権利を
行使する場合には、
委託会社の判断でファンドの購入、
換金のお申込みの各受付を中止すること、
及び既に受付け
た購入、
換金のお申込みの各受付を取消す場合があります。
◆ファンドは、取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)
、外国為替取引の停止、決済機
能の停止、
その他やむを得ない事情(投資対象国における非常事態(金融危機、
デフォルト、
重大な政策変更や資
産凍結を含む規制の導入、
自然災害、
クーデターや重大な政治体制の変更、
戦争等)
による市場の閉鎖もしくは流
動性の極端な減少、
当ファンドが実質的に一部投資を行う中国A株が規制を受けているQFII制度上の回金制約
等)等により、委託会社の判断でファンドの購入、換金のお申込みの各受付を中止すること、及び既に受付けた購
入、
換金のお申込みを取消す場合があります。
◆主要投資対象である当該外国投資信託証券
(当該外国投資法人)
が存続しないこととなる場合、
当該外国投資信
託証券が償還になる場合があります。
当該外国投資信託証券の償還により、
当ファンドは償還する場合があります。
8
追加的記載事項
中国A株のリスク及び留意事項について
<税制リスク>
当ファンドが主要投資対象とする当該外国投資信託証券への投資に際しては、
中国政府による非居住者に適用される
税制政策に起因するリスクを伴います。
中国国内において恒久的施設を有さない適格国外機関投資家(QFII)
により
得られたキャピタルゲインに対する課税は現在実施されておらず、新規に引当は行っておりません。尚、関連する税制
リスクについては継続的に調査し、
今後必要となる引当等については適宜実施されることになります。
当該外国投資信託証券においては、
中国政府による税制等の変更による遡及的効果を伴ったキャピタルゲインに対する
課税の可能性を考慮し、2014年11月までに保有する有価証券を譲渡することにより得られたキャピタルゲインの10%を
税金相当額として引き当てております。
株式配当金、利息収入及びその他の収入に関しては、現行の適用税率に基づき源泉徴収が実施されており、
当該外
国投資信託証券の資産価格の算出に際しての引当は行っておりません。
<関係法令に係るリスク>
◆中国の関係法令は近年制定されたものが多く、
その解釈が必ずしも安定していません。
◆証券市場を取り巻く制度及び制約
・ 中国の証券市場及び証券投資に関する枠組み
(決済システムなど市場インフラを含みます。)
には、
様々な制限及び
制約があります。
これらの制限及び制約は、大部分が中国証券監督管理委員会(CSRC)及び国家外貨管理局
(SAFE)
の裁量によって行われます。
・ 中国の証券市場に対して種々の規制の緊急導入や、
あるいは政策の変更などによる新たな規制が設けられた場合
には、
投資対象市場が著しい悪影響を被る可能性があります。
<回金遅延リスク>
国家外貨管理局
(SAFE)
の裁量による、
中国の外貨収支残高状況等を理由とした政策の変更等により、
海外からの投
資規制や海外への送金規制など、
円と中国人民元との交換が停止となる場合があり、
予定している信託財産の回金が
行えない可能性があります。すなわち、
有価証券の売却や売却代金の回金の遅延等に伴い、
ファンドにおいて、
換金代
金等の支払いが遅延することがあります。
■QFII(適格国外機関投資家)
:Qualified Foreign Institutional Investors
<QFII制度について>
QFII制度は、
一定の条件を満たし、
CSRC(China Securities Regulatory Commission:中国証券監督管理委員会)
の許可を受けた
海外の金融機関について、
従来は認められていなかった中国証券市場への投資を認める制度で、
2002年12月に施行されました。
■CSRC(中国証券監督管理委員会)
:China Securities Regulatory Commission
■SAFE(国家外貨管理局)
:State Administration of Foreign Exchange
上記は中国株への投資による全てのリスク要因を網羅したものではなく、
これら以外のリスクも存在します。
9
参考情報
●各ファンドの年間騰落率及び分配金再投資基準
価額の推移
フォルティス中国環境関連株式投信
(円)
24,000
20,000
(2010年7月∼2015年6月)(%)
100
ファンドの年間騰落率(右軸)
分配金再投資基準価額(左軸)
75
●各ファンドと他の代表的な資産クラスとの騰落率
の比較
フォルティス中国環境関連株式投信
(%)
100
75
16,000
50
50
12,000
25
25
(2010年7月∼2015年6月)
最大値
81.4
65.0
0
4,000
-25
-25
-50
2014年7月 2015年6月
-50
47.4
34.9
11.2
14.2
19.7
-17.0
-13.6
-32.6
2011年7月
2012年7月
2013年7月
フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド
(2010年7月∼2015年6月)(%)
100
(円)
10,040
75
10,020
50
50
10,010
25
25
9,990
9,980
2010年7月
ファンドの年間騰落率(右軸)
分配金再投資基準価額(左軸)
2011年7月
2012年7月
2013年7月
0
-25
-25
-50
2014年7月 2015年6月
-50
※上記の5年間の各月末における直近1年間の騰落率及び分配金再投資基準価
額の推移を表示したものです。
ただし、
騰落率は2010年12月から2015年6月まで
のものを表示しております。
※「分配金再投資基準価額」は、税引前の分配金を再投資したものとみなして計
算した基準価額であり、
実際の基準価額と異なる場合があります。
当ファンド 日本株
4.5
2.4
0.4
8.6
8.9
-12.7
-10.1
-22.8
先進国株 新興国株 日本国債 先進国債 新興国債
(%)
100
10,030
0
10.6
43.7
フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド
75
10,000
最小値
0
8,000
0
2010年7月
平均値
65.7
(2010年7月∼2015年6月)
最大値
65.0
平均値
65.7
最小値
47.4
34.9
14.2
19.7
0.10.1
0.0
-17.0
当ファンド 日本株
-13.6
10.6
4.5
2.4
0.4
8.9
-12.7
43.7
8.6
-10.1
-22.8
先進国株 新興国株 日本国債 先進国債 新興国債
※各ファンドと代表的な資産クラスを定量的に比較できるよう、
上記の5年間の各月
末における直近1年間の騰落率の平均値・最大値・最小値を、
各ファンド及び他の
代表的な資産クラスについて表示したものです。
ただし、
各ファンドの騰落率は、
2010年12月から2015年6月までのものを表示しております。
※各ファンドの騰落率は、
税引前の分配金を再投資したものとみなして計算した年
間騰落率が記載されており、
実際の基準価額に基づいて計算した年間騰落率
とは異なる場合があります。
※全ての資産クラスが各ファンドの投資対象とは限りません。
各資産クラスの指数
日本 株・
・
・
・
・
・東証株価指数(TOPIX)
(配当込み)
先進国株・
・
・MSCIコクサイ・インデックス
(配当込み、
円ベース)
新興国株・
・
・MSCIエマージング・マーケット
・インデックス
(配当込み、
円ベース)
日本 国 債・
・
・NOMURA-BPI国債
先進国債・
・
・シティ世界国債インデックス
(除く日本、
円ベース)
新興国債・
・
・JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド
(円ベース)
(注1)海外の指数は、
為替ヘッジなしによる投資を想定して、
円ベースのものを使用しております。
(注2)各指数等に関する著作権等の知的財産権は、
開発元もしくは公表元に帰属します
(東証株価指数(TOPIX)
:株式会社東京証券取引所、
MSCIコクサイ・インデックス及びMSCIエマージ
ング・マーケット
・インデックス:MSCI Inc.、
NOMURA-BPI国債:野村證券株式会社、
シティ世界国債インデックス:Citigroup Index LLC、
JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド:
J.P.Morgan Securities Inc.)。
なお、
各社は各ファンドの運用に関し一切責任を負いません。
10
運用実績 2015年6月30日現在
基準価額・純資産・分配の推移(2009年12月18日〜2015年6月30日)
フォルティス中国環境関連株式投信
(円)
24,000
21,000
純資産総額(右軸)
基準価額
15,769円
18,000
15,000
12,000
9,000
6,000
3,000
0
(円)
(億円)
2,000
10,050
1,750
10,040
1,500
10,030
1,250
10,020
10
1,000
10,010
8
750
10,000
500
9,990
250
9,980
2
0
9,970
0
純資産総額
4,504百万円
分配金再投資基準価額(左軸)
基準価額(左軸)
フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド
(億円)
2009年12月 2010年12月 2011年12月 2012年12月 2013年12月 2014年12月
16
基準価額
14
10,027円
純資産総額(右軸)
基準価額(左軸)
12
純資産総額
218百万円
2009年12月 2010年12月 2011年12月 2012年12月 2013年12月 2014年12月
分配の推移(税引前、
1万口当たり)
2010年12月
200円
2011年12月
0円
2012年12月
0円
2013年12月
500円
2014年12月
250円
設定来累計
950円
6
4
分配の推移(1万口当たり)
2010年12月
0円
2011年12月
0円
2012年12月
0円
2013年12月
0円
2014年12月
0円
設定来累計
0円
(注1)上記の各ファンドの基準価額は、
信託報酬控除後の1万口当たりの値です。
(注2)分配金再投資基準価額の推移は、
分配金(税引前)
を再投資したものとして計算しています。
主要な資産の状況
●資産配分
●BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティグレーターチャイナ エンバイロメンタルの資産内容
フォルティス中国環境関連株式投信 <組入上位10銘柄(全銘柄数:71銘柄)
>
<市場配分>
ファンド
投資比率
銘柄
市場
テーマ
組入比率
BNPパリバ フレキシーⅢ
エクイティグレーターチャイナ
エンバイロメンタル
93.35%
Taiwan Semiconductor Manufacturing
台湾積体電路製造
台湾
エネルギー
効率向上
5.83%
BNPパリバ日本短期債券
ファンド(適格機関投資家限定)
4.87%
Sound Global
桑徳国際
香港
環境資源・
3.73%
技術
現金・その他
1.78%
合計
100.00%
フォルティス中国環境関連株式
投信 マネープール・ファンド
ファンド
投資比率
フォルティス・マネー・マザー
ファンド
99.38%
輸送
エコロジー
3.26%
China Datang Renewable Power
クリーン
香港H株
中国大唐集団新能源
エネルギー
2.85%
GANSU DAYU Water-saving Group
深センA株
甘粛大禹節水集団
2.81%
上海A株
水・空気
China Longyuan Power Group
クリーン
香港H株
龍源電力集団
エネルギー
2.78%
Huaneng Renewables
華能新能源
クリーン
香港H株
エネルギー
2.78%
BYD
比亜迪
香港H株
輸送
エコロジー
2.50%
GD Power Development
国電電力発展
上海A株
クリーン
エネルギー
2.45%
クリーン
※投資比率は、
ファンドの純資産総額に対する Yunnan Wenshan Electric Power
上海A株
当該資産の時価の比率です。
雲南文山電力
エネルギー
小数点第3位以下を四捨五入しています。
2.28%
現金・その他
合計
0.62%
100.00%
●フォルティス・マネー・マザー
ファンドの組入銘柄
銘柄
11
Daqin Railway
大秦鉄路
投資比率
現金・その他
100.00%
合計
100.00%
※各比率は、
BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティ グレーターチャイナ エンバイロ
メンタルが保有する資産比率を算出しています。
※当該銘柄は当ファンドの説明のためのものであり、
当社が取得申込みの勧
誘を行うものではありません。
その他の市場
2.22%
シンガポール株
1.93%
香港レッド
チップ株
2.34%
深センA株
台湾株 15.09%
7.49%
その他香港株
19.11%
その他の資産
1.48%
香港H株
25.74%
上海A株
24.60%
※香港株の市場分類は、ハイフートン・
インベストメント・マネジメントの分類に
基づいています。
<通貨配分>
シンガポールドル
1.93%
米ドル
2.22%
台湾ドル
7.49%
中国人民元
39.69%
現金・その他
1.48%
香港ドル
47.19%
年間収益率の推移(暦年ベース)
フォルティス中国環境関連株式投信
フォルティス中国環境関連株式投信 マネープール・ファンド
40%
22.11%
20%
10%
0%
0.10%
34.35%
30%
20.70% 19.53%
0.07%
0.07%
0.05%
0.04%
0.02%
-20%
-40%
0.08%
0.06%
3.62% 3.51%
-10%
-30%
0.09%
0.00%
-32.56%
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
-0.02%
0.00%
0.00%
-0.01%
2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
※各ファンドの年間収益率の推移は、
分配金(税引前)
を再投資したものとして計算しております。
※各ファンドの2009年は、
ファンドの設定日
(2009年12月18日)
を10,000とし年末までのもの、
2015年は年初から6月30日までの収益率を示しています。
※各ファンドには、
ベンチマークはありません。
ファンドの運用実績はあくまで過去の実績であり、
将来の運用成果を保証するものではありません。
最新の運用実績は、
表紙に記載の委託会社のホームページでご確認いただけます。
12
手続・手数料等
お申込みメモ
一般コース
(分配金を受取るコース)
:1万口以上1口単位または1万円以上1円単位
自動けいぞく投資コース
(分配金が再投資されるコース)
:1万口以上1口単位または1万円以上1円単位
購入単位
購入価額
購入申込受付日の翌営業日の基準価額
購入代金
購入申込受付日から起算して6営業日目までにお申込みの販売会社にお支払いください。
換金単位
一般コース
(分配金を受取るコース)
:1口単位または1円単位
自動けいぞく投資コース
(分配金が再投資されるコース)
:1口単位または1円単位
換金価額
〈中国環境関連株〉
換金申込受付日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を控除した価額
〈中国環境関連株マネー〉
換金申込受付日の翌営業日の基準価額
換金代金
換金申込受付日から起算して6営業日目からお申込みの販売会社でお支払いします。
申込締切時間
販売会社の毎営業日の午後3時までに購入・換金のお申込みを受付けます。販売会社所定の事務手続きが完
了したものを当日の購入・換金のお申込受付とします。
購入・換金
申込不可日
〈中国環境関連株〉
販売会社の営業日であっても、
ルクセンブルクの銀行休業日、
上海証券取引所、
深セン証券取引所もしくは香港
証券取引所の休業日のいずれか
(「海外市場休業日」
といいます。)
に該当する日には購入・換金のお申込みが
できません。
スイッチング
「中国環境関連株」、
「中国環境関連株マネー」間でスイッチングができます。
スイッチングの方法等、
詳しくは販売会社にお問い合わせください。
「中国環境関連株マネー」は、
スイッチング以外による購入申込みはできません。
(「中国環境関連株マネー」は、
「中国環境関連株」からのスイッチングでのみ購入申込みが可能です。)
購入の申込期間
換金制限
13
※自動けいぞく投資コースで、
「中国環境関連株」の全額を換金した場合の手取金の全額をもって「中国環境関連株マ
ネー」の購入申込みを行う場合及び「中国環境関連株マネー」の全額を換金した場合の手取金の全額をもって「中国環
境関連株」の購入申込みを行う場合は、
1口単位とします。
※購入後のコース変更はできません。
※詳細は販売会社にお問い合わせください。
2015年3月11日から2016年3月10日まで
※上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
〈大口換金の制限について〉
各ファンドの資金管理を円滑に行うため、
1日1件10億円を超える換金は行えません。
また、
別途、
大口換金につ
いて、
1日1件10億円以下の金額であっても、
各ファンドの残高、
市場の流動性の状況、
中国当局の規制等によっ
ては、
委託会社の判断により換金の金額に制限を設ける場合や換金の受付時間に制限を設ける場合がありま
す。
購入・換金申込
受付の中止
及び取消し
取引所等における取引の停止もしくは流動性の極端な減少、
「中国環境関連株」が実質的に一部投資を行う
中国A株が規制を受けているQFII制度上の回金制約等により、
委託会社の判断で購入・換金のお申込み
(ス
イッチングによる購入申込みを含みます。)
の受付を中止すること及びすでに受付けた購入・換金のお申込みの
受付を取消す場合があります。
また委託会社は投資対象国の株式市場等の流動性を勘案し、
購入・換金のお
申込みの受付を制限する場合があります。詳細はP8追加的記載事項「フォルティス中国環境関連株式投信」
に関する留意点をご覧ください。
信託期間
設定日
(2009年12月18日)
より2019年11月29日まで
繰上償還
ファンドの受益権の残存口数が当初設定口数の10分の1または30億口を下回った場合(「中国環境関連株マ
ネー」はファンドの受益権の残存口数が30億口を下回った場合)
は、
繰上償還となる場合があります。
決算日
毎年12月10日
(該当日が休業日のときは、
翌営業日とします。)
収益分配
年1回、
収益分配方針に基づいて収益の分配を行います。
ただし、
委託会社の判断により分配を行わない場合
があります。
信託金の限度額
各ファンドにつき、
2,000億円
公告
原則として、
電子公告の方法により行い、
ホームページ
(http://www.bnpparibas-ip.jp/)
に掲載します。
運用報告書
決算時及び償還時に、
運用経過等を記載した交付運用報告書を作成し、
販売会社を経由して投資者に交付
します。
課税関係
課税上は株式投資信託として取扱われます。
公募株式投資信託は税法上、
少額投資非課税制度の適用対象です。
配当控除、
益金不算入制度の適用はありません。
※「自動けいぞく投資コース」の場合、
収益分配金は税引後再投資されます。
ファンドの費用・税金
■ファンドの費用
投資者が直接的に負担する費用
購入時手数料
〈中国環境関連株〉
購入価額に3.78%
(税抜3.5%)
を上限として販売会社が定めた料率を乗じて得た額
◆スイッチング手数料
「中国環境関連株」から
「中国環境関連株マネー」へのスイッチング:無手数料
「中国環境関連株マネー」から
「中国環境関連株」へのスイッチング:購入価額に
1.89%
(税抜1.75%)
を上限として販売会社が定めた料率を乗じて得た額
購入時手数料は、購入時の
商品説明及び事務手続きに
要する費用等の対価として、
販売会社にお支払いいただ
くものです。
※詳細は販売会社にお問い合わせください。
〈中国環境関連株〉換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じて得た額
信託財産留保額 〈中国環境関連株マネー〉ありません。
投資者が信託財産で間接的に負担する費用
フォルティス中国環境関連株式投信
純資産総額に対して
年率0.8964% (税抜0.83%)
信託報酬率
配分
信託報酬は、
ファンドの日々の純資産総額に、年率
0.8964%
(税抜0.83%)
を乗じて得た額とします。毎日
計算され、
ファンドの毎計算期間の最初の6ヵ月終了日
及び毎計算期末または償還時にファンドからご負担い
ただきます。
委託会社
年率0.1080% (税抜0.10%)
委託した資金の運用の対価
販売会社
年率0.7560% (税抜0.70%)
購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、
口座内でのファンドの管理および事務手続き等の対価
受託会社
年率0.0324% (税抜0.03%)
BNPパリバ フレキシーⅢ エクイティ
グレーターチャイナ エンバイロメンタル
年率0.9450%
(税抜)
BNPパリバ日本短期債券ファンド
(適格機関投資家限定)
年率0.216%
(税抜0.20%)以内
投資対象ファンド
運用管理費用
(信託報酬)
運用財産の管理、
委託会社からの指図の実行の対価
投資対象ファンドにおける運用管理費用等
ファンドの運用報酬、
管理費用等が含まれます。
投資対象ファンドにおける運用管理費用等
※その他の費用・手数料として、
組入有価証券等の売買委託手数料、
ファンドに関する租税、
監査の費用等が
ファンドから支払われます。
これらの費用等は、
運用状況等により変動するものであり、
事前に料率、
上限等を
表示することができません。
実質的な負担
年率1.8414%程度(税込)
(概算値)
フォルティス中国環境関連株式投信マネープール・ファンド
ファンドの純資産総額に以下の「コールレート」に応じた信託報酬率及び配分とします。
0.4%以上
コールレート
0.4%未満のとき
0.65%以上のとき
0.65%未満のとき
信託報酬率
年0.162%
年0.324%
年0.594%
(税抜0.15%)
以内 (税抜0.30%) (税抜0.55%)
毎日計算され、
ファンドの毎計算期間の最初
の6ヵ月終了日及び毎計算期末または償還
時にファンドよりご負担いただきます。
委託会社
年0.065%以内
年0.13%
年0.22%
委託した資金の運用の対価
配分 販売会社
(税抜)
年0.070%以内
年0.14%
年0.28%
購入後の情報提供、運用報告書等各種書
類の送付、
口座内でのファンドの管理および
事務手続き等の対価
受託会社
年0.015%以内
年0.03%
年0.05%
運用財産の管理、委託会社からの指図の
実行の対価
※2015年7月1日現在の信託報酬率は、
0.0108%
(税抜0.01%)
です。
下記の費用を、
あらかじめ合理的に見積もったうえで、
実際または予想される金額を上限として、
日々ファンドから
ご負担いただきます。
・監査法人等に支払う、
ファンドの財務諸表の監査に要する費用
・運用報告書等の法定書類の作成・印刷費用
その他の費用・
手数料
下記の費用を、
その都度ファンドからご負担いただきます。
・ファンドの組入有価証券等の売買に係る売買手数料
・外国における資産の保管等に要する費用
・その他の金融商品取引に要する費用
・信託事務の処理に要する諸費用
・ファンドに関する租税 等
※その他の費用・手数料については、
定時に見直されるものや売買条件等により異なるものがある為、
当該費用及び合計額
(上限額等を含む)
、
具体的な金額を表示することができません。
上記の各ファンドでご負担いただく信託報酬、
その他の費用・手数料等の合計額、
上限額、
計算方法等は、
保有期間に応じて異なるものが含まれていたり、
発生時、
請求時に初めて具体的な金額を認識する場合があるため、
予め具体的な金額等を記載することはできません。
14
手続・手数料等
■税金
税金は表に記載の時期に適用されます。
以下の表は、
個人投資者の源泉徴収時の税率であり、
課税方法等により異なる場合があります。
時 期
項 目
税 金
分配時
所得税及び地方税
配当所得として課税
普通分配金に対して20.315%
換金(解約)時及び償還時
所得税及び地方税
譲渡所得として課税
換金(解約)時及び償還時の差益(譲渡益)
に対して20.315%
※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」
をご利用の場合、
毎年、
一定の金額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配
当所得及び譲渡所得が5年間非課税となります。
ご利用になれるのは、
満20歳以上の方で、
販売会社で非課税口座を開設するなど、
一定の条件
に該当する方が対象となります。
また、
2016年4月1日より20歳未満の方を対象とした非課税制度(ジュニアNISA)
が開始される予定です。詳しくは、
販売会社にお問い合わせください。
※上記は2015年6月30日現在のものです。税法が改正された場合等には、
税率等が変更される場合があります。
※法人の場合は上記とは異なります。
※税金の取扱いの詳細については、
税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
15
Memo
(このページは目論見書としての情報ではございません。
)
このページは、野村證券株式会社からのお知らせです。
㻌
(このページの記載は目論見書としての情報ではございません。)
投資信託の購入時手数料に関するご説明
■投資信託の購入時手数料は購入時に負担いただくものですが、保有期間が長期に
及ぶほど、年あたりの負担率はしだいに減っていきます。
例えば、購入時手数料が%(税抜き)の場合
【保有期間】 【1年あたりのご負担率(税抜き)
】
※投資信託によっては、購入時手数料を頂戴せず、換金時に保有期間に応じた換金手数料をお支払いいただく
場合があります。その場合も、保有期間が長期に及ぶほど、1年あたりの負担率はしだいに減っていきます。
※上記の図の手数料率や保有期間は例示です。購入時手数料には別途消費税がかかります。
実際にお買付いただく投資信託の手数料率や残存期間については目論見書や補完書面でご確認ください。投
資信託をご購入いただいた場合には、上記の購入時手数料のほか、信託報酬やその他費用等をご負担いただ
きます。
また、投資信託の種類に応じて、信託財産留保額等をご負担いただく場合があります。
実際の手数料率等の詳細は目論見書又は目論見書補完書面でご確認ください。
このページは、野村證券株式会社からのお知らせです。
(このページの記載は目論見書としての情報ではございません。
)
「フォルティス中国環境関連株式投信」の購入時手数料について
㻌
野村證券株式会社における購入時手数料は、購入申込日の翌営業日の基準価額に以下の手数料率を乗じた額とします。
(購入時手数料=購入口数×基準価額×手数料率)㻌
購入口数㻌
手数料率㻌
一律㻌
㻟㻚㻣㻤㻑㻌 (税抜㻌 㻟㻚㻡㻑)㻌
㻌
◆マネープール・ファンドからのスイッチングは、㻝㻚㻤㻥㻑(税抜㻝㻚㻣㻡㻑)とします。㻌
◆マネープール・ファンドへのスイッチングは、無手数料とします。㻌
◆「自動けいぞく投資コース」を選択したご投資家が、収益分配金を再投資する場合は、無手数料とします。㻌
◆野村證券株式会社における購入単位は以下のとおりです。(購入後のコース変更はできません。
)
一般コース分配金を受取るコース
:万口以上口単位または万円以上円単位
自動けいぞく投資コース分配金が再投資されるコース
:万口以上口単位または万円以上円単位
※野村ネット&コールでの購入単位は以下のとおりとなります。
一般コース(分配金を受取るコース)
:万口以上口単位
自動けいぞくコース(分配金が再投資されるコース) :万円以上円単位
詳しくは野村證券窓口または野村ネット&コールのウェブサイトでご確認ください。
このページは、野村證券株式会社からのお知らせです。
㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌 㻌(このページの記載は目論見書としての情報ではございません。
㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌㻌
)
㻌
目論見書補完書面(投資信託)
(この書面は、金融商品取引法第 条の の規定によりお渡しするものです。)
この書面、手数料に関する記載および目論見書の内容をよくお読みください。㻌
当ファンドに係る金融商品取引契約の概要
当社は、ファンドの販売会社として、募集の取扱いおよび販売等に関する事務を行います。
当社が投資信託の取扱いについて行う金融商品取引業の内容及び方法の概要
当社が行う金融商品取引業は、主に金融商品取引法第 条第1項の規定に基づく第一種金融商品取引業で
あり、当社においてファンドのお取引や保護預けを行われる場合は、次の方法によります。
国内投資信託のお取引にあたっては、保護預り口座の開設が必要となります。外国投資信託のお取引に
あたっては、外国証券取引口座の開設が必要となります。
お取引のご注文は、原則として、あらかじめ当該ご注文に係る代金の全部又は一部を(前受金等)お預
かりした上で、お受けいたします。
前受金等を全額お預かりしていない場合、当社との間で合意した日までに、ご注文に係る代金又は有価
証券をお預かりいたします。
ご注文されたお取引が成立した場合(法令に定める場合を除きます。)には、取引報告書をお客様にお
渡しいたします(郵送又は電磁的方法による場合を含みます)
。
当ファンドの販売会社の概要
商号等
野村證券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 号
本店所在地
〒東京都中央区日本橋
連絡先
又はお取引のある本支店にご連絡ください。
加入協会
日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、
一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
指定紛争解決機関
特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター
資本金
億円
主な事業
金融商品取引業
設立年月
平成 年 月
〇お取引内容に関するご確認・ご相談や苦情等について
お取引内容に関するご確認・ご相談や苦情等につきましては、下記連絡先までお申し出ください。
野村證券株式会社
連絡先 又はお取引のある本支店
〇指定紛争解決機関のご利用について
お取引についてのトラブル等は、以下のADR(注)機関における苦情処理・紛争解決の枠組みの
利用が可能です。
(ADR機関のご利用に際して不明な点等ございましたら、上記の連絡先までご照会ください)
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
電話番号 (フリーダイヤル)
注)$'5とは、裁判外紛争解決制度のことで、訴訟手続によらず、民事上の紛争を解決しようとする紛争の当
事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続をいいます。
※当ファンドに関するお問い合わせは、お取引のある本支店にご連絡ください。㻌
【金融商品の販売等に関する法律に係る重要事項】
フォルティス中国環境関連株式投信は、主に内外の株式を投資対象としますので、組入株式の価格下落や組
入株式の発行会社の倒産、財務状況の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがありま
す。また、為替の変動により損失を被ることがあります。フォルティス中国環境関連株式投信 マネープー
ル・ファンドは、主に国内債券を投資対象としますので、金利変動による組入債券の価格下落や組入債券の
発行体の倒産、財務状況の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。
32700131
Fly UP