...

注意 - Korg

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

注意 - Korg
1
安全上のご注意
ご使用 になる前 に必ず お読みください
ここに記載した注意事項は、
製品を安全に正しくご使用いただき、あなたや他
の方々への危害や損害を未然に防ぐためのものです。
注意事項は誤った取り扱いで生じる危害や損害の大きさ、
または切迫の程度に
よって、内容を「警告」、
「注意」の2つに分けています。これらは、あなたや他
の方々の安全や機器の保全に関わる重要な内容ですので、よく理解した上で
必ずお守りください。
マー クについ て
火災・感電・人身障害の危険を防止するには
図記号の例
記号は、注意(危険、警告を含む)を示しています。
記号の中には、具体的な注意内容が描かれています。左の図は「一般的な注意、警告、
危険」を表しています。
記号は、禁止(してはいけないこと)を示しています。
記号の中には、具体的な注意内容が描かれることがあります。左の図は「分解禁止」を
表しています。
記号は、強制(必ず行うこと)を示しています。
記号の中には、具体的な注意内容が描かれることがあります。左の図は「電源プラグを
コンセントから抜くこと」を表しています。
製品には下記のマークが表示されています。
以下の指示を守ってください
警告
この注意事項を無視した取り扱いをすると、
死亡や重傷を負う可能性が予想されます
・ 電源プラグは、必ず AC100Vの電源コンセントに差し込む 。
・ 電源プラグにほこりが付着している場合 は、ほこりを拭き 取る。
感電やショートの恐れがあります。
マークには次のような意味があります。
このマークは、機器の内部に絶縁されていない「危険な電圧」が存在
し、感電の危険があることを警告しています。
このマークは注意喚起シンボルであり、取扱説明書などに一般的な注
意、警告、危険の説明が記載されていることを表しています。
2
・ 本製品はコンセントの近くに設置し、電源プラグへ容 易に手が届くように
する。
・ 次のような場合には、直ちに電源を切って電源プラグをコンセントから抜
く。
○ 電源コードやプラグが破損したとき
○ 異物が内部に入ったとき
○ 製品に異常や故障が生じたとき
修理が必要なときは、
コルグ・サービス・センターへ依頼してください。
・ 本製品 を分解したり改 造したりしない。
・ 修理、部品の交換などで、取扱説 明書に書かれていること以外 は絶対に
しない 。
・ 電源コードを無 理に曲げたり、発熱す る機器に近 づけない 。また、電 源
コードの上に重い ものをのせない 。
電源コードが破損し、感電や火災の原因になります。
・ 大音量 や不快な程 度の音量で 長時間使用しない 。
大音量で長時間使用すると、
難聴になる可能性があります。
万一、聴力低下や耳鳴りを感じたら、
専門の医師に相談してください。
・ 本製品 に異物( 燃えやすいもの 、硬貨、針金など)を入 れない。
・ 温度が 極端に高い場 所(直 射日光の当 たる場 所、暖房機 器の近く、発 熱
する機器の 上など)で使 用や保管はしない。
・ 振動の 多い場所 で使用や保管 はしない 。
・ ホコリの多い 場所で使用や 保管はしない。
・ 風呂場 、シャワー 室で使用や保 管はしな い。
・ 雨天時の 野外のように、湿気の多い場所 や水滴のかかる場所で、使用 や
保管はしない。
・ 本製品 の上に、花瓶 のような液体が 入ったものを置か ない。
・ 本製品 に液体をこぼさな い。
・ 濡れた手 で本製品を使 用しない 。
注意
・ 外装の お手入れは、乾いた柔らかい布を使って軽く拭く。
・ 電源コードをコンセントから抜き差しするときは 、必ず電 源プラグを 持
つ。
・ 本製品を使用しないときは、電源プラグをコンセントから抜く。
電源スイッチをオフにしても、製品は完全に電源から切断されていません。
・ 付属の 電源コード は他の電気機 器で使用しない。
付属の電源コードは本製品専用です。他の機器では使用できません。
・ 他の電 気機器の 電源コードと一緒にタコ足配線をしない。
本製品の定格消費電力に合ったコンセントに接続してください。
・ スイッチやツマミなどに必要以 上の力を加えな い。
故障の原因になります。
・ 外装のお手入れに、ベンジンやシンナー 系の液体、コンパウンド質、強 燃
性のポリッシャーを使用しない。
・ 不安定 な場所に置か ない。
本製品が落下してお客様がけがをしたり、
本製品が破損する恐れがあります。
・ 本製品 の上に乗ったり、重 いものをのせたりしない。
本製品が落下または損傷してお客様がけがをしたり、本製品が破損する恐れが
あります。
・ 本製品 の隙間に指などを入れ ない。
お客様がけがをしたり、本製品が破損する恐れがあります。
・ 地震時 は本製品に近 づかない。
・ 本製品 に前後方向から無理な 力を加えない 。
本製品が落下してお客様がけがをしたり、
本製品が破損する恐れがあります。
* すべての製品 名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
この注意事項を無視した取り扱いをすると、傷害を負う可能性
または物理的損害が発生する可能性があります
・ 正常な 通気が妨げられない 所に設置して使用する。
・ ラジオ、テレビ、電子機器 などから十分に離して使用 する。
ラジオやテレビ等に接近して使用すると、本製品が雑音を受けて誤動作する場合が
あります。また、ラジオ、テレビ等に雑音が入ることがあります。
本製品の磁場によってテレビ等の故障の原因になることがあります。
3
はじめに
ようこそ!
このたびは VOX アコースティック・ギター・アンプAGA70をお買い 上げいただきまして 、誠にありがとうございます。本製
品を末 永くご愛用い ただくためにも、取 扱説明書をよくお読み になって 、正しい 方法でご使用ください。
それで は、VOX AGAシリーズのすばらしいサウンドをご堪能ください 。
おもな特長
・ TUBE PRE/NORMALの独立2チャンネル仕様 です。それぞれの チャンネルにギター 入力とマイク入 力を用意しました 。
・ TUBE PREチャンネルは、真 空管 12AU7( ECC82)を使用したプリ・アンプを内蔵しています。VOX ならで はの真空管
サウンドをお楽しみください。
・ VOX オリジナ ル高品位スピーカー( 6.5”
フルレンジ・スピーカー )を 搭載しています。
・ BASS/MIDDLE/TREBLEコントロー ルに加え、COLOR コントロー ルによる直 感的で大胆 な音色の 調整が可能 です。ア
ルペジオからコード・ストロークまで 、ツマミひとつで奏 法に適したセッティングが得られます 。
・ 高品位リバーブ/コーラス・エフェクトを内蔵しています。リバーブ・ツマミとコーラス・スイッチで簡単にチャンネル毎の音 色
を整えることができます。
・ 外部入力端子LINE IN/AUX INを装 備しています。キーボードやMP3 プレ ーヤーなどを接続することにより、家での 練習
はもちろん、ポータブルな PA装置としてさまざまなシーンで 活用できます。
・ オプション(別 売)のVFS2 デュアル・フット・スイッチを使えば、足元でエフェクトの バイパス、オールミュートの オン/ オフが
できます。
4
セットアップ
ここで は基本的な セットアップ方 法について説 明します。
注意:
本書には安全に関する注意事項や、各部の機能についても記載されています。本書の残りの部分も必ずお読
みください 。
1.
本機の[MASTER]ボリュームを最小レベル に設定します。
2.
付属 の電源コードをリア・パネル の AC電源 端子に接続して から、電源コードのもう一端をコンセントに接続します。
電源コードの接続について
1)
本機 の電源がオフになっていることを確認します。
2)
最初に付 属の電源コードを本機リア ・パネ ルのAC 電源 端子に接続します。
3)
付属の電源コードには、アース端子がついています。感電と機器の損傷を防ぐためにアース接続を確実に行って、
コンセントに接続してくだ さい。
注意:
電源は必ず AC100V を使用してください。
接地極付きコンセントに接続する場合
接地極付きコンセントに電源コードのプラグをそのまま差し込んでください。
注意: 電源コードは必ず付属のものをお使いください。 他の電源コードを使用した場合、 故障などの
原因となります。
5
アース端子付きコンセントに接続する場合
電源コードのプラグに、2P-3P変換器を取り付けます。
そして、コンセントのアース端子にアース線を接続し、2P-3P変換器のプラグを差し込みます。
注意: アース接続は、コンセントにプラグを差し込む前に行ってください。また、アース接続を外すとき
は、コンセントからプラグを抜いてから行ってください。
2P-3P変換器のアース線のU字端子にカバーが付いている場合は、カバーをはずして使用してください。
3.
ギターなどピックアップ付きアコ ースティック楽器を使用する場合は、GUITAR端子に接続します。マイクを使用する場
合は、MIC 端子に接 続します。
注意: ファンタム電源を必要とするマイクを接続するときは、
[PHANTOM]スイッチをオンにします。ファンタム電
源を必要としないマイクを接続するときは、[PHANTOM]スイッチをオフにします。
6
4.
リア・パ ネルの[POWER]スイッチを オンにし、
電源を入れます 。
5.
[MASTER]ボリュームをゆっくりと上げて 、音量を調 整します。
各部の名称と働き
フロント・パネル
17 18
1
2
3
4
5
6
7 8 9
10
11
12
13 14 15 16
1. NORMAL(ノーマル )チャンネル
一般的な半導 体のプリ・アンプによるソリッドなサウンドのチャンネルです。
2. TUBE PRE(チューブ・プリ)チャンネル
双三極管12AU7 を使用した、VOX ならではの真空管プリ・アンプによるウォームなサウンドのチャンネルです。
注意: 電源オンから真空管が温まるまでの数秒間、
音が出ないことがありますが故障ではありません。
7
3. GUITAR(ギター)端子
ギター(または、その他のピックアップ付きアコースティック楽器)を接続します。
注意: GUITAR 端子にプラグが接 続されている場合、同じチャンネルの MIC 端子は無効になります。
4. [GAIN](入力ゲイン)スイッチ
GUITAR/MIC 端子に接続した楽器の音量にあわせて、入 力ゲイン(LOW/HIGH)を選びます。
5. MIC(マイク)端子
マイクを接続します。XLR端子によるバランス入力で す。
6. [PHANTOM](ファンタム)スイッチ
ファンタム電源を必要とするコンデンサー・マイクをMIC端子に接続するときにオンにします。ファンタム電源が供給さ
れている場合、スイッチの上のランプが点灯します。
注意: ファンタム電源を必要としないマイクをMIC端子に接続するときは、
必ず[PHANTOM]スイッチをオフにして
ください。
注意: [PHANTOM]スイッチの操作は、必ず[MASTER]ボリュームを最小レベルに絞った状態で行ってください。ま
た、
MIC 端子への 抜き差しは、必 ず[PHANTOM]スイッチをオフにした状態で行ってください。
7. [VOLUME](ボリューム )コントロール
GUITAR 端子、
またはMIC 端子に接続した楽器の音量を調節します。
NORMALチャンネルと TUBE PREチャンネルの音 量バランスを[VOLUME]コントロールで調整します。
8. CLIP(クリップ)インジケーター
接続した楽器の音量が大きすぎると、
このランプが点灯します。その場合、音が歪むなど、楽器本来の音を再生できなく
なりますので、[GAIN]スイッチや[VOLUME]コントロール を調整してください。
9. [BASS](ベース)コントロール
8
10. [MIDDLE](ミドル)コントロール
11. [TREBLE](トレブル)コントロー ル
それぞれ低音域 / 中音域 / 高音域の音色 の調整をします。
注意: 右に回すほどそれぞれの音域が強調されますが、強調しすぎるとフィードバック(ハウリング)を起こしやすくなる
場合があります。
12. [COLOR](カラー)コントロー ル
このツマミひとつで、様々 な奏法と状況に適したサウンドに変化させることができます。
左に回すと太くコシのあるサウンドに、右に回すと煌びやかですっきりしたサウンドになります。
13. [REVERB](リバーブ)コントロール
リバーブ効果を調整します。ツマミを右に回すほど効果が深くなります。
14. [CHORUS](コーラス)スイッチ
コーラス効 果をオン/ オフします。
オンのときにスイッチの上のランプが点灯します。
15. [MASTER](マスター)ボリューム
NORMAL チャンネルとTUBE PREチャンネルの全 体的な音量を調整します。
注意: [MASTER]ボリュームでは DI OUT端子、TUNER OUT端子、AUX IN端子、LINE IN端子からの音量は変わり
ません。
16. [ALL MUTE](オール・ミュート)スイッチ
オンにすると、アンプから出る音がミュート(消音)されます。
注意: DI OUT と TUNER OUTの音はミュートされません。
ヒント:別売の VFS2 デュアル・フット・スイッチを使用すると、足元で[ALL MUTE]スイッチをオン /オフできます。
9
17. [ANTI-FEEDBACK](アンチ・フィードバック)コントロール
アンプの出力 音が、ギターやマイクにフィードバックすることによって 起こるハウリング音を軽 減します。
ハウリングが最小になるポイントに設定してください。
ツマミを右に回していくと、カット・ポイントは高い周波数に移動します。ツマミを左に回しきると、効果はオフになります。
フィードバックが起こっていないときには、オフにすることをお奨めします。
18. POWER(パワー)インジケーター
電源がオンのときに点 灯します。電源スイッチはリア・パネルにあります。
リア・パネル
1
2
3
4
5
6
1. [POWER](パワー)スイッチ
電源スイッチです。オンにするとフロント・パネルのPOWERインジケーターが点灯します。
2. AC電源端子
付属の電源コードを接続します。
10
7
3. FOOT SW(フット・スイッチ)端子
オプション(別売)のVFS2デュアル・フット・スイッチを接続します。フット・スイッチの操作方法については、p.12「VFS2
デュアル・フット・スイッチによるコントロール 」を参照してください。
4. DI OUT( DIアウト)端 子
PA機器などに接続します。AGA70に接続された楽器そのままの音が出力されます。XLR端子によるバランス出力です。
注意: [ALL MUTE]スイッチがオンのときでも DI OUTはミュートされません。また、[MASTER]ボリュームも効果
がありません。
ヒント:DI OUT端子は[VOLUME]コントロールの直前に配置されているので、真空管、
トーン・コントロール、
リバーブ/
コーラス、アンチ・フィードバックなどを通っていない音が出力されます(p.13「ブロック・ダイアグラム」参照)。
5. TUNER OUT(チューナー・アウト)端子
チューナーを接続します。
ヒント:[ALL MUTE]スイッチをオンにしてもチューナー・アウトはミュートされませんので、アンプから音を出さずに
チューニングすることができます。
6. LINE IN(ライン・イン )端子
キーボードや MTRなどを接続します。標準フォン端子(アンバランス)です。
注意: AGA70 はモノラル出力のアンプで す。LINE IN 端子にステレオ信号が入力された場合、アンプ内部でモノラ
ル信号に変換されます。
7. AUX IN(AUX イン)端子
CDプレイヤーや MP3 プレイヤーなどを 接続します。ステレオ・ミニ端子です。
注意: AGA70 はモノラル出力のアンプで す。AUX IN 端子にステレオ信号が入力された場合、アンプ内部でモノラ
ル信号に変換されます。
11
VFS2 デュアル・フット・スイッチによるコントロール
オプション(別売)のVFS2デュアル・フット・スイッチをリア・パ ネルのFOOT SW端子に接続すると、
エフェクト・バイパス(リ
バーブ、コーラス・エフェクトの無効化 )のオン/オフや 、オール・ミュートのオン /オフを足 元でコントロールできるようになり
ます。
スイッチ 1:
エフェクト・バイパスのオン/オフ
スイッチ 2:
オール・ミュートのオン/オフ
エフェクト・バイパスのオン /オフ(スイッチ 1)
V F S 2 の スイッチ 1 によってエフェクト・バイパス をオン にすると 、フロント・パネ ル 上の [ R E V E R B ] コントロ ール や
[CHORUS]スイッチの 設定に関わらず 、すべての エフェクトが バイパスされます。もう一 度スイッチ1を押すか 、
フロント・パ
ネルの[CHORUS]スイッチを押すと、エフェクト・バイパスが 解除されます。エフェクト・バイパスがオンになっているときは、
フロント・パネ ルの[CHORUS]スイッチ 上のランプが 点滅します。
オール・ミュートのオン/ オフ(スイッチ2 )
VFS2のスイッチ2 は、フロント・パネルの[ALL MUTE]スイッチと同じように動作します(p.9 [ALL MUTE](オール・ミュー
ト)スイッチ 参照)。押すたびにオール・ミュートのオンとオフが切り替わります。
12
ブロック・ダイアグラム
13
仕様
入出力端子
(NORMAL Ch.)ギター・インプット、
マイク・インプット
(TUBE PRE Ch.)ギター・インプット、
マイク・インプット
(共通)AUXインプット、
LINEインプット、
DIアウトプット、
TUNERアウトプット、
フット・ス
イッチ
ファンタム電源
+15V
エフェクト
リバーブ、
コーラス
パワーアンプ出 力
最大 70W RMS @8Ω
スピーカー
VOXオリジナル(6.5 inch 8Ω)フルレンジ・スピーカー×1
電源
AC100V、50/60 Hz
消費電力
73 W
外形寸法(W×D×H)
323 mm × 262 mm × 331 mm
質量
10.1 kg
付属品
電源コード
オプション
VFS2デュアル・フット・スイッチ
※ 仕様および外 観は、改良 のため予告 無く変更することがあります。
14
保証規定(必ずお読みください)
本保証書は、保証期間中に本製品を保証するもので、
付属品類( ヘッドホンなど)は
保証の対象になりません。保証期間内に本 製品が故障した場合は、保証規定によっ
て無償修理い たします。
1. 本保証書の有 効期間はお買い上げ日より1ケ年です。
2. 次の修理等は保証 期間内であっても有償となります。
・消耗部品(電池、
スピーカー、
真 空管、
フェーダー など)の交 換。
・お取扱い方法が不適 当のために生じた故障。
・天災(火 災、
浸水 等)によって生じた故 障。
・故障の原因が本 製品以外の他の機器にある場合。
・不当な改造、調整、部品交換などにより生じた故障または損傷。
・保証書にお買い上げ日、
販売店名が未記入の場合、
または字句が書き替えられ
ている場合。
・本保証書の提 示がない場合。
尚、当社が修理した部分が再度 故障した場合は、保証期間外であっても、
修理し
た日より3ケ月以内に限り無償修理いたします。
3. 本保証書は日本国 内においてのみ有 効です。
This warranty is valid only in Japan.
4. お客様が保証期間中に移転された場合でも、保証は引き続きお使いいただけま
す。詳しくは、サービス・センターまでお問い合わせください。
5. 修理、
運送費用が製品の価格より高くなることがありますので、あらかじめサービ
ス・センターへご相談ください。発送にかかる費用は、
お客様の負担とさせていた
だきます。
6. 修理中の代替品、商品の貸し出し等は、いかなる場合においても一切行っており
ません。
本製品の故障、または使用上生じたお客様の直接、
間接の損害につきましては、
弊社
は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
本保証書は、保証規定により無償修理をお約束するためのもので、
これよりお客様
の法律上の権 利を 制限するものではありません。
■お願い
1. 保証書に販売年月日等の記入がない場合は無効となります。記入できないとき
は、
お 買い上げ年月日を証明できる領収書等と一緒に保管してください。
2. 保証書は再発行致しません ので、
紛失しないように大切に保管してください。
VOX AGA70
保証書
本保証書は、上記の保証規定により無償修理をお約束するものです。
お買い上げ日
販売店名
年
月
日
アフターサービス
■ 保証書
本製品には、保証書が添付されています。
お買い求めの際に、販売店が所定事項を記入いたしますので、
「お買い上げ日」、
「販売店」等の記入をご確認ください。記入がないものは無効となります。
なお、保証書は再発行致しませんので、紛失しないように大切に保管してください。
■ 保証期間
お買い上げいただいた日より一年間です。
■ 保証期間中の修理
保証規定に基づいて修理いたします。詳しくは保証書をご覧ください。
本製品と共に保証書を必ずご持参の上、修理を依頼してください。
■ 修理時のお願い
修理に出す際は、輸送時の損傷等を防ぐため、
ご購入されたときの箱と梱包材を
ご使用ください。
■ ご質問、ご相談について
修理についてのご質問、
ご相談は、サービス・センターへお問い合わせください。
商品のお取り扱いについてのご質問、
ご相談は、お客様相談窓口へお問い合わせ
ください。
WARNING!
この英文は日本国内で購入された外国人のお客様のための注意事項です
This Product is only suitable for sale in Japan. Properly qualified
service is not available for this product if purchased elsewhere. Any
unauthorised modification or removal of original serial number will
disqualify this product from warranty protection.
■ 保証期間経過後の修理
修理することによって性能が維持できる場合は、お客様のご要望により、有料で
修理させていただきます。ただし、補修用性能部品(電子回路などのように機能
維持のために必要な部品)の入手が困難な場合は、修理をお受けすることがで
きませんのでご了承ください。また、外装部品(パネルなど)の修理、交換は、類
お客様相談窓口 TEL 03(5355)5056
似の代替品を使用することもありますので、あらかじめサービス・センターへお
問い合わせください。
■ 修理を依頼される前に
● サービス・センター
〒 168-0073 東京都杉並区下高井戸 1-15-12
TEL 03(5355)3537 FAX 03(5355)4470
故障かな?とお思いになったら、まず取扱説明書をよくお読みのうえ、もう一度ご
確認ください。
それでも異常があるときは、サービス・センターへお問い合わせください。
輸入販売元: KORG Import Division
〒 206-0812 東京都稲城市矢野口 4015-2
//www.korg.co.jp/KID/
 2009 VOX AMPLIFICATION LTD.
1
Fly UP