...

NTT Comの業務プロセスを担う グループ会社として、NTT Comの 事業

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

NTT Comの業務プロセスを担う グループ会社として、NTT Comの 事業
エンタープライズICT総合誌 月刊ビジネスコミューニケーション(Webサイトへ)
特別企画
ネットシステムズ NTT Com の業務プロセスを担う
グループ会社として、NTT Com の
事業支援を中核に、事業に邁進
NTT コミュニケーションズの業務プロセスを担うグループ企業として、親会社の事
業への貢献を第一義に事業に邁進する NTT ファネットシステムズ。Future
Advance Network の新生 FANET へと進化した同社の事業戦略について、高瀬哲哉
社長にうかがった。
―社長に就任され、1
年を経過しましたが、この
1 年を振
−社長に就任され、1
年を経過しましたが、この
1年
NTT ファネット システムズ㈱
代表取締役社長
高瀬 哲哉氏
り返り、事業の状況等からお聞かせください。
を振り返り、事業の状況等からお聞かせください。
高瀬 この1年間を振り返ると、2009 年度の収益が当
うなことを一番期待されているとお考えですか。
のようなことを一番期待されているとお考えですか。
初の目標をオーバして 240 億円を達成できたこともそう
高瀬 私は、これからの FANET は「Future Advance
ですが、一番大きな成果は、NTT ファネットシステム
N e t w o r k 」の新生 F A N E T であると思っています。
ズ(以下、FANET)という会社の進むべき方向が明確
FANET 等 NTT Com の業務プロセスを担う分野のグル
になったという点です。NTT コミュニケーションズ
ープ経営とは、分かりやすくいいますと NTT Com の業
(以下、NTT Com)の適切かつ強力な指導により、こ
務の「内製化」です。つまり、「外注費を NTT Com グ
の 1 年で FANET の事業環境は大きく変わりました。
ループ以外に出さないこと」と、「技術/ノウハウを外
FANET 等いくつかのグループ会社は、NTT Com の業
部に出さないこと」であり、NTT Com の業務を下請け
務プロセスを担うことを期待されています。FANET は、
させることに関していえば、100 %グループ会社を活用
NTT 民営化 2 年後の 1987 年に設立され、NTT / NTT
する以上に経済的な手法はないといえます。
Com の他オムロン、住友電工、三菱レイヨン、NTT デ
として、NTT
ComCom
の業務プロセスのどの分
―新生
−新生FANET
FANET
として、NTT
の業務プロセスの
ータの資本参加を受け、FA(ファクトリーオートメー
野を担っていくお考えですか。
どの分野を担っていくお考えですか。
ション)分野を中心に事業を遂行してきました。この
高瀬 NTT Com の業務プロセスを担う分野として、主
間、時代の要請に応えて、SE(システムエンジニアリ
に4つの分野を考えています。1つ目は、NTT Com が
ング)/ SI(システムインテグレーション)やソフト
提供するネットワークサービスのバックヤードを担っ
ウェアの開発分野の比重が増してきました。そして、
ていくことです。私自身、民営化以降の 25 年間、NTT
2007 年には NTT Com の 100 %グループ会社となり、
のデータ通信を担い、NTT Com のデータ通信ネットワ
NTT Com の業務プロセスを担うこととなりました。
ークサービスの何たるかを熟知しているつもりです。
その経験を活かしていく。2つ目は、LAN / WAN /
サーバシステムの設計/構築/保守・運用であり、さ
らに3つ目としてその上にのるユーザーの業務ソフト
―
−NTT
NTTCom
Comの業務プロセスを担うという観点で、どのよ
の業務プロセスを担うという観点で、ど
50
ウェアの開発においても NTT Com の業務を下請けして
ビジネスコミュニケーション
2010 Vol.47 No.9
エンタープライズICT総合誌 月刊ビジネスコミューニケーション(Webサイトへ)
いきます。すでにお話したように、100 %グループ会社
的に組み込む。このバランスでコストを越えた環境を
化される以前から、これらの分野においても、FANET
得ることにあると思います。新オフィスへの移転では
は多くの経験と実績を擁しています。そして 4 つ目とし
FANET 自身の事業効率を向上させることに加え、お客
て、NTT Com のフロント営業活動の支援も実施してい
様へも提案できる「次世代 ICT オフィス」として実現
きます。
しました。
−それは、提案活動を支援されるということですか。
―それは、提案活動を支援されるということですか。
高瀬
たとえばICカードによる入退出管理、供連れ防止、ロ
ユーザー案件の発掘というフェーズから手伝っ
ケーションフリーのプリントアウト、ペーパーの削減/
ていきます。特に、プレゼンテーションシステムや大
ペーパーレス化、文書管理の電子化等はもちろん、内線
画面マルチディスプレイシステム、多地点 TV 会議シス
電話はワイヤレスで個人化され、さらにビルの外はもち
テムなど各種映像系システムの設計・構築やソフトウ
ろん全国どこに移動してもエリアフリーで「内線」のま
ェアの設計・製造等、FANET が得意とする分野におい
ま利用できるようになっています。また、PCも最低限イ
ては NTT Com のフロントと一体になってユーザーへの
ンターネット接続環境さえあれば、世界中どこからでも
提案フェーズから汗をかいていきます。
セキュアに(シンクライアント)
、自分の PC を操作でき
ますし、PC画面を使ったWeb会議さえもできます。
―
−NTT
NTTCom
Comの業務プロセスを担うにあたって、何が重要
の業務プロセスを担うにあたって、何が
だとお考えですか。
重要だとお考えですか。
−最後に、今後の抱負をお聞かせください。
―最後に、今後の抱負をお聞かせください。
高瀬 やはり、
「効率性」と「現場力/即戦力/実戦力」
高瀬
が重要と考えています。これを高めるために、まず
おり、この分野の育成を強化していく方針です。とこ
FANET 内の組織編制を見直して、2010 年5月1日から
ろで、FANET は NTT Com 以外の外部からの業務も多
新たな事業部制に移行し、より明確に NTT Com の組織
く実施しており、2009 年度は、収益の 20 %強(50 億円)
と二人三脚ができる体制を整えました。また、都内 4 カ
を NTT Com 以外のビジネスで得ています。この目的の
所に分散していた各組織を浜松町シーバンスビルに集
一つには、「世間知らずにならないこと/世の中の評価
約し、効率化等を図っています。余談ですが、今回の
から外れないため」ということがあげられます。NTT
新オフィスは、NTT Com の汐留ビル同様、ユーザーの
Com の業務プロセスを担うためには、前述したように
オフィスのモデルになるものと自負しています。
今後は、社員の能力/質の向上が重要と考えて
「効率性」と「現場力/即戦力/実戦力」が重要ですが、
−詳細は後続の頁でご紹介しますが、次世代
ICT オ
―詳細は後続の頁でご紹介しますが、次世代
ICT オフィス
それは独りよがりではなく、外からみて意味があるレ
のショーケースとなり得る新オフィスの機能の概要をお
フィスのショーケースとなり得る新オフィスの機能の
ベルである必要があります。これをチェックするため
聞かせください。
概要をお聞かせください。
にも、FANET の得意分野を中心に、ユーザーや外部の
高瀬 「オフィスの理想」を考えると、「いつでも皆が
様々な企業との武者修行の場は継続・維持していきま
顔を合わせて議論し、アイデアを創出していく空間」
す。NTT Com の業務プロセスを担うグループ会社、す
だと思います。昨今ではネットワーク化が進み、その
なわち NTT Com の体の一部、文字通り一心同体の存在
場に居なければ生産手段が存在しない工場などとは異
として、NTT Com と共にユーザー/市場を見つめて事
なり、事務作業が中心のオフィスでは、在宅でも可能
業に邁進したいと考えています。その決意の表れとし
な部分が増えています。それでもお金をかけてオフィ
て、会社のロゴも“Shining Arc”に変更しました。
スをかまえる事の意味は、物理的なオフィス空間だけ
−本日は有り難うございました。
―本日は有り難うございました。
ではなく、ICT を駆使した仮想的なオフィス機能を効果
ビジネスコミュニケーション
2010 Vol.47 No.9
(聞き手・構成:編集長 河西義人)
51
Fly UP