...

自動車整備総合管理システム 画面イメージ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

自動車整備総合管理システム 画面イメージ
自動車整備総合管理システム
UNIPro2
画面イメージ
本誌料は画面イメージをクリックすると該当の画面ページへジャンプする
ことができます。データの入力はできませんが、ソフトウェアの動きを
擬似的に体験できます。
メインメニュー
現在のページは自動車整備総合管理システム『UNIPro2』のメインメニュー画面になります。
画面上、青色の枠で囲われている個所をクリックすると該当画面が表示されます。
また、ノート絵柄をダブルクリックすると説明文が表示されます。
尚、各画面において入力は行えませんのでご了承下さい。
顧客管理
○顧客情報および顧客所有車輌の登録および参照が行えます。
○ 郵便番号から住所・住所から郵便番号・車検証住所コードから住所の呼び出しが行え
ますので、入力の手間が軽減できます。
○ 顧客別に締日設定が行えます。売掛一覧、合計請求書発行で顧客別締日に
よる金額集計が行えます。
○細かな個人情報が登録でき、検索条件により抽出して一覧・タックシール・ハガキ
の印刷が行えます。
また、テキスト形式で顧客・車輌情報のデータ出力が行えます。
売上履歴
○ 参照顧客に整備売上や車輌売上がある場合、売上履歴として一覧表示および参照が
行えます。
所有車輌マスタ車輌
○顧客所有車輌の登録および参照が行えます。
○標準で型式・類別区分番号データが搭載されていますので、車検証の型式・類別区分
番号を入力するだけで車種情報を呼び出すことができます。また、登録されていない車
種データも、車輌を登録することで学習していきます。
○車検証情報の他に装備・保険情報、整備履歴なども登録または参照することができ
ます。
○使用者変更機能により自店への在庫移動を行わなくとも他顧客へ車輌を移行する
ことができます。この場合も整備履歴は継承されます。
所有車輌マスタ装備
○ カラー、オプション、タイヤサイズ、ホイールサイズ等の他に、自由に必要な情報を
登録することができます。
所有車輌マスタ保険
○ 自賠責保険、自動車保険情報を登録することができます。
○自賠責保険については種別と保険期間を選択するだけで保険料が自動的に算出さ
れます。また、自賠責発行システムが一体化になっていますので、発行情報が自
動的に反映されてきます。
所有車輌マスタ情報(整備)
○ 商談・売上時の情報を登録し、整理履歴とともに参照することができます。見積
や売上時に登録された走行距離も自動的に反映されます。
売上伝票
○ 整備・車検の売上伝票の作成が行えます。
○ 伝票作成時にも該当車輌の整備履歴の参照が行え、走行距離は自動的に車輌マスタ
へ反映されます。
○ 現在呼び出している顧客以外への請求発行も行えます。これにより事故車などの伝
票作成が簡単に行えます。
○ 売上伝票の印刷時には、自社名称を 2 パターン選択することができますの
で、別名称での印刷も可能です。
売上伝票請求・売掛先
○ 印刷時には画面上の赤枠に表示されている顧客名で宛名が印刷されます。また、売
掛先も赤枠に呼び出されている顧客に計上されます。
ただし、整備履歴は整備該当車輌に記録されます。
売上伝票粗利
○ 原価/仕入価格を入力することで粗利金額を登録できます。部品代に関しては、部
品マスタを用いて伝票が作成してあれば自動的に部品代の原価/仕入価格に金額
が表示されます。
○ 登録された粗利金額は、集計機能の粗利集計で月度別の金額集計に反映さ
れます。
画像登録機能
○ 売上伝票には写真等、パソコン内に保存されている画像データを添付、印刷する
ことができます。事故処理や、整備の補足説明等に利用できます。
商談書
○車輌販売見積書の作成が行えます。
○印刷パターンは 2 種類行えます。1 つは標準パターンで、罫線入りで A4 のコピー用
紙に印刷します。2つめのパターンはユーザー定義帳票の印刷です。これは、既に
枠や項目タイトルなどのプリントされている専用用紙に印刷することができる機能
で、商談書画面の各項目を任意の位置に設定できます。つまり、現在お使いの車輌
見積書または車輌注文書などに印刷が行えることになります。ただし、該当用紙が
プリンタに給紙できることが条件となります。
○クレジット試算、粗利金額登録も行うことができます。
商談書販売車輌情報
○ 販売車輌の情報を登録することができます。
○ 在庫へ登録済みの車輌であれば、該当車輌を選択するだけで情報が呼び出
されます。
商談書下取車輌
○ 下取車輌がある場合に使用します。
○ 明細入力により顧客所有車輌情報を読み込むことができます。
また、車輌販売がなく顧客車輌を在庫へ移動したい場合にも使用します。
商談書下取車輌情報
○下取車輌の情報と登録または顧客の所有車輌情報を読み込むことができます。
商談書税金等諸費用
○ 税金に関わる非課税諸費用を入力することができます。
○自動車重量税および自賠責保険料については、車輌種別と期間、重量(重量税のみ)
により自動的に金額が算出されます。
商談書課税諸費用
○ 車輌販売における課税諸費用の入力が行えます。
○表示されている諸費用項目の他に2種類の項目を追加することができます。
商談書その他非課税諸費用
○ 税金関連以外の非課税諸費用を入力することができます。
○ 表示されている諸費用項目以外に1種類の項目を追加することができます。
○自動車保険料試算ボタンをクリックすると、あいおい損害保険(株)社より提供され
る自動車保険料試算ソフトウェアを起動することができます。また、試算した金額
は「プラン 1」「プラン 2」「プラン 3」の各欄に表示され、諸費用の保険料欄に金
額を読み込むことができます。
商談書支払方法
○ 手付金・頭金などの入金登録の他に、クレジット会社ごとに登録してある年率を基
に支払金額の試算が行えます。
もちろん支払回数、ボーナス加算などの条件により支払額を自動計算します。
商談書粗利表示
○ 原価/仕入価格を入力することで粗利金額を登録できます。部品代に関しては、部
品マスタを用いて伝票が作成してあれば自動的に部品代の原価/仕入価格に金額
が表示されます。
○登録された粗利金額は、集計機能の粗利集計で月度別の金額集計に反映されます。
名義登録商談書一覧
○ 車輌商談で登録された車輌販売見積書を一覧表示します。
名義登録明細
○ 車輌売上処理が行えます。
○ 名義登録を行うことにより、在庫車輌が購入顧客の所有車輌として
登録されます。
在庫車輌一覧
部品在庫画面へ移動
○ 仕入、下取処理が行われた車輌が在庫一覧として表示されます。仕入、下取処理を
行わなくても、この画面で新規に在庫登録することもできます。
在庫車輌明細
○ 車検証同等フォーマット画面により入力がスムーズに行えます。また、車種マスタ
に登録済みの車種であれば、型式・類別区分番号を入力するだけで車種情報が呼び
出されます。
車種マスタに登録されていない車種であっても、在庫登録することで車種データが
学習されます。
在庫部品一覧
車輌在庫画面へ移動
○ 仕入処理が行われた部品の在庫数を一覧表示します。仕入処理を行わなくても、こ
の画面より新規在庫登録も行えます。
○ 在庫数は、整備売上・車輌商談(名義登録により売上処理)を行うことにより自動
的に変更されます。
また、部品は在庫場所ごとに管理できます。
部品在庫明細
○ 在庫部門別に、部品数量の登録が行えます。
車輌発注一覧
部品発注画面へ移動
○ 車輌発注、仕入処理が行えます。
○仕入処理を行うと仕入先に対して買掛計上がされます。
車輌発注明細
○発注車輌の情報登録が行えます。
部品発注一覧
車輌発注画面へ移動
○ 部品発注および仕入処理が行えます。
○ 月度ごとに一覧表示することができます。また、仕入処理を行うと仕入先
に対して買掛計上がされます。
部品発注明細
○ 発注部品の登録が行えます。
○ 発注日、発注先名、発注部門が同じであれば、複数の部品を一括で発注登
録できます。
売掛一覧・入金
○ 指定月度による顧客ごとの売掛一覧を表示します。
○ 金額は自社締日・顧客締日により集計することが可能で、顧客ごとの入金
登録も行えます。
合計請求書
○ 合計請求書の発行が行えます。
○金額は自社締日・顧客締日のどちらでも集計が行えます。
買掛一覧・支払
○ 指定月度による仕入先ごとの買掛一覧を表示します。
○ 仕入先ごとに支払登録が行えます。
また、月度別に仕入先ごとの買掛明細も参照することができます。
作業区分別集計
○ 整備売上で登録された作業区分別に売上金額の集計を一覧表示します。
○ [グラフ]ボタンをクリックすると棒グラフ、円グラフを表示させることができま
す。
また、担当者別の金額集計も表示できます。
作業区分別集計グラフ1
作業区分別集計グラフ2
売上区分別集計
○整備売上で登録された売上区分別に売上金額の集計を一覧表示します。
○[グラフ]ボタンをクリックすると棒グラフ、円グラフを表示させることができま
す。また、担当者別の金額集計も表示できます。
売上区分別集計グラフ1
売上区分別集計グラフ2
粗利集計
○ 車輌販売、車検、整備、保険手数料の月別粗利金額が一覧表示されます。
○車輌販売は名義登録を行った時の金額、車検・整備は整備売上を行った時の金額、
保険手数料は各粗利金額登録時に入力された保険手数料の金額が集計されます。
粗利集計グラフ
車種別販売集計 1
○車輌種類別に指定月内の販売台数、販売金額合計を集計表示します。
車種別販売集計 2
○車輌種類別に、指定期間内の販売金額を、費用別に分けて集計表示します。
予算実績対比表
○ 年度ごとの予算と実績金額の対比表を表示します。
○予算は全て直接入力し、実績は実際の売上金額を集計して表示されます。
古物台帳一覧
○ 仕入、下取処理された車輌情報が自動的に反映され一覧表示されます。
○印刷をすると古物台帳として代用いただけます。
古物台帳明細
○ 編集は自由に行えます。訂正を行っても基となる車輌データへは反映されません。
○ 払出は、車輌売上(名義登録)を行うことで自動的に顧客名が反映されます。
印刷
○ ユーザー定義帳票設定では、車輌商談書やはがき・タックシール、その他
○ 任意の用紙へ本ソフトウェアで登録されているデータの印刷設定を行う
ことができます。
○ ユーザー定義帳票印刷では、ユーザー定義帳票設定で定義されている設定値により
任意の用紙へ印刷することができます。ただし、印刷が行われるのは顧客・所有車
輌情報データのみになります。
○ 車検点検案内では、所有車輌マスタで登録されている車検期限および登録年月日・
初度登録年月を基に、月ごとの車検および定期点検該当車輌を一覧表示できます。
もちろん、ハガキ(専用用紙)印刷およびタックシール、一覧印刷が行えます。
○ 車検期限更新では、所有車輌マスタで登録されている車検期限を基に、指定された
月の車検期限および期限が切れている車輌一覧を表示します。一覧より車検期限を
一括更新することもできます。
ユーザー定義帳票設定
○ 商談書、はがき、タックシール、その他帳票(ユーザー帳票)の種類別に本ソフト
ウェアのデータを印刷設定することができます。
○ 商談書では商談書で使用されている金額や名称を印刷設定が行え、商談書画面で印
刷することができます。
○ はがき・タックシールは顧客・所有車輌データの一部を印刷設定することができ、
顧客管理画面で印刷することができます。
○ その他帳票(ユーザー定義)では顧客・所有車輌データの全てを印刷設定でき、ユ
ーザー定義帳票印刷画面で印刷することができます。
○ 文字分割機能で、印刷される文字の大きさを文字単位で設定できますので、
OCR 仕様の帳票に対応した文字印刷をすることができます。
マスタ
メニューへ戻る
○マスタでは以下のデータを登録できます。
仕入先
仕入先の名称・住所・電話番号が登録できます。
部品
部品名称と金額が登録できます。
車輌販売
主な販売諸費用の金額が登録できます。
クレジット
クレジット会社名および実質年率別の手数料が登録できます。
担当者
担当者氏名が登録できます。
作業区分
整備伝票に使用される作業区分名が登録できます。
売上区分
顧客情報や売上集計の1つとして使用される任意の名称が登録できます。
作業名称
日整連の標準作業名称を参照および訂正することができます。
共通作業名称 全車種に使用できる共通作業名称を登録できます。
作業セット
整備伝票で使用される作業セットマスタが登録できます。
重量税
重量税の参照および修正ができます。
標準作業
日整連の標準作業点数を参照および訂正することができます。
車検証住所コード 全国の車検証住所コードの参照および修正ができます。
環境設定
○ 自社締日や金額計算に関わる初期設定および伝票印刷などに用いられる自社
名称の登録を行います。
○本ソフトウェアで始めに登録しなければならないデータです。
住所変換機能
○ 市町村合併等により住所が変更になった場合には、顧客データ・車輌データ内に
登録されている住所の文字を一括で変更処理することができます。
自賠責証明書管理
○ 自賠責証明書の新規発行、更改訂正、集計表作成が行えます。
○自賠責証明書のドット・レーザープリンタ用紙のどちらへも対応しています。
○あいおい損害保険(株)社の収納印影を取り込み、自賠責証明書に印刷すること
ができます。(レーザープリンタ印刷時のみ)
証明書作成
○ 顧客車輌だけでなく、在庫車輌の自賠責証明書も発行できます。
○ インターネットをブロードバンド環境で利用できるパソコンであれば
e-JIBAI との連接運用も可能です。
フォローアップ
○ フォローアップ機能は、入庫時等に顧客へ対しての次回アポイント時期等を
記録する機能です。記録されている情報は、日別に一覧で参照でき、その日
に誰にどういう内容の連絡をとるか漏らさず知ることができますので、顧客
へのアフターサービスやアプローチに威力を発揮します。
メール作成機能
○ UNIPro2 内の各種データと作成した文章を組み合わせてメール用のテンプレートを
作成できます。テンプレートを利用して、顧客向けのメールを自動作成し、メール
ソフトへ転送させることができます。
メール文章作成画面
メールソフト画面
メールソフトに転送されたデータ例
戻る
Fly UP