...

Salesforce1 セットアップガイド

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Salesforce1 セットアップガイド
Salesforce1 セットアップガイド
2014 年 12 月 18 日
第 2 版 (Ver5.3 対応)
株式会社ソルクシーズ
目次
1.
はじめに .................................................................................................................................3
2.
Salesforce1 にて CSO ECM の機能を利用する ......................................................................4
2.1.
2.1.1.
準備(VisualForce ページの作成) .............................................................................4
2.1.2.
レイアウトへの配置 ..................................................................................................6
2.1.3.
VF ページのプロファイルへの権限付与.....................................................................7
2.2.
3.
Salesforce1 にて Salesforce オブジェクトに連携したコンテンツの一覧を閲覧するには ......4
Salesforce1 にてネットワーキングスペースのコンテンツを参照するには ............................9
2.2.1.
モバイルナビゲーションにタブを追加 .........................................................................9
2.2.2.
タブのプロファイルへの権限付与 ............................................................................10
CSO ECM のアップグレード ................................................................................................. 11
2
1. はじめに
この度は、Cloud Shared Office ECM for salesforce をご利用頂き誠にありがとうございます。Cloud
Shared Office ECM for salesforce は、salesforce における、コンテンツ(文書)管理、帳票生成管理、
情報漏洩防止を実現します。
PDF 帳票作成、大容量ファイル配信、コンテンツのバージョン管理やアクセス管理、共有とコラボレー
ション、証跡管理等、業務のインとアウトにおけるコンテンツ(文書)に関する課題をワンストップで解決
します。また、情報漏洩防止機能により、クラウドと PC でコンテンツを自動暗号化、PC からのファイル
の持出禁止制御により、個人情報や機密情報をクラウド上で安全に取り扱うことが可能です。ネットワ
ーキング、コンテンツ管理、セキュリティを統合したオンデマンドサービスです。
本書は Cloud Sahred Office ECM for salesforce を Salesforce1 上で利用するためのセットアップガ
イドとなります。
Cloud Shared Office / ECM for Salesforce の使用方法は、別紙、Cloud Shared Office ECM for
Salesforce ユーザガイドを参照願います。
3
2. Salesforce1 にて CSO ECM の機能を利用する
本章では、Salesforce1 にて CSO ECM の機能を利用するための作業について説明します。
2.1. Salesforce1 にて Salesforce オブジェクトに連携したコンテンツの一覧を閲覧するには
Salesforce オブジェクトに対して ECM コンテンツを連携している場合、
Salesforce1 にても同様に一部ドキュメントについては閲覧することが出来ます。
閲覧できるファイルは以下の通りになります。
・PDF ファイル
・Office ファイル(2007 形式で保存された Word、Excel、PowerPoint のファイル)
・画像(表示できる画像形式はギャラリー表示機能で表示できる形式に準拠します。)
・動画ファイル(ご使用の端末によって再生可能な形式に違いがありますのでご注意ください。)
2.1.1.
準備(VisualForce ページの作成)
オブジェクトに関連付けした ECM コンテンツの一覧及びコンテンツの閲覧を行うための準備を行いま
す。
なお、以下のオブジェクトにつきましては標準で該当するページが用意されていますので本手順は不
要です。
・商談
・リード
・取引先
・取引先責任者
・ケース
・契約
4
例として、「CustomObject1」という名前のオブジェクトに対して表示を行うための VF ページが以下の
ようになります。
なお、作成する際には「Salesforce モバイルアプリケーションでの利用が可能」のチェックボックスを選
択した上で保存を行って下さい。
図 2-1
<apex:page standardcontroller=” CustomObject1__c”
extensions=”CSOOneRelateContentsController” showHeader=”false”>
<solxyzcso001:CSOOneRelateContentList id=”CSOOneRelateContentListComp” />
</apex:page>
ページを作成する際、以下のように入力します。
設定項目名
設定内容(例)
表示ラベル
CSO Contents List for Salesforce1
名前
CSOOneContentsListCustomObject1
Salesforce モバイルアプリケー
選択
ションでの利用が可能
※この項目を選択しない場合、Salesforce1 にて表示されない場合があり
ます。
設定するパラメータは次の通りです。
パラメータ名
設定値(例)
説明
standardController
CustomObject1__c
CSO コンテンツリストを追加するカスタムオ
ブジェクト名を入力してください。
5
2.1.2.
レイアウトへの配置
Salesforce1 にて CSO コンテンツの表示を行うためには、
利用するユーザに適用されているレイアウトへの配置を行う必要があります。
・標準オブジェクトの場合
【設定】>【カスタマイズ】>【オブジェクト名】>【ページレイアウト】
から、配置を行うページレイアウトの編集リンクをクリックします。
・カスタムオブジェクトの場合
【設定】>【アプリケーションの設定】>【作成】>【オブジェクト】から、
CSO コンテンツリストを追加したいカスタムオブジェクトを選択します。
表示されたカスタムオブジェクトの定義の詳細画面の下部にある「ページレイアウト」から配置を行うペ
ージレイアウトの編集リンクをクリックします。
ページレイアウトの編集画面のボタンから「CSO Contents List for Salesforce1」を「モバイルカード
(Salesforce1 のみ)」の枠にドラッグして配置します。
図 2-2
6
次に、配置した項目の右上にあるプロパティボタンを選択します。
図 2-3
以下の様な「Visualforce ページのプロパティ」ダイアログが表示されますので、
「高さ(ピクセル単位)」に「59」を設定します。
図 2-4
これで、ページレイアウトへの追加は完了です。
2.1.3.
VF ページのプロファイルへの権限付与
VF ページを ECM ユーザが利用するプロファイルに追加します。
【設定】>【管理者設定】>【ユーザの管理】>【プロファイル】から VF ページを追加したいプロファイル
を選択します。
プロファイルの詳細画面の下部にある「有効な Visualforce ページ」の【編集】ボタンを押下します。
前項で作成した VF ページを選択し、追加を行います。
7
図 2-5
本設定を行わず、プロファイルに対して VF ページが有効化されていない場合には、Salesforce1 上に
表示されない場合がありますのでご注意ください。
8
2.2. Salesforce1 にてネットワーキングスペースのコンテンツを参照するには
2.2.1.
モバイルナビゲーションにタブを追加
Salesforce1 にて各ネットワーキングスペースへのアクセス、
及び CSO コンテンツを参照するための準備を行います。
本項目を設定することで、Salesforce1 に
【設定】>【管理者設定】>【モバイル管理】>【モバイルナビゲーション】を選択します。
「利用可」の項目にある「CSO コンテンツ」を選択し、追加します。
図 2-6
9
2.2.2.
タブのプロファイルへの権限付与
タブを ECM ユーザが利用するプロファイルに追加します。
【設定】>【管理者設定】>【ユーザの管理】>【プロファイル】から VF ページを追加したいプロファイル
を選択します。
「タブの設定」>「カスタムタブの設定」より、「CSO コンテンツ」が「デフォルトで表示」になっていること
を確認します。
「タブを隠す」となっている場合には、表示するように変更します。
図 2-7
以上で、Salesforce1 にて CSO コンテンツの閲覧を行うための準備は完了です。
10
3. CSO ECM のアップグレード
本章では Cloud Shared Office のバージョンアップ時の作業について説明します。
CSO がバージョンアップした際に、新規の Visualforce や Apex を Salesforce のプロファイルに対し
て、を設定します。
ECM 設定タブ>アプリケーション管理>CSO アップグレードをクリックします。
図 3-1
対象の Salesforce プロファイルを選択し、保存を選択してください。
11
改訂履歴
改訂日
版数
改訂内容
改訂理由
改訂者
2014/9/18
第1版
新規作成
新規作成
佐藤
2014/12/18
第2版
更新
・カスタムオブジェクトに対してのページの作成法方法を修正
佐藤
Cloud Shared Office / ECM for Salesforce Salesforce1 セットアップガイド
2014 年 12 月 18 日 第 2 版
株式会社ソルクシーズ
東京都港区芝5-33-7
TEL : 03-6722-5015
E-Mail : [email protected]
http://www.solxyz.co.jp
http://www.cloudsharedoffice.com
Copyright (C) 2011-2014 SOLXYZ Corporation. All Rights Reserved.
12
Fly UP