...

2016 WLDC世界ドラコン選手権 参戦記

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

2016 WLDC世界ドラコン選手権 参戦記
2016 WLDC世界ドラコン選手権
参戦記
(株)エルワンアソシエイツ
10月6日から、アメリカオハイオ州タッカービルの、WinStar Golf Courseで開催された
2016 WLDC世界ドラコン選手権 マスターズディビジョンに、
ゴルフダイジェスト社主催 ドラコン日本選手権世界大会代表決定戦シニアディビジョン優勝で
日本代表として、マスターズディビジョンに参戦してまいりました。
世界大会は、日本の競技方法と違い、3分8球の3セットマッチの2セット先取のトーナメント戦でした。
また、準々決勝からは、ライブ中継もあり、3分8球の1セットマッチにフォーマットが変更になりました。
2回戦からの出場で、2回戦、3回戦をストレートで対戦相手に勝利し、準々決勝まで進出することができ、
日本人初の、ベスト8進出という記録を残すことが出来ました。
準々決勝で対戦した、Tom Pepperd選手はその後勢いにのり、
2016年のマスターズディビジョンチャンピオンになりました。
日本人初 ベスト8進出
ゴルフダイジェスト社主催 2016 GOLFDIGEST JAPAN LONGDRIVE CHAMPIONSHIP 世界代表決定戦の
シニアディビジョンチャンピオンとして臨んだ今大会。
元世界チャンピオンに勝利するなど、日本人初のベスト8進出という記録を残すことが出来ました。
2回戦
BRAIAN LAWLER選手と対戦
対戦相手よりも先に、記録を残し相手にプレッシャーをかけることができ、
2セット連取で勝利することが出来ました。
3回戦
DAVID MOBLEY選手と対戦
DAVID MOBLEY選手は、2014年シニアディビジョンチャンピオンでしたが、
この試合も、対戦相手よりも先に記録を残し、元チャンピオンに
勝利することが出来ました。
準々決勝 入場
準々決勝
TOM PEPPERD選手と対戦 ナイターでの競技となり、オーロラビジョンにも選手が映し出されました。
この試合から、3分8球1セットマッチとなり、コイントスで打順が決まり、先攻で競技をスタートし
325ヤードの記録で、対戦相手の記録を待ちましたが、339ヤードを記録され
ベスト4進出はなりませんでした。その後、PEPPERD選手は勢いをつけ
2016年の、マスターズディビジョンチャンピオンになりました。
Fly UP