...

3月 - 末日聖徒イエス・キリスト教会

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

3月 - 末日聖徒イエス・キリスト教会
/態 露
鮮緯
}諏
繊齢ゼ 紅
・蒙
霧 撫
大 管 長 会、
.蕊.ゴ・
㈱
賦軍x其 汚.b.」
も
じ
〈
悔 い改 め の 福 音
ス ペ ン サ ー・W・キ
小さ な 粘 土 細 工 の 羊
ラ ッ セ ル・オ
ジ ュ デ ィ ス・ロ
ス ペ ン サ ー・W・キ
ン ボ ー ル
マ リ オ ン・G・ロ
ム ニ ー
私 た ち の 結 婚 を救 っ た原 則
ゴ ー ド ン・B・ヒ
ン ク レー
モルモネー ド
フ ト・ベ
イ ン タ ビ ュ ー・新
ンタ ー
ト ー マ ス・S・モ
ンソ ン
ボ イ ド・K・パ
マ ー ビ ン・J・ア
シ ュ トン
ブ ル ー ス・R・マ
ッ コ ン キ ー
ム・ベ
リー
イ ト
ジ エ ー ム ズ・E・フ
こ 一 ル・A・マ
し い時 代 の扶 助 協 会 … 中央扶助 協会会長会
両 親 を敬 い な さ い
ノ ック
芳τ餌
グラン ト'29
コー デ ィ ー の 夢
リチ ャ ー ド・M・[コ
奉仕 の 喜 び を 味 わ う
ジ ャ ネ ッ ト・卜 一 マ ス36
わ た しの お 友 だ ち ヘ
バ ー バ ラ・ピ
ー・ス
ミス39
ベ テ ィー・ル
ー・メ
ル44
口 ベ ル タ・エ
ル・フ
ェ ア ラル … …49
卜ロフ ィ ー
ム ニ ー … … …32
ァ ウ ス ト
ック ス ウ ェ ル
問・
ッ セ ル・バ
ラ ー ド
ロ ー レ ン・C・ダ
ン
レ ッ ク ス・D・ビ
ネ ガ ー
チ ャ ー ル ズ・A・デ
おもちゃ ばこ
ー
ン ツ ィ:オ・プ
ー カ ル ベ ー ジ50
1983年3月
号
発
末 日 聖 徒 イ エ ス・キ
行
所
聖 徒 の道
第27巻
第3号
リ ス ト教 会
東 京 都 港 区 南 麻 布5-10-30
ィデ ィ エ
ジ ョ ー ジ・P・リ
F・エ
ヒュ ー・W・ピ
・堅物・だ っ て い いUや な いか・… 忽
チ ャ ー チ ニ ュ ー ス・ロ
M・ラ
16
ツ カ ー
デ ビ ッ ド・B・ヘ
顧
三リ『
ー タ ー セ ン
ハ ワ ー ド・W・ハ
L・ト
騙 ヴ誘
農U
り々
マ ー ク・E・ビ
ン ソ ン
0
2
工 ズ ラ・タ
ン グ10
15
質疑酪.㌘
十 二 使 徒 評 議 員 会
ン ボ ー ル … …・1
ズ モ ン ド8
電 言舌03-440-2351
制作・配
送
ッ シ ェ
東 京 デ ィス トリ ビ ュー シ ョン・セ ン タ ー
東 京 都 世 田 谷 区 上 用 賀4-9-19
電 話03-427-4311
編集長
M・ラ
ッ セ ル・バ
ラー ド
印
刷
定
所
株 式会 杜
価
年 間 予 約/海
精 興社
外 予 約2,200円(送
半 年 予 約1,100円(送
国 際 機 関誌
1部180円,大
編 集 主幹:
ラ リー・A・ピ
ラー
編 集 副 主 幹:
デ ビッ ド・ミ ッ チ ェ ル
料 共)
料 共)
会 号350円
1nternationalMagazinePBMAO55匪1JAPrintedin-R)kyo,Japan.
◎1983bytheGorporationofthePresidentoftheGhurchofJesus
GhristofLatter-daySaintsAllrightsreserved.
子供 の 頁 編 集:
ポ ニ ー・ソ
ー ンダ ー ズ
臼 ジ ャ ー・ギ
制 作:
ノ ー マ ン・プ
定 期 購 読 は,「聖
徒 の 道 用 予 約 申 し 込 み 用 紙」で
リ ング
座 名/末
東 京 デ ィ ス ト リ ビ ュ ー シ ョ ン・セ
41512)に
ライス
お 申 し 込 み に な る か,
まつ じつ
ま た は 現 金 書 留 か 振 替(口
デザイナー こ
日聖 徒 イ エ ス・キ
ン ター
リ ス ト教 会・
振 替 口 座 番 号/東
て ご 送 金 い た だ け れ ば, .直 接 郵 送 致 し ま す 。 注:お
の 変 更 が あ り ま し た ら,早 急 にTDCに
ご連 絡 下 さ い。
京0届 け先
麗 紹 競 羅 麗 羅 大管長会メッセージ緩 麗 霧 糀 緩 囎
轍騰
大管長
ス ペ ン サ ー ・W・ キ ン ボ ー ル
セ
憲
、醜 \
灘 、
響鱗
鋸
\ 蕪
、1、
静-毒
∈
潔 軸 ボr・4一
て 下 さ っ た こ と を心 か ら感 謝 し て い
す る ば か りで す 。
「す べ て 重 荷 を 負 う て 苦 労 し て い る 者 は
ます。 悔 い改 め の福音 は, 福 音 の計 画 の中
わ た し の も と に き な さ い。 あ な た が た を 休
心 を なす もので す。悔 い改 めは, 成長 す る
ま せ て あ げ よ う 」(マ タ イ11:28)と
た め の 主 の 律 法 で あ り, 進 歩 す る た め の 主
っ て お られ ま す 。
天
父 が 私 た ち に 悔 い 改 め の 福 音 を与 え
主 は言
,
の原 則, 幸福 に なる ため の主 の計 画 で あ り
悔 い改 め に関 して は,聖 典 の 各所で ,生
ま す 。 罪 や 過 ち を 犯 し て し ま っ て も, 心 か
活 を改 め, 主 の良 き教 えに沿 っ て歩 むよ う
ら 十 分 に悔 い 改 め る 者 に は 赦 し が 与 え ら れ
命 じ ら れ て い ま す が , 同 時 に, そ う す る 者
る と い う 主 の確 か な 約 束 に , た だ た だ 感 謝
に は 赦 し が 与 え ら れ る と い う 主 の 約 束 も各
聖 徒 の道/1983年3月
号
1
悔臼改めの福音盟羅麗羅盟羅盟羅盟羅 盟羅盟羅麗羅麗羅
所 に 述 べ られ て い る の で す 。 何 と も素 晴 ら
し い こ と で は あ り ませ ん か 。
神 は いつ くしみ深 い御 方 です。 で き る こ
←
一
一
◆
・◎O…
○
…
◎
・
○
・[一 ・闇O・rO・昏
一
◎
』
←
一
…一
悔 い 改 め の福 音 は ,福 音 の 計
とな ら赦 しを与 えた い と思 って お られ ます。
画 の 中 心 を な す もの で す 。悔
私 た ち が 完 全 な 者 と な り , 自分 を 律 す る 者
い 改 め は ,成 長 す る た め の 主
と な る よ う 願 っ て お られ る の で す 。 サ タ ン
やそ のほか の 力に私 た ちが 左右 され る こ と
を, 主 は 望 ん で お ら れ ま せ ん 。 天 父 の 戒 め
を 守 る こ と は , 自分 を 管 理 す る 唯 一 の 道 で
あ り, こ の 世 に あ っ て も永 遠 に も, 喜 び と
の 律 法 で あ り,進 歩 す る た め
の 主 の 原 則 ,幸 福 に な る た め
の 主 の 計 画 で あ りま す 。
ひ ○[◎
◎
令
◎
命
◎一◎ 一
◆ ・
◎9一
一 …
◎
つ ・[一[9
真理 を見 いだ し,達 成 感 を味わ うこ との で
きる 唯一 の道 であ る こと に,私 た ち は気づ
の道 に進 まな けれ ば な りませ ん。赦 しを も
か な け れ ば な り ませ ん 。
た ら す こ の 原 則 に対 し て , 私 た ち は 自分 な
この よう なわけ で, 主 は, この最 後 の神
りの 証 を 持 つ 必 要 が あ る で し ょ う。 ま た 悔
権 時 代 に新 た に こ れ ら の 真 理 を 授 け て , こ
い改 めの 原則 は, 自らの生 活 に正 しく応 用
う言 わ れ ま した 。「汝 ら 今 の 代 の 人 々 に 向 い
す る だけ に とど まらず 他 の 人々 の生 活 に も
て , 悔 改 め の ほ か 何 事 を も語 る べ か ら ず 。
取 り 入 れ る べ き も の で あ る こ と を, 私 た ち
一 人一 人が 理解 す る必 要 が あ ります。 この
い ま しめ
わが誠 命 を守 りまた わが誠 命 に従 い てわ が
業 を 起 す を 助 け よ。」(教 義 と 聖 約6:9)
もっ
「こ れ を 以 て
, 汝 らは今 の世 の 人々 に悔 改
よ う に , 末 日聖 徒 イ エ ス ・キ リ ス ト教 会 の
使 命 は , す べ て の 人 々 に悔 い 改 め を 促 し,
め を 叫 ば ん た め に 召 さ る る な り.」(教 義 と
ひ と りで も 多 く の 人 が 福 音 に 従 っ て 生 活 す
聖 約18:14)ま
た,初 期 の聖 徒 た ちが ミズ
ー リヘ 向 か う 時 に
, 主は 指導 者 た ちに次 の
る ことの喜 びを 味わ える よ う にする こ とで
よ う に教 え ら れ ま し た 。
「彼 ら は 行 く行 く 教 え を 説 き て 至 る 所 に
る国語 の 民, あ らゆ る世 の 人々 に向 か って,
す。 あ ら ゆ る 国 民 , あ ら ゆ る 血 族 , あ ら ゆ
悔 い 改め が 叫ば れな けれ ば な らな いので す。
いや
真 理 の 証 を な し, 富 め る 者 , 位 高 き 者 , 卑
と
罪 に染 ま った この世 に向 か って悔 い改 め
な
しき者, 貧 しき者 を訪 いて悔 改 め を為 さ し
の 声 を 上 げ る こ と を, 私 た ち は 失 礼 な こ と
む べ し。
だ とは思 いませ ん。 敵 は陰 険か つ巧 妙 です。
世 に住む 民悔 い改 む る心 あ らば, 彼 ら に
教 会 を建 て さ せ よ。」(教 義 と 聖 約58:4748)
き ょう こ そ 私 た ち の 悔 い 改 め の 日。 私 た
敵 は , 立 派 な 男性 女 性 が あ る 日突 然 に大 き
な 罪 を 犯 す よ う な こ と は し な い こ と を承 知
して い ま す か ら, 徐 々 に 彼 ら を 自分 の 方 に
引 っ ぱ り, 真 実 め か し い こ と を さ さ や き か
とりこ
ち 一 人 一 人 が 自分 の 生 活 を よ く 省 み て 改 め
るべ き点 を見つ け, それ を実行 す る時 で す。
過 ちを犯 して しま った時 に は,悔 い改 め
2
け て つ い に は 自分 の 虜 と し て し ま う の で す 。
昔 あ った 罪が い ま だに存 在 して い るこ と
を心 に留 め ら れ た 主 は , 改 め て こ う 戒 め ら
一
盟羅麗羅盟鵠盟羅麗羅麗羅盟羅麗羅麗羅盟羅盟羅盟羅
れ ま した。
呼 ん で 善 と い い , 善 を 呼 ん で 悪 とい い … … 」
をんし
「汝 ら 人 を 殺 す な か れ 。 … … 」
(イ ザ ヤ5:20)
きのう
』
きよう
天 父 の基 本 とな る教 え は, 昨 日も今 日も
汝 ら 盗 む な か れ 。 ・… 一
ま た 永 遠 に 変 わ り ま せ ん 。 世 の 中が 罪 悪 一
汝 ら偽 りを 言 う な か れ 。 一
かん いん
汝 ら姦淫 す る こと なかれ 。 …一
色 に 塗 りつ ぶ さ れ よ う と, 主 の 教 会 は 主 の
汝 ら隣 人の悪 口を言 い また これ に害 を 与
教 え を 変 え る こ と は な い で し ょ う。
う るこ とな かれ。 … …
天 父 が 私 た ち に悔 い 改 め の 賜 を与 え て 下
汝 ら もしわれ を愛す れ ば, われ に仕 え わ
いま
さ っ た こ と は , 何 と い う祝 福 で し ょ う。 私
しめ
が す べ て の 誠 命 を 守 る べ き な り。
た ち に と っ て 毎 日が 進 歩 改 善 の 時 で あ る こ
見 よ, 汝 ら 貧 し き 者 の こ と を 思 い 起 し,
と を 認 め な い 者 は, 何 と惨 め な こ とで し ょ
彼 らに与 え ざ るべか らざる 扶助 の ため に,
・己 が 財 物 を 神 に 奉 献 せ よ 。
う。 「し か し な が ら ,こ れ ま で に 律 法 を 与 え
汝 の こころ の 中に 高慢 あ るべ か らず。 …
る神 の 命 令 を受 け て い て も, こ れ ら の 命 令
汝 怠惰 な るこ とな かれ。 ・ …
に背 き, その 試 しの 生涯 を徒 らにす ごす者
お きて
ら れ , ま こ と に わ れ わ れ と同 じ様 に あ ら ゆ
いたず
わさわい
汝 相 愛 して 共 に こ の 世 に 生 き よ 。 … …
は 禍 な る か な。 そ の 有 様 は 恐 ろ し い も の で
汝 の 受 け た る と こ ろ の もの , す な わ ち わ
あ る か ら で あ る 。」(II二 一 フ ァ イ9:27)
が 聖 典 の 中 に て 律 法 と して 汝 に 与 え ら れ
悔 い改 めの 過程 は, まず 罪を は っき りと
もっ
た る事 は, す べか らく取 りて 以て わが 教
認 め る こ とか ら始 ま り ま す 。 罪 を 自覚 す る
会 を 支 配 す る 律 法 と な す べ し。
こ と で , 心 や 精 神 が 痛 み , 時 に は 肉体 に さ
この律 法 に従 いて 行 う者 は救 われ, これ
え 痛 み を 感 じ る こ と が あ る か も し れ ま せ ん。
に従 わ ざる者 にして もし引 きつ ず き従わ ざ
そ う した 自分 自 身 を 背 負 っ て 生 き て い く に
れ ば 救 わ れ ざ るべ し。」(教義 と 聖 約42:18-
は , 罪 を 犯 し た 人 は 次 の い ず れ か の 道 を進
30,4060)
む こ とにな ります。 まず心 に鎮 静剤 を射 っ
性 的 な罪 は今 の時 代 の最 もゆ ゆ しい 罪で
て 善 悪 を 判 断 す る 力 を 鈍 らせ , 感 覚 を 弱 め ,
す 。 悲 し い か な, 映 画 や テ レ ビ , ポ ピ ュ ラ
とう さく
一音 楽, 本, 雑 誌 な どは,性 の倒 錯 を美 し
罪 を 犯 し 続 け る と い う 道 で す 。 こ の 道 を選
く飾 り 立 て て 表 現 し て い る よ う で す 。 そ し
つ い には悔 い改 め た いと いう思 い さえ な く
て ,「神 聖 な も の な ど こ の 世 に は 存 在 し な い
し て し ま い ま す 。 も う一 方 の 道 は , 罪 を 深
ん だ 」「結 婚 の 誓 い だ っ て 同 じ さ 」と い っ た
く悔 い , 心 か ら 悲 し ん で 悔 い 改 め , や が て
考 え方 を 人々 の心 に吹 き込 ん でい る よう に
赦 し を得 る と い う 道 で す 。
ん だ 人 は や が て 罪 に 対 し て 無 感 覚 と な り,
思 い ます。 肉欲 に ・
ζ
・
け る女性 が ヒロ イ ンと
悔 い改め な い人 に赦 しは決 して与 えられ
し て 当 然 の こ と と考 え られ , 肉 欲 に ふ け る
ま せ ん 。 こ の こ と を 忘 れ な い で 下 さ い。 そ
主 人公 を毒 に も薬 に もな らな い 人間 だな ど
して悔 い改 め は, 罪 の言 い訳 や正 当化 をや
と描 いて いま す。 イザ ヤ はそ の よう な 人た
め て,素 直 に 自らの行 な いを あ るが まま に
ち の こ と を こ う 言 って い ま す 。「彼 ら は 悪 を
受 け 入れ られ る よう にな って 初め て もた ら
聖 徒 の 道/1983年3月
号
3
L
悔刀改めの福音麗羅盟羅麗紹麗羅麗羅盟羅盟羅 麗紹麗羅
さ れ る の で す 。 攻 撃 的 な 態 度 を と っ た り,
一
← 一
噺 ∼
一e登
◎ ◎・
◎ 噺9
罪 の 重 大 さ を 合 理 化 し た り, あ る い は 罪 の
大 き さ を 軽 々 し く考 え た り す る こ と な く,
自分 が 罪 を 犯 し た こ と を 素 直 に 認 め な け れ
ば な り ませ ん 。 ま た 自 分 の 犯 し た 罪 が 実 際
罪 と関 係 あ る人 た ち や 場 所 ,
も の ,状 態 な どか ら遠 ざ か る
ゆ ゆ し い もの で あ り, そ の 大 き さ を 偽 っ て
た め に , しば し ば 祈 る必 要 が
言 うこ とはで き ない こ とを心 に留 め なけ れ
あ る で し ょ う。
ば な り ませ ん 。 こ の 道 を 選 び , 生 活 を 改 善
しよう とす る人 は,悔 い 改め は大 変 な こ と
← ∼
◎ ◎ 一
◎ ・
← ◆ ・
← 噺 噺 噺 噺 噺 曹
だ と 最 初 は 思 う で し ょ う。 し か し , 悔 い 改
め の結ぶ 実 を味わ うう ちに, こ の道 こ そ本
れ が 基 本 で す 。 私 た ち は, 悪 い 環 境 を 良 い
当 に 自分 が 望 ん で い た も の で あ る こ とが 分
環 境 に 置 き 換 え る こ と で , 過 去 の 罪 との 間
か っ て く る の で す。
に境 界線 を 引 くこ とがで き ます。
使 徒 パ ウ ロ は こ う書 い て い ます 。「神 の み
次 の段 階 であ る罪 の告 白は,悔 い改 めの
こころ に添 うた 悲 しみは, 悔 い の ない救 を
過 程 で き わ め て 重 要 な も の で す 。 ま ず 自分
得 さ せ る 悔 改 め に 導 き … … 。」(IIコ
7:10)自
リント
自 身 に 罪 を 告 白 し, 認 め て か ら, 真 剣 に 悔
分 と他 人 と を どれ だ け 傷 つ け た
い改 めの 階段 を昇 って い くので す。 天 父 に
か 自覚 し, そ し て そ の こ と を 深 く 悲 し む 思
も 自分 の 罪 を 告 白 し な け れ ば な り ま せ ん。
いが心 に湧 き上 が って きた 時,私 たち は,
特 に性 的 な 罪 な どの よ う に ゆ ゆ し い 罪 に つ
罪 の 縄 目か ら 解 き 放 っ て くれ る 悔 い 改 め の
い て は , 監 督 に も告 白 す る 必 要 が あ り ま す 。r
イノ スの よ うに, ま ず主 の下 に行 って誠
道 への 心の 準備 が でき るの です。
悔 い改め の次 の段 階 は, 罪 を捨 てる こ と
心 誠 意 祈 り ま す 。 そ れ か ら, 必 要 が あ れ ば
で す 。 主 は 予 言 者 ジ ョ セ フ ・ス ミス に こ う
監 督 の と こ ろ に行 き ま す 。 主 は 首 尾 一 貫 し
いな
言 わ れ まし た 。「人 罪 を 悔 い 改 め し や 否 や は ,
た 秩 序 あ る 計 画 を 持 っ て お られ , 進 歩 と成
見 よ , 彼 は 自 ら これ を 告 白 し そ の 罪 を 捨 つ
長 の偉大 な律 法 で ある悔 い改 めの律 法 に基
べ けれ ば, その 悔 い改 めた る こ とは これ に
づ いて, 私 た ちに祝 福 を与 え て下 さい ます。
よ りて知 る を 得 べ し。」(教 義 と 聖 約58:43)
ま た 主 は 姦 淫 の 罪 を 犯 した 女 の 人 に 向 か っ
教 会 員 に は すべ て, 神 権 の 召 し に よ って・
「イ ス ラ エ ル の 判 事 」 と し て 聖 任 さ れ た 監
て ,「お 帰 りな さ い。今 後 は も う 罪 を 犯 さ な
督 ある いは 支部 長 が与 え られ て います。 こ
い よ う に」(ヨ ハ ネ8:11)と
の よ うな事柄 につ いて, 監 督 は私 た ちに と
言わ れ ま した。
祈 りは , 悔 い 改 め の どの 段 階 で も大 切 な
って地上 にお ける最 高 の友 とい えるで しょ
もの で す が , と り わ け 罪 を 捨 て る た め に 欠
う。 監 督 は , 私 た ち の 生 活 に 恵 み を も た ら
くことが で きませ ん。 罪 と関係 あ る 人 たち
す た め に 主 の み た ま を 受 け て 働 き, す べ て
や 場 所 , もの , 状 態 な どか ら遠 ざ か る た め
の事 柄 の秘 密 を 固く守 る 人で す。
に , しば し ば 祈 る 必 要 が あ る で し ょ う 。 こ
4
罪 を悲 しみ, 罪 を捨 て, 告 白した次 に来
盟羅麗羅麗羅 盟羅麗紹麗羅麗紹麗羅糀羅盟羅囎羅麗紹
るの は,償 いの大 原 則で す。 損 なわ れた も
み か らい ち じ くを集 める 者が あ ろうか。
のを, で きる 限 り元 の状 態 に もどす努 力 を
良 い 木 が 悪 い 実 を な ら せ る こ と は な い し,
し ま す。 盗 み を し た の で あ れ ば , 盗 ん だ も
悪 い 木 が 良 い 実 を な ら せ る こ と は で き な い。
のを返 します。 うそ や悪 口を言 って傷 つ け
この よ うに, あな たが たは そ の実 によ っ
たの であれ ば, 事 実 が根 を下 ろ す まで, で
て 彼 ら を 見 わ け る の で あ る 。」(マ タ イ7:
きる こ とをす べ て行 ない ます。
16,18,20)
殺 人が それ ほ どゆ ゆ しい罪 で ある とされ
必 要 で あ れ ば , 思 い や 考 え, 標 準 , 行 な
る 理 由 の ひ と つ は, 奪 っ た 命 を 元 通 り に す
いま で も完全 に変 え て, 救 い主 が下 され た
るこ とが でき な いか らで しょう。 完 全 な償
務 め を 果 た さ な け れ ば な り ま せ ん。 主 は 私
い は 不 可 能 で す 。 同 じ よ う に, 失 っ た 貞 操
た ち に こ う 言 わ れ て い ま す 。「故 に ,わ れ ま
は 元 に も ど す こ と が で き ま せ ん 。 し か し,
たは天 に ま しま す汝 らの 父が 完全 な るご と
心 か ら 悔 い 改 め た 人 で あ れ ば , 自分 に で き
く, 汝 ら も ま た 完 全 と な らん こ と を 。」(m
得 る最 大 限の こ とを して償 うこ とで す。 予
二 一 フ ァ イ12:48)こ
の段 階 で は, でき る
言 者 エ ゼ キ エ ル は こ う 教 え て い ます 。「す な
こ と は 何 で も す る よ う に 求 め られ ま す。 で
わ ち そ の 悪 人 が … … 奪 っ た 物 を も ど し, 命
す か ら, も し什 分 の 一 を 納 め る こ と を 拒 ん
の定 め に歩み, 悪 を行 わ ない な らば, 彼 は
だ り, 出 席 す べ き 集 会 に 参 加 し な か っ た り,
必 ず 生 き る … … 」(エ ゼ キ エ ル33:15)
安 息 日を 守 ら な い , 祈 り を し な い , そ の 他
最 後の段 階 は, 御 父の み ここ ろを行 な う
の 責 任 を 怠 る と い っ た こ とが あ る な ら, そ
こ とです。 これ は特 に大切 で す。 主 は, こ
の 人 は 完 全 に 悔 い 改 め た こ と に は な りま せ
の 末 日 に予 言 者 ジ ョ セ フ ・ス ミ ス に 言 わ れ
ん , 悔 い 改 め の 律 法 の こ れ ら 基 本 的 な事 柄
ま し た。
「す な わ ち
に, 私 た ち が ど の 程 度 従 順 に 従 う か , 主 は
さ か も こ れ を 許 す を 得 ざ れ ば な り。 さ り な
え た も う た 進 歩 と 達 成 の 律 法 で す。
, 主 な るわれ は 罪 を見 てい さ
が ら, 悔 い 改 め て 主 の誠 命 を 行 う 者 は 赦 さ
れ ん 。」(教 義 と聖 約1:31-32)
主 が約 束 をたが われ る こ とは あ りませ ん。
「も し 汝 善 を 行 わ ん と 欲 し誠 に 終 り ま で 変
よ く御 存 じで す 。 こ れ こ そ ま さ し く神 の 与
こ のよ う に変 わる こ とに よ って, 人に も
っ と 関 心 を 向 け る こ とが で き る よ う に な り,
自分 の受 けて い る祝福 を人 に も味わ って も
ら い た い と 望 む よ う に さ え な り ま す 。 これ
る こ と な く 忠 信 な ら ば , 神 の 王 国 に救 わ る
に っ い て 主 は , 私 た ち が 人 々 を 主 の 下 に連
べ し。」(教 義 と聖 約6:13)
れ て行 き, 世 の 人々 に 向か って 熱心 に証 を
人 が 天 父 の 教 え に 一 致 した 生 活 を し よ う
宣 べ 伝 え る な ら, 私 た ち の 罪 は も っ と 早 く
と し て い る 時 , 善 き 業 に励 む そ の 人 の 生 活
赦 さ れ る と , い つ く しみ を 込 め て 語 っ て お
が, 悔 い 改め た こ とを証 明 して くれ ます。
ら れ ま す 。(教 義 と聖 約84:61参
救 い主 は こ う言 って お られ ます。
「あ な た が た は
, その 実 によ って 彼 らを
です。 この素 晴 ら しい原 則 は, この地 上 に
照)
悔 い改 めは, 喜 ば しい愛 にあ ふれ た律法
いばら
見 わ け る で あ ろ う。,茨 か ら ぶ ど う を , あ ざ
聖 徒 の 道/r983年3月
号
生 を受 け た数 多くの 天 父の子 らに適 用され ,
5
悔刀改めの福音盟羅麗羅盟羅麗羅糀羅麗羅糀羅麗羅麗羅
一
一
←噺⇔一
⇔ ◆一
◎ ・◎
臼
御 前 に 住 む こ と 能 わ ざ れ ば な り。」(モ ー セ
6:57)救
落 胆 し た り, 自 分 は ふ さ わ し
くな い とい う気 持 ち に な った
い主 に よ って もた らさ れた 偉大
に し て 驚 嘆 す べ き 賄 い の 力 も, 私 た ち の 悔
い 改め がな けれ ば, 十 分 な効 力 を発揮 で き
な い の で す 。 こ の こ と につ い て 主 は 誤 解 が
り し た 時 に は ,天 父 に 心 を 向
な い よう に詳 しい と ころ まで, いつ く しみ
け ,助 け を 願 う 必 要 が あ る で
を 込 め て しか も 単 刀 直 入 に 述 べ て お ら れ ま
し ょ う。
す。
「こ の 故 に今 わ れ 汝 に 命 ず
, 悔 い 改め よ。
はなはた
・
汝 の痛 苦 甚 しか ら ざら んが ため に悔 い
一
一
◎ ◎ ◎ ← ◎・
← ◎ 噺 噺 ⇔ ◎ 響
い
か
改 め よ。 す な わ ち そ の 痛 苦 の 如 何 に 甚 し き
彼 ら も ま た 喜 び と 恵 み を得 る こ と が で き る
か を汝 知 らず, その如 何 に 強烈 な るか を汝
ので す。私 たち も行 って その よ う に しよ う
知 ら ず , ま た 如 何 に 堪 え 難 き か を汝 知 ら ざ
で はあ りませ ん か。 幾百 万 もの聖 徒 た ちが
る な り。
かた
悔 い改 めの道 に進 む こ とに よ って平安 を見
見 よ , わ れ は 神 な る に , 人 も し悔 い 改 む
いだ してい ます。 また, 悔 い改 めの 福音 を
る な ら ば こ の 苦 しみ を 受 け ざ ら ん が た め に,
ガ イ ドと し て 神 の み 言 葉 に 従 っ て 歩 み , 個
す べ て の 者 に 代 りて こ の 苦 しみ を わ が 身 に
人の進 歩を遂 げ る こ とによ って, 麗 しく満
受 け た り。
ち足 りた豊 かな 人生 を送 ってい ます。
さ れ ど, 人 も し悔 い 改 め ず ば 誠 に わ れ と
しか し , 悔 い 改 め な い 時 に は , 懲 ら し め
同 じ 苦 し み を 受 け ざ る べ か らず 。
が与 えられ, 祝福 と進 歩は 拒 まれ る こと を,
その苦 しみた るや , われ 神, す なわ ちす
主は私 た ちには っ き りと告 げて お られ ます。
べ て の 中 最 も大 い な る 者 な り と い え ど も痛
主は, 罪 につか ってい る 人を赦 す こ とはで
苦の た め に身 をふ るわ せ, あ らゆ る毛 の孔
きな い, と教 えて お られ ます。 主 に可 能 な
より血 を湧 かせ , 身 と霊 と両つ なが らを苦
の は , 捨 て た 罪 の 結 果 か ら 人 々 を救 う と こ
しめ… …
あな
は
ろ までです。 主 は こ う明言 してお られ ま す。
「も し 彼 ら わ が 言 を 聞 か ざ れ ば わ が 血 彼 ら
きよ
然は あれ ども, 父 なる神 は 讃む べ きか な。
され ば われ は この苦 しみ を なめ, 人の 子 ら
ため
を 潔 め ざ ら ん 。」(教 義 と 聖 約29:17)今
こ
ととのえ
な
の 為 に 準 備 を 為 し終 り た り。」(教 義 と 聖 約
の場 で,主 の教 えを受 け 入れ る様 々 な方 法
19:15-19)
に よ く耳 を 傾 け て 下 さ い 。
ゆえ
「こ の 故 に
, 汝 ら の 子 ら に教 え よ , す な
た と は , 何 と も喜 ば し き こ と で は な い で し
主 が 私 た ち の た め に 準 備 を な し 終 え られ
いず こ
わ ちすべ ての 人は 何所 に あ る もこ とご と く
ょ う か 。 今 は 私 た ち が 自分 の た め に 準 備 を
しか
悔 い 改 め ざ る べ か らず 。 然 ら ざ れ ば 彼 ら 決
つ
あた
な し終 え る 時 で す 。 主 の 愛 に あ ふ れ た 赦 し
けか
して 神 の 王 国 を 嗣 ぐ こ と能 わ ず 。 汚 れ た る
を受 け る こ と に よ っ て , そ の 準 備 を 終 え よ
者 は 王 国 に 住 む こ と能 わ ず , す な わ ち 神 の
うで はあ りません か。 主 は心 か ら悔 い改 め
6
麗羅盟羅盟紹盟羅麗羅麗羅麗羅麗羅盟羅盟羅囎羅麗羅
るす べて の 人 にその よ うな赦 しを与 え よ う
階段 をの ぽ るな ら, そ こに この世 か ら永遠
と し て お られ ま す 。
にわ た る平安 と喜 びを 見い だす こ とで し ょ
落 胆 し た り, 自分 は ふ さ わ し く な い と い
う。
う気 持 ち にな った りした時 には ,天 父 に心
悔 い改 め の平安 と赦 しの喜 び を 自分で 味
を 向け, 助 け を願 う必要 が あ るで し ょう。
わ い, さ ら に そ の 方 法 を 人 々 に知 ら せ る こ
主 は きっ と力 を貸 して下 さい ます。 約 束 を
と は , 私 た ち に 与 え られ た素 晴 ら し い 特 権
破 る こ と は な い と, 主 は 私 た ち に は っ き り
です。 ひと たび そ の平安 を見 いだ した私 た
告 げ て お ら れ ま す 。 で す か ら, み た ま の 励
ち は , そ れ に つ い て 証 し, ど う し た ら手 に
ま し が あ る 限 り, そ こ に は 希 望 が あ り ま す。
入れ るこ とが でき るか を, 人 々に教 え られ
し か し, 「こ れ で い い の だ 」 と か 「自分 は 違
る よ う に な ら な け れ ば な り ませ ん 。 これ を ,
う」 「
神 が こ の 道 を 押 しつ け た 」 「親 や 教 育
堪 忍 と柔 和 の 心 , 万 人 に 対 す る 純 粋 な キ リ
の せ い だ 」 な ど と 言 う よ う に な る と, 私 た
ス トの 愛 を も っ て 行 な う の で す 。 これ こ そ,
ち と神 と の 関 係 は 悲 劇 的 な 方 へ と ど ん ど ん
末 日聖 徒 で あ る 私 た ち の 召 し で あ り, 大 き
進 ん で しま います。
な喜 び と祝 福 の 源 な の で す 。
熱心 に天 父の助 け を求 めて ,悔 い改 めの
…顯
箋
毒
騨
雛
耀灘慰轍灘灘 灘麟 、
塞
騨繋鰯鞭
灘辮羅轟
轟羅轟轟鑛
鰻響 灘 灘鰹 羅
垂
騒1
難
雛繋覇i醜 罐 ・
蕪 藤
欝 講懸 鱗麟 灘顯 騨 遜 灘 翻講
羅 輪鰯 翻 懸 翻鞘1響 講辮繋
繋雛難麟辮 灘嚢難 麟灘鐵纏欝難
灘難 饗麟糞 騰講鐵
懸講
鍵馨
麟灘議轟馨1雛 麟灘 蟻
欝灘
霧轟霧灘 灘
灘灘
簸
鑛 麟轟灘1護
轟灘
顯麹灘蕪 雛灘
鷺 難離 畿 攣纏鱗欝麩 蘂灘 購 雛鐘壌
段灘灘灘蔭灘難 灘羅難鑛謙鐡灘灘藝
翻 獲 雛嚢馨叢羅 灘 蘇
鑛 鞭難髄 購羅 鰯1麟 難灘灘麟 鄭
難 羅構獺鱗灘鰯麟 繕騰麟騒 難
鰯馨
購 灘繕 灘撰灘慧雛
燦 灘璽 難 灘 難 鑓 禦 響 購
礁講灘織蟻羅 難纏騨鍾顯鰹
鱗 騒 灘 罐灘 隷繋灘i購 繋難 糞
驚 一
懸灘鰻縫盤鷺籔曝灘繍難灘鞍難麟 鐡
馨 騨 麹 蓑 難 灘舞 難 譲 懸
瞭嚢 轟 麟 羅翼 難蘇 麟韓
離 鍵 繕騒 鰯 購讐 礁 醸 搬
灘
灘灘 難 麟灘灘羅難 羅 難
麟鵜 羅i馨灘 雛
聖 徒 の 道/1983年3月
号
7
の 机 の 上 に は 手 作 り の , 少 し形 が く
た 。 この 家 庭 の 夕べ で はた だ , 自分 が 価 値 の
ずれ た小 さ な粘 土細 工 の羊 が置 かれ
あ る 人 物 で あ る こ と, ま た 自 分 に は 安 ら ぎ
て い ま す 。 そ の 羊 は , 毎 日 を い か に生 き る
を 得 る場 所 が あ る こ と を 彼 ら に 知 っ て 欲 し
か を, は っ き り と 私 に 教 え て く れ る も の で
か った だけ な ので す。
私
この よ うな 家庭 の 夕べ を始 めて 数 カ 月が
す。
1971年 か ら1972年 に か け て , 私 は ア メ リ
過 ぎた 頃, 私 と 妻 は 少 し変 わ っ た 活動 を
カ空 軍の大 きな訓 練セ ンター に駐 留 して い
試 み る こ と に しま し た。 あ る 晩 私 た ち は
ま し た 。 そ こ の 住 民 の 大 半 は , い つ も孤 独
こ の 若 い 友 人 た ち に, 生 活 の 中 で 家 庭 の 夕
で , 時 には 情 緒 不 安 定 にな る独 身 の 成 人 た ち
べ の 持 つ 意 味 を 表 現 して くれ る よ う に 頼 み
で した 。 そ こで 彼 らの 要 求 を 満 た す べ く ,妻
ま し た 。 私 た ち は ク レ ヨ ン, 紙 , は さ み,
の キ ャス リー ンと私 は週 に一 度私 たち の家
鉛 筆, 粘土 , お も ちゃ, そ の他 い ろん な も
で 特 別 な 家 庭 の 夕 べ を 開 く こ と に し ま した 。
の を準 備 し て , 自分 を 表 現 す る の に一 番 適
毎 週 日 曜 日の 夜 は60人 か ら70人 の 若 者 た ち
当だ と思 う もの を選 んで もら うよ うに し ま
で居 間 が一杯 に な りま した。 彼 らの 多くは
し た 。 それ か ら約45分 間 , 彼 ら の 好 き な よ
生 活 に し っ か り し た 基 盤 が な く, 欲 求 不 満
う に取 り 組 ん 零 も ら っ た の で す 。
うず
に陥 ってい ま した。 彼 らは私 たち の子供 と
そ れ か ら後 は , 笑 い の 渦 が 起 こ っ た り,
遊 び , 互 い に 話 し, 少 し安 ら い だ 気 持 ち に
楽 し か っ た 思 い 出 に ふ け っ た り, 真 面 目 に
ま
じ め
なって いた よ うです。 私 た ちは リフ レ ッシ
ュ メ ン トを 準 備 し, 一 緒 に歌 っ た り ゲ ー ム
を し た り, 時 に は 真 剣 に 討 論 し た り し ま し
鑛臨
、・
』
艶轟
熱
難
護
冠等
』、暇
転
8
認
置
「
…
{
そ れ ぞ れ の 批 評 を し た り して , と て も 楽 し
に近 づ い た ら よ い か 見 当 が つ き ま せ ん で し
い夜 を過 ご しま した。 み ん なが順 番 に詩 を
た。 ま た 人 の 価 値 が 社 交 性 の 有 無 に よ っ て
読 ん だ り,絵 を 見せ た り, スケ ッ チを描 い
決 まるの で は ない こ とや, 彼が世 に示せ る
た り しま した。 気の 張 らな い仲 間 を聞 き手
のは 空軍 で得 た地 位 だ けで は ない ことを彼
に し て ス ピ ー チ を す る だ け の 人 も い ま し た。
に ど の よ う に 理 解 さ せ る べ き か ま っ た く分
しか し中に とて も変 わ った若 者 がふ た り
か りませ ん で した 。 しか し こ の 特 別 な 家 庭 の
い ま した。 ひ と りは大 声 でば か騒 ぎ を始 め
夕 べ の 活 動 で ,ジ ョンは あ ま り心 配 す る 必 要
る, か な りの 鼻つ まみ 者 で した。 彼 は数 学
が な い こ と を 私 た ち に 示 し て くれ た の で す。
の 専 門 用 語 を 使 っ た , と て も神 経 質 な 感 じ
ジ ョ ン は粘 土 を 取 り , 居 間 の 隅 っ こへ 行
の す る 詩 を 書 き ま し た。'彼以 外 に そ の 詩 を
きま した。 彼 は その家 庭 の夕 べの 間, ま る
理 解 で き る 人 は い ませ ん で し た が , 私 た ち
で 隠 れ る よ う に し て ひ と り黙 々 と, 粘 土 で
は 彼 に 自 分 を 自 由 に表 現 で き る 場 を 与 え ,
何 か こ し ら え て い ま し た。 そ して , 他 の 人
そ うす る よ う に 仕 向 け ま した 。 そ の 結 果 彼 は
た ちが 自分の 作 品 を発表 してい う間, 時 々
安 心 し ,心 を許 す よ う にな りま し た。 何 カ 月
笑 顔 も見 せ て い た の で す 。 彼 は 普 段 感 情 を
も後 に な っ て 知 っ た の で す が , そ の 晩 の こ
絶 対 に表 に 出 さず, いつ もお し黙 った まま
と は 彼 に 自殺 を や め さ せ る き っ か け と な っ
で した。 そ こで, 私 た ちは み んな の発表 が
た ら しいの です。 彼は それ ま でひ どく落 ち
終わ っ た後 で, ジ ョンに 自分 の作 品を発 表
込 んで い ま したが, あ の晩 の こ とが初 めて
す る よ う に一 生 懸 命 頼 み ま し た。
人生 に価値 を 見い だす 経験 とな ったの です。
喜 ば しい 驚 き が 私 た ち を 訪 れ ま し た 。 彼
彼 が 「あ りが と う」 を 言 う た め に わ ざ わ ざ
は 立 ち 上 が り,こ .う言 っ た の で す 。「聖 書 に
トル コ か ら 長 距 離 電 話 を か け て き た 時 , 私
は 迷 い 出 た 羊 の た と え 話 が あ り ま す。 話 に
た ち は 彼 の 気 持 ち に 気 づ き ま し た。 と も か
は , 羊 飼 い が こ の 迷 い 出 た 羊 の こ と を とて
く,私 たちの 払 った犠 牲 は報 い を受 けた の
も 心 配 し て い た か ら, 他 の 羊 を 残 して お い
です。
て ,捜 しに行 っ た とあ りま す。 この迷 い 出
も う ひ と りの 青 年 ジ ョ ン は と に か く無 口
た 羊 は 僕 の よ う な も の だ と思 い ま す 。 そ し
で した。 家庭 の 夕べ に はや って 来 るの です
て皆 さん が僕 を捜 して くれ たん です。 僕 は
が , い つ も 隅 に座 っ た き り一 言 も し ゃ べ り
この 小 さな粘 土 の羊 を感 謝 の 印 として皆 さ
ま せ ん で し た 。 だ れ か が 話 しか け て も, 答
ん に 差 し 上 げ た い と 思 い ま す 。」
え よ う と し ま せ ん で し た。 ま た キ ャ ス リー
そ れ か ら 彼 は 座 り ま した 。 だ れ も一 言 も
ンと私 が週 日に家 に招待 して も, 来 たた め
口を きき ませ んで した。 その場 に涙 を浮 か
しがあ りません で した。 私 た ちは ジ ョンに
べ ず にい られ た 人が あ ったか ど うかは私 の
自 分 自身 を 表 現 さ せ , 自分 の 価 値 を 分 か ら
疑 う と ころで す。
せ よ う とあ らゆ る手 を尽 く しま した。 けれ
天 の お 父 様 の 羊 を 養 う こ と以 上 に素 晴 ら
ど も彼は応 えませ んで した。 ジ ョンは他 の
し い 一 日の 過 ご し方 が あ る で し ょ う か。 だ
人 々 と の かか わ りを 完 全 に 断 ち 切 ろ う という
か ら ほ の か な 思 い 出 の よ す が と して , 私 は
様 子 だ ったの で, 私 た ちは特 に気 にな って
ジ ョ ン の 羊 を い つ も机 の 上 に置 い て お く の
い た の で す 。 け れ ど も, ど う や っ て ジ ョ ン
です。
聖 徒 の 道/1983年3月
号
9
愈 、
愈
愈
愈
鯨
鯨
愈
圏
國
囹
圏
園
圃
ヤさ
ン
ユ
デ
イ
ス
●
ロ
'グ ン
10
囲
圏
固
回
圖
圏
鯨
愈
愈
鯨
鯨
愈
愈
「
僕
た ち , う ま くや っ て い け る ん だ ろ
■
ド
う か ね 。」こ う 夫 が 切 り出 し ま した 。
結 婚7カ
月 , 妊 娠 半 年 の 私 は, ベ ッ ドの
上 にうず くま って いま した。 涙 が ほお を伝
わ り, 夜 着 を ぬ ら し て い ま し た。 一 体 な ん
と答 え た ら よ い の で し ょ う。
非 教 会 貝 の ジム は 合 衆 国 海 軍 駆 逐 艦 に乗
船 す る 中 尉 で ,1週 間 お き に カ リフ ォル ニ ア ,
サ ン デ ィエ ゴ 港 か ら 出 帆 し て い ま した 。 ジ
ム は 仕 事 を 愛 し , 仲 間 を 愛 し, 愛 す る 妻 の
待 つ 我 が 家 に帰 っ て く る の を 何 よ り も 楽 し
み に して い ました。 と ころが私 は惨 めな有
様 で し た 。1週
間 お き に孤 独 を 味 わ い , 見
ず 知 ら ず の 町 に は 友 達 も家 族 も な く, そ の
上, 当時不 活 発だ った私 には 教会 との接触
は ま っ た く あ り ま せ ん で し た。 私 は た び た
び 陰 うつ な気 分 に陥 って い ま した。 お まけ
に , つ わ りや 吐 き 気 , 日増 し に 大 き く な っ
てゆ くお腹 はそ う した私 の心 に ます ます拍
車 を か け る ば か りで , 私 は 自 分 を ど う す る
こ と もで き ま せ ん で し た。
海 上 任 務 の 週 が 明 け る と, い つ で も の ん
き な ジムは, 満 ち足 りて満面 喜悦 の妻 が出
迎 え て く れ る と ば か り期 待 し て 家 に 帰 っ て
く るのが常 で した。 ところ が幾 日も幾 日も
独 り留 守 居 を 務 め た 後 の 私 に は と て も 明 る
く振 る 舞 う こ と は で き な か っ た の で す 。 私
た ちの小 さ な借 家 はあ んた ん と した気分 に
さい ぎ しん
包 ま れ て い ま し た 。 私 は 様 々 な猜 疑 心 に 悩 一
ま され てい ま した。 私 は ジム を本 当 に愛 し
て い る の か し ら。 彼 は 私 が 何 を 必 要 と して
い る か , ど う い う気 持 ち で い る の か 分 か ら
な いみ た いだわ。 これ が世 間 で言 う結婚 の
幸福 とい う ものな のか しら
等 々。私 た
ち ふた りは以前 に もこの こ とにつ いて 話 し
合 お う として は きたの です が, その たび に
表 面的 な食 い違 いの解 決 だけ に終始 して し
ま い , 問 題 の核 心 に ま で 触 れ た こ と は 一 度
ぎ る 頃 に な っ て もふ た りの 結 婚 が 今 と 変 わ
もあ りません で した。
らな けれ ば, そ の時 は… …, その時 は また
ふ た り は ベ ッ ドの 上 に 向 か い 合 っ て 腰 を
別 の 方 法 を 考 え よ う。」
下 ろ し て い ま し た。 私 た ち の 結 婚 生 活 は 深
私 は うなず い てみ せ ま した。幸 福 にな り
刻 な危 機 を迎 えて い たの です。 果 た して 何
た か った ので す。 いい え,幸 福 に飢 えて さ
をすれ ば い いのか。 離婚 ……, ふ とその 言
えい ま した。
「だ け ど
, 気 を付 け なけれ ば いけ ない こ
葉 が脳裏 をか すめ ま した。 それが 、
ζ
・た り の
望 ん で い る こ とな の で し ょ う か 。 そ こ に は
と が ひ と つ あ る 。」 ジ ム の 警 告 で す 。 「自分
致 命 的 で , 永 久 に取 り 返 し の つ か な い よ う
の して 欲 し い こ と を 基 準 に 考 え て 相 手 の 行
な 響 き が あ っ て , ふ た り と も思 わ ず ぞ っ と
動 を頭 か ら決 めて かか らな い ことさ。 、
ζ
・た
尻 込 み せ ず に は い られ ま せ ん で し た 。 と は
り と も, 望 ん で い る こ と が 受 け 取 る こ と と
い え 一 体 こ の 事 態 , ど う変 え ら れ る と い う
見合 わ な けれ ば, が っか りして しま うだ ろ
の で し よ う。
う。 だ か ら , お 互 い に 相 手 の た め に 自分 に
双 方 と も 口 を つ ぐん だ ま ま , 一 心 に 考 え
何 が で き る の か , そ の こ と だ け を考 え る よ
込 ん で い ま し た。 や や あ っ て か ら ジム が 顔
う に し な け れ ば い け な い 。」
を 上 げ , 口 を 開 き ま し た 。「ジ ュデ ィ ス。 僕
翌 日の朝, はれ ぼ った い 目を して吐 き気
た ち の 問 題 は 利 己 心 の せ い じ ゃ な い か と思
と戦 い な が ら, 私 は ベ ッ ドか ら そ っ と抜 け
う ん だ 。 ど う だ ろ う , 真 剣 に 努 力 して あ る
出 し ま し た。 ジ ム は ボ リ ュ ー ム の あ る 温 か
実 験 を し て み る気 は な い か い 。 こ れ か ら30
い朝 食が 大 好 きな ので す。 私 としては朝 食
日間 , 僕 は 君 と君 の 必 要 と して い る こ と だ
は 軽 く済 ま せ て ま た ベ ッ ド に も ぐ り込 み た
け を 考 え る か ら, 君 は 僕 と僕 の 必 要 と して
か っ た の で す が , そ れ で も や は り夫 の た め
い る こ と だ け を考 え る 。 も し そ の 期 間 が 過
に豪 華 な食事 を準備 しま した。 ジムは にお
一""◎
一冒
○'◎
◆"'◎"◎'『
■レ"'圃
■レーd聞9飼
◎
◎
一燭9一岡■ト ーrD一一
一咽D一r咽吟一9一
、薪
司■レー◎
一
一一
一輔■レ"圃■鴎
一◎
一◎
一一
翫
ぐ
ノ
聖 徒 の道/1983年3月
号
1・1
い をかぎつ け て,顔 をほ こ ろばせ な が ら台
準備 を整 え なけれ ば な り ません。 い よい よ
所 に入 って きま した。 あ あ, これ で 食後 の
帰 宅 の 時 刻 に な る と, 楽 天 家 の ジ ム は 愛 す
睡 眠 は お 預 け。 私 は 相 変 わ ら ず 毎 朝 吐 き 気
る 妻 が 玄 関 か ら駆 け 出 し て き て 腕 の 中 に 飛
と戦 い な が ら, 朝 食 に 特 別 料 理 を 準 備 し ま
び込 んで 来 るの を夢 に描 い て いる こ とを私
した 。
は承知 して い ま したか ら
「ね え
, ジ ュ デ ィ ス 。 食 卓 に どん な お い
駆 け 出 しま し
た。 そ して ジム を家 の 中 に導 き入れ , 入念
ち そう
し い ご馳 走 が 待 っ て い る の か 知 り た く て 朝
に準備 した 食卓 に彼 を着 か せ たの です。 再
は と て も じ っ と寝 て な ん か い ら れ な い よ 」
び ロマ ン スが花 を咲 かせ ま した。
と ジ ム 。「君 は 素 晴 ら し い 料 理 の 腕 が あ るん
別 の ある 晩, ジムが こん な こ とを言 い ま
だ ね 。僕 は 大 満 足 だ よ 。」 こ の 言 葉 に励 ま さ
し た。 「映 画 で も 見 に 行 き た く な っ た な あ。
れ て , 私 の 作 る 朝 食 は 日を 追?て
君 は ど う?」
良 くな っ
て い く と 同 時 に, 私 は 増 々 や る 気 が 募 っ て
きま した。
実 の と こ ろ1そ
の 時 私 は疲 れ
て い て 早 々 に 床 に 就 くつ も りで い た の で す 。
しか し, あ の 時 の 約 束 を 思 い 出 し た 私 は ,
次 の大 きな変化 は, ジム が長期 の任務 で
海 上 に あ っ た そ の 週 に起 き ま し た 。 私 は 毎
た め ら う こ と な く さ っ と 外 出 用 の コ ー トを
日の よ う に散 歩 に 出 か け , 地 元 で 店 を 開 い
羽 織 り ま し た 。 お そ ら く一 番 難 し い 部 分 は ,
「し た く な い と 思 う こ と で も そ ん な 素 ぶ り
てい る食料 品屋 の主 人 や その奥 さ ん と親 し
は 見 せ ず に 行 な う」 と い う こ と で し ょ う。
く な り ま し た 。 精 神 を高 揚 さ せ る書 物 や 音
じ
その鍵 は態 度 にあ る こ とを私 は知 りま した。
ニ れん
楽 に没頭 して, 沈み が ち なあ らゆ る 自己憐
ふ た り ともお互 いに相 手 を喜 ばせ た い とい
びん
欄 の 思 い を心 の 中 か ら締 め 出 す よ う に し ま
う心 か ら の望 み が あ れ ば , そ の た め の苦 労
した。 金曜 日には十 分時 間 をか け て周 到 に
な ど 取 る に 足 ら な い も の とな る の で す 。
《
■
レ
ー
一
一
◆一
◎・
もちろ ん,必 ず しも私 ひ と りで結婚 生 活
の すべ て を変 え た訳 では あ りませ ん。 ジム
も果 た す べ き 自分 の 分 を 守 り ま し た 。 彼 は ,
藍 雛.誇
私 が 最 も必 要 と し て い る こ と を し て くれ ま
した。一 番 うれ しか った のは , ジム が特 別
証曽構
私 に払 って くれ たそ の心遣 いで した。 私 が
手 足 や 背 中 の 痛 む 時 に 今 ま で5分
間 だけ し
て も ら っ て い た マ ッ サ ー ジ を ,!時
間もし
て くれ る よ う に な り, そ の お 陰 で 私 は 体 ば
か り で な く神 経 の 方 もだ い ぶ 休 ま り ま し た 。
また, 今 まで 以上 に会話 の時 間 や休 養 の機
会 を 増 や して く れ ま し た。 例 え ば 週 末 に は
狭 い部 屋 の 中か ら明 る い陽 ざ しの 中へ私 を
愚 議麟 業
引 っぱ り出 そ うと,浜 辺 へ連 れ て行 って く
れ ま した 。.ζ・
た り公 園 で ア ー チ ェ リー を 楽
し ん だ り, ピ ク ニ ッ ク に 出 か け た り し た こ
12
と もあ りました。 それ に ジム は私 が感 じた
こ と や 経 験 し た こ と に一 層 注 意 深 く 耳 を 傾
よ!」
と か ,「私 の 方 は ど う な る の?」 と か
「な ぜ 彼(ま
た は 彼 女)は
…… しない のか
け て くれ て ,.私が い か に た や す く 自信 を そ
し ら 」 と い っ た 気 持 ち を ふ た りの 間 か ら 文
がれ て し まうか 気 づき ま した。 そ して, こ
字 通 り取 り 除 い て し ま う こ と な の で す 。
の約 束 の期 間 にこ ち らの良 い点 を指 摘 して
は , 私 の 自信 を 支 え て く れ た の で す 。
夫 の ジ ム は23歳 の 若 さ で ,100人
私 た ちの結 婚 生活 で最 初 に変 化 した もの
は お 互 い の 態 度 で し た。 そ し て そ の 変 化 は
もの乗
自分 を忘 れ て 奉 仕 す る と い う真 実 の 原 則 に
組 員 を指 揮 して い ま した。彼 らは皆 ,夫 に
基づ い た もの で した。 ふ た りの行 な いは,
向 か っ て 敬 礼 し , 日々 そ の 命 令 に 従 っ て 行
こ の 原 則 に対 す る お 互 い の理 解 度 や 受 け 入
動 して い ます。 時折 , ジム は無 意 識の う ち
れ る 度 合 に従 っ て 変 わ っ て い っ た の で す。
に私 に も同 じ行動 を求 めて い るの で はな い
お 互 い に 相 手 を 喜 ば せ る た め に 代 価 を支 払
か と 思 わ れ た こ と も あ り ま し た 。 で も幸 い ,
っ て い くうち に真実 の 愛が育 ち始 めて いた
30日 に わ た る 約 束 の 期 間 に夫 の 態 度 に あ っ
こ と に気 づ い た の で す 。 そ の た め に 私 た ち
た 荒 々 し い部 分 は 姿 を消 し て ,2週
の行 なっ たこ と と言 えば,受 ける ので はな
間 もし
な い う ち に, 私 は 彼 の 優 し さ と 敬 意 と 愛 を
感 じる よ うに なっ てい ま した。
く与 え, 無 作 法 を す る の で は な く親 切 に し,
自分 の 喜 び を 求 め る の で は な く 相 手 を喜 ば
私 た ち の 交 わ し た 「堅 い」 約 束 と い う の
は, 絶 えず相 手 の必 要 として いる こ とを 自
せ た い と い う 望 み を 持 つ こ と だ け で し た。
あ る年 輩 の 友 人 が , そ の約1年
後 に, 私
分 の思 いの底 に留 めて お く とい うこ とで し
た ち の こ の や り方 に 彼 独 特 の 知 恵 を 付 け加
た 。 つ ま り, 「
私 は 彼(ま
た
え て くれ ま し た 。「結 婚 と い う もの を ,口 の
の よ う に して
明 い た 空 の つ ぽ だ と考 え て ご ら ん な さ い。
と 日々 自問
親 切 な 行 な い の あ る た び に ひ とさ じの 砂 糖
し て み る こ と な の で す 。 ま た , 「こ う して
が注 が れ,逆 に利 己的 な振 る舞 い の あるた
た は 彼 女)の
め に 何 が で き る だ ろ う か?ど
思 い や りが 示 せ る だ ろ う か?」
咽■
レー
・
欄■卜'引
咽Dr』
◎ 一
◎
一
◎
◎
◎
◎
・{■
レー
一
唱■
困 ■レ
ー司■
レー噸 一一
◎
醐
■レ
ー一
一
轡醗
張 び 暮
聖 徒 の 道/1983年3月
号
13
び に減 って い く 。 年 の 終 わ り に , つ ぽ は 空
仰 して い る と 公 言 し て い た こ の 福 音 を 実 は
に な っ て い る だ ろ う か 。そ れ と も あ.ζ・
れ出
よ く理 解 し て い な か っ た の で は な い だ ろ う
る 程 に な っ て い る だ ろ うか 。 結 婚 生 活 は 苦
か , 表 面 的 な知 識 し か 得 て い な か っ た の で
苦 しい もの とな って いる だ ろうか 。 それ と
はな いだ ろ うか, とい う疑問 が生 じて きた
も魅 力 的 な も の と な っ て い る だ ろ う か 。」
ので す。
利 己的 で ない, 思 いや りに満 ち た態度 を
さ っ そ く私 た ち は 集 中 的 な 学 習 に取 り掛
身 につ ける のは容 易 な ことで は あ りませ ん
か りま した。 信仰 , バプ テ ズマ, 悔 い改 め,
で した。 それ どこ ろか,絶 えず努 力 してい
聖 霊 につ い て理解 す る ため に, もう一度 初
か なけれ ば な らな いので す。 結婚 生 活 を脅
め に戻 って学 び 直 す こ とに しま した。夫 婦
か す ような徴 候 はす ぐに見分 け る こ とがで
で一 緒 に勉 強 をす る とい うは っき りと した
き ま し た。 そ れ か ら 後 も私 た ち は , 時 折 も
目的 を 持 っ て 週 日 か 週 末 の 休 暇 を選 び , 静
う一 度 あ の 堅 い 約 束 を 思 い 起 こ し て , ふ た
か な場 所 へ 行 き ま し た 。 ふ た りは そ こ で 心
りの 行 な い を 変 え て い か ね ば な ら な い こ と
を 落 ち 着 け て 研 究 し , 祈 り, 熟 考 し ま し た 。
もあ りま した。
規 則 に規 則 を加 え る と同様, 私 た ちは短
じ じつ
目に,私 は福 音 が 真実 で あ
時 日の う ち に 急 速 に 成 長 し, 理 解 力 を 身 に
る こ と を 確 信 す る に 至 り ま し た 。 そ れ に夫
結 婚 して6年
つ け る ことが で きま した。 この時 行 な った
の ジムが教 会 の教 ネ を聞 き,宣 教 師 の訪 問
努 力 も や は り, 利 己 心 を捨 て , 時 に は ほ か
を 許 す よ う に な り ま し た 。 そ れ に は , お互
の い ろ い ろ な 関 心 を も捨 て 去 っ て , 互 い に
い に相 手 に 仕 え , 相 手 を 喜 ば せ よ う と し た
そ ろ っ て 進 歩 成 長 し, 自分 の学 び 取 っ た も
以前 のふ た りの努 力が 少 なか らぬ動機 の一
の を 家 族 と共 に 分 か ち 合 う こ と で し た 。 故
部 と な っ て い る こ と は 否 め ま せ ん 。 私 は再
意 に 歩 調 を 乱 せ ば , そ の た め に家 族 全 員 の
び 教 会 に 活 発 に 通 う よ う に な り, ジ ム も バ
進 歩 が 遅 れ て し ま う の で す か ら, 夫 婦 ど ち
プ テ ス マ を 受 け ま し た 。 そ し て1年
ら もそ んな責 め を受 け た くあ りませ ん で し
後, ふ
た り は 神 殿 で 結 び 固 め を 受 け ま し た。
続 く6年
た。
間 は 飛 ぶ よ う に過 ぎ て い き ま し
現 在 ,福 音 の 勉 強 と奉 仕 は ,相 変 わ らず我
た。 私 た ち の 結 婚 生 活 は福 音 の 原 則 を 基 と
が 家 の 活 動 の 中心 で あ り, か け が え の な い
し, こ れ を 応 用 さ せ な が ら絶 え ず 向 上 を 続
特 権 で も あ り ま す 。 振 り返 って み る と, 私
け て い き ま した 。
た ちの最 初 の成功 は今 では 小 さな もの に見
そ ん な あ る 晩 , ジム は イ ン ス テ ィ テ ユ ー ト
え ま す 。 しか し , あ の 冬 の 夜 更 け に , 絶 望
か ら家 に 帰 って く る な り, 教 室 で 覚 え て き
し, 何 か を 求 め て い た 新 婚 夫 婦 に注 が れ た
た 幾 つ か の 言 葉 につ い て 私 に 質 問 し て き ま
一 条の光 に
, 私 た ち は こ れ か ら も感 謝 し続
した 。 「こ の 意 味 を 君 は知 っ て い る か い?」
け る で し ょ う。福 音 は ,「利 己心 を捨 て た 奉
そ う言 っ て 言 葉 を並 べ 挙 げ る の で す が , 私
仕」 とい う もの が永遠 に続 く結婚 の た めに
に は さ っ ぱ り分 か り ま せ ん 。
「
全 然 分 か ら な い わ 。」
天父 が 定 めた もうた原 則 の本 質 を成 す こ と
を, も う 一 度 し っ か り と私 た ち の心 に 刻 み
い けい
私 た ち は 話 し合 い な が ら , 畏 敬 と い う か
恐 ろ し くさ え感 じた の です が , 自分 た ち が 信
14
つ け て くれ た の で す 。
七 十人 第一 定 員会会 員
ヒ ュ ー ・W・ ピ ノ ッ ク
私
が17歳 の 時 で し た 。 当 然 の こ と な の
で すが, 私 が悪 い こ とを した こ とで,
父は私 を非 難 し始 めた ので す。 思 いが け な
っ て 初 め て の こ と だ よ 。」
父 は 気 づ か な か っ た か も しれ ま せ ん が ,
こ の経験 は私 に とって 大 きな教 訓 とな りま
しっせき
い 父 の 叱 責 に , 私 は 気 も動 転 し て 父 の 方 を
し た 。 十 代 の 青 年 と し て , 私 は 自分 の 親 に
向 き,こ の よ う な こ と を 言 い ま し た 。「パ パ ,
対 し て 責 任 を 持 っ て い ま し た し, 親 が 自分
や め て よ, そ ん な こ と 言 う の 。 こ ん な こ と
の こ と を 忍 耐 し 理 解 も し て く れ る もの と思
し た の 十 代 に な っ て 初 め て な ん だ か ら。」
す る と父は, 実 にユ ー モア た っぷ り にこ
う 言 っ た の で す。 「ヒ ュ ー ,私 だ っ て 親 に な
26
っ て い た の で , 自分 も 親 の こ と を 忍 耐 し な
け れ ば な ら な か っ た の で す。
そ の 生 涯 を 通 し て , イ エ ス ・キ リ ス トは
ご 自身 と 天 父 と の 関 係 に 触 れ ら れ ま し た 。
し て こ の 世 に 生 まれ た 時 に は 持 っ て い る キ
弟 子 た ち に こ う 教 え て お られ ます 。 「
わたし
リ ス ト的 な 徳 を , 一 層 高 め る よ う に 期 待 し
が 天 か ら下 っ て き た の は , 自分 の こ こ ろ の
て お ら れ る の だ と思 い ま す 。
ま ま を 行 う た め で は な く, わ た し を つ か わ
さ れ た か た の み こ こ ろ を 行 う た め で あ る 。」
(ヨ ハ ネ6138)ま
人の 属性 の 多 くは直 接親 か ら伝 わ ります。
父 親 と 母 親 が , イ エ ス ・キ リ ス トの 福 音 に
た , 交 わ り を持 た れ た
忠 実で あ る強 み を教 え, それ を 誠実 に実践
人々 に対 して よ くこの よ う に注意 され ま し
す る な ら ば , 子 供 た ち は 普 通 そ の教 え を 受
た。 「あ な た の 父 と 母 を 敬 え 。 これ は ,あ な
け 入 れ , 教 え に 従 う こ と に よ,
っ て親の模 範
たの神 , 主が 賜わ る地 で, あな たが 長 く生
に 応 じ る もの な の で す 。
き る た め で あ る 。」(出 エ ジ プ ト20:12)こ
私 の 若 い 友 人 に, 父 親 が 監 督 を し て い る
の戒 めは, 歴 史か ら見て宗 教 が 形成 され た
人 が い ま し た。 そ の 友 人 は , 自分 の 父 親 が
頃か ら存 在 しま した。 救 い主 は 古代 イ スラ
監 督 でな か った ら,聖 餐 会 で も家族一 緒 に
エ ル の 民 に 語 られ た だ け で な く,「先 生 ,永
座 れ る し, 家 で 家 族 と も っ と 多 く の 時 間 を
遠 の 生命 を得 る ため には, どん な よい こ と
過 ごせる の に とよ くこぼ して いま した。 し
を し た ら い い で し ょ う か 」(マ タ イ19:19)
か し, 時 を 経 る に つ れ て , 友 人 は そ の 考 え
と尋 ねて き た 人に も, 同 じこ とを言 って お
を 変 え て い き ま した 。 彼 は 父 親 を 尊 敬 す る
られ ます 。 救 い 主 が 繰 り 返 し 言 わ れ た 戒 め
よ うにな っ たの です。 それ は, 父親 が監督
の 中 に,こ の よ う な 言 葉 が あ り ま す 。 「父 と
としての責 任 をよ く果 た した こ とによ って,
母 とを敬 え』
。 ま た 『自分 を 愛 す る よ う に ,
家 族 が い ろ い ろ な 点 で 実 に 多 く の も の を学
あ な た の 隣 り人 を 愛せ よ 』。」(マタ イ19:19)
び, ま た貴重 な 霊的 経験 を共 にす るこ とが
ど う か 戒 め を 友 と し て 下 さ い 。 そ れ も, ひ
で きたか らです。 父親 が監 督 でな くて もっ
.とつ の 権 利 と し て そ う し て 下 さ い 。
救 い主 が 私 た ち に こ の 世 の 父 と母 を敬 う
と多 くの時 間家族 と共 に過 ごして いた と し
た ら , こ の よ う な 経 験 は 得 られ な か っ た こ
よ う に教 え られ た の は , 私 た ち が 地 上 の 両
と で し ょ う。 そ の 息 子 は 父 親 と 父親 の 教 会
親 か ら受 け る も の に 主 と し て 依 存 す る よ う
の 召 し を 尊 ん だ の で す。 そ の 素 晴 ら し い 父
にな るこ とを御 存 じだ っ たか らで す。救 い
親 の思 い 出を尊 、
ζ
ミよ う に 。
主 は ま た , 親 も 含 め て 私 た ち す べ て の 者、
に,
親 も 時 々 間 違 っ た こ と を す る こ とが あ り
「幼 な 子 の よ う に な り な 冷 い 」(マ タ イ18:
ま す 。そ れ を 口実 に し て ,「ど う し て 悪 い こ
3参 照), 「天 国 は この よ う な 者 の 国 で あ る」
と を し て い る 親 を敬 う こ と が で き る の か 」
教 え られ ま した。 救 い
と言 って いる 人 はい ない で し ょうか。 もち
主 は 両 親 に 対 して , 完 全 な 清 らか さ と純 真
ろん この 答え は救 い 主の 言葉 の 中 にあ りま
さを育 む よ うに, そ して偽 りや ずる さの ま
す 。救 い 主 は こ う 言 わ れ ま し た 。「わ た し は
っ た く な い こ と, そ の 他 だ れ もが 赤 ん 坊 と
七 た び ま で と は 言 わ な い。 七 た び を 七 十 倍
(マ タ イ19:14)と
聖 徒 の 道/1983年3月
号
27
● 両 親 を敬 いな さい
す る ま で に し な さ い 。」(マ タ イ18:22)私
夜 遅 くて も心 配 し な い と 言 い ま し た。 そ の
た ち に も こ れ と 同 じ 責 任 が あ り ま す 。 自分
理 由 を 尋 ね る と, 彼 女 は こ う 答 え て くれ ま
が 親 や 他 の 人 々 に赦 し を 期 待 す る よ う に ,
し た 。「う ち の 子 供 た ち は 遅 くな る 時 は 電 話
親 の 間 違 い も赦 さ な け れ ば な り ま せ ん 。
を 入 れ て く れ る ん で す 。 で す か ら い つ も子
あ る十代 の私 の友 人が, 父親 と激 しい言
供 た ちが ど こに いて, 何 を して いる か分 か
い争 いを し ました。 そ して ,取 り乱 した 父
る ん で す よ 。」彼 女 の 子 供 た ち も彼 女 を敬 っ
親 は 部 屋 を 出 て ,2階
て い たので す。
に通 じる階段 を昇 っ
て い る 途 中, 心 臓 発 作 を 起 こ し て 亡 く な っ
非常 に難 しい決 断 を求 め られ た女子 大学
て しまった ので す。 私 の友 人 は, 父親 を敬
生 が いま した。 彼女 は両親 の 気持 ち を こと
って おけば よか っ た, あん な怒 りに触 れ る
の ほか 気 にす る 人だ った ので, 両 親 に助 言
よ う な 物 の 言 い 方 を し な け れ ば よか っ た と ,
を求 め ま し た 。 そ し て , 両 親 の 意 見 を 注 意
何 度 も 悔 や ん で い ま し た。
して聞 いた 後, 彼女 は そ の後 の 人生 に影響
高校 か らユ タ大学 在学 中 にか け て, 私 は
を及ぽ す よ うな 当を得 た決 断 を下 した とい
バ ー バ ラ ・ベ ン ソ ン ほ か , エ ズ ラ ・タ フ ト ・
うこ とです。 彼 女 も また両 親 を敬 っ たこ と
ベ ン ソ ン 会 長 ご 夫 妻 の 令 息、
, 令 嬢 の方 々 と
知 り合 う 機 会 が あ り ま し た 。 バ ー バ ラ や ボ
にな ります。
「敬 うJと い う 言 葉 は
ニ ー , マ ー ク , ベ ス と話 し て い て , 私 は ベ
り, 特 別 な 尊 敬 を 払 う, 感 謝 や 賛 辞 を 捧 げ
ンソ ン家の子 供 たち が両 親 に深 い尊 敬 の念
る とい う意 味で す。 また, 辛抱 強 く思 いや
, 優 し い言葉 で あ
を抱 いてい る こと に感銘 を受 け ま した。 あ
り を も っ て 与 え られ た 教 え に 応 え る と い う
る 時 バ ー バ ラ は こ う 言 い ま した 。「私 の 両 親
意味 で もあ ります。 子供 の 私 たちが 父 親 と
を敬 う の は と っ て も 簡 単 よ 。 な ぜ っ て 父 も
母 親 を敬 うな らば, 家族 の 一 人一 人が も っ
母 も 私 た ち を と て も尊 敬 し て くれ て い る の
と幸 福 に な れ る の で は な い で し ょ う か 。 ア
で す も の。」
『
ブ ラ ハ ム ・リ ンカ ー ン の よ く 引 用 さ れ る 言 葉
数 カ 月 前 に な りま す が , 非 常 に 優 れ た プ
レー ヤ ー の ひ と り と話 を し ま し た 。 そ の た
に ,「私 が 現 在 あ る の は ,あ る い は か く あ り
・
た い と 願 う の は す べ て , 天 使 の1よう な 母 の
く ま し い青 年 は た っ た 今 , フ ッ トボ ー ル の
お陰 であ る」 とい う言葉 が あ ります が, 教
試合 で きわ だって 優れ たプ レー を見せ て く
会 の十 代 の若 者 たち が全 員心 か らこの よ う
れ た ば か りで し た。 後 で 彼 に な ぜ あ の よ う
に言 う ことが で きた ら と思 い ます。 皆 さん
な プ レー が で き る の か 尋 ね た と こ ろ , こ ん
が 現在 あ るの は, あ る いは こ うあ りた い と
な 答 え が 返 っ て き ま し た 。「も ち ろ ん ,両 親
思 う のは, 皆 さん の両 親 や皆 さ んの 親代 わ
が 見 て い る か ら で す よ。」彼 は ,フ ッ トボ ー
りを し て 下 さ っ て い る 人 々 の 忍 耐 と, 励 ま
ルの 試合で 特別 な努 力 を払 うこ とに よ って
し の 言 葉 と ,行 動 に 負 う と ころ が 多 いの で す 。
親を尊 ん でい たの です。
しば らく前, あ る両 親 と話 し合 って い た
と ころ,母 親が, うちの 子供 たち は帰 宅が
28
皆 さん のた め を思 って して下 さる すべ て
の こ とに感 謝 す るこ と によ って, どうか 毎
日お 父 さ ん , お 母 さ ん を敬 っ て 下 さ い 。
鐘灘 灘磯 灘
難灘
鎌麟灘講
鰯
蕪
継騒ll
、ll苗1,1…
麗騨 垂 ペ
テ ロ の 第 一 の 手 紙 を 開 く と1私
たち
りな く恵 み, 汝の 名 をす べて の国 民の 中 に
が どん な人物 にな るべ きか を説 い た
大 い な ら し め , 汝 は 汝 の 末 の 子 孫 に と り祝
ひ と つ の 偉 大 な聖 句 が 目 に 入 り ま す 。 私 に
福 の 基 と な り て , 汝 の 子 孫 は万 国 の 民 に こ
は, この聖 句が 特 に若 人 の皆 さん の こ とを
の 導 き と教 え を 施 す 職 と神 権 と を携 え て 行
言 っ て い る の だ と思 え て な り ま せ ん 。 こ う
か ん 。」(ア ブ ラ ハ ム2:9)
あ り ま す 。 「しか し, あ な た が た は ,選 ば れ
私 た ち は , 私 た ち に 授 け ら れ た こ の祝 福
た種 族, 王 国 の神権 者 ,聖 な る国民 , 特 異
によ り,聖 な る国 民 とな ります。今 までの
な 民 で あ る。 そ れ に よ っ て , 暗 や み か ら驚
こ と を振 り返 っ て み て 下 さ い。 ま ず 私 た ち
くべ き み 光 に招 き 入 れ て 下 さ っ た か た の み
は 生 ま れ て す ぐ, 長 老(父
わ ざ を, あ な た が た が 語 り伝 え る た め で あ
儀 式 を受 け ま し た。 そ し て 後 に 教 会 で バ プ
る 。」(1ペ
テ ス マ と確 認 の 儀 式 を 受 け , そ れ か ら適 切
テ ロ2:9)
私 に は , 末 日聖 徒 の 若 人 の 皆 さ ん が 全 員 ,
親)か
ら命 名 の
な 時 期 に , 自分 の 進 む べ き 道 を 示 し て く れ
自分 に何 が 求 め られ て い る の か を理 解 し て
る祝 福 師 の 祝 福 も受 け ま し た。 若 い 兄 弟 た
お られ るか どうか 分 か りません。 しか し,
ち は ア ロ ン 神 権 を受 け , そ し て 後 に は よ り
私 たち は選 ばれ た種 族 です。 福 音 が 回復 さ
高 い 神 権 で あ る メ ル ケ ゼ デ ク神 権 を 受 け る
れ た こ と を知 り, し か も イ エ ス ・キ リス ト
こ と に な り ま す 。 女 性 の 皆 さ ん は, 家 庭 や
の 福 音 の 原 則 に 厳 密 に従 っ た 生 活 を す る と
ワ ー ド部 に お い て, ま た 結 婚 生 活 舶 神 殿 の
い う ことで ,世 か ら選 び抜 かれ た の です。
儀 式 を 通 し て , 神 権 の 祝 福 を受 け ま す。・ま
そ して祝 福 を受 け て,福 音 の儀 式 に よ りこ
た, す べ ての教 会 員 は, 父親 か らの祝福 や
いや
の 地 上 で 他 の 人 と結 び 固 め られ る 時 , 私 た
癒 し の儀 式 な ど を 通 し て , 特 別 な祝 福 を 受
ち は王 国の神 権 者 とな るの で す。
け る こ と が で き ま一
す。 この よ うに して,私
なんじ
「わ れ 汝 を 大 い な る 国 民 と な し
,汝を限
聖 徒 の 道/1983年3月
号
た ち は 「聖 な る 国 民 」 と な る の で す 。
29
<田r堅
物 」だ つて い い じゃな い カ・
ペ テロ の説明 で最 後 に くる のが, 特 異 な
牧 師 様 は と て も偉 い 方 で ま と も に 口 を き く
民 と い う 言 葉 で す 。 こ の 言 葉 が 「変 わ っ て
こ と も で き な い と思 っ て い ま し た。 で も,
い る 」 と い う意 味 だ と 言 っ た ら , 理 解 で き
今 ご う し て 同 じ テ ン トで 隣 合 わ せ に 寝 て い
な い 人 も 出 て く る で し ょ う 。 「変 わ っ て い
る ん で す か ら ね 。」
る 」 とい う 言 葉 は , 必 ず し も 良 い 意 味 で は
さ て私 の 仲 間 は , 私 た ち 末 日聖 徒 が 良 い
使 わ れ ませ ん が , 要 は, 他 の 人 と は 違 っ て
と思 わ な い こ と を し て い ま し た 。 タ バ コ を
い る とい う こ と な の で す 。 人 が よ く私 た ち
吸 っ た り 酒 を 飲 ん だ り, ま た 神 を 冒 濱 し た
の こ と を 「堅 物 」 と言 う の は そ の た め で す 。
り不 道 徳 な 行 な い を した り で す 。 彼 ら に は ,
ばう とく
で も,「堅 物 」も 悪 い と ば か り は 言 え ま せ
神 が 自分 に 何 を 期 待 して い る か な ど と い う
ん 。 私 は 何 度 も そ の こ と を 経 験 し ま し た。
こ と は ど うで も よ い こ と だ っ た の で す 。 し
第二 次世 界大 戦 の時, 私 は空 軍 に い ました。
か し 緊 迫 し た 状 況 下 に 置 か れ る と, 彼 ら の
そ し て 戦 地 に 派 遣 さ れ な か っ た4年
間 は仲
態 度 は 一 変 し ま し た。 あ る ひ と り の 若 い 兵
間 と寝 食を共 にし ま したが, その仲 間 で教
士 の ことで すが ,彼 は, か つて 宣教 師 で あ
会 員 は ほ とん ど い ま せ ん で し た 。 私 は そ の
っ た私 の生活 態 度 に対 して, 特 に と りたて
間 飛 行 機 の 操 縦 法 を教 わ り, や が て は 教 官
て心 を動 か され た とい うふ う では あ りませ
に な り ま し た が , ま っ た く楽 し い の 一 語 に
んで した。 その 彼が 飛行 予備 審 査 を受 け る
尽 き る経 験 で し た 。 仲 問 の 若 い 連 中 は み ん
こ と に な っ た の で す 。 こ の予 備 審 査 は, い
な い い 人 で , 互 い に 冗 談 を 言 い 合 っ た りす
わ ゆ る 「.ζ
・る い 分 け 」 の 審 査 で , こ れ に 落
る 時 な ど,.末 日聖 徒 で あ る こ と に 引 け 目 を
ちれ ば合 衆 国空 軍 で操縦 か ん を握 る こ とは
感 じ た こ と は 一 度 もあ り ま せ ん で し た。 事
不可 能 に な ります。 彼 は沈 痛 な面持 ちで,
実 , 生 活 態 度 こ そ 違 え, 彼 ら は 私 の こ と を
目 に 涙 を た め な が ら こ う言 い ま した 。「ビ ル ,
尊敬 して くれ てい ま した。
お 願 い だ か ら僕 の た め に 祈 っ て く れ な い?
私 が兵役 につ い た のは伝 道 か ら帰 って か
ら の こ と で す 。 仲 間 は私 が 伝 道 に 出 た こ と
ぜ ひ そ う し て 欲 し い ん だ 。」
ま た あ る 日控 え 室 で , 私 た ち5人
が教 官
を 知 っ て い ま し た 。 で す か ら, 彼 ら に と っ
か ら説 明 を 受 け て い た 時 の こ とで す 。 そ の
て 私 は 「牧 師 」 で し た。 テ ン トで テ ネ シ ー
時教 官 は タバ コ を吸 って い たの です が, 黒
出身 の若 い兵士 と隣合 わせ で寝 て い た時 の
板 を使 って説 明 をす るの に その タバ コが邪
こ と で す 。 こ の 青 年 は い つ も不 思 議 そ う な
魔 に な り, 座 って い た 私 に 手 渡 し ま し た。
ま な ざ し で 私 を 見 て い ま した 。 何 か 悩 み で
火 の つ い た タ バ コ を 手 に す る 「特 権 」 に 浴
も あ る の か と尋 ね る と , 彼 は こ う 答 え ま し
した のは, それが 最初 で した。
た 。 「信 じ ら れ な い ん で す 。 子 供 の 頃 か ら ,
30
黒 板 を使 っ た 説 明 を 終 え る と, 教 官 は 私
の 手 か ら タ バ コ を取 っ て こ う言 い ま し た 。
「バ ン ガ ー タ ー 君
も ち ろ ん 私 は , 人 か ら特 別 な 目 で 見 ら れ
, タバ コを持 って もらっ
て い るこ とは分 か っ てい ま した。 あ る人は
て す まなか っ た。君 はタ バ コは吸 わ なか っ
得 体 の知 れ な い 奴 だ と 思 っ て い た こ と で し
た ん だ ね 。」
ょ う 。 し か し付 き 合 い の あ っ た 人 は , 私 の
私 が 「え え 」 と答 え る と , 教 官 は こ う 聞
生 き 方 に対 し て た び た び 敬 意 を 表 して く れ
い て き ま し た 。 「酒 も 飲 ま な い の だ ろ う 。」
ま し た。 で す か ら , 神 殿 の ガ ー メ ン トを 脱
「え え
い だ り, 末 日聖 徒 で あ る こ と を 弁 解 し た り
, 飲 み ま せ ん。」
彼 は ま た 尋 ね ま し た。 「お 茶 は 飲 む の か
ね 。」「い い え 。」 そ う 答 え る と今 度 は コ ー ヒ
ー は 飲 む か と尋 ね ま し た 。 そ し て , 飲 ま な
して標 準 を下 げ る よう なこ とは, ま った く
不 必 要 で し た。
訓練 の 間, 送別 会 その他 で 同期 生 とパ ー
い と い う 私 の 返 事 を 聞 く と, 彼 は ほ か の4
テ ィ ー を 開 い た こ と が 一 度 な ら ず あ りま し
人 の 方 を 向 い て こ う 言 っ た の で す。 「諸 君 ,
た。 も ち ろ ん ア ル コ ー ル が ふ ん だ ん に 出 さ
こ れ が 知 恵 の 言 葉 と呼 ば れ る も の だ 。 こ れ
れた わけ で すが, 同期 生 が何 人 かパ ーテ ィ
を 守 れ ば だ れ で も 皆 も っ と健 康 に な れ る。」
ー の 前 に 私 の と こ ろ に来 て
こ の 経 験 を 通 し て 私 が ど れ ほ ど心 を 高 揚 さ
体 が わか らな くな るか ら,帰 りは車 を代 わ
れ た か , お 分 か り で し ょ う。
って運 転 して くれ る よう にと頼 んで き まし
飛 行 中 隊 の 司 令 官 と同 乗 し た 時 の こ と で
, 酔 っ 払 う と正
た。
す。 そ の 時 , 私 は23歳 で 司 令 官 は40歳 位 で
これ は正 直 に申 し上 げ るこ とです が,教
し た 。 彼 は 言 葉 も 行 な い も実 に 立 派 な 人 で
会 員 以 外 の 人 で , 私 に教 会 の 標 準 を捨 て る
した。 とこ ろが, 着 陸 して駐 機場 に飛行 機
よ う に誘 惑 し て き た 人 は ひ と り も い ませ ん 。
を移動 させ る途 中で ,別 の飛 行機 が そ ば を
そ うい う こ とを したの は, か え って教会 員
通 り過 ぎ て い き ま し た 。 司 令 官 に は そ の や
で教 会 の戒 め を守 って い ない 人た ちで した。
り方 が 気 に 入 ら な か っ た ら し く , 相 手 の パ
私 は 真 理 と義 の 原 則 を 守 る こ と が 祝 福 に
イ ロ ッ ト に 目 を や る と, 吐 き 捨 て る よ う に
つ な が る こ と を 知 っ て い ま す 。 自分 自 身 の
こ う 言 い ま し た 。「あ り ゃ ,一 体 何 を 考 え て
人 格 と徳 に 重 き を お く 人 は , 選 ば れ た種 族
操 縦 して る ん だ 。」そ して の ろ い の 言 葉 が 彼
と な る栄 誉 を 受 け , 特 異 で し か も高 貴 な 民
と
の 口 か ら もれ ま し た。 と こ ろ が 飛 行 機 を 駐
として知 られ る よう にな るで しょう。私 は,
めて 外 に出 る と,彼 は こ う言 った ので す。
ま わ り に い る 若 人 の 皆 さ ん が 「堅 物 」 で あ
「バ ン ガ ー タ ー 君 , あ の よ う な 言 葉 を 口 に
る こ と を 願 っ て い ま す。 「
堅 物 」で あ れ ば こ
出 して す まなか っ た。 同乗 者 が君 だ とい う
そ堅 固な土 台 が築 け るか らで す。
こ と を忘 れ て い た よ 。」
聖 徒 の 道/1983年3月
号
31
リ チ ャ ー ド ・M・ ロ ム ニ ー
コ ー デ イ}の
夢
難雛
嚢
羅翻
講
羅
騨麟
.鍵1翻
難 、
識
ぼ
コヒ
難 羅
騨欝
》 瀕聾盤
麗 難
1.
一蝦
藻
剣
鵬 彦
塁総
無
霧鞭覇
総耀 盤 盤 塁畑 騨}』
凶 一 デ ィ ー ・カ ー が 宇 宙 飛 行 士 へ の 夢
コ
を、
薗 こ描 し、た の は
, わ ず か4歳
の頃
そ の こ と に つ い て 相 談 し , ま た よ く祈 り ま
し た 。 コ ー デ ィ ー に は 人 生 を 貫 く 目標 が3
で す。 什分 の一 を入れ る貯 金 箱 は宇 宙船 の
つ あ り ま し た。 ま ず , 天 父 が 授 け た も う た
形 を し て い て , お 金 を 入 れ る と電 気 が っ く
戒 め を す べ て 守 る こ と, 第2に
しか けに な って いま した。 ち ょう どロケ ッ
の 伝 道 に 出 る こ と, そ し て 最 後 に 神 殿 で 結
トが 発 射 す る 時 の よ う で す 。 学 校 に行 く よ
婚 す る こ と で す 。2番
フル タイ ム
目の 目標 に つ い て ,
うに なる と, 友達 は コー デ ィー がそ ん な途
彼 は こ う 語 っ て い ま す 。 「伝 道 に 出 る こ と
方 も な い 夢 を抱 いて い る こ と を 馬 鹿 に し ま
につ いて は し ょっ ち ゅう話 し合 って いた の
し た が , コ ー デ ィ ー は 真 剣 で し た。 当 時 は
で , も う 出 る の が 当 然 の よ う で した 。」
宇 宙飛 行計 画 が まだ始 ま っ たば か りの頃 で,
こ の3つ
の 目標 に つ い て , コ ー デ ィー は
ロ ケ ッ トの 打 ち 上 げ が あ る と, 一 部 始 終 も
さ ら に こ う 語 っ て い ま す 。 「毎 晩 寝 る 前 に
らす まい と して ラ ジオ に釘づ け にな るほ ど
父 と母 が ベ ッ ドの と こ ろ に 来 て , 私 た ち 一
で し た。
人 一 人 に 『入 生 で 何 を 得 た い か , 何 を し た
当然 の こ とです が, コ ー デ ィーは 天文 学
い か , ど ん な 人 物 に な りた い か 』 と 聞 く ん
に も関 心 を 抱 く よ う に な り ま し た。 ク リス
で す 。 こ の 目標 設 定 の 機 会 は , 私 の 人 生 の
マ ス プ レ ゼ ン トに望 遠 鏡 を も ら う と, 朝 の
3時 か4時
に起 きて, 星 を 眺め てい ま した。
「夜 の 空 は 本 当 に き れ い で す。 宇 宙 は す べ
て神 が 創造 され た もので すが, 未知 の部 分
が た く さ ん あ りま す 。 私 は , ど こ か 未 開 の
地 が あ っ た ら探 検 し た い と思 う の で す が ,
残 って い る とこ ろ と言 った ら宇 宙だ け なん
懇黙
で す 。 宇 宙 に行 く に は 宇 宙 飛 行 士 に な る し
か な い で し ょ う 。」 彼 は そ う語 り ま し た 。
コ ー デ ィー は , 科 学 や 電 子 工 学 の ク ラ ス
を取 れ る だ け 取 りま し た 。 「私 は 電 子 工 学
は宇 宙 探検 に別 に関係 な い と思 って い たの
で す が , 父 の勧 め で ク ラ ス を 取 る こ と に し
ま し た 。実 に お も し ろ い 学 問 で す ね 。」彼 は
.鰹
州 の 電 子 工 学 コ ン テ ス トで 優 勝 しま し た 。
譲
冊 雷曇
堅
宇 宙 飛 行 士 に な る 目標 の ひ と つ に, 空 軍
嚢.
灘
難覇
士 官 候 補 生 に な る こ と が あ り ま し た。 高 校
に 進 学 す る と, 彼 は 両 親 や カ ウ ンセ ラ ー と
苺
繧
歩 み を 正 し い 方 向 に 導 く上 で ど ん な に 役 立
1年 間 血 の に じ む よ う な 努 力 を し て , しか
っ た か 分 か りま せ ん 。 私 の 答 え は , い つ も
もそれ を捨 てて しまわ なけ れ ばな ら ない。
前 に 述 べ た3つ
それ は どれ だけ 勇気 の い る ことで し ょうか。
の 目標 で し た。 も ち ろ ん 宇
宙 飛 行 士 に な る夢 に つ い て 話 し た こ と も あ
そ れ に, 学 校 を や め る と い う こ と は , 子 供
りま し た が , そ れ で も3つ
の 目標 は 必 ず 入
の頃 か らの夢 だ っ た宇 宙飛 行士 へ の道 を も
れ て いま した。 そ して, そ の 目標 を達 成す
閉 ざ し て し ま う こ と に な る の で す 。 「で も私
るため に何 を しなけ れ ばな ら ないか , ま た
は も う8年
問 題 点 は 何 か な ど も 話 し 合 い ま し た 。」
した。 苦 しい こ とは苦 しか った ですが ,迷
し か し, 目標 の 中 に ど う し て も 対 立 す る
もの が あ り ま し た 。 伝 道 に 出 る と な る と,
士 官 学 校 を1年
も前 か ら や め る と決 心 して い ま
い は な か っ た で す ね 。」
3月 の 休 み の 時 , コ ー デ ィ ー は 監 督 と ス
で退 学 しなけれ ば な りませ
テ ー キ 部 長 か ら 伝 道 の 面 接 を 受 け ま し た。
ん。伝 道 のた めの休 学 な ど とい う ものは な
そ し て そ の 年 の 夏 の 終 わ り, 学 校 で の 特 別
いか らで す 。 そ し て , も し 退 学 し た ら , 復
訓 練 を 終 え た 後 で, 退 学 届 け を 出 し ま し た 。
学 は不可能 で し ょう。 全部 初 め か らや り直
退学希 望 者 はす べて 面接 を受 け る こ とにな
せ ばい いわ けです が, か な りの 狭き 門で す
って いて, コー デ ィーは 何 人 もの カウ ンセ
か ら, チ ャンス はほ とん どあ りませ ん。
ラー や士 官 と会 って 話 を しま した。 その時
コ ー デ ィ ー は と に か く準 備 を 続 け ま し た 。
の 様 子 を こ う 語 っ て い ま す 。「初 め は 皆 ,真
ロ 走 って体 力作 りを し,大 学
意 を は か り か ね る と い っ た 様 子 で し た。 で
の 試験 も受 け ました。 また面 接 を受 けて ,
も退 学 の 本 当 の 理 由 が 分 か る と , 態 度 が 一
幹 部 候 補 生 と し て の 適 性 評 価 の 機 会 も得 ま
変 し ま し た 。 彼 ら 自身 の 末 日聖 徒 の 知 人 の
した。
名 前 を 挙 げ て そ の 生 活 態 度 を ほ め, 私 が 伝
毎 晩6∼8キ
士 官学 校 での最 初 の年 は, 伝 道の 召 しを
道 が 終 わ っ た ら 学 校 に戻 りた い と 言 う と,
た だ 待 つ だ け で し た。 そ の 時 の こ と を こ う
よい こと だと言 って くれ ま した。 驚 きで し
述懐 し て い ま す 。 「
つ ら か っ た で す ね 。4カ
た 。」 コー デ ィー の退 学 届 け に は ,伝 道 とは ど
月 程 過 ぎ た 頃 , これ が 自分 が 望 ん だ こ と な
う い う もの で , な ぜ 伝 道 に 出 る こ と を 希 望
の だ ろ う か と思 い ま し て ね 。 で も, 聖 霊 を
す る か が 詳 し く 記 さ れ て い ま し た。
通 して得 た答 えが心 に浮か ん で きま した。
退 学 の ため の書類 にサ イ ンを する こ とに
自分 は キ ン ボ ー ル 大 管 長 の 指 示 通 り の こ と
なっ てい たあ る士 官 は, 彼 に こう尋 ね ま し
を , 適切 な 時 期 に適 切 な 順 序 で 行 な っ て い
た。 「こ う い っ た 感 じ の も の は 今 ま で 読 ん
る。 そ う感 じま した。 そ して よ く祈 って,
だ ことが ない な。 君 は本 当 に これ を信 じて
計 画 を ぞ の ま ま 遂 行 し よ う と決 意 し た ん で
い る の か ね 。」「そ の 通 り で す 。」コ ー デ ィー
す 。」
は 答 え ま した 。
が 過 ぎ , コ ー デ ィー は 伝 道
コ ー デ ィー は こ う 説 明 して い ま す 。 「多 く
へ の 決 意 を 固 め て い き ま した 。 士 官 学 校 で
の 人は理解 で き ませ んね。 で も説 明す る と
こ う し て1年
34
受 け 入 れ て くれ ま す 。 彼 に と っ て み れ ば 今
らせ が , コ ー デ ィ ー の も と に 届 き ま し た 。
まで考 え て もみ なか った こ とな ので すか ら
コ ー デ ィー に も復 学 の 可 能 性 が 出 て き た わ
ね 。」 そ し て5月
けです。
, コー デ ィー は ス イ ス ・
チ ュ ー リ ッ ヒ 伝 道 部 へ の 召 し を 受 け ,8月
伝 道 を 終 え て , コ ー デ ィー は 合 衆 国 軍 事
に宣 教師 訓練 セ ンタ ー に入 り ました。 集 中
任 官 試 験 を 受 け ま し た 。 「伝 道 部 長 が 祝 福
学 習 は お 手 の も の で す 。 そ れ に加 え て , 彼
を して くれ ま した。 伝道 を立 派 に終 えた 今,
は 従 順 に な る こ と を 学 び ま し た 。 「時 間 を
必要 な こ とをす べて 行 な える よう に主が 助
上 手 に使 う よ う に 気 を つ け ま し た 。 犠 牲 を
け て 下 さ る と い う 祝 福 で し た 。」
払 っ て の 伝 道 で す か ら ね 。」
彼 も, 初 め の う ち は 復 学 で き な い の で は
祝 福 を 受 け た 少 し 後 で , コ ー デ ィー は 自
転 車 に乗 っ て い て ほ か の 自転 車 と正 面 衝 突
な い か と い う思 い が 何 度 も 頭 を か す め ま し
し, ハ ン ドル レ バ ー で 鼻 を 強 打 し ま し た 。
た 。 し か し , や が て そ れ も消 え , す べ て を
そ の 時 の こ と を こ う 語 っ て い ま す 。 「士 官
主 に ゆ だ ね る よ う に な り ま し た 。 そ れ に伝
学 校 の 入 学 資 格 は 厳 格 で す か らね 。 あ の よ
道 そ れ 自体 , い ろ い ろ と 大 変 で す 。 「最 初
うな勢 い の打 撲で す と, 普通 はパ イロ ッ ト
の6,7カ
月間 は義務 感 です べ て をこ な し
の 試 験 に パ ス で き な く な る ん で す。 目や 額
てい た とい う感 じで すね。 その業 が 大切 だ
は もちろ んで すが , 歯 を打 って いて もだめ
と いう こ とは分 か って いた ので すが ,心 か
だ っ た で し ょ うね 。」 コ ー デ ィー は 主 のみ 守
ら 取 り組 む と い う 状 態 で は あ り ま せ ん で し
りが あ っ た こ と を 確 信 し て い ま す 。
た。 とこ ろが, こ こで学 校 での 経験 が役 立
試 験 の 結 果 は 上 々 で し た。 最 初 に 受 け た
ち ま した。 学校 で はい つ も難 しい こ とばか
時 よ り も 点 数 が い い の で す。 試 験 の 内 容 が
り さ せ られ て い ま した か ら, 困 難 な 状 況 に
前 回よ りも難 しか った の で, その分 コー デ
は 慣 れ て い た ん で す ね 。 一 生 懸 命 努 力 し,
毎 日祈 り を 続 け て い く う ち に, 伝 道 が 義 務
ィーは優 位 に 立ち ま した。
「と に か く や る こ と は す べ て や り ま し た。
か ら喜 び へ と 変 わ って い き ま し た。 こ う し
自分で しなけ れば な らな い こ とはすべ て し
て あ る 週 突 然 目か ら ウ ロ コ が 取 れ た よ う に
たわ けで す。 あ とは主 にお任 せ する だけ で
目の 前 が 開 け て 心 が 穏 や か に な り, 心 か ら
し た 。」
主 の た めに働 きた いと いう望 み が わき上 が
コ ー デ ィ ー の 信 仰 は 報 わ れ ま し た。 ス イ
って き ま した。 そ して最 終 的 には, た とえ
ス の 伝 道 部 を 離 れ て2週
士 官 学 校 に 復 学 で き な く と も, 伝 道 は 自分
して か ら2年
に と って十分 価値 のあ る もの だ ったん だ と
合衆 国 空軍士 官 学校 に入学 す る ことが でき
思 う よ う に な っ た の で す 。」
た ので す。 後 の宇 宙飛 行士 へ の夢 は着 々 と
それ か ら しば ら くして, 候補 生 で コー デ
間 後, そ して退 学
後 に , コrデ
ィーは再 び 同 じ
実 現 し つ つ あ り ま す 。 戒 め を 守 り,.伝道 に
ィ ー と 同 じ よ う に 退 学 して 伝 道 に 出 た テ ッ
出, 神 殿 で 結 婚 す る と い う3つ
ド ・パ ー ソ ン ズ が 復 学 を 認 め ら れ た と の 知
に。
聖 徒 の 道/1983年3月
号
の 目標 と共
35
1
・無
虻Lll
1喜 奉
1び 仕
11
11・
斧llI
灘1
一隆
翼を の
味
難 「
./隙II,
、
弱1「
た
轡
癒蘇 騰
鞭 醒
べ勝 鷺 凝 》
,
騒
雪 謬 瓢 醤.網
、
藤 濠
灘翻鞭 、臥 爆 鷺 襲
麟
,1雛
ゼ ◎ヴ
1購
製
轟叢
36
臨
一 ・フ ァ ー ス トワ ー ド部 の ロ ー リ ー ・ス ピ
もち ろ ん, 一 つ 一 つ の キ ャ ン デ ィ ー が 愛 あ
rリ ー は こ う語 って い ま す。 「初 め て マ ー
る 行 な い を 表 わ して い る こ と を 説 明 し な が
ケ ッ トヘ 案 内 し た 時 の こ と を , 今 で も は っ
らで す 。
き り覚 え て ま す 。 、
ζ
・た り で 笑 っ て ば か り い
ソ ル トレ ー ク ・ハ ラ デ ィー ス テ ー キ 部 で
は, 心 身 に障害 の あ る青 少年 の ため の奉仕
た ん で す よ 。」
難 民家族 の世 話 に あた って, 多 くの若 い
活 動 を行 な い ま し た 。 第11ワ ー ド部 の ス ザ
女 性 が協 力 しま した。 家族 のた め に適 当な
ン ヌ ・ハー ドマ ン は こ う語 っ て い ま す 。「
若
住 居 を 捜 し, 衣 類 や 寝 具 を 集 め , 子 供 た ち
い女性 の ク ラス を教 え るの を手伝 いま した。
の 入 学 手 続 き を し, 小 さ な 家 族 を 街 へ 案 内
障 害 を 持 つ 女 の 子 た ち が , い つ も大 喜 び で
し ま し た。
「言 葉 は 通 じ な く て も , 感 謝 の 気 持 ち が
迎 え て く れ ま し た 。 みん な素 晴 ら し い 人た ち
伝 わ って きま した」 とロー リーは話 して い
ハ ラ デ ィー ステ ー キ部 の 多 くの 若 い 女 性 た ち
ます。
は, 身 障者 へ の奉仕 をそれ か ら も続け ま し
リバ ー サ イ ドス テ ー キ 部 の 少 女 た ち は ,
奉 仕 の喜 び を 味 わ い ま し た 。 しか も そ れ ば
で す 。だれ で も一 緒 にい た い と思 い ま す よ。」
た。
障害 を持 つ子 供 の ため の初 等協 会 では,
か り で な く, 奉 仕 活 動 と して 始 め た こ と が ,
子 供 と一 対 一 で 接 す る 必 要 が あ り ま し た 。
友 達 同士 の思 い や りや助 け合 い とい う絆 を
第1ワ
ー ド部 の キ ャ リー ・二 一 ル ソ ンは 言
い ま し た 。・「行 く の が と て も 楽 し み。 何 の
生 み だ し た の で す。
こ の 喜 び に あ ふ れ る 奉 仕 は , ソ ル トレ ー
不 安 もな い し , 自分 が 必 要 と さ れ て い る こ
ク ・バ レ ー の12の ス テ ー キ 部 に お い て , い
とが 分か る もの。 こち らの方 が奉 仕 を受 け
ろ い ろ な 形 で 繰 り返 し行 な わ れ ま し た 。 そ
て い る よ う な 気 が し て く る わ 。」
し て そ の 成 果 が , 若 い 女 性 の 創 設112周
年
地 域 に住 む年 老 いた 会員 の ため に奉仕 を
を祝 う席上 で, 歴代 の若 い女性 中 央管理 役
行 な っ て い る ス テ ー キ部 も幾 つ か あ ・
ります。
員 に紹 介 され ま した。 そ う した奉仕 活動 は,
ソ ル ト レー ク ・ハ ラ デ ィ ー ・ノ ー ス ス テ ー
心 身 に障害 の ある子 供 の世 話 か ら地域 杜 会
キ 部 で は , 若 い 女 性 が 各 々 ひ と り の 「お じ
の 老 人の世 話 に まで 及ん でい ま した。
い さん」 か
ソ ル ト レー ク ・イ ー ス ト ・ミル ク リー ク
第4ワ
ー ド部 の 少 女 た ち は , キ ャ ン デ ィ ー
「お ば あ さ ん 」 を 対 象 に1年
の
間 , 奉 仕 し ま した 。 交 替 で 送 り迎 え や , 家
の 掃 除 を し ま し た。 そ の 上 , お 年 寄 りの 個
ぴん
の 瓶 を 使 っ た 奉 仕 活 動 を 計 画 し ま し た。
人 の 歴 史 を テ ー プ レ コ ー ダ ー に録 音 し, そ
毎 週 そ の 瓶 の 中 に ,1週
間 に行 な った奉 仕
れ を 筆 記 し, 保 存 用 に タ イプ し ま し た 。 そ
の 数 だ け キ ャ ン デ ィ ー を 入 れ て い っ.たの で
して 出来 上が った記 録 を, それ ぞれ の子 供
す。 キ ャ ンデ ィー を入れ るたび に, 少女 た
さ ん に 配 る 部 数 も含 め て , 差 し上 げ た の で
ち の 心 に は 奉 仕 の 喜 び が わ き上 が って き
す。
ま し た 。 や が て瓶 が 一 杯 に な る と, 特 に 選
ユタ州 オグ デ ンの ステ ーキ部 で行 な われ
ん だ家族 にそ の瓶 をプ レゼ ン トしま した。
た奉 仕 活動 は, ク リスマ スの期 間 に ソル ト
聖 徒 の 道/1983年3月
号
37
レー ク ・シテ ィ ー の テ ンプ ル ス ク ウ ェ ア を
らされ るの で す。 それ に よっ て, 困 って い
訪れ た何千 人 もの人 々を 楽 しませ た だけ で
る 人 々 の 心 は 満 た さ れ , 与 え る 人 々は 満 足
な く, イ ス ラ エ ル の 多 く の 子 供 た ち を 喜 ば
感 を 覚 え る の で す 。 皆 さ ん も奉 仕 の 喜 び を
せ ま した 。 若 い 女 性 が 世 界 中 の 国 々 の 民 族
味 わ って下 さ い。
衣 装 を 付 け た ぬ い ぐ る み 人 形 を 作 り, テ ン
プ ルスク ウ ェア の南 と北 にあ る訪 問 者 セ ン
孚孚摯孚奪孚孚摩奪働撃働撃奪孚
タ ー の ク リ ス マ ス ツ リー に , 幅 の 広 い 赤 い
皆 さん の クラ スや 定員 会, ステー キ部,
リ ボ ンで 飾 っ た の で す。 少 女 た ち は , 自分
地 方部 の青 少年 は, あ るい は皆 さん 方 自身
の作 る 人形の 国 につ いて 調べ , で きる だけ
は , 隣 人 に 対 し て ど の よ う な 奉 仕 を行 な っ
実 物 に 近 い 衣 装 に し よ う と努 力 し ま し た 。
て い る で し ょ う か。 私 た ち は 世 界 中 の 青 少
そ れ か ら 自分 の 名 前 と住 所 を 記 し た メ ッ セ
ー ジ を 人 形 に 付 け ま した 。
年 が 行 な っ て い る 奉 仕 活 動 の 中 か.ら, 幾 つ
ク リ ス マ ス が 終 わ る と, 人 形 は イ ス ラ エ
た い と思 い ま す 。 そ こ で ぜ ひ と も 皆 さ ん の
ル の ベ ツ レヘ ム に 送 られ , ア ラ ブ 人 の 孤 児
ご協 力 をお願 い し ます。 地域 社 会や病 院,
た ち にプ レゼ ン トさ れ ま し た 。 眼 鏡 を か け
孤 児 院 に お け る 奉 仕 , 恵 まれ な い 人 々 に 対
た イク ラス とい う名 前の 女 の子 が, 最初 の
す る 奉 仕 , そ の ほ か どの よ う な もの で あ れ ,
人形 を受 け取 りま した。 そ の子 は新 しい 人
地元 の グル ープ が奉 仕活 動 を行 な って いま
か 代 表 的 な も の を 取 り上 げ て 紹 介 し て い き
形 を 一 日中 離 さ ず , 遊 、
ζ
ミ時 も , 食 べ る 時 も,
し た ら, ど う か そ の 記 事 を お 寄 せ 下 さ い。
寝 る時 も, いつ も 人形 と一緒 で した。
写 真 もあ れ ば(白
黒 が 望 ま し い)添
えて 下
ソ ル ト レ ー ク ・キ ャ ノ ン ス テ ー キ 部 の ド
さ い。 特 に , 奉 仕 を行 な っ た 人 と 受 け た 人
ナ リ ン ・ル イ ス は , 奉 仕 を す る と何 と も 言
の感 想や 反応 な ど を交 えた, 詳 しい記事 を
え ない よい気 持 ち にな る こと に気づ きま し
お 待 ち し て い ま す 。 末 日聖 徒 イ エ ス ・キ リ
た 。 ワ ー ド部 の お 年 寄 りの お 世 話 を し た 後
ス ト教 会 資 材 管 理 部 翻 訳 課(〒106東
で , ドナ リrンは こ う 語 り ま した 。 「あ の 方 た
港 区 南 麻 布5-10-30)宛
ち の お 陰 で , 自分 が か け が え の な い 存 在 で
日まで にお送 り下 さい。
あ る と感 じ て い ま す 。」 ま た , ソ ル ト レ ー
京都
に,1983年6月30
原 稿 は 楷 書 で 書 き, そ れ ぞ れ の 写 真 の 裏
ク ・ハ ラ デ ィ ー ス テ ー キ 部 の カ ー ラ ・ネ ル
に は , 返 送 先 の 住 所 と氏 名 を(読
セ ン は, 奉 仕 の も た ら す 深 遠 で 尽 き る こ と
みや すい
文 字 で)書
の な い影 響 力 を 見 い だ し て , 次 の よ う に 言
下 さ い 。 ま た 写 真 に は 番 号 を ふ り, 別 紙 に
い ま し た 。「人 を 愛 す る に は ,ま ず そ の 人 を
各々 の写 真 の番 号 とそ の説 明書 き, お よび
知 る 必 要 が あ る わ 。」
写 って いる 人々 の氏 名 な どを一 覧表 にま と
い た 紙 を テ ー プ か の りで 留 め て
奉 仕 は , ギ ブ ・ア ン ド ・テ イ ク の 法 則 に
め て 下 さ い 。(注 意 :写 真 の 裏 に ボ ー ルペ ン
そ ぐわ な い もの で す 。 奉 仕 を 受 け る 人 に も,
や鉛 筆で 字 を書 く と,表 に写 って写 真 を傷
奉 仕 を す る 人 に も, 同 じ よ う に 祝 福 が 与 え
つ け る こ とが あ りま す の で ,ご 注 意 下 さ い)
られ るか らです。 両 者 に奉仕 の喜 び が もた
38
6ε{}冒
ε:主ε861/算
⊆(o;陽冒
冒
o⑧ ㊧㊧㊧⑱㊧㊧㊧㊧磯㊧麟鯵鱒嚇噛轡鱒麟㊧㊧㊧㊧轡㊧
q∠ミ と ・一2・ζ
誌1-V
誉 琴 導 ⊆:ρ皐:ρn、9'⊆9≧中
←ア曾・へ4・う・字9ψ(4
@∩i翠@
卑繹箪窪
撃ぞ
㊥ ∼ 阜弾蓼鯉亀孚Ψ ㊥
㊧㊧繍㊧麟⑳㊧㊧鞠轡趨醗㊧轡懲鱒㊧鱒麟㊧㊧㊧嚇㊧翻轡
麟麟麟愚㊧㊧㊧㊧愚愚㊧轡
て て しま う で しょ う 。
かあ
たいせつ
お 母 さ ん は,は た ら くこ と の 大 切
お し
い え
さ を 教 え て く れ ま した 。 わ た しの 家
なに
で は,み ん な が何 か の せ き に ん をも
まい
ど
ぴ
っ て い て,毎 しゆ う 土 よ う 日 にす る
こ と に な っ て い ま した 。 そ れ が お わ
っ た ら,あ そ び に い っ て も い い の で
とき
かあ
じょうぴ
る 時 お田 さんが,「お た ん生 日
す 。 み ん な,ゆ か み が き と か,せ ん
のパ ー テ ィー を しま しょ う 。
た く と か,ふ き そ う じを しま した 。
お 友 だ ち を よ び な さ いな」と い い ま
お田 さ ん は,わ た した ち の す る こ と
あ
とも
かあ
にん
した 。 わ た しは,8人
がつ こう
なん
よぶ こ と に し
い
ま した 。 で も,学 校 に行 っ て ク ラ ス
とも
かお
な ら何 で もゲ ー ム に して しま い ま し
'た
とき
。.た と え ば,お
さらをあらう時に
み
ひ と
み
た
の お友 だ ち の顔 を見 る と,み んな よ
は,お さ ら を お ぼ れ て い る 人 に 見 立
び た く な っ て し ま い ま した 。 それ で,
て て,そ の人 を す く う ゲ ー ム を 考 え
ひと
かあ
なに
か んが
かあ
いっ
お田 さ ん に は何 もい わ ず に,み ん な
た り しま した 。 お田 さ ん と 一 しょ に
よ ん で しま い ま した 。 パ ー テ ィー の
い る の は楽 しい こ と で した 。 ど ん な
たの
ひ
たい
にん
たの
日 は大 へん で した 。8人 ど こ ろ か44
にん
お し
こ とで も楽 しくや る こ と を 教 え て く
き
人 も来 て しま った の で す か ら。 で も,
か あ.ち
れ た か らで す 。
い
お田 さ ん はニ コニ コ しな が ら,小 さ
し まい
な カ ップ ケ ー キ を どん どん や い て く
か
れ ま した。 こ んな こ と にな った ら,
か あ
ふ つ う の お田 さん な ら,き っ と あわ
かあ
たの
ス ミ ス姉 妹 は,お 母 さ ん や 楽 しい
ひと
家 ぞ く の 人た ち につ い て,い ろ い ろ
はな
な こ と を話 して く だ さ い ま した 。 ス
◎㊧⑳㊧⑱◎o㊤ ㊧㊧㊧㊧㊧鞠㊧⑳㊧㊧㊧㊧㊧㊧㊧㊧㊧㊧
40
1シ
暑・目 ε 書 ε861/菓(0製
讃
㊧㊧㊧㊧㊧㊧㊧㊨㊧◎㊧⑫
聖`孕}(9α;?皐
⑦9⊆
。騨 つ ≧
β皐、り
二)ニヨ∼ α ⊇ド∋⊆ ⑦ 邊`ユ(》
つ測
箪}卑軍 つ ヨ α
∼2老
卑 孕車
マ 〈、羊
。葺n£
管〉
皐2M壱
⊆.;創老 璽:⊇口⊃つ 一
μ9章
しq2マ
⑦老
卑?
阜2:£ ⑦ 邊くへ
。;zn睾、り ユc準=?2
、り嚢}`翠 障9!「9α
。ヨn鞘
燦壕
り、り?
コ ⊆ こP9}、り ⊃,c≧ 翼)一中 ⑦ 車2}9ヨ
・字耳
副 α`翠
妻9Y⑦
し∼『=∼072,畢2
卑YO9`箪
α 聖 μ?2翼
闘 ⑦老 。
ヨつ 準
つ2.Ω こ≧≧ξ⑦「》 皐 嬢q
老
α`(ヨ
ρ:Uζ…}
⊇ム り:)
一c畠=?、り
,郭
皐 。gnΩ ∫》再 窯 つ 翠}
つ ヨ α`=?⊂
ぞ妻
率曾 〉
つ
翠管 〉
四 ♀921β陣`?>c2産
マq
⑦
。ヨ つ 睾 厚 〉 ユ(二、りユ 厚 ⊂一
翌マもマ窪
算?
つ ≡4α`⊇ 翻 〉、り2n塁 弘 り盈:⊂圭 ⑦
マ 覧1
⊆2丑 日 ⑦ 口 ∼≧◎n「》
。⊆ こpnこL⑦
ヨμρα∼
≧し陥、り ユ つ:?(二(「μ9ヨ
叩 \v斗6⑦車o翼
02⊆2`卑?2ヨ
・ユ
皐 ぞ)一
「》♀ 聖`旱r》
@。
皐 鯉1β陣`=?=⊇
ヨ つ 窯 勲 り⊇脇 睾?》
@測2々
鋼`92、り
⑦日曾
邊 ⑦r》皐
望覧1
皐、「1翠n翼qζ
犀2畢2u望
。ゑ ユ ⊆:≧《2
つ
望2μ?2翼(二
勘 り9α α 望 駐 皐¥:`箪1「》 皐@潔12
マ2鉢
睾 α(2}!=6'レ`!=少
窪
。
葺 つ 鞘 り準 つ ユc尋 μ 目?99つ
ヨ
92、り
αCk`:βln4∼ き、りn2⑦
老 。葺
禦(潔
α ∼
≧、りΩ,「》2皐2⑦
vり 尋 つ 聖`ユ
翌 中:),つkり{ヲ つ
4耳
⑦ 鉱 口@撃
望
望
塑ミ
αa4卑
つ ユ(力4μ(二 軍、り睾1`(P「》 Ω(;理
暑}9'2孕 に≧薯`:βIYOつ2(P目
⑦壱
》
。ヨ つ 聖
くへ
4∼馨9
⑦nグ 津921β1≦2`ユ「》
∼き(寒11、62(P1謡
16罪1「》 皐 望21β1⊆2`(ヨ α しヒ暑
4
。翼 つ ユ
勲
例 ♀Gき=?`判「》
津 苓2(P踏
鱗'∠ミ
を で・、翠
●●oo◎
〉
曇 ∼ヲ
翠9写a卿7評1
窪4
@1創 ⊆2`aイ 君c?`蜀
畢ぞ
と 首ρ ⑦ ∼
≧kりユ し仁Y=:阻、9'⊆2孕「》 砥
9些;⑦ α α1倒 ヨ しヒ≧
田iヲ`ミΩ:「》
皐9P捌
●●Oo●
■
⑪②㊧㊧㊧㊧㊧③轡㊧④③㊧㊧oo
●o◎ ㊤㊧㊧③㊧㊤㊧㊧㊧⑳磯麟㊧繍鯵磯㊧麟麟麟噛懇麟
ひ
たの
か
ま りま した 。 そ の 日 の 楽 し さ,家 ぞ
なか
とき
も う ひ と つ,お
い の り の こ と で,
き
おと うと
く の 中 に いる 時 の や す らい だ 気 もち
わ す れ られ な い こ とが あ り ま す。 弟
を,わ た し はま だ お ぼ え て い ます 。
が,お で きで ひ ど く く る しん で い ま
ひ
しゅ
わ た しの バ プ テ ス マ の 日 の こ とも
はな し
かあ
し た 。 お い し ゃ さ ん は,手
じゅつを
くる ま
お話 し ま しょ う 。 お 田 さ ん は,車 を
しな けれ ば い けな い と い い ま した。
て
と める と ころ を さ が す の に 手 ま ど っ
そ れ か ら,ホ
き
て しまい,わ た しに テ ン プ ル ス ク ウ
ー ム・テ
とう
来 て,お
ィー チ ャー が
い っ
お とう と
父 さ ん と 一 し ょ に,弟
をし
っ ぎ
ひ
ェ アの ソ ル トレ ー ク・タ バ ナ ク ル に
ゆ く ふ く し ま し た 。 す る と,次
ひ と りで 行 く よ う に い い ま した 。 わ
お い しゃ さ ん が も う 一 度 しん さつ を
の日
い ち ど
はい
た しが タ バ ナ ク ル に入 っ て い く と,
して,お で き が な くな って い る と い
し まい
姉 妹 た ち が ま っ て い て,バ プ テ ス マ
い ま した 。
て
の した く を 手 つ だ っ て く れ ま した 。
はい
し
わ た しは バプ テ ス マ の へ や へ入 っ て
かあ
い き,い
す に こ し か け ま し た 。 お 任}
まい
かい
ス ミ ス 姉 妹 は,し よ と うき よ う会
にち
が っこう
はな
や 日よ う 学 校 の こ と も話 し て く だ さ
き
さん は,な か な か来 ませ ん で した 。
い ま した 。
わ た しは そ わ そ わ して き て,と て も
とき
す わ っ て な ど い られ ませ ん で した 。
ふんはん
はな し
あ る 時,わ た しは2分 半 の お 話 の
かんが
や っと 考 え つ い た こ と と い っ た ら,
かあ
はや
せ き に ん を も ら い ま した 。 わ た しは
き
お も
た だ お 田 さん が早 く来 て く れ ま す よ
と て も じ ょ う ず に で き た と思 い ま し
う に と,お い の りす る こ と だ け で し
た。 で も,あ る兄 弟 が こ う い い ま し
きょ うだい
かあ
た 。 お い の り を して い る と,お 田 さ
た 。「わた し は,と っ て も が っ か り し
はい
ん が入 っ て き ま した 。
●●o●o㊤
42
ま した よ。」わた しはき げ ん を わ る く
③③㊤㊧㊧㊧㊧麟㊧㊧㊧愚愚馨馨㊤愚⑱㊧轡
εラ
告 自rε毒 ε861/菓(0ミ
匡
髪ヨ匿
醗噛麟趣麟⑳鞠噛翻㊧嚇嚢
〉二
Σ¢ 卑 睾 〉 ゴ)孕勾(瓜 爪 り へり睾 砥
⊆`つ、り
鯉 毫「》 ♀ 田 聖=?「》 ♀ 万9≧
弘 字
。阜 準 い ユ(二(をつG2⊆2判
ニ1迎2障
阜ぞ
獅 嘱Yミ
t1峯
と`ユ
つ
奪 卑;?{… ⑦、り《
γ再
。食 泌 り畠?9⊆
雲K;
♀窪
。⊆ こPつ雲(》旦2}Y曾
雲1⑦c=?Ω`⑦(汐
ヨ ⊆}一
色 〉 つ 惹 毫 口r
ω4宏2コ
『o
U勲
り卑`卑2降9亙
田 ⊆2`Q(α
留4を
⊆2`卑2r》
皐
⊇皐 尊 ⊆2⑦
ぞ
つ.(二&〉 £¥卑
主
?o
肇マ
〆皐 尊9≧`9・2唐
窪窪
γユ
皐 α&コY旦
毎 ヨ「》便
⑦9目
γマo
◎=?Q`:臼=?2曾
。⊆ こPつ
しヒ9ρ 食 ヨ
9ぞ
?「曾
γ),
鯉 Ω,(ηヨ ∼
塾 ζ私 Ω29葺)`日
⑦ ヨ 遙2「T餌9:99つ
畢9ア
ζα21
婁 〈4⑦
三4α」。 食.⊂).りr
Ω 啄
⊆ 甲(「箪`:θ
9Φ
群4
血 〔==E:=
。翼 つ 睾 ∼り砥 つ(二⊆2:β1睾
ヨ 蓉2⑦¥
臼ぞ
率降 卿
罫 臼・q二?22
\りα(動`曾
。食 聖 皐 こ μ?2(残
真kりnヨ:1`象
曾を
ユ つ 払 りμ9準
曾 αグ2
£圏(ヨ αql`卑
1β僻 ρ ⊆ 老
。口 皐 鐸 〉 ユ(二9卑
ユ.二1
願 ⊇ζ 。ヨ つ 窯
窪喜
α Ω ⊇1⊆率 ∼
≧皐 ユ ρ?⊇
!「葺 α
食 ヨ`⊇ 阻 身Y∼ ≧しk>ユ つ、り 鯉 孕「》
∼
≧.口α 留 γ
ユ2}し 仁潔 日 Ω后`旧
?=コ
み へ
。ヨ つ 聖(〕αcヒμ?2\
り旦 ρ
マo
簿 旦{ぞ`;?&砥
弔¥`(転「》
つ ⊆2つ
、り準に)一
〉 曾 つ 〔==[=`準
⑦¥;猛`(転
q4←
ア畢
皐田2`(き「》
くへ喜 γ轟
♀尊 卑
望49マ
。食
〉 つ 濠 翌Y`⊃,、り
ω4マ
ヨα`翠 胆 皐哲2
こ母9ぞ
Y2
9マ
ヨσ し匹}。kり ♀ 評
口 ∼≧再 ♀
團 玖 βP2⑦
η
老
畢
「。〔
業孕 ⑦(2食E
鞘 り皐 訂 〉)一n∼を(動`卑 ユつ 払 り9
9睾 α 回 μ99つ
⑦ 茎 。、り
♀臼 〉 ユ つ ◎ ⑦ 曽聖 卑Gり
21睾 皐 尊 聖 ⑦¥`⊆
=[=`⊇
ζと」。 ヨ つ ヨ
獄 触 り:日巽26⑦
・へ三匹
ア身
老`?∼ ≧.巨「。(ヨ
つ α 奪 し匙亘 α 毫 α 回
=博
`つ葺Ck
」。 攣 つ 睾 砒 漁9⊆2`⊃,n
γ)
◎幽◎㊧③㊧㊧㊧蓼㊨幽愚縷磯霧鯵磯鞠縷鱒鱒噛鞭噛麟㊧
ベ ァ ィ ー・ル
ー・メ
ル
そ と
〔
コフ ィ ー が ま どの 外 の ほ こ り
ト
っぽいじゃり造搬
ロ フ ィ ー 。」
ぎゆう
翫
ト ロフ ィー は,牛 に ゅ う は いた つ
め
うま
目 が さ め た 。 あ た い は,と
の グ リン ウェ イ さ ん の 馬 だ 。 あ た い
び お き て,
は
は,ま ど にた れ さが った ブ ド ウの 葉
さ っ と ま どを あ けた 。
ば
うま
「お は よう ,お じ い ち ゃ ん馬 の ト
しゃ
み
っ ぱ をか き わ け て,馬 車 が 見 えな く
み
な る まで 見 お く って いた 。
と
熱 陰 難唾
うま
曽ヒぬ
マ
ロ
,馬'畿
かみ
ど うぶ つ
おも
動 物 だ な っ て,あ
蕪 ,
熱縄
藁
44
うつ く
馬 って,神 さ まが っ く った 美 しい
熟醜
た い は思 っ た。
9シ
コ 中 ⑦ 謁、「1窒、りつ、良食`:θM翼@
4壕
豪2翠
告 冒、ε≡
彦ε86i/翼
匹(0事歩置巨
!(∠ 一・レ芒 と ユ つG2`ン「⊆2
を
「oα
「。しk>卑=L(二(き ⊃.再 卑 こ
》
尊9仏
4q
り旦 α £ α`μ
⑦「》 ♀1β}⊆2:βnα`皐
〉 £∼92?
卑?、りxり」
「。鯉 且 α、り 旦 ≠ 八り
`砥9(二
砥 毫 皐 と2ト
⊆ こf)つ
翌(〕 ⊆ 暑 ⑦「》9へ りα へり三4鯉
`nイ♀ 田
」。 ヨqり99:且
噌2{2⑦
孕
望4
9噌
旦 こL?2⑦?⊂
越`旱M三[email protected]
「oこf)⑦⊆塾 りユc畠:倒
・レ乙 □ 引`、り
緊窪
≡4鯉
。⑦、り 旦 砥(〕 ⊆ 壱`「》
⊆ ⊆」
。ヨ
耳7鉢
9冴
曾 〉 つ(ヨ葦:創⑦ ∼
≧⑦
r》皐 尊`ユqり
2魁`卑
こL。 α/≦ 工 蚕`こP∼ ≧α α」
も
⊂、り μaブ ♀、レ エ6!(rl。6「。、り
烈aゲ
。ヨqり=?¢
壱 こL雲;宣⑩ り翼 鯉
ミ
ααグ卑
ぞ分㍗r》
曾 ロ ユ つ μ ♀ 孕 し匙9`α/≦
田`?(}皐n"重
工 石」
o払
く
ぴ
り⊃
.(二
耳 コ 胆 ⑦ 善、「1塾 ⑦ 獲 ⑦「》 ♀、レ エ ζ・〈
コメ
マ を
コ
を
ぞ
⑦ 口v?〈6v
も い へ
「。μ9(コ 卑C「》 α 皇搾N>翼2旧nイ
q邸2
暑
。こf)〉、りユUIC⊇K;◎
つ「》 し客⑦ ⊆
当
奉⊆
マれ
rl,乙翠に 翻 払 り(二μ 塔`ユ/「老
犀ぞ
。ヨ
翠 〈 ニ ー・レ 芒 と」oヨ
¢、り ユ(二α 回2[
毒
qり ユc喜 ∼ 耳(⑦剴 蛭`:βMヨ
「軍1阜
卑
r》皐 田`2牌
oヨ(⊃畠?∼ りヨ(氷 きユ
しヒ〉:) .⊇ζ暑…αaブ 旦9曇
ゆ ぴ
劉?宰1ω
↑畔
塔:⑩
きいソガ
り≡492`(∋
きぞ
誓∼9⑦
をロ
□v`ユ
な マし 再 ♀ 〈 ∠ 〈 二 払 り⊆221⑦
∠ 一 キ 芒 と`卑
Ω,へ り旦!「(転
⑦(Σ、り Ω 一「》
つ
一 レ芒 と`ユ(二
訓
ぽ
。理c、り
ユkり
しに 孕 〈 ∠ 一・レ芒
ちり い へ
と 旱}α〆皐 尊`?曾
α2μ「》
℃L「》2
。詳「》&(η9準l
もコ Ψ
翠に⊇髄
をえ
コミ 。9qり ユ(コ卑 》 薯
ヨ盟 ⑦ ⊥`ユ 具 孕∠
㌔
鐸「暴
\り窯障 引 一[=壬
》》9α
財 再`9"ヨ(熱
し掌老
〉 毫 平2陽「》(η
韓・字
壽・を
り(蝋り`準 八り葺@
。訟 りユ γ{≧2}
且
し科
α
/「訓`ユ
oヨ(二(∋ 卑 孕 聾`α「》
り孕@
。騨9艶
⑦ 〉に「》.自
豊:`μ9便
妻を
。葺、りμ 望 ユ 睾
圭 ⑦〉
払 りヨ α
).舜
喜止
q㌔
α し仁暑
き
(熟9'`到 ⊇圏 ヨ 皐 ユ ⊂ 曹(∋μ 旦 つ 〔:
=E=`ユ
薯"〈
躇
翠9
、り、りα「》 旦 〉「》 卑`2】
憲 μ'(∠
ω4
6}μ6}μ2}由
4毒
。払 りユ、りα(二Ω 翌「》9曽
噌 μ 砥 つ`(ヨ α し仁老
∼
≧旦2に/2α2μ(⊃.巨
`掌Mヨ@。9士
kり葺 鯉`21⑦
}字γ畔
2nイ μ`ユ(二9「》、り94Mロ
ユ、自=T
2口 圏α マ つ19'曾 〉`:倒 老 亘 ⑦ 引 一 α
マセ
と`9⑦
卑 ∼
≧⑦2庫
豊当:β1葦`:βr[グ♀
ウソ ヰ
ゆ つ ケ
訴 卑 こL?聖 旦=1⑩
り、り9ヨ しヒ〉:)再
もぞ
∼
≧客9鼻
ユ 再 ⑦2陰翠9当μ
⊆ヨ⑦2陰 当ユC臼:2ヒ £⑦ 葦 ミ
α「》♀ 訴
畢9,尋
γ窪9マ
はい
あたま
いつ
をふ りふ
さ ん と一 しょ に ジ ャ ム を び ん づ め に
な を 鳴 ら し て,あ
た い にあ い
して い た 時 の こ と だ った 。 な や の 方
さ つ し た 。 あ た い は,カ
ラ ス麦 をつ
入 っ た 。 ト ロ フ ィ ー は,頭
な
り,は
とき
ほう
こえ
むぎ
くち
か ん で,ト
も
か ら,「ウ
き
ロ フ ィー の □も とへ 持 っ
ワ ー ッ」と い う さ け び 声 が
かあ
聞 こ え た 。 田 さ ん は,あ わ て ふ た め
て
はし
うし
い て,エ プ ロン で 手 をふ きな が ら走
てそ ん な こと を した の か,自 分 で も
って い った 。 あ た いも,田 さん の後
わ か らな いの だ けれ ど,あ た い は,
か ら 走 った 。 な や の戸 を あ けて,中
て い っ て や っ た 。 そ れ か ら,ど
じ
ぷん
か あ
はし
と
あ
へ か け こむ と,父 さん が ゆ か にた お
ぎ
とう
かべ の よ こ木 にの ぼ っ て,ト ロ フ ィ
一 を よ ん だ 。 そ して,ふ
て
れ て いた 。 父 さん の あ しがね じれ て,
か らだ
るえる手で
した
あた ま
い
たか
あ
しゃ
はや
か あ
て
く 。」
じ ぶん
田 さん は,ふ る え る手 で 自分 の の
ず いぶ ん高 い と こ ろ へ の ぼ っ た よ う
あ たま
な 気 が し た 。 ト ロ フ ィ ー は,頭
をめ
み
や
ど を お さ え な が ら いった 。「ジエ シカ,
い
ぐ ら して あ た い を見 た 。 そ れ か ら,
ご
うえ
「お い ,医 者 を よ ん で くれ,早
にまたがった。
き
とう
ん の頭 をひ ざ の上 にだ き上 げ た 。
なか
を ふ り 上 げ て,せqコ
か あ
体 の 下 にな っ て い た。 田 さ ん は 父 さ
あし
トロ フ ィー の た てが み をつ か み,足
うま
なか
とう
さ っ と スカ ー ト をた く し上 げ る と,
あ
あと
行 っ て ち ょ う だ い,お
と
そ と
馬小 屋 の戸 を お しあ け た 。 あ た い は,
ね が い 。」
だ
こえ
あ た い は 外 に と び 出 して,声 を は
た
しっ か り と手 つ な を に ぎ っ て,あ っ
り あ げ て た す け を よ ん だ 。 で も,だ
あ る
き
ぢ へ こ っ ち へ と トロ フ ィ ー を 歩 か せ
いち
れ も来 て く れ な か っ た 。 あ た い は 一
も く
うま ご
た 。 か ん げ き で,む ね が い っ ぱ い だ
目 さ ん に,グ1リ ン ウ エ イ さ ん の 馬 小
つた 。
屋 へ走った。グリンウエイさんの家
や
は し
いえ
と
そ れ は た しか に,う そ をつ いた の
に つ く と,ド ン ドン 戸 を た た い た 。
おな
で
と同 じこ とだ っ た 。 で も,そ れ か ら
き
で も,だ れ も 出 て 来 て く れ な か った 。
うま
はチ ャ ン ス さ え あ れ ば,あ た い は馬
ご
や
い
や
はし
なか
小 屋 へ 行 った 。 そ して,だ れ も いな
とき
うま ご
あ た い は,い そ い で 馬 小 屋 に走 って
い き,ト ロ フ ィ ー の せ 中 に また が っ
み
せ んせ い
い時 を見 はか ら って は ト ロフ ィー に
た 。 そ し て,ク
の った 。
と ト ロフ ィ ー を走 らせ た 。
いえ
〔コー ラ ー 先 生 の 家 へ
は し
しゅうかん
かあ
それ か ら2週 間 く ら いた っ て,田
46
せんせい
いえ
ク ロー ラ ー 先 生 の家 につ く と,あ
乙ラ
告 目 εお ε861/興(0魁
竈
騒
ヨ@こL皐(二
目、り つ ミ
Ω 皐`判「》
皐尊
「。⑦
軍 ⊃一つ 丑?2、り
曾(才`⊃
一
し匙〉 αO}「》
ユ つ 孕9.ρ にL◎ 旦 μ αブ♀ 哲
。(Pヨ(二
9マ
つ老
♀、「1`ユ
翼 鯉」。9⊂、りG2こL里
♀ 尊`、り
9ぞ
q卑
。ヨqり
4融・旨
且
α&一 二M砥9>旦
α、り コ ρ 甲 孕「》♀
署コ
ユ ⊂Y?¢
∈}・
くへ口
`⊇】
中 ⑦ 雪 呪 ⑦「》 皐 尊`翠
八り攣@
晃
翌聖
をつ い
へり[email protected]…
「。こP∼
≧し之(ヨαn`9ヨ
…`「》 孚(「⊆2」
し客[匿21「》♀ 尊2
「9ぞ
㌔9マ
。ヨ つ"里
⑦nイ 卑 尊「。(カY窪
μ?:⊇ ユαグ曾 ヨn円詳 し#c毫 軍塾⊆⑦9⊆
」
マ=9才q宰1
`「》砥 卑(;早 ρ 聖
。;ムり葺 攣 翌 ⊆ゴ⑦ 薯
雪癌…?⊂ 老`箪M
マ
ヨ@O訟
盛
」。 章 皐 ユ 用 ユ つ 孕
㌔
りこL「》食(転Ω一訓rて・\/翠r》
皐
尊`ユC皐nユC響
甑
りcヒ2μnイ 皐.レエ ζ・〈∩ 二`?〉
曾4
kりコ つ と αM薯 雪、「1蛸毫 一・レ乙 口 引
μ「》 卑 晃 翌 難
を ぞ
曙2畢
》4岱「u
「。⊆ ⊇ 身2}首 α、り@♪
Ω「》2
も
。ヨ つ ⊇
ζα 皐 ΩM藷`(9μ&n⊆
uを
℃L、り ⊆2」。 到(執
≧
マq
り⊆2ユ
卿 皐.レエ6!(∩,乙「。「》
⊆ こP皐?吏
ユ(ン@`潤
砥9⊆
塾 ⑦ 弔¥一
亭つ 測
耳)(〕2
つ 老o章n望
ζ 一 口 乙'`ユ
くへ吾 γ 吾
毫=?2⑦
∩イ皐 尊99豫
昂判
`ギ「》(汐2へ
りα ⑦9C評
⊆ 老
島マ
kりkり乙()乙()`:βMヨ
」
。ヨ
卑
(二翠(ヨμ8ρ9マ
卑2`寧Mヨ@「。・…・・
。9qり
こL薯 □ 亘`ユ
「軍,・算
(二、り◎ 卑Pα
♪
◎ こv食9α
ユ
◎2
マ
中 再 ⑦ 一・レ 乙 口 引 翠Mヨ
4耳
み
い を 見 た 。 そ し て,ベ
ッ ドの わ き を
い い の 。」あ た い は,う れ し く な っ て
き
た た き な が ら,こ う い っ た 。「来 て く
れ て う れ しい よ,ジ
まえ
い った 。
「そ う だ ,じ
エ シカ 。 わ た し
はな
とう
とう
も,お 前 に 話 し た か っ た ん だ 。」父 さ
おお
ば
よ う 馬 ズ ボ ン だ よ 。」
かお
父 さ ん の 顔 だ って,か が や い て い た 。
とう
ん は,大 き く り ょう う で をひ ろ げた 。
なか
父 さん は,き び し い け れ ど,も の
こうへい
とう
あ た い はそ の 中 に とび こん で,父 さ
かお
ひ と
ん の か た に 顔 を う め た 。「ト ロ フ ィー
せんせ い
い
ひと
わ か りの い い,公 平 な入 だ 。 い つ だ
にんげん
って,人 に しん ら い され る人 間 に な
お し
に の っ て,先 生 の と こ ろへ 行 っ て く
とう
れ っ て,教 え て く れ る。 あ た い が 父
し
れ た こ と は,知
って い る よ 。 わ た し
さん に か くれ て,わ る い こ と を して
はな
を,ゆ
いた こ と を話 した っ て,ち ゃ ん と あ
る し て く れ る か ね 。」
か お
あ
はな し
あ た い はび っ く り し て,顔 を上 げ
とう
き
とう
た い の話 を 聞 い て くれ た 。 父 さ ん は
み
て 父 さ ん を 見 た 。「ゆ る す っ て,あ た
も う そ の こ とで お こ っ た り は しな い 。
とう
い が?父
さ ん 。」
あた い を,ゆ る して く れ た ん だ 。
とう
「がん こな 父 さん を,ゆ る して お
とう
く れ 。」父 さ ん は,あ た い を し っ か り
こえ
と う で に だ い て,し ず かな 声 で こ う
とう
け
い っ た。 父 さん の い きが,か み の毛
とお
みみ
はい
を 通 して耳 に入 って きた 。「う ち で も
うま
か
馬 を買 う つ も りな ん だ よ,ジ エ シ カ 。
か
おも
ス テ ィ ーブ ン に買 っ て や ろ う と思 っ
ば しゃ
て い た ん だ 。 そ れ か ら,馬
ふ
車 も な。
こ うへ い
うま
だ が,わ た しが 不 公 平 だ っ た よ 。馬
まえ
は,お 前 と ステ ィー ブ ン と で お つ か
かあ
い 。 そ れ か ら,田 さん が よ う ふ く を
か
とき
買 い に い く 時 に はつ い て い っ て,じ
ば
か
よ う 馬 ズ ボ ン を買 う と い い よ 。」
ば
「じ ょ う馬 ズ ボ ン を?買
48
か
っても
6ラ
{…}』rε≡
≒=ε861/菓(0毒
髪韻
逝
陰
ぴ ユニに 望 払 りρ9婁
ユ望 〉一 こP孕2剰 砥9卑 卑
ヨcc⊆2陶
μα
含21窃5亀 鯉
ア ム・C・ト
フ リー ス 博 士
と移 植 手 術 を 受 け た ハ ー
ニ ー・ク ラ ー ク 博 士
囲
年 の 暮 れ(12月2日),米
愚
レ執 刀責任 者 てあ るウ ィ リ
1騨、聴 聾
垂1翼i
Ψ 磁講灘
錘的経験であ った
世界初の人工心臓移植は
鍵騰 灘熱
欝難鐡 難 簸鱗 獲蹴灘 勲 鱗 難 難;
1灘
穐、㍉瓢
糖 麟,
・攣
編
ユ タ大 学 医
学セ ンター て行 なわ れ た世 界初 の恒
久 利 用 型 人 工 心 臓 移 植 手 術 て,ふ
た りの教
翻
し た。 も し ク ラ ー ク 博 士 に 劇 的 な 処 置 が 取
られ て い な け れ ば,数
時 間以 内 に息 を 引き
取 っ て い た て し ょ う 。 私 た ち に は,す
てに
会 員が 医学 史上劇 的な役 割 を 演 じた。
そ の た め の 準 備 が で き て い ま し た」と
語っ
執 刀責 任 者 て あ る ウ ィ リ ア ム・C・ト ブ リ
ー ス博 士(38歳)と 移 植 手 術 を 受 け た 元 歯 科
て い る 。ク ラ ー ク 兄 弟 の 心 臓 の 筋 肉 は,「ま
医,ハ
の てあ る。
ー ニ ー・ク ラ ー ク博 士(61歳)て
心 臓 外 科 医 トブ リー ス 博 士 は7時
ある。
間 にわ
た る 手 術 を 終 え た 後 の 記 者 会 見 て,「手
術
室 に いたす べて の 人に とっ て霊 的 な経 験て
50
謹
る て テ ィ ッシ ュペ ー パ ー の よ う に 薄 か っ た」
ドブ リー ス 博 士 は,い
な っ て い る よ う に,こ
つ も習 慣 として行
の 大 切 な 手 術 に 際 し,
手 術 の 数 時 間 前 に 祈 り を 捧 げ 瞑 想 して い る。
匹(ρ≡
匡
多讃
呂⊥ 一一・=V¥
圏
璽匪
﹄
唖
摯製
器 工y、
認瑚 一、董
(
ぷ臓累累望蟄辱 )6=華
畢 零V矧 0象 郵V
Tω=薯 三韓 (仔
一、
8 湿 製 監軸囮馴V藝
脚吉呈罫
Yコ塗
・
藝 弓¥ 冨4辱疹 慧
一章 [
一
画+短吉 一
豊
"
ゑ
難
診、
曝塁 。
蓮
望 レ譲 孝ω畝葺 己㌔
曇 ペムZ工 γ¥圓。認
惹 嚢 工善 f
側U
々6スー恥4
曼
一
§
岳謁凹
伽
岡
國
唖
島Ψ翠
罧 ムq、
埠誉
繕 巳
四⑦
醤認鰭
Yaqマ霧
離澤 蓑
萎
藝
Vqマ覇 ユ
「
丞 島ま
巌
ご
〃 、¥ー
羅 嬉
濯 コ謡駈謁霧 樋翌ム4
8 茎一
、而曇ユ孟q£ 4諮
潤霧
2一、
ユ窄4
緑aー膚盗腎 窪
騒T▽
爵 ⑮田 鱈 ︾ Ψ
毛1・冒 ε…
枯ε861/翼
o
雪 担「1畳
皐 弔`白
母半
喫
γ月馨孕 ▽ 一 ≠ 哨 二F劃.
轟 葺 マ「身
卓 灘 巣 コ 勇 義(o索 岡`∩
母酎 劉1鼻嬰 圏 〉 こ
▽
× 一n二
討 認 γ甥 ユG射
蛍 身 ら日騨 唾1⑦轟 籍=∼導 題」ユ
∩ 餉 聖 き¢噂 身
⊇`判(副
律2ア1挫
ム1影
蓮`6
喫ユ購
∩土呈孕 彫 士 ⑦
七当梼 嘲 Ψ 罰 彫s(1π 盈)干 章レ(ム
ん4曾
禦ユ…
孕量 防 名 岳 車(ρ財
。
ゑ 翠 自嘩 埠 亜・πゑ 〉雷 承 暴薯 曾
皐ユ蝉 ∼
孝4i陛 η ∼
牢ユ=∼2痺 γ2`.⊃19甲
q}捷9》
聯 ユ 尋 酵Qγ
曾
吾 畢 白 脅 到 り413
∩ 年 藩2G(}=∼G(}コ(汐
9津oゑ
望
胃 曾(汐攣 牽器 響 ⊃1
ユ 管百鐸 律9峯
翠GユG量
。4
肯(き4戯
ア1坤2。 ゑ
⊃π,鍵 ∩蒋 母輩 羽(ρ2ア1推」
。(Σq}G量 呈⊃19甲(o¥`ア1:干
⑦
曾 禦 ユ 野 軍 埠 窮 野`ユ
曾 ゑ=∼9甲
ゆ
ー6-9⑦
》 奨 母 当 題(ρ靱 逞(o老 令 干 創 〃 一44曾
;L昇;留 ⊃1梨國`々Y鐸
∩ コ蝉 孕蝸 圭
∩ 呈》謝 ア1推=∼ 曾qユ<査
妥参豪=∼ コq首
率qユ
4r匙・囚・4r吾
圭 七雲演 魏 つ'`白 禦 ユ 普 弓 漸 粛 謹日日斎 申 蝉
「Qゑ 睾q}∩
厚 緯 ユ ∩ ⊃1…
髪呈ン母
ユ 翠 穿 コ」。 曾
∩ 〉 ∩ 酵 毒 智2溺
皐 鞠「1朱2ゑ
Ψ 鐸 冒4-4〃
皐 ユ 誉 月.母「当 旱まゑ 〔
き4像
飼.∠一r{二 討 ⑫ 禦 ユ 岡 憾 梼 難ト
ワ「(ρ白=∼o詳
捌 嶺 鱒 覇 蓄 詳 翠G尺 字窪 茸`∩
婁q駈
粥謬
享 諦 豪 昇:留駐41蒼 畢贈 士 劉・「・工Y(ρ 瞬 碧
τつe(工`∫α勘V㌍」凋0)。4G(卑
肯 母 豊 附 ⊃1剃 ぎ¢ 白 胃'Σ《
宵 〃 一 を4`ユ
「。ゑ 翠qユ
ヘマq4q源
自 駝 翠 弔oゑ
鋼 副=∼Gゑ
宵6-44
呆d一
受qユ
く ヨ/(4乙
吾 壽 翌¥6τ=∼4レ
り(き 姻 番 ΨY(Σ
曾 針(o皐
灘麺嚢
鈎礫 難囲
T9
(Z861`τ
口邸コ 白 塁 ⊃1¥〔 摯干 劃・<ム
一6<}回`Ψ4茎
⑦ 翼 牽(o宙
畢 専 射 当 【鷹i自い
白 甲`ユ
⑦ ユ 翠 辞2`Pq茸
身 ら写看 羅=?鄭(ρ 》Y鯛
04∩
準 皐 ユ 勲 繁 ∩ 耳 豪 輩 ⑦>r多`(汐
五打牽
年r箪 像 ユ 輩 尉`ユ
qユG鍵
⊃1(∼甲(∂¥ユ(、G⊃1璋
`罰 能 宵 一r1
,レ4・・乙4r4(凋
一 身 壬 ▽ 一 Ψ(ρ 曄1旺 〃 一44
Q身qユ
》 コ埋 陽 桜}園
禦 ユ ー4・壬
⑦ 一6・て
製 母制 …
影(ρ ユ こv享(0彦
墾 圭 管 望(}ユ
耀 濃 ⊃1当 十 景?⊇
4国*4辞
畢
皐但 健(き・4(留
∀q5覆22曾
認 県 ⊃1
瞥 董 翌 習 尊*)
ゑ 裂 鍵 豪 魏'ワ'工Yコ 瑠Y
灘1灘 購 纏 灘 蘇議
灘織
麟 灘灘 灘 灘 灘 鷺
縮
ぞ
ゴ
耀 継、難 懸 難聚
曇懸 羅 羅 羅 懲懸 鰻 鰻 鞍繋
騰麟
寄
慧戦
瓦
一 テ ン・ハ
E]
灘
リスの署 名 入 りの手紙 が
,
ト・F・ア
シ ュワ ー ス 兄 弟 に よ っ て 所 有 さ
が ゆ
罵
ユ タ州 プ ロ ホ 市 在 住 の 弁 護 士 ブ レ ン
ノ
噸 輸!
。
潔
・園
瀞
しア
り 、配
ご
㌧三
、
れ て い る こ と が 明 ら か に な っ た。 こ の 手 紙
は モ ル モ ン経 の 翻 訳 の 原 本 で あ る 版 の 見 証
者,マ
ー テ ン・ハ
リスの証 を立 証 す る もの
てあ る。
マ ー テ ン・ハ
ス・ジ
リ ス の 息 子 マ ー テ ン・ハ
リ
ュ ニ ア に よ る 肉 筆 の 手 紙 に は,当
時
89歳 に な っ て い た モ ル モ ン経 の 見 証 者 マ ー
テ ン・ハ
華㌧
響
町》
か
惣.
穿
マ
1辱
乃み
㍉鐸 熱
繍
噛 新
欝
艶
タ州 キ ャ ッ シ ュ・カ
ウ ン テ ィの ス ミス フ ィー ル トて,ブ
リ ガ ム・
働
t
ヤ ング大管 長 の義理 の息子 て あ る ウ ォル タ
ー・コ
㌧二蕪 妻
鱒
・毒
麟麟
毒
リ ス に よ る 署 名 が あ る。 こ の 手 紙
は1873年1月13日,ユ
ま
ン ラ ッ ドに あ て て 書 か れ た も の て
,
内 容 は 次 の 通 り て あ る。
▲ モ ル モ ン 経 の 真 実 な こ と を 証 し た3人
ス ミス フ ィー ル ト
キ ャ ッ シ ュ・カ
の見
証 者 の ひ と りマ ー テ ン・ハ リ ス(1783-1875)
ウ ン テ ィ,ユ
タ
1873年1月13日
切 望 な さ い ま し た の で,こ
ウ ォ ル タ ー・コ
拝啓
ン ラ ッ ド兄 弟
兄弟 の お手紙 を大変 あ りがた く
頂 戴 致 し ま し た 。 今,喜
びを もって この ご
こ に慎 ん て 申 し
上 げ ます。 私 が その古 代 の記 録 を現 わ して
下 さ る よ う 主 に お 祈 り し て い ま し た と こ ろ,
聖 な る天使 が 目の前 に現 われ ま した。 そ し
返 事 を し た た め て お りま す 。 モ ル モ ン 経 に
て そ の お 方 の 前 に あ る テ ー ブ ル の 上 に は,
よる影響 が 広 ま りつつ あ るこ と を耳 にす る
聖 な る も の,つ
の は 本 当 に喜 ば し い こ と で す 。 そ し て上 述
他 ニ ーフ ァイの民 の古 代 の遺物 が置 かれ て
の 本 に つ い て,兄
い ま し た 。 天 使 は そ の 版 を お 取 り に な り,
52
弟 が私 の証 を述 べ るよ う
ま り ウ リ ム と ト ミム,そ
の
」5
。4Q囲
母 罫 弔 ⑦ を ユ 騨Z6コ1日OI
目 乙 由「9乙81罪1×r[v・<、壬
壬・<4・4・τ
ぐ ん4・キ
壬'邑'‡∋1×r〔V・!<壬
G聾(ρ
を ヨ ー4國
一 ム`… 享}鍵⊃控
階6;コ コ ユt7Y妄
由70乙81コqC∩
>醸*⑦
⊃捌/〔
94壬
携 ユ∩ 暑
望qユ
…陛障
一 ム`ユG源
⊃1
【(!∩ 。⊇∫G宰22
由gz鰐`白9鞠
冒(ρ2⊃19甲(を
掌 ミラ〕
要q∩
4ト1',民 レ)享
⊃1副/(4斗
一 ム`ユ
劉 ×n)・・<壬
身21【(19E拍
像2>灘
一
⑦ 胃 ∩ 騨 幽 豪{種 鍵
。4・「日 π彰
告 自rεゴ咳ε861/翼
遅 コ∼:⊇(Σ(A:2.宰:).署
些(0≡匡
去蓋
藪
孕 毒 ⑦Yε
φ ⊃1ユ 率 讐 ⊇ 埠 携・圭 ⑦2`斎
旱ま(o
髪04宰
ユ ∩ 皐 膣 ユqc⊃1…
耳レ醤i劉(ρ 老*γ 訂
をアれ
`∩ 士Y⊃ 曝 瑠46触
母 鵬 圭 ω=)`ア
陣 苫
× 一 乙 τ・ぐ ∠(Σq}∩
労 面 畢 暴 〕二琢i酉
.。(Σ∼
翠ユ、(o(ΣGユG脅=∼(o(摯
母 嬰 董(0
鍵 朗・llρ6τ(Σ 禦(∂ 盟
。4G鍵
穿 く4黒 Ψ 螺 率 等 〕
薙…
軸県
髪Ψ 》弊 罷 φ 老
ω 》 腿 璽`n醤
曾4,ρ
『
酵 玉呈9蝉
型 臆唇 を聖 ⑦ ×rlv・く
壬一
ム ⊇∫∩ 轟 目 母i冶 壼(Σ ゑ 隆に1署・く 丑4r丑`41
吾 母 レ 馨(o単 庫`ア
ユy璃2(Σ
騰
禦 ユ(o(}源
士 ⑦2白
率CQ曾G
董 重}∩2}鎌
是 辮聖
事 一 鴇Y十:斗`白
∼
牢ユ.i雪割呆(o蜴 琢i亜 ミヲ〕
疑
。(Σ∼4ユ ユ(剛 撫 字騰 士 ⑦2巌
〕q由70ε81
9ε814融
母 由79ユ η ミ≧磯旧 馨⊃痒:玉 Ψ 考;〕
鶏
。⊆ 率 ∩ ユ ∩ 盟 圭 畢 皆 謡1⊃1(汐4(≡ 聯 準
曾 ゑ 身:き{!尋聯`白
禦 ユ 重 喜 壷:¥:き(!鵬・圭(o⊃
`アli峯≧王▽45
・一 ム ー Ψ・{⊃(ρi雪 弓 弓 首
=⊃
争≡
≡[ン
看看1(oヨ「を
ヨ
睾♪=十
母 巣虜`〉
‡コΣ=r[\/・/(=≦
一一 ム`三 曼
ジ
痺 〉 ∩ α 留 鰹 皐 身 η 畢(ρ 融・く 丑
4r∋=‡:脆 と宗`鰹
9ゑi褻
⊇μ ∼Y⊃1県
膣 弓4r討000`ε
釧呆000`9母
劉母 鷺 謡 コ(∼ρ4
等 葺(ρ(汐=¥(Σ ゑ 酬 叩
認・く}4rま
ミ ×・乙
ア1×n\/`由「6Z81
。(き号 白 口…
サ=∼靭 遙(〃 ×
吾Eぐ4G;ウ2i聾
彦ユ ∩を
卿 劉 羅(D」囲(04、レ
τ=ア1×r〔v・/〈
罪1二∼'、Ln)。
ム
`捌(ρ4筥
ミi官影
。4雛
5字臨 皐 曾 望 ⑦ 号 暑(o珊
ゑ 導 …ξ量 孕 聖 ⑦ 彦=¥準`69∼
6く,レ(Σ
皐 酬 甲(4(二.籍 ユ 準 レ2`(}一
∩
皐 階 由(}⊃1酬
∩畔
τコ
ユ律
⑦」∼(き4… 肇日(∂酬[硅 ⑦ 暴・く 丑4r
ε…量
ヲ0ε811ヨ㌘
ヨ1呈(0×rl\/・く,≦,一2L
一 ム
首 〕
鼎
に1罵
くヘユt酵
2⊇
畢 Ω一
。ゑ ユ(o毒(o(摯(≡
罪1珊
。(Σq}6
茸 く4コ 属 》fl
〉 冨 濠i毒 ユ 勲 認;専 羊 源4ゑ(事
4∩
一
〔:・一64r#4・」ア
携 圭 ⊇爆o(Σ
。#準(へ 量'=∼(き4り9⇒
⊇(≡G=∼
脅(}ユ
【へ3(辛 ユ(〃 曾qユ
⑦(ΣqユqG弓
⑦ コ`∩
⊃lqi郵 窪 母2
リ 【4潴`溶11求
老(孤(!推`ユG茸
嘉 ρ 牽 聰(∂ 獲 評4茸
禦`艇
渥i`‡ ∼1鵬
壬 一 ム`‡ll畑 霧(ρ 携 圭 ⑦2
0=¥∩ 叩 書王⊃矧呆譜i酉
鵬・圭(o⊇
×rlv・<壬
壬 一ム
管 茎7首 埠 宰 畢 号 ユ 禦9q
起 壬 る・4一/1刈・1r〈`討
ん4く
≡
ヒ(0目
昌¥⊃1謁`ユ2
。4G認¥謡
4ryト11ρ6-E一
(古 母田⑦ 卜11r嚢
6τ
=∼「' 、L'n`一
ムOZ影`副
簿4(UGY(∂
養i顕(乍 象 》 尉 ⊃,'y暑 劃4GY(0轡
士 ⑦ ⊇4:).禦
二尉K・4・く
に・一64r#4
。(を∼
牢ユ
.(o(摯(iを書彦∩ 聖 耳 コ{・5十 豪 再1・婁劉 ⑦ 法
`ユ ∩ 逸qイ2蝿
霧 ⑫
(ヘユ 讐(き 膨 コ 鼎 ⑦f昌'⑦
鷺=∼ ∠r【)・/て
考〕
巽=∼サ 誉 鳥¥母
ρ
⊃1
宵(Σ 耳 藁 ユ 準
o=¥∩ 畢 自(宰 蛸 埠
盈 雲 ユ ∩ ⊃1(きア ⑦2。4∩
率 健(き 勲 早 Ψ2
⊇(Σ 禦 埠 逓・π(Σ(汐 辺 ⊃1雷 鼎 ξ 母 醤 且呈(〃2罪1
鼻4推`白
禦 ユ(o(}尊
辞 撃 凄 羅 ユG甲Dl戯
〉脅 ‡
…1ユ⊇.GこP⊃1馴Yア,型
⑦ コ`》
⊇ 陛1鰹
皐 ⑦(駆 ¢並(⊇G=∼「(Σ
∼
拳こL…耳劉 挫」2(Σ
。4∩ 準129勲[引
⊃}(き鼻2二19甲qゑqギ
ゑ
肖
燃彰
蹴
でφ
綴藏
礁
・鎌 灘 議鎌灘灘 縮1癒
錨蕨
縮縮騰 繍 鱗i瀟鍮 癖
藻
鞭
難 鍵懸 顯 鱗 鰻 鷺謙鰻 難 鰍 撒 懸 勲獲
灘難
国
る1月14日,十
二使 徒定 員 会会 買 リ
グ ラ ン ド・リ チ ャ ー ズ長 老 の 葬 儀 が,
ソ ル ト レ ー ク・タ
バ ナク ルで行 なわ れた。
リチ ャ ー ズ 長 老 は1月11日
引 き 取 られ た が,そ
に令 嬢 宅 で 息 を
れ は2月7日
の97歳 の
誕 生 日を 迎 え る 直 前 の 出 来 事 で あ っ た 。
葬 儀 に は ス ペ ン サ ー・W・キ
ンボ ール大
管 長 も 出 席 し,秘 書 の ヘ イ コ ッ ク 兄 弟 が メ
ッセ ー ジを代読 した。 タバ ナ ク ルを埋 め た
ッ セ ー ジ は,'常 に最 も適 切 な聖 句 に よ っ て
何 千 人 も の 人 々 は,最
裏 打 ち さ れ,泉
長 老 の教 会幹 部 と し
の ご と く 湧 き 出 る証 は と ど
て 長 い 間 重 責 を 果 た し て き た リ チ ャ ー ズ長
ま る と こ ろ を 知 り ま せ ん で し た 。 全 末 日聖
老 に 深 い 感 謝 の 念 を 寄 せ た。
徒 に と っ て,リ
パ ッ カ ー 長 老 は こ う述 べ て い る 。「私 た ち
は こ の 愛 す べ き 人 の 目 を 通 し て,教
会 の歩
チ ャ ー ズ兄 弟 は,希
望 と真
理 と 義 の 錨 で し た。」
最 後 に リチ ャ ー ズ 長 老 の ご子 息 で あ る ラ
み を 見 る 思 い が し ま す 。 リチ ャ ー ズ 長 老 は
モ ン ト・.リ チ ャー ズ 兄 弟 が,リ
ジ ョ ン・テ
老 の 証 を 引 用 した 。「私 は 全 身 全 霊 を 通 して
イ ラ ー 大 管 長 の 時 代 に 生 ま れ,
チ ャ ー ズ長
7歳 の 時 に ソ ル ト レー ク 神 殿 の 献 堂 式 に 出
こ の 業 が 神 の 業 で あ り,ヒ永 遠 の 父 な る 神 が
席 さ れ ま し た 。.長老 は 当 時 の 模 様 を 実 に 鮮
こ の 業 の 行 く末 を定 め て お ら れ る こ と を 証
明 に 記 憶 し て お られ ま し た。 ま た ス ノ ー 大
します。 この教 会 は私 た ちの主 であ るキ リ
管 長 が セ ン トジ ョ ー ジ で 什 分 の 一 に 関 す る
ス トを か し ら 石 に,使 徒 と 予 言 者 と い う土
啓 示 を受 け た 時 は,14歳
台 の上 に建 て られ た もの です。 主 は今 日こ
で し た 。」
キ ン ボ ー ル 大 管 長 は 弔 辞 の 中 で リ チ ャ ー.
の 教 会 を 導 い て お ら れ,そ
れ は予 言者 た ち
たた
ズ長 老 を こ う 称 え た。「彼 の心 の 底 か ら湧 き
が 宣 言 し た よ う に主 が 天 の 雲 に 乗 っ て,降
上 が っ て く る メ ッ セ ー ジ は い つ も機 智 と知
臨 さ れ る ま で 続 く.でし ょ う。 こ の 証 を イ エ
恵1こあ ふ れ た も の で,私
た ち に 勇 気 を与 え
ず に は お か な い もの で し た 。 そ の 力 強 い メ
54
ス・キ
リ ス トの み 名 に よ っ て 申 し上 げ ま す 。
ア ー メ ン 。」
∫∩ 翠 リヒ…gi暑
♪【(!
〉 浮Q⊇
⊃IY⑦
⑦ × ム ×6〃
◎
しの尋醤 、
ユ耳α号コX`了 ︹
冒尋σ鮨曾拶姦 ⑦撃呈コ両勲
マ謬昇}つ隠弩 畔目V 。
マ耳
壬×の取耀α留尉?Y峯 、
コ勲
墨 綾 贈遷誕翠堵蝉田 立 rー
轟卑切聖卑歩購圭像9士⑦圓田
単羊寸奄16爪・×ム×頁49
}し塑首蓼目コKiズ⑦影旦μ
ニコ署 ▽
⑦群σ〆ー τミ ㍉ の
易筆罪⑦畢厳φ琴置囁刈K吾4
皇
ロム卑麩多曾雫コ脅主贔Y粧
×ム×百4罫VΨ⑦罪 マ乙β
圏︾ 型4rーτミ認V卑算コ
題︾"X曽虫田興 逼 日+ 諺
里V罪 溜儲書翼獲 鉢 彫囲ジ
。
評Vつ蒙 V
6ω×ム×百4の宙召2Ω"Y
耀刈×頁キ ・Xエμ彩蹟日辛
踊凝⑦票宰⑦×ム×百4 、
豊▽
⑦事期 > 1`咋 9嘩}し脳塚
∩ 捌嘩鼻 附肇 野コ製︾罰脚
囲接 菓 墾 非
警髪姦
・引 ・酋
鎮購¥9由
彰 ΨQ
マ⑦蔚旨 、
朱需 一q4囲来 。
マ
国*(〃 中
譲
園
唖畏
㎏
,一:
継 .
攣
..
懸
縛
さ
即
げ、
毒
携齢 き
藤礁 帯 曜
墨鎌
憲
嶽 州磁
飾
懸 繍暁
轍鰹 秘
,購 欝
掛慧 .
騰 ∵轟
撫懸 《鞭
⑦ 図号
甲21畢}等
一 τ:ミ × ム ∠n〃(Σ
4r4養
遡ω主畢⑦国帯受呼夕卑旱卑
環瀬ヨ
羅1齢 苗r言
灘回
⑦瑠璽Y蕾 油 華募帝 「
蟄⑦つ Y V十 三屯塁耳笛⑦立峯窺十
つ垂 }盈測⑦9弱劉工癬 彰 =9叫騨V+9の}氷コ都腰劔
撃' 舘i謡
ミタ≧難1≡
些;可手・巳rOε 坐単ヱ
繋髪菖 ▼
一 τ=ミ と=2ΣY二rl∠ チ(ΣこP=三1…斐OI営
llr百曜)護 ≦'ミ〃(ヱ)4r[r/さ
(;)一麗 等q♪:∼三
な
咀
撫 ㍉・、
o團威
望 脾,へ
壁1㍉.声 ゼ脅㌧車
.羅
乙
4榔!さ 一 τ ミYムYh4回
謙1
一 一・職 鋤
噸勲
∵ 醸訳 ミ
庶議 婦幽 難 騰罎覇藤 一
しみ
一・
懸麟
L懸 獣ぜ 幾 轡囎聾曄
∼
登 ⋮撃
慕 愚
施藪
譲
、㌔
へ斡 '
「誌
語、
、
藝 亨
Zノ
蓬
さ ㌔夢
、譲 ∼甕
戸と 轟
鶏 或
・
、
\難 ⋮
粂
㍉⋮
髄、
摂
ー
・鐸
ーー
藩
、、
藁
、
潔ザ F
グ凝 ミ静
辰
障セグ
7、
葵 醍
やぐ
鶏
灘
ま
ノ
、 翼
、
評短
噂嗜.
?
メ
げ
醸
ミゼ
㌶ 噸 ゴ
繊
彰
告 目 ε 主 ε861/耳(ρ
4S
翁磁1斑藩.嘉
盤 墜割 翻 煽 割
士一壬と 鯉轡
繕 濠1灘翁
1厳 、職 隔 序u
製 》 ユ 鷺 尋 客(D鋤1‡・ll`
購 鍵懸 鰻顯 繋鱗 撒鍛 羅 顯 製難懸懸 難
本 当 の 意 義 を 知 っ て も らお う と 始 め ら れ た
こ の ミ ュー ジ カ ル も2回
札 幌,旭
川 の2会
目 を 迎 え,今
年 は
場 で の公 演 とな りま した。
宣 教 師 と 会 員 が 同 じ 目的 に 向 け て 一 体 と
な り,練 習 も2カ
そ の 間,脚
月前 か ら始 め られ ま した。
本 に も何 度 か 手 が 加 え ら れ,い
犠 牲が あ りま した。 特 に初 めて の 試み で あ
元旭川
の 会 員 の 皆 様 が 快 く 協 力 を 申 し 出 て 下 さ り,
旭 川 で の キ ャ ス ト・ス タ ッ フ 探 し,会 場 の
準 備,宣
伝 ポ ス タ ー 作 り,札 幌 よ り の ス タ
ッ フ の 宿 泊 の 手 配 な ど細 か い 心 配 りの お 陰
で,当
学 校 の3年
初 困 難 に 思 え た 計 画 も ス ム ー ズ に運
生 で す。
こ の 前 勇 者 の ク ラ ス で,2マ
イ ル行 く こ とに つ い て 習 い ま し た。
2マ イ ル 行 く こ と は,進
ろい ろな面 で 多 くの方 々の 献身 的 な働 き と
っ た 旭 川 へ の 移 動 公 演 の 際 に は,地
私
は 今,小
んで仕事 を
す る こ とで す。 た の ま れ た こ と だ け
仕 事 を す る の は1マ
イル です。天 の
お 父様やみ んなか らよ ろこばれ るた
め に は,ど
んな仕事 があ るか考 えて
み ま した 。
私 に は 兄 とふ た りの姉 と 弟 が い ま
す 。 み ん な 家 の 中 で.する 自 分 の 仕 事
が あ り ま す 。 お 兄 ち ゃ ん は 力 の.い る
ぶこ とがで き ま した。
12月10日 当 日 に は,会
民 文 化 会 館 に お い て,午
場 とな った旭 川市
後6時30分
よ り若
仕 事 や,お
父 さ ん が す る草 取 り や し
ば か りの 助 手 を し ま す 。 弟 も手 伝 い
さあふ れ る ステー ジが披 露 され ました。 会
ます 。 私 た ち は お 母 さ ん の 手 伝 い を
場 に は 招 待 し た 福 祉 施 設,母
し ま す 。 食.事 の じ ゅ ん び や あ と か た
た ち を 交 え900余
子 家庭 の 子供
名 の 観 客 が 集 ま り,共
に
楽 しいひ と時 を過 ご しま した。 翌 朝の北 海
道 新 聞 朝 刊 に は そ の模 様 が 紹 介 さ れ,多
づ け,洗
た く物 の お か た づ け や そ の
ほ か に た く さ ん あ りま す 。
く
毎 日す る こ とは 夕 食 の あ とか た づ
の 人 々 に公 演 の 楽 し さ を 知 って い た だ け ま
け で す 。、上 の お ね え ち ゃ ん は 食 器 を
し た 。 何 よ り も 福 音 の 持 つ 素 晴 ら し さ,ま
洗 し
∼ま す 。 二 番 目 の お ね え ち ゃ ん は
た そ れ を 自 らの 生 活 の 糧 と して 生 き る喜 び
ふ く係 で す 。 私 は 全 部 そ れ を か た づ
をこ のプ ログラ ム の一端 を通 して 感 じる こ
け ま す。 だ れ か ひ と りで も な ま け る
と が で き ま し た。
12月15日(水)に
(会 場:札
と 台 所 は い つ ま で も か た つ か な い し,
行 な われ た札 幌 での 公演
幌 市 教 育 文 化 会 館 大 ホ ー ル,収
容 人 員1,100名)で
も,会 場 を 一 杯 に埋 め
尽 く し た 人 々 か ら盛 ん な 拍 手 を受 け て い ま
し た 。(レ ポ ー タ ー:札
田 修 長 老)
56
幌 伝 道 部 宣 教 師・折
仕 事 が 先 に進 み ませ ん。
お ね、え ち ゃ ん た ち が テ ス トで た く
さ ん 勉 強 を し な け れ ば い け な い 時 や,
宿 題 が い っ ぱ い あ る 時,私
は 自分 か
ら進 ん で 食 器 を 洗 っ た りふ い た りし
二9
(霊1惚・(ヨqlq4)。<×
一 よ
。
享 率∩∩
【
¢嘩 ユ1卿 号9β⑦ 灘 × エ ♪
。
.巨率 自 罪17銘 ‡
∼1激⊃1(汐マ 〉 身 禦 を
△8(}(駆4律20.巨
`母=∼ ⊇ 曾 り 〉 ユqユ
彰9∼(〃茎(}ユ
》<4白
準(ヘユq葺
‡
ヨ,挫
官 コ∼γ 盛 穿 ア1灘
〉 源}百(摯
コ
∼牽)に(〆vρ
埠 ⇒'ソ 》`自99∼
oゑ ユ ⊆ 老q(宰4銘
律 ≡¥。 ゑ 睾
》}》
。ゑ 準
ユ 勲(二,畢
灘 鰹 重 平}⊃1∩(字準(ρ{夕目
。#宰
嘩}G宰
2曾 測 γ 鰹[劉q醤Gゑ
∩ φ 日 彰」
。4∩ 翠 ∩ 評q留
;∼2>身/1r,レ
ムz(}G【
母
壕H(∼q9老
像 ユ 。=¥∩ 率(へ量(}回」叫=∼(へ=¥(う}
'首畢9 ・/壬 ユq障
∩ 潭 輩 干}9∼ 。
卓ユ
7>q4(}ユ=∼`ユ
⑦(鼓真 白4c曇
里`9【4}G{野
鰹 輩 平}(ρ岳 阜 罪1挫
批9β 。γ 吾 睾 著
【
¢
∩=∼畢)に(グVρ 批 ア,Y(∂ 湯 批
∩ 禦'ソ 皐 〉 畔`2(Σ
導24(へ
∩ 豪 輩:羽 ⑦ 剴(ρ岳 目 罪魁`(}ユ
qユV募
雛葺
丼趣
診 ε右・「'
畿
獲…副 一 乙 班「[曝 キ ー 芒 と 尋「日}
牟日曾
∩ ユG轡 侭4Y(o当
》
q圓
。ゑ 率 ∩留9て4ユ ∩ ∩!=∼轟 ユ 【ハ
'Σ
へ⊃lqレ 宰}G製
畢'V謝 窪 ア1湯尊 購
`潟 罷 珊
ρ」「.巨
。ゑ ユ 剴 ∈ 曇 母「… β 皐 ⊆ 妾 鼻
率 雰 詳 螺q」`∩4G勲
〉畢
皐\
Σ^士9∼∩ 認G製
畢ノ
ソ測 窪(∂ 醇'y》
。.巨ユ 当噂 財 創 濾 。享 率qユ416母
当
⊃1(∼ア 〉身4r身 ムz(減L葦
。
ゑ 率 ∩魚 〉 甲埠 鼻
?2>身11r,レ
卑墳 ア1挫
ム ∼ヲ
…
斡 導(}ユ=∼(}申(o
つ'⑦店 甲`コ ∼(⊇留;∼4G勲'y喜
∩ 胃G駅
⊃匹
甲 〉身4r,レ ムz(}挫`∩q(へ
Ψ ∼
享…
斡
導(}ユ=∼ ‡ll担与9∼畔 リ ミ∼v=∼i轟⊃1(へ
律 宰
`2「甲
。写 ∩ 率 律 〉 ユ ∩ 星呈剰 ∩ノミ∼
毎9F
⑦(Σ ミ∼詳 〉 ユA!コ9ア(}数
彰
鐸(〃王`∩
誹22醇
重:¥(}ユ=∼
雲12
ユ'。7吾
ユ 圭(ρ謝G4【
¢罪1鋼9昭(}
翠 白 禦 翠1;∼24G量;∼
立 ⑦G癖
窪
ユ 圭 型 翠,翻 咳 ゑnβ
。ゑ 翠(へ鰍(}∩
・圭(ρ謝6辺
こ
ミ
へγ2q隊
§42⊇4G駅
【今軍
胃 【
字
ユ碁ユ
く(!ユ〉 更`く4=∼9撃
幸:¥q障
窪隊
ユ 率 く7。 真 率
i
擶鱗
㈹
霧
・嘘
冒
癒
繍 瀦 懸 鱗 灘 濾雛
繍 灘 傭瀟 譲懸灘
鍛
・1
禦「'
65
(備 田 丁・吾
号:一6一
盟 士 一 壬 ×蜴 ギ ー 壬 ×習 早
評・1)。4∩=}卿
発 豪具 迅>y>
身}毛 附 〉蓼鍾型量 潭 暴 甲 ∼柏 難`⊃1(汐 マ ⑫
》 》 翠辟 ρ 量2珊`ユ
Y一`⊃
国 王 ⑦ 楽(ρ 日鰹Y-
括≒
涯回=∼〉(自ユ 吾 皐醤 寡 〉 皐¥⊃19
G甲 コ 測 将G古
皐 豪 璽 薯 蓼 駒 麗(o…霧`罪 博4激4η
ミ∼
簸
。4∩ 〉潔 ⊃19
準 蜘 劉=∼「ゑ
ユY:¥皐
ユ 〉:f)コ峠
々」羊(∂幽 塗;塁;`蝉
真 雲(∂ 剃 窪 ⑫(}ユ
岡`判
劉
リ(き 勲 丼 白 鍵
⊇∫G∼ 撚4昇=「1互 毒 曾4Σ ⊃廷苗
劉 鱒 宵 學 回44澤
》q(}=∼
移 》 那`ユ
〉 傷"蜘
進 鶴
く¢(}二1興
塾 艘陳=∼坐 コ
ら日輝 學 ユ 厚 弱=∼ 厚
中(06塁
⑦ 曾4Y箪
。望Gて 丁 ⊃1G92畢
立 是 箒レ留`4/・E4畢
⑦
肇(ρ 珊`ア
甲
腱
ア
囲 翻 ⑦ 腿 副 一 ム蜘 國
マケ
導(}Gq孕
業(ρ等 営 事 集 智`尋
韻
昆 覇(ρ
…9量面 ⊃1i翻
蟹`q駐
⊃再早輩 萸!並ユ てT{招曾 畳ゆ 車 宙; …
≧目 ⑦M阜
…
≧1互
旦9【¢∼1呈
♪{一乙1蜘[雲」`日9目II毒Z861
。46(Σ 楽 孕4⊃1∩ 浸(oユ ∩2
智 腿 準(ρ胆 葦 害 巫 壱 営馨呈撰 金 豊`卑
一 曾ゑ
囁 暑 ユ ∩2Y盈
鳥 ⑦軍》 聯 ⑦引
呆討 一 ∠・蜘圏
`(}謁4∩ 呈1塾⊃1由
76乙61コ卑
省
璽
⑦i獅綱
ユ(郭 鮒 畢討一 ∠
」蜘 圏(ρ
。写G禦
賜 翻 写 【うユ ∩盈 易 Ψ 剃 罪1(ρ40(う ユ ∩ 万 載
魏{タ醐 呆準 母(ρ省 巫`∼ 餌畢`母llメ`田
孕騨 巣(ρ¥傷
母 くE<コ
嘉ψ
⊃牌 寡(ρ等 聯 ⑦ 興
⇒ 宰¥`2埠
身 真 車編 孕
母 巻 魂 ⑦ 真 》 赫(o雌 薯 ユ 卑 恥 思 三`囲(o妾
。4リ ミ
∼
聖 丑 コ 是 覇 冨 般(o瓢呆副 一 ムz蛍 蜘
團`罪 に 博 日胃 レ 皐奪媚 激 例 呆ギ ー 壬 × 暫 早 号
`毒振 ⊃19ミ⊇6⊃1碧 腿2ε(刎 呆準{呈
叩圏 アに ゆ7
白 寧」罪1士
乙乙61`∩ …[煙障 紬 ⑦ 〉・多⊃,【
帳 跨1畢 塀華 鷺
難 魯 窪4τ ∼9
岳¥`(吉
獅 卑4
⊃旧 糊 ⊃1ユ真`4率(睾
璋 盤04∩
三}G針
皿 狛`専
レ皿 甲`耳
醐 是 厚 ⊃匪31.号
国・く 孕 ぐ」携
♪i挙=∼「禦
。鐸 ∩ …戸懲 字壬 ヤ 鴬 聡 到翻 ⊃坤 閣Y⑦
壬9∼(OYε
⊃1鎚 豪 騨 乙
蝉 壬 晶 胃 健 皐 ξ辮 ま⊃悔9乙61)
ユG裂
宰科`41G41強9蝉
。4ρ 聡 引 醗 離(02縁aマ
告 目 ε主 ε861/冥(0謁
21罰 彫 コ 尉 一2… 郵牽 鶴 ユ 賜 藁 料 営 等 ⑦ 智 巫
2蜘 國`晶(ρ 老 。
写 ∩ 聾 自i欝母工
魁・圭潭 宰¥
`宰辮 劉 鼎¥k茸 潮 写 嘩剥(∂蟹 士(ρ2。 胃 ρ
吾 駆 魁生 留 遙(o挺 昌 嚇 裂 ⑦ 蜘 身`甲 讐 魏 晶
も66勲 蒼 孕耶¥♪(o牌 卑4鎌宵(o騒r多(ρ 腿 ギ ー
壬 × 巫 習 早 琴 ゑ(き源 》(o団 蝿 キ ー 壬 ×`ユ
聖叩團`ア 瞳 冒 學 鯉4り
皐 畢 等 ⑦ 射 箪 ρ 留障 撃¥割'⑦ 珊 毒7老`9
ゆつ
q24吾
立 科Y(o禦」牽
蚤;弘4盛[畔
⊃矧K・こ 》 中 罰Y。
製障 耳 生‡1十q辺(ρ 蜘 國`ゑ(き9螺
⑦ 由7`翠 に1劉 錘41ノ α 源 身 白 聯 ⊃潮6Z議
。4G狙
塁1負 母 留 ⊃lqG`牟
日z劇
出・日8Z目ZIも
瑳 賃 豪[劉 日eg曾
劇 匙41必
止 蛆`専
劃 醜 謁`諺
⊃1「蜘
(4η94臣
⑦ 彦
剃`螺4G鰍4∩!皐
6コ 團(ρ?彰
。4律9禦
鐸 ユG製
學 鯉4qユG源
矩害 學側
者目
ユ ∩ 当 迎 ⊃湘9Z目Z正 由:1乙61`罪1膨 宵 峯 回
。4q幽 母
罫…
冨(∂由70εユq鐸
⊃lii剰
彫(ρ辛 制Y白
甲21珊
課 ご
翌醤
輩
撃鶴 撒 國
舶 翠研.
二L!1璽
灘
母 ヨ重
轍磁
灘
α》(蝿
蝿十一壬×軍智璽
暫早琴)誉 釧睾2三 里 回
灘 灘繍 譲
蔽
鰯 瀟灘1漏
難 繍 瀦 繍辮繍
齢、 譲
"蟹
懸
、
難.鉛 灘
灘,
禽鉛 榔・
湖繋
キ
しチ
螺懸 懸 懸 難 懸 纒
繊鰻 懸、
'
潭
命
ぐ三樹 御 家族
▼小 笠原御 家族 のバ プテ ス マ会
、
轡攣
、
黙 弘
擁熱
蟻
蕪 聾 翼
§
毒
ずこi
墾塞
灘
騰 轟 蟹1
条 寧 率*争
寧・ト 小 率・ト 牽**勢
率 俸**率・ト
‡ ある 家族 の 改宗 の
‡ 手助 けを して
*争
率』
ト*』 ト*嘩
囲
率 率*小
年12月 初 め,家
率 争*勢
業 の 写 真 撮 影 業 も年
た た ま し い 電 話 の ベ ル で 目が 覚 め
ま し た。「三 樹 姉 妹 で す か 。 こ ち ら は ス ナ
ー 長老 です が
,今 夜,求
道 者 の家 族 の レ ッ
ス ン を手 伝 っ て 下 さ い ま せ ん か 。」
私 は ま だ 眠 た い 目 を こ す り な が ら,き
葺
浅
黙畷
言
争
‡離 ステーキ縄 山ワード部
‡ 三樹 世津子
争 』
ト卑 率 俸
末 で何 か とあわ た だ しい時 期 で した。
早 朝,け
㍑
贈
脳 裏 を か す め ま し た 。 が,あ
す よ う に,「は
約 束 し,求
わ てて 打 ち消
い,何 と か して 行 き ま す」と
道 者の 住所 とお名 前 を確 認 しま
し た 。 そ の 方 は 我 が 家 と 同 じ く3人
ん と の4人
の娘 さ
暮 ら しを して い ら っし ゃる との
こ と で し た。
ょ.
初 め て 訪 問 し た 時,御
主 人が い らっ し ゃ
うの予定 は ど うだ った か なあ とあ わ てて考
らな いので お仕 事 で帰 りが遅 いの で すか と
え ま し た 。 そ の 日 はPTAの
伺 い ま し た ら,今
用 事 で 一 日中
予 定 が 入 っ て い ま し た の で,夕
方 か ら家 を
は事 情 があ って 離別 して
い ら っ し ゃ る こ と や,ふ
た りの宣 教 師が初
出 て 行 く の は ち ょ っ と無 理 な 状 態 で し た 。
「商 売 を し て い る と こ ろ で は 年 の 瀬 は 忙 し
め て ドア を ノ ッ ク し て 入 って 来 た 時 の こ と
い こ と を,長
宣 教 師 を 受 け 入 れ る 気 持 ち は な く,ド
老 た ち にど う説 明 した らよ い
な ど を 話 し て 下 さ い ま し た。 そ の 時 は ま だ
アを
の か し ら。 も っ と 早 く連 絡 し て くれ た ら良
固 く閉 めて追 い返 した そ うで す。 その 後 い
か っ た の に… …」な
ろ い ろ な 事 情 で 別 れ る こ と にな り,現 在 の 住
60
ど と そ ん な 思 い が 一 瞬,
i9
(≧}尋 一nム
2c昇」皐c巧9)。
⊥).∩
ユ 鐸v自
豊 辮`畢
♪4・、乙 曝 キ ー 壬z:樹
ゑ 率n理(き
黛`6£
畳`騨8ε
【
字つ'孕22(i}ミ
ノ首 母Y-Y一
聯 刈 ×rlナ・×
∼
〉⇒
磁(}幸 日(ρ謡 亘lll(}…
撃目(o毒‡無 埠 …奪
呈♪i財駐 マ2(i要 嘩 ユ(o(}(Σ41鮨
鰹 》 聯(o等
2∩!12(き4狸1皐
脅 畢∫
李4Ω
ら∩
母 智 箪(o々Y
工.レ 製 竈 日 率
。ゑ 翠qユG鵬
濠2
マ ⊇412翠
∩老
。一
巨
革 ⊃1尋
客 宴♪\ノ耳 孕 畢 費21¥=?穿4
謝(Σ ゑ 聖2葬(Σ
⑫qユ
白3コ
⊆f9量=∼q4∩
に1鈎
告 冒 ε…
隼ε861/腰 ω賜 竈
弔 幸 ⊃厚1剖
⑫ユ…
斡 ユ 中 ⑦ 興 弔 ⑦ 々 日`∩i劉
禦 埠 ミヲ襯(髪 勲 〔
階 牽 身 認 罪i聾q茸
ア1寡 翼 推`∩4∩
母 旱 蟹 ⊃1々Y⑦
立 月`茎
マ4∩
9甲
4ユ
率書
【う脅 》 発(}堤i薫
〉
讐拠/耳
曇4認`q等
∩藻2Y…
型(02γ
。享 準 宰、ユ 蚤4=∼2疎
ユq庫
母 ち2看琴(郭4穿
乎
⊇ ‡:1フ
坐 。⊇!
率 自 痺 罪に1ユ 量「首 鐸 母 鼻=¥推
睾 白 闘 ⊃1呈1弔 二∼q量
寧1難
源圭
士2聴
啄…
斡・圭
一 嘩
耳 ⊃ll率皇fZI`律(き
畢 ⊃1
翠1苗 鼎 ⑦ 濾
に1一
。畔 ∩ ユ ⊆f(Σ
象4密
野`り
ん
噛 一
【うユG醤
申孝`捌
士 卑 ⑦Yε
。写 ∩ 準r1率
黄 母(き 刹/>
茎 留 壷fl12老
ユ(04り(き
〃K>〆
⊃1
〉 ユ リY善1蚕.ユ'V量
回 彰`即!皐
老`'し9Y募
彙(o梨
呈2「ゑ
。.巨準
く4⊃1鼻 射 導(≡q
牽 よd(}ユ
∩ ∈2`拳
⑦ 遙(ρ 遡 露 劃 翁・「/`〉
日
脅 罪1ユ(04
難 蟄 ⑦ 鋼(ρ 髪 ア1穿 雪 一 ≠ ∠
。ゑ ユ(04∩4瓜/
♪
ηc∼ 醇 身 ユ 刻暴副 一 ∠」
。4∩;碧
。4
こL<∠
母 甕 轟`携
呪⊃1⊆ 甲(Σ 宰 ユ 餌 盈 〉 コ)⊃1
壬 ア1(き珊
【(!∩2宰
(今}G呈
コ∼(へ4》}∩
4*⊃1蝉
【うユ ∩ 纂 コ}■ ∩ 鼎 鯉n含 亘(穀 車魁 母 白 蛮 ⑦ 彦
ア1鼻4推」1母
⊃陽 ま一2卑(OY箪
卑4劃 翁・「!`ア
…9
景!掛 嚢2
蜘 盤一 弱 畢ま
Ω量
白「杏 ユ 啄=¥罪
ユ∩ 宰
。写 ∩ 準 屡 聯 〉 ゑ(吉 白
螺 岳 母(汐 箪(ρ 弓 赫`ユ6劃
キ ん4⑦
鼻4鵜
誕 て儲 ゆ
母 囲 袈 ⑦ 卑4挫
与4鰹 く × ん49<4坤
り(き ウ 〉 母 』」(ρム × 壬 ♂
乙y罪1曾4鴇
母 ム ∠ 壬 二y>古(}日
壬(ρYS=∼(Σ
呈二∼「.巨 ユ 饗 一 立 ρ 量 ユ ∩ マ 宰 弔 畢
》 昇(郭4圏
翠 坤9峯
母 箭 融(}牌
ム ×rl6写
牽馴翻
肇 孕22(i≧
必 暫 十 螺 呈呈
窮 町 ユ ∩鍛
。4∩
ξ(ρ・←ユ9コ2
準 誉 曝 葦`∩
叩21〕i妻冥μ〉 ゑ ユ ∩ 当 魂 ユc【4(}推
塁日峯4茎(才
⊃1推`‡:1.2⊃4畢
∩ 母 ∩ 潔 劉 埠 挫 母 岳q源
智`⊃li毅 進 曾 喫 ユ 動 進・去 魯 ユ 塁腔重 茸 瀦 鍛
。4つ 準Qi劉 〉 駈 豪 ⑦(Σqユ6qヒ
肛r埠 厚 魚n名
斜 ω 数 断 ⊃1=「(ρ 鼻 畔 罪i雪`罪1挫4(ハ
畢 ⑦ 尋 囲`律'ミ
に1象41准
⑦Yε
罪1推`ア
写 茎 蛸(}轟
∩ ユ 戦「烈q∩(き
曾 ゑ 黛 客♪ユG=∼
号 ∼
郭(≠沓 畢 尊
。4∩ 準Q騨
レ ミ∼費 辮 Ψ …享 。4∩
《禦 埠 饗9(睾
牽 弓 翻 曾 φ{9嘩
宰 携 鰹q珊
嬉q宙9q=∼4G尺
字源 甲.21冥 冥}
`[劉⑦ 〉(き 溜 ∩ 裂(〃 老 。享 翠 白 望
蚤字翻 暴9(、
團 コ1…F(}誓去(きく4η ⊇5(!白 塁
ユ 舞 影 ⑦ 溜i毫 劃 窮・1!ユ
翠 ∩ 鯉i劉 ⊃1…F94・り'`弓
ム ×rl4⊆
罪 智 ⊃1嶋 垂(o×
〉 睡 弓2コ
ユ 勲 丁 》 璽 き〔!⑦(摯'u鮮2劉
幽「首 孕 士 数(〃 彦、ユ9射
陛障 聖q蛋(o鼻4¥}去`=∼
玉…(o聴 蝉9(ヘ
マ
「ゑ;睾qβ
ρ(≡=∼ ぎ(≠
白 禦 ⊃1宗 立 ∩ 皐 ⊥ ユ ∩
雲 豪 湿q董
2講
∩;L'Y吾
申孝`(摯2坤414∩
立 ⊃1(≡甲(Σ ∼
享塁 勲 辱(き 【(!尉暴到‡
∼,フ
婁」。 認 ∩ 準
景1,3購 鱒 剴 翁 寸!。 ゑ ユ キ2q羅(09アq呈
卑4宣1翁、「!`日'邑'≡ 肇(∠)日z目1由89⊃L4,臨
。4∩ 翠 白 凝 ⊃1(トf
9呈2(、4`1蚕
卑=¥鴻
チ1∩9睾
弔 評 日 舞`穿k(!」無=∼
`獅 鱗 風 三
」。4∩
曾 ゑ>q圓
壬 一y×
豪 孟 ぬ4蝉
弊 耳(o白4\
禦 ⑦)融 三
↓日 。4∩
薯《ρ 量>2老`日
率 辞(き コ}∩
管
騨GI色
⊃}q零
鞭
灘
轍 轍 繍 灘 灘懸懸霧
懸 繊 簸 簸 繕灘
鰻麹 懇 懸鐡 灘 灘 鱗 鐡簗懸鰻 懸 懸 醗
耀 絶lil;:1煮1晦1
鴨
霊∴
轟ll艦議…1…1;…
…
灘:…
…
畿::ll・1
講1灘l/罐、甑
環∵二
螺 顯 騒.懸
資 材管 理鰍 谷 ヴ・ク セ ンター
〒150東
京 都 渋 谷 区 桜 丘 町288階
TEL未
定
●教 会 出 版 書 籍・視
痂噌
聴 覚 教 材 の 注 文 処 理,
店 頭 販 売,:オ ー デ ィ:オ部 門
(教 育 部,社
会 福 祉 課,教
会 ユニ ッ ト
欝
胃§1日興
プ。予定の辣
ピル .地 下1
地上5階 建 て 焦 げ 茶 色 の レンガ 風 作 リ
バ
資材管理部渋谷 ブッ
クセ ンター付近 図
東
韓1
・国鉄山手線渋谷駅下車
南 口か ら歩 いて5分 。
薦
を 含 む)r
喜
■ 翻 訳 課(翻
訳・制
作)
末 日聖 徒 イ エ ス・キ
・道・4・・_曹_一
ヒルポート
ホテル
資材 管理 部 翻訳 課
〒106東
男弓響
鰻l
京 都 港 区 南 麻 布5-10-30
大相田
小
TEL(03)440-2351
遜
黒川ピ
コレ4卜
LDSイ ンス
テ
ィテユート
i
第一家庭電気
撫
N
■配 送課
62
東急観光
文化ハイ
クリーナ
文
教 会 地 域 管 理 本 部(PBO)
末 日聖 徒 イ エ ス・キ
う
、.
リス ト教 会
リス ト教 会
㊦
熟
灘
E9
堂・誉(葦昏
吏 箪 号)薩¥●
団0081号
堂・畜(軽 吏 蟹 尋)罹 申 ●
団00Zl号
革 薫・宰
号 瀬 竈 目半
告 目 ε幸 ε861/興(0毒 髪竈
へり♀ ⊥:)一
つ昼1薯2腿 立蚕[蜀腫
鷹 導 権:2園 鷺 日8乙目 ε 。
輩 薫 謝「冥 ⑦ 譜
蕾」OG⊥/6レ
≧巨89レ=」:¥麗
ー6一
セ墓 團可 図 母 田再 盟 箪
。、つ
…
皐⊥:≧/「Y2呈 孕(含
⑳OG⊥)日8レ
田009Z号(葦霞
車 箪 号)
曇 巽 聖)i彰 尉 蚕 漁 ⑳ 準に 腿 謡 。」互
ユ(呈
田0081号(鞍 吏 劉 号)、
田00どウ号(i黍吏)鼻 ど⑦彰・蕾(諺98)亟
団0099号(i楽 車)舅Z⑦
中●
堂・蓄(淫9∀)雇¥●
×nギ
×工 刷
目 ε到 囮蝋 チ灘 悟 目9◎
。血 皐 つ、り噛2翌 〔
ζ圏2
⑦ 々旦 ⑦ 獣 型(転耳鶴¥⑦
崖 車鞭 置甥
導酬
…
翻 享一 革 葦・量
竈
等 圏 監 謄`こ ⑦
一
巨皐つ 纏 騒 皐;?9田 呈⑦9ヨ#レ=£ヨ つ蝿 劇
α 葺嘩(な鰍 藁`:臼2}「1臼9Ω
⑦ 竪22」◎
。
皇 鞘 り)
一
つ9母 ⊆2翠(雇蚕
レ
⊆P⑦9
α奎}腿≧
≦・畢 男2幽
。
血 鞘 り畠:?、り章 一
∩
醍 皐6一 添/曾食 与 融 攣腿 杢・呪 訓 一 乙畏 ◎
懸
爵ll
留
軍 …
導甥
》 …
酵rl燃
螺
(一6く46征
∼;シ0)・・・・・・…‡∼1一
⊃_kへ(二
一⊃1要2星 ●
OZ8Z-96(乙
・u」・dOε=セ ∼・u」・eOO:Ol目
'udOε:9∼
犀 辛 …・翠1ユ \へ⊂ ⊃鵬kへ
聯 葦 εP=?袈 蜘[艶 』⑦「菓
⑦ 製 竈」・)三 翠 ●
瀞で
\/コ呈⊥ 寧}昇q号k、[摺
♀ ⑦ ユ 呈呈象 國
鷲 ♀ 平 麹 翠}一 手 一[攣
蜀(009(1劇
騨
。#畢
(田 軸)一6く4累
瞳 蝿説 贔僻 募 ▼
幾`目
胃u'eOO:01日
誰午
勧 夢 ∼ 目 勧Y
劇 射 蒙 昇 ⑦ 畢 聖 壌 昂 一6;く46;爪
μ 母譲 蕊
。q♀ ⊥ 婁 勲 彫 ユ ⑦#宰
∩ 身 ⊃1薯 雛 ⑦9k〔1一 呼/=4契2里
ユ \/真
。ツ 昇 畢 皐 ゐ 〔1:?⊃ 曾#∩
黎 ε2二L晦 量 辮
セセ
セ
ユ、へ 冨 毫 〃 爪 刈'∠r⑦ 皆 卑
耳1(埠彫q卑kヘ
セセ
爪β`卜 〔
≠真 睾4}阜 川
削 旱1]一6く4〃
、ユー6/=46爪r母
。#睾 廿 ♀ 冥 雛(∋
ぎれ
瓢
騨
暑(∋・〔1-6く4累
篠
、
心、
ユ ー を く4〃
蒼
茶姻)三 翠 ⑦ 皆 …彰削 厘
・〔
葬一6/て4〃
》 ⑦ 画 面rlセ91⑦
。一
巨 翠rl潭 ⊃1:?:2曾
鞭鱒
爪`母
縣 姦 寡 聴 辮・`∩
〕
譲
詳 卑
煉 ♀ 冥 騒 ⊃N瓜=τ
⊇量⑦ 田 工田`手 隅 ≠勝
爪 β 母 裂 ユ \/乖`‡i})三 翼 廻
0客8Z-96(乙2;ウ0)『
【ヨこし
1一 ラ0川1卜叫1田 岬 騨 車 ラ匹 』
一6くz際 割 皐盈晶 勾票
r
蓉灘繍 繍 纏 欝 繍1猛轍 繍 繍 欝 繍締 懸灘1繕,
Fly UP