...

被災者耕作放棄地活用事業実証ほ場事業概要(PDF:85KB)

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

被災者耕作放棄地活用事業実証ほ場事業概要(PDF:85KB)
被災者耕作放棄地活用事業実証ほ場
事
業
概
要
1.事業の目的
下堀地区は、昭和 55 年に県営ほ場整備事業により基盤整備がなされたところであるが
農家の担い手不足と高齢化により、遊休農地が生じている。
また当地区には東日本大震災により、楢葉町からの避難者(以下被災者等とする。)が
居住する仮設住宅が多数存在する。
そこで、当該遊休農地を活用し、営農を希望する被災者等に、風土の異なる土地で作
物を栽培することにチャレンジしてもらい、新たな土地での営農再開へ備えてもらうこ
とを目的とする。
2.現 状
農家の担い手不足と高齢化によって、10 年以上耕作放棄地となっており、葦や低木が
繁茂していた。
3.計 画
(1)地区名
会津美里町下堀地区
(2)整備面積
26.0a
(3)区
農振農用地
域
(4)実施主体(取組主体)
会津美里町耕作放棄地対策協議会
(5)再生方法及び土壌改良(工事外注)
チェーンソーによる立木伐採、草刈機による草刈、重機による抜根、
トラクターでの耕起、整地作業
(6)対象農地
番 号 地
1
2
3
計
目
畑
畑
畑
面
積(㎡)
所 在 地
1,526 会津美里町下堀字宮下11-1
51 会津美里町下堀字宮下11-2
1,027 会津美里町下堀字宮下12-1
2,604
(7)栽培作物
蕎麦、秋野菜(キャベツ、白菜など)
(8)実証内容(平成24年度)
・ 会津の気候に合わせた蕎麦、秋野菜(キャベツ、白菜など)の栽培手法の確認
と収量の確認
・ 収穫した蕎麦及び秋野菜の販売を行って消費者等の評価を得る。
(9)実証方法
・被災者等にほ場の管理・栽培を委託し、この土地でのノウハウ取得。
・収穫した蕎麦は収量測定後、そば粉への加工・調理を委託し、収穫祭で振舞う
ことで評価を得る。
・収穫した野菜は収量測定後、仮設住宅地区内直売所で販売を委託し、評価を得
る。
※主な委託先
再生作業等
:工事外注
ほ場管理・栽培 :被災者等(作業のみ委託し、資材購入等は協議会が行う)
そば粉加工・調理:付近の農業者等
直売所での販売 :仮説住宅の敷地内直売所(商工会運営)
(10)事業費
平成24年度総事業費
5,772,603 円、交付金
5,772,603 円
Fly UP