...

従来の不織布と熱収縮糸の組み合わせで200%の 伸びを実現、 大きな

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

従来の不織布と熱収縮糸の組み合わせで200%の 伸びを実現、 大きな
■ハイブリッ ドマッ トシリーズ
従来 の不織布 と熱収縮糸 の組 み合 わせで200%の 伸 びを実現、
大 きな不陸 にも追随す る こ とができるマ ッ トです。
従来の不織布 と熱収縮糸 の組み合わせで200%の 伸 び を実現 、大 きな不 陸にも追 随す る ことができるマ ッ トです。
従来使 用 され てきた不織布 (短繊維 、長繊維 )とハ イ ブ リッ ドマ ッ トを落石試験 、耐衝撃性試験等 で損傷 状 況の比較検証 を行 つた
結果、従来使用 され てきた不織布 と比較 して破損程度 が極 めて小 さ く格段 に優れ た性能 を有 してい る ことがわか りま した。
● 引張試験
ポリエステル不織布
熱収縮糸メ ッシュ
● 引張強度 グラフ ]500
伸び率2 0 0 %
高
強度
2 0 0 % の 伸び特性があ り、 中 に熱収縮糸 が組み込 ま
大きな不陸にも追随す る れ てお り、従来の不織布に
ことが可能です。
らべて高強度です。
く
27
TAIYO CIVIL ENCINEERINC Sl:RIES
破損が拡がりにくい
中の メ ッシ ュが破損の拡
が りを抑 える役 目をはた
します。
。
。
。 。
5
0
︱ 祠
C
引張 強度 5
W
■ハイブリッ ドマッ トの特長
--.f-.-r.---t--
100
200
伸 び率 ( % )
■ ハ イ ブ リ ッ ドマ ッ トの 敷 設 時 の 比 較
従来使用されてきた不織布の場合、裏込め捨石の法面の
均 しは±2 0 c m に施工する必要があ りま したが、ハイブ リ
ッ ドマ ッ トの場合、均 しの場合で±7 0 c m に対応できる伸
びの非常に大きいマ ッ トです。
程の短縮になり
■施工手順
展張、
敷設
天端に設置
天端に固定
マ ツ トジ ョイン ト
チ ェー ンによる固定
■ハイブリッ ドマ ッ トの物性値
厚 さ (mm)
J:S‐
L1908薄 菫
1処
6.5± 2
質量 (g/m2)
1300±
300
タテ
1100以
上
ヨ コ
1450以 上
破断伸 び率
タテ
2001昂
(%)
ヨ コ
2001昂
引張 強度
タテ
500
(N)
ヨ コ
500以 上
引張強度
(N/5cm)
透 水 係 数 (cm/秒 )
4.29X10 1※
JISL̈1908準 拠 (試験片 :25cm X25cm)
4.2以 上
500以 上
880以 上
」ISL̈1908準
拠 (試験片幅 :10cm)
60以 上
JiS―
L-1908準 拠 (トラペゾイ ド法)
A…1218準 拠
JIS¨
※ 透 水係数について│ま
測定値です。
28
TAIYO CIVIIン ENGINEERINC SERIES
Fly UP