...

朱鞠内湖におけるワカサギの成熟齢および体サイズ

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

朱鞠内湖におけるワカサギの成熟齢および体サイズ
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
朱鞠内湖におけるワカサギの成熟齢および体サイズ
玉手, 剛
北海道大学 演習林研究報告 = RESEARCH BULLETIN OF
THE HOKKAIDO UNIVERSITY FORESTS, 59(2): 99-102
2002-09
DOI
Doc URL
http://hdl.handle.net/2115/21479
Right
Type
bulletin
Additional
Information
File
Information
59(2)_P99-102.pdf
Instructions for use
Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers : HUSCAP
北海道大学演習林研究報告第
5
9巻 第 2号 9
9
1
0
2(
2
0
0
2
)
99
朱鞠内湖におけるワカサギの成熟齢
および体サイズ
王子
剛l
Ageands
i
z
ea
tmaturityo
fJapaneses
m
e
l
t (Hypomesus
nShumarinaiLake,n
o
r
t
h
e
r
nHokkaido,Japan
nipponensis) i
by
T
s
u
y
o
s
h
iTAMATE
1
要 旨
2
0
0
0年 2
月及び 2
0
0
1年3月に,朱鞠内湖のワカサギ (Hypomesusn
i
p
p
o
n
e
n
s
i
s
) を穴釣りによって採集し,
0
0
0
年は 8
7
個体が採集され,そのうち 8
2個体 (
9
4
.
3
%
) が2
年魚 0+ 魚)であっ
成熟齢及び体サイズを調べた。 2
年魚 (0+ 魚)及び3
年魚 (2+ 魚)は,それぞれ 2
個体 (
2
.
3
%
)及び3
個体 (
3.4%)のみであった。また,
た
。 1
tS
.
D
.
)は
, 0+ 魚で 6
1
.5
:
t3
.
5,1+ 魚 は 7
5
.
8:
t4
.
0,2+ 魚では 9
3
.
3土4
.
9であった。 2
0
0
1
齢別の平均全長 (mm:
年の全サンプル 1
1
3
個体中,1+魚及び 2+ 魚は,それぞれ 7
1個体 (
6
2
.
8
%
) 及び4
2個体 (
3
7
.
2
%
) であり,齢
3
.
0土 4
.
5, 2+ 魚では 8
9
.
3土 4
.
8であった。両年のサンプルにおいて 0+ 魚は未成熟
別の平均全長は, 1+魚で 8
であったが,1+魚及び 2+ 魚の雌雄全てにおいて生殖腺が発達しており,サンプリング年の春に繁殖に参加
すると考えられた。したがって,朱鞠内産ワカサギにおいて主な初成熟年齢は1+であり, 2+ 魚は 2
回目の繁
殖にむかう群であることが示唆された。また,ワカサギは冬期間ほとんど成長しないと考えられていることか
ら,本研究おける 2
年魚及び3
年魚の体サイズは繁殖時(春期)の体サイズをそのまま反映すると推察した。
キーワード:ワカサギ,朱鞠内湖,成熟年齢,成熟体サイズ
2
0
0
2
年 3月1
2日受理. ReceivedMarch1
2
.2
0
0
2
北海道大学大学院農学研究科環境資源学専攻. (
〒0
6
0
8
5
8
9札幌市北区北 9条西 9丁目〕
G
r
a
d
u
a
t
eS
c
h
o
o
lo
fA
g
r
i
c
u
l
t
u
r
e
.HokkaidoU
n
i
v
e
r
s
i
t
y
.K
i
t
a9N
i
s
h
i9
.kitaku.Sapporo0
6
0
8
5
8
9
.Japan
北 海 道 大 学 演 習 林 研 究 報 告 第5
9
巻 第2
号
1
0
0
(Kolmogorov-Smirnovt
e
s
tにより判断した)と等分
1.はじめに
北海道北部に位置する朱鞠内湖は発電を目的とし
散 (
L
e
v
e
n
e
'
st
e
s
tにより判断した)が仮定できたので,
943年満水完了)でありへそ
て建てられた人造湖 0
(
S
t
u
d
e
nt
"s
)t
t
e
s
tを用いた。
の周囲の大半は北海道大学北方生物園フィーノレド科学
センタ 一雨龍研究林に囲まれている。朱鞠内湖に生息
3
. 結果と考察
するワカサギ (Hypomesusn
i
p
p
o
n
e
n
s
i
s
) は北海道
源として 1
9
4
3
4
4年及び 1
9
4
9年に網走湖から移植した
0
0
年における 8
7
個体の平均全長 (mm:
tS
.
D
.
) は,
7
6
.
0土 5
.
6で あ っ た 。 全 8
7個 体 の う ち . 8
2個 体
(
9
4
.
3
%
) が2
年魚 0+ 魚)であり . 1
年魚 (
0+ 魚)
と3
年魚 (
2+ 魚)は,それぞれ 2
個体 (
2
.
3
%
) 及び 3
ものでありヘ
個体 (
3.4%)見られただけであった(図 l
-A)。 齢別
水産緋化場(現独立行政法人さけ ・ます資源管理セン
ター及ひ♂北海道立水産瞬化場の前身)が内水面漁業資
ワカサギの他に本湖にはサクラ
7
ス
(
Oncorhynchu
s masou). ア メ 7 ス (
S
a
l
v
e
l
i
n
u
s
e
r
r
yj
)
と L、ったサケ科
l
e
u
c
o
m
a
e
n
i
s
)• イトウ (Hucho p
魚類や, コイ (
C
y
p
r
i
nu
sc
a
r
p
i
o
)
. フナ (
C
a
r
a
s
s
i
u
s
T
r
i
b
o
l
o
d
o
nh
a
k
o
n
e
n
s
i
s
) なとが
a
u
r
a
t
u
s
)
. ウグイ (
生息している の
。
の平均全長(士 S
.
D
.
) は. 0+ 魚で 6
1
.5:
t3
.
5.1+
魚は 7
5
.
8:
t4
.
0
. 2+ 魚では 9
3
.
3:
t4
.
9であった。 性別
は. 0+ 魚においては生殖腺が発達しておらず不明で
あった。 1+魚及び 2+ 魚の全ての個体は,雌雄とも
生殖腺が大きく発達しており,当年に繁殖に参加する
ワカサギは主に動物プランクトンを捕食する )
1
,
3
)。
制
成熟;魚と判断された。最小成熟サイズは 6
6m m 0+
その一方で,朱鞠内湖ではワカサギはサケ科魚類(湖
魚,オス〕であり,これ以上のサイズの個体は全て
内生活期)の主要な餌生物であると推察される。した
成熟していた。 1
+ 魚8
2個体のうち 5
0個体 (
61
.0%)
がって,本湖生態系の食物連鎖においてワカサギは重
がオスであったが,性比に偏りはなかった (
b
i
n
o
m
i
a
l
要な役割を果たしていると恩われ,本種の基礎的な生
.
0
6
0
)0 2+ 魚3
個体のうち. 2
個体がメス
t
e
s
t,P = 0
物学的知見が必要である。また ,朱鞠内湖では他地域
同様,ワカサギは内水面漁業及ひ 遊漁の対象種である
5
0
F
ことから,生態学的見地に基づいた適正管理法の確立
3
0
握するためには,基本的な生活史の情報は不可欠だが,
朱鞠内湖のワカサギに関しては食性に関する調査が行
2
0
われてきたに過ぎな L、
川 。そこで本研究では基本的
童
話
する 。
士
重
1
0
。
恩
2.材料と方法
B
)2
0
0
1年 2
月2
9日
サンプリングは 2
0
0
0年 (
0
0年) 2
月2
9日及び 2
0
01
年 (
0
1年) 3
月1
2日に,穴釣りによって行った。両年
とも釣り場の水深は 1
.5-3mの浅場であった。釣り
針は秋田狐の 2
号,餌は紅サシを両年とも使用した。
0
0年は 8
7個体. 0
1年は 1
1
3個体釣獲された。サンプノレ
は5%中性ホノレマリンに約 2ヶ月間保存した後,全長
(mm). 体重 (
g
) を測定した。年齢査定のため,背
鰭基底後端下における側線付近の鱗を 5%水酸化ナト
リウム溶液で洗浄した後,実体顕微鏡下で休止帯を数
えた。また,生殖腺を直接観察することで性や成熟度
を判断した。サンプノレの性比の偏りは. b
i
n
omi
a
lt
e
s
t
(
二項検定)によって調べた。性問および年度聞にお
ける全長の平均値比較には,
即 月2
9日
4
0
が本湖漁業共同組合から望まれている。資源動態を把
な生活史形質である成熟齢及び体サイス前について報告
r
A
)2
0
0
デ ー タの正規性
4
0
3
0
2
0
1
0
。
5
0
6
0
7
0
8
0
9
0
全長 (
m m)
図 1 朱鞠内湖において釣獲されたワカサギの体長
分布
+魚
,
白棒,灰色棒および黒棒は,それぞれ 0
1
+魚および 2
+魚を表す。
朱鞠内湖におけるワカサギの成熟齢および体サイズ(玉手)
1
0
1
であった。 1+ 魚において,平均全長に性差はなかっ
イズと初成熟年齢に関してはあくまで推測の域を出な
た (
t
t
e
s
t,P = 0.
49
3
)
0 2+ 魚の性別平均全長(土
S
.
D
.
) は,オスが 9
9m m (
1個体),メスで 9
0
.
5:
t2
.
3
のより詳細な調査が必要であろう。本研究において,
(
2個体)であった。
1+魚の雌雄全てが成熟していたことから, 2+ 魚は
0
1年の 1
1
3個体の平均全長(:tS
.
D
.
)は
, 8
5
.
3土
5
.
6であった。全 1
1
3個体の齢構成は 1+ 魚が 62.8%
(
7
1固体), 2+ 魚は 3
7.2% (
4
2個体)であり, 0+ 魚
は見られなかった(図 1
B
)。齢別平均全長は1+魚
で8
3
.
0土4ふ 2+ 魚では 8
9
.
3:
t4
.
8であった。 0
0年と
同じく,1+魚及び 2+ 魚の全てが成熟個体であった。
い。それらの正確な把握には,小型個体,特に 0+ 魚
少なくても 2
回目の繁殖に向かう群であると推察され
る。一般にワカサギは 0+ 成熟し,繁殖後死亡すると
言われているが5) 多数回繁殖型のワカサギは網走湖
でも報告されている九本研究のサンプルでは 2
十魚
の割合は両年で大きく異なっていたので,1+成熟後
の生残はかなりの年変動があると考えられる。また,
1m m (1+魚,メス)であった。
最小成熟サイズは 7
ワカサギは冬季間ほとんど成長せず7)朱鞠内湖にお
1+魚 7
1個体のうち, 5
6.3% (
4
0個体)がオスであっ
いては融雪増水終了期に繁殖が始まることから,本研
たが,性比に偏りは認められなかった (
b
i
n
o
m
i
a
l
究の成熟個体のサイズはそのまま繁殖時期におけるサ
t
e
s
t,P = 0
.
3
4
2
)。それに対して 2+ 魚では, 69.0%
(
2
9個体)がオスであり,有意にオスに偏っていた
イズ(成熟サイズ)を表すと思われる。
(
b
i
n
o
m
i
a
lt
e
s
t,P = 0
.
0
21
)01
+魚において,平均
謝辞
全長は有意にオスが大きかったが(オス, 8
4
.
2土3
.
6;
朱鞠内湖淡水漁業協同組合には,標本採集に便宜を
メス, 8
1
.4:
t5
.
2
;t
t
e
s
t,P = 0
.
0
0
9
), 2+ 魚では
図っていただいた。北海道大学農学部の鈴木彩子氏
性差はなかった (
ι
t
e
s
t,P = 0
.
2
1
7
)
0
(現所属:新日本製織株式会社)には,サンプル測定
全サンプルにおいて両年間で平均全長を比較した
の際にご協力をいただいた。北海道大学北方生物園フィ一
場合,有意に 0
1年の方が大きかった (
t
t
e
s
t,P <
ルド科学センターの前川光司教授と山本俊昭博士には,
0
.
0
01
)01+ 魚の比較においても, 0
1年の方が有意に
本論文に関して貴重なご意見をいただいた。ここに感
大きかった (
t
t
e
s
t,P < 0
.
0
01
)02+ 魚においては
謝の意を表する。
0
0年の捕獲数が 3個体と著しく少ないため
Mann-
Whiteny U
t
e
s
tによって検定を行った。その結果,
.
1
3
2
)。
年度聞の差は認められなかった (P= 0
一般にワカサギの初成熟年齢は 0+ と言われてい
年目(1十)に初めて
るが 5) 例えば網走湖では生活 2
成熟する群も出現する九成熟するには,その前年秋
参考文献
1)長内 稔(19
6
0
):雨龍人工湖に於けるワカサギの
食性について(予報),水産購化場研究報告 1
5,
5
7
6
2
6
2
):陸封型サクラマスの生態調査1.
2
)長 内 稔 ( 19
まで被鱗体長 60-70m mに成長する必要があるので,
雨龍人工湖の湖況の遷移と湖産サクラマスの食性に
その臨界サイズにまで達しなかった個体は翌春繁殖し
ない"非成熟群"になる九本研究において,成熟個体
ついて,水産癖化場研究報告 1
7,2
1
2
9
2
0
0
0
):網走湖産ワカサ
3
) 北海道立網走水産試験場 (
の最小サイズ(全長)は 6
6m mであり,それより小
7pp,北海道立網走水産試験場
ギの生態と資源, 4
さな 0+ 魚は未成熟, 6
6m m
以上の個体(1+と 2+
4
)長内 稔(1961
):雨龍人工湖に於けるワカサギの
魚)は全て成熟していた。また,サンプル中 0+ 魚
食性について(II),水産卵字化場研究報告 1
6,4
5
4
7
は最も少なかったが(両年の全採集個体 2
0
0尾中 2
尾が
5
) 北海道立水産試験場研究員(19
91
):北のさかなた
0+ 魚であった),これは"釣り"という捕獲方法の特
性から,相対的に小型の個体,つまり多くの 0+ 魚は
6
) 字 藤 均 ( 19
8
8
):ワカサギの生態と漁業,陸水学
釣獲され難かったと考えられる。したがって,生活 1
ち
, 4
1
5
p
p,北日本海洋センター
年目では釣獲可能かっ成熟の臨界サイズ (
7
0m m付
雑誌4
9,2
9
6
2
9
9
9
9
):網走湖産ワカサギの生活史多型
7
) 鳥 津 雅 ( 19
近)まで達する個体は非常に少なく,生活 2
年目でほ
分岐と資源変動機構,北海道立水産試験場研究報告
とんどの個体がそのサイズを超え初成熟を迎えるのか
5
6,1
1
1
7
もしれない。しかしながら,本研究では小型個体(孟
7
0mm) のサンプル数が少ないため,成熟の臨界サ
1
0
2
北海道大学演習林研究報告第 5
9
巻 第2
号
Summary
I
nS
h
u
m
a
r
i
n
a
iLake,
n
o
r
t
l
悶 nH
okkaido,
J
a
p
a
n,
J
a
p
a
n
e
s
es
m
e
l
t
s (砂'
P
omesusn
i
p
p
o
n
e
n
s
i
s
) wereca
昭h
tbya
n
g
l
i
n
g
onF
e
b
r
u
a
r
y29,2000andMarch 1
2,2001,
andt
h
e
i
rageands
i
z
沼a
tm
a
t
u
r
i
t
yweree
x
a
m
i
n
e
d
.Of8
7i
n
d
i
v
i
d
u
a
l
sc
o
l
l
e
c
t
e
d
i
n2000,
94.
3% (N= 82) werecomposedofthetwo-yearl
i
f
es
p
組 自s
h(
I+ f
i
s
h
)
.Underyωrlingf
i
s
h(
0+ f
i
s
h
)and
曲r
e
e
y
e
a
rl
i
免s
p
a
nf
i
s
h(
2+ f
i
s
h
)wereo
n
l
y2
.
3% (N= 2
) and3
.
4% (N= 3
),
r
e
s
p
e
c
t
i
v
e
l
y
.Th
em捌
t
o
凶 l
e
n
g
曲
“
(mm士S
.
D
.
)i
n
c
r
e
泡s
e
dw
i
t
ha
g
e
,
0+,1+
姐d2+fishbeing61
.5
:
:
!
:
:
3
.
5,7
5
.
8
:
:
!
:
:
4
.
0and9
3.
3:
:
!
:
:
4
.
9,
r
e
s
p
e
c vely.Of1
1
3
f
i
s
hc
a
p
t
u
r
e
di
n2001,6
2
.
8 % (N = 71
) and3
7
.
2 % (N = 4
2
)c
o
n
s
i
s
t
e
dof1+加d2+ f
i
s
h
,r
e
s
p
e
c
t
i
v
e
l
y
.Th
e
meant
o
t
a
ll
e
n
g
t
hof1+
組d2+ fishwere83.0::!::4.
5and89.
3:
:
!
:
:
4
.
8,
r
e
s
p
e
c
t
i
v
e
l
y
.I
nbo白 y
e
a
r
s,
a
l
l 1+
組d2+fish
i
s
hwereno
t
.Th
e
r
e
f
o
r
e,Shum
釘i
n
a
iJ
a
p
a
n
e
s
es
m
e
l
t
smayf
r
n
t
l
ym
a
t
u
r
ea
t
wered
e
t
e
r
m
i
n
e
da
ss
e
x
u
a
l
l
ym
a
t
u
r
eb
u
t0+f
I+ s
p
血1
9
)b
e
c
a
u
s
ea
l
lsampled 1+ J
a
p
a
n
e
s
es
m
e
l
t
sr
e
a
c
h
e
dt
h
e
a
g
e1+.2+ f
i
s
hs
h
o
u
l
dhaveb
r
e
di
np
r
e
v
i
o
u
ss
p
r
i
n
g(
ma
旬r
a
t
i
o
n
.百l
et
o
t
a
ll
e
n
g
t
h
sofs
e
x
u
a
l
l
ym
a
t
u
r
ef
i
s
h(
I+組d 2+ f
i
s
h
)i
n出i
ss
t
u
d
yseemt
or
e
t
1
e
c
t血el
e
n
g
t
h
sa
t
旬r
i
t
y (May-J
u
n
e
)b
e
c
a
u
s
eJ
a
p
a
n
e
s
es
m
e
l
t
su
s
田 l
l
ydon
o
tgrowi
nw
i
n
t
e
r
.
ma
Keywords:
J
a
p
a
n
e
s
es
m
e
l
t
,ShumarinaiLake,agea
tm
a
t
u
r
i
t
y
,s
i
z
ea
tm
a
t
u
r
i
t
y
Fly UP