...

ÿþ‡i†›øf ÿÚ0ü0¸0îv 0 - SAWADA LAB

by user

on
Category: Documents
13

views

Report

Comments

Transcript

ÿþ‡i†›øf ÿÚ0ü0¸0îv 0 - SAWADA LAB
光の表情
~美観性、機能性から考える大宮キャンパス照明設計~
R07019
荻原 輝道
指導教員 中野 恒明
1.背景・目的
照明は夜間快適に生活するためには必要不可欠なもの
である。人の行動を理解し、美観性、機能性に優れた照
明計画をすることで快適な空間をつくることができる。
芝浦工業大学大宮キャンパスの照明は古く美観性でも
機能性でも問題がある。本研究では芝浦工業大学大宮キ
ャンパスに新しい照明計画を行うことにより、大宮キャ
ンパスを利用する人に快適な空間を提案する。また、
【ナ
イトキャンパス】と呼ばれるように夜間の大宮キャンパ
スに魅力的な新しい表情をつくる。
本研究は昨年の卒業生大川郷さんの大宮キャンパスの
照明に関する提案型論文の卒業研究とリンクしており、
提案に重点をおいた照明設計の研究である。
2.分析
◇現状外部照明器具配置
器具配置図・器具配置表
◇問題点
①街灯は主に高い位置から強い光で路面を照らすものば
かりで、地平面の照度が確保できていても、光源が眩し
くグレアが生じている。
②高い木が照明の光を遮り路面に大きい影を落とし空間
全体を暗くしている。
③建物から溢れる光が齊藤記念館、図書館、5号館など
からみられたが、有効的に利用されていない。
④齊藤記念館内部に関して、光が行き届いていない場所
があり学生の利用用途に適した照度が得られていない。
⑤展示物が影になっていたり、むき出しの光源がガラス
に反射していたりと、美観性に問題がある。
3.提案
街路に確かな明るさを与えてくれると同時に安心感を
与えてくれる『建物から溢れる光』を効果的に計画する
ことで、余分な街灯を減らせると同時に暖かみのある光
を外部空間に生み出す。路面の照度を低下させると同時
に人影を感じさせ、不安感を与える『夜間の影』を計算
することは照明計画にとって重要な要素である。
D の建物から光が全く溢れないものに対して、D’は建
物から溢れた光が路面を照らし、街路利用者に明るさと
安心感を与える。E と E’は同じ光源を同じ高さに設置し
たものだが、
E に対し E’は木の影が路面に落ちていない。
◇提案対象:
外部…バス通りから図書館までの主動線を対象範囲とする。
内部…齊藤記念館を範囲とする。
◇concept:建物から溢れる光を利用する。
夜間の影の出方を考える。
◇zoning:下図のように対象範囲を 4 分割し提案を行う。
◇齊藤記念館
A.サルーンスペース
B.展示ホール
C.大教室前通路
◇saito-kinenkan
a’’
サルーンスペースや自習スペースは製図や模型などの細
かい作業をする学生も多いので、空間全体を明るくする。
展示ホールの柱にはスポットライトを使用し、展示物を演
出する。トイレ前の通路などはできるだけ光を抑え壁面を
照らすことにより空間を認知させる。サルーンスペースは
光源がガラスに映り込み光が反射しないようにする。
大教室
a’
自習スペース
サルーンスペース image
展示ホール
展示ホール image
サルーンスペース
a
エントランス
齊藤記念館平面照明 image
a
a’
0m 1m 2m
5m
10m
a’’
齊藤記念館断面照明 image
◇keyaki-street
0m 1m 2m
5m
10m
齊藤記念館・新2号館前断面照明 image
20000
5100
1500
1900
1000
3100
240
520
直接外に漏れる光
木を通り抜ける光
床や壁に反射して漏れる光
外部に漏れる光
複雑に反射する光
何度も床や壁に反射する光
齊藤記念館前・新2号館前 image
◇master-plan
0m 1m 2m
5m
10m
木を照らす光
齊藤記念館・新2号館前断面照明 diagram
路面に落ちる光
b-b S=1:100
0m
1m
2m
5m
齊藤記念館、新2号館
のピロティから溢れる光
を有効利用する。この空
間には欅のライトアップ
の照明を設置するだけで、
その他に街灯を設置しな
い。ピロティと齊藤記念
館内部の照明を管理する
ことによって、無駄な光
を生まない。
10m
concept
・建物から溢れる光を利用する。
・夜間の影の出方を考える。
・建物から溢れる光を有効利用し、街灯を最低限
の個数にする。
・路面に落ちる影を減らすために高さの高いポー
ル照明を減らし、 人の目線に近い高さの照明
を動線に沿って設置する。
・現状より W 数の低い器具を使用することにより、
照明器具一つ当たりの電気量を減らし、照明 器具の個数を増やす。
全体照明平面図
Fly UP