...

里山式水耕栽培

by user

on
Category: Documents
59

views

Report

Comments

Transcript

里山式水耕栽培
雨ニモ負ケズ、
風ニモ負ケズ、
雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケナイ!
HPアドレス変わりました。
㼟㼍㼠㼛㼥㼍㼙㼍㼙㼡㼞㼍㻚㼖㼜
2011
文部科学大臣賞受賞
里山式水耕栽培
シリーズ
実験栽培のプラントは、土日、祭日問わず見学できます。
事前連絡先 TEL
0185-72-4551まで
実用新案登録 第 3158596 号
S型プラント
7‫ڇ‬
全長 680cm
全高 70∼75cm
(微調整含む)
全幅 70cm
栽培例
写真は S-75-5 です
特 徴
❶可食部採取型パレットの植栽数 全74株植え
(標準装備)
。
❷密植栽培パレットを使用する事により、
430株
(S-75-5)
の栽培が可能です。
❸弊社のプラントは全長3.
1mから最大24.
8mまでの自由設計となっており、
19種類の長さを選ぶ事ができます。
(全長3.
1mから24.
8mまで同じ1台の循環ポンプで賄いますので、
全長が長いほど消費電力が割安となります)
左記以外にも、まだまだ栽培
できる品種は沢山ございます
1台
(S-75-5)あたりの植栽数
大型野菜(白菜、キャベツ、ブロッコリー、レタス、イチゴ、トマト、等)
密植野菜(万能ネギ、春菊、ベビーリーフ、ラデッシュ、ホワイトセロリ、等)
74株
また、
完全屋内型の野菜工場プラントも
ご相談に応じます。
430株
※現在お持ちのハウスに合わせた設計いたします。
S−75型 スペック表
型 式
S-75-2
S-75-3
S-75-4
S-75-5
S-75-6
S-75-7
S-75-8
S-75-9
S-75-10
S-75-11
S-75-12
S-75-13
S-75-14
S-75-15
S-75-16
S-75-17
S-75-18
S-75-19
S-75-20
サイズ
水槽容量 タンク容量
高75㎝×幅70㎝×長 310㎝ 110ℓ
高75㎝×幅70㎝×長 420㎝ 165ℓ
高75㎝×幅70㎝×長 550㎝ 220ℓ
高75㎝×幅70㎝×長 680㎝ 275ℓ
高75㎝×幅70㎝×長 800㎝ 330ℓ
高75㎝×幅70㎝×長 920㎝ 385ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1040㎝ 440ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1160㎝ 495ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1280㎝ 550ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1400㎝ 605ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1520㎝ 660ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1640㎝ 715ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1760㎝ 770ℓ
高75㎝×幅70㎝×長1880㎝ 825ℓ
高75㎝×幅70㎝×長2000㎝ 880ℓ
高75㎝×幅70㎝×長2120㎝ 935ℓ
高75㎝×幅70㎝×長2240㎝ 990ℓ
高75㎝×幅70㎝×長2360㎝ 1045ℓ
高75㎝×幅70㎝×長2480㎝ 1100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
初回液肥投入量
(500倍希釈)
420㏄
530㏄
640㏄
750㏄
860㏄
970㏄
1080㏄
1190㏄
1300㏄
1410㏄
1520㏄
1630㏄
1740㏄
1850㏄
1960㏄
2070㏄
2180㏄
2290㏄
2400㏄
植栽数 消費電力 製品重量
30株
45株
60株
75株
90株
105株
120株
135株
150株
165株
180株
195株
210株
225株
240株
255株
270株
285株
300株
30w
30w
30w
30w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
12kg
18kg
24kg
30kg
36kg
42kg
48kg
54kg
60kg
66kg
72kg
78kg
84kg
90kg
96kg
102kg
108kg
114kg
120kg
付属部品
タンク
循環ポンプ
ホース
ホースバンド×2
メディア(型式数字×15)
植栽パネル
13Aユニオン×2
40Aユニオン×1
40×20レジューサー×1
注水口
シリコン×2
配管部材一式
W型プラント
;‫ڇ‬
全長 683cm
全高 70∼75cm
(レベル取り微調整)
全幅 75cm
野菜の密植栽培パレットタイプ
稲のプール育苗タイプ
写真は W-100-5 です
特 徴
❶可食部採取型パレットの植栽数 全100株植え
(標準装備)
。
❷密植栽培パレットを使用する事により、
600株
(W-100-5)
の栽培が可能です。
❸プラントを設置したハウスで稲のプール育苗が可能です。
栽培槽の内寸が稲の育苗箱と同じ寸法になっており、
プラント内で稲の育苗ができます。
1mから最大25.
3mまでの自由設計となっており、
19種類の長さを選ぶ事ができます。
❹弊社のプラントは全長3.
(全長3.
1mから25.
3mまで同じ1台の循環ポンプで賄いますので、
全長が長いほど消費電力が割安となります)
左記以外にも、まだまだ栽培
できる品種は沢山ございます
1台
(W-100-5)あたりの植栽数
大型野菜(白菜、キャベツ、ブロッコリー、レタス、イチゴ、トマト、等)
密植野菜(万能ネギ、春菊、ベビーリーフ、ラデッシュ、ホワイトセロリ、等)
100株
また、
完全屋内型の野菜工場プラントも
ご相談に応じます。
600株
※現在お持ちのハウスに合わせた設計いたします。
W−100型 スペック表
型 式
サイズ
W-100-2
W-100-3
W-100-4
W-100-5
W-100-6
W-100-7
W-100-8
W-100-9
W-100-10
W-100-11
W-100-12
W-100-13
W-100-14
W-100-15
W-100-16
W-100-17
W-100-18
W-100-19
W-100-20
高75㎝×幅75㎝×長 315㎝
高75㎝×幅75㎝×長 436㎝
高75㎝×幅75㎝×長 560㎝
高75㎝×幅75㎝×長 683㎝
高75㎝×幅75㎝×長 805㎝
高75㎝×幅75㎝×長 930㎝
高75㎝×幅75㎝×長1050㎝
高75㎝×幅75㎝×長1175㎝
高75㎝×幅75㎝×長1297㎝
高75㎝×幅75㎝×長1420㎝
高75㎝×幅75㎝×長1543㎝
高75㎝×幅75㎝×長1666㎝
高75㎝×幅75㎝×長1790㎝
高75㎝×幅75㎝×長1912㎝
高75㎝×幅75㎝×長2035㎝
高75㎝×幅75㎝×長2158㎝
高75㎝×幅75㎝×長2281㎝
高75㎝×幅75㎝×長2404㎝
高75㎝×幅75㎝×長2527㎝
水槽容量 タンク容量
120ℓ
180ℓ
240ℓ
300ℓ
360ℓ
420ℓ
480ℓ
540ℓ
600ℓ
660ℓ
720ℓ
780ℓ
840ℓ
900ℓ
960ℓ
1020ℓ
1080ℓ
1140ℓ
1200ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
100ℓ
初回液肥投入量
(500倍希釈)
440㏄
560㏄
680㏄
800㏄
920㏄
1040㏄
1160㏄
1280㏄
1400㏄
1520㏄
1640㏄
1760㏄
1880㏄
2000㏄
2120㏄
2240㏄
2360㏄
2480㏄
2600㏄
植栽数 消費電力 製品重量
40株
60株
80株
100株
120株
140株
160株
180株
200株
220株
240株
260株
280株
300株
320株
340株
360株
380株
400株
30w
30w
30w
30w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
55w
16kg
24kg
32kg
40kg
48kg
56kg
64kg
72kg
80kg
88kg
96kg
104kg
112kg
120kg
128kg
136kg
144kg
152kg
160kg
付属部品
タンク
循環ポンプ
ホース
ホースバンド×2
メディア(型式数字×20)
植栽パネル
13Aユニオン×2
40Aユニオン×1
注水口
シリコン×2
配管部材一式
ȐǬȂǴșáȑȧȑ
特長
この装置1基にトマトの苗を2本植えるこ
とができます。通常の芽かき方式ではな
く、水耕栽培のメリットを最大限に生かし
放任栽培で育てるため1本の苗からおよ
そ1000個ほどの収穫が見込めます。培
養液も上下で200リッターを確保してい
ます。
コンパクト設計により全国発送可能で、届
いたその日から使用できます。
植栽メディア
着床スポンジ
ハウス桃太郎
仕様
本体寸法
水槽容量 タンク容量
高125㎝×幅95㎝×奥行55.5㎝ 100ℓ
100ℓ
初回液肥投入量
(500倍希釈)
400㏄
最大栽培株数
2株
電 源
消費電力
循環ポンプ:29W/28W
AC100V 50:60Hz
エアーポンプ:2.1W
本体重量
20kg
発芽育苗器 -:
特長
この発芽育苗器は発芽時に200株植え、定植までの
育苗時は100株植えとなっております。発芽期から
定植までの育苗期までこの1台で賄えます。苗不足
の場合、1台づつ増やせるよう低価格に抑えました。
着床スポンジ
発芽育苗器 IV200 スペック表
サイズ
水槽容量
初回液肥投入量
(500倍希釈)
植栽数
高30㎝×幅70㎝×奥行24.8㎝
6ℓ
12㏄
100株
消費電力 製品重量
40w
3kg
付属部品
ばんじゅう・着床スポンジ・プラグトレー・蛍光管
特注型発芽育苗器 -:
特長
お客様のニーズに合わせて製作いたします。
ホームセンター向け等に苗のみの生産もできます。
※土耕で育てた苗は水耕で成長させるには障害がおこりますが、水耕で育てた苗は畑に定植
すると非常に良く育ちます。
植栽黒パネル
着床スポンジ
プラグトレー
ばんじゅう
発芽育苗器 IV1080 スペック表
サイズ
水槽容量
初回液肥投入量
(500倍希釈)
植栽数
消費電力 製品重量
高90㎝×幅135㎝×奥行43㎝
10ℓ
20㏄
540株
240w
20kg
付属部品
ばんじゅう・着床スポンジ・プラグトレー・蛍光管
ダイレクト納品方式
販売見込み先
中小各スーパーマーケット
販売状態 数枚入れの袋詰めか、ミックスカッ
ト野菜サラダで容器に入れた状態。
レストランチェーン店等の外食産業
洋食レストラン、
焼肉店、
イタリアンレストラン等
販売状態 数枚入れの袋詰め、更に箱詰め。ア
イデアとして、すぐに使える業務用ミ
ックスカット野菜
(大袋詰め)
生産農家
一般家庭向け食材宅配会社
販売状態 数枚入れの袋詰め、
またはミックス
カット野菜の子袋詰め。
弁当&仕出し店、給食センター
販売状態 バラの箱詰め。
(キロ単価)
各地の産地直売所
販売状態 数枚入れの袋詰め。
コンビニエンスストアー
販売状態 ミックスカット野菜のサラダボール。
その他にも意外な所にマーケットは存在します。例えば老人ホーム等の施設、保育園、
サンドイッチを製造している製パン工場等様々です。
里山式水耕栽培野菜例
スーパーフレッシュサンチュ
スーパーフレッシュグリーン
スーパーフレッシュレッド
いろどり
いろどり
彩サンチュ
彩レタス(ミックスレタス)
プ ラ ン ト 風 景
こんな利点があります
水耕栽培は連作障害がおこりません。
既存、お持ちのビニールハウスをそのまま利用できます。
農作業そのものが立ったままの姿勢で軽作業です。体が汚れず衛生的です。
天候異変に関係なく、計画生産ができます。
維持費
(液体肥料代、電気代等)
が非常に安価で、農薬代はかかりません。
生産作物の販売先リサーチ等の指導も行っております。
生産方法から販売方法に至るまで独創的です。
開発ストーリー
日本に初めて水耕栽培が、
お目見えしたのは、
戦後間もない昭和22年のことでした。場所は、
時の進駐軍の基地内だといわれております。
何故、
わざわざアメリカから日本に栽培装置が持ち込まれたかというと、
食文化の違いでした。当時日本での野菜の料理といえば、
温野菜と
漬物が主流で、
生で食べる習慣は一般的ではありませんでした。当時、
肉食中心の欧米ではバランスを取るため、
生鮮野菜を生で食べるのが好
まれておりました。そこで問題になったのが、
栽培方法で、
当時わが国では物資不足であり、
肥料はその殆どが糞尿でした。米兵たちの目には、
耐え難い光景だったといわれておりました。
私達が水耕栽培装置の開発に着手したのは、
今から5年前のことでした。特別に目新しいことでもないし、
すでに先行しているメーカーも数社
ありました。
「それなりに、歴史のある水耕栽培が、何故普及しないのか?」いくつかの要因は確かにありました。その要因を解決すべく、開発がスタ
ートした訳です。
まず、
第一に、
農家が経済的に導入可能であるか、
導入後採算が取れるか?経済産業省の推し進めている野菜工場とは農家が対象か?異業
種から農業への新規参入を促すのは何故?そんなに簡単に農作物が作れて、
儲かるならば、
担い手は沢山いるはずです。
などなど、
不可思議なことばかりで、
分析してみることにしました。
水耕栽培で野菜を生産することは、
特殊技能ではないこと、
作業を装置まかせにするためのシステムは農業経験のまったくない人向けで、
わず
かな作業をすることで、
そのシステム自体不要であるし、
なによりコスト高を招く結果になります。なぜ日のあたらない屋内で、
わざわざ照明を使
い光合成させるのか?一方ではCO2削減だの、
省エネだの…答えは産業の空洞化で空き工場が増えたからです。
開発で一番難儀したのが、
年中均一に発芽育苗させることと、
定植後の気根の形成でした。弊社が開発した発芽育苗器にはCCFLが搭載さ
れており、
10000ルクス以上の照度を安定的に確保することにより、
通年で発芽育苗が可能になりました。しかも、
40%の省エネも達成。又、
気
根を作るためのメディアの製作にも成功、
晴れて市販の運びとなりました。あくまでも農家目線で開発いたしました水耕栽培装置です。
末長い農家様の発展を心から、
熱望致します。
〒018-2301秋田県山本郡三種町志戸橋字大木台125-5
URL.http://satoyamamura.jp
里山開発スタッフ一同
TEL.0185-72-4551 FAX.0120-338-870
●本カタログの掲載内容は2013年1月現在のものです。●商品改良のため、
仕様•外観は予告なしに変更になる場合があります。●印刷物と実物とは多少色味が異なる場合があります。●写真はイメージです。●本カタログに掲載の商品
は、
使用用途•場所などを限定するもの、
専門施工•定期点検を必要とするものがあります。お問い合せください。●希望小売価格は、
配送•設置調節費•取付設置費•使用済み商品の引き取り費などは含まれておりません。
Fly UP