...

HP xw4400 Workstation サービスおよびテクニカル リファレンス ガイド

by user

on
Category: Documents
148

views

Report

Comments

Transcript

HP xw4400 Workstation サービスおよびテクニカル リファレンス ガイド
HP xw4400 Workstation サービスおよびテク
ニカル リファレンス ガイド
ユーザーズ ガイド
著作権
保証
商標権
c 2006 Copyright Hewlett-Packard
Development Company, L.P.
本書の内容につきましては万全を期してお
りますが、本書中の技術的あるいは校正上
の誤りや省略、取り付け、性能、本マニュ
アル使用に関連する偶発的あるいは間接的
損害に対して、責任を負いかねますのでご
了承ください。 本書に関して、商品性およ
び特定の目的のための適合性に関する黙示
の保証を含む一切の保証を致しかねます。
本書の内容は、将来予告なしに変更される
ことがあります。 Hewlett-Packard
Company 製品に対する保証については、当
該製品の保証規定書に記載されています。
HP Invent のロゴは、米国およびその他の国
における Hewlett-Packard Company の商標
です。
本書のいかなる内容も、新たな保証を追加
するものではありません。
本書には、著作権によって保護されている
機密情報が掲載されています。 本書のいか
なる部分も、Hewlett-Packard の事前の書面
による承諾なしに複写、複製、あるいは他
の言語に翻訳することはできません。
Microsoft および Windows は、Microsoft
Corporation の商標です。
UNIX は The Open Group の登録商標です。
Intel および Xeon は、米国およびその他の
国における Intel Corporation の登録商標で
す。
Energy Star は、米国 Environmental
Protection Agency の米国における登録商標
です。
434612-291
第 1 版 (2006 年 7 月)
目次
1 製品の概要
製品本体の構成 .................................................................................................................................... 2
分解図 .................................................................................................................................. 2
フロント パネルのコンポーネント ..................................................................................... 2
リア パネルのコンポーネント ............................................................................................ 3
シリアル番号と COA ラベルの位置 .................................................................................... 4
製品仕様 .............................................................................................................................................. 6
電源装置 .............................................................................................................................. 6
電源装置の仕様 ................................................................................................... 7
消費電力 ............................................................................................................. 7
システム ファン ................................................................................................. 9
電源装置のリセット ........................................................................................... 9
環境仕様 ............................................................................................................................. 9
Energy Star (エナジー スター) .......................................................................................................... 11
ENERGY STAR 適合 ......................................................................................................... 11
Hyper-Threading Technology ............................................................................................................. 12
デュアル コア CPU ............................................................................................................................ 13
HP Cool Tools .................................................................................................................................... 14
2 オペレーティング システムのインストールまたは復元
オペレーティング システムとソフトウェアのインストール ............................................................. 16
Microsoft Windows XP Professional ................................................................................. 16
デバイス ドライバのインストールまたはアップグレード ............................... 16
Linux をプリインストール済のワークステーション ......................................................... 16
Linux オペレーティング システムの起動 .......................................................... 16
Linux オペレーティング システムの復元 .......................................................... 17
最新の HP Driver CD のコンテンツのダウンロード ........................ 17
HP Driver CD のコンテンツを使用したオペレーティング システ
ムのインストール ............................................................................. 17
デバイス ドライバのアップグレード ................................................................ 17
Linux-enabled ワークステーション ................................................................................... 17
ハードウェアの動作確認 ................................................................................... 18
Linux オペレーティング システムのインストール ........................................... 18
HP ソフトウェア ................................................................................................................................ 19
Windows オペレーティング システムの復元 ..................................................................................... 20
RestorePlus! プロセス ....................................................................................................... 20
RestorePlus! CD の作成 .................................................................................... 20
RestorePlus! CD からの復元 ............................................................................ 20
復旧パーティションでの RestorePlus! からの復元 .......................................... 20
JAWW
iii
HP Backup and Recovery Manager の復元ポイント ......................................................................... 21
HP Backup and Recovery Manager の復元ポイントの CD または DVD からの復元 ....... 21
復旧パーティションでの HP Backup and Recovery Manager の復元ポイントからの復
元 ....................................................................................................................................... 21
ソフトウェアの保護 ........................................................................................................................... 22
バックアップ ソフトウェアの注文 .................................................................................................... 23
3 システム管理
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ .......................................................................... 26
BIOS ROM ......................................................................................................................... 27
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティの使用方法 ........................................ 27
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニュー ........................................ 28
デスクトップ マネジメント .............................................................................................................. 34
初期設定と導入 .................................................................................................................. 34
リモート システム インストール ...................................................................................... 34
ソフトウェアの管理とアップデート ................................................................................ 35
HP Client Manager Software ............................................................................. 35
Altiris Client Management Solutions ................................................................. 36
System Software Manager ................................................................................ 36
Proactive Change Notification ........................................................................... 37
Subscriber's Choice .......................................................................................... 37
ROM フラッシュ機能 ........................................................................................................ 37
リモート ROM フラッシュ機能 ........................................................................ 37
HPQFlash .......................................................................................................... 38
フェールセーフ ブート ブロック ROM ............................................................ 38
セットアップの複製機能 ................................................................................... 39
1 台のワークステーションへのコピー ............................................. 39
複数のワークステーションへのコピー ............................................. 40
デュアル ステート電源ボタン機能 ................................................................... 41
ワールド ワイド Web サイト ............................................................................ 41
業界標準のサポート .......................................................................................... 41
資産情報管理機能とセキュリティ機能 .............................................................................. 42
パスワード セキュリティ ................................................................................. 43
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティでのセットアッ
プ パスワードの設定 ........................................................................ 43
ワークステーションのセットアップ ユーティリティを使った電
源投入時パスワードの設定 ............................................................... 44
電源投入時パスワードは次のようにして入力します。 .................. 44
セットアップ パスワードの入力 ...................................................... 45
電源投入時パスワードまたはセットアップ パスワードの変更 ........ 45
電源投入時パスワードまたはセットアップ パスワードの削除 ........................ 46
各国語キーボードの区切り記号 ....................................................... 46
パスワードの解除 ............................................................................. 47
ドライブロック ................................................................................ 47
ドライブロックのアプリケーション ................................ 47
ドライブロックを使う ..................................................... 48
フード センサ (スマート カバー センサ) ......................................................... 49
フード センサの保護レベルの設定 .................................................. 50
フード ロック (スマート カバー ロック) .......................................................... 50
iv
JAWW
ソレノイド ロックをロックする ...................................................... 50
ソレノイド ロックのロックを解除する ............................................ 51
フェールセーフ キーを使う .............................................................. 51
パスワードの解除 ............................................................................. 51
ケーブル ロック 機構 (オプション) .................................................................. 52
セキュリティ ロック (オプション) ................................................................... 52
ユニバーサル シャーシのクランプ ロック (オプション) .................................. 52
フード ロック (スマート カバー ロック) (オプション) ..................................... 52
フード センサ (スマート カバー センサ) (オプション) ..................................... 52
アクセス パネル キー ロック ............................................................................ 52
障害通知と復旧機能 .......................................................................................................... 52
ドライブ保護システム (DPS) ........................................................................... 52
ECC 故障予測と事前予防保証 .......................................................................... 53
温度センサ機能 ................................................................................................ 53
4 取り外しと取り付けの手順
保守上の考慮事項 ............................................................................................................................... 56
注意、警告、および安全上の予防措置 .............................................................................. 56
静電放電の影響 .................................................................................................................. 56
静電気の発生 ..................................................................................................... 56
静電気による装置損傷の防止 .......................................................................... 57
身体の接地方法と装置 ..................................................................................... 57
作業エリアの接地 ............................................................................................. 57
推奨する材料と機器 .......................................................................................... 58
工具とソフトウェアの要件 ................................................................................................ 58
ねじ .................................................................................................................................... 58
コンポーネントの特別な取り扱い ..................................................................................... 59
ケーブルとコネクタ ......................................................................................... 60
ハードドライブ ................................................................................................ 60
コイン型リチウム電池 ..................................................................................... 60
カスタマ セルフ リペア ..................................................................................................................... 61
分解前の手順 ...................................................................................................................................... 62
システム ボード コンポーネント ....................................................................................................... 63
システム ボード アーキテクチャ ..................................................................................... 64
コンポーネントの取り外しと交換の手順 .......................................................................................... 65
取り外し順序 .................................................................................................................... 65
セキュリティ ロック (オプション) ................................................................................... 66
ケーブル ロック (オプション) .......................................................................................... 67
汎用シャーシ クランプ ロック (オプション) .................................................................... 67
サイド アクセス パネル .................................................................................................... 68
フロント ベゼル ................................................................................................................ 69
ベゼル ブランク ................................................................................................................ 70
フード センサ (スマート カバー センサ) ........................................................................... 71
ソレノイド フード ロック (スマート カバー ロック) (オプション) .................................. 71
フロント パネル I/O デバイス アセンブリ ....................................................................... 72
電源ボタン ........................................................................................................................ 74
システム スピーカー ......................................................................................................... 74
電源装置 ............................................................................................................................ 75
システム ファン アセンブリ .............................................................................................. 76
JAWW
v
メモリ ................................................................................................................................ 77
メモリ モジュールの機能 .................................................................................. 77
メモリ モジュールの要件 .................................................................................. 77
取り付け順序 ..................................................................................................... 78
PCI スロット ..................................................................................................................... 79
........................................................................................................................... 79
PCI リテーナ .................................................................................................... 80
PCI Express ..................................................................................................... 81
PCI ................................................................................................................... 83
IEEE-1394 (オプション) .................................................................................................... 84
フロント PCI カード ガイドとフロント ファンの取り外し (オプション) ........................ 85
電池 ................................................................................................................................... 86
ドライブの電源接続 ......................................................................................................... 87
オプティカル ドライブ (ミニタワーでの位置) ................................................................. 89
オプティカル ドライブ (デスクトップでの位置) ............................................................. 91
フロッピー ディスク ドライブ (オプション) .................................................................... 93
SAS ハードドライブ ........................................................................................................ 94
SATA ハードドライブ ...................................................................................................... 97
ハードドライブをオプティカル ドライブ ベイに取り付ける (オプショ
ン) ..................................................................................................................... 99
CPU ヒートシンク .......................................................................................................... 101
プロセッサ ...................................................................................................................... 103
システム ボード ............................................................................................................... 105
5 システムの診断とトラブルシューティング
E- サポート ...................................................................................................................................... 108
ヘルプとサポート センタおよび E- サポート ................................................................. 108
トラブルシューティング チェックリスト ........................................................................................ 109
LED の色の意味 .............................................................................................................................. 110
Insight Diagnostics Offline Edition .................................................................................................... 111
基本機能と利点 ................................................................................................................ 111
運用の考え方 ................................................................................................................... 111
CD に含まれる診断ユーティリティ ................................................................................ 111
最新の診断ユーティリティのダウンロード .................................................................... 112
ユーザ インターフェース ................................................................................................ 112
ナビゲーション ............................................................................................... 112
[Survey] タブ ................................................................................................... 112
[Test] タブ ....................................................................................................... 113
[Status] タブ .................................................................................................................... 114
[Log] タブ ......................................................................................................................... 114
[Help] タブ ....................................................................................................................... 115
診断エラー コード ............................................................................................................................ 116
診断 LED コード .............................................................................................................. 116
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 .............................................................................. 119
軽微なトラブルの解決方法 ............................................................................................. 119
電源装置に関するトラブルの解決方法 ............................................................................ 120
電源装置のテスト方法 .................................................................................... 120
フロッピー ディスクに関するトラブルの解決方法 ........................................................ 122
解決方法 ......................................................................................................................... 124
vi
JAWW
ディスプレイ モニタに関するトラブルの解決方法 ........................................................ 125
オーディオに関するトラブルの解決方法 ....................................................................... 127
プリンタに関するトラブルの解決方法 ............................................................................ 128
キーボードとマウスに関するトラブルの解決方法 .......................................................... 129
フロント パネルのコンポーネントに関するトラブルの解決方法 ................................... 130
ハードウェア取り付けに関するトラブルの解決方法 ...................................................... 131
ネットワークに関するトラブルの解決方法 ................................................................... 132
メモリに関するトラブルの解決方法 .............................................................................. 133
プロセッサに関するトラブルの解決方法 ....................................................................... 134
CD-ROM と DVD に関するトラブルの解決方法 ............................................................ 135
インターネット アクセスに関するトラブルの解決方法 ................................................ 135
POST とエラー メッセージ ............................................................................................................. 137
付録 A 付録 A — SAS デバイス
サポートされている SAS RAID 構成 ...............................................................................................
SAS RAID 0 構成 .............................................................................................................................
SAS RAID 1 構成 .............................................................................................................................
SAS RAID 1E 構成 ...........................................................................................................................
148
149
150
152
付録 B 付録 B - SATA デバイス
SATA HDD の取り付け ................................................................................................................... 156
システム BIOS の設定 ..................................................................................................................... 157
RAID ボリュームの作成 ................................................................................................................... 158
RAID ボリュームの削除 ................................................................................................................... 159
付録 C 付録 C - コネクタのピン配列
コネクタのピン配列の説明 .............................................................................................................. 162
付録 D 付録 D - システム ボードのコンポーネント名
付録 E 付録 E - 日常のお手入れ
一般的な清掃に関する安全上の注意事項 ........................................................................................ 174
エアーフローの確保 ......................................................................................................................... 175
ワークステーションのケースの清掃 ................................................................................................ 176
キーボードの清掃 ............................................................................................................................ 177
モニタの清掃 ................................................................................................................................... 178
マウスの清掃 .................................................................................................................................... 179
付録 F 付録 F - パスワード セキュリティの追加と CMOS の再設定
パスワード ジャンパの再設定 ......................................................................................................... 182
CMOS のクリアと再設定 ................................................................................................................. 183
CMOS ボタンの使用方法 ................................................................................................ 183
コンピュータ セットアップ ユーティリティによる CMOS の再設定 ............................ 184
付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
トラブルシューティングの開始 ....................................................................................................... 186
電源が入らない ................................................................................................................................ 187
JAWW
vii
電源が入らない : パート 1 ............................................................................................... 187
電源が入らない : パート 2 ............................................................................................... 188
電源が入らない : パート 3 ............................................................................................... 188
モニタに表示されない ..................................................................................................................... 190
モニタに表示されない : パート 1 .................................................................................... 190
モニタに表示されない : パート 2 .................................................................................... 191
モニタに表示されない : パート 3 .................................................................................... 191
エラー メッセージ ............................................................................................................................ 193
エラー メッセージ : パート 1 ......................................................................................... 193
エラー メッセージ : パート 2 .......................................................................................... 194
エラー メッセージ : パート 3 .......................................................................................... 194
オペレーティング システムがロードできない ................................................................................ 196
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない ................................ 197
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない : パート
1 ....................................................................................................................................... 197
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない : パート
2 ....................................................................................................................................... 198
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない : パート
3 ....................................................................................................................................... 198
フロッピー ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない ........................ 200
CD-ROM ドライブからオペレーティング システムがロードできない ........................................... 201
ネットワークからオペレーティング システムがロードできない .................................................... 202
デバイスが動作しない ..................................................................................................................... 203
viii
JAWW
1
製品の概要
この章では、HP xw4400 Workstation のハードウェア コンポーネントの概要を説明します。
JAWW
●
2 ページの 「製品本体の構成」
●
6 ページの 「製品仕様 」
●
11 ページの 「Energy Star (エナジー スター) 」
●
12 ページの 「Hyper-Threading Technology」
●
13 ページの 「デュアル コア CPU」
●
14 ページの 「HP Cool Tools」
1
製品本体の構成
分解図
以下に、HP xw4400 ワークステーションの典型的な構成例を示します。 ドライブの構成は、モデル
によって変わります。
サポートしているアクセサリおよびコンポーネントの詳細と最新情報については、
http://partsurfer.hp.com (英語) をご覧ください。
図 1-1 分解図
表 1-1 分解図
項目
説明
項目
説明
1
電源装置
9
プロセッサ
2
ハード ディスク ドライブ
10
メモリ モジュール
3
オプティカル ドライブ
11
システム ボード
4
サイド アクセス パネル
12
PCI Express カード
5
システム ファン
13
PCI カード
6
シャーシ
14
スピーカー
7
フロッピー ディスク ドライブ
15
フロント ベゼル
8
CPU ヒートシンク
フロント パネルのコンポーネント
以下に、HP xw4400 Workstation の典型的な構成例を示します。 ドライブの構成は、モデルによって
変わります。
2
第 1 章 製品の概要
JAWW
図 1-2 フロント パネルのコンポーネント
表 1-2 フロント パネルのコンポーネント
項目
説明
項目
説明
1
オプティカル ドライブのイジェクト ボタン
8
IEEE-1394 コネクタ (オプション)
2
電源インジケータ
9
フロッピー ディスク ドライブのイジェクト ボ
タン
3
電源ボタン
10
フロッピー ディスク ドライブの動作インジケ
ータ
4
ハードドライブの動作インジケータ
11
フロッピー ディスク ドライブ (オプション)
5
ユニバーサル シリアル バス 2.0 (USB) (x2)
12
5.25 インチ ドライブ ベイ (x2)
6
ヘッドホン コネクタ
13
オプティカル ドライブの動作インジケータ
7
マイク コネクタ
14
オプティカル ドライブ
リア パネルのコンポーネント
以下に、HP xw4400 ワークステーションの典型的な構成例を示します。
JAWW
製品本体の構成
3
図 1-3 リア パネルのコンポーネント
表 1-3 リア パネルのコンポーネント
項目
説明
項目
説明
1
電源装置のビルトイン セルフ テスト (BIST)
LED
9
グラフィックス アダプタ
2
ユニバーサル シャーシ クランプ開口部
10
USB 2.0 (x2)
3
PS/2 マウス コネクタ (緑色)
11
マイク コネクタ (桃色)
4
パラレル コネクタ (ワイン色)
12
オーディオ ラインアウト コネクタ (ライム色)
5
オーディオ ラインイン コネクタ (淡青色)
13
USB 2.0 (x5)
6
RJ-45 ネットワーク コネクタ
14
シリアル コネクタ (青緑色)
7
ケーブル ロック用スロット
15
PS/2 キーボード コネクタ
8
施錠用ループ
16
電源コード コネクタ
周辺機器を接続する際に分かりやすいように、リア パネルの各コネクタには業界標準に従って、
図表示と色分けをしています。
シリアル番号と COA ラベルの位置
各ワークステーションには、2 つの固有のシリアル番号ラベル 1 と Certificate of Authentication (COA)
ラベル 2 (Windows プリインストール システムのみ) が貼付されています。 通常、シリアル番号ラベ
ルは、上部パネルまたは装置の側面、および装置の背面に貼付されています。 カスタマ サービスに
お問い合わせの際には、この番号をお手元にご用意ください。
4
第 1 章 製品の概要
JAWW
図 1-4 シリアル番号と COA ラベルの位置
JAWW
製品本体の構成
5
製品仕様
以下の表に、HP xw4400 Workstation の物理特性を示します。
表 1-4 物理特性
重量 (通常の構成)
16 kg (35 ポンド)
タワーの外形寸法
高さ 45 cm (17.7 インチ)
幅 16.8 cm (6.6 インチ)
奥行き 45.6 cm (17.9 インチ)
電源装置
ここでは、HP xw4400 Workstation の電源装置の仕様について説明します。
●
+3.3V : PCI、PCI Express、オーディオ、CK-410、ICH7R、スーパー I/O、BIOS ROM、および
オンボード ロジック
●
+5V : ストレージ (ディスク ドライブ、オプティカル ドライブ、フロッピー ディスク ドライ
ブ)、PCI、PCI Express、ICH7R、オーディオ、キーボード/マウス
●
+12V-A : PCI、PCI Express、およびシステム ファン
●
+12V : ストレージ (ディスク ドライブ、オプティカル ドライブ、フロッピー ディスク ドライ
ブ)、PCI Express x16 AUX コネクタ
●
+12VCPU : CPU に電源を供給するオンボード レギュレータの入力
●
-12V : PCI
●
5VSB : スリープ回路
表 1-5 レールあたりの最大電流
電圧レール
最大連続電流
3.3 V
15 A
5V
21 A
12 VCPU
15 A
12 V-A
15.5 A
12 V-B
11 A
V12N
0.3 A
5 VSB
2.0 A
警告! 5 V と 3.3 V の消費電力は、合計で 110 W 以下にしてください。
12V (CPU/A/B) の消費電力は、31.5A (378W) 以下にしてください。
連続出力電力の合計値は、460 W 以下にしてください。
6
第 1 章 製品の概要
JAWW
電源装置の仕様
表 1-6 電源装置の仕様
電源装置
460 ワットのカスタム電源装置 (ワイド レンジ、アクティブ PFC)
動作電圧範囲
90 ∼ 269 VAC
定格電圧の範囲
100 ∼ 240 VAC
118 VAC
定格入力電源周波数
50 ∼ 60Hz
400Hz
動作入力電源周波数の範囲
47 ∼ 66 Hz
393 ∼ 407Hz
定格入力電流
7.4A、100 ∼ 240VAC
7.4 A、118 VA
熱量
通常 1121 btu/hr=(283 キロカロリー/時)
(構成とソフトウェアに依存)
最大 2415 btu/hr=(609 キロカロリー/時)
電源装置ファン
92x25 mm、可変速
Energy Star 適合
適合
Blue Angel 適合 (電源オフ時、S5 モードで 5 w 未
満)
該当しない
115V 時は FEMP Standby Power 適合 (電源オフ
時、S5 モードで 2 W 未満)
適合
ES モードでの消費電力 : サスペンド ツー RAM
(S3) (直ちに使用可能な PC)
7 W 未満
消費電力
以下の表に、主な消費電力をもとに計算した、典型的な構成の消費電力を示します。 別の典型的な構
成は、その下に示します。
●
1 x 3.4GHz Pentium D プロセッサ
●
2x1GB 667MHz メモリ
●
FX1500 グラフィックス カード
●
2 x 160GB SATA ハードドライブ
●
オプティカル ドライブ x 2
●
フロッピー ディスク ドライブ
●
モニタ x 1 (電源は別途供給)
表 1-7 エネルギー消費量
115 VAC
Windows アイドル時
(SO)
JAWW
230 VAC
100 VAC
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
127 W
126 W
127 W
126 W
129 W
128 W
製品仕様
7
表 1-7 エネルギー消費量 (続き)
Windows ビジー時
(S0)
224 W
223 W
221 W
220 W
226 W
225 W
スリープ時 (S3)*
3.3 W
2.6 W
6.9 W
6.1 W
3.3 W
2.5 W
電源オフ時 (S5)
1.9 W
1.2 W
5.4 W
4.8 W
1.9 W
1.2 W
* おおよその値です。
注記 消費電力を 0 にするためには、ワークステーションを電源コンセントから外すか、テー
ブル タップを使って電源を切断する必要があります。 節電機能の詳細は、お使いのオペレー
ティング システムの説明書を参照してください。
表 1-8 熱量**
115 VAC
230 VAC
100 VAC
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
433 BTU/時
430 BTU/時
433 BTU/時
430 BTU/時
440 BTU/時
437 BTU/時
Windows ビジー時 (S0) 765 BTU/時
761 BTU/時
754 BTU/時
751 BTU/時
771 BTU/時
768 BTU/時
スリープ時 (S3)*
11.3 BTU/時
8.9 BTU/時
23.5 BTU/時
20.8 BTU/時
11.3 BTU/時
8.5 BTU/時
電源オフ時 (S5)
6.4 BTU/時
4.1 BTU/時
16.7 BTU/時
14.3 BTU/時
6.4 BTU/時
4.1 BTU/時
Windows アイドル時
(SO)
* Energy Star の低エネルギー モード
** 熱量は、1 時間の間サービス レベルを達成していることを前提とし、計測されたワット数に基づ
いて計算されています。
以下の表に、主な消費電力をもとに計算した、別の典型的な構成の消費電力を示します。
●
2.93GHz Core 2 Extreme x 1
●
1GB 667MHz x 2
●
FX3500
●
160GB SATA x 2
●
オプティカル ドライブ x 2
●
フロッピー ディスク ドライブ x 1
表 1-9 エネルギー消費量
115 VAC
8
230 VAC
100 VAC
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
Windows アイドル時
(SO)
117 W
116 W
117 W
116 W
119 W
118 W
Windows ビジー時 (S0)
191 W
190 W
188 W
187 W
191 W
190 W
スリープ時 (S3)*
3.3 W
2.6 W
6.9 W
6.1 W
3.3 W
2.5 W
電源オフ時 (S5)
1.9 W
1.2 W
4.9 W
4.2 W
1.9 W
1.2 W
第 1 章 製品の概要
JAWW
表 1-10 熱量**
115 VAC
230 VAC
100 VAC
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
LAN 有効
LAN 無効
Windows アイドル時
(SO)
399 BTU/時
396 BTU/時
399 BTU/時
396 BTU/時
406 BTU/時
403 BTU/時
Windows ビジー時
(S0)
652 BTU/時
648 BTU/時
642 BTU/時
638 BTU/時
652 BTU/時
648 BTU/時
スリープ時 (S3)*
11.3 BTU/時
8.9 BTU/時
23.5 BTU/時
20.8 BTU/時
11.3 BTU/時
8.5 BTU/時
電源オフ時 (S5)
6.4 BTU/時
4.1 BTU/時
16.7 BTU/時
14.3 BTU/時
6.4 BTU/時
4.1 BTU/時
* Energy Star の低エネルギー モード
** 熱量は、1 時間の間サービス レベルを達成していることを前提とし、計測されたワット数に基づ
いて計算されています。
本製品は、米国の行政命令 13221 (WOL (ウェイク オン LAN) 無効) に準拠しています。
システム ファン
ワークステーションには、背面システム ファン、メモリ ファン、CPU ヒートシンク ファン、電源装
置ファンがそれぞれ 1 つと、特殊な状況に配慮したオプションの前面システム ファンが 1 つありま
す。
電源装置のリセット
過負荷により電源装置の過負荷保護機能が働くと、すべての電源が直ちに切断されます。 電源装置ユ
ニットをリセットするには以下の手順を実行します。
1.
電源コードを外します。
2.
過負荷の原因を調べて、問題を解決します。
3.
電源コードを接続して、ワークステーションをリブートします。
オペレーティング システムからワークステーションの電源をオフにした場合、消費電力は低消費電力
以下になりますが、ゼロにはなりません。 オン/オフ機能によって電源装置の寿命が延びます。
環境仕様
ここでは、ワークステーションの環境仕様について説明します。
表 1-11 環境仕様
JAWW
温度 (動作時)
5°∼ 35°C (40°∼ 95°F)
温度(非動作時)
-40°∼ 60°C (-40°∼ 140°F)
湿度 (動作時)
8%∼ 85% 相対湿度、結露なし
湿度 (非動作時)
8%∼ 90% 相対湿度、結露なし
高度 (動作時)
0 ∼ 3,048 m (10,000 フィート)
高度 (非動作時)
0 ∼ 9,144 m (30,000 フィート)
衝撃 (動作時)
正弦半波 : 40 G、2 ∼ 3 ms
製品仕様
9
表 1-11 環境仕様 (続き)
衝撃 (非動作時)
正弦半波 : 160 cm/s、2 ∼ 3 ms、(約 100 g)
方形波 : 20 G、422 cm/s
注記 値は単一の衝撃に対するものであり、繰り返
し衝撃に対しては当てはまりません。
振動 (動作時)
ランダム動作 : 0.5 G RMS、5 ∼ 300 Hz
振動 (非動作時)
ランダム : 2.0 G (RMS)、10 ∼ 500 Hz
注記
10
第 1 章 製品の概要
値は連続振動には当てはまりません。
JAWW
Energy Star (エナジー スター)
Energy StarR は、米国環境保護局 (EPA ; Environmental Protection Agency) が支援しているプログラ
ムで、エネルギー消費の削減手法を駆使して効率的なエネルギーの使用を推進しています。 HP ワー
クステーションは、ENERGY STAR プログラムに参加しています。
注記
Linux ベースのワークステーションは、ENERGY STAR をサポートしていません。
ENERGY STAR をサポートしているワークステーションでその機能が有効になっている場合、電源管
理機能は以下のように設定されます。
●
モニタ : 動作しない状態が 20 分間続くと、省電力モードに入ります。
●
システム : 動作しない状態が 20 分間続くと、スタンバイ モードに入ります。
注記 オペレーティング システムを復元する必要がある場合は、復元後 ENERGY STAR 設定
情報 (可能な場合) を再設定してください。
工場設定済製品のデフォルトの電力設定内容を確認するには、[スタート] → [コントロール パネル] を
選択して [電源オプション] をダブルクリックします。
ENERGY STAR 適合
ENERGY STAR が設定されている HP 製品は、EPA のコンピュータ プログラムに適合しています。
EPA の ENERGY STAR が設定されていても、EPA による保証がなされているわけではありませ
ん。 当社は ENERGY STAR パートナとして、ENERGY STAR が設定された製品は ENERGY STAR
ガイドラインに適合させることにしています。
ENERGY STAR コンピュータ プログラムは、よりエネルギー効率の高い機器を家庭、オフィス、工
場で使用することによって、エネルギー効率向上と大気汚染防止を推進するために、EPA によって作
成されました。 当社の製品では、使用していないときには消費電力を低減する、という方法でこれを
実現しています。
HP Workstation の ENERGY STAR では、ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) 電源管
理機能を使用しています。 システムは、ユーザのアクション (キーボードまたはマウス操作) によっ
て、またはネットワークやモデムから起動できます。
電力管理機能を ENERGY STAR に適合している外部のモニタに使用すると、モニタのパワーダウン
機能を使用できます。 電源管理機能を使用すると、節電タイムアウトになったときに、外部モニタを
低電力モードにすることができます。
注記 節電モニタ機能を ENERGY STAR に適合していないモニタに使用すると、節電タイム
アウトになったときに、映像が歪む可能性があります。
JAWW
Energy Star (エナジー スター)
11
Hyper-Threading Technology
HT Technology は Intel が開発したもので、単一のプロセッサで複数のスレッドが同時にそれぞれの
命令を実行することができます。 HT Technology では、Intel プロセッサがその実行リソースをより
効率的に使用できるので、パフォーマンスとユーザの生産性が向上します。 HT Technology は、2 つ
の「仮想」プロセッサを作成することに相当します。 利用率の低い実行ユニットに仕事をまわすこと
によって、2 番目のコアをエミュレートします。 しかしながら、仕事をまわすことができる利用率の
低い実行ユニットがない場合には、HT Technology は何の利点ももたらさないので、すべてのシステ
ム アプリケーションがこの技術から恩恵を受けるわけではありません。
HT Technology によって恩恵を受けているかどうかを確認するには、その機能を有効にしてシステム
をテストします。
注記 プロセッサが HT Technology をサポートしていない場合には、Hyper-Threading は コン
ピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューにオプションとしては現われません。
HT Technology を有効にするには、次の操作を行います。
●
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューで、この機能の有効/無効を設定で
きます。 電源投入時にコンピュータ セットアップ ユーティリティを利用するには、画面の右下
に、F10=setup のプロンプトが表示されるのを待ちます。 プロンプトが表示されたら、F10 キ
ーを押して、F10 セットアップに入ります。 コンピュータ セットアップ ユーティリティで、
[Advanced (カスタム)> Device Options (デバイス オプション)> Hyper-Threading] を選択し、
HT Technology を有効または無効にします。
●
[HP Cool Tools] アイコンをクリックして、[HP Protect Tools Security Manager > BIOS
Configuration (BIOS 設定)] を選択し、[Advanced (カスタム)] タブをクリックしてから [Device
Options (デバイス オプション)] をクリックして、Hyper-Threading を有効にします。
[HP Cool Tools] アイコンがデスクトップに現われなかった場合には、[スタート > すべてのプロ
グラム > HP Cool Tools > HP Protect Tools Security Manager] をクリックします。 HP Protect
Tools Security Manager で、[BIOS Configuration (BIOS 設定)] を選択して [Advanced (カスタ
ム)] タブをクリックし、[Device Options (デバイス オプション)] をクリックして HyperThreading を有効にします。
注記 Red Hat Enterprise Linux WS 3 は HT Technology をサポートしています。 このテクノ
ロジを利用するには、前もって、SMP 対応のカーネルをインストールしておく必要がありま
す。 この操作についての詳細は、www.hp.com/support/linux_user_manual にある『HP
Workstations User Manual for Linux』を参照してください。
HT Technology についての詳細は、www.intel.com (英語) にある Intel の Web サイトをご覧ください。
12
第 1 章 製品の概要
JAWW
デュアル コア CPU
HP xw4400 Workstation は、デュアル コア プロセッサを持っています。 デュアル コア プロセッサ
は、HT Technology と同様に、従来のプロセッサに比べて性能が向上しています。 デュアル コア プ
ロセッサは、2 つの「仮想」プロセッサを提供する HT Technology とは異なり、ソケットは 1 つだ
が 2 つのプロセッサを実際にシステムに提供します。 デュアル コア プロセッサは、マルチスレッド
アプリケーション (たとえば、Digital Content Creation のイメージ レンダリング) や複雑なマルチタス
ク環境 (たとえば、音楽を聴きながら、複数の本番アプリケーションを実行) の負荷を処理することが
できます。
JAWW
デュアル コア CPU
13
HP Cool Tools
HP xw4400 Workstation には、追加ソフトウェアがプリロードされています。ただし、これらのソフ
トウェアは、システムを最初にブートしたときに、自動的にインストールされるわけではありませ
ん。 また、ワークステーションにプリインストールされているいくつかの有用なツールを使うと、ワ
ークステーションの使い勝手を向上させることができます。 これらのアプリケーションにアクセスし
たり、使い方を学ぶには、次の操作を行います。
●
[スタート > すべてのプログラム > HP Cool Tools] を選択して、HP Cool Tools フォルダを開き
ます。
●
デスクトップにある [HP Cool Tools] アイコンをクリックします。
これらのアプリケーションについて使い方を学ぶには、[HP Cool Tools - Learn More] をクリックし
ます。
アプリケーションをインストールしたり、起動したりするには、該当するアプリケーションをクリッ
クしてください。
14
第 1 章 製品の概要
JAWW
2
オペレーティング システムのインストー
ルまたは復元
この章では、オペレーティング システムのインストールと復元について説明します。
●
16 ページの 「オペレーティング システムとソフトウェアのインストール」
●
19 ページの 「HP ソフトウェア」
●
20 ページの 「Windows オペレーティング システムの復元」
●
21 ページの 「HP Backup and Recovery Manager の復元ポイント」
●
22 ページの 「ソフトウェアの保護」
●
23 ページの 「バックアップ ソフトウェアの注文」
ワークステーションがオペレーティング システムをプリインストールした状態で出荷された場合、ワ
ークステーションに初めて電源を入れたときに自動的に設定が行われます。
オペレーティング システムが正しくインストールされる前に、ワークステーションにオプションのハ
ードウェアを追加すると、エラーになってオペレーティング システムが正しくインストールされない
場合があります。
注意 自動インストールが動作を開始したら、このプロセスが終了するまでワークステーショ
ンの電源を切らないでください。 インストール プロセスの途中でワークステーションの電源
を切ると、システムを動作させるソフトウェアが正しくインストールできなくなる恐れがあり
ます。
JAWW
15
オペレーティング システムとソフトウェアのインストール
以降のセクションでは、オペレーティング システムと HP ソフトウェアのインストール手順について
説明します。
Microsoft Windows XP Professional
ワークステーションに初めて電源を入れたとき、オペレーティング システムの言語を選択するよう要
求されます。 言語を選択したら、画面の指示に従ってオペレーティング システムのインストールを
完了させます。 このプロセスには、システムのハードウェア構成に応じて約 10 分かかります。 イン
ストール中は指示のない限り、ワークステーションの電源を切らないでください。
デバイス ドライバのインストールまたはアップグレード
オペレーティング システムのインストールが終了してから、プリンタ、ディスプレイ アダプタ、ネ
ットワーク アダプタなどのハードウェア デバイスをインストールするとき、オペレーティング シス
テムはデバイスに対応したソフトウェア ドライバにアクセスします。 デバイス ドライバは通常、周
辺機器に付属している CD に入っています。
既存の周辺機器の中には、Windows XP 用に開発されたドライバが付属していないものもあります。
最新のデバイス ドライバについては、http://www.hp.com/go/workstationsupport (英語) をご覧くださ
い。
Linux をプリインストール済のワークステーション
Linux をプリインストール済のワークステーションの場合、このセクションの指示に従ってオペレー
ティング システムとソフトウェアをセットアップします。
ブート プロセスが終了して、インターネット ブラウザ (デフォルトで自動的に HP のドキュメント ペ
ージに設定されている) を開くと、HP Linux のドキュメントを見ることができます。 また、インター
ネット ブラウザから Red Hat の Linux Web リンク (インターネット アクセスが必要) にアクセスする
こともできます。
Linux プリインストール済みのワークステーション、または Linux 対応のワークステーションの詳細
は、
『HP Linux ワークステーション ユーザ マニュアル』を参照してください。このマニュアルは、
http://www.hp.com/support/linux_user_manual ( 英 語 ) か ら 入 手 で き ま す ( 日 本 語 版 は 、 http://
www.jpn.hp.com/doc/manual/workstation/hp_workstation.html から入手できます)。
HP および Linux の詳細は、http://www.hp.com/linux (英語) をご覧ください。
Linux オペレーティング システムの起動
ワークステーションを初めてブートしたとき、Red Hat First Boot ユーティリティが表示されます。
このプログラムにより、ワークステーションのパスワード、ネットワーク、グラフィックス、時刻、
およびキーボード設定情報を入力できるようになります。
注意 自動インストールが開始したら、このプロセスが終了するまでワークステーションの電
源を切らないでください。 インストール プロセスの途中でワークステーションの電源を切る
と、システムを動作させるソフトウェアが正しくインストールできなくなる恐れがあります。
Linux Setup ツールの [Network] タブで YPBind 機能を有効にすると、すべての設定情報を選択して保
存し、ユーティリティを終了してから 15 ∼ 30 秒間画面に何も表示されないことがあります。 この
動作は正常です。 ブート プロセスは、画面が表示されてから続行します。
16
第 2 章 オペレーティング システムのインストールまたは復元
JAWW
Linux オペレーティング システムの復元
Linux オペレーティング システムを復元するには、HP Driver CD と Red Hat ボックス セットが必要
です。 最新の HP Driver CD をダウンロードして新しい拡張機能を入手してください。
Linux は製造時のプリロードでは混合ドライブ タイプをサポートしていません。 オペレーティング
システムを復元するときは、混合ドライブ タイプは復元メディアで処理できます。
最新の HP Driver CD のコンテンツのダウンロード
http://www.hp.com を参照し、[Software and Drive Downloads] を選択します。 お使いのワークステ
ーションおよびオペレーティング システムを検索します。 [Software] でお使いのドライバ CD を選
択し、[Release Notes] の指示に従います。
HP Driver CD のコンテンツを使用したオペレーティング システムのインストール
1.
Red Hat ボックス セットの Binary CD 1 からワークステーションをブートします。
2.
プロンプトに従って、Red Hat ボックス セットの Linux オペレーティング システム CD を挿入
します。
3.
プロンプトに従って、オペレーティング システムを正常にインストールします。
4.
X サーバをリブート時に起動するように設定します。
5.
ワークステーションをリブートします。
6.
プロンプトに従って、Red Hat First Boot ユーティリティ でシステムをセットアップします。
7.
First Boot で次の CD を要求されたら、HP Driver CD をワークステーションの CD-ROM トレイ
に挿入します。
8.
[Additional CDs] の横にある [Install] をクリックします。 [HP Driver CD] ウィンドウが開きま
す。
9.
[Press] をクリックしてインストールを開始します。
インストールが終了すると、2 つのオプション (左側に [Reboot now...]、右側に [Press to
continue, reboot later...]) が表示されます。
10. [Reboot now...] をクリックします。
デバイス ドライバのアップグレード
Linux デバイス ドライバをアップグレードするには、http://www.hp.com/go/workstationsupport (英
語) をご覧ください。
Linux-enabled ワークステーション
Linux-enabled ワークステーションは、Linux がプリインストールされているわけではありません。
このワークステーションには、Linux 用の HP インストーラ キットが必要です。さらに Red Hat ボッ
クス セットを購入する必要があります。 インストーラ キットには、Red Hat ボックス セット (HP ワ
ークステーションのハードウェアでの動作を確認済み) のすべてのバージョンをインストールするた
めに必要な HP CD が入っています。
JAWW
オペレーティング システムとソフトウェアのインストール
17
ハードウェアの動作確認
HP ワークステーションのハードウェアで動作が確認されている Linux のバージョンは、以下の手順
で調べます。
1.
http://www.hp.com/support/linux_hardware_matrix (英語) にアクセスします。
2.
HP ワークステーションのモデルを選択します。
Linux オペレーティング システムのインストール
Linux-enabled システムに Linux オペレーティング システムをインストールするには、本書の
17 ページの 「Linux オペレーティング システムの復元」の指示に従います。
Linux プリインストール済みのワークステーション、または Linux 対応のワークステーションのセッ
トアップの詳細は、『HP Linux ワークステーション ユーザ マニュアル』を参照してください。このマ
ニュアルは、http://www.hp.com/support/linux_user_manual (英語) で入手できます (日本語版は、http://
www.jpn.hp.com/doc/manual/workstation/hp_workstation.html から入手できます)。
HP および Linux の詳細は、http://www.hp.com/linux (英語) をご覧ください。
18
第 2 章 オペレーティング システムのインストールまたは復元
JAWW
HP ソフトウェア
以下の HP ソフトウェアは、オペレーティング システムおよびオプションに応じてワークステーショ
ンにインストールされます。
●
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティと診断機能
●
デバイス ドライバを含む HP サポート ソフトウェア
●
セキュリティ管理ツール (オプション)
●
ソフトウェア サポート管理ツール
また、以下のソフトウェアをダウンロードできます。
●
HP Client Manager ソフトウェアを http://www.hp.com/go/easydeploy (英語) からダウンロードで
きます。
●
System Software Manager を http://www.hp.com/go/ssm (英語) からダウンロードできます。
注記
JAWW
場合によっては、HP ソフトウェアがさらに必要になります。
HP ソフトウェア
19
Windows オペレーティング システムの復元
ワークステーションで Windows XP オペレーティング システムを工場出荷時に近い状態、またはシ
ステムの状態を事前に定義したスナップショットに復元するには、さまざまな方法があります。 シス
テムには、システムのハード ディスク ドライブに復旧パーティションがあり、以下の項で説明する
復元プロセスに必要なソフトウェアおよびデータが含まれています。
RestorePlus! プロセス
Windows オペレーティング システムおよびデバイス ドライバ (システムに同梱のデバイス用) は、こ
のプロセスを使用して再インストールします。 一部のアプリケーション ソフトウェアは、RestorePlus!
プロセスを使用しても復元されません。 この場合は、適切なアプリケーション CD からアプリケーシ
ョン ソフトウェアをインストールする必要があります。 RestorePlus! プロセスは、CD から、または
システムのハード ディスク ドライブに含まれる復旧パーティションから実行できます。
注意 オペレーティング システムの復元を行う前に、データをバックアップしてください。
RestorePlus! プロセスを使用して復元を行うと、Windows パーティション上のすべてのデータ
が削除されます。 ただし、システムのハード ディスク ドライブ上の復旧パーティションおよ
びその他のパーティションには影響しません。
RestorePlus! CD の作成
CD バーナーをお持ちの場合は、システムから CD のセットを作成することができます。 システムを
初めて起動したときに、RestorePlus! の CD、Windows オペレーティング システムの CD、および HP
Backup and Recovery Manager の予備の CD を作成するように求めるプロンプトが表示されます (購
入したオプションによっては、さらに他の CD を作成できる場合があります)。 また、CD のイメージ
をネットワーク シェアなどの別の場所に移動して、後で CD に書き込んだり、別のシステムから CD
に書き込むこともできます。
RestorePlus! CD からの復元
RestorePlus! プロセスを開始するには、RestorePlus! CD から起動します。
復旧パーティションでの RestorePlus! からの復元
以下の手順に従って、[Emergency Recovery] メニューから RestorePlus! プロセスを開始します。
1.
ワークステーションを起動します。
2.
ブート プロセス中に [Emergency Recovery] メニューに入るかどうかを尋ねられたら、[F11] キ
ーを押します。 ブート プロセス中に少しの間 F11 プロンプトが表示されます。
3.
[Emergency Recovery] メニューから [Recover PC's factory installed operating system,
drivers, utilities, and applications] を選択します。
注記 一部のアプリケーションは、この方法を使用しても復元できません。
20
第 2 章 オペレーティング システムのインストールまたは復元
JAWW
HP Backup and Recovery Manager の復元ポイント
HP Backup and Recovery Manager はワークステーションにプリインストールされています。 このソ
フトウェアを使用すると、システムおよびデータをバックアップおよび復元することができます。 シ
ステムを初めてブートしたときに、RestorePlus! CD を作成するように求めるプロンプトが表示され
ます。 Initial Restore Point (IRP) が自動的に作成されます。 この復元ポイントは、IRP 作成時の、シ
ステム パーティションの完全なスナップショットです。 IRP はシステムのハード ディスク ドライブ
の復旧パーティションに保存されますが、IRP を CD や DVD に書き込んだり、別の場所にコピーす
ることもできます。 復元ポイントを使用すると、システム パーティションを、システムがキャプチ
ャされたときの状態に戻すことができます。
HP Backup and Recovery Manager の復元ポイントの CD または DVD からの
復元
HP Backup and Recovery Manager (HPBR) の復元ポイントは、CD または DVD に書き込んで、シス
テムの復元に使用することができます。 通常は、ハード ディスク ドライブを交換した場合や、すべ
てのパーティションが破損した場合に、CD/DVD のセットを使用します。 HPBR の復元ポイントの
CD/DVD からシステムを起動し、オンラインの指示に従います。
復旧パーティションでの HP Backup and Recovery Manager の復元ポイント
からの復元
HP Backup and Recovery Manager (HPBR) の Initial Restore Point は、システムの復旧パーティショ
ンに保存され、[Emergency Recovery] メニューを使用して復元することができます。 システムを起
動し、[Emergency Recovery] メニューに入るかどうかを尋ねられたら、[F11] キーを押します。 ブー
ト プロセス中に少しの間 F11 プロンプトが表示されます。 [Emergency Recovery] メニューから
[Recover PC to a specific point in time] を選択し、指示に従って操作します。
JAWW
HP Backup and Recovery Manager の復元ポイント
21
ソフトウェアの保護
ソフトウェア媒体を紛失したり破損した場合のことを考慮して、システム ソフトウェア、アプリケー
ション、およびハード ディスク ドライブ内の関連ファイルはすべてバックアップ コピーを取って保
管してください。 データ ファイルのバックアップ コピーの取り方は、オペレーティング システムま
たはバックアップ ユーティリティの説明書を参照してください。
22
第 2 章 オペレーティング システムのインストールまたは復元
JAWW
バックアップ ソフトウェアの注文
システム復元の CD または DVD を作成できない場合は、http://www.hp.com/support の製品サポート
から HP Restore Plus の CD セットを入手することができます。
注記
い。
JAWW
HP に注文する前に、必ずワークステーションのシリアル番号を調べておいてくださ
バックアップ ソフトウェアの注文
23
24
第 2 章 オペレーティング システムのインストールまたは復元
JAWW
3
システム管理
この章では、ワークステーションのシステム管理用の各種ツールとユーティリティを説明します。
JAWW
●
26 ページの 「コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ 」
●
34 ページの 「デスクトップ マネジメント 」
25
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティでは、以下の設定などを行うことができます。
26
●
工場出荷時の設定値を変更したり、システム構成を追加変更する。これは、ハードウェアの追加
や削除で必要になることがあります。
●
ワークステーションに組み込まれているデバイスがすべてシステムで認識されているかどうか、
また適切に動作しているかどうかを調べる。
●
ワークステーションの動作環境に関する情報を調べる。
●
電源投入時のセルフ テスト (Power-On Self-Test; POST) で、自動的に修復されなかったシステ
ム構成のエラーを解決する。
●
パスワードやその他のセキュリティ機能を設定し管理する。
●
省電力タイムアウト値を設定し管理する (Linux プラットフォームではサポートなし)。
●
工場出荷時の設定値に復元する。
●
システムの日時を設定する。
●
プロセッサ、グラフィックス、メモリ、オーディオ、記憶装置、通信、および入力機器などを設
定したり、システム構成の設定、表示、変更、確認を行う。
●
SATA、SAS、フロッピー ディスク ドライブ、オプティカル ドライブ、ネットワーク ドライ
ブ、LS-120 ドライブなどの、取り付け済みのマスストレージ デバイスのブート順序を変更す
る。
●
SATA および SAS ハード ドライブ コントローラのブート時の優先度を設定する。
●
ネットワーク サーバ モードを有効または無効にする。ネットワーク サーバ モードが有効な場
合、キーボードやマウスの接続/非接続にかかわらず、電源投入時のパスワードが有効であれ
ば、ワークステーションのオペレーティング システムをブートすることができます。 キーボー
ドまたはマウスがシステムに接続されているときは、電源投入時パスワードが入力されるまで
は、キーボードまたはマウスはロックされたままになります。
●
POST メッセージを有効または無効にする。この設定によって POST メッセージの表示項目を
変更します。 POST メッセージを無効にすると、メモリ カウント、製品名、およびエラーでな
い情報 メッセージなど、大部分の POST メッセージが表示されません。 POST でエラーが発生
した場合には、設定されたモードにかかわらずエラー メッセージが表示されます。 POST 中に
手作業で POST メッセージを有効にするには、いずれかのキー (F1 ∼ F12 は除く) を押します。
●
オーナーシップ タグを設定する。この情報は、システムの電源投入または再起動のたびに表示
されます。
●
会社がこのワークステーションに割り当てたアセット タグ (資産 ID 番号) を入力する。
●
電源投入時パスワードを有効にする。有効にすると、システムの再起動 (ウォーム ブート) また
は電源投入時にパスワードの入力が要求されます。
●
シリアル ポート、USB ポート、パラレル ポート、またはオーディオ、内蔵 NIC などの統合
I/O 機能を無効または有効にする。 無効にしたデバイスはアクセスできなくなるので、システム
全体のセキュリティが向上します。
●
リムーバブル メディア ブート機能を有効または無効にする。
第 3 章 システム管理
JAWW
●
リムーバブル メディア書き込み機能を有効または無効にする (ハードウェアがサポートしている
場合)。
●
システムのセットアップ情報を複製する。システムの構成情報をフロッピー ディスクに保存し
て、複数のワークステーションにコピーすることができます。
●
特定の SATA および SAS ハード ドライブのセルフ テストを実行する (ドライブがサポートして
いる場合)。
BIOS ROM
コンピュータの BIOS は、機械語プログラムの集合で、ROM に格納されています。 BIOS ROM に
は、POST、PCI デバイスの初期化機能、プラグ アンド プレイのサポート機能、省電力管理機能、お
よびコンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティなどが含まれています。 BIOS ROM のファー
ムウェアは、以下の業界標準仕様などに対応しています。
●
Microsoft WHQL
●
Alert-on-LAN (AOL) と Wake-on-LAN (WOL)
●
ACPI 1.0 と OnNow
●
SMBIOS 2.3.5
●
PC98/99/00 と NetPC
●
統合 LAN コントローラ用 PXE ブート ROM
●
BIOS ブート仕様 1.01
●
拡張ディスク ドライブ仕様 3.0
●
「El Torito」ブート可能 CD-ROM フォーマット仕様 1.0
●
ATAPI リムーバブル メディア デバイス BIOS 仕様 1.0
●
MPS 仕様 1.4 (Linux SMP のブート用)
BIOS ROM は 1MB の Serial Peripheral Interface (SPI) の一部です。 BIOS のランタイム部は、128
KB のサイズで E0000h ∼ FFFFFh の範囲に格納されています。
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティの使用方法
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティは、ワークステーションに電源を入れたとき、また
はワークステーションを再起動したときにのみ使用できます。 コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティにアクセスするには、以下の手順に従って操作します。
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
ディスプレイがアクティブになり、F10=Setup というメッセージが画面の右下に表示されたら
直ちに F10 キーを押します。
注記 適切な時間内に F10 キーを押すことができなかった場合は、やり直します。 F10
を押しそびれた場合には、ワークステーションの電源を切り、再び F10 を押して、ユー
ティリティへのアクセスを試みます。または、Ctrl + Alt + Delete キーを押してからブート
してください。
JAWW
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
27
3.
使用言語をリストから選択して Enter キーを押します。 コンピュータ セットアップ (F10) ユー
ティリティで、[File]、[Storage]、[Security]、[Power]、および [Advanced] の 5 つのメニュー
が表示されます。
4.
左右の矢印キーで適切な見出しを選択します。そして、上下の矢印キーでオプションを選んで
Enter を押します。
5.
変更した設定を保存し、有効にするには、[File] (ファイル) → [Save Changes] (変更を保存して
終了) を選択し、[Exit] (終了) を選択します。
●
変更した設定を破棄したい場合は、[Ignore Changes] (変更を破棄) と [Exit] (終了) を選択
します。
●
工場出荷時の設定値にリセットするには、[File] (ファイル) → [Default setup] → [Restore
Factory Settings as Default] を選択します。 [F10] を押して、変更指示に従います。 [Apply
Defaults and Exit] (デフォルト値を適用して終了) をクリックします。 この操作によって、
設定値を工場出荷時設定に戻します。
注意 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティによる変更を ROM に保存中は、ワー
クステーションの電源を切らないでください。CMOS の内容が破壊される場合があります。
コンピュータ セットアップ 画面の終了後であれば、ワークステーションの電源を安全に切る
ことができます。
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニュー
注記 以下の項目は、新しい BIOS がリリースされると変更されることがあります。そのた
め、以下に示すメニューとは異なる場合があります。
表 3-1 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューの説明
メニュー
項目
説明
File (ファ
イル)
System
Information (シ
ステム情報)
製品名、SKU 番号、プロセッサのタイプ/速度/ステッピング、キャッシュ サイズ (L1/L2)、搭載
されているメモリのサイズ、統合 MAC、システム BIOS、シャーシのシリアル番号、およびアセ
ット タグを表示します。
About (著作権)
著作権の情報を表示します。
Set Time and
Date (日時の設
定)
システムの日付と時刻を設定できます。
Flash System
フロッピー ディスク A
ROM (システム
ROM のフラッシ ROM イメージがフロッピー ディスクに保存されている場合には、これを使って BIOS をアップ
グレードすることができます。
ュ)
CD-ROM
ROM イメージが CD に保存されている場合には、これを使って BIOS をアップグレードするこ
とができます。
Replicated
Setup (セットア
ップの複製)
Save to Removable Media (リムーバブル メディアに保存)
CMOS を含むシステム設定情報を、フォーマット済みの未使用の 1.44-MB フロッピーディスク
に CPQsetup.txt ファイルとして保存します。 保存/復元がサポートされています。
Restore to Removable Media (リムーバブル メディアに復元)
システム設定情報をフロッピーディスクから復元します。
28
第 3 章 システム管理
JAWW
表 3-1 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューの説明 (続き)
メニュー
項目
説明
Default Setup
(デフォルト設
定)
Save Current Settings as Default (現在の設定をデフォルト値として保存)
現在の設定が次回の操作のデフォルトの設定になるように保存します。
Restore Factory Settings as Default (工場出荷時の設定をデフォルト値として復元)
工場出荷時の設定を次回の操作のデフォルトの設定として復元します。
Storage
(ストレー
ジ)
Apply Defaults
and Exit (デフォ
ルト値を適用し
て終了)
工場出荷時のデフォルトの設定を復元します。これには設定されたすべてのパスワードのクリー
ニングも含まれます。
Ignore Changes
and Exit (変更を
保存しないで終
了)
変更した設定値を破棄し、コンピュータ セットアップ を終了します。
Save Changes
and Exit(変更を
保存して終了)
変更した設定値を保存し、コンピュータ セットアップ を終了します。
Device
Configuration
(デバイス構成)
取り付けられている非 SCSI ストレージデバイスをすべて表示し、各デバイスについて特定の情
報を取得するためのオプションを表示します。
注記 SCSI ストレージ ドライブは、コンピュータ セットアップ (F10) では表示されま
せん。
Hard Disk (ハード ディスク ドライブ)
ハード ディスク ドライブについての情報を表示します。
CD-ROM
システム内の CD-ROM ドライブについての情報を表示します。
フロッピー ディスクのタイプ (従来のフロッピー ディスク ドライブのみ) : フロッピー ディス
ク ドライブで使用可能な最大容量のメディア タイプを示します。 オプションには、3.5 インチ
1.44 MB、5.25 インチ 1.2MB、および Not Installed (ドライブなし) があります。
Default Values (デフォル
ト値) Multisector Transfers (マルチセクタ転送) オプションは、8、16、Disable (無効) のいずれかで
す。
Transfer Mode (転送モード) には、アクティブなデータ転送モードを指定します。 オプションに
は (デバイスの機能に依存)、Max UDMA、PIO0、Max PIO、Enhanced DMA、Ultra DMA0 があ
ります。
新たに Automatic オプションが追加され、このオプションが指定されると、BIOS はフォーマッ
ト済の SATA または USB のマスストレージ デバイスに対する変換モードを自動的に判断しま
す。 これによって、マスストレージ デバイスがどのようにフォーマットされていたかは気にす
る必要がなくなります。
通常は、BIOS によって自動的に選択された変換モードを変更しないでください。 選択された変
換モードが、ディスクをパーティション分割およびフォーマットしたときにアクティブであった
変換モードと互換性がない場合、ディスク上のデータにアクセスできなくなります。
Translation Mode オプションには、Automatic、Bit Shift、LBA Assisted、Use (シリンダ、ヘッ
ド、セクタ)、Off のいずれかです。
JAWW
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
29
表 3-1 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューの説明 (続き)
メニュー
項目
説明
Storage Options Removable Media Boot (リムーバブル メディア ブート)
(ストレージ オプ
リムーバブル メディアからシステムをブートする機能を有効/無効に設定します。
ション)
Legacy Diskette Write (レガシー リムーバブル メディアへの書き込み)
リムーバブル メディアにデータを書き込む機能を有効/無効に設定します。
BIOS DMA Transfers (BIOS DMA 転送)
BIOS が転送に DMA を使う機能を有効/無効に設定します。
SATA Emulation (SATA エミュレーション)
オプションは、Separate IDE Controller、Combined IDE Controller、RAID+AHCI のいずれかで
す。
注記
RAID+AHCI モードでは、ドライブロックは使えません。
IDE Controller (IDE コントローラ)
プライマリ IDE コントローラを有効/無効に設定します。
Primary SATA Controller (プライマリ SATA コントローラ)
SATA コントローラ #0 を有効/無効に設定します。
Secondary SATA Controller (セカンダリ SATA コントローラ)
SATA コントローラ #1 を有効/無効に設定します。
DPS Self-test
(DPS セルフ テ
スト)
ドライブ テストを選択できるようにします。
Boot Order (起動 Temporarily Override Boot Order のショートカット : [Boot Order] (起動順序) で指定したデフォ
順序)
ルトのデバイス以外のデバイスから一度だけブートするには、ワークステーションを再起動し、
画面に「F10=Setup」メッセージが表示されている間に F9 キーを押します。 POST が完了する
と、ブート可能なデバイスのリストが表示されます。 矢印キーを使ってブート可能デバイスを
選択し、Enter キーを押します。 ワークステーションはこの時に限り、選択したデフォルトでは
ないデバイスからブートします。
注記 MS-DOS のドライブ名の割り当ては、MS-DOS 以外のオペレーティング システ
ムが起動された後は、適用されない場合があります。
これを使うと、デバイスの起動順序に優先順位を付けることができます。 Enter を押して、デバ
イスを希望する位置にドラッグします。 F5 を押して、その位置にあるデバイスをブート可能デ
バイスから取り除きます。
Controller Order
(コントローラの
順序)
Security
(セキュリ
ティ)
Setup Password セットアップ パスワード (管理者) を設定して有効にすることができます。
(セットアップ パ
スワード)
注記 セットアップ パスワードを設定すると、コンピュータ セットアップ のオプショ
ンを変更したり、ROM をフラッシュしたり、Windows 環境で特定のプラグ アンド プ
レイ設定を変更したりする場合に、セットアップ パスワードが必要になります。
Power-On
Password (電源
30
これを使うと、接続されているハードドライブ コントローラの順序を指定することができま
す。 順序が最初のハードドライブ コントローラがブート シーケンスで優先順位が高く、ドライ
ブ C として認識されます (デバイスが接続されている場合)。
第 3 章 システム管理
電源投入時パスワードを設定して有効にすることができます。
JAWW
表 3-1 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューの説明 (続き)
メニュー
項目
説明
投入時パスワー
ド)
Drivelock
Security (ドライ
ブロック セキュ
リティ)
ドライブロック パスワードを設定して有効にすることができます。
Smart Cover (ス
マート カバー)
カバー取り外しセンサを無効にしたり、センサが動作したことをユーザに通知することができま
す。
注記 ドライブロック を有効にして、マスタ パスワードを見失ったり、忘れたりする
と、ハードドライブは永久にアクセス不可能になります。 パスワードを復元したり、デ
ータにアクセスする方法は一切ありません。
Device Security Serial Port (シリアル ポート) : デバイスが使用可能か、OS には隠すかを指定します。
(デバイス セキュ
Parallel Port (パラレル ポート) : デバイスが使用可能か、OS には隠すかを指定します。
リティ)
All USB Ports (すべての USB ポート) : デバイスが使用可能か、OS には隠すかを指定します。
Front USB Ports (前面 USB ポート) : デバイスが使用可能か、OS には隠すかを指定します。
System Audio (システム オーディオ) : デバイスが使用可能か、OS には隠すかを指定します。
Network Controller (ネットワーク コントローラ) : デバイスが使用可能か、OS には隠すかを指定
します。
Embedded Security Device (内蔵セキュリティ デバイス) : デバイスが使用可能か、OS には隠す
かを指定します。
Network Service F12 キーまたは起動順序を使って、ネットワークからブートする機能を有効/無効に設定します。
Boot (ネットワー
ク サービス ブー
ト)
System IDs (シ
ステム ID)
以下の設定を行うことができます。
●
資産タグ (16 バイトの ID) と所有者タグ (POST 実行中に表示される、80 バイトの ID)
●
UUID (Universal Unique Identifier) 番号。現在の本体シリアル番号が無効になった場合にの
み更新できます。 (通常これらの ID 番号は工場出荷時に設定され、そのシステムを特定す
るために使用されます。
)
●
System ID エントリへのキーボードのロケールの設定 (たとえば、English または German)
Data Execution
OS セキュリティに対する違反を予防するモードを有効/無効にする。
Prevention (デー
タ実行防止)
電源
OS Power
Management
(OS 電源管理)
ACPI S3 サポート、ACPI S3 ハードディスク リセット、ACPI S3 P52 マウス ウェイクアップ、
USB ウェイクオン デバイス挿入を有効/無効にする。
Hardware Power SATA 電源管理機能をを有効/無効にする。
Management (ハ
ードウェア電源
管理)
カスタム
**
JAWW
Thermal (サーマ
ル)
CPU のアイドル時のシステム ファンの稼働率を設定できる。
Power-On
Options (電源投
入時のオプショ
ン)
以下の設定を行うことができます。
●
POST Mode (POST モード : QuickBoot、FullBoot、または 1 ∼ 30 日ごとに FullBoot)
●
POST Messages (POST メッセージ : 有効/無効)
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
31
表 3-1 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューの説明 (続き)
メニュー
項目
説明
●
F9 Prompt (F9 プロンプト : 有効/無効) この機能を有効にすると、POST 実行中に「F9=Boot
Menu」のテキストが表示されます。 この機能を無効にすると、このテキストは表示されま
せん。 ただし、F9 キーを押せば、Shortcut Boot [Order] (ショートカット起動 [順序]) メニ
ュー画面にアクセスすることができます。
●
F10 Prompt (F10 プロンプト: 有効/無効) この機能を有効にすると、POST 実行中に
「F10=Setup」のテキストが表示されます。 この機能を無効にすると、このメッセージは表
示されませんが、F10 キーを押せばセットアップ画面が表示されます。
●
F12 Prompt (F12 プロンプト : 有効/無効) この機能を有効にすると、POST 実行中に
「F12=Network Service Boot 」のテキストが表示されます。 この機能を無効にすると、こ
のメッセージは表示されませんが、F12 キーを押せば、ネットワークからシステムをブー
トさせようとします。
●
Option ROM* Prompt (オプション ROM プロンプト : 有効/無効) この機能を有効にすると、
オプション ROM をロードする前にシステムからメッセージが表示されます。
●
Remote Wakeup Boot Source (リモート ウェイクアップ ブート ソース)
●
After Power Loss (電源の切断後 : オン/オフ)
●
POST Delay (POST 遅延時間 : 有効/無効) この機能を有効にすると、POST プロセスに対し
てユーザ指定の遅延時間を設定することができます。 この遅延時間は、特定の PCI カード
にある立ち上がりが遅い (POST が完了してもブートの準備ができていないほど遅い) ハー
ドディスクで必要になります。 POST 遅延時間によって、コンピュータ セットアップ (F10)
を起動するために F10 を押すまでの時間に余裕ができる効果もあります。
●
I/O APIC Mode (I/O APIC モード : 有効/無効)
●
Limit (PUID 最大値に 3 を設定) (有効/無効)
●
Setup Browse Mode (セットアップ ブラウズ モード : 有効/無効)
●
ACPI/USB Buffers @ Top of Memory (上位メモリの ACPI/USB バッファー : 有効/無効)
Execute
システムはリブートし、変更はすべて失われます。 システムは最適とはいえない構成で、メモ
Memory Test (メ リからブートすることもあります。
モリ テストを実
行)
BIOS Power-On
(BIOS 電源投入)
Onboard
Devices (オンボ
ード デバイス)
オンボード システム デバイス (シリアル ポート、USB ポート、デバイス フロッピー コントロ
ーラなど) のリソースを設定したり、無効にすることができます。
PCI Devices
(PCI デバイス)
以下のデバイスのリソースを設定することができます。
Intel HD オーディオ デバイス (IRQ 5、10、11、または無効)
Intel USB コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Intel USB コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Intel USB コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Intel USB コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Intel USB コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Intel IDE コントローラ (有効/無効)
Intel SATA コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
32
第 3 章 システム管理
JAWW
表 3-1 コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティのメニューの説明 (続き)
メニュー
項目
説明
VGA コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Broadcom イーサネット コントローラ (IRQ 5、10、11、または無効)
Bus Options (バ
ス オプション)
オプションは以下のとおりです。
PCI SERR# Generation (PCI SERR# 生成) (有効/無効)
PCI VGA Palette Snooping (PCI VGA パレット スヌーピング) (有効/無効)
ECC Support (ECC サポート : 有効/無効)
Memory Remapping (メモリ再マッピング : 有効/無効)
Device Options
Printer Mode (プリンタ モード : EPP + ECP、Output-Only (出力のみ)、Bi-Directional (双方向))
(デバイス オプシ
Num Lock State at Power-On (電源投入時 Num Lock 状態 : オフ/オン)
ョン)
S5 Wake on LAN (S5 ウェイク オン LAN : 有効/無効)
Processor Cache (プロセッサ キャッシュ : 有効/無効)
Unique Sleep State Blink Rates (ユニーク スリープ状態点滅頻度 : 有効/無効)
Internal Speaker (内部スピーカー : 有効/無効)
Monitor Tracking (モニタ トラッキング) (有効/無効)
NIC PxE Option ROM Download (NIC PXE オプション ROM のダウンロード : 有効/無効)
スロット 1 (PCI
Express x 16)
オプション ROM を設定します。
スロット 2 (PCI) オプション ROM と遅延タイマを設定します。
スロット 3 (PCI オプション ROM を設定します。
Express x 8 (x4))
スロット 4 (PCI
Express x 1)
オプション ROM を設定します。
スロット 5 PCI
オプション ROM と遅延タイマを設定します。
スロット 6 PCI
オプション ROM と遅延タイマを設定します。
**これらの項目は上級ユーザのみが使用してください。
JAWW
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
33
デスクトップ マネジメント
HP Client Management Solutions (http://www.hp.com/go/easydeploy (英語) からダウンロード可能) を
使って、ネットワーク環境でワークステーションの標準的な管理と制御を行うことができます。 ここ
では、以下に示すデスクトップ マネジメントの主要なツールの機能と特徴について概要を説明しま
す。
●
初期設定と導入
●
リモート システム インストール
●
ソフトウェアのアップデートと管理
●
ROM フラッシュ機能
●
資産情報管理機能とセキュリティ機能
●
障害通知と復旧機能
注記 このマニュアルで説明されている各機能は、ワークステーションのモデルまたはソフト
ウェア バージョンによって異なる場合があります。
初期設定と導入
ワークステーションは、システム ソフトウェア イメージがインストールされた状態で出荷されま
す。 簡単なソフトウェアの「バンドル解除」を行うと、すぐにワークステーションを使用できます。
プリインストールされたソフトウェア イメージの代わりにカスタマイズされたシステムとアプリケー
ションのソフトウェア セットをインストールすることもできます。 カスタマイズされたソフトウェ
ア イメージをインストールするには、以下のような方法があります。
●
プリインストールされたソフトウェア イメージをバンドル解除してから、追加のアプリケーシ
ョン ソフトウェアをインストールする。
●
ディスク複製手順を使って、別のハード ディスク ドライブの内容を対象ワークステーションの
ハード ディスク ドライブにコピーする。
最適な方法は、お使いの IT 環境と作業内容によって異なります。 HP Lifecycle Solutions Web サイ
ト (http://whp-sp-orig.extweb.hp.com/country/us/en/solutions.html (英語)) の PC Deployment のセクシ
ョンでは、最良の導入方法を選択するのに役立つ情報を提供しています。
Restore Plus! CD、ROM ベースのセットアップ、および ACPI 対応ハードウェアにより、システム
ソフトウェアのリカバリ、構成管理、トラブルシューティング、および電力管理機能が利用できま
す。
リモート システム インストール
リモート システム インストール機能を使うと、ネットワーク サーバに配備されているソフトウェア
とその設定情報を使ってシステムを起動して、セットアップを行うことができます。 この機能は通
常、システムのセットアップ/設定用のツールとして使用しますが、次の作業にも使用できます。
34
●
ソフトウェア イメージを 1 つ以上のワークステーションに導入する
●
ハード ディスク ドライブをフォーマットする
第 3 章 システム管理
JAWW
●
アプリケーション ソフトウェアまたはドライバをインストールする
●
オペレーティング システム、アプリケーション ソフトウェア、またはドライバをアップデート
する
リモート システム インストールを起動するには、F12=Network Service Boot メッセージが HP のロ
ゴ画面の右下に表示されたときに [F12] キーを押します。 画面の指示に従って操作します。 デフォ
ルトのブート順序は、BIOS 構成の設定どおりですが、常に PXE ブートを試みるように変更すること
ができます。
HP は Altiris 社と提携し、企業のコンピュータ導入とその管理作業を容易にしかも短時間に行うため
のツールを提供しています。目指すところは、企業環境で運用総コストを低減するとともに、HP の
コンピュータを最も管理しやすいクライアント用コンピュータにすることです。
ソフトウェアの管理とアップデート
当社では、デスクトップとワークステーションのソフトウェアの管理とアップデート用に次のような
ツールを用意しています。HP Client Manager Software、Altiris Client Management Solutions、System
Software Manager、Proactive Change Notification、および Subscriber's Choice などがあります。
HP Client Manager Software
HP Client Manager Software (HP CMS) は、当社のお客様のクライアント ワークステーションのハー
ドウェア面の管理を支援するもので、次のような機能があります。
●
資産管理用ハードウェア インベントリの詳細表示
●
コンピュータのヘルス チェック監視と診断
●
ハードウェア環境変更の事前通知
●
ビジネスの継続に影響を与えるコンピュータの温度異常警告やメモリ異常警告など、Web サイ
トから利用できる報告機能
●
デバイス ドライバ、ROM BIOS などのシステム ソフトウェアのリモート アップデート
●
リモートからのブート順序の変更
●
システム BIOS の設定
HP Client Manager の詳細は、http://h18000.www1.hp.com/im/prodinfo.html (英語) をご覧ください。
JAWW
デスクトップ マネジメント
35
Altiris Client Management Solutions
HP は Altiris 社と提携し、HP クライアント コンピュータの運用コスト低減に向けた、密接に統合化
されたシステム管理ソリューションを提供しています。HP Client Manager Software は、次のような
機能を有する Altiris Client Management ソリューションのベースになるものです。
●
●
●
●
インベントリと資産の管理
●
ソフトウェア ライセンスの遵守機能
●
クライアント コンピュータの追跡と報告
●
リース契約管理と資産管理機能の修正
導入と移行
●
Microsoft Windows XP Professional または Home Edition への移行
●
システム導入
●
個別ユーザ情報の移行
ヘルプ デスクと問題解決
●
ヘルプ デスク チケットの管理
●
リモート トラブルシューティング
●
リモートでの問題解決
●
クライアントのディザスタ リカバリ
ソフトウェアと運用の管理
●
デスクトップの自動管理
●
HP システム ソフトウェアの導入
●
アプリケーションの自動修復
以下の詳細については、http://h18000.www1.hp.com/im/prodinfo.html (英語) をご覧ください。
●
HP Client Manager ソフトウェアの動作
●
お使いのオペレーティング システムと互換性のあるソリューション
●
全機能が動作する 30 日間の評価版 Altiris ソリューションをダウンロードする方法
System Software Manager
System Software Manager (SSM) は、複数のシステムに対してシステム レベルのソフトウェアを同時
にアップデートできるユーティリティです。 SSM をコンピュータの PC クライアント システムで実
行すると、SSM はハードウェアとソフトウェアのバージョンを検出し、ファイル ストアと呼ばれる
中央リポジトリから適切なソフトウェアを選択してアップデートします。 SSM でサポートされてい
るドライバのバージョンは、ドライバのダウンロード Web サイト、およびサポート ソフトウェア CD
に独自のアイコンで示されています。 ユーティリティのダウンロードまたは SSM の詳細は、
http://www.hp.com/go/ssm (英語) をご覧ください。
36
第 3 章 システム管理
JAWW
Proactive Change Notification
Proactive Change Notification プログラムは、以下のように変更通知の送信が積極的にしかも自動的に
行われるように Subscriber's Choice Web サイトを使用しています。
●
大部分の企業向けワークステーションとサーバでハードウェアおよびソフトウェアに変更が生じ
た場合は、最大 60 日前に Proactive Change Notification (PCN) の電子メールがユーザに送られ
ます。
●
電子メールには、これらのワークステーションとサーバのカスタマ向けニュース速報、カスタ
マ アドバイザリ、カスタマ ノート、ニュース速報、およびドライバ アラートが含まれます。
ご自身のプロファイルを作成して、特定の IT 環境に関連している情報だけを受け取ることもできま
す 。 Proactive Change Notification プ ロ グ ラ ム と カ ス タ ム プ ロ フ ァ イ ル の 作 成 方 法 は 、
http://www.hp.com/go/pcn (英語) をご覧ください。
Subscriber's Choice
Subscriber's Choice は、当社からのクライアントに依存したサービスの 1 つです。 ユーザのプロフ
ァイルに従って、ユーザに合わせた製品のヒント、特集記事、およびドライバとサポートに関する情
報が通知されます。 Subscriber's Choice の Driver and Support Alerts/Notifications では、ユーザのプ
ロファイルで予約された情報が電子メールで通知されます。 Proactive Change Notification プログラ
ムとカスタム プロファイルの作成方法は、http://www.hp.com/go/pcn (英語) をご覧ください。
ROM フラッシュ機能
ワークステーションは、フラッシュ ROM 付きで出荷されます。 コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティでセットアップ パスワードを設定すると、ROM が間違ってアップデートされたり上書
きされないように保護できます。 これは、ワークステーション動作の完全性を確保する上で重要なこ
とです。 ROM のアップグレードが必要な場合には、次のようにしてアップグレードできます。
●
アップグレード対象の ROMPaq フロッピー ディスクを注文します。
●
HP のドライバとサポートのページ (http://www.hp.com/support/files (英語)) から最新の ROMPaq
イメージをダウンロードします。
注記 ROM を保護するために、必ずセットアップ パスワードを設定してください。 セットア
ップ パスワードを設定すれば不正な ROM のアップグレードを防止できます。 System Software
Manager を使えば、1 つ以上のワークステーションに対して同時にセットアップ パスワードを
設定できます。 詳細は、http://www.hp.com/go/ssm (英語) をご覧ください。
リモート ROM フラッシュ機能
リモート ROM フラッシュ機能を使うと、管理者は、リモート HP ワークステーションの ROM を中
央のネットワーク管理コンソールから直接に、安全にアップグレードすることができます。これによ
って、整合性を伴なった配備が可能となり、ネットワーク上の HP PC の ROM イメージを完全に制
御することができます。 さらに、生産性の向上と運用コストの低減にもつながります。
リモート ROM フラッシュ機能を使用するには、ワークステーションに電源を入れておくか、リモー
ト ウェイクアップ機能を使って電源を入れる必要があります。
リモート ROM フラッシュの詳細は、http://h18000.www1.hp.com/im/prodinfo.html (英語) にある HP
Client Manager Software または System Software Manager を参照してください。
JAWW
デスクトップ マネジメント
37
HPQFlash
HPQFlash ユーティリティは、Windows オペレーティング システムから個々のワークステーション
のシステム ROM をローカルでアップデートまたは復元するのに使用します。
HPQFlash の詳細は、http://www.hp.com/support/files (英語) で、プロンプトが表示されたらワークス
テーションの名前を入力すれば参照できます。
フェールセーフ ブート ブロック ROM
フェイルセーフ ブート ブロック ROM が装備されているので、ROM のアップグレード中に停電など
の電源異常で ROM の書き換えに失敗したときにも、システム ROM を復旧できます。 ブート ブロッ
クは、ROM がフラッシュされる際に保護される部分で、システムに電源が投入されたときに、シス
テム ROM フラッシュをチェックし、以下のいずれかの方法でシステムを起動します。
●
システム ROM が有効な場合は、ワークステーションを通常の方法で起動します。
●
システム ROM が有効でない (検証チェックに失敗した) 場合は、システムを起動し、システム
ROM を復旧させます。
注記 ROMPaq CD からの復旧をサポートしているモデルもあります。 一部のモデルでは、
ISO ROMPaq イメージはダウンロード可能な ROM ソフトパックに格納されています。
ブート ブロックによって無効なシステム ROM が検出されると、システムの電源 LED は、8 回赤く
点滅 (1 秒間に 1 回点滅、2 秒間消灯) します。 また、同時に 8 回のビープ音も鳴ります。 ブート ブ
ロックのリカバリ モードのメッセージが、画面に表示されます (一部のモデル)。
以下の手順でブート ブロック モードに入ってからシステム ROM の復旧を行います。
1.
フロッピー ディスク ドライブと CD ドライブにフロッピー ディスクと CD が入っていたら、そ
れらを取り出してから、電源を切ります。
2.
フロッピー ディスク ドライブに ROMPaq フロッピー ディスクを挿入します。このワークステ
ーションが CD 対応の場合は、CD ドライブに ROMPaq CD を挿入します。 HP DriveKey など
の USB メディアも使用できます。
3.
ワークステーションの電源を入れます。
ROMPaq フロッピー ディスクまたは ROMPaq CD が認識されない場合は、挿入して再起動する
よう要求されます。
セットアップ パスワードが設定されている場合は、Caps Lock ランプが点灯しパスワードを入
力するよう要求されます。
4.
セットアップ パスワードを入力します。
システムがフロッピー ディスクから起動されて、システム ROM の復旧が正常に完了すると、キ
ーボード上の 3 つのランプが点灯します。 また、だんだん大きくなるビープ音によっても完了
したことが分かります。
5.
フロッピー ディスクまたは CD を取り出して、システムの電源を切ります。
6.
ワークステーションを再起動します。
次の表に、ブート ブロック ROM で使用するキーボード ランプ (ワークステーションに PS/2 キーボ
ードが接続されている場合) の点灯の組み合わせを示すとともに、その意味と対応する処置を説明し
ます。
38
第 3 章 システム管理
JAWW
表 3-2 ブート ブロック ROM で使用するキーボード ランプの組み合わせ
フェールセーフ
ブート ブロック
モード
キーボード LED の状態*
意味/対処方法
Num Lock
オン
ROMPaq フロッピー ディスクまたは ROMPaq CD が挿入されていないか、壊れ
ているか、またはドライブの準備ができていない。
Caps Lock
オン
パスワードを入力する。
Num、Caps、
Scroll Lock
Num、Caps、Scroll
ネットワーク モードでキーボードはロックされている。
Lock ランプの順に 1 つず
つ点滅する。
Num、Caps、
Scroll Lock
オン
ブート ブロック ROM フラッシュが完了。 システムはリブートします。
*USB キーボードでは診断ランプは点滅しません。
セットアップの複製機能
以下の手順を使うと、セットアップ設定情報を同じモデルの他のワークステーションに簡単にコピー
して、複数のワークステーションに同じ設定を短時間で統一的に行うことができます。
注記 どちらの手順にも、フロッピー ディスク ドライブまたは HP Drive Key などの USB デ
バイスが必要です。
複数のワークステーションの BIOS 設定を収集して複製するには、System Software Manager
または HP Client Manager Software を使ってください。 詳細は、http://www.hp.com/go/
easydeploy (英語) をご覧ください。
1 台のワークステーションへのコピー
注意 セットアップ設定情報はモデルに固有になっています。 コピー先とコピー元のワークス
テーションのモデルが異なっていると、ファイル システムが破壊されることがあります。 た
とえば、セットアップ設定情報を HP xw4200 ワークステーションから HP xw4400 ワークステ
ーションにコピーしないでください。
1.
コピーするセットアップ設定情報を選び、ワークステーションをリブートします。
2.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル
画面をスキップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
JAWW
3.
フロッピー ディスクまたはその他のストレージを使用する場合は、ここで挿入します。 先に進
まない場合には、次の操作を行います。
4.
[File] (ファイル) → [Replicated Setup] → [Save to Removable Media] の順に選択します。 画
面の指示に従って構成用フロッピー ディスクを作成します。
デスクトップ マネジメント
39
5.
設定対象のワークステーションの電源を切り、構成用フロッピー ディスクを挿入します。
6.
設定対象のワークステーションの電源を入れます。
7.
F10 キーを、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けま
す。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をスキップします。
8.
[File] (ファイル) → [Replicated Setup] → [Restore from Removable Media] の順に選択し、画
面の指示に従います。
9.
設定が終了したらワークステーションを再起動します。
複数のワークステーションへのコピー
注意 セットアップ設定情報はモデルごとに固有です。 コピー先とコピー元のワークステーシ
ョンのモデルが異なっていると、ファイル システムが破壊されることがあります。 たとえ
ば、セットアップ設定情報を HP xw4200 ワークステーションから HP xw4400 ワークステーシ
ョンにコピーしないでください。
この方法は構成用フロッピー ディスクを用意するのに若干時間がかかりますが、コピー対象のワーク
ステーションに非常に高速にコピーできます。
注記 この手順にはブート可能なフロッピー ディスクが必要です。 ブート可能なフロッピー
ディスクの作成に Windows XP が使えない場合は、1 台のワークステーションにコピーする方
法を使ってください (39 ページの 「1 台のワークステーションへのコピー」を参照)。
1.
ブート可能なフロッピー ディスクを作成します。
2.
コピーするセットアップ設定情報を選びます。
3.
ワークステーションを再起動します。
4.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル
画面をスキップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
40
5.
フロッピー ディスクまたはその他のストレージを使用する場合は、ここで挿入します。
6.
[File] (ファイル) → [Replicated Setup] → [Save to Removable Media] の順に選択します。 画
面の指示に従って設定用フロッピー ディスクを作成します。
7.
セットアップ複製用の BIOS ユーティリティ (repset.exe) をダウンロードして、設定用フロッピ
ー ディスクにコピーします。 このユーティリティは、http://www.hp.com/support/files (英語) で
ワークステーションのモデル番号を入力すると入手できます。
8.
構成用フロッピー ディスクに、repset.exe cpqsetup.txt コマンドを含む autoexec.bat ファイル
を作成します。
第 3 章 システム管理
JAWW
9.
設定対象のワークステーションの電源を切ります。 設定用フロッピー ディスクを挿入してワー
クステーションの電源を入れます。 設定ユーティリティが自動的に実行されます。
10. 設定が終了したらワークステーションを再起動します。
デュアル ステート電源ボタン機能
ACPI が有効になっている場合、電源ボタンをワークステーションの ON/OFF スイッチとしての機能
のほか、スリープ モードにするためのボタンとして設定することができます。 この機能では、電源
を完全には OFF にしないでワークステーションの消費電力が低いスタンバイ状態にします。 この機
能を使えば、アプリケーションを終了しないで電源を切り、データを損失することなく同じ動作状態
に復帰できます。
電源ボタンの設定は次のようにして変更します。
1.
[スタート] をクリックし、[コントロール パネル] → [電源オプション] を選択します。
2.
電源オプションのプロパティ で [詳細設定] タブをクリックします。
3.
Power Button (電源ボタン) セクションで Hibernate (休止状態) を選択します。 (休止状態は
[Hibernate (休止状態)] タブで有効にする必要があります。
)
電源ボタンをボタンとして動作するように設定した後では、電源ボタンを押すとシステムは低電力状
態になります。 ボタンをもう一度押すとシステムは消費電力が低い状態からフル電力の状態に戻りま
す。 システムの電源を完全にオフにするには、電源ボタンを 4 秒間押し続けます。
注意 システムが無応答でない限り、電源ボタンを使ってワークステーションの電源をオフに
することはやめてください。オペレーティングシステムとの対話を行うことなく電源をオフに
すると、ハードドライブにあるデータを破壊したり失ったりすることがあります。
ワールド ワイド Web サイト
当社では、当社製ソフトウェアおよび他社から提供されたソフトウェアを厳密にテストしているほ
か、オペレーティング システムに特化したサポート ソフトウェアも開発しています。このため HP
ワークステーションは非常に優れた性能、互換性、信頼性を兼ね備えています。
新しいまたは改版されたオペレーティング システムに移行するときは、それぞれのオペレーティン
グ システム用に開発されたサポート ソフトウェアを実装する必要があります。 お使いのワークステ
ーションにインストールされている Microsoft Windows のバージョンと異なるバージョンの Microsoft
Windows を使用する場合は、対応するデバイス ドライバとユーティリティをインストールして、す
べての機能がサポートされ、しかも適切に動作することを確認する必要があります。
HP は、最新のサポート ソフトウェアを簡単に探し、アクセスし、評価し、インストールできるよう
にしています。 ソフトウェアは、http://www.hp.com/support (英語) からダウンロードできます。 こ
の Web サイトには、HP ワークステーション上で最新の Microsoft Windows オペレーティング シス
テムを動作させるのに必要な、最新のデバイス ドライバ、ユーティリティ、フラッシュ ROM イメー
ジなどが用意してあります。
業界標準のサポート
HP Client Management Solutions は、他のシステム管理アプリケーションと統合されており、次のよ
うな業界標準に準拠しています。
JAWW
●
Web-Based Enterprise Management (WBEM)
●
Windows Management Interface (WMI)
デスクトップ マネジメント
41
●
Wake on LAN テクノロジ
●
ACPI
●
SMBIOS
●
PXE サポート
●
Alert Standard Format
資産情報管理機能とセキュリティ機能
ワークステーションに組み込まれている資産情報管理機能では、基本的な資産データを提供します。
これらのデータは HP Systems Insight Manager、HP Client Manager Software、または他の管理アプ
リケーションを使って管理できます。 お使いの環境に最適になるように資産情報管理機能とこれらの
製品をシームレスにしかも自動的に統合することができ、今までご使用になっていたソフトウェアを
より有効に活用できます。
当社は、貴重なコンポーネントと情報のセキュリティ管理に対するソリューションも提供していま
す。 ProtectTools Embedded Security は、インストールされていれば、データへの不正アクセスを防
止し、システムの完全性をチェックし、システムにアクセスしようとしている第三者ユーザを認証し
ます。 ProtectTools やフード センサ (スマート カバー センサ) などのセキュリティ機能は、ワークス
テーションの内部コンポーネントに対する不正アクセスの防止に有用です。 パラレル ポート、シリ
アル ポート、USB ポートを無効にしたり、リムーバブル メディアのブート機能を無効にすることに
よって、貴重なデータ資産を保護することができます。 メモリ脱着センサとフード センサ (スマー
ト カバー センサ) からの警告は、予防目的の通知としてシステム管理アプリケーションに自動的に転
送でき、ワークステーションの内部コンポーネントへの不正アクセスを防止することができます。
注記 ProtectTools、フード センサ (スマート カバー センサ)、およびフード ロック (スマー
ト カバー ロック) は、一部のシステムにオプションとして装備されています。
HP ワークステーションのセキュリティ設定は次のユーティリティを使って管理します。
●
ローカルでは、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティを使います。
●
リモートからは、HP Client Manager Software または System Software Manager を使います。
このソフトウェアでは、簡単なコマンド ライン ユーティリティを使ってセキュリティ設定を安
全に、一貫して、集中的に管理することができます。
次の表と以下の各項で、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティを使って、ワークステーシ
ョンのセキュリティ管理をローカルに行う方法を説明しています。
表 3-3 セキュリティ機能の概要
42
機能
目的
設定方法
リムーバブル メディアからの起
動制御 (Removable Media
Boot)
リムーバブル メディア ドライブからのブー
トを禁止する。
コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティのメニューから
シリアル ポート、パラレル ポ
ート、USB ポート、または赤外
線インターフェース制御(Serial
Port, Parallel Port, USB Port,
Infrared Interface Control)
内蔵シリアル ポート、内蔵パラレル ポー
ト、USB ポート、または赤外線インターフェ
ースによるデータ転送を禁止する。
コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティのメニューから
電源投入時パスワード (PowerOn Password)
電源投入時および再起動時に、パスワードを
入力するまではワークステーションを使用で
きないようにする。 コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティのメニューから
第 3 章 システム管理
JAWW
表 3-3 セキュリティ機能の概要 (続き)
機能
目的
設定方法
セットアップ パスワード (Setup
Password)
パスワードを入力するまではワークステーシ コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ョンの再構成 (コンピュータ セットアップユ ーティリティのメニューから
ーティリティを使用) ができないようにする。
ネットワーク サーバ モード
(Network Server Mode)
サーバとして使用するワークステーションに
独自のセキュリティ機能を提供
コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティのメニューから
注記: コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティの詳細は、28 ページの 「コンピュータ セ
ットアップ (F10) ユーティリティのメニュー 」 を参照してください。
パスワード セキュリティ
電源投入時パスワードは、ワークステーションの電源投入時、または再起動時に入力するパスワード
で、このパスワードを使用してアプリケーションまたはデータへのアクセスを制御し、ワークステー
ションの不正使用を防止します。 セットアップ パスワードは、特にコンピュータ セットアップ (F10)
ユーティリティへの不正アクセスを防止しますが、電源投入時パスワードに優先するパスワードとし
ても使用できます。 つまり、電源投入時パスワードを要求されたときに、代わりにセットアップ パ
スワードを入力してもワークステーションにアクセスできます。
ネットワーク全体のセットアップ パスワードを設定すれば、システム管理者は電源投入時パスワード
を知らなくてもネットワーク上のすべてのシステムにログインでき、メンテナンスを実行できます。
注記 System Software Manager と HP Client Manager Software を使えば、ネットワーク環境
の中でセットアップ パスワードと他の BIOS 設定をリモートから管理できます。 詳細は、http://
www.hp.com/go/easydeploy (英語) をご覧ください。
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティでのセットアップ パスワードの設定
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティを使ってセットアップパスワードを設定すると、パ
スワードを入力するまではワークステーションの再構成 (コンピュータセットアップ (F10) ユーティ
リティを使用) ができなくなります。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを使ってセットアップ パスワードを設定するには、以下
の手順を実行します。
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
コンピュータの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をス
キップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
JAWW
3.
[Security (セキュリティ) → Setup Password] (セットアップ パスワード) の順に選択して画面
の指示に従います。
4.
設定を終了するには、[File (ファイル) → Save Changes (変更を保存)] を選択し、[Exit (終了)]
を選択します。
デスクトップ マネジメント
43
ワークステーションのセットアップ ユーティリティを使った電源投入時パスワードの設定
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティを使って電源投入時パスワードを設定すると、パス
ワードを入力するまではワークステーションへのアクセスができなくなります。 電源投入時パスワー
ドを設定する際には、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティの [Security] (セキュリティ)
メニューにパスワード オプションが表示されます。 パスワード オプションには、[Network Server
Mode] (ネットワーク サーバ モード) と [Password Prompt on Warm Boot] (ウォーム ブート時のパス
ワード入力) があります。
[Network Server Mode] (ネットワークサーバモード) が無効 (Disabled) の場合は、ワークステーショ
ンの電源が投入され、モニタに錠型のアイコンが表示されるたびに、パスワードを入力する必要があ
ります。[Password Prompt on Warm Boot] (ウォームブート時のパスワード入力) が有効な場合は、ワ
ークステーションがリブートするたびにパスワードを入力する必要があります。 [Network Server
Mode] (ネットワーク サーバ モード) が有効な場合は、POST の実行時にパスワードは要求されませ
んが、接続されている PS/2 キーボードはユーザが電源投入時パスワードを入力するまでロックされ
ています。
[Network Server Mode] (ネットワーク サーバ モード) を有効にするには、電源投入時パスワードを設
定する必要があります。 こうすると、[Advanced (カスタム)] → [Password Options (パスワード オ
プション)] の下にオプションが表示されます。 このオプションを使うと、電源投入時パスワードの入
力を求めずにシステムをブートできますが、電源投入時パスワードを入力するまでキーボードおよび
マウスはロックされています。 システムがロック モードの場合、キーボード LED の点灯が次々に移
っていきます。
ワークステーションのコンピュータ セットアップ ユーティリティを使って電源投入時パスワードを
設定するには、以下の手順を実行します。
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
コンピュータの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ (F10) ユ
ーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をス
キップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
3.
[Security (セキュリティ) → Power-On Password] (電源投入時パスワード) の順に選択して画面
の指示に従います。
4.
設定を終了するには、[File (ファイル) → Save Changes (変更を保存)] を選択し、[Exit (終了)]
を選択します。
電源投入時パスワードは次のようにして入力します。
1.
ワークステーションを再起動します。
2.
モニタに錠型のアイコンが表示されたら、現在のパスワードを入力し、[Enter] を押します。
注記 慎重に入力してください。 機密保護の観点から、入力したパスワードは画面に表示され
ません。パスワードを入力するときには、間違えないように注意してください。
44
第 3 章 システム管理
JAWW
パスワードが正しくない場合は、壊れた鍵型のアイコンが表示されます。 正しいパスワードを入力し
てください。 続けて 3 回失敗した場合は、ワークステーションを再起動して、電源投入からやり直し
てください。
セットアップ パスワードの入力
ワークステーションにセットアップ パスワードが設定されている場合、コンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティを起動するたびにセットアップ パスワードの入力が求められます。
セットアップ パスワードは次のようにして入力します。
1.
ワークステーションを再起動します。
2.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル
画面をスキップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
3.
モニタに錠型のアイコンが表示されたら、セットアップ パスワードを入力し、[Enter] を押しま
す。
注記 慎重に入力してください。 機密保護の観点から、入力したパスワードは画面に表示され
ません。パスワードを入力するときには、間違えないように注意してください。
パスワードが正しくない場合は、壊れた鍵型のアイコンが表示されます。 正しいパスワードを入力し
てください。 続けて 3 回失敗した場合は、ワークステーションを再起動して、電源投入からやり直し
てください。
電源投入時パスワードまたはセットアップ パスワードの変更
1.
ワークステーションを再起動します。
2.
セットアップ パスワードを変更するには、ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10
キーを押し、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けま
す。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をスキップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
3.
JAWW
錠型のアイコンが表示されたら、次に示すように、現在のパスワード、新しいパスワード、新し
いパスワードの順に入力します (各パスワード間の区切り記号は、各国によって定められていま
す。日本語キーボードではスラッシュ(/)を使用します)。現在のパスワード/新しいパスワード/新
しいパスワード
デスクトップ マネジメント
45
注記 慎重に入力してください。 機密保護の観点から、入力したパスワードは画面に表
示されません。パスワードを入力するときには、間違えないように注意してください。
4.
[Enter] を押します。
新しいパスワードは、次にワークステーションの電源を入れたときから有効になります。
注記 パスワードの区切り記号については、46 ページの 「各国語キーボードの区切り記
号」を参照してください。 電源投入時パスワードは、コンピュータ セットアップ (F10) ユー
ティリティの [Security] (セキュリティ) オプションを使っても変更できます。
電源投入時パスワードまたはセットアップ パスワードの削除
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
セットアップ パスワードを削除します。電源投入時パスワードを削除する場合には手順 3 に進
みます。 セットアップ パスワードを削除するには、ワークステーションの電源が入ったら、直
ちに F10 キーをコンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けま
す。 必要に応じて、[Enter] を押してタイトル画面をスキップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、コンピュータを再起動し、
F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
オペレーティング システムの適切なシャットダウン プロセスを使ってください。 セット
アップ パスワードを削除するには、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティを
実行します。
3.
錠型のアイコンが表示されたら、現在のパスワード/ のように、現在のパスワードの最後にスラ
ッシュ (/) を付けて入力します。
4.
Enter を押します。
注記 パスワードの区切り記号については、46 ページの 「各国語キーボードの区切り記
号」を参照してください。 電源投入時パスワードは、コンピュータ セットアップ (F10) ユー
ティリティの [Security] (セキュリティ) オプションを使っても変更できます。
各国語キーボードの区切り記号
各国で使用するキーボードは各国の要件に合わせて設計されています。 パスワードの変更または削除
で使用する区切り記号は、ワークステーションに付属しているキーボードによって異なります。
表 3-4 各国語キーボードの区切り記号
46
言語
区切り記
号
言語
区切り記号
言語
区切り記号
アラビア語
/
ギリシャ語
-
ロシア語
/
ベルギー語
=
ヘブライ語
.
スロバキア語
-
BHCSY*
-
ハンガリー語
-
スペイン語
-
ブラジル語
/
イタリア語
-
スエーデン/フィンランド /
語
中国語
/
日本語
/
スイス語
第 3 章 システム管理
-
JAWW
表 3-4 各国語キーボードの区切り記号 (続き)
言語
区切り記
号
言語
区切り記号
言語
区切り記号
チェコ語
-
韓国語
/
台湾語
/
デンマーク語
-
ラテンアメリカ語
-
タイ語
/
フランス語
!
ノルウェー語
-
トルコ語
.
フランス系カナ
ダ語
e
ポーランド語
-
U.K. 英語
/
ドイツ語
-
ポルトガル語
-
U.S. 英語
/
注記: *ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア、スロベニア、およびユーゴスラビア用
パスワードの解除
パスワードを忘れた場合は、ワークステーションにアクセスできません。 パスワードを削除する方法
については、パスワード ジャンパのリセットについての項を参照してください。
ドライブロック
警告! ドライブロック を有効にして、マスタ パスワードを見失ったり、忘れたりすると、
ハードドライブは永久にアクセス不可能になります。 パスワードを復元したり、データにアク
セスする方法は一切ありません。
ドライブロックは、ATA ハードドライブ内のデータへの不正アクセスを防止するための業界標準のセ
キュリティ機能です。 ドライブロックは、コンピュータ セットアップ ユーティリティに拡張機能と
して実装されています。 ドライブロックは、ATA Security コマンド セットをサポートしているハー
ドドライブが検出された場合にだけ使用可能です。
ドライブロックは、データセキュリティが最も大事な関心事であるお客様のために用意されていま
す。 このようなお客様にとっては、内容に不正にアクセスされることによって蒙る損害を考えれば、
ハードドライブやそこに格納されているデータを失わないようにするためにコストをかけることは問
題ではありません。
このセキュリティ レベルと、パスワードを忘れたときの対処という現実的なニーズを調和させるため
に、当社のドライブロックの実装では、2 段階のパスワード セキュリティ方式を採用しています。 1
つのパスワードはシステム管理者が設定して使い、別のパスワードは通常エンドユーザが設定して使
うことが想定されています。 両方のパスワードが失われた場合にドライブのロックを解除する「抜け
道」はありません。 したがって、企業情報システムのハードドライブ内のデータの複製や定期的なバ
ックアップを安全に行ないたい場合に、ドライブロックを使うことができます。 両方のドライブロッ
ク パスワードを失った場合には、ハードドライブは使用不可能になります。 これは、上記に該当し
ないお客様にとっては、受け入れがたいリスクです。 しかし、上記に該当するお客様にとっては、ハ
ードドライブに格納されたデータの性質を鑑みると、許容できるリスクです。
ドライブロックのアプリケーション
ドライブロック セキュリティ機能の最も現実的な用途は、企業環境での使用です。 システム管理者
がハードドライブの設定に責任があります。この設定では、ドライブロックのマスタ パスワードと一
時的なユーザ パスワードの設定が特に重要です。 ユーザがユーザ パスワードを忘れたり、装置が他
の従業員に譲渡された場合でも、マスタ パスワードを使えば、ユーザ パスワードをリセットして、
再びハードドライブへアクセスできるようにすることができます。
JAWW
デスクトップ マネジメント
47
ドライブロックを有効にすることを選択する役割を持つ企業情報システムの管理者には、マスタ パス
ワードの設定や管理に関する企業ポリシも作成しておくことをお勧めします。 そうすることによっ
て、従業員が会社を辞めるときに意図的にまたは意図せずに両方のドライブロック パスワードを設定
してしまうような事態を避けることができます。 このような事態になると、ハードドライブは使用不
可能になり、交換を余儀なくされるからです。 逆に、マスタ パスワードを設定しなかった場合に
は、システム管理者はハードドライブの管理から締め出され、不正なソフトウェア、その他の資産管
理機能、サポートなどの日常チェックを遂行することができなくなります。
セキュリティ要件が厳しくないお客様の場合には、ドライブロックを有効にすることはお勧めしませ
ん。 このようなお客様には、個人ユーザや、通常ハードドライブに機密データを持っていないユーザ
が該当します。 このようなお客様にとっては、両方のパスワードを忘れることによってハードドライ
ブを失うことの方が、ドライブロックで保護しようとしているデータの価値より重大だからです。
コンピュータ セットアップ ユーティリティとドライブロックへのアクセスは、セットアップ パスワ
ードで制限することができます。 セットアップ パスワードを設定し、それをエンドユーザには知ら
せないようにすることで、システム管理者はユーザにはドライブロックを有効にさせないようにする
ことができます。
ドライブロックを使う
ATA Security コマンドセットをサポートするハードドライブが 1 つ以上検出されると、コンピュー
タ セットアップ ユーティリティの [Security (セキュリティ)] メニューに、[DriveLock (ドライブロッ
ク)] オプションが表示されます。 ユーザには、マスタ パスワードの設定を行ったり、ドライブロック
を有効にするためのオプションが表示されます。 ドライブロックを有効にするには、ユーザ パスワ
ードが必要です。 ドライブロックの初期設定は通常システム管理者が行うので、最初にマスタ パス
ワードが設定されています。 システム管理者には、ドライブロックを有効にする場合でも、無効にす
る場合でも、マスタ パスワードを設定しておくことをお勧めします。 これによって管理者には、将
来ドライブがロックされた場合でも、ドライブロック設定を変更することが可能になります。 マス
タ パスワードを設定してしまえば、システム管理者にはドライブロックを有効にするか、無効のまま
にしておくかを選択することが可能になります。
POST では、ロックされたハードドライブがあった場合には、当該デバイスのロックを解除するため
にパスワードを要求してきます。 電源投入時パスワードが設定されていて、それがデバイスのユー
ザ パスワードと一致している場合には、POST からはパスワードの再入力を求めるプロンプトは表示
されません。 それ以外の場合には、ユーザにはドライブロックのパスワードの入力を求めるプロンプ
トが表示されます。 コールド ブートでは、マスタ パスワードかユーザ パスワードのいずれかが使わ
れます。 ウォーム ブートでは、先行するコールド ブートのドライブ ロック解除で使われたのと同じ
パスワードが使われます。 ユーザは正しいパスワードを 2 回入力する必要があります。 コールド ブ
ートでは、いずれかの入力が失敗すると、POST は続行しますが、ドライブはアクセス不可能な状態
のままです。 ウォーム ブートまたは Windows の再起動の場合には、いずれかの入力が失敗すると、
POST は停止し、ユーザには電源の投入からやり直すことが指示されます。
ドライブロック パスワードを設定するには、次の操作を行います。
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をス
キップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。 PS/2 キーボード
を使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されることがありますが、
無視してください。
3.
48
[Security (セキュリティ)>DriveLock Security (ドライブロック セキュリティ)] を選択します。
第 3 章 システム管理
JAWW
4.
ドライブロック対応の各ドライブに対して、F10 キーを押してドライブを選択し、受け入れま
す。
5.
[Enable/Disable Drive Lock (ドライブロックを有効/無効に設定)] オプションで、[Enable (有効に
する)] を選択し、F10 キーを押すことによって、特定のドライブのドライブロックを有効にしま
す。
警告! ドライブロック パスワードを忘れると、ドライブは使用不可能になります。
6.
新しいユーザ パスワードを入力し、F10 キーを押して受け入れます。 このパスワードの長さ
は、1 ∼ 32 文字です。
7.
[Enter New Password Again (新しいパスワードを再入力)] フィールドで、もう一度パスワードを
入力します。 このパスワードを忘れると、ドライブは永久に使用不可能になります。
8.
[File (ファイル) → Save Changes and Exit (変更を保存して終了)] を選択し、F10 キーを押しま
す。 F10 キーを押したら、ドライブロック機能を呼び出す前に、システムを「コールド ブー
ト」します。
装置を「コールド ブート」すると、パスワードを設定したドライブロック対応の各ドライブに対して
ドライブロック パスワードの入力が求められます。 パスワードは 2 回正しく入力する必要がありま
す。 正しいパスワードを入力しなかった場合でも装置はブートは継続しますが、ロックが解除されな
かったドライブのデータにはアクセスできないため、ブート プロセスは多くの場合に失敗します。
以下のような状況が考えられます。
ドライブが 1 つのシステムでは、ドライブがドライブロックされていると、このシステムでオペレー
ティング システムをブートすることはほぼ不可能です。 システムは、起動順序オプションに応じ
て、代わりにネットワークからのブートを試みます。 それが成功しても、ドライブロックしたドライ
ブはドライブロック パスワードがなければ使用不可能なままです。
ブート ドライブとデータ ドライブの 2 つのドライブを持つシステムでは、ドライブロック機能はデ
ータ ドライブだけに設定しておきます。 こうしておけばこの装置では必ずブートは可能になりま
す。ただし、データ ドライブにはドライブロック パスワードがわかっているときにだけしかアクセ
スすることはできません。
今までの説明によって、コールド ブートでは両方のドライブロック パスワードが必要なことが分か
りますが、ドライブロック パスワードはウォーム ブートでも必要になることに注意してください。
たとえば、DOS をブートして、Ctrl-Alt-Del を入力すると、ドライブロック パスワードを入力しなけ
れば、この装置で次回のブートを完了させることはできません。 このウォーム ブートの動作は、IDE
ハードドライブにあったドライブロック機能と整合しています。
フード センサ (スマート カバー センサ)
オプションのフード センサは、ハードウェアとソフトウェアの技術を組み合わせたものであり、セン
サをコンピュータ セットアップ ユーティリティを使って正しく設定しておけば、ワークステーショ
ンのサイド アクセス パネルが外されたときに警告を受け取ることができます。 次の表に示すように
3 段階の保護レベルが用意されています。
表 3-5 フード センサの保護レベル
JAWW
レベル
設定値
説明
レベル 0
Disabled (無効)
フード センサは無効 (デフォルト)
デスクトップ マネジメント
49
表 3-5 フード センサの保護レベル (続き)
レベル
設定値
説明
レベル 1
Notify User (ユーザに通知)
ワークステーションを再起動すると、ワークステーシ
ョンのサイド アクセス パネルが外れていることを示
すメッセージが画面に表示されます。
レベル 2
セットアップ パスワード (Setup
Password)
ワークステーションを再起動すると、ワークステーシ
ョンのサイド アクセス パネルが外れていることを示
すメッセージが画面に表示されます。 先に進めるに
は、セットアップ パスワードを入力する必要がありま
す。
これらの設定値は、コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティを使って変更できます。
フード センサの保護レベルの設定
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル
画面をスキップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、コンピュータを再起動し、
F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。
PS/2 キーボードを使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されること
がありますが、無視してください。
3.
[Security (セキュリティ)>Smart Cover (スマート カバー)>Cover Removal Sensor (カバー取り
外しセンサ)] の順に選択して画面の指示に従います。
4.
設定を終了するには、[File (ファイル) → Save Changes (変更を保存)] を選択し、[Exit (終了)]
をクリックします。
フード ロック (スマート カバー ロック)
フード ロックを取り付けていると、内部コンポーネントへの不正なアクセスはできなくなります。
注意 カバー ロック セキュリティを最大限有効にするために、必ずセットアップ パスワード
を設定してください。 セットアップ パスワードを設定しておけば、コンピュータ セットアッ
プ ユーティリティへの不正なアクセスはできなくなります。
ソレノイド ロックをロックする
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をス
キップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。 PS/2 キーボード
を使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されることがありますが、
無視してください。
50
第 3 章 システム管理
JAWW
3.
[Security (セキュリティ)>Smart Cover (スマート カバー)>Cover Lock (カバー ロック)>Lock
(ロック)] を選択します。
4.
[Fire (ファイル)>Save Changes and Exit (変更を保存して終了)] を選択します。
ソレノイド ロックのロックを解除する
1.
ワークステーションの電源を入れるか、再起動します。
2.
ワークステーションの電源が入ったら、直ちに F10 キーを押し、コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティが起動されるまで押し続けます。 必要に応じて、Enter を押してタイトル画面をス
キップします。
注記 F10 を押してもユーティリティが起動できない場合は、ワークステーションを再起
動し、F10 をもう一度押してユーティリティにアクセスしてください。 PS/2 キーボード
を使っている場合には、
「Keyboard Error」メッセージが表示されることがありますが、
無視してください。
3.
[Security (セキュリティ)>Smart Cover (スマート カバー)>Cover Lock (カバー ロック)>Unlock
(ロックの解除)] を選択します。
4.
[Fire (ファイル)>Save Changes and Exit (変更を保存して終了)] を選択します。
フェールセーフ キーを使う
フード ロックを有効にして、ロックを無効にするためのパスワードが入力できなくなった場合には、
フェールセーフ キーを使ってワークステーションのサイド アクセス パネルを開く必要があります。
以下のような状況で、このキーが必要になります。
●
停電
●
起動時の障害
●
PC コンポーネントの故障 (たとえば、プロセッサや電源装置)
●
パスワードを忘れた場合
注意 側面のアクセス パネルのフェールセーフ キーは特殊な工具であり、当社から入手する
ことができます。 このキーは必要になる前に注文し、準備しておいてください。
フェールセーフ キーを入手するには、以下のいずれかの作業を行ってください。
●
認定された販売代理店またはサービス プロバイダに連絡する。
●
HP Web サイト (http://www.hp.com (英語)) にアクセスして、注文するための方法を調べる。
●
Contact HP Worldwide Web サイト (http://welcome.hp.com/country/us/en/wwcontact.html (英語))
にアクセスして、連絡先を調べる。
パスワードの解除
パスワードを忘れると、ワークステーションにアクセスできなくなります。 パスワードを削除する方
法については、付録にあるパスワード ジャンパのリセットについての項を参照してください。
JAWW
デスクトップ マネジメント
51
ケーブル ロック 機構 (オプション)
シャーシのリア パネルにケーブル ロック アクセサリを取り付けて、ワークステーションを作業エリ
アに物理的に固定できます。
セキュリティ ロック (オプション)
このセキュリティ ロック機能を使用すると、システム全体の盗難とアクセス パネルの取り外しを難
しくすることができます。
ユニバーサル シャーシのクランプ ロック (オプション)
ケーブルなしのバージョンでは、サイド アクセス パネルの取り外しが難しいため、I/O デバイスの盗
難を防止できます。 ケーブル付きバージョンにすると、システム全体の盗難も防止できるほか、複数
のシステムを 1 本のケーブルで固定できます。
フード ロック (スマート カバー ロック) (オプション)
アクセス パネルおよびオプティカル ドライブやフロッピー ディスク ドライブなどの内部コンポーネ
ントが取り外されるのを防止する。 このロックでは、ローカル ユーザまたはリモート ユーザのパス
ワードで保護されたロックが有効になるので、物理的なキーは不要です。
フード センサ (スマート カバー センサ) (オプション)
このセンサは、コンピュータ セットアップ ユーティリティを使って設定します。 この設定を行う
と、ユーザにアクセス パネルが外されたことを通知することができます。
アクセス パネル キー ロック
このロックは、アクセス パネルと内部コンポーネントすべての取り外しを防止します。 このキー
は、ワークステーションのリア パネルにあります。
障害通知と復旧機能
障害通知と復旧機能は、最新のハードウェアとソフトウェア技術とを組み合わせたもので、重要デー
タの損失を防止し、計画外のダウンタイムを最小に抑えます。
ワークステーションが HP Client Manager Software で管理されているネットワークに接続されている
場合には、障害発生時にネットワーク管理アプリケーションに障害通知を送信します。 HP Client
Manager Software を使えば、管理対象のすべての PC をリモートからスケジュールに従って自動的に
診断し、障害の要約レポートを作成することができます。
ドライブ保護システム (DPS)
Drive Protection System (DPS) は、厳選された HP ワークステーションに取り付けられたハードドラ
イブに内蔵されている診断ツールです。保証されていないハードドライブに交換しなくてはならなく
なるような問題を診断するのに役立つように設計されています。
HP ワークステーションを組み立てる際に、取り付けられた各ハード ディスク ドライブは DPS でテ
ストされ、基本情報が恒久的な記録としてそのドライブに書き込まれます。 DPS が実行されるたび
に、テスト結果がハード ディスク ドライブに書き込まれます。 保守サービス提供者などは、この情
報を利用して、ディスク ドライブの問題の原因を診断できます。
52
第 3 章 システム管理
JAWW
ECC 故障予測と事前予防保証
ワークステーションが過大な数の ECC (error checking and correcting) メモリ エラーを検出すると、
ワークステーションはローカルな警告メッセージを表示します。 このメッセージには、エラーしたメ
モリ モジュールに関する詳細情報が含まれているので、致命的なメモリ エラーが発生する前に対策
を講ずることができます。 ECC メモリ モジュールの事前予防保証により、モジュールが実際に障害
になる前にこれらのモジュールを無償で交換することができます。 ECC メモリ モジュールは、一部
の HP システムでのオプションです。
温度センサ機能
ワークステーションには次のように複数のセンサがあります。
●
プロセッサごと
●
メモリ モジュール (DIMM) ごと
●
システム ボードごと
●
一部のハード ディスク ドライブ
プロセッサの温度センサ機能は、ハードウェアとソフトウェアから構成される機能であり、ワークス
テーション内の温度を監視します。 HP Client Manager Software と組み合わせると、温度が正常範囲
を超えるとネットワーク管理者に通知することができます。
温度センサは、プロセッサの温度を監視します。 温度が高くなりすぎると、自動的にプロセッサのク
ロック速度を低下させます。 温度が下がらない場合には、システムをシャットダウンします。
JAWW
デスクトップ マネジメント
53
54
第 3 章 システム管理
JAWW
4
取り外しと取り付けの手順
この章では、ほぼすべての内部コンポーネントの取り外しと交換の手順を説明します。
JAWW
●
56 ページの 「保守上の考慮事項」
●
61 ページの 「カスタマ セルフ リペア」
●
62 ページの 「 分解前の手順」
●
63 ページの 「システム ボード コンポーネント」
●
65 ページの 「 コンポーネントの取り外しと交換の手順 」
55
保守上の考慮事項
以下のセクションでは、システム コンポーネントの取り外しと交換に関する注意事項や遵守事項につ
いて説明します。
警告! ワークステーションを持ち上げたり移動するときは、フロント ベゼルを持って持ち
上げないでください。 ワークステーションをフロント ベゼルを持って持ち上げたり、持ち上
げ方法を誤ると、ユニットが落下してけがをしたり、ワークステーションを破損する恐れがあ
ります。 けがをしないように、ワークステーションはユニットの底部を持って持ち上げてくだ
さい。
注意、警告、および安全上の予防措置
安全のため、ワークステーションのコンポーネントにアクセスする前に、注意、警告、および安全上
の予防措置を必ず確認してください。 また、詳細はワークステーションに付属している『Safety and
Regulatory Guide』も参照してください。
静電放電の影響
静電気が指や導体から放電すると、静電気の影響を受けやすいデバイスやマイクロ サーキットは損傷
することがあります。 放電したとき、感じたり音が聞こえないのに、損傷していることがよくありま
す。 電子デバイスは静電気放電 (ESD) に晒されても、影響を受けたようには見えずに、しばらくは
正常に動作します。しかし、内部層は劣化しており、平均寿命が縮まっています。
多くの集積回路には保護回路網が組み込まれているので、ある程度は保護されますが、多くの場合、
放電にはデバイス パラメータを変化させたり、シリコン接合を溶かすだけのエネルギーがあります。
静電気の発生
以下の表から、活動状態によって発生する静電気量が異なることが分かります。 静電気は湿度が低
いほど増加します。
表 4-1 静電気
相対湿度
イベント
55%
40%
10%
カーペット上の歩行
7,500 V
15,000 V
35,000 V
ビニールの床上の歩行
3,000 V
5,000 V
12,000 V
ベンチ作業者の動作
400 V
800 V
6,000 V
PCB からバブル パックを外す。
7,000 V
20,000 V
26,500 V
発泡プラスチック内張りの箱に PCB を詰める。
5,000 V
11,000 V
21,000 V
注記: 700 ボルトで製品は劣化することがあります。
56
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
静電気による装置損傷の防止
多くの電子部品は ESD に敏感です。 回路設計と構造によって影響を受ける度合いが異なります。 電
子コンポーネントとアクセサリの損傷を避けるには、以下の梱包と接地の予防措置を取る必要があり
ます。
●
手が製品に触れないようにチューブ、袋、箱などの静電防止コンテナに製品を入れて運搬する。
●
静電気に敏感な部品とアセンブリはすべて、導電性または認可されたコンテナや梱包箱に入れて
保護する。
●
静電気に敏感な部品は、元のコンテナに入れたままで静電気が発生しない場所まで運ぶ。
●
コンテナの部品は、コンテナを接地された表面に置いてから取り出す。
●
静電気に敏感な部品またはアセンブリを取り扱ったり触れるときは、シャーシに触れて身体を接
地する。
●
ピン、リード、または回路には触れない。
●
アセンブリの静電気に敏感な部品で再使用できるものは、保護パッケージまたは導電性フォーム
の中に置く。
身体の接地方法と装置
静電気による装置の損傷を防ぐには、以下のストラップ類を着用します。
●
アース バンドはフレキシブルなストラップで、抵抗が最大 1MΩ ±10% の接地用コードです。
接地を適切に行うには、このバンドを皮膚に接触させて着用します。 接地コードは、接地マッ
トまたはワークステーションのバナナ プラグ コネクタにしっかり接続する必要があります。
●
ヒール ストラップ、つま先止め、ブート ストラップは、自立型ワークステーションで使用で
き、ほとんどのタイプの靴やブーツに使えます。 導電性の床または静電気導電性フロア マット
上で、オペレータと接地間の抵抗が最大 1MΩ±10% のストラップを両足に付けます。
表 4-2 静電シールドの保護レベル
方法
電圧
静電防止プラスチック
1,500
カーボン入りプラスチック
7,500
メタライズ ラミネート
15,000
作業エリアの接地
作業エリアでの静電気は、以下の方法で防止します。
JAWW
●
作業平面を認可された静電気導電性材料で覆います。 作業表面に接続されたアース バンド、適
切に接地されたツールと機器を用意します。
●
静電気導電性マット、フット ストラップ、またはエアー イオナイザを使ってさらに保護を確実
にします。
●
静電気に敏感なコンポーネント、部品、およびアセンブリは、ケースまたは PCB ラミネートに
入れて取り扱います。 必ず、静電気の発生しない作業エリアで作業します。
保守上の考慮事項
57
●
電源と入力信号を切断してから、コネクタの挿入や取り外しまたは装置のテストを行います。
●
治工具が静電気導電性の表面に直接接触せざるを得ない場合は、静電防止材料製のものを使用し
ます。
●
作業エリアには、アセンブリの周りに使われているプラスチックや発泡スチロールなどの非導電
性材料を置かないようにします。
●
カッター、ドライバ、掃除機などのフィールド サービス用ツールは、導電性のものを使用しま
す。
推奨する材料と機器
静電気を防止するには、以下の材料および機器を使用することをお勧めします。
●
静電防止テープ
●
静電防止の作業服、エプロン、またはスリーブ プロテクタ
●
導電性の箱、アセンブリ、半田付け用補助材
●
導電性発泡プラスチック
●
1MΩ ±10% の接地用コード付きの導電性の卓上型ワークステーション
●
確実に接地された静電気導電性のテーブルまたはフロア マット
●
フィールド サービス キット
●
静電気注意ラベル
●
1MΩ ±10% のアース バンドおよび履物ストラップ
●
材料取り扱い用の梱包箱
●
導電性のビニール袋
●
導電性のプラスチック パイプ
●
導電性運搬箱
●
不透明シールド袋
●
透明メタライズ シールド袋
●
透明シールド チューブ
工具とソフトウェアの要件
●
Torx T-15 ドライバまたはマイナス ドライバ
●
診断ソフトウェア
ねじ
ワークステーションで使用しているねじは、他のねじと互換性がありません。 ねじは、標準またはメ
ートルねじで長さが異なっています。 組み立てるときに正しいねじを使用しないと、ユニットが損傷
することがあります。 分解するときに外したねじは、分解した部品とともに保管しておき、ねじを元
の位置に戻せるようにしてください。
58
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
注記
メートル系ねじは黒色をしています。 米国規格 (統一) ねじは銀色をしています。
注記 各サブアセンブリは、ワークステーションから取り外したら、作業区域から離れたとこ
ろに保管し、傷つけないようにしてください。
システム シャーシには、必要に応じて、追加ドライブ ガイドねじが用意されています。 シャーシ
の、オプティカル ドライブの 5.25 インチ ベイの近くには、8 本のメートル系ねじがあります。 これ
らのねじは、追加オプティカル ドライブや追加フロッピー ドライブをマウントするために使うこと
ができます。 シャーシの、ハードドライブの近くには、4 本の米国規格ねじがあります。 これらのね
じは、追加ハードドライブを 3.5 インチのハードドライブ ケージにマウントするために使うことがで
きます。
注記
メートル系ねじ (黒色) と米国規格ねじ (銀色) には、互換性がありません。
図 4-1 メートル系ねじと米国規格ねじがある場所
1
メートル系ねじ
2
米国規格ねじ
コンポーネントの特別な取り扱い
ワークステーションを保守するとき、以下のコンポーネントに対しては特別に取り扱う必要がありま
す。
警告! ワークステーションを持ち上げたり移動するときは、フロント ベゼルを持って持ち上
げないでください。 ワークステーションをフロント ベゼルを持って持ち上げたり、持ち上げ
方法を誤ると、ユニットが落下してけがをしたり、ワークステーションを破損する恐れがあり
ます。 ワークステーションを正しく安全に持ち上げるには、デスクトップ構成かミニタワー構
成のいずれであっても、ユニットの底部を持って持ち上げてください。
JAWW
保守上の考慮事項
59
ケーブルとコネクタ
ケーブルは、損傷させないように注意して取り扱ってください。 ケーブルを挿入したり、取り外すと
きに無理な力を加えないでください。 ケーブルはコネクタを持って取り扱います。また、ストラップ
があるときは必ずストラップを引っ張ります。 どのような場合でも、ケーブルを曲げたりねじったり
しないでください。ケーブルは、取り外しや交換する部品にひっかかったりぶつかることがないよう
に配線します。
注意 このワークステーションを保守する場合、組み立てるときには、ケーブルを元の正しい
位置に配線してください。 ケーブルの位置が正しくないとワークステーションを損傷すること
があります。
ハードドライブ
ハード ディスク ドライブは壊れやすい精密機器なので、物理的な衝撃や振動を加えないでくださ
い。 以下のガイドラインは、故障したドライブと交換用の予備ドライブに適用されます。
●
ドライブを郵送する場合は、プラスチック包装の郵送用容器または同等の保護梱包材で包み、パ
ッケージに「精密部品につき取り扱い注意」の表示をしてください。
●
ハード ディスク ドライブを保管するとき、出荷用のパッケージから取り出さないでください。
ワークステーションに実際に取り付けるまでは、保護パッケージに入れて保管します。
●
ドライブは落とさないでください。
●
ハード ディスク ドライブを挿入または取り外すときは、ワークステーションの電源を切ってく
ださい。 ワークステーションに電源が入っているとき、またはスタンバイ モードのときは、ハ
ード ディスク ドライブを取り外さないでください。
●
ドライブを取り扱う前に、必ず身体の静電気を放電させてください。 ドライブの取り扱い中
に、コネクタに触れないでください。 静電気による損傷防止の詳細は、56 ページの 「静電放電
の影響」を参照してください。
●
ドライブを挿入するときは、無理な力を加えないでください。
●
ハード ディスク ドライブは、液体や極端な温度環境にさらしたり、モニタやスピーカーなど磁
界を発生する製品に近づけることはしないでください。
コイン型リチウム電池
ワークステーションには、リアル タイム クロックに電源を供給する電池が付属しており、最低寿命
はおよそ 3 年です。
電池の取り外しと交換は、86 ページの 「電池 」を参照してください。
警告! このワークステーションはリチウム電池を使用しています。 電池を正しく取り扱わ
ないと、火災や化学火傷の恐れがあります。 分解する、つぶす、穴をあける、接点をショート
させる、液体や火中に投げ入れる、および 60 ℃ (140 ゜ F) 以上の高温環境に近づけるなどの
行為は行わないでください。
注記
60
電池、電池パック、および蓄電池は、一般家庭ごみと分けて廃棄してください。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
カスタマ セルフ リペア
カスタマ セルフ リペア プログラムを利用すると、交換用の部品を入手して、自分でワークステーシ
ョンに取り付けることができます。 詳細は、http://www.hp.com/go/selfrepair/ (英語) を参照してくだ
さい。
JAWW
カスタマ セルフ リペア
61
分解前の手順
ワークステーションの保守を始める前に以下の手順を実行します。
62
1.
開いているソフトウェア アプリケーションをすべて閉じます。
2.
ワークステーションからフロッピー ディスクまたは CD を取り出します。
3.
オペレーティング システムをシャットダウンします。
4.
ワークステーションおよび接続されている周辺機器の電源を切ります。
5.
ワークステーションを開かないようにしているセキュリティ機器を取り外すか解放します。
6.
電源コードをまずコンセントから外し、次にワークステーションから外します。
7.
ワークステーションから周辺機器のケーブルをすべて外します。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
システム ボード コンポーネント
以下の図は、HP xw4400 ワークステーションのシステム ボードのコネクタとソケットを示していま
す。
図 4-2 システム ボードの図解
表 4-3 システム ボード コンポーネント
JAWW
項番
コンポーネント
項番
コンポーネント
項番
コンポーネント
1
第 2 シリアル ポート
アダプタ
14
クリア CMOS ボタン
27
PCI Express x16 (4)
2
リア シャーシ ファン
15
フロント シャーシ ファ
ン
28
PCI 32/33
3
補助電源
16
フロント コントロー
ル パネル
29
PCI Express x16
4
プロセッサ
17
フロント シャーシ ファ
ン
30
ネットワーク/USB
5
ソレノイド フード ロ
ック
18
ブート ブロック ジャン
パ
31
オーディオ
6
プロセッサ ファン
19
フロント USB
32
USB
7
メモリ モジュール ソ
ケット
20
ハード ディスク LED
33
パラレル
8
主電源
21
内部 USB
34
シリアル
9
フロッピー ディスク
ドライブ
22
スピーカー
35
キーボード/マウス
10
プライマリ IDE
23
フロント オーディオ
11
シャーシ挿入スイッチ
24
補助オーディオ
12
電池
25
PCI 32/33
システム ボード コンポーネント
63
表 4-3 システム ボード コンポーネント (続き)
13
シリアル ATA
26
PCI Express x1
* 電気的には 4 倍の帯域幅
システム ボード アーキテクチャ
以下の図は、HP xw4400 Workstation のブロック図を示しています。
図 4-3 システム ボードのブロック図
64
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
ここでは、各種ハードウェア コンポーネントをワークステーションから取り外し、交換するときに必
要な手順を説明します。 システムの保守またはアップグレードを行う前に、安全と予防措置、
56 ページの 「保守上の考慮事項」、および『Safety and Regulatory Information』を参照してくださ
い。
1.
安全上の注意と予防措置をすべて読んでください。
2.
適切な作業エリアを探して整理整頓します。
3.
システムをシャット ダウンしてユニットの電源を切ります。
4.
工具を揃えます。
5.
ユニットの保守を行います。
6.
システムに電源を入れます。
取り外し順序
主なコンポーネントの取り外し順序を以下の表に示します。
分解前 (62 ページの 「 分
解前の手順」)
ロック (66 ページの 「セ
キュリティ ロック (オプシ
ョン) 」 )
サイド アクセス パネル (68 ページの
「サイド アクセス パネル 」)
フード センサ
(71 ページの 「フード セ
ンサ (スマート カバー セン
サ)」
)
フロント ベゼル
(69 ページの 「フロン
ト ベゼル 」
)
フロント パネル I/O デバイス アセンブ
リ (72 ページの 「フロント パネル I/O
デバイス アセンブリ 」)
電源ボタンとフロント スピ
ーカー (74 ページの 「電
源ボタン 」
)
オプティカル ドライブ
(89 ページの 「オプティ
カル ドライブ (ミニタワー
での位置) 」
)
フロッピー ディスク ドラ
イブ (93 ページの 「フロ
ッピー ディスク ドライブ
(オプション) 」)
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
65
ベゼル ブランク
(70 ページの 「ベゼル ブ
ランク 」)
電源装置 (75 ページの
「電源装置」
)
システム ファン
(76 ページの 「システ
ム ファン アセンブリ」)
フロント ファンの取り外
し (オプション)
(85 ページの 「フロン
ト PCI カード ガイドとフ
ロント ファンの取り外し
(オプション) 」)
電池 (86 ページの 「電
池 」)
ハード ディスク ドライブ
(94 ページの 「SAS ハー
ドドライブ 」
)
CPU ヒートシンク (101 ページの 「CPU
ヒートシンク 」)
プロセッサ
(103 ページの 「プロセッ
サ」
)
PCI リテーナ (80 ページの 「PCI リテ
ーナ 」
)
PCI カードまたは PCI Express カード
(83 ページの 「PCI 」)
CPU ヒートシンク
(101 ページの 「CPU ヒー
トシンク 」
)
プロセッサ
(103 ページの 「プロセッ
サ 」)
システム ボード
(105 ページの 「システ
ム ボード」)
セキュリティ ロック (オプション)
セキュリティ用の錠が取り付けられている場合は、ユニットの保守を行う前に取り外します。 錠を取
り外すには、以下の図に示すように、鍵を外し施錠用ループからスライドさせて外します。
66
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
図 4-4 セキュリティ ロックの取り外し
ケーブル ロック (オプション)
ケーブル ロックが取り付けられている場合は、ユニットの保守を行う前に取り外します。 ケーブル
ロックを取り外すには、以下の図に示すように、鍵を外しケーブル ロックの溝から引っ張り出しま
す。
図 4-5 ケーブル ロックの取り外し
汎用シャーシ クランプ ロック (オプション)
汎用シャーシ クランプ ロックが取り付けられている場合は、ユニットの保守を行う前に取り外しま
す。
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
67
ロックを取り外すには、次の操作を行います。
1.
デバイスのロックを解除して、ロック メカニズムを取り外します。
2.
ロックをシャーシに固定しているねじを外します。
サイド アクセス パネル
ワークステーションの内部コンポーネントにアクセスする前に、サイド アクセス パネルを取り外す
必要があります。
サイド アクセス パネルは以下の手順で取り外します。
68
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
警告! ワークステーションのサイド アクセス パネルを取り外す前に、ワークステーション
の電源が切れていて、しかも電源コードがコンセントから外されていることを確認してくださ
い。
1.
) と図に示すようにワークステーシ
システムの電源を切ります。 (62 ページの 「 分解前の手順」
ョンを置きます。
2.
必要に応じて、サイド アクセス パネルのロックを解除します。 鍵はリア パネルにあります。
また、その他のロック (ケーブル ロック、南京錠など) がある場合には、それも解除します。
3.
ラッチ 1 を持ち上げて、サイド アクセス パネル 2 をワークステーションの背面方向にずらし、
カバー 2 を持ち上げます。
図 4-6 サイド アクセス パネルを開く
サイド アクセス パネルを再び取り付けるには、サイド アクセス パネルの下側の溝とシャーシの下端
を揃えて、サイド アクセス パネルをシャーシ方向に倒して、ラッチがかみ合うまでしっかりと押し
込みます。
フロント ベゼル
JAWW
1.
フロント ベゼル上の 2 つの リリース (図の 1) を持ち上げます。
2.
フロント ベゼルをシャーシから離れるように (図の 2 の方向) 回転させてベゼルを外します。
コンポーネントの取り外しと交換の手順
69
図 4-7 フロント ベゼルを開く
フロント ベゼルを再び取り付けるには、フロント ベゼルの底部を合わせて、元の位置に収まるまで
倒し込みます。
ベゼル ブランク
ベゼル ブランクは以下の手順で取り外します。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、フロント ベゼルを取り外します
(69 ページの 「フロント ベゼル 」)。
2.
サブパネル 1 をフロント ベゼルの後ろに静かに押し出します。
3.
サブパネル 1 を引き出して、ベゼル ブランク 2 を取り外すことにより、不要なベゼル ブランク
を取り外します。
図 4-8 ベゼル ブランクの取り外し
注記 ベゼル ブランクには、ブランクを取り付けるときにわかりやすいように、溝がついてい
ます。 また、必要にを応じて、オプティカル ドライブをデスクトップの向きに合わせて取り
付けることができるように、サブパネルは 90 度回転させることができます。
70
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
フード センサ (スマート カバー センサ)
フード センサは以下の手順で取り外します。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)。
2.
フード センサ コネクタ 1 をシステム ボードから外します。
3.
フード センサを前方に引いて、下に押し込み、シャーシから取り外します (2)。
図 4-9 フード センサの取り外し
フード センサを元に戻すには、前述の手順と逆の手順を実行します。
ソレノイド フード ロック (スマート カバー ロック) (オプション)
フード ロックを取り外すには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)。
2.
ソレノイド フード ロック ケーブル 1 をシステム ボードから外します。
3.
次の図に示すように、フェールセーフ キー (T-15 レンチ) を使って、シャーシの背面から 2 つの
ねじ 2 を外します。
フェールセーフ キーを購入するには、認定された販売代理店またはサービス プロバイダに相談
してください。または、HP Web サイトにアクセスして、注文方法を調べてください。
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
71
4.
ソレノイド フード ロック ケーブル アセンブリ 3 をシャーシからスライドさせて、ユニットから
取り外します。
図 4-10 フード ロックの取り外し
フード センサを取り付けるには、前述の手順と逆の手順を実行します。
フロント パネル I/O デバイス アセンブリ
フロント パネル I/O デバイス アセンブリは次の手順で取り外します。
72
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
ント ベゼル 」
)。
2.
シャーシ内でケーブルを固定しているプラスチック スナップのラッチを外し、フロント パネル
I/O デバイス アセンブリのケーブルをシステム ボードから外します。
3.
フロント パネル I/O デバイス アセンブリ 3 を保持して、シャーシに取り付けている 2 つの小さ
な Torx ねじ 1 を取り外します。
4.
フロント パネル I/O デバイス アセンブリ 3 をブラケットに取り付けている 2 つの大きな Torx ね
じ 2 を取り外します。
5.
ブラケットは、フロント パネル I/O デバイス アセンブリとは別にしておきます。
6.
フロント パネル I/O デバイス アセンブリをシャーシ 4 から約 5 cm 引き出します。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
7.
フロント パネルのケーブルをシャーシからユニットの前面に引き出します。 ケーブルは一度に
全部を取り出す必要があります。
図 4-11 フロント パネル I/O デバイス アセンブリの取り外し
フロント パネル I/O デバイス アセンブリを再び取り付けるには、次の操作を行います。
1.
フロント パネル I/O デバイス アセンブリのすべてのケーブルを、取り外す前に通っていたのと
同じ穴に通します。
2.
フロント パネル I/O デバイス アセンブリをシャーシに押し込みます。 フロント パネル I/O デバ
イス アセンブリを簡単にスロットに収める余裕ができるように、ケーブルを手で持って揃えま
す。
3.
ブラケットを、フロント パネル I/O デバイス アセンブリに緩く被せて、シャーシに引っ掛けま
す。
4.
ブラケットを、フロント パネル I/O デバイス アセンブリとシャーシにねじで止めます。
5.
フロント オーディオ ケーブルを 1 に接続します。 フロント USB ケーブルを 2 に接続します。
フロント コンソール パネル ケーブルを 3 に接続します。 IEEE-1394 カードを取り付けている
場合には、フロント IEEE-1394 ケーブルをカードに接続します。
図 4-12 フロント パネル I/O デバイス アセンブリ ケーブルの接続
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
73
電源ボタン
電源ボタンは以下の手順で取り外します。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)、フロント ベゼルを取り外し (69 ページの 「フロン
ト ベゼル 」
) てから、フロント パネル I/O デバイス アセンブリを取り外し (72 ページの 「フロ
ント パネル I/O デバイス アセンブリ 」) ます。
2.
電源ボタン アセンブリのケーブルをシステム ボードから外します。
3.
電源ボタンをシャーシに固定しているクリップの上部 1 を押し込みます。
4.
電源ボタンを前後に動かして、金属製クリップをシャーシから外します。 電源ボタン アセンブ
リ 2 をシャーシ前面から取り出します。
図 4-13 電源ボタンを取り外す
電源スイッチを再び取り付けるには、前述の手順と逆の手順を実行します。
システム スピーカー
スピーカーは以下の手順で取り外します。
74
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
2.
スピーカー ケーブル 1 をシステム ボードから外します。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
3.
スピーカーをシャーシに固定している 4 つのねじ 2 を取り外し、スピーカー 3 をシャーシから
取り出します。
図 4-14 スピーカーの取り外し
スピーカーを再び取り付けるには、前述の手順と逆の手順を実行します。
電源装置
電源装置は以下の手順で取り外します。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)。
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
ヒント 以下の手順では複数の電源ケーブルを取り外す必要があります。 電源装置を再
び取り付ける作業の効率を上げるには、ケーブル番号を記録し、ケーブルを正しいデバイ
スに接続しやすいようにしておいてください。
JAWW
2.
システム ボード、ドライブ、カードからすべてのケーブルを外します。
3.
4 本のねじ 1 をバック パネルから取り外します。
4.
電源装置を前にずらして、それ 2 を上に持ち上げてシャーシから取り外します。
コンポーネントの取り外しと交換の手順
75
図 4-15 電源装置の取り外し
電源装置を再び取り付けるには、上記の手順と逆の手順を実行します。
システム ファン アセンブリ
システム ファン アセンブリは、以下の手順で取り外します。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
2.
ファン プラグ 1 をシステム ボードから外します。
3.
プラス ドライバを使って、シャーシ背面から 4 つのねじ 2 を取り外し、ファン 3 をシャーシか
ら持ち上げます。
図 4-16 システム ファンの取り外し
システム ファン アセンブリを再び取り付けるには、上記の手順と逆の手順を実行します。
76
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
注意 システム ファンを取り付けるときは、エアフロー方向を示す矢印がシャーシ背面を指し
ていることを確認してください。
メモリ
メモリ モジュールは以下の手順で取り外します。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)。
注意 メモリ モジュールの取り外しまたは取り付けのときに損傷しないようにするに
は、ワークステーションの電源を切って、AC 電源のコンセントから電源コードを外しま
す。 電源装置の背面にある LED が消えるまで待ってから、メモリを取り外します。 メモ
リを取り付けるときに、電源コードを外さないと、メモリ モジュールが損傷し、システ
ムがメモリの交換を認識できないことがあります。
2.
ソケットのレバー 1 をゆっくり外方向に押します。
3.
DIMM 2 をまっすぐ上に持ち上げ、ユニットから取り出します。 DIMM は静電防止袋に保管しま
す。
図 4-17 メモリ モジュールの取り外し
メモリ モジュールの機能
●
DIMM 用 4 メモリ スロット
●
256MB ∼ 4GB の構成をサポート
●
デュアル チャネル DIMM をサポート
メモリ モジュールの要件
注意 HP は、電気的、熱的にこの製品に適合している DIMM のみを提供しております。 サー
ドパーティ製の DIMM は電気的または熱的に適合しないことがあるので、当社はサポートして
いません。
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
77
注記 DIMM と DIMM ソケットには、正しく取り付けられるようにそれぞれ切り込みと突起が
あります。 DIMM を取り付けるときは、DIMM の切り込みをソケットの突起に合わせてくださ
い。
●
業界標準のアンバッファード PC2-4200 (533MHz) または PC2-5300 (667 MHz) DIMM だけを使
ってください。
●
容量とタイプが同じ DIMM ペア
取り付け順序
以下に示す図を、メモリを取り付ける際のガイドにしてください。
●
DIMM を 1 個だけ取り付ける場合は、スロット 1 に取り付けます。
●
最初の DIMM ペアは、ソケット 1 と 3 に取り付けます。
●
2 番目の DIMM ペアは、ソケット 2 と 4 に取り付けます。
図 4-18 取り付け順序
メモリ モジュールは以下の手順で取り付けます。
78
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
2.
ソケットのレバーを静かに拡げます。
3.
DIMM 1 をまっすぐ押し込んで、ソケット レバー 2 が所定の位置に収まるようにします。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
図 4-19 メモリ モジュールの取り付け
PCI スロット
この項では、PCI スロットについて説明します。
このワークステーションには、3 つの PCI スロット、1 つの PCI Express x1 スロット、1 つの PCI
Express x16 (4) スロット、1 つの PCI Express x16 スロット (通常、高性能グラフィックス カードで
使用) があります。
図 4-20 PCI スロットの識別
表 4-4 PCI スロット
JAWW
スロット
タイプ
スロット電力 (最大)
1
PCI Express x16
75W*
コンポーネントの取り外しと交換の手順
79
表 4-4 PCI スロット (続き)
2
PCI 32/33
25W*
3
PCI Express x16 (4)
25W
4
PCI Express x 1
25W
5
PCI 32/33
25W
6
PCI 32/33
25W
* これらスロットの電力仕様に加えて、システム全体の消費電力 (I/O カード、プロセッサ、およびメモリを含む) は、シス
テム電源装置の最大定格を超えてはいけません。
PCI リテーナ
カードの保護として、輸送中に動かないようにするための PCI リテーナが付いているものがありま
す。
PCI リテーナは以下の手順で取り外します。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
2.
リテーナを保持している 2 つのねじ 1 を外して、リテーナ 2 をシャーシから持ち上げます。
図 4-21 PCI リテーナの取り外し
PCI リテーナは以下の手順で取り付けます。
80
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
2.
ブラケット 1 をシャーシ背面の穴に差し込んで、ブラケット 2 を所定の位置に収めます。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
3.
ブラケットを 2 つのねじ 3 で固定します。
図 4-22 PCI リテーナの取り付け
PCI Express
PCI Express は、ポイント ツー ポイントのアーキテクチャで、シリアル データの伝送プロトコルを
使用しています。 1 つの PCI Express レーンは 4 ワイヤで構成され、伝送速度は単方向で 250 MB、
または両方向同時に 500 MB です。 この帯域幅は、他の PCI Express バスまたはレガシー PCI/
PCI-X バス (ただし、全体の帯域幅が CPU とメモリ サブシステムで処理される場合) の状態には影響
を受けません。 伝送プロトコルは、LAN 接続で使用されるものと多少類似しており、エラーの訂正
と検出、パケット アドレッシング、およびその他のネットワーク機能を備えています。
PCI Express によりシステムの特性を向上させることができます。 PCI Express を使用すると、従来
のパラレル インターフェース (PCI など) に比べて、少ない接続数 (ワイヤ) で、低電力のスケーラブ
ルな広帯域通信パスを実現できます。
PCI Express の I/O スロットでは、スロットに物理的に指定されている帯域幅よりも狭いバス帯域幅
で他の PCI Express カードを使用できます。 このスロットとカードの動作関係は、以下の表で確認し
てください。
表 4-5 xw4400 PCI Express のカードとスロットのマトリクス
メカニカルな互換性
電気的互換性
PCI Express x1 スロット
x1 カード
x1 モード
PCI Express x16 (x4) スロ
ット
x1、x4、x8、x16 カード
x1 および x4 モード
PCI Express x16 スロット
x1、x4、x8、x16 カード
x1 および x16 モード
PCI Express カードを取り外すには、次の操作を行います。
JAWW
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
)、PCI リテーナ (80 ページの 「PCI リテーナ 」
) が取り
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
付けられている場合には、それを取り外します。
2.
PCI レバー 1 を、まず押し込んでから上に持ち上げます。
コンポーネントの取り外しと交換の手順
81
3.
PCI Express x16 グラフィックス カードを取り外す場合には、
「ホッケー スティック」レバー 2
の上を押し込んで、カード 3 をシャーシから取り外します。 カードは静電防止袋に保管します。
別のタイプの PCI Express カードを取り外すには、カードをシャーシから引き抜きます。 「ホ
ッケー スティック」レバーの上を押し込む必要はありません。
4.
PCI スロット カバーを取り付けて、PCI レバーを閉じます。 PCI レバーが閉じない場合には、
すべてのカードを正しく収容して、やり直してください。
図 4-23 PCI Express カード の取り外し
PCI Express カードを取り付けるには、次の操作を行います。
82
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)、PCI リテーナ (80 ページの 「PCI リテーナ 」
) が取り
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
付けられている場合には、それを取り外します。
2.
PCI レバー 1 を、まず押し込んでから上に持ち上げます。
3.
PCI スロット カバー 2 を取り外します。
4.
PCI カード 3 をシャーシに向けて降ろします。 カードの方向キーとソケットの位置が合ってい
ることを確認します。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
5.
PCI リテーナ クランプ 4 を、下に回転させて閉じ、シャーシ背面から緑色のスナップを押し込
みます。
図 4-24 PCI カードの取り付け
PCI
PCI カードを取り外すには、次の操作を行います。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
)、PCI リテーナ (80 ページの 「PCI リテーナ 」
) が取り
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
付けられている場合には、それを取り外します。
2.
PCI レバー 1 を、まず押し込んでから上に持ち上げます。
3.
シャーシから PCI カード 2 を取り出します。 カードは静電防止袋に保管します。
4.
PCI スロット カバーを取り付けて、PCI レバーを閉じます。 PCI レバーが閉じない場合には、
すべてのカードを正しく収容して、やり直してください。
図 4-25 PCI カード の取り外し
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
83
PCI カードを取り付けるには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)、PCI リテーナ (80 ページの 「PCI リテーナ 」
) が取り
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
付けられている場合には、それを取り外します。
2.
PCI レバー 1 を、まず押し込んでから上に持ち上げます。
3.
PCI スロット カバー 2 を取り外します。
4.
PCI カード 3 をシャーシに向けて降ろします。 カードの方向キーとソケットの位置が合ってい
ることを確認します。
5.
PCI リテーナ クランプ 4 を、下に回転させて閉じ、シャーシ背面から緑色のスナップを押し込
みます。
図 4-26 PCI カードの取り付け
IEEE-1394 (オプション)
IEEE-1394 カードを取り外すには、次の操作を行います。
84
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
ント ベゼル 」
)。
2.
PCI レバー 1 を、まず押し込んでから上に持ち上げます。
3.
カードからフロント I/O ケーブルと電源ケーブル 2 をはずします。
4.
シャーシから IEEE カード 3 を取り出します。 カードは静電防止袋に保管します。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
5.
PCI スロット カバーを取り付けて、PCI レバーを閉じます。 PCI レバーが閉じない場合には、
すべてのカードを正しく収容して、やり直してください。
図 4-27 IEEE-1394 の取り外し
IEEE-1394 カードを取り付けるには、上記の手順と逆の手順を実行します。
フロント PCI カード ガイドとフロント ファンの取り外し (オプション)
注記 ファンを使うのは特殊な構成だけですが、カード ガイドはすべてのフルサイズのアドイ
ン カードで使われます。
JAWW
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
ント ベゼル 」)。
2.
ファン ワイヤ 1 をシステム ボードのコネクタから外して、カード ガイドから抜き取ります。
コンポーネントの取り外しと交換の手順
85
3.
シャーシのファン ハウジングのスナップ 2 を解除して、シャーシ 3 から持ち上げます。
図 4-28 フロント ファンの取り外し
4.
ファン ハウジングに外向きの力を加え、ファンをハウジングから押し出すようにして、ファン
をファン ハウジングから取り外します。
図 4-29 カード ガイドからのファンの取り外し
フロント ファンを再び取り付けるには、上記の手順と逆の手順を実行しますが、その際にはファンの
側面にあるエアフロー方向を示す矢印がシャーシ背面を指していることを確認してください。
電池
ワークステーションには、リアル タイム クロックに電源を供給する電池が付属しており、最小寿命
はおよそ 3 年です。
警告! このワークステーションはリチウム電池を使用しています。 電池を正しく取り扱わ
ないと、火災や化学火傷の恐れがあります。 分解する、つぶす、穴をあける、接点をショート
させる、液体や火中に投げ入れる、および 60 ℃ (140 ゜ F) 以上の高温環境に近づけるなどの
行為は行わないでください。
86
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
注意 電池を取り外すと CMOS の設定情報はすべて失われるので、その前に、CMOS の設定
情報がバックアップされていることを確認してください。 CMOS の設定情報をバックアップ
するには、コンピュータセットアップユーティリティを実行して [File] (ファイル) メニューの
[Save to Diskette] (ディスケットに保存) オプションを使用します。
注記
電池、電池パック、および蓄電池は、一般家庭ごみと分けて廃棄してください。
電池を取り外すには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)。
2.
システム ボードにある電池ホルダのリリース タブを押します。
3.
電池をラッチが外れるまで回転させて、まっすぐ上に持ち上げます。
図 4-30 電池の取り外し
電池を取り付けるときには、極性 (プラスとマイナス) を確認し、電池の端をプラスチックのハウジン
グ タブに合わせ、金属製のスナップが所定の位置に収まるまで押し込みます。
ドライブの電源接続
電源ケーブルを見分けるには、以下の情報を参考にしてください。 ケーブルは、CPU ヒートシンク
のファンに接触しないように配線するか束ねます。
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
87
図 4-31 典型的な構成における正しい電源接続の図
88
P1
システムボード上の主電源
P2
なし
P3
CPU 電源
P4
PCI Express グラフィック補助電源
P5
PCI 補助電源 (1394)
P6
ODD IDE トップ ベイ電源
P7
ODD IDE ミッド ベイ電源
P8
FDD 電源
P9
第 3 HDD SATA ボトム ODD ベイ電源
P10
第 4 HDD SATA ミッド ODD ベイ電源
P11
ODD IDE 電源または第 3 HDD SAS ODD ボトム ベイ電源
P12
第 1 HDD SATA ボトム HDD ベイ電源
P13
第 2 HDD SATA トップ HDD ベイ電源
P14
第 1 HDD SAS ボトム HDD ベイ電源
P15
第 2 HDD SAS トップ HDD ベイ電源
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
オプティカル ドライブ (ミニタワーでの位置)
オプティカル ドライブを取り外すには、次の操作を行います。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
ント ベゼル 」)。
2.
ドライブから、オーディオ ケーブル 1、データ ケーブル 2、および電源ケーブル 3 を取り外し
ます。 コネクタの色は、図とは異なっている場合があります。
注記 オーディオ ケーブルは Linux ベースのシステムにのみ必要です。
図 4-32 オプティカル ドライブからのケーブルの取り外し
3.
緑色のドライブロック リリース レバー 1 を持ち上げて、ドライブ 2 をシャーシからゆっくり引
き出します。
図 4-33 シャーシからのオプティカル ドライブの取り外し
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
89
4.
ドライブ 1 を取り出したら、ドライブから 4 つのガイド ネジ 2 を取り外します。 別のドライブ
を取り付ける計画がある場合は、4 つのガイドねじだけを取り外してください。
図 4-34 オプティカル ドライブのねじの取り外し
オプティカル ドライブを取り付けるには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
ント ベゼル 」
)。
2.
4 本のガイドねじ 1 をドライブに取り付けます。
3.
ねじをドライブ ベイの溝に合わせて、ドライブを 2 の方向にゆっくりと止まるまで挿入します。
注意 オプティカル ドライブを引っ張ってみて、簡単に外れないことをチェックし、正
しく固定されたことを確認します。 固定されていないと、ワークステーションを移動し
たときにドライブが損傷することがあります。
90
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
4.
電源ケーブル、ドライブ ケーブル、データ ケーブル、およびオーディオ ケーブル (使用する場
合) をドライブとシステム ボードに接続します。 Linux システムの場合には、オーディオ ケーブ
ルを AUX-IN コネクタに接続します。
注記 オーディオ ケーブルは Linux ベースのシステムにのみ必要です。
図 4-35 オプティカル ドライブの取り付け
オプティカル ドライブ (デスクトップでの位置)
オプティカル ドライブを取り外すには、次の操作を行います。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
ント ベゼル 」)。
2.
ドライブから、オーディオ ケーブル 1、データ ケーブル 2、および電源ケーブル 3 を取り外し
ます。 コネクタの色は、図とは異なっている場合があります。
注記 オーディオ ケーブルは Linux ベースのシステムにのみ必要です。
図 4-36 オプティカル ドライブからのケーブルの取り外し
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
91
3.
黄色のドライブロック リリース レバー 1 を持ち上げて、ドライブ 2 をシャーシからゆっくり引
き出します。
図 4-37 シャーシからのオプティカル ドライブの取り外し
4.
ドライブ 1 を取り出したら、ドライブから 4 つのガイド ネジ 2 を取り外します。 別のドライブ
を取り付ける計画がある場合は、4 つのガイドねじだけを取り外してください。
図 4-38 オプティカル ドライブのねじの取り外し
オプティカル ドライブを取り付けるには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外し
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
ント ベゼル 」
)。
2.
4 本のガイドねじ 1 をドライブに取り付けます。
3.
ねじをドライブ ベイの溝に合わせて、ドライブを 2 の方向にゆっくり止まるまで挿入します。
注意 オプティカル ドライブを引っ張ってみて、簡単に外れないことをチェックし、正
しく固定されたことを確認します。 固定されていないと、ワークステーションを移動し
たときにドライブが損傷することがあります。
92
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
4.
電源ケーブル、ドライブ ケーブル、データ ケーブル、およびオーディオ ケーブル (使用する場
合) をドライブとシステム ボードに接続します。 Linux システムの場合には、オーディオ ケーブ
ルを AUX-IN コネクタに接続します。
注記 オーディオ ケーブルは Linux ベースのシステムにのみ必要です。
図 4-39 システム ボードへ オプティカル ドライブ ケーブルを接続
フロッピー ディスク ドライブ (オプション)
フロッピー ディスク ドライブは以下の手順で取り外します。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
ント ベゼル 」)。
2.
フロッピー ディスク ドライブの背面からデータ ケーブル 1 と電源ケーブル 2 を外します。
図 4-40 フロッピー ディスク ドライブからのケーブルの取り外し
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
93
3.
緑色のドライブロック リリース レバー 1 を持ち上げて、同時に、ドライブ 2 をゆっくりと引き
出します。
図 4-41 シャーシからのフロッピー ディスク ドライブの取り外し
フロッピー ディスク ドライブは以下の手順で取り付けます。
1.
ドライブの側面にある金属製の突起部をフロッピー ディスク ドライブ ベイの溝に合わせ、フロ
ッピー ディスク ドライブを停止するまでベイへ押し込みます。
2.
データ ケーブルをフロッピー ディスク ドライブ 1 とシステム ボード 2 に接続します。
3.
フロッピー ディスク ドライブの背面にケーブルを接続します。
SAS ハードドライブ
ハードドライブを取り外すには、次の操作を行います。
1.
94
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
2.
ハードドライブからデータ ケーブル 1 と電源ケーブル 2 を外します。
図 4-42 ハードドライブの取り外し
3.
緑色のドライブロック リリース タブ 1 を持ち上げて、ハードドライブ 2 をシャーシからゆっく
り引き出します。
図 4-43 ハードドライブの取り外し
SAS ハードドライブを取り付けるには、次の操作を行います。
1.
JAWW
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)。
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
コンポーネントの取り外しと交換の手順
95
2.
SAS-to-SATA ケーブル アダプタをハードドライブ上のコネクタに取り付けます。
図 4-44 アダプタの取り付け
3.
選択したベイの所定位置に固定されるまでドライブ 1 を押し込みます。
4.
ドライブにデータ ケーブル 2 と電源ケーブル 3 を取り付けます。
図 4-45 SAS ハードドライブの取り付け
96
5.
SAS コントローラ カードを使用可能な PCI スロットに挿入します。
6.
ハードドライブ 1 とコントローラ カード 2 をデータ ケーブルで接続します。
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
7.
カードとシステム ボード上のハードドライブ LED コネクタをハードドライブ LED ケーブルで
接続します。 図に示されているコネクタは、サイド アクセス パネルの内側にあります。
図 4-46 SAS ケーブルのハードドライブへの接続
SATA ハードドライブ
SATA ハードドライブと SATA RAID 構成の詳細は、付録「SATA デバイス」を参照してください。
ハードドライブを取り外すには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)。
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
2.
ハードドライブからデータ ケーブル 1 と電源ケーブル 2 を外します。
図 4-47 ハードドライブの取り外し
JAWW
コンポーネントの取り外しと交換の手順
97
3.
緑色のドライブロック リリース タブ 1 を持ち上げて、ハードドライブ 2 をシャーシからゆっく
り引き出します。
図 4-48 ハードドライブの取り外し
1 つまたは 2 つの SATA ハードドライブを取り付けるには、次の操作を行います。
1.
)、サイド アクセス パネルを取り外しま
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
す (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」)。
2.
ドライブを取り付けるドライブ ベイを選択します。
3.
選択したベイの所定位置に固定されるまでドライブを押し込みます。
4.
ドライブにデータ ケーブル 1 と電源ケーブル 2 を取り付けます。
図 4-49 SATA ハードドライブの取り付け
98
第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
5.
ハードドライブ 1 とシリアル ATA ポート 2 をデータ ケーブルで接続します。 次の図は SATA0
ポートを示しています。
●
SATA 0 と SATA0 を接続します。
●
SATA 1 と SATA1 を接続します。
図 4-50 SATA ケーブルのハードドライブへの接続
3 つまたは 4 つの SATA ハードドライブを取り付けるには、次の操作を行います。
1.
上記の 2 つの SATA ハードドライブを取り付ける手順に従ってください。
2.
ハードドライブをオプティカル ドライブのスロットに取り付ける手順に従ってください。
注記 3 つの SATA ハードドライブを取り付ける場合には、少なくとも 1 つのハードドラ
イブはオプティカル ドライブのベイに取り付ける必要があります。 4 つの SATA ハード
ドライブを取り付ける場合には、少なくとも 2 つのハードドライブはオプティカル ドラ
イブのベイに取り付ける必要があります。
3.
データ ケーブルと電源ケーブルをドライブに接続します。
●
SATA 2 と SATA2 を接続します。
●
SATA 3 と SATA3 を接続します。
ハードドライブをオプティカル ドライブ ベイに取り付ける (オプション)
1.
JAWW
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
)、フロント ベゼルを取り外します (69 ページの 「フロ
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
ント ベゼル 」)。
コンポーネントの取り外しと交換の手順
99
2.
ハードドライブをブラケット 1 に収容して、次の図に示すように、米国規格ねじ 2 を使って固定
します。
図 4-51 ハードドライブのブラケットへの取り付け
3.
ブラケット 1 の 4 つのねじを締めます。 ねじをオプティカル ドライブ ベイの溝に合わせて、ド
ライブを 2 の方向にゆっくりと挿入します。
図 4-52 ハードドライブのオプティカル ドライブ ベイへの取り付け
4.
ハードドライブ 1 とシステム ボード 2 を接続します。 図は SATA の取り付け方を示していま
す。
100 第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
5.
電源ケーブルを接続します (図示していません)。
図 4-53 データ ケーブルのシステム ボードへの接続
CPU ヒートシンク
注記 以下の図に示す CPU ヒートシンクは、ワークステーションで使用している代表的なも
のです。 CPU ヒートシンクにはいろいろなバリエーションがありますが、ここで説明する全
般的な手順は CPU ヒートシンクを取り外す場合、十分役に立ちます。
CPU ヒートシンクを取り外すには、次の操作を行います。
1.
JAWW
システムをシャットダウンし、システムから電源を切り離し、サイド アクセス パネルを取り外
します。
コンポーネントの取り外しと交換の手順 101
2.
4 つのプロセッサねじを、ゆっくりと均等に緩めます。 対角線上のねじペア 1 を、ねじ部がシス
テム ボードから抜けるまで緩めます。次に対角線上のねじペア 2 を緩めます。 1 つのねじは外
れるまでは緩めないで、交互に少しずつ緩めます。 プロセッサが水平を保つように、4 本のねじ
を均等に少しずつ緩めます。
図 4-54 ねじの適切な取り外し順序
3.
CPU ヒートシンク ファン ケーブル 1 をシステム ボードから外します。
4.
ヒートシンク ユニットを静かに回転させて、熱伝導材 (グリス) による接着をはがします。
5.
CPU ヒートシンク 2 を持ち上げます。
図 4-55 システム ボードからの CPU ヒートシンクの取り外し
6.
アルコールとやわらかい布を使って、残っている熱伝導材をすべて、CPU ヒートシンクとプロ
セッサから拭き取ります。
注意 CPU ヒートシンクとプロセッサに付いたアルコールは十分に乾燥させてください。
102 第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
CPU ヒートシンクを再び取り付けるには、次の操作を行います。
1.
システムの電源を切ります (62 ページの 「 分解前の手順」)。 サイド アクセス パネルを取り外
)、CPU ヒートシンクを取り外します。
し (68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
2.
アルコールとやわらかい布を使って、残っている熱伝導材をすべて、CPU ヒートシンクとプロ
セッサから拭き取ります。
注意 CPU ヒートシンクとプロセッサに付いたアルコールは十分に乾燥させてください。
3.
プロセッサをソケットから静かに引っ張って、プロセッサがソケットに正しく収容されているか
どうかをチェックします。 プロセッサが正しく収容されている場合には、ソケットから抜ける
ことはありません。
4.
熱伝導材をプロセッサの中心部に塗ります。 新しい CPU ヒートシンクを使う場合には、新し
い CPU ヒートシンクの底に付いている熱伝導材保護ライナをはがして捨ててください。
注記 CPU ヒートシンクを取り扱っているときは、塗られている熱伝導材を触らないよ
うに気をつけてください。
5.
CPU ヒートシンクをシステム ボードに押し込みます。
6.
4 本のねじを静かに少しずつ交互に締めます。1 つのねじを完全に締めてから次のねじを締める
ことはしないでください。 プロセッサが水平を保つように注意してください。そしてねじは締
め過ぎないでください。 トルク制限付きのドライバが使える場合には、6.9 kg-cm (6 in-lbs) のト
ルクでねじを締めてください。
注意 ねじは締め過ぎないでください。 ねじを締め過ぎると、システム ボード トレイの
ねじ穴が損傷する恐れがあります。
プロセッサ
プロセッサを取り外すには、次の操作を行います。
1.
2.
JAWW
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)、CPU ヒートシンクを取り外します (101 ページの
「CPU ヒートシンク 」
)。
プロセッサ ソケット ハンドルのレバー 1 を持ち上げて、カバー 2 を開きます。
コンポーネントの取り外しと交換の手順 103
3.
プロセッサ 3 をソケットから真上に持ち上げます。
図 4-56 プロセッサ ソケットのハンドルの持ち上げ
注意 CPU ソケット内の突起部を曲げないようにしてください。 操作を誤ると、CPU ソケッ
トを傷付けるおそれがあります。
注記 プロセッサは、損傷しないように安全な場所に保管してください。
プロセッサを再び取り付けるには、次の操作を行います。
1.
2.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」
)、サイド アクセス パネル (68 ページの
「サイド アクセス パネル 」)、CPU ヒートシンク (101 ページの 「CPU ヒートシンク 」)、プロセ
)。
ッサを取り外します (103 ページの 「プロセッサ 」
プロセッサ ソケットのハンドルを止まるまで持ち上げます (このときの角度は約 90 度)。
注意 ソケットのピンは壊れやすく簡単に折れ曲がります。 プロセッサをソケットに挿
入するときは、ピンが折れ曲がらないように十分に注意してください。
104 第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
3.
プロセッサ上部の三角形をプロセッサ ソケットの隅にある三角形と合わせて、プロセッサをソ
ケットに取り付けます。 プロセッサの下面とプロセッサ ソケットが平行になっていることを確
認します。 ソケット レバーを閉じながらプロセッサの上部を軽く押し込みます。
図 4-57 プロセッサの挿入
4.
プロセッサをソケットから静かに引っ張って、プロセッサがソケットに正しく収容されているか
どうかをチェックします。 プロセッサが正しく収容されている場合には、ソケットから抜ける
ことはありません。
システム ボード
システム ボードを取り外すには、次の操作を行います。
1.
システムの電源を切り (62 ページの 「 分解前の手順」)、サイド アクセス パネルを取り外し
(68 ページの 「サイド アクセス パネル 」
)、すべての拡張ボード、グラフィックス カード、CPU
ヒートシンクを取り外します (101 ページの 「CPU ヒートシンク 」
)。
2.
システム ボードからすべてのケーブルを外します。
注記 システム ボードからケーブルを外すときは、ケーブル接続先を記録しておいてく
ださい。 詳細は、87 ページの 「ドライブの電源接続 」を参照してください。
3.
JAWW
次の図に示すように、リリース タブ 1 を押します。
コンポーネントの取り外しと交換の手順 105
4.
システム ボードをシャーシの前方にずらして、それを 2 の方向に持ち上げてユニットから取り
外します。
図 4-58 システム ボードの取り外し
システム ボードを再び取り付けるには、次の操作を行います。
1.
システム ボードをシャーシの後方の背面から少し離れた位置に置きます。 マウント フックをト
レイの収納部に挿入し、トレイがシャーシのベースと平行になるようにします。
2.
トレイをシャーシの背面方向にスライドさせて、ヒートシンクの取付穴が揃うようにします。
3.
CPU ヒートシンク、カード、ケーブルを取り付けます。
106 第 4 章 取り外しと取り付けの手順
JAWW
5
システムの診断とトラブルシューティング
この章では、システム関連の診断とトラブルシューティングに利用できるツールを説明します。
JAWW
●
108 ページの 「E- サポート」
●
109 ページの 「トラブルシューティング チェックリスト」
●
110 ページの 「LED の色の意味 」
●
111 ページの 「Insight Diagnostics Offline Edition」
●
116 ページの 「診断エラー コード」
●
119 ページの 「トラブルシューティングのシナリオと解決方法」
●
137 ページの 「POST とエラー メッセージ」
107
E- サポート
ヘルプとサポート センタおよび E- サポート
ヘルプとサポート センタ (HSC; Help & Support Center) では、技術的なサポート情報、ソフトウェア
のアップデートとダウンロード、診断ツール、および HP サポート連絡先情報をオンラインで提供し
ています。
デスクトップから HSC を開くには、[スタート] → [ヘルプとサポート] の順にクリックします。
HSC には次の 3 つのセクションがあります。
●
製品情報 (HP Product Information) (インターネットからアクセス): ご使用の製品に対応する HP
Technical Support Web サイトにリンク。 すべての関連マニュアル、ダウンロードとアップデー
ト、ツールなどにアクセスできます。
●
HP ソフトウェアとドライバのダウンロード (Software & Driver Downloads) (インターネットか
らアクセス): HP 固有のソフトウェアのダウンロードとアップデート用サイトにリンク。
●
HP サポート ツール (Support Tools) (インターネットからアクセス): HP インスタントサポー
ト・プロフェッショナル・エディションで提供される自助ツールと診断にリンク。
108 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
トラブルシューティング チェックリスト
診断ユーティリティを実行する前に、ワークステーションまたはソフトウェアのトラブルに対する解
決策がないか、次のチェックリストで調べてください。
JAWW
●
ワークステーションとモニタは電源が来ているコンセントに接続されているか。
●
ワークステーションの電源は入っているか。
●
緑の電源ランプは点灯しているか。
●
モニタに電源が入っているか。
●
緑のモニタ ランプは点灯しているか。
●
モニタが暗いときは、モニタの輝度とコントラストを調整する。
●
いずれかのキーを押し続ける。 システムのビープ音が聞こえれば、キーボードは正常に動作し
ています。
●
ケーブル接続にゆるみがないか、正しく接続されているか調べる。
●
プラグ アンド プレイ対応でない拡張ボードまたは他のオプション (フロッピー ディスク ドライ
ブなど) を取り付けた場合はワークステーションを再構成する。
●
必要なデバイス ドライバはすべてインストールされているか。
●
各アプリケーションのプリンタ ドライバはすべてインストールされているか。
●
システムの電源を入れる前に、すべてのフロッピー ディスク や CD をドライブから取り出す。
●
BIOS のバージョン、ドライバ、ソフトウェア アップデートは最新になっているか。
トラブルシューティング チェックリスト 109
LED の色の意味
LED ランプは、ワークステーションのフロント パネルにあります。 以下の表では、各色の意味につ
いて説明します。
表 5-1 LED の色の意味
LED の状態
LED の色
システムの状態
点灯
緑
システムの電源がオン
点滅
緑
システムがスタンバイ モード
点灯または点滅
赤
なし
消灯
110 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
システムにエラー発生。 116 ページの
「 診断 LED コード」を参照
システムが休止モードまたは電源がオフ
JAWW
Insight Diagnostics Offline Edition
診断ユーティリティを使って、テストの実行および重要なコンピュータ ハードウェアとソフトウェア
の構成情報を各種ソースから取得できます。 このユーティリティを使えば次のことが実行できます。
●
診断の実行
●
システムのハードウェア構成の表示
基本機能と利点
HP Insight Diagnostics を使えば、ハードウェア関連のトラブルを簡単にしかも効果的に識別、診断、
および切り分けできます。
さらに、強力な管理ツールに加え、サービス ツールもシステム トラブルの早期解決に欠かせないも
のです。 サービス プロセスとトラブルの早期解決を能率的に行うには、サービス コールを行うとき
に正しい情報を手元に揃えている必要があります。 主な必要情報としては、システムの構成情報があ
ります。これはまた、システムに発生しそうなトラブルを予見するうえでも大いに役立ちます。 Insight
Diagnostics は、高可用性の実現にも役立ちます。 Insight Diagnostics の用途には次のものがありま
す。
●
明らかなハードウェア障害の試験と診断
●
アップグレード計画、標準化、在庫管理、ディザスタ リカバリ、およびメンテナンスのための
システム構成のドキュメント化
●
より詳細な分析のために、構成情報を他の場所に送る
運用の考え方
Insight Diagnostics Offline Edition は、オフライン モードでだけ動作します。 オペレーティング シス
テムが動作していないので、システムのソフトウェア情報は診断に使えません。
オフライン調査 (Offline Survey) では、現在のシステム構成を表示できます。
インサイト診断テスト (Insight Diagnostics Test) 機能には、システムの主なハードウェア コンポーネ
ントをテストする機能が備わっています。 テスト機能には、いろいろなテスト モードとテスト タイ
プが用意してあり、テストの選択肢を柔軟にカスタマイズできるようになっています。
Quick Test には、代表的なハードウェア コンポーネントをテストし、ユーザの介入は必要としない定
義済みのスクリプトが用意されています。
Complete Test には、各ハードウェア コンポーネントを完全にテストする定義済みのスクリプトが用
意されています。 Interactive (対話型) テストか Unattended (無人) テストを選択することができま
す。 Complete Test でテストされるデバイスは変更することができます。 Interactive (対話型) モード
ではいろいろなテストができますが、ユーザの介入は必要です。
Custom Test にはシステムのテストを制御するための最も大きな自由度が備わっています。 Custom
Test モードを使うと、実行するデバイス、テスト、テスト パラメータを具体的に選択することがで
きます。 Interactive (対話型) と Unattended (無人) のいずれのテスト モードであっても、ユーザの介
入を必要としないテストを選択することができます。
CD に含まれる診断ユーティリティ
HP Insight Diagnostics は、ワークステーションと一緒に出荷される Documentation Library CD に入
っています。
JAWW
Insight Diagnostics Offline Edition 111
Documentation Library CD に入っている診断ユーティリティを起動するには、次の操作を行います。
1.
ワークステーションの電源を入れ、初期ブート中に F10 キーを押して、コンピュータ セットア
ップ (F10) ユーティリティを実行します。
2.
使用言語をリストから選択して Enter キーを押します。 コンピュータ セットアップ ユーティリ
ティで、File (ファイル)、Storage (ストレージ)、Security (セキュリティ)、および Advanced
(カスタム) の 4 つのメニューが表示されます。 ワークステーションによっては、その他のメニ
ューが表示される場合があります。
3.
右矢印キーで [Storage] (ストレージ) を選択します。
4.
下矢印キーで [Boot Order] (起動順序) を選択し、[Enter] を押します。
5.
[CD-ROM Drive] を選択し、F5 キーを押してブート可能デバイスとして有効にします。まだ有
効にしていなかった場合には、もう一度 F5 キーを押すと、無効になります。 既定の設定では有
効です。
6.
CD-ROM Drive をブート順序の 1 番目に設定します。 そのためには、[CD-ROM] を選択して
Enter キーを押し、上矢印でブート順番の一番上に持って行きます。
7.
変更を適用して保存するには、F10 キーを押し、[File (ファイル)>Save Changes (変更を保存)]
と [Exit (終了)] を選択します。
8.
ワークステーションに Documentation Library CD を挿入します。
9.
システムを再起動すると HP Insight Diagnostics が自動的に起動されます。
最新の診断ユーティリティのダウンロード
1.
http://www.hp.com (英語) にアクセスします。
2.
[Support & Drivers] リンクをクリックします。
3.
[Download driver and software] ラジオボタンを選択します。
4.
製品名 (たとえば、xw4400) をテキスト ボックスに入力して Enter キーを押します。
5.
お使いのオペレーティング システムを選択します。
6.
[Diagnostic] リンクをクリックします。
7.
画面上で HP Insight Diagnostics Offline を探し、[Download.] をクリックします。
ユーザ インターフェース
ナビゲーション
Insight Diagnostics のホーム ページには、[Survey]、[Test]、[Status]、[Log]、および [Help] のタブ
があります。 Insight Diagnostics の主要な機能がこれらのタブに振り分けられています。
[Survey] タブ
[Survey] タブを選択すると、[Survey] メニューが表示され、重要なシステム構成情報を表示すること
ができます。 [Summary] ビューでは表示されるデータ量が制限され、[Advanced] ビューでは選択
したカテゴリのデータがすべて表示されます。 [Advanced] または [Summary] のどちらを選択して
も、[Survey] メニューでは次のカテゴリの情報が得られます。
112 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
[Overview] : コンピュータの一般的な情報を一覧表示します。
[All] : コンピュータに関するすべての情報を一覧表示します。
[Architecture] : コンピュータで使用しているバスのタイプおよび BIOS 情報を表示します。 さら
に、バスが PCI の場合、PCI の設定情報が表示されます。
[Asset Control] : コンピュータのシリアル番号およびプロセッサ情報を表示します。
[Communication] : コンピュータのパラレル ポート (LPT) とシリアル ポート (COM) の設定、USB、
およびネットワーク コントローラに関する情報を表示します。
[Graphics] : コンピュータのグラフィックス サブシステムに関する情報を表示します。
[Input Devices] : キーボードおよびマウスのタイプに関する情報を表示します。
[Memory] : コンピュータ内のすべてのメモリ情報を表示します。これには、ボード上のメモリと取り
付けられているメモリが含まれます。
[Miscellaneous] : コンピュータ コンフィギュレーション メモリ (CMOS) から得られた情報、BIOS
データ領域、割り込みベクタ テーブル、および診断コンポーネントの情報を表示します。
[Storage] : コンピュータに接続されているストレージ メディアに関する情報を表示します。これに
は、すべての固定ディスク、フロッピー ディスク、および CD-ROM ドライブが含まれます。
[System] : 製品タイプ、プロセッサのタイプと速度、およびコプロセッサの情報を表示します。ま
た、コンピュータ内のすべての ROM に関する情報も表示します。
[Test] タブ
Insight Diagnostics ユーティリティには、システム内の主要なハードウェア コンポーネントをすべて
テストする機能が備わっています。 テストは、次のタイプから選択できます。
[Quick Test] : 代表的なハードウェア コンポーネントをテストし、ユーザの介入は必要としない定
義済みのスクリプトが用意されています。
[Complete Test] : 各ハードウェア コンポーネントを完全にテストする定義済みのスクリプトがあり
ます。 [Interactive] (対話型) テストか [Unattended] (無人) テストを選択することができます。
Complete Test でテストされるデバイスは変更することができます。 対話型モードではいろいろなテ
ストができますが、ユーザの介入が必要です。
[Custom Test] : システム テストを最もフレキシブルに行うことができます。 Custom Test モード
を使うと、実行するデバイス、テスト、テスト パラメータを具体的に選択することができます。
[Interactive] (対話型) と [Unattended] (無人) のいずれのテスト モードであっても、ユーザの介入を
必要としないテストを選択することができます。 対話型モードではいろいろなテストができますが、
ユーザの介入が必要です。
テストは次のようにして開始します。
JAWW
1.
[Test] タブをクリックします。
2.
実行する [Type of Test] を選択し、[Test Mode] で [Interactive] か [Unattended] のいずれかを
選択します。
Insight Diagnostics Offline Edition 113
3.
4.
テストの実行方法を指定するために、[Number of Loops] か [Total Test Time] のいずれかを選
択します。
●
テストを指定のループ数だけ実行させるように選択したときは、実行するループ数を入力し
ます。
●
診断テストを指定した時間だけ実行させるときは、時間を分単位で入力します。
画面の右下にある [Begin Testing] をクリックしてテストを開始します。
テストの実行中は、[Status] タブをクリックして進行状況を監視できます。 検出されたエラーは Error
Log に要約されます。 [Save] をクリックして、フロッピー ディスクまたは USB キー ドライブ (取り
付けてある場合) にレポートを保存します。
診断ユーティリティがテスト中にエラーを検出した場合、[Status] タブのエラー テキスト上にマウス
を持ってくると、エラーのタイプとコードが表示されます。
テストの障害情報をすべて見るには、[Error Log] を選択します。 実行済のテスト状況をすべて見る
には、[Log] タブをクリックします。
[Status] タブ
[Status] タブは、選択したテストのステータスを表示します。 起動されたテストのタイプ (たとえ
ば、[Quick] (クイック)、[Complete] (完全)、[Custom] (カスタム)) が表示されます。 メイン進行バ
ーには、現在のテスト セットの完了率が表示されます。 テストの進行中は、[Cancel Testing] ボタ
ンが有効になっています。 このボタンを選択すると、テストをキャンセルすることができます。
テストが終了すると、[Cancel Testing] ボタンは、[Select New Tests] と [Retest] の 2 つのボタン
に変わります。 [Select New Tests] ボタンをクリックすると、前のテスト選択ページに戻り新しいテ
スト セットを選択できます。 [Retest] ボタンをクリックすると、実行済みの最後のテスト セットを
繰り返すことができます。 これによって、テスト選択ページに戻ることなく、テスト セットを再実
行することができます。
[Status] ページには、以下の内容も表示されます。
●
テスト中のデバイス
●
実行中のテスト
●
テスト時間合計
●
個々のテスト時間
●
各テストの条件ステータス
[Log] タブ
[Log] タブには 3 つのビューがあります。
[Test Log] : 実行済のテスト、実行回数、失敗したテスト回数、およびテスト完了までに要した時間
を表示します。 [Clear Test Log] ボタンをクリックすると、[Test Log] の内容がクリアされます。
[Error Log] : 診断テスト中に失敗したテストを表示します。 該当のデバイスとテストの他に、エラ
ー詳細が含まれる場合があります。 説明のセクションには、診断で発見されたエラーの説明が入って
います。 [Recommended Repair] ボタンをクリックすると、障害が発生したハードウェアに対するト
ラブル解決の推奨案が表示されます。 エラー カウントは失敗したテストの回数です。 [Clear Error
Log] ボタンをクリックすると、[Error Log] の内容がクリアされます。
114 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
[Help] タブ
[Help] タブには 3 つのビューがあります。
JAWW
●
[HP Insight Diagnostics] : Insight Field Diagnostics に関する説明および詳細情報を表示します。
●
[Error Codes] : エラー コードの一覧を表示します。 これにはテスト済みのデバイス、メッセー
ジ、およびトラブル解決の推奨案に関する情報が含まれます。
●
[Test Components] : すべてのコンポーネントを再ロードしてリフレッシュし、リフレッシュ後
にコンポーネントの詳細を表示します。
Insight Diagnostics Offline Edition 115
診断エラー コード
ここでは、ワークステーションに関する診断 LED とエラー コードの概要を説明します。
診断 LED コード
注記 ビープ音は、シャーシのスピーカーではなく、オンボードのピエゾ スピーカーからが発
生します。 ランプの点滅とビープ音は 5 回繰り返されます。 その後、ランプの点滅だけが繰
り返されます。
表 5-2 診断 LED コード
シャーシのインジケータ LED
電源 LED とビープ音
診断とサービス アクション
なし
システムに電源が入らない。 電源ボタンを押します。 HDD LED = 緑なら、次のよう
にします。
1.
拡張カードを 1 つずつ取り外します。
2.
システム ボードを交換します。
または
電源ボタンを押します。 HDD LED が点灯しないときは、次のようにします。
1 秒間隔で 2 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 2
回
1.
ユニットが、電源が来ている AC コンセントにプラグインされていることを確認
します。
2.
アクセス パネルを開け、電源ボタンのハーネスがフロント パネル I/O デバイス
アセンブリのコネクタに正しく接続されていることを確認します。
3.
電源装置のケーブルが正しくシステム ボードに接続されていることを確認しま
す。
4.
電源装置の動作を確認します。
a.
AC 電源を切断します。
b.
内部電源装置のケーブルをシステム ボードからすべて取り外します。
c.
AC 電源を接続します。
●
電源装置のファンが回転し、BIST LED ランプが点灯すれば、電源装置は
正常です。 システム ボードを交換します。
●
電源装置のファンが回転しないか、BIST LED ランプが点灯しない場合
は、電源装置を交換します。
温度異常によるシャットダウンが発生
1.
ワークステーションの通気を妨げるものがなく、しかも冷却ファンが動作して
いることを確認します。
2.
アクセス パネルを開け、電源ボタンを押してプロセッサ ファンが回転するかど
うかを調べます。 回転しない場合は、ファン ケーブルがシステム ボードに接続
されていることを確認します。 ファンが正しく取り付けられていることを確認
します。
116 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-2 診断 LED コード (続き)
シャーシのインジケータ LED
電源 LED とビープ音
1 秒間隔で 3 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 3
回
1 秒間隔で 4 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 4
回。
1 秒間隔で 5 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 5
回。
1 秒間隔で 6 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 6
回。
1 秒間隔で 7 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 7
回。
JAWW
診断とサービス アクション
3.
ファンが正しく取り付けられているにもかかわらず回転しない場合は、プロセ
ッサ ファンを交換します。
4.
CPU ヒートシンクを取り付けなおし、ファン アセンブリが正しく取り付けられ
ていることを確認します。
CPU が取り付けられていない。
1.
CPU を取り付けます。
2.
CPU を取り付けなおします。
電源装置の障害
1.
アクセス パネルを開けて、4 ワイヤ電源ケーブルがシステム ボードに正しく接
続されていることを確認します。
2.
まずデバイスをすべて外し、次にワークステーションが障害になるまで 1 度に
1 つずつ取り付けていって、障害のデバイスを探します。 障害の原因になって
いるデバイスを交換します。 デバイス交換は、すべてが正しく動作するまで続
けます。
3.
電源装置の動作を確認します。
a.
AC 電源を切断します。
b.
内部電源装置のケーブルをシステム ボードからすべて取り外します。
c.
AC 電源を接続します。
●
電源装置のファンが回転し、BIST LED ランプが点灯すれば、電源装
置は正常です。 システム ボードを交換します。
●
電源装置のファンが回転しないか、BIST LED ランプが点灯しない場
合は、電源装置を交換します。
ビデオ初期設定前のメモリ エラー
1.
メモリ モジュールを取り付け直します。
2.
メモリ モジュールを 1 つずつ元に戻し、障害モジュールを切り分けます。
3.
他社製のモジュールを HP 製メモリと交換します。
4.
システム ボードを交換します。
ビデオ初期設定前のグラフィックス カードのエラー 統合グラフィックス機能を持つ
システムの場合には、システム ボードを交換します。グラフィックス カードを持つ
システムでは、
1.
グラフィックス カードを取り付けなおします。 システムの電源を入れます。
2.
グラフィックス カードを交換します。
3.
システム ボードを交換します。
システム ボード障害 (ビデオ初期設定前に ROM が障害検出)システム ボードを交換
します。
診断エラー コード 117
表 5-2 診断 LED コード (続き)
シャーシのインジケータ LED
電源 LED とビープ音
診断とサービス アクション
1 秒間隔で 8 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 8
回。
無効な ROM (チェックサム不正)
1 秒間隔で 9 回赤く点灯、そ
の後 2 秒間休止。ビープ音 9
回。
1.
ROM をフラッシュし直します。
2.
システム ボードを交換します。
システムに電源は入るがブートしない。
1.
システム ボードを交換します。
2.
プロセッサを交換します。
118 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
トラブルシューティングのシナリオと解決方法
ここでは、いろいろなトラブルシューティング シナリオの概要を広範囲にわたって示すとともに、そ
れぞれに対する解決方法を示します。
軽微なトラブルの解決方法
表 5-3 軽微なトラブル
トラブル
原因
考えられる解決法
電源ボタンを押してもワーク
ステーションがロックしてい
るためにシャットダウンでき
ない。
ソフトウェアによる電源スイッチ
の制御が働かない。
1.
ワークステーションをシャットダウンするには、電源
ボタンを 4 秒以上押し続けます。
2.
コンセントからプラグを抜きます。
ワークステーションがロック
している。
使用中のプログラムがコマンド応
答を停止している。
1.
通常の Windows のシャットダウン手順を試します。
2.
電源ボタンを使ってワークステーションを再起動しま
す。
ワークステーションの日付と
時間の表示が正しくない。
リアルタイム クロック (RTC) の
電池交換が必要。
1.
コントロール パネルで日付と時間を再設定します。
2.
RTC の電池を交換します。
ワークステーションが周期的
に一時停止する。
ネットワーク ドライバがロード
されているがネットワーク接続さ
れていない。
ネットワーク接続を行うか、コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティまたは Microsoft Windows の Device Manager
を使ってネットワーク コントローラを無効にします。
テンキーの矢印キーでカーソ
ルが動かない。
[Num Lock] キーがオンになって
いる。
Num Lock キーを押します。 Num Lock キーはコンピュー
タ セットアップ ユーティリティでも無効 (または有効) に
できます。
パフォーマンスが低下してい
る。
プロセッサが高温になっている。 1.
ワークステーションの通気が妨げられていないかチェ
ックします。
2.
ファンが接続され正常に動作していることを確認しま
す (必要な場合のみ動作するファンもあります)。
3.
CPU ヒートシンクが正しく取り付けられていること
を確認します。
ハード ディスク ドライブが満杯
JAWW
ハード ディスク ドライブのデータを転送して、ハード デ
ィスク ドライブに空きスペースを作ります。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 119
表 5-3 軽微なトラブル (続き)
トラブル
原因
考えられる解決法
ワークステーションの電源が
自動的に切れ、電源 LED が 1
秒間隔で 2 回赤く点灯、2 秒
間休止。ビープ音が 2 回聞こ
えた。
プロセッサのサーマル保護が動
作。
1.
ワークステーションの通気を妨げるものがなく、しか
も冷却ファンが動作していることを確認します。
ファンがブロックされているか動
作していない。
2.
アクセス パネルを開け、電源ボタンを押してプロセッ
サ ファンが回転するかどうかを調べます。 回転しな
い場合は、ファン ケーブルがシステム ボードに接続
されているか確認します。 ファンが正しく取り付けら
れているか確認します。
または
CPU ヒートシンクがプロセッサ
に正しく取り付けられていない。 3.
4.
システムに電源が入らず、ワ
ークステーション前面の LED
が点滅しない。
システムに電源が入らない。
プロセッサ ファンを交換します。
CPU ヒートシンクを取り付けなおし、ファン アセン
ブリが正しく取り付けられていることを確認します。
電源ボタンを 4 秒より短い時間押し続けます。 ハード デ
ィスク ドライブの LED が緑に点灯したら、次のようにし
ます。
1.
拡張カードを取り外します。
2.
システム ボードを交換します。
または電源ボタンを 4 秒より短い時間押し続けます。 HDD
LED が点灯しないときは、次のようにします。
1.
ユニットが、電源が来ている AC コンセントにプラグ
インされていることを確認します。
2.
アクセス パネルを開け、電源ボタンのハーネスがフロ
ント パネル I/O デバイス アセンブリのコネクタに正
しく接続されていることを確認します。
3.
電源装置のケーブルが正しくシステム ボードに接続さ
れていることを確認します。
4.
電源装置の動作を確認します。
a.
AC 電源を切断します。
b.
内部電源装置のケーブルをシステム ボードから
すべて取り外します。
c.
AC 電源を接続します。
●
電源装置のファンが回転し、BIST LED ラン
プが点灯すれば、電源装置は正常です。 シ
ステム ボードを交換します。
●
電源装置のファンが回転しないか、BIST
LED ランプが点灯しない場合は、電源装置
を交換します。
電源装置に関するトラブルの解決方法
電源装置のテスト方法
電源装置を交換する前に、BIST (内蔵セルフ テスト) 機能を使って電源装置がまだ動作するかどうか
を調べます。
120 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
次のようにして電源装置をテストします。
1.
AC 電源から切り離します。
2.
内部電源装置のケーブルをシステム ボードからすべて取り外します。
3.
AC 電源を接続します。
●
ワークステーション背面の緑の BIST LED (下図参照) が点灯していてファンも回転していれ
ば、電源装置は動作しています。
●
緑の BIST LED (下図参照) が点灯しないか、またはファンが回転しない場合は電源装置を交
換します。
図 5-1 BIST LED を使った電源装置のテスト
表 5-4 電源装置のトラブル
JAWW
トラブル
原因
解決方法
電源装置が間欠的に落ちる。
電源装置の障害
電源装置を交換します。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 121
表 5-4 電源装置のトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
ワークステーションの電源が自動
的に切れ、電源 LED が 1 秒間隔
で 2 回赤く点滅、2 秒休止する。
プロセッサのサーマル保護が
動作。
1.
ワークステーションの通気を妨げるものがなく、し
かも冷却ファンが動作していることを確認します。
ファンがブロックされている
か動作していない。
2.
アクセス パネルを開け、電源ボタンを押してプロセ
ッサ ファンが回転するかどうかを調べます。 回転し
ない場合は、ファン ケーブルがシステム ボードに接
続されているか確認します。 ファンが正しく取り付
けられているか確認します。
3.
プロセッサ ファンを交換します。
4.
CPU ヒートシンクを取り付けなおし、ファン アセ
ンブリが正しく取り付けられていることを確認しま
す。
1.
デバイスが原因になっていないか確認するために、
取り付けられているデバイスをすべて取り外しま
す。 システムの電源を入れます。 システムが POST
に入ったら電源を切り、デバイスを 1 度に 1 つずつ
戻します。これを障害が再現するまで繰り返しま
す。 障害の原因になっているデバイスを交換しま
す。 デバイス交換は、すべてが正しく動作するまで
続けます。
2.
電源装置の動作を確認します。
または
CPU ヒートシンク ファン ア
センブリがプロセッサに正し
く取り付けられていない。
電源 LED が 2 秒おきに 1 回赤く点
灯する。
電源障害 (電源装置の過負荷)
a.
AC 電源を切断します。
b.
内部電源装置のケーブルをシステム ボードから
すべて取り外します。
c.
AC 電源を接続します。
●
電源装置のファンが回転し、BIST LED ラ
ンプが点灯すれば、電源装置は正常で
す。 システム ボードを交換します。
●
電源装置のファンが回転しないか、BIST
LED ランプが点灯しない場合は、電源装
置を交換します。
フロッピー ディスクに関するトラブルの解決方法
表 5-5 フロッピー ディスクのトラブル
トラブル
原因
解決方法
フロッピー ディスク ドライブのラ
ンプが点灯したままになる。
フロッピー ディスクが損傷して
いる。
Microsoft Windows 2000 か Microsoft Windows XP を使
っている場合には、[スタート] を右クリックして [エク
スプローラ] をクリックし、ドライブを選択します。 [フ
ァイル → プロパティ → ツール] の順に選択します。 エ
ラーチェック で [チェックする] をクリックします。
フロッピー ディスクが正しく挿
入されていない。
フロッピー ディスクを取り出し、入れなおします。
フロッピー ディスクのファイル
が壊れている。
プログラム ディスクをチェックします。
ドライブ ケーブルが正しく接続
されていない。
電源ケーブルを接続しなおします。 4 つのピンがすべて
接続されているか確認します。
122 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-5 フロッピー ディスクのトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
ドライブが認識されない。
ケーブルが緩んでいる。
フロッピー ディスク ドライブのデータ ケーブルと電源
ケーブルを接続しなおします。
リムーバブル ドライブが正しく
取り付けられていない。
ドライブを取り付けなおします。
フロッピー ディスクがフォーマ
ットされていない。
フロッピー ディスクをフォーマットします。
フロッピー ディスクが書き込み
禁止になっている。
別のフロッピー ディスクを使うか書き込み禁止を解除し
ます。
間違ったドライブに書き込んで
いる。
パス指定時のドライブ名を確認します。
フロッピー ディスクに十分な空
き領域がない。
別のフロッピー ディスクを使います。
フロッピー ディスクの書き込み
制御が有効になっている。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを使って、
ストレージのセキュリティ機能が無効に設定されていな
いか確認します。
フロッピー ディスクが損傷して
いる。
損傷しているフロッピー ディスクを交換します。
フロッピー ディスク ドライブから
フロッピー ディスクに書き込めな
い。
フロッピー ディスクをフォーマッ
トできない。
無効なメディアと表示される。 MS-DOS でフォーマットするときは、フロッピー ディ
スクの容量を指定しなければならないことがありま
す。 たとえば、A ドライブの 1.44 MB のフロッピー デ
ィスクをフォーマットするには、MS-DOS プロンプトで
次のコマンドを入力します。 FORMAT A: /F:1440
ディスク操作でトラブルが発生し
た。
ディレクトリ構造またはファイ
ルに問題があります。
Microsoft Windows 2000 か Microsoft Windows XP を使
っている場合には、[スタート] を右クリックして [エク
スプローラ] をクリックし、ドライブを選択します。 [フ
ァイル → プロパティ → ツール] の順に選択します。 [エ
ラーチェック] で [チェックする] をクリックします。
フロッピー ディスクが読めない。
フロッピー ディスクがフォーマ
ットされていない。
フロッピー ディスクをフォーマットします。
ドライブ タイプに合わないフロ
ッピー ディスク タイプを使っ
ている。
使っているドライブのタイプを確認し、正しいフロッピ
ー ディスクのタイプを使用します。
間違ったドライブから読み込も
うとしている。
パス指定時のドライブ名を確認します。
フロッピー ディスクが損傷して
いる。
新しいフロッピー ディスクと交換します。
「Invalid system disk」というメッセ
ージが表示される。
フロッピー ディスクからブートで
きない。
JAWW
ワークステーションの起動に必 ドライブの動作が停止したら、フロッピー ディスクを取
要なシステム ファイルが入って り出しスペース キーを押します。 ワークステーション
いないフロッピー ディスクが、 が起動します。
ドライブに挿入されている。
フロッピー ディスク エラーが
発生した。
電源ボタンを押してワークステーションを再起動します
。
フロッピー ディスクがブート可
能でない。
ブート可能なフロッピー ディスクと交換します。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 123
表 5-5 フロッピー ディスクのトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティでフロッピー ディ
スク ブートが無効になってい
る。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し、
[Storage] (ストレージ) → [Boot Order] (起動順序) でフ
ロッピー ディスク ブートを有効にします。
コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティでフロッピー ディ
スク ブートが無効になってい
る。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し、
[Storage (ストレージ) → Storage Options (ストレー
ジ オプション)] で [Removable Media Boot] を有効にし
ます。
フロッピー ディスクの MBR 確
認が有効になっている。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し、
[Storage (ストレージ) → Storage Options (ストレー
ジ オプション)] で [Diskette MBR Validation (フロッピ
ー ディスクの MBR 確認)] を無効にします。
解決方法
表 5-6 ハードドライブのトラブル
トラブル
原因
解決方法
ハード ディスク ドライブ エラー
が発生
ハード ディスクに不良セクタ
または障害がある。
ユーティリティを使って不良セクタの位置を特定し、使用
しないように設定します。 必要なら、ハード ディスクを
再フォーマッティングします。
または、ハードドライブが BIOS で検出されている場合に
は、DPS セルフ テストを実行します。
ディスク操作でのトラブル
ディレクトリ構造またはファ
イルに問題があります。
[スタート] を右クリックして [エクスプローラ] をクリッ
クし、ドライブを選択します。 [ファイル → プロパティ
→ ツール] の順に選択します。 [エラーチェック] で [チェ
ックする] をクリックします。
ドライブが識別されない。
ケーブルが緩んでいる。
ケーブル接続を確認します。
システムは、新しく取り付け
られたデバイスを自動的には
認識しない場合がある。
1.
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し
ます。
2.
これでもシステムが新しいデバイスを認識しない場
合には、そのデバイスがコンピュータ セットアッ
プ ユーティリティ内のリストに載っているかどうか
調べます。 リストに載っている場合、原因はドライ
ブにあると考えられます。 リストに載っていない場
合、原因はハードウェアにあると考えられます。
3.
これが新しく取り付けられたドライブの場合には、
[Setup] を入力して、[Advanced (カスタム) →
Power-On] で POST 遅延を追加してみます。
「Nonsystem disk/NTLDR
missing」というメッセージが表示
される。
ドライブのジャンパ設定が正
しくない可能性がある。
ドライブがセカンダリ ドライブであり、プライマリ ドラ
イブと同じケーブルを使って取り付けたばかりであった場
合には、両方のドライブのジャンパが正しく設定されてい
るか確認します。
電源が入った直後、ドライブ
の応答が遅い。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し、
[Advanced (カスタム) → Power-On Options (電源投入時
オプション)] で POST 遅延を増加します。
システムを、ブート可能でな
いフロッピー ディスクから起
動しようとしている。
フロッピー ディスク ドライブからそのフロッピー ディス
クを取り出します。
124 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-6 ハードドライブのトラブル (続き)
トラブル
「Nonsystem disk/NTLDR
missing」というメッセージが表示
される。
原因
解決方法
システムを、損傷したハード
ディスク ドライブから起動し
ようとしている。
1.
フロッピー ディスク ドライブにブート可能ディスク
を挿入し、ワークステーションを再起動します。
2.
ハード ディスク ドライブに相変わらずアクセスでき
ず MBR セキュリティが有効になっている場合に
は、[Setup] を入力して、[Security (セキュリティ)
>Restore Master Boot Record (マスタ ブート レコ
ードの復元)]を選択して、前に保存された MBR イメ
ージを復元します。
1.
ブート可能システム ディスクを挿入して再起動す
る。
2.
ハード ディスク ドライブのパーティショニングとフ
ォーマットが済んでいることを確認します。
3.
必要なら、オペレーティング システムに合ったシス
テム ファイルをインストールします。
システム ファイルが存在しな
いか、または正しくインスト
ールされていない。
2 番目の Ultra ATA ハードドライブ
が正しく動作しない。
ワークステーションが起動できな
い。
ハード ディスク ドライブ ブー
トがコンピュータ セットアッ
プ ユーティリティで無効にさ
れている。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し、
[Storage (ストレージ)>Boot Order (起動順序)] のリスト
でハードドライブのエントリを有効にします。
ドライブ タイプに合わないケ
ーブルを使っている。
2 番目の Ultra ATA ハードドライブを、80 芯ケーブル (一
部のモデルでは標準) を使って取り付け直します。
低速と高速の UATA デバイス
が同じデータ ケーブル上にあ
る。
低速 UATA デバイスは、セカンダリ IDE (ATA) コントロ
ーラに接続している別のデータ ケーブルに接続します。
ハード ディスク ドライブが損
傷している。
ビープ音とワークステーションのフロント パネル上の LED
に注意します。 137 ページの 「POST とエラー メッセ
ージ」を参照してください。
ディスプレイ モニタに関するトラブルの解決方法
表 5-7 ディスプレイ モニタのトラブル
トラブル
原因
解決方法
ブランク画面 (ビデオなし)
ケーブルの接続が間違ってい
る。
モニタからワークステーションへのケーブル接続、および
電源が来ているコンセントにケーブルが接続されているか
チェックします。
モニタの電源が入っていない。 モニタの電源をオンにします (LED が点灯)。 LED 信号の
説明は、モニタのマニュアルを参照してください。
JAWW
スクリーン セーバー ユーティ
リティがインストールされて
いるか、節電機能が有効にな
っている。
どれかキーを押すかマウス ボタンをクリックします。パ
スワードが設定されていたら、自分のパスワードを入力し
ます。
システム ROM 不良。システム
が FailSafe Boot Block モード
で動作している (8 つのビープ
音で知らせる)。
ROMPaq ディスクを使って ROM を再フラッシュします。
固定同期モニタが選択した解
像度で同期しない。
モニタが、選択された解像度と同じ水平走査周波数で動作
可能な仕様であることを確認します。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 125
表 5-7 ディスプレイ モニタのトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
コンピュータが休止モードに
なっている。
電源ボタンを押して休止モードからレジュームします。
ワークステーションのモニタ 1.
設定がモニタに合っていない。
ディスプレイは、POST 中は正し
く動作するが、オペレーティング
システムが動作を開始するとブラ
ンク表示になる。
電源 LED が 1 秒間隔で 6 回赤く点
滅、2 秒休止し、ワークステーシ
ョンが 6 回ビープ音を発生する。
オペレーティング システムの
ディスプレイ設定が、使用し
ているグラフィックス カード
とモニタに合っていない。
ビデオ初期設定前のグラフィ
ックス エラー
ワークステーションを再起動し、再起動中に画面の
右下に「Press F8」が表示されたら [F8] を押しま
す。
2.
キーボードの矢印キーを使って [Enable VGA
Mode] を選択し、[Enter] を押します。
3.
Windows のコントロール パネルで [画面] アイコン
をダブルクリックし、[設定] タブを選択します。
4.
スライド コントロールを使って解像度を設定しなお
します。
1.
ワークステーションを VGA モードで再起動します。
2.
オペレーティング システムが起動したら、使用して
いるグラフィックス カードとモニタに合うようにデ
ィスプレイ設定を変更します。
3.
ディスプレイ設定の変更については、オペレーティ
ング システムとグラフィックス カードのマニュアル
を参照してください。
グラフィックス カードを持つシステムの場合には、
1.
グラフィックス カードを取り付けなおします。
2.
グラフィックス カードを交換します。
3.
システム ボードを交換します。
省電力機能を使うと、モニタが正
しく動作しない。
省電力機能なしのモニタを、
省電力機能を有効にして使っ
ている。
モニタの省電力機能を無効にします。
文字がかすんでいる。
輝度とコントラストの設定が
適正でない。
モニタの輝度とコントラストを調節します。
ケーブルが正しく接続されて
いない。
グラフィックス ケーブルが、グラフィックス カードとモ
ニタにしっかり接続されているか確認します。
グラフィックス コントローラ
がアップグレードされている
場合、正しいビデオ ドライバ
がロードされていない可能性
がある。
アップグレード キット内のビデオ ドライバをインストー
ルします。
モニタが必要な解像度で表示
できない。
要求の解像度を変更します。
モニタのケーブルが正しく接
続されていない、またはモニ
タの調整不良
1.
モニタのケーブルがワークステーションにしっかり
接続されているか確認します。
2.
モニタが 2 台あるシステムの場合や、または別のモ
ニタがすぐ近くにある場合には、お互いを離して電
磁界の影響を除きます。
3.
蛍光灯またはファンがモニタに近すぎないか確認し
ます。
ビデオがぼやけている、または必
要な解像度に設定できない。
画像の割れ、うねり、乱れ、ちら
つきがある。
モニタの消磁が必要
126 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
モニタを消磁します。
JAWW
表 5-7 ディスプレイ モニタのトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
CRT モニタに電源を入れたとき、 モニタの消磁コイルが動作し
内部で振動やカタカタ音がする。 ている。
モニタに電源を入れたとき消磁コイルが動作するのは
正常です。
CRT モニタの内部でカチカチとい
う音がする。
モニタ内で電磁リレーが動作
している。
現在解決方法はありません。 電源をオン/オフするとき、
スタンバイ モードに出入りするとき、解像度を変更する
とき、カチカチいう音を出すモニタがありますが、これは
正常です。
フラット パネル モニタの中から高
い音が出る。
輝度とコントラストの設定が
高過ぎる。
輝度とコントラストの設定を下げます。
フォーカスが甘い、筋が出る、ゴ
ーストが出る、線が水平スクロー
ルする、薄い縦線が出る、表示を
画面中央に調整できない。 (フラッ
ト パネル モニタでアナログ VGA
入力を使用している場合のみ。)
フラット パネル モニタの内部
デジタル変換回路は、グラフ
ィックス カードの同期出力を
正しく変換できない場合があ
る。
1.
モニタの画面に表示されるメニューから、[AutoAdjustment (モニタの自動調整)] オプションを選択
します。
2.
モニタの画面に表示されるメニューで、クロックと
クロック位相 (Clock and Clock Phase) を手動で同期
します。 モニタに合わせて、同期合わせの補助用
に SoftPaq SP20930 または SP22333 をダウンロー
ドします。
正しく表示されないシンボルがあ
る。
フォントによっては特定のシ 適切なシンボルを文字コード表で探して選択します。 [ス
ンボルをサポートしていない。 タート > すべてのプログラム > アクセサリ > システム ツ
ール > 文字コード表] を選択します。 文字コード表のシ
ンボルは、ドキュメントにコピーすることもできます。
オーディオに関するトラブルの解決方法
表 5-8 オーディオのトラブル
トラブル
原因
解決方法
スピーカーまたはヘッドホンから
音が出ない。
ソフトウェアで設定するボリ
ュームが最低になっている。
タスク バーの [スピーカー] アイコンをダブルクリック
し、ボリューム スライダで音量を調節します。
外部スピーカーがオンになっ
ていない。
外部スピーカーをオンにします。
外部スピーカーが間違ったオ
ーディオ ジャックに接続され
ている。
スピーカーの接続については、サウンド カードのマニュ
アルを参照してください。
オーディオ ケーブルが接続さ
れていない。
CD または DVD-ROM ドライブをオーディオ ケーブル
で、システム ボードに接続します。
デジタル CD オーディオが有
効になっていない。
デジタル CD オーディオを次のようにして有効にします。
ライン アウト コネクタに接続
されているヘッドホンまたは
JAWW
1.
[コントロール パネル] から [システム] を選択します。
2.
[ハードウェア] タブで [デバイス マネージャ] ボタン
をクリックします。
3.
[CD/DVD] デバイスを右クリックして [プロパティ]
を選択します。
4.
[プロパティ] タブで この CD-ROM デバイスでデジタ
ル音楽 CD を使用可能にする にチェックが付いてい
ることを確認します。
ヘッドホンまたは外部スピーカーの電源を入れるか、ヘッ
ドホンまたは外付けスピーカーの接続を外します。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 127
表 5-8 オーディオのトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
デバイスが消音 (ミュート) に
なっている。
音量が消音 (ミュート) になっ
ている。
コンピュータがスタンバイ モ
ードになっている。
スピーカーまたはヘッドホンから
ノイズも音も出ない。
1.
[コントロール パネル] から、[サウンド、音声、およ
びオーディオ デバイス] をクリックし、[サウンドと
オーディオ デバイス] をクリックします。
2.
[ミュート] チェックボックスをクリックして、その
ボックスのチェックマークを削除します。
電源ボタンを押してスタンバイ モードからレジュームし
ます。
1.
ステレオ ジャック付きのデジタル スピーカーを使っ
ていて、システムが自動的にデジタルに切り替わる
ようにしたい場合、ステレオからモノラルに変換す
るアダプタによる自動認識機能を使うか、またはマ
ルチメディア デバイスのプロパティを使ってオーデ
ィオ信号をアナログからデジタルに手動で切り替え
ます。
2.
ヘッドホン用のモノラル ジャックがある場合、マル
チメディア デバイスのプロパティを使ってシステム
をアナログ出力に切り替えます。
注記 [出力モードをデジタル]に設定すると、自動認識モードまたはアナログ モードに戻すまで、内部スピーカーと外
部アナログ スピーカーはオーディオを出力しません。
[出力モード]をアナログに設定すると、出力モードを自動認識またはデジタル モードに戻すまで、外部デジタル スピ
ーカーは動作しません。
サウンドが間欠的に鳴る。
プロセッサのリソースを他の
実行中アプリケーションが使
っている。
オーディオを録音している間、ワ ハード ディスクが満杯
ークステーションがロックされる。
プロセッサのリソースを多量に使うアプリケーションをす
べてシャットダウンします。
1.
録音を始める前に、ハード ディスクに空きスペース
が十分あることを確認します。
2.
圧縮形式でオーディオ ファイルに録音するようにし
ます。
プリンタに関するトラブルの解決方法
表 5-9 プリンタに関するトラブル
トラブル
原因
解決方法
印字しない。
プリンタの電源が入っていな
いか、オンライン状態になっ
ていない。
プリンタの電源を入れ、オンライン状態にします。
アプリケーションに合ったプ
リンタ ドライバがインストー
ルされていない。
1.
アプリケーションに合ったプリンタ ドライバをイン
ストールします。
2.
MS-DOS コマンドを使って印刷してみます。
DIR C:\> [printer port]
ここで、printer port はご使用のプリンタのアドレス
です。 プリンタが動作するようなら、プリンタ ドラ
イバをロードしなおします。
128 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-9 プリンタに関するトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
ネットワーク上のプリンタの
場合、プリンタをネットワー
クに接続していない。
プリンタを正しくネットワークに接続します。
プリンタが故障している。
プリンタのセルフ テストを実行します。
プリンタの電源が入らない。
ケーブルが正しく接続されて
いない。
ケーブルをすべて接続しなおします。
文字化けして印字される。
正しいプリンタ ドライバがイ
ンストールされていない。
アプリケーションに合ったプリンタ ドライバをインスト
ールします。
ケーブルが正しく接続されて
いない。
ケーブルをすべて接続しなおします。
プリンタ メモリが過負荷にな
っている。
プリンタの電源を 1 分間切ってから、もう一度入れます。
プリンタの用紙がなくなって
いる。
1.
用紙トレイを確認し、空だった場合には用紙を補充
します。
2.
オンライン状態にします。
プリンタがオフライン状態になっ
ている。
キーボードとマウスに関するトラブルの解決方法
表 5-10 キーボードとマウスに関するトラブル
JAWW
トラブル
原因
解決方法
キーボードからのコマンドと入力
をワークステーションが認識しな
い。
キーボード コネクタが正しく
接続されていない。
1.
ワークステーションの電源を切ります。
2.
キーボードをワークステーション背面に接続しなお
し、ワークステーションを再起動します。
使用中のプログラムがコマン
ド応答を停止している。
マウスを使ってワークステーションをシャットダウンして
から再起動します。
キーボードが故障している。
キーボードを交換します。
キーボードのキーが押された
ままの状態になっている。
キーボードからごみを取り除きます。
ワークステーションがモード
になっている。
電源ボタンを押してモードからレジュームします。
テンキーの矢印キーでカーソルが
動かない。
[Num Lock] キーがオンになっ
ている。
Num Lock キーを押します。 Num Lock のランプが点灯し
ているときは、矢印キーは使えません。 [Num Lock] キー
はコンピュータ セットアップ ユーティリティでも無効
(または有効) にできます。
マウスが動きに追いつかない、ま
たは遅すぎる。
マウスが、ワークステーショ
ンの背面に正しく接続されて
いない。
1.
キーボードを使ってワークステーションをシャット
ダウンします。
2.
マウス コネクタをワークステーションの PS/2 マウ
ス コネクタのスロットに接続し、ワークステーショ
ンを再起動します。
使用中のプログラムがコマン
ド応答を停止している。
キーボードを使ってワークステーションをシャットダウン
してからワークステーションを再起動します。
マウスが故障している。
マウスを交換します。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 129
表 5-10 キーボードとマウスに関するトラブル (続き)
トラブル
マウスが垂直方向または水平方向
にしか動かない、また動きがぎこ
ちない。
原因
解決方法
ワークステーションがスタン
バイ モードになっている。
電源ボタンを押してスタンバイ モードからレジュームし
ます。
マウスのローラー ボールが汚
れている。
マウスの底面のローラー ボール カバーを取り外し、ボー
ルを清掃します。 そしてカバーを再び取り付けます。
フロント パネルのコンポーネントに関するトラブルの解決方法
フロント パネル上のポートにトラブルが発生した場合、使用しているデバイスをコンピュータの背面
にある対応するポートに接続してみることができます。 これでもトラブルが解決しない場合、または
フロント パネルのポートを使う必要がある場合は、トラブルシューティングを続けます。
ここで説明するトラブルの中には、この章の他のトラブルシューティングで説明してあるものもあり
ます。
表 5-11 フロント パネルのコンポーネントに関するトラブル
トラブル
原因
解決方法
ワークステーションが、USB デバ
イス、ヘッドホン、マイクを認識
しない。
デバイスが正しく接続されて
いない。
1.
ワークステーションの電源を切ります。
2.
デバイスをワークステーションの前面に接続しなお
し、ワークステーションを再起動します。
デバイスに電源がきていない。 AC 電源が必要な USB デバイスの場合、ケーブルの一端
がデバイスに、他端が問題なく機能しているコンセントに
接続されていることを確認します。
1.
正しいデバイス ドライバをインストールします。
2.
ワークステーションの再起動が必要なこともありま
す。
1.
可能なら、ケーブルを交換します。
2.
ワークステーションを再起動します。
1.
デバイスを交換します。
2.
ワークステーションを再起動します。
USB、オーディオ、および
内部ケーブルがシステム ボー
IEEE-1394 デバイスが動作しない。 ドまたは PCI カードに接続さ
れていない。
1.
ワークステーションの電源を切ります。
2.
ケーブルを正しく接続します。
IEEE-1394 ポートのデバイスが応
答しない。
新しい外部デバイスのケーブ
ルが緩んでいるか、または電
源ケーブルが接続されていな
い。
ケーブルがすべて正しく確実に接続されているか確認しま
す。
デバイスの電源スイッチがオ
ンになっていない。
ワークステーションの主電源を切り、外部デバイスの電源
を入れてから、ワークステーションの電源を入れてデバイ
スをワークステーション システムに統合します。
そのポートがシステムの購入
に含まれていない。
IEEE1394 PCI アダプタ カードを購入します。 販売代理
店に問い合わせてください。
正しいデバイス ドライバがイ
ンストールされていない。
デバイスとコンピュータ間の
ケーブル不良
デバイスが動作していない。
IEEE-1394 ポートが使えない。
130 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
ハードウェア取り付けに関するトラブルの解決方法
増設のフロッピー ディスク ドライブなど、ハードウェアを追加したり取り外した場合、ワークステ
ーションの再設定が必要になることがあります。 プラグ アンド プレイ対応デバイスを取り付けた場
合には、Windows 2000 や Windows XP はデバイスを自動的に認識してワークステーションを設定し
ます。 プラグ アンド プレイ対応ではないデバイスを取り付ける場合には、新しいハードウェアの取
り付けが終わってからワークステーションを再設定する必要があります。
表 5-12 ハードウェア取り付けに関するトラブル
トラブル
原因
解決方法
新しいデバイスがシステムに認識
されない。
デバイスが、正しく取り付け
られていない、または接続さ
れていない。
デバイスが正しく、確実に接続され、コネクタのピンが曲
がっていないことを確認します。
新しい外部デバイスのケーブ
ルが緩んでいるか、または電
源ケーブルが接続されていな
い。
ケーブルがすべて正しく、確実に接続され、ケーブルまた
はコネクタのピンが曲がっていないことを確認します。
新しい外部デバイスの電源ス ワークステーションの主電源を切り、外部デバイスの電源
イッチがオンになっていない。 を入れてから、ワークステーションの電源を入れてデバイ
スをワークステーション システムに統合します。
ワークステーションが起動できな
い。
システムから設定情報を変更
するようメッセージが表示さ
れたが、変更をしていなかっ
た。
ワークステーションを再起動して、指示に従って変更を受
け入れます。
プラグ アンド プレイ対応ボー
ドを追加したとき、デフォル
ト設定が他のデバイスと競合
したため自動的には設定変更
されなかった。
Windows XP のデバイス マネージャを使って、ボードに
対する自動設定の選択を解除し、リソース競合を起こさな
い基本設定を選択します。 コンピュータ セットアップ ユ
ーティリティを使って、リソース競合の原因となっている
デバイスを再設定または無効にすることもできます。
デバイス ハードウェアが、正
しくジャンパ設定されていな
いか、間違って設定されてい
る。
デバイス固有の設定情報を読み、誤設定またはシステムに
取り付けられている他のデバイスとの競合がないか確認し
ます。
アップグレードで間違ったメ
モリ モジュールを使用した
か、メモリ モジュールの取り
付け位置が正しくない。
1.
システム付属の説明書を参照して、正しいメモリ モ
ジュールを使用しているか、取り付けが正しいかチ
ェックします。
2.
ビープ音とワークステーションのフロント パネル上
の LED に注意します。 原因の特定に
は137 ページの 「POST とエラー メッセージ」を
参照してください。
PCI Express の電源ケーブルが
システム ボード上の間違った
コネクタに接続されている。
JAWW
補助 PCI Express 電源ケーブルを PCI Express カードに
接続します。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 131
表 5-12 ハードウェア取り付けに関するトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
電源 LED が 1 秒間隔で 5 回赤く点
滅、2 秒休止し、ワークステーシ
ョンが 5 回ビープ音を発生する。
メモリの取り付け不良、また
はメモリ不良
1.
DIMM を取り付けなおします。
2.
DIMM を 1 つずつ元に戻し、障害モジュールを切り
分けます。
3.
他社製メモリを HP 製メモリと交換します。 システ
ム ボードを交換します。
電源 LED が 1 秒間隔で 6 回赤く点
滅、2 秒休止し、ワークステーシ
ョンが 6 回ビープ音を発生する。
ビデオ カードの取り付け不良
かカード不良、またはシステ
ム ボード不良。
グラフィックス カードを持つシステムの場合には、
1.
グラフィックス カードを取り付けなおします。
2.
グラフィックス カードを交換します。
3.
システム ボードを交換します。
ネットワークに関するトラブルの解決方法
ここでは、ネットワークのケーブル接続の確認方法は扱っていません。
表 5-13 ネットワークに関するトラブル
トラブル
原因
解決方法
Wake-on-LAN 機能が動作してい
ない。
Wake-on-LAN が有効になってい
ない。
ネットワーク制御アプリケーションを使って Wake-onLAN を有効にします。
ネットワーク ドライバがネット
ワーク コントローラを検出しな
い。
ネットワーク コントローラが無効
になっている。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行してネ
ットワーク コントローラを有効にします。
ネットワーク ドライバが正しくな
い。
ネットワーク コントローラのマニュアルを参照して、正
しいコントローラ ドライバかどうかをチェックするか、
製造会社の Web サイトから最新版のドライバを入手して
インストールします。
ネットワーク接続状態ランプが 正常なネットワークが検出されな
点灯しない、または点滅しない。 い。
ネットワーク通信中は、ネット
ワーク状態ランプが点滅するは
ずです。
診断で障害が報告される。
ネットワーク装置とのケーブル接続を確認します。
ネットワーク コントローラが正し
く設定されていない。
ネットワーク制御アプリケーションを使ってデバイスが
正しく動作していることを確認します。
ネットワーク ドライバが正しくロ
ードされていない。
ネットワーク ドライバを再インストールします。
システムがネットワークを自動認
識できない。
自動認識機能を無効にして、システムを強制的に正しい
動作モードにします。
ケーブルが確実に接続されていな
い。
データ ケーブルの両端が確実に接続されているか確認し
ます。
ケーブルが正しいコネクタに接続
されていない。
ケーブルが正しいコネクタに接続されているか確認しま
す。
ケーブルまたはケーブルの他端に
あるデバイスに問題がある。
ケーブルとケーブルの他端にあるデバイスが正しく動作
しているか確認します。
ネットワーク コントローラの割り
込みが拡張ボードの割り込みと衝
突している。
コンピュータ セットアップ ユーティリティの
[Advanced] (カスタム) メニューで拡張ボードのリソー
ス設定を変更します。
132 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-13 ネットワークに関するトラブル (続き)
トラブル
診断にはパスするが、ワークス
テーションがネットワークと通
信しない。
原因
解決方法
ネットワーク コントローラが故障
している。
NIC を交換します。
ネットワーク ドライバがロードさ
れていないか、ドライバのパラメ
ータが現在の構成に合っていな
い。
1.
ネットワーク ドライバがロードされていて、ドライ
バのパラメータがネットワーク コントローラの構成
に合っているか確認します。
2.
正しいネットワーク クライアントとプロトコルがイ
ンストールされているか確認します。
ネットワーク コントローラがこの
ワークステーション用に設定され
ていない。
[コントロール パネル] で [ネットワーク接続] アイコンを
ダブルクリックして、ネットワーク コントローラを設定
します。
ネットワーク コントローラの割り
込みが拡張ボードの割り込みと衝
突している。
コンピュータ セットアップ ユーティリティの
[Advanced] (カスタム) メニューで拡張ボードのリソー
ス設定を変更します。
ネットワーク コントローラにドラ
イバがない。
新しい拡張ボードを取り付けたとき、誤ってドライバを
削除しなかったか確認します。
取り付けられている拡張ボード
は、ネットワーク カードで、内蔵
ネットワーク カードと競合してい
る。
コンピュータ セットアップ ユーティリティの
[Advanced] (カスタム) メニューで拡張ボードのリソー
ス設定を変更します。
ネットワーク ドライバが入ってい
るファイルが壊れている。
Restore Plus! CD を使ってネットワーク ドライバを再イ
ンストールします。
ケーブルが確実に接続されていな
い。
ケーブルの両端が正しいドライバに確実に接続されてい
るか確認します。
ネットワーク コントローラが故障
している。
NIC を交換します。
新しいネットワーク カードが故障
しているか、業界標準の仕様に適
合していない。
動作している業界標準の NIC を取り付けるか、ブート シ
ーケンスを変更して別のソースからブートさせます。
リモート システム インストール ネットワーク コントローラが正し
をしようとしてもネットワーク く設定されていない。
サーバに接続できない。
ネットワークの接続を確認します。つまり、DHCP サー
バがあるか、リモート システム インストールに使用して
いるサーバに NIC 用のドライバが入っていることを確認
します。
システム セットアップ ユーティ 書き込みの無い EEPROM があ
リティが書き込みの無い
る。
EEPROM を検出した。
ROM をフラッシュします。
ワークステーションに拡張ボー
ドを追加したとき、ネットワー
ク コントローラが動作しなくな
った。
はっきりした原因がないのに、
ネットワーク コントローラが動
作していない。
新しいネットワーク カードがブ
ートしない。
メモリに関するトラブルの解決方法
注意 ECC メモリをサポートしているシステムの場合、ECC メモリと非 ECC メモリは混在で
きません。 2 種類のメモリを混在させると、オペレーティング システムは起動しません。
JAWW
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 133
表 5-14 メモリに関するトラブル
トラブル
原因
解決方法
メモリ モジュールの増設後、シス
テムがブートしない、または正し
く動作しない。
メモリ モジュールのタイプ、
速度が合っていない、または
新しいメモリ モジュールの取
り付け不良。
ご使用のワークステーションに対応する業界標準のモジュ
ールと交換します。
モデルによっては、ECC メモリ モジュールと非 ECC メ
モリ モジュールを混在使用できません。
メモリ不足エラー (Out of memory)
メモリが正しく設定されてい
ない。
デバイス マネージャを使って、メモリ設定を確認します。
アプリケーションを実行する
にはメモリが不足している。
アプリケーションのマニュアルで必要なメモリ要件を確認
します。
POST で表示されるメモリ容量が
間違っている。
メモリ モジュールが正しく取
り付けられていない。
メモリ モジュールが正しく取り付けられ、適切なモジュ
ールが使われていることを確認します。
動作中にメモリ不足エラーが発生
した。
メモリ常駐プログラム (TSR)
が多過ぎる。
不要な TSR を削除します。
アプリケーションを実行する
にはメモリが不足している。
アプリケーションに必要なメモリ容量を確認し、必要なら
ワークステーションにメモリを追加します。
メモリの取り付け不良、また
はメモリ不良
1.
DIMM を取り付けなおします。
2.
DIMM を 1 つずつ元に戻し、障害モジュールを切り
分けます。
3.
他社製メモリを HP 製メモリと交換します。
4.
システム ボードを交換します。
電源 LED が 1 秒間隔で 5 回赤く点
滅、2 秒休止し、ワークステーシ
ョンが 5 回ビープ音を発生する。
プロセッサに関するトラブルの解決方法
表 5-15 プロセッサのトラブル
トラブル
原因
解決方法
パフォーマンスが低下している。
プロセッサが高温になってい
る。
1.
ワークステーションの通気が妨げられていないか確
認します。
2.
ファンが接続され正常に動作していることを確認し
ます (必要な場合のみ動作するファンもあります)。
3.
CPU ヒートシンクが正しく取り付けられていること
を確認します。
電源 LED が赤く点灯したままにな
っている。
プロセッサの取り付け不良、 1.
または取り付けられていない。
2.
134 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
プロセッサがあることを確認します。
プロセッサを取り付けなおします。
JAWW
CD-ROM と DVD に関するトラブルの解決方法
表 5-16 CD-ROM と DVD のトラブル
トラブル
原因
解決方法
システムが CD-ROM または DVD
ドライブからブートしない。
CD-ROM または DVD からの
ブートを、コンピュータ セッ
トアップ ユーティリティで有
効にしていない。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行して、
リムーバブル メディアからのブートを有効にし、ブート
順序の設定を確認します。
ブート可能でない CD がドラ
イブに入っている。
ブート可能 CD をドライブに入れてみます。
ドライブが正しく接続されて
いないか、正しく設定されて
いない。
1.
電源とデータのケーブルをドライブに接続しなおし
ます。
2.
正しいデバイス ドライバをインストールします。
CD-ROM または DVD デバイスが
検出されないか、またはドライバ
がロードされていない。
DVD ドライブで映像が再生できな
い。
CD を排出できない (トレイ式の
CD-ROM ドライブ)。
CD-ROM、CD-RW、DVDROM、または DVD-R/RW ドライ
ブがディスクを読めない。また起
動に時間かかかりすぎる。
オーディオ CD への記録が困難、
または不可能である。
映像が、ご使用の地域の規格
外の可能性がある。
DVD ドライブに付属している説明書を参照します。
デコーダ ソフトウェアがイン
ストールされていない。
デコーダ ソフトウェアをインストールします。
CD が正しくドライブに挿入さ
れていない。
1.
ワークステーションの電源を切り、緊急取り出し穴
に細い金属棒を差し込みしっかり押します。
2.
トレイをドライブからゆっくり最後まで引き出し、
ディスクを取り出します。
CD を表裏逆に挿入してある。 ラベル面を上にして CD を挿入しなおします。
DVD-ROM ドライブは、再生
するメディアの種類 (オーディ
オかビデオかなど) を調べるの
で、起動に時間がかかる。
DVD-ROM が再生するメディアの種類を調べる間、最低
30 秒待つ必要があります。 待ってもディスクが起動しな
い場合は、このトラブルに関する他の解決策を参照して
ください。
CD または DVD ディスクが汚
れている。
CD または DVD を CD クリーニング キットで清掃しま
す。
Windows が CD-ROM または
DVD-ROM ドライブを検出し
ない。
1.
デバイス マネージャを使って問題のデバイスを削除
またはアンインストールします。
2.
ワークステーションを再起動し、Windows がデバイ
スを検出するようにします。
1.
記録速度を遅くしてみます。
2.
ドライブに適合したメディアか確認します。
3.
別のブランドのメディアを試してみます。 品質は製
造メーカーによって大幅にばらつきます。
メディアを間違えているか、
メディアが低品質である。
インターネット アクセスに関するトラブルの解決方法
表 5-17 インターネット アクセスのトラブル
JAWW
トラブル
原因
解決方法
インターネットに接続できない。
インターネット サービス プロ インターネットの設定を確認するか、ISP に問い合わせま
バイダ (ISP) のアカウントが正 す。
しく設定されていない。
トラブルシューティングのシナリオと解決方法 135
表 5-17 インターネット アクセスのトラブル (続き)
トラブル
原因
解決方法
モデムが正しく設定されてい
ない。
モデムを接続しなおします。 クイック セットアップのマ
ニュアルを見て接続が正しいか調べます。
Web ブラウザが正しく設定さ
れていない。
Web ブラウザがインストールされているか、使用してい
る ISP で動作するように設定されているか確認します。
ケーブル/DSL モデムが接続さ
れていない。
ケーブル/DSL モデムを接続します。 ケーブル/DSL モデ
ムの前面にある「電源」LED が点灯します。
ケーブル/DSL サービスが利用
できない、または悪天候のた
め中断した。
しばらく後でインターネットに接続してみるか、ISP に問
い合わせます。 (ケーブル/DSL サービスがつながると、
ケーブル/DSL モデムの前面にある「ケーブル」LED が点
灯します。)
CAT5 10/100/1000 ケーブルが
外れている。
ケーブル モデムとワークステーションの RJ-45 コネクタ
間を CAT5 10/100/1000 ケーブルで接続します。 (接続が
正しければ、ケーブル/DSL モデムの前面にある「PC」
LED が点灯します。)
IP アドレスが正しく設定され
ていない。
IP アドレスを ISP に問い合わせます。
クッキーが壊れている。
1.
[スタート] → [コントロール パネル] の順に選択す
る。
2.
[インターネット オプション] をダブルクリックする。
3.
[全般] タブで [Cookie の削除] ボタンをクリックす
る。
インターネット プログラムを自動
的に起動できない。
プログラムによっては ISP に
ログオンしないと起動できな
い。
ISP にログオンして希望のプログラムを起動します。
インターネットで Web サイトをダ
ウンロードするのに時間がかかり
過ぎる。
モデムが正しく設定されてい
ない。
1.
[スタート] → [コントロール パネル] の順に選択す
る。
2.
手順 2 に進みます。
3.
[システム] をダブルクリックする。 [ハードウェア]
タブをクリックします。
4.
[デバイス マネージャ] 領域で [デバイス マネージャ]
をクリックする。
5.
[ポート] (COM と LPT) をダブルクリックする。
6.
[通信ポート 1 (COM1)]を右クリックしてから [プロパ
ティ] をクリックする。
7. 「デバイスの状態」により、モデムが正常に動作して
いることを確認します。
8. 「デバイスの使用状況」により、モデムが有効になっ
ていることを確認します。
9.
136 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
さらにトラブルがある場合は、[トラブルシューティ
ング] ボタンをクリックして画面の指示に従います。
JAWW
POST とエラー メッセージ
POST は起動時に実行されるプログラムで、取り付け済みのハードウェアで初期化とテストを実行し
ます。 POST により問題が見つかると、可視/可聴のメッセージで知らせます。 POST は次の項目を
チェックし、ワークステーション システムが正しく動作しているか確認します。
●
キーボード
●
メモリ モジュール
●
フロッピー ディスク ドライブ
●
すべての SATA および SAS マスストレージ デバイス
●
プロセッサ
●
コントローラ
注記 電源投入時パスワードが設定されている場合には、POST 実行中にキー アイコンが画面
に表示されます。 先に進めるには、パスワードを入力する必要があります。
表 5-18 POST のエラー メッセージ
画面メッセージ
考えられる原因
対処
101 - Option ROM Error
システム ROM のチェックサム エラー
ROM が正しいか確認します。
102 - System Board Failure
103 - System Board Failure
JAWW
DMA、タイマなどの障害
DMA、タイマなどの障害
1.
必要なら ROM をフラッシュします。
2.
拡張カードが最近追加された場合、それを取り外
してトラブルが解決するかどうかを調べます。
3.
CMOS をクリアします。 メッセージが消えた場
合には、原因は拡張カードにあります。
4.
システム ボードを交換します。
1.
CMOS をクリアします。
2.
拡張ボードを取り外します。
3.
システム ボードを交換します。
1.
CMOS をクリアします。
2.
拡張ボードを取り外します。
3.
システム ボードを交換します。
110 - Out of Memory for Option
ROMs
デバイスのオプション ROM がメモリ
の制約のため動作できない。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し
て、[Advanced (カスタム) >Power-On (電源投入時)]
の下にある [ACPO/USB Buffers at Top of Memory
(上位メモリの ACPO/USB バッファ)] を有効にしま
す。
150 - SafePost Active
PCI 拡張カードが応答しない。
1.
ワークステーションを再起動します。
2.
[SafePost] を無効にします。
3.
拡張カードが応答しない場合は、カードを交換し
ます。
POST とエラー メッセージ 137
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
考えられる原因
対処
162 - System Options Not Set
設定が正しくない。 RTC の電池交換
が必要な場合もある。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
オペレーティング システムに応じて、コントロ
ール パネルまたはコンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティで日付と時刻を設定します。
3.
トラブルが解決しない場合、RTC の電池を交換
します。
163 - Time and Date Not Set
設定メモリの時刻または日付が正しく 1.
ない。
RTC の電池交換が必要な場合もある。
CMOS ジャンパが正しく設定されてい
ない可能性がある。
164 - Memory Size Error
メモリ設定が正しくない。
オペレーティング システムに応じて、コントロ
ール パネルまたはコンピュータ セットアップ
(F10) ユーティリティで日付と時刻を設定します。
2.
トラブルが解決しない場合、RTC の電池を交換
します。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
または Windows のユーティリティを実行します。
2.
メモリ モジュール (ある場合) が正しく取り付け
られていることを確認します。
3.
サードパーティのメモリが追加されている場合、
HP 製メモリだけを使ってテストします。
4.
メモリ モジュール タイプが正しいことを確認し
ます。
183 - Invalid Processor
Jumper Setting
システム ボードのジャンパが正しく設
定されていない。
システム ボードのジャンパを、プロセッサとバスの速
度に合わせて設定し直します (モデルに依存)。
201 - Memory Error
RAM の障害。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
または Windows のユーティリティを実行します。
2.
メモリ モジュールとコンティニュイティ モジュ
ールが正しく取り付けられていることを確認しま
す。
3.
メモリ モジュール タイプが正しいことを確認し
ます。
4.
メモリ モジュールの取り外しと交換を 1 つずつ
行って、障害モジュールを切り分けます。
5.
故障したメモリ モジュールを交換します。
6.
メモリ モジュールを交換してもエラーが直らな
い場合は、システム ボードを交換します。
202 - Memory Type Mismatch
メモリ モジュールがマッチしていな
い。
メモリ モジュールをマッチしているセットと交換しま
す。
207 - ECC Corrected Single Bit
Errors in Memory Socket(s) y,y
1 ビット ECC エラー。
1.
メモリ モジュール タイプが正しいことを確認し
ます。
2.
DIMM を別のメモリ ソケットに挿入します。
3.
トラブルが解決しない場合には、メモリ モジュ
ールを交換します。
1.
プロセッサをソケットに取り付けなおします。
2.
プロセッサが応答しない場合は交換します。
212 - Failed Processor
プロセッサの初期化に失敗した。
138 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
考えられる原因
対処
213 - Incompatible memory
Module in memory Socket(s)
X,X, X
エラー メッセージで指摘されているメ
モリ モジュールに、重要な SPD 情報
が欠けているか、またはチップセット
と非互換である。
1.
メモリ モジュール タイプが正しいことを確認し
ます。
2.
DIMM を別のメモリ ソケットに挿入します。
3.
メモリを SPD 規格に準拠しているモジュールに
交換します。
214 - DIMM Configuration
Warning
DIMM が正しく取り付けられていな
い (ペアがマッチしていない)。
サイド アクセス パネルに貼られている正しいメモリ
構成方法の図を参照して、DIMM を取り付けなおしま
す。
215 - Memory Mismatch
Warning
チャネル A とチャネル B の間にある
DIMM の中に、1 つ以上のタイプが異
なるペアがある。無効になっているメ
モリがある。 タイプが同じペアを取り
付けます。またはチャネル B から異な
るペアを取り外します。
サイド アクセス パネルに貼られている正しいメモリ
構成方法の図を参照して、DIMM を取り付けなおしま
す。
216 - Memory Size Exceeds
Maximum Supported
取り付けられているメモリ容量が、ハ
ードウェアがサポートできる容量を超
えている。
1.
システムがサポートしているメモリ容量を確認し
てください。
2.
余分のメモリを取り外します。
219 - ECC Memory Module
Detected.
このプラットフォームでは、ECC モ
ジュールをサポートしていない。
ECC モジュールを取り外します。
301 - Keyboard Error
キーボードの障害
1.
ワークステーションの電源を切り、キーボードを
接続しなおします。
2.
コネクタ ピンの曲がりや欠けをチェックします。
3.
押されたままになっているキーがないことを確認
します。
4.
キーボードを交換します。
1.
ワークステーションの電源を切り、キーボードを
接続しなおします。
2.
システム ボードを交換します。
1.
ワークステーションの電源を切り、キーボードを
接続しなおします。
2.
押されたままになっているキーがないことを確認
します。
3.
キーボードを交換します。
4.
システム ボードを交換します。
303 - Keyboard Controller
Error
304 - Keyboard or System Unit
Error
JAWW
I/O ボードのキーボード コントローラ
キーボードの障害
401 - Parallel Port 1 Address
Assignment Conflict
IRQ アドレスが他のデバイスと競合し
ている。
IRQ を再設定します。
402 - Parallel Port 2 Address
Assignment Conflict
IRQ アドレスが他のデバイスと競合し
ている。
IRQ を再設定します。
403 - Parallel Port 3 Address
Assignment Conflict
IRQ アドレスが他のデバイスと競合し
ている。
IRQ を再設定します。
POST とエラー メッセージ 139
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
考えられる原因
対処
404 - Parallel Port Address
Conflict Detected
外部と内部のポートが両方ともパラレ 1.
ル ポート X に割り当てられている。
2.
3.
パラレル拡張カードをすべて取り外します。
CMOS をクリアします。
カード リソースを再設定し、コンピュータ セッ
トアップ (F10) ユーティリティを実行します。
410 - Audio Interrupt Conflict
IRQ アドレスが他のデバイスと競合し
ている。
IRQ を再設定します。
411 - Network Interface Card
Interrupt Conflict
IRQ アドレスが他のデバイスと競合し
ている。
IRQ を再設定します。
501 - Display Adapter Failure
グラフィックス ディスプレイ コント
ローラの障害
1.
グラフィックス カードを取り付けなおします (該
当する場合)。
2.
CMOS をクリアします。
3.
モニタが接続され、電源が入っているか確認しま
す。
510 - Splash Screen image
corrupted
スプラッシュ スクリーン イメージに
エラーがある。
ROMPaq の最新バージョンをインストールしてイメー
ジを復元します。
511 - CPU, CPUA, or CPUB
Fan not detected
ファンが接続されていない。または故
障している。
1.
ファン ケーブルを取り付けしなおします。
2.
ファンを取り付けしなおします。
3.
ファンを交換します。
1.
シャーシ、リア シャーシ、またはフロント シャ
ーシのファン ケーブルを取り付けなおします。
2.
シャーシ、リア シャーシ、またはフロント シャ
ーシのファンを取り付けなおします。
3.
シャーシ、リア シャーシ、またはフロント シャ
ーシのファンを交換します。
1.
CPU ファンまたはシャーシ ファンを取り付けし
なおします。
2.
CPU ファンまたはシャーシ ファンを交換します。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
ケーブルを確認して、交換します。
3.
CMOS をクリアします。
4.
フロッピー ディスク ドライブを交換します。
5.
システム ボードを交換します。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
他のフロッピー ディスク コントローラ デバイ
ス (テープ ドライブ) の接続を外します。
3.
CMOS をクリアします。
512 - Chassis, rear chassis, or ファンが接続されていない。または故
front chassis fan not detected 障している。
514 - CPU or Chassis Fan not
detected
601 - Diskette Controller Error
605 - Diskette Drive Type Error
610 - External Storage Device
Failure
CPU ファンが接続されていない。ま
たは故障している。
フロッピー ディスク コントローラ回
路またはフロッピー ディスク ドライ
ブ回路の不良
ドライブ タイプの不一致
外部テープ ドライブが接続されていな
い。
140 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
テープ ドライブを取り付けなおします。または、F1
を押してテープ ドライブなしの設定にします。
JAWW
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
考えられる原因
対処
611 - Primary Diskette Port
Address Assignment Conflict
設定エラー
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
拡張カードを取り外します。
3.
CMOS をクリアします。
912 - Computer Cover Has
Been Removed Since Last
System Start Up
なし
不具合ではないのでアクションは不要です。
914 - Hood Lock Coil is not
Connected
フード ロック機構がないか、接続され
ていない。
1.
フード ロック機構を接続しなおすか、交換しま
す。
2.
フード ロック機構のケーブルを取り付けなおす
か、交換します。
916 - Power Button Not
Connected
電源ボタンが接続されていない。
電源ボタンを接続します。
917 - Front Audio Not
Connected
フロント オーディオ ケーブルが接続
されていない。
フロント オーディオ ケーブルを接続します。
918 - Front USB Not
Connected
フロント USB が接続されていない。
フロント USB ケーブルを接続します。
919 - MultiBay Riser Not
Connected
マルチベイ ライザが接続されていな
い。
マルチベイ ライザを接続します。
920 - Fan Command 2 Pin
Connector from Power Supply
Not Connected
電源装置から来ている 2 ピンのファ
ン コネクタが接続されていない。
2 ピンのファン コネクタを接続します。
940 - Extended ROM signature
not found
ROM フラッシュの先頭にあるはずの
署名がない。 ファームウェア (BIOS)
が不完全。
ROMPaq をもう一度実行します。
960 - CPU Overtemp occurred
周囲温度が動作範囲 (最大 35℃ (95?
F)) を超えたか、埃がたまるなどで通
気が妨げられている。
1.
システムの周囲温度が 35℃ を超えていないこと
を確認します。
2.
電源を切断し、アクセス パネルを開けます。
3.
ケーブルが CPU ヒートシンク ファン、または前
面ファン (取り付けてある場合) を塞いでいないこ
とを確認します。
4.
主要なコンポーネントに埃がたまっていないこと
を確認します。
5.
通気に問題がなく、埃もそれほどたまっていない
場合、プロセッサまたはシステム ボード上の温
度センサが故障しています。 プロセッサかシス
テム ボード、またはその両方を交換する必要が
あります。
1.
COM ポートの拡張カードをすべて取り外します。
2.
CMOS をクリアします。
3.
カード リソースを再設定し、コンピュータ セッ
トアップ (F10) ユーティリティを実行します。
4.
コンピュータ セットアップ ユーティリティ、ま
たは Windows のユーティリティを実行します。
1151 - Serial Port 1 Address
Conflict Detected
JAWW
外部と内部のシリアル ポートが両方と
も COM1 に割り当てられている。
POST とエラー メッセージ 141
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
考えられる原因
対処
1152 - Serial Port 2 Address
Conflict Detected
外部と内部のシリアル ポートが両方と
も COM2 に割り当てられている。
1.
COM ポートの拡張カードをすべて取り外します。
2.
CMOS をクリアします。
3.
カード リソースを再設定し、コンピュータ セッ
トアップ (F10) ユーティリティを実行します。
4.
コンピュータ セットアップ ユーティリティ、ま
たは Windows のユーティリティを実行します。
1.
COM ポートの拡張カードをすべて取り外します。
2.
CMOS をクリアします。
3.
カード リソースを再設定し、コンピュータ セッ
トアップ (F10) ユーティリティを実行します。
4.
コンピュータ セットアップ ユーティリティ、ま
たは Windows のユーティリティを実行します。
1155 - Serial Port Address
Conflict Detected
外部と内部のシリアル ポートが両方と
も同じ IRQ に割り当てられている。
1201 - System Audio Address
Conflict Detected
デバイスの IRQ アドレスが他のデバイ
スと競合している
IRQ を再設定します。
1202 - MIDI Port Address
Conflict Detected
デバイスの IRQ アドレスが他のデバイ
スと競合している
IRQ を再設定します。
1203 - Game Port Address
Conflict Detected
デバイスの IRQ アドレスが他のデバイ
スと競合している
IRQ を再設定します。
1720 - SMART Hard Drive
Detect Imminent Failure
ハード ディスク ドライブが故障しか 1.
かっている。 (ハード ディスク ドライ
ブの中には、誤ったエラー メッセージ
を修正するファームウェア パッチを備 2.
えているものもあります。)
1780 - Disk 0 Failure
1781 - Disk 1 Failure
1782 - Disk Controller Failure
ハード ディスク ドライブのエラー メッセージが
正しいか調べます。
可能なら、ドライブ保護システム (DPS) テスト
を実行します。
3.
可能ならファームウェア パッチを適用します
(http://www.hp.com/support を参照)。
4.
内容をバックアップしてハード ディスク ドライ
ブを交換します。
ドライブが正しく取り付けられていな 1.
いか、故障している。
ジャンパが正しく設定されていて、電源ケーブル
およびドライブ ケーブルがドライブとシステム
ボードの両方に接続されていることを確認しま
す。
2.
ケーブルが、コンピュータのモデルに適合してい
ることを確認します。 このメッセージが消えな
い場合は、ワークステーションの保守サービスを
受ける必要があります。
ドライブが正しく取り付けられていな 1.
いか、故障している。
ジャンパが正しく設定されていて、電源ケーブル
およびドライブ ケーブルがドライブとシステム
ボードの両方に接続されていることを確認しま
す。
2.
ケーブルが、コンピュータのモデルに適合してい
ることを確認します。 このメッセージが消えな
い場合は、ワークステーションの保守サービスを
受ける必要があります。
ハードドライブの回路にエラーが発生 1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
142 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
CMOS をクリアします。
JAWW
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
考えられる原因
3.
ケーブル設定とジャンパ設定を確認します。
4.
ハードドライブ診断を実行します。
5.
追加ドライブを切り離します。
6.
可能ならば、ドライブ保護システム (DPS) テス
トを実行します。
7.
ハードドライブを交換します。
8.
システム ボードを交換します。
1785 - Multibay incorrectly
installed
IDE コントローラには、これ以上の
IDE デバイスを接続することができな
い。
マルチベイは、セカンダリ IDE コントローラのデバイ
ス 0 として接続します。
1790 - Disk 0 Error
ドライブが正しく取り付けられていな
いか、故障している。
1.
ジャンパが正しく設定されていて、電源ケーブル
およびドライブ ケーブルがドライブとシステム
ボードの両方に接続されていることを確認しま
す。
2.
ケーブルが、コンピュータのモデルに適合してい
ることを確認します。 このメッセージが消えな
い場合は、ワークステーションの保守サービスを
受ける必要があります。
1.
ジャンパが正しく設定されていて、電源ケーブル
およびドライブ ケーブルがドライブとシステム
ボードの両方に接続されていることを確認しま
す。
2.
ケーブルが、コンピュータのモデルに適合してい
ることを確認します。 このメッセージが消えな
い場合は、ワークステーションの保守サービスを
受ける必要があります。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
CMOS をクリアします。
3.
ケーブル設定とジャンパ設定を確認します。
4.
ハードドライブ診断を実行します。
5.
追加ドライブを切り離します。
6.
可能ならば、ドライブ保護システム (DPS) テス
トを実行します。
7.
ハードドライブを交換します。
1.
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
2.
CMOS をクリアします。
3.
ケーブル設定とジャンパ設定を確認します。
4.
ハードドライブ診断を実行します。
5.
追加ドライブを切り離します。
1791 - Disk 1 Error
1792 - Secondary Disk
Controller Failure
ドライブが正しく取り付けられていな
いか、故障している。
ハードドライブの回路にエラーが発生
1793 - Secondary Controller or ハードドライブの回路にエラーが発生
Disk Failure
JAWW
対処
POST とエラー メッセージ 143
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
画面メッセージ
1794 - Inaccessible devices
attached to primary IDE
controller
1800 - Temperature Alert
考えられる原因
対処
6.
可能ならば、ドライブ保護システム (DPS) テス
トを実行します。
7.
ハードドライブを交換します。
SATA コントローラには、コンピュー 1.
タ セットアップ ユーティリティによ
って、「Replace Primary IDE
Controller (プライマリ IDE コントロー 2.
ラを置き換える)」が設定されているた
め、プライマリ IDE コントローラに接
続されているデバイスにアクセスでき
ない。
コンピュータ セットアップ (F10) ユーティリティ
を実行します。
1.
ワークステーションの通気を妨げるものがなく、
しかも冷却ファンが動作していることを確認しま
す。
2.
プロセッサ速度の選択を確認します。
3.
プロセッサを交換します。
4.
システム ボードを交換します。
内部温度が仕様値を超えている。
[Storage (ストレージ) > Storage Options (スト
レージ オプション)] を選択して、SATA コントロ
ーラに [Separate IDE Controller (別の IDE コン
トローラ)] を設定します。
1801 - Microcode Patch Error
プロセッサが ROM BIOS でサポート
されていない。
BIOS を適切なバージョンにアップグレードします。
1802 - Processor Not
Supported
システム ボードがプロセッサをサポー
トしていない。
プロセッサを互換品と交換します。
1803-BIOS Update Needed for この BIOS リビジョンは、取り付けら 最新の BIOS を http://www.hp.com/support (英語) から
Processor
れているプロセッサをサポートしてい ダウンロードして、インストールします。
ない。
1998 - Master Boot Record has
been lost
以前保存した MBR のコピーが壊れて
いる。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し
て、現在ブート可能なディスクの MBR を保存します。
1998 - Master Boot Record has
been changed
現在の MBR は、以前保存した MBR
のコピーと一致しない。
慎重な作業が必要になります。 MBR が、通常のディ
スク保守 (ディスク マネージャ、fdisk、または format)
によってアップデートされることもあります。 このよ
うな状況で以前保存した MBR に書き換えると、デー
タを失うおそれがあります。 MBR が変わったのが、
意図したものでなく、望ましくもないことがはっきり
している場合には、コンピュータ セットアップ ユー
ティリティを実行して、以前保存した MBR のコピー
を使って復元します。 それ以外の場合には、コンピュ
ータ セットアップ ユーティリティを実行して、MBR
セキュリティを無効にするか、または現在のブート可
能なディスクの MBR を保存します。
Invalid Electronic Serial
Number
シリアル番号が壊れている。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し
ます。 セットアップ ユーティリティのフィールドに
すでにデータが入っている場合、またはシリアル番号
を入力できない場合には、http://www.hp.com (英語) か
ら SP5572.EXE (SNZERO.EXE) ユーティリティをダ
ウンロードして実行します。
コンピュータ セットアップ ユーティリティを実行し
て、[Security (セキュリティ) > System ID (システム
ID)] でシリアル番号を入力し、変更内容を保存します。
144 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
表 5-18 POST のエラー メッセージ (続き)
JAWW
画面メッセージ
考えられる原因
対処
ECC Multiple Bit Error
Detected in Memory Module
メモリ アレイの 64 ビットのクワッド
ワード中に複数の不良ビットが検出さ
れた。
メモリ モジュールを交換します。
Parity Check 2
パリティ RAM の障害
コンピュータ セットアップ ユーティリティと診断ユ
ーティリティを実行します。
POST とエラー メッセージ 145
146 第 5 章 システムの診断とトラブルシューティング
JAWW
A
JAWW
付録 A — SAS デバイス
147
サポートされている SAS RAID 構成
注記 この項は、Linux 環境での RAID の構成には該当しません。 Linux 環境の RAID の場合
は、Red Hat Enterprise Linux の指示に従って SW RAID の構成を行ってください。
HP xw4400 Workstation に RAID をセットアップするには、以下のデバイスが必要です。
●
最大 3 つの内部または外部 SAS ハード ディスク ドライブ
●
外部ドライブ接続用の内外部間のケーブル
●
SAS から SATA へのデータと電源のコンバータ
●
LSI MyStorage Utility for Windows
HP xw4400 ワークステーションでは、以下の RAID 構成がサポートされています。
●
●
●
RAID 0 - ストライプ化されたディスク アレイ
●
2 つ以上のドライブ
●
向上した I/O パフォーマンス
●
フォールト トレランスなし
RAID 1 — ミラー化されたディスク アレイ
●
2 つ以上のドライブ
●
100% の冗長性
●
単一のドライブ障害からの復旧が可能
●
向上した読み取りパフォーマンス
RAID 1E
●
3 つ以上のドライブ
●
ドライブ数を奇数にすることが可能
●
常に単一のドライブ障害から復旧可能。場合によっては 2 つのドライブ障害からも復旧可
能
148 付録 A 付録 A — SAS デバイス
JAWW
SAS RAID 0 構成
BIOS ベースの設定ユーティリティで Integrated Striped (IS) ボリュームを構成するには、以下の手順
に従います。 構成の手順では、必要なディスクおよびディスク コントローラが既にシステムに含ま
れていることを前提としています。
JAWW
1.
BIOS ベースの設定ユーティリティの [Main] 画面で、矢印キーを使用してアダプタを選択しま
す。
2.
Enter を押して [Adapter Properties] 画面に移動します。
3.
[Adapter Properties] 画面で、矢印キーを使用して [RAID Properties] を選択します。
4.
Enter を押して [RAID Properties] 画面に移動します。
5.
[RAID Properties] 画面で、矢印キーを使用して IS ボリュームの最初のディスクを選択します。
次に、矢印キーを使用してこのディスクの [Array Disk] 列に移動し、スペース、[+]、または [-]
キーを押して、この列の値として [Yes] を選択します。 選択したディスクでパーティションが
定義されている場合は、ストライプ化されたボリュームを作成するとディスク上のデータが失わ
れることを警告するメッセージが表示されます。 ドライブ上のデータを移行するには M キーを
押し、削除するには D キーを押します。
6.
以上の手順を繰り返して、ストライプ化されたボリューム用に、さらに最大 3 つのディスクを選
択します。
7.
すべてのドライブを選択したら、C キーを押してアレイを作成し、Esc を押して、[SAVE] を選
択します。
SAS RAID 0 構成 149
SAS RAID 1 構成
BIOS ベースの設定ユーティリティで Integrated Mirroring (IM) ボリュームを構成するには、以下の手
順に従います。 構成の手順では、必要なディスクおよびディスク コントローラが既にシステムに含
まれていることを前提としています。
1.
BIOS ベースの設定ユーティリティの [Main] 画面で、矢印キーを使用してアダプタを選択しま
す。
2.
Enter を押して [Adapter Properties] 画面に移動します。
3.
[Adapter Properties] 画面で、矢印キーを使用して [RAID Properties] を選択します。
4.
Enter を押して [RAID Properties] 画面に移動します。 .
5.
次のいずれかのオプションを選択します。
2 つのディスクでミラー化された、オプションのホット スペア ディスクを含むボリュームを構
成するには、以下の操作を行います。
●
[RAID Properties] 画面で、矢印キーを使用して IM ボリュームのプライマリ ディスク (ミラ
ー化するデータが含まれているディスク) を選択します。
●
矢印キーを使用してこのディスクの [Array Disk] 列に移動し、スペースキーを使用して値と
して [Yes] を選択します。 選択したディスクでパーティションが定義されている場合は、
ストライプ化されたボリュームを作成するとディスク上のデータが失われることを警告する
メッセージが表示されます。 ドライブ上のデータを移行するには M キーを押し、削除する
には D キーを押します。
●
Keep Data/Erase Disk メッセージが表示されたら、F3 を押して現在このディスクに含まれ
ているデータを保持します。 [Array Disk] 列内の値が Primary に変わります。
●
矢印キーを使用して IM ボリュームのセカンダリ (ミラー化された) ディスクを選択しま
す。 [Array Disk] 列の値として [Yes] を選択します。
このディスクでパーティションが定義されている場合は、ミラー化されたボリュームを作成
するとディスク上のデータが失われることを警告するメッセージが表示されます。 ディス
クのデータ消去を確認するには Delete を押し、ディスクの選択を解除するには他のキーを
押します。 手順 6 に進みます。
3 ∼ 6 台のディスクでミラー化されたボリュームを構成したり、3 ∼ 5 台のディスクでミラー化
された、オプションのホット スペア ディスクを含むボリュームを構成するには、以下の操作を
行います。
●
[RAID Properties] 画面で、矢印キーを使用して IM ボリュームの最初のディスクを選択しま
す。
●
矢印キーを使用してこのディスクの [Array Disk] 列に移動し、+ および - キーを使用して
[Yes] を値として選択します。
●
Keep Data/Erase Disk メッセージが表示されたら、Delete を押してディスクを消去しま
す。
●
矢印キーを使用して IM ボリュームの次のディスクを選択します。 [Array Disk] 列の値とし
て [Yes] を選択します。
このディスクでパーティションが定義されている場合は、ミラー化されたボリュームを作成
するとディスク上のデータが失われることを警告するメッセージが表示されます。 ディス
150 付録 A 付録 A — SAS デバイス
JAWW
クのデータ消去を確認するには Delete を押し、ディスクの選択を解除するには他のキーを
押します。
●
以上の手順を繰り返して、IM ボリューム用に、さらに最大 4 つのディスクを選択します。
ボリュームに対してホット スペア ディスクを構成する場合は、ディスクを 3 つまで選択で
きます。
6.
(オプション) 矢印キーを使用して IM ボリュームのホット スペア ディスクを選択します。 [Hot
Spare] 列の値として [Yes] を選択します。
7.
IM ボリューム用にすべてのディスクを選択したら、Esc を押し、[Save changes, then exit this
menu] を選択します IM ボリュームを作成しない場合は、[Discard changes, then exit this
menu] を選択します。
変更を保存すると直ちに IM ボリュームが作成されます。 これで、[RAID Properties] 画面に IM
ボリュームのプロパティおよびステータスが表示されるようになります。
JAWW
SAS RAID 1 構成 151
SAS RAID 1E 構成
BIOS ベースの設定ユーティリティで Integrated Mirroring Extended (IME) ボリュームを構成するに
は、以下の手順に従います。 構成の手順では、必要なディスクおよびディスク コントローラが既に
システムに含まれていることを前提としています。
1.
BIOS ベースの設定ユーティリティの [Main] 画面で、矢印キーを使用してアダプタを選択しま
す。
2.
Enter を押して [Adapter Properties] 画面に移動します。
3.
[Adapter Properties] 画面で、矢印キーを使用して画面上の [RAID Properties] を選択します。
4.
Enter を押して [RAID Properties] 画面に移動します。 2 つのディスクでミラー化されたボリュー
ムを構成するには、手順 5 に進みます。 3 ∼ 6 台のディスクでミラー化されたボリュームを構
成するには、手順 6 に進みます。
5.
次のいずれかのオプションを選択します。
2 つのディスクでミラー化された、オプションのホット スペア ディスクを含むボリュームを構
成するには、以下の操作を行います。
●
[RAID Properties] 画面で、矢印キーを使用して IME ボリュームのプライマリ ディスク (ミ
ラー化するデータが含まれているディスク) を選択します。
●
矢印キーを使用してこのディスクの [Array Disk] 列に移動し、スペース、[+]、または [-] キ
ーを使用して、値として [Yes] を選択します。 選択したディスクでパーティションが定義
されている場合は、ストライプ化されたボリュームを作成するとディスク上のデータが失わ
れることを警告するメッセージが表示されます。 ドライブ上のデータを移行するには M キ
ーを押し、削除するには D キーを押します。
●
Keep Data/Erase Disk メッセージが表示されたら、F3 を押して現在このディスクに含まれ
ているデータを保持します。 [Array Disk] 列内の値が Primary に変わります。
●
矢印キーを使用して IME ボリュームのセカンダリ (ミラー化された) ディスクを選択しま
す。 [Array Disk] 列の値として [Yes] を選択します。このディスクでパーティションが定義
されている場合は、ミラー化されたボリュームを作成するとディスク上のデータが失われる
ことを警告するメッセージが表示されます。 ディスクのデータ消去を確認するには Delete
を押し、ディスクの選択を解除するには他のキーを押します。 手順 6 に進みます。
3 ∼ 6 台のディスクでミラー化されたボリュームを構成したり、3 ∼ 5 台のディスクでミラー化
された、オプションのホット スペア ディスクを含むボリュームを構成するには、以下の操作を
行います。
●
[RAID Properties] 画面で、矢印キーを使用して IME ボリュームの最初のディスクを選択し
ます。
●
矢印キーを使用してこのディスクの [Array Disk] 列に移動し、+ および - キーを使用して
[Yes] を値として選択します。
●
Keep Data/Erase Disk メッセージが表示されたら、Delete を押してディスクを消去しま
す。
●
矢印キーを使用して IME ボリュームの次のディスクを選択します。 [Array Disk] 列の値とし
て [Yes] を選択します。このディスクでパーティションが定義されている場合は、ミラー化
されたボリュームを作成するとディスク上のデータが失われることを警告するメッセージが
152 付録 A 付録 A — SAS デバイス
JAWW
表示されます。 ディスクのデータ消去を確認するには Delete を押し、ディスクの選択を解
除するには他のキーを押します。
●
以上の手順を繰り返して、IME ボリューム用に、さらに最大 4 つのディスクを選択しま
す。 ボリュームに対してホット スペア ディスクを構成する場合は、ディスクを 3 つまで選
択できます。
6.
(オプション) 矢印キーを使用して IME ボリュームのホット スペア ディスクを選択します。 [Hot
Spare] 列の値として [Yes] を選択します。
7.
IME ボリューム用にすべてのディスクを選択したら、[Esc] を押し、[Save changes, then exit
this menu] を選択します。 IM ボリュームを作成しない場合には、[Discard changes, then exit
this menu] を選択します。
変更を保存すると直ちに IME ボリュームが作成されます。 これで、[RAID Properties] 画面に IME
ボリュームのプロパティおよびステータスが表示されるようになります。
JAWW
SAS RAID 1E 構成 153
154 付録 A 付録 A — SAS デバイス
JAWW
B
付録 B - SATA デバイス
この付録では、Intel Matrix Storage Manager option ROM の設定ユーティリティを使用して SATA
RAID ボリュームを設定および管理する方法について説明します。
注記 HDD が 1 台しか取り付けられていない場合には、Intel Matrix Storage Manager option
ROM を実行することはできません。 すべての関連付けられたメッセージは、表示されません。
SATA エミュレーション モードに RAID/AHCI が選択されている場合には、Intel の Serial ATA
AHCI BIOS が常に実行されます。 この BIOS は、シリアル接続されているオプティカル ドラ
イブをサポートするためにのみ使用されます。 HDD が取り付けられている場合には、AHCI
BIOS は適切な SATA ポートに接続されている HDD を正しく識別し、Device not supported
in this configuration を表示します。 このメッセージは予期されるものであり、問題を示すも
のではありません。
JAWW
155
SATA HDD の取り付け
目的の RAID レベルに必要な数の SATA HDD を取り付けます。
●
RAID 0 : 2 ∼ 3 台の HDD
●
RAID 1 : 2 台の HDD
●
RAID 5 : 3 台の HDD
156 付録 B 付録 B - SATA デバイス
JAWW
システム BIOS の設定
システム BIOS を設定して、内蔵 SATA RAID の機能を有効にします。
1.
[F10] を押してシステム BIOS のセットアップを行います。
2.
矢印キーを使って選択する言語を強調表示し、[Enter] を押します。
3.
キーボードの矢印キーを使って、[Storage] [>] [Storage Options] を強調表示し、[Enter] を押
します。
4.
上矢印キーまたは下矢印キーを押して [SATA Emulation] を強調表示します。
5.
左矢印キーまたは右矢印キーを押して [RAID/AHCI] を選択します。
6.
[F10] を押して、新しい設定を受け入れます。
7.
キーボードの矢印キーを使って [Advanced > Power-On Options] を強調表示し、[Enter] を押
します。
8.
上矢印キーまたは下矢印キーを押して [POST Messages] を強調表示します。
9.
左矢印キーまたは右矢印キーを押して [Enable] を選択します。
10. [F10] を押して、新しい設定を受け入れます。
11. 矢印キーを使用して [Advanced] → [Device Options] を強調表示し、[Enter] を押します。
12. 上矢印キーまたは下矢印キーを押して [SATA RAID Option ROM Download] を強調表示し、
[Enter] を押します。
13. 左矢印キーまたは右矢印キーを押して [Enable] を選択します。
14. [F10] を押して、新しい設定を受け入れます。
15. 上矢印キーまたは下矢印キーを使用して [File>Save Changes and Exit] を強調表示し、[Enter]
を押します。
16. プロンプトが表示されたら [F10] を押します。
JAWW
システム BIOS の設定 157
RAID ボリュームの作成
Intel Matrix Storage Manager option ROM の設定ユーティリティを使って RAID ボリュームを作成し
ます。
1.
Intel Matrix Storage Manager option ROM の設定ユーティリティに入るように求めるプロンプト
が表示されたら、[Ctrl + I] を押します。
2.
必要に応じて159 ページの 「RAID ボリュームの削除」を参照し、目的の RAID ボリュームを作
成するのに使用できる十分な物理ドライブを作成します。
3.
上矢印キーまたは下矢印キーを押して [1. Create RAID Volume] を強調表示し、[Enter] を押し
ます。
4.
[Name:] フィールドに選択する RAID ボリュームの名前を入力し、[Tab] を押します。
5.
上矢印キーまたは下矢印キーを押して [RAID Level:] フィールドで RAID レベルを選択し、
[Tab] を押します。
6.
[Enter] を押して [Select Disks] ダイアログ ボックスを表示します。
7.
上矢印キー、下矢印キー、およびスペースキーを使って、ボリュームのメンバーにする個々の物
理ディスクをマークしていきます。
8.
[Enter] を押して [Select Disks] ダイアログ ボックスを終了し、[Create Volume Menu] ダイアロ
グ ボックスに戻ります。
9.
必要に応じて、上矢印キーまたは下矢印キーを押して [Strip Size:] フィールドで [Strip Size] を選
択し、[Tab] を押します。
10. [Capacity:] フィールドにボリューム サイズを入力し、[Tab] を押します。
11. [Enter] を押してボリュームの作成を開始します。
12. プロンプトが表示されたら、[Y] を押して警告メッセージを確認し、ボリュームを作成します。
13. 手順 3 に戻って追加の RAID ボリュームを作成するか、↑または↓を使って [4. Exit] を強調表示
し、[Enter] を押します。
14. 終了を確認するプロンプトが表示されたら [Y] を押します。
158 付録 B 付録 B - SATA デバイス
JAWW
RAID ボリュームの削除
Intel Matrix Storage Manager option ROM の設定ユーティリティを使用して RAID ボリュームを削除
します。
JAWW
1.
上矢印キーまたは下矢印キーを押して [2. Delete RAID Volume] を強調表示し、[Enter] を押し
ます。
2.
上矢印キーまたは下矢印キーを使って削除する RAID ボリュームを強調表示し、[Del] を押しま
す。
3.
プロンプトが表示されたら、[Y] を押して、選択した RAID ボリュームの削除を確認します。
4.
次のいずれかの手順を選択します。
●
手順 1 に戻って、さらに RAID ボリュームを削除します。
●
158 ページの 「RAID ボリュームの作成」を参照して RAID ボリュームを作成します。
●
上矢印キーまたは下矢印キーを使用して [4. Exit] を強調表示し、[Enter] を押します。
●
上矢印キーまたは下矢印キーを使用して [3. Reset Disks to Non-RAID] を強調表示し、
[Enter] を押します。
5.
上矢印キー、下矢印キー、および スペースキーを使って、RAID を解除する個々の物理ディスク
をマークしていきます。
6.
[Enter] を押して選択を完了します。
7.
プロンプトが表示されたら、[Y] を押して RAID 解除操作を確認します。
8.
次のいずれかの手順を選択します。
●
手順 1 に戻って、さらに RAID ボリュームを削除します。
●
158 ページの 「RAID ボリュームの作成」を参照して RAID ボリュームを作成します。
●
上矢印キーまたは下矢印キーを使って [4. Exit] を強調表示し、[Enter] を押します。
RAID ボリュームの削除 159
160 付録 B 付録 B - SATA デバイス
JAWW
C
JAWW
付録 C - コネクタのピン配列
161
コネクタのピン配列の説明
キーボード コネクタの形状と絵表示
マウス コネクタの形状と絵表示
イーサネット コネクタの形状
162 付録 C 付録 C - コネクタのピン配列
ピン
番号
信号名
1
データ
2
未使用
3
グラウンド
4
+5 VDC
5
クロック
6
未使用
ピン
番号
信号名
1
データ
2
未使用
3
グラウンド
4
+5 VDC
5
クロック
6
未使用
ピン番
号
信号名
1
(+) 送信データ
2
(-) 送信データ
3
(+) 受信データ
4
未使用
5
未使用
6
(-) 受信データ
7
未使用
8
未使用
JAWW
パラレル コネクタの形状
ピン番号
信号名
信号名
ピン番号
信号名
1
ストローブ
7
データ ビット 5
13
Auto を選択
2
データ ビット 0
8
データ ビット 6
14
ラインフィード
3
データ ビット 1
9
データ ビット 7
15
エラー
4
データ ビット 2
10
アクノリッジ (ACK)
16
プリンタ選択の初期化
5
データ ビット 3
11
ビジー
17
イン信号
6
データ ビット 4
12
用紙エンド
18-25
グラウンド
シリアル コネクタの形状
USB コネクタの形状
IEEE 1394 コネクタの形状
JAWW
ピン番号
ピン番
号
信号名
1
キャリア検出
2
受信データ
3
送信データ
4
データ ターミナル レディ
5
信号グラウンド
6
データ セット レディ
7
送信要求
8
送信可
9
リング インジケータ
ピン番号
信号名
1
+5 VDC
2
- データ
3
+ データ
4
グラウンド
ピン番号
信号名
コネクタのピン配列の説明 163
マイク コネクタ (1/8 インチ) の形状と絵表示
ヘッドホン コネクタ (1/8 インチ) の形状と絵表示
ライン イン オーディオ コネクタ (1/8 インチ) の形状と絵
表示
ライン アウト オーディオ コネクタ (1/8 インチ) の形状と
絵表示
164 付録 C 付録 C - コネクタのピン配列
1
電源
2
グラウンド
3
tpb-
4
tpb+
5
tpa-
6
tpa+
ピン
番号
信号名
1 (チップ)
オーディオ
2 (リング)
電源
3 (シールド)
グラウンド
ピン
番号
信号名
1 (チップ)
オーディオ左
2 (リング)
オーディオ右
3 (シールド)
グラウンド
ピン
番号
信号名
1 (チップ)
オーディオ イン 左
2 (リング)
オーディオ イン 右
3 (シールド)
グラウンド
ピン
番号
信号名
1 (チップ)
オーディオ アウト左
2 (リング)
オーディオ アウト右
3 (シールド)
グラウンド
JAWW
SATA コネクタの形状
ピン番号
信号名
ピン番号
データ ケーブル
信号名
ピン番号
電源ケーブル
信号名
電源ケーブル
S1
グラウンド
P1
3.3-V 電源
P8
5-V 電源
S2*
A+
P2
3.3-V 電源
P9
5-V 電源
S3*
A-
P3
3.3-V 電源
P10
グラウンド
S4
グラウンド
P4
グラウンド
P11
予約
S5**
B-
P5
グラウンド
P12
グラウンド
S6**
B+
P6
グラウンド
P13
12-V 電源
S7
グラウンド
P-7
5-V 電源
P14
12-V 電源
P15
12-V 電源
* S2 と S3 の差動信号ペア
** S5 と S6 の差動信号ペア
SAS コネクタの形状
セグメント
プライマリ信号セグメント
ピン番
号
バックプレーン ソケット
S1
信号グラウンド
S2
TP+
RP+
S3
TP-
RP-
S4
信号グラウンド
S5
RP-
TP-
S6
RP+
TP+
S7
JAWW
プラグおよびケーブルのソ
ケット
信号グラウンド
コネクタのピン配列の説明 165
SAS コネクタの形状
セグメント
セカンダリ信号セグメント
ピン番
号
バックプレーン ソケット
S8
信号グラウンド
S9
TS+
RS+
S10
TS-
RS-
S11
電源セグメント
プラグおよびケーブルのソ
ケット
信号グラウンド
S12
RS-
TS-
S13
RS+
TS+
S14
信号グラウンド
P1
V33 c
P2
V33 c
P3
V33 c プリチャージ c
P4
グラウンド
P5
グラウンド
P6
グラウンド
P7
V5 c プリチャージ c
P8
V5 c
P9
V5 c
P10
グラウンド
P11
レディ LED d
P12
グラウンド
P13
V12 プリチャージ c
P14
V12 c
P15
V12 c
166 付録 C 付録 C - コネクタのピン配列
JAWW
VGA コネクタの形状
ピン
番号
信号名
123
赤アナログ、緑ア
ナログ、青アナロ
グ
45
モニタ ID、グラウ
ンド
ピン番
号
信号名
ピン
番号
信号名
678
グラウンド、
グラウンド、
グラウンド
11 12
13
モニタ ID、DDC シリ
アル データ、水平同期
9 10
+5V DC、グラ
ウンド
14 15
垂直同期、DDC シリア
ル クロック
DVI コネクタの形状
ピン番
号
JAWW
信号名
ピン
番号
信号名
1
T.M.D.S データ 2-
16
ホット プラグ検出
2
T.M.D.S データ 2+
17
T.M.D.S データ 0-
3
T.M.D.S データ 2/4 シールド
18
T.M.D.S データ 0+
4
T.M.D.S データ 4-
19
T.M.D.S データ 0/5 シールド
5
T.M.D.S データ 4+
0
T.M.D.S データ 5-
6
DDC クロック
21
T.M.D.S データ 5+
7
DDC データ
22
T.M.D.S クロック シールド
8
アナログ垂直 同期
23
T.M.D.S クロック +
9
T.M.D.S データ 1-
24
T.M.D.S クロック -
10
T.M.D.S データ 1+
11
T.M.D.S データ 1/3 シールド
C1
アナログ赤
12
T.M.D.S データ 3-
C2
アナログ緑
13
T.M.D.S データ 3+
C3
アナログ青
14
+5V 電源
C4
アナログ水平同期
15
グラウンド
C5
アナログ アース
コネクタのピン配列の説明 167
ATA/ATAPI (IDE) 標準ドライブ ケーブル コネクタの形状
ピン
番号
信号名
ピン
番号
信号名
ピン
番号
信号名
123
45
リセット、グラ
ウンド、DD7、
DD8、DD6
15 16
17 18
19
DD1、DD14、
DD0、DD15、
グラウンド
29 30
31 32
33
DMAK、グラウンド、
INTRQ、IOCS16、DA1
678
9 10
DD9、DD5、
DD10、DD4、
DD11
20 21
22 23
24
(キー)、
DMARQ、グラ
ウンド、
DIOW、グラウ
ンド
34 35
36 37
38
PDIAG (ケーブル検出)、
DA0、DA2、CS1FX、
CS3FX
11 12
13 14
DD3、DD12、
DD2、DD13
25 26
27 28
DIOR、グラウ
ンド、
IORDY、CSEL
39 40
DASP、グラウンド
24 ピン メイン電源コネクタの形状
13
24
1
12
1
+3.3 V
8
POK
14
-12 VL
21
+5 V グラウン
ド
2
+3.3 V
9
+5 Vaux
15
グラウ
ンド
22
+5 V および
3
グラウ
ンド
10
+12 V-B
16
PS_O
N_l
4
+5 V
11
+12 V-A
17
グラウ
ンド
23
+5 V
5
グラウ
ンド
12
+3.3 V
18
グラウ
ンド
24
グラウンド
6
+5 V
13
+3.3 V
19
グラウ
ンド
7
グラウ
ンド
+3.3V-Rsense
20
グラウ
ンド
168 付録 C 付録 C - コネクタのピン配列
+5 V-Rsense
JAWW
注意 PCI Express x16 グラフィックス カードに接続する電源コードと、システム ボードに接
続する電源コードは、はっきい区別してください。 これらの 2 本のケーブルは、ピン数と色が
異なっています。 PCI Express 電源ケーブルには 6 ピンの黒いコネクタが付いており、システ
ム ボードの電源ケーブルには 8 ピンの白いコネクタが付いています。 電源が入っているとき
は、絶対に PCI Express 電源コードをシステム ボードに接続しないでください。 接続する
と、システム ボードが損傷する恐れがあり、保証は無効になります。
6 ピン電源 (予備システム ボード) コネクタの形状
4
1
6
3
8 ピン電源 (CPU およびメモリ用) コネクタの形状
5
1
8
4
ピン番号
色
信号名
1
黒と橙のス
トライプ
+3.3V
2
黒と橙のス
トライプ
+3.3V
3
黄色
+12V-A
4
黒
グラウンド
5
黒
グラウンド
6
黄色
-12V
ピン
番号
色
信号名
1
黒
グラウンド
2
黒
グラウンド
3
黒
グラウンド
4
黒
グラウンド
5
白
+12VCPU0
白
+12VCPU0 RSENSE
6
白
+12VCPU0
7
ストライ
プのある
白
+12VCPU1
8
ストライ
プのある
白
+12VCPU1
注意 PCI Express x16 グラフィックス カードに接続する電源コードと、システム ボードに接
続する電源コードは、はっきり区別してください。 これらの 2 本のケーブルは、ピン数と色が
異なっています。 PCI Express 電源ケーブルには 6 ピンの黒いコネクタが付いており、システ
ム ボードの電源ケーブルには 8 ピンの白いコネクタが付いています。 電源が入っているとき
は、絶対に PCI Express 電源コードをシステム ボードに接続しないでください。 接続する
と、システム ボードが損傷する恐れがあり、保証は無効になります。 PCI Express ケーブルの
図と接続先については、
「PCI または PCI Express のインストール」の項を参照してください。
JAWW
コネクタのピン配列の説明 169
注記 6- ピン電源 (PCI Express 補助電源) は、高性能グラフィックス カードを使用するとき
のみ必要です。
6 ピン電源 (予備 PCI Express) コネクタの形状
4
1
6
3
170 付録 C 付録 C - コネクタのピン配列
ピン番号
色
信号名
1
黄色
+12V-C
2
黄色
+12V-C
3
黄色
+12V-C
4
黒
グラウンド
5
黒
グラウンド
6
黒
グラウンド
JAWW
D
付録 D - システム ボードのコンポーネント
名
この付録では、このシステム用システム ボードのコンポーネント名を示します。
コンポーネント名
シルクスクリーン
コンポーネント
MH02-03、MH06-09、
MH14-15
なし
取り付け穴
E14
BBLK_WP
ブート ブロック ヘッダー/ジャンパ
E49
PSWD
クリア パスワード ヘッダー/ジャンパ
J20
スロット 5 PCI
PCI スロット
J21
スロット 6 PCI
PCI スロット
J22
なし
PCI スロット
J33
スロット 4
PCI Express スロット
J31
スロット 4 PCIe x1
PCI Express スロット
J32
スロット 3 PCIe x16 (4)
PCI Express スロット
J41
スロット 1 PCIe x16
PCI Express スロット
P60-63、P66-67
SATA0、SATA1、SATA2
SATA コネクタ
J50、P53
PAR/SER
パラレル ポートとシリアル ポートのスタッ
ク コネクタ
J68
KBD MS PS2
スタック キーボード/マウス コネクタ
J9
RJ45/USB
スタック RJ 45/デュアル USB
J10
USB
トリプル スタック USB
J83
AUD
トリプル スタック オーディオ ジャック
SW50
CMOS
クリア CMOS スイッチ/プッシュ ボタン
P1
PWR
電源装置コネクタ (24- ピン)
P3
PWRCPU
プロセッサとメモリの 12V ヘッダー
P10
FDD 電源
フロッピー ディスク ドライブ コネクタ
P11
AUX
予備オーディオ コネクタ
P20
PRIMARY IDE
プライマリ IDE コネクタ
JAWW
171
コンポーネント名
シルクスクリーン
コンポーネント
P23
FRNT AUD
フロント パネル オーディオ ヘッダー
P24
FRNT USB
フロント パネル USB ヘッダー
P25
INT USB
内部 USB ヘッダー
P29
HDD LED
HDD LED コネクタ
P5
CONTROL PANEL
メイン電源/HDD LED/内部スピーカー コネク
タ
P70
CPUFAN1
プライマリ CPU ファン ヘッダー
P71
CPU2FAN
セカンダリ CPU ファン ヘッダー
P8
メモリ ファン
メモリ ファン ヘッダー
P130
シャーシ ファン
シャーシ ファン ヘッダー
P9
なし
PCI ファン ヘッダー
P93
なし
フロント シャーシ ファン ヘッダー
XBT2
BAT
電池リテーナ
XMM1
DIMM1
メモリ スロット
XMM2
DIMM3
メモリ スロット
XMM3
DIMM2
メモリ スロット
XMM4
DIMM4
メモリ スロット
U1
XU1
プライマリ プロセッサ ソケット
U2
XU2
セカンダリ プロセッサ ソケット
なし
ROM
ROM ソケット
E15
RECOVER
障害回復ヘッダー/ジャンパ
172 付録 D 付録 D - システム ボードのコンポーネント名
JAWW
E
JAWW
付録 E - 日常のお手入れ
173
一般的な清掃に関する安全上の注意事項
●
ワークステーションは、溶剤や可燃性の溶液で拭かないでください。
●
部品を水やクリーニング溶液に浸さないでください。清潔な布に液体をしみ込ませて、部品を拭
いてください。
●
必ずワークステーションの電源プラグを抜いてから、キーボード、マウス、または通気孔を清掃
してください。
●
キーボードを清掃する場合には、必ずケーブルを外してください。
●
キーボードを清掃するときは、側面に被いのある安全眼鏡をかけてください。
174 付録 E 付録 E - 日常のお手入れ
JAWW
エアーフローの確保
JAWW
●
ワークステーションはエアフローが遮られない場所に設置してください。
●
ユニットは、埃がたまる可能性のある面から離して設置してください。
●
ユニットの前面には、物を置かないでください。
●
フロント パネル (通気孔) とリア ファンの埃を、小型の掃除機、エアー クリーナー、雑巾で取り
除いてください。
●
ユニットの背面は、壁やその他の障害物から少なくとも 0.15 m (6 インチ) 離してください。
エアーフローの確保 175
ワークステーションのケースの清掃
●
ワークステーションを清掃するときには、前述した安全上の予防措置に従ってください。
●
少しの染みや汚れは、汚れのない柔らかい布または綿棒を水で湿らせて取り除いてください。
●
汚れがひどいときは、食器用洗剤を水で薄めて使用します。 その後、きれいな水で湿らせた布
または綿棒でよく拭き取ってください。
●
頑固な汚れは、イソプロピル (消毒) アルコールを使用します。 アルコールはすぐに蒸発して何
も残らないので、拭き取る必要はありません。
●
清掃が終了したら、汚れのない柔らかい布で必ず拭いてください。
●
ワークステーションの通気孔を時々清掃してください。 糸くずや異物によって通気孔が塞がれ
て、エアーフローを妨げることがあります。
176 付録 E 付録 E - 日常のお手入れ
JAWW
キーボードの清掃
注意
キーの下からごみを取るときには、側面に被いのある安全眼鏡をかけてください。
●
キーボードを清掃するときには、56 ページの 「保守上の考慮事項」で前述した安全上の注意事
項に従ってください。
●
キーの下や間にある目に見えるごみは、掃除機を使うか振り落として除去します。
●
キーの下のごみは、エアー クリーナーを使って取り除きます。 空気圧が強過ぎると、長い キー
の潤滑油が吹き飛ばされることがあるので、注意が必要です。
●
キーを取り外す場合は、キーを破損しないように専用のキー引き抜き工具を使用してくださ
い。 この工具は、ほとんどの電気部品販売店で入手できます。
注意 長い水平なキー (スペース バーなど) は、キーボードから取り外さないでくださ
い。 これらのキーを取り外したり取り付けたりすると、キーボードが正しく動作しなく
なることがあります。
JAWW
●
キーの下は、イソプロピル アルコールを綿棒にしみ込ませ、絞ってから清掃します。 キー動作
に必要な潤滑油を拭き取らないよう注意してください。 部品は、組み立てる前に空気乾燥させ
てください。
●
狭い場所にある繊維やごみはピンセットで取り除いてください。
キーボードの清掃 177
モニタの清掃
●
キーボードを清掃するときには、56 ページの 「保守上の考慮事項」で前述した安全上の注意事
項に従ってください。
●
モニタを清掃するには、モニタ清掃用のぬれナプキンまたは水で湿らせた汚れのない布で画面を
拭きます。
注意 画面に直接スプレーやエアゾールをかけないでください。液体がハウジングの隙間
から内部にしみ込んで、コンポーネントが損傷することがあります。
ディスプレイまたはハウジングが破損する恐れがあるので、溶剤や可燃性の液体は絶対に
使用しないでください。
178 付録 E 付録 E - 日常のお手入れ
JAWW
マウスの清掃
JAWW
1.
マウスを清掃するときには、56 ページの 「保守上の考慮事項」で前述した安全上の注意事項に
従ってください。
2.
固定プレートを外し、ハウジングからマウスのボールを取り出します。
3.
マウスのボールを清掃します。
4.
ボール ソケットからごみを取り出し、汚れのない乾いた布でボールを拭きます。
5.
マウスを再度組み立てます。
マウスの清掃 179
180 付録 E 付録 E - 日常のお手入れ
JAWW
F
付録 F - パスワード セキュリティの追加
と CMOS の再設定
このワークステーションには以下のパスワード セキュリティ機能があり、コンピュータ セットアッ
プ ユーティリティのメニューで設定できます。
●
セットアップ パスワード
●
電源投入時パスワード
セットアップ パスワードを設定するときは、コンピュータ セットアップ ユーティリティとその他の
ワークステーション情報にアクセスするために、電源投入時パスワードのみが必要です。 両方のパス
ワードを設定するときは、セットアップ パスワードのみでコンピュータ セットアップ ユーティリテ
ィにアクセスできます。
両方のパスワードが設定されている場合、電源投入時パスワードの代わりにセットアップ パスワード
を使ってワークステーションにログインできます。これは、ネットワーク管理者には便利な機能で
す。
コンピュータのパスワードを忘れた場合、そのパスワードをクリアしてワークステーションの情報に
アクセスする方法は、次の 2 通りあります。
●
パスワード ジャンパを再設定する
●
[クリア CMOS] ボタンを使用する
注意 [CMOS] ボタンを押すと、CMOS の値は工場設定のデフォルト値に戻り、パスワード、
アセット タグ、特別な設定情報を含むカスタマイズ情報はすべて消去されます。 CMOS の設
定情報をリセットするときには、今後その情報が必要になることがあるので、ワークステーシ
ョンの CMOS 設定情報をバックアップしておくことが重要です。 CMOS の設定情報をバック
アップするには、コンピュータセットアップユーティリティを実行して [File] (ファイル) メニ
ューの [Save to Diskette] (フロッピー ディスクに保存) オプションを使用します。
JAWW
181
パスワード ジャンパの再設定
電源投入時パスワードまたはセットアップ パスワード機能を無効にしたり、電源投入時パスワードと
セットアップ パスワードをクリアするには、次の手順を実行します。
1.
オペレーティング システムをシャットダウンしてからワークステーションと外部デバイスの電
源を切ります。 ワークステーションと外部デバイスの電源コードを電源コンセントから抜きま
す。
2.
キーボード、モニタ、およびワークステーションに接続されている外部デバイスのケーブルを取
り外します。
警告! 感電や高温部品に触ってけがをしないように、必ず壁コンセントから電源コード
を抜き、システムの内部コンポーネントの温度が下がるまでは触らないでください。
注意 ワークステーションの電源コードが接続されているときは、ユニットの電源が切れ
ていても、電源装置からシステム ボードに常時電圧がかかっています。 電源コードを抜
かないと、システムが損傷することがあります。
注意 静電気によって、ワークステーションやオプティカル装置の電子コンポーネントが
損傷することがあります。 作業を始める前に、接地された金属に軽く触って静電気を放
電させてください。
3.
アクセス パネルを取り外します。
4.
パスワード ヘッダーとジャンパを探します。 パスワード ヘッダーは E49 です。
注記 パスワード ジャンパは緑色なので簡単に分かります。 パスワード ジャンパとその
他のシステム ボード コンポーネントの位置は、63 ページの 「システム ボード コンポー
ネント」を参照してください。
5.
ピン 1 または 2 からジャンパを取り外します。 ピン 1 と 2 の間にジャンパを取り付けます (両
方のピンを接続)。
6.
アクセス パネルを取り付けます。
7.
外部装置のケーブルを接続します。
8.
ワークステーションを電源に接続して、電源を入れます。 オペレーティング システムが起動し
ます。 このプロセスにより、現在のパスワードがクリアされパスワード機能は無効になります。
9.
新しいパスワードを設定するには、手順 1 ∼ 4 を繰り返してパスワード ジャンパをピン 1 また
は 2 のどちらかに元どおり取り付け、次に手順 6 ∼ 8 を繰り返します。 コンピュータ セットア
ップ ユーティリティで新しいパスワードを設定します。
182 付録 F 付録 F - パスワード セキュリティの追加と CMOS の再設定
JAWW
CMOS のクリアと再設定
ワークステーションの CMOS は、パスワード情報とワークステーションの設定情報を保存していま
す。 ここでは、CMOS のクリアと再設定について説明します。
CMOS ボタンの使用方法
1.
オペレーティング システムをシャットダウンしてからワークステーションと外部デバイスの電
源を切ります。 ワークステーションと外部デバイスの電源コードを電源コンセントから抜きま
す。
2.
キーボード、モニタ、およびワークステーションに接続されている外部デバイスのケーブルを取
り外します。
警告! 感電や高温部品に触ってけがをしないように、必ず壁コンセントから電源コード
を抜き、システムの内部コンポーネントの温度が下がるまでは触らないでください。
注意 ワークステーションの電源コードが接続されているときは、ユニットの電源が切れ
ていても、電源装置からシステム ボードに常時電圧がかかっています。 電源コードを抜
かないと、システムが損傷することがあります。
注意 静電気によって、ワークステーションやオプティカル装置の電子コンポーネントが
損傷することがあります。 作業を始める前に、接地された金属に軽く触って静電気を放
電させてください。
3.
アクセス パネルを取り外します。
注意 [CMOS] ボタンを押すと、CMOS の値は工場設定のデフォルト値に戻り、パスワー
ド、アセット タグ、特別な設定情報を含むカスタマイズ情報はすべて消去されます。
CMOS の設定情報をリセットするときには、今後その情報が必要になることがあるの
で、ワークステーションの CMOS 設定情報をバックアップしておくことが重要です。
CMOS の設定情報をバックアップするには、コンピュータセットアップユーティリティ
を実行して [File] (ファイル) メニューの [Save to Diskette] (フロッピー ディスクに保存)
オプションを使用します。
4.
[CMOS] ボタンを探して、5 秒間押し続けます。
注記 AC 電源コードが電源コンセントに接続されていないことを確認してください。 電
源コードが接続されていると、CMOS ボタンを押しても CMOS はクリアされません。
注記 CMOS ボタンとその他のシステム ボード コンポーネントの位置は、63 ページの
「システム ボード コンポーネント」を参照してください。
5.
アクセス パネルを取り付けます。
6.
外部デバイスのケーブルを接続します。
7.
ワークステーションを電源に接続して、電源を入れます。
注記 ワークステーションのパスワードおよび特別な設定情報を、日時とともに再設定す
る必要があります。
JAWW
CMOS のクリアと再設定 183
コンピュータ セットアップ ユーティリティによる CMOS の再設定
1.
コンピュータ セットアップ ユーティリティを使って CMOS を再設定するには、コンピュータ
セットアップ (F10) ユーティリティのメニューにアクセスします。 コンピュータ セットアップ
ユーティリティのメッセージが画面の右下に表示されたら、[F10] キーを押します。 必要に応じ
て、[Enter] を押してタイトル画面をスキップします。
注記 メッセージの表示中に F10 キーを押せなかった場合は、ワークステーションの電
源を切り、もう一度電源を入れてユーティリティにアクセスする必要があります。
2.
コンピュータセットアップユーティリティのメニューで、[File (ファイル) → Set Default and
Exit (デフォルト値に設定して終了)] を選択します。 これで、ブート シーケンス順序と他の工場
設定情報を含むソフトウェア設定情報が復元されます。 だだし、ハードウェアの再検索は行わ
れません。
注記 ワークステーションのパスワードおよび特別な設定 (ある場合) を、日時とともに再
設定する必要があります。
184 付録 F 付録 F - パスワード セキュリティの追加と CMOS の再設定
JAWW
G
付録 G - クイック トラブルシューティン
グ フローチャート
この付録では、共通的なトラブルシューティングの流れを図示します。この流れに沿ってトラブルシ
ューティングを簡単に行えます。最初に「トラブルシューティングの開始」から始めて、現象を切り
分けてください。ここで説明するトラブルシューティング対象の現象を以下に示します。
●
トラブルシューティングの開始
●
電源が入らない
●
モニタに表示されない
●
エラー メッセージ
●
OS がロードできない
●
ハード ディスク ドライブから OS がロードできない
●
フロッピー ディスク ドライブから OS がロードできない
●
CD-ROM ドライブから OS がロードできない
●
ネットワークから OS がロードできない
●
デバイスが動作しない
注記 ここでのトラブルシューティングは、一般的なトラブルシューティングを目的としたも
ので、お使いの特定のワークステーションには当てはまらない場合もあります。
JAWW
185
トラブルシューティングの開始
186 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
電源が入らない
電源が入らない : パート 1
JAWW
電源が入らない 187
電源が入らない : パート 2
188 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
電源が入らない : パート 3
JAWW
電源が入らない 189
モニタに表示されない
モニタに表示されない : パート 1
190 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
モニタに表示されない : パート 2
JAWW
モニタに表示されない 191
モニタに表示されない : パート 3
192 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
エラー メッセージ
エラー メッセージ : パート 1
JAWW
エラー メッセージ 193
エラー メッセージ : パート 2
194 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
エラー メッセージ : パート 3
JAWW
エラー メッセージ 195
オペレーティング システムがロードできない
196 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロ
ードできない
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない : パ
ート 1
JAWW
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない 197
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない : パ
ート 2
198 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない : パ
ート 3
JAWW
ハード ディスク ドライブからオペレーティング システムがロードできない 199
フロッピー ディスク ドライブからオペレーティング システム
がロードできない
200 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
CD-ROM ドライブからオペレーティング システムがロードで
きない
JAWW
CD-ROM ドライブからオペレーティング システムがロードできない 201
ネットワークからオペレーティング システムがロードできな
い
202 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
デバイスが動作しない
JAWW
デバイスが動作しない 203
204 付録 G 付録 G - クイック トラブルシューティング フローチャート
JAWW
Fly UP