...

第2章 各業界構造および登場人物整理

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

第2章 各業界構造および登場人物整理
第2章 各業界の産業構造および登場人物の整理 第 1 節 医療産業分野での登場人物調査 1. 医 療 業 界 の 構 造 と 登 場 人 物 の 整 理 ( 官 、 産 、 学 、 研 ) -総 括 A
中国企業の
参与者
B
外資系企業
の参与者
A-‐‑‒
ジョ
ンソン&ジョ
ン
A-‐‑‒1:
1:
ジョ
ンソン&ジョ
ン
ソン(
アメ
カ)
ソン(
アメリ
リ
カ)
BB--22:
一体医療集団、
:
一体医療集団、
新荷花中薬飲片股フ
新荷花中薬飲片股フェン
ェン、
、
君健塑料公司
君健塑料公司
BB--33:
淮陰医療器械厰、
:
淮陰医療器械厰、
永盛薬材加工厰技術
永盛薬材加工厰技術
開発公司/
開発公司/輝瑞医療器
輝瑞医療器
械限公司、
山外山科技
械限公司、
山外山科技
有限公司
有限公司
BB--44:
奥特奇蒙薬股フ
:
奥特奇蒙薬股フェェ
ンン有限公司、
本元正陽
有限公司、
本元正陽
基因技術公司、
北京図
基因技術公司、
北京図
像視覚技術公司
像視覚技術公司
BB--55、
同生儀器科技公
、
同生儀器科技公
司、
科普達試剤武漢新
司、
科普達試剤武漢新
興医薬科技公司等
興医薬科技公司等
医療療産業の構造
の整理理
1、国家⽅方針政
策の制定
Aジョ
ンソン&
ン
A-22、
、
ジョ
ンソン&ジョ
ジョ
ン
ソンメ
カル、
メ
ト
ロ
ソンメディ
ディ
カル、
メド
ド
ト
ロ
ニッ
ニック
ク
2、研究開発へ
の初期投⼊入
AIIBBMM、
GGEヘルスケ
A-33、
、
、
Eヘルスケ
ア、
シーメ
深
ア、
シーメンス医療、
ンス医療、
深
センアンケハイ
ジ
センアンケハイテク、
テク、
ジ
ョ
ンソン&ジョ
ンソン
ョンソン&ジョンソン
3、標準の
Aケアスト
リ
ームヘ
A-44、
、
ケアスト
リ
ームヘ
ルス、
GGEヘルスケア、
シ
ルス、
Eヘルスケア、
シ
ーメ
ジョ
ンソ
ーメンス医療、
ンス医療、
ジョ
ンソ
ン&ジョ
ンソン
ン&ジョンソン
4、試験的導⼊入
プロジェクト
制定
Aシーメ
フィ
リ
A-55:
:
シーメンス、
ンス、
フィ
リ
ッ
ディ
ルク、
ノ
バル
ップス、
プス、
ディ
ルク、
ノ
バル
ティ
スジョ
ンソン&ジョ
ン
ティ
スジョ
ンソン&ジョ
ン
ソン
ソン
5、産業化
C
政府管轄部⾨門
CC--11国務院、
衛生部、
国務院、
衛生部、
国家発展改革委員会、
国家発展改革委員会、
商務部、
科学技術部
商務部、
科学技術部
CC--22、
国務院、
衛生部、
、
国務院、
衛生部、
科学技術部、
国家発展
科学技術部、
国家発展
改革委員会、
地方政府
改革委員会、
地方政府
CC--33、
衛生部、
食品薬
、
衛生部、
食品薬
品監督管理局、
品質監
品監督管理局、
品質監
督検験総局、
科学技術
督検験総局、
科学技術
部、
工業情報化部
部、工業情報化部
D
⼤大学の
参与者
D人民大
D-11清華大学、
清華大学、
人民大
学
学
EE-11中国医療器械業界
中国医療器械業界
協会
協会
D清華大学、
北京
D-22:
:
清華大学、
北京
大学、
上海交通大学
大学、
上海交通大学
E天津薬物研究院、
E-22、
、
天津薬物研究院、
中国生物技術発展セン
中国生物技術発展セン
ター
ター
D中山大学、
成都
D-33:
:
中山大学、
成都
大学
大学
E医療機器業界協
E-33、
、
医療機器業界協
会、
生物芯片上海国家
会、
生物芯片上海国家
工程研究センター
工程研究センター
CC--44、
上海市衛生局、
、
上海市衛生局、
国家中医薬管理局
国家中医薬管理局
CC--44、
上海交通大学仁、
、
上海交通大学仁、
同済大学、
首都医科大
同済大学、
首都医科大
学、
四川大学華西医院
学、
四川大学華西医院
E希思科臨床腫瘤
E-44、
、
希思科臨床腫瘤
学研究基金会、
上海市
学研究基金会、
上海市
安科所、
中科院、
天津
安科所、
中科院、
天津
市中医薬研究院
市中医薬研究院
CC--55、
遼寧省政府、
吉
、
遼寧省政府、
吉
林省科学技術庁、
天津
林省科学技術庁、
天津
市政府等
市政府等
D南京中医薬大学、
D-55、
、
南京中医薬大学、
徐州医学院、
黒龍江省
徐州医学院、
黒龍江省
医学科学院、
哈爾濱医
医学科学院、
哈爾濱医
科大
科大
E博創国際生物医
E-55、
、
博創国際生物医
薬研究院、
泰州(
復旦)
薬研究院、
泰州(
復旦)
健康科学研究院
健康科学研究院
【 説 明 】 A.外資企業の参与者は医療業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与、その中
で国家方針政策の制定においては主に舞台裏のスポンサーとしての間接的な参与であり、
重要な点は後 4 つのリンクである。 B.中国企業の参与者は医療業界全体の産業構造においては国家方針政策の制定に参与しな
いほか、全てのリンクに参与する。 C.中国政府の管理部門は医療業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与。 D.中国の一部の重点大学は医療業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与、主
に政府部門との協力を通して、研究開発の初期投資および標準化リンクに参与。 39
E.研究機関あるい協会は医療業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与、主に
政府部門との協力を通して、研究開発の初期投資および標準化リンクに参与。 2. 医療業界の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 国家方針政策の制定 登場人物
A-1中資企業
例
—
参入時期
—
参入方式
—
清華大学を援助して中国の医療改革計画の制定に参与。
B-1外資企業
ジョンソン&ジョン
ソン
清華大学公共管理学院産業発展・環境治理研究中心および
米国のジョンソン&ジョンソンの援助の下、由清華大学経
営学院、公管学院およびハーバード大学公共衛生学院が共
同で制定した医療改革案は既に関連部門に提出されており
、「第九医療改革方案」と呼ばれる。
2008年
医療技術の発展の加速化、全人民の健康水準の向上のた
め、「医療技術発展の『第12次5カ年計画』」を制定。
国務院
その内容として一、状況とニーズ 二、指導思想 三、
基本原則 四、戦略目標 五、重点任務(一)最先端技術
を開発し、医学の発展をリード (二)基礎研究を重視し
、科学的な問題を解決 (三)予防の研究を強化し、リス
クを軽減(四)臨床の転化を強調し、診療水準を向上 (五)保健・リハビリテーションを強化し、全人民の健康
に向けたサービスを提供する(六)公共衛生に焦点をあて
、セキュリティバリアを構築(七)健康産業を推進し、経
済の発展を促進する(八)プラットフォームの条件を改善
し、医学の発展、保障措置をサポート
2006年
C-1政府
国務院、衛生部
2009年
衛生部
2010年
中国の特徴的な医薬衛生体制を構築し、全ての人が基本
的な医療衛生サービスを享受するという目標を徐々に実現
、全人民の健康水準の向上、医薬衛生体制の改革の深化の
ため、「中共中央 国務院の医薬衛生体制改革の深化に関
する意見」を制定
「第12次5カ年計画」における衛生情報化建設プロジェク
ト計画編制事業を完成、衛生情報化建設路線図、略称「
3521プロジェクト」を初歩的に確定。
国家級、省級および地市級の三級の衛生情報プラットフォ
ームを建設、公衆衛生、医療サービス、新农合、基本医薬
制度、総合管理の5項目の業務応用を強化し、健康記録お
よび電子カルテの2つの基礎データベースおよび1つの専用
のネットワークを建設。 40
登場人物
例
国家発展改革委員会
C-1政府
商務部
参入時期
参入方式
「生物医薬発展に関する『第12次5カ年計画』」の制定、
公布。
「第12次5カ年計画」期間中、中国医薬工業の総生産額の
年間平均成長率は20%以上で、2015年までには3兆元に達す
ることになる。 これまで最も関心を払われていた業界集
中の問題について、「計画」においてはやや緩和された—
「2015年、売上高トップ100の企業の業界全体における売
上に占める割合を40%以上とする」と設定。現在業界にお
いて焦点を当てられている基本医薬品についても明確な指
標が提起され、主要品種メーカートップ20社の市場シェア
を80%以上とするよう保障する。
2011年
「全国薬品流通業界発展計画要綱」(2011~2015年)す
なわち医薬産業の「第12次5カ年計画」プログラム内容を
制定、公布。
2011年
主な内容として一、ステータスと状況 二、指導思想およ
び全体目標 三、主要任務 四、保障措置がある。
「『第12次5カ年計画』医療機器産業科技発展専門プロジ
ェクト計画が完成、医療機器企業に対して広く意見を募っ
たのち、公布。技術革新と統合を中国の医療機器業界の今
後の発展におけるテーマとする。
科学技術部が先頭と
なり、その他の関連
部門、委員会が協力
中国人民大学衛生医
療体制改革および発
展研究センター
ハイエンド・ミドルエンド・ローエンド医療機器それぞれ
が支援を受ける。プライマリヘルスケアに関連する主要な
基礎設備は10種類あり、また国情にふさわしい高品質、低
価格の超音波カラードップラー設備の促進が望まれている
。ハイエンド製品分野においては主に高付加価値の消耗品
の問題を解決、また価格設定の実現に力を注ぎ、医療機器
サービス業務は支援を受ける。
2011年
医療改革案の制定への参与:国務院の医療制度改革調整
グループに対して医療改革提案報告「中国衛生医療体制改
革提案—公共管理の精神、社会医学の規律に基づいた、改
革コストの推定とリスク対策分析の研究」を提出。
2007年
これは提出の許可を得た第8の医療改革提案方案である。
この方案は中国人民大学医改中心が独立して担当、研究中
心の主任である王虎峰副教授が先頭に立って設計され、公
共管理学院の20数人の教授・専門家および大学院生が課題
討論および研究に参加した。
D-1大学
清華大学経営学院、
公管学院およびハー
バード大学公衆衛生
学院
2008年
E-1研究機関あるいは 中国医療機器業界協
協会
会
2009年
医療改革案の制定への参与:清華大学公共管理学院産業
発展および環境治理研究中心とアメリカのジョンソン&ジ
ョンソンの援助の下、清華大学経営学院、公管学院および
ハーバード大学公共衛生学院により医療改革提案を共同制
定。
医療改革案の制定への参与:清華大学公共管理学院産業
発展および環境治理研究中心とアメリカのジョンソン&ジ
ョンソンの援助の下、清華大学経営学院、公管学院および
ハーバード大学公共衛生学院により医療改革提案を共同制
定。
企業の「走出去」を奨励、外資との提携を奨励する。。中
国の医療企業の米国市場開拓において既に成功例がある。
41
3. 医療産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 研究開発および初期投入 登場人物
A-2中資企業
例
参入時期
深セン一体医療集団
2004年
四川新荷花中薬飲片
股フェン有限公司
2010年
崇州君健塑料有限公
司
2010年
四川新荷花中薬飲片股フェン有限公司、成都中医薬大学、成都国嘉
生物科技集団により「四川省中薬飲片炮制工程技術研究中心」を
共同で申請、組織。
崇州君健塑料有限公司、国家生物医学材料工程技術研究中心、
国家大容量注射剤工程技術研究中心により「「四川省薬品包装材
料工程技術研究中心」共同で申請、組織。
2011年
ジョンソン&ジョンソンメディカルアジア太平洋研究開発セン
ターが蘇州に正式に成立、このセンターはジョンソン&ジョンソ
ン (蘇州)医療器材有限公司により設立され、アジアの新興市場
(主に中国とインド)における医療器材および診断製品の設計およ
び開発を行う。この研究開発センターはジョンソン&ジョンソン
の「適切な市場におけるイノベーション戦略」の一部である。
メドトロニック
2011年
技術支援(研究開発)センターが北京市の順義開発区において
正式に落成。同時に北京協和医院の整形外科、北京航空航天大学
生物・医学工程学院が共同で共同実験室の設立意向書に署名。合
弁によって構築されたはじめての整形外科の研究開発機関である
。
国務院、地方政府
2009年
8,500億元を投入:中央政府からの地方への投資比率は大体4:6
であり、その2/3は需要サイドに、1/3は供給サイドに使用され、
大部分あるいは主要部分は現場のために使用される。
科学技術部
2010年
8,500億元を投入:中央政府からの地方への投資比率は大体4:6
であり、その2/3は需要サイドに、1/3は供給サイドに使用され、
大部分あるいは主要部分は現場のために使用される。
財務部
2010年
国家発展改革委員会
2010年
衛生部
2011年
清華大学医学院
—
清華大学校級研究センター 6箇所、院設研究所および実験室20数
箇所、同時に校内において多くの学科をまたがる研究機関を共同
設立。
北京大学医学部
—
中国政府教育部が設立した初めての西洋医学を教える国立学校で
ある。数10箇所の研究センターと実験室を設立、医薬分野にお
ける研究開発業務を推進
上海交通大学
2009年
医薬研究開発センターを設立
天津薬物研究院
2010年
2010年12月、科学技術部は釈薬技術・薬代動力学国家重点実験室
の建設を正式に承認、省と部による国家実験室の共同設立のうち
、5例目の成功ケースとなる。
天津薬物動態学および薬力学省部によって共同設立された国家重
点実験室および天津市製剤工程中心に基づいて設立された。
中国生物技術発展中
心
2010年
乾細胞治療技術の臨床変換および応用研究、デジタル化医療工程
技術開発、体外診断技術製品の開発、重大化学工業製品の高度な
バイオの製造は今後5年間で7億8,700万元の研究費を獲得するこ
とになる。
ジョンソン&ジョン
ソンメディカル
B-2外資企業
C-2政府
参入方式
昆明市延安医院と深セン一体医療集団が広州9+2文博会において
「昆明市延安医院腫瘤総合診断治療中心の共同設立」に関する提
携協議を締結、総投資額は2億5,000万元。
D-2大学
E-2研究機関あるいは
協会
財政部は2010年に中央から地方へ支払われる専用資金119億元を
新たに準備して医療改革事業の支援にあて、そのうち27億元は直
接衛生情報化の建設に使用される。
プライマリケア衛生管理情報システムプロジェクトの予算は14
億5,000元。3521工程情報化の総合導入プロジェクトの予算は30億
元。
衛生部の「医薬衛生中長期人才発展計画(2011-2020年)」公
布
内容として一、指導思想、基本原則および発展目標,二、主要任
務,三、制度および構造イノベーション,四、重大プロジェクト,五
、組織の実施がある。
42
4. 医 療 産 業 の 構 造 お よ び 登 場 人 物 の 整 理 ( 官 、 産 、 学 、 研 ) -標 準 の 制 定 登場人物
A-3中資企業
例
江蘇省淮陰医療器械
廠
参入時期
永盛薬材加工廠
2006年
「4大妊娠薬」地理標識製品の国家強制性標準の制定
に参与、北京において最終審査を通過、この標準は
妊娠薬製造に関する国家標準の空白を埋めた。
北京東方万泰技術開
発有限公司/河南輝瑞
医療器械有限公司
2006
「睡眠窒息呼吸治療 第1部分:睡眠窒息呼吸治療儀
」標準の制定
重慶山外山科技有限
公司
——
血液浄化分野に関する3項目の国家標準および3項目
の業界標準を起草、制定、業界の技術における優先
的な立場と市場における主導権を手にした。
ジョンソン&ジョン
ソン
2005年
国家質検総局および標準委員会により共同公布され
た「体外診断検験系統自測用血糖監測系統通用技術
条件」(GB/T19634-2005)は国家薬監局によって提出
され、ジョンソン&ジョンソンが中心となって起草
。
IBM
2006年
China HL7委員会の委員であり、標準構築分野の業
務を推進。
GEメディカル、シー
メンス医療
2009年
GEメディカル、シーメンス医療等の企業のプライ
マリーヘルスケア機関が医療機器の標準フォーラム
を開催、プライマリーヘルスケア機関の医療機器の
標準配置につき検討、意見を発表した。
深センアンケハイテ
ク/武漢医用超声検測
中心
2005年
「カラー超音波診断設備」、「パルスドップラー診
断システムの性能試験方法」標準を制定
国家食品薬品監督管
理局
—
医療電器、医療電子儀器、外科機器、医療用注射器
(針)、全国の麻醉および呼吸設備等
医療機器に関する標準化制定、修正および統一管理
の実行等
衛生部
2011年
「三級総合医院審査標準(2011年版)」を制定、
公布、薬品全体、診断技術、治療手段および技術に
関する標準制定事業を担当、1400以上の標準を制定
した。
国家品質監督検総局
—
医療設備、薬品、技術等の分野の標準の制定、修
正および公布等の業務を担当。
科学技術部
—
医療の情報化、医療機器等の標準の制定に参与
工業情報化部
—
医療工業分野の標準の制定に参与
2000年
B-3外資企業
C-3政府
中山大学腫瘤防治中
心
2010年
当該機関が先頭に立ち、解放軍302医院、中国科技大
学、天津医科大学附属腫瘤医院等の機関と「中国体
細胞免疫治療業界標準」の研究を展開。
そのうち本センターは主にCIK細胞、DC-CIK細胞治疗
肿瘤的に関連する標準の研究、および体細胞療法基
地の評価標準の制定を担当する。
成都大学中薬化学実
験室
2011年
「生科学製品中におけるブドウ糖、麦芽糖の含有
量の測定方法-LC屈折率の試験方法」が、成都大学
重要化学実験室により起草される。
医療器械業界協会
—
「生科学製品中におけるブドウ糖、麦芽糖の含有
量の測定方法-LC屈折率の試験方法」が、成都大学
重要化学実験室により起草される。
生物芯片上海国家工
程研究中心
2011年
D-3大学
E-3研究機関あるい
は協会
参入方式
江蘇省淮陰医療器械厰は「無菌医用無損傷縫合波
針」の修正案の起草に参与
生物学的サンプルライブラリ標準の起草に参与。
43
5. 医療産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研 - 試験的導入プロジェクト 登場人物
A-3中資企業
例
参入時期
内蒙古奥特奇蒙
薬股フェン有限公司
2007年
本元正陽基因技
術有限公司
2002-2007年
北京図像視覚技
術分公司
2008年
鋭珂(上海)医療
器材有限公司
2007年
シーメンス
2007年
GEヘルスケア
2011年
B-3外資企業
C-3政府
参入方式
肝臓病予防の新薬五エステル軟カプセル剤ハイテク産業化
モデルプロジェクト:このプロジェクトは国家発展改革委員
会が発改弁高技[2007]2490号によって建設を承認した国家ハ
イテク産業モデルプロジェクトである。プロジェクトに対す
る総投資額は4,672万元。
国家ハイテク産業発展プロジェクト計画「遺伝子ベクター
プラットフォーム技術ハイテク産業化モデルプロジェクト」
を受任、年間11万(それぞれの規格1×1014)ウィルス粒子の
生産能力を形成した。
デジタル化眼科区域協同医療モデルプロジェクトは国家中
長期発展戦略計画現代サービス業の重点モデルプロジェクト
の一つである。このプロジェクトでは主に遠隔相談および遠
隔予約を実現させる。
衛生部と鋭珂(上海)医療器材有限公司(以下略称:鋭珂公
司)は北京において農村医療情報化試験的導入プロジェクト調
印およびキックオフミーティングを開催、鋭珂公司は1,000万
元相当の資産を寄付、寧夏自治区において農村医療情報化試
験的導入事業を展開。
「シーメンス新農村医療モデルセンター」プロジェクトが
開始、 衛生部はプロジェクトに対して指導と支援を行った。
シーメンスは1,000万ドルを投資し、また プロジェクトの実
施を担当。
2011年に「春風計画」の第一段階が開始、GEヘルスケアは
プライマリーケアに使用される影像製品を送り出す外、年内
に5箇所の医療情報化試験的導入地区を設立、7項目の「都市
・農村衛生モデル院」プロジェクト、300回以上の研修を展開
する予定。
ジョンソン&ジ
ョンソン
2009年
衛生部国際交流・合作中心と強生(中国)医療器材有限公司
は「中国心血管介入診療医師研修プロジェクト」に調印、こ
のプロジェクトでは3年間の枠組みのもと、強生が投資、衛生
部医政司の指導の元で展開され、国内の心血管介入診療医師
に対して規範化の研修と認証を行う。
上海市衛生局
2008年
閔行区は住民電子健康記録(EHR)に基づいた地域衛生情報
化を建設、試験的導入プロジェクトとなった。
国家中医薬管理
局
2011年
国家中医薬管理局は杭州市において基本公衆衛生サービス
漢方薬サービスプロジェクト試験的導入事業のキックオフミ
ーティングを開催、73箇所の試験的導入地区を確定した。研
究、探索により漢方薬サービスを徐々に国家基本公共衛生サ
ービスプロジェクトに並び、都市・農村の住民に対して漢方
薬の基本公衆衛生サービスを提供、漢方薬は健康促進におい
て優位性および役割を発揮する。
上海交通大学仁
済医院
2008年
同済大学
2008年
四川大学華西医
院
2009年
首都医科大学
2010年
首都医科大学同仁医院が実施する「都市農村一体型デジタ
ル化眼科医院区域の医療モデル協力プロジェクト」は、中央
政府の重大プロジェクト区域の医療サービスモデルプロジェ
クトグループによって検収、全国に向けて推進する。
北京市希思科臨
床腫瘤学研究基
金会
2011年
衛生部医政司の指導の下、北京市希思科臨床腫瘤学研究基
金会と萌蒂(中国)製薬有限公司は衛生部において「癌性疼
痛の標準化治療モデル病室」プロジェクト調印式を行った。
2010年
「上海市安科所の有害化学物質により引き起こされた事故に
対する緊急医療ケアプロジェクトを組織」
2009年
漢方薬の標準化管理を強化、全国漢方薬モデル拠点を建設
D-3大学
E-3研究機関ある
いは協会
上海市安科所、
中科院
天津市中医薬研
究院
上海市科学技術委員会のプロジェクト「デジタル化区域統
合医療のモデルの応用および基地建設」が開始。上海交通大
学仁済医院がサブトッピックの請負機関となり、上海坦瑞信
息技術有限公司と共同で完成。
「中国伝統医療マスター継承人才育成計画」が開始、国家
中医薬管理局により中国伝統医学継承育成事業の試験的導入
プロジェクトとして承認を受け、同済大学中医研究所が受任
する。
「成都市金堂県における都市・農村医療衛生事業共同コー
ディネートモデル県」プロジェクトを実施。
44
6. 医 療 産 業 の 構 造 お よ び 登 場 人 物 の 整 理 ( 官 、 産 、 学 、 研 ) - 産 業 化 登場人物
A-3中資企業
B-3外資企業
C-3政府
例
同生儀器科技有限公
司、科普達試剤儀器
有限公司
参入時期
泰州国家医薬ハイテク技術産業開発区にそれぞれの医
薬企業が入っている。
2009年
武漢新興医薬科技有
限公司
2001年
春光九匯現代中薬公
司、華納大、有色凱
鉑等企業
2006年
フィリップス医療設
備系統有限公司
2007年
参入方式
武漢医薬産業パーク(以下略称:医薬パーク)は武漢
医薬科技産業パークモデルパークであり、武漢市におけ
る重要な産業化基地の一つである。プロジェクトのリー
ダーは武漢新興医薬科技有限公司(以下略称:新興公
司)。
それぞれの医薬企業は長沙国家生物産業基地に入って
おり、それは国家発展改革委員会より承認を受けた、湖
南瀏陽生物医薬園区を核心とする国家級生物産業基地で
あり、中西部地区における唯一の国家級生物産業基地で
ある。
東北大学中荷生物医学・情報工程学院および東軟、フ
ィリップス医療設備システム有限公司は共同で「教育実
習基地」開業の儀式を東軟ソフトウェアパークにおいて
開催。
シーメンスMRパークが正式に成立、これはシーメン
ス医療系統集団が中国においてCTを製造する上海シーメ
ンス医療器械有限公司、X線の真空管を製造する無錫生産
基地に続く全世界の供給システムに参入するための製造
および研究開発の拠点である。
ノボザイムス(中国)生物医薬有限公司を建設、新工
場は初期においてバチルス発酵のヒアルロン酸(bHA)製
品を製造する予定であり、この製品は医療機器と薬品の
応用として、アイケア等引き続き原料薬および薬品製造
現場を建設する。
深センシーメンス
Mindit磁共振有限公
司
—
ノボザイムス(デン
マーク)
2009年
ノバルティス(スイ
ス)
—
ノバルティスは中国において2.5億ドルを投資して蘇州
ノバルティス製薬科技公司の営業を正式に開始、この会
社はノバルティスにおいて全世界でも重要な技術開発セ
ンターおよび原料薬製造基地となる可能性がある。
上海強生制薬有限公
司
1995年
ジョンソン&ジョンソンが中国において設立した初めて
の非処方薬品の製造を専門とする製薬会社であり、生産
拠点は上海市閔行経済技術開発区に位置する。
遼寧省人民政府
—
吉林省科学技術庁
2008年
天津市政府
—
貴州省修文県政府
2000年
通化市医薬基地は「国家たいまつ計画」(長白山薬
谷)漢方薬材モデル基地に並べられ、中国で始めての
(生物医薬)科学技術貿易振興輸出革新基地、国家級生
物産業基地である。
全省における医薬産業推進のリード部門として、長春
市、通化市、白山市および延辺市は長春ハイテク生物医
薬科技産業パーク、通化医薬科技産業パーク、長白山生
態健康科技産業パークおよび延辺敖東医薬科技産業パー
クの建設を承認、また省全体を医薬産業の迅速な発展推
進の全体配置に含めた。
天津医薬医療器械工業パークは天津市人民政府の承認
を受けて設立されたモデル工業パークであり、
唯一の医薬医療産業を機能方針とするパークである。
貴州省薬用生物工業パーク建設のために出資
45
第 2 節 自動車産業分野での登場人物調査 1.自動車産業構造および登場人物の整理(官、産、学、研)-総括 A
中国企業参
与者
A-2:広州汽車集団、
A-2:広州汽車集団、
上汽集団、長安汽車
上汽集団、長安汽車
集団等
集団等
A-3:合肥邦立電子、
A-3:合肥邦立電子、
青山工業、中傑科
青山工業、中傑科
技、万山公司
技、万山公司
A-4:東風汽車、中国
A-4:東風汽車、中国
一汽、江淮汽車、奇
一汽、江淮汽車、奇
瑞汽車等
瑞汽車等
A-5、星恒電源、中航
A-5、星恒電源、中航
工業エンジン、北京汽
工業エンジン、北京汽
車
車
B
外資系企業
参与者
B-2、プジョーシトロエ
B-2、プジョーシトロエ
ン、メルセデスベン
ン、メルセデスベン
ツ、GM、サーブ(スウ
ツ、GM、サーブ(スウ
ェーデン)
ェーデン)
B-3GM、パンアジア、
B-3GM、パンアジア、
朗格世明汽車部件
朗格世明汽車部件
(langge
(langge Shiming)
Shiming) 、、
(SPS)
(SPS)
B-4、ボルボ、GM、B
B-4、ボルボ、GM、B
MW、カミンズ等
MW、カミンズ等
B-5:北京ヒュンダイ、フ
B-5:北京ヒュンダイ、フ
ォルクスワーゲン、レニ
ォルクスワーゲン、レニ
ー電気システム、ダイ
ー電気システム、ダイ
ムラー、GM
ムラー、GM
自動車産業構造
の整理
C
政府管轄部門
D
大学の参与
者
E
研究機構、 協会
の参与者
1、国家方針政
策の制定
C
C-1国務院、工業情報
-1国務院、工業情報
化部
化部
D-1清華大学、人民大
D-1清華大学、人民大
学
学
E-1中国汽車工業協会
E-1中国汽車工業協会
2、研究開発へ
の緒期投入
C
C-2、国務院、科学技
-2、国務院、科学技
術部、財政部
術部、財政部
D-2:上海交通大学、
D-2:上海交通大学、
清華大学、北京理工
清華大学、北京理工
大学、湖南大学
大学、湖南大学
E-2、中国燃料電池汽
E-2、中国燃料電池汽
車技術革新戦略聯盟
車技術革新戦略聯盟
3、標準の制定
C
C-3、国務院、国家品
-3、国務院、国家品
質監督検験総局、国
質監督検験総局、国
家発展改革委員会、
家発展改革委員会、
工業情報化部、国家
工業情報化部、国家
電力監管委員会
電力監管委員会
D-3:長安大学、同済
D-3:長安大学、同済
大学、天津大学
大学、天津大学
E-3、中国汽車工業協
E-3、中国汽車工業協
会、中国汽車技術研
会、中国汽車技術研
究中心、中国電器工
究中心、中国電器工
業協会等
業協会等
C
C-4、科学技術部、財
-4、科学技術部、財
政部、発展改革委員
政部、発展改革委員
会、工業情報化部
会、工業情報化部
D-4:清華大学
D-4:清華大学
E-4、中国全国総工会
E-4、中国全国総工会
C
C-5、国務院、地方政
-5、国務院、地方政
府等
府等
D-5、同済大学
D-5、同済大学
E-5、上汽工程技術中
E-5、上汽工程技術中
心、奇瑞新能源汽車
心、奇瑞新能源汽車
研発中心
研発中心
4、試験的導入
プロジェクト
5、産業化
【 説 明 】 A.外資企業の参与者は自動車産業全体の産業構造において国家方針政策の制定に参与しな
いほか、その他 4 つのリンク全てに参与する。 B.中国企業の参与者は自動車産業全体の産業構造において国家方針政策の制定に参与しな
いほか、その他 4 つのリンク全てに参与する。 C.中国政府の管理部門は自動車産業全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与する。 D.中国の一部の重点大学は自動車産業全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与、
主に政府部門との協力を通して、研究開発の初期投資および標準化リンクに参与。 E.研究機関あるいは協会自動車産業全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参与、主
に政府部門との協力を通して、研究開発の初期投資および標準化リンクに参与。 46
2.自動車業界の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 国家方針政策の制
定 登場人物
A-1中資企業
B-1外資企業
例
—
—
参入時期
—
—
国務院
2009年
参入方式
—
—
「国家中長期科学技術発展計画要綱 」を制定し、自動車の
自主イノベーション応力を向上、自動車のインテリジェント
技術、新エネルギー自動車を発展させる事を主要な内容の一
つとする。
2010年
国務院の戦略性新興産業の育成および発展の加速に関する決
定、財政、租税における優遇などの支援政策;新エネルギー
の「第12次5ヵ年計画」期間において迅速に推進されること
になる。新エネルギー車モーター駆動システム、動力電池は
新エネルギー車のキーコンポーネントであり、新エネルギー
車産業の迅速な発展から恩恵を受ける。
工業情報化部
2011年
「自動車および新エネルギー車発展産業計画」制定の先頭に
立ち、省エネおよび新エネルギー車の発展状況分析、目標、
任務、保障措置等のいくつかの分野における、省エネおよび
新エネルギー車キー技術の研究開発、プロモーション、イン
フラ建設、標準の制定、租税政策支援、キーコンポーネント
の発展、アクセス管理等に関する内容。
—
—
国務院
C-1政府
D-1大学
E-1研究機関あるい
中国汽車工業協会
は協会
—
政府のために自動車業界発展規則を制定、自動車産業発展政
策、法律・規則などに関する提案、「第12次5ヵ年計画」自動
車産業発展計画の起草、国家方針政策の徹底した執行、業界
全体の利益の維持。
2009年
47
3.自動車産業構造および登場人物整理(官、産、学、研)- 研究開発および初期投
入 登場人物
例
参入時期
広州汽車集団
2006年
上汽集団
2008年
長安汽車集団
2010年
参入方式
広汽研究院を設立、広汽集団研究開発システムのハブ
、本社の技術管理部として、広汽集団の新製品、新技術
の全体発展計画、また具体的な研究開発業務の実施を担
当。
同済大学汽車学院を設立、上汽集団の新エネルギー車
分野の研究開発業務を担当。
北京、哈爾濱および江西汽車研究院の三大研究開発基
地が成立。
A-2中資企業
2008年
技術センターの設立は中国の消費者の特徴、モデルの
設計、部品および車輌の設計に焦点を合わせている。技
術センターの従業員数は今後数年間で1,000人に達する
予定である。上海同済大学汽車学院と提携協議に調印、
プジョーシトロエン集団と研究プロジェクトを共同展開
する。
メルセデスベン
ツ技術集団
2008年
メルセデスベンツ技術集団は同済大学中独学院の汽車電
子基金設立に出資、同済大学の自動車電子分野の研究お
よび教育業務、具体的には自動車電子テスト、ネットワ
ーク技術、新エネルギー車電子技術等の分野における研
修と研究の展開を援助する。
GM中国科学研
究院
2009年
GMの将来の自動車技術分野に関する全世界の研究開発
業務に参与、主導。
2010年
浙江青年乗用車集団有限公司(略称:青年乗用車)と
スウェーデンのサーブ汽車公司(SAAB Automobile A.B.)の合弁による自動車研究開発プロジェクトはすで
に浙江省発展改革委員会の承認を得ている。三モデルの
新車型を研究開発する予定である。
長安プジョーシ
トロエン研究開
発中心
2011年
長安プジョーシトロエンは約5億元を投資して深セン
において長安プジョーシトロエン研究開発センターを設
立、第一段階における研究開発人員は約1,000人となる
予定である。PSAの中国における研究開発センターは上
流プロジェクトのローカライゼーションへの適応段階の
設計を担当、具体的にはモデルの工業化を着実にし、
PSAの中国における合弁会社2社の研究開発センターが完
成させる。
国務院
2009年
中国科学技術部
2010年
中国財務部
2010年
プジョーシトロ
エン(中国)技術
中心
B-2外資企業
サーブ汽車公司
国務院は貸付金の利息の支払いの方式を決定、200億
元を技術改革のため、新エネルギー車の発展、キー技術
の開発支援、国内において空白となっているキーアセン
ブリの補填などのための財政支援として手配。
「国家中長期科技人才発展計画(2011-2020年)」を
先頭に立って制定、規模が大きく、品質が良く、構造が
合理的で、ダイナミックな革新型科学技術人才チームを
構築、人件費の研究開発費中における比率の上昇、合理
化、科学技術人才の国際競争における優位性を確立。
2011-2020年,財政部は500億元を手配し、省エネ・新エ
ネルギー車産業発展専用資金とした。主に省エネ・新エ
ネルギー車のキー技術の研究開発および産業化を支援。
国家新エネルギー車産業技術革新聯盟を設立、共同開発
構造を確立した。
2011-2015年,財政部は350億元を手配し、新エネルギー
車モデルプロモーションプロジェクトおよびインフラ建
設支援専用資金とした。
C-2政府
48
登場人物
D-2大学
E-2研究機関およ
び協会
例
参入時期
上海交通大学
2006年
湖南大学
2007年
北京理工大学電
動車輌国家実験
室
2008年
清華大学
2009年
中国燃料電池汽
車技術革新戦略
聯盟
2012年
参入方式
上海交通大学は常に車輌の制御、電子技術的研究を重視
し、多くの国家、上海市および多くの大自動車集団の新
技術研究開発、応用技術課題を受任、センサー、アクチ
ュエーターおよび各種の電子制御システムの科学技術上
の取組を実施、具体的には高圧コモンレールディーゼル
電機システム、AMT トランスミッション電子制御システ
ムおよびアクチュエータ、ABS/ESP の電子制御システム
およびアクチュエータ、 ハイブリッド車および純電気自
動車の電池管理システム等。
中国第一汽車集団と戦略提携協議に調印、両当事者は
人才育成および交流、研究プロジェクトにおける提携、
学術交流および基地建設により、中国における自動車お
よび関連業界の科学技術イノベーションおよび持続可能
な発展の提携システムを構築。
国家863省エネ・新エネルギー車重大プロジェクト「
純電動バス動力システム技術プラットフォーム研究開発
」、「車用駆動モーターのシステム検知技術および快速
評価研究」等5項目の課題、北京市科学技術オリンピッ
ク重大プロジェクトの課題6項目、国防重点プレ研究プ
ロジェクト「電機駆動車輌全体技術」等の課題を主管。
華晨公司と汽車研究院を設立。自動車製造技術開発と
製品の設計を主とする研究機関であり、中国の自主知的
財産権を有する自動車技術を開発設計することになる。
同済大学、清華大学、武漢理工大学、重慶大学の4ヶ所
の大学、中科院大連理化学研究所等3k所の研究機関およ
び中国第一汽車集団公司等国内の12社の自動車完成車お
よび部品企業から成り立ち、コアとボトルネック技術を
克服することが出来、中国の燃料電池自動車の産業化過
程を加速する。
49
4.自動車産業構造および登場人物整理(官、産、学、研)- 標準の制定 登場人物
例
参入時期
参入方式
2008年
「自動車用エンジン潤滑油圧力センサー」、「自動車
用温度センサー」、「自動車、オートバイ用の燃料セン
サー」「自動車用変速センサー」等の4つの標準を起草
。
重慶青山工業有限
責任公司
2010年
先頭に立ち自動車トランスミッション業界の標準—
QC/T 29063.1-2010「自動車のトランスミッション組立
の技術条件(第1部分:マイナー型)」およびQC/T
568.1-2010「自動車機械式トランスミッション組立ベン
チ試験方法(第1部分:マイナー型)」を改正、すでに
全国自動車標準化技術委員会の審査を経て、正式に国家
工業情報化部の承認を受け、公布、実施されている。
雲南中傑科技開発
有限公司
2011年
中国汽車技術研究中心と国際QCCPZT3913-2011「自動
車用指紋識別装置」を共同起草
中国航天科工九院
万山公司
2011年
自動車業界標準「大型平板トラック通用技術条件」を
届出
上海通用パンアジ
ア汽車技術中心有
限公司(合資)
2008年
寧波朗格世明汽車部件有限公司と共同で自動車マット
国家標準制定提携プロジェクトに調印
寧波朗格世明汽車
部件有限公司
(langge
Shiming) (合
資)
2008年
自動車マット国家標準の制定に参与。朗格世明汽車部件
有限公司はすでに全国貴社標準化技術委員会自動車マッ
トワーキンググループを形成、関連する標準を編制して
いる。
上海サックス動力
総成部件系统有限
公司
2010年
2項目の国家標準「乗用車および軽商用車の油圧トル
クコンバータ性能評価方法」、「乗用車および軽商用車
トルクコンバータの信頼性試験方法」を先頭に立って制
定、「QC/T463-2010 自動車用トルクコンバータ技術条
件」、「QC/T557-2010 自動車用トルクコンバータのベ
ンチ試験方法」、「QC/T29033-2010 自動車用油圧コン
バータのベンチ性能試験方法」の三項目の業界標準を改
訂。
国家品質監督実験
総局
—
電気自動車の国家標準、充電施設の国家標準の公布機
関。
国家発展改革委員
会
—
電機自動車充電施設に関する標準の制定などを担当。
工業情報化部
2009年
新エネルギー車製造企業および製品のアクセス管理規
則、新エネルギー車の分類、管理方式およびアクセス条
件等に関して明確な規定を設け、「規則」の新エネルギ
ー車発展におけるそれぞれの段階に対して詳細な計画を
設け、技術上着手期、発展期、成熟期の三段階とする。
新エネルギー車計画を正式に開始。
国家電力監管委員
会
—
関連する電器部品分野の標準、例えばEMC標準化制
定などを担当。
合肥邦立電子有限
公司
A-3中資企業
B-3外資企業
C-3政府
50
登場人物
例
参入時期
参入方式
長安大学
2007年
申福林教授が主管し中華人民共和国自動車業界の「オ
ートガスヒーター」に関する標準を制定。
同済大学
2010年
先頭に立って2項目の国家標準「乗用車および軽商用
車トルクコンバータの性能評価方法」、「乗用車および
軽商用車トルクコンバータの信頼性試験方法」を制定、
「QC/T463-2010 自動車用トルクコンバータの技術条件
」、「QC/T557-2010 自動車用トルクコンバータのベン
チ試験方法」、「QC/T29033-2010 自動車用油圧トラン
スミッションベンチ性能試験方法」の三項目の業界標準
を改訂。
天津大学
2011年
QCCPXT3925-2011「自動車エンジンバルブ技術条件」
を制定。
中国汽車工業協会
—
自動車工業の国家標準、業界標準および技術規範の組織
、改訂。
中国汽車技術研究
E-3研究機関あるいは 中心汽車標準化研
究所
協会
—
全国自動車標準化技術委員会秘書機関。その業務は自
動車業界標準発展計画および標準システムの研究、提出
、国家標準および業界標準の組織制定、改定計画、標準
の起草および技術審査業務の組織、担当、国家標準およ
び業界標準の再審査業務(「電動自動車動力蓄電池シス
テム通用要求」などの制定。
中国電器工業協会
—
全国鉛蓄電池、電気付属品、電気安全、度量継電器お
よび保護設備標準化の制定を担当。
中国儀器儀表業界
協会
—
電気計測器標準化標準制定を担当。
D-3大学
51
5.自動車産業構造および登場人物整理(官、産、学、研)-試験的導入プロジェクト 登場人物
A-4中資企業
例
参入時期
参入方式
五洲龍公司
2008年
国家「863計画」では深セン市では五洲龍ハイブ
リッドバスを重大サポートプロジェクトに含めて推
進、また五洲龍公司は南方民営科技企業の電動自動
車産業化支援の試験的導入企業として選定された。
東風電動汽車産業
パーク
2009年
国家知的財産局により国家電気自動車特許産業化
の試験的導入基地として指定。
中国第一汽車集団
2011年
国家発展改革委員会の「社会に向けた自動車部品
の再制造試験的導入機関の公開募集に関連する状況
の公告」完成車試験的導入プロジェクトに参入。
奇瑞汽車
江淮汽車
2011年
2011年
蕪湖省エネ・新エ
ネルギー車産業ク
ラスター
2011年
ボルボ
2011年
GM
2011年
「中国(上海)電気自動車国際モデル都市パートナ
ー組織」への加入の意向書に署名、また傘下の最新
、先進的なハイテク自動車を携えて「上海嘉定電気
自動車国際モデル区」に入る。
BMWグループ
2011年
BMW集団MINI Eは中国において電気自動車分野
の実際のロードテストの国際モデルプロジェクトの
支援を実施。
東風康明斯エンジ
ン有限公司
2011年
発展改革委員会の「社会に向けた自動車部品の再
制造試験的導入機関の公開募集に関連する状況の公
告」完成車試験的導入プロジェクトに参入。
B-4外資企業
C-3政府
D-3大学
同上
同上
科学技術部により中国初の「革新型産業クラスタ
ー試験的導入点(育成)」に並べられ、蕪湖省エネ・
新エネルギー車産業クラスターには400社以上の自
動車部品企業が集まり、そのうちハイテク企業は
109社である。
ボルボC30電動車モデルプロジェクトが上海汽車
城に入り、ボルボ汽車公司と上海国際自動車城集団
が嘉定汽車博物館において新エネルギー車戦略協力
覚書に署名。
国家科学技術部
2011年
国家財政部
2011年
国家発展改革委員
会
2011年
国家工業情報化部
2011年
清華大学
2010年-2011年
科学技術部、発展改革委員会、財政部、工業情報
化部は正式に「省エネ・新エネルギー車モデル推進
試験的導入事業のさらなる改善に関する通知」を公
布。
モデルプロジェクトに対する資金援助を担当。
「社会に向けた自動車部品の再制造試験的導入機
関の公開募集に関連する状況についての公告」の公
布。
モデルプロジェクトの監督、管理および推進を担
当。
斉魯汽車公司と清華大学は電気自動車コントロー
ルシステムのキー技術を譲渡、2両の7メートルのハ
イエンド純電動中型バスビジネスモデル車等を共同
で製造するプロジェクトについて調印した。
重慶市人民政府と清華大学は戦略提携契約に調印、
ガスと水素の混合ガス(HCNG)バス共同研究開発お
よびモデルプロモーションプロジェクト協議を締結
した。
E-3研究機関あるい
は協会
中華全国総工会
2010年
52
中華全国総工会聯合、科学技術部、国務院国資委
により「第4回革新型試験的導入企業確定に関する
通知」を発行。
6.自動車産業構造および登場人物整理(官、産、学、研)- 産業化 登場人物
A-3中資企業
例
蘇州星恒電源有限公
司
中航工業発動機有限
責任公司
北京汽車工業控股有
限公司総部
B-3外資企業
北京ヒュンダイ汽車
有限公司
上海VW汽車有限公
司
レニー電気系统(上
海)有限公司
参入時期
—
工業設立、投産、産業基地の創立。
2009年
工業設立、投産、産業基地の創立。
2007年
北京汽車工業控股有限責任公司本社は北京汽車
生産基地に移転、このプロジェクト完成後にはさ
らに社内部の資源を統合し、北京汽車の全体の優
位性を発揮する予定。
2002年
工業設立、投産、産業基地の創立。
—
工業設立、投産、産業基地の創立。
2005年
工業設立、投産、産業基地の創立。
BYD—ベンツ電気自動車プロジェクトは深セン市
と恵州市の共同で構築された新エネルギー車産業
モデル区に入る。
工業設立、投産、産業基地の創立。
自動車産業振興計画により、新エネルギー自動
車戦略が始めて提出され、100億元の資金を準備し
て新エネルギー車およびキーコンポーネントの産
業化を支援。
ダイムラー
2010年
GM
—
国務院
2009年
長春市政府
2010年
長春汽車産業開発区を建設。長春市委員会、長
春市人民政府(以下略称:市委、市政府)と一汽
集団は提携して省級開発区を共同建設。
同済大学
2009年
上海嘉定区と「上海国際汽車城環同済知識経済
圈建設戦略協力に関する枠組み協定」および「上
海国際汽車城同済科学技術パークの建設に関する
提携協議」を締結、産業化発展の推進を図る。
上汽工程技術中心
2008年
奇瑞新能源汽車研究
開発中心
2011年
C-3政府
D-3大学
参入方式
E-3研究機関あるい
は協会
53
安亭に移転した上海汽車研究中心本部の第一期
工程に対する投資額は7億元を越え、敷地面積は25
万平方メートル、完成車の開発能力およびパワー
トレイン開発能力を有する。
奇瑞新能源上海研究開発基地は2011年3月に正式
に建設開始、現在一部の研究開発用ビルと工場の
建物の施工が全面展開されており、第一期の敷地
は150ムー、年末には竣工の予定である。このプロ
ジェクト第一期への投資額は1億1,200万元である
。
第 3 節 新エネルギー業界分野での登場人物調査 1.新エネルギー産業構造および登場人物整理(官、産、学、研)-総括 A
中国企業の
参与者
B
外資系企業
の参与者
新エネルギー産
業構造の整理
1、国家方針政
策の制定
A-2:国伝聨合動力技
A-2:国伝聨合動力技
術、特変電工、江蘇
術、特変電工、江蘇
大全集団
大全集団
A-3:保定英利集団、
A-3:保定英利集団、
湘電集団、華電新エ
湘電集団、華電新エ
ネルギー
ネルギー
A-4:中広核太陽能、
A-4:中広核太陽能、
中国電力投資集団、
中国電力投資集団、
江蘇兆伏電力科技等
江蘇兆伏電力科技等
A-5、五星太陽能股フェ
A-5、五星太陽能股フェ
ン、華盛天龍光電設備
ン、華盛天龍光電設備
股フェン、平煤神馬エネ
股フェン、平煤神馬エネ
ルギー化工集団
ルギー化工集団
B-2、SG
B-2、SGS集団、シー
S集団、シー
メンス、ABB、LDKソ
メンス、ABB、LDKソ
ーラー
ーラー
B-3フェニックス、トリー
B-3フェニックス、トリー
ナ
ナ
B-4、シュナイダー電
B-4、シュナイダー電
気、SMA(ドイツ)、シ
気、SMA(ドイツ)、シ
ーメンス
ーメンス
B-5:シーメンス、
B-5:シーメンス、
ABB、第一エネルギー
ABB、第一エネルギー
(アメリカ)、トリーナ等
(アメリカ)、トリーナ等
2、研究開発の
初期投入
3、標準の制定
4、試験的導入
プロジェクト
5、産業化
C
政府管轄部門
D
大学の参与
者
E
研究機構、 協会
の参与者
C
C-1国家発展改革委員
-1国家発展改革委員
会
会 、国家エネルギー
、国家エネルギー
委員会、国家電力監
委員会、国家電力監
管委員会
管委員会
D-2:同済大学、清華
D-2:同済大学、清華
大学
大学
E-1中国科学院電工研
E-1中国科学院電工研
究所、中国可再生能
究所、中国可再生能
源学会
源学会
C
C-2、財政部、上海市
-2、財政部、上海市
政府、国家エネルギ
政府、国家エネルギ
ー局
ー局
D-2:中山大学、遼寧
D-2:中山大学、遼寧
工業大学、海軍工程
工業大学、海軍工程
大学、瀋陽工業大学
大学、瀋陽工業大学
E-2、風能協会等
E-2、風能協会等
C
C-3、工業情報化部、
-3、工業情報化部、
国家標準化管理委員
国家標準化管理委員
会、中国電力企業聨
会、中国電力企業聨
合会、国家能源局、
合会、国家能源局、
国家発展改革委員
国家発展改革委員
会、国家電力監管委
会、国家電力監管委
員会
員会
D-3:清華大学、復旦
D-3:清華大学、復旦
大学、雲南師範大学
大学、雲南師範大学
等
等
E-3、全国太陽光伏能
E-3、全国太陽光伏能
源系统標準化技術委
源系统標準化技術委
員会
員会 、中国光伏協会、
、中国光伏協会、
可再生能源学会風能
可再生能源学会風能
専業委員会等
専業委員会等
C
C-4、国家発展改革委
-4、国家発展改革委
員会、財政部、地方
員会、財政部、地方
財政庁
財政庁
C
C-4、北京大学、清華
-4、北京大学、清華
大学、復旦大学、南
大学、復旦大学、南
昌大学、南京大学
昌大学、南京大学
E-4、西北水電勘測設
E-4、西北水電勘測設
計院、甘粛省電力設
計院、甘粛省電力設
計院、中国技術市場
計院、中国技術市場
協会
協会
C
C-5、国家発展改革委
-5、国家発展改革委
員会、国家環保総
員会、国家環保総
局、地方政府
局、地方政府
D-5、清華大学、中国
D-5、清華大学、中国
科学院半導体研究
科学院半導体研究
所、南京大学、楊州
所、南京大学、楊州
大学
大学
E-5、中科院成都光電
E-5、中科院成都光電
技術研究所、核工業
技術研究所、核工業
西南物理研究院等
西南物理研究院等
【説明】
A.外資企業の参与者は新エネルギー業界全体の産業構造において国家方針政策の制定に参
与しないほか、全てのリンクに参与する。 B.中国企業の参与者は全体の産業構造において国家方針政策の制定に参与しないほか、全
てのリンクに参与する。 C.中国政府の管理部門は新エネルギー業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参
与する。 D.中国の一部の重点大学は新エネルギー業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに
参与、主に政府部門との協力を通して、研究開発の初期投資および標準化リンクに参与。
E.研究機関或いは協会は新エネルギー業界全体の産業構造において 1-5 全てのリンクに参
与、主に政府部門との協力を通して、研究開発の初期投資および標準化リンクに参与。 54
2.新エネルギー産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 国家方針政
策の制定 登場人物
A-1中資企業
B-1外資企業
例
—
—
参入時期
—
—
参入方式
—
—
2007年
再生可能エネルギーの発展を加速、省エネ・排出削減の促進
、気候変動に対する積極的な対応、経済と社会の持続可能な発
展の需要を更に満足させるため、中国の再生可能エネルギー資
源、技術および産業の発展状况において、世界の再生可能エネ
ルギー発展の経験を借り、その基礎の上に「可再生エネルギー
中長期発展計画」を研究、制定、現在から2020年までに間に中
国における再生可能エネルギー発展の指導思想、主要任務、発
展目標、重点分野および保障措施再生可能エネルギー発展およ
びプロジェクトの建設を提起した。
「新エネルギー産業振興発展計画(草案)」も起草中である。
国家エネルギー委
員会
2010年
国家エネルギー発展戦略の研究、制定、エネルギーの安全生
およびエネルギー発展における重大問題の審議、国内エネルギ
ー開発およびエネルギー国際協力の重大事項のコーディネート
を担当。電監会「三定」方案において規定された市場監管部の
「発電業務許可証の公布および管理」、送電監管部の「送電業
務許可証の公布および管理」、供電監管部「電力供給業務およ
び関連する業務許可証の公布および管理」等の職能の具体的管
理事務は電力業務資格管理中心によって請負われる。
国家電力監管委員
会
—
電力プロジェクト(太陽光発電を含む)の電力業務許可証の
発行、電力工場、電網企業の監督、管理を担当。
同済大学
—
低炭素都市の建設およびび新エネルギー計画の制定および検
討への参与。計画において制定された同済大学の持続可能な発
展および管理研究所の諸大建所長等の専門家の指摘によると、
低炭素都市の建設はシステム工程であり、低炭素エネルギーの
開発は低炭素都市建設を基本的に保障し、クリーン生産は低炭
素都市建設のキーリンクであり、リサイクルは低炭素都市建設
における効果的な方法であり、持続的発展は低炭素都市建設の
根本方向である。低炭素都市建設の推進のために以下の政策、
措置を採用することを提案した。その一、低炭素都市において
は第三次産業の発展、低炭素エネルギーの生産と利用の促進が
必要であり、都市建設および経済発展のために提供新しいエネ
ルギーの保障を提供する。その二、低炭素都市の産業配置は、
低炭素化、循環化されるべきであり、新たな産業配置の計画が
必要である。循環経済およびクリーン生産を実施し、高炭素産
業の発展速度を抑制、経済構造調整を加速、最終的に低炭素の
生産可能、持続的成長が可能な生産モデルを実現する。その三
、持続可能な都市低炭素消費モデルを実行。その四、エコシテ
ィ建設戦略計画の制定、地方政府、金融企業の政策のインセン
ティブおよび融資支援による、都市において効果的に省エネ・
排出削減が出来る低炭素技術の促進。
清華大学
—
新エネルギー分野の方針の制定への参与のメンバー機関。例
えば「風力発電のオンライン電価」実施細則の過程において、
多くの課題研究を請負い、また各種の方案および推計データに
関する価格部門のために参考となる資料を提出した。
中国科学院電工研
究所
—
中国における太陽エネルギー資源の分布および太陽光発電市
場の構造、各種太陽光発電プロジェクトの目的システム構造。
—
政策コンサルティング、標準コンサルティング、産業構造分
析,組織科学技術に携わる人員が国家再生可能エネルギー科学
政策、法規制定および科学的意思決定事業に参加、学術および
産業研究の展開、政策提案の提出、プロジェクトの評価の受託
、成果の鑑定、コンサルティングサービス、技術サービス、資
格審査等の任務を請負った。
国家発展改革委員
会
C-1政府
D-1大学
E-1研究機関あ
るいは協会
中国可再生エネル
ギー学会
55
3.新エネルギー産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 研
究開発および初期投入 登場人物
例
国電聯合動力技術
(宜興)有限公司
参入時期
参入方式
2009年
国電聯合動力技術(宜興)有限公司は北京国電龍源環保
工程有限公司の投資を受け、第一期は3億6,000万元を
投資した年間生産量1000台(セット)の1兆5,000億ワッ
ト級の風力発電モーターの生産ラインプロジェクト、第
二期は1,500台(セット)、2兆6,000億ワット級の年間
生産能力を有する風力発電モーターである。
国電集団はこのプロジェクトに90億元を投資。理解した
ところによると、そのうち太陽光発電プロジェクトは80
億元で、太陽光発電所および風力発電タービンの建設は
2大主要産業となる予定である。
2012年
特変電工は国家科学技術部863計画の重大課題を受任
。例えば、特変電工新能源公司が届け出た「100mWPVシ
ステム設計インテグレーション技術およびキー設備の開
発」は正式に国家863計画先進エネルギー技術分野にお
ける重大課題プロジェクトとして認められた。「
100mWPVシステム設計インテグレーション技術およびキ
ー設備の開発」の施工時期は2012年1月から2014年12月
、主に100mW系統連系太陽光発電所の設計、インテグレ
ーション技術およびキー設備の開発を核心とし、系統連
系太陽光発電所のシステム発電效率の向上を目標とする
。主に国際的な水準を有するPVシステムインテグレーシ
ョン技術の開発、高効率のPVグリッドセットキー設備の
開発、100mW級の系統連系太陽光発電所のモデルプロジ
ェクトを建設する。
A-2中資企業
特変電工新エネル
ギー股フェン有限公司
新能源接入設備研発中心は海軍工程大学および江蘇大
全集団から2億元の投資を受け、風力発電デフレクター
、太陽光発電システム等の研究開発プラットフォームを
建設する予定であり、産業規模は1,500億元以上に達す
る。
アジアで初の第三者風力エネルギー技術センターが開
発区において操業開始、 SGSはアジアで初めての第三者
ブレードテストセンターを設立、中国の風力発電産業の
研究開発水準の促進を有利にする。
市場のオフショア風力タービンに対するニーズの増加
により、シーメンス社(SIE)は1億5,000万ユーロ(約
2億1,400万ドル)を投資し、風力エネルギーの研究開
発に使用する。
江蘇大全集団
—
SGS集団
—
シーメンス
—
ABB
—
電力および自動化技術の多国籍企業であるABBは風力
発電業務部を設立、風力発電技術の開発を強化する。
江西LDK太陽能高科
技有限公司
2011年
8月11日、12日、江西LDK太陽能高科技有限公司の董事
長兼首席執行官である彭小峰氏一行は武漢を考察、武漢
市と太陽光発電産業発展の問題に関して更に立ち入った
議論を行い、戦略提携協議に調印した。
財政部
—
上海市閔行区政府
—
国家エネルギー局
2010年
B-2外資企業
再生可能エネルギー発展プロジェクト資金管理暫定弁
法を制定、再生可能エネルギー発電プロジェクト資金の
管理を強化、資金の使用効率を向上。
閔行区は27条の財政支援、人才サービス、技術研究開
発、成果の転換、製品応用等7つの分野に関する新エネ
ルギー産業発展に関する支援政策を公布。今年から3年
以内に毎年3億元の財政プロジェクト支援資金を投資し
、太陽エネルギーを核心とする新エネルギー企業を設立
する。
国家エネルギー局は2010年6月23日に北京において専
門家により湘潭牽引電気設備研究所有限公司、中国電器
工業協会、華信技術検験有限公司の3機関が共同で請負
う「国家エネルギー風力発電タービン研究開発(実験)
センター」(以下略称「研究開発センター」)の審査を
行った。
C-2政府
56
登場人物
例
参入時期
遼寧工業大学
2009年
中山大学
参入方式
遼寧工業大学は「材料工程技術」高等職業課程を届
け出ており、太陽光学院の設立の準備、太陽光発電の材
料、材料の調製、加工成型、材料の構造等の分野の高級
技術応用型専門人才を育成する。
2009年
広州電気安全検験所および中山大学は提携協議を締結
、新エネルギー、新光源技術の共同研究開発を行う。両
当事者の共同で「新エネルギー、新光源研究センター」
を設立した。本センターは主にLED照明技術、太陽エネ
ルギー応用技術および検出方法の研究,検出技術、方法
および国際規格に従事することになる。
—
新能源接入設備研発中心は海軍工程大学および江蘇大
全集団から2億元の投資を受け、風力発電デフレクター
、太陽光発電システム等の研究開発プラットフォームを
建設する予定であり、産業規模は1,500億元以上に達す
る。
—
瀋陽工業大学は風力発電の技術研究をすでに25年間行
っており、0.3~20kWオフグリッドの風力発電タービン
、30~1500kWグリッド型風力発電タービンおよび風力タ
ービンの試験装置等シリーズ製品の三大類16種類の製品
を次々と開発、4項目の成果が国際連合アジア太平洋地
区の新エネルギー共同プロジェクトに並べられ、8件の
技術譲渡を実施、5種類の製品が日本、モンゴル、北朝
鲜、ミャンマー等に輸出された。
2011年
風能協会と明陽風電は戦略提携を達成、共同研究開発
を行う。
2011年6月20日、明陽風電集団とデンマークの風力エネ
ルギー協会は戦略提携協議を締結。協議によると、両当
事者は技術および新製品の研究、開発、海上風力発電実
業開発、戦略サプライチェーン建設等の分野において方
面深い提携を展開し、双方の同時開発を実現、風力発電
事業の発展を共同推進することを承諾した。
D-2大学
海軍工程大学
瀋陽工業大学
E-2研究機関あるい 風力エネルギー協
は協会
会
57
4.新エネルギー産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)-標準の制定 登場人物
例
参入時期
参入方式
河北保定英利集
団
2010年
河北保定英利集団と江蘇常州天合光能有限公司は国家重
点実験室の建設権を獲得。太陽光発電業界規範の制定、性
能、環境保護、安全等の業界標準の制定業務を受任。
2007年
国家風力機械技術標準化委員会授権を獲得、風力発電業
界文書を先頭に立ち起草。そのうち「風力発電ユニットダ
イレクトドライブ永久磁石同期発電機第1部分:技術条件
」、「風力発電ユニットダイレクトドライブ永久磁石同期
発電機第2部分:試験方法」の国家標準を先頭に立って起
草、制定。同時に、「風力発電ユニット二重給電誘導発電
機第1部分:技術条件」、「風力発電ユニット二重給電誘
導発電機2部分:試験方法」の国家標準制定事業に参加す
る予定である。先頭に立って標準を起草する企業としてす
でに業界において代表的な企業が参加するよう招待した。
金風科技股フェン有限公司、北車集団永済電機廠、瀋陽工業
大学風能技術研究所、湘電風能有限公司により共同起草さ
れた。これまでにすでに標準起草ワーキンググループが設
立された。
湘電集団
A-3中資企業
国家能源局が決定した2009年に制定(修正)されたエネ
華電新能源公司
B-3外資企業
フェニックス
(南京)研究開
発工程中心有限
公司
—
関連する新エネルギー標準制定事業に参入。
ドイツのフェニックス社はフェニックス(南京)研発工程
中心有限公司に投資、GB-T10308.8-2005測量およびデジタ
ル通信工業制御システム用フィールドバス類型8の起草に
参与した。
天合光能
2011年
国際標準プロジェクトの立案として、「PVモジュール
用エチレン-エチレン酢酸ビニル共重合体(EVA)架橋試験
方法—示差走査熱量測定法(DSC)」を提出。
2011年
新エネルギー等の分野の標準化を強化するため「工業情
報化部2011年標準化重点工作」を公布、標準戦略研究の強
化、物聯網、新エネルギー車等重要分野に関する標準制定
および改訂の加速」を提起。
2011年
「太陽光発電所太陽追跡システム技術要求」標準の編成
が北京で開始、この標準は国家標準化管理委員会および中
国電力企業聯合会標準化中心が先頭に立ち、合計数10社の
企業と研究機関がこの標準の起草、制定に参与。
2010年
風力発電標準の制定、改訂事業の展開を担当、標準体系
全体の設計、風力発電所の計画と設計、風力発電所の施工
と据付、風力発電所の運転と保守管理、風力発電所グリッ
ド管理技術、風力発電機械設備および風力発電電器設備な
ど六大リンクを担当。
工業情報化部
C-3政府
—
ルギー分野の業界標準において、華電新能源公司は主要な
起草企業として、「風電場運行指標・評価導則」および「
風力発電場調試規程」両標準の制定編纂、制定事業を担当
。これらの風力発電業界に関する両標準の制定は、風力発
電上の運営、建設およびテスト、デバッグに技術的基礎を
提供するためであり、中国の風力発電場建設、テスト、デ
バッグ、運行管理等の分野の標準の不足を効果的に補足す
ることが出来る。
国家標準化管理
委員会、中国電
力企業聯合会標
準化中心
国家エネルギー
局が先頭に立ち
、国家標準化委
員会、国家発展
改革委員会、国
家電力監管委員
会等
58
登場人物
例
清華大学、復旦
大学等
参入時期
—
新エネルギー関連産業の標準グループメンバー。
雲南師範大学
—
太陽電池に関する2項目の国家標準の制定および太陽熱
温水器の国家検査標準の制定。また「太陽エネルギー産業
アップグレードの促進に関する意見」の起草・制定に参与
。
全国太陽光伏エ
ネルギー系統標
準化技術委員会
—
全国太陽光発電等専門分野の標準化技術制定および管理
集約業務を担当、一部の国際的に通用しているであるIEC
太陽光標準を転換、既存の部分標準に取って代わった。
中国光伏協会
—
D-3大学
E-3研究機関あ
るいは協会
参入方式
再生可能エネル
ギー学会
中国電力企業聯
合会
2011年
—
中国太陽硬発電分野の対内、対外学術交流および技術標
準提携の窓口。
風力エネルギー分野における標準制定。国際風力タービ
ンギアボックス標準の制定への参与など。
太陽光発電等新エネルギーグリッド接続に関する標準制
定の提起を担当。
59
5.新エネルギー産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 試
験的導入プロジェクト 登場人物
A-3中資企業
B-3外資企業
参入時期
参入方式
中広核太陽能開発有
限公司
例
2009年
甘粛省敦煌市の10MWグリッド太陽光発電所プロジェクトの投資
者、請負企業は傘下の子会社である。
中国電力投資集団公
司
2009年
甘粛省景泰県のグリッド太陽光発電所プロジェクトにおける参
加の子会社が完成させた。
江蘇兆伏電力科技有
限公司
2009年
甘粛省景泰県グリッド太陽光発電所プロジェクトにおいて、イ
ンバータ装置、現場への据付およびテストサービスを提供。
黄河電力測試科技公
司隴電分公司
2009年
シュナイダー電気
2009年
SMA公司
2009年
上海シーメンス工業
自動化有限公司
2009年
国家発展改革委員会
2009年
財政部、地方財政庁
2009年
C-3政府
甘粛省景泰県グリッド太陽光発電所プロジェクトにおいて、工
事の施工を落札。
甘粛省敦煌氏10MWグリッド太陽光発電所プロジェクトの変圧器
、インバータ、変圧器キャビネットを落札。
甘粛省景泰県グリッド太陽光発電所プロジェクトにおいて、代
理店である南京東源電力科技有限公司により集録モジュール、制
御モジュール、リモート伝送モジュールを提供。
華能集団石林100MW光太陽光発電所プロジェクトにおいて、上
海シーメンス工業自動化有限公司はインバータ装置、技術支援サ
ービスを提供。
甘粛省敦煌市10MWグリッド太陽光発電所プロジェクト、甘粛省
景泰県グリッド太陽光発電所プロジェクト、華能集団石林100MW
太陽光発電所プロジェクト等の承認入札業務。
「寧夏農村屋根太陽光発電試験的導入プロジェクト」が財政部
、住宅都市農村建設部太楊エネルギーの建築に対する応用モデル
プロジェクト第一グループに並べられた。
北京大学
2009年
北京大学—山西新能源新工業産業化中心が提携プロジェクトに
調印。北京大学と山西省はエネルギーを建設、両当事者は山西省
の資源環境の強調的発展の加速、北京大学における関連する学科
の発展および人才育成の促進を目標とし、石炭等鉱物資源のクリ
ーン高効率利用を核心とし、エネルギー、資源、環境等の分野に
おける新技術、新製品の開発を研究の方向とする。産、学、研分
野における全面的な提携、関連分野におけるハイテク技術および
産業化の研究開発、鉱業企業の技術の進歩の共同推進、構造調整
および産業のアップグレードを展開、最終的に長治市において山
西省に向けたエネルギー、資源、環境保護分野の高級人才育成基
地、ハイテク技術研究センターおよび関連産業のモデル放射基地
を建設する。
清華、復旦、南昌大
学
2010年
江蘇泰州新エネルギー産業パークは清華、復旦、南昌大学太陽
硬発電学院等の専門の学者を産業パークの顧問とし、一千億級の
新エネルギー産業パークの建設に力を入れている。
南京大学
2007年
南京大学、香港中能集団、江蘇省マクロ経済研究院は江蘇省塩
城市において国家「973」計画の風/石炭天然ガスモデルプロジェ
クトの建設を契約、プロジェクトへの計画投資額は130億元。
西北水電勘測定設計
院
2009年
甘粛省電力設計院
2009年
中国技術市場協会
2009年
D-3大学
E-3研究機関あるい
は協会
甘粛省景泰県グリッド太陽光発電所プロジェクトにおいて設計
部分を落札。
甘粛省敦煌市10MWグリッド太陽光発電所プロジェクトにおいて
落札設計部分を落札。
「国家海上風力発電寧徳モデルプロジェクト」および「海西寧
徳大型風力発電ユニット製造基地」プロジェクトに参与。寧徳市
人民政府、中国技術市場協会、中国航天万源国際集団有限公司、
福建閩東電力股フェン有限公司等4当事者が海上風力発電戦略協力協
議を締結した。
60
6.新エネルギー産業の構造および登場人物の整理(官、産、学、研)- 産
業化 登場人物
A-3中資企業
例
参入時期
広東五星太陽能
股フェン有限公司
—
江蘇華盛天
龍光電設備股フェ
ン有限公司
2008年
中国平煤神馬エ
ネルギー化工集
団有限責任公司
2011年
香港東京投資集団有限公司の董事局主席である陳基尤氏と
沅陵県は湖南省(沅陵)新エネルギー新材料産業パークにお
いて毛織服装産業パークプロジェクト共同開発計画を正式に
締結、総投資額は3億5,000元、総計画用地は1500ムー、30-50
社の毛織衣服加工および関連企業を誘致、操業開始後の年間
売上高は20億元以上となる予測である。
香港東京投資集
団有限公司
シーメンス
—
ABB(スイス)
—
第一エネルギー
集団(アメリ
カ)
—
常州天合光能有
限公司
2008年
泰州市政府
2010年
B-3外資企業
国家発展改革委
員会
国家環保総局
上海電気とシーメンスは東台風電気機器産業パークを共同
で建設する。
風力発電産業パークにはウォルマート、シーメンス、スイ
スのABB、イギリスのTI、韓国のLG、トヨタ等の企業が入り、
新エネルギー産業クラスターを形成。
中国最大の風力エネルギー装置製造基地—米国NASDAQ上場企
業である第一エネルギー集団(A-Power)の瀋陽風力エネルギ
ー装置制造基地は近日正式に操業開始する。
中国太陽エネルギー産業における先駆者であり、其その製
品は主に国際太陽電池モジュール取引量の7 %を占め、国内
10大太陽電池生産企業に並べられた。
江蘇泰州新エネルギー産業パークは泰州市委員会、市政府
が重点を置いて建設する産業新区であり、計画面積は30平方
キロメートルである。すでに中盛光電、匯能科技、璞瑞電池
を中心とする新エネルギー産業クラスターを形成。3-5年のう
ちに千億級の新エネルギー産業パークを建設するよう努める
。
2009年
2009年8月,国家発展改革委委員会は龍源(通榆)風力発電
有限公司の吉林龍源通榆風力発電所の第三期工程をクリーン
発展構造プロジェクトとして承認。このプロジェクトの国外
提携相手はEssent Trading International S.A.である。予測
年間排出削減量は二酸化炭素127,671トンである。
2011年
2011年7月、国家発展改革委員会は北京京能新エネルギー有
限公司の内蒙モンゴル京能輝騰錫勒風力発電所第二期工程を
クリーン発展構造プロジェクトとして承認。このプロジェク
トは片側のプロジェクトであり、予測年間排出削減量は二酸
化炭素67,583トンである。
2010年
青島国際環保産業パークは国家環保総局が設立を承認した
国内で始めての企業の主導により開発された国家級環保生態
産業パークであり、計画敷地面積は3.34平方キロメートル、
青島浦華紫光国際投資管理公司がパークの投資、開発、建設
および経営管理を行う。
C-3政府
国家発展改革委
員会
参入方式
現在太陽エネルギー産業パークを建設、本プロジェクト建
設における省エネ建築は華南地区最大の太陽エネルギー応用
モデルとなる。太陽エネルギー産業パークの総敷地面積は13
万平方メートル近く、建築面積は20万平方メートル以上とな
る計画である。
金壇太陽光産業パークの計画面積は700ヘクタール、そのう
ちすでに開発された区域は300ヘクタール、ここ3年来間で省
商務庁の「特色ある産業パーク」、省発展改革委員会の「太
陽光ハイテク特色産業基地」、省科学技術庁の「太陽光科学
技術産業パーク」3賞を受賞した。
中国平煤神馬エネルギー化工集団有限責任公司(以下略
称:中国平煤神馬集団)は、河南銀基房地産開発有限公司
(以下略称:河南銀基)と許昌市は許昌迎賓館において許昌
太陽光産業パーク戦略提携協議調印式を開催。太陽光産業パ
ークへの投資額は合計210億元となる予定であり、これは許昌
市にとって一つのプロジェクトへの投資額が最大のプロジェ
クトである。
61
登場人物
例
中国科学院半
導体研究所、南
京大学、揚州大
学
参入時期
—
中国科学院半導体研究所、南京大学、揚州大学等の研究所
は揚州経済開発区において研究開発機関を設立。すでに中国
揚州輸出加工区、揚州国家半導体照明産業化基地、国家生態
工業モデルパーク、国家級ハイテク技術創業サービスセンタ
ー、国家光電製品検査重点実験室、中国国際人才市場揚州市
場、国家循環型経済試験的導入機関、国家たいまつ計画揚州
汽車および部品産業基地等のブランドを有する。
2006年
徐州経済開発区および清華控股はクリーン技術産業パーク
を共同建設、徐州と清華の提携の全面的展開のシンボルとす
る。徐州クリーン技術産業パークは清華控股有限公司、北京
青雲創業投資管理有限公司、香港資本共和管理有限公司等に
より共同開発、建設され、主に清華大学の研究成果、創投公
司の環境保護、リスク基金および海外资本市場に頼り、国際
的な管理経営理念を導入し、技術、資本、プロジェクト、管
理を一体とした開発、建設の新モデルを実行、クリーン技術
シリーズ、新エネルギー新材料シリーズ、省エネシリーズ、
資源回収、総合利用および環境保護設備製造サービスシリー
ズ等に重点を置いて発展を図る。資源集中、企業の凝集、開
発集約のクラスタ発展パターンを形成する。本パークは当初3
平方キロメートルとなる計画であり、全体が建設された後に
は経済規模は300億元以上に達する予測であり、目標は全国を
リードするクリーン技術産業基地の建設である。
—
西南航空港経済開発区に中科院成都光電技術研究所、核工
業西南物理研究院等の研究機関を有し、現在西南航空港経済
開発区は建設国家太陽エネルギー製品品質監督検験センター
、国家級シリコン材料工程技術センター、太陽エネルギーコ
ンデンサー応用工程技術センター、原子力発電設備総合試験
センター、国家中低圧電器製品品質監督検査センター、成都
未来原子力エネルギー応用技術研究院有限公司、成都新エネ
ルギー産業技術研究院有限公司および成都グリーンエネルギ
ー博覧会有限公司等の建設に力を入れている。
D-3大学
清華大学
中科院成都光電
技術研究所、核
E-3研究機関ある
工業西南物理研
いは協会
究院等の研究機
関
参入方式
62
Fly UP