...

シミュレーション・ゲームで授業改善

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

シミュレーション・ゲームで授業改善
研究テーマ:国際文化教育方法改善の研究-模擬国際会議の導入を中心に-
所属:人間文化学部国際文化学科
研究代表者(職氏名):准教授 富田和広
共同研究者(職氏名):教授 伊東和久
講師
原理
シミュレーション・ゲームで授業改善
・ 実施項目:実験授業と授業外での模擬国連大会の実施
・ 実施科目:「基礎ゼミⅡ」「政治学」「東アジア地域論特論」「比較社会論」
・ 実施内容:「無人島ゲーム」「貿易ゲーム」「模擬国連」
‹ 無人島ゲーム
「何もない無人島」に暮らすとして何が必要か話し合い、探ることによって、「人間にとって必要なものは何か」を
発見し、豊かなくらしの中味や開発途上国・地域の現状に気づいていこうとするもの。
‹ 貿易ゲーム
「貿易」を中心に、世界経済の動きを擬似体験することによって、そこに存在するさまざまな問題について学び、
その解決の道について考えることを目的としたシミュレーション・ゲーム。
‹ 模擬国連
参加者一人一人が世界各国の大使となり、実際の国連会議で扱われている問題を話し合うことによって、国連
会議を再現し、国際問題の難しさを理解すると共に、問題の解決策を探ろうとするディベート。
‹ 第 2 回模擬国連会議広島大会
2007 年 2 月 15 日~16 日、広島キャンパスにて以下の3つの会議を開催。安保理と総会はそれぞれ「政治学」
「比較社会論」の授業の総まとめとして実施。
• 安全保障理事会 議題:北朝鮮核問題 使用言語:英語/英語/英語(公式/非公式/文書)
• 気候変動枠組条約第12回締約国会議(COP12)特別会合 議題:将来の世代のための気候系の保護 使用言
語:日本語/日本語/日本語(公式/非公式/文書)
• 国連総会第2委員会 議題:水問題 使用言語:日本語/日本語/日本語(公式/非公式/文書)
‹ 模擬国連についての学生評価(「比較社会論」履修者)
模擬国連についての学生評価
%
90
100
70
94
88
67
85
81
70
63
64 60
66
58
45
50
総 合 的 に み て授 業
に模 擬 国 連 を 導 入
す る の は有 効 だ
リ サー チす る 際 に
英 語 の サ イ トを 調
べた
17
18
32 29
外 国 語 で議 論 し て
みた い
21
積 極 性 が身 に つい
た
議 題 に ついて の知
識 が 深 ま った
担 当 国 以 外 の国 に
ついて の関 心 が強
ま った
担 当 国 以 外 の国 に
ついて の知 識 が深
ま った
担 当 国 に ついて の
興 味 が 強 ま った
担 当 国 に ついて の
知 識 が 深 ま った
0
21
「当てはまる」から「全く当てはまらない」までの5段階で回答してもらった(グラフの値は「当てはまる」と「やや当て
はまる」を合計したもの)。
Fly UP