...

クリスマスおめでとう! ∼難民になった幼児、主イエス∼

by user

on
Category: Documents
141

views

Report

Comments

Transcript

クリスマスおめでとう! ∼難民になった幼児、主イエス∼
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(1)第 181 号
第 181 号
発行責任者
社会福祉法人 バプテスト心身
障害児(者)を守る会
重症心身障害児施設 久山療
育園重症児者医療療育センター
理 事 長 山 田 雄 次
編集責任者 小 脇 勇
福岡県粕屋郡久山町大字
☎㈹ (092)976-2281
久原 1869
FAX (092)976-2172
安藤
榮雄
クリスマスおめでとう!
∼難民になった幼児、主イエス∼
福岡城西教会名誉牧師
ク リ ス マ ス お め で と う ご ざ い ま イエスに出会い、黄金・乳香・沒薬を
す!
献 げ て 礼 拝 し た 後 、別 の 道 を 通って
日 本 に は 今 、暗 雲 が 漂 い 、闇 が 支
帰国したことはご存じの通りです。
配 し てい ま す 。こ れ か ら 戦 争 に 巻 き
一方 、主 の 天 使 が 夢 でヨセ フ に 現
込 ま れ る の で は ない か 、人 間 の 尊 厳
れ、ヘロデがこの子を殺そうとしてい
がさらに脅かされるのではないか。子 るので、エジプトに逃げよと告げたの
ど も た ち の 受 難 が 多 す ぎ るの で は な で、ヨセフたちはエジプトに逃亡しま
い か 。障 害 児・者 の 苦 難 は さ ら に 深
す。他方、ヘロデは占星術の学者たち
まるのではないか。そんな闇夜に、私 に だ ま さ れ た と 知って 激 怒 し 、確 か
たちはクリスマスを迎えます。
めておいた時期に基づいて、﹁ベツレ
マ タ イ に よ る 福 音 書 二 章 に 、東 の ヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の
方 か ら は る ば る エル サ レ ム に 来 た 占
男の子を、一人残らず殺させた﹂︵一
星術の学者たちが、﹁ユダヤ人の王と 六 節 ︶とい う 周 到 で 残 酷 な 幼 児 虐 殺
してお生まれになった方は、どこにお 事 件 が 起 こ り ま し た 。以 前 、﹃ 愛 の
ら れ ま す か 。わ た し た ち は 東 方 で そ
手を﹄クリスマス号の巻頭言で、金子
の 方 の 星 を 見 た の で 、拝 み に 来 た の 啓一先生が、主イエスの身代わりに起
です﹂︵二節︶と、ご降誕物語は始ま こった幼児虐殺事件について、主イエ
ります。これを聞いて、ユダヤを支配 スは、︱︱もちろん罪はまったくない
するヘロデ王は不安の念を抱きます。 に も か か わ ら ず 、︱ ︱ 罪 責 感 を 持 た
ヘロデ王は、ユダヤの南、イドマヤ れたのではないか、と問いかけていま
出 身 の 異 邦 人 で あ る た め 、ユ ダ ヤ 人 した。これを読んだ私は、罪にからめ
からは疎まれていました。ヘロデ王は、 と ら れ てし ま う 構 造 的 罪 に 対 して も 、
立身出世するために、ハスモン家のマ 主 イエス は 罪 責 を 持 た れ た の で は な
リ ア ム ネ を 第 二の 妃 に 迎 え 、二 子 も いかと思いました。
生 ま れ ま し た が 、ク ー デ タ ー 陰 謀 の
難 民の 運 命 が 過 酷 な もので あ るこ
嫌 疑 でこの 二 人 の 王 子 を 絞 首 刑 に 処 と を 、最 近 の 世 界 の 状 況 を 通 し て 考
し ま し た 。最 初 の 妃 が 生 ん だ 長 子 を えさせられています。とくに子どもの
後 継 者 にしよう と 呼 び 戻しましたが、 難 民の 悲 惨 さには 限 度 があ り ません。
そ の 長 子 も ヘロ デ 王 暗 殺 の 陰 謀 に 関
幼 児 主 イ エス は ま さ し く そ の 難 民 の
わった嫌疑で死刑にしました。このよ 一人になられました。その母たちの悲
うにヘロデは、疑わしい者は、身内で しみ・親たちの痛みを担って下さいま
さ え も 容 赦 な く 殺 す よ う な 、ま さ に した。そして今もその通りです。幼児
恐怖時代が出現したのです。
主 イエス の 難 民 生 活 の 苦 し み は 、実
ヘロ デ 王 は 、占 星 術 の 学 者 た ち を は、父なる神の苦しみでもあります。
呼び寄せ、﹁その子のことを詳しく調
だ か ら こ そ 、闇 の さ な か に も か か わ
べ、見つかったら知らせてくれ。わた らず、クリスマスは必ず訪れるのです。
しも行って拝もう﹂︵八節︶と言って もう一度、クリスマスおめでとうござ
ベツレヘムへ送り出しました。占星術 います!
の 学 者 た ち は 、星 に 導 か れ て 幼 児 主
ということです 。パウロはピリ 単 な る 収 容 施 設 で は な く 、重 期入所事業、通所事業、相談支
ピ書の2章 節で﹁あなたがた 症 児 者 が 社 会 の 中 心 に 位 置 づ 援 事 業 、訪 問 支 援 事 業 等 々 の
﹁センター﹂としての新しい在宅支援の
の内に働きかけてその願いを起 け ら れ て 生 き る 新 し い 福 祉 社 在宅支援サービスの拡充、強化
課題に取り組む久山療育園
させかつ実現に至らせるのは神 会︵きょうどうたい︶づくりの の働きの拠点として、﹁重症者
である﹂と語っていますが久山 拠点となる﹂という特別な設立 ホームひさやま﹂は家庭介護の
理事長
山
田
雄
次
療育園の開園から遡って 年の の理念の上に立てられていると 限界的状況の中から求められて
■運動のはじめから 年の歩み も医師、看護婦︵当時の名称︶ 1967年にバプテスト心身障 いうことです。この高い理念は いる新しい受け皿として定員
を始めとする職員の確保が常に 害児を守る会発足のための第1 最も強固な土台だと考えます。 名の重症児者のためのグループ
■
本 日 久 山 療 育 園 重 症 児 者 医 一番の問題でした。重症児者 施 回会議が始まりから50年、幾 地 域 に 開 か れ た 施 設 を 目 ざ し ホーム︵共同生活支援事業︶の
療療育センター︵以下久山療育 設の運営の厳しさは今日におい 多の危機や重要な節目節目で私 1990年に我が国最初の通園 開設であり、重症児者と共に生
園︶の第 回開園祭を多くの皆 ても同様ですが、何もないとこ たちの力を越えた導きに与った モデル事業に参画しそれに続く きる福祉社会づくりの拠点とし
様をお迎えして開催出来ました ろからスタートした久山療育園 これ迄の歩みの体験を通して真 施策としての短期入所事業をは て立てられた久山療育園重症児
の運営にあたられた初代川野理 の担い手は神ご自身であるとい じめとし種々の在宅支援事業に 者医療療育センターが使命感を
ことを感謝致します。
さ て 2 0 1 5 年 度 7 月 待 望 事長のご苦労は大変であったろ うことを告白せずにはおれませ 取り組み、更に今回新しく﹁在 もって取り組むべき課題だと認
の﹁在 宅支 援センター﹂が開 設、 うと想像しています。
宅支援センター﹂を開設致しま 識しています。
ん。
その働きがスタート致しました。 ■久山療育園を支える三つの土
した。
その二つ目は自らが重症児者
センターとは中央とか中心と
1976年の開設以来 年間重 台■
と共に生きる社会づくりを目ざ ■センターとしての久山療育園 いうよりことより重症児者が社
症児者と共に生きる福祉社会づ
す運動体であり、その実現のた の使命■
会の中心に位置づけられ、家族
聖書マタイによる福音書 章
くりを目ざす久山療育園の重症
節は教会はこの世を脅かす陰 めに主体的に久山療育園にかか
重 症 心 身 障 害 児 者 は 全 国 で と共に暮らすことが出来る福祉
児者運動がここ迄導かれたこと 府の力もこれに打ち勝ことが出 わりこれを支援するバプテスト 43,000人、福岡県では3, 社会を紡ぎ出す働きを指すこと
に特別の感慨を覚えています。
来ない堅固な土台、岩の上に建 コロニー友の会︵ 教 会 ︶と心あ 000人おられその内の三分の ばであることを思う時﹁在宅支
思いおこしますとこれ迄の道 てられていることを語っていま る市民との連携による強力な支 一は施 設への入 所で、それに倍 援センター﹂の開 設はまことに
のりは順風満帆の歩みというよ すが久山療育園も同様だと言う 援組織を土台としているという す る 三 分 の 二 の 方 々 は 在 宅 と 時機に叶った働きであり事業の
り難しい局面に度々直面させら ことが出来ると思います。
なっています。在宅重症児者は 成功が期待されていると言わな
ことです。
れた厳しさの中での歩みであり
年の区切りの年を前に私は
障害が軽いかというと決してそ ければならないと思います。久
今から 年前の2002年の
ました。
久山療育園が堅固な土台の上に 時点で支援献金が1億円に達し うではなくむしろ障害の重度化 山療育園は規模から言えば決し
バプテスト心身障害児を守る 建てられているということを再 た時バプテストコロニー友の会 と親の高齢化で家族は将来の不 て大きな施設ではありませんが
会︵法人の前 身︶発足のための 認識し先行きの厳しさが予想さ の支援活動に対する評価として 安を抱え厳しい状況の中に置か 常にその働きにおけるセンター
第1回会議が1969年に開か れる40年後に向けて使命感を 川野理事 長︵当時︶より﹁久山 れているというのが現状で在宅 性という意味で重症児者の地域
れてから7年の運動の推進を経 もって担うべき課 題にチャレン 療育園のこれ迄の歩みにおいて 重症児者に対する適切な施策が 福祉の実現に向けた先駆的な取
て、久山町での施設の受け入れ ジしてゆかなければ考えていま コロニー友の会は常に希望と力 求められ、今、在宅支援の強化 り組みをなす施設としての歩み
が 決 ま り 施 設 開 設 の 気 運 が 高 す。
の源泉であります﹂という感謝 が喫緊の課題となっています。
を進めてゆかなければならない
久山療育園が堅固な土台の上 のことばを受けました。重症児 久 山 療 育 園 は 在 宅 重 症 児 者 家 と考えています。
まる中3年後の1974年法人
格 取 得 の た め の 設 立 発 起 人 総 に建てられていると言う時、具 福祉の社会化を目ざす運動が心 庭がかかえている深刻で多様な
在 宅 支 援の 新しいテスト
会が開かれ、翌年1975年に 体的に堅固な土台とは何である ある市民の方々の間にも拡がり、 ニーズに応えるため開設 周年 ケースとしての﹁在 宅支 援セン
社 会 福 祉 法 人 格 の 取 得 が 成 り かということですが私は三つの 今日物心両面から幅広い強固な の記念事業の第2段のプロジェ ター﹂の取り組みを皆様に覚え
1976年事業開始が現実化し キーワードをあげたいと思いま 支援を受けて立てられているこ クトとして﹁ 在 宅支 援 棟 ﹂﹁ 重 て頂きたく切に願うものです。
す。
ました。
とは全国でも稀有な事例と言え 症者ホームひさやま﹂を併設し
︵2015年度開園祭式辞よ
た﹁在 宅支 援センター﹂を開 設 り︶
資金づくり、施設建設その他 その一つは久山療育園の働き ると思います。
大仕事が目白押しでした。中で の真の担い手は神ご自身である
その三つ目は﹁久山療育園は しました。﹁ 在 宅支 援 棟 ﹂は短
第 181 号(2)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
主 張
39
18
40
50
39
16
13
13
10
40
10
先されると生活や医療福祉の費 います。この結果、介護サービ 害福祉協会理事長岡田喜篤氏の
﹁障害福祉サービスの変容について﹂
用が障害年金を超えてしまう懸 スの体系としては、従前の老人 名で厚生労働省に以下の内容の
念があり、住民票を置いている 福 祉 施 策 及 び 障 害 者 施 策 と 同 ﹁要望書﹂が提出されましたが、
センター長
宮
﨑
信
義
市町村と協議しました。幸い障 様に、介護保険と障害者施策と 採用されませんでした。
障害福祉サービスは個別には 体の機能回復と、家事や調理な 害者福祉サービスが認められる いう二つの制度が並立すること ﹁ 要 望 書 ﹂の 主 な 内 容 は 、
障害の種別や程度で異なります ど生活訓練︶、④一般企業など こととなりましたが、市町村に となりました。介護保険におい ︻平成 年の診療報酬改定にお
が、根本は﹁児童福祉法﹂︵
への就労支援等があります。指 よる温度差や担当者が変更にな ては、被保険者の範囲を 歳以 いて、﹁超重症児︵者︶入院診
歳 未 満 ︶と﹁ 障 害 者 総 合 支 援 摘されている障害者の﹁ 歳の ると継続されるかという懸念が 上の者とし、被保険者が要支援 療加算・準超重症児︵者︶入院
法﹂︵ 歳以上︶にその根拠が 壁﹂とは、 歳︵高齢者︶にな 残ります。
または要介護状態となった場合 診療加算は、一般病棟︵障害者
あります。紛らわしいのは﹁介 ると、サービスを提供する制度
は保険給付として介護サービス 施 設 等 入 院 基 本 料 、特 殊 疾 患
護 保 険 法 ﹂に 基 づ く﹁ 介 護 保 が﹁障害者総合支援法﹂による 介護保険と障害者施策の適用関 が利用できることとされていま 病 棟 入 院 料 及 び 特 殊 疾 患 入 院
険﹂で、これは医療保険に基づ ものから﹁介護保険﹂によるも 係
医療管理料を算定する病棟又
す。
く﹁健康保険﹂﹁医療﹂と同じ のに原則的に切り替わり、全国
は病室を除く︶においては、入
﹁障害福祉サービス﹂の法的
く被保険者及び事業者から拠出 では数万人が影響を受けると推 根 拠 は﹁ 障 害 者 総 合 支 援 法 ﹂ 平 成 年 度 全 国 重 症 心 身 障 害 院した日から起算して 日に限
される保険金に基づいた保険で、 定されています。
であるのに対して、﹁介護保険 福祉協会施設協議会から
り算定する。当該取扱いについ
混同されてはならないものです。 ﹁障害者総合支援法﹂では、 法﹂を法的根拠とする﹁介護保
ては、平成 年4月より適用す
平成 年5月に新潟県で開
障害福祉サービス費︵障害福祉 所 得 の 低 い 人 へ の 配 慮 措 置 が 険﹂は保険であり、福祉とは一 催された全国重症心身障害福祉 る。﹂とされておりますが、医
給付︶は、主に﹁措置費﹂から 盛り込まれ、﹁障害福祉サービ 線を画すべきものです。
協会施設協議会に於いて、行政 療型障害児入所施設において小
﹁施設給付費﹂の名称で実施さ ス﹂を利用する障害者の9割が
月 刊 ノ ー マ ラ イ ゼ ー シ ョ ン 説 明 や 医 療 問 題 検 討 委 員 会 等 児入院医療管理料4ないし5の
れていましたが、今年度から大 無 料 で サ ー ビ ス を 受 け ら れ ま ﹁障害者の福祉︵2000年5 の協議が行われました。厚生労 算定を行っている場合について
幅に減額されました。その問題 す。しかし、法には 歳以上の 月号︶﹂の遠藤浩氏の記述では、 働省からの行政説明では、事業 は、平成 年4月以降も、入院
点と今後に懸念されることを含 障害者について、障害福祉より 介護保険制度の創設に際して、 種別ごとの収益率︵%︶を勘案 期間が 日を超えても超重症児
めて報告致します。
も介護保険のサービスが優先的 障害者施策のうち介護サービス して報酬額の調整を行った結果、 ︵者︶入院診療加算・準超重症
に適用されると明記されていま に係るものを介護保険に移行す 一般企業の収益率が2∼3%で 児︵者︶入院診療加算の継続的
す。﹁介護保険﹂はサービス利 るかどうかについては、身体障 あったのに対して、障害児・者 な算定が可能としていただくよ
用料の1割が原則的に自己負担 害者福祉審議会における審議等 事業全体の収益率は9.6%と う、要望いたします。︼という
になるとされていますので、福 を経て、①障害者施策は公の責 高く︵協会医療問題検討委員会 ものでした。
祉と比べて相当高い自己負担と 任において公費で実施すべきと の見解は﹁実態は実際とはかけ
なります。ただ、厚労省は一律 の関係者の認識が強かったこと、 離れている﹂︶、従って特に収 おわりに
の適用を求めておらず、各自治 ② 障 害 者 の 介 護 サ ー ビ ス の 内 益を挙げた療養介護事業、例を
重症心身障害児︵者︶の生命
体に障害者の要望にも配慮する 容は高齢者に比べて多様であり、 挙げると﹁療養介護サービス費 の尊厳や生存権が守られること
ように通知していると記述され 仮に介護保険の対象とする場合 ︵Ⅰ︶で定員 人以上の場合は や、ご家族の不安を解消し、安
ています。現に、当センターで にその範囲をどうするか等なお 857単位から815単位︵△ 定した医療福祉事業が維持され
も﹁在宅支援センター﹂が開設 検討すべき点も少なくないこと
単位︶︵△4.9%︶に減額 るためにも日本の医療福祉施策
され、もうじき 歳になる方の から、当面、障害者施策の枠組 する﹂というものでした。
の動向に注目していくことが大
グループホーム入居や通所事業 みの中で引き続き公費による対
切だと思っています。
この動向に対して、平成 年
の利用について、介護保険が優 応を図ることとされたと述べて
月 日付で日本重症心身障
2015 年 12 月 1 日
制度・情勢
14
18
27
65
18
障害福祉制度の概略から
∼障害者に﹁ 歳の壁﹂
平成 年︵2015年︶7月
日付の北海道新聞の記事によ
ると、﹁障害福祉サービス﹂と
﹁介護保険﹂の制度の違いがあ
り、特に障害者に﹁ 歳の壁﹂
があると指摘しています。﹁介
護保険﹂にない﹁障害福祉﹂独
自 の サ ー ビ ス に は 、① 行 動 援
護︵危険を避けるための支援︶、
② 同 行 援 護︵ 目 の 不 自 由 な 人
の外出支援︶、③自立訓練︵身
42
11
愛 の 手 を
(3)第 181 号
65
65
65
65
65
27
14
27
81
40
26
26
27
27
90
90
護者会、新藤佐知子・賢恵、平
ご協力ありがとうございました
京子、東倉忠勝、佐伯年子、田
︵2015年7月1日∼9月 日︶敬称略
隈バプテスト教会ユニアの会、
︻法人会計︼
子、井手加奈子、鳥飼バプテス 森 永 清 治 、古 賀 美 紀 、矢 山 和
ト教会、粕屋バプテスト教会、 美、鶴田ケイ子、内村茂、松本
一般 献 金
山 田 眞 士 、西 南 学 院 大 学 聖 歌 久山療育園来久の会、中久原区 修一、大屋絹子、大屋正之
︵以上363,010円︶
隊、チャペルクワイア、日本基 長森實二夫、河島美穂、井上清
督教団福岡南教会婦人会、栗田 美、原口悦子、東八幡キリスト 献 品
昌直、草場正子、安部聖子、主 教会、藤田英彦、新藤佐知子、 福 岡 大 学 医 学 部 看 護 学 科 タ(オ
の十字架クリスチャンセンター 高橋香代子、水曜日ボランテイ ル 、)福岡友の会 エ(プロン 、)嘉久
いのちの冠福岡教会、西南学院 ア、稲永正敏、甲斐悦江、福田 明子 梨( 、)匿名 冷(蔵庫 、)福間キ
高校インターアクトクラブ、西 靖、志満秀武、岡英治、方城療 リスト教会 バ(スタオル 、)恵泉バ
南 学 院 高 等 学 校 図 書 部 、豊 前 育園、筑紫野二日市キリスト教 プテスト教会女性会 台(拭き 、)太
キリスト教会、鷲見緑郎、活水 会、西福岡のぞみ伝道所、五斗 田キリスト教会 タ(オル 、)福岡県
同 窓 会 北 九 州 支 部 、手 作 品 売 美 代 子 、久 山 療 育 園 、保 護 者 理容組合粕屋支部 タ(オル 、)瑞穂
上げ、野田和子、甲斐悦江、日 会、村津俊博、福岡医療関連協 キリスト教会女性会 タ(オル 、)吉
本バプテスト連盟、︵学︶西南 業組合、又野貴志、古賀和男、 見小雪 タ(オル 、)JA粕屋企業協
学院高等学校母の会、新藤佐知 因勲、社会福祉法人キリスト者 力会 車(椅子 )
子、井本義孝、松岡順之介、室 奉仕会、福本順子、川野直人、 ︻バプテストコロニー友の会︼
蘭バプテスト・キリスト教会、 社会福祉法人高邦福祉会、福岡 5月分街頭募金、8月分街頭募
東福岡幼稚園保護者の会、粕屋 県立福岡特別支援学校、新藤賢 金
︵以上64,393円︶
バプテスト教会、平川博・成、 恵、自動販売機売上献金、古池
九州大学YMCA名島寮、土谷 大作、久山療育園献金箱、桝谷 開 園 祭 献 品
真理子、富野バプテスト教会、 悦子、高野瀬竜彦、西部クリー ︵株︶ヴェガ、︵株︶オリエン
窄口正一、スーパー信、鮫島隆 ン代表取締役吉田昌宜、日本バ タル歯科甲元、︵株︶如水庵、
之・啓、又野貴志、社会福祉法 プテスト連盟出会いの旅、嘉久 ︵株︶フクエキ、︵有︶アイア
人 キ リ ス ト 者 奉 仕 会 、花 原 章 明子、深見達弥、古川新、斎藤 イささぐり、JA久原支所、J
二、木下孝之、中尾清寿、久原 剛毅、テレコールNEO 株( 、) A山田支所、青木常郎、朝倉光
財 産 区 管 理 会 会 長 阿 部 賢 一 、 山口正夫、西南学院バプテスト 治、安倍和子、阿部初美、安里
名雪賢一、安成由岐子、木下康 教会姉妹会、甲斐丈士、井手伸 美沙希、アンチータ、碇俊行、
一、久山町上久原区、久山町東 昌、牟田逸雄、大高勝夫、大高 泉清隆、井上ひろみ、因勲、梅
久原区、久山町中久原区、久山 玄子、吉見末男、岡本好枝・修 木 光 男 、梅 津 逸 子 、大 重 佐 和
町 下 久 原 区 、福 岡 県 福 岡 特 別 一、河島美穂、今中富美子、副 子、大塚利一、大坪敬子、岡本
支援学校、本田光、大宰府キリ 島徳恵、安部聖子、松藤一作、 好 枝 、荻 本 光 雄 、鬼 塚 公 認 会
スト教会、岩橋あゆみ、堀内浩 塚 原 千 鶴 子 、船 津 丸 泰 、林 俊 計士・税理士事務所有志、甲斐
子、田中ハル子、大谷克子、特 明、伴敦子、佐護美津子、小副 悦 江 、柏 谷 陵 、粕 屋 理 容 組 合
粕屋支部、金子マスミ、鎌倉ツ
定非営利活動法人はくちょうの 川時子、広瀬久美子
会森英樹、牛房賢剛、香蘭女子
︵以上4,797,452円︶ タ子、嘉村由香、河鍋好一、川
原大輔、城戸文子、九電工、金
短期大学、すみれの会代表川
施設献金
律子、松枝秀明、くずめよし
く る み の 木 、西 南 学 院 高 等 学 永 眞 知 子 、草 場 貴 子 、草 場 美
︵以上741,329円︶ 校生徒会、古賀成、南谷理恵、 恵子、楠元美喜子、国崎妙子、
安 部 田 鈴 香 、 佐 藤 徳 、田 上 洋 窪 田 次 男 、 久 保 山 敬 子 、 古 賀
指定献金
福元孝三郎
子、松尾貴光、渡辺久子、草場 クミ、古賀信行、コカ・コーラ
︵以上500,000円︶ 正子、田中三千男・由美、羽田 ︵株︶小島雅子、後藤香織、米
有子、山口久美・英明、松尾勇 工房・井上、小森悦子、鮫島經
建築献金
山 田 雄 次 、社 会 福 祉 法 人 自 立 一、矢津真澄、池田文章、大原 男、佐伯年子、佐伯マチ子、堺
の里保護者会、藤永寅彦・ウラ 定行、大原信行、久山療育園保 真信、サニクリーン九州、早良
︻ バ プ テ ス ト コ ロニ ー 友 の 会 扱 い 献 金 ︼
キリスト教会、新藤賢恵、塩崎
しおり、汐田美賀、清水敦子、
下条明日可、庄林洋子、末田初
恵、須田美子、曽根崎加代子、
園田敦子、平京子、第一保険木
村 、高 木 美 鈴 、高 倉 博 子 、高
瀬孝介、高林一二三、高村利津
子、武原良江、武村亜紀、田中
節子、田宮宏介、樽谷由美子、
塚元あすか、塚本恵美子、籐壽
美子、土居祝男、土居務、徳渕
幸加、中根史子、中山裕子、長
井妙子、長倉小百合、中山キヌ
子、中山徹、奈須砂智子、奈良
崎洋子、西川美智子、貫梅子、
野 田 和 子 、野 中 尚 子 、羽 田 カ
タエ、花田京子、林慎太郎、原
田太一、原田美香、東福岡幼稚
園、百本利雄、平川成、博防、
深見達弥、福岡医療関連協業組
合、福岡丸本㈱、福田一枝、福
田美穂、福田靖、馬原哲治、松
崎義和、松田真理、松永将和、
水野隆代、三壷紗織、南谷なつ
え、宮内千鶴子、宮 信義、宗
廣清彦、宗廣誠、村井未来、村
上和美、村上里奈、村川加奈、
村津俊博、めだか共同作業所、
森由香、守田孝子、ヤクルト、
安川タクシー、山口正夫、山口
吉昭、山崎眞澄、山下昭恵、山
下 泰 美 、山 田 い ず み 、山 野 祥
子、山本俊次、矢山康子、矢山
良隆、夕田美加、横山友美、吉
見 多 恵 子 、吉 村 豊 子 、吉 本 法
生、和白バプテスト教会、渡辺
まどか、渡辺まどか母、福田美
穂、匿名
友の会Tシャツ、常盤台バプテ
ス ト 教 会 、田 隈 バ プ テ ス ト 教
会、篠栗キリスト教会、恵キリ
スト教会、吉田圭子、椿原喜代
子、新藤佐知子、古池節子
1(75,851円 )
員
動
10
付
︶
31
異
/
1
の
∼
9 30
付
/
8
〒 811-2501 福岡県糟屋郡久山町大字久原 1869
久山療育園重症児者医療療育センター内
☎(092)976-2281 ㈹
《郵便振込》郵便振替【01720-8-24404】
《銀行振込》西日本シティ銀行久山支店 普 71888
個人、会社共に免税の対象になります。
メール:[email protected]
9
30
職
バプテスト心身障害児(者)を守る会
7
︵
9
︻退 職︼
▽朝倉
光治︵看護師︶ / 付
▽足立
裕子︵介護福祉士︶ /
献金申込送金先
︻採 用︼
▽本多
小百合︵看護師︶ /
社会福祉法人
第 181 号(4)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
30
リアを迎え入れなさい。マリアの胎
の子は聖霊によって宿ったのである。
マリアは男の子を産む。その子をイ
エスと名付けなさい。
﹂と告げます。
/
/
/
/
/
メ
モ
帳
/ 九州地区学生YMCA夏季学
校見学
︵ 名︶
25
/ 特別支援学校始業式
/ 久山町町長他 名視察
/ 粕 屋 保 健 所への定 款 変 更 補 正
書類提出
/ 福 岡 女 学 院 看 護 大 学 実 習︵
名︶/ゴスペル音楽会 名来園
/
4
そ して 見
「 よ、おとめが身ごもって
男の子を産む。その名はインマヌエ
ル﹂という宣言を告げられます。こ
れは、神の天使による一方的な宣言
/
/
/
/
/
/
/
/
19
です。新約聖書の1頁に出てくる大
切な言葉です。
/
/
/
/
/
/
﹁重症者ホームひさやま﹂開設
﹁ 重 症 者ホームひさやま﹂献 堂
式
七夕行事
福岡県福祉労働部障害者福祉
課来園︵ 名︶
認 定 看 護 師 研 修 会 開 講 式︵ 受
講者他合計 名︶
ボランティア講習会︵ 名︶
東久原夏祭りみこし
虹の家スタッフ来園︵ 名︶
福岡特別支援学校終業式
西南学院高校見学・ボランティ
ア
︵ 名︶
グループホーム見 学︵ 糟 屋 六 町
相談支援事業所
名︶
28
3 2 1
認定看護師研修会
研究発
表・修了証書授与式 修(了者
名 )
西 南 学 院 中 学 保 護 者 会ボラン
ティア
︵ 名︶
開園祭保護者
作業日
フェリス女学院大学OGによる
演奏会/JA粕屋農協より車
いす 台寄贈式︵ 名︶
看護学生見学 名/舞鶴幼
稚園保護者会ボランティア
︵
名︶
西 南 教 会 女 性 会ボランティア
来園︵ 名︶
認定看護師研修
通所実習
︵ 名︶
第 回開園祭
西南学院大学社会福祉士実習
∼ / まで
︵ 名︶
2
2
8
4
5
「 よ、 お と め が 身 ご も っ て 男 の
見
子を産む。その名はインマヌエルと
呼ばれる。
﹂この名は、 神
「 は 我々 と
共におられる と
」 いう意味である。
マタイによる福音書 章 節
多分、ヨセフは﹁正しい人であっ
たので﹂相当悩んだに違いありませ
ん。ここで、神の御旨を受け入れる
うことでなく、ただ、夢に現れた御
出来事は﹁正しい人﹂であったと言
た ﹂ と あ り ま す。
﹁次 第は次のよう
言葉に従って愛する人を﹁許して受
新約聖書の1頁に﹁イエス・キリ
ストの誕生の次第は次のようであっ
であった﹂のギリシャ語の文法表現
は﹁かつてあった﹂そして﹁今もあ け入れた と
」 いう出来事です。随分
( 「 昔のノーベル賞作家ライゲルクヴィ
り 続 け てい る。 と い う 表 現 で す
/ やまびこ医療福祉センターより
見学
理事長
他︵8名︶
/ バプテスト隣人に出会う旅来園
︵ 名︶
/ テルベルトグリーンによる 演 奏
会
5
2
12
24
3
2
12
2
12
9
9
9 9
9
11
14 13
15
17
30
14
ストの小説に﹁愛はゆるしによって﹂
という題がありました。
6
/ コロニー友の会 ワークキャン
プ 8(/ 時まで )
/ 福岡県看護協会訪問看護師実
習
︵ 名︶/筑紫野市二日市
地区民生委員見学
︵7名︶/
福岡医療短期大学来訪
︵
名︶
7
17
9 9 9
18
8
9
28 23
35
21
3 1
9 7
10
21 17 16 12 11
21
7 7
7 7
7
7 7 7 7 7
7
8
20
9
9
9 9
既婚 と
」 いう表現が既に結婚してい
る。そして今も結婚し続けていると
節に至るまで、貫かれている
最も大切なメッセージです。
章
節、新約聖書の最後、ヨハネ黙示録
また、
﹁インマヌエル﹂
︵ 神は我々
いうような 。
)
と共におられる︶は、新約聖書の最
ヨセフは﹁正しい人であったので﹂
愛する婚約者の懐妊をどうしても許 初から、マタイ福音書の最後 章
28
2
19
2
11
30
39 2
10
すわけにはいかず、本当に苦しんだ
のでしょう。秘かに縁を切ろうと決
心します。その時、天使が夢に現れ
21
8
21
22
8
8
23
て﹁ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マ
20
藤田 英彦
1
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(5)第 181 号
3
13
23
クリスマス献金のお願い
﹁ 見 よ、 お と め が 身 ご も っ て
男の子を生む。その名はイン
マ ヌ エ ル と 呼 ば れ る。﹂ こ の
名 は、﹁ 神 は 我 々 と 共 に お ら
れる﹂という意味である。︵マ
タイによる福音書第 章
節︶
神様が私たち一人一人を愛
し、その罪を担い、私たちに
使わして下さったイエス・キ
リストのご降誕を共にお祝い
をしたいと思います。
今年も皆さまのお支えに感
謝をし、クリスマスのお祝い
を行います。詳細は後述の通
りです。ぜひとも足をお運び
ください。
クリスマス献金の振込用紙
を同封させて頂いておりま
す。皆さまのご協力をどうぞ
よろしくお願い致します。
1
支援者からの声
愛の御手が働いて
年 配 の 女 性 た ち と 取 っ 組 み 合 さいよ﹂と、叶先生の抱いてお
療 育 園 ﹂献 堂の 運 び と なった
いをしているのです。騒ぎまわ られたビジョンを思いきりぶつ
のです。
第十四回
る 子 ど も た ち 、噛 ま れ た り 、 けたのです。
この 間 、諸 教 会 内 に も﹁ バ
そ の 後 、ど の よ う な 経 緯 が
引っ掻 か れ た り で 傷 だ ら けの
プ テ ス ト コロニー 友 の 会 ﹂づ
先生?たち・・・。これが私と あったかは分かりませんが、
く り が 進 め ら れ 、ま た 福 岡 天
障害児︵者︶との初めての出会 兄 か ら こ の 土 地 が 提 供 さ れ 、
神では街頭募金で声を張り
古賀バプテスト教会牧師
いでした。その現実に大きな衝 1 9 7 1 年 8 月 に 、そ の 土 地
上 げ︵ 大 相 撲 九 州 場 所 に は
で、雑木を伐採し、地ならしを
撃を受けたものです。
ハワ イ 出 身 の バ プ テ ス ト で あ
金子
敬
﹁ こ ん な 遅 い 時 間 ま で 保 育 する、第一回ワークキャンプが
る高見山関も街頭に立ちま
を さ れ る の で す か ﹂と 尋 ね る 行われたのです。当時、私は西
し た ! ︶、幼 い 子 ど も か ら お
と、叶昌全牧師は、﹁お預かり 南 神 学 部 に 通 う 神 学 生 で あ り
年 寄 り まで 、あ り と あ ら ゆ る
することで、親御さんに少しで ましたが、勿論これに参加させ
人 々 が 、無 償 でこの 活 動 に 加
も 自 由 な 時 間 を 作 っ て あ げ た て 頂 く こ と に な り 、交 通 費 自
え ら れ 、喜 びの 汗 を 流 し たの
いのです﹂との答えが返ってき 弁 、弁 当 持 参 で 大 牟 田 教 会 に
でした。
ま し た 。更 に 、牧 師 は 障 害 児 泊まり込み、一緒に汗を流すこ
三 人 の 牧 師 を 中 心 に 、祈
も 親 御 さ ん た ち も 安 心 し て 暮 とになりました。今考えると、
り の 中 か ら﹁ 友 の 会 ﹂が 設 立
らせるコロニー建設の必要を熱 あれが﹁ボランティア活動﹂と
さ れ 、﹁ 愛 の 手 を ﹂第一号 が
く語って下さるのでした。後で い う も の を 体 験 し た 最 初 だ っ
発 行 さ れ たのが1967 年 ク
知ったのですが、この頃、叶昌 た の で は 、と 想 い 返 し て い ま
リ スマス で す か ら 、も う す ぐ
全 牧 師 、川 野 直 人 牧 師︵ 田 隈 す。
周年を迎えようとしてい
ピリピ人への手紙2章 節
神 さ ま か ら 起 こ さ れ る﹁ 願
教会︶、宮本要牧師︵東福岡教
ま す 。こ の 間 、﹁ 久 山 ﹂が 日
﹁あなたがたのうちに働きかけ 会︶ほか、大牟田教会の有志が い ﹂は 必 ず 実 現 へ と 導 か れ ま
本の福祉事業に証ししてき
て、その願いを起させ、かつ実 発起人となって﹁コロニー友の す 。そ の 後 、小 岱 山 が 熊 本 県
た 足 跡 は 、汗 と 涙 の 足 跡 で あ
現に至らせるのは神であって、 会﹂が発足し、今日の久山療育 側にあること、発起人のすべて
り 、だ か らこ そ 栄 光 に 輝 く 足
そ れ は 神 の よ し と さ れ る と こ 園 に 結 ば れ る 大 事 業への 祈 り が 福 岡 県 に 住 ん でい る こ と な
跡 で す 。一言 で 言 う な ら そ れ
ろだからである。﹂︵口語訳︶
が始められていたのです。
どがネックになり、この土地で
は﹁ ボ ラ ン テ ィ ア の 足 跡 ﹂で
当 時 の 大 牟 田 教 会 青 年 会 に のコロニー建設は頓挫します。
し た 。手 弁 当 だ か ら 出 来 るこ
学 生 時 代 に ク リ ス チ ャ ン に は多くの青年たちがいて、連れ しかし、神はほむべきかな!現
と 、身 銭 を 切 る か らこ そ 出 来
な っ て い た 私 は 、卒 業 と 同 時 立 っ て は 近 く の 三 池 山 や 隣 町 在 の 久 山 町 が こ の 計 画 に 乗 っ
るこ と が あ る ! そ れ はこ れ か
に 大 牟 田 市 に あ る 会 社 に 就 職 の 小 岱 山 に 出 か け 、山 歩 き を て下さる事になるのです。当時
らも 引 き 継 がれる大 切 な 精 神
しました。そこで通い始めた大 し な が ら 将 来 の 幻 な ど に 会 話 の 久 山 町 は 、独 り 暮 ら し の 老
で あ り ま しょ う 。この 精 神 こ
牟 田 バ プ テ ス ト 教 会 に は 付 属 を弾ませていました。ある時、 人 全 世 帯 に も 電 話 を 設 置 し た
そ が﹁ 久 山 ﹂を﹁ 久 山 ﹂た ら
﹁光の子幼稚園﹂があり、その 青 年 会 で 小 岱 山 の 麓 に 住 ん で り、たった二人の障害のある町
しめているのです。
中で、と言っても牧師館の一室 お ら れ た 教 会 員 の 兄 の 家 に 民のために、その庁舎全体をバ
実 に 、神 は 、私 た ち の 心 の
を用いて行われていたのが﹁ゆ お 邪 魔 し て 夢 を 語 り あ う 機 会 リアフリーの建物にするなど、 う ち に﹁ 働 き か け 、願 い を 起
り組さん﹂と呼ばれていた障害 がありました。その時、 兄が 全 国 か ら 注 目 を 集 め る 福 祉 の
こ し 、実 現 に 至 ら せ る ﹂お 方
児のクラスでした。
﹁ 自 分の 持 山 に 真 言 宗の 札 所 町 づく り に 取 り 組 んでいたの
な の で す 。﹁ 愛 の 手 ﹂は 私 た
私 が 仕 事 帰 り に 教 会 に 立 ち を作る話があって、大金が入る で す 。こ う し て 兄 の 提 供 し
ちが差し出す手である前に、
寄 る と 、も う 夕 暮 れ に な っ て かもしれない・・・﹂と言われ た土地を担保に、久山町に﹁バ
神 御 自 身が私たちに差し出し
いるのに、﹁ゆり組さん﹂は活 た時のことでした。咄嗟に、私 プテストコロニー久山療育園﹂
て く だ さっ た 御 手 で あっ た と
動しているのです。そして、そ たちは﹁ さん、それはダメで の建設が始まり、第一回ワーク
言えましょう。ハレルヤ!
の 有 り 様 は 凄 ま じ い の で す 。 すよ。そのような土地があるな キ ャ ン プ か ら 数 え て 5 年 後 の
2、3人の障害児が2、3人の らコロニーのために提供して下 1 9 7 6 年 8 月 日 に﹁ 久 山
K
27
第 181 号(6)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
K
K
K
K
50
日︵土︶ 時∼ 時
日︵日︶ 時∼ 時
日︵月︶ 時∼ 時
日︵水・祝︶ 時∼
日︵木︶ 時∼ 時
日︵金︶ 時∼ 時
日︵土︶ 時∼ 時
13 13 13
13 13 13
15
15 15 15
13
15 15 15
時
今年も福岡市天神地区におきまして、下記日
程で街頭募金を行います。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。
月
月
月
月
月
月
月
26 25 24 23 21 20 19
場所 福岡市天神大丸デパート前
問い合わせ・ 連絡先
久山療育園
092︱
976︱2281
※日程につきましては雨天等により急遽変更
する場合がありますのでご了承ください。
12 12 12 12 12 12 12
来年も、 2016年2月 日︵土︶ 午後2時
∼4時に、西南学院大学チャペルにて、久山療
育園のためのチャリティコンサートを開催し
ます。今回、特別に御願いして来ていただくこ
とになりました、 江原望氏︵日本フィルハーモ
ニー交響楽団チェロ首席奏者︶、そして、昨年、
大変好評を博したデュオHue︵RKBラジオ
で毎週土曜日の朝の番組に出演中︶、そして、来
年の西南学院創立100周年記念祝賀会に参
加が決定し、一段と磨きがかかってきた、
﹁西南
のゴスペルクワイヤ ﹂の皆さんの参加が決まっ
ております。
入場料1000円で、 チ
ケットは、福岡・ 北九州の
キリスト教会や久山療育園
他で購入することができま
すし、 当日の会場での販売
もあります。是非、お誘い合
わせの上、ご参加ください。
Hue のお二人
19
3
﹁かべしんぶん﹂
だけではなく、在宅の重症児者
バプテストコロニー友の会
とその保護者の方々の声に応え
ようとしている、その姿勢と熱
とのふれあいの時間には、手作 い祈りを感じ、この久山療育園
第 回
久 山 療 育 園 りの素敵なブレスレットや髪飾 の働きを支えたいという思いが
ワークキャンプ報告
りを身に着けて、利用者の方々 新たにされました。このワーク
仙台長命ヶ丘キリスト教会
と一緒にフォークダンスを踊り キャンプではワーク活動も一生
ました。車イスを上手にエスコ 懸命にしますが、それだけでは
金
丸
真 ートしながら踊るフォークダン なく、このキャンプに参加する
今年も夏の恒例行事、久山療 ス。私にとっても初めての経験 ことによって重症児者の方々が
育園ワークキャンプが、
﹁あなた で、 と て も 新 鮮 で 楽 し い 時 間 置かれている状況や、久山療育
も 隣 人 に なって み ま せ ん か?﹂ を過ごすことができました。ま 園の働きを知ることができます。
というテーマのもと、 月 日 た、利用者の保護者の方々のお このことによって、私たちは新
︵ 月 ︶∼ 日︵ 水 ︶の 泊 日 話を聞く時間には、久山療育園 たな隣人性へと拓かれるのだと
で行われました。 回目となる が重症児者にとっての病院、家 思います。このワークキャンプ
今回のキャンプには、 才から 庭、学校であることの意義、サ に参加している子どもたちも肌
才 の、 述 べ 107名 の 方 々 ポートの豊かさを改めて気付か で隣人性を学び、豊かに成長し
が参加してくださいました。こ され、職員の方々の日々のお働 ていく様子には、毎年驚かされ
のように、様々な年齢層の方々 きの丁寧さに感心させられまし ます。そういう意味では、この
がワークキャンプに参加してく た。また、このような学びの時 ワークキャンプは、この久山療
ださっていること自体が大変意 間だけでなく、120 人を超え 育園で子どもたちを育てていく
味のあることだと思わされます。 る規模のバーベキュー、希望者 という運動でもあるのだと思い
幼児から高齢者まで、それぞれ による早朝魚釣り大会など、楽 ます。ぜひ子どもたちをワーク
の精一杯の思いと働きとを差し しいプログラムも盛り上がりま キャンプに送り出してください。
出して、重症児者の方々と共に した。毎年プログラムを検討し、 来年も沢山の方々が参加されま
生きようとする。これが、ただ より良いワークキャンプになる すように祈ります。
の 奉 仕 活 動 を 超 え た、
﹁ 命 の ふ ようにと、少しずつ改善してい
最後になりましたが、私たち
れあい﹂が起こるキャンプとな
る
こ
と
の
積
み
重
ね
が
活
き
て
き
て
を受け入れてくださった利用者
っていることの秘密なのかもし いるように感じます。
の方々、保護者の方々、また優
れません。
ま た、 今 年 は、 在 宅 支 援 棟 しく協力してくださった職員の
今 年 は 日 間、 幸 い に も 天 が開設された直後のワークキャ 方 々、 食 事 準 備 な ど で も 協 力
候に恵まれました。雷雨に見舞 ンプでしたので、施設見学の時 してくださった教会の方々、参
われたり、猛暑の中でワーク活 間に、在宅支援棟の中も説明を 加してくださったお一人ひとり、
動をしたりという厳しい年が続 聞きながら見て回ることができ 神様に心から感謝いたします。
きましたが、今年は天候が守ら ました。きれいで素敵な在宅支
れ、草刈りが例年よりもはかど 援棟を見学しながら、久山療育
りました。また、利用者の方々 園が、入所されている重症児者
27
2 8
0
バプテストコロニー友の会
年末街頭募金のお知らせ
「第18回久山療育園のために
チャリティコンサート2016」
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(7)第 181 号
86
26
26
3 17
バプテストコロニー友の会からのお知らせ
めぐみ棟の活動!!!
テレベルトグリーン
演奏会
みなさん知ってい
ますか
56
月 日に交流ホールでテレベルト じました。テレベルトグリーンの演奏
めぐみ棟・ひかり棟
グリーンの演奏会が行われました。演 会に参加でき、とても楽しい時間を過
名称の由来
奏 会 で は ど の よ う な 歌 が 歌 わ れ る の ごすことができました。
か﹁ドキドキ﹂
﹁ワクワク﹂しており、
︵めぐみ棟 保育士 石橋︶
久 山 療 育 園 は、 昭 和
演 奏 が 始 ま るの を と て も 楽
年、 念 願 の 増 床 が 叶 い、 2
しみにしていました。演 奏
病棟になりました。
﹃各病棟
が始まるとすぐに、テレベ
の
名 称 は ど う す る?﹄ と 言
ル ト グ リ ー ンの 皆 さ ん の 歌
う 事 に な り、 色 々 な 案 が 出
声に惹きこまれていきまし
さ れ ま し た が、
﹁めぐみ棟﹂
た。 私 は、 生 演 奏 を 間 近
﹁
ひかり棟﹂に決定しまし
で見たことがなく初めてで、
た。 名 付 け 親 は、 当 時 の 養
歌 声 を 聴いた と き は と て も
育 部 長 故・ 鎌 田 洋 二 先 生 で
感動しました。
す
。讃美歌 番から、
﹁ 悩み
行 き 詰 っ て い る 時、 め ぐ み
演奏が始まると、自然と
手拍子が聞こえ始めて、と
の 光 が、 闇 を 照 ら し て く れ
て も 賑 や か に な り ま し た。
ま
す。神様は愛だからです。
利 用 者 の 方 々 は、 楽 器 の
困 難 な時にも神 様の愛を 忘
音に合わせて、リズムをと
れ ず、 私 た ち も 神 様 を 愛 し
り な が ら 楽 し く 演 奏 を 聞い
て行きましょう。
﹂と、付け
ていました。演 奏を聞いて
て下さいました。これから、
いくうちに、なんだか心が
厳しく困難な状況に直面す
﹁ ホ ッ﹂ と 温 ま る よ う な 気
る
ことが 多 々あると 思いま
分になりました。気がつく
す が、 私 た ち は 自 分 に 出 来
と音楽に合わせて歌を歌っ
る 事 を 精 一 杯、 心 を 込 め て
ている自 分がいて、利用 者
行い、
﹁めぐみ﹂の﹁ひかり﹂
さ んの 笑 顔 も た く さ ん 見 る
で
照らして下さる神 様の愛
ことができました。素晴ら
を、 心 か ら 信 頼 し て い け る
しい歌声を聴いて、私も利
といいですね。
用 者の 方 々も 自 然 と 笑 顔 に
︵ひかり棟介護福祉士
金子︶
なっていって、音 楽の 力 は
凄 い とい う こ と を 改 め て 感
9
4
87
お母さんといっしょ
大 好 き な お 母 さ ん で す。 お 母 さ
ん は、 福 岡 市 の 早 良 区 か ら、 自 転
車・地下鉄・電車・バスを乗り継ぎ、
片 道 2 時 間 か け て、 毎 週 会 い に 来
てくれます。
︵ 何 日 も 続 けて来てく
れることもあります。
︶
私 の 耳 元 で 歌 を う たっ た り、 お
話をしてくれるので、嬉しくて、私
も一緒におしゃべりします。お母さ
んに、
﹁おいで。
﹂と呼んでもらえる
と、 と て も 幸 せ な 気 持 ち で 笑 顔 に
なる私です。
︵時々聞こえないふり
もします☆︶ご飯の時は、手を握っ
たり、身体を触ったり、スキンシッ
プ を 楽 し み ま す。 大 好 き な お 母 さ
ん、あまり無理をしないでネ☆
︵新藤
佐知子さん︶
ひかり棟の活動
第 181 号(8)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
10
私の家族
福岡イオンモールへお出かけ
16
アートムジカ
︵中山
月2日、
〝アートムジカ〟の方々が
剛さん・吉原
加代さん︶
パフォーマンスをしに来て下さいました。
9月 日、剛さん、加代さん、剛さん
のお兄さん、スタッフ3名の総勢6名で、
今回のテーマは﹁アートムジカ・カレン
福岡イオンモールへ繰り出しました。︵剛
ダー﹂
。一年間を月毎に、様々な方法で
さんのお兄さんは、この日のために京都
楽しく表現されていました。どの月も元
から駆けつけて下さいました。感謝!︶
は 同 じ 模 造 紙 で す が、 様 々 な 表 現 方 法
加 代 さんは出 かける 前 から 徐々にテ
によって、どの月も全く異なる、絵本や
ンションを上げ、現地に到着した途端、
紙芝居のように見えました。
﹁ 次 は 何の
﹁キャー☆﹂と大絶叫。剛さんは少々緊
絵だろう?﹂
﹁次の仕掛けはなんだろう﹂
張気味でした。
と、常にわくわくしながら見ることが出
映画館、ショッピングモール、ゲーム
来ました。
センター、大勢の人たち、とても賑やか
また、絵だけではなく、音楽もとても
素敵でした。優しいピアノの音色に合わ ウフフ、私のイケメン兄さんです。お でいつもと違う雰囲気にワクワク・ドキ
せて、澄んだソプラノが病棟内に響きわ 兄さんは東京に住んでいますが、帰福の ドキ・・
たるので、みなさん自然と、その歌を口 際は必ず私に会いに来てくれます。だっ 剛 さ ん は、 お 兄 さ ん に お 揃 い の 帽 子
ずさんだり、リズムに合わせて身体が動 て、美人で最愛の妹ですから︵当然?︶ を買ってもらい、ご機嫌、嬉しそうです。
お兄さんはとても優しいのですが、一度 加代さんも、ちょっとおしゃれなお洋服
き出していました。
私の事を﹁もう○○才のおばさん﹂って をお買い上げ、ご満悦です。
目で見て、耳で聞いて、心で感じる、
とても素敵なパフォーマンスに、利用者 言ったんですよ!超ショック、ひどすぎ 本 日 の メ イ ン イ ベン ト ☆ デ ザ ー ト タ
の方々も職員たちも、みなさん自然と笑 ☆でも大好き♡自慢のお兄さんです。今 イムには、二人ともサーティワンのデコ
日 は お 家 で お 留 守 番 の お 母 さ ん は、 私 レーション付きアイスをペロリ、美味し
顔になっていたようでした。
︵ひかり棟保育士 佐藤︶ ソックリ、凄くきれいです☆お料理もお かった∼♡
裁 縫 も と て も 上 手、 最 高 の お 母 さ ん で
あっという間にお帰りの時間となり、
す。大・大・大好き☆あっ、お父さん・・ 進 撃 の 巨 人? の 前 で 記 念 撮 影 後、 帰 途
忘れていませんヨ、私専属のカメラマン につきました。帰りの車中では疲れた様
で、ナイスショットは数え切れない位あ 子を見せる事なく、無事帰園することが
ります。勿論大好きです!お父さんの顔 できました。また、お出かけできるとい
を見ると、うれしくてホッとします。い いですネ☆
つも会いに来てくれて、本当ににありが
︵ひかり棟介護福祉士
金子︶
とうございます。
︵横溝
玲子さん︶
どうだ∼
えへっ
!!
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(9)第 181 号
の販売を通じて、たくさんのお客様や
しおり店OPEN!
病 棟の利 用 者さんに触れ 合 えた忙し
くも心温まる貴 重な時 間となりまし
今 年 の 開 園 祭 で 通 所 は し お り の お た。
店を出店しました。
お越しいただいた皆様。楽しいひと
利用者さんと一緒に作ったしおりは 時をありがとうございました。
約300枚。お散歩の時に拾った葉っ
ま たの ご 来 店 を お 待 ちしてお り ま
ぱや花びら。皆でちぎった花紙や紙吹 す
雪を透明のフィルムに挟んで作りまし
︵通所保育士
狩野︶
た。光にかざすと柄が透けてとても綺
麗です。
しおりのお店は通所の入口にOPE
Nしました。お店の両脇にはグループ
ホームの利用者さんが作った紙のラン
プシェードを飾り、ほんのりとした灯
り が 良 い 雰 囲 気 を 醸 し 出 し てい ま し
た。
販 売 員は通 所の利 用 者さんが交 代
で担当し、お客様からお金をいただい
たり、おつりをお渡したり、品物を手
渡したりと大忙しです。
皆で﹁いらっしゃいませ∼!﹂と大
き な 声 でア ピールし た 頑 張 り が 功 を
奏 し て、 続 々 と お 客 様 が 来 ら れ 大 盛
況!色んな柄があり、皆さんどれにし
ようかと楽しそうに手に取って選ばれ
ていらっしゃいました。
﹁どうやって作っ
﹁頑張ってるね!﹂
た の?﹂
﹁ 上 手 に 作 れ た ね!﹂ な ど、
たくさんのお声掛けをしてくださり、
販売していた利用者さんも笑顔いっぱ
いでした。
し お り が 山 積 み だっ た カ ゴの 中 は
あっという間に空っぽになり、しおり
外来
療育
そら
宙
﹁電車に乗ったよ﹂
宇
月 日少し肌寒い晴れた朝、
﹁おはよー!﹂﹁お・は・よ!﹂
次々と篠栗駅に元気な笑顔が集
まってきました。そう!今日は皆
が待ちに待った園外活動の日。こ
こから博 多 駅まで 分間の電車
体験です。ゆっくり改札口を通り
抜けるとホームに集まってみんな
で写 真 をパチリ!線 路の向こう
側 に はお 散 歩 に 来 ていた 保 育 園
の子ども達が笑顔で手を振って見
送ってくれました。﹁ガタ∼ンゴ
ト∼ン﹂ゆっくり電車が近づいて
きます。宇宙のみんなは電車を見
て笑ったり、不思議そうに見つめ
ている子も。さぁ、いよいよ発車
です!﹁ガタ∼ンゴト∼ン﹂みん
なが揺れます。﹁ガタ∼ンゴト∼
ン﹂お母さん達も揺れます。みん
なびっくりするかなぁ∼と見てい
たら、ぜ∼んぜん平気!!窓の外
の移り変わる景色を見て喜ぶ子や
ぼんやりと揺れを楽しむ子。とっ
てもリラックスして楽しめていま
した。その後みんなで食事をした
後に博多阪急を散策して一日楽し
く過ごせました。来年はどこに行
こうかな?楽しみにしていてね。
︵通所保育士
原田︶
電車に揺られいい気持ち
篠栗駅にて
いらっしゃいませ!
どれにしますか?
第 181 号(10)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
通所の活動!!!
!!
10
21
15
通所で頑張っています!
吉良由梨子さん
ていることが嬉しいです。大好き
ら通所でお世話になっています。
護 学 校 を 卒 業 し ま し た 。4 月 か
き な 女 の 子 で す 。 今 年 、直 方 養
ります。アンパンマンと歌が大好
笑顔をプレゼントできると思いま
非声をかけてください。きっと、
いです。由梨子を見かけたら、是
気に過ごせている事が一番うれし
体 重 が 増 え た 由 梨 子 で す が 、元
高1と手 術を乗り 越えるたびに
な歌もたくさん聞けます。中1・
実 は以 前 から 久 山 療 育 園 のこ
とは知ってたのですが、実際に来
すから・・・。これからも、元気
吉 良 由 里 子 で す 。2 卵 性 の 双
子の姉で、 月 日で 歳にな
たのは 学 校の 職 場 実 習の 時 が 初
に楽しく過ごしたいと思っていま
︵吉良
母︶
めてでした。毎回、活動があるの
歳の足型も制作
す。どうぞ、皆様宜しくお願いし
作って た り 、
が嬉しいです。先日も、大好きな
19
ます。
17
散 歩 に 行って 見つ け た 花 で 冠 を
12
し た り と 、楽 し そ う に 参 加 出 来
皆さん宜しく
18
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(11)第 181 号
リハビリテーション課の活動
﹁重症心身障害児者に対する理学療法﹂
私 は 当 園 に 着 任 す る 前 は 屋 久 島 逆に高すぎて反応しすぎたりします。
で生活していました。そこでは満 点 それをちょうど良い活 動 性に調 整す
の星空を見て、川のせせらぎを聴き、 るのです。
雨 上がりの森の匂いをかぎ、山 海の 活 動 性がちょうど良い状 態になる
恵みを 味わい、風の温かさを肌で感 と、今 まで 気 づくことができ なかっ
じることができました。この素 晴 ら た 花 の 香 り や、 仲 間 の 表 情 な ど を
しい世 界 を五感で感じ・意 識 するこ 感じ・意 識 することができます。私
とで、人として生きるとはどういう は何気なく過ごしている日々の中で、
ことか考えさせられました。
小さな変 化を 感じ・意 識することで
重症心身障害児者の方と関わる中 幸せだと思うことがあります。私は
で、私にできることは皆さんが世 界 皆さんとその小さな幸せを共に感じ、
を感じ・意 識する手 助けをすること 共に笑ったり 泣いたりしていきたい
だと 考 えています。つまり、物 事 を と願っています。
敏 感 に 感 じと れるよ う に 身 体 や 環 境
︵理学療法士
を調整するということです。
入岡︶
人はある刺 激に対して身 体の一部
が活動性を調
整して反応しま
す。例えば、何
かを聴くときに
耳を澄ましたり、
ヨーイドンの合
図で素早く走り
出せるように身
構えたりします。
しかし、重症心
身障害児者の
方の中には、刺
激に対して活動
性が低くて反応
できなかったり、
重症者ホームひさやまだより
そして九月、久山療育園
の通所の園外活動にホーム
の職員も一緒に参加しての
﹁放生会﹂
、入居者全員元気
でお出かけしました。
この日も天気は晴れ、バ
スに乗っての移動は久しぶ
りです。ホームとしては初
めての園外活動となり、少
しの不安と大きな期待でド
キドキのお出かけになりま
した。皆なお出かけ用の服
に着替え、バスに乗り込む
時は良い笑顔をしていまし
た。
車内で注意事項を聞きな
がら三十分程で無事に現地
へ到着。箱崎宮は沢山の人
で賑わいを見せ、参道は右
を見ても左を見てもお店が
並び、美味しそうな匂いや
楽しそうな声でいっぱいで
す。本殿にお参りに行く間
は目移りの連続で皆が周り
をキョロキョロ見回し﹁昼
食 は 何 を 食 べ よ う?﹂
﹁玩
具は何を買おう?﹂と保護
者やスタッフと話している
姿が印象的でした。
お参りの前には手を清め
ます。冷たい水に少しビッ
クリ。お賽銭を投げて静か
にお参り。後でお願いにつ
いて聞いてみましたが﹁秘
密﹂との事。無事にお参り
が終わり、参道を戻りなが
ら昼食やお土産を買います。
中々、昼食が決まらない
方も居れば、即決で食べ物
を買う方、玩具や籤で遊ぶ
等、買い物に入居者の皆さ
んそれぞれの性格が出てい
ました。昼食は、福岡教会
の皆様のご厚意で、場所を
提供して頂き皆で揃って頂
きました。普段とは少し違
う﹁焼きそば﹂
﹁から揚げ﹂
﹁フライド ポテト ﹂等のB
級グルメに大満足の様子で
した。
帰りの車内は、疲れたの
か眠そうにしていた方も居
られましたが、楽しかった
事を思い出して笑う賑やか
な声も多く聞こえました。
ホームが稼動して半年足
らず、活動やお出かけもま
だまだ、手探りの状態です。
今後も色々な事にチャレン
ジ出来る様にスタッフ一同
頑張って行きたいです。
︵生活支援員
土居︶
月
日
日 に 高 等 部 3 年 生のみん なで
心 地 よい 秋 晴 れの 中、
14
矢 津 里 恵 子 さ んの 4 名 と、 ご 家 族
日 グル ー プ は、 内 田 裕 美 子 さ
ん、山口久美さん、矢山一美さん、
ま し た。 帰 り の バ ス 車 内 は﹁ 楽 し
香 り を 感じながら休 憩や 散 策 をし
は、 お 土 産 を 買 っ た り、 海 の 風 や
間 と な り ま し た。 食 後 の 自 由 時 間
古 賀 豊 さ んの 3 名 と、 ご 家 族 の み
という間の1日でした。
した。楽しい思い出いっぱいのあっ
員の総勢 名でした。
イ サ イ ド プレイス 博 多 での 昼 食 や
ポート タワーから 眺 める 景 色やベ
や 揺 れを 全 身で 感じる﹂
、
﹁②博多
忙 しい 中、 職 員 を 同 行 さ せ て く だ
す る こ と が で き ま し た。 ま た、 お
り ま し た。 お か げ で 安 心 し て 旅 行
タッフの 方 々 に は 大 変 お 世 話 に な
病 棟 ス タ ッ フ、 グ ル ー プ ホ ー ム ス
ショッ ピン グ、 散 策 を そ れ ぞ れ 楽
す。ありがとうございました。
さっ た 久 山 療 育 園 に 感 謝 い た し ま
ち と 笑 い あっ た り、 お だ や か に 行
き す ぎる 景 色 を 見 た り して 過 ごし
ま し た。 次 に 向 かった 博 多 ポ ー ト
メ ー トルの 展
し ま し た。 み ん な で 楽 し み に し て
望 室 からの360 度の 眺 め を 満 喫
タ ワ ー で は、 地 上
70
育職員一同︶
︵福岡県立福岡特別支援学校訪問教
修 学 旅 行 に 臨 ん だ 高 等 部 3 年 生の
分間
15
の 航 路 を 友 だ ち や ご 家 族、 先 生 た
ル ー ト に み ん な ド キ ド キ。
ま ず は、 福 岡 市 営 渡 船 に 乗 っ
て 西 戸 崎 か ら 博 多 までの 海 を 渡 る
みなさん。
し む ﹂ と い う 2つの 目 標 を 掲 げ て
今 年 度 の 目 的 地 はベイ サ イ ド プ
レ イ ス 博 多。
﹁ ① 船 に 乗って 潮 風
最 後 に な り ま し た が、 保 護 者
の皆様をはじめ、引率看護師さん、
な さ ん、 塩 川 看 護 師 さ ん と 学 校 職
プは、池田三国さん、岡本修一さん、 かった!﹂という声であふれていま
21
店の丁 寧 な 対 応に大 満 足 な昼 食 時
職員の総勢 名。翌週の 日グルー
の み な さ ん、 森 看 護 師 さ ん と 学 校
ザ ー ト も 堪 能 し ま し た。 ま た、 お
料 理 も 期 待 ど お り に 美 味 し く、 デ
いたレスト ランでの 昼 食 は どのお
笑顔いっぱい、おなかいっぱい、思い出いっぱいの修学旅行
と
10
修学旅行に行ってきました。
21
14
皆で楽しんだ流し素麺と放生会
重症者ホームひさやま
も、七月の開所から早いも
ので五ヶ月が経とうとして
います。この間に行なわれ
た、活動の一部を紹介させ
ていただきます。
八月に行なったのは﹁流
し素麺﹂
。
暑い日が続く中で、屋外で
行なう活動が難しい時に涼
しさを求めた活動として計
画・実施されました。
幸い、天候にも恵まれ気
温も高くならず、屋外の風
と竹を流れる流水が清涼感
を演出し、御好意で頂いた
食材と主役の素麺に、入居
者の皆さんが笑顔を見せて
くれました。
流 れ る 素 麺 は、 お 箸 で
取るのが大変で目の前を過
ぎてゆく素麺を見て唖然と
したり、少し残念な顔をし
たり、楽しくなって笑った
りと色々な表情を浮かべて
いました。スタッフの協力
もあり頑張って皆が素麺を
取ることが出来ました。各
自で好きな薬味をつけ美味
しく頂きました。涼しく屋
外で食べる素麺は皆が気に
入った様で予想より多くの
量を食べ、楽しく過ごせた
ようです。
16
13
第 181 号(12)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
新生児集中治療室︵NICU︶ の方々の様子が写真を通して伺
﹁第 回開園祭報告﹂
の
後
方
支
援
に
も
お
役
に
立
て
れ
ば
え
ました。
幸いです。
開園祭の実施後
センター長
宮
﨑
信
義
第 二 の 要 素 で あ る 入 居 施 設 また開園祭後の実行委員会が
﹁重症者ホームひさやま﹂が家 開かれ、準備や打合せ不足など
トしましたが、在宅重症心身障 庭により近い福祉施設として開 の課題を共有しました。今年の
はじめに
害児︵者︶の必要に応える内容 設されました。渡辺診療部長が 開園祭は、商品バザーを新品と
久山療育園重症児者医療療
育センターの開園祭は、創立後 の向上と安定的な運営が肝要で 施設長を兼任されますので、詳 それに準じるものに限定したこ
第 回の開催が出来ました。こ すから、﹁在宅支援センター事 しくは申し上げませんが、介護 とや商品そのものが年々減少傾
れまでの主なる神様のお導きに 業の推進﹂という思いを強くし サービス包括型グループホーム 向にあること、食堂実施時間の
︵共同生活援助事業︶を担う福 表記を 分切り上げるなど準備
感謝し、ご支援して下さる皆様、 たわけです。
ボランティア、保護者、職員な こ れ は 1 9 7 6 年 の 創 立 当 祉施設です。日中は通所などの や当日の実情に応じた枠組みで
ど多くの方々の祈りの御支援に 初に示された﹁地域の中心に位 日中活動、夜間は夜間生活の場 準備が進められました。開園祭
感謝しています。開園祭で私た 置付けられること﹂﹁新しい社 として、ご家族も自由に出入り は伝統的に職員や保護者を力づ
ちは、﹁重症心身障害児︵者︶ 会福祉の拠点である﹂こと、す できる居住施設を目指し、医療 ける何かがあるという印象を私
と共に﹂という合言葉や創立理 なわち﹁地域に開かれた施設﹂ サポート体制は外来を中心に実 は感じていましたが、その見え
念を想起し、また継承されてい の実践でありました。全国には 施されます。国の社会福祉施策 ない何かを伝達するために、一
る無形の﹁重症児者療育のかお 約43,000人の重症心身障 が在宅支援を中心に展開されて 昨年から引き続いて、新しい職
り﹂を確認する機会となります。 害児者がおられ、その中には約 いく中で、ご家族の必要に向き 員に対する開園祭研修を実施し
このような思いで、第 回開園 29,000人という多くの在 合い計画された事業です。﹁在 理解を促しました。
祭について﹁愛の手を﹂の誌面 宅重症児者がおられます。﹁在 宅支援棟﹂と﹁重症者ホーム﹂ おわりに
を通して御報告申し上げます。 宅 支 援 セ ン タ ー ﹂は 、粕 屋 地 とが呼応してお役に立てると幸 来場頂いたお客様の殆どの方
から﹁良かったですね﹂という
開 園 祭 テ ー マ﹁ 在 宅 支 援 セ ン 区・宗像地区・筑豊地区を中心 いです。
励ましと肯定的な評価を頂き
とし、政令市福岡市の東部を含 開園祭の風景
ター事業の推進﹂
む背景人口約100万人からな ﹁ふれあい・展示﹂の公開療 ました。世相の変化から商品数
第 回 開 園 祭のテ ーマは 、
﹁ 在 宅 支 援 セ ン タ ー 事 業 の 推 る地域の方々の在宅障害福祉に 育は、テーマが﹁パラバルーン や内容が縮小されましたが、そ
進﹂と致しました。2008年 寄与しその責を負うものです。 で季節を感じよう﹂でしたが、 れでも予測以上の売り上げがあ
8月に竣工した施設全面改築に センターの第一の要素である 入所児者5名・通所児者3名が り、また多くの献金を頂きまし
続いての将来計画﹁在宅支援プ ﹁在宅支援棟﹂の役割として特 参加し、観客も参加型にしたの た。重症心身障害児︵者︶のた
ロジェクト﹂が、今年7月から 筆すべきことは、次に述べる在 で様々な方に参加して頂きまし めに﹁在宅支援センターの運営
﹁在宅支援センター﹂の開設と 宅支援事業を繋ぎ、地域福祉や た。ふれあい活動は﹁ボーリン 資金﹂を中心として活用して行
事業開始で実現に至ったからで 地域連携の調整に当たる働きで グ大会﹂で、たくさんの参加が きたいと思います。
す。私たちは主の御計画によっ す。具体的には、①通所事業・ ありました。
﹁愛の手を﹂を通じて支援し
て示された﹁在宅支援プロジェ 短期入所事業・訪問事業・相談 定着してきた﹁閉会の集い﹂ て下さる友の会会員の皆様や読
クト﹂を推進し、今年7月1日 事業の実践∼調整機能。②自立 は 、参 加 型 の 集 会 で 、今 ま で 者の皆様、これまでのご支援を
に﹁在宅支援センター﹂︵在宅 支 援 協 議 会 ∼ 福 岡 県 地 域 連 携 の開園祭の様子だけではなく、 感謝致しますと共に、思いを新
支 援 棟 及 び﹁ 重 症 者 ホ ー ム ひ 会議との交点。③地域連携機能 ﹁重症児者と共に﹂という合言 たにして重症児者へのサービス
さやま﹂︶の開設が成りました。 として、施設・病院と社会資源 葉で喜びを共にしてきた保護者 の向上を目指して参りたいと存
このビジョンはここからスター ︵医療・福祉・学校︶の連携や、 や支援者、ボランティア、地域 じます。
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(13)第 181 号
39
39
39
39
30
これからも利 用 者の方々を中 心に皆
しょう。でも、神様の導きにより、ここ
さんが笑顔で楽しく過ごしていけるお手
久 山 に 関 わ る 多 く の 方 々 も 、各 々 が あ
利用者さんも、ご家族も、スタッフも、
もよろしくお願いします。
力していきたいと思いますので、今後と
伝いができ、共に歩んでいけるように努
に呼び集められたひとりひとりとして、
︵体も年齢も︶、片手でヒョイと抱ける
りのままの個性を尊重され、認められ、
︵保育士
古賀クミ︶
ほどでしたし、平均年齢も 代でした。
開園祭勤続表彰職員の声
年表彰を受けて
輝き、皆が心から笑いあえる、明るい施
設であり続けてほしいと願ってやみませ
中身は⋮?
看護学校卒業後、数年間一般病院で勤
務しました。
年表彰を受けて
今 思 い ま す に 、月 日 の 経 つの は 本 当
とりの証しを胸に、これからも、﹁めぐ
に早いなあって感じます。まさに﹁光陰
やま﹂を﹁共に生きて﹂行けたらと思い
は、まだ古くてこじんまりとした感じで
矢 の 如 し ﹂で す 。
みとひかり﹂が満ち溢れる、良き﹁ひさ
ます。表彰、本当にありがとうございま
した。食事の体制も﹁4回食制﹂でした
年 前の久 山 療 育 園
した。
︵ひかり棟介護福祉士
金子マスミ︶
年表彰を受けて
久 山 療 育 園 に 務 め 年 も 経 ち 、皆 さ
ん と も 年 も 楽 し く 過 ご さ せて 頂いて
きたのだなあと思うと、感謝の気持ちで
し、養育部という部署があって、私の配
属された部署がそこでした。指導員とし
て、ソーシャルワークも担当していまし
た。保護者の方々の家庭訪問もよく行い
ました。そして、毎週日曜日は交流ホー
ル に 保 護 者 の 皆 様 と 集 まって 、前 理 事
長の川野先生を中心に﹁サンデースクー
ル﹂を行っていました。当時の保護者会
家族、母との別離がありました。出会い
とで私自身も少しずつ成長させていただ
人達に出会い、笑顔、優しさに触れるこ
利用者の方々、保護者の方々、スタッ
表彰を受けたばかりのようですが、この
フの方々、ボランティアの方々等沢山の
たりととても 充 実した時 間 を共に過ご
聖 書の 勉 強や 福 祉 施 策の 動 向 を 勉 強し
お父さんお母さんが集まってくださり、
一杯です。
も別れも必然で、時の流れの中でしっか
会長の平︵たいら︶さん他、たくさんの
月 並 み な 言 い 方 で す が 、こ ん な に 長
く勤めさせて頂いたなんて信じられない
いました。
年なんです︶。人生の
私が入職した頃はまだみんな小さくて
ルが作られ、大きな施設へと成長しまし
じています。
て 久 山の 利 用 者 の 方 々の 命 の 輝 き を 感
派になり、組織が確立され、一連のルー
た。施設の色合いも変わっていくことで
ました。私にとっては﹁サンデースクー
る 事 が 出 来 、心 の 準 備 を す る 事 が 出 来
私も子を産み、育てる中で、子供の成
やはり寂しいですね。久山は、建物が立
この事は、﹁障がい者自立支援法﹂施
長に一喜一憂し、命の尊さを感じ、改め 行 の 際 に 、早 い 段 階 で 事 前 に 情 報 を 知
す事が出来ました。
きました。
︵正確に言うと
30
半分以上を、久山でお世話になってしま
31
ほど、あっという間に過ぎた
り受け止めていくものと解っていても、
5年間に、大好きだった利用者さん、ご
ん。創立期を支えて下さった方々、天国
に 旅 立 た れ た 利 用 者 さんおひと り おひ
思 い 出 さ れ ま す 。皆 さ ん が 小 さ く 可 愛
頂きたいと思います。
かった頃の話なら、お任せ下さい!
前 理 事 長の川 野 先 生や小 山 元 看 護 部
何だか退職の挨拶のようですが、微力
長から﹁久山療育園はこれからだ﹂と言
ながらあと少し皆さんと一緒に働かせて
た自分の家族、先輩、同僚に励まされ、
今があると思います。
年表彰を受けて
20
拙 い 私 を 、 年 間 勤 務 さ せ てい た だ
らしさを伝えながら、良き看護者を育て
き 深 謝 申 し 上 げ ま す 。ついこ の 間 年
多 くの 自 分 を 支 えてく れ た 方 に 感 謝
し、今回の表彰を励みに重心看護の素晴
︵めぐみ棟師長
野口
惠︶
勤 続 年の表 彰 をして頂きありがと
何度となくあきらめかけましたが、そ の都度利用者の声、笑顔に支えられ、ま うございます。
るのですよ﹂と促され入職しました。
われ、また﹁重心の看護はあなた達が造
を面接したのが 年前のことです。
いろいろな出来事や出会い、別れがあ
学生時代から思いがあった重心施設を ﹁看護学雑誌﹂より見つけ、久山療育園 り、その一つ一つが昨日のことのように
私も年齢だけは一緒に成長しましたが、
10
年でした
︵看護部長
吉本法生︶
20
30
25
15
30
ていきたいと思います。
25
20
20
30
15
第 181 号(14)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
に精一杯頑張っていきたいと思います。
したが、残された期間を悔いの無いよう
で残すところ3年ほどになってしまいま
宝物となっています。私は、定年退職ま
ル﹂での思い出は、忘れる事の出来ない
たいと思いますのでよろしくお願いしま
供 で き る よ う に 、初 心 を 忘 れ ず 頑 張 り
ています。今後も安全・安楽にケアを提
学 び 、多 く の 笑 顔 を 頂 き 本 当 に 感 謝 し
者さんと関わっていく中で多くのことを
らも、皆様から頂く温かい気持ちを大切
思いも大きなものになりました。これか
き、今まで以上に利用者の方々に対する
を経験し、子どもという大切な存在がで
剣 に 考 え さ せ ら れ ま す 。ま た 昨 年 出 産
方々を見て、﹁生きる﹂ということを真
様 々 な こ と が あ り ま し た 。入 職 し て 間
した。苦しいことや辛いこともあるなか
も な い 頃 は 仕 事 を 覚 え る こ と で 精 一杯
方の優しく温かい指導があったから、こ
で、一生懸命一日一日を過ごす利用者の
︵めぐみ棟
看護師
國崎
愛︶
職員永年勤続表彰者(敬称略)
30 年 吉本 法生
野口 恵
25 年 金子 マスミ
20 年 古賀 クミ
15 年 島本 和明
10 年 松岡 芳和
嘉村 由香
5 年 國 愛
大谷 美保
原田 真理
前田 香織
土居 務
今磯 弘通
清水 敦子
また、大好きな利用者の皆さんが、私
がつらい時に、笑顔で元気をくれるので
ボランティア表彰者
10000 時間 大高 玄子 様
3000 時間 久芳 洋子 様
2000 時間 萩尾 満之 様
1000 時間 松本 修一 様
500 時間 北古賀 由美様
頑張れます。
ここまで成長させて頂いた、たくさん
の方々に感謝しながら、これからも働い
ていきたいと思います。
︵めぐみ棟
看護師
原田真理︶
永 年 勤 続 5 年 表 彰 し てい た だ き あ り
がとうございます。あっという間に5年
が経過したことにビックリしています。
第 39 回 開園祭 表彰者
にし、共に歩んでいきたいと思います。
す。
︵めぐみ棟
看護師
今磯
弘通︶
あえて目標を掲げるとしたら、在職中に
﹁社会福祉士試験﹂に合格する事です。
︵療療育主任
島本和明︶
この 度 は 5 年 永 年 勤 続 表 彰 を 頂 き あ
りがとうございます。今年で入職して7
この 度 は 年 永 年 勤 続 表 彰 をいた だ
き、ありがとうございました。
の日々を過ごしていましたが、利用者の
年目を迎えました。あっという間の7年
年前の 月 ・・・
看 護 学 校 を 卒 業 した
ば か り で 、何 も わ か ら ず 戸 惑ってい た
方々と触れ合っていくなかで、一人一人
5年永年勤続表彰を受けて
のが、昨日のことのように思い出されま
の素晴らしい個性に気付かされていきま
でしたが、初めての就職、出産と本当に
す。あっという間の 年でしたが、先輩
5
4
こまで勤務することが出来ました。
5
5
久 山 療 育 園 で 働 か せ て 頂 き 、日 々 利 用
ロジテム九州からの贈り物
JA粕屋からの贈り物
毎年献品頂いているロジテム
九州から、今年も﹁久山療育園
の利用者のために、役立つもの
を送りたい﹂という嬉しい申し
出がありました。
毎年園では、﹁あれにしよう
か、これにしようか﹂と嬉しい
悩みです。病棟職員と相談した
結果、今年は利用者の体調を確
認するのに必要なパルスオキシ
メーターにしました。
それは、呼吸状態がすぐに確認
できるコンパクトな器械です。
毎年、毎年本当にありがとうご
ざいます。大切に使わせて頂き
たいと思います。
すばらしいプレゼントありがとうございます
JA粕屋企画管理の方が来園
され、久山療育園の利用者に贈
り物をしたいという申し出があ
りました。
今回はリクライニングが出来、
下肢を安静に保つことが出来る
車椅子を 台献品して頂きまし
た。
この車椅子は、車載すること
も可能なので、他の病院に検査
等で受診するときや散歩時など
に使用させて貰いたいと思いま
す。
ありがとうございました。
2
2015 年 12 月 1 日
愛 の 手 を
(15)第 181 号
13 12
10 12
30 18
30 17
30 15
ボランティアだより
とがあったり、出会いがあった
久山療育園
り、という前向きな経験もでき
クリスマスのご案内
た、という話が印象に残った﹂
﹁ 施 設 内 に 家 族の 宿 泊 室があ
ボランティア講習会
☆入所利用者のクリスマス
ることが印象に残った﹂
月 日︵火︶
∼
など、さまざまな貴重な感想
﹁ 利 用 者 ご家 族の体 験 談が特 をいただきました。
に印象に残り、様々なことを勉
メッセージ
山田雄次理事長
来年度も、さらに内容を充実
強できた﹂
☆久山療育園クリスマス会
して行っていきたいと考えてお
﹁ ご 家 族 の 体 験 談 を 聞 いて 自
月 日 木
( )
り
ま
す
。
た
く
さ
ん
の
皆
さ
ん
の
ご
分が思っている以上に家族は大
∼
参加をお待ちしております。
変な思いをしていて、これから
メッセージ
踊 一郎牧師
︵相談支援員 山田︶ のことも考えていかないといけ
︵西南学院バプテスト教会牧師
*終了後、懇親会開催の予定
ない、ということを知れた﹂
﹁ ボ ランティア さ んの 体 験 談
☆通所クリスマス
を聞いて私も参加してみたいと
月 日︵金︶
思った﹂
∼
﹁ ふ れ あ いの 時 間 で は 利 用 者
メッセージ
山田雄次理事長
の笑顔に癒された﹂
﹁ ふ れ あいの 時 間 で、 本 当 に
嬉 し そ う に している 方 がいて、
こちらまで楽しい気持ちにさせ
てもらった﹂
﹁ふれあいの時間は短時間
だったので、もう少し長く関わ
りたいと思った﹂
﹁ 今 回 初 めて 重 症 児 者 と 交 流
をしてみて戸惑うこともあった
が、利用者の方、職員の方、ご
家族の方、それぞれが頑張って
おられるのだとわかった﹂
﹁ 障 害 が あ るこ との 大 変 さ ば
かりでなく、その障害があるこ
とでわかること、考えられるこ
( 、) 今 年 度 二
一一月 七 日 土
回目のボランティア講習会を行
いました。一〇名の方に参加い
ただき、保護者の体験談の際に
は六名のスタッフが部分参加し
ました。今回は、受講者全員が
学生の皆さんで、フレッシュな
雰囲気の中、熱心に参加して頂
きました。
毎 回、 好 評 を い た だ く 体 験
談は今回、ボランティアは白濱
さん、保護者は、めぐみ棟の野
中さん、グループホームの山元
さんにお話し頂きました。白濱
さんには、利用者の皆さんとの
関わりとその中でお感じになら
れている充実感、今後も来園し
続けようと思われていることな
どを話して頂き、野中さん、山
元さんには、お子様を育てられ
たなかでの様々な思い、入園や
入居を決められた経緯、ご兄弟
との関わり、地域の方との関わ
り、ボランティアさんへの期待
など今回も貴重なお話を頂きま
した。
皆さんの感 想 をご紹 介しま
す。
10 12
第 181 号(16)
愛 の 手 を
2015 年 12 月 1 日
14
30
歩行器
コロニー 友の 会 では 十 月・
十一月 の二ヶ 月 間 に 集 中 して
﹁ 在 宅 支 援 センタ ー ﹂の 建 築 支
援 と し て 三つ の 特 別 支 援 の 取 組
み が 行 わ れ ま し た 。本 当 に 有 難
いこ とで す 。その 活 動 を 紹 介 し
ます。
一つ は 、北 海 道 の じゃ がい も
と か ぼ ち ゃ を 扱った 特 別 バ ザ ー
です 。福 岡・北 九 州 両 地 方 連 合
の教会と久山療育園の職員及
び 利 用 者 の 保 護 者 の 方 々の 協 力
)
を 得 てじゃがいも 六 百 箱 、か ぼ
ちゃ四 百 箱 、送 料 十 トンの 販 売
です 。献 金の 目 標 は四 十 五 万 円
となっています。
二 つ 目 は 、久 山 デ ー︵ 第 三
回 ︶の 開 催 です 。久 山 療 育 園 施
設 訪 問 ボ ランティア の 主 催 で D
V Dの 上 映 に よ る 久 山 療 育 園 の
紹 介 を はじめとして 、音 楽 演 奏
とバザ ーの 開 催 を とおして 相 互
の 出 会いを 楽 し む 集いで 、献 金
と して 十 五 万 四 百 三 十 円 が 献 げ
られました。
三つ目 は 、重 症 者 ホ ームひ さ
や ま の 施 設 長・渡 辺 浩 行 先 生 の
演 奏 グル ー プ﹁ ア ン サン ブル・
カ ブ リ チ オ ー ゾ ﹂の 皆 さ んの 出
演 に よ る ミ ニコ ン サ ー ト の 開 催
で す 。会 場 と 時 間 を 変 え て 三
回 に 亘って 行 わ れ 、﹁ 都 合 の
よい日 時 に 、 都 合 の よい 会
場 に お 越 し 下 さい ﹂と 呼 び か
け が 行 わ れ てい ま す 。チ ケット
の販売金が献金されます。
二 〇 一五 年 度 の コ ロ ニ ー 友 の
会の 建 築 支 援 献 金一〇 〇 万 円の
目 標 が 達 成 さ れるよ う 祈 る もの
︵Y・Y︶
です。
Fly UP