...

EMC NetWorkerリリース8.0クローン作成統合ガイド

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

EMC NetWorkerリリース8.0クローン作成統合ガイド
EMC® NetWorker
リリース 8.0
クローン作成統合ガイド
P/N 300-013-558
リビジョン :A01
Copyright © (2011 - 2012) EMC Corporation. All rights reserved.
2012 年 6 月発行
EMC Corporation は、この資料に記載される情報が、発行日時点で正確であるとみなしています。この情報は予告なく変更さ
れることがあります。
この資料に記載される情報は、現状有姿の条件で提供されています。EMC Corporation は、この資料に記載される情報に関す
る、どのような内容についても表明保証条項を設けず、特に、商品性や特定の目的に対する適応性に対する黙示の保証はいた
しません。この資料に記載される、いかなる EMC ソフトウェアの使用、複製、頒布も、当該ソフトウェア ライセンスが必要
です。
EMC2、EMC、および EMC ロゴは、米国およびその他の国における EMC Corporation の登録商標または商標です。記載されて
いる他のすべての商標は、各社の所有物です。
製品ラインの最新規制のドキュメントについては、EMC オンライン サポート用 Web サイトの「Technical Documentation and
Advisories」セクションにアクセスしてください。
2
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
目次
はじめに
第1章
はじめに
改訂履歴 ....................................................................................................
クローン作成統合機能 ..............................................................................
ステージング統合機能 ..............................................................................
クローン作成とステージングの利点 ........................................................
追加のデータ保護................................................................................
パフォーマンス ...................................................................................
ストレージの最適化 ............................................................................
ライセンス.................................................................................................
バージョン要件 .........................................................................................
NetWorker コンポーネント ........................................................................
NetWorker サーバ .................................................................................
NetWorker クライアント ......................................................................
ストレージ ノード ...............................................................................
NetWorker 管理コンソール ..................................................................
ボリューム...........................................................................................
プール ..................................................................................................
セーブセット .......................................................................................
NetWorker リポジトリ..........................................................................
クローン作成の例......................................................................................
データのステージングの例 .......................................................................
第2章
計画および実施
クローン作成の要件 ..................................................................................
クローン作成ポリシー ..............................................................................
クローン作成のタイミングの決定 ......................................................
クローン プールについて ....................................................................
セーブセット .......................................................................................
クローン属性 .......................................................................................
マルチプレクシングされたバックアップ ...........................................
アプリケーションに関する考慮事項 ........................................................
リカバリ シナリオに関する考慮事項........................................................
参照ポリシーと保存ポリシーに関する考慮事項 ......................................
ブラウズ ポリシー ...............................................................................
リテンション ポリシー........................................................................
第3章
12
12
13
13
14
14
14
16
16
16
16
17
17
17
18
18
18
19
20
20
24
24
24
25
26
26
27
30
30
30
31
31
ソフトウェア構成
Filesystem configuration ............................................................................. 34
ストレージ ノード..................................................................................... 35
読み取りソースと書き込みソースの決定 ........................................... 36
クローン データ読み取りの基準 ......................................................... 38
クローン書き込みの基準 ..................................................................... 38
あるストレージ ノードから別のストレージ ノードにクローンを送信
する...................................................................................................... 39
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
3
目次
すべてのストレージ ノードから単一のストレージ ノードにクローンを
送信する .............................................................................................. 39
クローン データのリカバリの基準 ..................................................... 39
テープ デバイスを使用したクローン作成 .......................................... 40
ファイル タイプ デバイスおよび AFTD デバイスを使用したクローン
作成...................................................................................................... 41
クローン作成プロセスの相違点 .......................................................... 41
高度なファイル タイプ デバイスを使用した手動クローン ................ 42
EMC Avamar(ディデュープ ノード)を使用したクローン作成 .............. 42
Avamar 重複除外クライアントのテープ バックアップ....................... 43
Data Domain(DD Boost)によるクローン作成 ........................................ 43
クローン形式 ....................................................................................... 43
クローン要件 ....................................................................................... 44
プールごとのクローン作成 ................................................................. 46
組み込みストレージ ノードを使用した EMC ディスク ライブラリによる
クローン作成.............................................................................................. 46
ストレージ ノードの選択 .................................................................... 49
複数のストレージ ノードがある環境.................................................. 49
すべてのディスク ライブラリの仮想テープ ライブラリに対する
クローン作成ノードの親和性.............................................................. 49
本番環境のストレージ ノードを経由した物理テープへのデータの
クローン作成.............................................................................................. 50
第4章
クローン作成処理手順
クローン作成データ ..................................................................................
NetWorker リリース 7.6 SP1 以降 ........................................................
NetWorker リリース 7.6 SP1 よりも前 .................................................
クローン作成オプション...........................................................................
自動化されたクローン作成 .......................................................................
自動クローンの構成 ............................................................................
クローン作成のスケジュール設定 ............................................................
クローン操作のスケジュール設定 ......................................................
スケジュール設定クローン操作を手動で開始する.............................
スケジュール設定クローン操作をモニタリングする .........................
セーブセットのクローン ステータスを表示する................................
ボリュームのクローン作成 .......................................................................
セーブセットのクローン作成 ...................................................................
スクリプトによるクローン作成................................................................
NetWorker 7.6 サービス パック 1 の機能強化 .....................................
NetWorker 7.5 の機能強化....................................................................
nsrclone オプションの説明..................................................................
nsrclone オプションを使用する ..........................................................
nsrclone コマンドを使用して参照ポリシーと保存ポリシーを指定
する......................................................................................................
アーカイブされたデータのクローンを作成する ......................................
アーカイブ データのクローン セッションをスケジュール化する .....
アーカイブ ボリュームを手動でクローン作成する ............................
クローン作成パフォーマンスを向上するための考慮事項 .......................
クローン作成の確認 ..................................................................................
GUI のバックアップ バージョンの表示.....................................................
第5章
52
52
52
52
53
53
55
56
59
59
59
60
60
62
62
63
63
64
64
65
65
65
66
66
67
クローンからのデータのリカバリ
クローン リカバリ..................................................................................... 70
リカバリ シナリオ..................................................................................... 70
4
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
目次
参照期間と保存期間 ............................................................................ 70
クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボリューム............ 73
すべてのセーブセットのメディア データベース リストの生成......... 73
メディア データベース内のセーブセットのステータス確認 ............. 74
セーブセット要件................................................................................ 74
データのリカバリ元クローン ボリュームの選択................................ 76
リカバリ タスク ........................................................................................ 77
クライアント ファイル インデックス内の参照可能なクローン データ
のリストア........................................................................................... 77
クライアント ファイル インデックスへのリカバリ可能なセーブ
セットのリストア................................................................................ 80
クライアント ファイル インデックスへの再利用可能なセーブセット
のリストア........................................................................................... 82
メディア データベースに存在しないセーブセットのリストア.......... 84
第6章
ステージング
ステージングの概要 ..................................................................................
ステージングの例................................................................................
デスティネーション ..................................................................................
ステージング ポリシーの設定 ..................................................................
ステージング ポリシーを作成する .....................................................
ステージング ポリシーを編集する .....................................................
ステージング リソースをコピーする..................................................
ステージング ポリシーを削除する .....................................................
NetWorker 管理コンソールからのステージング .......................................
コマンド ラインからのステージング........................................................
セーブセットのクローン ID の検索 .....................................................
第7章
90
90
91
92
92
94
95
95
95
96
96
NetWorker Module for Databases and Applications
NMDA セーブセットのバンドル化 ............................................................ 98
ステージングに関する NetWorker の制限............................................ 99
NMDA によるセーブセットのバンドル化............................................ 99
メディア データベースに保存されるセーブセットのバンドル化に
関する情報......................................................................................... 101
NMDA ポリシーの統一性 ......................................................................... 101
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
5
目次
6
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
製品ラインを改善するための努力の一環として、EMC ではソフトウェアおよびハー
ドウェアのリビジョンを定期的にリリースしています。そのため、このドキュメン
トで説明されている機能の中には、現在お使いのソフトウェアまたはハードウェア
のバージョンによっては、サポートされていないものもあります。製品のリリース
ノートには、製品の機能に関する最新情報が掲載されています。
製品が正常に機能しない、またはこのマニュアルの説明どおりに動作しない場合に
は、EMC の担当者にお問い合わせください。
注記:このマニュアルには、発行時点で正確だった情報が記載されています。EMC
オンライン サポート Web サイトでは、このマニュアルの新しいバージョンがリリー
スされている可能性があります。EMC オンライン サポート Web サイトをチェック
し、このマニュアルの最新バージョンを使用していることを確認してください。
用途
このマニュアルには、NetWorker クローン作成機能を使用するための計画、手法、お
よび構成に関する情報が含まれています。
対象読者
このマニュアルは、EMC NetWorker マニュアル セットの一部であり、システム管理
者を対象としています。NetWorker クローン作成機能を使用するための計画、手法、
および構成に関する情報が含まれています。
このマニュアルの読者は、次のタスクを実行できる必要があります。
◆
NetWorker データゾーンを構成するさまざまなハードウェアおよびソフトウェア
のコンポーネントを識別する。
◆
ストレージ管理オペレーションを構成するための手順に従う。
◆
問題を特定してソリューションを実装するためのガイドラインに従う。
別の指定がない限り、このマニュアルは NetWorker リリース 8.0 用に記述されてい
ます。
関連ドキュメント
次のマニュアル リソースには、NetWorker ソフトウェアの詳細が記載れています。
◆
◆
「EMC 情報保護ソフトウェア コンパティビリティ ガイド」には、EMC 情報保護ソ
フトウェアの各バージョンでサポートされているクライアンント、サーバ、およ
びストレージのオペレーティング システムの一覧が記載されています。
NPG(NetWorker Procedure Generator)は、NetWorker ユーザーおよびサポート ス
タッフが定期更新を行うことができる、ダウンロード可能な Microsoft Windows
アプリケーションです。ユーザーが選択できるプロンプトを使用して、NPG で
は、NetWorker 製品ガイドおよびエキスパート ユーザーによる最新のアドバイス
から抽出した要求度の高い情報に基づく、単一の内容に絞ったマニュアルが作成
されます。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
7
はじめに
◆
◆
テクニカル ノートとホワイト ペーパーには、ビジネス要件、応用テクノロジー、
およびベスト プラクティスに関する製品の詳細な技術的な論評が記載されてい
ます。
これらのリソースは、http://Powerlink.EMC.com で参照できます。Powerlink Web
サイトを使用するには、サービス契約が必要です。
本書で使用する表記規則
EMC では、特別な注意を要する事項に次の表記法を使用します。
通知 : 負傷に関連しない作業を示すために使用されます。
注記:注は、重要だが障害には結びつかない情報を示します。
重要
重要として示された箇所には、ソフトウェアまたはハードウェアの操作に不可欠な
情報が記載されています。
表記上の凡例
本書では次の文字スタイル表記規則が使用されています。
標準
次に示す通常の(手順説明以外の)テキストに使用する。
• インタフェース要素の名前(ウィンドウ、ダイアログ ボックス、
ボタン、フィールド、メニューの名前)
• リソース、属性、プール、論理式、ボタン、DQL ステートメント、
キーワード、節、環境変数、関数、ユーティリティの名前
• URL、パス名、ファイル名、ディレクトリ名、コンピュータ名、リ
ンク、グループ、サービス キー、ファイル システム、通知
太字
処理手順を除く本文で、以下の場合に使用 : コマンド、デーモン、オ
プション、プログラム、プロセス、サービス、アプリケーション、
ユーティリティ、カーネル、通知、システム コール、マニュアル
ページの名前
次の手順説明のテキストに使用する。
• インタフェース要素の名前(ウィンドウ、ダイアログ ボックス、
ボタン、フィールド、メニューの名前)
• ユーザーが具体的に選択、クリック、押す、入力する対象
斜体
次のすべての(手順説明を含む)テキストに使用する。
• 参照先のマニュアルのタイトル
• 強調(新規用語など)
• 変数
Courier
次の場合に使用する。
• エラー メッセージやスクリプトなどのシステム出力
• URL、完全パス、ファイル名、プロンプト、構文(本文以外で掲載
される場合)
Courier、太字
特定のユーザー入力に使用(コマンドなど)
Courier、斜体
次の手順説明のテキストに使用する。
• コマンド ラインの変数
• ユーザー入力の変数
<>
山括弧は、ユーザーが入力したパラメータ値または変数値を囲み
ます。
[]
8
角括弧は、オプションの値を囲みます。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
|
{}
...
縦棒は、他の選択を示す「OR」を意味する
中括弧内は、ユーザーが指定する必要のある内容を示す
(例 : x、y、z)
省略記号は例の中で省略した重要でない情報を示す
情報およびサービス
EMC のサポート情報、製品情報、ライセンス情報は、次の場所で入手できます。
製品情報 — ドキュメント、リリース ノート、ソフトウェアの更新、または EMC 製
品、ライセンス、サービスに関しては、以下の EMC オンライン サポート Web サイ
トをご覧ください(登録が必要です)
。
http://Powerlink.EMC.com
テクニカル サポート — テクニカル サポートが必要な場合は、EMC オンライン サ
ポート用 Web サイトにアクセスし、[サポート]を選択します。
[Support]ページに
は複数のオプションがあり、その中にサービス クエストを作成できるオプションが
あります。サービス リクエストを開始するには、有効なサポート契約が必要です。
有効なサポート契約の入手方法の詳細や、アカウントに関する質問については、
EMC 販売担当者にお問い合わせください。
お客様のご意見
ソフトウェアの機能、インストール手順、製品マニュアルに関するご意見またはご
提案がございましたら、本書についてのご意見を以下のメール アドレスにお送りく
ださい。
[email protected]
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
9
はじめに
10
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第1章
はじめに
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
「改訂履歴」............................................................................................................
「クローン作成統合機能」......................................................................................
「ステージング統合機能」......................................................................................
「クローン作成とステージングの利点」................................................................
「ライセンス」........................................................................................................
「バージョン要件」.................................................................................................
「NetWorker コンポーネント」................................................................................
「クローン作成の例」.............................................................................................
「データのステージングの例」..............................................................................
はじめに
12
12
13
13
16
16
16
20
20
11
はじめに
改訂履歴
次の表に、このドキュメントの改訂履歴を示します。
表1
改訂履歴
リビジョン
日付
追加または変更されたセクションの説明
A01
2012 年 6 月
このマニュアルの初版
クローン作成統合機能
クローン作成は、EMC® NetWorker® ソフトウェアの機能で、安全なオフサイト スト
レージおよびある場所から別の場所へのデータの転送を可能にします。あるボ
リュームから別のボリュームにセーブセットのコピーを作成する機能が用意されて
います。
NetWorker クローン操作は、次のレベルで実行できます。
◆
セーブセット
◆
ボリューム
◆
プール
別の選択基準を使用して、特定のタイプのデータやクライアントを指定することも
できます。クローン操作は、元のバックアップ データのコピーを作成しますが、
バックアップ内のデータのみが正確なコピーであるため、これは正確なコピーでは
ありません。一部のメタデータが変更され、元のコピーとは分離して独立している
コピーとしてクローン コピーを管理できるようになります。この機能によって、後
続の操作で、クローン コピーを元のデータとの依存関係なく使用できます。
複数のクローン コピーを作成して、バックアップを破損、部分的な破損、サイトの
災害、損失から保護できます。クローン作成は、データをあるストレージ タイプか
ら別のストレージ タイプに移動するために使用できるメカニズムも提供します。た
とえば、オフサイト ストレージの場合、データをディスクからテープに移動でき
ます。
クローン操作は、次の方法で実行するように構成できます。
◆
自動起動(自動クローン)
◆
スケジュール
◆
カスタム スクリプト
NetWorker 管理ウィンドウでは、ボリューム情報、ステータス情報およびクローン作
成操作のヒストリを表示または監視できます。クローン関連のメッセージは、
NetWorker_install_dir\logs ディレクトリにある、NetWorker メッセージ ファイルおよ
び savegrp ログ ファイルにも記録されます。
12
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
ステージング統合機能
NetWorker ステージングは個別の処理ですが、クローン作成メカニズムに依存してい
ます。セーブセット ステージングとは、あるストレージ メディアから別のストレー
ジ メディアにデータを移動し、そのデータを元の保管場所から削除する処理を指し
ます。ステージングは、ディスク タイプのデバイスにあるデータに対してのみサ
ポートされます。
セーブセットは、必要に応じて、ディスク間で何度もステージングできます。たと
えば、あるセーブセットをディスク 1 から、ディスク 2、ディスク 3、最後にリモー
ト テープ デバイスまたはクラウド デバイスへとステージングできます。テープ デ
バイスまたはクラウド デバイスにステージングしたセーブセットを再度ステージン
グすることはできません。ただし、テープ ボリュームまたはクラウド ボリュームの
クローンを作成することは可能です。
ステージングは、次のどの処理によっても実行できます。
◆
カレンダーベースのプロセス。データを次のデバイスに移動するまで、セーブ
セットをステージング デバイスに 30 日間保持しておく場合などです。
◆
イベントベースのプロセス。ステージング プールで利用可能な領域が、指定さ
れたしきい値より小さくなった場合などです。この状況になると、利用可能な領
域が事前指定された最大しきい値に達するまで、最も古いセーブセットから移動
されます。
◆
管理者が実行するプロセス。管理者がしきい値をリセットしてステージングを開
始したり、手動でセーブセットを選択してステージングできるようにした場合な
どです。
ステージングによって、バックアップ データの保存ポリシーが影響を受けることは
ありません。したがって、データはステージングされてもリカバリ可能です。
指定したセーブセットのクローンを正常に作成した後で、ステージング処理でエ
ラーが発生した場合、プログラムが停止される前に、そのセーブセットのみがソー
ス ボリュームから削除されます。これによって、ステージング後は、ソース ボ
リュームまたはクローン ボリュームのいずれかに存在するセーブセットのセットが
確実に 1 つのみになります。
クローン作成とステージングの利点
データのクローン作成またはステージングを選択する理由は複数ありますが、多く
の場合、主要な目的は次のようになります。
◆
追加のデータ保護
◆
パフォーマンス
◆
ストレージの最適化
NetWorker クローン作成操作は、バックアップが成功した後にのみ実行され、次の利
点があります。
◆
複数の書き込み承認、遅延、1 つ以上のデバイスへの再書き込みによるスピード
へのインパクトなしで、バックアップ プロセスを最大のパフォーマンスで完了
できます。クローン作成は、クライアントへのインパクトを限定し、データ保護
をできる限り早く提供します。
ステージング統合機能
13
はじめに
◆
バックアップの成功、データの有効化、クローン操作の正常完了を確実にし
ます。
◆
ストレージ要件が決定され、適切なストレージを使用できるようにします。
◆
リソースの拘束が小さい場合、バックアップ ウィンドウ外部でのクローン作成
のスケジュール設定および優先順位付けが可能になります。
◆
バックアップ インフラストラクチャの負荷が軽減されます。
◆
バックアップ操作が完了しているため、リカバリの起動が簡単になります。
注記:NetWorker ソフトウェアを使用して、2 つのデバイスに同時に書き込むことに
よってインスタント クローンを作成することはできません。この操作は、並列ク
ローン作成、対称性、またはインライン コピーとも呼ばれます。並列クローン作成
または対称性が必要である場合は、NetWorker クローン作成機能を使用することを検
討してください。クローン作成を使用すると、初期バックアップを確実に正常完了
するのに役立ちます。バックアップ環境で使用可能な最適のデバイスおよび帯域幅
を使用することによって、追加のデータ保護も実装できます。
追加のデータ保護
バックアップ データのクローンを作成することによって、次の 2 つの目標を達成で
きます。
◆
元のバックアップ データを正常に読み取ることができ、このことは、データを
リカバリできることの追加の保証となります。バックアップが存在するメディア
が損傷していないことも確認されます。
◆
クローン作成によって、データの複数のコピーを使用できるようになります。1
つのコピーをヴォールティング用にオフサイトで保管し、テープに直接バック
アップするより高速のデータ速度を実現します。このコピーは、元のサイトまた
はオフサイトでリカバリ用に使用できます。
パフォーマンス
パフォーマンスはステージングの利点の 1 つです。データは、通常ディスク バック
アップであるニアライン ストレージにバックアップされます。そのデータは、ディ
スク デバイスのステージング ポリシー設定に基づいて、後でテープに移行でき
ます。
ストレージの最適化
初期バックアップに使用するストレージ デバイスは、次のような数多くの要因に
よって機能低下することがよくあります。
14
◆
場所
◆
可用性
◆
容量
◆
速度
◆
コスト
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
その結果、初期ストレージ デバイスのバックアップ データは、データを保存する全
期間において理想的または最適のストレージではなくなる可能性が高くなります。
クローン作成およびステージングは、データをさまざまなタイプのデバイス間で移
動することによって、ストレージ デバイスをより効果的に使用できるようにする際
に役立ちます。この機能により、次の利点がもたらされます。
◆
ローカル テープ デバイスに格納されたバックアップは、初期バックアップ パ
フォーマンスにインパクトを与えずに、リモート場所で他のデバイスにコピーで
きる。
◆
ディスク デバイスのバックアップは、テープにコピーし、オフサイトまたは長
期ストレージを容易にできる。
データをディスクからテープに移動することによって、ストレージ容量をより効率
的に使用できます。重複排除ディスクの使用によって、初期ストレージ領域を新し
いバックアップ用に再使用できます。
バックアップを別のストレージ デバイスにクローン作成すると、元のバックアップ
を削除できます。これにより、以下のことができます。
◆
初期ストレージ領域を新しいバックアップに使用できるため、新しいバックアッ
プをディスク デバイスに書き込むことができます。
◆
複数のサービス レベルに対応できます。
• 高速リカバリを可能にするために、最新のバックアップを 1 つのストレージ
デバイスに配置したままにできます。
• 他のバックアップは、リカバリの必要性が低いため、コスト パフォーマンス
に優れた、低速のストレージに移動できます。
テープ
テープは、依然として最もよく使用されるバックアップ ストレージ メディアです
が、使用中に次の問題が発生する場合があります。
◆
データへのアクセスが困難
◆
テープ デバイスの信頼性
◆
ロボット交換メカニズムの信頼性
◆
大きなバックアップ ウィンドウが必要
注記:小さいバックアップ ウィンドウ内で高パフォーマンス バックアップが必要な
場合にはディスク バックアップを使用します。長期保存用にデータをテープにス
テージングできます。
ディスク デバイス
ディスク デバイスは、コスト パフォーマンスが向上しており、データを重複排除お
よびレプリケーションする場合にメリットがあります。ただし、ディスク デバイス
の容量は限られており、大きな労力が必要になる場合があります。
クローン作成とステージングの利点
15
はじめに
ライセンス
多くの場合、クローン作成やステージングに使用する機能は、既存の NetWorker
ベースの製品に組み込まれており、追加のライセンスやイネーブラは不要です。
ただし、追加の機能を提供するデバイスもあり、これらの中には、この機能をク
ローン作成やステージングを追加に使用したり、追加容量を使用できるようにした
りするために、追加のライセンスやイネーブラを要求するものがあります。
使用するデバイスに適切な容量および機能のライセンスを適用し、これを有効にす
る方法については、「EMC NetWorker ライセンス ガイド」を参照してください。
バージョン要件
クローン作成をサポートする NetWorker クライアントおよびサーバは、次のバー
ジョン要件を満たす必要があります。
◆
◆
NetWorker サーバは、NetWorker 7.6 SP1(サービス パック 1)以降のソフトウェア
でインストールする。
NMC(NetWorker 管理コンソール)がリリース 7.6 SP1 以降である。
NetWorker コンポーネント
NetWorker ソフトウェアには、NetWorker データゾーン構成の導入の柔軟性を高める
数多くのコンポーネントがあります。これにより、データおよびサポートされるク
ライアントの数の拡張が可能になります。
このセクションは、次のトピックで構成されています。
◆
16 ページの「NetWorker サーバ」
◆
17 ページの「NetWorker クライアント」
◆
17 ページの「ストレージ ノード」
◆
17 ページの「NetWorker 管理コンソール」
◆
18 ページの「ボリューム」
◆
18 ページの「プール」
◆
18 ページの「セーブセット」
◆
19 ページの「NetWorker リポジトリ」
NetWorker サーバ
NetWorker サーバは、バックアップ インフラストラクチャを構成する他のコンポー
ネントを管理する主要なコンポーネントです。
データゾーンは、NetWorker サーバおよびこのサーバが管理するコンポーネントとク
ライアント データのグループから構成されます。お客様のサイトには、サイズ、配
置、部門組織に応じて、1 つまたは複数のデータゾーンがあります。
16
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
NetWorker クライアント
NetWorker クライアントは、NetWorker ソフトウェアを使用してデータをバックアッ
プおよびリストアできるコンピュータ、ワークステーション、またはファイル サー
バです。各 NetWorker クライアントでは、NetWorker ソフトウェアがインストールさ
れ、クライアントがその NetWorker サーバ上で構成されている必要があります。こ
のソフトウェアを使用すると、NetWorker アプリケーション モジュールとやり取り
することもできます。
場合によっては、追加のソフトウェアもインストールされ、ローカル ストレージ デ
バイスおよび専用ストレージ ノードを許可します。
ストレージ ノード
NetWorker ストレージ ノードは、NetWorker ストレージ デバイスが接続されており、
バックアップ データを格納できるシステムです。
ストレージ ノードは、次の 2 つのタイプのいずれかです。
◆
共有ストレージ ノード(標準)
共有ストレージ ノードは、複数のソースからデータを受信し、そのストレージ
機能を共有できます。
◆
専用ストレージ ノード
専用ストレージ ノードは、1 つのクライアントに限定されていて(専用になって
いて)、他のクライアントはそのストレージを使用できません。ほとんどの場合、
共有ストレージ ノードは、IO 機能を十分に使用できるように、専用システムを
使用する必要があります。ただし、ストレージ ノードが他の役割を持つシステ
ムに存在する可能性もあります。
デフォルトでは、NetWorker サーバは、独自のバックアップを保護するために、
ストレージ ノードである必要があります。特定の小規模な環境では、すべての
バックアップ クライアント データを取得するために、NetWorker サーバを共有ス
トレージ ノードとして使用できます。
注記:専用システムを共有ストレージ ノードに使用して、すべてのクライアント
データを専用ストレージ ノードに送信します。
NetWorker 管理コンソール
NMC(NetWorker 管理コンソール)には、NetWorker ソフトウェア、監視バックアッ
プ アクティビティ、監視リストア アクティビティ、およびレポート バックアップ
イベントを管理するために必要な、グラフィカル ユーザー インタフェースおよび
サービスが備えられています。この個別のソフトウェア パッケージでは、NetWorker
サーバと通信できます。
小規模な環境では、通常、NetWorker サーバとともにインストールされます。大規模
な環境でも、NMC は、独自システムまたは個別のシステムにインストールされる場
合があります。
NMC を使用すると、アクティビティをリアルタイムで構成、監視、およびレポート
できます。
NetWorker コンポーネント
17
はじめに
ボリューム
NetWorker デバイスは、データ ボリュームを使用して、バックアップ データを格納
および管理します。
各ボリュームは、複数のボリュームの使用を許可するプールに属している必要があ
ります。テープ カートリッジの場合、この処理手順によって、正しいボリュームお
よびストレージ ノードが常に使用されるようになります。
プール
プールを使用して、バックアップをまとめてグループ化し、類似のタイプまたはプ
ロファイルのデータをいっしょに格納できます。たとえば、日曜日にフル バック
アップするプールを作成できます。
プールは、データを特定のストレージ ノードまたは場所に送信することもできます。
このことによって、データを最適なストレージおよびリカバリに編成し、クローン
作成セッション中に使用する際に役立ちます。
セーブセット
バックアップ データは、単一セッションまたは NetWorker モジュールの NetWorker
クライアントによって生成されたデータのスレッドの 1 つ以上のセーブセットから
構成されます。セーブセットには、NetWorker ボリュームにある少なくとも 1 つの
ファイルが含まれています。
セーブセット属性は、次の情報を提供します。
◆
データがあった場所
◆
セーブセットに含まれるバックアップのタイプ
◆
セーブセットのタイプ
◆
セーブセットが作成された日付
◆
セーブセットの使用期間が終了する日付
◆
関連インデックスの使用期間が終了する日付(参照の有効期限)
◆
データの場所
これらの属性によって、NetWorker ソフトウェアでデータがポリシーおよび適用され
た構成設定に従って管理されるようになります。セーブセットのステータスおよび
タイプを判別できます。
これらの属性によって、次のことを判別できます。
18
◆
クローン作成されたもの
◆
クローン作成する必要があるもの
◆
クローン操作のステータス
◆
バックアップのステータス
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
NetWorker リポジトリ
NetWorker ソフトウェアは、2 つの個別のリポジトリを使用し、save コマンドを使
用してバックアップされたデータを管理します。次のリポジトリは、NetWorker ク
ライアント、NetWorker モジュール、データ タイプに関係なく、メタデータを記録
します。
◆
メディア データベース
◆
クライアント ファイル インデックス
メディア データベース
セーブセットの情報は、メディア データベースに格納されます。このデータベース
には、現在 NetWorker ソフトウェアの制御下にあり、リカバリ目的に使用される可
能性があるすべてのセーブセットのすべてのレコードが含まれています。
メディア データベースは、次の情報を提供します。
◆
セーブセットの場所(ボリューム)
◆
セーブセットのサイズ
◆
ボリューム内のオフセット
メディア データベースには、セーブセット内にあるものについて限定された詳細が
含まれています。セーブセット内のファイルの名前と属性は、個別のクライアント
インデックスに格納されます。
クライアント インデックスと異なり、メディア データベース エントリーは比較的小
さく、各セーブセットに必要な領域は小さくなります。そのため、メディア データ
ベースに必要なディスク領域は一般的に小さく、ディスク サイズはボリュームと
セーブセットの数によって決まります。
クライアント インデックス
NetWorker ソフトウェアで構成される一意の NetWorker クライアントそれぞれには、
個別のクライアント インデックス リポジトリがあります。クライアント インデック
スには、セーブセット ID への参照が含まれており、指定された NetWorker クライア
ントのバックアップに含まれていた各ファイルが記録されます。
クライアント ファイル インデックスのエントリーは、ファイル システム バック
アップの次の情報を記録します。
◆
ファイル名
◆
ファイルの属性
◆
ファイル構造内でのファイルの場所
◆
セーブセット内でのファイルの位置
注記:NetWorker モジュール バックアップの場合、クライアント ファイル インデッ
クスには、個別のアプリケーション オブジェクトに関するメタデータが含まれてい
ます。
NetWorker コンポーネント
19
はじめに
多数のファイル(100,000 以上)を含むセーブセットがあるため、クライアント イ
ンデックスに格納される情報は増加します。この増加は、情報を格納するために必
要なディスク領域に影響します。セーブセットの参照ポリシーおよび保存ポリシを
使用して、お客様がセーブセットのインデックス領域を管理できます。
クローン作成の例
この例では、3 つのセーブセットが、3 つのデータ ドライブを備えたクライアント
をバックアップすることによって作成されます。これらのセーブセットは、スト
レージ ノード A 経由でアクセスできるボリュームに格納されます。クローン作成ア
クションが発生すると、これらのセーブセットのコピーは、ストレージ B のクロー
ン プールに送信されます。20 ページの図 1 に、クローン作成環境を示します。
図 1 クローン作成の例
データのステージングの例
たとえば、最初のバックアップ データは、パフォーマンスが優れたファイル タイプ
デバイスまたは高度なファイル タイプ デバイスに移動します。こうすると、ファイ
ル タイプ デバイスまたは高度なファイル タイプ デバイスのメリットにより、バッ
クアップ時間が短縮されます。そのデータは、通常のバックアップ期間外に、磁気
テープなどの安価だがより耐久性の高いストレージ メディアに後から移動できます。
20
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
はじめに
バックアップ データの移動後は、次のバックアップ用に十分なディスク領域を確保
するために、最初のバックアップ データがファイル タイプ デバイスまたは高度な
ファイル タイプ デバイスから削除されます。
21 ページの図 2 では、ステージング アクションによって、ボリューム A1 の元の
セーブセットがボリューム B1 に正常にステージング(クローン作成)されると、元
のセーブセットは削除されます。X は、クローン コピーが正常に完了すると、元の
セーブセットが削除されることを示しています。これは、クローン操作とステージ
ング操作の違いです。セーブセットは、あるストレージから別のストレージに移動
したように見えます。結果として得られたセーブセットは、最初のセーブセットと
同じですが、その場所は異なります。
図 2 ステージングの例
データのステージングの例
21
はじめに
22
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第2章
計画および実施
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
◆
◆
◆
「クローン作成の要件」...............................................................................................
「クローン作成ポリシー」...........................................................................................
「アプリケーションに関する考慮事項」................................................................
「リカバリ シナリオに関する考慮事項」...................................................................
「参照ポリシーと保存ポリシーに関する考慮事項」.................................................
計画および実施
24
24
30
30
30
23
計画および実施
クローン作成の要件
クローン操作を実行する場合には、次の要件が適用されます。
◆
少なくとも 2 つのストレージ デバイスが有効になっている必要があります。1 つ
は既存データを読み取るデバイスであり、1 つはクローン データを書き込むデ
バイスです。
• 複数のデバイスでライブラリを使用している場合、NetWorker サーバは、ク
ローン作成に必要なボリュームを自動的にマウントします。
• スタンドアロン デバイスを使用している場合、ボリュームを手動でマウント
してください。[モニタリング]オプションの[警報]タブに、マウントすべ
きボリュームを示すメッセージが表示されます。
◆
◆
デスティネーション ボリュームは、ソース ボリュームとは異なるボリュームで
ある必要があり、クローン プールに属している必要があります。
ユーザーは NetWorker 管理者である必要があります。詳細については、
「EMC
NetWorker 管理ガイド」を参照してください。
注記:1 つのボリュームに存在できる特定のセーブセットのクローンは 1 つのみと
なる。同じセーブセットに対して 3 つのクローンを指定した場合、各クローンは
別々のボリュームに書き込まれます。
クローン作成ポリシー
データのクローン作成には数多くのメリットがあり、データ保護インフラストラク
チャの保護と最大化に使用できます。
次のセクションでは、これらのメリットや一般的なシナリオを示し、データ選択に
関するアドバイスを提供します。
注記:すべてのターゲット ボリュームに同じクローン セーブセットがまだ含まれて
いないことを確認してください。ボリュームに失敗したクローン セーブセットが含
まれている場合、追加のクローン セッションが完了しなくなる可能性があります。
クローン作成のタイミングの決定
ほとんどの場合バックアップ ウィンドウは制限され、通常はすべての利用可能なリ
ソースで必要な期間のクライアントデータをセキュリティで保護する必要がありま
す。このバックアップ ウィンドウにクローン作成要件を追加すると、バックアップ
に使用できるリソースの量が影響を受けます。クローン作成は、最も重要なデータ
についてのみ実行するか、専用のクローン作成インフラストラクチャが利用できる
場合を除き実行しないことをお勧めします。
データのクローン作成が必要になるのは、通常、保護を強化したり、データを特定
のメディア タイプまたは場所に移動する必要がある場合です。いずれの場合も、
データ保護を開始できるようにデータをできるだけ早くセキュリティで保護するこ
とが最優先となります。最初の 48 時間以内に発生したリストア リクエストは、
ローカルでの障害または破損によるものである可能性が高く、その場合、通常は、
元のバックアップ コピーがそのリカバリのソースとなります。
24
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
計画および実施
ローカルの災害復旧またはサイト障害時には、一般的に、リカバリのアクションと
目標が大きく異なります。選択したシステムとサービスには、特定の優先度、RPO
(目標復旧時点)値、および RTO(目標復旧時間)値が割り当てられます。
クローン作成のタイミングの決定は、状況によって異なります。ただし、ほとんど
の場合、クローン操作は、最初のバックアップ操作とは分離して後で実行できます。
これとインフラストラクチャをバックアップ ウィンドウ外で使用する要件の組み合
わせにより、クローン作成ウィンドウを作成できます。ほとんど、またはすべての
クローン作成操作は、クローン作成ウィンドウ内に実行する必要があります。
NetWorker 7.6 SP1 のスケジュール設定クローン作成機能および nsrclone コマンドを
使用すると、クローン作成をバックアップ ウィンドウとは関係なく構成およびスケ
ジュール設定できます。バックアップと同様、クローン操作を正常に完了するには、
十分な計画とリソースを使用できることが重要です。
重要
30 個以上のクローン セッションを同時に開始するようにスケジュールしないでくだ
さい。30 個以上のクローン セッションを同時に開始するようにスケジュールする
と、タイムアウトが発生して、クローン作成セッションが完了しない可能性があり
ます。
クローン プールについて
クローン作成操作では、バックアップ プール内のボリュームからセーブセットを読
み取り、それをターゲット ボリュームに書き込みます。
クローンを容易に管理するには、次の点を考慮してください。
◆
ターゲット ボリュームがクローン プールに属していることを確認します。
◆
クローン作成に使用するボリュームにまだセーブセットのコピーが含まれていな
いことを確認します。同じボリュームまたはプールに存在できるセーブセットの
インスタンスは 1 つのみです。
バックアップ プールと同様に、複数のクローン プールが存在することがあります。
クローン プールを使用して、データをタイプ、保存期間、または場所で分類でき
ます。
クローン プールを 1 つ以上のデバイスに関連づけて、使用するデバイスの数やタイ
プを制限することもできます。クローン プールを使用すると、元のセーブセットを
期限切れにし、初期またはプライマリ ストレージ デバイス上の領域を再利用すると
ともに、データを今後のリカバリに備えて保持できます。これにより、クローン ス
トレージ プールとデバイス内の保存期間が延長されます。
セーブセット クローンには固有の保存期間と参照期間があるため、元のバックアッ
プとは別にこれらのクローンを管理できます。
注記:クローン プールに指定されている保存ポリシーは、保存期間がスケジュール
設定クローン操作または nsrclone コマンドで指定されている場合に上書きされます。
クローン作成ポリシー
25
計画および実施
クローン プールの保存ポリシーの指定
プール リソースのクローン データの保存ポリシーのみを指定できます。
クローン プールの保存ポリシーを指定するには、次の手順を実行します。
1. クローン バックアップの送信先のクローン プールで、
[構成]タブをクリックし
ます。
2. [保存ポリシー]リストから、保存ポリシーを選択します。
3. [OK]をクリックします。プールの編集または作成については、
「EMC NetWorker
管理ガイド」を参照してください。
注記:クローン プールに指定されている保存ポリシーは、保存期間がスケジュール
設定クローン操作で指定されている場合に上書きされます。
セーブセット
NetWorker セーブセットの各種ステータス状況によって次のことを判断できます。
◆
セーブセットの現在のステータス
◆
セーブセットのヒストリ
◆
リカバリまたはクローン操作のセーブセットの妥当性
クローン属性
クローン属性には、次のものがあります。
◆
ブラウズ可能:セーブセットのエントリーがクライアント ファイル インデック
スに存在している場合、選択する。
◆
再利用可:すべてのセーブセットが参照ポリシーと保存ポリシーの両方の期間
を経過した場合、選択する。ボリュームにあるすべてのセーブセットが再利用
可能な場合、ボリュームのラベルを自動的に書き換えてデータを上書きでます。
◆
リカバリ可能:セーブセットのエントリーがクライアント ファイル インデック
スから削除されているが、メディアからのリカバリが可能な場合、選択する。
つまり、ボリュームが保存ポリシーをパスしなかった場合です。
◆
処理中:セーブセットが現在、バックアップ処理中である場合、選択する。
重要
処理中のセーブセットは、クローンできません。
◆
中断:バックアップ中に管理者が手動でセーブセットの処理を中断した場合、
またはシステムがクラッシュしてセーブセットの処理が中断された場合、選択
する。
重要
中断されたセーブセットはクローンできません。
◆
26
要注意:前回のセーブセット リカバリ試行が失敗した場合、選択する。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
計画および実施
重要
要注意セーブセットはクローンされません。次のようなエラー メッセージが表
示されます。
nsrclone: 要注意セーブセット <ssid> クローン ID<cloneid> をスキップします
nsrclone: エラー、クローンする完全なセーブセットがありません。
マルチプレクシングされたバックアップ
マルチプレクシングされたセーブセットはクローンできます。マルチプレクシング
されたセーブセットのクローン コピーは、1 つの連続したデータ ストリームとして
ターゲット メディアに書き込まれます(マルチプレクシングが解除されます)
。マル
チプレクシングされたバックアップには読み取りとリカバリのオーバーヘッドがあ
るため、この動作は利点になる可能性があります。マルチプレクシングされたセー
ブセットをクローンすると、このオーバーヘッドが排除されるため、クローンから
のリカバリを元のバックアップより速く読み取ることができます。
マルチプレクシングされたセーブセットをクローンする場合は、セーブセットは同
じターゲットに対して同時に 1 つのみクローンされることに注意してください。た
だし、ターゲット ボリュームが別々の場合は、複数のクローン セッションを同時に
同じソースから開始できます。
セーブセット スパン
一部のデバイスでは、セーブセットが複数のボリュームにまたがるセーブセット ス
パンがサポートされています。クローン作成対象のセーブセットを選択する場合、
そのセーブセットがあるボリュームで開始され、1 つ以上の他のボリュームに続い
ている可能性があります。
セーブセット スパンがサポートされているデバイスを使用する場合は、次のことが
重要になります。
◆
複数のボリュームにまたがるセーブセットを特定します。
◆
継続セーブセットの数を最小限にします。
◆
個別のプールおよびより大きいデバイスまたは代替デバイスを使用します。
◆
◆
EMC Data Domain® のディスク バックアップ機能および最適化されたクローン作
成機能を Data Domain デバイスで使用します。
事前に計画して、ボリュームが使用できること、および最適なシーケンスで読み
取られることを確認します。
nsrclone コマンドを使用するカスタムのスクリプトによるソリューションを作成し、
セーブセット スパンの管理に使用できます。
別のデバイスとの間の移動
最初のバックアップに使用されるデバイスは、データ ポリシー全体には最適でない
場合があります。
多くの場合、最初のバックアップに使用されるデバイスは、高速または低コストで
あるため選択されます。これらのデバイスは、通常、保護されているクライアント
に対してローカルで、クライアントが保護されるのと同じ状況やシナリオに陥りま
クローン作成ポリシー
27
計画および実施
す。たとえば、電源や冷却装置の障害、自然災害によるサイト障害などがあります。
NetWorker クローン作成を使用すると、データを代替デバイスや追加デバイスとの間
でコピーまたは移動できます。
クローンされたデータは、リストア処理と同様にソース メディアからネイティブ形
式で読み取られます。クローンされたデータは、ビット単位ではコピーされません。
そのため、データを別のデバイスに再書き込みできます。宛先デバイスをソース デ
バイスと同じにする必要はありません。セーブセットをテープからディスク、また
はディスクから VTL(仮想テープ ライブラリ)にクローンまたは移動することは、
データを同様のデバイスからクローンすることと同じです。これにより、デバイス
を適切な場所で効率的かつ効果的に使用できます。
例
AFTD(アドバンスト ファイル タイプ デバイス)ディスク デバイスは、高速かつ汎
用性が高いため、最初のバックアップに使用できます。
データのクローンにはテープ デバイスを使用できます。これにより、必要なディス
ク領域を増やすことなく保存期間を延長できます。
重複排除を使用すると、ストレージを効率的に使用することもできます。重複排除
デバイスへのクローン作成または重複排除デバイスからのクローン作成により、こ
れらのデバイスを効果的に使用できます。
スケジュール設定クローン セッションに関する考慮事項
スケジュール設定クローン セッションをセットアップする場合、次の点を考慮して
ください。
◆
◆
◆
◆
28 ページの「複数のクローン セッションを同時に開始するようにスケジュール
する場合」
28 ページの「複数のソース デバイスからのセーブセットが混在する場合」
29 ページの「クローン ソース ボリュームがアンマウント状態でリモート スト
レージ ノードにある場合」
29 ページの「nsradmin プログラムで作成されたクローン リソース」
複数のクローン セッションを同時に開始するようにスケジュールする
場合
30 個以上のクローン セッションを同時に開始するようにスケジュールしないでくだ
さい。30 個以上のクローン セッションを同時に開始するようにスケジュールする
と、タイムアウトが発生して、クローン作成セッションが完了しない可能性があり
ます。
複数のソース デバイスからのセーブセットが混在する場合
以下の点を考慮してください。
◆
28
Data Domain デバイス、AFTD デバイス、NDMP(Network Data Management
Protocol)デバイスなど、複数のソース デバイスからのセーブセットが混在する
クローン操作では、書き込み先が複数のクローン作成ターゲット ボリュームに
分散する可能性があります。すべてのクローン ボリュームをオフサイトで保管
する必要があります。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
計画および実施
注記:これは設計どおりの動作であり、ベスト プラクティスとして推奨されて
いますが、クローン操作ですべてのセーブセットが同一クローン ボリュームに
書き込まれるように設定することもできます。
◆
◆
通常のデータと NDMP データは、データがテープに書き込まれる方法が異なるた
め、混在させないことを推奨します。ファイルマークの数と位置は、NDMP デー
タでは異なります。
複数のデバイスからのセーブセットが混在するクローン操作で、すべてのセーブ
セットが同一ボリュームに書き込まれるようにするには、クローン ターゲット
プールに存在するボリュームを 1 つだけにします。
クローン ソース ボリュームがアンマウント状態でリモート ストレー
ジ ノードにある場合
クローン作成前にソース クローン ボリュームがマウントされていることを確認しま
す。ソース クローン ボリュームには、クローンするデータのコピーが含まれていま
す。ボリュームをマウントする方法の詳細については、
「EMC NetWorker 管理ガイド」
を参照してください。
クローン ソース ボリュームがアンマウント状態でリモート ストレージ ノードにあ
る場合、通常のボリューム クローン操作は、クローン操作を開始した後にソース ボ
リュームがマウントされたとしても、正常に完了しません。
nsrclone プログラムは、次のメッセージを出力して応答を停止します。
Server server_name busy, wait 30 second and retry
この問題は、ストレージ ノードが NetWorker サーバ上にある場合は発生しません。
ストレージ ノードはリモートではありません。
nsradmin プログラムで作成されたクローン リソース
NetWorker 管理のユーザー インタフェースでは、nsradmin コマンド ライン プログラ
ムで作成されたクローン リソース(NSR クローン リソースと呼ばれる)をスケ
ジュール設定クローン リソースとして編集することはできません。
この問題を回避するには、次のいずれかの手順を実行します。
◆
管理 GUI で、スケジュール設定クローン リソースを作成します。
または
◆
nsradmin プログラムで、次の操作を実行します。
a. NSR クローン リソースを作成します。
b. 対応する NSR タスク リソースを作成します。
両方のリソースを使用して、GUI でクローン アイテムをスケジュール設定クローン
リソースとして編集できます。対応する NSR タスク リソースの[name]属性と
[action]属性は、次のように指定する必要があります。
name:"clone.nsrclone_resource_name"
action:"NSR clone:nsrclone_resource_name"
たとえば、NSR クローン リソースの名前が TestClone1 である場合、NSR タスク リ
ソースの[name]属性と[action]属性は、次のようになります。
クローン作成ポリシー
29
計画および実施
◆
name:clone.TestClone1
◆
action:NSR clone:TestClone1
これらのエントリーは大文字と小文字が区別されます。
アプリケーションに関する考慮事項
バックアップ データのクローン作成ポリシーを実装する場合は、次のことを考慮し
てください。
1. 元のバックアップの作成に使用された NetWorker モジュール。
2. 特定のアプリケーション データのクローン作成に関する考慮事項については、
97 ページの「NetWorker Module for Databases and Applications」および
NetWorker Procedure Generator の NMM のセクションを参照してください。
リカバリ シナリオに関する考慮事項
バックアップ データのクローン作成ポリシーを実装する場合は、リカバリ シナリオ
を考慮してください。
データをクローンすることによって、リカバリ用の別のソースまたは代替ソースが
提供されます。これにより、メディアを損失や破損から保護できます。ただし、
データの別のコピーのメディアが次のいずれかの場所にあると、サイト全体に影響
を及ぼす大規模災害に対しては、依然として脆弱です。
◆
同一テープ ライブラリ上
◆
同一データセンター内(Data Domain 環境内)の重複排除デバイス上
◆
サイト内の金庫
次の場合があります。
◆
すべてのリカバリ シナリオに対応し、期待される投資収益率を保持するために、
より多くのコピーが必要となる場合があります。この要件は、クライアントや
データによっては当てはまらない場合や、現実的でない場合もあります。ただ
し、提案または実行しようとしているアクションによって要件または期待が満た
されることを確実にするためには、クローン作成を使用する理由を考慮してくだ
さい。
◆
クローン作成操作の完了後にターゲットを変更するか、またはテープを別の場所
に移動することによって保護を強化することもできます。
参照ポリシーと保存ポリシーに関する考慮事項
NetWorker ソフトウェアでは、参照ポリシーと保存ポリシーを使用し、すべての書き
込み処理に適用します。
30
◆
保存ポリシーによって、NetWorker メディア データベース上でのリカバリにデー
タを使用できる期間が決定されます。
◆
参照ポリシーによって、NetWorker クライアント インデックスでデータの詳細を
参照および選択できる期間が決定されます。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
計画および実施
NetWorker サーバに必要なディスク領域の量には、参照ポリシーと保存ポリシーの両
方が影響を及ぼします。通常、これらのポリシーの一方または両方を経過すると、
リカバリ手順が変わります。参照ポリシーと保存ポリシーは、クライアントまたは
データの要件以上の長さにし、予想されるリカバリ状態を考慮する必要があります。
NetWorker ソフトウェアは、メディア上のデータの処理方法により、データのリカバ
リにおいて高い汎用性を実現します。データ リカバリ オプションを設定するとき
は、次の点を考慮してください。
◆
データは自己記述形式で書き込まれます。これにより、異なる NetWorker イン
スタンスまたはバージョンを使用してデータの読み取りやリカバリを実行でき
ます。
◆
データは、セーブセット データが期限切れになるまでメディアに残ります。
AFTD の場合、メディアは再ラベル付けおよびステージングされます。
◆
メディアが再ラベル付けされるまでは、参照ポリシーや期限切れステータスに関
係なく、また、ボリュームがメディア データベース エントリーとして
NetWorker ソフトウェアに認識されている場合でも、リカバリは可能です。
この汎用性は、予期しないエラーが発生したときに役立ちますが、データを適切に
計画および管理するための要件に置き換わるものではありません。参照ポリシーと
保存ポリシーは、慎重に選択する必要があります。ボリュームとセーブセットの場
所やコピー数も考慮してください。これにより、最も簡単な手順でデータを最も可
能性が高い時間に利用できます。
ブラウズ ポリシー
NetWorker ソフトウェアを使用して作成されたどのバックアップにも、2 つのポリ
シーを割り当てて、リカバリ後のデータの保存期間と利用可能期間を設定する必要
があります。リカバリの容易さの観点で最も重要なポリシーは、参照ポリシーです。
参照ポリシーでは、バックアップの参照可能な期間を設定するため、リカバリの
データを確認および選択できます。このポリシーによって、インデックス データが
各クライアント インデックスに保持される期間が決まるため、7 日間の参照ポリ
シーでは、7 日間の経過後にクライアント インデックスからデータが削除されます。
これにより、クライアント、データ タイプ、またはクライアントのグループごとに
異なる参照期間を設定できます。
セーブセットの参照ポリシーが期限切れになったら、特定のセーブセットのイン
デックスを再生成できます。84 ページの「メディア データベースに存在しないセー
ブセットのリストア」で詳細を参照してください。
注記:参照ポリシーは、保存ポリシーによって制限されます。参照期間が保存期間
に設定された時間を超えることはできません。
リテンション ポリシー
参照ポリシーと同様に、保存ポリシーもソースやタイプに関係なく、すべての
NetWorker バックアップに割り当てられます。NetWorker ソフトウェアは、ポリシー
によってセーブセット内のデータがリカバリ用に保持される期間を認識できます。
参照ポリシーと保存ポリシーに関する考慮事項
31
計画および実施
参照ポリシーと保存ポリシーを分離して設定することで、ユーザーはクライアント
インデックス情報の保存期間に拘束されなくなります。データのリカバリは、バッ
クアップ後短期間に行われる可能性があるため、このことは有益です。ただし、業
務上または規制上の理由で情報を保持する必要がある場合は、この期間を多少超え
る可能性があります。このため、最も可能性のあるリカバリ シナリオに対応できる
長さの参照期間を設定し、業務または規制の基準を満たす保存期間を保持できます。
このアプローチを使用すると、大規模なディスク領域要件のオーバーヘッドおよび
これに関連するパフォーマンスや拡張の問題を発生させることなく、クライアント
インデックスに必要なディスク領域を許容レベルで維持できます。
例
32 ページの図 3 に、参照ポリシーと保存ポリシーを使用してリカバリ可能なデータ
を保持し、クライアント インデックスに必要なディスク領域を最小限に抑え、使用
可能なストレージ領域を最大にする方法を示します。このようなカスケード保存期
間を設定することで、迅速に、または高パフォーマンスのデバイスの領域を解放し、
安価で低パフォーマンスのデバイスからのリカバリ オプションを保持できます。
図 3 参照ポリシーと保存ポリシー
32
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第3章
ソフトウェア構成
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
◆
◆
◆
◆
「Filesystem configuration」.....................................................................................
「ストレージ ノード」............................................................................................
「EMC Avamar(ディデュープ ノード)を使用したクローン作成」......................
「Data Domain(DD Boost)によるクローン作成」................................................
「組み込みストレージ ノードを使用した EMC ディスク ライブラリによる
クローン作成」......................................................................................................
「本番環境のストレージ・ノードを経由した物理テープへのデータのクローン
作成」.....................................................................................................................
ソフトウェア構成
34
35
42
43
46
50
33
ソフトウェア構成
Filesystem configuration
クローンの構成を開始する前に、クローン作成するデータのタイプを考慮する必要
があります。このセクションでは、標準的なファイル システム バックアップを使用
する基本的なクローン作成操作について説明します。このバックアップでは、1 つ
以上のファイル システム セーブセットを持つクライアント、プール、またはボ
リュームについて、別のデバイスにクローンを作成することが必要です。このデバ
イスは、通常、異なる場所にあります。
特定のアプリケーション データのクローン作成に関する考慮事項については、97
ページの「NetWorker Module for Databases and Applications」および NetWorker
Procedure Generator の NMM セクションを参照してください。
34 ページの図 4 では、すべてのクローン作成操作に関する原則を示しています。
図 4 ファイル システムのクローン作成
34
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
この図で示す構成は次のとおりです。
◆
クライアントは、ストレージ ノードへのバックアップを実行します。
◆
クローン操作では、そのストレージ ノードまたは同じボリュームにアクセスで
きる別のストレージ ノードからコピーを取得し、ボリューム、ストレージ ノー
ド A からデータを読み取ります。
◆
その後、データは別のデバイスに送信されます。データは、次の 3 つの方法のい
ずれかで送信できます。
• 同じストレージ ノードから
• 別の場所のストレージ ノードから
• 別のデバイス(ストレージ ノード B)を使用して
このセクションの構成に関する原則のほとんどが、すべてのクローン作成操作に適
用されます。
ストレージ ノード
クローン操作を実行するとき、ソースおよびターゲットに使用するストレージ ノー
ドを選択できます。
このセクションでは、次のストレージ ノードの決定に使用できる条件について説明
します。
◆
クローン データの読み取り元のストレージ ノード(読み取りソース)
。
◆
クローン データの書き込み先のストレージ ノード(書き込みソース)
。
36 ページの図 5 は、多数のストレージ ノードとデバイスを使用できる一般的な
NetWorker 環境を示しています。クローン作成操作の読み取りソースと書き込みソー
スの両方に使用する、ストレージ ノードおよびデバイスを決定できることが、ク
ローン作成の構成の重要な要素となります。
ストレージ ノード
35
ソフトウェア構成
図 5 ストレージ ノードを使用したクローン作成
読み取りソースと書き込みソースの決定
適切な読み取りソースと書き込みソースを選択することによって、次のことを実現
できます。
36
◆
クローン コピーの作成元と作成先の場所およびメディア形式が適切になる。
◆
他のバックアップ動作またはリカバリ操作にリソースを使用できる。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
37 ページの図 6 は、クローン データを読み取るために使用するストレージ ノード
の選択基準を示しています。
図 6 クローン データを読み取るために使用するストレージ ノードの選択基準
ストレージ ノード
37
ソフトウェア構成
クローン データ読み取りの基準
次の基準を使用して、クローン データの読み取り元となるストレージ ノード(読み
取りソース)を決定します。
◆
ソース ボリュームがマウントされている場合、ボリュームをマウントしている
デバイスのストレージ ノードを読み取りソースとして使用します。
FORCE_REC_AFFINITY 環境変数が Yes に設定されている場合、次のようになり
ます。
• 38 ページのステップ a の選択基準は無視されます。
• 38 ページのステップ a の説明のように、選択基準は、ボリュームがマウント
されていないかのように動作します。
◆
ボリュームがマウントされていない、または FORCE_REC_AFFINITY environment
variable is set to Yes に設定されている場合、対象となるストレージ ノードのリス
トが作成されます。
このリストは、次の基準を満たすストレージ ノードに基づいています。
a. ストレージ ノードは、NetWorker サーバのクライアント リソースの[リカバ
リ ストレージ ノード]属性にリストされます。この属性が空の場合は、
NetWorker サーバの[ストレージ ノード]属性が使用されます。
b. リクエストされたボリュームがメディア ライブラリに存在している場合、ボ
リュームをマウントできるストレージ ノードは次の方法で決定されます。
– ライブラリ リソースの[Read Hostname]属性に表示されているストレー
ジ ノードが使用される。
– ライブラリ リソースの[読み込みホスト名]属性が設定されていない場
合、ライブラリのデバイスが構成されるすべてのストレージ ノードが、対
象となるストレージ ノードのリストに追加される。
– ボリュームがメディア ライブラリにない場合、ストレージ ノードのリス
トは 38 ページのステップ a のみに基づく。
クローン書き込みの基準
次の基準を使用して、クローン データの書き込み先となるストレージ ノード(書き
込みソース)を決定します。
◆
読み取りソースとなるストレージ ノードの[クローン ストレージ ノード]属性
を書き込みソースとして使用します。
◆
読み取りソース ホストにクライアント リソースがない場合、NetWorker サーバの
[ストレージ ノード]属性が書き込みソースとして使用されます。
クローン データの送信先に関係なく、クローンを作成したセーブセットのクライア
ント ファイル インデックスとメディア データベース エントリーは NetWorker サーバ
上に残ります。これにより、クローン データの送信先に関係なく、参照ポリシーと
保存ポリシーの処理に一貫性が保たれます。
38
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
あるストレージ ノードから別のストレージ ノードにクローンを送信する
あるストレージ ノードから別のストレージ ノードにクローンを送信するには、次の
手順で行います。
1. [NetWorker 管理]ウィンドウで、メイン メニューから[表示]>[診断モード]
を選択して、診断モードが有効になっていることを確認します。
2. [デバイス]を選択してから、左側のペインで[ストレージ ノード]をダブルク
リックします。
3. 読み取りソースとなるストレージ ノードを右クリックして、
[プロパティ]を選
択します。[ストレージ ノードのプロパティ]ウィンドウが表示されます。
4. [構成]を選択します。
5. [Clone Storage Nodes]属性で、クローン データの書き込み先となるストレージ
ノードのホスト名を追加します。
このリストの最初のエントリーには、読み取りソースとなるストレージ ノード
からクローン データを受信する、機能している有効デバイスが含まれています。
6. [クローン ストレージ ノード]属性は、NetWorker サーバとストレージ ノードに
のみ適用されます。
注記:NetWorker サーバまたはストレージ ノードではない NetWorker クライアン
トのこの属性を空のままにします。
すべてのストレージ ノードから単一のストレージ ノードにクローンを送信する
すべてのストレージ ノードから単一のストレージ ノードにクローンを送信するに
は、次の手順で行います。
1. [NetWorker 管理]ウィンドウで、メイン メニューから[表示]>[診断モード]
を選択して、診断モードが有効になっていることを確認します。
2. [デバイス]を選択してから、左側のペインで[ストレージ ノード]をダブルク
リックします。
3. 読み取りソースとなるストレージ ノードを右クリックして、
[プロパティ]を選
択します。[ストレージ ノードのプロパティ]ウィンドウが表示されます。
4. [構成]を選択します。
5. [Clone Storage Nodes]属性で、すべてのクローン データの書き込み先となるス
トレージ ノードのホスト名を追加します。
クローン データのリカバリの基準
次の基準を使用して、クローン データのリカバリ元となるストレージ ノードを決定
します。
◆
ソース ボリュームがマウントされている場合、ボリュームがマウントされてい
るデバイスのストレージ ノードを読み取りソースとして使用します。
• FORCE_REC_AFFINITY 環境変数が Yes に設定されている場合、次のようになり
ます。
ストレージ ノード
39
ソフトウェア構成
– 38 ページのステップ a の選択基準は無視されます。
– 38 ページのステップ a の説明のように、選択基準は、ボリュームがマウ
ントされていないかのように動作します。
• EMC CDL(CLARiX® ディスク ライブラリ)のような VTL 環境でクローン作成
を行う場合、NetWorker ソフトウェアは FORCE_REC_AFFINITY 環境変数が Yes
に設定されているかのように動作します。
◆
ボリュームがマウントされていない、または FORCE_REC_AFFINITY environment
variable is set to Yes に設定されている場合、対象となるストレージ ノードのリス
トが作成されます。このリストは、次の基準を満たすストレージ ノードに基づ
いています。
• リカバリされる NetWorker クライアント リソースの[リカバリ ストレージ
ノード]属性にリストされているストレージ ノード。この属性が空の場合、
NetWorker クライアントの[ストレージ ノード]属性が使用されます。
• 要求されたボリュームがメディア ライブラリに存在している場合、ボリュー
ムをマウントできるストレージ ノードは次の方法で決定されます。
– ライブラリ リソースの[Read Hostname]属性に表示されているストレー
ジ ノードが使用される。
– ライブラリ リソースの[読み込みホスト名]属性が設定されていない場
合、ライブラリのデバイスが構成されるすべてのストレージ ノードが、対
象となるストレージ ノードのリストに追加される。
– ボリュームがメディア ライブラリにない場合、ストレージ ノードのリス
トは 38 ページのステップ a のみに基づく。
テープ デバイスを使用したクローン作成
次のようなさまざまな理由から、クローン作成処理の一部としてテープ デバイスが
使用されます。
◆
セカンダリ ストレージ階層としてテープが使用される場合。この場合、オフサ
イト ストレージ用にまたは拡張データ保存期間に、選択したデータのクローン
がテープに作成されます。これにより、ディスク デバイスを初期バックアップ
に使用して、ディスク デバイスのスピードと柔軟性を最も有効に活用し、バッ
クアップを高速化し、リカバリのパフォーマンスを向上させることができます。
◆
プライマリ バックアップ メディアとしてテープが使用される場合。この場合も、
クローン コピーの作成において、次の利点があります。
• 他の場所またはオフサイト ストレージのセカンダリ コピー
• データの確認
• メディアからデータを読み取る機能の検証
• 複数のボリュームにまたがる複数のコピーに対する保護の強化
• 多重バックアップのマルチプレクシング解除によるリカバリの高速化
クローン作成にテープ デバイスを使用することには、次の 2 つの利点があり、この
ことは、作成するすべてのクローンについて考慮する必要があります。
40
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
◆
ディスク ベースのデバイスと異なり、テープ デバイスではデータをシリアル形
式で読み取ります。つまり、マルチプレクシングは、バックアップ ストリーミ
ングの観点からは利点がありますが、リカバリにおいては利点となりません。
◆
リカバリのスピードが重要である場合は、クローン コピーをソースとして使用
すると、リカバリのスループットが高速になることがあります。
◆
テープ クローン コピーは、一般的に、災害復旧の状況でデータを読み取る方法
として適しています。データを読み取るテープ ユニットの取得、インストール、
および構成は、通常、災害復旧計画の最初のタスクになります。
テープにバックアップのコピーを作成することによって、VTL やディスク システム
などのアプライアンスを用意する必要がなくなります。これらのアプライアンスは、
通常、取得、設置、および構成により多くの時間がかかります。ただし、テープ コ
ピーがフルで完全なコピーであり、リストア処理を実行する場合に、他のバック
アップや重複排除アプライアンスに依存しないことを確認してください。
ファイル タイプ デバイスおよび AFTD デバイスを使用したクローン作成
ファイル タイプ デバイスや AFTD デバイスなどのディスク バックアップ デバイスを
使用すると、高速、ランダム アクセス、および柔軟性が実現されるため、クローン
作成操作に適しています。
多くの場合、バックアップの初期ターゲット デバイスとしてディスク デバイスが使
用され、特に、低速なクライアントが、最新のテープ デバイスで期待される速度に
対応できない状況においては、このことが当てはまります。このような状況では、
データをテープにクローン作成またはステージングする機能によって、拡張保存お
よびデータ保護が提供されることが多く、ディスクの使用と利点が最大化されます。
データは、次のような作業を行う時間を確保するために、ディスク デバイスに短期
間(通常は 3 ∼ 14 日)残すことができます。
◆
即時かつ緊急のリストア処理が発生した場合の適切な時間。
◆
より長期間保持するためにテープまたは他のディスク ベースのデバイスに別の
コピーを作成するために十分な時間。
クローン作成プロセスの相違点
この 2 つのタイプのデバイスでは、クローン作成プロセスに違いがあります。
◆
◆
ファイル タイプ デバイスの場合、自動および手動のクローン作成処理は、セー
ブ グループにあるすべてのセーブセットのバックアップが完了した後にしか開
始されません。
AFTD の場合、自動クローン作成は、セーブ グループにあるすべてのセーブセッ
トのバックアップが完了した後にのみ開始されます。
注記:手動の場合は、1 つのセーブセットのバックアップが終了すれば、その
セーブセットのクローン作成を開始できます。
◆
AFTD デバイスは、最大 2 つのコンカレント クローン操作が可能です。1 つのク
ローン操作で書き込み可能デバイスを使用し、もう一方のクローン操作では読み
取り専用デバイスを使用できます。
ストレージ ノード
41
ソフトウェア構成
◆
AFTD デバイスを使用すると、クローン作成操作(読み取り(ソース)または書き
込み(ターゲット))の間にリカバリを実行できます。このことは、リカバリ操
作がアクティブなセーブセットからのものではないこと、および、同時に実行し
ているクローン操作が 1 つのみであることを前提としています。
高度なファイル タイプ デバイスを使用した手動クローン
次の 3 つのセーブセットがある状況について考えてみます。
◆
セーブセット A のサイズは 10 KB
◆
セーブセット B のサイズは 10 MB
◆
セーブセット C のサイズは 10 GB
セーブセット A のバックアップが完了すると、次のことが可能になります。
◆
◆
◆
残り 2 つのより大規模なセーブセットのバックアップが処理中であっても、手動
クローン作成処理を開始できます。
セーブセットがバックアップされるたびに、そのセーブセットのクローン作成処
理を開始できます。
クローン作成できるセーブセットは、一度に 1 つです。
EMC Avamar(ディデュープ ノード)を使用したクローン作成
EMC Avamar® 重複排除テクノロジーは、クライアント データのバックアップに必要
な時間、ネットワーク帯域幅、およびディスク容量を削減します。
Avamar 重複除外バックアップのクローン作成は、他の NetWorker バックアップのク
ローン作成とはやや異なります。メタデータ(ハッシュ情報)のみが NetWorker ス
トレージ ノードに保存されます。このメタデータは重複除外されません。ただし、
通常の方法でクローンを作成できます。クローン作成オペレーションのセットアッ
プ方法については、56 ページの「クローン操作のスケジュール設定」を参照してく
ださい。このハッシュ メタデータのクローンを作成することを強くお勧めします。
ただし、Avamar 重複排除クライアントからバックアップされたデータは Avamar
ディデュープ ノードに保存され、NetWorker ストレージ ノードにクローン作成する
ことはできません。このバックアップ データは、レプリケーション ホストが構成さ
れていれば、別の Avamar 重複除外ノードへのレプリケーションが可能です。
NetWorker ソフトウェアは、レプリケーションを開始しません。重複除外バックアッ
プのレプリケーションを行う前に、EMC カスタマー サポートでレプリケーション ホ
スト(Avamar サーバ)を構成する必要があります。詳細については、
「EMC
NetWorker 管理ガイド」を参照してください。Avamar ディデュープ ノードのバック
アップ データをテープ ボリュームに出力することもできます。詳細については、43
ページの「Avamar 重複除外クライアントのテープ バックアップ」を参照してくだ
さい。
重要
災害復旧の場合、クライアント データを別の Avamar ディデュープ ノードにレプリ
ケートする必要があります。また、メタデータのクローンを作成する必要もありま
す。バックアップしたクライアント データのリカバリには、メタデータとクライア
ント データの両方が必要です。
42
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
Avamar 重複除外クライアントのテープ バックアップ
レプリケーション ノードを使用して、確実に Avamar 重複排除データのコピーをリ
カバリに使用できるようにする別の方法があります。バックアップするクライアン
トの 2 つ目のインスタンスを作成し、その 2 つ目のインスタンスを重複排除クライ
アントとして設定しないようにします。この 2 つ目のクライアント インスタンスは
通常の NetWorker クライアントとして扱われ、そのデータはテープにバックアップ
されます。
例
クライアント mars、venus、および jupiter は、重複排除クライアントとして構成さ
れていて、Dedupe backups というバックアップ グループに割り当てられています。
このグループは毎日フル レベル バックアップを実行するようにスケジュール設定さ
れています。
これらのクライアントのテープ バックアップを毎月取得するには、次の手順を実行
します。
1. mars、venus、および jupiter の各クライアントの別のインスタンスを作成し
ます。
重要
[クライアント作成]リソースの[アプリケーションとモジュール]タブの[重
複排除バックアップ]チェックボックスの選択を解除します。
2. [クライアント作成]リソースの[全般]タブで、mars、venus、および jupiter
を「Tape backups」というバックアップ グループに割り当てます。
3. 毎月特定の日にフル バックアップを実行するようにこのグループのスケジュー
ルを指定します。それ以外の日はスキップします。
注記:Avamar で使用できるテープ アウト オプションについては、Avamar のマニュ
アルを参照してください。
Data Domain(DD Boost)によるクローン作成
他の NetWorker デバイスと同様に、Data Domain デバイス タイプを使用してもク
ローン操作を実行できます。1 つのセーブセットまたは Data Domain デバイスのボ
リューム全体のクローンをソースまたはターゲットとして作成できます。
クローン形式
Data Domain デバイスに保存されたデータは、クローン コピーの保存先のメディア
のタイプに応じて、次の 2 つの形式のいずれかで NetWorker ソフトウェアによって
クローン作成できます。
◆
クローン制御レプリケーション形式
◆
通常クローン形式
Data Domain(DD Boost)によるクローン作成
43
ソフトウェア構成
クローン制御レプリケーション形式
ターゲット Data Domain デバイス(通常リモート場所にある)にクローン作成され
るデータは、その重複排除形式を保持し、クローン制御レプリケーションまたは最
適化されたクローンと呼ばれます。
クローン制御レプリケーションは、ネイティブの Data Domain レプリケーション機
能を使用して、Data Domain システム間でデータをコピーします。NetWorker では、
ソースにある関連バックアップ グループがバックアップを終了するまでは、クロー
ン制御レプリケーションが開始されないように制御します。
ターゲット デバイスのストレージ ノードは、ターゲット デバイスにすでに保存され
ているデータの着信クローンを確認し、デバイスに保存される一意のデータと参照
ポインタのみを転送します。
クローン制御レプリケーションは、特別な Data Domain API コマンドを使用します。
このクローン制御レプリケーションを(同様にサポートされている)標準のディレ
クトリ レベル レプリケーションと混同しないでください。クローンは、すぐに作成
され、使用する帯域幅とストレージ容量を低く抑えています。
この形式で作成されるクローンは、データ リカバリまたは別のコピーの作成(従来
のディスクやテープ ストレージへのコピーなど)に使用されます。この方法では、
本番環境のバックアップおよびリカバリ操作、またはプライマリ バックアップおよ
びリカバリ操作への影響が最小になります。
通常クローン形式
Data Domain デバイス上のデータを従来のディスクまたはテープにクローン作成する
とき、そのデータは「通常クローン」形式と呼ばれるネイティブの非重複排除形式
に戻されます。
通常クローン形式は、たとえば災害復旧などの場合に、Data Domain システムなしで
従来のディスクまたはテープ ストレージにあるデータを完全にリカバリ可能にする
ために必要です。
重複排除されたデータを取得し、これを標準データまたは通常データに戻す処理を
復元と呼びます。
クローン要件
NetWorker クローン制御レプリケーション(最適化されたクローンの作成)によって
Data Domain デバイスから別の Data Domain デバイスにデータのクローンを作成する
には、次の要件を満たしていることを確認してください。
次の 8 つの要件では、たとえば newclonepool などの、以前に作成されたクローン
ターゲット プールを想定しています。
1. ソースおよびターゲットの両方のストレージ ノードが同じ NetWorker サーバのク
ライアントになっていることを確認します。
2. Data Domain システムの正当なライセンスを取得していることを確認します。こ
れには、最適化されたクローンの作成で必要になるレプリケーション ライセン
スが含まれます。
44
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
3. NetWorker サーバおよび両方のストレージ ノードのクライアント リソースで、使
用しているすべての名前が[エイリアス]属性に指定されていることを確認し
ます。
たとえば、次のような変更が可能です。
• 完全修飾名
• 短い名前
• エイリアス
• IP アドレス
注記:nsrclone コマンドまたはスクリプトを使用して NetWorker サーバ以外のホ
ストから最適化されたクローンの作成を実行する場合、このコマンドでは、NMC
の[エンタープライズ]ビューの一覧にあるプライマリ ホスト名で NetWorker
サーバを指定する必要があります。別の名前で指定すると、最適化クローンの代
わりに通常クローンが生成されます。
4. ターゲット プール(たとえば、newclonepool)が、
[Media type required]属性を
[Data Domain]に設定することによって[Backup Clone]タイプとして作成され
ていることを確認します。
この設定では、指定されたターゲット プールでのクローン オペレーションで
Data Domain デバイスを使用できない場合、NMC に「Media waiting」メッセージ
が表示されます。
注記:デフォルトのクローン プールは一切変更できません。必要なメディア タ
イプはそのプールでは設定できません。
5. ソース ストレージ ノードのクライアント リソースの[クローン ストレージ ノー
ド]属性で、ターゲット ストレージ ノードのホスト名が指定されていることを
確認します。
• [Clone storage node]属性が指定されていない場合、NetWorker サーバがその
クローン オペレーションのストレージ ノードとなります。
• [クローン ストレージ ノード]属性の一覧に Data Domain 以外のボリューム
のストレージ ノードが含まれており、ターゲット クローン プールで必要なメ
ディア タイプが Data Domain に設定されていない場合、それらのボリューム
には、通常、クローンのみが保存されます。
注記:この設定は、ターゲット ストレージ ノードが NetWorker サーバ上にある
場合には不要です。
Data Domain(DD Boost)によるクローン作成
45
ソフトウェア構成
6. ソース ストレージ ノードにソース Data Domain デバイスがマウントされ、使用
可能になっていることを確認します。
ソース デバイスがマウントされていない場合は、指定したターゲット プールで
[Media type required]属性が[Data Domain]に設定され、タイプが[Backup
Clone]になっている場合を除いて、通常の非重複除外クローンが実行されます。
7. ターゲット Data Domain デバイスにラベルが付けられ、ターゲット ストレージ
ノードにマウントされていることを確認します。デバイス ラベル オペレーショ
ン用に選択するプール(たとえば、newclonepool)は、
[Backup Clone]プール
タイプでなければなりません。
8. ターゲット クローン プール(たとえば、newclonepool)が正しく指定または選
択されていることを確認します。
• CLI クローン操作の場合は、nsrclone -b newclonepool コマンドを使用する。
• スケジュール設定クローン操作の場合は、クローン リソースの[クローン
データのプールへの書き込み]属性で newclonepool を選択する。
• グループの自動クローン操作の場合は、グループ リソースの[クローン プー
ル]属性で newclonepool を選択する。
• ボリューム全体のクローンの詳細については、46 ページの「プールごとのク
ローン作成」を参照。
プールごとのクローン作成
Data Domain ストレージからデバイスにセーブセットをコピーするために、特別な
プールを指定する必要があります。このプールは「クローン プール」と呼ばれます。
クローン プールは、ターゲット Data Domain システムのデバイスに割り当てられる
必要があり、そこで使用可能になります。
クローン プールには、主に次の 2 つの目的があります。
◆
◆
既存の重複排除VTLまたはCIFS/NFS AFTDセーブセットをData Domainデバイスにコ
ピーする。
Data Domain デバイスから別の Data Domain デバイスに既存のセーブセットをコ
ピーする。通常、リモートの場所における災害復旧が目的です。
組み込みストレージ ノードを使用した EMC ディスク ライブラ
リによるクローン作成
EDL(EMC ディスク ライブラリ ®)内でのストレージ ノードのクローン作成機能に
は、NetWorker ストレージ ノードが必要です。つまり、組み込みストレージ ノード
のクローン作成機能を備えた EDL は、NetWorker データゾーンに構成する必要があり
ます。すべての標準的な NetWorker 構成ルールと制限が適用されます。
組み込みストレージ ノード ソフトウェア機能は、EDL NetWorker Storage Node
Enabler ライセンスをインストールすると自動的に起動されます。イネーブラ ライセ
ンスがインストールされている限り、EDL を再起動すると、このストレージ ノード
ソフトウェアも自動的に再起動されます。EDL NetWorker Storage Node Enabler ライセ
ンスを削除すると、ストレージ ノード ソフトウェアは停止し、EDL を再起動するま
で停止したままになります。
46
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
また、EDL 組み込み NetWorker Storage Node Enabler ライセンスをアクティブ化する
と、EDL Console 内でメニュー オプションを使用できるようになり、これを使用し
て、ストレージ ノードのステータス確認や、ストレージ ノード サービスの起動と停
止を行うことができます。詳細については、EMC ディスク ライブラリのオンライン
ヘルプを参照してください。
組み込みストレージ ノードの用途
組み込みストレージ ノード機能は、次の 6 つの用途を含むすべての標準的な
NetWorker クローン作成操作をサポートします。
1. ディスク ライブラリを備えた仮想テープから、ディスク ライブラリのバックエ
ンドでファイバ チャネル接続されているターゲット ライブラリへ、セーブセッ
トのクローンを作成します。
• ディスク ライブラリ組み込みストレージ ノードでは、本番ストレージ ノード
によって使用されている仮想テープ ライブラリからセーブセットを読み取
り、ディスク ライブラリのバックエンド ファイバ チャネル ポートに接続さ
れているターゲット テープ デバイスに書き込みます。
• セーブセットのクローン コピーに、異なる保存ポリシーを適用できます。
• 異なる保存ポリシーを設定すると、仮想メディアへのコピーを比較的短い期
間保存できます。たとえば、1 週間です。一方、長い保存ポリシーは、長期
間ストレージ用のテープへのクローン コピーに適用できます。
2. 仮想テープから、ディスク ライブラリのバックエンドにある、ファイバ チャネ
ル接続されている別のディスク ライブラリへ、セーブセットのクローンを作成
します。このクローン作成操作には、データの別のコピーをディスクで保持し、
プライマリ バックアップ ターゲットの領域を解放できるという長所があります。
3. 拡張されたバックエンド ファイバ チャネル SAN 接続を介して、仮想テープから
リモートのディスク ライブラリへ、セーブセットのクローンを作成します。
• これにより、セーブセットまたはローカル ディスク ライブラリのストレージ
ノードによってリモート テープ デバイスが書き込まれる距離のクローンを電
子的に作成できます。
• セーブセットのリカバリは、必要に応じて、同じく距離が離れた場所からも
実行できます。
4. 仮想テープから、IP 経由で、組み込みストレージ ノードを備えたディスク ライ
ブラリへ、セーブセットのクローンを作成します。
• これにより、次のことを実行できます。
– すでに設置されているインフラストラクチャなど、比較的低コストのイン
フラストラクチャ経由でクローンを作成します。
– ディスク ライブラリ ディスクでリモート データを保持します。
• このことは、特に、移動する必要があるデータ量が限られている場合に役立
ちます(1 ∼ 2 TB/ 日、ただし距離に依存)。
• 既存の IP インフラストラクチャのパフォーマンスの制限が、この方式でク
ローン作成できるデータ量に影響します。
5. 仮想テープから、IP 経由で、異なるまたは分離された NetWorker ストレージ
ノードへ、セーブセットのクローンを作成します。
組み込みストレージ ノードを使用した EMC ディスク ライブラリによるクローン作成
47
ソフトウェア構成
• これにより、比較的低コストのインフラストラクチャを経由してクローンを
作成できます。既存のインフラストラクチャを利用することで、リモート サ
イトに別のディスク ライブラリを置く必要がなくなります。
• このことは、特に、移動する必要があるデータ量が限られている場合に役立
ちます(1 ∼ 2 TB/ 日、ただし距離に依存)。
• 既存の IP インフラストラクチャのパフォーマンスの制限が、この方式でク
ローン作成できるデータ量に影響します。
6. 複数の仮想テープ ライブラリでセーブセットのクローンを作成します。いずれ
のディスク ライブラリでも、1 つのディスク ライブラリ エンジンからこれらの
点に対処します。
• 1 つの組み込みストレージ ノードによって、いずれかのディスク ライブラリ
エンジンの VTL からクローン作成できます。
• 1 つの組み込みストレージ ノードによって、他方のディスク ライブラリ エン
ジンが故障した場合、別の仮想テープからクローン作成できます。
組み込みストレージ ノードによるクローン作成操作
この用途がサポートされる環境を使用すると、組み込みストレージ ノードのクロー
ン作成操作の可用性のレベルが向上します。組み込みストレージ ノードは、ノード
が、認識できる次のようなデバイスを使用できるという意味で、他のすべてのスト
レージ ノードと似ています。
◆
◆
独自のディスク ライブラリ エンジンにある仮想テープ ライブラリ
同じディスク ライブラリ エンジンに接続された TTL(ターゲット テープ ライブ
ラリ)
ただし、別のディスク ライブラリ エンジンでは仮想テープ ライブラリを表示できま
せん。ただし、次のことが可能です。
◆
◆
ファイバ チャネル イニシエータとして機能するエンジン A をファイバ チャネル
ターゲットとして機能するエンジン B の SAN クライアントとして処理する。
エンジン B は、本番ノードが使用する同じ VTL をエンジン A に提供します。
各ディスク ライブラリ エンジンは、他のすべての SAN 接続された NetWorker スト
レージ ノードと同様、別エンジンの SAN クライアントになります。それぞれの組み
込みストレージ ノードに、このための容量が必要となります。
前のシナリオでは、1 つ以上の仮想テープ ライブラリをディスク ライブラリ内で作
成し、NetWorker ストレージ ノードに割り当てました。これらの仮想テープ ライブ
ラリは、1 つ以上の本番ストレージ ノード、または組み込みストレージ ノードで使
用できます。
クローン作成操作でこれらの仮想テープ ライブラリにアクセスする組み込みスト
レージ ノードでは、仮想テープ ライブラリを Disk Library Console プログラムの SAN
クライアントである NetWorker ストレージ ノードに割り当てる必要もあります。こ
れにより、組み込みストレージ ノードで次のことが可能になります。
48
◆
本番ストレージ ノードが作成した仮想テープからの読み取り。
◆
ディスク ライブラリ、別のストレージ ノードまたはリモート ストレージ ノード
に接続された仮想テープ デバイスまたは物理テープ デバイスのいずれかへの書
き込み。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ソフトウェア構成
NetWorker ソフトウェアを使用すると、テープ ライブラリを複数のストレージ ノー
ド間で共有できます。これには次の 2 つの場合があり、両方とも組み込みストレー
ジ ノードのクローン作成機能でサポートされています。
◆
◆
DDS(Dynamic Drive Sharing)を使用すると、テープ ライブラリの 1 つ以上のテー
プ ドライブが複数のストレージ ノードで共有される。
DDS を使用しないと、複数のストレージ ノードによって 1 つまたは複数のテープ
ドライブが専用で(共有しないで)使用される。
ストレージ ノードの選択
組み込みディスク ライブラリのストレージ ノードの目的は、効率の高いクローン作
成処理を提供することです。NetWorker のデータ ゾーンは、1 台の NetWorker サー
バ、1 台以上のストレージ ノード、1 台以上のクライアントで構成されます。
複数のストレージ ノードがある環境
複数のストレージ ノードがある環境では、NetWorker ソフトウェアが、クローン作
成操作にディスク ライブラリ組み込みストレージ ノードを使用し、本番ストレージ
ノードを使用しないように NetWorker 環境を設定します。
正しく設定しないと、NetWorker ソフトウェアが組み込みストレージ ノードの代わ
りに本番ストレージ ノードを自動的に選択してしまう可能性があります。その結果、
クローン作成が、IP または Ethernet 接続を経由してストレージ ノード間で行われる
場合があります。
すべてのディスク ライブラリの仮想テープ ライブラリに対するクローン作成
ノードの親和性
NetWorker ソフトウェアでは、デフォルトで、ソース ボリュームがすでにマウント
されているかどうかを最初に確認することで、クローン操作においてどのストレー
ジ ノードによってソース ボリュームが読み込まれるかを判断します。多くの場合、
このことを選択すると、効率が向上しますが、ディスク ライブラリ組み込みスト
レージ ノード内でクローン操作を実行する環境には適しません。
NetWorker バージョン 7.4 SP1 以降には、仮想テープ ライブラリの読み取りソースを
決定するときにソース ボリュームのマウント ステータスを無視する機能が実装され
ています。
注記:ディスク ライブラリ組み込みストレージ ノードが関連する任意のクローン作
成操作を実行する場合にこの機能を使用します。この機能が適用されるのは、ディ
スク ライブラリ内で稼働する組み込みストレージ ノードではなく、NetWorker サー
バであることに注意してください。
NetWorker ソフトウェアは、すべてのディスク ライブラリに対するクローン ノードの
親和性を決定するときに、マウントされたテープのステータスを無視する機能を自
動的にアクティブ化します(VTL は、ジュークボックス リソースで仮想ジューク
ボックス属性を[はい]に設定します)。これと同じ機能が利用できますが、他のす
べての非 VTL ジュークボックスで自動的に有効化されるわけではありません。
NetWorker サーバの非 VTL ジュークボックスでこの機能を有効にするには、次の手順
を実行します。
組み込みストレージ ノードを使用した EMC ディスク ライブラリによるクローン作成
49
ソフトウェア構成
1. 環境変数 FORCE_REC_AFFINITY を Yes に設定します。
2. NetWorker プロセスを再開します。
本番環境のストレージ ノードを経由した物理テープへのデー
タのクローン作成
このセクションでは、物理テープにデータのクローンを作成する長所と短所につい
て説明します。
◆
NetWorker ソフトウェアは、本番ストレージ ノード経由で、ディスク ライブラリ
の仮想テープから SAN 接続されたテープ ライブラリにクローンして、セーブ
セットのコピーを作成できます。この操作は、標準 NetWorker クローン作成手順
です。
◆
ディスク ライブラリの場合、仮想テープ ドライブが、SAN 接続されたターゲッ
ト テープ デバイスと連携して機能し、クローン作成処理を実行します。
◆
本番環境のストレージ ノードから別のストレージ ノードへのクローン作成は、
IP 経由でも実行できます。
重要
組み込みストレージ ノードのクローン作成機能がある場合は、本番ストレージ ノー
ドを使用してクローン作成操作を実行しないでください。
長所
物理テープにデータをクローン作成する長所には次のものがあります。
◆
標準的なNetWorkerポリシーがサポートされているNetWorkerの制御下でディスク
ライブラリを使用してクローンを作成できる。データのさまざまなクローン コ
ピーに複数の保存ポリシーを使用できる。
◆
セーブセット レベルでクローン作成できる。
注記:セーブセット全体をクローン作成できます。
◆
◆
あるテープ タイプ(仮想)から別のテープ タイプ(ターゲット テープ ライブラ
リ)にコピーできる(テープ変換とも呼ばれる)
。
複数の仮想テープから 1 つのテープにコピーできる(テープ スタッキングとも呼
ばれる)。
短所
物理テープにデータをクローン作成する短所には次のものがあります。
◆
ストレージ ノードのライセンスが必要です。
◆
ターゲット テープ ライブラリおよび仮想テープ ライブラリに対してフロントエ
ンドの SAN インフラストラクチャのメンテナンスが必要である。
◆
50
仮想テープから SAN 経由で SAN のターゲット デバイスにデータを送る必要がある
ため、SAN の帯域幅が消費される。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第4章
クローン作成処理手順
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
◆
「クローン作成データ」.........................................................................................
「クローン作成オプション」..................................................................................
「自動化されたクローン作成」..............................................................................
「クローン作成のスケジュール設定」....................................................................
「ボリュームのクローン作成」..............................................................................
「セーブセットのクローン作成」...........................................................................
「スクリプトによるクローン作成」.......................................................................
「アーカイブされたデータのクローンを作成する」..............................................
「クローン作成パフォーマンスを向上するための考慮事項」...............................
「クローン作成の確認」.........................................................................................
「GUI のバックアップ バージョンの表示」............................................................
クローン作成処理手順
52
52
53
55
60
60
62
65
66
66
67
51
クローン作成処理手順
クローン作成データ
NetWorker クローン操作は、複数の異なる方法を使用して構成できます。それぞれの
方法は、異なる環境とストレージの要件に適しています。場合によっては、必要な
制御および柔軟性を実現するために、クローン作成アプローチを、複数、または混
在させて使用することが必要となります。
クローン操作は、次の方法で実行するように構成できます。
◆
自動起動(自動クローン)
◆
スケジュール
◆
カスタム スクリプト
NetWorker リリース 7.6 SP1 以降
NetWorker リリース 7.6 SP1 以降では、スケジュール設定クローン操作にクローン
ユーザー インタフェース オプションが導入され、次の利点があります。
◆
◆
nsrclone コマンドを使用する柔軟性を結合し、従来の自動のクローン作成方法に
関連することが多いパフォーマンス上の制限の一部を回避します。
スクリプトによるソリューションの作成が不要になります。
NetWorker リリース 7.6 SP1 よりも前
NetWorker リリース 7.6 SP1 よりも前では、次のクローン作成オプションを使用でき
ます。
◆
◆
自動化されたクローン操作 これらは、通常のバックアップ グループ操作にリン
クされ、バックアップ グループ リソース経由で有効化されます。
スクリプトによるソリューションと結合された nsrclone コマンド。
クローン作成オプション
52 ページの表 2 には、クローン作成オプションがリストされており、一般的な使用
方法および使用時期について説明しています。
表2
クローン作成オプション(1 / 2ページ)
クローン作成オプ
ション
自動化
スケジュール
52
説明
自動化クローン作成は、NetWorker グループ レベルで NMC 経由で構
成されます。クローン作成は、グループ完了直後に実行されるため、
バックアップ ウィンドウと干渉する場合があります。53 ページの
「自動化されたクローン作成」で詳細を参照してください。
NetWorker 7.6.1 で導入されたスケジュール設定クローン作成では、ク
ローン スケジュールを設定する機能を導入し、およびセーブセット
の選択とクローン プールのオプションの柔軟性を高めることによっ
て、グループ クローン作成の制限を克服しました。55 ページの「ク
ローン作成のスケジュール設定」で詳細を参照してください。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
表2
クローン作成オプション(2 / 2ページ)
クローン作成オプ
ション
説明
ボリューム
ボリューム クローン作成は、NMC メディア ウィンドウ経由で実行さ
れます。
個別ボリュームのクローンは、即時に実行されます。60 ページの「ボ
リュームのクローン作成」で詳細を参照してください。
セーブセット
セーブセット クローン作成は、NMC メディア ウィンドウ経由で実行
されます。
• セーブセットのリストをビルドするには、セーブセット クエリー
機能を使用します。
• 個別または複数のセーブセットのクローンを作成するには、クエ
リー結果をレビューします。
60 ページの「セーブセットのクローン作成」で詳細を参照してくだ
さい。
スクリプト
クローン作成スクリプトは、顧客によって書き込まれます。
これらのスクリプトは、NetWorker CLI を使用して、セーブセットを
リストしてクローンを作成します。 62 ページの「スクリプトによる
クローン作成」で詳細を参照してください。
自動化されたクローン作成
注記:自動クローン オプションを使用する代わりにスケジュール設定クローン作成
GUI を使用します。
セーブセットが含まれるバックアップ グループが完了したときに、それらのセーブ
セットのクローンを自動的に作成することができます。グループ完了直後にクロー
ン作成が行われるため、このクローン方式は、クローン操作をバックアップ ウィン
ドウ内で直ちにすばやく完了する必要がある小規模な環境、つまりクライアント数
が少ない環境に適しています。
スケジュール設定クローン作成と異なり、自動化されたクローン作成は、バック
アップ グループ完了直後に実行されます。このことによって、バックアップ データ
は、できる限り早くクローン作成されます。ただし、クローン作成操作がバック
アップ ウィンドウと干渉する可能性が高くなり、開始時刻と終了時刻が変化する場
合があることも意味します。
自動クローンの構成
自動クローン作成を構成するには、次の手順を実行します。
1. [NetWorker 管理]ウィンドウで、[構成]を選択します。
2. グループ リソースを作成してから[プロパティ]を選択します。
3. [クローン]オプションを指定します。
4. バックアップの送信に使用するクローン プールを選択します。
クローン プールの作成の詳細については、「EMC NetWorker 管理ガイド」を参照して
ください。
自動化されたクローン作成
53
クローン作成処理手順
54 ページの図 7 は、自動クローン アクションを示しています。3 つのセーブセット
のバックアップが完了すると、それらセーブセットのクローン作成が自動的に開始
されます。このアクションによって、セーブ グループの完了時にバックアップの 2
つのコピーが作成されます。
図 7 自動クローン アクション
自動クローン属性が有効になっているセーブ グループでは、バックアップ完了後に
クローン作成セッションが開始されます。バックアップ完了後にセーブ グループが
中断または停止された場合、自動クローン セッションが実行されず、次のことが起
こります。
◆
◆
NMC のステータス アイコンが正常に表示されます。
セーブセットのクローン作成セッションが失敗したことを示すメッセージがログ
に表示されます。
NMC でグループは成功とマークを付けられるため、[リスタート]オプションは、
セーブ グループでは有効になりません。
セーブ グループを再起動するには、NMC のセーブ グループで[起動]を選択しま
す。バックアップ セッションが自動クローン有効で開始されます。
54
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
クローン作成のスケジュール設定
NetWorker のスケジュール設定クローン操作は、あらかじめ決定したクライアント、
プール、セーブセット、およびデバイスのスケジュールに従って、NMC で構成およ
び実行できます。
この方法は、セーブセットのコピーを定期的に用意する必要がある環境に適してい
ます。このような環境は、通常、適切に定義されたメンテナンス クローン作成ウィ
ンドウの一部であり、メイン バックアップ操作から独立して実行されます。
55 ページの図 8 に、クローン セッションのスケジュール ペインを示します。
図 8 診断ビューが有効になっているスケジュール設定クローン セッションのセットアップ
クローン作成のスケジュール設定
55
クローン作成処理手順
クローン操作のスケジュール設定
スケジュール クローン オペレーションをセットアップするには、次の手順で行い
ます。
1. [Administration]ウィンドウで、
[Configuration]をクリックします。
2. 展開された左側のペインで[Clones]を選択します。
3. [File] メニューの [New] を選択します。
4. [名前]属性に、
a. スケジュール設定クローン リソースを識別する一意の名前を入力します。
b. 必要に応じて[コメント]属性に補足情報を入力します。
5. セーブセットの元の参照ポリシーおよび保存ポリシーを上書きするには、次の手
順を実行します。
a. [参照]属性で[新しいポリシー]を選択します。
b. [保存]属性で[新しいポリシー]を選択します。
6. クローン操作中にデータを書き込むストレージ ノードを指定するには、
[セーブ
セットを書き込むためのストレージ ノード]属性でストレージ ノードを選択し
ます。
[セーブセットを書き込むためのストレージ ノード]属性は、主に[セーブセッ
トを読み込むためのストレージ ノード]属性とともに使用されます。この組み
合わせでの使用によって、ストレージ ノード メディアへのアクセスがさまざま
なストレージ ノード間で均等化されます。
注記:選択が[セーブセットを書き込むためのストレージ ノード]属性で実施
された場合、38 ページの「クローン書き込みの基準」で説明した任意の選択は
上書きされます。
7. クローン操作中にデータを読み取るストレージ ノードを指定するには、次の手
順を実行します。
a. [セーブセットを読み込むためのストレージ ノード]属性でストレージ ノー
ド値を選択します。この属性は、[診断モード]が選択されている場合にのみ
表示されます。
b. 選択したストレージ ノードが少なくとも次のいずれかに含まれていることを
確認します。
– NetWorker サーバのクライアント リソースの[リカバリ ストレージ ノー
ド]属性または[ストレージ ノード]属性。
– ライブラリを使用している場合、ライブラリ リソースの[読み込みホスト
名]属性のストレージ ノード リスト。
– ライブラリを使用している場合は、ライブラリのデバイスが構成されてい
るストレージ ノード。
56
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
注記:[セーブセットを読み込むためのストレージ ノード]属性は、スタンド
アロン デバイス(AFTD デバイス、ファイル タイプ デバイス、Data Domain デバ
イスなど)では使用しません。
8. クローン オペレーション中にデータを書き込むクローン メディア プールを指定
するには、[Write clone data to pool]属性でクローン タイプ メディア プールを
選択します。
注記:何も選択しない場合、クローンはデフォルト クローン プールに書き込ま
れます。
9. [プール]属性を使用して、クローン データの保持に特定のメディア タイプのみ
が使用されるようにします。プールは、バックアップを特定のメディア ボ
リュームに送信します。
たとえば、このクローン セッションが次のメディアのみにレプリケートされる
ようにするには、次の手順を実行します。
• 特定のタイプのディスク(Data Domain タイプのディスク):Data Domain タ
イプのディスクのみを使用するクローン プールを選択します。
• テープ(テープ アウト)
:テープ デバイスのみを使用するクローン プールを
選択します。
10.[セーブセット エラーがあっても続行する]を選択すると、NetWorker ソフト
ウェアが無効なセーブセットをスキップして、クローン操作を続行するように強
制できます。
このオプションが選択されていない場合(デフォルト設定)、無効なセーブセッ
トまたは無効なボリューム識別子が検出されると、エラー メッセージが生成さ
れ、クローン操作は停止されます。
11. 特定のスケジュール設定クローン操作に含まれる任意のセーブセットに対して作
成できるクローン インスタンスの数を制限するには、次の手順を実行します。
a. [セーブセット クローンの数を制限する]属性に値を入力します。
値をゼロ(0)にすると、このスケジュール設定クローン操作で作成できるク
ローンの数に制限がなくなります。NetWorker ソフトウェアでは、クローンは
プールの各ボリュームに作成されるため、任意のボリュームにセーブセット
のコピーを 1 つ作成できます。スケジュール設定クローン操作の実行ごとに
作成されるクローンは 1 つのみです。
b. クローン オペレーションが完了せず、再試行が発生する場合は、セーブセッ
トのクローンの数を制限することを検討してください。
たとえば、この属性に「1」と入力されている場合、部分的に完了したクロー
ン オペレーションを再試行すると、1 回目に正常にクローンが作成されな
かったセーブセットだけがクローン作成対象になります。こうすることで、
不要なクローン インスタンスが作成されることを避けることができます。
NetWorker ソフトウェアでは、ボリュームあたりのセーブセット クローン イ
ンスタンスの数は、この属性の値に関係なく、常に 1 に制限されます。ク
ローン プールは複数のボリュームで構成できます。この属性で制限されるの
は、特定のスケジュール クローン オペレーションで作成できるクローン プー
ルあたりのセーブセット クローン インスタンスの数です。
クローン作成のスケジュール設定
57
クローン作成処理手順
12.[有効化]を選択すると、クローン セッションをスケジュール設定時刻に実行で
きます。
13.[開始時刻]属性で、次のいずれかを実行します。
• 上向き矢印および下向き矢印をクリックして、クローン セッションを開始す
る時刻を選択します。
または
• 属性フィールドに時刻を直接入力します。
14.[スケジュール期間]属性で、次のいずれかを実行します。
a. クローン セッションをどのようにスケジュール設定するかに応じて、[曜日
ごとに毎週]または[日付ごとに毎月]を選択します。
b. スケジュール設定クローンを実行する曜日または日付を選択します。
15. 1 日に複数回のクローン セッションを実行するには、
[インターバル]に繰り返
し間隔を時間単位で指定します。
たとえば、開始時刻が午前 6 時でインターバルを 6 時間に指定すると、クローン
セッションは、午前 6 時、午後 12 時、および午後 6 時に実行されます。
16.[セーブセット クローンの数を制限する]値を設定すると、繰り返しクローン
セッションは、指定した数のクローンがすでに存在するプールのセーブセットを
スキップします。
17.[セーブセット フィルタ]タブをクリックし、このスケジュール設定クローン
セッションに含めるセーブセットを指定します。
さまざまなフィルタ条件でセーブセットを制限するには、次のいずれかを実行し
ます。
• 選択肢と一致するクローン セーブセットを選択します。
または
• クローン固有のセーブセットを選択し、クローン作成するセーブセットを明
示的に特定します。
18.[OK]をクリックしてスケジュール設定クローン セッションを保存します。
フィルタ条件に基づいてクローン作成されるセーブセットのリストの表示
指定したフィルタ基準に基づいてクローンが作成されるセーブセットのリストを表
示するには、[Preview Save Set Selection]を選択します。
選択基準に一致するセーブセットのクローン作成
選択基準に一致するセーブセットをクローン作成するには、選択基準を指定してこ
のスケジュール設定セッションに含まれるセーブセットを制限します。次の基準を
選択できます。
58
◆
[グループ](セーブ グループ)
◆
[Clients](クライアント リソース)
◆
[Pools](バックアップ プール)
◆
[Filter save sets by level](バックアップ レベル)
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
◆
◆
[セーブセットを名前でフィルタリングする]
(クライアント リソースで指定さ
れているセーブセット名)
[Include save sets from the previous](現在から指定された日数、週数、月数、ま
たは年数だけ遡った時期までの間のセーブセット)
特定のセーブセットのクローン作成
特定のセーブセットのクローンを作成するには、次の操作を行います。
1. [特定のセーブセットのクローン作成]リスト ボックスに特定のセーブセット
ID/ クローン ID(SSID/cloneid)の識別子を入力します。
2. 各 SSID/cloneid 値は 1 行に 1 つずつ入力します。
3. 次のいずれかの方法を使用して、セーブセット ID/ クローン ID をクエリーでき
ます。
• [管理]>[メディア]ユーザー インタフェースを選択
または
• mminfo コマンドを使用
スケジュール設定クローン操作を手動で開始する
スケジュール設定クローン セッションは、定期的にスケジュールされている開始時
刻と関係なく、いつでも開始できます。
スケジュール設定クローン セッションを手動で開始するには、次の手順を実行し
ます。
1. [Administration]ウィンドウで、
[Configuration]をクリックします。
2. 展開された左側のペインで[Clones]を選択します。
3. 右側のペインでクローン リソースを右クリックします。
4. スタートをクリックします。
NetWorker モニタリング機能からスケジュール設定クローンを開始することもでき
ます。
スケジュール設定クローン操作をモニタリングする
管理 GUI のモニタリング ウィンドウには、次の項目が表示されます。
◆
スケジュール設定クローン セッションのステータス
◆
スケジュール設定クローンの最新の開始時刻と終了時刻
◆
スケジュール設定クローンに含まれている各セーブセットの完了ステータス
セーブセットのクローン ステータスを表示する
ボリューム上のセーブセットがクローンかまたはクローン化されたかを判別するに
は、クローン化されたまたはクローンであるボリュームの[クエリ セーブセット]
タブのウィンドウを確認します。
クローン作成のスケジュール設定
59
クローン作成処理手順
ボリュームのクローン作成
ボリュームのクローン作成は、完全なセーブセットを、ストレージ ボリュームから
クローン ボリュームに再作成するプロセスです。クローンを作成できるのは、バッ
クアップまたはアーカイブ ボリュームのセーブセット データです。
ボリュームのクローン作成は、nsrclone を使用します。ただし、ボリューム名を引
数として使用します。NetWorker ソフトウェアでのクローン作成は、セーブセット
レベルで動作し、特にテープ ボリュームを複製しません。これにより、複数をボ
リュームを使用することになる場合があります。
次に、ボリュームのクローン作成処理について説明します。
1. 特定のボリュームに存在するすべてのセーブセットのクローンを作成するように
nsrclone に指示します。
2. ボリュームをクローン作成するとき、そのボリュームに存在するすべてのセーブ
セットのリストが作成され、次にそのセーブセットがクローン作成されます。
3. 指定のボリュームで始まるセーブセット(後続のセーブセットのヘッダ セク
ション)は、完全にコピーされます。
• ボリュームは、クローン作成操作中、コマンド ラインで指定されたボリュー
ムに追加してリクエストされる場合があります。
• 別の場所で始まる指定したボリュームに存在するセーブセット(後続のセー
ブセットの中間セクションまたはテール セクション)はクローン作成されま
せん。
セーブセットのクローン作成
セーブセットを手動でクローンするには、次の操作を行います。
1. [Administration]ウィンドウで、
[Media]をクリックします。
2. 展開された左側のペインで、
[Save Sets]を選択します。
3. 右側のペインで、次の手順を実行します。
a. [クエリ セーブセット]タブをクリックします。
b. [Query Save Set]タブでオプションを指定し、表示されるセーブセットの範
囲を限定します。
c. 日付以外のクエリ オプションはすべて任意です。日付範囲は選択しなければ
なりません。
注記:[Query Save Set]タブのテキスト ボックスでは、大文字と小文字が区別
されます。
4. 次の属性のいずれかに値を入力して、検索対象を限定します。
• クライアント名
• セーブセット
• セーブセット ID
• ボリューム
60
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
• プール
5. [Copies]属性を使用して、検索対象をすでにクローンが作成されたセーブセッ
トのみに限定します。
a. リストからブール値を選択します。
– 大なり記号(>)
– 等価記号(=)
– 小なり記号(<)
b. クローンの数を入力して、[Copies]属性の検索基準の入力を完了します。
たとえば、少なくとも 2 回クローンが作成されたセーブセットのみを検索するに
は、大なり記号(>)を選択し、コピー数として 1 を入力します。
6. [Save Time]属性を使用して、検索対象をセーブセットが作成された期間に限定
します。
デフォルトでは、昨日が開始日、今日が終了日となります。これは、前日の午前
12:01 と現在時刻の間にバックアップされたセーブセットが表示されるという意
味です。
[From]および[To]のフィールドには、次のどの形式も使用できます。
• 完全な日付(たとえば、November 1, 2009)
• mm/dd/yy 形式の数字による日付(たとえば、11/01/09)
• リストから選択した日付と時刻
注記:広い日付範囲を指定すると、膨大な数のセーブセットが選択される可能性
があります。これによってレスポンス タイムが延びる場合や、NetWorker コン
ソールへのブラウザ接続を一度閉じてから再開しなければならない場合もあり
ます。
7. [Status]属性を使用して、検索対象を特定のステータスを持つセーブセットに
限定します。
選択できる値には次のものが含まれます。
• すべて
• ブラウズ可能
• リサイクル可能
• スキャン済み
• リカバリ可能
• 要注意
セーブセットのクローン作成
61
クローン作成処理手順
8. [最大レベル]属性を使用して、検索対象を特定のバックアップ レベルのセーブ
セットに限定します。
デフォルトで指定されているのは[すべて]レベルです。選択したレベルまでの
すべてのレベルが表示されます。たとえば、次のような変更が可能です。
• レベル[5]を選択すると、フル、1、2、3、4、5 のレベルでバックアップさ
れたセーブセットが表示されます。
• レベル[フル]を選択すると、フルのレベルでバックアップされたセーブ
セットのみが表示されます。
• [すべて]を選択すると、すべてのレベルのセーブセットが表示されます。
9. [Save Set List]タブをクリックします。基準に一致するセーブセットが、
[セー
ブセット]リストに表示されます。
10.[セーブセット]リストから、クローン作成するセーブセットを選択します。
11.[Media]メニューから、
[Clone]を選択します。
12.[Target Clone Media Pool]リストから、クローン プールを選択します。
13.[OK]をクリックし、確認画面で[Yes]をクリックします。
スクリプトによるクローン作成
NetWorker 7.6 SP1 では、nsrclone コマンドのほとんどの機能を NMC クローン リソー
ス ユーザー インタフェースで使用できます。
ただし、特定の状況では、スクリプト内での nsrclone.exe コマンドの使用には、依
然として長所があります。たとえば、スクリプトによるクローン作成ソリューショ
ンは、次のシナリオで使用できます。
◆
クローン作成が発生する前の条件を制御します。たとえば、特定のイベントやテ
ストに従う、またはワークフローの一部として発生するようにします。
◆
クローン作成が正常に完了した後のアクションを制御します。たとえば、ファイ
ルを削除する、ワークフローの一部としてデータの移動する、などです。
◆
◆
NetWorker スケジューリングまたは NMC から独立している、エンタープライズ管
理スケジューラの一部としてクローン作成を制御します。
複数のクローンを作成します。たとえば、クローン 1 をディスクに、クローン 2 を
テープに、それぞれが特定の依存関係、時期、およびロジックを持つ状態で作成
します。
注記:スクリプトによるクローン作成機能を使用する場合、最新バージョンの
NetWorker ソフトウェアを使用します。これにより、クローン作成スクリプトのロ
ジックの複雑さが最小化されます。
NetWorker 7.6 サービス パック 1 の機能強化
NetWorker 7.6 SP1 では、nsrclone コマンドのほとんどの機能を NMC クローン リソー
ス ユーザー インタフェースで使用できます。更新された nsrclone コマンドには、ス
クリプトのサイズおよび複雑さを大幅に軽減できる多数の機能強化も含まれてい
ます。
62
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
nsrclone コマンドで使用可能な、オプションについては、63 ページの表 3 を参照し
てください。
NetWorker 7.5 の機能強化
NetWorker 7.5 では、nsrclone コマンドが拡張され、次のものを基準にしてクローン
作成する場合に、より柔軟にセーブセットを選択できます。
◆
クライアント
◆
グループ
◆
セーブセット名
◆
セーブセット レベル
◆
有効なコピーの数
◆
ターゲット プールにまだ作成されていないクローン数。
nsrclone オプションの説明
nsrclone コマンドで使用可能な、オプションについては、63 ページの表 3 を参照し
てください。
表3
nsrclone オプションの説明
オプション
説明
-C ターゲット プール内に必要な
コピー数
上限値を整数で指定します(指定した数自体は含まれない)。ターゲット クローン
プール内のクローン コピー数がこの数より少ないセーブセットのみが、クローン作成
対象とみなされます。このオプションは、中止されたクローン オペレーションを再試
行する場合に便利です。ターゲットはクローン プールであるため、セーブセットのコ
ピー数のカウント時には、各セーブセットの元のコピーまたはクローンが考慮される
ことはありません。同様に、AFTD の読み取り専用ミラー クローンも考慮されません。
これは、その読み取りまたは書き込みマスター クローンがカウントされ、関連するク
ローン ペアの間には物理クローン コピーが 1 個しか存在しないためです。再利用可
能、中断、不完全、および使用不可のセーブセットまたはクローンは、カウントから
除外されます。このオプションは、-t オプションまたは -e オプションとのみ併用でき
ます。
-l レベルまたは範囲
クローン作成対象とするセーブセットのレベル、またはその範囲(n1-n2 形式、0 ∼
9)を整数で指定します。暫定的セーブセットまたはクライアントから起動するセーブ
セットは手動、フル レベル セーブセットはフル、インクリメンタル レベル セーブ
セットはインクリメンタル(incr)、および整数 0 ∼ 9(save set0 はフルを意味する)
を使用できます。-l オプションおよび -l n1-n2 の範囲フォーマットを複数回使用するこ
とで、複数のレベルを指定できます。このオプションは、-t オプションまたは -e オプ
ションとのみ併用できます。
-N セーブセット名
クローン作成対象とするセーブセットのセーブセット名を指定します。-N オプション
を複数回使用することで、複数のセーブセット名を指定できます。このオプションは、
-t オプションまたは -e オプションとのみ併用できます。
-c クライアント名
特定のクライアント内のセーブセットを指定します。-c オプションを複数回使用する
ことで、複数のクライアント名を指定できます。このオプションは、-t オプションま
たは -e オプションとのみ併用できます。
-g グループ名
特定のグループ内のセーブセットを指定します。-g オプションを複数回使用すること
で、複数のグループ名を指定できます。このオプションは、-t オプションまたは -e オ
プションとのみ併用できます。
スクリプトによるクローン作成
63
クローン作成処理手順
nsrclone オプションを使用する
以下の例に、nsrclone コマンドでの各種オプションの使用方法を示します。
1. クライアント Mars および Jupiter について過去 24 時間に作成されたすべての
セーブセットのうち、セーブセット名が /data1 および /data2、バックアップ レ
ベルがフルのもののみをコピーします。
nsrclone -S -e now -c mars -c jupiter -N /data1 -N /data2 -l full
2. 前回の部分的に中止された nsrclone セッションでデフォルト クローン プールに
コピーされなかったすべてのセーブセットをコピーします。
nsrclone -S -e now -C 1
3. 前回の部分的に中止された nsrclone セッションでデフォルト クローン プールに
コピーされなかったすべてのセーブセットをコピーして、保存期間とブラウズ期
間を延長します。
nsrclone -S -e now -C 1 -y 12/12/2010 -w 12/12/2009
nsrclone コマンドを使用して参照ポリシーと保存ポリシーを指定する
nsrclone を使用するとき、コマンド プロンプトから参照ポリシーと保存ポリシーを
指定できます。
保存ポリシーの指定
コマンド プロンプトから保存ポリシーを指定するには、次のいずれかの操作を実行
します。
◆
◆
クローン セーブセットの作成時に、nsrclone コマンドを -y オプション付きで使用
します。
nsrmm -e コマンドを使用して、既存のクローン セーブセットに対して保存ポリ
シーを指定します。
参照ポリシーの指定
コマンド プロンプトから参照ポリシーを指定するには、クローン セーブセットを作
成するときに、nsrclone コマンドを -w オプションを指定して使用します。
注記:まだ元のセーブセットの参照時刻に到達していなくて、その時刻がクローン
の新しい参照時刻よりも前である場合、この操作で元のセーブセット インスタンス
の参照ポリシーも変更されます。
NSR クローン リソース
nsradmin プログラムの NSR クローン リソースで作成されるクローン リソースは、
NetWorker 管理 GUI(グラフィカル ユーザー インタフェース)でスケジュール設定
クローン リソースとして編集できません。
この問題を回避するには、次のいずれかの操作を実行します。
◆
64
Administration インタフェースでスケジュール クローン リソースを作成する詳細
については、56 ページの「クローン操作のスケジュール設定」を参照してくだ
さい。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
◆
nsradmin プログラムで要求される場合、NSR クローン リソースを作成します。
a. nsradmin プログラムに対応する NSR タスク リソースを作成します。両方の
リソースを用意することで、GUI でクローン アイテムをスケジュール クロー
ン リソースとして編集できるようになります。
b. 対応する NSR タスク リソースの name 属性と action 属性は、次のように指定
する必要があります。
name:"clone.nsrclone_resource_name"
action:"NSR clone:nsrclone_resource_name"
アーカイブされたデータのクローンを作成する
アーカイブ データのクローンを作成するには、クローン セッションをスケジュール
する方法とオン デマンドで実行する方法があります。
アーカイブ データのクローン セッションをスケジュール化する
アーカイブ データのスケジュール設定クローン セッションをセットアップするに
は、次の手順を実行します。
1. 56 ページの「クローン操作のスケジュール設定」の手順に従って操作します。
2. セーブセット フィルタ条件の 1 つとしてアーカイブ プールを選択します。
アーカイブ ボリュームを手動でクローン作成する
アーカイブ ボリュームを手動でクローン作成するには、次の手順を実行します。
1. [Administration]ウィンドウで、
[Media]をクリックします。
2. 展開された左側のペインで、
[Save Sets]を選択します。
3. 右側のペインで、[クエリ セーブセット]タブをクリックします。
4. [プール]属性に、
a. このリストからアーカイブ プールを選択します。
b. 適切に他の選択を行なって、セーブセットの検索基準を限定します。
詳細については、59 ページの「スケジュール設定クローン操作を手動で開始す
る」を参照してください。
5. [Save Set List]タブをクリックします。
6. [Save Set]リストから、クローンを作成するアーカイブ セーブセットを選択し
ます。
7. [Media]メニューから、[Clone]を選択します。
8. [Target Clone Media Pool]リストから、アーカイブ クローン プールを選択し
ます。
9. [OK]をクリックします。
10. 確認スクリーンで[はい]をクリックします。
アーカイブされたデータのクローンを作成する
65
クローン作成処理手順
クローン作成パフォーマンスを向上するための考慮事項
クローン作成は、並列して実行することによって、複数のクローン セッションを同
時にアクティブにできます。ただし、この数およびスピードは、使用するデバイス
およびクローン作成操作を開始する際に使用される方法によって変わります。
以下の点を考慮してください。
◆
自動クローン作成は、セーブ グループに基づいており、シングルスレッド処理
です。
◆
指定のグループでは、NetWorker ソフトウェアは、並列化設定に関係なく、同時
に 1 つのクローンのみを実行できます。
◆
自動クローンが構成されている他のグループは、並列で実行できます。ただし、
これらも同時に 1 つのクローンしか実行できず、ボリュームまたはデバイスの
競合は発生しません。
クローン作成の確認
クローン データは、ネイティブかつ自称形式でソースから読み取られ、ターゲット
に書き込まれるため、確認の必要はありません。クローンを作成するアクションで
は、ソース データをメディアから読み取る機能が確認されます。したがって、ク
ローンに基づく後続のクローン操作は、別のコピーが作成されるときにも確認され
ます。
クローン操作後に予測されるアクションがある場合、ある種の確認が行われる可能
性が高いです。後続のアクションが、破壊的な、または元に戻すことができない性
質を備えている場合(有効期限または再ラベル付けによるソース データの削除な
ど)、この確認が重要になります。
個別のセーブセットの場合、mminfo コマンドを使用して、クローン セーブセットが
有効で、中断状態またはエラー状態でないことを確認します。
追加のクローン コピーは、次の目的でも使用できます。
◆
セーブセットが読み取り可能であることの確認
◆
追加の保証および保護の提供
個別セーブセットの確認は、クローン操作の成功を確認する際に役立つこともあり
ますが、リカバリが可能であることの確認にはなりません。
66
◆
追加のセーブセットがリカバリの一部として必要になる場合もあります。
◆
すべてのセーブセットが識別され、正常にクローン作成されたことを常に確認し
ます。
◆
アプリケーション ベースのバックアップは、複数のセーブセットが必要な典型
的な例です。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローン作成処理手順
GUI のバックアップ バージョンの表示
データのスキャン完了後、NetWorker ユーザー プログラムでバックアップを表示で
きます。
次のいずれかの方法でデータを表示できます。
◆
最新のバックアップにアプリケーション オブジェクトがある場合、そのアプリ
ケーション オブジェクトのバージョンを表示できます。バージョンはキャッ
シュされていないため、新しくスキャンしたバージョンがある場合、これが検出
されます。
a. [バージョン表示]ペインで、データをスキャンした保存時刻を探します。
b. 保存時刻が見つかったら、この保存時刻を新しい参照時刻として選択して続
行します。
c. [ブラウズ時刻の変更]属性を使用して、スキャンした最新のセーブセットの
少し前の時刻に設定します。
◆
増分バックアップからリストアしている場合、次の手順を実行します。
a. 前のフル バックアップおよびすべての増分バックアップがバックアップ バー
ジョンとして表示できることを確認します。
b. アプリケーション オブジェクトに対して View Versions を実行します。
◆
スキャンしたバックアップ バージョンが NetWorker ユーザー プログラムに表示さ
れない場合、ロールオーバー セーブセットを確認します。
GUI のバックアップ バージョンの表示
67
クローン作成処理手順
68
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第5章
クローンからのデータのリカバリ
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
◆
◆
「クローン リカバリ」............................................................................................
「リカバリ シナリオ」............................................................................................
「クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボリューム」...................
「リカバリ タスク」................................................................................................
クローンからのデータのリカバリ
70
70
73
77
69
クローンからのデータのリカバリ
クローン リカバリ
クローン作成機能を使用する場合は、発生することが予想されるすべてのリカバリ
シナリオについて、クローン セーブセットをリカバリできることを確認してくださ
い。これらのリカバリ シナリオおよびクローン セーブセットをリカバリする手順
は、状況に固有である可能性があります。70 ページの「リカバリ シナリオ」で詳細
を参照してください。
クローン データのリカバリについて、次のことを確認します。
◆
◆
◆
関連するすべてのリカバリ シナリオが 70 ページの「リカバリ シナリオ」の説明
に従って考慮されていること。たとえば、リカバリにクローン コピーを使用す
る場合は、リカバリしたセーブセットが元のボリュームではなくクローン コ
ピーから取得されていることを確認する必要があります。これは、両方またはす
べてのコピーが使用可能な場合、および元のボリュームが利用できない場合に重
要です。76 ページの「データのリカバリ元クローン ボリュームの選択」で詳細
を参照してください。
必要なすべてのセーブセットとボリュームをリカバリに使用できること。詳細に
ついては、73 ページの「クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボ
リューム」を参照してください。
77 ページの「リカバリ タスク」の説明に従って、リカバリ手順が準備され、定
期的にテストされていること。
リカバリ シナリオ
リカバリ操作を開始する場合、一般的にリカバリ操作について次の 2 つのことが前
提となります。
◆
リカバリがバックアップ後短期間(数時間または数日以内)に行われること。
◆
リカバリでは元のデータ ボリュームが使用され、バックアップ サーバが完全に
動作すること。バックアップはクライアント ファイル インデックスとメディア
データベースの両方に存在するため、標準の NetWorker リカバリ手順を使用でき
ます。73 ページの「クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボ
リューム」で詳細を参照してください。
ただし、リカバリ操作が NetWorker の参照期間や保存期間の満了後、または設置場
所やビルの障害後に行われた場合、ボリュームはすぐに使用可能とならず、追加ア
クションが必要になることがあります。リカバリ シナリオと必要なアクションの詳
細については、71 ページの表 4 を参照してください。
参照期間と保存期間
多くのリストア処理では、データ リストアのリクエストはバックアップの完了後す
ぐに到着します。この状況では、参照期間と保存期間はまだ有効である可能性があ
り、リカバリは簡単です。73 ページの「クローン データのリカバリに必要なセーブ
セットとボリューム」に、このシナリオでクローン データをリストアする方法の詳
細を示します。
70
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
参照期間と保存期間が満了している場合は、リストア処理を実行するために追加作
業が必要になることがあります。バックアップとクローン コピーの参照期間や保存
期間を決定する場合は、この点を考慮することが重要です。30 ページの「Consider
the browse and retention policies」に、このシナリオでクローン データをリストアす
る方法の詳細を示します。
リカバリ オプションの指定
すぐにリカバリできない場合は、次の操作を実行します。
1. 必要なバックアップまたはクローン セーブセットを特定します。
2. 原因を調査し、状況の改善を試みます。71 ページの表 4 で詳細を参照してくだ
さい。
3. 必要に応じて、別のリカバリ オプションを探します。77 ページの「リカバリ タ
スク」で詳細を参照してください。
NetWorker ソフトウェアには、クローン作成操作のボリューム、ステータス、および
ヒストリに関する情報が含まれるさまざまなログ ファイルがあります。これらの
ファイルは、[NetWorker 管理ウィンドウ]から表示および監視したり、以前のサー
バ バックアップからリカバリしたりできます。
クローン関連のメッセージは、NetWorker_install_dir\logs ディレクトリにある、
NetWorker メッセージ ファイルおよび savegrp ログ ファイルにも記録されます。
リカバリ シナリオの確認
すぐにリカバリできない場合、または失敗する場合は、次のリカバリ シナリオのリ
ストで原因と解決策(ある場合)を判別してください。
表4
リストア シナリオ
NetWorker のリストア シナリオ(1 / 2ページ)
説明
セクション
参照可能な元のデータまたは バックアップが存在し、クライアント ファイル インデック
クローン データのリカバリ。 スとメディア データベースの両方で参照できます。
セーブセットは、クライアン
ト ファイル インデックスと
メディア データベースの両
方に表示されます。
77 ページの「クライアント
ファイル インデックス内の
参照可能なクローン データ
のリストア」
クライアント インデックス情報は、参照期間が経過したた
めパージされています。
メディア データベースを使用してボリュームとデータセッ
トを特定できますが、部分リカバリまたはアイテム レベル
のリカバリ操作を実行できません。
参照ポリシーが経過したら、次の操作を実行できます。
• nsrck -L7 -t コマンドを使用して、クライアント ファイル
インデックス エントリーをリカバリします。
または
• scanner コマンドを使用して、クライアント ファイル イ
ンデックス エントリーを再作成します。
82 ページの「クライアント
ファイル インデックスへの
再利用可能なセーブセット
のリストア」
参照期間が経過し、クライア
ント ファイル インデックス
エントリーがパージされてい
ます。
リカバリ シナリオ
71
クローンからのデータのリカバリ
表4
NetWorker のリストア シナリオ(2 / 2ページ)
リストア シナリオ
説明
セクション
参照期間と保存期間の両方が
経過しましたが、データが保
存期間内であるためボリュー
ムは再利用されていません。
メディア データベース エントリーが使用期間終了とマーク
されていますが、ボリュームは再利用(再ラベル付け)され
ていません。
ボリュームが再利用されていない場合は、メディア データ
ベース エントリーがまだ存在します。メディア データベー
ス内のメディア データベース エントリーをリカバリ可能と
マークする必要があります。
82 ページの「クライアント
ファイル インデックスへの
再利用可能なセーブセット
のリストア」
参照期間と保存期間の両方が ボリュームが再利用されている場合は、メディア エント
満了し、ボリュームが再利用 リーがパージされています。この場合、リカバリするデータ
されています。
は使用できなくなり、別のリカバリ ソースを使用する必要
があります。
76 ページの「データのリカ
バリ元クローン ボリューム
の選択」
1 つまたは複数のボリューム 元のバックアップ ボリュームの一部またはすべてがリスト
がないか、オフラインです。 アに使用できなくなります。
• ボリュームがオフサイトの場合、またはストレージ内に
ある場合は、簡単にリコールでき、オンラインの
NetWorker サーバで使用できるため、リカバリ操作を続行
できます。この場合、メディア データベース エントリー
は引き続き使用でき、有効です。ボリュームを使用する
には、マウント操作またはライブラリ インベントリが必
要になる場合もあります。
• メディア データベース エントリーが使用できない場合、
または無効な場合は、scanner コマンドを使用して、
NetWorker サーバがボリューム上のデータを認識するよう
にメディア エントリーを再び取り込みます。
• 詳細については、「EMC
NetWorker 管理ガイド」
を参照してください。
• 84 ページの「メディ
ア データベースに存
在しないセーブセット
のリストア」
• 80 ページの「クライアン
ト ファイル インデックス
へのリカバリ可能なセー
ブセットのリストア」
• 84 ページの「メディア
データベースに存在し
ないセーブセットのリ
ストア」
クローン ボリュームにリカ
バリする必要があるセーブ
セットの一部が含まれていま
せん。
クローン ボリュームにリカバリする必要があるデータの一
部が含まれていない場合は、使用可能なリカバリ オプショ
ンの数が制限されることがあります。
データをリカバリできる可能性があるのは、次の場合です。
• 元のブートストラップ(メディアとクライアント イン
デックス)情報が利用可能である。
• 元のボリュームが存在し、リカバリに使用できる。
データをリカバリできない可能性があるのは、次の場合
です。
• リカバリがリクエストされている期間、ブートストラッ
プ バックアップが存在する。
• 元のデータ ボリュームがないか、再利用されている。
NetWorker サーバがバック
アップを認識しないか、
NetWorker サーバにバック
アップのデータベース レ
コードがありません。
NetWorker サーバが再構築されたか、最近リカバリされ、以 詳細については、「EMC
前のバックアップのレコードのすべて、またはほとんどが見 NetWorker 災害復旧ガイド」
を参照してください。
つかりません。
クライアント リカバリ操作を開始する前に、メディア デー
タベースとクライアント ファイル インデックスのフル リカ
バリが必要です。リカバリには、使用可能なすべてのボ
リューム、クライアント、および日付のメディア エント
リーとクライアント インデックス エントリーが含まれます。
これは、NetWorker サーバのブートストラップ バックアップ
に依存します。
72
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボ
リューム
リカバリを開始する前に、必要なすべてのセーブセットとボリュームがリカバリ可
能であることを確認します。
◆
73 ページの「すべてのセーブセットのメディア データベース リストの生成」
◆
74 ページの「メディア データベース内のセーブセットのステータス確認」
◆
74 ページの「セーブセット要件」
クローン ボリュームを使用する場合は、すべてのクローン セーブセットがリカバリ
可能であることを確認します。76 ページの「データのリカバリ元クローン ボリュー
ムの選択」で詳細を参照してください。
すべてのセーブセットのメディア データベース リストの生成
必要なすべてのセーブセットのメディア データベース リストを生成するには、次の
手順を実行します。
1. NetWorker サーバのコマンド ライン プロンプトで、次のコマンドを入力して、メ
ディア データベース内のクローン セーブセットのリストを生成します。
mminfo -S -s NW_server_name -c NW_client_name
-q "group= group_name, savetime>date1, savetime<date2"
-ot 1>output.txt 2>&1
ここで、
• NW_server_name は、NetWorker サーバ ホストの名前です。
• NW_client_name は、NetWorker クライアント ホストの名前です。
• group_name は、バックアップ発生時に NetWorker クライアントが含まれてい
たグループの名前です。
• date1 は、リストアする NetWorker クローンの日付範囲より少なくとも 1 日前
です。
• date2 は、リストアする NetWorker クローンの日付範囲より少なくとも 1 日後
です。
たとえば、krkr-pdc.krkr.local という NetWorker サーバ、grupa2 というグループ内
の krkr8x64.krkr.local という NMM クライアントに存在する、2010 年 12 月 14 日
の 13:48:00 から 2010 年 12 月 15 日の 13:57:00 までのセーブセットの詳細を表
示するには、次のコマンドを使用します。
mminfo -S -s krkr-pdc.krkr.local -c krkr8x64.krkr.local -q
"group=grupa2,savetime>10/12/14 13:48:00,savetime<12/15/2010
13:57:00" > out3.txt
2. mminfo コマンドを実行したディレクトリに存在する output.txt ファイルを編集
します。
出力ファイルに次のメッセージが含まれている場合は、メディア データベース
に、指定されたクライアントまたはクエリー オプションの NetWorker セーブセッ
トが含まれていません。
mminfo: no matches found for the query
クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボリューム
73
クローンからのデータのリカバリ
• mminfo コマンドで指定したクエリー オプションを調整します。
または
• メディア データベースをリストアします。84 ページの「メディア データベー
スに存在しないセーブセットのリストア」で詳細を参照してください。
メディア データベース内のセーブセットのステータス確認
メディア データベース内のセーブセットのステータスを確認するには、mminfo コマ
ンドを使用します。ssflags 属性を使用して、各セーブセットのステータスのサマ
リーを指定できます。
セーブセットの ssflags サマリーのレポートを生成する場合:
◆
◆
ssflags 出力の r は、セーブセットがリカバリ可能であり、定義済みの参照ポリ
シーを経過していることを示します。
ssflags 出力の E は、セーブセットが再利用可能であり、定義済みの保存ポリシー
を経過していることを示します。これは、使用期間が終了したセーブセットとも
呼ばれます。
増分セーブセットまたは差分セーブセットの場合、ssflags 値に E が含まれるのは、
依存関係にあるすべての増分、差分、またはフル バックアップも定義済みの保存ポ
リシー期間を経過している場合のみです。
ボリューム上のすべてのセーブセットが再利用可能な場合、ボリュームは上書きで
きます。
セーブセット要件
注記:すべてのセーブセット要件を理解するまでは、この手順を使用しないでくだ
さい。
使用期間が終了したか、または再利用可能なデータをメディアからリカバリするに
は、バックアップするセーブセットを特定する必要があります。
◆
リカバリする必要なセーブセットのリストがわかっている場合は、74 ページの
「バックアップ時間を使用したすべてのセーブセットの表示」の手順を実行して
ください。
◆
リカバリする必要なセーブセットの一部がわからない場合は、75 ページの
「savetime を使用したリカバリするすべてのセーブセットの確認」の手順を実行
してください。
バックアップ時間を使用したすべてのセーブセットの表示
NetWorker ソフトウェアに必要なセーブセットがわかっている場合は、バックアップ
時間を使用して、すべてのカバー セーブセットが表示されることを確認できます。
mminfo -v -ot -q "group=group_name,saveset>date1,saveset<date2"
-r "ssid, cloneid, nsavetime, ssflags, level, savetime(22),
ssbrowse, ssretent, name, client, volume" 1>output.txt 2>&1
ここで、
74
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
◆
group_name は、バックアップ発生時に NetWorker クライアントが含まれていたグ
ループの名前です。
◆
date1 は、リストアする NetWorker クローンの日付範囲より少なくとも 1 日前です。
◆
date2 は、リストアする NetWorker クローンの日付範囲より少なくとも 1 日後です。
このクエリーを実行すると、指定した時間範囲内のグループのセーブセットがすべ
て返されます。-ot フラグを指定すると、セーブセットが時間でソートされ、情報が
output.txt というファイルに格納されます。このファイルは、mminfo コマンドを実
行したディレクトリにあります。
注記:この簡単な方法を使用してリストアの問題が発生した場合は、73 ページの
「すべてのセーブセットのメディア データベース リストの生成」の手順に従って出
力を検証してください。
savetime を使用したリカバリするすべてのセーブセットの確認
mminfo コマンドを使用して、メディア データベースへのクエリーによってリストア
するバックアップ バージョンに必要な savetime 範囲を指定できます。savetime 範囲
は、メディア データベースに対するクエリーに使用されます。
savetime 範囲は、リストアするバックアップの日付の前日(date1)と翌日(date2)
の間となります。
重要
リストアするバックアップが増分レベル バックアップまたは差分レベル バックアッ
プだった場合、フル バックアップとレベル バックアップのシーケンスが含まれるよ
うに savetime 範囲を広げる必要があります。
リカバリするすべてのセーブセットを確認するには、次の手順を実行します。
1. リストアするバックアップのバージョンについて、必要な savetime 範囲を指定
します。
ファイル システムをリストアする場合は、次の操作が必要になることがあり
ます。
a. フル バックアップと増分バックアップのシーケンスが含まれるように
savetime 範囲を広げます。
b. それに応じて savetime 範囲を調整します。
2. リストアするファイル システムのバックアップに使用されたセーブセット名を
特定します。
3. savetime 範囲を使用して、バックアップのメディア データベース リストを生成
します。
mminfo -S -s server -c client -q
"group=group, savetime>date1, savetime<date2"
たとえば、次のコマンドを使用して、2010/04/28 に実行されたバックアップを
リストアします。
mminfo -S -s bv-nwsvr-1 -c bv-accounting-1 -q
"group=BV-accounting-1_Group,savetime>4/27/2010,savetime<4/29/20
10"
クローン データのリカバリに必要なセーブセットとボリューム
75
クローンからのデータのリカバリ
ここで、
• bv-accounting-1 は NetWorker クライアントです。
• bv-nwsvr-1 は NetWorker サーバです。
• BV-accounting-1_Group はグループです。
4. mminfo レポートで、ファイル システム セーブセットの最新のフル バックアップ
を特定します。
フル バックアップは、ロールオーバー セーブセットを使用して特定します。
• ファイル システムのセーブセット名。
• セーブセット名の sflags に K がありません。
5. フル バックアップから *snap_sessionid を取得します。
データのリカバリ元クローン ボリュームの選択
両方またはすべてのコピーが使用可能な場合に、リカバリを元のボリュームではな
くクローン コピーから行うには、次の手順を確認してください。
クローンでも元のボリュームでも、リカバリ オペレーションの対象に選択されるボ
リュームは、次のように決定されます。
1. セーブセットのステータスが完全で、疑わしくないボリューム(クローンまたは
元のボリューム)に最も高い優先度が与えられます。完全であるが疑わしいセー
ブセットには、不完全で疑わしくないセーブセットより高いプライオリティが与
えられます。
セーブセットのステータスの変更については、「EMC NetWorker 管理ガイド」を
参照してください。
2. それでも複数のボリュームのプライオリティが等しい場合、マウントされている
ボリュームにプライオリティが与えられます。
3. 複数のボリュームがマウントされている場合、メディア タイプによってプライ
オリティが与えられます。メディア タイプは、優先度が高い順に次のとおり
です。
a. アドバンスト ファイル タイプ デバイス
b. ファイル タイプ デバイス
c. その他(テープ デバイスまたはオプティカル デバイスなど)
4. ボリュームがマウントされていない場合、メディアの場所によってプライオリ
ティが与えられます。メディアの場所は、優先度が高い順に次のとおりです。
a. ライブラリ内のボリューム
b. AlphaStor または SmartMedia 管理型ライブラリ内のボリューム
c. ライブラリ内にないが、オンサイトにある(オフサイトフラグがセットされ
ていない)ボリューム
d. オフサイトにある(オフサイトフラグがセットされている)ボリューム
76
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
5. nsrmm コマンドを使用して、ボリュームをオフサイトに指定します。たとえば、
次のような変更が可能です。
nsrmm -o offsite -V volume_id
リカバリに必要なボリュームは、NetWorker ユーザー プログラムの[必要なボ
リューム]ウィンドウに表示されます。データ リカバリに必要なボリュームの表示
については、「EMC NetWorker 管理ガイド」を参照してください。
クライアント ファイル インデックス、メディア データベース、またはその両方にエ
ントリーを再構築するため、クローン ボリューム上で scanner プログラムを実行で
きます。エントリーを再構築すると、通常のリカバリができるようになります。オ
ンライン インデックスのセーブセット エントリーのリストアについては、
「EMC
NetWorker 管理ガイド」を参照してください。
リカバリ タスク
このセクションでは、必要なセーブセットを特定したり、これらのセーブセットが
リカバリ可能な状態であるかどうかを確認できるように、クローン セーブセットか
らのリカバリについて説明します。
◆
◆
◆
◆
77 ページの「クライアント ファイル インデックス内の参照可能なクローン デー
タのリストア」
80 ページの「クライアント ファイル インデックスへのリカバリ可能なセーブ
セットのリストア」
82 ページの「クライアント ファイル インデックスへの再利用可能なセーブセッ
トのリストア」
84 ページの「メディア データベースに存在しないセーブセットのリストア」
データをフル バックアップおよび増分バックアップからリストアするには、次の手
順を実行します。
◆
バックアップのたびに、フル バックアップ後に行われたすべての増分バック
アップが記録されるまで、このセクションに示されているタスクを繰り返し
ます。
◆
複数のクライアントをリストアするには、各クライアントのリカバリ タスクを
繰り返します。
クライアント ファイル インデックス内の参照可能なクローン データのリストア
バックアップはクライアント ファイル インデックスとメディア データベースの両方
に存在するため、標準の NetWorker リカバリ手順を使用して、参照可能なクローン
データをリカバリします。
クローン データのリカバリに特別なオペレーションは必要ありません。詳細につい
ては、「EMC NetWorker 管理ガイド」を参照してください。
リカバリ タスク
77
クローンからのデータのリカバリ
各セーブセットについて、バックアップの使用期間が終了し、セーブセットが
mminfo 出力に再利用可能としてまだリストされている場合は、オンライン クライア
ント ファイル インデックスをリストアする必要があります。
オンライン クライアント ファイル インデックスをリカバリするには、次の手順を実
行します。
1. セーブセットごとに、参照時間と保存時間をリセットします。
nsrmm -e time1 -w time2 -S SSID/cloneid
ここで、
• time1 は、必須の保存時間です。
• time2 は、必須の参照時間です。
• SSID は、mminfo コマンドの出力からの、セーブセットごとに記録された
セーブセット値です。
-S オプションで cloneid が指定されていない場合、次のエラー メッセージが表示
されます。
Save set ssid cannot be marked as notrecyclable.Please specify the
ssid/cloneid of the particular clone instance.
2. セーブセットごとに、[必要なセーブセットのリスト]セクションに記録されて
いる関連 SSID とクローン ID を使用して、セーブセットを使用期間終了 / リカバ
リ可能にリセットします。
nsrmm -o notrecyclable -S SSID/cloneid
3. クライアント ファイル インデックスにセーブセット情報を再び取り込みます。
nsrck -L 7 -t date client 1>nsrck.txt 2>&1
ここで、
• date は、リストアする最新セーブセットの完了後の日付です。
• client は、NetWorker クライアントの名前です。
注記:インデックス バックアップが含まれるボリュームがマウント可能である
ことを確認してください。
4. コマンドが完了したら、nsrck.txt で出力にエラーがないか確認します。
• 次のメッセージが表示される場合は、次のコマンドを入力します。
nsrck -L 2 client
client は、NetWorker クライアントの名前です。
メッセージ:
19779:nsrck:Please run ``nsrck clientname''
9348:nsrck:The index recovery for ' clientname ' failed.
39078:nsrck:SYSTEM error: オペレーションの実行に成功した。
78
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
• 次のようなファイル属性メッセージは、リストアに影響しないため、無視し
て構いません。
32222:uasm: 警告: Some file attributes were not
recovered:C:\Program
Files\Legato\nsr\index\clientname\db6\tmprecov\C\Program
Files\Legato\nsr\index\clientname\db6\
• nsrck コマンドがエラー "xxxxx" で失敗する場合は、メディア データベースで
インデックス バックアップを参照できなくなる可能性があります。
次のコマンドを使用して、セーブセットごとに記録されているすべての SSID
をスキャンします。
scanner -i -S SSID device
ここで、
– SSID は、リストアするセーブセットのセーブセット ID です。
– device は、リストアするセーブセットのボリュームが含まれているデバイ
スです。
5. scanner コマンドを実行する前に、NMM クライアントで NetWorker ユーザー プ
ログラムが終了していることを確認します。scanner の実行中にプログラムが開
いていると、scanner コマンドが次のエラーで失敗する可能性があります。
• NetWorker 7.6.1 以前の場合:
"Index error, flush Failed"
• NetWorker 7.6.2 以降の場合:
"8829:scanner:(ssid 2772567781) index error, store failed"
"39077:scanner:error, Cannot unlink the existing key file
C:\Program"
"Files\Legato\nsr\index\bv-e2007sp3-ccr\db6\4d420000\4d4206e1.k0
before re-creating it.Error 'Permission denied"
6. 各セーブセットについて、scanner で設定された参照時間と保存時間が短く、リ
カバリ手順を完了できない場合は、既存のセーブセットの参照時間を変更し
ます。
nsrmm -s NetWorker_server_name -w time2 -S SSID
ここで、
• NetWorker_server_name は、NetWorker サーバの名前です。
• time2 は、新しい参照時間です。
• SSID は、セーブセットごとに記録されたセーブセット値です。
7. セーブセットの新しい参照日付は、リストアが完了するのに十分な期間が確保さ
れるように設定してください。
8. データをリストアします。詳細については、
「EMC NetWorker 管理ガイド」を参
照してください。
リカバリ タスク
79
クローンからのデータのリカバリ
クライアント ファイル インデックスへのリカバリ可能なセーブセットのリ
ストア
ロールオーバー、表示、メタデータ、およびカバー セーブセットのバックアップ
セーブセットがリカバリ可能な場合は、リストア処理を実行するのに必要な期間だ
け参照可能にできます。たとえば、sflags=vrF の場合です。
リカバリ可能なセーブセットをクライアント ファイル インデックスにリカバリする
には、次の手順を実行します。
1. 表示、メタデータ、およびロールオーバー セーブセットごとに、既存のセーブ
セットの参照時間と保存時間を変更します。
nsrmm -s NetWorker_server_name -e time1 -S SSID
ここで、
• NetWorker_server_name は、NetWorker サーバの名前です。
• time1 は、新しい保存時間です。
• SSID は、セーブセットについて記録されたセーブセット値です。
注記:新しい参照日付と保存日付は、リストア処理が完了するのに十分な期間が
確保されるように設定してください。
2. NetWorker サーバのクライアント ファイル インデックスにセーブセット情報を再
び取り込みます。
nsrck -L 7 -t date client 1>nsrck.txt 2>&1
ここで、
• date は、リストアする最新セーブセットの完了後の日付です。
• client は、NetWorker クライアントの名前です。
注記:インデックス バックアップが含まれるボリュームがマウント可能である
ことを確認してください。
3. コマンドが完了したら、nsrck.txt で出力にエラーがないか確認します。
以下の点を考慮してください。
• 次のメッセージが表示される場合は、次のコマンドを実行します。
nsrck -L 2 client
client は、NetWorker クライアントの名前です。
メッセージ:
19779:nsrck:Please run ``nsrck clientname''
9348:nsrck:The index recovery for ' clientname ' failed.
39078:nsrck:SYSTEM error: オペレーションの実行に成功した。
80
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
• 次のようなファイル属性メッセージは、NetWorker リストアに影響しないた
め、無視して構いません。
32222:uasm: 警告: Some file attributes were not
recovered:C:\Program
Files\Legato\nsr\index\clientname\db6\tmprecov\C\Program
Files\Legato\nsr\index\clientname\db6\
• nsrck コマンドがエラー "xxxxx" で失敗する場合は、メディア データベースで
インデックス バックアップを参照できなくなる可能性があります。次のコマ
ンドを使用して、セーブセットごとに記録されているすべての SSID をスキャ
ンします。
scanner -i -S SSID device
ここで、
– SSID は、リストアするセーブセットのセーブセット ID です。
– device は、リストアするセーブセットのボリュームが含まれているデバイ
スです。
4. scanner コマンドを実行する前に、NMM クライアントで NetWorker ユーザー プ
ログラムが終了していることを確認します。scanner の実行中にプログラムが開
いていると、scanner コマンドが次のエラーで失敗する可能性があります。
• NetWorker 7.6.1 以前の場合:
"Index error, flush Failed"
• NetWorker 7.6.2 以降の場合:
"8829:scanner:(ssid 2772567781) index error, store failed"
"39077:scanner:error, Cannot unlink the existing key file
C:\Program"
"Files\Legato\nsr\index\bv-e2007sp3-ccr\db6\4d420000\4d4206e1.k0
before re-creating it.Error 'Permission denied"
5. セーブセットごとに、既存のセーブセットの参照時間を変更します。scanner で
設定された参照時間と保存時間が短く、リカバリ手順を完了できない場合は、次
のコマンドを実行します。
nsrmm -s NetWorker_server_name -w time2 -S SSID
ここで、
• NetWorker_server_name は、NetWorker サーバの名前です。
• time2 は、新しい目的の参照時間です。
• SSID は、セーブセットごとに記録されたセーブセット値です。
注記:セーブセットの新しい参照日付は、リストアが完了するのに十分な期間が
確保されるように設定してください。
6. データをリストアします。詳細については、
「EMC NetWorker 管理ガイド」を参
照してください。
リカバリ タスク
81
クローンからのデータのリカバリ
クライアント ファイル インデックスへの再利用可能なセーブセットのリストア
各セーブセットについて、バックアップの使用期間が終了し、セーブセットが
mminfo 出力に再利用可能としてまだリストされている場合は、オンライン クライア
ント ファイル インデックスをリストアする必要があります。
オンライン クライアント ファイル インデックスをリカバリするには、次の手順を実
行します。
1. セーブセットごとに、参照時間と保存時間をリセットします。
nsrmm -e time1 -w time2 -S SSID/cloneid
ここで、
• time1 は、必須の保存時間です。
• time2 は、必須の参照時間です。
• SSID は、mminfo コマンドの出力からの、セーブセットごとに記録された
セーブセット値です。
-S オプションで cloneid が指定されていない場合、次のエラー メッセージが表示
されます。
Save set ssid cannot be marked as notrecyclable.Please specify the
ssid/cloneid of the particular clone instance.
2. セーブセットごとに、[必要なセーブセットのリスト]セクションに記録されて
いる関連 SSID とクローン ID を使用して、セーブセットを使用期間終了 / リカバ
リ可能にリセットします。
nsrmm -o notrecyclable -S SSID/cloneid
3. クライアント ファイル インデックスにセーブセット情報を再び取り込みます。
nsrck -L 7 -t date client 1>nsrck.txt 2>&1
ここで、
• date は、リストアする最新セーブセットの完了後の日付です。
• client は、NetWorker クライアントの名前です。
注記:インデックス バックアップが含まれるボリュームがマウント可能である
ことを確認してください。
4. コマンドが完了したら、nsrck.txt で出力にエラーがないか確認します。
• 次のメッセージが表示される場合は、次のコマンドを入力します。
nsrck -L 2 client
client は、NetWorker クライアントの名前です。
メッセージ:
19779:nsrck:Please run ``nsrck clientname''
9348:nsrck:The index recovery for ' clientname ' failed.
39078:nsrck:SYSTEM error: オペレーションの実行に成功した。
82
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
• 次のようなファイル属性メッセージは、NetWorker リストアに影響しないた
め、無視して構いません。
32222:uasm: 警告: Some file attributes were not
recovered:C:\Program
Files\Legato\nsr\index\clientname\db6\tmprecov\C\Program
Files\Legato\nsr\index\clientname\db6\
• nsrck コマンドがエラー "xxxxx" で失敗する場合は、メディア データベースで
インデックス バックアップを参照できなくなる可能性があります。次のコマ
ンドを使用して、セーブセットについて記録されているすべての SSID をス
キャンします。
scanner -i -S SSID device
ここで、
– SSID は、リストアするセーブセットのセーブセット ID です。
– device は、リストアするセーブセットのボリュームが含まれているデバイ
スです。
5. scanner コマンドを実行する前に、NMM クライアントで NetWorker ユーザー プ
ログラムが終了していることを確認します。scanner の実行中にプログラムが開
いていると、scanner コマンドが次のエラーで失敗する可能性があります。
• NetWorker 7.6.1 以前の場合:
"Index error, flush Failed"
• NetWorker 7.6.2 以降の場合:
"8829:scanner:(ssid 2772567781) index error, store failed"
"39077:scanner:error, Cannot unlink the existing key file
C:\Program"
"Files\Legato\nsr\index\bv-e2007sp3-ccr\db6\4d420000\4d4206e1.k0
before re-creating it.Error 'Permission denied"
6. scanner で設定された参照時間と保存時間が短く、リカバリ手順を完了できない
場合は、既存のセーブセットの参照時間を変更します。
nsrmm -s NetWorker_server_name -w time2 -S SSID
ここで、
• NetWorker_server_name は、NetWorker サーバの名前です。
• time2 は、新しい参照時間です。
• SSID は、セーブセットごとに記録されたセーブセット値です。
注記:セーブセットの新しい参照日付は、リストアが完了するのに十分な期間が
確保されるように設定してください。
7. データをリストアします。詳細については、
「EMC NetWorker 管理ガイド」を参
照してください。
リカバリ タスク
83
クローンからのデータのリカバリ
メディア データベースに存在しないセーブセットのリストア
クローンがメディア データベースに存在しない場合は、クローン ボリュームをス
キャンして、これらのセーブセットのメディア データベースとクライアント ファイ
ル インデックス データベースを再生成する必要があります。
このタスクを実行するには、次の手順に従います。
◆
84 ページの「タスク 1 スキャンに必要なクローン ボリュームを特定する」
◆
84 ページの「タスク 2 [アイドル デバイスのタイムアウト]属性を無効化する」
◆
◆
◆
◆
◆
◆
85 ページの「タスク 3 メディア データベースに存在しないクローン セーブセッ
トをリカバリする」
86 ページの「タスク 4 必要なセーブセットの SSID を確認する」
86 ページの「タスク 5 必要なセーブセットをメディア データベースとクライアン
ト ファイル インデックスにスキャンする」
87 ページの「タスク 6:セーブセットがクライアント ファイル インデックスにあ
ることを確認する」
88 ページの「タスク 7 すべてのセーブセットのメディア データベース リストを
生成する」
88 ページの「タスク 8 データをリストアする」
タスク 1 スキャンに必要なクローン ボリュームを特定する
スキャン手順に従って、インデックスとメディア データベース エントリーを再構築
します。
◆
フル バックアップからリストアする場合、データをリカバリするには、フル
バックアップの日付以降のボリュームが必要です。
◆
増分バックアップからリストアする場合、データをリカバリするには、増分バッ
クアップの日から最新のフル バックアップまでのボリュームが必要です。
両方またはすべてのコピーが使用可能な場合に、リカバリを元のボリュームではな
くクローン コピーから行う方法については、76 ページの「データのリカバリ元ク
ローン ボリュームの選択」を参照してください。
注記:他のボリュームをスキャンする必要がある場合は、76 ページの「データのリ
カバリ元クローン ボリュームの選択」を参照して、追加ボリュームを取得できるよ
うに、欠落しているセーブセットを特定してください。
タスク 2 [アイドル デバイスのタイムアウト]属性を無効化する
scanner の使用中にデバイスがドライブからアンロードされないようにするには、
[アイドル デバイスのタイムアウト]属性を一時的に無効化する必要があります(構
成されている場合)。
[アイドル デバイスのタイムアウト]属性を一時的に無効化するには、次の手順を実
行します。
1. NMC を使用して NetWorker サーバに接続します。
2. [Devices]をクリックします。
84
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
3. 使用するデバイスを右クリックします。
4. [プロパティ]を選択します。
5. [詳細]タブをクリックします。
6. [アイドル デバイスのタイムアウト]の値を 0 に設定します。
7. [OK]をクリックします。
タスク 3 メディア データベースに存在しないクローン セーブセットをリカバリする
リストア処理に必要な NetWorker クローンがメディア データベースに存在しない場
合は、クローン ボリュームをスキャンして、これらのセーブセットのメディア デー
タベースとインデックス データベースを再生成する必要があります。scanner コマ
ンドを使用すると、ボリュームをスキャンできます。
必要なボリュームをスキャンするには、次の手順を実行します。
1. クローン セーブセットが含まれているボリュームをドライブにマウントします。
注記:ボリュームが NetWorker メディア データベースに存在しない場合は、テー
プのロード中にマウントせずにロードするオプションを選択します。
2. NetWorker サーバのコマンド プロンプトで、クローン ボリューム上のセーブセッ
トのリストを取得して、ボリューム上のセーブセットのレポートを生成します。
次のコマンドを使用します。
scanner -v device 1>scanner_output.txt 2>&1
device は、ボリュームが含まれているデバイスの名前です。
たとえば、次のような変更が可能です。
scanner -v C:\device\clone 1>C:\output1\5\scanner_output.txt 2>&1
または
scanner -v \\.\Tape0 1>scanner_output.txt 2>&1
3. scanner コマンドを実行する前に、NMM クライアントで NetWorker ユーザー プ
ログラムが終了していることを確認します。scanner の実行中にプログラムが開
いていると、scanner コマンドが次のエラーで失敗する可能性があります。
• NetWorker 7.6.1 以前の場合:
"Index error, flush Failed"
• NetWorker 7.6.2 以降の場合:
"8829:scanner:(ssid 2772567781) index error, store failed"
"39077:scanner:error, Cannot unlink the existing key file
C:\Program"
"Files\Legato\nsr\index\bv-e2007sp3-ccr\db6\4d420000\4d4206e1.k0
before re-creating it.Error 'Permission denied"
4. scanner コマンドを実行したディレクトリに存在する scanner_output.txt ファイル
を開きます。
リカバリ タスク
85
クローンからのデータのリカバリ
5. scanner_output.txt ファイルに次のメッセージのみが表示されている場合:
scanner:SYSTEM error:Cannot stat <device_name>: 該当するファイルまたは
ディレクトリがありません
a. scanner コマンドで指定したデバイス名にエラーがないか確認します。
b. 正しいデバイス名を指定して scanner コマンドを再試行します。
タスク 4 必要なセーブセットの SSID を確認する
必要なセーブセットの SSID を確認するには、次の手順を実行します。
1. scanner_output.txt ファイルを調べて、必要なセーブセットの SSID を確認しま
す。これらは、出力ファイルで各セーブセットに次の属性値を使用して特定でき
ます。
• クライアント名
• 保存時刻
• レベル
• セーブセット名
2. 依存関係にあるすべてのフル セーブセットや増分セーブセットなどのリストア
を実行するには、すべてのセーブセットについて次の情報を確認します。
• セーブセット ID
• 保存時間
• セーブセット名
注記:SSID 値は、後でセーブセットをスキャンしてメディア データベースに戻
す手順で使用され、保存時間は、クライアント ファイル インデックスの再取り
込みが正常に完了したことを検証するために使用されます。
重要
ポイント イン タイム リストアの日付がレベル列の値で示される増分または差分バッ
クアップ レベルだった場合は、ポイント イン タイム リストアから最新のフル レベ
ル リストアまでのすべてのセーブセットを特定する必要があります。関連づけられ
たフル バックアップが別のボリュームに存在する場合もあります。
タスク 5 必要なセーブセットをメディア データベースとクライアント ファイル インデックス
にスキャンする
リストア リクエストの IT 手順および緊急度によっては、個々のセーブセットをク
ローン ボリュームからスキャンする場合があります。スキャンを実行して、メディ
ア データベースとクライアント ファイル インデックスの両方のエントリーを再生成
する必要があります。
次の項目を確認してください。
◆
86
セーブセットが -S パラメータでスキャナに指定されていない場合は、スキャン順
序を指定できません。
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
クローンからのデータのリカバリ
◆
スキャン済みクローンからリカバリするエンド ツー エンドの処理は数日かかる
可能性があるため、参照時間と保存時間を十分先の特定時点にリセットすると、
データのリストアが終了する前にスキャン済みセーブセットの使用期間が終了し
ないようにするのに役立ちます。
必要なセーブセットをメディア データベースとクライアント ファイル インデックス
にスキャンするには、次の手順を実行します。
1. 次のコマンドを使用して、セーブセットをスキャンします。
scanner -i -S SSID device 1>scanneri.txt 2>&1
ここで、
• SSID は、セーブセットについて記録された SSID です。
• device は、セーブセットが含まれるメディアを持つデバイスです。
2. scanner コマンドを実行する前に、NMM クライアントで NetWorker ユーザー プ
ログラムが終了していることを確認します。scanner の実行中にプログラムが開
いていると、scanner コマンドが次のエラーで失敗する可能性があります。
• NetWorker 7.6.1 以前の場合:
"Index error, flush Failed"
• NetWorker 7.6.2 以降の場合:
"8829:scanner:(ssid 2772567781) index error, store failed"
"39077:scanner:error, Cannot unlink the existing key file
C:\Program"
"Files\Legato\nsr\index\bv-e2007sp3-ccr\db6\4d420000\4d4206e1.k0
before re-creating it.Error 'Permission denied"
重要
まずカバー セーブセットをスキャンすることが重要です。
3. scanneri.txt ファイルの出力でエラーがないか確認します。
タスク 6:セーブセットがクライアント ファイル インデックスにあることを確認する
スキャンされた各セーブセットについて、nsrinfo コマンドを使用して、データがク
ライアント ファイル インデックスに再取り込みされたことを確認します。
セーブセットがクライアント ファイル インデックスにあることを確認するには、次
の手順を実行します。
1. スキャナ 出力を調べるときに、セーブセットについて記録されている savetime
を確認します。
2. 各 savetime に対して nsrinfo コマンドを実行して、クライアント ファイル イン
デックスに必要なセーブセット詳細が取り込まれていることを確認します。
nsrinfo -t exact_savetime client
ここで、
• exact_savetime は、スキャナ出力から記録された savetime です。
• client は、NetWorker クライアントの名前です。
リカバリ タスク
87
クローンからのデータのリカバリ
たとえば、次のような変更が可能です。
nsrinfo -t 1292314893 krkr8x64
scanning client `krkr8x64' for savetime 1292314893(14.12.2010
09:21:33) from the backup namespace
C:\LG_PLACEHOLDER_1492021383
1 objects found
3. 記録されているすべての savetime に対して nsrinfo コマンドを実行して、クライ
アント ファイル インデックスに必要なセーブセット詳細が取り込まれているこ
とを確認します。
nsrinfo -t exact_savetime client
ここで、
• exact_savetime は、スキャナ出力から記録された savetime です。
• client は、NetWorker クライアントの名前です。
タスク 7 すべてのセーブセットのメディア データベース リストを生成する
詳細については、73 ページの「すべてのセーブセットのメディア データベース リス
トの生成」を参照してください。
タスク 8 データをリストアする
データをリストアします。詳細については、
「EMC NetWorker 管理ガイド」を参照し
てください。
88
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第6章
ステージング
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
◆
◆
◆
「ステージングの概要」.........................................................................................
「デスティネーション」.........................................................................................
「ステージング ポリシーの設定」..........................................................................
「NetWorker 管理コンソールからのステージング」...............................................
「コマンド ラインからのステージング」...............................................................
ステージング
90
91
92
95
96
89
ステージング
ステージングの概要
NetWorker ステージングは個別の処理ですが、クローン作成メカニズムに依存し
ます。
セーブセット ステージングとは、あるストレージ メディアから別のストレージ メ
ディアにデータを移動し、そのデータを元の保管場所から削除する処理を指します。
たとえば、最初のバックアップ データは、パフォーマンスが優れたファイル タイプ
デバイスまたは高度なファイル タイプ デバイスに移動します。こうすると、ファイ
ル タイプ デバイスまたは高度なファイル タイプ デバイスのメリットにより、バッ
クアップ時間が短縮されます。そのデータは、通常のバックアップ期間外に、磁気
テープなどの安価だがより耐久性の高いストレージ メディアに後から移動できます。
バックアップ データの移動後は、次のバックアップ用に十分なディスク領域を確保
するために、最初のバックアップ データがファイル タイプ デバイスまたは高度な
ファイル タイプ デバイスから削除されます。
ステージングの例
91 ページの図 9 では、ステージング アクションによって、ボリューム A1 の元の
セーブセットがボリューム B1 に正常にステージング(クローン作成)されると、元
のセーブセットは削除されます。X は、クローン コピーが正常に完了すると、元の
セーブセットが削除されることを示しています。これは、クローン操作とステージ
90
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ステージング
ング操作の違いです。セーブセットは、あるストレージから別のストレージに移動
したように見えます。その結果のセーブセットは、最初のセーブセットと同じです
が、場所が異なります。
図 9 ステージング
デスティネーション
セーブセットは、必要に応じて、ディスク間で何度もステージングできます。たと
えば、あるセーブセットをディスク 1 から、ディスク 2、ディスク 3、最後にリモー
ト テープ デバイスまたはクラウド デバイスへとステージングできます。テープ デ
バイスまたはクラウド デバイスにステージングしたセーブセットを再度ステージン
グすることはできません。ただし、テープ ボリュームまたはクラウド ボリュームの
クローンを作成することは可能です。
ステージングは以下の場合に行われます。
◆
カレンダーベースのプロセス。データを次のデバイスに移動するまで、セーブ
セットをステージング デバイスに 30 日間保持しておく場合などです。
◆
イベントベースのプロセス。ステージング プールで利用可能な領域が、指定さ
れたしきい値より小さくなった場合などです。この状況になると、利用可能な領
域が事前指定された最大しきい値に達するまで、最も古いセーブセットから移動
されます。
デスティネーション
91
ステージング
◆
管理者が実行するプロセス。管理者がしきい値をリセットしてステージングを開
始したり、手動でセーブセットを選択してステージングできるようにした場合な
どです。
ステージングによって、バックアップ データの保存ポリシーが影響を受けることは
ありません。したがって、データはステージングされてもリカバリ可能です。
指定したセーブセットのクローンを正常に作成した後で、ステージング処理でエ
ラーが発生した場合、プログラムが中断される前に、そのセーブセットのみがソー
ス ボリュームから削除されます。これによって、ステージング後は、ソース ボ
リュームまたはクローン ボリュームのいずれかに存在するセーブセットのセットが
確実に 1 つのみになります。
ステージング ポリシーの設定
このセクションでは、ステージング ポリシーの設定方法について説明します。
◆
92 ページの「ステージング ポリシーを作成する」
◆
94 ページの「ステージング ポリシーを編集する」
◆
95 ページの「ステージング リソースをコピーする」
◆
95 ページの「ステージング ポリシーを削除する」
◆
96 ページの「セーブセットのクローン ID の検索」
FTD(ファイル タイプ デバイス)および AFTD(アドバンスト ファイル タイプ デバ
イス)の構成情報については、「EMC NetWorker 管理ガイド」を参照してください。
ステージング ポリシーを作成する
ステージング ポリシーを作成する前に、適切なデバイスをすべて構成します。構成
していない場合は、[デバイス]属性にデバイスが表示されません。
バックアップ時に AFTD がいっぱいにならないように、セーブセットが別のメディア
に自動的に移動され、AFTD で利用できるディスク領域が確保されるようにステージ
ング ポリシーを設定する必要があります。
ステージング ポリシーを作成するには、次の手順で行います。
1. [管理]ウィンドウで[構成]をクリックします。
2. 左側のペインで[Staging]を選択します。
3. [File] メニューの [New] を選択します。
4. [Name]属性に、ステージング ポリシーの名前を入力します。
5. [Comment]属性に、ステージング ポリシーの説明を入力します。
6. ステージングを直ちに開始するか、後で自動的に呼び出すようにするには、
[Enabled]属性を[Yes]に設定します。
注記:ステージングはいつでも有効または無効にすることができます。
7. [Devices]属性で、ステージングのソース デバイスとして、ファイル タイプ デ
バイスおよび adv_file タイプ デバイスを選択します。
92
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ステージング
注記:ステージングのソースとして選択されているデバイスが 1 つだけの場合で
も、adv_file デバイスとそれに対応する _AF_readonly デバイスの両方が自動的に
選択されます。
ステージング ポリシーに複数のデバイスを割り当てることはできますが、1 つの
特定のデバイスが複数のステージング ポリシーによって制御されることはでき
ません。
8. [Destination Pool]属性から、ステージング済みデータのデスティネーション
プールを選択します。
注記:デフォルト プールまたはデフォルト クローン プールにステージングでき
るのは、デフォルト ボリュームだけです。同様に、デフォルト プール、または
デフォルト クローン プールにステージングできるのは、デフォルト クローン ボ
リュームだけです。また、アーカイブ クローン プールにステージングできるの
は、アーカイブ データだけです。その他のボリューム タイプは、すべてのプー
ルにステージングできます。選択したクローン プールがストレージ ノード デバ
イスに制限されている場合、
[クローン ストレージ ノード]属性を変更する必要
もあります。
9. [High-Water Mark (%)]属性で、数値を入力または選択します。
この値はセーブセットがステージングされるポイントを表しており、ファイル
デバイスがあるファイル システム パーティションで使用される利用可能な領域
の率として測定されます。ステージングはロー ウォータ マークに達するまで続
けられます(ステップ 10 を参照)。
注記:ハイ ウォータ マークはロー ウォータ マークより大きな値である必要があ
ります。
10.[Low-Water Mark (%)]属性で、数値を入力または選択します。これは、ステージ
ング処理が停止するポイントを表しており、ファイル デバイスがあるファイル
システム パーティション上の利用可能な領域の率として測定されます。
11.[Save Set Selection]属性で、ステージングのためのセーブセット選択基準をリ
ストから選択して決定します。
12.[Max Storage Period]属性に、ボリューム内のセーブセットが別のストレージ メ
ディアにステージングされるまでの時間または日数を入力します。
注記:[最大ストレージ期間]属性は、[ファイル システム チェック間隔]属性
とともに使用されます。[最大ストレージ期間]の指定値に達すると、次のファ
イル システム チェックまでステージングは開始されません。
13.[Max Storage Period Unit]属性で、
[Hours]
、または[Days]を選択します。
14.[Recover Space Interval]属性に、ファイル タイプ デバイス、または高度なファ
イル タイプ デバイスからのメディア データベース内にエントリーを持たない
セーブセットに対する領域リカバリ オペレーションの実行間隔を分単位または
時間単位で入力します。
15.[Recover Space Interval Unit]属性で、
[Minutes]
、または[Hours]を選択し
ます。
ステージング ポリシーの設定
93
ステージング
16.[ファイル システム チェック間隔]属性で、ファイル システムをチェックする間
隔を分単位、または時間単位で入力します。
注記:各[ファイル システム チェック]間隔で、
[ハイ ウォータ マーク(%)]
または[最大ストレージ期間]のいずれかに達した場合、ステージング操作が開
始されます。
17.[File System Check Interval Unit]属性で、
[Minutes]、または[Hours]を選択し
ます。
18. ステージング ポリシーを直ちに呼び出すには、この手順を完了させます。直ち
に呼び出さない場合は、この手順をスキップします。
a. [オペレーション]タブをクリックします。
b. [Start Now]属性で、次のいずれかのオペレーションを選択します。
– [Recover space]: メディア データベースにエントリーがないセーブセット
の領域をリカバリし、再利用されたすべてのセーブセットを削除する。
– [ファイル システムのチェック]:必要に応じて、ファイル システムとス
テージ データをチェックする。
– [Stage all save sets]: すべてのセーブセットをデスティネーション プール
にステージングする。
選択したオペレーションは、このポリシーに関連づけられたすべてのデバイスに
適用されます。
注記:[OK]をクリックすると、選択内容はすぐに有効になります。ステージ
ング オペレーションが完了すると、この属性はデフォルト設定(空)に戻り
ます。
19. すべてのステージング属性を構成したら、
[OK]をクリックします。
ステージング ポリシーを編集する
ステージング ポリシーを編集するには、次の手順で行います。
1. [管理]ウィンドウで[構成]をクリックします。
2. 左側のペインで[Staging]を選択します。
3. 右側のペインで、編集する[Staging]ポリシーを選択します。
注記:既存のステージング ポリシーの名前は編集できません。
4. [File]メニューの[Properties]を選択します。
5. 必要な変更を行い、[OK]をクリックします。
94
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
ステージング
ステージング リソースをコピーする
ステージング リソースをコピーするには、次の手順を実行します。
1. [管理]ウィンドウで[構成]をクリックします。
2. 左側のペインで[Staging]を選択します。
3. 右側のペインで、コピーする[Staging]リソースを選択します。
4. [Edit]メニューから、[Copy]を選択します。
[ステージング作成]ダイアログ
ボックスが表示されます。[名前]属性を除いて、コピーされたステージング リ
ソースと同じ情報が含まれます。
5. [名前]属性に新しいステージング リソースの名前を入力して、必要に応じて他
の属性を編集します。
6. [OK]をクリックします。
ステージング ポリシーを削除する
注記:デフォルトのステージング ポリシーは削除できません。
ステージング ポリシーを削除するには
1. [管理]ウィンドウで[構成]をクリックします。
2. 左側のペインで[Staging]を選択します。
3. [ステージング]ポリシーからすべてのデバイスを削除します。
a. 右側のペインで、削除する[Staging]ポリシーを選択します。
b. [File]メニューの[Properties]を選択します。
c. [Devices]属性で、リストされているデバイスがすべて選択されていないこ
とを確認します。
d. [OK]をクリックします。
4. 右側のペインで、削除する[Staging]ポリシーを選択します。
5. [File]メニューから[Delete]を選択します。
6. プロンプトが表示されたら、
[Yes]をクリックして削除を確認します。
NetWorker 管理コンソールからのステージング
コマンド プロンプトからセーブセットをステージングする操作は、NetWorker 管理
コンソール(NetWorker コンソール)からステージングする操作とは異なります。
セーブセットをクローンする場合、クローンされたセーブセットには、元のセーブ
セットと同じセーブセット ID が新しいクローン ID とともに割り当てられます。
NetWorker コンソールからステージングする場合、1 つのデバイスに属するセーブ
セットを選択します。
NetWorker 管理コンソールからのステージング
95
ステージング
コマンド ラインからのステージング
コマンド プロンプトからステージングする場合は、ステージング対象のセーブセッ
トの ID を指定します。
NetWorker ソフトウェアは指定されたセーブセット ID を持つすべてのセーブセット
をステージングし、その後それらのセーブセットを削除します。これは、元のセー
ブセットが削除されると、クローンされたバージョンのセーブセットもすべて削除
されることを意味します。
クローンされたすべてのセーブセットが削除されないようにするには、セーブセッ
ト ID とともにクローン ID を指定し、ステージングのソース ボリュームを示します。
たとえば、次のような変更が可能です。
nsrstage -m -S ssid/cloneid
セーブセットのクローン ID の検索
セーブセットのクローン ID を調べるには、mminfo コマンドを使用します。たとえ
ば、次のような変更が可能です。
mminfo -avot -r " ボリューム , セーブセット ID, クローン ID, 名前 "
nsrstage コマンドまたは mminfo コマンドについては、
「EMC NetWorker コマンド リ
ファレンス ガイド」または UNIX のマニュアル ページを参照してください。
96
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
第7章
NetWorker Module for Databases and
Applications
この章は、次のセクションで構成されています。
◆
◆
「NMDA セーブセットのバンドル化」.................................................................... 98
「NMDA ポリシーの統一性」................................................................................. 101
NMDA では、通常の手動バックアップまたは EMC PowerSnap スナップショット バッ
クアップのためのセーブセットのバンドル化はサポートされていません。NMDA で
は、通常のスケジュールされた Oracle バックアップのみを実行します。
NetWorker Module for Databases and Applications
97
NetWorker Module for Databases and Applications
NMDA セーブセットのバンドル化
NMDA(データベースおよびアプリケーション用 NetWorker モジュール)セーブセッ
トのバンドル化が構成されている場合、NMDA によってセーブセット バンドルが自
動的に作成され、同じバックアップ サイクルの依存関係にあるすべてのセーブセッ
トがグループ化されます。あるデータベース オブジェクトをリストアするために 2
つ以上のセーブセットが必要な場合、セーブセットが依存関係にあると言います
バックアップ サイクルの内容は次のとおりです。
◆
◆
データベース オブジェクトのレベル 0 増分バックアップ。
レベル 0 バックアップと依存関係にあるそれ以降のすべてのレベル 1 増分バック
アップ。
NMDA による Oracle のフル バックアップと増分バックアップのサポートについては、
「EMC データベースおよびアプリケーション用 NetWorker モジュール管理ガイド」を
参照してください。
重要
NMDA では、通常の手動バックアップまたは EMC PowerSnap スナップショット バッ
クアップのためのセーブセットのバンドル化はサポートされていません。NMDA で
は、通常のスケジュールされた Oracle バックアップのみを実行します。
セーブセットのバンドル化によって、Oracle について次のことが自動的に可能にな
ります。
◆
ステージングの向上
Oracle 対応のステージングによって、相互に依存関係がある NMDA Oracle セーブ
セットが同時にステージングされます。
• 自動ステージング中に、ステージング基準によって特定の NMDA セーブセッ
トをステージングする必要があると判断され、なおかつそのセーブセットが
セーブセット バンドルの一部であった場合、そのセーブセット バンドル全体
がステージングされます。
• nsrstage コマンドによる手動ステージング中に、ステージング対象の 1 つ以
上のセーブセットがセーブセット バンドルにある場合、バンドル内のすべて
のセーブセットがステージングされます。
◆
ポリシーの統一性
セーブセットのバンドル化を有効化するたびに、ポリシーの統一性が自動的に有
効になります。セーブセットのバンドル化を使用しない場合は、ポリシーの統一
性を個別に有効化することができます。詳細については、101 ページの「NMDA
ポリシーの統一性」を参照してください。
注記:セーブセット バンドルのすべてのセーブセットをステージングすると、ス
テージング デバイスの空き領域が、ステージング ポリシーで指定されたロー ウォー
タ マーク未満になる場合があります。
ステージング ポリシーの設定方法と、NetWorker サーバを介してステージング オペ
レーションを自動または手動で実行する方法の詳細については、「EMC NetWorker 管
理ガイド」を参照してください。
98
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
NetWorker Module for Databases and Applications
NMDA のスケジュールされたバックアップのセーブセットのバンドル化を構成する
方法については、「EMC データベースおよびアプリケーション用 NetWorker モジュー
ル管理ガイド」を参照してください。
セーブセットのバンドル化でエラーが発生する場合、バンドル化は失敗しますが、
予定されたバックアップは正常に終了します。バンドル処理のエラーに関する情報
は、savegrp の出力および NMDA デバッグ ファイルに書き込まれます。
ステージングに関する NetWorker の制限
NMDA セーブセットのバンドル化計画を策定する際は、ステージングに関する
NetWorker の次の制限を考慮する必要があります。
◆
NetWorker サーバでは、セーブセットが別々のボリュームにバックアップされた
場合、セーブセット バンドルのすべてのセーブセットを同時にステージングで
きません。サーバでセーブセットを同時にステージングできるのは、セーブセッ
トが同じステージング ボリュームにある場合のみです。詳細については、100
ページの例 3 を参照してください。
セーブセット バンドルのすべてのセーブセットを適切にステージングするため
に、ステージング ボリューム間でバックアップを分割しないでください。必要に
応じて、バックアップは異なるバックアップ サイクルに分割し、サイクルごと
に別々のボリュームに配置します。
◆
NMDA バックアップ サイクルのセーブセットを、そのサイクルが完了する前にス
テージングするような NetWorker ステージング ポリシーを作成することはしな
いでください。たとえば、1 週間の NMDA サイクルが日曜日に開始される場合、
土曜日の最終バックアップの前に、不完全なセーブセット バンドルをステージ
ングするようなステージング ポリシーを作成することはできません。
ステージング操作によって NMDA バックアップ サイクルが分割されないように
するには、それに合わせて NetWorker ステージング ポリシーを調整します。たと
えば、新しいセーブセットの前に古いセーブセットがステージングされるように
ポリシーを調整したり、ハイ ウォータ マークやロー ウォータ マークを調整した
りします。
ステージング ポリシーの設定方法と、NetWorker サーバを介してステージング オペ
レーションを自動または手動で実行する方法の詳細については、「EMC NetWorker 管
理ガイド」を参照してください。
NMDA によるセーブセットのバンドル化
NMDA プログラム nsrdasv を使用すると、スケジュールされたバックアップの終了時
にセーブセットが自動的にセーブセット バンドルに配置されます。
セーブセットのバンドル化を実行するには、次の手順を実行します。
◆
◆
◆
NetWorker オペレーション権限が必要です。
nsrdasv プログラムは、RMAN スクリプトのログイン名およびパスワードを使用し
て Oracle データベースに接続しようとします。
スクリプトのログイン名およびパスワードが使用できない場合、このプログラム
は、NMDA 構成ファイルの ORACLE_SID 値を使用して nwora.res ファイルで
NSR_ORACLE_CONNECT_FILE パラメータを検索し、このパラメータで指定されて
いる接続ファイルの接続文字列を使用します。
NMDA セーブセットのバンドル化
99
NetWorker Module for Databases and Applications
◆
◆
◆
◆
◆
Oracle Database に接続すると、nsrdasv プログラムは、V$ ビューを使用してバッ
クアップに関する必要なすべての情報を取得します。nwora.res ファイルおよび
セーブセットのバンドル化に関する要件の詳細については、「EMC データベース
およびアプリケーション用 NetWorker モジュール管理ガイド」を参照してくだ
さい。
nsrdasv プログラムにより、
レベル 0 の増分バックアップ用のセーブセット バンド
ルが作成されます。
このプログラムは、依存関係にあるレベル 0 のバックアップのバンドルに、それ
以降の増分バックアップのセーブセットを追加します。100 ページの例 1 と 100
ページの例 2 に、セーブセット バンドルの構成方法に関するシナリオを示し
ます。
nsrdasv プログラムがセーブセット バンドルに付ける名前は、バンドルに含まれ
るセーブセットの最も古い保存時刻です。
NetWorker サーバは、予定されたバックアップの終了後、セーブセット バンドル
名とそのバンドルに含まれるセーブセットの一覧をメディア データベースに記
録します。
101 ページの「メディア データベースに保存されるセーブセットのバンドル化に関
する情報」の説明に従って、mminfo コマンドを使用してバンドル情報を表示でき
ます。
例 1 テーブルスペースの、1 週間のスケジュールされたバックアップにおけるセーブセット
のバンドル化
あるテーブルスペースの 1 週間のスケジュールされたバックアップに、日曜日時点
のテーブルスペースのレベル 0 バックアップと、月∼土の各曜日時点のレベル 1
バックアップが含まれているとします。このサイクルのセーブセット バンドルは、
日曜日のバックアップ時に作成されます。各レベル 1 バックアップのセーブセット
はそのバンドルに追加されます。最終的に、このバンドルには、テーブルスペース
の 7 日分のバックアップのセーブセットが含まれることになります。翌週に行われ
る次のバックアップ サイクルでは、新しいバンドルが作成されます。
例 2 セーブセット バンドルの結合
この例では、NMDA によって既存のバンドルが新しいセーブセット バンドルに結合
されるシナリオを示します。
ファイル A とファイル B それぞれのレベル 0 バックアップによって、2 つのセーブ
セット バンドルが作成されます。次に、ファイル A とファイル B 両方のレベル 1
バックアップによって、新しいバックアップ セットが作成されます。新しいバック
アップ セットは、それ以前に作成された 2 つのレベル 0 バックアップに依存してい
るため、3 つのバックアップすべてが同じセーブセット バンドルにまとめられます。
例 3 セーブセット バンドルの複数ボリュームへの分割
この例では、セーブセット バンドルは複数のボリュームにまたがって分割されます。
ファイル A のレベル 0 バックアップがボリューム A に対して実行されます。次に、
ファイル A のインクリメンタル バックアップがボリューム B に対して実行されま
す。この場合、どちらのバックアップも同じセーブセット バンドルに属するものと
100
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
NetWorker Module for Databases and Applications
して記録されますが、このセーブセット バンドルは複数のボリュームにまたがって
分割されます。ステージングの際は、同じボリューム上のセーブセットだけが同時
にステージング可能となります。
メディア データベースに保存されるセーブセットのバンドル化に関する情報
NMDA ソフトウェアは、各セーブセット バンドルに関する情報を NetWorker メディ
ア データベースに格納します。メディア データベースのクエリーを実行するには、
NetWorker コマンドの mminfo と適切なオプションを使用します。
◆
mminfo -r コマンドを使用すると、セーブセットに関連づけられているバンドルの
名前を表示できます。たとえば以下のコマンドでは、すべてのセーブセットとそ
のバンドルの一覧が表示されます。
mminfo -a -r "ssid,ssbundle"
◆
mminfo -q コマンドを使用すると、特定のバンドルに含まれるすべてのセーブ
セットを表示できます。たとえば以下のコマンドでは、12983479182 というバ
ンドルに含まれるすべてのセーブセットが表示されます。
mminfo -a -q "ssbundle=12983479182"
mminfo コマンドとその使用可能なオプションの詳細については、「EMC NetWorker コ
マンド リファレンス ガイド」または UNIX のマニュアル ページを参照してください。
NMDA ポリシーの統一性
ポリシーの統一性が有効になっている場合は、同じ Oracle スケジュール バックアッ
プ サイクルに属する、依存関係にあるすべてのセーブセットに対して、参照ポリ
シーと保存ポリシーの統一性が自動的に適用されます。このことは、セーブセット
のバンドル化が有効化されているかどうかに関係なく行われます。
NMDA によるスケジュールされた Oracle 増分バックアップの実行後、バックアップ
のセーブセットの参照ポリシーと保存ポリシーが、同じバックアップ サイクルに属
する、依存関係にあるそれ以前のセーブセットのポリシーより長い場合、NMDA は
サイクル内のすべてのセーブセットのポリシーを変更して、新しい増分セーブセッ
トの最も長いポリシーに合わせます。 NetWorker のメディア データベースに記録さ
れているポリシーが修正されます。これにより、バックアップの使用期間を終了で
きなくなり、同じバックアップ サイクルに属する、依存関係にある他のバックアッ
プよりも前に再利用可能にできなくなります。
注記:NMDA では、通常の手動バックアップおよび PowerSnap スナップショット
バックアップのためのポリシーの統一性はサポートされていません。NMDA では、
通常のスケジュールされたバックアップのポリシーの統一性のみサポートされて
います。
ポリシーの統一性は、セーブセットが異なるボリュームに保存されるかどうかに依
存しません。たとえば、セーブセット バンドルの一部が異なるボリュームに分割さ
れた場合でも、バンドル内のすべてのセーブセットに同じブラウズ ポリシーとリテ
ンション ポリシーが適用されます。
NMDA バックアップのポリシーの統一性を構成する方法については、
「EMC データ
ベースおよびアプリケーション用 NetWorker モジュール管理ガイド」を参照してく
ださい。
NMDA ポリシーの統一性
101
NetWorker Module for Databases and Applications
102
EMC NetWorker リリース 8.0 クローン作成統合ガイド
Fly UP