...

金属(磨棒鋼)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

金属(磨棒鋼)
金属(磨棒鋼)
建設用・建築用金属製品製造業のケース:M社 様
地域:東海
従業員:約220名
M社様では、部署単位での省エネ活動を推進されていますが、大きな成果を得るまでには至っていませ
ん。今回、コンプレッサ周りの省エネなどを目的に受診されました。現状のエネルギー消費は熱量比率で
みると、電力が73%、燃料が23%であり、照明器具の適正化や高効率化、コンプレッサの吐出圧力低減や
漏れ防止など電力関連と、ボイラ蒸気圧力の適正化や蒸気配管・バルブの保温など燃料関連の省エネをご
提案しました。
・エネルギー使用状況
内訳
電気
(千kWh/年)
LPG
(千kg/年)
A重油
(kL/年)
灯油
(kL/年)
改善前
2,400
17
190
4.0
改善後
2,069
17
171
4.0
・提案項目ダイジェスト
運用改善
提案1(照明)
照度基準に合わせた照明器具量の適正化
提案2(照明)
工場高天井照明の晴天時消灯
投資改善
提案6(照明)
工場水銀灯照明を高効率蛍光灯に更新
提案7(コンプレッサ)
エアコンプレッサ吐出圧力の低減
提案3(コンプレッサ)
提案8(生産設備)
エア配管の漏れ防止
槽の液面の断熱
提案4(ボイラ)
ボイラ空気比の適正化
提案5(ボイラ)
蒸気圧力の緩和
提案1(照明)
照度基準に合わせた照明器具量の適正化
提案9(蒸気配管)
蒸気ドレンの回収
省エネ効果:14.9kL/年
キーワード:
削減金額:1,267千円/年
照明の間引き
設備概要:400W水銀灯
閉じる
第一工場の照度は通路部分で250lx、検査調整の部分照明で400lxである。モデル工場である第二工場で
は通路部分で130lx、検査調整の部分照明で250lxである。第一工場にも第二工場の照度基準を適用し間
引きを行うことで、電力消費量を低減することを提案。
提案2(照明)
工場高天井照明の晴天時消灯
省エネ効果:11.3kL/年
キーワード:
削減金額:961千円/年
不要照明の消灯(昼休み時の
消灯)
設備概要:400W水銀灯
閉じる
工場は外光を取り入れられる構造であり、照度は250∼400lxと十分に明るい。晴天時は高天井照明を消
灯することで、電力消費量を低減することを提案。
提案3(コンプレッサ)
エア配管の漏れ防止
省エネ効果:8.6kL/年
キーワード:
削減金額:490千円/年
圧力損失の低減、エア漏れ対
策
設備概要:エアコンプレッサ(合計定格容量236kW)
閉じる
コンプレッサ(合計定格容量236kW)が稼動しているが、空気配管からの漏れは検知しにくかったり、
漏れ量が分かりにくいが、コンプレッサ動力の損失が意外に大きい。そこで、一般的な工場での漏れ率を
適用し、漏れ対策により電力使用量の削減を提案。(現状の漏れ率10%→対策後の漏れ率2%、コンプレ
ッサの年間電力消費量420千kWh)
提案4(ボイラ)
ボイラ空気比の適正化
省エネ効果:2.3kL/年
削減金額:157千円/年
キーワード:
空気比の適正化
設備概要:ボイラ(年間燃料消費量190kL)
閉じる
現状のボイラ(年間燃料消費量190kL)の排ガス酸素濃度は7.0%(空気比として1.5)であり、省エネ
法の判断基準による基準空気比に比べ高い。空気比を1.35まで適正化することで1.2%の省エネが図られ
ることから、空気比調整により燃料消費量を削減することを提案。
提案5(ボイラ)
蒸気圧力の緩和
省エネ効果:0.6kL/年
削減金額:40千円/年
キーワード:
蒸気圧力の適正化
設備概要:ボイラ(年間燃料消費量190kL)
閉じる
蒸気は0.65MPa-Gで製造されているが0.50MPa-G以下でも十分なようである。ボイラでの製造圧を
0.15MPaだけ下げ、燃料消費量を削減することを提案(年間燃料消費量190kL)。
※省エネルギー量は、原油換算で表示しております。
提案6(照明)
工場水銀灯照明を高効率蛍光灯に更新
省エネ効果:24.6kL/年
キーワード:
削減金額:2,086千円/年
高効率照明への更新
設備投資額:11,340千円(回収5.4年)
設備概要:400W水銀灯→210W高出力タイプ蛍光灯
閉じる
現状、210台の400W水銀灯が工場照明として、年間2,223時間点灯している。同じ光束の高出力タイプ
蛍光灯(消費電力210W/台)に更新することにより、電力消費量を削減することを提案。
提案7(コンプレッサ)
エアコンプレッサ吐出圧力の低減
省エネ効果:20.6kL/年
削減金額:1,744千円/年
キーワード:
吐出圧力の低減
設備投資額:2,200千円(回収1.3年)
設備概要:エアコンプレッサ(合計定格容量236kW)
閉じる
コンプレッサ(合計定格容量236kW)から0.74MPa-Gの吐出圧力で供給されているが、需要先には余裕
がある。そこで、吐出圧力を0.50MPa-Gまで0.24MPaだけ下げ、電力消費量を削減することを提案。
提案8(生産設備)
槽の液面の断熱
省エネ効果:11.9kL/年
削減金額:823千円/年
キーワード:
保温対策
設備投資額:1,500千円(回収1.8年)
設備概要:槽(液面の面積24m2)
閉じる
酸洗い工程での槽の液面が開放されているため、熱放散がある。そこで、球状の断熱材を60℃の液面に
浮かして敷き詰め、酸洗いの作業性を維持しながら放熱を抑制して(放熱削減量10.8MJ/m 2・h)するこ
とで、燃料消費量を削減することを提案。
提案9(蒸気配管)
蒸気ドレンの回収
省エネ効果:4.2kL/年
削減金額:292千円/年
キーワード:
蒸気ドレンの回収、排熱利用
設備投資額:700千円(回収2.4年)
設備概要:対象とするボイラの年間燃料消費量77kL
閉じる
酸洗い工程から排出され捨てられている蒸気ドレンを回収し、ボイラ給水の一部とする。具体的には、全
ドレン熱量の50%に相当するドレンを75℃で回収することで、燃料消費量の5.4%を削減することを提
案。
※省エネルギー量は、原油換算で表示しております。
Fly UP