...

利賀芸術公園における国際的人材育成事業の推進について

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

利賀芸術公園における国際的人材育成事業の推進について
配布資料
利賀芸術公園における国際的人材育成事業の推進について
平成17年8月23日
生活環境部生活文化課
利賀芸術公園においては、かねてから劇団SCOTを中心に、世界演劇祭「利賀フェス
ティバル」に併せて人材育成事業に取り組んできたところである。
今回、1999 年に休止した夏の「利賀フェスティバル」が再開に合わせ、(財)舞台芸術
財団演劇人会議(理事長:鈴木忠志)に、平成 18 年度から『国際舞台芸術人材育成事業』
に本格的に取り組むことを要請したところであるが、今年度は、その第一歩として、
「利賀
サマー・アーツ・プログラム 2005」の中で、国や財団法人地域創造の支援を得ながら、次
のような国際的な人材育成のための新しい事業を展開している。
1
17年度におけるこれまで実施された取り組み
新①スズキ・メソッド・マスタークラス(8 月 1 日∼14 日)
ロシアの一流の劇団からオーディションで選抜されたロシア人俳優 13 人が受講
新②中学生鑑賞教室(8 月 10 日∼11 日)
ロシア国立モスクワ芸術座の「リア王」を県内9校、約 300 人の中学生が鑑賞
③学生演劇フォーラム(8 月 10 日∼21 日)
鑑賞、討論、ワークショップなどで構成された合宿型のフォーラム。富山大学、
静岡文化芸術大学など 7 大学から 43 名が参加
④高校生夏期演劇講習(8 月 4 日∼6 日)
富山県下の高校演劇部の生徒を対象とした演劇ワークショップ。96 名が受講
2
17年度における今後の取り組み
新①日本演劇千年計画<鈴木演劇塾>(8 月 26 日∼9 月 16 日)
全国9県から集まった 26 人の若手演劇人(俳優)たちを対象に、優れた芸術活
動を実地に体験することを通して、芸術家の養成を図るもの。訓練から稽古、作
品発表と創造のプロセスを実体験する2年計画の新しいプロジェクト
②利賀演出家コンクール(8 月 21 日∼26 日)
2000年に日本で初めて実施され、今回で6回目。全国各地から演出家が集
い、競い、その中で国際的に活躍する演出家を輩出している。14 名が参加
今回は、参加者自らが上演作品を決めるという新しい方法となり、演出家の個
性や特徴が、より鮮明に観る者に伝わってくることが期待できる。
③大学生創作ワークショップ(8 月 21 日∼26 日)
滞在型創作ワークショップ。グループディスカッションを中心とした創作プロセ
スの指導。96 名が参加
3
18年度からの本格的な取り組み(計画)
『国際舞台芸術人材育成事業』
舞台芸術創造の過程を視野に入れ、既にキャリアのある人材を対象に、その実践も含
めた専門教育機関として、財団法人地域創造の支援を得ながら、日本で初めての立体的
芸術教育に取り組む。
ア コース:演出家、俳優、総合
イ 教授陣:鈴木忠志氏はじめとする常任教授に加えて、舞台芸術の各専門分野、政
治経済、文化政策、哲学など、その分野の第一線の講師
ウ 期 間:7月∼9月(教授陣、参加者、スタッフ等で、常駐約60人)
エ 参加者:演出家や教授等の推薦者の中から、審査により参加者を決定
生活環境部生活文化課
利賀芸術公園における国際的人材育成事業の推進
(プレイベント)
(1)実施済みの事業
(新)
スズキメソッド
・マスター・クラス
(新)
中学生鑑賞教室
学生演劇
フォーラム
高校生夏期
演劇講習
2005 年
参加 ロシア人俳優
13 人
モスクワ芸術座、ヴェシリエフ劇場、メイエルホリド・シアタ
ー・センターほか一流劇団から選抜された俳優
指導 鈴木忠志
富山県内中学校
高岡西部中、志貴野中、岩瀬中、灘浦中、
新湊南部中、大門中、利賀中、上平中、
平中
9 校 約 300 人
参加者
富山大学 9 人、静岡文化芸術大学 17 人
高知女子大学 8 人、九州大学 5 人
神戸大学 2 人 等
計 43 人
指導
伊藤裕夫、鈴木滉二郎、藤原憲洋、藤原
馨、野田邦弘、五島朋子、藤野一夫
参加 県内高校演劇部
96 人
指導 宮城聰ほか
2004 年(参考)
−
−
参加者
富山大 3 人、新潟大 4 人、
静岡文化芸術大 9 人、
高知女子大 4 人、
九州大 8 人 等
計 31 人
参加
(2)実地中又は実施予定の事業
(新)
参加
全国の若手演劇人
−
日本演劇千年計画
東京、神奈川、北海道、茨城、三重、
<鈴木演劇塾>
静岡、千葉、京都、埼玉
9都道府県から 2 6 人
指導
鈴木忠志、エレン・ローレン
利賀演出家
参加 演出家 14 人 14 グループ
参加
コンクール
東京、大阪、京都、北海道、福岡、静岡、
神戸、和歌山
8 都道府県から総勢約 200 人
大学生創作
参加
参加
ワークショップ
桜美林大学文学部総合文化学科 約 100 人
指導 平田オリザ
同左
演出家 17 人
17 グループ 160 人
同左
(3)総参加者数
約 800 人
約 450 人
富山県利賀芸術公園事業のあゆみ
1 9 7 6 年(昭和 5 1 )
早稲田小劇場(鈴木忠志氏主宰が入村し、演劇活動を開始
1 9 8 2 年(昭和 5 7 )
第 1 回世界演劇祭「利賀フェスティバル」開催
1 9 9 4 年(平成 6 )
合掌文化村が「富山県利賀芸術公園」として県立化
第 1 回「とやま舞台芸術祭利賀
1 9 9 5 年(平成 7 )
〇
秋」開催
第 1 回「利賀新緑フェスティバル」開催
県立化以降、夏の「利賀フェスティバル」に加え、春の「新緑フェスティバル」、
秋の「とやま舞台芸術祭(県内団体中心)」を開催し、公園を通年活用
1 9 9 9 年(平成 1 1 )
2 0 0 0 年(平成 1 2 )
〇
世界演劇祭「利賀フェスティバル」が第 1 8 回をもって閉幕
第 1 回「利賀サマー・アーツ・プログラム」開催
演出家コンクールや中学、高校、大学生をそれぞれ対象とした教育プログラム
など人材育成事業を積極的に展開
2 0 0 1 年(平成 1 3 )
第 8 回「B e S e T o 演劇祭」を利賀で初めて開催
「利賀新緑フェスティバル」が第 7 回をもって閉幕
2 0 0 2 年(平成 1 4 )
○
春の「利賀フェスティバル」が装いを新たにスタート
世界の国々の気鋭の演出家たちが、日本の俳優やスタッフとの共同作業を通して、作
品を創造し発表する、新しい型のフェスティバルを開催
2 0 0 5 年(平成 1 7 )
夏の世界演劇祭「利賀フェスティバル」が6年ぶりに復活
Fly UP