...

Japan Book in Japanese 16

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

Japan Book in Japanese 16
YKK
会社概要
YKK株式会社(YKK Corporation; 以下「YKK」
と表記)は1934年に設立され、ファスナーやボ
タン、鞄などのファスナー関連製品を製造して
いる。同社の経営体制は、ファスニング事業、
建材事業、工機事業、研究開発事業と大きく
4つに分かれており、建材事業が同社最大の事
業部門となっている。
YKKは世界70カ国に130社の関連会社を有し、
2006年3月末時点での従業員数は38,398人、売
上高は53億ドルである。また同時期における同
社の総資産は69億ドルとなっている。
•
•
•
•
•
•
テープ織り編み
染色
ダイキャスト及びスライダー組立
プレーティング及びエナメル加工
チェーンメイキング
ファスナー加工
YKKインディアでは衣類、履物、鞄・袋物とい
った市場に対応しており、3 & 5番ポリエステ
ルコイルや3 & 5番ビスロン、3 & 5番金属フ
ァスナー、2 & 3番インビジブルコイルといっ
た、様々な種類のファスナーの製造・販売で知
られており、アルミニウム、ゴールデンブラ
ス、アンティークブラス、アンティークシルバ
ーを使用した金属ファスナーも製造している。
インドにおけるYKK
YKKは、YKKの完全子会社であるYKKインド(YKK
India Pvt. Ltd.; 以下「YKKインディア」と表
記)を通じてインド市場に参入した。YKKイン
ディアは、金属及び非金属ファスナーの製造を
目的として1995年に設立され、現在はファスナ
ーやファスナー部品などの幅広い製品を製造し
ている。
同社の工場は本格的な設備が整い、テープ織り
編み、染色、ダイキャスト及びスライダー組
立、プレーティング及びエナメル加工、金属/
非金属スライドファスナー、チェーンメイキン
グ、ファスナー組立が行われている。
成功の要因
YKKのブランド力
YKKインディアは、インド国内24都市に5営業
所、ディーラー40店舗のネットワークを通じて
事業を展開している。
YKKインディアの工場はハリアナ州バワールに
あり、36エーカーの広大な敷地を持つ。工場は
1997年3月に操業を開始、コンピュータ化され
た生産管理システムを備えており、以下のよう
な機能を有する:
YKKは世界に認められたファスナーブランドで
あり、その圧倒的なブランド力を活用すること
により、YKKインディアはインド国内で強固な
地盤を築いてきた。また、同社は、日本の本社
及び世界のグループ企業と同一基準で展開して
きたことも、市場での地盤強化につながってい
る。
83
将来計画
YKKインディアは、ハリアナ州にある既存の
生産工場の拡張を計画しており、2006年から
2010年にかけて6,000万ドルを超す資本投入を
行う計画を立てている。
さらに同社では、新市場の開拓にも力を入れて
いる。これまでの繊維輸出割当制度が撤廃され
たことで、インドにおけるアパレル製品の輸出
量が大幅に増加し、YKKインディアにもビジネ
ス拡大の機会が訪れる格好となった。結果的
に、現地では輸出向け生産の要件を満たす服飾
装飾品の需要が高まっている。
84
Fly UP