...

犬の登録と狂犬病予防注射の手続きが 新しくなります!

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

犬の登録と狂犬病予防注射の手続きが 新しくなります!
横浜市からのお知らせ
狂犬病予防注射済
平成 27 年度
横浜市
犬の登録と狂犬病予防注射の手続きが
新しくなります!
第 000000 号
平成 27 年度の
狂犬病予防注射済票は
青色です
犬の登録と毎年 1 回の狂犬病予防注射の手続きが新しくなって、より便利になります。今までは、犬の登録や
狂犬病予防注射済票の交付窓口は各区の福祉保健センターと、4 月に行われる集合注射会場のみ(※)でしたが、
平成 27 年 4 月1日から、横浜市の委託を受けた動物病院(注射と登録)とペットショップ(登録のみ)でも、
手続きがその場でできるようになります。
ここが新しくなります!
1
注射のお知らせがハガキから封書になりました
2
手続きできる窓口が増えます
1 注射のお知らせがハガキから封書になりました
横浜市に犬を登録している皆さんに毎年お届けしている狂犬病予防注射のご案内がハガキから封書に変わり
ました。封書に入っている三連の「狂犬病予防注射済票交付申請書」が今までのハガキに代わって手続きに必要
ですので、狂犬病予防注射を受ける際には切り離さずに必ずご持参ください。
↓↓注射の際に必ずご持参ください↓↓
問診票
飼い主控
申請書
注射のお知らせ
注射のお知らせ
〔封筒の中に入っているもの〕
今までのハガキから
・三連の「狂犬病予防注射済票交付申請書」
封書でお届けします
・集合注射会場日程表
・手続きのご案内
・動物病院一覧
・狂犬病についてのチラシ
※動物病院が飼い主の代わりに福祉保健センターでの犬の登録や狂犬病予防注射済票交付手続きをしてくれるところもあります。
※今回手続きが新しくなりますが、従来通り福祉保健センターで手続きすることもできます。
<裏面もご覧ください>
2 手続きできる窓口が増えます
横浜市の委託を受けた動物病院で狂犬病予防注射と狂犬病予防注射済票の交付手続きが同時にできるように
なります(未登録の犬は登録も同時にできます)。また、横浜市の委託を受けたペットショップでは、犬を購入
する時にその場で登録することができるようになります。
動物病院で注射する場合
集合注射会場で注射する場合
動物病院で狂犬病予防注射を実施
集合注射会場で
(注射料金は動物病院によって異なります)
狂犬病予防注射を実施
(注射料金は 3,050 円です)
横浜市の委託を受けた動物病院
注射当日に
その他の動物病院
狂犬病予防注射済証を発行
狂犬病予防注射済票を交付
(手数料は 550 円です)
集合注射会場で
未登録犬の場合は同時に登録します
福祉保健センターで
狂犬病予防注射済票を交付
(手数料は 3,000 円です)
狂犬病予防注射済票を交付
(手数料は 550 円です)
(手数料は 550 円です)
未登録犬の場合は同時に登録します
未登録犬の場合は同時に登録します
(手数料は 3,000 円です)
(手数料は 3,000 円です)
横浜市の委託を受けた動物病院及びペットショップの一覧は 3 月下旬に横浜市動物愛護センターホームページ
に掲載します。
3 集合注射会場を減らしていきます
犬の登録と狂犬病予防注射に関するお問い合わせは
横浜市動物愛護センター
横浜市動物愛護センターホームページ
各区の福祉保健センター生活衛生課
電話:471-2111
FAX:471-2133
もしくは
へ
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/douai/
Fly UP