...

スマホカメラレンズ組み立て装置 - 知財総合支援窓口 知財ポータル

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

スマホカメラレンズ組み立て装置 - 知財総合支援窓口 知財ポータル
窓口支援事例
【鹿児島県
知財総合支援窓口】
知財総合支援窓口活用のポイント
企業情報
株式会社ハマ製作所
所在地
鹿児島県南さつま市坊津町泊 8303
ホームページ URL
http://www.hama.co.jp
設立年
従業員数
窓口活用のきっかけ
同社はスマートフォンに内蔵するカメラレンズの組立装置を開発し、この業界におけるシ
1957 年
業 種
51 人
資本金
ェア拡大を計画しておられました。
製造業
4000 万円
企業概要
当社は、昭和 32 年東京都大田区で創業しました。当初は、ゲー
トカット機の製造が主でしたが、ニーズに対応して、各種自動化装
置を開発しながら様々な分野に進出し、現在は電気電子、自動車や
医療、食品工場向けの、産業用ロボット等を自社開発・製造販売し
ています。平成 3 年に坊津町に鹿児島工場を建設し、製造部門を集
約しております。
試行錯誤しながら開発したカメラレンズ組立装置の特徴部分を知的財産権で保護出来な
いか、また国内はもとよりカメラレンズの主要生産国である中国や台湾及び韓国での特許権
の取得が可能かを知りたいとのことで、当窓口に来訪されました。
最初の相談概要
同社は開発したスマホカメラレンズ組立装置の国内外への販売を展開する前に、本装置の
特徴である構造や機構を知的財産権として保護する必要性を認識され、特許化するための相
談に来訪されました。過去に特許出願の実績はありましたが、国内出願のみでした。
本装置は海外への展開も計画されており構造や機構も複雑な事から専門家の助言を提案
しました。
自社の強み
その後の相談概要
当社は、自社開発した各種装置を生産する工程の 90%以上を内製化で行えるため、得意
とするカスタマイズ化を生かし汎用性のある装置の製品化を実現させることができます。
また、常に時代の流れに柔軟に対応できる体制を整え、装置の安定性、操作性、生産性に
優れた高品質な自動化装置の開発、製品化も行うことができます。
このためにあらゆる顧客ニーズに満足して頂ける製品(光学機器
関連、射出成形機関連機器、電子部品関連機器、自動車関連機器等)
を製造し納入しております。
開発したスマホカメラレンズ組立装置の特徴部位や関連装置を、特許の観点で知財専門家
(弁理士)と分析・評価し、スマホカメラレンズ組立装置本体と関連システムが特許要件を
備えているとの事で、平成 25 年 8 月に 2 件の特許を出願されました。
スマホレンズ組立装置本体は、中国、韓国、台湾に優先権主張出願されています。
スマホレンズ組立装置本体は、平成 26 年 4 月に台湾へ1号機を販売されました。
窓口を活用して変わったところ
同社は海外展開して行くに際して輸出国に特許出願して自社製品を保護することが自社
防衛のみならず海外の取引先にも安心感を持ってもらえ、有利に海外展開できることを実感
されました。グローバル化に伴った事業展開には知的財産権の取り扱いが重要であるとの認
一押し商品
当社は、自社の強みを生かして高精度が要求されるスマートフォン用携帯カメラレンズ組
立装置を開発し製造販売しております。
スマートフォン用カメラレンズはミクロン単位の精度が求められますが、この技術を可能
にし、尚且つ、タクトにもこだわり、3 秒に 1 つのレンズを組み立てるといった高速化も
追及いたしました。また、ミクロン単位の精度検証を行えるために、当社では、精度検証機
械を導入しております。
識を強くされたと思われます。
これから窓口を活用する企業へのメッセージ
今回、知財総合支援窓口に相談するきっかけは、専門家に聞いた方が近道と考え相談しま
した。
的確なアドバイスを頂き、結果として特許出願まで行うことが出来ました。知財関係は、
この方面の知識がないとわかりにくいシステムなので、支援担当者(相談員)のアドバイス
を受けることが一番の近道であることがわかりました。お気軽にご相談されるのがよいと思
います。
窓口担当者から一言
(氏名:濵石
和人)
自社開発品を専門家に客観的に分析・評価してもらうことで 2 件の特許が抽出
できました。開発計画立案の時点から専門家を活用することで内容の深掘りが可
能となり、権利化の可能性も高くなると思われます。自社製品の保護策や権利化
の最短への道には専門家の活用をお勧めします。
Fly UP