...

報告書(pdf:148KB)

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

報告書(pdf:148KB)
タイ王国視察報告書
H19,10,04
訪問先 :チェンマイ・パヤオ・チェンライ・バンコク
訪問期間:H19 月 28 日(木)∼10 月 3 日(水)
1 日目(9/29)(チェンマイ県)
<・メーオン地区フーアイボン村に家庭訪問する。>
カレン族の織物で生計をたてており、製作に時間がかかるわりには、値段が安く、1日 100 バーツ
の貧しい日々を送っている。少しでも織物の価値をあげるために、足踏みミシンで綻ばないように縫い
物ができればよいと話していた。
母Aさん(30 歳)子ども(7 歳)小学校 2 年生の 2 人暮らしである。
父は HIV で死亡、母も HIV であり。体調が思わしくないため子どもが母の面倒をみている。
家は今にも壊れそうで雨漏りもひどい。村人が可哀相だと、寄付を集めてくれて補修をしてくれた。
<・サンカンペン地区フワイサーイ・ドイスィックビレッジ村>
村には、12 名のHIVで飼育グループと、縫製グ
ループ別れて収入を得ている。
グループの人は全員 HIV の患者である。
他に HIV で両親を亡くした子ども 16 名の世話も
している。
6名の縫製グループは足踏みミシンと一緒に仕事
を渡され、学生服のスカートを縫製している。
足踏みミシンは、借り物であり、自分たちのミシ
ンで、利益の高い仕事がしたいと話をしていた。
スカートの縫製も安い値段で作っているが、辞め
ると収入がなくなるので、続けるしかないと話しし
ていた。
<・チェンライの「ラックス・タイ」が活動しているホテルを見学>
女性たちが殆どで、スタッフ(正社員)とボランティア(非社員)のグループで構成されている。視
察したときには、HIV について討論会を行っており、どうやったら理解できるか、抑制できるかなどを
パワーポイントで使って行っていた。
活動を視察後、ラックス・タイの車で 3 時間車で走り、パヤオ県に移動
2 日目(9/30)(パヤオ県)
<・チェンカム村視察>
1 箇所目のグループは(エイズプロジェクト)を立ち上げており、かなりエイズに関しては村人の
理解が高い。
エイズの女性グループが医療センターの一角を借りて、センターを作っている。(事務所)
寄付されたミシンが 1 台ありフルに活用されていた。巾着、雑巾など完成したものは、町の祭りな
どで売られ、センターの活動費としている。
この地区には 20 名以上の感染者がおり、多くの子どもたちも多く感染している。
2 箇所目のグループは、ラッククス・タイの寄付で建てたアクテビィティーセンターを視察。
管理はエイズ患者の大人 2 名が世話をしている。
センターに来る集まる子どもたちは、エイズ患者はもちろん、普通の子ども混じって遊んでいる。
これは、エイズは普通の生活では感染しないと村の理解があるからである。
生活の貧しい子どもたちは、センターで足拭きマットを作っており、1 枚作るごとに、30 バーツもらっ
ていた。足踏みミシンがあれば、足踏みマットだけではなく、他の縫製技術も覚え収入になり家庭を助
けられる。とセンターの人は話していた。
<・ラックス・タイ、パヤオ事務局にて>
これからの足踏みミシン受入れ先、ミシンの関税問
題などを打ち合わせた。
学生を訪問させた際の問題点として、環境的に安全
であるか?食事、宿泊施設など、どの様にすればよい
かなどを討論する。
3 日目(10/1)(パヤオ県ムアン地区バンマイ村)
子どもファンド用にお寺の集会場を借りてセンターの運営を行っている。
バンマイ村でエイズ委員会の会長宅にミシンがあるとの話しで、自宅に訪問する。
また、他の宅にもミシンがあることがわかり訪問する。
古いミシンが各家庭に眠っているのがわかるが、修理する技術もなく、お金もないので、そのままに放
置されている。
足踏みミシンが関税の状況で搬入できない場合には、現地のミシンを修理し、その技術を村の子どもた
ちに伝授する方向も検討する。
視察途中、ラックス・タイが気にかけているおばあ
ちゃんと孫の 2 人暮らしの家を訪問。
両親をエイズで亡くし、遠い親戚の家を訪ね、この
村で古い家を借りて暮らしているが、親戚とのおり
合いが悪く、追い出されそうになっている。その村
の尊重が、あまりにも可哀相だと村人を集めボラン
ティアで家を立てていた。
4日目(10/2)(バンコク)
足踏みミシン輸送ルートを探るべく JTB バ
ンコク支店、日本大使館を訪問
<・JTB バンコク支店 W氏>
足踏みミシン1台とかであれば、引越しの荷
物として関税なしに持ち込めるが、台数が多く
なると、ビジネスとして捕らえられるので、関
税がかかる。
ミシンのほかでも同じであり、台数が多くなれ
ば、ビジネスとして発生するので、関税がかか
る。
バンコクには、ドゥアンプラティープ財団と大
きなボランティア団体があり、バンコクのスラ
ム街の子どもたちを対象に活動を行っているの
で、そちらにも問い合わせてみてはとのことで
ある。
<・日本大使館 1 等書記官 T氏>
大使館側としては、足踏みミシンの関税に関しては
一切関与できないとのことである。
他に、いろいろな情報を入手できた。
草の根無償という寄付金を各村などにおくる活動、ビ
ジネスにならないものであれば、関税がかからない。
例えば、消防自動車など、歯科医師会が歯の治療ボラ
ンティアでバンコクに来た際には、医師免許等のため、
日本大使館が動きタイとの医師免許の調整を行った事
例がある。しかし、歯ブラシを大量に持ち込んだ際に
は関税がかかり支払ったとのこと。
Fly UP