...

平成 24年度第 5 回理事会議事録 - NISA 長野県情報サービス振興協会

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

平成 24年度第 5 回理事会議事録 - NISA 長野県情報サービス振興協会
年 頭 のご 挨 拶
平 成25年
年頭所感
一般社団法人 長野県情報サービス振興協会 会 長 若
林 邦 彦
新年あけましておめでとうございます。
性の向上や、
新たな付加価値を生み出す商品や技術
旧年中はNI
SA運営に格段の御協力と御援助を賜
を提供していくことが急務と言えます。
りました事に、心からの御礼を申しあげます。本年も格
それには人真似ではないオリジナルの発想が無け
段の御協力をお願いいたします。
れば、従来の量的なビジネスからの脱却は不可能で
激動の平成24年を振り返りますと、戦後67年間の
す。京都の伝統的な企業は数多く作る投資より、
より高
澱みが、全ての分野に顕在化した年であったと思いま
価に売れる商品の制作に多くの時間と労力を割くと言
す。外交面では無防備な国防体制が近隣諸国の過
われております。
この事にはたくさんの教訓が含まれて
激な行動を誘発し、
また、年金制度の全面的な見直し
おります。真似を許さない伝承の技術に支えられてい
や高齢化に伴う諸制度の痛みを伴う改革に目を背け
ること、
そしてそれゆえに長寿命で有ること、私どものよ
てきた事などが、堰を切ったように今決断を迫られてい
うに日進月歩の業界には当てはまらない部分もあるかと
ます。政府も国民その場限りの対応を続けてきた事が
思いますが、量では無いと言う事はニッチな市場であ
悔やまれます。
ると言う事ですから、汎用性の高いルールに従う必要
これからの日本を持続可能な国家にするために、先
性はないと思うのです。各々の企業がお客様から必要
憂後楽の行動と思想が求められているのです。
ひるが
とされる企業を目指して様々なアプローチを駆使して行
えって現在の産業界も将に踊り場に立たされている状
くことが社員の生きがい、
そして地域の産業に貢献す
況にあります。多くの企業が未曾有の苦境に立たされ
る事に繋がっていくのではないでしょうか。
ております、我が国がかつてそのようであった如く新興
結びになりますが、本年はANIA
(全国地域情報団
国が的確な対応力を駆使して追い上げてきているか
体連合会)
の全国大会を長野市で開催することが決
らです。今しばらく苦難の時代が続くと考える方が良い
定いたしております。開催をする以上は御来場者に感
のでしょうか。言い古された言葉ですが、
量から質への
動と実績を体感いただける事を目標として、
頑張りたい
転換を図る産業構造の書き換えが不可欠な時代を迎
と存じますので宜しく御協力をお願いいたします。皆様
えていると言えます。
の御繁栄を心から念じて、年頭の御挨拶とさせていた
私ども情報産業も、
お客様に本当の意味での生産
だきます。
平成 年度第5回理事会議事録
NISA news
24
一般社団法人長野県情報サービス振興協会平成24年度第5回理事会が
11月28日に松本市美ヶ原温泉ホテル翔峰会議室にて開催されました。
【開催日時】平成24年11月28日㈬ 午後3時30分∼4時15分
【開催場所】松本市 美ヶ原温泉 ホテル翔峰会議室
【理事の現在数】
28名
【出席理事】若林邦彦、本橋良美、小山陽三、篠原一弘、愛甲宏明、渡辺周二、
西澤清一、小林壮太郎 赤堀明、清水誠一、渡辺正志、原勝敏、
土屋博之、小笠原俊彦、水野泰雄、吉澤隆一、丸茂覚、金井正一、
原田英寿(19名)
【出席監事】三井秀雄、田中寛(2名)
【欠席理事】神澤鋭二、青柳和男、小林克彦、赤沼正信、戸谷典孝、宮下千里、
久保田忠男、烏山昇、伊藤正敏(9名)
【同 席 者】 市川寛(顧問)、山田洋一(事務局)、NECソフト・山岸賢治(3名)
【議事内容】
1. 開会の辞……事務局山田
2. 若林会長挨拶
本日はご苦労さまです。第5回理事会ご出席有難うございます。忘年会を
兼ねての開催になります。宮崎のANIA大会に13名の方に参加していただ
きました。各県の中では一番多人数の参加となり、来年の意気込みを見せ
たのでは思います。長野大会の実行委員長水野理事のもと準備をしていき
たいと考えています。ご協力をお願いいたします。
日本経済の閉塞感が強まっていますが、日本は世界の中では一番堅調な
推移をしております。
人口は日本が世界で10位ですが、ビジネス(経済)は堅調です。新しいビ
ジネスモデルをしっかり作っていく時代が来たと思っております。会社のか
じ取りも難しい時代になってきたと実感しております。我々業界団体も下請
け構造からの脱却が大事であると思います。我々各社が持っているスキル、
ノウハウを共有しながら、もっと進んだ経営をしなければと思っております。
中国の経済がどうなるかも、
リスクの大きな要素になるかと思います。ある
意味では日本にとってチャンスになるのでは思います。来年、皆さん各社が
躍進の年になる事を念じてご挨拶にかえます。
1年間ご協力いただき有難う
ございました。
3. 議長選出……本橋良美(㈱富士通システムズ・イースト 長野支社)
4. 定数報告……事務局山田報告
理事28名中、出席理事19名で「第5回理事会は成立」報告する
5. 議 事
(本橋議長)それでは議事に入ります。本日は決議事項ありません。報告懇
談事項です。委員会報告で市場開発委員会お願いします。
(神澤委員長欠席のため吉澤理事)新事業開発研究事業は来月で30回開催
になります。研究会参加の中で2社ほど、北信ですがビークス(広告会社)、
ライフシード(通信関係)の会社がNISAに対して興味を持っていただき入
会を検討されていると聞いております。北信支部でサポートしていただきた
いと思います。
(産学官連携事業について事務局代理報告)信大との研究交流会「センシ
ティブネットワーク交流研究会」が12月13日に第1回交流研究会を開催する
ことになりました。参加企業は前回の「クラウド交流研究会」より少ないが
開催することになりました。会場は前回同様、信大工学部(長野)です。
(本橋議長)では次に人材開発委員会、私から報告します。
(本橋委員長)資料に沿ってNISA学園状況を報告。来週開催で終りになり
ます。PMP受験対策講座は中止にしましたが、これを除く6講座で95%の
参加になります。後、雇用採用事業については原副委員長から報告します。
(原副委員長)
2点報告します。信州上田地域合同企業ガイダンスについて
資料に沿って説明。平成25年2月8日㈮で予定。
12月下旬にご案内予定。も
う1点は、県内のIT業界の広報としてNISAニュースと一緒に会員企業の紹
介を掲載したペーパーを作成し、送付予定です。
(本橋議長)次は経営委員会お願いします。
(篠原委員長)経営委員会は2点報告します。経営委員会アンケートについ
てご協力有難うございました。結果については次年度の事業に活かしてい
きたいと思います。もう1点は経営委員会セミナーについてです。武井副委
員長にご苦労いただき、添付資料(案)の通り、来年1月25日㈮開催する予
定です。チラシ等まとまりましたら会員宛に発信いたします。
(本橋議長)次に地域情報化委員会お願いします。
(小山委員長)
12/1開催のセミナーのチラシに沿って説明。
26日に講師田
口さんと東京で最終の打合せをしました。
(三井さん、山岸さんと)集客に
NISA news
ついて是非協力をお願いいたします。詳細は山岸副委員長から報告します。
また、P連、高P連からは新年度の事業計画日程について新年度になる前に
教えてほしいとの要望があり、委員会で詰めて連絡したいと考えています。
(山岸副委員長)集客について北信支部の会員宛にお願いをしました。よろ
しくお願いします。締切は前日まで受付をいたします。また、当日の会場整
備、受付等のお手伝いについては地域情報化委員会の皆さんにお願いをい
たしました。尚、今回セミナーのパネリストの方の確定等が遅くなり集客の
動きが遅くなりご迷惑をおかけしましたがご協力お願いいたします。
(本橋議長)次に総務委員会お願いします。
(渡辺委員長)ANIA宮崎大会へは13名の方に参加いただきました。有難う
ございました。来年の長野大会の事も含めて水野理事(長野大会実行委員
長)から報告いたします。
(水野理事)NISAが全国で一番多く参加していただき有難うございました。
若林会長から壇上から決意を述べていただきました。ご協力をお願いいた
します。
12月になったらこの委員会を開催いたします。日程等は専務理事と
相談の上、ご連絡します。前回理事会でお願いいたしました「実行委員会の
組織図案を12月中にご連絡をお願いします。
(渡辺委員長)続いて関東経済産業局事業について水野理事から報告します。
(水野理事)添付資料に沿って報告。メールで中間報告しましたが、長野県
の製造業3社からヒアリングを実施し、現在報告書の取り纏め中です。関東
経済産業局から指名されて市川顧問が調査実施しました。まとまり次第、皆
様に報告いたします。
(渡辺委員長)地域観光イノベーション促進事業の報告です。
10月上旬に参
加企業の募集をいたしました。NISA会員から8社の参加希望があり、内容
吟味の結果、最終的に5社で鹿教湯温泉協同組合の事業を請けることにな
りました。NISAとしては会員企業の募集までで終わり、その後は鹿教湯温
泉協同組合から5社が直接受注という事で、現在各社で準備中です。開発費
約300万円。来年1月アップ、
2月に観光庁へ報告となります。
次に平成25年度の委員会、支部会の事業計画等の素案提出のお願いです。
1月上旬には事務局から記入シートを配布しますので、
2月上旬に提出をお
願いいたします。そして2/22理事会後の委員会で案を作成いただき、
3月
下旬に事務局へ提出してください。
4/12理事会で「総会資料」として審議
をしていただく予定です。
次にNISA NEWS82号の広告協賛、情報提供等のお願いです。よろしくお
願いします。
最後に㈶ハイパーネットワーク社会研究所主催、NISA後援の「情報モラル
啓発セミナー」への参加のお願いです。チラシに沿って説明。総務委員会は
以上です。
(本橋議長)次に支部長会お願いします。
(愛甲支部長会長)
10月19日に信大「先進植物工場」の見学会を実施し、
17名の参加がありました。有難うございました。
(本橋議長)次に支部会北信支部お願いします。
(愛甲支部長)
10月4日に正副支部長会開催し今後の事業推進について議
論しました。
10月17日に長野市ソフト協と共催でゴルフコンペ開催しNISA
から6名の参加がありました。
1月24日に北信支部例会を開催予定です。
(本橋議長)次に東信支部お願いします。
(渡辺支部長)
11月9、
10日上田地域産業展にNISAからも参加、出展しまし
た。
11月21日支部会を開催しボーリング大会を実施し、
14名の参加があり
ました。
(本橋議長)次に中信支部お願いします。
(丸茂支部長)
11月13日ボーリング大会を開催し、
42名の参加がありました。
1月に役員会、支部会開催を予定しております。
(本橋議長)次に南信支部お願いします。
(原田理事…鳥山支部長欠席のため)
12月に支部会を開催予定です。
(本橋議長)次にその他、事務局よりお願いします。
(事務局山田)理事会後の説明会開催、懇親会、年末年始休業の件、第6回
理事会・委員会開催等の件。
(渡辺専務理事)先程の正副会でも言い忘れましたが、ITコーデイネータ協
会からNISA会員として検討中との話がありました。相互会員制度のような
形で次のNISA理事会までには方向性を詰めて報告する予定です。
(セミナ
ー、研究会等)
(本橋議長)本日の理事会、これですべて終了します。ご協力有難うござい
ました。
6. 閉会の辞……事務局山田 クラウドの先へ。
未知の世界は、おもしろい−
図書館情報システム & コミュニケーションポータルサイト
ISO14001認証取得 ISO27001認証取得
プライバシーマーク付与認定
〒386-1211 長野県上田市リサーチパーク813-11 事業所/長野・岡谷・東京・群馬
TEL.0268-37-1500 FAX.0268-37-1588 http://www.annex-info.co.jp
Vol.82
2
3
Vol.82
Fly UP