...

Enocean_928.lib取扱説明書

by user

on
Category: Documents
674

views

Report

Comments

Transcript

Enocean_928.lib取扱説明書
ビルディングオートメーション用
ライブラリ
WAGO EnOcean ライブラリ用
ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
マニュアル
Ver. 1.5.1
最終アップデート 2016/04/27(日本語版)
2 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
Copyright © 2016 by WAGO COMPANY OF JAPAN, LTD.
All rights reserved.
ワゴ ジャパン 株式会社
東京都江東区亀戸1-5-7
日鐵NDタワー
電話: +81 (3) 5627 – 2050㈹
Fax: +81 (3) 5627 – 2055㈹
E-Mail: [email protected]
Web: http://www.wago.co.jp
テクニカルサポート
電話: +81 (3) 5627 – 2059
E-Mail: [email protected]
Web: http://www.wago.co.jp/io/
当マニュアルの刊行において、その正確性を確保するためにあらゆる措置が取られて
おりますが、万が一、誤りなどがございましたら下記連絡先までご連絡くださいますよう
お願い申し上げます。また、マニュアルをより向上させるためのアイデアなどをご提供
いただくことにつきましても、また幸いです。
E-Mail: [email protected]
当マニュアルに使用されておりますハードウェアおよびソフトウェアの社名を含む名称
ならびに登録商標の使用につきましては、各国の法律により保護されております。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 3
EnOcean_928.lib
目
次
1
重要事項 ...................................................................................................................... 5
2 EnOcean 機器プロファイル(EEP) ...................................................................... 6
2.1
EEP の構成............................................................................................................ 6
2.2
適切なファンクションブロックの決定方法 .................................................... 7
2.3
EnOcean 製造者 ID ............................................................................................... 8
3 通信ブロック ............................................................................................................ 10
3.1
EnOcean Radio Transceive (FbEnOcean_Gateway_ESP3)................................. 10
3.2
EnOcean Protocol Conversion (FbEnOcean_ERP2) ........................................... 12
3.3
Read Station Base ID (FbEnOcean_Read_IDBase)............................................. 13
3.4
Read Station Information (FbEnOcean_Read_Information) ............................... 14
3.5
Read Repeater Function (FbEnOcean_Read_Repeater) ...................................... 16
3.6
Write Repeater Function (FbEnOcean_Write_Repeater)..................................... 18
4 RPS 電文 .................................................................................................................... 20
4.1
F6: 未加工データ ............................................................................................... 20
4.1.1 F6-xx: Receive RPS Raw Data ............................................................................ 20
4.1.2 F6-xx: Send RPS Raw Data ................................................................................. 22
4.2
F6-02: Rocker Switch, 2 Rocker .......................................................................... 24
4.2.1 F6-02-04: Light and blind control ERP2.............................................................. 24
4.3
F6-04: ポジションスイッチ、住宅/オフィスアプリケーション .............. 26
4.3.1 F6-04-02: Key Card Activated Switch ERP2 ...................................................... 26
4.4
F6-10: Mechanical Handle ................................................................................... 28
4.4.1 F6-10-01: Window Handle ERP2 ........................................................................ 28
5 1BS 電文 ..................................................................................................................... 30
5.1
D5: 未加工データ............................................................................................... 30
5.1.1 D5-xx: Receive 1BS Raw Data ............................................................................ 30
5.1.2 D5-xx: Send 1BS Raw Data................................................................................. 32
5.2
D5-00: Contacts and Switches ............................................................................. 34
5.2.1 D5-00-01: Single Input Contact ........................................................................... 34
6 4BS 電文 ..................................................................................................................... 36
6.1
A5: 未加工データ............................................................................................... 36
6.1.1 A5-xx: Receive 4BS Raw Data ............................................................................ 36
6.1.2 A5-xx: Send 4BS Raw Data................................................................................. 38
6.1.3 A5-xx: Send/Receive 4BS Raw Data ................................................................... 40
6.2
A5-02: 温度センサ ............................................................................................. 43
6.2.1 A5-02-xx: Temperature Sensor ............................................................................ 43
6.3
A5-04: 温湿度センサ ......................................................................................... 45
6.3.1 A5-04-xx: Temperature and Humidity Sensor ..................................................... 45
6.4
A5-05: 大気圧センサ ......................................................................................... 47
6.4.1 A5-05-xx: Barometric Sensor .............................................................................. 47
6.5
A5-06: 照度センサ ............................................................................................. 49
6.5.1 A5-06-xx: Light Sensor ....................................................................................... 49
6.6
A5-07:人感センサ .............................................................................................. 51
6.6.1 A5-07-xx: Occupancy Sensor .............................................................................. 51
6.7
A5-08: 照度/温度/人感センサ ..................................................................... 53
6.7.1 A5-08-xx: Light, Temperature and Occupancy Sensor........................................ 53
6.8
A5-09: ガスセンサ ............................................................................................. 55
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
4 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
6.8.1
6.8.2
6.8.3
6.8.4
6.8.5
6.8.6
6.8.7
6.8.8
6.8.9
6.9
6.9.1
6.10
6.10.1
6.10.2
6.10.3
6.10.4
6.10.5
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
A5-09-02: CO Sensor .......................................................................................... 55
A5-09-04: CO 2 Sensor......................................................................................... 57
A5-09-05: VOC Sensor........................................................................................ 59
A5-09-06: Radon Sensor...................................................................................... 61
A5-09-07: Particle Sensor .................................................................................... 63
A5-09-08: Pure CO 2 Sensor ................................................................................ 65
A5-09-09: Pure CO 2 Sensor with Power Failure Detection ................................ 67
A5-09-0A: Hydrogen Sensor ............................................................................... 69
A5-09-0B: Radioactivity Sensor .......................................................................... 71
A5-12:スマートメータ ...................................................................................... 73
A5-12-xx: Automated Meter Reading (AMR)..................................................... 73
A5-30: デジタル入力 ......................................................................................... 75
A5-30-01: Single Input Contact, Battery Monitor ......................................... 75
A5-30-02: Single Input Contact ..................................................................... 77
A5-30-03: 4 Digital Inputs, Wake and Temperature...................................... 79
A5-30-04: 3 Digital Inputs, 1 Digital Input 8 Bits ......................................... 81
A5-30-05: Single Input Contact, Retransmission, Battery Monitor ............... 83
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 5
EnOcean_928.lib
1 重要事項
本書が対象とするユニット類のインストールおよびスタートアップを迅速に行うために、
以下の情報と説明を十分に読んで理解し、その内容を順守してください。
1.1 著作権
本書は図表を含めてすべて著作権で保護されています。本書に明記された著作権条
項に抵触する使用は禁じられています。複製、翻訳、電子的手段または複写による保
存および修正を行うには、ワゴジャパン株式会社 の同意書が必要です。これに違反し
た場合、当社には損害賠償を請求する権利が生じます。
ワゴジャパン株式会社は、技術の進展に合わせて改変を行う権利を保有します。特許
または実用新案による法的保護を受けている場合、ワゴジャパン株式会社はすべての
権利を保有します。なお、他社製品については、常にそれらの製品名の特許権につい
て記載しません。ただし、それらの製品に関する特許権等を除外するものではありませ
ん。
1.2 使用者の資格基準
本書で説明する製品は、PLC プログラミングの資格を有する技術者、電気機器の専門
技術者、または適用規格を熟知している電気機器の専門技術者の指導を受けた者が
必ず操作してください。不適切な作業による損害、または本書の内容を順守しないため
に発生したワゴ製品および他社製品の損害について、ワゴジャパン株式会社は一切の
責任を負いかねますのでご了承ください。
1.3 用 途
使用されるコンポーネントは各用途に応じて、専用のハードウェアおよびソフトウェアコ
ンフィグレーションで動作するようになっています。変更する場合は、必ず本書や各取
扱説明書で記述された範囲内で行ってください。ハードウェアやソフトウェアに対してそ
れ以外の変更を加えた場合や、コンポーネントが規格に準じて使用されなかった場合
は、ワゴジャパン株式会社の責任範囲外となりますのでご注意ください。
改造版および/または新規のハードウェアまたはソフトウェアコンフィグレーションに関
する要件については、ワゴジャパン株式会社まで直接お問い合わせください。
1.4 適用範囲
このマニュアルは、WAGO-I/O-SYSTEM 750 シリーズのハードウェア/ソフトウェア、
および対応する資料を元に作成されています。
取り扱い方法は 750 シリーズのマニュアルに記述されていますので、このマニュアルは
適切なマニュアルと組み合わせてお読みください。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
6 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
2 EnOcean 機器プロファイル(EEP)
EnOcean技術に基づいたデバイスの相互運用性は、標準化された通信プロファイル
(EnOcean Equipment Profile, EEP)によって確保されています。このように、例えば、
あるデバイスメーカのセンサは他のメーカの受信ゲートウェイと通信する事ができます。
この標準規格は https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/よりダウン
ロードする事ができます。
2.1 EEP の構成
EEP 2.0:
ORG
FUNC
TYPE
EEP 2.5:
RORG
FUNC
TYPE
00 ... FF
00 ... 3F
00 … 7F
8 bit
6 bit
7 bit
Range (hex):
表 1:EEP の構成
1 つの EEP は 3 つのフィールドで構成されています。
1.
“RORG“ および “ORG” :
無線電文タイプ
2.
“FUNC” :
データ項目の基本機能
3.
“TYPE” :
デバイスタイプのプロパティ
これらフィールド値は 16 進数値で表示し、数値レンジは利用可能なビットで制限されて
います(上記参照)。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 7
EnOcean_928.lib
2.2 適切なファンクションブロックの決定方法
WAGO のファンクションブロック(以下 FB)は、3 章から記載されている EnOcean 技
術に基づいたデバイスと通信する際に使用します。FB の名称は使用する EEP 番号を
表しています。EEP 2.0 と EEP 2.5 は同じデータコードを持っています。しかし、
EnOcean_928.lib の中のファンクションブロックは、全て EEP 2.5 の名称に統一してい
ます。“bType“ へ入力する値は “TYPE“ 番号を入力してください(図 2 参照)。
図 2:EEP A5-02-01 の温度センサ
新規格の EEP 2.5 では、電文タイプ “ORG“ から “RORG“ に切り替わっています。
Telegram
RPS
1BS
4BS
VLD
MSC
ADT
SM_LRN_REQ
SM_LRN_ANS
SM_REC
SYS_EX
SEC
SEC_ENCAPS
表 2:RORG 番号
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
RORG
F6
D5
A5
D2
D1
A6
C6
C7
A7
C5
30
31
ORG
05
06
07
←
←
←
←
←
←
←
←
←
Description
Repeated Switch Communication
1 Byte Communication
4 Byte Communication
Variable Length Data
Manufacturer Specific Communication
Adressing Destination Telegram
Smart Ack Learn Request
Smart Ack Learn Answer
Smart Ack Reclaim
Remote Management
Secure telegram
Secure telegram with R-ORG encapsulation
8 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
2.3 EnOcean 製造者 ID
以下に記載された製造者 ID を FB の入力 “wManufactuer_ID“ に割り当てます。こ
の番号はいくつかのデバイスでは異なる事があります。使用する前には必ず各デバイ
スの取扱説明書を参照ください。
メーカ名
Peha
Thermokon
Servodan
EchoFlex Solutions
AWAG Elektrotechnik AG (Omnio)
Hardmeier electronics
Regulvar Inc.
Ad Hoc Electronics
Distech Controls
Kieback&Peter
EnOcean GmbH
PROBARE, ViCOS GmbH
Eltako
Leviton
Honeywell
Spartan Peripheral Devices
Siemens
T-Mac
Reliable Controls Corp.
Elsner Elektronik GmbH
Diehl Controls
BSC Computer
S+S Regeltechnik GmbH
Masco Corporation
Intesis Software SL
Viessmann
Lutuo Technology
CAN2GO
Sauter
Boot-up
Osram Sylvania
Unotech
Delta Controls Inc.
Unitronic AG
NanoSense
The S4 Group
Viessmann Hausautomation GmbH
GE
Maico
Ruskin Company
Magnum Energy Solutions
KMC Controls
Ecologix Controls
Trio2Sys
Afriso-Euro-Index
Waldmann GmbH & Co. KG
pending
NEC Platforms, Ltd.
ITEC Corporation
SIMICX Co. Ltd.
permundo GmbH
EUROtronic Technology GmbH
ART Japan Co. Ltd.
表 3:製造者 ID (V1.2.3 – Jan 10, 2016)
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
国
Germany
Germany
Denmark
Canada
Switzerland
USA
USA
France
Germany
Germany
Austria
Germany
USA
UK
Canada
Switzerland
UK
Canada
Germany
Germany
Germany
Germany
USA
Spain
Germany
China
Canada
Switzerland
Switzerland
USA
Danmark
Canada
Germany
France
USA
Germany
Germany
USA
USA
USA
France
Germany
Germany
Japan
Japan
Japan
Germany
Germany
Japan
製造者 ID
16#001
16#002
16#003
16#004
16#005
16#006
16#007
16#008
16#009
16#00A
16#00B
16#00C
16#00D
16#00E
16#00F
16#010
16#011
16#012
16#013
16#014
16#015
16#016
16#017
16#018
16#019
16#01A
16#01B
16#01C
16#01D
16#01E
16#01F
16#020
16#021
16#022
16#023
16#024
16#025
16#026
16#027
16#028
16#029
16#02A
16#02B
16#02C
16#02D
16#02E
16#02F
16#030
16#031
16#032
16#033
16#034
16#035
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 9
EnOcean_928.lib
メーカ名
TIANSU Automation Control System Co. Ltd.
Weinzierl Engineering GmbH
Gruppo Giordano, Idea s.p.a.
alphaEOS AG
TAG technologies
Wattstopper
Pressac Communications Ltd.
pending
GIGA-concept
sensortec AG
Jaeger Direkt
Air System Components Inc.
ERMINE Corp.
SODA GmbH
ZENO Controls, LLC
EKE-Automation Oy
Holter Regelarmaturen GmbH & CO. KG
ID-RF
DEUTA Controls GmbH
Ewattch
Micropelt GmbH
Caleffi Spa.
Digital Concepts GmbH
Emerson Climate Technologies
ADEE electronic
ALTECON srl
Nanjing Putian Telecommunications Co., Ltd.
Terralux
menred
iEXERGY GmbH
Oventrop GmbH & Co. KG
Building Automation Products, Inc.
Functional Devices, Inc.
OGGA
itho daalderop
Multi user
表 3:製造者 ID (V1.2.3 – Jan 10, 2016)
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
国
China
Germany
Italy
Germany
France
USA
UK
France
Switzerland
Germany
USA
Japan
Germany
USA
Finland
Germany
France
Germany
France
Germany
Italy
Germany
USA
France
Italy
China
USA
China
Germany
Germany
USA
USA
France
The Netherlands
製造者 ID
16#036
16#037
16#038
16#039
16#03A
16#03B
16#03C
16#03D
16#03E
16#03F
16#040
16#041
16#042
16#043
16#018
16#044
16#045
16#046
16#047
16#048
16#049
16#04A
16#04B
16#04C
16#04D
16#04E
16#04F
16#050
16#051
16#052
16#053
16#054
16#055
16#056
16#057
16#7FF
10 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
3 通信ブロック
3.1 EnOcean Radio Transceive (FbEnOcean_Gateway_ESP3)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOcean_Gateway_ESP3
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
使用ライブラリ:
SerComm.lib
Serial_Interface_01.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
bCOM_PORT
BYTE
使用する RS485 インターフェース番号
16#00: オンボードインターフェイス(例えば、750-873)
16#01: サービスインターフェース
16#02: 1 番目の RS485 モジュール
16#03: 2 番目の RS485 モジュール
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2_E
SP3
typEnOcean_ERP2
EnOcean ESP3 の入出力データ
_ESP3
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xReady
BOOL
通信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: エラーなし
16#01: ファームウェア未対応
16#02: COM ポート有効エリア外
16#03: インスタンスにおいて COM ポート未割当
16#04: インスタンスにおいて COM ポート異割当
16#05: COM ポートが既に開かれている
16#06: COM ポートが既に閉じられている
16#07: COM ポートが開かれていない
16#08: 書込作業が既に実行中(COM1)
16#09: 送信パラメータ COM ポート未対応
16#0A: バスモジュール現設定読込不可能
16#0B: 通信パラメータ一時設定未対応
16#0C: バスモジュール初期化不可能
16#0D: バスモジュール FIFO メモリデータ書込エラー
16#0E: FIFO メモリ内容送信不能(連続送信)
16#0F: 内部エラー
idBm
INT
受信信号強度(RSSI 値、単位:dBm)
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 11
EnOcean_928.lib
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOcean_Gateway_ESP3 は、EnOcean 無線プロトコル使った双方向
通信をおこなう WAGO 製ゲートウェイ EN-GW-928-A とのリンクを構成します。
フィールドバスコントローラは、接続された RS485 モジュールのポート番号を検知し割り当てます。750-873
などコントローラ搭載の RS485 インターフェースは COM0、コントローラのサービスポートは COM1、コント
ローラに一番近い左隣の RS485 モジュール(例:750-652)は COM2 です。
FB に適切な RS485 モジュールアドレスを定義するために、対応するポート番号を入力パラメータ
“bCOM_PORT “ に定数を入力します。(例:COM2 = “2“)
入出力変数 “typEnOcean_ESP3“ には受信した全ての無線電文、および送信された全ての無線電文の関
連データが入り、出力変数は他の FB にてさらに処理するために使用する事ができます。
FB とゲートウェイとの通信処理がおこなわれている間、出力変数 “xReady” は FALSE となります。
出力変数 “bError“ にエラーコードを表示します。
ゲートウェイが有効な電文を受信するたびに、出力変数 “idBm” に受信強度(RSSI 値)が表示されます。
注意:
WAGO 製 EnOcean ゲートウェイ EN-GW-928-A は RS485 モジュール(750-652)をインターフェースとして
使用します。この FB は RS485 モジュールを以下パラメータにコンフィグレーションします。
ボーレート:
データビット:
ストップビット:
パリティ:
二重通信方式:
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
57600
8
1
なし(None)
半二重
12 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
3.2 EnOcean Protocol Conversion (FbEnOcean_ERP2)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOcean_ERP2
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ESP3
typEnOcean_ESP3
EnOcean ESP3 の入出力データ
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xReady
BOOL
通信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#01: 不明なエラー
16#02: サポートしていない機能
16#03: コマンドに間違ったパラメータあり
16#04: 操作拒否
例:メモリアクセス拒否(コーディング保護)
16#05: デューティーサイクル停止
16#06: この電文を扱うためには、デバイス内部の
ESP3 サーバが小さすぎる。
16#07: 現在全ての内部バッファを使用中
16#80~: 特別なエラー情報 or 未使用
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB) FbEnOcean_ERP2 は、 EnOcean Serial Protocol 3 (ESP3 protocol) と
と EnOcean Radio Protocol 2 (ERP2 protocol)との間でデータを変換します。
入力パラメータ “typEnOcean_ESP3“ にて ESP3 フォーマットに EnOcean データを入力します。
入力パラメータ “typEnOcean_ERP2“ にて ERP2 フォーマットに EnOcean データを入力します。
入出力変数 “typEnOcean_ERP2“ には受信した全ての無線電文、および送信された全ての無線電文の
関連データが入り、出力変数は他の FB にてさらに処理するために使用する事ができます。
ESP3 フォーマットと ERP2 フォーマットとの間の変換処理(ERP2⇔ESP3)がおこなわれている間、出力変
数 “xReady” は FALSE となります。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 13
EnOcean_928.lib
3.3 Read Station Base ID (FbEnOcean_Read_IDBase)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOcean_Read_IDBase
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xRead
BOOL
Base ID 問い合わせ
typEnOcean_ESP3
typEnOcean_ESP3
EnOcean ESP3 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xReady
BOOL
通信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#01: 不明なエラー
dwID_Base
DWORD
ゲートウェイの Base ID
bWriteLeft
BYTE
Base IDの書き換え残り回数
ブロック図:
機能解説:
WAGO 製ゲートウェイ EN-GW-928-A は 4 バイト長の Base ID を持っています。
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOcean_Read_IDBase を使って、この Base ID を問い合わせます。
“xRead” に立ち上がりパルスを入力すると、ゲートウェイの Base ID を読み込み、”dwID_Base” に表示し
ます。この BaseID は書き換え回数に制限があり、その残り回数を出力変数 “bWriteLeft” に表示します。
入出力変数 “typEnOcean_ESP3“ には受信した全ての無線電文の関連データが入ります。プログラム内
で使用される他の FB はこの変数を介して相互にリンクされます。
FB実行中 "xReady" はFALSE、完了すると “xRead” をFALSE、 “xReady” をTRUEにします。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
14 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
3.4 Read Station Information (FbEnOcean_Read_Information)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOcean_Read_Information
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xRead
BOOL
Information 問い合わせ
typEnOcean_ESP3
typEnOcean_ESP3
EnOcean ESP3 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xReady
BOOL
通信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#01: 不明なエラー
dwApplicationVersion
DWORD
アプリケーションバージョン
dwInterfaceVersion
DWORD
プログラミングインターフェースバージョン
dwChipID
DWORD
EnOcean チップ固有の EnOcean ID
dwChipVersion
DWORD
EnOceanチップバージョン
sApplicationDescription
STRING(17)
アプリケーション解説
16 文字 + “Null”
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOcean_Read_Information を使ってゲートウェイ EN-GW-928-A の
各種情報を読む事ができます。
“xRead” に立ち上がりパルスを入力すると、ゲートウェイの Information を読み込みします。
入出力変数 “typEnOcean_ESP3“ には受信した全ての無線電文の関連データが入ります。プログラム内
で使用される他の FB はこの変数を介して相互にリンクされます。
FB実行中 "xReady" はFALSE、完了すると “xRead” をFALSE、 “xReady” をTRUEにします。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 15
EnOcean_928.lib
“dwApplicationVersion“ : EnOcean ゲートウェイのアプリケーションバージョン
Byte 1: Main version
Byte 2: Beta version
Byte 3: Alpha version
Byte 4: Build
“dwInterfaceVersion“ : EnOcean ゲートウェイのプログラミングインターフェースバージョン
Byte 1: Main version
Byte 2: Beta version
Byte 3: Alpha version
Byte 4: Build
“dwChipID“ : EnEnOcean ゲートウェイのチップ固有の ID
“dwChipVersion“ : EnOcean ゲートウェイのチップバージョン
“sApplicationDescription“ : EnOcean ゲートウェイのアプリケーション解説 (16 文字 / ASCII + “Null” )
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
16 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
3.5 Read Repeater Function (FbEnOcean_Read_Repeater)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOcean_Read_Repeater
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xRead
BOOL
リピータ問い合わせ
typEnOcean_ESP3
typEnOcean_ESP3
EnOcean ESP3 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xReady
BOOL
通信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#01: 不明なエラー
bRepeater_Enable
BYTE
リピータステータス
0: OFF
1: ON all
2: ON filtered
bRepeater_Level
BYTE
リピータレベル
0: OFF,
1: Level-1
2: Level-2
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOcean_Read_Repeater を使って ゲートウェイ EN-GW-928-A のリ
ピータ機能を読む事ができます。
“xRead” に立ち上がりパルスを入力すると、ゲートウェイのリピータ情報を読みます。
入出力変数 “typEnOcean_ESP3“ には受信した全ての無線電文の関連データが入ります。プログラム内
で使用される他の FB はこの変数を介して相互にリンクされます。
FB実行中 "xReady" はFALSE、完了すると “xRead” をFALSE、 “xReady” をTRUEにします。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
“bRepeater_Enable“ リピータステータス
0: Repeater OFF,
1: Repeat All,
2: Repeat Filtered
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 17
EnOcean_928.lib
“bRepeater_Level “ リピータレベル
0: Repeater OFF,
1: Repeater Level-1
2: Repeater Level-2
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
18 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
3.6 Write Repeater Function (FbEnOcean_Write_Repeater)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOcean_Write_Repeater
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
bRepeater_Enable
BYTE
リピータステータス
0: OFF
1: ON all
2: ON filtered
bRepeater_Level
BYTE
リピータレベルl
0: OFF
1: Level-1
2: Level-2
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xWrite
BOOL
リピータ問い合わせ
typEnOcean_ESP3
typEnOcean_ESP3
EnOcean ESP3 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xReady
BOOL
通信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#02: サポートしていない機能
16#03: コマンドに間違ったパラメータあり
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOcean_Read_Repeater を使って ゲートウェイ EN-GW-928-A のリ
ピータ機能を書き込みます。
“bRepeater_Enable“ リピータステータス
0: Repeater OFF,
1: Repeat All,
2: Repeat Filtered
“bRepeater_Level “ リピータレベル
0: Repeater OFF,
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 19
EnOcean_928.lib
1: Repeater Level-1,
2: Repeater Level-2
“xWrite” に立ち上がりパルスを入力すると、ゲートウェイのリピータ機能を書き込みします。
入出力変数 “typEnOcean_ESP3“ には受信した全ての無線電文の関連データが入ります。プログラム内
で使用される他の FB はこの変数を介して相互にリンクされます。
FB実行中 "xReady" はFALSE、完了すると “xWrite” をFALSE、 “xReady” をTRUEにします。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
20 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
4 RPS 電文
4.1 F6: 未加工データ
4.1.1 F6-xx: Receive RPS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_F6xxxx_RPS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xUpdate
BOOL
新しいデータ
bDataByte
BYTE
データバイト
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_F6xxxx_RPS は、RPS の電文を評価します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 21
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットしますと 出力をリセット
します。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(F6-xx-xx)を含ん
だ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると“x
Learn” は自動的に FALSE となります。
この FB は、”dwID” に入力した番号と電文に含まれたセンサ ID 番号が同じと判断すると処理します。その
結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
”xUpdate” は.有効なデータ電文が受信されると TRUE となります。
受信したデータバイト値は ”bDataByte” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
22 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
4.1.2 F6-xx: Send RPS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanSend_F6xxxx_RPS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
dwID
DWORD
ゲートウェイの局アドレス
bDataByte
BYTE
データバイト
tMinSendTime
TIME
送信時間最小値
デフォルト=t#1s
tRepetitionTime
TIME
繰り返し時間値
デフォルト=T#0s=Off
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xUpdate
BOOL
イニシャル電文アップデート
xLearn
BOOL
学習モード実行
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xBusy
BOOL
送信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#01: 不明なエラー
16#02: サポートしていない機能
16#03: コマンドに間違ったパラメータあり
ブロック図:
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 23
EnOcean_928.lib
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanSend_F6xxxx_RPS は、RPS の EnOcean 無線電文のデー
タバイトを変換し、ゲートウェイへ送信します。
”dwID” は、無線電文の伝送器 ID を入力します。それぞれの EnOcean 伝送ブロックは固有 ID でなければ
なりません。伝送器 ID の設定範囲は、いわゆるゲートウェイの局アドレスによって指定されます。ゲートウェ
イの局アドレスは FB: FbEnOcean_Read_IDBase を使って決める事ができます。
ゲートウェイの局アドレス設定に関連し、127 個の無線コマンドがマスタにより送信されます。これらから、
“dwID” のレンジは局アドレスが基本となります(例:局アドレス 16#FFFFFF80 ⇒ 16#FFFFFF81 …
16#FFFFFFFF)。
“bDataByte” の値を変更すると無線電文(RPS)の送信に影響が出ます。
電文送信の最小時間間隔は、“tMinSendTime” を使ってに定義します。この間隔は送信トラフィックを周期
的変化信号にて減少させる事ができます。よって、周期的変化信号により、電文負荷を減らす事ができます。
“tRepetitionTime” に値を設定すると同じ電文をその時間[s]送信する事ができます。この値が小さいほど
電文負荷は高くなります。
“xUpdate” を立ち上げると強制的に送信をおこなう事もできます。送信周期はこの方法に制限されます。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(F6-xx-xx)を含ん
だ電文が送信されるます。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて送信する
全ての EnOcean 電文を入出力信号として利用する事ができます。
このFBとゲートウェイ間で通信処理中の時は “xBusy” がTRUEとなります。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
24 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
4.2 F6-02: Rocker Switch, 2 Rocker
4.2.1 F6-02-04: Light and blind control ERP2
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_F60204_RPS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xButton_AO
BOOL
出力信号 AO
xButton_AI
BOOL
出力信号 AI
xButton_BO
BOOL
出力信号 BO
xButton_BI
BOOL
出力信号 BI
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
コメント:
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 25
EnOcean_928.lib
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_ F60204_RPS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) F6-02-04 の 2 チャンネルタッチセンサの無線電文を変換します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら ”xError” が TRUE となり 出力をリセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(F6-02-04)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
出力信号(”xButton_AO” … “xButton_BI”)は 4 つの接点グロメットに対応しておりボタンを押すと TRUE
にセットされます。
チャンネル A
チャンネル B
接点
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
26 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
4.3 F6-04: ポジションスイッチ、住宅/オフィスアプリケーショ
ン
4.3.1 F6-04-02: Key Card Activated Switch ERP2
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_F60402_RPS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xCardState
BOOL
TRUE: カードキー挿入
FALSE: カードキー抜き取り
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_ F60402_RPS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) F6-04-02 の Key Card Activated Switch の無線電文を変換します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットしますと 出力をリセット
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 27
EnOcean_928.lib
します。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(F6-04-02)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“xCardState” はカードキーの状態を表示します。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
28 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
4.4 F6-10: Mechanical Handle
4.4.1 F6-10-01: Window Handle ERP2
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_F61001_RPS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xHandle_Horizontal
BOOL
ハンドル/ロータリースイッチが中間位置
xHandle_Up
BOOL
ハンドル/ロータリースイッチが上端位置
xHandle_Down
BOOL
ハンドル/ロータリースイッチが下端位置
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_ F61001_RPS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) F6-10-01 のウィンドウハンドルの無線電文を変換します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 29
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットしますと 出力をリセット
します。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(F6-10-01)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
“xCardState” はカードキーの状態を表示します。
ハンドルが中間ポジションの時は、“xHandle_Horizontal” が TRUE となります。
ハンドルが上端ポジションの時は、“xHandle_Up” が TRUE となります。
ハンドルが下端ポジションの時は、“xHandle_Down” が TRUE となります。
上端ポジション
中間ポジション
下端ポジション
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
30 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
5 1BS 電文
5.1 D5: 未加工データ
5.1.1 D5-xx: Receive 1BS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_D5xxxx_1BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xUpdate
BOOL
新しいデータ
bDataByte
BYTE
データバイト
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_D5xxxx_1BS は、1BS の電文を評価します。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットしますと 出力をリセット
します。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(D5-xx-xx)を含ん
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 31
EnOcean_928.lib
だ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると “x
Learn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入出力信号として利用する事ができます。
”xUpdate” は有効なデータ電文が受信された時に TRUE となります。
受信したデータバイト値は ”bDataByte” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
32 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
5.1.2 D5-xx: Send 1BS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanSend_D5xxxx_1BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
dwID
DWORD
ゲートウェイの局アドレス
bDataByte
BYTE
データバイト
tMinSendTime
TIME
送信時間最小値
デフォルト=t#1s
bSendOnDelta
BYTE
送信データのヒステリシス
デフォルト=1
tRepetitionTime
TIME
繰り返し時間値
デフォルト=Off
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xUpdate
BOOL
イニシャル電文アップデート
xLearn
BOOL
学習モード実行
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xBusy
BOOL
送信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#02: サポートしていない機能
16#03: コマンドに間違ったパラメータあり
ブロック図:
機能解説:
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 33
EnOcean_928.lib
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanSend_D5xxxx_1BS は 1BS の EnOcean 無線電文のデータ
バイトを変換し、ゲートウェイへ送信します。
”dwID” は、無線電文の伝送器 ID を入力します。それぞれの EnOcean 伝送ブロックは固有 ID でなければ
なりません。伝送器 ID の設定範囲は、いわゆるゲートウェイの局アドレスによって指定されます。ゲートウェ
イの局アドレスは FB: FbEnOcean_Read_IDBase を使って決める事ができます。
ゲートウェイの局アドレス設定に関連し、127 個の無線コマンドがマスタにより送信されます。これらから、
“dwID” のレンジは局アドレスが基本となります(例:局アドレス 16#FFFFFF80 ⇒ 16#FFFFFF81 …
16#FFFFFFFF)。
“bDataByte” の値を変更すると無線電文(1BS)の送信に影響が出ます。 “bDataByte.3”は LRN_Bit で
す、つかえないでください
電文送信の最小時間間隔は、“tMinSendTime” を使ってこの FB に定義します。この間隔は送信トラフィッ
クを周期的変化信号にて減少させる事ができます。よって、周期的変化信号により、電文負荷を減らす事が
できます。
“bSendOnDelta” には無線電文を送信するために “bDataByte” にどれだけの値に変更するかを指定し
ます。送信周期はこの方法で制限されます。
“tRepetitionTime” に値を設定すると同じ電文をその時間[s]送信する事ができます。この値が小さいほど
電文負荷は高くなります。
“xUpdate” を立ち上げると強制的に送信をおこなう事もできます。送信周期はこの方法に制限されます。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(D5-xx-xx)を含ん
だ電文が送信されます。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて送信する全
ての EnOcean 電文を入出力信号として利用する事ができます。
このFBとゲートウェイ間で通信処理中の時は “xBusy” がTRUEとなります。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
34 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
5.2 D5-00: Contacts and Switches
5.2.1 D5-00-01: Single Input Contact
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_D50001_1BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xContact
BOOL
TRUE: 接点クローズ
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_D50001_1BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) D5-00-01 のデジタルスイッチ接点を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(D5-00-01)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 35
EnOcean_928.lib
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“xContact” は接点の状態を表示します。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
36 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
6 4BS 電文
6.1 A5: 未加工データ
6.1.1 A5-xx: Receive 4BS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A5xxxx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、FUNC 番号、TYPE 番
号、製造者 ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bFunc
BYTE
FUNC 番号
bType
BYTE
TYPE 番号
wManufacturerID
WORD
製造者 ID
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xUpdate
BOOL
新しいデータ
bDataByte3
BYTE
データバイト DB_3
bDataByte2
BYTE
データバイト DB_2
bDataByte1
BYTE
データバイト DB_1
bDataByte0
BYTE
データバイト DB_0
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 37
EnOcean_928.lib
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A5xxxx_4BS は、4BS の電文を評価します。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットしますと 出力をリセット
します。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-xx-xx)を含ん
だ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, FUNC 番号が “bFunc”,
TYPE 番号が “bType”, 製造者 ID が “WManufacturer_ID” に記入されます。完了すると “xLearn” は自
動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bFunc” はデバイス機能(FUNC)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入力します。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入力します。
“wManufacturer_ID” に製造者 ID をセットします(2.6 章参照)。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入出力信号として利用する事ができます。
“xUpdate” を立ち上げると強制的に送信をおこなう事もできます。送信周期はこの方法に制限されます。
受信したデータバイト値(DB_3 … 0)は ”bDataByte3 … 0” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
38 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
6.1.2 A5-xx: Send 4BS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanSend_A5xxxx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
dwID
DWORD
ゲートウェイの局アドレス
bFunc
BYTE
FUNC 番号
bType
BYTE
TYPE 番号
wManufacturerID
WORD
製造者 ID
bDataByte3
BYTE
データバイト DB_3
bDataByte2
BYTE
データバイト DB_2
bDataByte1
BYTE
データバイト DB_1
bDataByte0
BYTE
データバイト DB_0
tMinSendTime
TIME
送信時間最小値
デフォルト=t#1s
bSendOnDelta
BYTE
送信データのヒステリシス
デフォルト=1
tRepetitionTime
TIME
繰り返し時間値
デフォルト=Off
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xUpdate
BOOL
イニシャル電文アップデート
xLearn
BOOL
学習モード実行
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xBusy
BOOL
送信ステータス
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#02: サポートしていない機能
16#03: コマンドに間違ったパラメータあり
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 39
EnOcean_928.lib
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanSend_A5xxxx_4BS は、4BS の EnOcean 無線電文のデー
タバイトを変換し、ゲートウェイへ送信します。
”dwID” は、無線電文の伝送器 ID を入力します。それぞれの EnOcean 伝送ブロックは固有 ID でなければ
なりません。伝送器 ID の設定範囲は、いわゆるゲートウェイの局アドレスによって指定されます。ゲートウェ
イの局アドレスは FB: FbEnOcean_Read_IDBase を使って決める事ができます。
ゲートウェイの局アドレス設定に関連し、127 個の無線コマンドがマスタにより送信されます。これらから、
“dwID” のレンジは局アドレスが基本となります(例:局アドレス 16#FFFFFF80 ⇒ 16#FFFFFF81 …
16#FFFFFFFF)。
“bFunc” はデバイス機能(FUNC)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入力します。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入力します。
“wManufacturer_ID” に製造者 ID をセットします(2.6 章参照)。
データバイト DB_3 … 0 の値は “bDataByte3 … 0” に割り当てられます。“bDataByte0.3”は LRN_Bit で
す、つかえないでください
電文送信の最小時間間隔は、“tMinSendTime” を使ってこの FB に定義します。この間隔は送信トラフィッ
クを周期的変化信号にて減少させる事ができます。よって、周期的変化信号により、電文負荷を減らす事が
できます。
“bSendOnDelta” には無線電文を送信するために “bDataByte” にどれだけの値に変更するかを指定し
ます。送信周期はこの方法で制限されます。
“tRepetitionTime” に値を設定すると同じ電文をその時間[s]送信する事ができます。この値が小さいほど
電文負荷は高くなります。
“xUpdate” を立ち上げると強制的に送信をおこなう事もできます。送信周期はこの方法に制限されます。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-xx-xx)を含ん
だ電文が送信されます。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて送信する全
ての EnOcean 電文を入出力信号として利用する事ができます。
このFBとゲートウェイ間で通信処理中の時は “xBusy” がTRUEとなります。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
40 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
6.1.3 A5-xx: Send/Receive 4BS Raw Data
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanBiDir_A5xxxx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
dwLocalID
DWORD
ゲートウェイ伝送器 ID
bLocalFunc
BYTE
送信 FUNC 番号
bLocalType
BYTE
送信 TYPE 番号
wLocalManID
WORD
送信送信製造者 ID
bLocalDataByte3
BYTE
送信データバイト DB_3
bLocalDataByte2
BYTE
送信データバイト DB_2
bLocalDataByte1
BYTE
送信データバイト DB_1
bLocalDataByte0
BYTE
送信データバイト DB_0
tMinSendTime
TIME
送信時間最小値
デフォルト=t#1s
bSendOnDelta
BYTE
送信データのヒステリシス
デフォルト=1
tRepetitionTime
TIME
繰り返し時間値
デフォルト=Off
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLocalUpdate
BOOL
送信イニシャル電文アップデート
xLocalLearn
BOOL
学習モード(ローカル)実行
xRemoteLearn
BOOL
学習モード(リモート)実行 (条件:センサ ID、FUNC 番
号、TYPE 番号、製造者 ID 記入)
dwRemoteID
DWORD
アクチュエータ伝送器 ID
bRemoteFunc
BYTE
受信 FUNC 番号
bRemoteType
BYTE
受信 TYPE 番号
wRemoteManID
WORD
受信製造者 ID
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xBusy
BOOL
送信ステータス
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 41
EnOcean_928.lib
bError
BYTE
エラーコード
16#00: OK(コマンド認識、起動)
16#02: サポートしていない機能
16#03: コマンドに間違ったパラメータあり
xRemoteUpdate
BOOL
受信新しいデータ
bRemoteDataByte3
BYTE
受信データバイト DB_3
bRemoteDataByte2
BYTE
受信データバイト DB_2
bRemoteDataByte1
BYTE
受信データバイト DB_1
bRemoteDataByte0
BYTE
受信データバイト DB_0
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
受信通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanBiDir_A5xxxx_4BS は、4BS の EnOcean 無線電文のデー
タバイトをコントロール/評価し、また双方向無線リンクをサポートしています。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて送受信する
全ての EnOcean 電文を入出力信号として利用する事ができます。
送信解説:
”dwLocalID” は、無線電文の伝送器 ID を入力します。それぞれの EnOcean 伝送ブロックは固有 ID で
なければなりません。伝送器 ID の設定範囲は、いわゆるゲートウェイの局アドレスによって指定されま
す。ゲートウェイの局アドレスは FB: FbEnOcean_Read_IDBase を使って決める事ができます。
ゲートウェイの局アドレス設定に関連し、127 個の無線コマンドがマスタにより送信されます。これらから、
“dwID” のレンジは局アドレスが基本となります(例:局アドレス 16#FFFFFF80 ⇒ 16#FFFFFF81 …
16#FFFFFFFF)。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
42 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“bLocalFunc” はデバイス機能(FUNC)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入力し
ます。
“bLocalType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入力
します。“wLocalManID” に製造者 ID をセットします(2.6 章参照)。
データバイト DB_3 … 0 の値は “bLocalDataByte3 … 0” に割り当てられます。
“bLocalDataByte0.3”は LRN_Bit です、つかえないでください
電文送信の最小時間間隔は、“tMinSendTime” を使ってこの FB に定義します。この間隔は送信トラ
フィックを周期的変化信号にて減少させる事ができます。よって、周期的変化信号により、電文負荷を減ら
す事ができます。
“bSendOnDelta” には無線電文を送信するために “bLocalDataByte” にどれだけの値に変更するか
を指定します。送信周期はこの方法で制限されます。
“tRepetitionTime” に値を設定すると同じ電文をその時間[s]送信する事ができます。この値が小さいほ
ど電文負荷は高くなります。
“xLocalUpdate” を立ち上げると強制的に送信をおこなう事もできます。送信周期はこの方法に制限さ
れます。
“xLocalLearn” にて学習モードを実行します。 “xLocalLearn” を TRUE にした状態で、正しい
EEP(A5-xx-xx)を含んだ電文が送信されます。
このFBとゲートウェイ間で通信処理中の時は “xBusy” がTRUEとなります。
出力変数 “bError“ にはエラーコードが表示されます。
受信解説:
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングす
る時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットしますと 出力をリ
セットします。
“xLocalLearn” にて学習モードを実行します。 “xLocalLearn” を TRUE にした状態で、正しい
EEP(A5-xx-xx)を含んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”,
FUNC 番号を “bRemoteID”, TYPE 番号を “bRemoteType”, 製造者 ID を “wRemoteManID” に記
入されます。完了すると “xLocalLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwRemoteID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処
理します。その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bRemoteFunc” はデバイス機能(FUNC)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入
力します。
“bRemoteType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、EnOcean Equipment Profile (EEP) に従って入
力します。“wRemoteManID” に製造者 ID をセットします(2.6 章参照)。
”xRemoteUpdate” は有効なデータ電文が受信された時に TRUE となります。
受信したデータバイト値(DB_3 … 0)は ”bRemoteDataByte3 … 0” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 43
EnOcean_928.lib
6.2 A5-02: 温度センサ
6.2.1 A5-02-xx: Temperature Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A502xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A502xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-02-xx (xxh:デバイスタイプ)の温度センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
44 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-02-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に
記入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 45
EnOcean_928.lib
6.3 A5-04: 温湿度センサ
6.3.1 A5-04-xx: Temperature and Humidity Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A504xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
rRelativeHumidity
REAL
湿度センサにて計測した湿度データ [%]
xTelegramType
BOOL
0: ハートビート / 1: イベントトリガ
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A504xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-04-xx (xxh:デバイスタイプ)の温度センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
46 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-04-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に
記入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
計測した湿度データは “rRelativeHumidity” に出力されます(単位:%)。
"xTelegramType" は、電文がハートビートかイベントトリガかを見るために、いくつかのセンサでのみ使用さ
れます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 47
EnOcean_928.lib
6.4 A5-05: 大気圧センサ
6.4.1 A5-05-xx: Barometric Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A505xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rBarometer
REAL
大気圧センサにて計測した温度データ [hPa]
xTelegramType
BOOL
0: ハートビート / 1: イベントトリガ
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A505xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-05-xx (xxh:デバイスタイプ)の温度センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
48 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-05-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に
記入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
計測した大気圧データは “rBarometer” に出力されます(単位:hPa)。
"xTelegramType" は、電文がハートビートかイベントトリガかを見るために、いくつかのセンサでのみ使用さ
れます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 49
EnOcean_928.lib
6.5 A5-06: 照度センサ
6.5.1 A5-06-xx: Light Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A506xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rIllumination
REAL
照度データ [lx]
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A506xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-06-xx (xxh:デバイスタイプ)の照度センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
50 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-06-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に
記入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
選択した計測レンジ(例:センサのジャンパ接続でレンジ設定)で計測した照度データは “rIllumination” に
出力されます(単位:lx)。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 51
EnOcean_928.lib
6.6 A5-07:人感センサ
6.6.1 A5-07-xx: Occupancy Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A507xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xPIR
BOOL
人感センサの計測範囲内での人の存在を表示
FALSE ⇒ 存在を検出
デフォルト=TRUE
rIllumination
REAL
照度データ [lx]
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A507xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-07-xx (xxh:デバイスタイプ)の人感センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
52 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-07-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に
記入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
センサの計測範囲内に人がいるかどうかを “xPIR” に出力されます。
選択した計測レンジ(例:センサのジャンパ接続でレンジ設定)で計測した照度データは “rIllumination” に
出力されます(単位:lx)。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 53
EnOcean_928.lib
6.7 A5-08: 照度/温度/人感センサ
6.7.1 A5-08-xx: Light, Temperature and Occupancy Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A508xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xOccupancyButton
BOOL
FALSE ⇒ 人感ボタン ON
デフォルト=TRUE
xPIR
BOOL
人感センサの計測範囲内での人の存在を表示
FALSE ⇒ 存在を検出
デフォルト=TRUE
rIllumination
REAL
照度データ [lx]
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
コメント:
54 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A508xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-08-xx (xxh:デバイスタイプ)のマルチセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-08-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に
記入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
センサ本体の人感ボタンを ON すると、”xOccupancyButton” に FALSE がセットされます。
センサの計測範囲内に人がいるかどうかを “xPIR” に出力されます。
選択した計測レンジ(例:センサのジャンパ接続でレンジ設定)で計測した照度データは “rIllumination” に
出力されます(単位:lx)。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 55
EnOcean_928.lib
6.8 A5-09: ガスセンサ
6.8.1 A5-09-02: CO Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50902_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rCO_Concentration
REAL
ガス濃度 [ppm]
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A50902_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-02 の CO ガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
56 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-02)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
計測した CO 濃度データは “rCO_Concentration” に出力されます(単位:ppm)。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は "iSignalStrenght" に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 57
EnOcean_928.lib
6.8.2 A5-09-04: CO2 Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50904_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rCO2_Concentration
REAL
ガス濃度 [ppm]
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下FB)FbEnOceanReceive_A50904_4BSを使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-04 のCO 2 ガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
58 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-04)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
2
計測したCO 濃度データは “rCO2_Concentration” に出力されます(単位:ppm)。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
計測した湿度データは “rRelativeHumidity” に出力されます(単位:%)。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。.
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 59
EnOcean_928.lib
6.8.3 A5-09-05: VOC Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50905_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rVOC_Concentration
REAL
ガス濃度 [ppb]
bVOC_ID
BYTE
VOC ID
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A50905_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-05 の VOC ガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-05)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
60 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
計測した VOC 濃度データは “rVOC_Concentration” に出力されます(単位:ppb)。
VOC タイプは VOC ID 番号 “bVOC_ID” にて決まります。
bVOC_ID
VOC タイプ
0
VOCT(合計)
1
ホルムアルデヒド
2
ベンゼン
3
スチレン
4
トルエン
5
テトラクロロチレン
6
キシレン
7
n-ヘキサン
8
n-オクタン
9
シクロペンタン
10
メタノール
11
エタノール
12
1-ペンタノール
13
アセトン
14
エチレンオキシド
15
アセトアルデヒド
16
酢酸
17
プロピオン酸
18
吉草酸
19
酪酸
20
アンモニア
22
硫化水素
23
ジメチルスルフィド
24
2-ブタノール(ブチルアルコール)
25
2-メチル-1-プロパノール(イソブチルアルコール)
26
ジエチルエーテル
255
オゾン
表 4:VOC ID 番号
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。.
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 61
EnOcean_928.lib
6.8.4 A5-09-06: Radon Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50906_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rRadonActivity
REAL
ラドン放射能 [Bq/m ]
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
3
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A50906_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-06 のラドンガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-06)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
62 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
3
計測したラドンガスデータは “rRadonActivity” に出力されます(単位:Bq/m )。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。.
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 63
EnOcean_928.lib
6.8.5 A5-09-07: Particle Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50907_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rParticle_10
REAL
PM10 濃度 [μg/m ]
rParticle_25
REAL
PM2.5 濃度 [μg/m ]
rParticle_1
REAL
PM1 濃度 [μg/m ]
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
3
3
3
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A50907_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-07 の Particle センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
64 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-07)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
3
計測したPM10 濃度データは “rParticle_10” に出力されます(単位:μg/m )。
3
計測したPM2.5 濃度データは “rParticle_25” に出力されます(単位:μg/m )。
3
計測したPM1 濃度データは “rParticle_1” に出力されます(単位:μg/m )。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。.
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 65
EnOcean_928.lib
6.8.6 A5-09-08: Pure CO2 Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50908_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rCO2_Concentration
REAL
ガス濃度 [ppm]
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下FB)FbEnOceanReceive_A50908_4BSを使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-08 のCO 2 ガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-08)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
66 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
計測したCO 2 濃度データは “rCO2_Concentration” に出力されます(単位:ppm)。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。.
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 67
EnOcean_928.lib
6.8.7 A5-09-09: Pure CO2 Sensor with Power Failure Detection
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A50909_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rCO2_Concentration
REAL
ガス濃度 [ppm]
xPowerFailure
BOOL
電源異常
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下FB)FbEnOceanReceive_A50909_4BSを使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-09 のCO 2 ガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-09)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
68 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
計測したCO 2 濃度データは “rCO2_Concentration” に出力されます(単位:ppm)。
“xPowerFailure” がTRUEの時は、供給電源の異常 or 未供給です。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 69
EnOcean_928.lib
6.8.8 A5-09-0A: Hydrogen Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A5090A_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rHydrogenConcentration
REAL
ガス濃度 [ppm]
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A5090A_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-0A の水素ガスセンサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
70 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-0A)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
計測した水素濃度データは “rHydrogenConcentration” に出力されます(単位:ppm)。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 71
EnOcean_928.lib
6.8.9 A5-09-0B: Radioactivity Sensor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A5090B_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rRadioactivity
REAL
放射能数値
bRadioactivity_Unit
BYTE
放射能レベルの単位
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A5090B_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-09-0B の放射能センサの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
72 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-09-0B)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
計測した放射能データは “rRadioactivity” に出力されます。
放射能レベルの単位は “bRadioactivity_Unit” に番号で表わされます。
bRadioactivity_Unit
放射能レベル 単位
0
μSv/h
1
cpm
2
Bq/L
3
Bq/kg
表 5:Radioactivity Unit 番号
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 73
EnOcean_928.lib
6.9 A5-12:スマートメータ
6.9.1 A5-12-xx: Automated Meter Reading (AMR)
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A512xx_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID、TYPE 番号記入)
dwID
DWORD
センサ ID
bType
BYTE
デバイスタイプ (TYPE)
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rCurrentValue
REAL
現在値データ
rCumulativeValue
REAL
積算値データ
bInfo
BYTE
料金/メータチャンネル番号
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A512xx_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-12-xx (xxh:デバイスタイプ)のスマートメータの計測値を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
74 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-12-xx)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID”, TYPE 番号が “bType” に記
入されます。完了すると “xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“bType” はデバイスタイプ(TYPE)に相当し、センサで使用している EEP を入力します。
“bType” = 16#00 ⇒ メータ
“bType” = 16#01 ⇒ 電気メータ
“bType” = 16#02 ⇒ ガスメータ
“bType” = 16#03 ⇒ 水道メータ
現在値は“rCurrentValue”に表示されます。
積算値は“rCumulativeValue”に表示されます。
“bType”が 16#00 の場合、”bInfo” の値はメータチャンネル番号を表し、16#00 以外の値の場合は現在の
料金を表示します。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
注意:
デバイスタイプ番号(TYPE)に関する詳細情報は以下サイトを参照願います。
https://www.enocean-alliance.org/jp/enocean_standard/
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 75
EnOcean_928.lib
6.10 A5-30: デジタル入力
6.10.1 A5-30-01: Single Input Contact, Battery Monitor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A53001_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xInputState
BOOL
TRUE: 接点クローズ
FALSE: 接点オープン
デフォルト=FALSE
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A53001_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-30-01 のデジタルスイッチ接点を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
76 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-30-01)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“xInputState” は接点の状態を表示します。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 77
EnOcean_928.lib
6.10.2 A5-30-02: Single Input Contact
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A53002_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xInputState
BOOL
TRUE: 接点クローズ
FALSE: 接点オープン
デフォルト=FALSE
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A53002_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-30-02 のデジタルスイッチ接点を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-30-02)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
78 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“xInputState” は接点の状態を表示します。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 79
EnOcean_928.lib
6.10.3 A5-30-03: 4 Digital Inputs, Wake and Temperature
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A53003_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xInputState_0
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
xInputState_1
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
xInputState_2
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
xInputState_3
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
xWakeState
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
rTemperature
REAL
温度センサにて計測した温度データ [℃]
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
コメント:
80 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A53003_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-30-03 のデジタルスイッチ接点を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-30-03)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“xInputState_x” は接点の状態を表示します。
“xWakeState” は接点の状態を表示します。
計測した温度データは “rTemperature” に出力されます(単位:℃)。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 81
EnOcean_928.lib
6.10.4 A5-30-04: 3 Digital Inputs, 1 Digital Input 8 Bits
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A53004_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xInputState_0
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
xInputState_1
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
xInputState_2
BOOL
TRUE: High
FALSE: Low
デフォルト=FALSE
rInputValue
REAL
アナログデータ(0..255)
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A53004_4BS を使って、EnOcean Equipment
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
82 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
Profile (EEP) A5-30-04 のデジタルスイッチ接点を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-30-04)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“xInputState_x” は接点の状態を表示します。
“rInputValue” は入力のアナログデータを表示します。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 83
EnOcean_928.lib
6.10.5 A5-30-05: Single Input Contact, Retransmission, Battery
Monitor
WAGO-I/O-SYSTEM Library Elements
カテゴリ:
Building Automation
名称:
FbEnOceanReceive_A53005_4BS
タイプ:
Function block
ライブラリ名:
EnOcean_928.lib
適用可能バスコントローラ:
750-831, 750-880, 750-881, 750-882, 750-885, 750-889,
750-8202, 750-8203, 750-8204, 750-8206, 750-8207
入力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
typEnOcean_ERP2
typEnOcean_ERP2 EnOcean ERP2 の入出力データ
tWatchdog
TIME
2 つの電文の最大時間間隔
デフォルト=t#60m
入出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
xLearn
BOOL
学習モード実行 (条件:センサ ID 記入)
dwID
DWORD
センサ ID
出力パラメータ:
データタイプ:
コメント:
rSignalsIndex
REAL
カウント値 (0..127)
xTelegramType
BOOL
0: ハートビート / 1: イベントトリガ
rSupplyVoltage
REAL
電源電圧
xError
BOOL
タイムアウト時間内に新たな受信電文無し
iSignalStrength
INT
通信ステータス
ブロック図:
機能解説:
ファンクションブロック(以下 FB)FbEnOceanReceive_A53005_4BS を使って、EnOcean Equipment
Profile (EEP) A5-30-05 のデジタルスイッチ接点を出力します。
この FB を使用する時は、通信 FB(3.1 章と 3.2 章)を一緒に使用してください。この 2 つの FB は
“typEnOcean_ERP2” が同期しているので、相互にリンクしなければなりません。この接続にて受信する全
ての EnOcean 電文を入力信号として利用する事ができます。
“tWatchdog” は、センサが一定間隔(例:16 分毎)電文を送信しているかどうか視覚的にモニタリングする
時に使用します。0[s] を入力すると、タイムアウトモニタリングを停止します。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
84 • EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック
EnOcean_928.lib
“tWatchdog” 時間内に新たな電文を受信しなかったら、”xError” を TRUE にセットします。
“xLearn” にて学習モードを実行します。 “xLearn” を TRUE にした状態で、正しい EEP(A5-30-05)を含
んだ電文が受信されると、自動的にその送信デバイスのセンサ ID が”dwID” に記入されます。完了すると
“xLearn” は自動的に FALSE となります。
受信データは、”dwID” に入力した番号が電文内に入るセンサ ID 番号と同じと判断した FB で処理します。
その結果、FB は決まったセンサタイプを論理的に割り当てる事ができます。
“rSignalsIndex” は新たな電文を受信するとカウントアップします。
"xTelegramType" は、電文がハートビートかイベントトリガかを見るために、いくつかのセンサでのみ使用さ
れます。
センサ本体に充電 or 電源供給された電圧は “rSupplyVoltage” に出力されます。
最後に受信した電文の受信強度(RSSI)は “iSignalStrenght” に表示されます。
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
EnOcean 928MHz 用ファンクションブロック • 85
EnOcean_928.lib
ワゴ ジャパン 株式会社
WAGO Kontakttechnik GmbH & Co. KG
〒136-0071
東京都江東区亀戸1-5-7 日鐵NDタワー
Tel: (03) 5627-2050 ㈹
Fax: (03) 5627-2055㈹
E-Mail: [email protected]
Web: http://www.wago.co.jp
Postfach 2880 ・ D-32385 Minden
Hansastraße 27 ・ D-32423 Minden
Phone: 05 71/8 87 - 0
Fax: 05 71/8 87 - 1 69
E-Mail: [email protected]
Internet: http://www.wago.com
WAGO-I/O-SYSTEM 750
ファンクションブロック
Fly UP