...

2 本県の現状

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

2 本県の現状
本県の「いま」
2 本県の現状
第1章
(1)本県の「いま」
人口減少
ここをチェック
急激な人口減少に直面
第2章
死亡数が出生数を上回る自然減と転出者数が転入者数を上回る社会減が同時に進行
若年女性の減少が少子化に拍車
高齢化の進行
■人口の推移
本県の人口は2000(平成12)年9月に月別でのピークを迎え、その後減少に転じ、近年では年間5千人
以上の減少を記録しています。
現状のままで推移した場合、2040(平成52)年の総人口は約66万6千人になると推計されています。
第3章
年齢を3区分に分けた場合の人口の推移を見ても、特に年少人口(15歳未満)、生産年齢人口(15~
64歳)の減少が著しく、高齢者人口の増加が顕著です。
①人口の推移
(万人)
総人口
100
年少人口
生産年齢人口
高齢者人口
2000年9月:895,646人
90
第4章
80
2010年:863,075人
70
60
50
1920年:583,453人
2040年(推計)
:666,155人
40
30
附属資料
20
10
0
1920
1935
1950
1965
1980
1995
2010
2025
2040
2055 2060(年)
出典:①総務省「国勢調査」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(2013年3月推計)」
17
第2章 時代の潮流と本県の現状
■人口動向分析
本県の人口は、自然減と社会減が同時に進行しています。
②人口の自然増減数・社会増減数の推移
増減(人)
6,000
総増減数
自然増減数
4,000
社会増減数
増減(人)
6,000
総増減数
2,000
自然増減数
4,000
社会増減数
0
1985
1990
1995
2000
2005
2010
-4,000 1985
1990
1995
2000
2005
2010
2,000
2014(年)
-2,000
−2,564人
0
2014(年)
−3,692人
-2,000
-6,000
−2,564人
−6,256人
−3,692人
-4,000
-8,000
-6,000
−6,256人
-8,000
死亡数が増加傾向にある一方、出生数は減少傾向にあり、2004(平成16)年には死亡数が出生数を
(人)
上回りました。
12,000
1985年
③出生数・死亡数の推移
2014年
死亡:9,755人
出生:9,843人
10,000
(人)
12,000
8,000 1985年
10,000
2014年
死亡:9,755人
出生:9,843人
6,000
2014年
出生:6,063人
8,000 1985年
死亡:6,213人
4,000
6,000
2,000
1985年
死亡:6,213人
出生
死亡
2014年
出生:6,063人
4,000
0
2,000
0
1985
1988
出生
1991
死亡
1994
1997
2000
2003
2006
2009
2012 2014(年)
1985
1988
1991
1994
1997
2000
2003
2006
2009
2012 2014(年)
出典:②厚生労働省「人口動態統計」、総務省「住民基本台帳人口移動報告」、③厚生労働省「人口動態統計」
18
本県の「いま」
晩婚化や出生率の低下などにより、自然減が今後も進行することが見込まれます。
第1章
④初婚年齢の推移
(歳)
32
(歳)
夫
32
夫
30
30
(歳)
28
32
28
26
30
26
31.1歳
妻
29.3歳
27.5歳
29.3歳
31.1歳
27.5歳
夫
25歳
27.5歳
25歳
1975
1975
1980
1980
妻
1985
1985
1990
1995
2000
2005
2010
29.3歳
2014(年)
1990
1995
2000
2005
2010
2014(年)
1990
1995
2000
2005
2010
第2章
24
28
24
31.1歳
妻
2014(年)
26
⑤合計特殊出生率の推移
2.0
2.0
24
1.5
25歳
1.98
1975
1.98
1980
1985
1.43
1.5
1.0
2.0
1.0
0.0
1.0
0.0
1.98
第3章
0.5
1.5
0.5
1.43
1.43
1975
1975
1980
1980
1985
1985
1990
1990
1995
1995
2000
2005
2000
2005
2010
2010
2014(年)
2014(年)
0.5
転入
・転出の状況を見ますと、いわゆるITバブル崩壊後2001(平成13)年から一貫して県外への転出
0.0
(人)
1975
1980
1985
1990
1995
が超過している状況が続いていることがわかります。
2000
2005
2010
2014(年)
20,000
(人)
20,000
2014年
転出
:14,593
人
2014
年
18,000
(人)
16,000
転出:14,593人
20,000
16,000
14,000
18,000
14,000
転入
転入
12,000
16,000
12,000
10,000
14,000 1985
10,000
転出
2014年
転出:14,593人
転入:12,029人
転出
転入:12,029人
1990
1990 転入
1995
1995
転出
2000
2000
2005
2005
12,000
10,000
2010
2010
2014(年)
2014(年)
附属資料
1985
第4章
⑥転入数・転出数の推移
18,000
転入:12,029人
1985
1990
1995
2000
2005
2010
2014(年)
出典:④⑤厚生労働省「人口動態統計」、⑥総務省「住民基本台帳人口移動報告」
19
第2章 時代の潮流と本県の現状
年齢別では、20歳代で大きく転出超過となっており、東京圏への転出が目立ちます。
⑦年齢別人口移動の状況(2013年)
(人)
500
(人)
500
0
0
-500
-500
20歳代合計
−2,405人
-1,000
20歳代合計
−2,405人
-1,000
-1,500
転入者数−転出者数
-1,500
29
25
34
30
39
35
44
40
49
45
54
50
59
55
64
60
69
65
74
70
79
75
84
80
89
85
90
14
19
24
29
34
39
44
49
54
59
64
69
74
79
84
89
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳∼
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳
歳以上 歳以上
24
20
∼
19
15
∼
14
10
∼
90
∼
85
∼
転入者数−転出者数
60 65 70 75 80
∼
55
∼
50
∼
45
∼
40
∼
35
∼
30
∼
25
∼
20
∼
15
∼
10
∼
歳∼9 歳
5∼95
-2,000
0∼40
歳∼4 歳
-2,000
進学や就職を契機に東京圏へ転出する傾向が強く、本県産業を担う人材が定着していません。
(人)
⑧地域別人口移動の状況
(2013年)
200
(人)
200
-200
-200
-600
-600
-1,000
-1,000
九州 九州
四国 四国
中国 中国
転入者数−転出者数
関西 関西
中部 中部
20
神奈川神奈川
千葉 千葉
埼玉 埼玉
出典:⑦⑧総務省「住民基本台帳人口移動報告」
東京都東京都
東京都
−1,253人
北関東北関東
東北 東北
-1,400
北海道北海道
-1,400
転入者数−転出者数
東京都
−1,253人
本県の「いま」
■人口構造の変化
100年前の本県の人口は60万人弱でしたが、当時と比べて高齢者人口(65歳以上)の比率は大幅に
第1章
上昇するとともに、20~30歳代の若年女性の減少が少子化傾向に拍車をかけています。人口の年
齢構成の変化が与える甚大な影響が危惧されます。
⑨人口ピラミッドの変化
(歳)
100∼
(歳)
95∼99
100∼
90∼94
95∼99
85∼89
90∼94
80∼84
85∼89
第2章
75∼79
80∼84
70∼74
75∼79
65∼69
70∼74
60∼64
65∼69
55∼59
60∼64
50∼54
55∼59
45∼49
50∼54
40∼44
45∼49
若年女性(20∼39歳):28.5%
若年女性(20∼39歳):28.5%
35∼39
40∼44
30∼34
35∼39
25∼29
30∼34
20∼24
25∼29
第3章
15∼19
20∼24
10∼14
15∼19
5∼9
10∼14
0∼4
5∼9
男
男
0∼4
1965年
1965年
女
女
(歳)
100∼
(歳)
95∼99
100∼
90∼94
95∼99
第4章
85∼89
90∼94
80∼84
85∼89
75∼79
80∼84
70∼74
75∼79
65∼69
70∼74
60∼64
65∼69
55∼59
60∼64
50∼54
55∼59
45∼49
50∼54
40∼44
45∼49
35∼39
40∼44
30∼34
35∼39
15∼19
20∼24
10∼14
15∼19
男
男
5∼9
10∼14
0∼4
5∼9
0∼4
2010年
2010年
附属資料
25∼29
30∼34
20∼24
25∼29
若年女性(20∼39歳):21.4%
女
若年女性(20∼39歳):21.4%
女
出典:⑨総務省「国勢調査」
21
第2章 時代の潮流と本県の現状
■県民の意識
県民にアンケートを行った結果、人口確保策として行政が取り組むべき施策には「県内企業の発展
による雇用の場の確保」 、
「子育てしやすい環境づくり」を多くの人が挙げました。
結婚に関して、
1年以内に結婚する場合の最大の障害を未婚者に尋ねたところ、
「結婚資金」、
「将
来の生活資金」など経済的事由を挙げた人が半数を超えました。
県外の大学等に在籍あるいは既に卒業している25歳以下の山梨県出身者のうち、半数の人が県内
に戻って就職・進学する希望があります。また、Uターンを希望しない人の半数が「就職先がない」
ことを理由に挙げています。
⑩県民の意識
a 行政が取り組むべき人口確保策(未婚者)
1位
県内企業の発展による雇用の場の確保
45.1%
2位
子育てしやすい環境づくり
44.8%
3位
中心市街地の活性化
26.9%
b 行政が取り組むべき人口確保策(既婚者)
1位
子育てしやすい環境づくり
55.0%
2位
県内企業の発展による雇用の場の確保
44.2%
3位
大学・企業等の誘致
26.8%
c 1年以内に結婚する場合の最大の障害
1位
結婚資金
29.8%
2位
将来の生活資金
24.3%
3位
学校や学業上の問題
11.5%
d 山梨県内での就職・進学の希望(県外の学校在籍・卒業の本県出身者)
希望する
50.7%
希望しない
21.1%
希望しない理由(複数回答)
1位
山梨県内に希望する就職先がないから
52.1%
2位
やりたいことが山梨県内ではできないから
41.7%
3位
山梨県外に希望する就職先があるから
山梨県内で生活する魅力がないから
視野や知識を広げたいから
22.9%
(同率)
【調査概要】
■a,b,c「山梨県結婚・出産・子育て等に関する県民アンケート調査」:山梨県に在住する18歳以上35歳未満の未婚男女及び50
歳未満の夫婦(対象:妻)各約3,000人を無作為抽出し、2015年5月1日~15日の期間に郵送により回答を依頼した。
■d「学校卒業後の進路等に関するアンケート調査」:山梨県外の大学、短期大学及び専門学校に在籍あるいは既に卒業してい
る25歳以下の山梨県出身者を対象に、2015年6月15日~29日の期間にWebアンケートを行い、227人から回答を得た。
出典:⑩a,b,c「山梨県結婚・出産・子育て等に関する県民アンケート調査」
(2015年5月実施)
d「学校卒業後の進路等に関するアンケート調査」
(2015年6月実施)
22
本県の「いま」
産 業
第1章
ここをチェック
機械電子産業を中心とした産業構造
製造業の企業撤退等による事業所数の減少
本県の特色ある地場産業も出荷額が減少
農林業において生産品目等の構成が変化1次産業
農林業の担い手の減少
18%
3次産業
49%
1次産業
18%
3次産業
2次産業
33%
■産業構造の変化
第2章
49%年
1980
観光客は増加傾向にあるものの、日帰り客が多く圏域間で偏在
1980年
2次産業
33%
中央自動車道全線開通前と現在の本県の産業構造を比較すると、就業者割合では第1次産業が低
下する一方、第3次産業が大きく上昇していることがわかります。
①産業別就業者割合の変化
1次産業 7%
1次産業 7%
第3章
1次産業
18%
3次産業
49%
2010年
1980年
2次産業
33%
3次産業
62%
2次産業
29%
2010年
2次産業
29%
3次産業
62%
(分類不能 2%)
(分類不能 2%)
第4章
また、生産額等では、農産物の生産額は縮小し、製造品の出荷額は倍以上に増加しました。
1次産業 7%
②産業別生産額(出荷額・販売額)の変化
農業生産額
2010年
8,142億円
1兆104億円
902億円
2兆2,159億円
902億円
2兆2,159億円
附属資料
3次産業
62%
1,157億円
製造品出荷額
年間商品販売額
2次産業
農業生産額
製造品出荷額
年間商品販売額
29%
1,157億円
%
(分類不能
8,142
億円 2 )
1兆5,697億円
1兆104億円
1979年
2011年
1979年
1兆5,697億円
2011年
出典:①総務省「国勢調査」、②「作物統計調査」、経済産業省「工業統計調査」
「商業統計調査」、総務省「経済センサス」
農業生産額
製造品出荷額
年間商品販売額
902億円
23
第2章 時代の潮流と本県の現状
■製造業
本県では、機械電子産業が製造業の中心となっており、製造品出荷額等全体に占める割合は
1979(昭和54)年の46%から2011(平成23)年には66%にまで拡大しています。
③産業別製造品出荷額等の割合の変化
2011年
1979年
機械電子産業
46%
食料
繊維
木材
家具
紙製品
印刷
化学
石油・プラ
ゴム
皮革
窯業
鉄鋼
非鉄
金属
機械
電子
電機・情通
輸送用
機械電子産業
66%
その他
機械電子産業:製造業の中分類別のうち、はん用機械器具、生産用機械器具、業務用機械器具、電子部品・デバイス・電
子回路、電気機械器具、情報通信機械器具及び輸送用機械器具の製造業を合計したもの
ただし、景気後退や経済のグローバル化の影響を受け、近年、企業の撤退等により事業所数の減
少が続いています。
④製造業事業所数の推移
6,000
5,640事業所
5,448事業所
5,500
4,964事業所
5,000
4,500
4,000
2006年
2009年
出典:③経済産業省「工業統計調査」、総務省「経済センサス」
④総務省「事業所・企業統計調査」
「経済センサス」
24
1.09
2012年
4,964事業所
5,000
本県の「いま」
4,500
4,000
有効求人倍率は2009(平成21)年度を境に上昇していますが、
全国平均に比べて回復の速度は緩や
2006年
2012年
2009年
かです。
第1章
⑤有効求人倍率の推移
1.09
1.00
0.93
第2章
0.50
全国
0.00
2005
2006
山梨
2007
0.43
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014(年度)
第3章
第4章
附属資料
出典:⑤厚生労働省山梨労働局「山梨県の労働市場の動き」
25
第2章 時代の潮流と本県の現状
■地場産業
県内の地場産業に目を向けると、ワインを含む果実酒の出荷額は、ここ数年150億円前後で推移して
いますが、貴金属・ジュエリーの出荷額は10年間で200億円ほど減少しました。
主に富士北麓地域で盛んな織物の生産額は2002(平成14)年の130億円から2010(平成22)年には
70億円に落ち込みましたが、その後持ち直しています。
⑥地場産品出荷額(生産額)の推移
(百億円)
6
529億円
貴金属・ジュエリー出荷額
5
果実酒出荷額
織物生産額
(百億円)
4
6
529億円
313億円
貴金属・ジュエリー出荷額
3
5
2
4
1
3
0
2
1
果実酒出荷額
織物生産額
190億円
149億円
313億円
130億円
2002
81億円
70億円
190億円
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
(年)
2012 149
2013
億円
130億円
■農林業
81億円
70億円
0
主要農産物の生産額は、1978(昭和53)年に1,300億円を超えましたが、現在は900億円前後で推移し
14
ています。1960年代後半以降果実の生産が大幅に増加するとともに、1980年代に蚕繭の生産が減
米・麦等
2002
(百億円)
12
10
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013(年)
1978年: 1,312億円
少し、作物別の構成が大きく変化しました。
果実
野菜
⑦主要農産物生産額の推移
特産農作物
2013年: 910億円
(百億円)
14
8
畜産物
米
・麦等
1978年: 1,312億円
蚕繭
果実
12
6
その他
野菜
特産農作物
10
4
2013年: 910億円
1965
4
蚕繭
その他
1976
1987
1998
2009
2013(年)
1976
1987
1998
2009
2013(年)
2
0
1965
出典:⑥経済産業省「工業統計調査」、山梨県富士工業技術センター「織物生産概況」、⑦山梨県農政部資料より
26
花き
畜産物
8
2
6
0
花き
本県の「いま」
現在、果実の生産額が最も多く、特に全国第1位の収穫量を誇るぶどう、もも、すももに、さくらんぼ
を加えた果実の生産額が大勢を占めています。
第1章
⑧果実生産額の推移
(億円)
ぶどう
500
もも
さくらんぼ
すもも
400
ぶどう:
272億円
その他
(億円)
300
500
第2章
ぶどう
もも
さくらんぼ
200
400
すもも
ぶどう:
もも:
272億円
160億円
その他
100
300
さくらんぼ:
33億円
0
200
1988年
1965年
すもも:
26億円
第3章
2013年
もも:
160億円
100
木材の生産量は、2000年代初頭まで減少が続き、現在では木材チッ
プ等の需要に支えられ回復傾
さくらんぼ:
33億円
生産量
蓄積量
すもも:
(千万 m )
(十万 m )
向にあるものの、
1960年代に比べ少ない状況です。一方、県内の森林は、順次、建築材としての利用
26億円
3
0
1965年
合板用
が可能となる伐採期を迎えており、
森林蓄積量が年々増加しています。
3
生産:63万m1965
1988年
年
木材チップ
6
3
7
2013年
6
パルプ用
2013年
蓄積:6,987万m3
⑨用途別木材生産量・森林蓄積量の推移
製材用
5
生産量
(十万 m3)
4
7
合板用
木材チップ
6
3
パルプ用
2013
年
2013
年
3
蓄積生産
:6,987
:15万m
万m3
製材用
5
2
4
1
蓄積量
(千万 m3)
森林蓄積
1965年
生産:63万m3
1965年
蓄積:2,156万m3
その他用
森林蓄積
6
3
5
2
4
1
3
0
3
0
1965
1973
1981
1989
1997
2005
2
2013
年 (年)
2013
生産:15万m3
2
1965年
蓄積:2,156万m3
附属資料
1
5
第4章
4
その他用
1
0
0
1965
1973
1981
1989
1997
2005
2013(年)
出典:⑧山梨県農政部資料より、⑨「山梨県林業統計書」
27
第2章 時代の潮流と本県の現状
農林業とも担い手不足の問題は深刻で、農家では2000(平成12)年に対して2010(平成22)年は86%
となり、林業経営体数は2005(平成17)年からの5年間で67%となっています。
⑩農家戸数の推移
42,741戸
42,741戸
(戸)
(戸)
40,000
40,000
39,721戸
39,721戸
16,261戸
16,261戸
36,805戸
36,805戸
17,192戸
17,192戸
30,000
30,000
16,762戸
16,762戸
20,000
20,000
26,480戸
26,480戸
10,000
10,000
0
0
22,529戸
22,529戸
2000年
2000年
20,043戸
20,043戸
2005年
2005年
2010年
2010年
⑪林業経営体数の推移
1,200
1,200
1,082
1,082
1,000
1,000
800
800
726
726
600
600
400
400
200
200
0
0
2005年
2005年
林業経営体:所有する森林で林業を行う者及び、委託又は立木を購入して林業を行う者
※2000年は「農林業センサス」において林業経営体数の調査を行っていない。
出典:⑩⑪農林水産省「農林業センサス」
28
2010年
2010年
自給的農家
自給的農家
販売農家
販売農家
本県の「いま」
農業就業人口のうち、65歳以上の占める割合は、2010(平成22)年には約67%となり、高齢化が進行
しています。
第1章
⑫農業就業人口と65歳以上の割合の推移
(万人)
6
5
65歳未満
65歳以上
47,694人
(万人)
6
4
65歳未満
65歳以上
33,271人
47,694人
3
第2章
5
40,883人
40,883人
4
33,271人
2
3
1
65歳以上
55%
65歳以上
60%
65歳以上
2000年
55%
65歳以上
2005年
60%
65歳以上
67%
2
0
2010
年
65
歳以上
67%
第3章
1
また、耕作放棄地の面積は、近年減少傾向が見られますが、全耕作面積の2割を占め、依然として
0
(ha)
2000年
高い水準にあります。
2005年
4,000
2010年
⑬耕作放棄地面積の推移
3,118ha
(ha)
3,000
4,000
2,641ha
第4章
3,118ha
2,000
3,000
2,641ha
1,000
2,000
0
1,000
2000年
2005年
2010年
1995年
2000年
2005年
2010年
附属資料
0
1995年
出典:⑫⑬農林水産省「農林業センサス」
29
第2章 時代の潮流と本県の現状
■観光
観光客数は、東日本大震災の発生した2011(平成23)年度を除いて増加傾向にあり、中でも、訪日外
国人宿泊者数の伸びが大きくこの5年間で倍以上になりました。
⑭観光客の推移
(宿泊客・日帰り客:万人)
3,000
2,
569万人
外国人:41万人
(宿泊客・日帰り客:万人)
3,000
2,000
2,
569万人
外国人:41万人
3,
002万人
外国人:94万人
(外国人宿泊客:万人)
3,
002万人
外国人:94万人
(外国人宿泊客:万人)
宿泊客
日帰り客
訪日外国人宿泊者数
宿泊客
100
100
日帰り客
訪日外国人宿泊者数
50
2,000
1,000
50
1,000
0
2010
2011
2012
2013
2014
(年)
0
0
0
2010 日帰り客の比率が全観光客の70%台後半と高く、
2011
2012
2013
2014 (年)東部圏
全体としてみると、
また、圏域別では富士・
域への観光客が4割を超えており、特定圏域への集中が続いています。
⑮圏域別観光客割合
峡中 15%
峡中 15%
富士・東部
46%
2014年
峡東 19%
富士・東部
46%
2014年
峡東 19%
峡南 7%
峡北 13%
峡南 7%
峡北 13%
出典:⑭⑮「山梨県観光入込客統計調査報告書」
30
本県の「いま」
県民生活
第1章
ここをチェック
子育てしながら仕事を続けられる環境の整備が不十分
教育を巡る問題の多様化・複雑化
子どもの体力の低下
急激な高齢化の進行と認知症高齢者の増加
健康寿命は全国上位
第2章
全国と比べ医師数が不足、地域や診療科間でも偏在
人口減少による様々な負の影響が顕在
■子育て、教育
県の実施したアンケートによると、出産前後1年以内に離職した母親の割合は半数近くにのぼり、多
くの母親が働き続けやすい環境があれば就労を継続していたと答えています。
①出産前後の母親の離職割合
第3章
無回答
働いて
いなかった
離職した 46%
継続的に
働いていた
Q.何があれば離職しなかったか
(%)
保育サービスが利用できる環境
2
25
保育・職場環境両方
26
家族の理解
第4章
働き続けやすい職場環境
5
いずれにしてもやめた
32
その他
10
家庭内においても家事・子育ての分担は妻に大幅に偏る結果となっています。
②6歳未満の子どもを持つ世帯の家事・育児時間
共働き世帯
専業主婦世帯
平日
休日
妻
6:38
9:43
夫
1:42
4:44
妻
7:08
6:41
夫
0:56
2:35
附属資料
2010年調査
出典:①②「やまなし子ども・子育て支援プラン」
31
第2章 時代の潮流と本県の現状
教育については、1960(昭和35)年に約19.4万人であった小中高の児童生徒総数は、2014(平成26)年
には約9.5万人と半数以下にまで減少するなど、学校教育を取りまく環境が大きく変化するととも
に、いじめや不登校が全国平均を上回る状況が見られるなど、教育に関する問題は多様化・複雑化
しています。
③児童生徒数の推移
(千人)
200
194,548人
小学校
中学校
高等学校
150
95,
018人
100
50
0
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
④いじめ・不登校の状況
2013年
調査
小中高いじめ認知
(千人当たり)
小中不登校
(千人当たり)
山梨県
22.4 件
12.4 人
全国
13.4 件
11.7 人
子どもの体力・運動能力は全国に比べて低い傾向にあります。
⑤子どもの体力・運動能力調査の状況
全国
山梨
小学校男子
53.91点
52.88点(41位)
小学校女子
55.01点
54.07点(37位)
中学校男子
41.63点
41.47点(28位)
中学校女子
48.55点
48.09点(27位)
出典:③文部科学省「学校基本調査」
④文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」
(2013年度)
⑤文部科学省「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」
(2014年度)
32
2005
2010 2014(年)
本県の「いま」
■高齢化と家族構成
高齢者の人口は年々増加し、35年前には10%程度であった高齢化率(全人口に占める65歳以上人
第1章
口の割合)はいまや25%を超え、2030(平成42)年度には34%と推計されています。介護サービスに
対する一層の需要拡大が見込まれ、高齢者を取り巻く状況はより厳しくなっていくと考えられます。
⑥高齢者人口等の推移
(万人)
(%)
30
45
65歳以上人口
25
25万人
23万人
割合
(34%)
16万人
(万人)
15
30
965歳以上人口
万人
割合
10
25
5
20
23万人
15
(34%)
1979
(27%)
2015
1997
9万人
45
25万人
2030
30
(年度)
(18%)
0
15
第3章
5
(18%)
16万人
10
(%)
(27%)
(11%)
0
15
30
第2章
20
(11%)
(人)
特に認知症の問題は深刻で、
認知症高齢者の数は2008(平成20)年と比べても1万人以上増加しま
0
30,000
1979
した。
1997
2015
2030 (年度)
25,
543人
0
25,000
⑦認知症高齢者数の推移
20,000
(人)
30,000
15,000
第4章
25,000
10,000
25,
543人
13,979人
20,000
5,000
15,000
0
10,000
2008
13,979人
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015(年)
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015(年)
5,000
附属資料
0
出典:⑥「高齢者福祉基礎調査」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(2013年3月推計)」
⑦「高齢者福祉基礎調査」
33
第2章 時代の潮流と本県の現状
また、1960(昭和35)年に4.76人であった1世帯当たりの人員が2010(平成22)年には2.58人に減少し、
1人世帯の割合は4%から27.5%に上昇しています。
⑧世帯別人員・1人世帯率の推移
(人)
5
(%)
1世帯当たり人員
4.76人
30
1人世帯率
27.5%
4
25
20
3
2.58人
15
2
10
1
5
4.0%
0
1960
1970
1980
1990
2000
2010
(年)
0
■健康と医療
健康な状態で、制限なく日常生活が送れる期間(健康寿命)は、男女とも大きく全国平均を上回り、
47都道府県の中でも上位に位置します。ただし、健康寿命と平均寿命との間に差(不健康な期間)
が存在しています。
⑨健康寿命(2010年)
日常生活に制限のない期間
平均寿命
全国男性
70.42年
79.64年
山梨男性
71.20年(5位)
79.58年
全国女性
73.62年
86.39年
山梨女性
74.47年(12位)
86.63年
出典:⑧総務省「国勢調査」
⑨橋本修二ほか「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」
34
本県の「いま」
死因の内訳は、悪性新生物(がん)が最も多く、心疾患、脳血管疾患と続きます。
また、本県は、自殺による死亡率が住所地別、発生地別のいずれも全国と比較して高い状況にあり
第1章
ますが、老衰による死亡率についても同様に全国上位となっています。
⑩県民の死因(2013年)
悪性新生物
心疾患
(高血圧性を除く)
悪性新生物:
26.4%
脳血管疾患
肺炎
老衰
不慮の事故
自殺:2.1%
自殺
第2章
その他
老衰:8.1%
1970年代以降、医療制度が見直され、医師や医療機関の数が増加するなど医療環境が充実し、本
県においても医師数、病院・診療所数が増加しました。
しかしながら、人口10万人当たりの医療施設従事医師数は全国平均を10人程下回っています。ま
た、二次医療圏(保健所所管区域)別に見ると、医師の7割、医療機関の6割が中北医療圏に集中
しており、特に分娩が可能な医療機関は甲府市を中心とする中北医療圏に集中しています。
第3章
⑪医療機関(病院・診療所)数の推移
富士・東部:
19.9%
富士・東部:
19.9%
富士・東部:
22.0%
富士・東部:
22.0%
中北:52.4%
中北:52.4%
峡南:
7.5%
峡南:
7.5%
峡東:
12.8%
峡東:
12.8%
2012年
742施設
2012年
742施設
中北:59.7%
中北:59.7%
中北医療圏
二次医療圏
峡東医療圏
中北医療圏
峡南医療圏
峡東医療圏
富士・東部医療圏
峡南医療圏
富士・東部医療圏
第4章
峡南:
11.4%
峡南:
11.4%
峡東:
14.2%
峡東:
14.2%
1966年
492施設
1966年
492施設
二次医療圏
⑫医師数の推移
峡東:
13.7%
峡東:
13.7%
富士・東部:
13.5%
富士・東部:
13.5%
2012年
1,909人
2012年
1,909人
附属資料
富士・東部:
19.2%
富士・東部:
19.2%
1966年
峡南:
8.9%
676人
1966年
峡南:
8.9%
676人
峡東:
中北:58.7%
13.2%
峡東:
中北:58.7%
13.2%
峡南:
3.4%
峡南:
3.4%
中北:69.5%
中北:69.5%
出典:⑩厚生労働省「人口動態統計」
(2013年)
⑪⑫厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師調査」
35
全国
226.5人
676人
8.9%
峡東:
13.2%
1,909人
13.7%
中北:58.7%
中北:69.5%
第2章 時代の潮流と本県の現状
⑬人口10万人当たり医療施設従事医師数
全国
226.5人
山梨県全体
216人
中北
272.7人
峡東
182人
峡南
110.6人
富士・東部
130.7人
⑭分娩可能施設数
二次医療圏
中 北
峡 東
峡 南
富士・東部
病院
5
0
0
2
診療所
6
2
0
0
■暮らしを取り巻く環境
人口減少が進行しますと、地域経済が縮小したり、コミュニティの活力が失われたりしかねません。
現時点でも、地域の商店街の多くでシャッター街化が進行しているほか、空き家率が全国ワースト1
位を記録するなど、人口減少が様々な面で負の影響を及ぼしています。
⑮商店数・年間商品販売額の推移
(千軒)
(百億円)
15
120
商店数
年間商品販売額
100
10
80
60
40
5
20
0
1982
1985
1988
1991
1994
1997
1999
2002
2004
2007
2011(年)
0
⑯空き家率の状況
順 位
1998年
2013年
1位
長野県
山梨県
2位
山梨県
長野県
和歌山県
和歌山県
5,000
4位
兵庫県
高知県
5位
高知県
徳島県
(世帯)
6,000
3位
4,000
2015年:5,311世帯
3,000
1993年
:1,494世帯
出典:⑬⑭厚生労働省
「医師・歯科医師・薬剤師調査」
2,000
⑮経済産業省「商業統計調査」、⑯総務省「住宅・土地統計調査」
1,000
36
0
1993
1998
2003
2008
2013
2015(年3月末)
60
40
5
本県の「いま」
0
1982
1985
1988
1991
1994
1997
1999
2002
2004
2007
20
2011(年)
0
貧困問題も深刻化しています。生活保護を受けている世帯はバブル経済が崩壊した1990年代以
降、増加の一途を辿り、2015(平成27)年3月末には5,311世帯を数えました。
第1章
⑰生活保護世帯数の推移
(世帯)
6,000
2015年:5,311世帯
5,000
4,000
3,000
1993年:1,494世帯
2,000
第2章
1,000
0
1993
1998
2003
2008
2013
2015(年3月末)
(件)
(%)
12,000
100
1万件以上あった刑法犯の認知件数は、
現在は7千件以下に減少し、重要犯罪の検挙率も向上して
刑法犯認知件数
10,683件
います。
一方、オレオレ詐欺をはじめとする電話詐欺
重要犯罪検挙率 (特殊詐欺)の被害が増加しています。
10,000
⑱犯罪統計
8,000
6,528件
(件)
刑法犯認知件数
10,683件
重要犯罪検挙率
10,000
4,000
8,000
2,000
6,000
0
4,000
(%)
100
50
第3章
12,000
6,000
6,528件
50
0
2005
2008
2011
2014(年)
2005
2008
2011
2014(年)
2,000
0
第4章
0
⑲電話詐欺(特殊詐欺)の状況
(百万円)
(件)
300
90
被害額
250
75
認知件数
200
60
(百万円)
(件)
150
300
被害額
100
250
30
75
認知件数
50
200
0
150
15
60
2010
2011
2012
2013
2014
100
出典:⑰山梨県福祉保健部資料より
(各年度末の被保護世帯数)
50
2010
2011
0
45
(年)
30
⑱警察庁「犯罪統計」、⑲山梨県警察本部資料より
0
附属資料
45
90
15
2012
2013
2014
(年)
0
37
Fly UP