...

資料1-(2)旭川市性感染症発生動向(PDF形式 176キロバイト)

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

資料1-(2)旭川市性感染症発生動向(PDF形式 176キロバイト)
資料1-②
旭川市性感染症発生動向(定点4疾患)について
1 把握方法
定点医療機関から,毎月年代別・男女別の発生数の報告を受けている。(月報)
*旭川市の性感染症定点医療機関は3か所
2
発生の状況
(1)年次推移(図6~9)
性器クラミジア感染症は昨年より増加傾向にあり,性器ヘルペス感染症,尖圭コンジローマ,淋菌感
染症はここ2~3年,横ばい傾向にある。
(2)男女別 (図6~9)
性器クラミジア感染症,性器ヘルペス感染症,尖圭コンジローマはいずれも女性の報告数が多いが,
淋菌感染症は,男性の報告数が多くなっている。
図7
図6
性器クラミジア感染症
(人)
500
400
331
300
261
240
70
150
66
54
209
199
186
200
100
265
(人)
男
女
計
500
228
300
400
157
0
H19
H20
H21
200
60
100
30
81
計
75
70
62
58
68
72
80
56
40
10
13
13
12
16
H18
H19
H20
H21
H22
0
0
H22
図8
図9
尖圭コンジローマ
(人)
53
62
60
40
45
41
40
12
10
80
26
25
120
9
0
69
80
40
31
35 34
23
38
27
H19
H20
H21
38
31
35
28
11
7
7
H20
H21
H22
0
H18
120
54
40
20
(人)
男
女
計
80
34
10
淋菌感染症
(人)
60
36
30
17
(人)
男
女
計
100
20
94
120
女
90
0
H18
80
120
(人)
男
104
150
71
59
性器ヘルペスウイルス感染症
(人)
0
H22
0
H18
-3-
40
H19
(3)年代別 (図10~11)
男性は,4疾患において,20~30代が大半を占めている。次いで,40代の割合が高く,10代
は低い割合となっている。
女性は,4疾患において20代が大半を占めており,次いで30代,10代の割合が高く,男性より
も若年化の傾向が見られる。
性器ヘルペス感染症は,他の3疾患に比べて,高年齢層の割合が高いが,再発例が含まれているもの
と予想される。
(2006 年4月~届出基準の中に明らかな再発例除くとされている)
図10
定点4疾患 年代別割合(H22,男性)
0%
20%
40%
60%
80%
100%
10代
20代
性器クラミジア感染症1.4%
47.9%
28.2%
37.5%
性器ヘルペス感染症
9.8%
37.5%
11.3%1.4%
12.5% 6.3% 6.2%
30代
40代
50代
尖圭コンジローマ
11.1%
55.6%
11.1%
11.1%
11.1%
60代
淋菌感染症
7.1%
25.0%
35.8%
25.0%
7.1%
70歳
以上
図11
定点4疾患 年代別割合(H22,女性)
0%
20%
性器クラミジア感染症
12.7%
性器ヘルペス感染症
12.5%
40%
60%
56.1%
41.1%
80%
25.5%
19.6%
100%
0.6%
5.1%
10.7% 3.6%
3.6% 8.9%
10代
20代
30代
40代
50代
尖圭コンジローマ
淋菌感染症
16.0%
48.0%
71.4%
-4-
28.0%
28.6%
8.0%
60代
70歳
以上
Fly UP