...

NTT東日本仙台青葉通ビル(新棟)における「情報発信ギャラリー」の

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

NTT東日本仙台青葉通ビル(新棟)における「情報発信ギャラリー」の
平成 25 年7月 23 日
宮 城 支 店
NTT東日本仙台
NTT東日本仙台青葉通
東日本仙台青葉通ビル
青葉通ビル(
ビル(新棟)
新棟)における「
における「情報発信ギャラリー
情報発信ギャラリー」
ギャラリー」のオープンについて
オープンについて
NTT東日本宮城支店(宮城支店長:五十嵐克彦)は、建設を進めてきた「NTT東日本仙台青葉通ビル(新
棟)」がこのたび完成し、予ねてから設置することにしていた「情報発信ギャラリー」を平成 25 年7月 25 日(木)よ
りオープンいたします。 この場を通じて市民・県民の皆さまに「安心・安全」を提供することで、親しまれるビルと
してその役割を果たしてまいります。
1.情報発信
情報発信ギャラリー
ギャラリーの
ギャラリーのコンセプト
NTT東日本仙台青葉通ビル(新棟)は、東日本大震災後仙台で初となる大型ビル建設であることを踏まえ、
この情報発信ギャラリーを通じて市民・県民の皆さまに「安心・安全」に関する情報を継続的に発信していくとと
もに、大規模な災害が発生した場合には、災害・被災に関する各種緊急情報発信や緊急避難スペースとして
提供していくことをコンセプトにしております。
1)平常時は東日本大震災の経験・体験を風化させないテーマ展等を逐次開催
2)市民サークルや学校等への作品展示ギャラリーとしても無償貸出し
・サークルによる絵画展示会、夏休み子供工作展示会
・市民サークル等主催の各種講演会・セミナー
等
3)大規模災害時には、各種緊急情報発信や一時緊急避難場所として市民等の皆さまへ安心・安全を提
供するスペースとして活用
・特設公衆電話コーナー、
「171」伝言コーナー、インターネット環境コーナーの設置
・充電スタンド(携帯電話充電器、EVステーション等)の設置
・災害・被災情報の提供(ギャラリー内壁面モニターへの災害情報放映等)
・エントランスを含め、市民等の皆さまへ一時緊急避難スペースとして提供
等
2.オープン及
オープン及び施設内容等
・オープン
・開館時間
・施設名称
・場所
・装備
: 平成 25 年7月 25 日(木) 13:00
※オープン時には「東日本大震災におけるNTT東日本の復旧活動の軌跡」を展示
: 平日 10:00~16:00
: NTT東日本仙台青葉通ビル 情報発信ギャラリー
: 宮城県仙台市青葉区一番町二丁目8番 25 号 1Fエントランス西側
: デジタルサイネージモニター4台及びパネル展示ブース(スペース約 100 ㎡)
■情報発信ギャラリー
情報発信ギャラリーの
ギャラリーの内装
<参考>
参考>
■NTT東日本仙台青葉通
NTT東日本仙台青葉通ビル
東日本仙台青葉通ビル(
ビル(新棟)
新棟)の概要について
概要について
当ビルは、既存棟の南町通り側に位置する地下1階、地上14階、延床面積約3万㎡の通信・オフィス棟とな
っており、耐震性・長時間停電対策に優れたこのビルは宮城県エリアにおける通信の拠点とするほか、NTT
東日本グループのコールセンタを集約し、災害時の業務継続性を確保していきます。
1.ビルの
ビルの特徴
先の東日本大震災クラスの地震においても、通信サービスを維持する高い耐震性能と長時間停電にも
対応できる非常用発電設備を装備
2)太陽光発電の配備や全館へのLED照明の導入等による地球環境への貢献
3)自治体・企業等のお客様からのBCPニーズに応じた高スペック・データセンタの設置
4)グループ内コールセンタ業務の集約と需要拡大への対応による地域雇用創出
・グループ内コールセンタ(「116[注文受付]」、「115[電報受付]」、「104[番号案内]」、インタ-ネット
やパソコンに関するサポート業務を担うコールセンタ等)を集約するとともに、需要拡大を踏まえた地域
での雇用創出を図り、最終的には約 2,000 名が入居予定。
1)
2.建築概要
建築概要
(1) 所
(2) 規
(3) 面
(4) 工
■
在
模
積
期
建物外観
宮城県仙台市青葉区一番町2-8-25
通信・オフィス棟:地下1階、地上 14 階 駐車場棟:地上6階
建築面積:3,169m 延床面積 33,742m
着工:平成 23 年9月 26 日 竣工:平成 25 年5月 31 日
2
2
Fly UP