...

FlashAir™ 設定ソフトウエア ユーザーズマニュアル Revision 2

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

FlashAir™ 設定ソフトウエア ユーザーズマニュアル Revision 2
FlashAir™
設定ソフトウエア
ユーザーズマニュアル
Revision 2
1
FlashAir™ 設定ソフトウエア
株式会社 東芝 セミコンダクター&ストレージ社
Copyright © 2012 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Reserved.
対応 OS: 対応 OS: Mac OS X(10.6,10.7)
■はじめに
FlashAir 設定ソフトウェア(FlashAirTool.zip)を http://www.toshiba.co.jp/p-media/flashair/のダウン
ロードページからダウンロードし、任意のフォルダに保存します。
ダウンロードした設定ソフトウェアファイルをダブルクリックすると、アプリケーション
(FlashAirTool)が生成されます。
これでインストールは完了です。
例では Mac のデスクトップ上にコピーしました。
FlashAirTool をダブルクリックすると、Mac での FlashAir 設定ソフトウェアが起動します。
2
■操作方法
FlashAir を SD カードスロットに挿入した状態で、Finder 上の”FlashAir Tool”のアイコンをダブル
クリックすると下記の画面が表示されます。
各ボタンの説明を示します。
無線 LAN 起動画面設定
カードの初期化
カードの設定
手動で無線 LAN の ON/OFF を
FlashAir をフォーマット
ソフトウエア更新
無線 LAN の設定を行
行うために使用する画面を設定
し、購入時の状態に復帰
FlashAir のソフトウエアを最新
います。
します。
します。
版に更新するときに使用します。
ホームボタン
この画面に戻りたいとき
オンラインヘルプ
にクリックします。
Web マニュアルに接続し
ます。
デバイス選択
FlashAir が挿入されてい
るドライブを選択しま
す。
3
FlashAir 設定ソフトウエアが起動したら、”デバイス選択:”のプルダウンメニューを開きます。
FlashAir が挿入されているデバイスを選択します。
4
1. カードの設定
“カードの設定”ボタンをクリックすると、下記画面が表示されます。
FlashAir の設定
FlashAir の電源が入った時の動
作を選択します。
SSID
無線 LAN 上で見える FlashAir の
名前を設定します。最大 32 文字
まで、英数字の入力ができます。
Password
無線 LAN 上で FlashAir に接続す
るときのセキュリティキーを設定
します。8 文字以上 63 文字以下の
英数字で設定してください。空欄
の時はセキュリティなしとなり
ますのでご注意ください。
自動起動のタイムアウト設定
FlashAir の設定で、”自動で起動する”を選択した時の、無線
LAN の自動電源 OFF までの時間を設定します。
◇自動で起動する
工場出荷時は"自動で起動する"となっています。
FlashAir に電源が入ると自動的に無線 LAN 機能が起動します。パッケージに同梱されている”
FlashAir™ 無線 LAN 搭載 SDHC メモリカード 取扱説明書(別紙)”の” ワイヤレス転送機能の使
いかた”に記載されている動作をします。無線 LAN 動作時の FlashAir の SSID と Password はこの画
面で指定された文字列になります。
・SSID
無線 LAN 上で見える FlashAir の名前の設定です。SSID は 32 文字以下の英数字で設定してくださ
い。
5
・Password
無線 LAN 上で FlashAir に接続するときのセキュリティキーの設定です。Password は 8 文字以上
63 文字以下の英数字で設定してください。暗号モードは WPA2 となります。空欄のままにするとセ
キュリティなしとなり、通信内容(画像等) を盗み見られる/ 不正に侵入されるなどの問題が発生する
可能性がありますのでご注意ください。
他人から類推されるようなものや、簡易なものはセキュリティ設定が破られやすくなりますので使
用しないでください。変更した SSID、セキュリティキーを別に控えておくことをおすすめします。
・自動起動のタイムアウト設定
自動で無線 LAN が起動した後、”自動起動のタイムアウト設定”で設定されている時間以内にスマ
ートフォン等の他の無線 LAN デバイスから接続されなければ、無線 LAN の電源は OFF となり、通
常の SDHC メモリカードと同等の機能となります。
また、他の無線 LAN デバイスからの接続が切断されてから”自動起動のタイムアウト設定”で設定
されている時間経過後も、無線 LAN の電源は OFF となり、通常の SDHC メモリカードと同等の機
能となります。
6
◇無線 LAN 起動画面を使って起動する
“FlashAir の設定”で”無線 LAN 起動画面を使って起動する”を選択すると、FlashAir に電源が入って
も自動的に無線 LAN が起動することはありません。
無線 LAN の ON/OFF 制御は FA000001.jpg という画像の"読み取り専用(プロテクト)"になっている
状態を変更することで実現します。
・操作の仕方
ここではデジタルカメラ上で操作する例を示します。画像のプロテクト動作はデジタルカメラやそ
7
の他の機器よって操作方法が異なりますので、お使いの商品の取扱説明書をよくお読みになり、正し
く操作してください。
デジタルカメラで画像の再生ボタンを押し、FA000001.jpg を表示します。
デジタルカメラのメニューボタンを押し、プロテクトを選択します。
FA000001.jpg のプロテクトを解除します。その後、無線 LAN が起動します。
無線 LAN を停止するには、再度 FA000001.jpg にプロテクトを設定します。
無線 LAN が動作している状態でデジタルカメラの電源を OFF にすると、
無線 LAN も停止します。
その状態で再度デジタルカメラの電源を ON にしても無線 LAN は起動しません。
FA000001.jpg にプロテクトを設定し、再度 FA000001.jpg のプロテクトを解除すると無線 LAN は
起動します。
8
2. 無線 LAN 起動画面
無線 LAN 起動画面を使って起動する場合の画像データを変更することができます。
現在の画像
サンプル画像
6 種類の画像が準備さ
れています。
ファイルから選択
任意の画像データを無
線 LAN 起動画面にす
ることができます。
標準で準備している 6 種の画像データの他に、任意の画像ファイルを設定することができます。
サンプル画像から変更したい画像をクリックし、その後、”変更”ボタンをクリックすると、現在の
画像が選択した画像に変更されます。
9
その他に、ファイルの選択欄右にある”参照”ボタンをクリックして任意の画像を無線 LAN 起動画
面に設定することができます。
10
3. カードの初期化
カードをフォーマットし、購入時の初期状態に復旧します。
購入時の初期状態に復旧する前に、カードをフォーマットしますので、記録されたデータが消失し
ます。
本製品のデータをパソコン等の SDHC 対応機器により他のメディアにバックアップしてから、
カードの初期化を行ってください。また、初期設定を最初からやり直す必要があります。
初期化に際し、Finder のウインドウを開いてデバイスの項目に
FlashAir が存在しているのを確認してください。
11
“初期化”ボタンをクリックして操作を開始します。
"初期化してよろしいですか?"が表示されたら、再度、バックアップの要不要をご確認ください。
よろしければ”OK”をクリックします。
初期化が開始されます。
12
初期化完了後、下図のウインドウが表示されます。
【FlashAir の取り外し】
Finder より、デバイスの項目の FlashAir の[イジェクトボタン]をクリ
ックことで取り外すことができます。
(FlashAir の表示がなければ、取り外しは可能です)
注:別のアプリケーションが FlashAir を利用している場合は、取り外し行為が行えません
ので、あらかじめ終了させてください。
以上でカードの初期化は終了します。
その後、“カードの設定”機能を使用して本製品の設定をおこなってください。または、本製
品に添付されている” FlashAir™ 無線 LAN 搭載 SDHC メモリカード 取扱説明書(別紙)”に
従い、初期設定を行って下さい。
13
4. ソフトウエア更新
FlashAir のソフトウエアを更新します。
14
http://www.toshiba.co.jp/p-media/flashair/からダウンロードした更新用ソフトウエアを、Mac の任
意のフォルダに保存します。
“参照”ボタンをクリックして、保存したファイルを選択します。本例では”fwupdate.fbn”を選択し
ています。
ファイルの選択完了後、”更新”ボタンをクリックします。
が表示されましたら、”OK”をクリックします。
15
ソフトウエアの更新が開始されるとプログレスバーが表示され、ソフトウエアをアップデートします。
アップデートが完了すると下図のウインドウが表示されます。
16
FlashAir を Finder を使って SD スロットから取り外します。
【FlashAir の取り外し】
Finder より、デバイスの項目の FlashAir の[イジェクトボタン]をクリ
ックことで取り外すことができます。
(FlashAir の表示がなければ、取り外しは可能です。
)
注:別のアプリケーションが FlashAir を利用している場合は、取り外し行為が行えません
ので、あらかじめ終了させてください。
5 秒程度時間をおいてから再度 SD スロットに挿入します。
Finder のデバイス上に FlashAir が再び現れるのを確認後、”OK”ボタンをクリックします。
17
FW アップデートのプログレスバーが表示され、
FW アップデートが完了すると下図のウインドウが表示されます。
SD スロットより FlashAir を取り外し、
5 秒程度時間をおいてから再度 SD スロットに挿入します。
Finder のデバイス項目上に FlashAir が再び現れるのを確認後、”OK”ボタンをクリックします。
18
再度 FW アップデートのプログレスバーが表示され、
完了後下図のウインドウが表示されます。
以上でソフトウエアの更新は完了です。
19
Fly UP