...

ISO/IEC 27000ファミリーについて

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

ISO/IEC 27000ファミリーについて
ISO/IEC 27000 ファミリーについて
2016 年 12 月 9 日
1. ISO/IEC 27000 ファミリーとは
ISO/IEC 27000 ファミリーは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際
規格であり、ISO(国際標準化機構)及び IEC(国際電気標準会議)の設置する合同専門委員会
ISO/IEC JTC 1(情報技術)の分科委員会 SC 27(セキュリティ技術)において標準化作業が進め
られています。
ISO/IEC 27000 ファミリーは、要求事項を規定した規格(ISMS 要求事項を規定した ISO/IEC
27001、ISMS 認証機関のための要求事項を規定した ISO/IEC 27006 及びセクター固有の ISMS 実
施のための追加の要求事項の枠組みを規定した ISO/IEC 27009)と、ISMS 実施の様々な側面に関
する手引を規定した規格(一般的なプロセス、管理策に関する指針及びセクター固有の手引)か
ら構成されています。
ISO/IEC 27000 ファミリーは、主に SC 27/WG 1(情報セキュリティマネジメントシステム)
において、作成されています。それらの名称等を下記に示します。
*NP:New work item Proposal のことであり、ISO 規格を作成する場合、初めに作成可否について NP 投票が行われます。
規格策定の段階については、8 ページをご参照下さい。
*SP:Study Period のことであり、新/改訂プロジェクトの設置等について検討されます。
1
また、SC 27/WG 1 の他、SC 27/WG 4(セキュリティコントロールとサービス)、SC 27/WG 5
(アイデンティティ管理とプライバシー技術)においても関連する規格が策定されています。以
下は、現在発行されている規格の一例です。
ISO/IEC 27018:2014
Information technology -- Security techniques -- Code of practice for protection of personally
identifiable information (PII) in public clouds acting as PII processors
ISO/IEC 27031:2011
Information technology -- Security techniques -- Guidelines for information and
communication technology readiness for business continuity
ISO/IEC 27032:2012
Information technology -- Security techniques -- Guidelines for cybersecurity
詳細については、ISO の Web サイトをご参照ください。
ISO/IEC JTC 1/SC 27 で作成された規格一覧:
http://www.iso.org/iso/home/store/catalogue_tc/catalogue_tc_browse.htm?commid=45306&published=on
なお、SC 27 で作成されている 27000 ファミリーは、現時点では 27000~27040 番台となってお
ります。
2
・規格の概要
前図の「作成中」及び「発行済」(
「改訂中」含む)規格の概要は、以下の通りです。
ISO/IEC 27000:2016
Information technology – Security techniques – Information security management systems –
Overview and vocabulary
2016 年 2 月発行[第 4 版]
ISMS ファミリー規格の概要、ISMS ファミリー規格において使用される用語等について規定した規格
※ 国内規格としては、2014 年 3 月に JIS Q 27000:2014 として制定された。
JIS Q 27000:2014
情報技術-セキュリティ技術-情報セキュリティマネジメントシステム-用語
ISO/IEC 27000:2014 の箇条 2 の用語及び定義の技術的内容を変更することなく作成した国内規格
(ISMS の概要などを示した ISO/IEC 27000:2014 の箇条 3 以降は含まれていない)。
2010 年 4 月開催のマラッカ会議で改訂開始が決定され、第 2 版として 2012 年 12 月に発行された。
なお、その際に 27001 改訂、27002 改訂に対応した改訂も並行して審議され、2014 年 1 月に ISO/IEC
27001:2013 及び ISO/IEC 27002:2013 に対応した第 3 版として発行された。
2014 年 10 月メキシコ会議にて DIS 段階以降に進んだ規格(27006 等)の用語掲載のための早期改訂、
及び DIS 投票開始の承認のための手続きを実施することが決定された。この結果、DIS から開始する迅
速法による早期改訂が決定され、2016 年 2 月に第 4 版として発行された。
ISO/IEC 27001:2013
Information technology – Security techniques – Information security management systems –
Requirements
2013 年 10 月発行[第 2 版]
組織の事業リスク全般を考慮して、文書化した ISMS を確立、実施、維持及び継続的に改善するための
要求事項を規定した規格
※ 国内規格としては、2014 年 3 月に JIS Q 27001:2014(JIS Q 27001:2006 の改正版)として制定さ
れた。
JIS Q 27001:2014
情報技術-セキュリティ技術-情報セキュリティマネジメントシステム-要求事項
なお、2014 年 9 月に、ISO より正誤票が発行されている(JIS 正誤票は 2014 年 11 月に発行)。
その後、2015 年 11 月にも正誤票が発行された(JIS 正誤票は 2015 年 12 月に発行)。
2008 年 10 月リマソール会議にて定期レビュー審議を行い、改訂開始が決定された。これを受けた改訂
作業を経て、2013 年 10 月に第 2 版が発行された。
2016 年 4 月タンパ会議にて定期レビュー審議を行った。その結果、現時点では改訂は行わず現行版を
維持することになった。
ISO/IEC 27002:2013
Information technology – Security techniques – Code of practice for information security controls
2013 年 10 月発行[第 2 版]
組織の情報セキュリティリスクの環境を考慮に入れた管理策の選定、実施及び管理を含む、組織の情報
セキュリティ標準及び情報セキュリティマネジメントを実施するためのベストプラクティスをまとめ
た規格。ISO/IEC 27001 の「附属書 A 管理目的及び管理策」と整合がとられている。
*当初、ISO/IEC 17799 として発行されたが、2007 年 7 月に規格番号が 27002 へ改番された。
3
※ 国内規格としては、2014 年 3 月に JIS Q 27002:2014(JIS Q 27002:2006 の改正版)として制定さ
れた。
JIS Q 27002:2014
情報技術-セキュリティ技術-情報セキュリティ管理策の実践のための規範
なお、2014 年 9 月に、ISO より正誤票が発行されている(JIS 正誤票は 2014 年 11 月に発行)。
その後、2015 年 11 月にも正誤票が発行された(JIS Q 27002:2014 では対応済みのため、対応する JIS
規格の正誤票はありません)。
2008 年 10 月リマソール会議にて定期レビュー審議を行い、改訂開始が決定された。これを受けた改訂
作業を経て、2013 年 10 月に第 2 版が発行された。
2016 年 4 月タンパ会議にて定期レビュー審議を行った。その結果、改訂する方向となり、まずは 12 か
月間の Study Period(SP:新プロジェクトの設置等の検討)を設置して、design specification(改訂の
方針等)について検討することになった。
ISO/IEC 27003:2010
Information technology – Security techniques – Information security management system
implementation guidance
2010 年 2 月発行(現在、改訂審議中)
ISMS の実装(計画から導入まで)に関するガイダンス規格
2012 年 10 月ローマ会議後に開始された NP 投票の結果を受けて、2013 年 5 月ソフィアアンティポリ
ス会議にて早期改訂開始が決定された。
現在実施中の改訂審議の中で、第 2 版では適用範囲の変更とともに標題が以下に変更されることになっ
た。
Information technology – Security techniques – Information security management system –
Guidance
ISO/IEC 27004:2009
Information technology – Security techniques – Information security management – Measurement
2009 年 12 月発行(現在、改訂審議中)
導入された ISMS 及び管理策(群)の有効性を評価するための測定に関するガイダンス規格
2012 年 5 月ストックホルム会議にて定期レビュー審議を行い、改訂開始が決定された。
現在実施中の改訂審議の中で、第 2 版では適用範囲の変更とともに標題が以下に変更されることになっ
た。
Information technology – Security techniques – Information security management -Monitoring,
measurement, analysis and evaluation
ISO/IEC 27005:2011
Information technology – Security techniques – Information security risk management
2011 年 6 月発行[第 2 版](現在、改訂審議中)
情報セキュリティのリスクマネジメントに関するガイドライン規格
2008 年 6 月に発行後、2010 年 4 月マラッカ会議にて、ISO 31000:2009 及び ISO Guide 73:2009 との
整合に限定した改訂を、
(ISO/IEC 27001:2005 対応版として)通常よりも早い改訂プロセスを適用して
行うことが決定された。これを受けた改訂作業を経て、2011 年に改訂版(第 2 版)が発行された。
4
2013 年 5 月ソフィアアンティポリス会議後に開始された NP 投票の結果を受けて、2013 年 10 月インチョン会
議にて早期改訂開始が決定された。
2016 年 4 月タンパ会議にて、いったん改訂プロジェクトはキャンセルとなった。これを受けて、12 か月間の SP
(Study Period)を設置し、design specification(今後の改訂の方針、方向性等)を検討することになった。
ISO/IEC 27006:2015
Information technology – Security techniques – Requirements for bodies providing audit and
certification of information security management systems
2015 年 10 月発行[第 3 版]
ISMS 認証を希望する組織の審査・認証を行う認証機関に対する要求事項を規定した規格。
マネジメントシステム認証機関に対する要求事項としては ISO/IEC 17021-1 が規定されているが、ISMS
認証機関に対しては併せて ISO/IEC 27006 が要求される。
※ 国内規格としては、2012 年 9 月に JIS Q 27006:2012(JIS Q 27006:2008 の改正版)として制定さ
れた。
(ISO/IEC 27006:2015 に対応した JIS は、現在改正中。)
JIS Q 27006:2012
情報技術-セキュリティ技術-情報セキュリティマネジメントシステムの審査及び認証を行う機
関に対する要求事項
ISO/IEC 17021 の改訂版 ISO/IEC 17021:2011 が発行されたことを受けて、2011 年 4 月シンガポール会
議にて ISO/IEC 27006 も ISO/IEC 17021:2011 との整合に限定した早期改訂を行うことが決定された。
これを受けた改訂作業を経て、2011 年に第 2 版が発行された。
その後、2012 年 5 月ストックホルム会議にて、ISO/IEC 17021:2011 整合以外の内容も含む改訂開始が
決定された。これを受けた改訂作業を経て、2015 年に第 3 版が発行された。
ISO/IEC 27007:2011
Information technology – Security techniques – Guidelines for information security management
systems auditing
2011 年 11 月発行(現在、改訂審議中)
ISMS 監査の実施に関するガイドライン規格。ISO 19011:2011(マネジメントシステム監査のための指
針-2011 年 11 月発行)に加えて、ISMS 固有のガイダンスを提供する。
2014 年 4 月香港会議にて定期レビュー審議を行い、改訂開始が決定された。
ISO/IEC TR 27008:2011
Information technology – Security techniques – Guidelines for auditors on information security
controls
2011 年 10 月発行(現在、改訂審議中)
組織の情報セキュリティの管理策のレビューに関する技術報告書(TR:Technical Report)。
2014 年 4 月香港会議にて定期レビュー審議を行い、改訂開始が決定された。
現在実施中の改訂審議の中で、第 2 版では適用範囲の変更とともに標題が以下に変更されることになっ
た。
Information technology - Security techniques - Guidelines for the assessment of information
security controls
また、TR(Technical Report:標準報告書)から TS(Technical Specification:標準仕様書)に変更す
ることになった。
5
ISO/IEC 27009:2016
Information technology – Security techniques – Sector specific application of ISO/IEC 27001 requirements
2016 年 6 月発行
ISO/IEC 27001 を各セクターに適用した規格を作成する際の、規格の記述方法、様式等を定めた規格で
あり、セクター規格を作成する組織を対象としている。
ISO/IEC 27010:2015
Information technology – Security techniques – Information security management for inter-sector
and inter-organizational communications
2015 年 11 月発行[第 2 版]
セクター間及び組織間コミュニケーションのための情報セキュリティマネジメントに関する規格。情報
共有コミュニティの中で情報セキュリティマネジメントを実施するためのガイダンスや、セクター間及
び組織間コミュニケーションにおける情報セキュリティに関する管理策及び手引を提供する。
2014 年 10 月メキシコ会議にて ISO/IEC 27001:2013 対応のための早期改訂、及び DIS 投票開始の承認
のための手続きを実施することが決定された。この結果、DIS から開始する迅速法による、早期改訂が
決定された。これを受けた改訂作業を経て、2015 年に第 2 版が発行された。
ISO/IEC 27011:2016
Information technology – Security techniques – Information security management guidelines for
telecommunications organizations based on ISO/IEC 27002
2016 年 12 月発行(第 2 版)
電気通信業界内の組織における、ISO/IEC 27002 に基づいた情報セキュリティマネジメント導入を支援
するガイドライン規格であり、SC 27 と ITU-T が共同で作成したものである。
2013 年 5 月ソフィアアンティポリス会議後に開始された NP 投票の結果を受けて、2013 年 10 月イン
チョン会議にて改訂開始が決定された。これを受けた改訂作業を経て、2016 年に第 2 版が発行された。
ISO/IEC 27013:2015
Information technology – Security techniques – Guidance on the integrated implementation of
ISO/IEC 27001 and ISO/IEC 20000-1
2015 年 11 月発行(第 2 版)
ISO/IEC 20000-1 及び ISO/IEC 27001 の統合実践に関するガイダンス規格。
ISO/IEC 20000-1 担当の SC 7/WG 25(IT Service management)と連携して作成された。
2013 年 5 月ソフィアアンティポリス会議後に開始された NP 投票の結果を受けて、2013 年 10 月イン
チョン会議にて改訂開始が決定された。これを受けた改訂作業を経て、2015 年に第 2 版が発行された。
ISO/IEC 27014:2013
Information technology – Security techniques –Governance of Information security
2013 年 4 月発行
情報セキュリティのガバナンスに関する規格であり、情報セキュリティガバナンスの原則及びプロセス
の手引を提供する。
※ 国内規格としては、2015 年 7 月に JIS Q 27014:2015 として制定された。
JIS Q 27014:2015
情報技術―セキュリティ技術―情報セキュリティガバナンス
2016 年 4 月タンパ会議にて定期レビュー審議を行った。その結果、改訂する方向となり、まずは 12 か
月間の Study Period(SP:新プロジェクトの設置等の検討)を設置して、design specification(改訂の
6
方針等)について検討することになった。
ISO/IEC TR 27015:2012
Information technology – Security techniques – Information security management guidelines for
financial services
2012 年 11 月発行
金融サービスのための情報セキュリティマネジメントに関する技術報告書。
2016 年 10 月アブダビ会議にて改訂について審議された結果、TC 68/SC 2
(Financial Services, security)
などからも改訂の支持が得られず廃止を求める国が多かったため、廃止の手続きを進めることになっ
た。
ISO/IEC TR 27016:2014
Information technology – Security techniques – Information security management – Organizational
economics
2014 年 2 月発行
組織の情報資産の保護に対して経済学的な視点を適用し、モデル及び例示の使用を通して情報セキュリ
ティに関する組織の経済性を適用する方法の手引を提供する技術報告書。
ISO/IEC 27017:2015
Information technology — Security techniques — Code of practice for information security controls
based on ISO/IEC 27002 for cloud services
2015 年 12 月発行
クラウドサービスにおける ISO/IEC 27002 に基づく情報セキュリティ管理策の実践のための規範を提
供する規格。
ISO/IEC TR 27019:2013
Information technology -- Security techniques -- Information security management guidelines
based on ISO/IEC 27002 for process control systems specific to the energy utility industry
エネルギー業界向けプロセス制御システムのための ISO/IEC 27002 に基づく情報セキュリティマネジ
メメントに関する技術報告書。
2013 年 7 月発行(現在、改訂審議中)
2014 年 10 月メキシコ会議にて、1 年間の Study Period での審議結果を経て、早期改訂の開始が決定さ
れた。
ISO/IEC 27021(作成中)
Information technology -- Security techniques -- Competence requirements for information security
management systems professionals
ISMS 専門家の力量に関する要求事項について規定した規格
ISO/IEC TR 27023:2015
Information technology -- Security techniques -- Mapping the revised editions of ISO/IEC 27001
and ISO/IEC 27002
2015 年 7 月発行
ISO/IEC 27001 及び ISO/IEC 27002 新旧対応表をまとめた技術報告書。
2013 年 10 月に発行された ISO/IEC JTC 1/SC 27 N13143「JTC 1/SC 27/SD3 – Mapping Old-New
Editions of ISO/IEC 27001 and ISO/IEC 27002」の内容をそのまま取り込んだものである。SD3
(Standing Document 3)は ISO の内部文書であるため、より正式な ISO 文書である TR として発行す
ることになった。
2014 年 7 月~10 月に早期発行のための DTR 投票が行われ、可決された。これを受けた手続を経て、
2015 年に発行された。
7
2. ISO/IEC 27000 ファミリー規格の検討状況
前図に示す ISO/IEC 27000 ファミリーの検討は、年 2 回(春・秋)開催される SC 27 の WG 1(情
報セキュリティマネジメントシステム)において進められています。
第 53 回 WG 1 会儀は、2016 年 10 月 23 日~27 日にアブダビ(UAE:アラブ首長国連邦)にて
開催されました。この会合での検討状況は次の 2-1 のとおりです。
2-1 第 53 回 SC 27/ WG 1 会議における検討状況(全体)
*各会議で審議される規格の段階を示しています。
既に IS 発行済で現在改訂中のものについては、()で改訂段階を示しています。
例:IS(改訂中:DIS)-IS 発行済だが、現在改訂中で DIS 審議
※下表の色分け:緑色は発行済規格[斜字は改訂決定]、薄黄色は改訂中規格、灰色は中止プロジェクトです(白は作成中)
。
ISO/IEC 番号
規格内容
第 53 回会議
第 54 回会議
(今回:2016 年 10 月)
(次回予定:2017 年 4 月)
ISO/IEC 27000
概要及び用語
IS[第 4 版]
IS[第 4 版]
(IS)
(IS)
ISO/IEC 27001
要求事項
IS[第 2 版]
IS[第 2 版]
ISO/IEC 27002
情報セキュリティ管理策の実践のための規範
IS[第 2 版]
IS[第 2 版]
ISO/IEC 27003
ISO/IEC 27004
導入に関する手引
測定
(SP)
(SP)
IS[第 1 版]
IS[第 1 版]
(改訂中/6 月会議⇒2nd DIS)
(改訂中:FDIS)
IS[第 1 版]
IS[第 1 版]
(改訂中/6 月会議⇒FDIS)
(IS)
IS[第 2 版]
IS[第 2 版]
ISO/IEC 27005
リスクマネジメントに関する指針
(SP)
(SP)
ISO/IEC 27006
認証機関に対する要求事項
IS[第 3 版]
IS[第 3 版]
ISO/IEC 27007
監査の指針
IS[第 1 版]
IS[第 1 版]
(CD)
(DIS)
TR[第 1 版]
TR[第 1 版]
ISO/IEC TR 27008
IS 管理策に関する監査員のための指針
(PDTS)
(2nd PDTS)
ISO/IEC 27009
セクター規格への 27001 適用に関する要求事
項
IS
IS
ISO/IEC 27010
セクター間及び組織間コミュニケーションのため
の情報セキュリティマネジメント
IS[第 2 版]
IS[第 2 版]
ISO/IEC 27011
電気通信組織のための指針
ISO/IEC 27012
電子政府サービスのための ISMS 指針
ISO/IEC 27013
ISO/IEC 27001 と ISO/IEC 20000-1 との統合導入に
ついての手引
ISO/IEC 27014
情報セキュリティのガバナンス
ISO/IEC TR 27015
ISO/IEC TR 27016
ISO/IEC 27017
ISO/IEC TR 27019
金融サービスに対する情報セキュリティマネジメ
ントの指針
情報セキュリティマネジメント-組織の経済的側
面(Organizational economics)
クラウドサービスにおける ISO/IEC 27002 に基づ
く情報セキュリティ管理策の実践のための規範
エネルギー業界向けプロセス制御システム
のための ISO/IEC 27002 に基づく ISM の指針
IS[第 1 版]
IS[第 2 版]
(改訂中:FDIS)
(IS)
-
-
IS[第 2 版]
IS[第 2 版]
IS[第 1 版]
IS[第 1 版]
(SP)
(SP)
TR[第 1 版]
TR[第 1 版]
(SP)
(廃止)
TR[第 1 版]
TR[第 1 版]
IS
IS
TR[第 1 版]
TR[第 1 版]
(CD)
(DIS)
ISO/IEC 27021
ISMS 専門家の力量に関する要求事項
CD
DIS
ISO/IEC TR 27023
ISO/IEC 27001 及び ISO/IEC 27002 改訂版のマッピ
ング
IS
IS
*ISO 規格策定の段階は、次のとおり
NP → WD → CD → DIS → FDIS →
IS(発行済)
NP:
WD:
CD:
DIS:
FDIS:
IS:
New work item Proposal
Working Draft
Committee Draft
Draft International Standard
Final Draft for International standard
International Standard
*なお、TR/TS 規格策定の段階は、次のとおり。
TR:PDTR → TR
TS:NP → WD → PDTS → TS
TR:Technical Report(技術報告書)
TS:Technical Specification(技術仕様)
NP:
New work item Proposal
WD:
Working Draft
PDTR/PDTS:
Proposed Draft Technical Report/ Specification
※SP:Study Period のことであり、上記表内の SP では改訂プロジェクト設置
に先立って、改訂方針等について検討されます。
8
2-2 第 53 回 SC 27/ WG 1 会議における検討状況(詳細)
-主要プロジェクト進捗状況
27002 (SP Design specification for the revision of ISO/IEC 27002:2013)
前回タンパ会議の結果、27002 改訂に先立って Design specification(改訂方針)を策定するため
に設置された 12 か月間の SP である。
今回の会議では、改訂方針のなかで特に適用範囲、構成、管理策の記述構成について審議された。
次回会議でも引き続き改訂の方針について検討するとともに、その方針に基づくアウトライン案を作
成する方向となった。
27003 Information security management system – Guidance
6 月下旬に開催された DIS 審議のための臨時会議では、多くのコメント処理が行われた。その結
果、文書の変更が多かったため 2nd DIS が発行された。これを受けて、今回の会議では 2nd DIS
27003 に対するコメントについて審議された。
2nd DIS 27003 に対する DIS 投票では、反対は 2 か国(イタリア、日本)であり、コメントは約
260 件(うち、約半数が編集上のコメント)であった。
今回の編集会議の結果、イタリア、日本とも両国のコメントが受け入れられたことから賛成に変
更し、次回は FDIS に進むことになった。
27004 Information security management systems -Monitoring, measurement, analysis
and evaluation
6 月下旬に開催された DIS 審議のための臨時会議において、賛成多数で FDIS とすることになった。こ
れを受けて FDIS が発行され、8 月 17 日~10 月 12 日の間で 2 か月間の FDIS 投票が実施された。
FDIS 投票の結果、反対国はなく国際規格として発行することが承認されたことから、今後、早ければ年
内に改訂版が発行される見込みである。
27005 (Defect Report)
今回の会議に先立って、英国から現行の ISO/IEC 27005:2011 に対する Defect Report が提出されて
おり、審議を行った。この Defect Report の主旨は、現行規格は ISO/IEC 27001:2005 の対応規格であ
ることから、ISO/IEC 27001:2013 にはない記述があるため廃止すべきというものだったが、審議の結果、
これらの記述について修正するための ISO/IEC 27005:2011 に対する正誤票を発行する方向となった。
正誤票が発行されれば、27005 改訂版が発行されるまでは、ISO/IEC 27005:2011 に本正誤票を加え
たものが有効な版となる。
27005 (SP Design specification for the revision of ISO/IEC 27005:2011)
前回の会議の結果、いったん ISO/IEC 27005:2011 改訂プロジェクトはキャンセルされ、新たに SP を設
置し、改訂のための検討を再スタートすることになった。
これを受けて開始された SP では、会議に先立って寄書募集が 2 回実施され、その結果をもとに作成し
た改訂の方針案について検討した。次回会議でも引き続き改訂の方針(Design Specification)について
検討するとともに、その方針に基づくアウトライン案を作成する方向となった。
27007 Guidelines for information security management systems auditing
今回の会議に先立って行われた 1st CD 27007 に対する CD 投票では、反対は 1 か国(日本)だけであ
り、コメントは約 300 件であった。編集会議ではこれらのコメントに基づいて審議した。コメントの多くはイ
9
タリアと日本であり、主に ISMS 監査の実用上の手引である附属書 A について審議された。
今回の編集会議の結果、次回は DIS に進むことになった。
なお、スケジュールの関係から、アブダビ会議終了後すぐに DIS を発行し、2017 年 6 月にコメント審議
のための臨時会議(Comment Resolution Meetings)を開催することになった。
27008 Guidelines for the assessment of information security controls
今回の会議に先立って行われた 1st PDTS に対する CD 投票では、反対は 1 か国(日本)だけであり、
コメントは約 110 件であった。編集会議ではこれらのコメントに基づいて審議した。コメントのほとんどは
日本からであり、前回会議の結果が正確に反映されていないことに対する編集上のコメントであったこと
からほぼ採用された。
今回の編集会議の結果、次回は、2nd PDTS に進むことになった。
27009 (Defect Report)
今回の会議に先立って、ドイツから Defect Report が提出されており、審議を行った。提示された Defect
4 件のうち 3 件について正誤票を発行する方向となった。
※ 実際の誤記は 1 件だが、他 2 件についても 27019 プロジェクトからの強い要請を受けて(defect で
はないが利用のしやすさ等の観点を考慮して)正誤票に含めることになった。
以上
10
Fly UP