...

丹 羽 康 夫 遺伝子を利用した植物の機能解析 特許 情報 研究 概要

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

丹 羽 康 夫 遺伝子を利用した植物の機能解析 特許 情報 研究 概要
研究テーマ
遺伝子を利用した植物の機能解析
食品栄養環境科学研究院 食品栄養科学専攻 植物機能開発研究室
食品栄養科学部 食品生命科学科
連
絡
先
ホ ー ム ペ ー ジ
教員プロフィール
メールアドレス
TEL:054-264-5583 FAX:054-264-5584
http://sfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/pctech/
http://db.u-shizuoka-ken.ac.jp/show/prof171.html
[email protected]
1.折戸ナスの系統解析
「一富士、二鷹、三茄子」のナスとされる折戸
ナスについて、京
都の賀茂ナスと類縁関係があ
るかどうかを調べました。
歴史的な見地から、折戸ナ
スは紀州を経て京都に伝え
られた可能性が考えられた
ため、折戸ナス、紀州で古く
から栽培されている湯浅ナ
ス、京都の大芹川(賀茂ナス)
について遺伝子解析を行った
結果、折戸ナスと賀茂ナスの
間に類縁関係が認められたこ
と、さらに、湯浅ナスは折戸ナス、賀茂ナスと類縁関係
が認められないことが明らかになりました。
2.温室メロンの香りの研究
温室メロンを低
温貯蔵すると食味
が 低 下 す る た め、
その原因を調べて
います。
ヒトが食べる時、
味覚以上に嗅覚が
食味に多大な影響
を 及 ぼ し ま す。 収
穫した温室メロンの日持ちを良くしようと、低温で貯蔵
すると、日持ちは良くなりますが、食味は低下します。
食品栄養科学部
研究
概要
丹 羽 康 夫
その原因の一つに香気成分の減少が考えられます。そこ
で、食味に影響を及ぼしている香気成分の探索を行って
います。
3.被覆栽培が茶葉に及ぼす影響
茶の栽培時に遮光処理
す る と、 緑 化 が 増 進 し、
渋みが軽減されうまみが
増すことが知られていま
すが、そのメカニズムを
研究しています。
4.植物はどのようにして緑になるのか
植物は細胞の中で葉緑体を分化させることによって緑
になります。葉緑体がどのような作用によって分化して
くるのかを明らかにしようと研究を行っています。
<新聞、テレビ等メディアへの掲載>
• NHK あさイチ、折戸ナスの系統樹、2010年8月
• テレビ静岡、温室メロンの香りの研究、2008年3月
• 朝日新聞、三保の折戸ナス、京の賀茂ナス、DNA で「親
類」確認、2008 年3 月
• 静岡新聞、賀茂ナス、折戸ナス、関係は「遠からず」
2008 年2 月
• 静岡新聞、折戸、賀茂ナス 高確率で型一致、2008年
2月
• 日 本 農 業 新 聞、 ナ ス のDNA 鑑 定 に よ る 系 統 解 析、
2008 年2 月
キーワード
特許
情報
植物、農作物、香り、色素、葉緑体、地場産品、
遺伝子、DNA、マーカー、お茶、温室メロン、
折戸ナス、柑橘類、わさび、お米、トマト、
ユリ、シロイヌナズナ、花卉、果物、食の安全・
安心
柑橘類酵素遺伝子調製方法、丹羽康夫, 伊藤
創平, 酒井 坦, 中山 勉、2007018804
塩耐性形質転換植物体の製造方法、小林裕和,
丹羽康夫, アフタブ アマド、2007065450
緑色カルス細胞の製造方法、小林裕和, 丹羽康
夫, 後藤新悟、2006069547
研究紹介 2012
50
Fly UP