...

義 む

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Description

Transcript

義 む
む
義
/
THE Y'S MEN'S CLUB OF
TOKY0
THE SERViCE Cと
MACHIDA
UBlp THE YMCA
C H A R T E R :E M古継
ClD YMCA MACHICA l-36-l MORINO MACHIDA―
TO《 YO JAPAN 〒
194 な 0427-28-5971
! 年度主
狐
一
塩・
2014
SHi
2015年
紹
125)1月 暑 「
3/。
東京まちだクラブ会長 御 簿 険
地域 とともに ワイズに生きる
5
︻
東新部部長 太 回勝人 (東京世日か
そ して楽 しも う1
充実 ,飛躍 、
原 点を見つ め 、
東日本区理事 田 中博之 錬京)
誇 りと喜び を持 って
アジア地域会長 岡 部蒸和 価 大 阪J窮 船
未来 を始め よ う、今す ぐに
ンD
IsatrtC PalarlmlKal(ィ
国頗
言葉 よ り行動を
信 代 に は兄弟 愛 を、 兄弟 愛 に は策 を
カロえな さぃ 。
( ペ トロの手紙 ( 二) 1 1 7 )
″7す
々 一 素晴 あιιl 算勿 詫 筋助 % を き
事 話
食 卓
7 8
《今月のテーマ≫
クラブ会長 後 藤 邦 夫
新年おめでとうございます
!
IBC ttlltal■
lation』
BIOthげcltlbs
D B C / D o m e cs はB 1 0 t l l t t C l t l b s 新年を迎え、私たちはいま、今年度の始めから掲げた事業 一 そ
の 「
現 の大きな扉を、力強く瞬けようとしてい る。
2t115年
1 月 例 会 プ ログ ラム
在京 20ク ラブの委託を受けて、我がクラブが コスモスクラブ
と
共同のホス トクラブとなり、「
2015年 在京ワイズ合同新年会Jを
日時 !抑15年 1月 12日伽)1830∼ 抑 30
10日
開催する。
15:30、東京 多 摩市の美 しい
1月
(土
)1230∼
:町
ム
易チ
田市民フ十ラ 4階 講習室
緑の丘<多 摩中央公園>に 接する 「
桜美林大学アカデ ミー ヒルズJ
司 会 :刀ヽ
ヨ 寸:
山
が会場である。参加者は (先月 15日 現在で)既 に 134名 とな り、
1 開 会継 と挨拶
嬢
「
― 同
場所が遠 いか?Jな どとい う心配は克服 されているよ う亀
2 ワ イズのモットー、五つの誓い
一
プログラム第 1部 の<新 年礼拝 >で は、桜美林大学学長の二谷
3 フ イズノング
同
“ ル
4 聖 書朗試 祈祷
高康先生が 「
享びを持ってJと 題 して 奨励 をして くださる。
平本君
5 ゲ ス ト ビ ジタ→紹介
大学学長 として、絶えず青年 との対話に心を捧げてお られる三谷
御鞭
6 ハ ンピ タ ミス デー
先生のこの奨励は、私たちの日中博之 ・東 日本区理事による理事
主題 :「誇 りと喜びを持 ってJに 連が り、 このく合同新年会 >に 集
うワイダメンのいに深 く追る大きな喜びが期待 される。そ してこ
の期待 こそ、私たちの小さな 「
駒 ― この多摩地域にフイ ズメン
平本善―君
達動に連なる若者 の集いが 一 春 の 日差 しを浴びてIIき出 してく
―枝 報告 アビール
るのではないかと、なにか 「
大きな夢Jへ と膨 らむのである。
みんなで歌お う
まちだクラブ会員の平本善一チ ャプレンか らいただいた今月 の
閉会点鐘
聖句 (ヘブ 11112)は 、私たちに大きな “まぼろし)を 呼び党ま
ー
グス ト ビ ジタ を勧迎 しま抗 出締 定を下記へ して
くださる。この聖句に励ましを得て、私たちの東京まちだク
*匁 帝する会員は必ず連絡を 前 日までに
ラブも、高齢化 小 型化のハ ンデ ィを乗 り越えなが ら活動を推進
してい きたい と新年の望みを新たにしているところである。
12月 デー タ 在 籍会員数 17名
義会員 1名)
山 田スエ
昌晶
書記・
会計小 山 正 直
幹 事 有
〃 前
口 t朗
山昭 子
チャプレン 平 木 善 一
当主事 栗 コ
例 会 出席 数
会 長 後 藤 邦夫
12月例会報告
ビジター
12月例会写
国内切 手
外 国切手
現金
RB卜打
12月フイrlィ
ナ
旨告
文 657
(l ll羊 献金)0円
日本大震災救援募金 年度合計 23020円
――
頭ボ義務感を持とう義務はすべての権利に伴う一
Fly UP