...

(A)肋骨骨折

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

(A)肋骨骨折
必修問題対策資料 肋骨骨折
6.頭部・体幹の骨折・脱臼
(A)肋骨骨折
※単純エックス線検査で認められないことがある
[原因(
原因(発生機序)]
発生機序)]
※幼少児での発生はまれ。あれば虐待を疑う(多発骨折や新旧の骨折が混在)
①直達外力
墜落、衝突による(胸郭内方凸転移)
②介達外力
前後 or 左右から胸郭の圧迫による(胸郭外方凸転移)※屈曲骨折Ⅲ型
骨粗鬆症では過激な筋収縮(咳、くしゃみ)
第 5~8 肋骨(とくに 7=前腋窩線から乳頭線部)に多い。
③疲労骨折
ゴルフスイングによる(典型的な骨転移なし)
第 2~9 肋骨(とくに 5・6)の肋骨結節と肋骨角との間(背部)に多い。※非利き腕側
[症状]
症状]
①疼痛
深呼吸、咳、くしゃみにより肋骨が動くため痛みが激増。
胸郭を前後 or 左右から圧迫し肋骨をたわませると、骨折部に介達痛。
②軋轢音
疼痛部に手掌をあて、患者深呼吸で“しばしば”感知。
患者自らが感じることが多い。
③転移と変形
多発骨折以外、あまり転移を認めない場合が多い。
[合併症]
合併症]
①胸壁動揺
一本の肋骨が 2 ヵ所以上で折れ、しかも隣接する数本に肋骨に及ぶと発生
(複数骨折×a+多発骨折)
胸壁の支柱性が失われ、呼吸困難に(吸気時に陥没、呼気時に膨隆)
緊張性気胸
②外傷性気胸
外傷により胸膜に孔が開いてしまい、外から空気が胸腔に漏れ入り、肺が虚脱(縮む)する。
開放性気胸....孔に蓋がない⇒縦隔動揺(吸気時に健側、呼気時に患側)
緊張性気胸....孔に蓋がある(外からの空気が入るが、蓋があるため空気が出てゆかない)
⇒縦隔偏位(健側へ)による心外閉塞・拘束性(心原性)ショック。呼吸困難は強い。
③血胸
胸腔内に血液が貯留した状態。
肺破裂・肋間動静脈損傷・内胸動静脈損傷で発生。
④内臓損傷
右第 8・9 肋骨.......肝臓
左第 7・8・9 肋骨....脾臓
左右第 11・12 肋骨...腎臓
[治療(
治療(固定法)]
固定法)]
※簡単な害固定でよい
①絆創膏固定
前後の正中線を越える長さで、呼気時に行う(屋根瓦状絆創膏固定は胸郭下位から上位へと貼る)
②肋骨骨折固定バンド
1
必修問題対策資料 顎関節脱臼
6.頭部・体幹の骨折・脱臼
(B)顎関節脱臼
・中年女性に多い。
・関節包内脱臼である(関節包や靭帯の断裂なし)
・顎関節症(Ⅲ型:関節円板障害)や反復性・習慣性脱臼の原因となる。
[分類]
分類]
①前方脱臼
●両側脱臼
●片側脱臼
②後方脱臼
③側方脱臼
①前方脱臼
もっとも多い。
整復法は口内法(ヒポクラテス法・ボルカース法)、口外法がある。
●両側脱臼
[原因]
原因]…極度の開口位(あくび・抜歯・嘔吐)に、関節突起が関節結節を超えて発生。
[症状]
症状]….閉口障害・唾液流出
半開口位に弾発固定(外側翼突筋・咬筋・外側靭帯の作用)
下顎歯列は上顎歯列の前方に変移
頬部扁平
関節頭は頬骨弓下にあり、耳珠前部が陥没する。
●片側脱臼
[原因]
原因]….開口時に側方からの外力(衝突、打撃)で発生。
[症状]
症状]…半開口位で、口の開口はわずかに可能。
オトガイ部は健側に変移(患側の耳孔前部に陥凹を触知)
耳珠
②後方脱臼
[原因]
原因]…閉口時、前方からオトガイ部に強力な打撃(パンチ)で発生。
[症状]
症状]…開口・咬合不能。
下顎骨骨折・頭蓋底骨折・外耳道前壁の骨折を合併。
③側方脱臼
※単独骨折はきわめてまれ。
[症状]
症状]…下顎骨骨折を合併力が働く
2
編集後記
日が経つにつれて三年生の表情に焦りの色が出始めたのを感じ, 学生時代の記憶が蘇りました.
普段はサエないS君を中心に対策資料を作りました. 私もその資料に救われた一人でしたが・・・
時が過ぎ, アノ対策資料を手に教え子が勉強していました. まるで我が子に再会したような懐かしさや拙い内容に恥ずかし
いやらでしたが「合格したい」との気持ちは受け継がれるものだなと感じました.
「今ここで何かやらねば!」
「学生の絆を深める為にも‼」そんな衝動に駆られ数名の有志たちが募り完成の運びとなりました.
何より編集作業を経て私自身も貴重な体験を味わいました. 掲載を快く受け入れて頂いた校友会にも感謝と敬意を表します.
我校をはじめ, 全国各地の柔道整復師予備軍の方々の力になれれば, 幸いです.
残り僅かな時間を, 悔いの残らない様に精一杯頑張りましょう!!!!!
【 編成メンバー 】
上肢の骨折脱臼・軟部組織損傷
A.
鎖骨骨折
B.
上腕骨外科頸骨折
C.
上腕骨顆上骨折
D.
コーレス骨折
E.
舟状骨骨折
F.
中手骨骨折
G.
指骨骨折
H.
肩鎖関節脱臼
I.
肩関節脱臼
J.
肘関節脱臼
K.
肘内障
L.
肩部の軟部組織損傷
Mr. M W
浮田大輔
稲葉 巧
稲葉 巧
竹内 剛
中本明伸
中本明伸
中村正哉
中村正哉
岸本裕介
岸本裕介
整骨次郎
下肢の骨折・脱臼・軟部組織損傷
A.
大腿骨頸部骨折
整骨次郎
B.
膝蓋骨脱臼
飯沼大地
C.
膝関節の軟部組織損傷
整骨次郎
D.
中足骨骨折
整骨次郎
E.
足部の軟部組織損傷
整骨次郎
頭部・体幹の骨折・脱臼
A.
肋骨骨折
B.
顎関節脱臼
松野圭将
松野圭将
校正
林 真之
イラスト引用と参考文献
柔道整復学・理論編, 南江堂
柔道整復学・実技編, 南江堂
イラストでわかる整形外科診療, 文光堂
解剖学, 医歯薬出版
骨折脱臼, 南山堂
骨折・脱臼の管理, 廣川書店
上肢骨折の保存療法, 医歯薬出版
スポーツ外傷学, 医歯薬出版
整形外科疾患外来診療のヒント, 医学書院
整形外科徒手検査法, メジカルビュー
手の臨床, メジカルビュー
病気がみえる 4, メディックメディア
Fly UP