...

第 3 回 経営情報学会「システム統合」研究部会 準備会会議録 日時

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

第 3 回 経営情報学会「システム統合」研究部会 準備会会議録 日時
第 3 回 経営情報学会「システム統合」研究部会
準備会会議録
日時:平成 14 年 12 月16 日(月)18:00−19:15
場所:アクセンチュア東京事務所(港区赤坂 8-5-26 赤坂 DS ビル 4 階)
出席者:伊藤誠彦,岩田裕道,繁野高仁,島田裕次,手島歩三,南波幸雄,
森田勝弘,飯島淳一,金 翰局(記)
(敬称略)
資料:
1. 第 2 回議事録
2. システム統合グロッサリー(第1版)
議事:
1.前回の議事録の確認
2.今後のスケジュール
3.その他
1. 前回の議事録の修正および追加
(1) 5 つの軸の“第 5 軸”の内容を埋める
第5軸
・ Business Process の視点から
(2) ビジネス情報システム(BIS)の定義の修正
修正前: ・・・分社化などの個々の・・・ → 修正後: ・・・分社化において,・・・
修正された定義
定義: 複数の BIS に対して,経営統合,事業再編,事業改革,M&A,アラ
イアンス,分社化において、個々の組織またはその構成要素が,共利共生
を目的として活動できるような BIS に変革する(transform)こと
1
(3) 今後の活動方針”の修正
修正前
各軸(5 つの軸)で BIS の統合を分類し,各々のタイプの統合の問題点を明
らかにし,評価基準(注)に従ってどれが望ましいかを明らかにする。
注:(広義の)コスト(時間,リスクを含む)など
↓
修正後
各軸(5 つの軸)で BIS の統合を分類することにより、各々のタイプの統合に
おける問題点を見えやすくし,対応策を考えやすくするための指針・方法
論(注)をまとめる。
注: 方法論の中に参照モデルが含まれる
(4) BIS の統合の図に“アライアンス”の概念が抜けている。今後,再検討の余地
がある。
参考: EME(Extended Manufacturing Enterprise )モデル
by Konsynski(1993), Busby&Far(1993)
Material flow
特徴
・ 全体が NW で接続
・ 文化共有
Tier2 Suppliers
Tier1 Suppliers
Manufacturers
Information flow
Knowledge flow
2
(5) 今後の活動方針の確認スケジュール
2003 年 1 月から5 月まで
① 毎回 2人ずつ発表(時間: 発表 1 時間と質疑 30 分)
発表予定日
担当者(敬称略)
2003.1.27
繁野
伊藤
2003.2.17
2003.3.17
手島
岩田
金
南波
2003.4.21
島田
飯島
2003.5.19
森田
山本
② 発表内容は今までシステム統合に携わった仕事や体験談,システム
統合の分類,その他システム統合に関する見解。
③ 2003 年 4 月 研究部会の正式発足
2003 年 6 月 14 日,15 日: 春季大会(青山学院大学)
④ 春季大会でのセッション発表(20 分)
(内容: BIS の定義、統合の定義、活動方針など)
発表申し込み締切:3 月 7 日
予稿締切:4 月 18 日
⑤ 2003.6– 2003.7:各自の発表内容のまとめ
⑥ 2003.8: 秋季大会への原稿についての議論
⑦ 2003.9: 秋季大会への原稿提出
2003 年 10 月: 秋季大会(函館大学)
⑧ 1 月から5 月までの何人かの発表内容を発表する。
2004 年 6 月: 春季大会
⑨ 指針・方法論の原案
2004 年 10 月: 秋季大会
3
⑩ 報告書(著作)のフレームワーク
⑪ 執筆
2005 年 3 月末: 終了
⑫ 推敲、discussion
2005 年 6 月: 春季大会
⑬ ワークショップ開催(著作の原稿段階)
2005 年 9 月: 出版
3.その他
(1) 機密漏洩の問題
① 1∼3 回の議事録はそのまま WWW で公開する。
② 4 回目から議事録をメール添付にて配送し,公開できない部分についての
指摘を受けた後,WWW で公開する。
③ 外部に漏れてはいけない情報・事例について研究会で発言するときには,
‘公開禁止である’と事前に通知すること。
(2) 招聘の予定
①国領教授: 企業文化、モジュール化などとシステム統合を絡んでの話
②ベライゾン: Bell Atlantic+GT の統合の関係者
以上
4
Fly UP