...

VectorCAST

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

VectorCAST
VectorCAST
以下の主要な
組込み開発環境と統合:
Green Hills MULTI
>
WindRiver Tornado
>
LynuxWorks™
>
TI Code Composer Studio™
>
Diab SingleStep™
>
Cosmic
>
TASKING™
>
Synopsys® ARC™
>
CodeWarrior™
>
Analog Devices Visual DSP++®
>
ST Microelectronics®
>
HighTec TriCore®
>
Microchip®
>
Paradigm
>
Renesas™
>
ARM RVDS
>
IAR Systems®
>
KEIL™
>
NEC
>
QNX®
>
Borland®
>
Mercury Computer Systems™
®
VectorCAST/C++™
®
>
®
™
C/C++対応単体/統合テスト
とは>
<VectorCAST/C++
は、ソフトウェアテストの統合ソリューションです。セーフティ・クリティカルかつミ
ッション・クリティカルな組込みシステムの検証に必要な、C/C++ソフトウェアのコンポーネントテスト
に伴う時間や労力、そしてコストを大幅に削減します。
オートメーション:
> 単体テスト、統合テスト対応の完全なテストハーネス構成
> GUIまたはスクリプトによるテスト実行
> ベスト・オブ・ブリードな要件トレーサビリティツールおよび静的解析ツールと統合
> デシジョンパスに基づく自動テスト生成
> 要件ベーステストに対応するユーザ定義のテスト
> 回帰テスト
> デバッグを支援するテスト実行プレイバック
> コードカバレッジ分析
> アジャイルやテスト駆動型開発手法をサポート
VectorCAST/C++
ハイライト:
>
>
>
>
>
>
>
、Linux、Windowsコンパ
イラとの互換性
テストドライバとテストスタ
ブの手動でのビルドが不要
MC/DCを含む統合コードカバ
レッジ機能
ホスト、シミュレータ、組込み
ターゲットのテストをサポート
回帰テストの自動化
ユーザ設定可能なコンパイラ
インターフェース
DO-178B、ISO 26262、IEC 61508
FDA、IEC 62304、CENELECの
テスト要件に準拠
UNIX
はテストハーネスを自動生成
VectorCAST/C++
なぜVectorCAST/C++か>
<
一般に、ソフトウェアコンポーネントテストは、検証するアプリケーションコードの各行に対して少な
くとも1行、テストコード(スタブ、ドライバ、およびテストデータ形式)の生成が必要です。この「使
い捨て」のテストソフトウェアを作る必要性が、手動のコンポーネントテストを高コストかつ非効率に
している主な原因です。テストソフトウェアは単に書かれるだけでなく、期待どおりに機能するか確認
するため、デバッグされる必要があります。VectorCAST/C++なら、テストコードを1行も書かずにコン
ポーネントテストを実行できます。
VectorCAST/C++の
の機能
<動作の仕組み>
<統合テストをサポート>
<統合コードカバレッジ>
VectorCAST/C++が生成したすべてのテストハ
ーネスコンポーネントは、お持ちのコンパイラ
を使用して自動的にコンパイルされ、リンクさ
れます。コンパイラのデバッガにもインターフ
ェースが用意されるため、デバッガの制御下で
テストケースを実行できます。
VectorCAST/C++はソースコードを解析してコ
ードジェネレータを呼び出し、完全かつ実行可
能なテストハーネスの構築に必要なテストコ
ードを自動生成します。テストハーネスが構成
されると、テストケースのビルドと実行、カバ
ーされるコードの表示、そして静的測定のレポ
ートにユーティリティを使用できます。テスト
データはテストケースとは独立して管理され、
自動回帰テストを有効にします。
コードカバレッジツールが無ければ、テスト中
にソースコードのどの部分が実行されたかを
特定することは困難です。VectorCAST/C++は統
合コードカバレッジユーティリティを備え、
個々または複数のテストが実行中に使用され
るソースコードのステートメントやテジジョ
ンポイントについてレポートし、コンポーネン
トテストの有効性の測定を可能にします。コー
ドカバレッジデータはVectorCAST/Coverと共有
も可能で、単体/結合/システムテストを反映す
る複合カバレッジレポートを作成します。
<テストは再現可能>
テストケースが一度開発されていれば、
VectorCAST/C++を使用してソースコードの後
続バージョンに自動でテストケースを実行で
きます。テスト実行のマネジメントとテスト結
果のカタログ化は自動で行われます。新しいバ
ージョンに対する同一テストケースの結果を
比較し、システム統合の前に、コンポーネント
への「一つの小さな変更」に起因する予期せぬ
事態を減らします。
VectorCAST/C++テスト環境だけで複数のユニ
ットが検証できます。このため、複数ユニット
間で多くの機能に働きかける複雑なテストシ
ナリオの生成が可能です。
<コンパイラの統合>
<テスト駆動開発>
VectorCAST/C++はアジャイル開発やテスト駆
動型開発手法をサポートします。テストケース
開発は、設計が完成した段階で最初の作業とな
ります。つまり、任意の開発中アプリケーショ
ンコードより先にすべての単体テストの作成
が可能です。初めはソースコードの欠陥が原因
で単体テストは失敗しますが、個々のユニット
に対するコードのインクリメンタル開発によ
りテストはパスし始めます。単体テストスイー
トには、その後自動的に回帰テストが実行され
ます。
<組込みターゲットテスト>
VectorCAST/RSPと共にVectorCAST/C++を使用す
ると組込みターゲットシステム上で直接テス
トが可能です。VectorCAST/RSPはクロスコンパ
イラやRTOSと統合されており、リアルタイム
アプリケーションテスト対応の完璧なツール
です。テストはホスト環境で開発された後、組
込みターゲット上で再実行され、ターゲットや
クロスコンパイラの性能を確認します。
製品特長:
> あらゆる複雑なC/C++コードに対応する
完全なテストドライバとインテリジェ
ントなスタブを自動生成、すなわちテス
トコードの記述が不要
> 同じテスト内で複数の関数の連続呼び
出しを含む複雑なテストシナリオをテ
ストドライバがサポート
> インテリジェントなスタブにより任意
の事前定義型またはユーザ定義型の入
力記録や出力制御が可能
> ツリー構造グラフィカル・テストケース
エディタが テストの作成と編集を単純
化
> 簡単にテストケースを作成:
•静的/保護/プライベート関数をテスト
•どんなに複雑なクラスオブジェクト
の インスタンスも作成
•ポリモーフィズムと動的ディスパッ
チのテスト
•任意の型や値の例外をスローおよび
捕捉
•複雑なクラス階層をテスト
•テンプレートのインスタンスを 個々
にテスト
> 予期せぬ例外やシグナルを捕捉とレポ
ート
> コマンドラインインターフェース(CLI)
で全機能をスクリプト可能
使いやすいGUI
> テストコードを書かずにテストケース
をビルド。(テスト対象ユニットやスタ
ブの)パラメータ値やグローバルデータ
はGUIを通じて定義されます。
>
テスト実行には各テストケースのコン
パイル処理は必要ありません。
>
テストケースのパス/フェイル結果は、
テスト実行後GUI上に、色分けされた合
否判定インジケータと共に表示されま
す。
>
コードカバレッジは色分けされたブラ
ウザに表示されます。カバレッジのレベ
ルは、命令網羅、分岐網羅、MC/DCレベ
ルで表示されます。
>
実行はホストプラットフォームやター
ゲット命令セットシミュレータ、または
組込みターゲット上で直接可能です。実
行プラットフォームはGUIから制御され
ます。
www.vectorcast.com
© Vector Software. All rights reserved.
Corporate Headquarters
1351 South County Trail
Suite 310, East Greenwich
RI 02818 USA
t: 401.398.7185
f: 401.398.7186
e: [email protected]
Asia Headquarters
10F-3, No. 508, Sec. 5
Zhongxiao E. Rd., Xinyi Dist.
Taipei 11083, Taiwan
t: 886.2.7718.2788
f: 886.2.7718.2789
e: [email protected]
Fly UP