...

「ケルトと東北」 完結編

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

「ケルトと東北」 完結編
プロフィール
古山拓︵ふるやまたく︶
岩手県出身・宮城県仙台市
在住。水彩画家・イラスト
レーター。個展と広告イラ
ストレーションの二本柱で
活動。東北とケルトの地を
描く事で独自のアイデンテ
ィティを模索中。
www.termnet.co.jp/
furuyama/
trumpet-tugboat.seesaa.net
に流れる水脈には大きな共
ド、ブルターニュと、地下
イルランド、スコットラン
決して同じ色ではない。ア
﹁ケルトの地﹂というと
一 つ の カ ラ ー と 思 い だ が、
特の色を持つ。ひとつの地
在し、それぞれの地方に独
えないボーダーラインが存
という境界線以上に目に見
るのは簡単だけれども、県
いうひとつのくくりで考え
東 北 も 同 じ だ。 東 北 と
前に横たわったのがフラン
でを意識したときに、目の
今から十年程前のことに
なるけれど、ケルトの地詣
したときの体験だ。
ンスブルターニュ地方を旅
る、と実感したのが、フラ
facebook.com/taku.furuyama
通項はあれど、人々が暮ら
方の中にある無数の価値
スの西部、ブルターニュ半
◇
す家並み、言葉、歴史と当
観、風土。それらをひとつ
ブルターニュの旗
然ながらそれぞれに違った
「ケルトと東北」 完結編
島だ。何がきっかけでケル
色を持っている。
引っ張られ、意識の赴く先
きっかけはさておき強烈に
と な っ て は 思 い 出 せ な い。
トの地とわかったのかは今
見て回った後、ベネツィア
だ。イタリアをひとしきり
ふさわしいと思ったから
タリアが、出発地点として
にあるローマ帝国の本山イ
た。ある意味ケルトの対局
し て だ ろ う ね?﹂﹁ な ん で
じ 感 想 を 口 に し た。﹁ ど う
ことを同行の妻に話すと同
を滞在中感じていた。その
町 ﹂ と い う、﹁ 居 や す さ ﹂
い け れ ど、﹁ 気 の 置 け な い
が、どう、という訳ではな
の端にある共通するものを
がある。ユーラシアの東西
い 醸 し 出 す、 確 か な﹁ 気 ﹂
人々の気質が複雑に絡み合
前回の連載でも書いたけ
れ ど、 土 地 が 持 つ 歴 史 や
たことを確信した。
覚が決して偶然ではなかっ
を見つけ、私と妻の皮膚感
た空気を感じたという著述
台を訪れた時に、故郷と似
べると、レンヌ関係者が仙
の姉妹都市締結の由来を調
る。帰国後、仙台とレンヌ
偶然にも仙台とレンヌは
姉妹都市の関係を結んでい
が暮らす町と似ている事に
ぬブルターニュ旗があるの
ている事。そう、国旗なら
そして驚いたのは、ブル
ターニュが独自の旗を持っ
き起こしたくらいだ。
の言葉だ︶復興運動をも巻
語なるゲール語︵ケルト系
模索する機運は、ブルトン
人々のアイデンティティを
感 じ た こ と を 覚 え て い る。
けれど展示からその気質を
も、言葉はわからなかった
ヌに博物館を訪れたとき
切にする空気がある。レン
﹁そうか、仙台の﹁気﹂ からだろうか、いまだに独
自のアイデンティティを大
だよ、ここは⋮﹂
気がついた。
だ。
◇
った歴史がある。それ故だ
フランスに組み込まれてい
の流れの中、意志に反して
ーニュ旗だ。旗は、アイデ
してしまうのが、ユーラシ
う。そんな今、つい思い出
ジもまた千差万別だと思
違うだろうし、復興イメー
ィールドそれぞれで主張は
るように感じている。︶
すこしだけ意味合いが異な
ズにも見ることができるが
スコットランド、ウェール
︵ 同 じ よ う な 地 方 の 旗 は、
に あ っ た と い っ て も い い。
ブルターニュ旗を見たこと
きな収穫のひとつは、翻る
大切さ。この時の旅での大
して抽象表現ではなく、厳
を掲げる﹂という言葉を決
﹁旗印のもとに⋮﹂とか﹁旗
それらを大きく包み込むシ
アの西の果てに翻るブルタ
東北復興が叫ばれてい
る。自分が生計をたてるフ
◇
然と目の前に掲げることの
に次々とブルターニュ情報
発パリ行きの夜行列車でフ
なんとうらやましいこと
だろう、と、素直に私はそ
が横たわる、そんな導きに
感じた。
も似たものを感じ、私は旅
居やすいんだろう?﹂そん
ンティティが共通ならば異
ランスに入り、TGVで州
う思った。独自のアイデン
に出た。
◇
な話をしていたが、ふと町
なる思想、立場であっても、
都レンヌへと辿り着いた。
ティティを持つ人たちが
ブルターニュには、歴史
が持つ﹁気﹂が、自分たち
初めて訪れたレンヌ。何
旅のルートを私はイタリ
ア発ブルターニュ行きとし
ンボルだ。
だれもが認める東北人の
気質を結晶させた旗が、三
陸の被災地に翻っている光
景 ⋮。 被 災 地 東 北 に 立 ち、
ブルターニュに思いを馳せ
るとついついそんなシーン
を想像してしまうのだ。
◇
﹁旗を揚げた日﹂という
タイトルの拙作がある。こ
の絵を仕上げた時、思って
いたのは、いままで綴った
ことだった。どんなにつら
く と も 旗 を 揚 げ 続 け た い。
そうすることで未来は開か
れる、そう思いたい。
【東北復興】 掲載の記事 ・ 写真 ・ 図表などの無断転載を禁止します。 Copyright YUMUYU INC. All rights reserved.
ブルターニュの旗
そして東北の旗へ
にまとめるアイテムがあ
2012 年 (平成 24 年) 12 月 16 日 (日曜日) 第 7 号 http://tohoku-fukko.jp/
古川拓氏
Fly UP